パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



「子供のように大泣きした」 ハチ公の忠犬ぶりに外国人が涙

東京帝国大学農学部教授、上野英三郎氏の飼い犬だった秋田犬のハチ
上野氏の存命中は、氏を見送りすることを日課としており、
氏が亡くなったあとも、自身が天国に旅立つまでの約10年間、
毎日渋谷駅で主人の帰りを待ち続けたと言われています。

動画では、そんなハチの忠犬ストーリーが、
写真と共に簡単に纏められています。


Hachi- The Story of a Loyal Dog






■ アメージングな動画だったわ! なんて忠実な犬なのかしら。 +2 アメリカ 45才




■ とても感動的だった。私を泣かせるなんてなかなかやるわね! 国籍不明




■ とても美しいわ! ハハ、観ながら大泣きしちゃったわ! +26 アメリカ 21才


   

■ この動画は悲しいよ :(
ハチ公は死ぬまで飼い主を待ち続けたんだ :( +58 アメリカ 19才




■ 心を打たれた。彼は毎日毎日、9年間も待ち続けたんだね。 カナダ 31才




■ すっっっごく悲しい話ね。本を読んで映画も観たけど、
  めっちゃ泣いた! こんなに悲しい話なんてないわよ。
  そしてこれは……すべて事実なのよ。 アメリカ 20才




■ 悲しすぎるだろこれ =( フィリピン 20才




■ 映画を観たけど、すごく悲しく、そしていい映画だった。
  ハチは世界で最も忠実な犬の一匹だね。 チェコ 20才




■ これだからハチは、永遠に俺のヒーローなんだ :) +4 イスラエル 20才




■ 俺は映画では一度も泣いたことがないけど、これは……。
  本当に心を打たれたよ。 +4 マレーシア 




■ この動画を観て泣けない奴はバカヤロウだ! +31 国籍不明




■ すごく悲しい話ね。だけど彼が待ってる時、
  周囲の人が面倒を見てくれたのは救いね。 
  本でそのことを知ったのよ。
  なんて忠実な犬なのかしら…… :( +3 アメリカ 23才




■ 人間はこの犬から多くを学ばないといけないわ。冗談抜きで。 アルゼンチン 23才




■ 泣いた :(( 何て美しい話なんだろう :) ルーマニア




■ 映画のストーリーとはちょっと違うんだね。 オランダ 14才




■ くそう!! 心が傷んだじゃないかよ! +4 アメリカ




■ 子供のように大泣きしちゃったよ。 +51 アメリカ 41才




■ こんな忠実な犬は30年に一匹しか出てこないな。ハチ公は特別な犬だよ。
  だから彼は、俺の心の特別な場所にいるんだ。 国籍不明




■ 神様、彼らを天国で再会させてあげてね! :) イギリス




■ これを観て泣かないなんて無理だろ!!
  ハチ、俺らはみんなお前のことを愛してるぞ!! :D アメリカ 32才




■ 何度も泣いちゃったわ。感動的な話ね…… :( +3 アメリカ 21才




■ ハチは、人間が見せることができる以上の忠誠心を見せてくれたね。 インド 21才




■ 犬も人間と同じくらい長生きできればいいのに。
  そうすれば僕らは、いつも一緒にいられるから。 +3 アメリカ 37才




■ この犬に心から敬意を表する!! :)
  もし嫌いな人がいるなら、その人には心がないんだろう……。
  天国でゆっくり眠ってくれ、ハチ公……。
  もう一度君のご主人と一緒にいられることを願うよ。 +99 国籍不明




■ どれだけの人が、誰かのために9年間も待てるんだ!? アルジェリア




■ 人々が彼らのヒーローについて語っているのをいつも聞いてる。
  ラップスター、ロックスター、モデル、一流スポーツ選手……。
  そして、僕自身は僕にとってのヒーローなんていないと思ってた。
  だけどある日、俺はハチの話を知ったんだ。
  俺には今ヒーローがいる。これからも、ずっと。 +7 ルーマニア



 
■ この映像を観た後ペットのところに行って、
  いつも以上に愛情を込めて抱きしめた人は手を上げてくれ!! +51 インド 21才




■ 泣いてなんかいないぞ。目から汗が出ただけなんだ :'( 南アフリカ 15才
 


 
■ すべての人間が、犬やペットに対して、
  ハチと同じように誠実であって欲しい。 +2 フィリピン 14才




■ ハチは飼い主と同じように天国に行った。
  彼らは永遠に一緒に入られるわね :) +10 台湾 26才


  

ハチが渋谷駅に毎日行っていたのは、実はエサが目的だったんじゃないか、
という異論を聞いたことがあったのですが、どうもデマっぽいですね。
詳しくはWEBで→忠犬ハチ公



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2011/11/26 00:02 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(128)
Powered By 画RSS
  1. 管理人乙
    1かもしんないながら常ながら疑問だけど、
    事故死や病死戦死した主人の元を離れない犬って結構動画あがってるよね
    自分はハチとダブるんだけどあちらさんはどう感じるのかね
    最近じゃ中国にも死んだ飼い主の墓から離れない犬ってのがいるそうだね
    [ 2011/11/26 00:07 ] [ 編集 ]
  2. イヌは群れで生きる習性があるから、餌だけのために特定の場所にいるのは考えにくい
    おそらく、面倒をみてくれる人たちを「群れの仲間」と思っていたんだろう。
    [ 2011/11/26 00:10 ] [ 編集 ]
  3. 犬って人が悲しくて泣いてる時とか、ぴったり寄り添って離れないんだよね。(それぞれの性格にもよるだろうけど)
    人間で言うと5歳児~10歳児と同じくらい純粋で優しい。

    HACHIは日本映画のリメイク作品の中ではよく出来た作品だと思う。
    [ 2011/11/26 00:28 ] [ 編集 ]
  4. HACHIは日本版の映画のほうが史実を無視して教授の家族や渋谷駅周辺住民の人物を薄情者の犬虐待者に描いていたから、米国版リメイクの方がよほど史実に近く作ってくれてた。さすがリチャード・ギア。(史実では教授が亡くなられた後、ハチは教授の出入りの植木屋にちゃんと引き取られた。映画みたいに「飽きたの」と言って置き去りにして捨てたわけじゃない)
    日本版の製作人は左翼だったしな…。それと仲代は好きな俳優だが、犬嫌いだった為ハチ役の犬が当然の事ながら懐かず、仲代に飛びつくシーンを撮るために犬を放り投げて撮影してたドキュメントもある。いろいろとひどい。
    [ 2011/11/26 00:36 ] [ 編集 ]
  5. 一方その頃日本では、ハチ公よりフランダースの犬で泣いていた
    [ 2011/11/26 00:56 ] [ 編集 ]
  6. >>4
    引き取られた家庭では愛情を受けていたり、可愛がってくれた人もいたのは事実だけど、渋谷駅周辺ではいじめられたり殺されかけたりしたのも本当だよ。
    撲殺されそうになったんじゃなかったけ
    ハチが皆に愛されるようになったのは新聞報道か何かがきっかけだったと思う
    [ 2011/11/26 00:59 ] [ 編集 ]
  7. ブッダ様曰わく、ハチ公は飛び級解脱しちゃって、今は天界で主人の解脱を待っているそうな…。
    [ 2011/11/26 00:59 ] [ 編集 ]
  8. 3.11の地震で津波で全壊した家の前で飼い主を待ち続けた犬の話を思い出した。

    その犬は飼い主の女性と無事再会できて、すごく嬉しそうに尻尾をブンブン振ってたわ。
    [ 2011/11/26 01:02 ] [ 編集 ]
  9. ご主人様はやく悟って・・・
    [ 2011/11/26 01:08 ] [ 編集 ]
  10. 生きてるうちに映画にでたり銅像ができたり、ある意味タレント犬的扱いだったのかね
    [ 2011/11/26 01:32 ] [ 編集 ]
  11. 撲殺されそうになったのは飼い主のいない野犬と誤解されたからじゃ無かったっけか。
    まあなんにせよブサヨのクズはスルーで。
    不快だから。
    [ 2011/11/26 01:41 ] [ 編集 ]
  12.  
    昔は人間も動物も忠義に厚いのが美徳だったんだけどねぇ・・・。
    [ 2011/11/26 01:41 ] [ 編集 ]
  13. 確か屋台の焼き鳥とかあげてた人が居たらしいが、焼き鳥の串を外さずにあげてたから死後胃を調べたら焼き鳥の串が何本か出てきたとか言うのは聞いた事があるな
    [ 2011/11/26 01:52 ] [ 編集 ]
  14. ビクターのマークの犬も、レコードで再生された亡くなった主人の声に耳を傾けてるシーンを描いた絵が元だとか。
    こういう話は洋の東西を問わずなんか良いな。
    [ 2011/11/26 01:53 ] [ 編集 ]
  15. 犬は肉眼で神を見る事ができる唯一の動物と誰かが言っとった
    それくらい飼い主に忠誠を誓えてしまうという事だろうな
    [ 2011/11/26 01:57 ] [ 編集 ]
  16. 夢を壊したくないんだけど、当時の渋谷駅には屋台の飲み屋が多数店を出しており、既にハチ公は有名だったから客達が焼き鳥をハチ公に与えていた。毎日駅に行くのは、それを貰うのが目的だったらしい。ハチ公の死因はフィラリアだけど解剖したら焼き鳥の串が胃袋から多数出て来たそうな。上野の国立科学博物館にハチ公の剥製があるけど、思ったより巨大な犬でビビッた。
    [ 2011/11/26 01:59 ] [ 編集 ]
  17. >>16
    犬の心がわかるなんて凄いなお前
    ハチと話してきたの?
    [ 2011/11/26 02:10 ] [ 編集 ]
  18. 人間も動物も同じ命、同じ気持ち。
    ただ動物は、人間が大人になっていく過程で嫌い、憎しむ純粋さと誠実さを死ぬまで捨てたりしないんだね。
    ハチは二度と現れなかった主人を死ぬまでに観れなくて、悲しかっただろうね。
    これは人間が動物を飼うときの教訓だね。
    そして利己主義でも利他主義でもない生き方が一番美しい。
    [ 2011/11/26 02:17 ] [ 編集 ]
  19. ※16
    まぁ、焼き鳥ももらってただけだろ。エサは家でも食えるわけで
    [ 2011/11/26 02:18 ] [ 編集 ]
  20. >>16
    日課として駅に行く→有名になる→屋台で餌を貰う
    なら解るがw
    餌を貰う為に駅に行く→有名になる→屋台で餌を貰う
    っておかしいだろw
    ハチ公の思考を読める能力が(文面から推測w)あるならちゃんと読めよw
    [ 2011/11/26 02:21 ] [ 編集 ]
  21.  
    ※16
    ハチが焼き鳥貰えるようになったのって朝日新聞で報道されてからって話が有るんだが
    [ 2011/11/26 02:22 ] [ 編集 ]
  22. >>16
    植木屋に引き取られて餌はちゃんともらってたし、有名になるまでどんだけ待ったと思うんだよ・・

    そういや映画でもこういう事言ったゲスがいて、屋台のオヤジとケンカしてなかったかw
    [ 2011/11/26 02:25 ] [ 編集 ]
  23. 秋田犬本気出したら並の人間なんか瞬殺なんだろうけど
    躾よすぎるとやっぱリミッター掛っちまうんだろな
    [ 2011/11/26 02:29 ] [ 編集 ]
  24. ※6
    だからそれがデマなんだって
    報道がきっかけで有名になったのは事実だがお前が言う「本当だよ」にはどこに証拠があるの?
    普通に考えて何で日本人が駅にいるただの犬を殴り殺そうとするんだよ。もう少し賢くなろうぜ…
    [ 2011/11/26 02:44 ] [ 編集 ]
  25. ごはんだワン!
    まあ・・・これでもいいんだけどもね
    その方が心休まるよ
    [ 2011/11/26 02:55 ] [ 編集 ]
  26.  
    あの辺りは少し歩くと芋畑だらけでのどかな所だったらしい
    祖母から聞いた
    [ 2011/11/26 03:10 ] [ 編集 ]
  27. ん?
    なんか、荒れ気味?
    [ 2011/11/26 03:14 ] [ 編集 ]
  28. ※24
    なんで犬を殴り殺そうとしたのが日本人てわかるんだよ。
    もう少し賢くなろうぜ・・・
    [ 2011/11/26 03:17 ] [ 編集 ]
  29. 9
    聖☆おにいさんネタやめいw

    犬は相手の気持ちに機敏だよね。
    うちの犬も、私が泣いてると困った顔してずっとそばにいてくれるよ。
    [ 2011/11/26 03:22 ] [ 編集 ]
  30. >>28
    悪い事をするのを全部日本人以外のせいにしてれば楽でいいよな
    [ 2011/11/26 03:26 ] [ 編集 ]
  31. 日本版の映画だいぶ昔に見たけど、飽きたなんて理由で捨ててたっけ?
    なんかそれぞれがそれぞれの理由で面倒見られなくなって結果捨てる形にって流れじゃなかった?
    [ 2011/11/26 03:27 ] [ 編集 ]
  32. 24
    野犬狩りというものがあってだな
    [ 2011/11/26 03:29 ] [ 編集 ]
  33. >>28
    ワラタww
    [ 2011/11/26 03:30 ] [ 編集 ]
  34.  
    貶そうとやっきになるほど生まれがどこの出か分かる
    [ 2011/11/26 03:34 ] [ 編集 ]
  35. そりゃ犬を食う畜生がいるからだろ、そんな食習慣日本人にないけどな
    [ 2011/11/26 03:36 ] [ 編集 ]
  36. 米版の方しか見たことないけどよかったな
    向こうではいまいちだったんだっけ?
    [ 2011/11/26 03:40 ] [ 編集 ]
  37. 人の家の犬まで犬狩して盗んで食う朝鮮民族が居たからな
    [ 2011/11/26 03:51 ] [ 編集 ]
  38. 野犬狩りって食べるためなの?
    [ 2011/11/26 04:06 ] [ 編集 ]
  39. 外国では Loyalty 忠誠 が何のわだかまりもなく
    敬意を受けるんだなぁ。ちょっとうらやましいよ。

    って言うか日本がどうかしてるのかもねw
    [ 2011/11/26 04:11 ] [ 編集 ]
  40. 待つ場所は違えどこんな犬は全世界のどこかに居るだろうね。
    [ 2011/11/26 04:15 ] [ 編集 ]
  41. ※24
    それを言ったら、お前の言うことにも証拠は無いだろうに
    [ 2011/11/26 04:24 ] [ 編集 ]
  42. 実際に目撃していて、ハチが餌目当てで渋谷駅に来てたんじゃないかと言う人に、当時小学生だった宮脇俊三がいるけど、この人は犬嫌いらしいし
    [ 2011/11/26 04:30 ] [ 編集 ]
  43. >>38
    若い人は知らないだろうが狂犬病という病気があってね
    犬に噛まれる事で伝染したのですよ。
    だから野犬は駆除対象動物だったのです。
    [ 2011/11/26 04:32 ] [ 編集 ]
  44. ※42
    その辺のことはwikiに結構詳しく書いてあるね。
    [ 2011/11/26 04:37 ] [ 編集 ]
  45. ハチ公の動画だったらこっちの方が気になる。
    ブログ主様、いつか取りあげて頂けませんか。
    http://www.youtube.com/watch?v=5L5QQUsm7l8&feature=fvsr
    [ 2011/11/26 04:40 ] [ 編集 ]
  46. ハチ公じゃなくてハチで広まっちゃうのは違和感あるね
    確かに名前だけとればハチだけどさw
    [ 2011/11/26 05:57 ] [ 編集 ]
  47. ※46
    外人がハチが愛称でハチ公が本名って勘違いしてた事も有ったよ
    [ 2011/11/26 06:30 ] [ 編集 ]
  48. 愛情があれば、わんこは絶対に裏切らない
    [ 2011/11/26 06:51 ] [ 編集 ]
  49.  
    ※16
    ネットのどっかで書いてあった。もうそれだけで真実。
    そして「これ豆知識な」と得意がる中高生のパターンだね
    [ 2011/11/26 06:55 ] [ 編集 ]
  50. ※47
    キャサリンがキャシーとかクリストファーやクリスティンがクリスとか普通、短縮形が愛称だからね
    [ 2011/11/26 07:02 ] [ 編集 ]
  51. もめてるみたいだけど、
    いろいろ調べればわかるんじゃないか?
    [ 2011/11/26 07:40 ] [ 編集 ]
  52. ハチの死因 (ウィキ 忠犬ハチ公 より)
    >胃の中に焼き鳥のものと思われる串が3 - 4本見つかって
    >おり、これが消化器官を傷つけていたという指摘も
    >されている。
    >遺体は剥製にされ、国立科学博物館に保存されている。
    >また、臓器もホルマリンに漬けられて保存されていて、
    >後の2010年暮れから臓器を検査した結果、心臓と肺に
    >重度の悪性腫瘍が発見されている。
    [ 2011/11/26 07:44 ] [ 編集 ]
  53. ひと昔前は結構野良犬が多かったけど、最近めっきり見ないな。校庭に野良犬が乱入とか大事件だったけどなw
    [ 2011/11/26 08:49 ] [ 編集 ]
  54. 犬の物語で一番心に残ってるのは
    日本昔ばなしの「たろ丸のはなし」ってやつ。

    まぁ史実でもなけりゃ感動ともちがうけど
    [ 2011/11/26 09:01 ] [ 編集 ]
  55. >>16
    最初にハチを紹介した斉藤弘は「だったら有名になる前、餌なんか貰えなかった頃から渋谷駅に通っていた理由を説明してみろ」と書き残しているよ
    その頃から、ハチの渋谷通いは餌目当てと中傷する人がいたらしいね
    [ 2011/11/26 09:11 ] [ 編集 ]
  56. 日本犬保存教会の人が新聞で取り上げるまでは駅でいじめられてただろ。その事は当の斉藤氏が書き残してたと思うが。
    [ 2011/11/26 09:16 ] [ 編集 ]
  57.   
    TVで学者さんが夢を壊して申し訳ないが・・・って言ってたけど
    犬と人間は記憶の仕方が違うんだって
    人間は時間経過と記憶が関係していて、どんな記憶でも時間経過で
    薄れていって最近の記憶の方が強くなる

    でも、犬は記憶と時間経過は関係していない
    より強い影響を与えた記憶の順で鮮明なので
    ハチのような主人のことを9年経っても昨日の事として
    記憶してる犬もいれば、子供の頃に虐待を受けた事を昨日の事と
    して覚えている可愛そうな犬もいるそうです

    人間も老化でボケてくると時間の経過と記憶の関連が
    狂ってしまう人もいるもんね
    [ 2011/11/26 09:33 ] [ 編集 ]
  58. 餌も貰えず駅員から邪魔者扱いされていた無名時代のハチを知っている人もいれば
    有名になってチヤホヤされ出した忠犬ハチ公しか知らない人もいて
    その経緯すら知らずに、餌目当てに通っていたと安易に結論付けてしまう人もいる
    [ 2011/11/26 09:56 ] [ 編集 ]
  59. 戦前の段階ですでにキャラクター化されていて、ハチ公文房具やハチ公駄菓子が発売されていたというのが驚き。歌とかもあってレコードも出ている。
    今の用語で言うと「ご当地キャラクター」や「メディアミックス」の走りなのかも知れない。
    [ 2011/11/26 10:45 ] [ 編集 ]
  60. はちぃぃぃ(´;ω;`)
    [ 2011/11/26 10:47 ] [ 編集 ]
  61. ※50
    英語風に言うなら「ハチ公」は「ミスター・ハチ」とか「ハッチー」とかそんな感じに言えば良いのかな
    [ 2011/11/26 10:52 ] [ 編集 ]
  62.   
    ラッセ・ハルストレムは尊敬する監督の1人だけど映画自体はショボかった。日本版へのリスペクト前面、欧米的な演出で完全別モノを目指してた気がする。これを通して日本版を観てくれ的な。本心からメガホン取りたかったのだろうか?謎
    [ 2011/11/26 10:56 ] [ 編集 ]
  63. 30秒くらいでもううるうるしてくる

    ハチ公・・・;;
    日本のドラマだと色んな家に引き取ってもらって虐待も受けていたよね
    どれが真実かは分からないけど過酷だったんだろう
    頑張ったよハチ、天国で飼い主と幸せにね
    [ 2011/11/26 10:59 ] [ 編集 ]
  64. ほんとにね。
    「動物に心がある」から感動話として捉える人もいれば
    「そんなわけない」から※16のようにそっちに偏る人もいる。
    それはどちらにしても自分の尺度で考えているってことだね。
    ※57は面白いけどね~。
    [ 2011/11/26 11:00 ] [ 編集 ]
  65. 渋谷といえば、ハチ公でしょ。それでいいじゃん。
    [ 2011/11/26 12:18 ] [ 編集 ]
  66. ※53
    うちの高校は校庭どころか校舎や更衣室に野良犬が入ってきてたがw
    [ 2011/11/26 12:19 ] [ 編集 ]
  67. 餌も貰えるようになったし、ご主人の帰りも待てるし一石二鳥じゃん。なんで餌目当てじゃだめなんだよ。お犬様に常識外れの高潔さを求めるなよ。
    [ 2011/11/26 13:17 ] [ 編集 ]
  68.   
    遠藤周作の小説では
    「渋谷駅の職員は水ぶっかけてたくせに美談にすんな」
    と書いてあった。
    [ 2011/11/26 13:29 ] [ 編集 ]
  69.  
    >>24
    ハチがいじめられたのは本当。そもそもハチのことを朝日新聞に投稿して世に広めた人がいるんだが、そのきっかけが「ハチがいじめられて可哀想だった」からだよ。
    [ 2011/11/26 13:53 ] [ 編集 ]
  70.  
    >>67
    餌も貰えるってそもそも自宅に帰れば一杯貰えたんだけどw
    [ 2011/11/26 13:54 ] [ 編集 ]
  71. 古い映画にハチが写ってるの見たな
    元気そうだった
    大型犬としてはけっこう長生きだったと思う
    [ 2011/11/26 14:42 ] [ 編集 ]
  72.  
    ハチ公は犬だけど青山霊園の上野教授の墓の隣に供養されてるよ
    [ 2011/11/26 15:51 ] [ 編集 ]
  73.   
    >>69
    ソースはwiki(キリ
    ですかぁ~w
    [ 2011/11/26 16:00 ] [ 編集 ]
  74.   
    忠犬話に水をさそうとするやつは昭和の時代にいたなw
    そういうやつらの妄言をソースにゆとりがしったかする例が>69
    [ 2011/11/26 16:01 ] [ 編集 ]
  75. 教授もハチのことを愛してたんだろうなぁ
    [ 2011/11/26 16:12 ] [ 編集 ]
  76. 映画だと全てのことが美化されていて、欧米人らしい美徳の下に作られていたけど、実際の話を見るとと主人もハチ公もかなり悲しい境遇なんだよね
    現実はそんなものだと言ったら負けだろうけど、実際はそうなんだよ
    人間の観点からしたらいい話だけどね
    [ 2011/11/26 16:19 ] [ 編集 ]
  77.  
    >>73
    ハチのことを新聞に投書した斎藤弘吉の本にも書いてあるよ。
    [ 2011/11/26 16:44 ] [ 編集 ]
  78. ※57
    色々な先に引き取られ駅と言う人通りの多い場所にいつも居たっていうのに
    結局死ぬまで「主人を待つ」以上のインパクトが無かってことですな
    なるほど待ち続けたこと自体が強い愛情を受けた証かカッコイイな
    [ 2011/11/26 19:41 ] [ 編集 ]
  79. てか別にエサが目的でも良いと思うんだよな。
    [ 2011/11/26 22:03 ] [ 編集 ]
  80. ※31
    自分が気まぐれで犬を飼いたいと言ったのに結局「飽きたの」と言って放置して世話は教授任せ、教授が死んだら「置いていきましょう」と誰もいない家に置き去りにして車で逃げた描写にしたのが日本版映画。嘘だと思うならレンタルして借りてみろ。(俺は学校で無理矢理見させられた)
    史実を元にしてるのに、駅前の「汚ねえな!」と無駄にハチをいじめる人間を捏造したり、教授の家族を侮辱したり、よくもまあ日本人を史実を捻じ曲げてまでひどく描けたものだと。これがブサヨかと思った。
    [ 2011/11/26 23:18 ] [ 編集 ]
  81. ハチについて考察した本を以前読んだ事があるのだが、秋田犬は本当におとなしい犬らしいね。
    子犬の時に虐待でも受けない限りは本当にめったにほえない犬なんだとか。
    だから、ハチが主人が亡くなった後も渋谷駅に行ってそこで待っていると、ハチの名札とか取られたりしたんだとか。(犬は多産の象徴なので安産のお守りとして取られた。)顔に落書きされて帰ってきた時は教授の死後ハチを飼っていた植木屋さんも流石に苦笑したらしい。
    だから新聞に「あの犬はただ主人を待っているだけだから、そっとしておいてほしい」と投書したら、アカヒ新聞がネタになると思ったからか何なのか、大きく取り扱った為有名になった。ただしその時の記事ではハチを雑種として書いていたらしく植木屋さんが、「あの犬は秋田犬だ!!!」と抗議したそうです。
    この本を読んだ時「ああ、アカヒは当時からいい加減な記事書いていたのね・・・('A`)」と思いますた。
    [ 2011/11/27 00:34 ] [ 編集 ]
  82.  
    犬が何を考えてるかなんて人間には分からないんだよ
    ましてや半世紀以上も昔の犬が何の為にそんな事をしたかなんて分かる訳がない
    ただ何年も何年も同じように、まるで主人を待っているかのように振舞った犬が存在したって事実があるだけ
    [ 2011/11/27 04:53 ] [ 編集 ]
  83. >毎日駅に行くのは、それを貰うのが目的だったらしい。
    ハチは引き取られた家でちゃんと餌を与えられていました。
    それでも抜けだして駅に通っていたのです。
    野犬と間違えられたのは首輪をしていなかったからです。
    銅像が盲導犬のような胴帯をしているのは、世話をしていた人も何度も装着してもハチが自分でとってしまうための苦肉の策だったのです。

    しかしまあ朝日の洗脳は強力ですね。未だに嘘を真顔で吹聴する人が後を絶たない。
    [ 2011/11/27 10:15 ] [ 編集 ]
  84. a
    焼き肉の話してた奴知ったかぶり乙
    焼き肉目当てだったらどうして駅の前で待ってたの?
    焼き肉が欲しかったら ずっと焼き肉屋の前でとどまってるじゃん

    [ 2011/11/27 13:41 ] [ 編集 ]
  85. 駅前で待っていたのは事実だろ 最終まで
    エサ目当てなら 食べたら他に行くはずだよ
    [ 2011/11/27 19:14 ] [ 編集 ]
  86. 千葉?だかどっかでも、
    駅前の病院に入院したまま亡くなった主人を
    駅で何年も待ち続けてる犬いなかったっけか?
    大分前の話だけど。

    確か、2回も交通事故に遭っても駅で待つのをやめなかったとか。
    誰か覚えてる人いないかな?
    [ 2011/11/28 02:11 ] [ 編集 ]
  87.  
    俺のばあちゃんが山で作業中に転落死しちまったとき、ウチで飼ってたクマ(犬の名前)はばあちゃんが乗ってきたバイクの前でずっとお座りしてたことを思い出した
    [ 2011/11/28 04:17 ] [ 編集 ]
  88. ※84
    ヒント:その焼肉(焼き鳥)屋はどこに屋台を出していたのでしょう?
    [ 2011/11/28 10:43 ] [ 編集 ]
  89. 焼き鳥屋のいた駅だけじゃなくて、あちこち行ってた犬だそうだ
    実際飼い主を待ってたから有名になって、色々食べ物をもらえるようになった
    生前から伝説の犬状態だったらしいぞ?
    [ 2011/11/28 16:28 ] [ 編集 ]
  90. 捻くれた考えすんなよ
    [ 2011/11/29 01:49 ] [ 編集 ]
  91. ※88
    有名になってお裾分けしてもらえるようになる前から
    毎日毎日「改札前」で待ってた分けだが
    「焼き鳥屋前」じゃなくな
    [ 2011/11/29 11:50 ] [ 編集 ]
  92. ※45の動画の感想読みたい。
    [ 2011/12/04 19:17 ] [ 編集 ]
  93. おいおい、アメリカなら自国にもハチ公並の忠犬がいるだろ
    ttp://www.fortbenton.com/shep/video.html
    [ 2011/12/07 22:41 ] [ 編集 ]
  94. どうしてこういう動物の純粋な行動に人間が涙をするか。人間って子供のころ親に白黒はっきりした善悪の区別や偽善という言葉があてはまらない言動について誰もが教わり育てられたと思うが大人になり嘘をつかなければならなかったり人を傷つけたり、悪い事をしてしまったり、子供の頃見たヒーロー特撮作品の主人公の意思や親の教えをずっと曲げずに突き進めていこうと思っていた心はいつしか忘れ果ててるからこそなんだよね。でも涙を流すという事は心のどこかにまだその志があるからだと私は思う。どんなに裏切られても片思いでもその人を想う気持ち・愛情を曲げない動物達に心打たれます。
    [ 2012/01/09 02:46 ] [ 編集 ]
  95. >80
    見たけど、教授が死んでからは、ちゃんと奥さんの親戚?の家に預けたんだけど逃げちゃって、今度は植木屋さんに預けたけど結局植木屋さんが死んじゃって野良に、って流れだったよ?
    で、しばらくして実家に帰ってた奥さんがハチを新聞で見てやってきたんだけど、やっぱりハチが逃げ出しちゃって、奥さんも実家に帰る日が来ちゃったから、焼き鳥屋さんにお金渡してハチの面倒頼んだ形になってたよ。
    奥さんも無責任と言えば無責任だけどさ。
    [ 2012/01/11 15:50 ] [ 編集 ]
  96. 焼き鳥やに好物の焼き鳥をもらってたから通ったのだろうけど
    それを感動話にするのはけっこういいことだと思う
    みんなが心温まるし、子供の教育にもいいからね

    胃袋から焼き鳥の串が出てきたけど、串は抜けよと
    [ 2012/01/19 12:12 ] [ 編集 ]
  97. よく耳にするのが焼き鳥欲しさに駅に通っていたというけど、これは実際にハチこうをみていた人から聞いたのですが、朝夕決まった時間(これは上野博士の送り迎えの時間)に駅の改札口に座っていたということです。博士の姿が見えないと2番目の飼い主のところへもどっていったそうです。朝は焼き鳥屋は閉まっています。それに無名の7年間は駅員、子供、焼き鳥やのおやじからひどくいじめられていたということです。それでも通ってきたのだから間違いなくちゅうけんでしょ。それに焼き鳥の串が出てきたから(焼き鳥を食べた)から駄犬ということにはならないでしょう。
    [ 2012/03/23 12:11 ] [ 編集 ]
  98. ハチが焼き鳥目当てだったなんて忠犬であったことへの異論、
    少数意見でしかないもので実際は屋台がやってない時も
    渋谷駅に向かってるという更なる反論が用意されており
    通説や有力説は純粋に忠犬だったのだろうということになってる

    少数意見はあくまで通説に対する反論でありその少数意見によって
    通説の正しさを証明するものでしかないのにその少数意見だけに
    拘っても意味がないんだよね
    [ 2012/04/18 15:33 ] [ 編集 ]
  99. この映画はストーリーを知っていても号泣したよ。
    [ 2012/04/26 22:39 ] [ 編集 ]
  100. ハチ公の話は物語としてはいいと思うが、実際、当時関わっていた人の話では、ご主人様の死後、確かに数回は「癖」で出向いていただけで、その後出向く理由が焼き鳥目当てになっただけだと言うのが真実。反論意見だの、通説だのとこだわる人が湧いているみたいだが、少数意見だからって、意味がないとは言えない。
    [ 2012/06/08 12:12 ] [ 編集 ]
  101. 100
    まあ、韓国人に犬の気持ちは分らないでしょうね。
    それにしても、彼らにとって焼き鳥説が都合がいいのは
    なぜ(笑)
    [ 2012/06/15 05:45 ] [ 編集 ]
  102. あのさ。ハチってとても大きいのよ
    そんで、首輪してない時も沢山あったの
    からだのでかい野良犬が駅前うろちょろしてて好意的に見られると思う?

    そもそもハチ公が有名になったのは、邪険にされていて可哀相だと思った人が新聞に投書したって事がきっかけなのに
    「餌目当てで駅に行っていただけ」
    って頭に蛆が沸いてるとしか思えないわ

    あとさ、大人が動物を甘々に可愛がるのが白眼視されなくなったのなんて極々最近のことだから
    昔の人は犬でも猫でも動物の扱いが今と比べてずっと荒いよ
    [ 2012/06/16 16:10 ] [ 編集 ]
  103. 焼き鳥説について
    焼き鳥説のきっかけと思われるのが「昭和8年渋谷駅」という本の中で著者谷川俊太郎がハチ公に渋谷駅で見かけて(焼き鳥がほしくて来ているんだ。)と思ったと書いてあります。この(思った)だけのことがあたかも真実のように伝えられたのが真相のようです。何を信じるかは本人の自由です。けれども真実でないことは文献・資料を読み
    実際に
    ハチ公にあった人に話を聞けばすぐにわかることです。くれぐれも
    ただの噂にはふりまわされたくないものです。

    ハチ公は間違いなく忠犬です!
    [ 2012/06/21 16:21 ] [ 編集 ]
  104. Hachiはいい映画だと思うんだが劇場放映しなかったのが残念だ
    [ 2012/07/03 19:15 ] [ 編集 ]
  105. 「ご主人様の死後、確かに数回は「癖」で出向いていただけで、その後出向く理由が焼き鳥目当てになっただけだと言うのが真実。」と思うのはそりゃ自由だけどよ。
    「餌をもらえるようになったのは、駅通いしていた九年間のうち、新聞で有名になった最後の二年間のみ 」なんかの話の経緯を無視して「真実」なんて言い始めるからな。そりゃ馬鹿っつうんだよおめえ。
    [ 2012/09/21 12:05 ] [ 編集 ]
  106. 少数だから意味が無いのではなく。経緯を無視するから意味がないんだよ。会話はキャッチボールだぜ。
    相手の意見をきっちり受け止めないと自分も投げられないんだぜw
    [ 2012/09/21 12:10 ] [ 編集 ]
  107. ※98

    ハチの散歩コースを見る限り焼き鳥はおまけだろうと思う、駅で飼い主の帰宅時間まで待ってから毎日帰ってたそうだし、その間にご飯貰ってたのが真相だろう。
    [ 2012/09/26 07:07 ] [ 編集 ]
  108. 忠犬だってお腹が減る
    飼い主を待った後に人から食べ物を貰ったとしても、
    飼い主を待たなかったことにはならない

    大体、ハチ公に限らず、前の飼い主を探そうとするなんて、古今東西あるじゃないか
    なぜハチ公がそうでないと言い切れるんだろ
    [ 2012/10/10 16:25 ] [ 編集 ]
  109. 結局、ブサヨの教師やマスコミ人にとって、
    "忠犬"というのが気に入らないんだろ
    [ 2012/10/10 16:28 ] [ 編集 ]
  110. 別に焼き鳥目的で来てたとは思えないけど

    くれるなら貰うスタンスでは?お腹空かせてるならなおさら

    有名なハチ公だけど
    「何度も保険所に連れて行かれて殺されそうなのを近隣の住人から助けられた」
    という話を知らないのかな?
    なぜそんな危険な場所にいつまでも居続けたのか

    美談にしとくのが一番じゃないですか

    犬嫌いなら猫番長愛でればいいじゃない
    何でそんな捻じ曲がった癇癪するのか判らない
    [ 2012/10/18 08:40 ] [ 編集 ]
  111. 遅くなったが、これは事実だ、ハチ意外にも待つ犬は存在する、当時は人の繋がりが今よりあるからね、毎日立派な人と犬が一緒に駅まで歩いてたら何時もの光景であり、みんな挨拶する、しかしいつの頃からか犬だけになり、ご近所から噂が広がる、最初は悲しくて見てられないが、そのうち気の毒になる、そして皆から愛されるようになるし
    死んだあとは、地域住民で話し合ったんだろ形にして残そうと。
    [ 2013/04/12 15:19 ] [ 編集 ]
  112. www.chloeearnestjp.info,シバイクロエ,布 シバイクロエ
    やスポまたはによって引き起こされるあなたはまた

      ハイカーペットメンズブーツとしてコンバース赤は上部黒の光沢のあるビニールを持っています落ち葉降りしきる神秘的な森の中を全力疾走する岡田准一くん。そして、豪快にダイビングして何かをキャッチ。何を?何で?何の為にそんなに必死になっていたのでしょうか?

    [ 2013/06/14 09:13 ] [ 編集 ]
  113. ※35
    戦後、騒音がうるさい駅前を不法占拠したのは誰か言わずもがな分かるだろう?
    [ 2013/08/29 17:50 ] [ 編集 ]
  114. 上野の博物館にハチ公の剥製あるから見てくれば?
    シベリアンハスキーくらいの大きさあるよ。
    あんな大型犬が首輪つけずにうろうろしてたら、そりゃ保健所も捕まえるわな。
    首輪あってもやっぱり捕獲対象になると思う。
    焼き鳥屋や客にいじめられてたって書いてあるけど、
    それって大型犬から身を守るみたいな意味合いがあるんじゃないか?
    焼き鳥屋で遭遇したら、自分もやっぱり身を守るために「シッシッ」ってやってしまうと思う。狂犬病の恐ろしさに関する知識もみんな持ってたはずだし。
    新藤兼人はすごい人だと思うけど、ハチ公物語に関してはちょっとやり過ぎだと思う。
    [ 2014/07/26 17:51 ] [ 編集 ]
  115.  
    日本人の成りすましの人種を相手にすることはないよw
    けなすことしか考えてない人種だからきりがないぞ
    [ 2014/10/14 05:21 ] [ 編集 ]
  116. けなすもけなさないも、新藤兼人脚本のハチ公物語は、事実とは違うだろうに。

    ハチ公は野良犬になったことないし、歴代の飼い主にもいじめられてないし、
    一番長く飼った菊三郎(菊さん)も、ハチより後に死んでいる。
    菊三郎には、とてもかわいがられたらしいし。
    当たり前だけど、菊さんをはじめとする歴代の飼い主は、ちゃんと餌をあげていた。
    虐待された末、野良犬で死んだのではなく、11歳で、病気で死んでいる。
    当時からすれば、天寿を全うした年齢だと思われる。
    理由ははっきりしないけど、駅前で待っていたというのは事実。
    英三郎(秀次郎)を待っていたと信じたい。

    小学生の頃に『ハチ公物語』を観て大泣きして、
    夏休みの自由研究でハチ公のこと調べたんだけど、
    映画と全然違って、けっこう腹立たしく思ったことがある。

    新藤兼人は日本を代表する脚本家。
    だからこそ「泣き」のツボをよく心得ている。
    新藤自身も、事実が7、創作が3みたいなことをモットーにしていたはず。

    新藤兼人監督作品には『絞殺』とか『ブラックボード』とかみたいに、
    実際に起こった事件を扱うものが多いんだけど、
    やっぱり事件そのままではなく、あちこちに創作が加えられていて、
    悲惨さ、不条理感が強調されるようになっている。

    新藤兼人だからこそ、ああいう脚本になったともいえるけど、
    ハチ公物語を「やりすぎ」と考える人は、少なからずいると思う。
    [ 2014/12/06 19:06 ] [ 編集 ]
  117. 知り合いの家のポメラニアンでさえ、急死されたご主人の帰宅時間に、数ヶ月も玄関で待ってたって聞いて、そりゃ9年間も通うイヌだっているだろうと思う。
    イヌのそういう行動ってのは、無償の愛情だからこそ、感動するわけで。自分が死んだ後も、愛犬がそうやって待っていてくれたら、うれしくないか?
    それを、焼き鳥目当てだったとか、功利的な理由を付けたい人間は、動物との心のふれあいもなく、動物を下等な存在と見下したいのかね。バカバカしい。
    なお、上野博士の功績を称えて東大農学部が造った銅像は、博士と再会するハチ公という姿。東大も粋なことをする。
    [ 2015/06/17 02:42 ] [ 編集 ]
  118. 俺の女房も話題を振ると必ず否定から入り頭に来るが、いろんなスレにも必ず否定屋がいて笑っちゃうよ。
    [ 2015/08/31 10:50 ] [ 編集 ]
  119. 何年か前に「トリビアの泉」で
    ご主人が熊(着ぐるみ)に襲われたら 助けようとした飼い犬は100匹中13匹で
    ご主人が崖から落ちそうになったら助けようとするか他の人間に知らせ連れてこようとした飼い犬は100匹中4匹くらいだったよね。
    [ 2015/09/05 01:58 ] [ 編集 ]
  120. この映画を観て、秋田犬を安易に飼おうと思ってしまうアメリカ人とか出てきたら嫌だなと当時思いました。
    秋田犬、飼育はかなり難しいし、噛まれる事件もかなりある。
    噛まれた場合、シャレにならないくらいひどいことになる
    事が多いです。まあ秋田犬だけじゃないけど。
    [ 2015/09/25 18:19 ] [ 編集 ]
  121. 米104
    映画公開されたよ。私イクスピアリに観に行ったけど、ワーナーだかの公開だったからやってる映画館自体が少なかった。
    わざわざ隣の市まで行ったもんよ。
    [ 2015/12/27 23:54 ] [ 編集 ]
  122. 駅員がハチの事を新聞に寄稿して掲載されるまでは
    駅を利用する人に蹴られたりして酷い扱いを受けてたのにな
    新聞に載ってからは食べ物貰ったりしたようだけど
    焼き鳥の串ごと与えられて胃の中で刺さりまくってたんだと
    [ 2016/03/26 12:46 ] [ 編集 ]
  123. ※122
    そういうのも鵜呑みにするんじゃないよ
    中にはそういう人もいるってだけ
    そもそも全ての人がそんな状態なら
    飼い主も生前に迎えにこさせるなんてしないから
    [ 2016/06/19 21:56 ] [ 編集 ]
  124. 上野の国立博物館には『忠犬ハチ』と『南極探検隊の越冬犬タロ』の剥製が飾られている。(ほんものだよ)
    本物なんだけど、若いお父さんは子供に『あ、秋田犬と樺太犬な』『あっちの小さいのは甲斐犬』としか説明してなかった。
    私なんか、本物だ!と思って感激しちゃったんだけど。
    [ 2016/08/25 23:09 ] [ 編集 ]
  125. 犬の愛ほど純粋なものはないと思う。真剣に
    [ 2016/11/17 00:57 ] [ 編集 ]
  126. ※116
    監督が共産党員で反日の意味を込めて作った映画だからね
    結局、日本の良さを広めただけになったという皮肉
    [ 2016/11/17 03:06 ] [ 編集 ]
  127. フィド(イタリア)
    怪我をしたところを介抱してもらった主人の送り迎えを続け、空襲(WW2)で主人が職場で亡くなった後も14年バス停に通い続けた犬
    カネロ(スペイン)
    病院で治療中に亡くなった主人が出てくるのを12年間、家にも帰らずどこにも行かず病院入り口前で待ち続けた犬

    ハチ公がエサ目当てか否かは別としても、世界中で似た様な話がある辺り、犬ってやっぱそういう生き物ではあるんだろう
    [ 2017/02/27 02:47 ] [ 編集 ]
  128. 敗戦後食料難で
    日本からおいしい赤犬がいなくなったのは秘蜜だよ
    [ 2017/05/09 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング