fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本はアジアの為に戦った」 ベトナムの独立の為に尽力した日本兵に感動の声

第二次世界大戦の終結に伴って除隊となった後も現地に残留し、
独立運動に身を投じた日本兵がアジア各地に大勢いました。
ベトナムでは700人から800人の日本兵が残留し、
そのうちの600人ほどがベトナム独立運動に参加。
ベトミンに軍事訓練を施したり、作戦指導を行なうなどしていました。
旧日本兵の様々な面での協力がベトナムの独立に大きく寄与しており、
30名以上の日本人が、ベトナム政府から勲章や徽章を授与されています。

ベトナムの独立のために、外国人である日本人が戦ったという事実に、
現地の方々から感動の声が多数寄せられていました。

15826064_598403433677213_7619073046839497531_n.jpg




翻訳元



■ 日本兵の物語を知って本当に感激した。
  ベトナムの為に戦ってくれてありがとうございました。 +1




■ 独立運動に協力してくれた日本兵は我々ベトナム人の恩人だ。 +39




■ BBCベトナム版が良い記事を書いたね。 +4




■ メディアはこういう意義のある記事を書いてほしいものだ。 +5




■ ベトナムの独立のために、
  こっちに残って戦ってくれた日本人は大勢いるんだよな。 +4




■ こんな感動的な物語があったなんて今まで知らなかった!!!!!! +1




■ 今ものすごく感動してる。
  日本兵のベトナムに対する深い愛情を想うと涙が溢れて来る。 +11




■ WOW この話はハリウッドで映画化されるべきじゃない?




■ 友人の親父さんの隊にも日本人がいたらしい。
  次第に日本人とは友人関係になっていったと言っていた。
  その日本兵は高校や兵学校で教鞭も執っていたようだ。 +5




■ 戦争が終わったのに、母国に戻りたいとは思わなかったのかな。 +2



   ■ 彼らはアジアの友人のために戦おうと立ち上がったのさ。 +1



■ 天皇の兵隊である日本軍は、欧米列強からアジアを解放するために戦った。
  日本が負けた後にベトナムに残ることを決意した人たちは、
  不当に裁かれることを嫌って、
  ベトナムで戦うことを決意したんじゃないかな。 +7




■ 日本人の精神が、ベトナムの独立軍のハートに火をつけたんだ。 +4




■ 敵の敵は友達っていう意識もあったのかもしれないね。 +3




■ 何で歴史の授業でこの日本兵達のことがあまり教えられてないの? +39 




■ この話を知って脚本を書き出した映画関係者も多いだろうね!




■ 日本のことが大好き。日本のことなら基本いつだって信用出来る。 +3




■ こういう人たちが沢山いる国だからこそ日本は発展したんだろうね。 +2




■ ベトナムの独立のために戦ってくれた日本人がいたなんて感激した。
  ベトナム人でも愛国心のない人がいっぱいいるのに。




■ 日本人を尊敬してるよ。
  ベトナムを愛し、解放のために一緒に戦ってくれたんだから。 +4
  



■ 「ベトナムの風に吹かれて」という映画でも、
  ベトナムに残って戦った日本兵のことが言及されてるね。 +5



 
■ マジで感動した。もしかすると人生で一番感動したかも。WOW




■ 俺はずっと前から知ってたけど、有名な話じゃなかったの?




■ ベトナムと日本の友情はこの頃からずっと続いてるわけか。 +2




■ これが日本人の精神なんだよ。
  何て事はない。日本人として当然のことをしたまでなんだろう。 +3




■ これは日本兵とベトナムとの愛の物語ですね。 +3




■ この物語を多くのベトナム人に知ってほしい。感動間違いなし!🙂 +2



 
■ 日本兵の存在がベトナムに勇気を与えたんだろうね。
  ベトナムはずっと一緒に戦ってくれる相手を探してたんだから!!! +3




■ こういう教えられてない歴史があるのって問題じゃないか?




■ 日本人がベトナムの独立運動に参加したのは、
  多くの日本兵はアジアを解放させるということを、
  自分たちのミッションだと考えていたからだと思う。
  俺たちも日本人のような独立独歩の精神を持った人間を目指そう! +2




■ 当たり前だけど、戦争は残酷なことだ。
  それでも、独立のために戦った人たちに罪はない。 +7




■ ベトナムと日本の友情が、いつまでも続きますように! +2





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2017/07/26 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング