パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「そりゃあ日本刀が高い訳だ」 日本刀の特殊な製作工程が海外ネットで大反響

今回ご紹介する映像は、在米国日本大使館広報文化センターが投稿したもので、
備前長船刀剣博物館にある工房での日本刀造りの工程が映し出されています。

冒頭にて、日本刀は7種の専門家の手によって完成することが言及されており、
刀鍛冶、研ぎ師、白銀(しろがね)師、鞘師、塗り師、彫金師、柄巻き師、
それぞれの職人さんの仕事が短いインタビューとともに紹介されています。

動画は5日間で再生数が400万回を突破し、現在も伸び続けています。
献身的な複数の分野の職人さん達が生み出す日本刀の美しさに、
外国人から感嘆の声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本刀おっかねー…」 鉄さえ裁断する日本刀の斬れ味に外国人衝撃

8_20170729141801abd.png




翻訳元

刀鍛冶
1_2017072912321546b.png

研ぎ師
2_201707291232188cb.png

白銀師
7_20170729123244ed5.png

鞘師
6_20170729123242262.png

塗り師
5_201707291232217b9.png

彫金師
4_20170729123221154.png

柄巻き師
3_201707291232187a5.png



■ 現代でも日本の刀はすべて手作業で造られてるのか。 +2 イラン




■ あの芸術品が美しさを帯びるようになるまでに、
  凄まじい量の汗と愛情が込められてるんだね。 +3 アメリカ




■ 日本刀って、人間が造った物の中で一番完璧に近いだろ。 +3 イギリス




■ 高レベルな職人技は眼福だよなぁ。
  1口の刀にこれだけの労力をかけるなんて凄すぎる。 +12 アメリカ




■ 武士道の精神も日本の伝統文化の1つと言えると思う。
  この映像では日本刀造りの複雑な工程が見事に纏められてる。 +5 台湾




■ 実際にあの博物館に行って製作の様子を見てきたよ。
  偉大な職人の仕事ぶりには、美しさが宿る事が分かった! +5 オランダ




■ 日本刀造りがこんなに驚異的なものだとは思わなかった。
  友達がお土産で買ってきてくれることを期待するか。 +1 アメリカ




■ 日本刀って1つの芸術作品だよね。
  この技術と伝統はずっとなくならないで欲しい。
  彼らこそ本物のマスターと呼ぶにふさわしい。 +2 イギリス




■ この先いくら技術が発達していったとしても、
  ロボットが日本刀を造れる日は来ないはず! コソボ




■ 今まで色々な国に行ったけど、日本はベストの1つだね。
  日本人はどんな仕事でも「完璧」を目指してるように見える。
  求められていることを実直にやっていくんだ。

  サムライは現代にはもう存在しないけど、
  サムライの人生観みたいなものは今も日本社会にあると思う。
  生徒は教師に忠実で、会社員は会社に忠実で、というふうに。
  日本人は忠実に、誠実に、実直に、規律を持って仕事に取り組む。
  彼らはルールにちゃんと従って、自分たちを向上させようと日々努力する。
  その姿は、まさにサムライのように見えるんだ。 +4 国籍不明

「侍の魂は日本人の中で生きてる」 『『武士の終焉』に外国人から悲しみの声




■ 日本の刀鍛冶の技術にずっと敬意を抱いておりました🙂 +11 カナダ




■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
  攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア




■ 日本の伝統や文化には自然と敬意の念を抱いてしまう。 フランス




■ WOW あれだけの労力と技術が必要になるなんて知らなかった。
  そりゃあ日本刀が高いわけだよね。 +10 アメリカ



   ■ しかも今でも接近戦なら史上最強の武器でしょ。
     もちろん銃を除いてってことになるけど、
     本物のカタナを超える武器は存在しない。 +2 アメリカ



■ 日本刀は世界一洗練された刀の1つ。
  見た目はベストだし、古くからある技術なのに、
  今なお「ハイテク」って呼べるものだと思ってる。
  いつか俺も絶対手に入れたい。 ニュージーランド




■ 日本刀は日本人の精神そのものという気がする。 +8 日本在住

「日本の象徴だろ!」 陸自の日本刀エンブレム 日本国内の批判に外国人が唖然




■ カタナ造りって、本物の芸術だよな。 +2 ブラジル




■ 日本刀はニッポンスチール(和鋼)を1000回折り重ねて、
  徐々に鍛錬していくって話を前に聞いたことがある。 イタリア




■ フェイスブックで観た映像で一番価値のあるものだった……。
  シェアしてくれてどうもありがとう……。 アメリカ




■ 少なくとも美しさで日本刀に勝てる刀剣は存在しない。 イギリス



 
■ 日本刀の切れ味を超える刀を造るのは無理だろ。
  おそらく最新の技術をもってしても難しいと思う。 +2 アメリカ




■ 凄い。刀剣造りの分野じゃ日本にライバルはいない。
  この映像に出会えて本当に良かった! アメリカ




■ 日本刀は、神が宿る武器って言われてるんだよね。 +1 マレーシア

海外「架空の世界の国みたいだ」 三種の神器の存在に外国人がワクテカ




■ あの人たちは1つの仕事に人生を捧げようとしてるのね。
  そのことを私は、とても美しいと思いました。 +2 イギリス




■ 昔から本物の日本刀が欲しいと思い続けてきた。
  あの博物館に行って日本刀造りが見れたら光栄だなぁ。 +4 アメリカ




■ ものづくりに関しては日本人は特別。彼らは心と魂を込めるから。
  見事なもんだよ、本当に……。 オーストラリア




■ 日本の刀鍛冶に弟子入りしたい。ずっと抱き続けてる夢なんだ。 米軍所属




■ 完璧に限りなく近いものなんだから高いのも当然だよな! +4 カナダ




■ 研磨だけに100時間もかけるのか。
  日本刀には人を惹きつけてやまない魔力がある! +2 イギリス




■ 日本刀造りはそれ自体が壮大なアートだ。
  古代の伝統をずっと残し続けるということは、
  日本以外ではなかなか難しいんじゃないかね。 スペイン

海外「なぜ日本にばかり…」 日本の老舗企業の圧倒的な歴史に外国人が衝撃




■ 多くのマスターたちの技術と献身の結晶として、
  この美しく、恐ろしい切れ味を持つ武器は完成するわけか。 +4 ドイツ




■ 日本人は勝手にハードルを上げるよな……。
  彼らのそういう所を尊敬してるわけだが……。 +1 トリニダードトバゴ




■ 素直に凄いと思った。
  あんな技術が今でも残ってるなんて、日本に嫉妬してしまうよ。 アメリカ




■ 日本人にとって日本刀は誇りだろうね。
  そして人類にとっては、守り続けなきゃいけない宝だ。 ベネズエラ





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2017/07/29 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(249)
Powered By 画RSS
  1. 俺の刀も長くて硬くてすごいんだぜ…ブルン
    [ 2017/07/29 23:01 ] [ 編集 ]
  2. ※1
    はやくそのペーパーナイフしまえよ
    [ 2017/07/29 23:02 ] [ 編集 ]
  3. ※2
    バターナイフだろ
    [ 2017/07/29 23:03 ] [ 編集 ]
  4. コメント3,616件
    [ 2017/07/29 23:06 ] [ 編集 ]
  5. ※1
    大事に皮で包んでいるんですね
    [ 2017/07/29 23:07 ] [ 編集 ]
  6. 日本刀も好きだけどシャムシールって剣も好き
    宝剣も良いし……剣と刀はロマン!
    [ 2017/07/29 23:08 ] [ 編集 ]
  7. またつまらぬものを斬ってしまった・・・
    [ 2017/07/29 23:09 ] [ 編集 ]
  8. *2
    えのきをしまえよ
    [ 2017/07/29 23:10 ] [ 編集 ]
  9. ※1
    それ、掌動の社長素体のオマケのライドゲーマーの武器やんか。
    [ 2017/07/29 23:10 ] [ 編集 ]
  10. 日本刀に相当するものは海外にだってあると思うけど…

    [ 2017/07/29 23:11 ] [ 編集 ]
  11. 日本刀の起源はウリナラニダ
    倭国が百済から七支刀を盗んで作り上げたものニダ
    [ 2017/07/29 23:11 ] [ 編集 ]
  12. 柄巻き師に師事したい
    [ 2017/07/29 23:12 ] [ 編集 ]
  13. 在米国日本大使館広報文化センターって、戦後、相当数アメリカに持っていかれた名刀どないかしたれよ
    錆びてるって話を聞くぞ
    [ 2017/07/29 23:12 ] [ 編集 ]
  14. 職人かっけええええ
    [ 2017/07/29 23:13 ] [ 編集 ]
  15. ※1
    SE間違ってますよ
    [ 2017/07/29 23:13 ] [ 編集 ]
  16. 当時の人は、太刀より槍を重宝したので、近接最強武器ではないことは明らか。
    [ 2017/07/29 23:13 ] [ 編集 ]
  17. 跡を受け継ぐ人がいる事を望みます。
    [ 2017/07/29 23:16 ] [ 編集 ]
  18. 動画に見入ってしまったよ
    [ 2017/07/29 23:16 ] [ 編集 ]
  19. この刀は、相応しい力と精神を持つ者が持つべきだな。
    単に欲しがるのは、幼いとしか言いようがない。
    [ 2017/07/29 23:17 ] [ 編集 ]
  20. ※1
    でも「鞘」がない …と
    [ 2017/07/29 23:19 ] [ 編集 ]
  21. 昔ながらの伝統技術を継ぐ人は年々減ってる。
    自分も偉そうな事を言える立場じゃないけど、日本の伝統技術を継承して次の世代に残す事を考えないと、日本の伝統技術が少しずつ失われていく。
    [ 2017/07/29 23:19 ] [ 編集 ]
  22. ※1
    俺のは小刀だが、たまに剛槍に化ける。いい女とは最高の鍛冶職人である。
    [ 2017/07/29 23:19 ] [ 編集 ]
  23. 白金師が若くて可愛い女の子だったのに驚いたww
    その前に白金師なるものがあるのを知らなかったwww
    [ 2017/07/29 23:19 ] [ 編集 ]
  24. 誰でも持っていいものではないわ。
    [ 2017/07/29 23:20 ] [ 編集 ]
  25. 今は日本人が貧乏だし愛好家は歳とって手放してるそうで、どんどん海外に流出してるって事だから、正直海外の人に注目されるのは嬉しくない。手入れちゃんとできるの?購入者はできたとしてもその後は?数十年後、錆もぐれになった刀になるなんて悲惨すぎる。
    [ 2017/07/29 23:20 ] [ 編集 ]
  26. 刀の最盛期は室町なんだけどな。但し、技術の継承が途絶えてる。だから、今の刀はそれ以降に新しく生まれたもの
    [ 2017/07/29 23:21 ] [ 編集 ]
  27. サヤ師^~
    [ 2017/07/29 23:21 ] [ 編集 ]
  28. まぁ日本刀は結構な数がアメリカ進駐軍によって「没収」と称して略奪されていったけどな。
    嘘か真か軍人が船で帰る途中に金銀細工の部分だけ外して刀身は海に捨てたっていうけど、まさに野蛮人って感じかね
    [ 2017/07/29 23:24 ] [ 編集 ]
  29. 生半可な精神力の持ち主じゃ寿命吸われるよー。
    たまに妖刀みたいな化け物があったりするけど、最近打たれた普通の日本刀だってそれに相応しくない人間が持てば簡単に刀に『使われる』側に成り下がるくらいのパワーは十分持ってる。
    [ 2017/07/29 23:26 ] [ 編集 ]
  30. ※16
    当時っていつよw
    騎馬が太刀と和弓全盛期の頃だと歩兵は薙刀で、槍はまだ登場してないだろ。
    [ 2017/07/29 23:26 ] [ 編集 ]
  31. ※1
    この流れどうすんだよ・・
    [ 2017/07/29 23:26 ] [ 編集 ]
  32. こういう仕事って一子相伝というかその筋の家系でやってるのかな
    それともまったく無関係の人間でも携われるもんなのかな?
    [ 2017/07/29 23:26 ] [ 編集 ]
  33. 職人さん、かっこよすぎるだろ。
    まだこんなに職人がいるなんて思わなかった。
    [ 2017/07/29 23:29 ] [ 編集 ]
  34. まあ対刀特化の十手ってのもあるし、斧でも鉄棒でも叩けば
    折れたり曲がったりしちゃうよね。斬る、突くに特化した武器だし
    最強とは言いがたいが、魅かれる何かがある
    [ 2017/07/29 23:29 ] [ 編集 ]
  35. 日本の職人さんが最近注目されてきてるのがうれしい。
    [ 2017/07/29 23:30 ] [ 編集 ]
  36. 蛇腹巻きっていうのか。
    あの巻き方がずっとかっこいいなって思ってた。
    [ 2017/07/29 23:31 ] [ 編集 ]
  37. まあ所詮は趣味の世界だから
    [ 2017/07/29 23:31 ] [ 編集 ]
  38. これ程ロマンのある武器も珍しい
    [ 2017/07/29 23:33 ] [ 編集 ]
  39. 変態じゃ、変態の国じゃ
    [ 2017/07/29 23:34 ] [ 編集 ]
  40. 本体以外の職人さんも見れて、今日の記事はよかった。
    [ 2017/07/29 23:34 ] [ 編集 ]
  41. ※28
    ある警察署が終戦のどさくさに紛れて
    まとめて国宝を処分しようとした事もあったから
    日本人にもアレなのは居る
    [ 2017/07/29 23:35 ] [ 編集 ]
  42. 女性の名前が「サヤ」だった。

    まだ若い職人さんだし、いいね。
    [ 2017/07/29 23:35 ] [ 編集 ]
  43. コリアンが作り方みてパクって起源主張するよ
    [ 2017/07/29 23:36 ] [ 編集 ]
  44. 次はこの製法を盗んで起源を主張するニダ。
    [ 2017/07/29 23:37 ] [ 編集 ]
  45. ただただすごい…










    動画見てないけど
    [ 2017/07/29 23:38 ] [ 編集 ]
  46. 日本刀に限らず伝統工芸は無関係の人間でも出来ると思うけど、後継者不足という割りに入り口は狭く、表だって募集もなければ紹介者がないと繋がりもなかなか持てない。人手不足になるのは当然だけど、実際なにも対策してないじゃん。
    でもそれよりもっと問題なのは儲からなくて食っていけないことだって。田舎のヒトが副収入目的で始めたものが伝統工芸品になってるものが多いけど、今じゃ原料入手が大変だし、原料の値段も上がるから製品価格も高いし売れないんだって。
    若い人なら収入が安定した会社勤めにいっちゃうもんな
    [ 2017/07/29 23:38 ] [ 編集 ]
  47. 日本刀を応用した技術は門外不出にしておきますね。
    [ 2017/07/29 23:38 ] [ 編集 ]
  48. 韓国の技術を朴ったのが日本ニダね
    [ 2017/07/29 23:38 ] [ 編集 ]
  49. こういう職人が作った刀を一振りでいいから、持っていたい。
    ただ、これを持つ資格が自分にはまだ早いと思うから、買えないなぁ。
    [ 2017/07/29 23:40 ] [ 編集 ]
  50. まぁそりゃ儲からねーわな。サムライが内戦やってないんだから需要が少ない。
    [ 2017/07/29 23:40 ] [ 編集 ]
  51. 実際は、刀工が一年間に打てる
    刀の本数が24口(ふり)と決まっているから
    当然単価が上がるって部分が大きいのでは。
    [ 2017/07/29 23:45 ] [ 編集 ]
  52. 刀の所持って難しいのかと思ったら別に資格や免許とかある訳じゃなく、登録制なのね。
    車やバイクの名義変更みたいな事するだけで買えるから誰でも手に入るしそんな難しい物でもない。
    ただ値段の高さが入手の難しさを引き上げる。
    頑張れば手に入る値段だけど「刀欲しいなぁ」って程度じゃ二の足踏んでしまう。
    [ 2017/07/29 23:47 ] [ 編集 ]
  53. 技術の継承に貢献するという意味でもいつか購入したいけど、手続きとか大変なんだろうね
    だれか購入経験者いない?
    [ 2017/07/29 23:48 ] [ 編集 ]
  54. 1. は責任とれよ
    ずいぶん若くて綺麗な女性も刀(の部品)の職人をしているんだな。
    手先が器用な人は女性に多いだろうから分かる気もするが、好きでないとやれない仕事だと思うと・・そうか、今は刀剣女子っているのか。

    俺も刀なら持ってるぜ。GSX1100SカタナFEってやつだが。
    切れ味はにぶい。
    [ 2017/07/29 23:49 ] [ 編集 ]
  55. 野太刀厨としては打刀ってどうしても惹かれないんだよね。
    五右衛門や座頭市のような仕込みの逆手居合いは格好いいけどw
    吸血鬼ハンターやセフィロス並みの野太刀こそロマン。
    [ 2017/07/29 23:50 ] [ 編集 ]
  56. 彫金って要るか?
    [ 2017/07/29 23:51 ] [ 編集 ]
  57. その接近戦とやらで槍を使った場合は接近カテゴリーの外になちゃいますかね?
    [ 2017/07/29 23:51 ] [ 編集 ]
  58. 朝鮮人には真似ることはできないから大丈夫よ
    連中は地味に細かい作業が延々続いて完成まで時間がかかる物作りは我慢できないから
    ラーメンの麺すら真似出来なくてインスタント麺に逃げるような奴らだぞ
    [ 2017/07/29 23:51 ] [ 編集 ]
  59. 日本刀の鍛冶って修行後に国家試験あるんじゃなかったかな?
    [ 2017/07/29 23:53 ] [ 編集 ]
  60. 独立時計師の機械式時計とかと同じだよな。
    手作りだから高くても納得いく。
    芸術品としての価値。
    [ 2017/07/29 23:53 ] [ 編集 ]
  61. 槍は三倍強いといわれているが、主に集団戦の話じゃねーの?
    達人同士だと結局強いほうが勝つんじゃね?
    上泉信綱は最強といわれた鎌槍(矛のようなもの)使いの宝蔵院胤栄に勝ってるだろ?
    あれ創作だっけ?
    [ 2017/07/29 23:56 ] [ 編集 ]
  62. 若い頃、どうすれば弟子入りできるか調べたけど
    まず、2年は庭の草むしりさせられるってあった。

    どうやって技術継承して食べていくんだろうな。
    弟子入りしたいとは思うけど。
    あと、漆職人とか金蒔絵とか
    [ 2017/07/29 23:58 ] [ 編集 ]
  63. もとは人間をぶった斬るための兵器だったけど、その精巧さ故に工芸品になった
    じゃあ戦闘機も何百年かしたら工芸品になるんだろうなって本気で思ってる
    化石燃料時代の空飛ぶ工芸品なんて言われてるかもしれない
    [ 2017/07/29 23:58 ] [ 編集 ]
  64. 日本刀なんかこの時代に持ってても何の役にも立たない。現代で作られた日本刀にはなんの価値もないよ
    [ 2017/07/30 00:01 ] [ 編集 ]
  65. ※1の人気に嫉妬w
    [ 2017/07/30 00:04 ] [ 編集 ]
  66. 美しいね
    これだけ魂のこもった武具を
    使いこなせる人が少ないのは残念
    金のある人ではなく
    刀にふさわしい使い手が手にして欲しい
    [ 2017/07/30 00:10 ] [ 編集 ]
  67. 刀身以外もこれだけ手間ひまかかってるのに、あまり注目されてないよな
    [ 2017/07/30 00:13 ] [ 編集 ]
  68. ※63
    日本刀はWW2中でも実際に何千人ってコロしてる現役兵器だったので敗戦後に銃や戦闘機と同じくGHQによって製造禁止されるとこだったのを当時の職人達が技術のロストを恐れて「いや刀は芸術品だから、工芸品だから」とGHQに訴えて規制をかいくぐったっていう背景あっての工芸品扱いだから戦闘機が工芸品になる事はないよ。
    [ 2017/07/30 00:15 ] [ 編集 ]
  69. どちらかといえば騎射しながら接近し、近接戦は太刀に切り替え、鎧の隙間から刺したり斬れればラッキー、基本は太刀は馬から払い落とす武器だと習った。
    払い落としたほうも下馬して体術で取っ組み合い、最後は脇差しで首を取ると。

    それが南北朝時代の頃より槍が現れ、さらに戦国時代になり集団戦がメインになると、太刀の供給も威力も追い付かず、超近接戦用に粗悪な数打ち(量産型)の刀が出回る。
    そうこうしているうちに、太刀を鍛える技術は失われていったと…。
    [ 2017/07/30 00:17 ] [ 編集 ]
  70. 俺の立派な刀も20年ぐらい毎日欠かさず研磨してるよ
    [ 2017/07/30 00:20 ] [ 編集 ]
  71. 鞘は態と壊しやすいように作るそうだ。
    理由は血まみれの刀身が中で固着する場合があるから。
    割りやすいように柔らかな朴の材を使用する。
    [ 2017/07/30 00:21 ] [ 編集 ]
  72. 刀と剣術は武士の嗜みか最後の切り札で
    とっくの昔から戦場のメインウエポンは弓や槍
    [ 2017/07/30 00:22 ] [ 編集 ]
  73. >現代でも日本の刀はすべて手作業で造られてるのか。 +2 イラン

    実用的な武器として売る事はできないんだから
    製造工程込みで伝統芸術品として作らないとね
    [ 2017/07/30 00:22 ] [ 編集 ]
  74. >■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
    >  攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    帝国主義という概念が生まれるずっと前から存在する日本刀がその本質を象徴するものになどなり得ない
    というか日本が帝国主義って意味不明だし
    この人は痛リア人だな
    [ 2017/07/30 00:24 ] [ 編集 ]
  75. 刃物づくりに関しては日本は得意だよな
    ハサミにしても包丁にしても大工道具にしても日本刀の技術が使われてる
    ひとつのものが派生していく様がまさに日本らしい
    [ 2017/07/30 00:28 ] [ 編集 ]
  76. ※64
    悲しいこというなぁ…人々の目に留まって称賛されてるんだから価値はあるよ。

    日本を象徴する物の一つだと思うね。
    [ 2017/07/30 00:28 ] [ 編集 ]
  77. ※63
    おもしろい話題だなぁ。
    じっさい車だとジャガーEタイプなんかはレプリカが出て、工芸品の域だね。
    ただ、そのレプリカは日本円で1億。
    工芸品の条件が作られて買われ続けるものだとすると、価格が高くて遊ぶのも難しい戦闘機は難しいかもしれない。退役機のレストアで十分需要が満たせるしね。
    ただ、スケールダウンした模型が工芸品同然にはなってるね。
    戦闘機も機関車も、数十万数百万の世界。
    [ 2017/07/30 00:29 ] [ 編集 ]
  78. >■ 日本人は勝手にハードルを上げるよな……。
      彼らのそういう所を尊敬してるわけだが……。 +1 トリニダードトバゴ

    完全に文化価値観の違いが分かるなw
    職人が高みを目指すのは、「亢竜悔いあり」を知っているから。
    慢心したら後は落ちていくだけなんだよw
    尊敬されることも迷惑だ!
    [ 2017/07/30 00:29 ] [ 編集 ]
  79. 今現在の私たちは未来の日本や日本人に対して文化を残していかないといけない。日本の長い歴史の一端を担っているのを忘れてはいけないと思う。
    [ 2017/07/30 00:35 ] [ 編集 ]
  80. まあ差すんじゃなくて帯く古刀はロマンだわな。
    後期は大名が家臣に与える家宝程度の使い道がメインだったかもしれないが、創作の世界では活躍しまくっておりまする。
    [ 2017/07/30 00:43 ] [ 編集 ]
  81. >現代でも日本の刀はすべて手作業で造られてるのか。
    逆にラインの流れ作業で同等品がバンバン生産されてたらそっちのほうが
    技術的にすごいと思うだろうが。
    [ 2017/07/30 00:45 ] [ 編集 ]
  82. 前にジョージ・ルーカス(だっけ)がわざわざ日本に刀を買いに来たそうで、注文を受けた刀職人さんの「こぼれ話」みたいなのを新聞で読んだ事がある。
    それによると、日本刀を手に入れるのに難しい手続きは必要じゃなくて金さえあれば簡単に手に入るそうだ。
    その職人はルーカスの希望で刀を直接アメリカまで持って行ったそうだが、手荷物で空港職員に渡して紛失したら大変なので、飛行機会社に掛け合って客室まで持ち込んだそうだが、どんな手続きを取ったのかそっちの方が気になる。
    [ 2017/07/30 00:47 ] [ 編集 ]
  83. ほぇ~っと眺めてたら、我が住処の長船「刀剣の里」だったw
    今日、子供連れて覗いてくるわ
    [ 2017/07/30 00:50 ] [ 編集 ]
  84. >じゃあ戦闘機も何百年かしたら工芸品になるんだろうなって本気で思ってる

    割とあるかも。関係ないがガンダムだと、Zガンダムの時代の主力モビルスーツが、逆襲のシャアの時代には趣味用のオモチャ扱いされていた。
    [ 2017/07/30 00:50 ] [ 編集 ]
  85. 良い鉄鉱石が手に入らない事と、それ故の試行錯誤から
    生まれた硬さが異なる鉄を繋ぎ合わせる鍛接に、世界最高
    品質の砥石があって完成したのが日本刀。

    これがもし、逆に鉄の品質が高いと酸化チタンを始めとした
    不純物が少ないので造り易いが柔らかい刀剣となり、砥石に
    よる切れ味も活かせなかった事でしょう。

    まさに日本刀は、日本でしか生まれない「日本の刀剣」
    なんだよね。
    [ 2017/07/30 00:51 ] [ 編集 ]
  86. ※83
    備前モノは古刀五箇伝の一つだからな
    [ 2017/07/30 00:53 ] [ 編集 ]
  87. まあ現代刀は使っちゃダメですけどね
    折れて危ないからね
    [ 2017/07/30 00:54 ] [ 編集 ]
  88. 朝鮮の刀は日本刀をぱくったときに、鍔にある2つの穴(小柄と笄を差すため)の用途がわからないから単に穴を空けてあるだけなんだよね
    アホすぎるw
    [ 2017/07/30 00:56 ] [ 編集 ]
  89. 明治維新の時にもう必要ないと一旦廃れて、明治の終わりに生産を再開したって聞いているが。
    玉鋼が手に入らず、江戸時代の農具を潰して打ち直したとか、鋼だから再利用できる。
    プレス刀は鈍らって言われるけど、今の高炉鋼で打ったらどんな刀に仕上がるんだろうか。

    >攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア
    ま~た一匹国籍ロンダリングが混じっているのかな。
    [ 2017/07/30 00:58 ] [ 編集 ]
  90. ムッソリーニダだろ
    [ 2017/07/30 00:59 ] [ 編集 ]
  91. 正に動画の職人さん達は心臓を捧げている…
    [ 2017/07/30 01:09 ] [ 編集 ]
  92. こういう職人って収入どれくらいなんだろ
    [ 2017/07/30 01:09 ] [ 編集 ]
  93. こうして見ると海外でサムライ・ソードと呼ばれて安く売られてる日本刀もどきとは
    刀身の模様の美しさや鍔や柄の細工の精巧さ上品さなんかで全く違うと素人目でも良くわかるね。
    [ 2017/07/30 01:10 ] [ 編集 ]
  94. 刀職人たちの悲願の一つは、やはり古刀を再現することなんだってね。
    現物があるのに製造方法がわからないって、ピラミッド並みだな。
    [ 2017/07/30 01:14 ] [ 編集 ]
  95. この動画再生されすぎだろ。
    刀の妖力に魅入られてしまった外国人多すぎだろ。
    日本刀の妖力に取り憑かれて、犯罪者を殺しまくるサスペンス・ホラーをハリウッドでやったら受けそう(小並感)
    歌舞伎の演目でそういうの有ったよね。

    ハリウッドで映画化したら受けそうだけどなぁ…
    [ 2017/07/30 01:16 ] [ 編集 ]
  96. ※93
    安物の模造刀も、日本人が造った日本で売っているのは、クオリティーかなり高いぞ。
    [ 2017/07/30 01:18 ] [ 編集 ]
  97. 幕末前後でも太刀への憧れは強かったらしく、打刀なのに太刀と銘打ったりしているのでややこしい。
    見れば一目瞭然だが。
    [ 2017/07/30 01:19 ] [ 編集 ]
  98. ファストファッションが悪とは言わないが恩師の功績が称えられる式典に着て行くものではない。
    自らの鍛錬と同様に道具の手入れも重要だったのはむしろ当然の話で、着姿にこだわるならスーツも靴も採寸して手縫いが最高だと未だに言われる。

    武士にとっては自らの命と子孫の名誉を預けるものを疎かにはできない。南米のギャングだってファミリーの大事な取引には3Dプリンターで出力した改造銃で臨まないだろ?
    むしろ最高を求めない職人が平然と存在する文化が信じられんわ。
    [ 2017/07/30 01:25 ] [ 編集 ]
  99. 呼んだニカ?
    <丶`∀´>ウェーハッハッハ
    [ 2017/07/30 01:31 ] [ 編集 ]
  100. >鞘師

    お兄さんは豆。
    [ 2017/07/30 01:44 ] [ 編集 ]
  101. 刀剣愛好家です。
    刀剣の話題で嬉しいです。
    「美しく強い」が日本刀の理想と言われています。
    この両立が非常に難しいです。
    現代刀は一見、美しい作品が多いですが、実戦では使えない強度だと思います。
    現在、愛好家の中で一番人気は恐らく幕末の天才刀工、源清麿(みなもときよまろ。又は、みなもとのきよまろ。)だと思います。高額で私には買えません。
    一昔前は江戸初期の名刀工、虎徹(こてつ)が愛好家垂涎の的でした。
    興味のある方、youtubeで「源清麿」で検索して下さい。
    時事通信社が清麿の特別展の動画をUPしてます!
    清麿の「美しく強い!」刀剣を是非ご覧下さい。

    [ 2017/07/30 01:47 ] [ 編集 ]
  102. 江戸時代に刀が重宝されたのは、幕府が火縄はもとより、槍の使用も制限していたから。
    刀は魂とし、槍は幕府転覆への戦支度と見なされた。それほど槍は強力だった。
    そりゃそうさ、当時あまり強くないといわれた尾張兵も信長が
    「御前試合なら短槍が有利だろう。だが野戦だと長槍が有利、で、ある」と採用した途端に、尾張は清洲を落とし統一され、一気に戦国のスターダムにのし上がる。
    刀は得物、槍は兵器としての側面が強い。
    [ 2017/07/30 01:55 ] [ 編集 ]
  103. 軍所属からもコメントきてるんだな!
    [ 2017/07/30 02:00 ] [ 編集 ]
  104. 日本刀の制作過程だと刀鍛冶ばかりフューチャーされることが多いから
    これは日本人にとっても貴重な映像だったよ
    [ 2017/07/30 02:13 ] [ 編集 ]
  105. ※101
    そりゃ実際に人間を斬り刻む事を意図した刀は造ってないからでしょ。
    飽く迄観賞用、それと試し切り用ですよ。
    実戦用の人間を何人でも斬れる、耐久性重視の日本刀を造れと言われたら、そりゃ彼等だったら造れますよ。
    その代わり、あなたの仰るとおり、「美しさ」は損なわれるでしょうけどね。
    [ 2017/07/30 02:17 ] [ 編集 ]
  106. ※82
    キルビルだと飛行機の座席に刀を差すスペースがあったな
    [ 2017/07/30 02:31 ] [ 編集 ]
  107. すぐ高いの安いの言い出すね
    下衆いったらありゃしない
    [ 2017/07/30 02:32 ] [ 編集 ]
  108. ああ・・・次は熱振動ブレードの作成だ・・・
    [ 2017/07/30 02:34 ] [ 編集 ]
  109. ■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
      攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    でたーー!
    在イタリア韓国人w

    「攻撃的」「帝国主義的」という捏造テンプレと、
    最初にちょっと褒めておいて本題に入る文章が特徴。
    [ 2017/07/30 02:39 ] [ 編集 ]
  110. 短刀で数十万 研ぎや鞘などその他で数十万
    100万あればそこそこのものができると現地で職人に聞いた
    江戸以降のものであればその金額で完成品というか中古が買えるがな
    [ 2017/07/30 03:01 ] [ 編集 ]
  111. でおまいらどれが贔屓よ?俺はベタだが、国宝級の五剣の中で最もふつくしいと謳われる、銘は宗近、号は三日月、三日月宗近だな。
    あと10cm長ければ野太刀に分類されるあのスリムな感じが、もうたまらんね。
    由緒としては不殺の誓いでも立てたのか、一度も血を吸っていないそうな。
    奈良の三条通りで宗近の子孫が小鍛治店を営んでいるが、もう太刀作りには挑戦しないのかな?
    [ 2017/07/30 03:03 ] [ 編集 ]
  112. 太鼓のBGMが嫌だな
    完全にステレオタイプで
    馬鹿にされてる感じがする
    [ 2017/07/30 03:23 ] [ 編集 ]
  113. 同じ長船での撮影で文部省がもっと長く撮影している動画がYoutubeにあるので気になる人はゼヒ☆
    何年か前の投稿ですが。

    材料の玉鋼に関してはたたら製鉄をしている動画もYoutubeにあるのでゼヒ☆

    ※32
    (通いでも)弟子入りとか各地で勉強会みたいなのあるから飛び込めば教えて貰えたりもしますよ。
    刀鍛冶は免許か許可証が必要だったかと思うので、そこだけハードル高いけど。

    ※56
    古い時代の刀から彫金されていて、刀に梵字や明王彫ってあります。
    神社に刀を納める風習もあるので、そういう宗教的な部分もありますから彫金も刀の一部かと。

    ※62
    ちゃんと教えて貰えますよ~
    ただ最初はちゃらんぽらんなの排除するためか
    本人のやる気や根性見るためっぽいのもあるかもしれませんが。
    後は師匠しだいかと。

    ※87
    どう使うつもりなのかを想定しているのかが不明ですが
    今日使われてる居合切りなどは現代刀が主流ですよ。
    [ 2017/07/30 03:38 ] [ 編集 ]
  114. 江戸時代には既に「人力・職人技の」フルカラー印刷を普及させてた国だからなあ。
    [ 2017/07/30 03:46 ] [ 編集 ]
  115. ■ 日本刀は、神が宿る武器って言われてるんだよね。 +1 マレーシア
    それってもしかして刀の付喪神が出て来るゲームの事じゃ…

    冗談はさておき、武器として生まれながら突き詰めないではいられない国民性により美術品としても愛されて来たものって、もしかしたら世界的には珍しいのかな?
    海外にも有名な剣はあるけど、一国に付き100もない気がするんだけど自分が知らないだけかな?
    あ、でも拳銃とかならありそう…?
    [ 2017/07/30 03:46 ] [ 編集 ]
  116. サヤ師はかわいいなぁ。
    [ 2017/07/30 03:56 ] [ 編集 ]
  117. 職人は日本の宝
    ポルトガル人が日本に種子島(鉄砲)を持ってきた僅か後には、既に日本人は自前でその鉄砲を作り始めている。この刀鍛冶等の職人の腕をしたら大して難しいものじゃなかったらしい。一番製作するのに困難だった部分は、銃身の筒の銃口の反対側後部を塞ぐネジ(ボルトとナット)を作ることだったらしいが、それもすぐに手作りしたとか。本当に刀鍛冶を初めとする日本の昔の職人達の技には舌を巻くよ。
    [ 2017/07/30 03:58 ] [ 編集 ]
  118. 戦勝記念、略奪品
    ※28
    それ本当ですね。アメリカは日本刀や鍔等を没収と称して略奪していった。そして戦勝国特権で、ナチスドイツが戦時中ルーブル美術館から美術品を略奪したと非難をしている。戦争に勝つと言った者勝ちなんですね。まるで植民地フィリピンを持っていたアメリカが、日本が戦争開始当初に戦争継続の必要上、次々と戦線を拡大して一時東南アジアのフランス、イギリス、オランダ等の植民地を解放しつつ駐留していたほんの一時をとらえて「日本の植民地支配」と喧伝しているのに似ている。戦争は勝たなきゃ駄目で、勝つと敗戦国の言論を検閲、焚書等で抑え込み、善と悪をすり替えることができる。
    [ 2017/07/30 04:11 ] [ 編集 ]
  119. 西南戦争田原坂の農民兵の心境だった米兵
    太平洋戦争時、米軍は日本軍の将校、下士官等が携行している日本刀を抜刀して夜襲をかけられる際、ギラギラ光る日本刀が相当恐ろしかったらしく、米軍の将校の持つ、小口径の拳銃では突進してくる日本刀を持った相手を撃っても、自分の方に倒れる恐怖があったらしく、それで銃弾頭が大口径で、腕の付け根に当たれば、腕が落ちるくらい威力があり、突進してきても後ろに倒れるくらいのコルト45ガーバメント自動拳銃を開発し、支給、配備したとか。
    [ 2017/07/30 04:19 ] [ 編集 ]
  120. FOOOOO!!かっこいい!!
    [ 2017/07/30 04:34 ] [ 編集 ]
  121. アメリカ人の日本刀溺愛は、多分にスターウォーズとラストサムライの影響を受けている。

    結構、厨二病が多い(良い意味でwww)。
    [ 2017/07/30 04:42 ] [ 編集 ]
  122. 打ちは機械使った方がいいのできるよ。
    [ 2017/07/30 04:52 ] [ 編集 ]
  123. しらないんだろうけど、韓国が日本刀の作り方をおしあげたんだよ。
    [ 2017/07/30 05:41 ] [ 編集 ]
  124. またチョンが湧いてるのか
    [ 2017/07/30 05:48 ] [ 編集 ]
  125. *119
    無知というか知ったかというか、M1911は第一次世界大戦以前に
    米軍に正式採用されてんだよ
    アメリカ人の45口径信仰は西部開拓時代の名残な
    微妙にヴェトナム戦争時のエピソードを混ぜて
    それらしく作って嘘吐くなよ、ニワカが
    [ 2017/07/30 06:00 ] [ 編集 ]
  126. そもそも韓国って何?え?国なの?誇れる歴史あったっけ?
    [ 2017/07/30 06:01 ] [ 編集 ]
  127. しょーもない世界遺産を登録しようとしてるのに、どうして刀剣づくりは登録しないんだ?
    [ 2017/07/30 06:01 ] [ 編集 ]
  128. ※115
    海外でもあるよ、武器が美術品になってるの。
    ドイツにはそういうの集めた美術館がある。
    ただ刃物の場合は刀身そのものではなく柄とか鞘、刀身の「装飾」が主に美術品として見られてることが多い。
    日本刀みたいに「刀身そのもの」が美術品になってる武器もあるけど数は少ないね。
    [ 2017/07/30 06:54 ] [ 編集 ]
  129. こういう昔ながらの道具で手作業してる姿って、五感を使ってるのがよく伝わるのか、不思議なほど空気感を感じる。
    日本刀はやっぱり浪漫があるよね。
    用途を考えたら美しいと感じるものじゃないはずなのに、だからこそ、そこに美を感じる矛盾みたいなものがあるのかな。
    擬人化のあの作品が人気になったのも分かる気がする。
    [ 2017/07/30 06:56 ] [ 編集 ]
  130. こんな唯一無二の神の国日本に原爆を2発も落としたアメリカ君は
    責任をもって永遠に日本を守りなさい
    [ 2017/07/30 06:59 ] [ 編集 ]
  131. 鍛冶は神儀の一種、手打ちは魂を込める意味でも重要なんだよ
    なんでも機械で簡略化すれば良いものでもない



    [ 2017/07/30 07:04 ] [ 編集 ]
  132. >あ、でも拳銃とかならありそう…?

     工芸品、美術品と化した拳銃ならいっぱいあるぞ~。
     むしろ日本刀より自由度が高く、様式に囚われないから、
     何倍も個性的だし、精巧に出来ている。画像検索してみ
    [ 2017/07/30 07:05 ] [ 編集 ]
  133. 米95

    それホラーはともかくただの時代劇じゃね?
    [ 2017/07/30 07:06 ] [ 編集 ]
  134. 動画が数日で再生数600万とかいってるんだがw半端ない
    [ 2017/07/30 07:25 ] [ 編集 ]
  135. >>彼らはルールにちゃんと従って、自分たちを向上させようと日々努力する。
      その姿は、まさにサムライのように見えるんだ。

    嬉しい事を言ってくれる人もいるんだなぁ
    襟を正して日々を生きなければと改めて思わされた
    [ 2017/07/30 07:33 ] [ 編集 ]
  136. 砥ぎ師ってのはちょっと違う
    正確には「剣善」もしくは「砥ぎ善」
    [ 2017/07/30 07:42 ] [ 編集 ]
  137. 韓国人は取り敢えず「鍛造」と「鋳造」の違いから勉強しましょうね?
    [ 2017/07/30 07:46 ] [ 編集 ]
  138. 日本刀に限らず、一人の職人が作り上げるよりも、行程ごとに各職人が請け負うってのはよくある。
    これはその地域から技術を流出させないための知恵なんだよね。
    一行程だけ出来ても他ができないと完成しない。
    一行程だけでも無くなってしまうと大変だけどね。
    だから代々受け継いで行くんだよな。
    [ 2017/07/30 07:46 ] [ 編集 ]
  139. 韓流ドラマに忍者風の刺客や、剣の達人みたいなのはよく出てくるが、刀鍛冶は出てこない。
    日本刀の起源を主張するわりには、作り方を知らない。パクろうにもパクれない。
    [ 2017/07/30 07:59 ] [ 編集 ]
  140. >■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
    >  攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    ああ、イタリアの赤い悪魔もイタリアを体現してるよな。
    不安定で必要ないときに暴発する。
    WW2の時はドイツのリソース無駄に使わせて、
    戦線拡大してくれたよな?
    その場のノリで深く考えず問題を悪化させるイタリア気質というか半島気質?
    [ 2017/07/30 08:16 ] [ 編集 ]
  141. ※20
    でも「鞘」がない …と

    鞘はアリマース…すっぽり包む皮が
    [ 2017/07/30 08:20 ] [ 編集 ]
  142. sa
    ここ数年前から 刀剣市 の売り場客が老人から欧米アジア人にばかりなって来てる大和魂の権化日本刀が日本国から流出してる 日本人なら一家に数振り保護目的子孫の為に持ったほうが良いと思うこれからもっと入手しずらくなるぞ 
    現代刀工職工保護の為に現代刀購入でもいいと思う
    [ 2017/07/30 08:39 ] [ 編集 ]
  143. 刀だけ作ってても実用的ではないため生活できません
    現代は包丁作って凌いでます
    一鞘いかがですか
    [ 2017/07/30 08:45 ] [ 編集 ]

  144.  法的に月に2振りしか生産できない、ってのが問題だろう。
    そんなに変わるもんじゃなし、国外需要も見込まれるのだし、10振りぐらいにしておけば?

    防衛省だっけ?管轄は。たしか「航空機開発なんたら局」?
    最新兵器扱いなんだ日本刀はwww

    「刀鍛冶に一番必要なものは、金持ちの親父です」某刀匠。
    自分は同期の出世頭で、賞もいっぱい貰ったけど、独立資金も工房も、みな親父に出してもらった。とか。

    こんな金にならない職業なので、
    「今の若い刀匠見習いの人は皆、大変熱心です」老刀匠


    [ 2017/07/30 08:46 ] [ 編集 ]
  145. >現代刀工職工保護の為に現代刀購入でもいいと思う

    関心ありげにしてたから、タモリが買って若手芸人に贈るとかすればいい、と思う。

    「タモリ賞」

    毎年、一番「切れる」若手芸人に現代刀を贈るw
    [ 2017/07/30 08:50 ] [ 編集 ]
  146. 海外の反応にあるイラン人、ダマスカスのこと知らんのか…?
    [ 2017/07/30 08:51 ] [ 編集 ]
  147. う~む、玉鋼を作る職人さんも凄いのだが。
    [ 2017/07/30 08:56 ] [ 編集 ]
  148. アメの博物館で日本から朝鮮に渡った日本刀見つけ
    朝鮮刀発見ニダってやらかしたけど、
    アメの学芸員に一発で論破されてたよな、朝鮮人w

    日本刀の研究者って海外に大勢いるからな、
    それに朝鮮半島に日本刀の様な製造を行なった
    記録、史跡、鉄、炭が全くねえし、
    科学的分析すりゃ一発でバレるから
    捏造しようとしてもムリ。

    だから最近、日本刀のウリジナルは
    朝鮮ニダとかほざかなくなっただろw
    [ 2017/07/30 09:10 ] [ 編集 ]
  149. >メインウエポンは槍

    戦国時代でいえば指揮官の得物として戦で名を残しているのも、やっぱり槍なんだよね。
    本多忠勝の蜻蛉切、加藤清正の片鎌槍、家中で武勇第一が持つことを許された皆朱槍、福島正則から黒田節の母里太兵衛が呑み勝負で勝ち取った日本号などなど。
    賤ヶ岳七本槍とはいうが七本刀とはいわない。日本号なんて槍のくせに正三位の官位持ちだし。大納言ですよw

    名のある太刀はというと、家宝などステータスとして用いられることのほうが多かったようで、剣術使いも、神主の塚原卜伝や、浪人生活のほうが長い上泉信綱など、サムライというよりは剣豪のカテゴリに当てはまる。

    新撰組などは当初市街戦のほうが多かっただろうし、源平の時代の侍は弓騎兵で、長物と同時には装備し辛い弓が標準装備だったので、刀が活躍したんだろな。
    [ 2017/07/30 09:12 ] [ 編集 ]
  150. 本身で50~150で買えるけど名刀と言われるものは数千万の世界だからな
    [ 2017/07/30 09:13 ] [ 編集 ]
  151. ■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
      攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    便所でキムチでも食ってろや
    [ 2017/07/30 09:13 ] [ 編集 ]
  152. ※63
    そんなことをしなくても

    いまでも普通にディーラーに行って
    自分の乗ってる車の、たとえばエンジンのピストン、トランスミッションのギア、こんなのを一つ注文して、

    それを机の上においてしげしげ眺めてみたら、これもすごい芸術品だ、とたぶん思うとおもう。数千円だけど。

    機能美=芸術 だと思うよ。日本刀も同じ図式だと思う。
    [ 2017/07/30 09:30 ] [ 編集 ]
  153. 日本刀や忍者もそうだが、韓ドラ?映画?で武士の甲冑を真似るのは本当に勘弁してほしい。穢れる。
    歴史的に武士の部隊が存在した台湾やタイが使うならまだしも、半島なんぞ侍の敵だろ常考。
    [ 2017/07/30 09:33 ] [ 編集 ]
  154. ※151
    俺も同じこと書こうとしたら既にwww

    日本刀から帝国主義とか頓珍漢過ぎて反日洗脳された
    千ョンコロだって過ぐ解るね。

    イタリア人が日本に対して帝国主義云々言える立場じゃないし
    そんなこと思ってるイタリア人は殆ど居ない。
    朝鮮人が思ってるほど他国に関心がある奴なんかいないっての。
    [ 2017/07/30 09:40 ] [ 編集 ]
  155. 国籍を隠して日本を貶す韓国人が必ず居るのがマジで不愉快。
    [ 2017/07/30 09:41 ] [ 編集 ]
  156. ■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
      攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    いかに的外れでアホなコメントなのかイタリア人に説明するとしたら、

    ■ コロッセオは確かに美しいけど、恐ろしい歴史の象徴である。
      攻撃的で野蛮で、帝国主義的なイタリアの本質の象徴だよ。

    まぁなんだ、どっちにしても的外れで1行目と2行目に何の関係もない。
    [ 2017/07/30 09:49 ] [ 編集 ]
  157. 在伊韓国人が猛威を奮ってるな。
    [ 2017/07/30 09:51 ] [ 編集 ]
  158. 戦史において広い平地での白兵戦ではローマのカタクラフトやスペインのテルシオのような密集型槍方陣は基本的に圧倒的に強い。機甲師団のようなもの。刀はロマン。
    [ 2017/07/30 09:53 ] [ 編集 ]
  159. 五右衛門「お主がどんなに強い槍を使おうが銃を使おうが攻撃ヘリを使おうが稲妻を使おうが蒟蒻を使おうが、拙者に言わせれば浪漫に欠けるでござるな」

    (※次元の台詞のパクリ)
    [ 2017/07/30 10:01 ] [ 編集 ]
  160. 日本刀の何をもって、というのは難しい所だけれど、
    日本・日本人にとって、日本刀こそが、世界遺産に相応しい。
    [ 2017/07/30 10:11 ] [ 編集 ]
  161. ※160
    >日本刀の何をもって、というのは難しい所だけれど、

    ※欄に能書きを書き連ねている俺が言うのもなんだが、日本刀に理由はいらないだろ。
    [ 2017/07/30 10:28 ] [ 編集 ]
  162. ■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
      攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    韓国人だろうけど、彼らは第二次大戦まで帝国主義こそ国家経済の形だった事を知らない。
    こんなん言われても先進国は「いや、俺らその本家なんだけど」って思うしかないわ。
    [ 2017/07/30 10:30 ] [ 編集 ]
  163. 日本の太刀と当世具足、零色と大和級戦艦は人をコロす凶事の産物ではあるが、その芸術性と精神性は世界に誇って恥ずかしくないものがあるな。
    強さは…まぁ…取り方によるw
    [ 2017/07/30 10:39 ] [ 編集 ]
  164. ひたすら返して密度を高める鋼の強度は硬く、強く、しなる
    日本刀の凄さは作り手の熱意が形になったその手間にある

    鋳型鋳造の粗製乱造品やジェラルミンの模造刀とは全くの別物
    形だけ似せても日本刀にはなれない
    [ 2017/07/30 10:45 ] [ 編集 ]
  165.  真剣日本刀使う 古武道・居合・抜刀 習えば 日本刀の需要多くなるから 日本人なら習いに行きましょうよ 真剣薙刀槍少しは刀より安いよピンキリだけど
    [ 2017/07/30 10:57 ] [ 編集 ]
  166. 日本刀の技術は、人でしか残せない。
    デジタルデータに意味は無い
    作ることをやめたらそこでおしまい。
    人の心のようなモノ
    [ 2017/07/30 11:01 ] [ 編集 ]
  167. 製造技術もだが剣術の三大源流(念流、神道流、陰流)のようなものも残っていない、というか無いだろ、某国。
    某国出兵の時、某国軍が加藤、黒田、小西の先鋒隊に対し脅威に感じたのが、軍事物資の保有数もだが、それよりも剣術、槍術、砲術などの運用面、ソフト面だったというからな。
    [ 2017/07/30 11:20 ] [ 編集 ]
  168. 今は包丁に受け継がれているから、お高い包丁を買うのがよろし
    [ 2017/07/30 11:33 ] [ 編集 ]
  169. カッターナイフの名前って

    カッターナから来てるんでしょ?
    [ 2017/07/30 11:43 ] [ 編集 ]
  170. 俺は槍術を習ったぜ。実生活において使う機会は皆無だが、状況によっては物干し竿があれば何かを撃退できるかもしれない。ゾンビとか。
    [ 2017/07/30 11:50 ] [ 編集 ]
  171. グルカナイフってどんくらいの強度なんだろ。
    [ 2017/07/30 11:51 ] [ 編集 ]
  172. それなりに若い人がやってるんだな
    とりあえず技術の継承はされるみたいで安心した
    [ 2017/07/30 11:58 ] [ 編集 ]
  173. 「youは何しに~」で海外でも人気で売れるからと外国人が日本刀を買い付けにきてるとこやってたね。
    芸術品とか敬意を抱いているとか良いように言ってるけどしっかり値切り交渉してたから、結局は金儲けの手段に利用してるだけ。
    [ 2017/07/30 12:00 ] [ 編集 ]
  174. めずらしく国籍不明が沸いて批判してないね
    [ 2017/07/30 12:02 ] [ 編集 ]
  175. 攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴

    こんな的外れなコメント久しぶりに見たわ
    どこの国でも変な奴がいるってことか
    [ 2017/07/30 12:04 ] [ 編集 ]
  176. このビデオにあるように、一つの製品を多くの職人の技術が支えている
    そしてその職人たちの道具を作る職人がいて、またその道具を・・・

    昔はかんざしや傘一つ取ってもそんな塩梅で、京や江戸はそういう職人達の街でもあった。

    一つの伝統製品を残すということは大変
    [ 2017/07/30 12:14 ] [ 編集 ]
  177. ここまで作業工程を分担しているとは知らなかった。

    ■ 攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    またつまらぬものが涌いてるな。
    日本なんて出張っていったのは古代と中世(近世)と近代だけだろ。
    [ 2017/07/30 12:15 ] [ 編集 ]
  178. 源平時代は刀匠自ら砂鉄を集め製鉄してから刀を作っていたと考えられているね
    鎌倉時代に製鉄業が盛んになり、刀匠は原材料を購入、分業化していったと考えられている模様
    つまりこれ、量産品の製造方法だと思ったけど、古刀の時代から分業していたんだな
    [ 2017/07/30 12:24 ] [ 編集 ]
  179. 確か江戸時代の物より鎌倉時代の物の方が性能良かったんだっけ?
    江戸時代前に一度技術が消えた部分多いと思っている。
    [ 2017/07/30 12:31 ] [ 編集 ]
  180. [折り返し何層あるんじゃコレ」
    「2万とか、3万とか?きもいわー」
    「変態じゃ、変態の所業じゃ…」

    「そもそも鋼もなんじゃコレ」
    「研ぎも、一体何がここまでさせるんじゃ」
    「変態じゃ、変態の国の所業じゃ」
    [ 2017/07/30 12:35 ] [ 編集 ]
  181. ※179
    殺傷力は知らないが、戦国期から安土桃山期に戦争の拡大にともない造られた量産型の打刀は、耐久性において、せいぜいもしものときのための護身用で、戦場では背負えるだけ背負うような消耗品ほどの耐久しかなく、ほとんど役に立たないと聞いた。
    ソースの一部は花の慶次。
    [ 2017/07/30 12:46 ] [ 編集 ]
  182. 0.1mmの紙を42回折れば月まで届くというのに
    [ 2017/07/30 12:54 ] [ 編集 ]
  183. こんなん日本人が見てもすごいと思うわ
    [ 2017/07/30 13:08 ] [ 編集 ]
  184. ※180
    「変態」と言う単語を褒め言葉だと思っている馬鹿がまだいるのか
    [ 2017/07/30 13:24 ] [ 編集 ]
  185. ※179
    スペックはともかく、室町時代には五大として有名になり、明治時代には天下五剣と呼ばれた名刀はすべて平安初期から鎌倉時代の作と伝わる。勿論すべて作成方法不明の古刀(太刀)

    ・鬼丸國綱(御物。※御物とは皇族の私物のこと)
    ・三日月宗近(国宝)
    ・童子切安綱(国宝。※童子は大江山の鬼、酒呑童子のこと)
    ・大典太光世(国宝)
    ・数珠丸恒次(重文)
    [ 2017/07/30 13:30 ] [ 編集 ]
  186. これを見てからヒストリーチャンネルの刀剣の鉄人を見ると
    海外の鍛冶屋がめちゃめちゃ貧相に見える
    日本人からすると職人とすら呼びたくないわ
    [ 2017/07/30 13:37 ] [ 編集 ]
  187. ■ 高レベルな職人技は眼福だよなぁ。
      1口の刀にこれだけの労力をかけるなんて凄すぎる。 +12 アメリカ


    『1口』?
    刀の単位は『振り(振)』じゃないの?
    管理人さん大丈夫?
    [ 2017/07/30 13:46 ] [ 編集 ]
  188. 1番最初の砂鉄から玉鋼を作る工程が抜けてないか?
    [ 2017/07/30 13:48 ] [ 編集 ]
  189. 刀女子も凄い知識持ちw
    [ 2017/07/30 13:49 ] [ 編集 ]
  190. たまに勘違いしてる人がいるけど
    戦国時代よりも泰平時の方が芸術として時間かけてみっちり作るから品質高いよ
    戦国時代には大量生産の粗悪品がかなりの数出回ってる
    殆どの名刀は戦国時代がちょうど終わったぐらいに産まれている
    [ 2017/07/30 14:17 ] [ 編集 ]
  191. アメリカ人はアメリカで売ってる日本刀が
    日本刀風デザインのデカい果物ナイフだと気が付いてほしい
    [ 2017/07/30 14:23 ] [ 編集 ]
  192. 3人で鍛えるのは正月明けの初日だけで後は包丁鍛冶同様にパワーハンマーも使って一人で鍛えてるんよ。
    [ 2017/07/30 14:26 ] [ 編集 ]
  193. 「うちならその工程をもっと良く仕上げられるぞ」
    って分け合った結果かもしれん
    [ 2017/07/30 14:30 ] [ 編集 ]
  194. しかし海外で売っている殆どの日本刀は、支那人や朝鮮人が適当に作った紛い物。その事実にちゃんと気付いてくれてるだろうか。
    [ 2017/07/30 15:07 ] [ 編集 ]
  195. 職人技を残すのは難しい
    ベルリン・フィルの古い楽器のメンテが出来るメーカーがもうドイツになくて、今はヤマハが任されているそう。

    さすがヤマハとも思うが、ちょっと悲しい事実だ
    [ 2017/07/30 15:10 ] [ 編集 ]
  196. 進駐軍が200万本日本刀もっていって国宝級の刀が一気に減った事実は忘れない
    [ 2017/07/30 15:21 ] [ 編集 ]
  197. ■ 日本刀は確かに美しいけど、恐ろしいほどの切れ味を持ってもいる。
      攻撃的で、帝国主義的な日本の本質の象徴だよ。 イタリア

    なんでもいいけど、日本人てけっこうな比率でイタリアを「相棒にしてはいけない国」と思ってることを伝えてあげたいわ
    [ 2017/07/30 15:29 ] [ 編集 ]
  198. ※1
    刀長6センチ未満は刀剣じゃないんだぞ。
    残念だがお前のは日本刀じゃなくて日本製ナイフだな。
    [ 2017/07/30 16:05 ] [ 編集 ]
  199. そうだな、定義的には慶長が境界らしいが、それ以前と以後の日本刀は別物と言っていいかもしれない。
    打刀は「さす」が、太刀は「はく」といって腰からぶら下げる。
    一休さんを見ていても新右衛門さんは確か刀を腰に「差し」ていないだろ?
    桔梗屋はなぜか月代を剃っているが。
    [ 2017/07/30 17:25 ] [ 編集 ]
  200. >>[折り返し何層あるんじゃコレ」「2万とか、3万とか?きもいわー」

    麻雀やれば判る、十数回折返せば2万~3万層だ。
    [ 2017/07/30 18:21 ] [ 編集 ]
  201. 上古刀は分かり易いが、打刀と太刀の違いは分かり易いな

    ①まず、つくりが違う。打刀は再現できるが太刀は再現できない
    ②長さが違う。太刀のほうが平均的に長い
    ③反りが違う。太刀のほうが反っており打刀は直刀に近く居合や抜刀に適す
    ④用途が違う。太刀は騎上戦を想定して作られた。打刀は狭い空間向き?
    ⑤携行方法が違う。※199参照。携行時の刃の向きも上下逆である
    ⑥時代が違う。太刀は中世。打刀の原型は戦国時代の数打ちだと思われる
    ⑦装飾が違う。太刀のほうがカスタムメイド気味なので派手派手
    ⑧ファン層が違う。刀といえば一般的に打刀を想起する。太刀はマニア好み

    こんなところか
    [ 2017/07/30 18:34 ] [ 編集 ]
  202. ※171
    あれはナタだから焼きも甘く、硬いもの切ろうとすると刃が欠けるより潰れる
    日本刀はしっかり焼きは入っているけど、寒冷地に向かないのは満州で確認済み
    [ 2017/07/30 18:39 ] [ 編集 ]
  203. って言うか何を今更って感じだな。
    [ 2017/07/30 19:17 ] [ 編集 ]
  204. 米兵「お、鞘に宝石ついてるやんけ、いただき! 残りは海へポイーで」
    [ 2017/07/30 19:32 ] [ 編集 ]
  205. >>1カイワレ大根閉まってどうぞ
    [ 2017/07/30 19:35 ] [ 編集 ]
  206. まず剣術の流派によってアーチの角度も違う
    身長や腕の長さに合わせて特注も当然あるでしょ
    [ 2017/07/30 20:26 ] [ 編集 ]
  207. 外人ってなんでそんなに日本刀好きなんだろうな
    [ 2017/07/30 20:54 ] [ 編集 ]
  208. どうせなら玉鋼からやって欲しかった
    [ 2017/07/30 20:58 ] [ 編集 ]
  209. 1の人気に嫉妬
    1はマジ責任とれwww
    [ 2017/07/30 21:27 ] [ 編集 ]
  210. ※187

    『一口』と書いて『ひとふり』って読めるよ、刀の数え方としては。
    ただ、貴方の知ってる通りの『一振り(振)』とも書く。他にも数え方があるけども。
    ともかくも、だから管理人さんも勿論貴方も間違ってないよ、大丈夫さ。


    ちょっと欲しいってだけで買える金額でもないが、もしお金があってもちょっと欲しいだけで買うには刀にも携わった職人の皆さんにも悪い気もする。
    かといって、そう考えて手をこまねいていると海外に流出していく訳か…難しいな。
    [ 2017/07/30 22:46 ] [ 編集 ]
  211. ※195
    マジか… 初めて知ったわ。
    [ 2017/07/31 01:43 ] [ 編集 ]
  212. 死ぬまでに日本刀を手に入れたい!
    [ 2017/07/31 01:44 ] [ 編集 ]
  213. さやの側面に小刀をしまってあるのは知ってたがその反対側に整髪具があるとは知らなかった。
    「武士は食わねど高楊枝」って言うけど、カッコつけるの大事だったんだろうな。
    特に平和な時代だと町人の憧れの存在でいることも仕事のうちだったんだろうし。
    [ 2017/07/31 02:23 ] [ 編集 ]
  214. 1の人気が・・・・・
    >>1がスレの雰囲気を決めたなw


    ぜひ備前長船刀剣博物館に遊びに来て下さい。
    第2日曜日は時間を決めて公開鍛錬がありますよ。
    8月は新作名刀展です。(日刀保コンクール)
    8月20日1300~ には初心者講座も有ります。
    [ 2017/07/31 05:15 ] [ 編集 ]
  215. 侍は潰えた
    現代の日本は奴隷と奴隷商の国
    [ 2017/07/31 06:43 ] [ 編集 ]
  216. サヤを2枚貼り合わせる接着剤に米粒使ってるみたいだけど、強度とか耐久性とか大丈夫なの? ニカワとか使ってると思ったからちょっとビックリ。
    [ 2017/07/31 08:42 ] [ 編集 ]
  217. 軍国主義とか言ってるけど侍も天下太平の為に戦ってたということ、世の中が平和に暮らせるように、その為なら神事で造られ神に許しを得た日本刀で戦う、それが侍の精神
    決して自欲の為ではないという事
    [ 2017/07/31 09:51 ] [ 編集 ]
  218. 西洋の刀剣にも芸術的価値の高い品があるけど、どちらかというと宝飾的な観点からの評価なんだよね。
    刀身そのものが芸術品として評価されるのは、日本刀以外には中々ない。
    [ 2017/07/31 11:37 ] [ 編集 ]
  219. わけ合って居あいをやっている友人に、刀を持たせてもらった事があるけど、想像以上に重かった。あとじーっとみてると「切れ、切れ」って刀が言ってる気がした。怖くなって持ち主にすぐ返したw。気のせいなのは分かってるんだけどな。
    [ 2017/07/31 13:12 ] [ 編集 ]
  220. 祖父が鞘師をやっていた、その姿を見ながら木屑で遊んでいたのを思い出した。散らかしてよく怒られたけど。
    終わりのほうに出てきた柄の映像に息を飲んだ。
    ひと巻き毎にすべて巻き方が違うのに全体ではきちんとまとまっている。こんなのを見せられたら他の柄巻き師は黙っていられまい。
    かくして変態日本(褒め言葉)は突き進んでいくw

    [ 2017/07/31 13:14 ] [ 編集 ]
  221. 日本刀の全盛技術は既にロストテクノロジーなんじゃなかったけ
    [ 2017/07/31 15:55 ] [ 編集 ]
  222. 基本的には欧州の銃と同じ世界だよ。
    日本刀だから。と、変に神格化して欲しくは無いな。
    [ 2017/07/31 18:30 ] [ 編集 ]
  223. 再生回数がもう900万越えてる!
    コメント数も6000越え。
    [ 2017/07/31 18:50 ] [ 編集 ]
  224. 翻訳元見てきたけど頓珍漢なコメントばかりだな
    [ 2017/07/31 20:16 ] [ 編集 ]
  225. 現代刀は何とか技術を保っているけど
    鎌倉時代の国宝級の太刀は勿論、重要文化財級の刀ですら既にロストテクノロジーなんだけどな;;
    [ 2017/07/31 20:44 ] [ 編集 ]
  226. 魂が宿る×
    神が宿る○
    どんなものにも魂が薄れても神は宿っている
    畏れ崇めてこその職人技
    別に日本と日本人じゃなきゃ出来ない業じゃない
    どんな宗教でも感謝はあるんだから、別に特別じゃない。
    ただ当たり前の事を当たり前にしたらいいだけ
    逆な当たり前の事がどれだけ価値があって立派かという事じゃないかな
    [ 2017/07/31 21:48 ] [ 編集 ]
  227. この類いのブログを読んでいつも思うが、海外の人々の多くは未だに日本・中国・韓国の区別がつかないらしい。

    つまり、この動画を観た海外の人々の多くは、中国や韓国も同時にすごい国だと思っているらしいよ。
    [ 2017/08/01 01:23 ] [ 編集 ]
  228. ハードル上げてるわけじゃなくて上を目指してるだけなんですけどね。
    [ 2017/08/01 03:51 ] [ 編集 ]
  229. ※74
    痛リア人www

    伝統的日本人(☓現代日本人)の本質ねぇ
    求道かな
    これだってただ単に「金属の武器を作る」ってところから端を発した
    日本流魔改造の成れの果てだろう
    よくもまあこんな芸術になりおおせたものだ

    帝国主義って、あれ全世界の文明国の大ブームですやん
    日本は流行に乗っただけ
    白人国家から日本がパクった魔改造帝国主義では
    差別システム(教育しない、とか)や搾取システムなんぞ無かったけどな
    [ 2017/08/01 11:08 ] [ 編集 ]
  230. 南朝鮮人の
    日本刀は韓国起源ってコメントが無かったな~
    [ 2017/08/01 16:29 ] [ 編集 ]
  231. 刀の原料の鋼も専門の人が作ってるんじゃなかった?
    [ 2017/08/01 16:45 ] [ 編集 ]
  232. ※221
    刀そのものの製法は新刀の作り方から推測できるが、どうやって刃紋や彩を出したかとか、そういった部分が失伝してる
    最近になって長船の刃紋の出し方はそれっぽい物が再現されたが、本当にそれが正しいのかは判ってない
    [ 2017/08/01 17:59 ] [ 編集 ]
  233. こういう動画でも、日本人として、身の引き締まる思いがするね。
    今の日本の基礎がここに有るんだなぁと感じる。
    [ 2017/08/01 22:05 ] [ 編集 ]
  234. 「korean sword Company』で動画検索したら物凄い数の日本の刀鍛冶を真似た韓国人の刀剣職人の動画が出てくる
    見様見真似、猿真似でパクった韓国刀の制作過程を、まるで古代から受け継いだ伝統技術のように紹介してる
    そんな古代から続いていた技術なら、日本みたいにそういった手法で作られた韓国刀が残っててもいいはずなのに、
    あるのは板バネを叩いて伸ばしたみたいなペラッペラな“伝統的”韓国刀のみ
    まあそういった古代遺産は例によって「日本統治時代にすべて破壊された」ってオチにするんだろうがね
    [ 2017/08/02 03:45 ] [ 編集 ]
  235. ん?韓国人は何か言っていた?ww
    [ 2017/08/02 10:09 ] [ 編集 ]
  236. 製鉄の段階も紹介してほしかった
    [ 2017/08/02 12:41 ] [ 編集 ]
  237. 刀鍛冶の前に玉鋼鍛治職人が要るから8人だな
    [ 2017/08/02 15:32 ] [ 編集 ]
  238. 15世紀に倭寇が猛威を振るった時
    日本の太刀が中国の長柄武器の柄を容易に切断してしまったため
    明は大量の日本刀を輸入して「倭刀」と称して兵士に与えていた
    なので接近戦最強といっても過言ではない
    [ 2017/08/02 15:46 ] [ 編集 ]
  239. 妖刀と言うのもあながち嘘じゃないね。製作過程や切れ味、見た目・所有感思い入れ等々、これは取り憑かれる人も出てくるだろうな。それが受け継がれて…
    [ 2017/08/02 16:49 ] [ 編集 ]
  240. そろそろチタンやカーボン等の最新素材でぽん刀作ってくれ
    [ 2017/08/02 18:14 ] [ 編集 ]
  241. ここまで海外に認知されているのなら。自衛隊の象徴として海外に行くときとかになるべくたくさん持たせれば勝手に自衛隊強そうってイメージ持たれるのではないの?パレードとか外国軍との交流の時に代表者数名だけでもいいし。
    勿論、飾りだから最低限の切れ味があればいいし技術の継承にも貢献できる
    [ 2017/08/02 20:23 ] [ 編集 ]
  242. -
    真善美の探究【真善美育維】

    【真理と自然観】

    《真理》
    結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。
    “ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのかと。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”
    私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。


    我々の世界は質感。
    また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。


    《志向性》
    目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。
    『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』
    『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』
    我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。


    《思考》
    『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』
    思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)
    『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』
    『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』
    考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


    《生命観》
    『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』
    『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』

    生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。
    生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。

    *己と自の発展
    己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。
    己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。
    『志向(作用)→肉体・機構』


    然の理・然性
    自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。
    然の理・然性(第1法則)
    然性→志向性(第2法則)


    【世界創造の真実】
    世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。
    しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?
    言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。
    これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。
    例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。
    そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
    愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。
    私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。
    しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。
    「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」
    同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。
    「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」
    神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。
    あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。


    【真善美】
    真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。

    善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。
    △→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)
    千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することはなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。

    美は活活とした生命の在り方。
    『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』
    予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることはなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


    《抑止力, 育維》
    【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。

    【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。

    真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。
    [ 2017/08/03 04:42 ] [ 編集 ]
  243. 最近はいろんなとこで刀の展示やってるから是非一度行ってみて
    特に大太刀の迫力を見てみてほしい
    [ 2017/08/03 14:41 ] [ 編集 ]
  244. 刀に限らず日本の分化は箱庭と同じ
    [ 2017/08/06 15:42 ] [ 編集 ]
  245. そりゃ今の日本刀は美術品扱いですからねぇ、ステンレス板を形抜きして刃だけ付けたなんちゃってポン刀とじゃ価格も違って当たり前ですな

    尚その【美術品】という縛りの中でしか作れないのも日本刀・・・
    たまに見かける「現在の金属精錬他の最新技術をふんだんに用いた刀】は製作した時点で法的には日本刀では無い上に犯罪扱いされるんだなこれが・・・
    実際、昔TV番組の企画で似たような「現在の最新技術で作った刀をリアル武芸家に持たせたらどうなるか」という企画を実行したら散々怒られたという実例もあるんだなこれが・・・

    (尚その刀を振ったのリアル武芸家は某ライダー一号の人、結果は車のドアを真っ二つにしていたw)
    [ 2017/08/08 22:29 ] [ 編集 ]
  246. ※221
    そもそも当時の玉鋼自体が再現不可能な代物らしい、元々精錬技術や高温の炉を作れるだけの燃料の無い日本が砂鉄から鋼を作り上げた技術そのものがもうロストテクノロジーらしくてな・・・

    後刀身に関しては※232氏参照、刃側に一定比率(秘伝)で藁混ぜた泥被せて本身はそのままで加熱と冷却するとか
    その焼入れ用の水温は水に腕浸して体感で覚えろとか
    その水温を盗もうとしたら腕切り落としてでも秘伝を守るとか
    継承者が絶えると一気に消失する技術が多過ぎるのですよ・・・
    [ 2017/08/08 22:42 ] [ 編集 ]
  247. 親戚中探せば1口くらいあるやろ
    [ 2017/08/09 12:00 ] [ 編集 ]
  248. あの時代環境、工程が称賛されてらるだけで、剣としての強さは欧州のほうが強い、でも強さを求めて日本人が作ればもっと優れたものをつくる!日本人の技術なんだよ!刀の凄さは!
    勘違いして日本刀は脆いとかあげてるのは、論点ずれてる!技術力だから!球体作らしたら1兆円企業に町工場職人勝ったし、世界一切れるナイフは日本人のつくったもの!ドイツは職人いなくなってらるる。合理化し過ぎて。
    そこをアホはな動画あげてる日本刀下げに言いたい、技術力なんだと!
    [ 2017/08/22 15:07 ] [ 編集 ]
  249. 日本人はアピール、表現の仕方、宣伝か下手だから!ドイツ人のアホな日本刀下げに反論できない!
    どうせベルセルクの漫画でもみたんだろ、アホ外人は。代々江戸時代は平和だったから刀だけしか持ってない場面よくみるんだろ!
    ホントに外人で馬鹿多いわ!時代背景考慮できない頭!誰か教えてやれよ
    [ 2017/08/22 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング