パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本は本当に特殊な国だ!」 日本の神社の雰囲気が異世界のようだと話題に

一段の滝としては落差日本1位を誇る、和歌山県の那智の滝。
華厳の滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられており、
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部にもなっています。

今回ご紹介する写真は、著名な写真家の鈴木秀総さんが撮影された1枚で、
熊野那智大社の別宮、飛瀧神社の境内から写した那智の滝です。

飛瀧神社では、那智の滝そのものを大己貴命が現れた御神体として祀っており、
本殿、また拝殿もなく、直接滝に拝むことになります。
熊野那智大社のホームページに記載された情報によると、
「熊野の神様は元々ここでお祀りされてい」たそうです。

鈴木さんのこの写真が海外サイトで何度となく取り上げられているのですが、
その度、その神秘的かつ幻想的な雰囲気が外国人に驚きを与えています。
寄せられたコメントの一部をご紹介しますので、ごらんください。

「神道は最も平和的な宗教」 神道とは何かを解説した動画が外国人に大好評

16665022_1416831491674726_20360651858942318_o.jpg




翻訳元



■ 「指輪物語」を書いたトールキンの世界観みたい😍😍😍 イギリス




■ 俺の国にもこういう光景がたくさんあったら、
  今よりもっと綺麗な国になるのになぁ。 インドネシア




■ この写真を見てるだけで物すごくハッピーな気分になれる。 +6 インド




■ 日本は何でこんなに綺麗なんだろう。
  私もあの美しい国に一度でいいから行ってみたい。 アルゼンチン




■ あの門は木造なんだろうか。
  俺の目には神聖な世界への入り口みたいに見える。 スペイン




■ ……あれは本当に地球上に存在する場所なのか?! +8 ロシア




■ もしも生まれ変わりがあるならあの場所に転生したい。 アメリカ




■ 圧倒されてしまった。
  日本にはこういう雰囲気の場所がそこら中にあるんだろうね!! フランス




■ 写真でも凄いけど、実際に見るともっと感銘を受けるぞ😃 オランダ




■ 俺にはゲームの世界の映像にしか見えないんだけど😵 +3 インド




■ あれもトリイの一種なの?
  トリイって普通朱色をしてると思ってたんだが🤔
  でも少なくとも形的にはトリイだよね。 +1 キューバ

「日本には八百万の神様がいるから」 神社の鳥居の多様性に海外から驚きの声



   ■ あれもトリイだよ。
     大抵木造か石造りで、色は特に決まってないんだ。 +1 国籍不明



■ 私の体に新しく加えるタトゥーの図柄が決まった😍 フランス




■ 光の速さで俺のスマホの待受画像になったぜ。 +1 スペイン




■ あの滝は天国から降ってきてるんだな。そう思うことにしとく。 国籍不明




■ あの幽幻な雰囲気がどうしようもなく好きなんですけど😍 ルーマニア



   ■ あんな光景こっちじゃ絶対見られないもんね。
     俺もあの独特の雰囲気が大好きで仕方がない。 ルーマニア



■ いつか絶対にあの神社に行きたい。
  あと八十八箇所も全部回ってみせる……。 キプロス

海外「美しさに圧倒された!」 四国八十八ヶ所巡りの結末に外国人が大感激




■ 本気で訊きたいんだが、本当に現実世界なのか!? +3 オーストラリア



   ■ 日本という名の地球上に実在する国ですよ。
     目の保養のためにある国なの😃❤️ +1 スペイン



■ 私は生まれる国を間違えちゃったんじゃって気がしてきた😢 +1 ドイツ




■ こんな綺麗な場所を知らなかった自分が信じられない。 フィンランド




■ これまで何度日本に驚かされてきたか覚えてないや😃 アルバニア




■ 絶対トリイには人知を超えた力が秘められてる……。 +2 ポーランド

海外「日本の神々が守ったんだ」 神社の鳥居の驚異的な強度が台湾で話題に




■ 綺麗な場所だね〜。おとぎ話の世界から飛び出してきたみたい。 アメリカ




■ ワカヤマにこんな幻想的な場所があるなんて知らなかった! +1 ベトナム




■ 「荘厳」って言葉はこの神社のために用意されていたのか。 イスラエル




■ こういうのとかさ、日本って本当に特殊すぎる国だよな!w +2 ブラジル




■ これは完全にこの世のものではない光景が写ってますね😏 +1 メキシコ




■ キョウトには赤いトリイがずっと続いてる神社があって、
  そこに行くと聖域の中に入り込んだ感じがするの。 スペイン




■ まさに「日本」としか言いようがない1枚。 +6 イスラエル

「日本は島国だから独特なの?」 日本を象徴する1枚の写真が外国人を魅了




■ アニメの世界にしかこういう光景はないのかと思ってた。 +1 セルビア




■ 日本の神社の静かで涼やかな雰囲気がたまらなく好き。 +2 アメリカ




■ 心を奪われてしまうような美しさだ。
  日本人は自然の美しさを引き立てるのが本当に上手い。 +1 ポーランド




■ 現実世界じゃないみたい。
  特別な、不思議な美しさがこの神社にはありますね。 +1 国籍不明





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2017/09/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(357)
Powered By 画RSS
  1. 那智の滝だね、ここは熊野古道、修験道とも切っても切れない一体のものだね。
    [ 2017/09/01 23:02 ] [ 編集 ]
  2. 鳥肌たった。これは凄い。
    [ 2017/09/01 23:03 ] [ 編集 ]
  3. 滝は一瀑、二瀑と数えるのか
    瀑布の瀑やね
    [ 2017/09/01 23:03 ] [ 編集 ]
  4. > 那智の滝そのものを大己貴命が現れた御神体として祀っており

    > ■ もしも生まれ変わりがあるならあの場所に転生したい。 アメリカ

    神にでもなるつもりかッ
    [ 2017/09/01 23:04 ] [ 編集 ]
  5. これくらい水量のある日は絵になるねぇ。

    一度くらい狙って行ってみるか。
    夏は大体ちょろちょろな日が多くって・・・
    [ 2017/09/01 23:04 ] [ 編集 ]
  6. 守ってゆきたいですな
    [ 2017/09/01 23:06 ] [ 編集 ]
  7. 滝はいいよね…水は癒される。
    [ 2017/09/01 23:07 ] [ 編集 ]
  8. これくらいの写真加工はいいのか?
    [ 2017/09/01 23:09 ] [ 編集 ]
  9. そこら中にはないわよ
    [ 2017/09/01 23:09 ] [ 編集 ]
  10. 鳥居が朱色なのは唐からの影響って聞いたことがある。
    それより前に祀られてた古来の神社なんかは木の鳥居らしい。
    [ 2017/09/01 23:10 ] [ 編集 ]
  11. 観光いきてぇなぁ
    休みも給料も少なすぎんだよ
    [ 2017/09/01 23:14 ] [ 編集 ]
  12. ※10
    古来の神社は神聖視される白木だよね
    伊勢とか出雲がそうだったような・・・
    朱色は仏教の伝達と共に入ってきたと聞いたことあった気がする・・・
    うろ覚えすまん
    とにかく色々な説があるようだね
    面白いよね
    [ 2017/09/01 23:19 ] [ 編集 ]
  13. 太地の近所だと知らないだろうなw
    [ 2017/09/01 23:20 ] [ 編集 ]
  14. 出た、出雲大巳(己)貴。字義は「出雲の貴き大蛇神」。またの名を大国主や大物主。
    滝にオオナムチ、さもありなん、蛇神は水神様で御座いますれば。
    [ 2017/09/01 23:20 ] [ 編集 ]
  15. 荘厳という言葉を持ってきたイスラエルさん、さすがです。
    [ 2017/09/01 23:20 ] [ 編集 ]
  16. お供えすると 滝のそばまで行けるよ
    [ 2017/09/01 23:22 ] [ 編集 ]
  17. 形から見るとよくある明神鳥居だと思うよ。
    飛瀧神社は本殿も拝殿もないので滝自体を拝んでる。
    [ 2017/09/01 23:23 ] [ 編集 ]
  18. 山を擬人化する絵師が居るから滝の擬人化も時間の問題だな。
    人生初オナが滝の萌えイラストという少年も出てくるんだろうな。
    軍艦で精通した少年はもう間違いなくいるだろうし。
    [ 2017/09/01 23:23 ] [ 編集 ]
  19. 日本にはまだまだ知らない世界があるんだと実感した
    DISCOVER JAPEN!
    [ 2017/09/01 23:23 ] [ 編集 ]
  20. こないだ2年ぶりにお参りに行ってきた。ようやく数年前の台風による被害の痕がなくなって、もとの雰囲気にもどっていたのでうれしかったな。
    [ 2017/09/01 23:23 ] [ 編集 ]
  21. 綺麗だねぇ
    [ 2017/09/01 23:24 ] [ 編集 ]
  22. こういうの見ると、アブラハム宗教を信じてる海外の人も、普段は意識の奥底に眠っている原始宗教への感覚がうっすらとでも呼び起されるのかしら。
    [ 2017/09/01 23:25 ] [ 編集 ]
  23. 日本はどこ見てもこんな景色と思わないでね
    プレッシャーだから
    [ 2017/09/01 23:26 ] [ 編集 ]
  24. 和歌山行ったこと無いから一度紀伊半島をグルッと巡ってみたい。
    [ 2017/09/01 23:26 ] [ 編集 ]
  25. 鳥居の材質は、木もあれば石もあり金属もあり
    変わりどころでは鉄とかステンレスとか、果てはチタニウム合金てのもあるぞ
    [ 2017/09/01 23:26 ] [ 編集 ]
  26. 大阪の箕面の滝もいいですよ
    阪急で箕面で降りて少し歩いてOK、駐車場も完備
    33mあるから、それなりに見応えあってお手軽なのが売り
    熊野古道の那智の滝に比べれば、あれですけどね…
    人工滝と風評被害受けた箕面の滝ですが、紅葉の季節は手軽に楽しめるハイキングとして楽しめますよ
    それにしても熊野古道は一度本格的にいってみないなぁ、あと大台ケ原
    [ 2017/09/01 23:27 ] [ 編集 ]
  27. 熊野はいいよね。あのあたりは何かちょっと異質な雰囲気がする。
    悪い意味じゃなくて、とても神聖な場所って感じがする。
    また行きたいな。
    [ 2017/09/01 23:27 ] [ 編集 ]
  28. >>いつか絶対にあの神社に行きたい。
    >>あと八十八箇所も全部回ってみせる……。 キプロス

    キプロスの人が八十八カ所を知ってることにびっくりよ…
    [ 2017/09/01 23:28 ] [ 編集 ]
  29. >>私は生まれる国を間違えちゃったんじゃって気がしてきた😢 +1 ドイツ

    ドイツ人はもっと自尊心を持とうね…
    [ 2017/09/01 23:30 ] [ 編集 ]
  30. 熊野本宮大社か
    2年前に要った時は中国人だらけだった
    [ 2017/09/01 23:31 ] [ 編集 ]
  31. 手前の鳥居がまるで絵みたいにかっこいいな。
    [ 2017/09/01 23:32 ] [ 編集 ]
  32. 本殿のない神社…そういうのもあるのか
    [ 2017/09/01 23:34 ] [ 編集 ]
  33. 那智の滝は良いんだけど明治の神仏分離で分割された青岸渡寺が何かケバケバしい感じで良くないんだよ
    [ 2017/09/01 23:34 ] [ 編集 ]
  34. ???『ナチの滝だって?不謹慎な』
    [ 2017/09/01 23:35 ] [ 編集 ]
  35. 悲しいかな、日本人自身がこういう場所を知らない人が多い
    中韓の連中のほうがよく知ってたりするんだよな
    [ 2017/09/01 23:35 ] [ 編集 ]
  36. 滝の上部が朝もやに霞んでいるのがいいな。
    自分が行った時は昼過ぎだったからガヤガヤでこんな雰囲気じゃなかった。
    [ 2017/09/01 23:36 ] [ 編集 ]
  37. 那智の滝を見た帰りに反捕鯨デモする外国人の姿が想像できる
    [ 2017/09/01 23:36 ] [ 編集 ]
  38. 良い滝だけど
    上の方が消えてるのは写真の取り方か?
    那智大社は那智黒と言う飴の発祥の地となりました。


    熊野三山の一つ他に坪湯で有名な本山と速玉神社があります熊野三山にはさんざん…

    本山は温泉地で良いところですが交通アクセスがちょっとね
    しょっちゅう土砂崩れしたり、道が凍結したり、離合の難しい地点があったりとなかなか大変

    速玉神社はゴツい岩が合ってちと階段が怖い
    [ 2017/09/01 23:37 ] [ 編集 ]
  39. あの鳥居の手前までは無料だけど鳥居を越えて敵の側まで行くのは300円取られるよ
    [ 2017/09/01 23:39 ] [ 編集 ]
  40. この間テレビでやっていたな。なんでも紀伊半島の地下には神奈川県とほぼ同じ大きさの一枚岩があるんだと。太古の大地ごと噴火した溶岩がそのまま固まったものらしい。近畿に火山は無いのに古道の三県境って温泉地帯なんだよな。
    [ 2017/09/01 23:40 ] [ 編集 ]
  41. >■ ……あれは本当に地球上に存在する場所なのか?!
    >■ 本気で訊きたいんだが、本当に現実世界なのか!?

    そんなに変わってるだろか?
    よく見る滝のような気がする
    [ 2017/09/01 23:40 ] [ 編集 ]
  42. 木の鳥居が一番好き。
    色が何も塗られてないやつ。
    [ 2017/09/01 23:40 ] [ 編集 ]
  43. >本殿のない神社…そういうのもあるのか

    神社が現れる以前から聖地だった神社は本殿が無く、御神体が山全体だったりするね
    [ 2017/09/01 23:44 ] [ 編集 ]
  44. >あと八十八箇所も全部回ってみせる……。 

    13番目(だっけ?)には行ったらいかんよ。
    [ 2017/09/01 23:44 ] [ 編集 ]
  45. ※38
    飴の那智黒は、那智黒石ってのを模して作られた飴ですよ。
    硯とか碁石の黒石になる石です。
    [ 2017/09/01 23:44 ] [ 編集 ]
  46. 雨の最中か後なんだろうね
    いつもより少し水量が多いし木も濡れてるみたい
    [ 2017/09/01 23:45 ] [ 編集 ]
  47. 和歌山は見所や美味いものいっぱいあるんだが僻地なのと観光に力入れないので関西でも地味扱いなのが残念すぎる
    [ 2017/09/01 23:45 ] [ 編集 ]
  48. これは荘厳だね…ゾクッと来るくらいの雰囲気だ。
    竜が昇ってそう。
    そういえば龍と竜って神道的にはどっちなんだろう。
    意味合いは同じみたいだけど、神社では龍の方がより使われてる印象がある。
    [ 2017/09/01 23:47 ] [ 編集 ]
  49.  
    日本三~って滝・庭園・景色・山とか色々あるからな
    滝は那智行ったことない・・・三か所って行けそうで行けないんだよな~(ついでに回れそうなのは袋田の滝と水戸偕楽園ぐらい?)
    [ 2017/09/01 23:50 ] [ 編集 ]
  50. ※43
    何処の神社か失念したけど、山自体が御神体で入場には身元を明らかにして、登った先で見たものは口外してはならない処があるね。何処だったかなあ。
    [ 2017/09/01 23:50 ] [ 編集 ]
  51. ここは日本人が行っても普通に感動する
    [ 2017/09/01 23:55 ] [ 編集 ]
  52. ※9
    なんかクスッときたw
    [ 2017/09/01 23:56 ] [ 編集 ]
  53. ※50
    大神神社か湯殿山か?
    [ 2017/09/01 23:57 ] [ 編集 ]
  54. 左側の赤い建造物が写ってなければより良い写真だった
    [ 2017/09/01 23:58 ] [ 編集 ]
  55. ※32
    大神神社とかも本殿はないよ
    ※50
    三輪山の事じゃないかな
    [ 2017/09/02 00:01 ] [ 編集 ]
  56. アニミズムが大手を振るっているのは先進国では日本だけだからな
    欧米人が駆逐してしまった事が日本には未だに息衝いている
    [ 2017/09/02 00:03 ] [ 編集 ]
  57. ※三輪山の大神(おおみわ)神社では?
    [ 2017/09/02 00:03 ] [ 編集 ]
  58. ※53
    ああ、大神神社だ。喉の支えが取れた、ありがとう。
    [ 2017/09/02 00:04 ] [ 編集 ]
  59. 他の人もありがとうね。スッキリして寝れそうだw
    [ 2017/09/02 00:07 ] [ 編集 ]
  60. 遂に外人にばれたか
    日本のエリクサーと呼ばれた陀羅尼助丸の存在が
    [ 2017/09/02 00:07 ] [ 編集 ]
  61. 宮崎県延岡市にある行縢(むかばき)山の
    行縢の滝もかなり趣深いですよ。

    落差が80mほどあって、1枚岩で。
    雄岳、雌岳の間を流れる滝でございます。

    …見るには、ちょっと登山しないといけないけれど(^_^;)

    [ 2017/09/02 00:08 ] [ 編集 ]
  62. 今日も大阪から原付で世界遺産・吉野に行ってきた。
    今度はもっと頑張って那智の滝まで行く。
    葛城・吉野・熊野のあの神錆びた雰囲気は最高。
    鈍感な俺でも神霊のようなものを感じるんだ。
    [ 2017/09/02 00:09 ] [ 編集 ]
  63. 諏訪大社も本殿ないやね。ちな諏訪も三輪も出羽(湯殿山)も龍神蛇神伝説ありますw
    口外云々は湯殿山じゃね?三輪で身分証の提示なんかあったか?
    [ 2017/09/02 00:10 ] [ 編集 ]
  64. ※60
    UHA味覚糖が陀羅尼助の飴を出している事を知るものは少ないはず
    [ 2017/09/02 00:12 ] [ 編集 ]
  65. アンドレ・マルローの逸話が面白い。
    [ 2017/09/02 00:12 ] [ 編集 ]
  66. 大神神社、高天彦神社、高鴨神社、上賀茂神社も山がご神体だよ。
    太古の鴨族、これは神族だから。
    今の天皇家の前王朝。
    高天原というのは御所市高天、今の金剛山。
    [ 2017/09/02 00:13 ] [ 編集 ]
  67. サッカー関連か?
    那智神社はヤタガラスの寝床だぞ
    [ 2017/09/02 00:14 ] [ 編集 ]
  68. 日本を称賛されるのは日本人として素直に嬉しいけど、
    完全に 隣の芝は青い 状態で微妙な気持ちにもなるw

    なんというか・・日本に住んでいる私は、いつでも行ける国内(身近な)場所なのに多分一生行かない場所で、
    すっごく遠くに住んでいる外国人がわざわざ日本に来て、この場所に行きたいって言ってるのを見ると、その温度差に自分が如何につまらない人間ry
    [ 2017/09/02 00:15 ] [ 編集 ]
  69. 日本よりコメントしてる国々の方が壮大で美しい自然が沢山あると思いがちだが。
    日本の自然が独特なのは、神社等の人口建造物含めて、コンパクトに色々と魅力が詰まってるところではないかな
    すごくフォトジェニックなんだよね
    [ 2017/09/02 00:17 ] [ 編集 ]
  70. ※66
    御神体で言えば春日大社とかもそうなんだけど、
    本殿があるからなぁ
    [ 2017/09/02 00:17 ] [ 編集 ]
  71. やっぱりちょっと雨降ったりして濡れてるほうがきれいに見えるよね。
    こういう景色は特に。
    [ 2017/09/02 00:17 ] [ 編集 ]
  72. ※38
    なんかぐちゃぐちゃに書いておられますが…
    「つぼ湯」で有名なのは本宮大社のわりと近くのある「湯の峰温泉」です。本宮大社とは別物で、中世からの絵解きで有名です(一部の方に)。

    速玉大社のゴツい岩とは速玉大社の摂社で「神倉神社」のことですね。速玉大社の本社とは少し離れていて、これも速玉大社とは別物です。ここは那智とは違った火祭りがあり、これもなかなかすごいです。
    [ 2017/09/02 00:18 ] [ 編集 ]
  73. 絵の題材になってるのはよく見たけど、本物は見たことないんだよな〜
    [ 2017/09/02 00:19 ] [ 編集 ]
  74. ※54
    あの赤いのもお瀧拝所つって
    一番瀧に近づいて拝むバルコニー状の場所で神社の一部だよ
    [ 2017/09/02 00:19 ] [ 編集 ]
  75. 那智黒石
    <そうですねすいません

    口外
    <沖ノ島とか?
    速玉神社のごとびき岩はネットにも出てるようだし、だとすれば口に出しても良いような…

    ちなみに熊野三山いったあとはいつも勝浦の浦島に行きます。
    洞窟風呂ととんでもなく長いエスカレーターが 
    [ 2017/09/02 00:22 ] [ 編集 ]
  76. 名無し
    ここのコメント欄ほとんど工作員なんだろうなあ
    いい加減やめてもっと有意義な人生送ればいいのに
    かわいそう
    [ 2017/09/02 00:23 ] [ 編集 ]
  77. 世界中に人工物と自然が融合した美しい景色があると思うよ。
    そんな景色がわりと近くにある日本は幸せ者なんだね。
    海外の人に美しいと思って貰えるのは良いことだ。
    [ 2017/09/02 00:23 ] [ 編集 ]
  78. なんだか感受性のうっすいやつがちょいちょい居て悲しくなる
    熊野は確かに荘厳だが、
    きみらの地元の氏神様にだって美しい風景があるはず
    素直に感動している外国人のほうがなぜか好感持てる
    [ 2017/09/02 00:24 ] [ 編集 ]
  79. ※48
    神道的には「オロチ」「くちなわ」になる。要するに蛇です。
    龍だの竜だとどうしてもシナ・インドの影響がでてくるからね~。
    ちなみに龍は水面から躍り上がる、身を逆Uの字にくねらせたワニの姿の象形文字、竜は上から見たカメの象形文字です。
    [ 2017/09/02 00:35 ] [ 編集 ]
  80. 画像加工しない方が現実感あっていいと思う
    素晴らしいのは認める
    [ 2017/09/02 00:36 ] [ 編集 ]
  81. ※44
    >> あと八十八箇所も全部回ってみせる……。 

    > 13番目(だっけ?)には行ったらいかんよ

    なんで??
    [ 2017/09/02 00:38 ] [ 編集 ]
  82. この荘厳で神聖な滝をロッククライミングするアホ外人も居るからなぁ
    [ 2017/09/02 00:41 ] [ 編集 ]
  83. 確かにそのまま写すより荘厳さに拍車がかかってるが
    色調いじりまくってアートにする手法大っ嫌い
    [ 2017/09/02 00:41 ] [ 編集 ]
  84. もともと異世界への入り口だろ神社
    [ 2017/09/02 00:44 ] [ 編集 ]
  85. 赤い鳥居って基本お稲荷さんの鳥居だと思ってたが

    ※68
    行かないのが普通みたいに書かれると行ったことある人間としてはなんだかなあと思うわけだが
    [ 2017/09/02 00:46 ] [ 編集 ]
  86. いい写真だね~。
    凄く幽玄で奥ゆかしい魅力を感じる。
    [ 2017/09/02 00:46 ] [ 編集 ]
  87. 鳥居は神界と下界の門。

    外国人の方々も、中々鋭い人が結構いるね。
    [ 2017/09/02 00:48 ] [ 編集 ]
  88. この場所よくテレビでも取り上げられてて最近は知ってるヤツ多いぞ
    でも、雨や曇りでもこんなに暗くはないな
    この写真はかなり加工されてると思う
    [ 2017/09/02 00:48 ] [ 編集 ]
  89. 全く関係無いけど、イスラエルのユダヤ人は、滅茶苦茶親日的な人が多いな。
    日本赤軍のテロが有ったのに。

    それに比べて米国の金融財閥のユダヤ人共は、何であんなにも反日的なのだろうか…
    理解に苦しむよ…
    [ 2017/09/02 00:49 ] [ 編集 ]
  90. どこの国にも美しい場所はある。灯台下暗しで見えなくなるんだね。
    日本に生まれてずっと日本に住んでるのに、今まで知らなかった場所がいっぱいあるもん。
    [ 2017/09/02 00:49 ] [ 編集 ]
  91. 温泉マニア空海の御先祖、大阿刀足尼が発見したという湯の峰
    役行者ゆかりの洞川(奈良ですが)
    清少納言が讃えた榊原(三重ですが)
    熊野古道はそれぞれ雰囲気の違う温泉も結構あるね
    [ 2017/09/02 00:51 ] [ 編集 ]
  92. 途轍もなく魅力的な写真だね。
    世の中には才能のある人間が、意外にも相当数居るもんだね。
    [ 2017/09/02 00:51 ] [ 編集 ]
  93. まぁ、ソフトの加工技術は写真家の必須スキルだし・・・
    [ 2017/09/02 00:58 ] [ 編集 ]
  94. 赤い色には錆止めの成分が入ってたとかで、鳥居に限らず赤い色の建物は多い
    [ 2017/09/02 01:04 ] [ 編集 ]
  95. 大阪からも名古屋からも遠いな
    どっちから行っても高速道路が到達してない
    [ 2017/09/02 01:06 ] [ 編集 ]
  96. ※81
    おそらくは半島の人に乗っ取られたお寺だからでは…
    [ 2017/09/02 01:11 ] [ 編集 ]
  97. 京奈和が全線開通すれば京都からでも名阪からでも行けるけどね。
    開通すれば・・

    って、高野山の方へ行ってしまうか・・。
    [ 2017/09/02 01:12 ] [ 編集 ]
  98. 朱色の鳥居は魔を祓う。
    君の身近にあの鳥居を嫌う人がいたら、それは魔に魅入られた
    普通の日本人とは違う存在かもしれない…。
    [ 2017/09/02 01:12 ] [ 編集 ]
  99. 鳥居の先は異界、神さんの世界なんで人間の意識の世界とは違うぜ
    三輪さん登ってないけど身分証というか土足厳禁というか土は払って登ってねとか写真は駄目よとかなにか着るものだか目印なの付けてねとか色々お約束はあったと思う、登れる時間帯も決まっているからね。
    巻物か何かに記帳するのはあったかも。

    奈良県で火山って言われているのは畝傍山かな? 詳しくはわからないけど。南部は温泉あるだろうね、地熱が火山の溶岩なのかしらんがなさそうな平地でも温泉有るところはあるから火山と関連は必要ないかも。

    西洋の川は緩やかで日本のは高速で滝のようだとか言われるから
    滝はあるんだろうけど某宗教的には神のつくりたもうものなだけで
    信仰の対象とかしちゃうと偶像崇拝になっちゃうから駄目だろうね
    元から有る自然崇拝系統ならそこに有るだけで敬う感じなんじゃないのかな? 飾り付けしたり 神 と崇める舞台装置作ったりはしなさそう。
    [ 2017/09/02 01:16 ] [ 編集 ]
  100. >赤い鳥居って基本お稲荷さんの鳥居だと思ってたが

    元々はそうだといわれているね。今は八幡や他でもよく見かけるけど。
    [ 2017/09/02 01:17 ] [ 編集 ]
  101. 在日極左プロ土人のホラ吹きドヤ顔低身長コーモン激臭おじさん、クソチョン馬場孝司の本名は朴孝司
    [ 2017/09/02 01:18 ] [ 編集 ]
  102. 射影機持って入りたくなるな
    [ 2017/09/02 01:18 ] [ 編集 ]
  103. 山が御神体で、本殿がない神社。
    流石に金鑚神社は出てこなかったかw
    [ 2017/09/02 01:28 ] [ 編集 ]
  104. トールキンというよりエルダースクロールっぽい
    [ 2017/09/02 01:30 ] [ 編集 ]
  105. ちな、金鑚神社の山頂には大神神社の分宮が祀られてたり。
    [ 2017/09/02 01:30 ] [ 編集 ]
  106. 本コメで指輪物語が~って言ってる人いるけど、なんか分かる気がする
    この写真見たら、ゴラムがいた滝つぼを思い出した
    [ 2017/09/02 01:49 ] [ 編集 ]
  107. 最も旧い形の宗教思想だね。
    あまり詳しくはないが、最も旧い種類の古神道の神社なのだろう。
    那智の滝は非常に神秘的だ。
    古代日本人が、これらの滝に神が宿っていると信じていた理由が、凄く良く分かる。
    [ 2017/09/02 01:50 ] [ 編集 ]
  108. 日本中いい所は多いけど、熊野古道は一度は行って損はないと思うよ。
    那智、高野山、吉野山、伊勢神宮などビッグネームの密集地帯だから。
    一度で全ルート制覇は厳しいだろうけどね。
    [ 2017/09/02 01:55 ] [ 編集 ]
  109. 日本の何かが褒められてると
    すぐ顔真っ赤にして叩きだす猿が湧くよね
    しかも発言が妄想ソースのやべー奴
    つまんない生き方だこと
    [ 2017/09/02 02:00 ] [ 編集 ]
  110. こういう幽玄を感じさせる場所というのは多くの場合、古い伝統を表す神社等の人工物と自然との組み合わせなんだよな。
    古来からの人の営みを感じるからこそ、独特の世界観を感じる事が出来るのだろうね。
    [ 2017/09/02 02:03 ] [ 編集 ]
  111. 那智の滝か
    ある時期の上皇だかが頻繁に熊野詣で参拝したとかだったかな
    葛飾北斎の絵が有名だったような
    昔からホトに似ているだの言われていたのは外人さんには秘密w
    [ 2017/09/02 02:05 ] [ 編集 ]
  112. そして汚すロッククライマー
    [ 2017/09/02 02:10 ] [ 編集 ]
  113. ここは素晴らしい所だった
    [ 2017/09/02 02:14 ] [ 編集 ]
  114. 異世界ならこんなん当たり前なんだけどリゼロに勝てんの?
    [ 2017/09/02 02:16 ] [ 編集 ]
  115. 観光客が集まりすぎて、静謐な雰囲気が壊れた神社や聖地と呼ばれる場所はたくさんある。

    人間の欲望でできた邪気が聖地のエナジーを汚すんだよ。だから、俺は年末年始に神社にはいかない。邪気が多すぎて、気分が悪くなるんだよ。
    [ 2017/09/02 02:23 ] [ 編集 ]
  116. こういう場が存在し成立しているっていうのは
    自然信仰や、ものづくりが尊重され有能な大工が育まれてきた背景など
    色々な要素が重なってるんだろうなぁと思うけど難しい
    石の文化でもないのに(建物の主な素材ではないという意味で)残っている(更新されている)という点でも
    世界中がそうであるように日本も激動の歴史を経ているのに何百年~何千年の間、一貫した信仰を持ち続け変わらず大事にされている点でも
    [ 2017/09/02 02:24 ] [ 編集 ]
  117. 那智の滝は何度も見てるけど滝壺の側まで行ってみようって考えたことなかったw今度行ってみよう
    [ 2017/09/02 02:26 ] [ 編集 ]
  118. そうそう、在日の「セクシー登山部」と仲間の佐藤裕介が
    御神体の滝に登って、宮司激怒してたよね。
    [ 2017/09/02 02:31 ] [ 編集 ]
  119. 富士山なども、本来は修験道の霊場だったんだよ。

    ところが今や、登山客の捨てたゴミの山……。
    [ 2017/09/02 02:36 ] [ 編集 ]
  120. ヤタガラスのお守り持ってるなぁ。
    納めに行くには遠すぎるから次のお守り買えないけど。
    [ 2017/09/02 02:39 ] [ 編集 ]
  121. 半島縦断ツーリングの途中で立ち寄った事がある。
    予想以上に大きいので驚いた。やっぱ実際に行って自分の目で見るって大事だわ~。
    ちなみに観光地というよりは祭ることに重きが置かれているのが良かった。
    [ 2017/09/02 02:48 ] [ 編集 ]
  122. 山岳信仰は仏教から入ってきており古代からではないけどね。修験道ももちろんその時代から始まった。
    ちょうど中国でもダルマが山で修行してるわな。山には人ではない大きな力のある何かがいると言われ、その能力を身につける為に修行をしていた。そもそも仏教とは関係がないが、原型はヒンドゥーの最高神シヴァだと思われる。
    日本にも同じ時期に大黒天(シヴァ)がやってきてるわな。
    そして日本の場合、山信仰以前は海と島信仰の様なものがあった。七福神の中でエベッさんは唯一日本の神だと言われてるが、この神がまさに海に関係する。
    海の神は表から消えたわけではない。しかし現在の神道でも山岳信仰ばかり言うな。まるで太古からあったかの様に言うから、古代の本当の日本は消されるのだな。
    藤原氏は犯人ではない。中臣氏は海の時代から神道に関わっている。
    [ 2017/09/02 03:01 ] [ 編集 ]
  123. これ滝だけの写真だったらここまで評価されてない

    手前にある鳥居が、いかにも日本らしい味だしてるのがミソ
    [ 2017/09/02 03:03 ] [ 編集 ]
  124. 寡聞にして知らない写真家なんだが有名なの?
    [ 2017/09/02 03:12 ] [ 編集 ]
  125. 鳥居のバリエーション多過ぎ問題
    遂には「縁起が悪い」から鳥居のない神社すらある
    ちな群馬県太田市国道122号近く
    [ 2017/09/02 03:13 ] [ 編集 ]
  126. 那智の滝がご神体。本殿はない。
    私は諏訪大社の末社の氏子だが、諏訪大社にも拝殿はあるが本殿はない。ご神体は御山や御神木である。
    こういう感覚は外国人には分からないだろうな。特に他宗教を異端とする極端な一神教の信者には。
    [ 2017/09/02 03:13 ] [ 編集 ]
  127. 何が特殊なんですか?
    [ 2017/09/02 04:09 ] [ 編集 ]
  128. 海外の人達が日本の風景・文化をいくら褒めても 移民・難民は受け入れませんよ 日本人が優しいとか勘違いしないで下さい
    [ 2017/09/02 04:15 ] [ 編集 ]
  129. 汚染物質はシャットアウトでオケ!
    [ 2017/09/02 04:25 ] [ 編集 ]
  130. 滝の御水はおいしかったなあ。
    [ 2017/09/02 04:26 ] [ 編集 ]
  131. 写真が幻想的に撮れてるからすごくきれいに見えるけど
    実物見ると普通のでっかい滝の前に鳥居があるだけなんだよね
    日本人には似たような場所が他にもたくさんあるから普通、って感じを
    受けるんだけど、外人がみたら異世界って感じるのは当然だね
    日本人が西洋の城をみたら異世界ファンタジーだと感じるのと同じ
    [ 2017/09/02 04:27 ] [ 編集 ]
  132. 外国人よ、祖国に無いなら作れょ。

    日本人は天主堂だってモスクだって自分達で作っている。
    だからキミ達が神社や滝を作ったって問題ないはずだ。
    [ 2017/09/02 04:32 ] [ 編集 ]
  133. 幽玄って外国ではどんな言葉で置き換えられてるんだろう
    [ 2017/09/02 04:35 ] [ 編集 ]
  134. 鳥居の朱塗りは、硫化水銀の防腐性を期待したものって説もあったな
    社と違って腐食すると洒落にならない壊れ方をするだろうし
    [ 2017/09/02 04:42 ] [ 編集 ]
  135. この写真を撮った人がすごいじゃん。
    記事に取り上げたこの人も。
    [ 2017/09/02 04:46 ] [ 編集 ]
  136. >トールキンの世界観みたい
    確かにアランリーが描いてそうな構図だ
    [ 2017/09/02 05:19 ] [ 編集 ]
  137. チナチョソ以外なら、観光でならいくらでも来てくださいな
    [ 2017/09/02 05:34 ] [ 編集 ]
  138. 那智大社は熊野三山の一つで、三山はそれぞれ熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社熊野大社。本宮大社の大斎原(おおゆのはら)には、高さ33.9M、横幅42Mで、鳥居の中央に金色の八咫烏のある黒い大鳥居がある。
    [ 2017/09/02 05:45 ] [ 編集 ]
  139. >俺の国にもこういう光景がたくさんあったら、
    今よりもっと綺麗な国になるのになぁ。

    要は管理の問題だと思うけどな。
    [ 2017/09/02 06:07 ] [ 編集 ]
  140. なんとなく開いたら地元だった!
    アクサス悪すぎて気の毒で観光客車乗せてったげたくなる…
    [ 2017/09/02 06:23 ] [ 編集 ]
  141. > 私の体に新しく加えるタトゥーの図柄が決まった😍 フランス

    こういう発想が違和感おぼえる。


    [ 2017/09/02 06:31 ] [ 編集 ]
  142. どこに行っても外国人、おごそかな雰囲気は10年前の記憶の中だ。v-82
    [ 2017/09/02 06:44 ] [ 編集 ]
  143. 那智の滝で知ってほしいのは、那智大社と青岸渡寺の神仏混肯なんだけどな。
    江戸時代以前はお寺が主で神社は従の関係だったわけで、それが古来からの
    日本の宗教世界だったのを明治政府が神仏分離令という悪法で破壊してしまった。
    おかげでお寺も神社も何と3万を超す数が破壊されてしまった。イギリスで
    エコロジーを学んだ南方熊楠が神社の鎮守の森を護れと、保存運動をして
    何とか紀伊山地の森は護られた。のちに熊野古道が世界遺産に登録される理由の
    1つになったくらい。那智はまさに神仏混肯の代表みたいなものだね。
    [ 2017/09/02 06:50 ] [ 編集 ]
  144. ※10
    ※12
    日本固有だけど寺にも鳥居があるだろ
    神道が仏像とかに対抗して鳥居を発案→日本仏教がパクる
    この時仏教が建てた鳥居が朱色→朱色の鳥居を今度は神道がパクる
    唐の影響とはまた絶妙な言い回しだな(笑)
    [ 2017/09/02 07:01 ] [ 編集 ]
  145. 三峯神社も御神体は山だよね。
    旧石器時代は広葉樹林や照葉樹林の原生林はそれだけで恵みだろうしね。
    [ 2017/09/02 07:11 ] [ 編集 ]
  146. 定年退職したら
    日本中をゆっくり見て回るのが目下の夢
    [ 2017/09/02 07:13 ] [ 編集 ]
  147. 実際に行ってみると非常に俗っぽい観光地

    門前の土産街の質の悪さは特筆に値する
    [ 2017/09/02 07:19 ] [ 編集 ]
  148. 修験道といえば祭祀氏族の賀茂三輪氏族で、葛城修験道を開いた役小角が有名だけど
    同じく祭祀氏族である秦氏族で、白山修験道を開いた泰澄もお忘れなく。
    役小角も呪術力では負けを認めているね。どんな御前試合をしたのか知らないけど(笑)
    [ 2017/09/02 07:43 ] [ 編集 ]
  149. >これくらいの写真加工はいいのか?

    いいねぇ、こういう感性(爆
    日本人だと、なかなか到達できない境地だなぁ。
    こういうのを下種の極み、というのだろう?
    もしかして、歴史捏造、顔面偽装は当たり前の国が祖国の
    方なのかな?
    [ 2017/09/02 07:43 ] [ 編集 ]
  150. 地祇系修験道と天神系修験道だな
    [ 2017/09/02 07:48 ] [ 編集 ]
  151. 神仏混肯←日本の宗教観はこれに尽きる
    [ 2017/09/02 08:08 ] [ 編集 ]
  152. 神宮寺や寺内社がそれぞれあるわけだから、仏教と神道の合体が日本の
    宗教の古来からのあるべきかたちだよね。神道という言葉も一般に使われ出したのも
    明治以降だから、ネットで仏教を批判して神道を信仰してるなんて明治政府の
    プロパガンダの受け売りみたいなこと言ってる人間を見ると、違和感感じるな。
    廃仏毀釈を行ったのは、この手の人間だと思う。那智はその意味では日本古来からの
    姿を維持してる。
    [ 2017/09/02 08:12 ] [ 編集 ]
  153. ※152
    そもそも仏教は修行ツールなので信心ツールの神道とは補完し合って同居できるんだよね。
    稲荷を広めたのも空海だろ?
    [ 2017/09/02 08:25 ] [ 編集 ]
  154. 口外してはならないって湯殿山神社だね。あそこも祭神は大己貴命で修験道の霊場だけど。
    [ 2017/09/02 08:37 ] [ 編集 ]
  155. 憧れるなら伊勢神宮に短パンバミューダ、サンダルで観光するのはカンベンな
    場所をわきまえてちょっとぐらい敬意をはらえ
    [ 2017/09/02 08:45 ] [ 編集 ]
  156. 海外のほうがよほどゲームっぽい場所多い気がするが
    まあ隣の芝生ってやつか
    [ 2017/09/02 08:48 ] [ 編集 ]
  157. ※152
    そういうちょっとアレな人とは距離を置くのが肝要かと。伴天連追放令?
    先に抜いたのはおめぇさんら伴天連だよ…
    [ 2017/09/02 09:01 ] [ 編集 ]
  158. ■ キョウトには赤いトリイがずっと続いてる神社があって、
      そこに行くと聖域の中に入り込んだ感じがするの。 スペイン

    伏見稲荷大社だな。日本語が読める日本人からすると、鳥居に奉納者の○○取締役とか書いてあるのは、聖域から現実に引き戻されるけどねw
    まあ良い神社であることに変わりないが。
    [ 2017/09/02 09:14 ] [ 編集 ]
  159. フィンランドなんて、こんな場所は腐るほどあるだろうにww
    [ 2017/09/02 09:23 ] [ 編集 ]
  160. この写真は特に凄い。目の前に急にこんなの現れたら、あれ?死んだかな?と思うわ。
    たしかにゲームっぽいね。滝の音だけ聞こえている行き止まりっぽい。ゲームが進むと鳥居の前に人が立っていて、中に入れるのw
    [ 2017/09/02 09:25 ] [ 編集 ]
  161. 和歌山って何気に日本一が多いよな。滝の落差は日本最長、鳥居も日本最大だろ。30m超の鳥居はここと※欄に出ている大神神社と新潟の弥彦神社ぐらい。
    [ 2017/09/02 09:39 ] [ 編集 ]
  162. 仏教や神社の合体は日本文化の和の精神が元となっている気がする。

    明治になって宗教の分離は西洋に習ってどちらか片方を主とした結果だろう。
    以前の皇室は仏教も神社も隔たりがない。

    仏教対神社で戦ったのは聖徳太子の時代、結果反省した聖徳太子は和を持って尊しと成しと17条の憲法を作った。

    しかし人間が指導する宗教は腐りやすい。
    寺も上に立つお坊さんによっては、不調和なオーラに覆われている寺もある。
    格式が上だの下だのではなくお坊さんの生き方がお寺に影響している事に気づくべきだ。灰色や真っ黒に穢れた寺なんって食えないよ。

    その点神社は穢れにくい。

    私はお寺には行きたいとは思わない。
    外国人が神社に惹かれるのもその事を感じ取っているのかもしれない。

    神社も最近は天下りが多いらしい、どうなることやらかな。
    [ 2017/09/02 09:43 ] [ 編集 ]
  163. 美しいな
    上をボカしてる事で天上から滝が落ちてきてるように見える
    現実のものなのに異世界で空に浮かぶ浮島も連想させる写真
    [ 2017/09/02 09:45 ] [ 編集 ]
  164. あの滝は雨上がりか雨量の多い時期に行かないと
    冬に行くとチョロチョロっとしか流れてへん
    [ 2017/09/02 09:49 ] [ 編集 ]
  165. 滝をイメージしてくださいって言われたら、写真のような風景が浮かぶ
    [ 2017/09/02 09:50 ] [ 編集 ]
  166. このあたりって海からの湿った風が大台ケ原にぶつかって年間降雨量は屋久島とどっこいどっこいなんだっけか
    [ 2017/09/02 09:53 ] [ 編集 ]
  167. 神が日本をまもる。
    [ 2017/09/02 09:54 ] [ 編集 ]
  168. 神は日本を見守る
    [ 2017/09/02 09:55 ] [ 編集 ]
  169. セクシー登山部に汚されましたけどね
    [ 2017/09/02 09:56 ] [ 編集 ]
  170. 所在がバレてもにわかには外国人観光客が立ち入れないのが紀伊山地の魔境‥ではなく霊場。
    禁足地、入山制限、女人禁制など、近代思想などどこ吹く風の魔‥いや秘境。
    [ 2017/09/02 10:06 ] [ 編集 ]
  171. 良い写真だ。いつか行ってみたい
    [ 2017/09/02 10:16 ] [ 編集 ]
  172. 友達が紀伊山地で浮遊するクラゲみたいなのを見たと言っていたが。腐海かよ!巨大胞子か何かかな?
    [ 2017/09/02 10:19 ] [ 編集 ]
  173. 自然の中に鳥居があるだけで日本って感じで神秘的にもなる
    [ 2017/09/02 10:31 ] [ 編集 ]
  174. あの滝を外国人が登ったって前にニュースになったよな・・・
    [ 2017/09/02 10:33 ] [ 編集 ]
  175. 世界遺産紀伊山地の霊場は、神仏習合の熊野三山、密教の高野山、修験道の大峰・吉野と、それぞれが喧嘩することなく古道で繋がっている日本の縮図。
    兄弟喧嘩の絶えないアブラハム信者にこそ見てほしいが、やっぱり来なくていい。
    [ 2017/09/02 10:33 ] [ 編集 ]
  176. まぁ今のうちに見たい所を見といた方が良いですよ
    日本に巣くう彼奴らや隣国の奴らがこれらを破壊しかねませんから。
    [ 2017/09/02 10:33 ] [ 編集 ]
  177. 別に 森と花崗岩の山と川さえあれば こういったロケーションは世界中どこにでもある。

    ただそこを"神聖な場所"として切り取るセンスや文化の問題w 
    [ 2017/09/02 10:39 ] [ 編集 ]
  178. ただの精霊崇拝
    [ 2017/09/02 10:41 ] [ 編集 ]
  179. 写真の撮り方うまいだけじゃないか?
    [ 2017/09/02 10:41 ] [ 編集 ]
  180. 空海や役行者はただの精霊使いw
    イスラエルに生まれていれば神様になって磔だったろうね
    [ 2017/09/02 10:45 ] [ 編集 ]
  181. もしくは魔女裁判にかけられ火炙りですね
    [ 2017/09/02 10:48 ] [ 編集 ]
  182. 紀元前からある原始宗教って精霊信仰なんだよ。
    日本の神道って 
    つまるところ、宗教っていうか各地の精霊信仰を寄せ集めてガワだけ組織化したモノだよ。
    宗教って言っていいかどうかすら微妙。教義もないし。信者という言葉もないし。
    [ 2017/09/02 10:48 ] [ 編集 ]
  183. ※96
    ええええええ〜、そ、そうなんスか??
    そんなことになってたとは、全然知らんかった…
    なんとかして取り返したいですねぇ
    しかし、アイツら最低やなマジで…
    [ 2017/09/02 10:51 ] [ 編集 ]
  184. 朱色は防腐剤みたいなもんが朱色だから
    地方によっては家の柱も朱色ってところも結構あるんだよね
    うちの実家(築100年以上)の主な柱は全部朱色だわ
    これのおかげかはわからないけど、リフォームで大改修してスケルトンにした時、水回り以外の柱は腐食とかシロアリ被害一切なく耐震補強だけで済んだんだよな
    [ 2017/09/02 10:51 ] [ 編集 ]
  185. ※180
    空海や役行者は天文学、地学、宗教学、それぞれが今日のように分けられてなかった時代のアルケミストだよ。水を湧きださせたとういうのも地学故のなせる技。一説では水銀鉱脈を辿るために巡礼したっていう話もある(プラチナ級の価値がるから)行く先々で社を建立したのは採掘場の目印と独占の為
    [ 2017/09/02 10:57 ] [ 編集 ]
  186. 日本に観光で来る外国人は気合はいってて、いい写真とるよなぁ
    オレがとっても絶対にこうはいかん
    [ 2017/09/02 11:05 ] [ 編集 ]
  187. ※172
    蟲師に出てくる蟲だね
    [ 2017/09/02 11:06 ] [ 編集 ]
  188. 言う程珍しい景色か?
    外国にも幻想的な滝なんていくらでもあると思うんだけど。
    [ 2017/09/02 11:08 ] [ 編集 ]
  189. ※182
    そそ。そうなんだよね。民俗神道なんかでは今でも、可愛い蛇神さんですねとかこれまた可愛らしい天狗さんですねとかちょっとトゲのある稲荷さんですねとか、そういう世界だよね。
    擬人化された神話の天照大神や猿田彦大神なんかを全面に押し出して“信仰”しているのは、氏子にすらなっていない政治イデオロギーと結び付いた団体が多いんだよね。極端なのは街宣右翼とかさ。
    [ 2017/09/02 11:09 ] [ 編集 ]
  190. 安倍晴明も信仰者じゃなくて式神使いだしなw
    [ 2017/09/02 11:12 ] [ 編集 ]
  191. こんな風景そこらじゅうにねーよ!!
    [ 2017/09/02 11:13 ] [ 編集 ]
  192. 鳥居に朱を塗らなかったのは正解だな。
    [ 2017/09/02 11:13 ] [ 編集 ]
  193. 日本において神話と民族は重要である。話だけなら幾らでも大きく作れるが、人の歴史は創作より素晴らしい結果を見る事ができる。

    染色体Dが集団で残っているのは日本とチベット辺り。他ではどうやら生きていけない。このDのいる地帯は必ずO1Bがいる。O1B1は長江文明の集団で、O1B2は弥生人である。このO1Bの地域は元々古代は中国外である。古代の蜀もそうだった。

    Dはチベットだけではなく近場の中国にもいる様だが、道教を信仰してる。道教と言えば古代中国が鬼道と蔑称をつけていたのが進化したもの。中国は弥生時代の日本にも「鬼道」と言っている。つまり鬼道はO1Bの長江だが、D側もいつも共有しているのである。

    日本は教育としてD(縄文)を駆逐差別したのはO1B系弥生だと教えている。Dが生き残れない地域はO2の居るところであるのに、O2を弥生人の様に教えている。
    [ 2017/09/02 11:13 ] [ 編集 ]
  194. 異世界のよう、ではなく
    実際に異世界なんですけど!
    だらしない格好で近寄らないように
    [ 2017/09/02 11:17 ] [ 編集 ]
  195. ※152
    >仏教と神道の合体が日本の宗教の古来からのあるべきかたち

    違います。
    神道は国家と一体だった。どこぞの部族でもある集落とシャーマンの様に、国と神官は常にセットだった。宗教の様に「今日から信じます、やめます」ではない。日本では初めから神は一緒だった。それを塗り替えたのが宗教として入ってきた仏教。「これ(仏像)を拝めば病気は無くなりますよ。」と入ってきた。国神を捨てよとは何を言うかとキレてるのが物部氏ら神職側。のちの江戸時代も寺社分離を唱える人が出てくる。
    [ 2017/09/02 11:21 ] [ 編集 ]
  196. ルーマニアもなかなかどうして雰囲気あるイメージ。
    もちろん幽玄とは違うけど、何て言うんだろ、
    古城や古い教会や誰もいない荒野や森を霧が取り囲んで、的な、妖しい感じの。
    文学や歴史に影響されてるから実際とは違うのかもしんないけど。
    [ 2017/09/02 11:25 ] [ 編集 ]
  197. 仏教もいいけど神道の方が本質に近い気がする。
    [ 2017/09/02 11:28 ] [ 編集 ]
  198. ※197
    仏教って宗派でまったく毛色が違うから。神智学のような哲学系もあれば、体感を重視する密教や禅、唱えるだけで救われ、他宗派を邪教とする日蓮や浄土真宗みたいなのもある、今はそこらへんは丸くなったけどね。
    神道も時代や層でけっこう違うしね。古神道と神道、学派と教派、国家と民俗でもまったく違うし。儒家神道なんてのもある。
    [ 2017/09/02 11:38 ] [ 編集 ]
  199. ※188
    そらそうだけど、滝を神聖視して祀っ、辺り一帯を聖域化しているのは、恐らく世界でも日本ぐらいだろう。

    神道独特の宗教観、宗教思想の為せる業だ。
    仏教だって、自然を祀ったりはしない。
    仏教は飽く迄動物・人間救済の宗教だから。
    [ 2017/09/02 11:42 ] [ 編集 ]
  200. ※199
    訂正
    滝を神聖視して祀っ、

    滝を神聖視してお祀りし、
    [ 2017/09/02 11:43 ] [ 編集 ]
  201. 神道は道教に近いんだよ。ヒンドゥーではないのだ。
    日本人が「神とは祟るもの、畏怖するもの」と思い込んでるのは、仏教の時に来たシヴァ神から来ている。シヴァは破壊神と言われている。
    日本人が思い込んでる神道の観念は、全部仏教到来以降の価値観である。
    [ 2017/09/02 11:44 ] [ 編集 ]
  202. ※197
    仏教はヒンドゥーの影響が凄まじい、哲学的で形而学的な要素が多分に有るが、神道は自然本体をそのまま神聖視し御祀りする宗教だから、非常に現世的で現実主義的に感じるんだろう。
    元々はカムイ信仰など、水源や森林、海や動植物などを守る為の、人間の生活上、非常に実利的、実際的な宗教だったのだろうし。
    農耕や牧畜で生計を立てる前は、自然の恵みによって、生き延びてきた訳だから、その自然の恵みに感謝してもしきれなかったのだろう。
    その強烈な感謝や恩義の気持ちが嵩じて、信仰や宗教観にまで昇華されていったのだろうと考えられないだろうか?
    その点が仏教と少し違った宗教観が、古代神道には有るのだろう。
    [ 2017/09/02 11:50 ] [ 編集 ]
  203. 仏教も神道も無いよ
    ただ、父母、祖父母…ご先祖様からの教えを信じてるだけ

    その人たちが仏教だったり神道だったりはしたかも知れないけどね
    [ 2017/09/02 11:53 ] [ 編集 ]
  204. ※203
    割とそう。古神道の一族は仏教や陰陽の研究も担っているし、越前秦氏の坊さんが形作った白山信仰も仏教渡来以前の紀元前からあったといわれているし。弘法大師空海も稲荷信仰と関係あるしね。結局はツールでしかない。馬鹿は何をやっても馬鹿。
    [ 2017/09/02 12:02 ] [ 編集 ]
  205. 仏教やヒンドゥーを普及させたのは間違いなくO2であること。山が云々は全部仏教。神道ではない。
    東北や沖縄辺りなら「そう言えば…」と思うだろう。
    [ 2017/09/02 12:10 ] [ 編集 ]
  206. 君の名は…

    「那智の滝」神…忘れたの?



    [ 2017/09/02 12:27 ] [ 編集 ]
  207. 奈良から那智の滝に行くまでに天川村という美しい村があって洞川温泉があるんだ。
    修験道の行者たちが泊まる宿が並んでて、まるで千と千尋の神隠しの世界だ。
    大好きだ、こういう雰囲気。
    [ 2017/09/02 12:29 ] [ 編集 ]
  208. 外人から褒められて初めて良さが分かる日本の典型だな。
    今まで散々日本の文化や価値観を捨て、
    身なりも考え方も欧米人になりたがり、アイデンティティを失い
    欧米型の拝金主義、経済成長至上主義が蔓延した。
    神道や禅の思想はそんな唯物主義とは無縁のものなのに、
    いまだに日本は取り返しのつかない破滅の道へ突き進んでいる。
    [ 2017/09/02 12:36 ] [ 編集 ]
  209. というか、本来入っちゃダメな場所まで入ろうとする外人増えたからな
    善し悪しだよ、こういうのは
    [ 2017/09/02 12:37 ] [ 編集 ]
  210. いいよね紀伊山地の霊場。和歌山と奈良と三重では秘境の見える方角が違うのも面白い。

    当たり前ですが。
    [ 2017/09/02 12:43 ] [ 編集 ]
  211. 一段の滝としては落差日本1位、ってアピールは不要だな。
    落差は日本で9位で、1位や2位の滝は那智の滝の2倍以上。
    [ 2017/09/02 12:52 ] [ 編集 ]
  212. ちょっと前に行ったけど、台風12号の影響で滝壺が悲惨な光景だったな。
    量の少ないときに清掃されたんだろうか。
    [ 2017/09/02 12:57 ] [ 編集 ]
  213. 世界中にあるだろっていう人いるけど、この景色は日本にしかないんだよな。
    この緯度にしてこの気候、動植物の固有種はガラパゴス以上。
    もちろん世界中それぞれにふつくしい。
    [ 2017/09/02 12:58 ] [ 編集 ]
  214. 陀羅尼助丸wあれ実家に常備してるけど効くの?w
    ガマガエルマークってのが秘薬感ハンパないけど
    那智といえば天然鮎の塩焼き食べたい
    [ 2017/09/02 13:08 ] [ 編集 ]
  215. 神州って言われる所以 氏神様信仰し家族地域日本国を愛する
    日本人は 氏神様や神社仏閣破壊する 悪魔の子孫かの国民は絶対に許さない
    [ 2017/09/02 13:15 ] [ 編集 ]
  216. 神道的信仰の禁足地や女人禁制を魔境なんていってるバカがいるな。
    ちょっと調べりゃ今の世の中の模範足りうるものだって分かるだろうに。
    表面的な事でしか物事を計れない奴は反捕鯨運動でもしてりゃいいと思うよ。
    [ 2017/09/02 13:20 ] [ 編集 ]
  217. 心の姿勢、なんだな。
    悠久の時、遠大な拡がりに対して向き合う、凛として、慎ましい、姿勢。
    欲望に濁らされず、無駄な贅肉を削ぎ落とした、流れる渓流の迸る清水のように溌剌として陽光に輝く、或は微風を黄金と薄緑のまだらに染める木洩れ陽に照らされて透き通る下草の落ち着きのような、心の美しさ。
    そうしたのを形として外に顕したものが、垣であり、門であり、社であり、祈る姿勢であり、その服装であるわけだ。
    [ 2017/09/02 13:20 ] [ 編集 ]
  218. 修験者は薬草の達人だから効くかな。
    柿の葉の殺菌効果が尋常でないことも知っていたようだし。
    [ 2017/09/02 13:20 ] [ 編集 ]
  219. ※216
    文脈を見れば魔境は冗談だと思うんだが
    [ 2017/09/02 13:24 ] [ 編集 ]
  220. ※216
    例えば、害虫にとって、彼らを滅ぼす力を持った殺虫剤は恐れるべきものでしょ。
    同様に、本質的に云えば、所謂「魔」にとっては、魔を撃祓う霊験あらたかな神域は、彼らの言葉で表せば「魔境」なんでしょうよ。彼らにとっては、正しい言葉を使うこと自体が、自らを傷めつけるわけですから。それが魔というものですよ。言葉の本義からして。
    [ 2017/09/02 13:27 ] [ 編集 ]
  221. ※220で書くべきだった最後の一言が脱落したので補足。
    魔とは、正しいものに反するものだから。
    [ 2017/09/02 13:29 ] [ 編集 ]
  222. 地元民だけど魔境って呼んでるよ。目くじら立てる人には会ったことない。
    [ 2017/09/02 13:30 ] [ 編集 ]
  223. ※219お、おう冗談が分からなくてすまなかったな。次からはもっと笑えるやつを頼む
    [ 2017/09/02 13:33 ] [ 編集 ]
  224. ※221でもまだ足りないような気がしたので下らん理屈を補足してみる。
    魔とは、外にあるラノベチックな生き物とかでは無論なく、誰かの人格全体でもなく、誰の心の中にでも生まれる濁りであり、欲望の凝り固まり・執着でもあり、迷いでもある。そういうものを概念として括ったのが魔。
    神域は、意図的にそれらを一掃するためにこれでもかといわんばかりに正しさで溢れかえらされた空間。だから「心が(正しさと反撥する魔が追い出されることで)洗われる」。
    [ 2017/09/02 13:35 ] [ 編集 ]
  225. 20年以上前の子どもの頃に行ったことがあるけどちょうど霧雨が降っていてこの写真のような雰囲気だった
    天気が悪かったからか自分たち家族しか居なくて肌が粟立つくらい荘厳だった
    金剛山、二上山から南の紀伊半島は修験者の古道はあっても車の交通の便は悪いんだけど洞川温泉とか談合神社とか穴場的な所がちょいちょいあるんだよね
    観光客だらけにはなって欲しくないけど廃れて欲しくもないな
    [ 2017/09/02 13:38 ] [ 編集 ]
  226. 仏教だと魔境はあまり良い意味合いはないけどね。
    人ならぬものたちが跋扈してそうなワクワクゾーンってニュアンスのスラングでも使う。
    [ 2017/09/02 13:40 ] [ 編集 ]
  227. 現像、汚すぎ。
    [ 2017/09/02 13:40 ] [ 編集 ]
  228. ヨーロッパ人に「これはナチの滝です」と言えば、また評価が変わるかも知れないw
    [ 2017/09/02 13:41 ] [ 編集 ]
  229. 中世は霊的指導の必要性が高まり、それを宗教指導者が命懸けで精力的に実施した時代であったが、近(現)代は逆に世俗の欲望塗れの輩が生み出した流れだった。魔に満ちた、魑魅魍魎が跳梁跋扈する時代。その中で正しくあろうと意識して努めるのが教育や宗教といったものの普遍的な役割。
    我国は江戸時代に言志録のような精髄に至り、またそれが強力に広汎に利用された。社会と云う有機体の全身に抗生物質が行き渡っていたようなものだった。
    敗戦で敗血症にかかったともいえる。
    [ 2017/09/02 13:43 ] [ 編集 ]
  230. ※228
    naziとnachiとの区別はするだろう
    [ 2017/09/02 13:45 ] [ 編集 ]
  231. ※226
    天竺由来だからね、日本人のこころとはまた違うから。
    たしかに教化されてはきたけれど。
    [ 2017/09/02 13:49 ] [ 編集 ]
  232. >洞川
    で温泉が湧いたのは江戸時代で300年ほど前らしいけどね。
    修験道の宿場町としては飛鳥時代からあるらしい。
    あの提灯がいいな。湯の峰もいいですよ。
    [ 2017/09/02 13:52 ] [ 編集 ]
  233. ※201
    > 神道は道教に近いんだよ
    全然正反対。
    神道は濁りを濁りとして遠ざけて澄み渡る境地を尊ぶのに対し、道教はむしろ濁りこそ本質とみる。美意識の根本的な相違がある。恐らく風土がそれを生んだ。
    [ 2017/09/02 13:57 ] [ 編集 ]
  234. 那智黒のCMで黒人を踊らせてたのも
    今だとNGなんだろうな
    [ 2017/09/02 14:01 ] [ 編集 ]
  235. 那智黒ってミート君の友達でいたよな
    [ 2017/09/02 14:05 ] [ 編集 ]
  236. ※233
    道教って仙人を目指す思想だから古神道とは少し違うな。
    むしろ天皇号や三種の神器、暦の制定など日本神話登場時の神道に近い。
    [ 2017/09/02 14:11 ] [ 編集 ]
  237. こういう景色ばかりと思われるのも困るけどなw
    [ 2017/09/02 14:16 ] [ 編集 ]
  238. 和歌山と奈良南部って共有文化が多いんだよね。柿の葉ずしとか陀羅尼助丸(笑)とか。女人のための女人高野も奈良にあるしね。おとろしいが通じるのも和歌山と奈良ぐらいだろう(笑)

    おとろしい=相手にするのも面倒くさいというような意味
    [ 2017/09/02 14:28 ] [ 編集 ]
  239. >俺の国にもこういう光景がたくさんあったら、
    >今よりもっと綺麗な国になるのになぁ。 インドネシア

    さすがに鳥居はないだろうが、この手の風景はインドネシアには山ほどありそうな気がするんだが。。。。。
    [ 2017/09/02 14:29 ] [ 編集 ]
  240. こういう場所は仏教が異教の原始的土人な神道だから魔境と呼んで忌み嫌った
    魔境で結構って感じだ
    [ 2017/09/02 14:32 ] [ 編集 ]
  241. 自然に対する畏敬の念。私たち日本人の祖先は、自然の荘厳さの中に神を見出したのでしょうな。ケルト人もそうなんだよな。
    [ 2017/09/02 14:51 ] [ 編集 ]
  242. 神道だろうが仏教だろうが原理主義はタチが悪い
    [ 2017/09/02 14:57 ] [ 編集 ]
  243. ※240
    逆だよ、和歌山こそ山岳信仰の本場だろ。平安時代は黄泉がえりで人気があったんだよ。黄泉と言われてたから魔境と言われてるんだろう。この黄泉も仏教臭いが。

    和歌山の人は歴史を見てると凄いよ。上で書かれてる奈良南部は奈良県ではなく和歌山の文化やしね。吉野郡発祥の苗字があるが、吉野と和歌山と大阪に広まってる。これらを見ても和歌山側の人間で間違いない。
    [ 2017/09/02 15:08 ] [ 編集 ]
  244. 三輪明神は撮影は禁止だが起こったことの口外は禁止してないぞ?
    ネットでも超常現象の話が溢れてるぞw
    やれ後ろから声をかけられ振り返ったが誰もいなくて100m程先にさっきまでいなかった行者が歩いていただの
    やれ泥道でこけたが服がまったく汚れてなくて不思議で考え込んだだの
    しかし撮影禁止のはずのあのただならぬ参道の画像も上がっているが
    [ 2017/09/02 15:13 ] [ 編集 ]
  245. 写真で見るとすげぇ!
    現実で見ると、あぁ・・・うん、な場所
    [ 2017/09/02 15:18 ] [ 編集 ]
  246. ※233
    邪馬台国は少なくとも鬼道と言われてる。あと神道って道教からきてる言葉だから。
    [ 2017/09/02 15:18 ] [ 編集 ]
  247. ルーマニアさんの所もかなり神秘的な所ありそうですけど。
    [ 2017/09/02 15:53 ] [ 編集 ]
  248. ウチは曹洞宗だから、いわゆる禅宗だけど神棚はないな。
    地域性かも知れないけど、仏様を祀っても神様を祀る感覚はない。
    食生活も禅宗に倣って、肉は食べない。肉の代わりに畑のお肉である
    大豆はよく食べるよ。
    [ 2017/09/02 15:54 ] [ 編集 ]
  249. 上でも出てるけど、神道は道教の傍流というか一派なんだよね。
    道教との共通点も多いよ。否定してる人は、神道を何だと思ってるんだろ?
    そもそも日本仏教は、中国仏教を取り入れたものだし、中国仏教は仏教と
    道教の融合したものでもある。
    [ 2017/09/02 15:59 ] [ 編集 ]
  250. >■ あの門は木造なんだろうか。
      俺の目には神聖な世界への入り口みたいに見える。 スペイン

    せやで
    [ 2017/09/02 16:01 ] [ 編集 ]
  251. >仏教はヒンドゥーの影響が凄まじい、哲学的で形而学的な要素が多分に有るが、

    それ神道を一つの物語に作り上げた古事記でも取り入れているね。
    造化三神の次に別天津神五柱がおり、その次に神世七代、その次に天津神や国津神がいる。日本初期は別天津神から始まるので少し違うが。
    如来の次に菩薩や観音がおり、その次に明王、最後に天部がいる世界構造に似ている。
    まあアブラハム系宗教でも、世界の神話でもだいたい階層的なのだが。
    元々の神道は土地神つまり国津神と、合流してきた天津神しかいなかったかもね。
    あまり壮大な神様より、もっと身近な見えない隣人が愛すべき神様や厄介な神様だったろうし。
    [ 2017/09/02 16:02 ] [ 編集 ]
  252. 曹洞宗って禅は根底としても神道的だろ?
    豊川稲荷とか、善寳寺の龍神信仰とか、大雄山最乗寺の天狗信仰とか、神道の御眷属神をほとんど網羅してるじゃねーかw
    [ 2017/09/02 16:16 ] [ 編集 ]
  253. 山岳信仰が仏教だの道教だのと、デマを垂れ流している奴は何なんだ…
    道教が勃興した地域と、山岳信仰の地域はかすっても居ないし。
    何を根拠にしてコメントしているのか知らんが、ネパールやチベット文化圏などは仏教が興る前から、山岳信仰や山に対するアニミズム的崇拝文化が有ることはきちんと確認されているし、仏教も道教も全く関係のない、ペルーなどのアンデス山脈一帯のネイティブ・アメリカンにも山岳信仰があり、山を神体と見ていた。
    アフリカの中央部の山岳地帯にも、山岳信仰が有ったし、仏教と道教は事実として、山岳信仰とは全くもって、関連性が無い。

    日本の場合も同様で、儒仏宗教の影響の無い原始神道では、神籬として山や岩や山林を利用いており、それらしき遺構もきちんと発見されている。
    日本各地の神話やカムイ信仰でも、山と海と、湖と川と、森と生物等は、神の具現化として見做されており、東北や九州、北海道での地名や文化でも、それは確認されている。

    修験道も日本古来の山岳信仰が仏教に取り入れられた日本独特の宗教であり、こういった山岳自体を進行するという信仰形態は、道教や仏教の影響力が伝統的に強い、支那や朝鮮でも満洲、モンゴルでも見られない。


    いい加減なデマを流すな。
    自分の思い込みではなく、きちんと調べてから書き込め。
    [ 2017/09/02 16:21 ] [ 編集 ]
  254. ※ 201 ※ 233

    今から30年位前に【気マガジン】に中国の老人の記事が載っていて、

    (中国以前の大昔の大陸)にも、神道という名前の宗教(オカルティズ

    ム)が有った、と話しているのを今でも忘れられずに憶えている。


    それは、さて置き

    2年前に中国人の観光客が押し寄せて居たのか?

    自分は十数年前に何度か行ったが、まだその時は日本人しか居なかっ

    た。

    韓国人で無くてよかった。不心得者が悪戯をしないように望む。

    [ 2017/09/02 16:46 ] [ 編集 ]
  255. 修験道や陰陽道って担い手は仏教が来る以前の神道の人らなんだよね。
    丁未の乱も詰まるところ権力争いであって、神道と仏教の対立という見方はもうほとんどされないし、悪名高い藤原氏ですら春日大社も興福寺などの雑密寺院もどちらもバックアップしてるんだよね。
    日本人は神道だ仏教だとぎゃーぎゃー騒いでいなかったのがよくわかる。
    [ 2017/09/02 16:54 ] [ 編集 ]
  256. ※254 訂正


    誤 韓国人で無くてよかった。


    正 観光客が悪戯をする、韓国人で無くてよかった。
    [ 2017/09/02 17:01 ] [ 編集 ]
  257. 国家神道は別口で語らないと
    [ 2017/09/02 17:24 ] [ 編集 ]
  258. まぁね。国家神道は神道っていうより西洋に追いつくために一神教的な近代国家を目指した排他的な苦肉の国策だからね。でも良いこともしてるんですよ。ボロボロだった神社の立て直し。
    [ 2017/09/02 17:51 ] [ 編集 ]
  259. ※254
    儒家と道家の共通テキスト「易経」だな。易経にたしか神道という言葉が登場する。
    日本は諸子百家から漢字の単語を拝借しまくっているのでな。
    「天皇」も「幕府」も「天狗」もそうだぜ?だが大陸とは中身が変わるのが味噌。
    [ 2017/09/02 18:24 ] [ 編集 ]
  260. 日本人に言わせりゃどこにだって美しさはある。
    朝鮮半島にさえな。
    全てはそのままで美しいのに、それに気付けない人間に問題があるだけだ。
    [ 2017/09/02 18:55 ] [ 編集 ]
  261. 実際のところ異世界だよ
    [ 2017/09/02 19:01 ] [ 編集 ]
  262. 幽玄ときたか。神秘的で(幽)、奥深い様(玄)をいう。ドンピシャだな。
    日本には色んな美意識があるが、俺も幽玄が一番好きだ。
    特に山と雲のコラボのふつくしさは反則的ですらある。
    [ 2017/09/02 19:01 ] [ 編集 ]
  263. 国家神道っていつ頃からなのかな?
    ラフカディオ・ハーンの日本の面影っていう本で1894年にはもう西洋の考え方が大分入って来ててそれをハーンは批判してるけど、実際の庶民の信仰はどっちかっていうと神仏ともにかなり自由というか地域色があってカオスな感じ。
    ハーンも場所ごとの違いを興味深気にしてるし。
    この時の庶民はもうすでに国家神道が浸透してる時代なんだろうか。
    だとしたらお上さんが頑張ってるだけで全然庶民は気にしてないなぁとw
    [ 2017/09/02 19:03 ] [ 編集 ]
  264. 国家神道は明治だな。当時は一元的でありながら地域の氏神を祀ったりする今でいう神社神道と呼んでいたからややこしい。
    神道の中では一神教的でありながら神道は宗教ではないと公言していたのでさらにややこしい。

    江戸時代はお上で盛んだったのは本居宣長や平田篤胤など国学者による復古神道だな。
    仏教を切り離した目的は古神道を研究するためであり、つまり学問だな。
    林羅山のように仏教を切り離して儒学や一神教と結びつける本末転倒な御仁もいたが、江戸時代に地元民ですら知らない古い神道の研究が進んだのは間違いない。
    [ 2017/09/02 19:23 ] [ 編集 ]
  265. 耶蘇はありがたくはない 
     
    自然を大切にで終わらせればええのん
    [ 2017/09/02 19:38 ] [ 編集 ]
  266. ちなみに復古神道の影響もあるのか、世も末の焦燥感からか、幕末に勢力を伸ばしたのが教派神道だな。
    といえば聞き慣れないが、大本教、天理教、金光教、黒住教といえば、あああれかと思うだろう。呼んで字の如く信仰宗教団体であるな。

    江戸以前、原始神道以後のは単純に「神社」しか知らないな。神祇官で全国の民間神道の祭りはサポートしていたらしいが、記紀神話が登場して皇室の元に神道が形式上一元化される時代に遡るまで、主だった○○神道は知らないな。
    [ 2017/09/02 19:51 ] [ 編集 ]
  267. というか、中世は仏教全盛期だからね。神社は諜報や水軍などを請け負い、細々と続いていたんじゃないかな?
    [ 2017/09/02 19:59 ] [ 編集 ]
  268. なるほど。
    一言に神道って言っても、自然信仰の場合だったり、仏教が絡んだものが進化した形だったり、人間だって神様として祀り上げちゃうし、結局統一された確かなものっていうのが無いってことかな。
    そういうの全部ひっくるめた日本らしい曖昧さが神道というか。
    国家神道はそれを一神教の様に明確にしようとしたけど、曖昧すぎて結局上手く纏め上げられなかったって感じなのかな。
    的外れな返しだったらごめんね。
    神道って概念だから難しいなって思う。
    [ 2017/09/02 20:09 ] [ 編集 ]
  269. 一つだけ確かなのは原始神道からそれこそ神社本庁まで、名前の残る各時代の神道の形跡が何かしら残ってたり、他の形、例えば修験道に移ったりして残ってることかな。
    国家神道だって靖国神社があるし。仏教もそうかな。平安と鎌倉は残ってるね。奈良は六宗のうち三宗が消えた。お寺は飛鳥仏教のように他が受け継いだのかな?国家陰陽寮は消えたね。いや実はあるかもしれないがw
    陰陽道は完全に野に散っていったね。
    [ 2017/09/02 20:22 ] [ 編集 ]
  270. ※268
    まあそうだろうね
    [ 2017/09/02 20:38 ] [ 編集 ]
  271. 最後に
    ああ、伯家神道とかあるわ。俺は皇室神道(本来、神道においては系列の一つ)に分類してるから忘れてた。
    [ 2017/09/02 20:42 ] [ 編集 ]
  272. 日本は神の国である。(どんな神かは特定してない)
    金食い虫森の言葉だがまじこれ。(否定する奴は非国民と受け止めても構わない
    [ 2017/09/02 21:11 ] [ 編集 ]
  273. 国家神道は日本の風土には合わない。一神教そのもの。靖国(明治神宮も)と護国は廃止すべき。
    神宮(お伊勢さん)や大社(出雲さん)こそがお寺と融合するのが本来のかたちだよ。
    [ 2017/09/02 21:15 ] [ 編集 ]
  274. 仏教はアジア各地に伝播して、土着の神と融合してる。すごく懐の深い宗教だと言える。
    チベットしかりスリランカしかりタイしかり中国しかり。もちろん日本もね。
    [ 2017/09/02 21:26 ] [ 編集 ]
  275. 中世以降は仏教全盛期なのは関西だけじゃないの?
    地域での差を感じるな
    東京(江戸)は将門の五体の結界(都心)は仏教はノータッチだよ
    だから寺が少なくて神社ばっかりだ
    [ 2017/09/02 21:33 ] [ 編集 ]
  276. 伊勢と出雲の話。伊勢は天津神、出雲は国津神といわれるが、実はこれ、逆じゃないのかと。

    出雲大汝(オオナムチ)は確かに国津神だが、されど千家は出雲国造だろ。
    神話的にいえば大国主は国津神だが、千家はスサノオ。つまり大国主よりは天津神っぽい。

    一方、伊勢。元伊勢は国津神の三輪山にある。持統天皇時代、日本書紀時代に女帝としてのイメージ戦略として、元伊勢檜原神社から移して天照を立てた。伊勢の神も元は蛇神だといわれるゆえん。

    まあ当たるも八卦w
    [ 2017/09/02 21:35 ] [ 編集 ]
  277. これは行きたくなった
    日本にもこんなところは他にないぞw
    [ 2017/09/02 21:35 ] [ 編集 ]
  278. 253と255は同じ奴だな。論理がめちゃくちゃ。
    山岳は仏教。山岳信仰が一気に普及しだした時代や修験道が始まった頃はいつか、きちんと一つ一つ調べる事だ。日本独自なんて事は断じてないし、古代ですらない。真実に目をつぶって古代からあるなど宣うのはそれこそ言語道断だ。
    [ 2017/09/02 22:02 ] [ 編集 ]
  279. つか同じ奴ばっか書き込みしてるやん。ほんまに気持ち悪い。
    [ 2017/09/02 22:03 ] [ 編集 ]
  280. 253と255は同じ奴だな

    違うよ。
    [ 2017/09/02 22:09 ] [ 編集 ]
  281. ここいってみたいけど遠いな
    [ 2017/09/02 22:16 ] [ 編集 ]
  282. ※280
    お前ずっと張り付いててほんまキモいな。即レスやしな。
    [ 2017/09/02 22:18 ] [ 編集 ]
  283. ※282
    キモいのは認知バイアス全開の君だろ?
    記事を見ていたから即レスしたんだが何か?
    関係ない煽りで荒らすならどっか行ってくれないかな?
    違うものを違うと書いたらキモいとか、もうこれ以上関わる気もないし。
    [ 2017/09/02 22:26 ] [ 編集 ]
  284. この古神道原始神道がどうこう言ってるいつも暇な奴は根本を理解なんかしてないから、真に受けない方がいい。
    こいつは今なぜ奈良にライトが当たっているのか、全く理解していない。
    [ 2017/09/02 22:28 ] [ 編集 ]
  285. この写真観てると体がジーンとしてきた。この場所に鳥居と建立するという発想は、宗教家として天才というかその組み合わせにより富士山の存在感に近いものがある。待ち受けにします。
    [ 2017/09/02 23:03 ] [ 編集 ]
  286. もっと筋肉を鍛えないといけないな。自分を追い込んで限界ギリギリのところで何か得られるかもしれん。千カロリー以上運動しても宗教家が行う修行の過酷さに比べたら全然足らないかもしれんがやるしかない。
    [ 2017/09/02 23:04 ] [ 編集 ]
  287. 確かに神秘的と言える、なにしろ当の日本人にも神道が何なのか?よくわかっていないからね、誰か神代文字の暗号を解読してくれ
    [ 2017/09/02 23:33 ] [ 編集 ]
  288. 神道って祟りを静めたり感謝したり色々な面があるからな
    [ 2017/09/02 23:45 ] [ 編集 ]
  289. アニメのエースをねらえでこんな感じの場所が出てた気がする。
    うつ病になった岡ひろみが滝修行するシーンで。
    [ 2017/09/02 23:53 ] [ 編集 ]
  290. 元々青岸渡寺がメインで那智大社は付属というか、青岸渡寺の中の寺内社だったんだよね。
    日本の寺と神社の関係って、そういうもんなのに何で別々にしちゃったかなあ(困)
    [ 2017/09/03 00:13 ] [ 編集 ]
  291. 世界中に那智の滝よりもスケールの大きな滝は沢山ある。
    にもかかわらず多くの人々の心を捕らえるのは、鳥居があるからだろうな。

    まさに異世界への入り口を思わせる。
    事実異世界の入り口人が踏み込んではいけない世界、
    シンプルな鳥居の効果は凄い。

    フランスの凱旋門もシンプルだけどこれほどの感動は得られない

    [ 2017/09/03 01:46 ] [ 編集 ]
  292. 日本の信仰の原点は先祖崇拝と自然崇拝、教義も言葉もいらない。ただ感謝するのみ
    [ 2017/09/03 01:59 ] [ 編集 ]
  293. ※283
    デマを正当化しようとしている奴が居るのでもう一度言おう。
    支那の仏教や道教でも、修験道のような山岳を神聖な領域として、日本古来の様に、周辺住民から「霊山」とされている山を巡礼する宗派は「存在しない」。
    道教が体系化する前の、支那の土着の古代神仙思想で、「霊山」という聖域信仰存在する。
    そしてチベット、ネパールやインド北部、ブータンなどは、仏陀の生まれるずっとずっと前から汎く進行されていた、土着宗教、ヒンドゥー教、ボン教で山岳信仰があり、仏教はそれらの古代アニミズムの山岳信仰を取り入れたものにすぎない。
    そもそも、山や川や海などを信仰の対象とするという教義も宗教思想も仏教には存在しない。
    道教も神仙が誕生する場所としての霊山であり、霊山以外の山岳は侵攻してこなかった。
    ほぼ全ての山岳や森林を崇拝していた、日本の古代アニミズムの信仰形態とは明らかに異なる。
    そしてまず、大陸の宗教文化の伝播が非常に遅かった東北や関東、九州程、霊山信仰が盛んだ。
    近畿の中央から離れているところ程、霊山や崇拝されている山岳や山脈が多い。
    そして道教や仏教とは、全く何の文化的、宗教的接触の無かった、アフリカ中央部の山岳地帯、ラテンアメリカ大陸でのアンデス山脈、欧州やアナトリアのドルイド信仰などでも、仏教が生まれる大昔も前から山岳信仰が大昔から信仰されていた。
    仏教や道教信仰と全く何の接触もなく、また仏教や道教よりも何千年、何百年も前から山岳信仰が存在していた事実を、どう説明するんだ?


    阿呆らしい。
    [ 2017/09/03 03:19 ] [ 編集 ]
  294. 日本の仏教は他国とは異色は放つ
    どう見たって仏教が神道の影響を受けて形を変えて行った
    そっちの方が色々と納得できる
    日本の坊主は感謝しながら肉食う肉食だろw
    [ 2017/09/03 03:24 ] [ 編集 ]
  295. ※293
    追記

    修験道は日本の古代神道である山岳信仰(古代の世界中に何処にでもある民俗宗教)である伝統的自然崇拝と、神祇信仰に、当時「新しかった」道教の入山修行を「取り入れて」、より山岳や大自然と自己を一体化する為の、神秘主義的な修行方法に改良した。
    そして後に密教系仏教の、克己厳粛主義、禁欲主義が「取り入れられ」、現存の修験道にまで改良された。

    時間軸を逆転させてはならない。
    [ 2017/09/03 03:30 ] [ 編集 ]
  296. 初日の出を見て手を合わして拝む。
    瀧を見て手を合わして拝む。
    感謝と畏れの気持ちをもって自然を拝んでれば
    本殿や拝殿はなくともどこでも神社になりえる。
    自然の声をきいて自然から学ぶ事が大事だと思います。
    [ 2017/09/03 03:44 ] [ 編集 ]
  297. 朱色の鳥居は稲荷のもの。
    稲荷以外で朱色なんてないんじゃないの?
    [ 2017/09/03 05:29 ] [ 編集 ]
  298. なんでも高次元に近づくほどエゴと制約が希薄になってゆくのだそうな
    [ 2017/09/03 06:21 ] [ 編集 ]
  299. ゲームの零に出てきそうな写真だな。あれ和風でいいんだよ。久し振りに遊びたくなった。
    [ 2017/09/03 06:37 ] [ 編集 ]
  300. 日本は支那朝鮮が創ってやったニダ。
    日本のものは全て中国産にして乗っ取るアル。


    山岳信仰はもっとはるか古い時代、
    チベット~満州辺りまで山岳信仰は連なっていて、満州紅山文化(4~6000年位前)と縄文文化には、文化も遺伝子も繋がりがある。
    中夏(中國)ってのは、そいつらの末裔が始めたものを、支那人が乗っ取って、支配と侵略の道具に使ってるもんだな。
    紅山文化(縄文と繋がり)→商(倭人と繋がり)→周(太公望の羌族にはD系統遺伝子チベット型がある)→戦国時代で武力によって中夏を牛耳り他を侵略する時代、その後の王朝でも先住民が排除され続け主要民族が中國成り住まし支那人へ。

    鳥居の話で出た水銀朱(辰砂)なんかも、縄文時代から日本中で使われていた事が判明し、近畿の寄生民族が言ってた歴史(文献がないから日本には何も無かった全部中国人が見つけてやった)が大嘘だった事が証明された。
    [ 2017/09/03 10:37 ] [ 編集 ]
  301. 怒り
    これ以上外人来るな
    ゴミ、騒音、交通渋滞、不法侵入、器物破損、窃盗etc
    もう我慢ならん

    入国前に常識テストをしてほしい
    [ 2017/09/03 11:04 ] [ 編集 ]
  302. 綺麗だね。心が洗われる。行ってみたい。
    [ 2017/09/03 12:31 ] [ 編集 ]
  303. 外国人来るなとか言う前に日本人の中高年のモラルの方が問題だ。タン吐き、大声で騒ぐ、歩きたばこにポイ捨て。セクハラ。外人よりひどいわ。
    [ 2017/09/03 12:39 ] [ 編集 ]
  304. お前ら優しいな。修験道で山岳信仰は「加速」しただけ。理由は簡単。開山による入山修行が増えたから。こんなものは日本史学専攻なら常識。数々の物証から今後も覆ることはないだろう。
    [ 2017/09/03 13:24 ] [ 編集 ]
  305. 山岳信仰を縄文からと偽っとる奴、日本の歴史をちゃんと調べたらいい。お前の論理はめちゃくちゃ。外国を複数出しても日本はやっていないのだから仕方がない。お前の出身はどこだ?では山岳で有名な人物を書いてみろ。何人でもいいから沢山書いてくれ。古ければ古いほどいい。縄文からなら一つの一族だけではないだろう?

    ※300
    >山岳信仰はもっとはるか古い時代、
    >チベット~満州辺りまで山岳信仰は連なっていて
    妄想はいいから。満州は染色体c2だ。チベットが繋がるなら北部にDやO1Bが沢山出てくるはず。満州にはO1B1はいるが、併合中の混ざりだ。
    [ 2017/09/03 13:29 ] [ 編集 ]
  306. ※304
    優しいんではないよ。
    こういう奴らは本当の意味で他国へのリスペクトなんてないよ。まともに歴史を見ようとせず、なんでも日本先行しかない。
    [ 2017/09/03 13:37 ] [ 編集 ]
  307. ※305のはO1B1じゃないO1B2
    [ 2017/09/03 13:39 ] [ 編集 ]
  308. ※293
    山岳信仰は古代神道ではない。上で書かれている日の出は海に関係する。
    日本の神話は仏教がすでに入っている。つまり仏教到来後に神話は書かれた事になる。

    道教が新しいと言ってるが長江文明は14000年前からだ。製鉄青銅もきており文明だ。それが脈々と、妄想で大きな事は言わなくても本当に繋がっている。彼らが道教を完成させた。各自国はバラバラだが古代からいつも国の役に立っている。チベットの旗にも対極が書かれている。
    [ 2017/09/03 14:17 ] [ 編集 ]
  309. もちろん狩猟採集の旧石器から山には入っているが、縄文の山岳祭祀のものと思われる遺構は山頂からも出土はしているものの、基本的には山麓に祭壇を設け、山岳を仰ぎ見る形で、畏怖の対象として信仰していたものが一般的であっと思われる。三輪山の祭祀場跡のようなものである。縄文時代から入山して修行していたとは考えにくいが、遺構から考えて山岳信仰があったのはほぼ間違いないだろう。
    [ 2017/09/03 14:19 ] [ 編集 ]
  310. ※309
    はよ一族の名を複数出せよ。
    縄文は東北の方が多いんだから近畿以外で頼むわ。有名一族なら地元風土記にも載ってるだろう。

    武器の石を取るため山に入るのは当たり前だろ。お前馬鹿か?三輪山はそもそも仏教到来後の観念が入るから検証には弱すぎる。
    もし三輪山に別の理由があって祭壇を作っていたならそれは何故か分かる?山岳信仰なんかじゃない。
    あと祭壇と言われると道教も同じ。
    [ 2017/09/03 14:42 ] [ 編集 ]
  311. ※310
    君とは関わりたくないんだ。「お前ら」へのレスだと思って下さい。
    [ 2017/09/03 14:48 ] [ 編集 ]
  312. ※311
    お前からぎゃーぎゃーぬかしてきて、反論もできない程度なら黙っとけよ。
    お前は所詮見たいものだけで歴史繋げてんだから。田舎者の村かばいと同じだ。
    渡来だらけの奈良県とはこちらも喋りたくないよ。顔も京都より異質だしね。
    [ 2017/09/03 15:03 ] [ 編集 ]
  313. 京都はさほど縄文へ執着はないように見える。渡来好きも多し。大阪は縄文好き弥生好きが両方いる。渡来はさほど。奈良は創作の神話で「古い」しかないので、ひたすら縄文を語る。どの一族も縄文だと思って語る。奈良が最古だと思ってる。見苦しい。なお畿内で一番薄い顔は奈良がやはり多い。
    [ 2017/09/03 15:20 ] [ 編集 ]
  314. ※297
    >稲荷以外で朱色なんてないんじゃないの?

    あるよ。稲荷もそうだが農耕神の顔を持つ祭神の神社が多いね。
    朱色は太陽、古くは焼き畑でも火を使う。関係あるんじゃないかな?
    [ 2017/09/03 15:39 ] [ 編集 ]
  315. ※309
    そうそう、ついでに言っといてあげよう。
    近畿で旧石器遺跡が出てるのは大阪だけだ。デカイところで二箇所。
    [ 2017/09/03 16:00 ] [ 編集 ]
  316. “ヨクナイモノ”
    何を祀っているのかが不明な神社(祠)には近づくな!!

    [ 2017/09/03 18:01 ] [ 編集 ]
  317. 半島って交通の便が悪かったりでなかなか行かないけど紀伊半島南端付近はイイぞう!
    本州最南端潮岬・串本のエルトゥールル号関連・太地のクジラ関連・・・
    那智の滝はもちろん八咫烏・橋杭岩・・・
    勝浦の生マグロ・めはり寿司・・・
    書き込むのが面倒なくらい色々いっぱいある。

    東南海地震来る前に行くべし。行ってる最中に津波来ても大丈夫なように備え・工夫して挑むのも楽しいしw
    [ 2017/09/03 19:41 ] [ 編集 ]
  318. ※315
    >近畿で旧石器遺跡が出てるのは大阪だけだ

    七日市遺跡は近畿には入らない…?
    [ 2017/09/03 20:16 ] [ 編集 ]
  319. 神社仏閣のレイライン巡りは一度はした方がいいと思う
    [ 2017/09/03 20:51 ] [ 編集 ]
  320. 稲荷神社以外でも八幡造や春日造の鳥居は朱色
    これらは武神系だが八幡神は以前は宇佐の農業神
    [ 2017/09/03 21:33 ] [ 編集 ]
  321. 春日大社へ勧請した鹿島さまこと武甕槌命も、常陸では雷と農業の神様ですよ。
    [ 2017/09/03 21:50 ] [ 編集 ]
  322. ※319
    レイラインで結界になってるんだよな
    [ 2017/09/03 22:05 ] [ 編集 ]
  323. 二上山北麓遺跡群は旧石器時代の遺跡が約60ヶ所。あそこって奈良じゃないの?
    [ 2017/09/03 22:24 ] [ 編集 ]
  324. 旧石器時代は偽造だらけだから。石器時代のみを扱ってる学会もあるが慎重だね。二上山は大阪河内。
    [ 2017/09/03 23:23 ] [ 編集 ]
  325. 丹波は知らないけど明石は出そう。個人的に和歌山もすごく期待してる。和歌山は東北沖縄に次いで超古代らしいものが発見されてるからな。
    実際に和歌山はC1が多いと書かれていたブログがあった。C1とはDより古い石器人。関西は何らかの理由で染色体を公開されないが、染色体調査の始めから大阪は日本代表で調査されてる。日本では公開されないままだがね。
    C1は各都道府県全体で少ないが、大阪はそれでもC1が他の都道府県より多いのだ。古い古い人達だ。だから和歌山に期待してる。
    [ 2017/09/03 23:37 ] [ 編集 ]
  326. Wikipediaによると二上山(にじょうざん)は奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町にまたがる山。かつては大和言葉による読みで「ふたかみやま」。参考までに。
    [ 2017/09/03 23:52 ] [ 編集 ]
  327. にじょうざんは嘘読み。近代に調べた呉音読み。大和言葉なる名称も近代以降の偽。
    へいじょうきょうも近代以降偽呉音読み。当時で言うなればヘキ京かヘギだな。葛城がそうだね。城をキ、ギと読むのは半島だ。中国にもない。
    [ 2017/09/04 00:10 ] [ 編集 ]
  328. ※327
    もしかして李基文さん?
    [ 2017/09/04 00:45 ] [ 編集 ]
  329. ※328
    いや、奈良県民じゃないですよ。
    [ 2017/09/04 01:03 ] [ 編集 ]
  330. ※328
    言語学が好きな日本人ですよ。日本の言葉を調べるのに中国朝鮮は勿論調べます。
    すぐ韓国人認定するド田舎もんには歴史調査は無理。
    [ 2017/09/04 01:13 ] [ 編集 ]
  331. ※97
    京奈和自動車道、8月の盆過ぎに五条北と御所南繋がったよ~
    そやから京都の方から岩出まで無料やし、岩出から阪和道入ったら周参見辺りまで行けるんとちゃうかなぁ?そやけどそっから熊野までは大夫遠いよ?
    運転上手なやったら五条から五新線で新宮まで行ったしか早いんちゃうかな?
    めっちゃ道酷いけどな!
    [ 2017/09/04 09:24 ] [ 編集 ]
  332. プロのカメラマンが撮った景色は、現実には見つからないんだ・・・
    そろそろ分かってくれ
    [ 2017/09/04 13:24 ] [ 編集 ]
  333. 米332
    那智の滝に関しちゃ写真よりリアルの方がスゴイと思うがね
    [ 2017/09/04 14:04 ] [ 編集 ]
  334. 那智の滝は一度見に行きたいなぁ

    神社はともかくインドネシアとかフィンランドとか滝くらいありそうなもんだけど
    [ 2017/09/04 17:04 ] [ 編集 ]
  335. おお!京奈和繋がりましたか!
    車やバイクで神社仏閣まみれになりたい人間にはゴールデンルートですからな
    早く全部繋がらないかなあ
    [ 2017/09/04 17:26 ] [ 編集 ]
  336. 安価忘れた
    ※335は※331へ
    [ 2017/09/04 18:05 ] [ 編集 ]
  337. いい写真だな。
    奈良にも、山自体が御神体で拝殿の向こうには山があるだけっていう神社あるよね。
    [ 2017/09/04 19:32 ] [ 編集 ]
  338. ※335
    和歌山やったら丹生都比売神社とかもええよ~
    上に出てたけど、丹塗りに必要な丹(水銀)が出るとこやってんて、そいで丹生都、やねんて
    高野山の麓で割かし皆そのまま高野山上がってしまうんよねー
    いっぺん機会があったら行ってみてな~
    [ 2017/09/04 19:46 ] [ 編集 ]
  339. 和歌山は引きずられるなよ。昔から違う人種だから。和歌山は神をずっと忘れてなかった地だからな。
    かの地は神を封印した地だから我々とは違うのだ。
    [ 2017/09/04 19:47 ] [ 編集 ]
  340. あの門は木造なんだろうか。
    俺の目には神聖な世界への入り口みたいに見える。 

    こういう感覚って、一部の人間には、生来備わってるんだろうか?
    他にも異界?への入り口のよう、とかのコメントもあったけど。
    [ 2017/09/04 20:03 ] [ 編集 ]
  341. かの地は今浮かれておるが、理解していたら浮かれたりしないのだ。ここでも最低一人以上が一般人に分かる様に大きな事をよく仄めかしている。
    今の時期は大阪人も方々で仄めかしが見られるが、一般的に分からない事ばかり言っている。大阪の人々は詩人だ。そして真摯。
    和歌山の人には分かるはずだ。この気持ちが。
    [ 2017/09/04 20:12 ] [ 編集 ]
  342. ※340
    水飛沫掛かるとこで木造はないんちゃうかなぁ?
    じき腐ってまうさかい
    見た感じ石造りなんとちゃうかな?
    [ 2017/09/04 23:15 ] [ 編集 ]
  343. ちなみに和歌山弁(紀州弁)には敬語がないらしい。落語家の桂文福師匠が
    和歌山から大阪の師匠に弟子入りした時に師匠や兄弟子にタメ口を話して
    偉そうだと誤解されたらしい。日本は儒教は入ってないので、敬語も上下関係も
    本来ないはずなのに、師匠は別にして兄弟子が怒るのはおかしい。
    [ 2017/09/05 11:04 ] [ 編集 ]
  344. すごいな
    鳥居見慣れてる日本人でも圧倒されるんだから外国人が見たら異世界に見えるのもわかる
    [ 2017/09/05 12:28 ] [ 編集 ]
  345. 絵みたいに見える
    加工しすぎじゃ?
    [ 2017/09/05 15:25 ] [ 編集 ]
  346. 「こう言うところに神様は居る」という場所への嗅覚って
    衰えないモンだよね、どれほど世代を重ねようと。
    人種も違う外国の人ですらそう思わせるんだから。
    後はそれを後世まで残し引き継げるか、なんだけど
    日本はこれが割と得意だから建物自体は変わっても
    創建千何百年~みたいな神社仏閣が結構ある。
    [ 2017/09/05 18:57 ] [ 編集 ]
  347. ※343
    敬語はそもそも京阪にしかない。儒教ではなくお商売上の関係と違うのかな。大阪は日本で一番儒教じゃないし。古代中国の墨家の方が似てる。博愛の方が大阪らしい。

    ちなみに日本は儒教国と言ってもいいほどだよ。あと上下関係は儒教じゃなくとも何処でもある。儒教の悪い所は被支配者側の下々が真似して、意地悪な負の連鎖が起こる事だ。
    [ 2017/09/05 20:26 ] [ 編集 ]
  348. ちなみに博愛思想は弱者に優しい為必ず身分低いと言われるが、墨家は違う。
    大昔の中国から消された思想だが、なんとなく日本の良い部分に似ている気がする。
    [ 2017/09/05 20:43 ] [ 編集 ]
  349. ※343
    「日本にも儒教は入っない」は間違い。
    日本最古の足利学校では儒学の祖である孔子の像が祀られているし、江戸時代は儒教中心の教育が行われていた。中韓と比較すると影響力が小さくなったというだけで、いまだに儒教の影響は日本にも残ってる。企業の縦社会や九州に多い男尊女卑などが最たる例。
    [ 2017/09/05 23:35 ] [ 編集 ]
  350. 神道と大乗仏教の良さは大体同じくらい
    [ 2017/09/06 00:36 ] [ 編集 ]
  351. ※337
    大和国一ノ宮三輪明神大神神社だね。実在の可能性が高いとされる最初の天皇崇神天皇や、卑弥呼、役行者、安倍晴明などなど曰わくの尽きない地域にあることもあり俄かに注目を集めているね。
    [ 2017/09/06 06:42 ] [ 編集 ]
  352. メッチャ行きたい!でも、遠い…(T . T)滝を岩手には、岩を御神体にしてる神社がありますが、滝を御神体にしてるって、初めて知りました^_^やっぱり、神様=自然 っていう考え方なのでしょうか?
    [ 2017/09/08 01:15 ] [ 編集 ]
  353. 学生時代に上から滝つぼを覗き込んだ事あるが、よくあんな事できた。はは、今じゃ考えられない。
    [ 2017/09/08 18:22 ] [ 編集 ]
  354. そもそも火山の有る地域では、ヒマラヤでもアナトリアでもアンデスや北アフリカでも、そして日本列島でも、確認されているだけでも山岳信仰が盛んだったんだが?
    紀元前数千年前から道教や仏教が生まれるずっとずっと前の話だぞ?
    ヒマラヤの諸宗教やボン教やドルイド教、アンデスの様々な土着宗教など、山岳自体を人格神や守護神を信仰する宗教思想。

    お前等の支那の中央に、地形を形成する程の森林が青々と繁ったり、自然環境が過酷だが豊かである様な火山が有ったのかよ(笑)
    何でそんな何の蓋然性の無い地域で、突如として山岳信仰や宗教が生まれるんだ間抜け。
    お前等の大好きな道教も仏教も、腐った儒教も、全部チベットや中央アジアから伝わってきた物。
    お前等の民族が生み出したものでは無いぞ。
    何度でも何度でも言うが、インド仏教にも支那仏教にも、山岳を信仰対象とする宗教は無い。
    そして道教や仏教が日本に伝わったのが、「極端に」早く見積もっても、2世紀~4世紀頃。
    そんな新参者の新興宗教が、何故日本の信仰と融合して「日本独自の信仰形態」になったのか?
    それは元々日本の山岳宗教に仏教が融合したからだろうが。

    何を勘違いしてるのか知らないが、宗教文化論の話で、何も関係もなく脈絡もなく、遺伝子の話をする。
    トチ狂ったのか??
    宗教音痴にも程がある。
    宗教や文化論も碌に知らない馬鹿が何を知ったような口を利いているのか。
    もう二度とそのしょうもない口を開くなよ間抜け。
    [ 2017/09/09 23:00 ] [ 編集 ]
  355. >世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」

    高野山エリア
    熊野三山エリア
    吉野・大峯エリア
    各エリアを結ぶ古道


    熊野古道しか知らない人が多いが、この世界遺産は主にこの4つで構成されてる。
    [ 2017/09/12 00:51 ] [ 編集 ]
  356. 昔の人はこの滝を見て「これは神の仕業に違いない」と感じて祀ったんだろうな。
    [ 2017/09/18 03:08 ] [ 編集 ]
  357. 昔は和歌山から伊勢あたりまで紀州だったんだから文化が似てるのは当たり前じゃないかな

    山の上にあるイワクラから祭司あとがたびたび見つかってるから
    文字をつかうよりまえから山岳信仰的なものはあったのではないかな

    かむなびなどのやまとことばがあるのは
    中国の影響を受ける前にその概念があったということではないかな
    [ 2017/09/24 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング