パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「カッコ良すぎる!」 和弓を射る幕末の男たちに惚れる外国人が続出

下の写真は、今から150年以上前の1860年ごろ(万延元年)、
つまり幕末の時期に撮影されたとされる1枚で、
3人の射手の方々が弓を引く様子が写されています。

撮影者や撮影場所に関する詳細は不明だったのですが、
外国人の「侍」に対する憧れや畏敬の念はかなり大きいようで、
男性を中心に、その力強さに魅了されてしまう方が続出していました。

海外「日本クール過ぎだろ」 高校の弓道部の施設に外国人衝撃

13055936_1689943071268328_27871694924220864_o.jpeg




翻訳元

下の写真はデジタルカラー復元されたもの
13041187_1689943107934991_5978127398963461480_o.jpeg




■ 力強さと荒々しさに満ちている。
  それにしても日本の弓は他の国の物とは全然違うね。 +9 スペイン




■ サムライたちが履いてる靴を見てくれよ。カッコいいぜ。
  なお、絶対にあの人たちとだけは揉めたくない。 アメリカ




■ クールだよな。それにしても弓の大きさが尋常じゃないな。 アメリカ




■ 日本人はどんなこともエクセレントにこなす。
  それは認めないといけない。
  あの人たちみたいな献身さと物事をまとめていく手腕を、
  俺たちアメリカ人は持ち合わせちゃいないしな。 +5 アメリカ




■ 弓を使うサムライか……。
  たぶん矢を200メートル近く簡単に飛ばせたはず! +8 エジプト



   ■ あの人たちは間違いなくカッコいい。
     それを認めた上で言うけど、それは難しいでしょ。
     ライフルを使っても300メートル近く離れた相手は狙えない。
     手作りの弓なら言うまでもなく無理だよ。 +2 アメリカ



      ■ ほとんどの軍人は最小限の訓練しかしないだろ。
        サムライは8歳くらいの小さな頃から、
        戦闘技術を磨いていくんだからな。 +7 アメリカ



■ 弓がやたらデカイけど、どれくらいの重さがあるんだあれ……。 アメリカ




■ カッケーな〜、ちきしょう……。
  俺もサムライの時代に生まれたかった! 国籍不明




■ 日本じゃ靴下を履いてサンダルを履くのは普通だったの? アメリカ




■ 「七人の侍」に出てきた男の人たちみたいじゃん。 イギリス

「世界に一番影響を与えた映画」 七人の侍の予告を観た外国人の反応




■ 一番左にいる人、恐ろしく強そう。
  弓矢の達人ってオーラが出てるもん。 メキシコ




■ 現代人なんか簡単にやられちゃいそうだよね。 アメリカ




■ 日本人がつける名前ってやたらカッコいいんだよなぁ。
  「キュウドウ」の響きと「アーチェリー」の響きを比べると、
  やっぱ「アーチェリー」はダサいわ。 +5 イギリス




■ あんな弓で攻撃されたら一たまりもなさそう。
  俺もサムライみたいな髪型にしてみたいな、へへ。 アメリカ




■ カッコ良すぎる! 超が付くくらいカッコいい! +17 アメリカ



   ■ ウオーーーー、マジでカッコいいぜー!!! アメリカ



   ■ これは俺が一番好きな写真の1つだ。
     撮影した人はあの光景を見れるだけでも光栄なことだろうに、
     写真まで撮れちゃったなんて……WOW +2 カナダ



■ サムライは900年ものあいだ国を守り、そして姿を消していった。
  誇りと尊厳を持って彼らは戦ってたんだ。
   Sukoshi sonkei suru. アメリカ

海外「映画より面白い」 ラストサムライの史実に外国人が興味津々




■ 日本人の正確性を表した1枚と言えるかもしれない。 +2 デンマーク




■ おいおい、あんなデカイ弓なんか初めて見たぞ! +1 アメリカ




■ 実戦向けのキュウドウだとあの大きさになるとか?? フィリピン




■ あんな細い体じゃ、威力はあんまなかったんじゃないかな。 国籍不明




■ おそらく人類史上最恐の男たちだろう。 +6 国籍不明



   ■ ヨーロッパのナイトがサムライを圧倒するさ。
     ハリウッドはサムライの強さを誇張しすぎたんだよ。
     サムライを侮辱してるわけじゃない。
     単純に冶金の技術の差を言ってるんだ。
     しかも彼らは通常馬上から弓を使って戦ってたわけで、
     剣での戦いはしてなかったんだよ。 国籍不明



      ■ 日本の刀鍛冶の技術は欧州とは比較にならないぞ。
        歴史だって日本の方が長いんだ。
        ハリウッドが過小評価してるって言うならまだしも、
        過大評価してるなんてことはありえないね。
        どこから得た情報なのかは分からないけど、
        そろそろアップグレードした方がいいぞ。 +4 カナダ

  「日本刀に負けるはずがない」 日本刀 VS 西洋刀 【検証動画】 



■ サムライは俺と同じくらい痩せてたのか〜。
  よし、ありのままの俺でいいってことだな😎 ドイツ




■ オーマイゴッド。この光景はあまりにも美しい。 +10 フランス




■ あの人達の姿を見て、「規律」って言葉を想起した。 ホンジュラス




■ 左側の人が履いてるサンダルは何なんだろう? カナダ



   ■ ゲタって呼ばれてるものだね。
     あれは日本の伝統的な靴なんだよ。 +4 アメリカ



■ 私がまだ子供だったころにお父さんがゲタを持ってて、
  それを借りて遊び回ってたのを覚えてる。
  どうしてああいう特殊な形になってるんだろうね。 アメリカ




■ こういう時代に突然アメリカが開国を迫ってきたわけだ……。 イギリス

海外「日本史面白い!」 鉄砲伝来から開国までの流れに外国人感激




■ 日本の文化は特殊すぎる。
  とにかく献身、献身、献身だよね……。 アメリカ




■ 素晴らしい写真ではある。
  だけどサムライに畏敬の念を持ちすぎるのはもうやめよう。
  サムライにまつわる話には架空のモノも多いんだ。
  もちろんサムライという戦士たちは実際に存在したし、
  中にはとてつもない人だっていただろうけど。 アメリカ




■ 写真を見た私の第一印象は「美しい」だった。
  私もそのうち弓の技術を習ってみたい。 +9 ロシア




■ 日本の歴史は魅力が詰まりすぎだと思うんです。 +3 アメリカ




■ 今でもこの伝統が残ってるわけだからなぁ。
  日本を好きになるなっていう方が無理だよ。 バングラデシュ






関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2016/11/27 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(370)
Powered By 画RSS
  1. アーチェリーはアームズ、和弓はウエポン、そこんトコよろしく♪
    [ 2016/11/27 23:03 ] [ 編集 ]
  2. 細マッチョなんだぜ
    侍はガチムチなイメージあるけど
    [ 2016/11/27 23:04 ] [ 編集 ]
  3. ま、勉強不足の外人じゃその程度の想像が関の山だろう。
    侍の無能ぶりは、幕末期のお抱え外国人らが大いに嘆いている。記録を読めば侍がいかに無能だったかがわかるよ。
    残念だったね。
    [ 2016/11/27 23:04 ] [ 編集 ]
  4. この頃の写真って、まだじーっとしてなきゃいけない時代だっけ。だとしたら、微動だにせず待ってるわけで大変だなと思ったw
    [ 2016/11/27 23:06 ] [ 編集 ]
  5. ひょろいけどなんかスゲー怖そう
    [ 2016/11/27 23:07 ] [ 編集 ]
  6. やだ…私より体重軽そう。50キロ無さそうよね。

    この細さで甲冑を着て、尚且つ馬に乗っていたとか、昔の人の体力ってどうなってたんだろ。
    [ 2016/11/27 23:07 ] [ 編集 ]
  7. 肉を食わないから痩せて見えるよね
    [ 2016/11/27 23:07 ] [ 編集 ]
  8. 和弓の射程距離は最大四町、約430メートル。
    戦国時代に種子島が珍重されたのは使い方さえ覚えてしまえば誰でも使えたから。
    射程距離だと種子島は和弓に劣ったとの事。
    [ 2016/11/27 23:08 ] [ 編集 ]
  9. 和弓の形って青銅器の時代から変わってないのかな?
    [ 2016/11/27 23:10 ] [ 編集 ]
  10. ■ 日本人がつける名前ってやたらカッコいいんだよなぁ。
      「キュウドウ」の響きと「アーチェリー」の響きを比べると、
      やっぱ「アーチェリー」はダサいわ。 +5 イギリス

    隣の芝は青く見えるってやつだなw
    でも戦前・戦中の航空母艦他軍艦や航空機の名前は異常にカッコイイ
    それと軍艦種艦首の菊紋も
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  11. 見慣れてるから大きいとは思わないけど、外国人からしたら驚きの大きさなんだな、和弓って。
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  12. ※9
    上下が対称じゃない特殊な形に進化してるからな
    どの段階でかわったから知らんが
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  13. 厳しい鍛錬をしても、主たんぱく源が魚と大豆で、量も腹八分目だとこのぐらいにしか成長できなかったんだな。
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  14. すばらしく美しい体型だなあ
    惚れ惚れしちゃうわ
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  15. 確かに貫禄や凄みがあるな。
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  16. ヒョロガリチビやん
    ワンパンでKOやわ
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  17. ■ あんな弓で攻撃されたら一たまりもなさそう。
      俺もサムライみたいな髪型にしてみたいな、へへ。 アメリカ

    してみたい?俺なんて自然と侍の頭と同じようになってきたぞ?
    羨ましいだろ。リアップ ×5なんて敵じゃねえわ。
    [ 2016/11/27 23:14 ] [ 編集 ]
  18. >あんな細い体じゃ、威力はあんまなかったんじゃないかな。

    相撲取りを見て太ってて全然強くないって言ってるのと同じ感じ。
    [ 2016/11/27 23:16 ] [ 編集 ]
  19. 北の侍「サンキューガッツ」
    [ 2016/11/27 23:17 ] [ 編集 ]
  20. 外人の※読んでたらなんか、サムライを特殊な訓練を受けたソルジャーかコマンドか何かと勘違いしてないか?
    そいや、「サムライはウリナラのサウラビ(戦う者)が起源ニダ」みたいのも有ったっけ。

    サムライって「仕える者」って意味でしょ?現代で言うと公務員が一番近いんじゃないのか?

    なんか皆ヘンな幻想持ってないか?
    [ 2016/11/27 23:18 ] [ 編集 ]
  21. 侍と騎士の戦い見てみたいな
    集団戦いなら侍に勝ち目無さそうだけど1対1ならいい勝負しそう
    [ 2016/11/27 23:19 ] [ 編集 ]
  22. スコシソンケイシマス、に笑った。


    少しかよ!
    [ 2016/11/27 23:19 ] [ 編集 ]
  23. 安定の『国籍不明』w
    [ 2016/11/27 23:20 ] [ 編集 ]
  24. 輸出用の写真かな?
    1860ってことはないでしょ。
    [ 2016/11/27 23:21 ] [ 編集 ]
  25. 思想や立場の対立こそあれ、幕末から明治維新にかけていかに日本を守るかに命を懸けた侍が少なからずいたことには畏敬の念を覚える。
    [ 2016/11/27 23:21 ] [ 編集 ]
  26. ヒョロいって言ってんのは胴体見てのことだろうけど、二の腕の筋肉とかけっこう凄い
    [ 2016/11/27 23:21 ] [ 編集 ]
  27. 痩せ型の怖いオッサン3人衆にしか見えないんだけど、海外から見たらクールなの?
    なにげに着物の柄が凝っていると思う。
    [ 2016/11/27 23:21 ] [ 編集 ]
  28. 痩せてるんじゃなくて細マッチョなんだよ
    [ 2016/11/27 23:23 ] [ 編集 ]
  29. 粘りとか弾力の強い材質が無かったから大きさでカバーしてるんだけどね。
    [ 2016/11/27 23:23 ] [ 編集 ]
  30. ■ こういう時代に突然アメリカが開国を迫ってきたわけだ……。 イギリス

    おたくはすかさずそれにちゃっかり便乗しましたがなw

    足袋と一枚歯の下駄の浸透はこれからかの?
    泥除けと鍛錬を兼ねる優れた日本の発明品
    [ 2016/11/27 23:24 ] [ 編集 ]
  31. 腕の筋肉とか必要な所だけしっかり筋肉がついてるよね
    いわゆるマッチョな筋肉とかは実生活では必要ないんだな
    [ 2016/11/27 23:28 ] [ 編集 ]
  32. 近代以降の最新素材と技術を
    駆使したアーチェリーには及ばないが
    中世までの世界中の弓の中では和弓が
    貫通力と命中精度が世界一。
    [ 2016/11/27 23:30 ] [ 編集 ]
  33. 左側のおっちゃんは、俺がよく行く釣り堀で達人扱いされてるおっちゃんに似ている。
    他人の釣りを眺めているだけで実際釣りやってるところはほとんど見ないがw
    [ 2016/11/27 23:31 ] [ 編集 ]

  34. ナイトと戦ったらってw

    まあ運用次第だよ。
    集めて圧殺出来るなら勝てるだろうけど…
    弓騎兵相手にナイトの戦術って相性悪くなかったっけか。
    ワールシュタットかどこかで蒙古騎兵にボロクソにやられたと学んだけどなあ。
    [ 2016/11/27 23:31 ] [ 編集 ]
  35. この写真から「献身」という単語が浮かんでくる意味がわからないな。
    言いたいだけちゃうんかと。
    [ 2016/11/27 23:32 ] [ 編集 ]
  36. 真ん中の人は中村健剛の祖先。
    [ 2016/11/27 23:33 ] [ 編集 ]
  37. 右側の人はそのまんま東の祖先。
    [ 2016/11/27 23:33 ] [ 編集 ]
  38. 左側の人は青木崇高の祖先。
    [ 2016/11/27 23:35 ] [ 編集 ]
  39. >俺もサムライみたいな髪型にしてみたいな、へへ

    マジ?
    つか、マジで!?
    [ 2016/11/27 23:39 ] [ 編集 ]
  40. うーん、デジタル加工で色つけられると時代劇のワンシーンにしか見えん

    資料としては色がつくのは画期的だとは思うけど、風情という意味ではモノクロのままの方が個人的にはいいと思ふ
    [ 2016/11/27 23:40 ] [ 編集 ]
  41. ※16
    マサイ族の人達とかもガリガリだけど、力強いし持久力もあるよ。
    これはマラソン選手の体つきに近い。不必要な筋肉を持たず、故に不要な筋肉を維持する為の不要な脂肪も無い。見えない部分に筋肉が付いている。
    戦前、戦中の人達は、小柄で痩せていたけど恐ろしくしぶとかった。
    分かりやすくマッチョじゃないからって甘く見ない方が良い。絶対にワンパンじゃ倒れないから。


    ※20
    ワラキアのヴラド三世に対して、世界中の人達が幻想を抱いているのと同じ。
    [ 2016/11/27 23:41 ] [ 編集 ]
  42. 細マッチョっつーけど筋肉全然無くねーか?
    [ 2016/11/27 23:41 ] [ 編集 ]
  43. これたぶん侍じゃなくて
    撮影用にそれっぽい恰好させてポーズ取らせてる
    モデルの町人だぞ
    よく解らない侍の写真は大体それ。
    [ 2016/11/27 23:42 ] [ 編集 ]
  44. 昔の人ってガリヒョロチビに見えても、平気で俵一俵60㎏をひょいと担ぎ上げてスタコラ歩く。
    凄い人だと両肩に一俵ずつ担いで歩いたそうだから侮れんぜ。
    [ 2016/11/27 23:42 ] [ 編集 ]
  45. *6
     俵2俵(1俵60kg)を担いで1町(1.6km)は歩くくらいの体力だね。

     明治大正生まれの女性でも60kgくらいかついで1町歩いたりしてるから現代人の感覚で測れません。市場までの距離によって、もっと長い距離を荷物を減らしている場合もありますけどね
    [ 2016/11/27 23:43 ] [ 編集 ]
  46. 禿げててもバレない
    ハゲに優しい時代だった
    [ 2016/11/27 23:43 ] [ 編集 ]
  47. いわゆる大弓だよね。
    非力だからこそあの大きさなんだけど、何故外国にはその話が伝わらないのだろうか
    [ 2016/11/27 23:44 ] [ 編集 ]
  48. ※46
    ひげが濃い人と薄い人の見分けがつく理由をよく考えてみよう
    [ 2016/11/27 23:45 ] [ 編集 ]
  49. 矢って何で出来ているの?木?金属?
    金属だと重くて飛ばないよね?木は飛ぶけど、鎧に突き刺さるほどの威力は無いよね?どうなの?
    [ 2016/11/27 23:46 ] [ 編集 ]
  50. ※8
    当時の種子島は、ライフリングが切ってないはずだから、命中精度はかなり落ちるわな。
    100m離れたら、まず当たらないんだろうな。
    [ 2016/11/27 23:46 ] [ 編集 ]
  51. 命と家名を賭して仕えている職務なんだから
    格好良いし真剣に決まっている。
    夢なんかじゃなくて、侍は本当に皆が立派だよ、外人君。
    [ 2016/11/27 23:47 ] [ 編集 ]
  52. ■ あんな細い体じゃ、威力はあんまなかったんじゃないかな。 国籍不明

    女性が引くような12~13kg程度の弱い弓でも上手な人が射ると人間の頭蓋骨を貫通する程度の威力だよ
    [ 2016/11/27 23:48 ] [ 編集 ]
  53. デジタル技術で着色されると迫力あるな。ピントの合い方が絶妙で、今の写真にはないような臨場感がある。ところで、奥の方に見える高いフェンスのような構造物は、何の目的で作られたものなんだろうな?
    [ 2016/11/27 23:56 ] [ 編集 ]
  54. もしかして和弓って平安時代にだいたい完成するいわゆる日本刀よりも古い日本独特の武器じゃないかな
    [ 2016/11/27 23:58 ] [ 編集 ]
  55. >おいおい、あんなデカイ弓なんか初めて見たぞ! +1 アメリカ

    和弓の長さは現在もそうそう変わっていないはず。
    変わってるのは日本人の体格の方で、右の二人はせいぜい160cm前後じゃないかな。
    [ 2016/11/28 00:03 ] [ 編集 ]
  56. 昔の人は食事的にも持久力が半端ない
    [ 2016/11/28 00:08 ] [ 編集 ]
  57. 戦国期は普通に薬とか適当言って肉食ってた
    江戸時代も藩によっては割と隠れて肉食ってた。でないと開国後すぐに牛鍋屋があんな繁盛しない
    肉食してないってのは結構なステレオタイプなので改めるように
    [ 2016/11/28 00:09 ] [ 編集 ]
  58. 「最強」って言葉には男の子を狂わせる悪魔的な魅力があるから、傍から見たらおかしな議論が繰り広げられるのよね
    ホント男って馬鹿よね。かくいう自分も男でしてね・・・
    [ 2016/11/28 00:14 ] [ 編集 ]
  59. 過大評価しすぎてて笑った
    和弓との比較で分かるがどうよく見ても150そこそこしかない
    真ん中は140代でもおかしくない
    現代の体格のいい欧米人を相手にしたら全く歯が立たない
    当時の欧米人相手でも無理だ

    [ 2016/11/28 00:14 ] [ 編集 ]
  60. 弓曳藩士・・・よし、ひとつ絡繰り人形にせやう。この時、田中久重は思った。
    [ 2016/11/28 00:18 ] [ 編集 ]
  61. >あんな細い体じゃ、威力はあんまなかったんじゃないかな。

    外国人って、やたら身長とか体の大きさで日本人をバカにするけどさ。
    バターン死の行進で42kmを3日もかかって歩いたアメリカ人捕虜。
    本当は、1日半程度で付くはずだったのに、3日もかかり想定外。
    それ故に用意していた食料では足りず、またひ弱であったが為に死亡した。
    逆に、一緒にいた日本兵なんて、20kgの荷物を運んで歩いていると言うのにね。
    現代では、3時間弱で走るマラソンと同じ距離。
    明らかに、外国人の方が図体がただデカイだけで弱いだろ!
    [ 2016/11/28 00:21 ] [ 編集 ]
  62. いやいや、あの人達って東京から大阪くらいまでの距離を3日とかで駆け抜けていたんでしょ?
    特急の飛脚とかなんとか・・しかも白米と梅干しだけで。有り得ないって思うけど、マジなんだよなぁ・・
    見かけ倒しの現代マッチョと、あの時代のガリガリ日本人は比べられないと思うぞ。多分体脂肪率1%とかの体力鬼だから。
    [ 2016/11/28 00:22 ] [ 編集 ]
  63. この時代の撮影だと、このポーズでしばらく止まってたのかな
    [ 2016/11/28 00:22 ] [ 編集 ]
  64. 日本好き外国人は今期のアニメ、ドリフターズで侍を盛大に美化?過剰に神聖視してそうww(冗談だけど)
    あれは、島津だけだからね?
    あの鋼の精神と身体は豊久だけだからね?
    [ 2016/11/28 00:25 ] [ 編集 ]
  65. ※62
    走るのと格闘とは別問題やろ
    よく走れる人間が強いなら長距離ランナーが最強になっちまうw
    [ 2016/11/28 00:27 ] [ 編集 ]
  66. この3人もカップヌードルのCMに出てたんだろうな。
    [ 2016/11/28 00:29 ] [ 編集 ]
  67. 名無しさん
    イギリスの船に乗り込んで無双してるんだけどね
    体は小さくても武器を持ったらかなり強いよ
    [ 2016/11/28 00:36 ] [ 編集 ]
  68. 真田丸の時代でも既に主力は鉄砲なんだよな。

    弓道は戦いの為と言うより精神修養
    [ 2016/11/28 00:37 ] [ 編集 ]
  69. ちくびw
    [ 2016/11/28 00:40 ] [ 編集 ]
  70. ※49
    世の中には鏃(矢尻)ってのがあってだな・・・
    棒の部分は一般的に竹。西洋は木製。
    鏃は様々な用途によって使い分けてた。
    板金に対しては大きく重めの鏃。鎖帷子には細い鏃など
    [ 2016/11/28 00:40 ] [ 編集 ]
  71. 和弓も最初は小さかったって。鎧の発達とともに強力化するためにどんどん大きくなったと聞いたことがあるよ。
    [ 2016/11/28 00:44 ] [ 編集 ]
  72. 今の基準でいうと、こんな体格で力なさそうに見えるけど、ドイツ人医師がこのころの日本人の体力を測定をしてるんだよね。
    他にも日本人の体力に外国人がびっくりしてるんだよね。
    //blog.goo.ne.jp/agrico1/e/a78f444ea539d44ee6c624d6ea939bcc
    [ 2016/11/28 00:45 ] [ 編集 ]
  73. ※20
    平和な江戸時代でも武士の子が習わされるのは剣術道場、馬術、水泳、学問が最低限の必須事項
    あと俗に言う武芸十八般、各藩で他に何を重視するかは違っていたりする
    [ 2016/11/28 00:49 ] [ 編集 ]
  74. >日本じゃ靴下を履いてサンダルを履くのは普通だったの?

    言われてみれば…今まで考えたことも無かった視点だわ
    現代でも姉が靴下を履いてサンダルを履いてるときがあるな
    [ 2016/11/28 00:52 ] [ 編集 ]
  75. アマゾンのインディオも長い弓使うよね。TVクルーが弓をひかせて
    もらってるところを見たことがあるが、ものすごく強い弓で10センチも
    ひけてなかった。それを現地人はあの小柄な細い線の体でやすやすと引く。
    たぶん、日本の武士なども同じ感じだったのでしょうね。
    [ 2016/11/28 00:53 ] [ 編集 ]
  76. 俺と同じぐらい細いな
    ちゃんとメシ食えてなかったんだな
    [ 2016/11/28 00:55 ] [ 編集 ]
  77. 時代的に弓胎弓かな?飛距離は400m以上らしいね
    [ 2016/11/28 01:01 ] [ 編集 ]
  78. いまじゃ高校の部活でもやってるもんな。こうやって教育の一環で残ってるのは偉いと思うわ
    [ 2016/11/28 01:04 ] [ 編集 ]
  79. その小さいヒョロイ身体の日本人が日露戦争や太平洋戦争での白兵戦時で異常に強かったから面白い
    [ 2016/11/28 01:04 ] [ 編集 ]
  80. ここのタイトルがどんどん馬鹿っぽくなってきているよな。
    あじあにゅーす2ちゃんねる程ではないが、
    見ているのも屑ばかりだし。
    [ 2016/11/28 01:06 ] [ 編集 ]
  81. 画像が鮮明だし、動きのある場面だからコロジオンかな?
    先に広まってたダゲレオの初期型だと快晴でも10分は露光しないとならないから、撮影時間が長いという印象はあれのせい。もちろん、こんな写真は撮れない。
    ただ、改良された後期型ならコロジオン同様の最長15秒程度だし、天気が良けりゃ5秒足らずなので可能だ。
    [ 2016/11/28 01:08 ] [ 編集 ]
  82. 侍は気合いでは負けないけど、パワーは確実にナイトの方が強かっただろうな。

    日本刀は鍛造だからな、海外の鋳造の武器とは強度が違う。
    [ 2016/11/28 01:15 ] [ 編集 ]
  83. 弓がデカいんじゃなく侍が小さいのだ、ということは内緒
    [ 2016/11/28 01:23 ] [ 編集 ]
  84. これってさ、当時の露光時間考えたらとんでもないマネキンチャレンジじゃね?w
    [ 2016/11/28 01:35 ] [ 編集 ]
  85. ※80
    それだけ嘆いておいてなんでお前の文章はそんなにバカっぽいんだ?
    所詮は同族嫌悪か…。全く哀れな奴だ
    [ 2016/11/28 01:38 ] [ 編集 ]
  86. カッコイイとは個人的には思わないけど外国の侍ファンにとってはたまらんのだろう。
    それよりクロサワ映画を超える時代劇がいまだに出て来ないのが悲しい。
    [ 2016/11/28 01:55 ] [ 編集 ]
  87. 細マッチョでは無いな。ガリガリだ。
    幕末は武より文を重視してたから、文系の武士なんだろうw

    それから、和弓はコツをつかめばヒョロガリでも出来る。
    ゆるい女子用の弓でもそれなりの距離とぶしな。
    [ 2016/11/28 01:55 ] [ 編集 ]
  88. これサムライじゃなく、撮影用に借り出されたどっかのおっさんでしょ?
    弓の構えが素人くさいし、ガリガリなのに感度の低い銀版写真の撮影に耐えるほど静止したままで居られたはずが無い。
    つか全然力が入ってない。
    [ 2016/11/28 02:05 ] [ 編集 ]
  89. >>3

    ま、勉強不足のお前程度なら、虚報・偽報を真実だと思うわな。
    事実、真実を認めると発狂するもんな?お前らみたいなグズ共はよ(笑)

    [ 2016/11/28 02:06 ] [ 編集 ]
  90. そんなに海外は文化が残ってないの?
    [ 2016/11/28 02:06 ] [ 編集 ]
  91. 白黒写真をカラーにすると、すごく細かいところまではっきり見えるね
    当時のカラー写真だと逆にぼんやりしてしまう輪郭とか模様もクッキリ
    白黒って、保存に適してるんだな
    [ 2016/11/28 02:12 ] [ 編集 ]
  92. >>なお、絶対にあの人たちとだけは揉めたくない。 アメリカ

    黒船が大砲をぶっ放さなければ、アメリカより日本のほうが強かったとは言えそうだな
    [ 2016/11/28 02:12 ] [ 編集 ]
  93. 張力80kgとも90kgともいわれるイングランドのロングボウとどっちがつおい?
    [ 2016/11/28 02:17 ] [ 編集 ]
  94. ※6
    この当時の武士は甲冑着たことなんかほとんどねえよ
    一生着ずに終わるのがほとんど
    [ 2016/11/28 02:18 ] [ 編集 ]
  95. この人たちは侍じゃないと思うぞ。当時のカメラじゃ、ポーズをとって1分ぐらいは静止してないといけない。お土産物の写真のためにそれをやってくれと言って、侍が3人も応じてくれるだろうか。たぶん侍に扮してるだけ。
    [ 2016/11/28 02:26 ] [ 編集 ]
  96. カッコいいか?なんかみすぼらしい
    [ 2016/11/28 02:29 ] [ 編集 ]
  97. いやいや、月代を剃ろうが秀吉は信長からハゲ鼠と呼ばれていた模様。
    皆で剃ってもハゲの艶は隠せない。
    ハゲ散らかさないので清潔感はあるだろうが決してハゲに優しくない。
    [ 2016/11/28 02:38 ] [ 編集 ]
  98. 聖書に書かれたこれから起こることの預言です。
    ①ある日、多くの人々が世界中から、突然姿を消す、携挙という現象が起こります。
    ②世界的独裁者が現れます
    ③平和が無くなり、人々が殺し合う様になります(秩序の崩壊と至る所で起きる内戦)
    ④極端な物価上昇が起きます(金融崩壊)
    ⑤戦争(ロシアが引きおこす世界的な戦争)、飢饉、疫病(パンデミック)、独裁者(による大規模な粛清)などによって、人類の4分の1が死ぬ事態になります
    ⑥地上に残されたクリスチャンへの大迫害が起こります
    ⑦ポールシフトと見られる大きな天変地異が起きます
    ⑧神の印を持つ人々によって世界的な宣教が始まり、
    大きなリバイバルが起こり、大勢の殉教者が出ます。
    ⑨独裁者がイスラエルと和平条約を結びます(これが7年間の大艱難時代のスタートとなります)
    ⑩7年間の大艱難時代(黙示録8章~18章参照)
    ⑪キリストの地上再臨と至福の千年王国。
    (黙示録より)


    一人でも多くの方が、今、この恵みの時代にイエス様への信仰をお持ちになることが出来ます様に。
    イエス様を信じた方々は①の携挙に預かる事が許されます。


    [ 2016/11/28 02:38 ] [ 編集 ]
  99. >それにしても日本の弓は他の国の物とは全然違うね。

    射程、扱いやすさ、携帯性、などが蒙古弓やアーチェリーボウ等に比べて著しく低いんじゃなかったっけ。

    なんつーか、重い矢(のせいで射程が低下)を射る為に、弓を大きくし(これで携帯性が低下)、しかし上下のバランスを整えると大きさに限界が出来てしまうので上下非対称なアンバランスな形になり(これで扱いやすさが低下)、素人お断りな弓ができてしまい、射程の低さを補う為に、敵に近づいてヒットアンドアウェイで去っていく騎射形式が基本になったって印象。

    ただ、そこまでしてアレコレ犠牲にして重い矢を使って威力を高めたおかげで、上手に使えば甲冑を貫通できる。
    昔のエピソードで、とある武士が瀬戸物の皿を射って粉々に砕き、別の武士がそれを見て「貴殿の腕前では甲冑を貫けない。見ておれ」と言って射ると、皿に命中したにも関わらず割れなかったとか。威力が一点に集中した為の現象、だったそうな。
    [ 2016/11/28 02:50 ] [ 編集 ]
  100. >日本じゃ靴下を履いてサンダルを履くのは普通だったの?

    靴が一般的でない時代に用途としての 「靴下」 のネーミングはないよなーw

    翻訳前のsocks(ソックス)だとなんともないけど、日本語独特の面白さなんだろうね!
    [ 2016/11/28 02:55 ] [ 編集 ]
  101. 江戸時代末期だと、旗本八万騎とか名前だけになってたんじゃなかった?
    下駄を履いて弓を引くとか、どうなんだ
    [ 2016/11/28 02:55 ] [ 編集 ]
  102. 食い物がよくなかったからな。
    肉食は不浄なものとしておおっぴらにはしなかったし
    米がメイン、野菜と魚。
    体格はあんなもんだったろうね、撮影用のおっさんにしても、本当の侍にしても。
    時代劇やマンガとは違うリアルな姿。
    [ 2016/11/28 02:59 ] [ 編集 ]
  103. >弓騎兵相手にナイトの戦術って相性悪くなかったっけか。
    >ワールシュタットかどこかで蒙古騎兵にボロクソにやられたと学んだけどなあ

    フサリア「なんてドジなんだ俺は。
    スブタイの足を止めることさえできやしない。
    スレッガーさん、早い!、早いよ!」

    チュートン騎士「バトゥの軍は小さくて速い。
    この大型ジェガンタイプじゃ無理だ!」

    こんな感じですね?わかります。
    [ 2016/11/28 03:05 ] [ 編集 ]
  104. 写真が残ってるのはほとんど侍終わり時代だしなぁ
    侍の全盛期は江戸時代以前だろ
    [ 2016/11/28 03:22 ] [ 編集 ]
  105. ※20
    侍が特殊な訓練をしていないみたいに書いているけど
    武術でも学問でも武士しか学べないものも多いから
    他の身分や女性とは違う特殊な訓練を受けたと十分言えるけどな。

    そもそも時代も性質も違うものを単純化し類似点だけ抽出して判断するなんて愚か。
    [ 2016/11/28 03:27 ] [ 編集 ]
  106. 現代の鍛えてる高校生の方が力は強そう
    [ 2016/11/28 03:35 ] [ 編集 ]
  107. 江戸時代は政治腐敗と度重なる災害で食糧事情が悪かったから
    日本人の体格も良くなかったらしい

    宣教師によると戦国時代は日本人もヨーロッパ人とさほど体格変わらなかったとか
    [ 2016/11/28 03:36 ] [ 編集 ]
  108. ※102
    いつの時代のことをいっているのか知らないけど
    写真が撮られた頃は肉は普通に看板だして店を構えていた位普及していた。

    仏教的な忌避感とは別の理由で好まれない動物はあったけど。
    [ 2016/11/28 03:37 ] [ 編集 ]
  109. 侍の元は太政官の六位ぐらいの武官で、朝廷に『侍る』馬術、弓術、剣術(太刀)、体術ときどき和歌のエリートです。
    とはいえ藤原氏や貴族化した平氏の中の平家のように、公家なのか武家なのかよくわからないのもいます。

    武士の元はおそらく『伏』につけられた当て字でしょう。
    山伏や野伏など得体の知れない民間武装集団がそう呼ばれていたようで、平安時代後期頃から荘園を分捕り、地方勢力として台頭してきます。
    そののち侍と武士は同義のようになっていき、実際に都落ちして地方で力を持ったり、地方で力を持って中央に進出したり、さらに曖昧になっていきます。あくまで説。
    [ 2016/11/28 03:45 ] [ 編集 ]
  110. ※29
    >粘りとか弾力の強い材質が無かったから大きさでカバーしてるんだけどね。

    ぉぃぉぃ…あの時代、世界中どこを探しても竹以上に弓に最適の素材なんかねえぞ。軽くて丈夫で弾力があって。部分的に木材も使うが。同じ威力で小さく作ったら引くのに余計に力がいるから日本人向けじゃなかったってだけだ。あと和弓には短弓(半弓)だってある。飛距離は落ちるが。

    それと気候的な問題で合成弓に十分な耐久性を持たせられないってのもある。湿気がな…
    [ 2016/11/28 04:05 ] [ 編集 ]
  111. キレ味と見た目を追及した結果実用性を失った日本刀と同じく
    和弓も飛距離と威力を追及した結果実用性はなかったんだよなあ
    職人による暴走が多い日本の武器の悪いクセ
    [ 2016/11/28 04:21 ] [ 編集 ]
  112. なぜか日本では弩弓が流行らなかったんだよね。出土はしていた筈だから、あったことはあったようだが。
    キリスト教でもボウガンは悪魔の武器とされ禁忌とされた模様。悪魔の魚とか、悪魔の食べ物(餅のこと)とか、悪魔好きなんじゃないのかという突っ込みは置いといて、和弓やロングボウ文化圏、すなわち武士や騎士のような精神性を貴ぶ戦士のいる国では、クロスボウ系は流行らなかったようだ。
    信長クラスのリアリストになれば、熟練せずとも扱いやすいし、なんの躊躇もなく使うだろうけどね。鉄砲のように。
    [ 2016/11/28 04:26 ] [ 編集 ]
  113. 単品のスペックが高いに越したことはないが、最終的には運用だろうね。
    敵の矢が当たらない所から、敵に一斉射した方が強い。

    ジッコのビーム攪乱幕でビーム兵器を無効化すれば、実弾兵器を装備せず出撃したガンダムはザク数機で袋叩きにできます。
    偉い人にはそれがわからんのです。
    [ 2016/11/28 04:44 ] [ 編集 ]
  114. #86
    もう日本人に時代劇は撮れないと思う。
    こないだのNHKの横溝正史ドラマを見て確信した。
    NHKでさえ、もう戦後すら描けないんだから。
    80年代を境に、もう本当に江戸時代は遠くなった。
    [ 2016/11/28 04:50 ] [ 編集 ]
  115. 既出だが射流し競技というのがあってその基準が
    四町(432m)、ただ飛ばすだけならこれぐらい
    通し矢という競技では120mぐらいの廊下をほぼ真っ直ぐに飛ばす
    近距離での貫通力はフライパンを射貫くくらいある
    [ 2016/11/28 04:51 ] [ 編集 ]
  116. > たぶん矢を200メートル近く簡単に飛ばせたはず! +8 エジプト

    > それは難しいでしょ。
    > ライフルを使っても300メートル近く離れた相手は狙えない。
    > 手作りの弓なら言うまでもなく無理だよ。 +2 アメリカ

    戦国時代の重籐弓だと飛ばすだけなら400メートル届くんだよ。
    ただ、仰せの通りライフル銃同様に、殺傷力と命中度が減衰するだけ。
    見事命中した場合、生身の相手になら80メートルぐらいが射抜く限界だったそうだ。
    それに甲冑着ている相手でも30メートルまでならしっかり射抜くよ。
    ちなみに火縄銃だと、それぞれ200メートル、50メートルってところだね。
    ま、どちらも命中すればだけれどね。
    [ 2016/11/28 04:55 ] [ 編集 ]
  117. 遠距離から敵をじわりじわり削るには戦国時代でも弓は有用だからな。
    俺が大名なら湿度の高い日本で火縄や大筒を過信するのは避ける。
    [ 2016/11/28 04:59 ] [ 編集 ]
  118. これだけ歴史が長いのに江戸時代ばかりやっていればそりゃあ廃れるわな<時代劇
    [ 2016/11/28 05:09 ] [ 編集 ]
  119. ※112
    信長クラスのリアリストでさえ使わなかったんだから、
    少なくとも当時には、実戦配備できない致命的な欠陥があったんだろうな。
    技術的な理由か兵站的な理由かは知らないが。
    [ 2016/11/28 05:12 ] [ 編集 ]
  120. ※111
    >キレ味と見た目を追及した結果実用性を失った日本刀

    江戸自体の天下泰平では「実用性」自体に実用性が無かったんだよ。
    「凄えキレるぜ」「ちょうカッコイイぜ」こそが、もっとも有用な時代だったんだよ。
    [ 2016/11/28 05:16 ] [ 編集 ]
  121. ※119
    一説だが少なくとも古代では日本製に定評あるくらい使われていたようだ。
    兵力大量投入の戦国時代後期のようなクロスボウのニーズがありそうな時代でも普及しなかった理由は諸説あるが、個人的に思うのはすでに鉄砲の時代になっていたからではないだろうか。
    クロスボウの製造工場を乱立させるぐらいなら、豪雨でも使える鉄砲の開発に意気込んでしまうのが鍛冶職人つーか日本人の性とでもいうか(笑)
    [ 2016/11/28 05:29 ] [ 編集 ]
  122. >サムライにまつわる話には架空のモノも多いんだ。

    どんなのが出回ってるんだろう?
    アーサー王とエクスカリバーみたいなものかな
    [ 2016/11/28 05:43 ] [ 編集 ]
  123. ※122
    正義の味方みたいな創作が多いからじゃね?例えば以下転載だが、

    上杉謙信:関東略奪、大規模な人身売買、家臣の謀殺
    毛利元就:過酷な税取立てを行い嫡子隆元から諫言を受ける。
    里見義尭:三浦半島を襲い繰り返し略奪
    佐竹義宣:豪族を謀殺、家臣団の大量粛清
    本願寺顕如:一揆の扇動、地方の講に対する圧迫、紀伊豪族への脅迫
    長曾我部元親:久武親直に命じて親族・功臣を多数粛清
    山内一豊:長曾我部旧臣を冷遇。弟康豊は締め付けを強化
    前田利家:家臣を見殺しにしようとした経歴がある
    宇喜多直家:若い頃は略奪三昧。成長してからは敵味方を謀殺
    島津家:代々圧制を敷く。人身売買を行う。
    大友宗麟:家臣を謀殺、寺社への迫害
    大村純忠:人身売買、寺社への迫害
    豊臣秀長:寺社を圧迫、豪族の粛清、鳥取城の干殺しなどの実行者
    徳川家康:大久保忠隣らを処罰、農民の賦役を増やす
    蠣崎家:アイヌの首長を講和の席で度々謀殺、迫害
    それぞれ事情と理由がある。
    現代の基準で「残虐じゃない」大名は珍しい。
    [ 2016/11/28 05:58 ] [ 編集 ]
  124. 結構、小説を史実と混同してるようなとこあるよな、日本人も
    そのあたりを参考にして韓国は自分らの「正しい歴史」を作ってる最中なんだろう、ドラマや映画を通じて
    [ 2016/11/28 06:16 ] [ 編集 ]
  125. 文献ですら味方がageてる臭かったり、敵がsageてる臭かったりするのに、不埒な小説とか、やりたい放題だしな。だから面白いのだが。
    まぁ光が強ければ影もまた濃い。善悪で歴史で語れず、強弱で武器は語れない。
    射程、貫通力、速射性、必要資源、必要コスト、必要製造技術、必要熟練度などなど、レダーチャートで見るべきだな。
    [ 2016/11/28 06:31 ] [ 編集 ]
  126. 150年ってよく考えたらつい最近だよなあ。

    100年生きる人もいることを考えたら、
    人間の人生のたった1.5倍くらい前ってことだもん。
    [ 2016/11/28 06:43 ] [ 編集 ]
  127. ※123
    正直、その程度なのかと驚いた。
    それなら別に「正義の味方」として描かれててもおかしくない。
    [ 2016/11/28 06:52 ] [ 編集 ]
  128. ※46

     まげが結えなくなったら出仕がかなわず、家督を相続させたうえ隠居らしいよ。
    子供がいなきゃ養子探しに奔走。さもなくばお家断絶だ。髪は命。
    [ 2016/11/28 06:57 ] [ 編集 ]
  129. ※123
    あれ?弓の話なのに湧かないな。平和だw
    まあ連中の歴史認識は宝くじ並みの命中精度なので、時代劇というよりは剣と憎悪のファンタジー
    [ 2016/11/28 06:57 ] [ 編集 ]
  130. サムライって言っても戦国時代と幕末では全然違うんだろうな
    [ 2016/11/28 06:58 ] [ 編集 ]
  131. 坂本竜馬も乞食で試し斬りしろとか言ってなかったっけ?
    しかも人気が出たのは司馬小説以降。
    歴史など真実より、どうありたいか、どう勝つか学ぶほうが大切だと思うわ
    [ 2016/11/28 07:03 ] [ 編集 ]
  132. 幕末の日本人は平均身長が戦国期より小さかったらしいね。160cm超えで大男とか。
    電車で長い和弓を袋に入れて持ってる女子高生より、比率的には弓が大きく見える。
    [ 2016/11/28 07:04 ] [ 編集 ]
  133. 水戸黄門も乞食で試し斬りしていたようだね。今の価値観で見れば屑のやるホームレス暴行事件だわな。
    それが時代劇では正義の味方。印籠見せてふんぞり返るあたり、小者臭はするわけだが(笑)
    [ 2016/11/28 07:09 ] [ 編集 ]
  134. 意外と情にアツいのが信長だったりするから歴史はわからんね。
    ブチギレさせると第六天魔王と化し容赦ないが、信長のほうから裏切るの少なくね?
    [ 2016/11/28 07:24 ] [ 編集 ]
  135. 信長ほど信じられぬと嘆くよりも人を信じて傷付いた奴はいない
    [ 2016/11/28 07:28 ] [ 編集 ]
  136. これで強いとかw
    幻想もほどほどにしろ
    当時でも本当にガタイの良い人間は今の人間と変わらないくらいムキムキだぞ
    こんなヒョロヒョロは当時でも並レベルだ
    [ 2016/11/28 07:33 ] [ 編集 ]
  137. 「開国しってくださいよ~」
    [ 2016/11/28 07:42 ] [ 編集 ]
  138. まーた「国籍不明」がでてきて腐れ口www

    様式美ニダねえw
    [ 2016/11/28 07:43 ] [ 編集 ]
  139. 内職するような下級武士や旗本が体つくれるわけないしな。
    奪・即・糧だし、耕しゃ耕すだけ石高上がって台所潤う乱世の富裕層のがガタイ良さそうだな
    [ 2016/11/28 07:44 ] [ 編集 ]
  140. ※136
    まあそもそも明治初期に撮られた「観光用ポストカード」は
    その辺の農民かなにかモデルにつこてるしなw
    [ 2016/11/28 07:44 ] [ 編集 ]
  141. >しかも彼らは通常馬上から弓を使って戦ってたわけで、
    >     剣での戦いはしてなかったんだよ。 国籍不明

    何を言っている?。騎射していた大鎧の頃は、接近戦の主力は太刀だ。
    長物は歩兵や巴御前とか女将の武器だ。俺も見てきたわけじゃないから多分な。
    [ 2016/11/28 07:51 ] [ 編集 ]
  142. 見てみて、袴に畳んだ跡の折り目がついてるー
    畳んで仕舞ってるなんて考えるとなんか親近感湧いた笑 やっぱ日本人やね
    [ 2016/11/28 07:52 ] [ 編集 ]
  143. >>3
    そんな記録どこにも無いけどね(´・ω・`)

    劣等感で嘘ついて悲しいのぅ。
    [ 2016/11/28 07:55 ] [ 編集 ]
  144. ※119
    速射性に劣っていたという話は聞いた事があるな
    イギリス人がクロスボウ使うフランス人を批判して言った言葉だから、どこまで信憑性あるかはわからんがw
    [ 2016/11/28 07:56 ] [ 編集 ]
  145. ※128
    江戸も後期になると付け髷なんてあって出仕先に届けを出して着用すれば問題なく仕事は続けられたそうですよ。
    [ 2016/11/28 07:58 ] [ 編集 ]
  146. ※142
    黒澤だったら小道具さんが泣き出すまで叱り付けるレベルの失態やなwww
    [ 2016/11/28 07:59 ] [ 編集 ]
  147. 速射性でいえば火縄銃が実戦で使えるならクロスボウは全然いけるだろな。
    あれだ、「一列目放て!二列目構え!三列目つがえ!」ってやつ。
    [ 2016/11/28 08:06 ] [ 編集 ]
  148. この写真見た韓国人の反応はばかにしたものでひどかったけど
    他の外人の反応って全然違うなあと思った。
    [ 2016/11/28 08:21 ] [ 編集 ]
  149. 着物は知られていても足袋は知らないのか、靴下プラスサンダルの組み合わせは日本人から見ても変だけど…
    [ 2016/11/28 08:25 ] [ 編集 ]
  150. 人体力学的にいえば昔の人間が強いのは筋力のみに頼るものではないよ。
    俵を両肩に担いだり、籠担いで長距離走ったりできるのは、そもそも明治以降のドイツ式軍隊体育の原理と、前近代の東洋武術の力学原理が違うからなんだよね。
    飛脚のナンバ走法なんてまさにそれ。世界一ィィ!なドイツの科学と、呼吸法の仙道では戦い方が違うのです笑
    [ 2016/11/28 08:27 ] [ 編集 ]
  151. この写真から10年もしないうちに明治に突入するんだなあ
    日本が大きく転換する瞬間
    そう思うと胸にジーンとくるものがある
    [ 2016/11/28 08:33 ] [ 編集 ]
  152. ヨーロッパのナイトがサムライを圧倒するさ。
    ハリウッドはサムライの強さを誇張しすぎたんだよ。サムライを侮辱してるわけじゃない。単純に冶金の技術の差を言ってるんだ。しかも彼らは通常馬上から弓を使って戦ってたわけで、剣での戦いはしてなかったんだよ。

    "国籍不明"wwwww
    まーた国籍不明の知ったかさんか、冶金技術の差(ドャァ)プークスクスw
    [ 2016/11/28 08:35 ] [ 編集 ]
  153. ナイトはモンゴルにボコられ、サムライはモンゴルを追い返した。

    だが!

    ナイトが相手にしたのはモンゴルの中でも最精鋭部隊である欧州方面軍、
    サムライが相手にしたのは南宋や高麗の残党。相手が違う。

    ただし!

    海戦においてはモンゴルの本隊より南宋の残党のほうが遥かに強い。

    とはいえ!

    やはり同じ条件で戦わないとどちらが強いかはわからない。

    しかし!

    実際の戦は戦闘だけでなく、戦術や戦略で勝敗が決まるところが多い。

    つまり!

    ナイトとサムライどちらが強いかなど、スポーツの域を出ない模擬戦でしかない
    [ 2016/11/28 08:48 ] [ 編集 ]
  154. どう見てもチョンカスの国籍不明w
    どう見てもチョンカスの※も湧いてるなw
    [ 2016/11/28 09:19 ] [ 編集 ]
  155. 腕は太いのに胴はガリガリ
    食糧も限られてて鎧着て何十キロと移動しないといけないしで
    ほんとに必要最低限の筋肉しか無いんだろうな
    背筋とかすごそう
    [ 2016/11/28 09:22 ] [ 編集 ]
  156. 現在もアマゾンの奥地に住む土人が弓矢を放ってくることがあるから、場所によってはまだまだ弓矢に警戒しないといけない。
    [ 2016/11/28 09:27 ] [ 編集 ]
  157. ※152
    お前も知ったかぶりだな
    槍術は無視してるのか?わざとか?
    有名どころの武将にしても槍を得意としてる者が多いのにな
    ※153が言ってるが実際はやってみないと分からないが正解なんだよ
    西洋の騎士同様日本の武士も戦闘の達人なんだよ
    お前ごときが考え得るような問題は克服してるんだよ
    侮辱してないと言いつつ侮辱してるんだよお前は
    [ 2016/11/28 09:31 ] [ 編集 ]
  158. >サムライにまつわる話には架空のモノも多い
    何に対して言ってるんだろうなこの人
    [ 2016/11/28 09:38 ] [ 編集 ]
  159. ※157さん、※152は最後のツッコミが言いたかった事ですよ。
    [ 2016/11/28 09:51 ] [ 編集 ]
  160. 欧州の騎士の全身を甲冑で覆ってるのはアカンでしょw
    重すぎて動けないし。w
    [ 2016/11/28 09:52 ] [ 編集 ]
  161. 当時の欧米の軍人が侍と接した時の評価は、「身軽で恐ろしい速度で
    駆け回る、鉄の甲冑すら斬る一撃必殺の剣を持った集団」だからね。

    この細く見える感じは、武器が鋭いので動きを制限する無駄な筋肉が
    無い方が有利だった証拠でもあって、肘から先がガッチリとしてる
    事からもそれがうかがえますよ。

    だから、黒船も夜中に乗り込まれるのを恐れて、自分達の大砲も陸に
    届かないぐらいの沖に停泊していた訳で。
    [ 2016/11/28 09:58 ] [ 編集 ]
  162. 袴ははきやすそうなんで復活して欲しい
    [ 2016/11/28 09:59 ] [ 編集 ]
  163. 褒められ過ぎて、とてつもなく違和感を感じるのは
    私だけですか?
    ジョークなのか、皮肉なんだろうかと思ってしまう私は
    素直じゃないのかな。。
    [ 2016/11/28 10:05 ] [ 編集 ]
  164. 弓道には今でも遠的ってあって、
    50メートル以上離れた的狙うからな。
    300メートルは無理だが、
    100メートル以内なら狙うのは無理じゃない。
    [ 2016/11/28 10:23 ] [ 編集 ]
  165. ヨーロッパだけが鋼の合金をしていたと思いたい人達ってまだ多いんだよな。
    確かに日本の冶金技術は単独で発達した突然変異だけど。
    [ 2016/11/28 10:26 ] [ 編集 ]
  166. この間屋島いってきたけど
    源平の古戦場あとで
    那須与一が平氏の船に掲げた扇を狙った
    岩が今でも残ってて感激したよ。
    だいたい的まで80メートルくらいあったと思うけど
    揺れる船の的を一発で落としたってのは
    すごいよ。ほんと。
    [ 2016/11/28 10:37 ] [ 編集 ]
  167. 鍛えてるヤバイ武士は鍛錬風景なんか異人に撮らせないのでは?
    [ 2016/11/28 10:55 ] [ 編集 ]
  168. 江戸時代くらいまでの男の人は、普通の生活でも荷物持ったり歩いたりして、食事は質素だったから細マッチョが多かったらしい。だから男だてらにおしゃれした柳腰の男がモテたらしい。単純に誰かが全てやってくれる→金持ちのぼんぼんだから、というだけだったかもしれないけれど。
    [ 2016/11/28 10:56 ] [ 編集 ]
  169. 弓についてか、
    卑弥呼の記述と一緒に、上下非対称の弓が書かれているから、日本は最初から和弓となるものを使っていた。
    和弓は世界最大の長弓かつカーボン合成弓で、弱点であるはずの水も樹脂コーティング(漆)で解決していた。
    鏃が重く重装鎧を貫く程で、連射が効き、馬上で使う事もできた。

    ※115、116の記述からすると、弩よりも射程威力速射性能全て勝っていて、弩は不要になって廃れたと考えるべきなのかな。
    [ 2016/11/28 11:24 ] [ 編集 ]
  170. ※3

    >ま、勉強不足の外人じゃその程度の想像が関の山だろう。
    >侍の無能ぶりは、幕末期のお抱え外国人らが大いに嘆いている。記録を読>めば侍がいかに無能だったかがわかるよ。

    確かに太平の世が続いて極度に官僚化した多くの侍たち、特に幕府の役人や各大名家の役人たちはまるで現代の公務員のようだっただろう
    が、太平の世でも武道を邁進した侍も多くいた
    幕末の志士たちはまず第一に剣や槍の腕が一流じゃなかったら誰も相手してもらえなかった
    現在において著名な幕末の志士たちは皆優れた剣豪たちでもある
    いくら優れた思想を持っていても自分の身も守れないへなちょこ侍だと、後世にその他大勢の中の一人としての名前しか残せなかった
    [ 2016/11/28 11:30 ] [ 編集 ]
  171. 鎌倉時代~安土桃山時代の戦国武士も侍なら
    天下泰平の江戸時代~幕末までの武士も侍だから。

    侍も時代によって様々だな。
    武闘派から官僚~公務員の様に変化していったのかな。

    戦(いくさ)なんて無い時代でも 気持ちだけは武士(戦士)を維持していたのかな?
    [ 2016/11/28 11:43 ] [ 編集 ]
  172. 弓道は女性に人気のスポーツだね。
    何故なら胸の筋肉を使うのでバストアップになるかららしい。
    [ 2016/11/28 11:45 ] [ 編集 ]
  173. 弓はさ、筋力で引くんじゃないんだ。現代でも、80歳の師範が20歳の大学生の2倍の張力の弓を引いてたりするんだよ。

    現代だと、大学生は男性で20kg~15kgの弓を引く。
    戦場の弓は、30〜40kg。全然次元が違うんだ。

    火縄銃は雨の日使えなかったから、弓は近代でも頼れる遠距離兵器。日本の戦ではずっと主戦力だから、実用性無視して進化などするはずがない。

    技量については、奥の人はとてもうまい。手の内がきれいで、押し手(左腕)の力の入り具合、肩のおさめかたもしっかりしている。撮影用の素人じゃ、ここまで引くのは無理。

    真ん中の人は、多分引いている最中だからよくわかんない。ただ、武者流は現代主流の正面打ち起こしと形が変わるから、これだけで「下手」なんては絶対言えない。
    [ 2016/11/28 11:55 ] [ 編集 ]
  174. *172
    残念ながら、大胸筋は使わないので(腕をとじる方向だから)、バストアップは無理です。出てると打つときに弦に当たって邪魔だし(だから、胸当てという黒い三角の皮をあてる)

    弓道で使う筋肉は、背中の肩甲骨まわりと、右腕の二頭筋。左腕は骨でロックするだけだから筋力使わない=右腕と左腕の上腕の太さが著しく変わるので、女子はTシャツ着にくいのが悩みw
    [ 2016/11/28 11:58 ] [ 編集 ]
  175. 名無し
    外人向けに観光用に撮られたもので幕末か明治初期だね。、
    侍なんかいやしないよ。侍とはさぶらわなければ誰かに支えていなければ侍とは言わない。浪人だな。
    [ 2016/11/28 12:02 ] [ 編集 ]
  176. 江戸末期~明治初期の人足や漁師を見ると、こんな洗濯板でないガチムチのマッチョだけどね
    ジムで鍛えた人工的な筋肉とは違う質の、天然マッチョという感じ
    [ 2016/11/28 12:03 ] [ 編集 ]
  177. 俺くらいになれば幕末古写真がやらせか実物かわかる。
    ドヤ顔でやらせと言ってる奴がいるが、これは実物。
    [ 2016/11/28 12:09 ] [ 編集 ]
  178. 後ろの壁高くね?巨人が進撃してくるのか?
    [ 2016/11/28 12:15 ] [ 編集 ]
  179. 後ろの壁は、現代にない構造物だよね。私も気になった。木造...なのかな。
    [ 2016/11/28 12:17 ] [ 編集 ]
  180. 左端の人の髪型、町人の人がする髪型だよね?
    それに、弓道するのに下駄履きってのがよくわからない。
    [ 2016/11/28 12:24 ] [ 編集 ]
  181. 後ろの高い壁は書き割りかと思ったけど、そうでないように見える。
    的を外れた矢が弓道場の外に飛んで行かないようにするための塀?
    [ 2016/11/28 12:27 ] [ 編集 ]
  182. この時代のカメラだから10分くらいあの格好してたんだろうな。
    [ 2016/11/28 12:27 ] [ 編集 ]
  183. 弓道は正面から見ると筋肉がついてないように見えるからね。重い弓引いてる人は背面から見るとスゴいんだけども。
    弓を引くときに使わない筋肉を鍛えると、逆に力んでしまうこともあるし、弓道してる人でわかりやすいマッチョはあまりいないかも。
    [ 2016/11/28 12:35 ] [ 編集 ]
  184. 弓道の歴史と写真の技術のお話が、物凄くためになる※欄。そっか弓道は胸に効果無いのか←
    『弩弓が日本で流行らなかったのは、本体が大きく重いので山岳戦に不向きだったのと、やはり湿気ではないか』←なんて考察をどっかで読んだ記憶。
    鎧兜着こんで弩抱えて、山越え田んぼ越えてまで戦したく無かったんでしょう。
    [ 2016/11/28 12:43 ] [ 編集 ]
  185. 下駄履きは...まあ、日常の練習なら。現代でも、屋外の練習では運動靴だしw。

    そもそも、弓道は足袋でつるつるの床でも大丈夫。下駄のように安定してたら何も問題ない。
    (足の力は内側に締めてる。普通は外側に力を向けちゃうけど、それだと床では足が開いて安定しない)
    [ 2016/11/28 12:51 ] [ 編集 ]
  186. 当時の写真撮影には長い露光時間が必要だったから、その間弓を引く格好をしているのはさぞかし大変だったろうねえ。それにしては、ほとんどブレてないんだよねえ。それとも、もっと感度のよいフィルムというか感光板が完成していたのかな?
    [ 2016/11/28 12:58 ] [ 編集 ]
  187. 写真湿板とか、犬がしっかり写ってるとのことなので、長くても秒単位でOKだそうな。発明は1851年。その後の写真乾板の発明は1871年とのこと。
    [ 2016/11/28 13:05 ] [ 編集 ]
  188. この頃の力士の写真だったかも、贅肉を削ぎ落とした千代の富士体型だったな。玄米雑穀などを日常食べると栄養としての吸収は悪い代わりに便通が良くなり、精神的に沈着冷静になり、持久力は格段に上がる。

    外国に比べ小柄で穏やかで落ち着いているけど、先の大戦では最強の兵隊として各国の記録に残っている。

    体格ばかり恵まれた木偶の坊の話が残っているのも、日本ぐらいなんだろうか。ギリシャ彫刻の肉体美を至高とする西洋人には美意識上無理だろうと思う。

    循環型の貧しい国を、植民地経済で肥え太った諸外国に対抗するため、短期間で作り変えた先人たちの苦労は計り知れない。
    [ 2016/11/28 13:08 ] [ 編集 ]
  189. ※106
    今のお年寄りと高校生比べても骨格が全然違うよ。
    なんというか、お年寄りの方が全体にがっしりしてる。骨太ってこういうことなんだと思わせるような骨格ね。
    今の子達は薄っぺらい体の子が多い。
    [ 2016/11/28 13:21 ] [ 編集 ]
  190. 南蛮人は大砲の力を借りなければ日本土人には勝てなかったじゃろ
    [ 2016/11/28 13:31 ] [ 編集 ]
  191. 弓は戦国時代までは、如何に多く人を仕留められるかが求められていた。でも江戸時代の天下泰平の世になると、精神面を鍛えたり、神前の儀式の面が強くなっていったんだよ。
    弓術が弓道になっていったって言うのかな。
    だから戦闘力うんぬんでは推し量れないと思うよ。
    [ 2016/11/28 13:41 ] [ 編集 ]
  192. 西洋の騎士と侍のがどちらが強いかは、個人能力にもよるし、仮にそれが互角だとしても、どの時代の侍と騎士をどの程度の規模で戦わせるかによる。兵器や装備はその土地の自然に左右されながら発展する。だから環境の多様性が高い地域で生まれた軍事ドクトリンのが、戦闘環境を有利に利用出来る。これは、どちらかが優れているかを比べているのではなく、どちらの方がより戦闘条件を有利に出来る能力が高いかの問題。銃が生まれる以前の世界で、あらゆる条件で戦闘した結果を統計でとれば、恐らく侍の生存率が一番高いだろう。
    [ 2016/11/28 13:59 ] [ 編集 ]
  193. まあな、西洋剣術というのもあれはあれでなかなかのものだし、有名なイギリスのロングボウも日本の長弓に負けず劣らすの優れものだしな。どっちが強い、とかじゃなく純粋に個々人の力量の問題だろう。
    [ 2016/11/28 14:04 ] [ 編集 ]
  194. 外国の方同士がサムライの過大評価過小評価で戦っておられる・・・・
    不思議な気持ちだわ
    [ 2016/11/28 14:27 ] [ 編集 ]
  195. それにしても華奢だなぁ^^;
    [ 2016/11/28 14:29 ] [ 編集 ]
  196. この頃のカメラって瞬時に撮影できたの?
    数分かかるってのはもっと古い時代なのかな?
    数分間弓を引いてるのもすごい体力だ
    [ 2016/11/28 14:51 ] [ 編集 ]
  197. ちなみに侍と騎士は間接的に味方である。
    第三次元寇も計画されていたわけで、それを実行できなかったのはポーランド、マムルーク朝、大越など、各方面がモンゴルを手こずらせていたから。
    世界がさっさと降伏して、全軍、全物資を日本に投入されたら、大坂冬の陣なみの四面楚歌で勝ち目は無かっただろう。
    [ 2016/11/28 14:56 ] [ 編集 ]
  198. 江戸の人ってそこらのおばちゃんが米俵2俵とか担いじゃうみたいだし
    飛脚の健脚っぷりに、肉食ったらもっとスゴイんじゃね?って実験してみたら予想外にスタミナ切れ、やっぱコメだわーってなった話とかもあったし
    現代人の感覚では測れないとこある気がする
    [ 2016/11/28 15:17 ] [ 編集 ]
  199. ※172
    胸は弓を引くのに邪魔だから、落としたとかいう女武者の逸話がなかったっけ?
    [ 2016/11/28 15:19 ] [ 編集 ]
  200. 昨日、元北の富士と舞の海も言っていたが、相撲も「体重増やせば良いってもんじゃない。戦いどころの体重がある」とのこと。
    そもそも西洋のプレートアーマーは、ツヴァイハンダーやランスやメイスのような鈍器(笑)から身を守るために開発されたもので、モンゴルの機動戦には初期対応できなかっただろうな。
    [ 2016/11/28 15:23 ] [ 編集 ]
  201. 弓が本当にデカかったw
    戦場で持ち歩くのに不便だろうね
    それとも城の守り専用の弓なのかな?
    背はたぶん160ないと思う。体重も50あるのかどうか。
    容姿では白人や黒人や東南アジアにも負けているけど、それでも日本人が大好きだ!
    だってご先祖さまだもん
    [ 2016/11/28 15:28 ] [ 編集 ]
  202. 容姿ってゆーな体格っていえw
    [ 2016/11/28 15:42 ] [ 編集 ]
  203. 今の日本人とは目付きが違う
    人殺しの目をしている
    [ 2016/11/28 16:04 ] [ 編集 ]
  204. ちょんまげ復活させて ハゲに優しい日本を
    [ 2016/11/28 16:16 ] [ 編集 ]
  205. ハゲを恐れるんじゃない。頭のデカいチビでハゲ、しかし滅法強い。ベジータこそ日本である。
    [ 2016/11/28 16:28 ] [ 編集 ]
  206. ちょんまげってハゲに優しいっけ?
    ウィッグもつけてもゆえなくなったら引退だし、そんな優しくないぞw
    [ 2016/11/28 16:31 ] [ 編集 ]
  207. 丁髷が禿げに優しいんじゃない。
    ヘアスプレーもドライヤーも要らない禿げが地球に優しいのだ。
    弱点を無防備にするのは生物学的に強さの現れだ。真の愛は強い。
    禿げとは愛そのものである。
    [ 2016/11/28 16:38 ] [ 編集 ]
  208. 高校大学弓道部にいたが 地元道場に小さい80過ぎのおばあちゃんが成人男性でも引けない弓をいとも簡単に引く事に武術の奥行にびっくりした記憶がある この侍達の弓の強さはきっと異常だと思う
    [ 2016/11/28 17:15 ] [ 編集 ]
  209. >戦場で持ち歩くのに不便だろうね
    それとも城の守り専用の弓なのかな?

    ばりばり実践兵器ですよ。サイズは昔からあまり変わってません。
    そもそも、弓は機動兵器ではないので、移動の小回りは対して問題ありません。
    長さの点なら、槍も同じですよね。

    さらに歴史的事実から、平安時代から戦後時時代にいたるまで、弓は戦場での主力兵器です。
    [ 2016/11/28 17:24 ] [ 編集 ]
  210. ※201
    騎乗して射つのに不都合のない半弓が有りますし。
    [ 2016/11/28 17:48 ] [ 編集 ]
  211. 後ろのひさしのあるところが、本来的の置いてあるところのように見える
    写真用に的のところでポーズをとったんだろうな。

    遠くのフェンスは木製だろ、射場に入り込まないように周りをかこっていたのではと思う
    [ 2016/11/28 17:54 ] [ 編集 ]
  212. 写真が残る時代の侍はもうすでに武術の鍛錬などはほとんどしてないのにな。
    戊辰戦争にはもう鉄砲隊や大砲が主力だし。
    [ 2016/11/28 17:54 ] [ 編集 ]
  213. この時代の練習環境がわからないのでなんとも言えませんが、後ろの庇の部分は近的(28m)用の安土にみえます。
    遠的(60mとか)の的は、この庇の部分にはおけないので、射場の地形上の問題で遠的はこちら側から打つなどの制約があった可能性も一応あります。

    なので、写真用ポーズだったかは不明。道場があったら、そちらの方が絵になりますが、この時代の写真技術では屋内の短時間露光は難しかったのでしょう。また、日の当たる角度でこちら側の向きに人がなるように選んだ可能性もありますね。
    (なお、露光時間は長くても数秒程度と思われます)
    [ 2016/11/28 18:00 ] [ 編集 ]
  214. これ結構本物っぽいよねw
    このあんま鍛えてない感じとか。町人使えばみんな肉体労働してるからもっとかっこいい体してる。
    このちょっと猫背の感じも。
    [ 2016/11/28 18:05 ] [ 編集 ]
  215. >■ 左側の人が履いてるサンダルは何なんだろう? カナダ

    鬼太郎が履いてるよ
    あともののけ姫の坊主
    [ 2016/11/28 18:10 ] [ 編集 ]
  216. 侍が血気盛んだったのは戦国時代から数十年くらいで、写真の取られた江戸後期は平和が続いたからやわな侍がほとんどだったと思うけどね。
    [ 2016/11/28 18:13 ] [ 編集 ]
  217. やべぇ、よくみたら素手引きだ。
    ちょっと体つきが貧相なのは、下級武士だったからかな(もちろん、上級には見えないが)

    右手につける弽(ゆがけ)が、この時代どのくらい普及していたかはよくわかんないですね。通常は何かをつけるほうがいいんですが、戦国時代の雑兵は素手だったとの話もありますし...。

    (それでも、右奥の人は上手いです)
    [ 2016/11/28 18:22 ] [ 編集 ]
  218. アーチェリー<弓道<アーチャリー<尊師
    [ 2016/11/28 18:32 ] [ 編集 ]
  219. <218
    公安さん隠れオウムいますよw
    [ 2016/11/28 18:43 ] [ 編集 ]
  220. 弓は背中で引くから腕や胸はそれなりでいいよ
    [ 2016/11/28 18:54 ] [ 編集 ]
  221. 昔のサムライは毎日剣術のけいこをしていたから余分な脂肪なんてつかなかった。
    日本刀の鋭い一瞬のやり取りで勝負が決まったから、余分な肉がついていれば切り取られて殺される。だから気合いを入れてけいこで剣の速さを毎日磨いていたのだ。
    [ 2016/11/28 18:58 ] [ 編集 ]
  222. 奥の会に入ってるおっちゃんはかなり上手い。真ん中の人はそんなでもない(手で引いてる)。弓道は体で割って入るから上級者程ガチムチにはならないよ。筋肉で引っ張ると安定しなくてぶれる。弓がでかいのは威力と安定を求めたから。他の国の弓は(例えばアーチェリー)右手がせいぜい頬の横までだけど、和弓だと右手は肩の上まで引かれる。結果、全身で大きな弓の中に入り込んで力を受けるので大きな力を安定的させつつ矢を放てる。まあ、この弓道も道場用の型、平和な時代の型であって、甲冑を着る時にはまた別の型がある(甲冑だとあそこまで大きく引き分けられないし、胸の装甲に弦が引っかかる)。騎馬民族の様に馬に乗りながらが主体なら小さい弓なんだろうけど、歩兵が主力だとそんな事より精度と距離が優先されたんだろう。和弓は下側が短いから騎射も余裕で可能。
    [ 2016/11/28 19:04 ] [ 編集 ]
  223. この時代の武士は雑魚だよ
    ろくに武芸の稽古もしていないし100年以上もまともな戦争していない
    それよりも日々の食い扶持の確保に忙しかったらしく武芸よりも金に走ってた
    薩英戦争でぼろ負けして市中火の海にされるわ賠償金払わされるわ
    横暴な振る舞いした白人斬りころした侍を藩が外圧に負けて処刑したり情けない時代だったのは有名
    [ 2016/11/28 19:04 ] [ 編集 ]
  224. 幕末の写真ということは、長~い露光時間の間ずーとあの格好のまま静止してたんだなと思うとちょっと笑えた。特に真ん中の人は大変だったろうと思う。
    [ 2016/11/28 19:07 ] [ 編集 ]
  225. 結構面白い記事を見つけてきてくれたことに感謝します。ですが、表題がYouTube に蔓延している視聴数稼ぎのおバカさん達にどんどんと似てきていることが残念です。。
    [ 2016/11/28 19:38 ] [ 編集 ]
  226. 日本人の強さは覚悟という名の日本の総意が決定するかどうかだ。
    日本人の総意として死ぬまで戦い抜く覚悟が決まれば、そこに突っ走るだろうさ。雰囲気に流されるとも言うがね。
    逆に一人ひとりがバラバラだったら、今と同じで日和見を決め込む。

    時代が変化しようが日本人の「本質」は変らない。弱いか強いかなんて結論なんて出やしない。そんな議論、意味ないんだから
    [ 2016/11/28 20:01 ] [ 編集 ]
  227. 背がでかくて太かったら強いとかないから
    ガリもやしには弓引けないし
    [ 2016/11/28 21:33 ] [ 編集 ]
  228. みんな、栄養状態が悪くてガリガリだな。
    よく生き延びてくれました。
    ご先祖様に感謝。
    [ 2016/11/28 21:33 ] [ 編集 ]
  229. こんなやせ形なのにかっこいいと感じるのか?
    と思ったが、今のアメリカ人のメタボ体型基準だとやっぱりカッコいいかもしれない。
    [ 2016/11/28 21:36 ] [ 編集 ]
  230. ガリの汚いおっさんにしか見えないけど
    和弓はかっこいいな
    [ 2016/11/28 21:48 ] [ 編集 ]
  231. ※225
    ここは前からこんな感じだと思うけど。
    でも確かに他の適当なサイトと同じ感じだよね
    (「反応」とか言いながらその反応の数が凄い少ないとことか)。

    まぁでも同じようなとこがたくさんあるから
    興味を惹くためにはキャッチーな言葉入れる必要があるから
    どうしてもこういう感じにはなると思う。
    けれども、なんか、ここ独自の言い回しとかあるといいかも。
    [ 2016/11/28 21:55 ] [ 編集 ]
  232. あの細さであの強さ。効率の高い理想的な筋肉なのかな。
    [ 2016/11/28 22:01 ] [ 編集 ]
  233. 日露戦争の頃は、5尺の体で自分の体重の半分近い装備を担いで、ロシア人とやり合ったんだからそりゃ強いよ、昔の日本人。
    [ 2016/11/28 22:22 ] [ 編集 ]
  234. >単純に冶金の技術の差を言ってるんだ。

    冶金の腕で日本より秀でてる国とかどれだけあるんだ?
    あんな細いサムライソードより西欧の重い剣を振るうナイトの方が強いに決まってるぜ!フゥー!って言い方のほうがよっぽど説得力があるぞ
    [ 2016/11/28 22:24 ] [ 編集 ]
  235. 一番好きな写真の1つだ
    外国翻訳特有の変な言い回しよなあ

    昔の人の一番いいのはなによりご面相だね
    姿勢もいい
    [ 2016/11/28 22:27 ] [ 編集 ]
  236. チョイとヘタだな。
    この写真の人。
    もうちょっと修行すべき。
    [ 2016/11/28 22:44 ] [ 編集 ]
  237. 江戸時代には弓を握ったこともない侍もたくさんいた。
    耳嚢には弓術家に仕えているのを当てにされて弓を使った憑き物落としの呪いである蟇目を依頼された侍たちが思案に暮れたけど気迫で凌ぐ話がある。
    [ 2016/11/28 22:44 ] [ 編集 ]
  238. タイムスリップして現代に来て欲しいわ
    [ 2016/11/28 23:05 ] [ 編集 ]
  239. ワイ弓道有段者、一番奥は上手い、真ん中ダメ
    [ 2016/11/28 23:07 ] [ 編集 ]
  240. かっこいい
    [ 2016/11/28 23:25 ] [ 編集 ]
  241.  
    なるほど。おれも弓道はじめれば外人にモテモテか
    ハゲてるけど
    [ 2016/11/28 23:26 ] [ 編集 ]
  242. 江戸時代よりも戦国時代の写真が見てみたいなあ
    どんな猛者たちだったのか
    タイムマシーンの発明が急がれるw
    [ 2016/11/28 23:37 ] [ 編集 ]
  243. 知人宅で知人のご先祖さんが戦国時代に使ったという長巻や弓や火縄銃を見せてもらったが結構大きかった。
    長巻や火縄銃など身長170cm~にフィットするような大きさ。
    ご先祖さんは体格が良かったのだろうと思いつつ、その後に見せてもらったご先祖さんの鎧は驚くほど小さかった。
    知人のご先祖さんは身長150cmほどの人物と推測。
    戦国時代の人は強靭な肉体を持っていたのだろう。
    [ 2016/11/28 23:41 ] [ 編集 ]
  244. ※242
    243ですが、戦国時代の武具と鎧を見て心だけタイムスリップ。
    知人のご先祖さんは明智光秀の部下だったとのことです。
    私も戦国時代の写真が見てみたいものです。
    [ 2016/11/28 23:50 ] [ 編集 ]
  245. 弓自体は、縄文遺跡からも出土しているけど
    残念ながら木製の為、完全な形での発掘は無く形状は不明

    ただ魏志倭人伝には今と同じ上長下短型って記述が残っているよ

    [ 2016/11/28 23:50 ] [ 編集 ]
  246. >日本じゃ靴下を履いてサンダルを履くのは普通だったの?

    靴下じゃなくて足袋、サンダルじゃなくて草履。今の自国のファッションと比べて疑問に思う事なんだろうか?着物を着たら今でも履いてるのに

    [ 2016/11/29 00:23 ] [ 編集 ]
  247. ドイツのコメを見て思った、ドイツはメタボが多いのに珍しく君はスマートなんだな!
    [ 2016/11/29 00:54 ] [ 編集 ]
  248. どれも武家じゃない。
    浪人か町人にポーズつけさせただけだ。
    そもそも弓なんぞ武家もよう扱わん時代。
    [ 2016/11/29 01:17 ] [ 編集 ]
  249. 足袋の事を靴下はくの?と言ってるのかわいいか!
    [ 2016/11/29 01:18 ] [ 編集 ]
  250. 江戸時代でも一日四時間、週三日は稽古していますよ。
    平山行蔵や榊原健吉などのすごい人の鍛え方は真似できない。
    [ 2016/11/29 01:21 ] [ 編集 ]
  251. ギラギラした凄味があるな。飢えたオオカミのよう。
    [ 2016/11/29 02:42 ] [ 編集 ]
  252. 和弓は数種類の木材と膠を使ったコンポジットボウなんだよね。
    Wikiなんかでのコンポジットボウの定義の一つの「動物の腱や骨」をそのままの動物の腱や骨を使った弓だと勘違いして和弓はコンポジットボウじゃないと言ってる人もいるけど、動物の腱や骨を煮込んで抽出した膠(ゼラチン)で数種類の木材を貼り合わせることで膠の接着力と弾力性を利用した弓がコンポジットボウなんだよ。
    [ 2016/11/29 02:55 ] [ 編集 ]
  253. ※242
    俺のとこの本家は外様大名家の家老職だったけど、平時は鍛錬を兼ねて領地の農民たちと畑仕事や木の伐採をしてたらしい。
    畑を荒らす猪を狩って農民たちと味噌焼きにして食べたとか庄屋の家の結婚式に呼ばれたけど酒は苦手だから行きたくないみたいな日記が本家に残ってるw
    [ 2016/11/29 03:04 ] [ 編集 ]
  254. ※253
    面白いですね。過去の人たちの姿が目に浮かぶようです。
    [ 2016/11/29 03:35 ] [ 編集 ]
  255. avatarのナヴィ族を思い出した。
    何かそんな、ホンモノが身に付いた自然な殺気、みたいな。
    それがクールに見えるんだろうね。
    [ 2016/11/29 05:57 ] [ 編集 ]
  256. すごく重心が安定してることくらいなら分かる
    [ 2016/11/29 06:11 ] [ 編集 ]
  257. これらは、撮影用に町人がコスプレして撮影会して撮った
    外国人向けブロマイド

    まぁ本物の武士がこんな撮影に協力する訳ないわな。
    写真のこいつ等は武士でも何でもない
    ちょっと調べればこれらの正体がわんさ出て来る。

    この時代の武士はガリガリだったんだよ
    は「知ったかぶり」そのもの
    [ 2016/11/29 06:50 ] [ 編集 ]
  258. *257
    ちょっと調べればこれらの正体がわんさ出て来る。
    「この時代の武士はガリガリだったんだよ」
    は「知ったかぶり」そのもの



    なるほど、で、正体は?もったいぶらずに教えてよ。

    とりあえず、町人だろうが侍だろうが(この時代にその区別が意味があるのかはしらんが)、手前と奥の人が弓道が上手いのは分かる。真ん中は練習生レベルだけど(手の内も今ひとつだし)
    [ 2016/11/29 09:07 ] [ 編集 ]
  259. 体系は食生活から。量も大したことないし肉食も浸透してない。

    外国人の侍のイメージは戦国時代のもので幕末じゃないかな。
    そろばん侍なんてのもあったけど徳川幕府時代でだいぶかわったんだろうから。


    ※252
    それは近代の弓であって昔は竹を割ってそれを炙って成型することで反りをつくっただけのものだよ。ちなみに現代ではスキー板をつくるのと同じです。
    [ 2016/11/29 10:30 ] [ 編集 ]
  260. ※223
    まるで見てきたようなウソをつく。第三国人か?
    [ 2016/11/29 10:42 ] [ 編集 ]
  261. *252
    戦時大量生産品をのぞき、平安/鎌倉時代から複合弓は確認されています。
    単純な成形品は、生産は容易だが耐久性に劣るとの表現が残っているようです。
    [ 2016/11/29 10:48 ] [ 編集 ]
  262. ※253
    ご家老様が領内の農民と野良作業、そういう事を西洋人が聞いたらびっくりするらしいね。西洋の歴史は、支配階級が領民から搾取する歴史だからね。パヨクが信奉する階級闘争史観とは異なる、日本の歴史の事実だね。
    [ 2016/11/29 11:42 ] [ 編集 ]
  263. ひょろいけど握力とか強そう
    [ 2016/11/29 12:04 ] [ 編集 ]
  264. ■ 日本じゃ靴下を履いてサンダルを履くのは普通だったの?

    それはドイツ人
    [ 2016/11/29 12:06 ] [ 編集 ]
  265. 後ろの壁が高速道路の防音壁に見えてしまうのですが…。
    [ 2016/11/29 12:07 ] [ 編集 ]
  266. ※262
    おそらくホラ話だから真に受けないように
    江戸時代はそんな甘いもんじゃない
    ここは嘘や根拠のないホラ話で誘導してくるやつが多いから
    ちゃんと調べて確認した方がいいよ
    [ 2016/11/29 12:16 ] [ 編集 ]
  267. いくらなんでも200mも飛ばしたら(そこまで行くか知らんが)減速して簡単によけられちゃうだろ。
    [ 2016/11/29 12:34 ] [ 編集 ]
  268. 御先祖たち仲良さそうだね。BGMが聞こえてきそうだ。
    ♪何十年先も髪を友達って思ってる♪抜ける前に何でも話してよーお♪友よ♪
    [ 2016/11/29 13:47 ] [ 編集 ]
  269. ヨーロッパを蹂躙していたモンゴル軍を2度も打ち破ってる侍の方が明らかに強いよな。
    [ 2016/11/29 13:55 ] [ 編集 ]
  270. 弱そう
    [ 2016/11/29 15:40 ] [ 編集 ]
  271. 昔の日本人は侍だろうが町民だろうが平気で1日50キロぐらい歩く。これだけでも異常だよ。
    [ 2016/11/29 15:53 ] [ 編集 ]
  272. ヒョロガリ
    [ 2016/11/29 16:51 ] [ 編集 ]
  273. 動物の肉は食って無くても、鯨は食ってたんじゃないの
    高知と和歌山だけなのかなあ
    [ 2016/11/29 17:08 ] [ 編集 ]
  274. ※266
    調べたらものっくそ緩かったという話も多いけどね
    結局は時代や藩によって異なるから一を持って全を語るのは無理だよ
    [ 2016/11/29 17:24 ] [ 編集 ]
  275.  
    この写真を見て、外人の方が強そうだとか、高校生にも負けそうだとか、頭の悪いコメントを残してるアホどもに教えてやる。

    手に持ってるのは何ですかぁ~~~~!!?
    戦闘は殴り合いでするもんじゃないんですよーーー!!
    弓だって刀だって銃だって、力の無い人でも殺傷力を持つ為の便利な道具なんですよーーー!!!
    アフリカではガリッガリの少年兵がAK片手にバリバリ人殺しまくってるんですよーーー!!!!
    [ 2016/11/29 18:01 ] [ 編集 ]
  276. ※266
    おそらくホラ話だから真に受けないように
    江戸時代はそんな甘いもんじゃない
    ここは嘘や根拠のないホラ話で誘導してくるやつが多いから
    ちゃんと調べて確認した方がいいよ




      お前だよバーカ。ク~ズ。厚顔無恥な恥知らず!特別永住者!
    [ 2016/11/29 18:42 ] [ 編集 ]
  277. ※258
    >なるほど、で、正体は?もったいぶらずに教えてよ。

    当該写真の正体は分からないが、
    それ以上に大量に出回った写真が、本職ではなく、
    ただの撮影会だと証明されてるのは、この記事が詳しい

    ttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/48895037.html

    「この写真の正体の話しろよぉぉぉぉ!」
    とゴネるのだけはやめてくれよ?
    お前が知りたいのは、「この写真」の正体じゃなくて、
    「こういう写真」の正体のはずだもんな?
    じゃないとそういうレスにはならない
    [ 2016/11/29 20:03 ] [ 編集 ]
  278. >おそらくホラ話だから真に受けないように 江戸時代はそんな甘いもんじゃない ここは嘘や根拠のないホラ話で誘導してくるやつが多いから ちゃんと調べて確認した方がいいよ


     あのな。

     武家屋敷の武士が貧困で、むしろ屋敷で雇ってる下男達の
     食事会にお呼ばれされたりするほど、武士は貧困が多かった
    [ 2016/11/29 20:05 ] [ 編集 ]
  279. 江戸時代が緩い時代だったとかマジでいってんの
    江戸時代300年間通して3200件の百姓一揆打ち壊しが起きてる
    しかもこの件数は時代の経過と共に増加傾向
    これは記録として残ってる
    そしてこれらの多くは首謀者の処刑で幕を閉じる
    多くは一揆とは名ばかりで正確に言うと直訴
    農民たちが窮状訴えて直訴しただけで処刑される社会が良い時代だったなんてよく言えるな
    高確率で処刑されることを覚悟で直訴するって相当農民たちは追い詰められてたんだろうな
    [ 2016/11/29 20:26 ] [ 編集 ]
  280. *277
    何と戦ってんだろ。むしろ一般論なんて関係ないんだけど。

    弓道の腕前がいいのは事実で、武士じゃなかったら町人も恐らく4段以上くらいの実力を持ってるくらい、この時代に武芸が盛んってことだから、弓道段持ちとしてはそちらの方が興味深い。
    [ 2016/11/29 21:12 ] [ 編集 ]
  281. 確かにヒョロイんだけどなぜか昔の人は体力あるんだよな。
    ウチの田舎のじいさんもヒョロくて70越えてるのに未だに俺より体力ある。
    山に薪の材料を取りに行くからと連休に手伝いに行ったら力でも持久力でも負けたよ。
    切り倒した杉木を分割した丸太を担いで車のあるところまで急な山肌を100mくらい降りるんだけど、じいさんは俺より重い丸太(30~50kg)を担ぐし、俺が1回降りて休憩1回登って休憩するのにじいさんは連続で往復してて限界が見えない感じでバケモノだよ。
    テレビで筋肉モリモリの力自慢のタレントが東南アジアの山奥の採掘場に行った時に現地のチビでヒョロいアジア人の方が重い物担いで休憩なしで働いて筋肉タレントの倍の仕事量だったわ。
    何なんだろうな、あの力仕事できる体って。
    [ 2016/11/29 21:18 ] [ 編集 ]
  282. >何と戦ってんだろ。むしろ一般論なんて関係ないんだけど。
    >弓道の腕前がいいのは事実で、武士じゃなかったら町人も恐らく4段以上くらいの実力を持ってるくらい、この時代に武芸が盛んってことだから、弓道段持ちとしてはそちらの方が興味深い。

     ぶははw 恥ずかしい奴めw
     誰と戦ってる??お前が恥ずかしくも逃げ回ってる通りだよw

     「○○なのは事実だぁぁぁぁ!」
     「むしろ丸々の方が興味あるぅぅぅぅ!」


     なになに、馬鹿にされて悔しかったかww

    なるほど、で、正体は?もったいぶらずに教えてよ

     と吹っかけて来たのはオメーだろオメーwwあ~笑ったww

    [ 2016/11/29 23:33 ] [ 編集 ]


  283.  おい!※279の糞クズ!何か言い返して見せろ!

    ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12107834142


    教科書などでは、江戸時代に百姓一揆が約3200件あったと
    されており各地の一揆を記録している「百姓一揆総合年表」には
    3700件ともあります。

    「強訴」「逃散」など
    本来、一揆ではない「騒動」も含まれています。

    これらの訴願は、もともと百姓側に理があったので、
    今で言われているほど、百姓たちが圧迫され虐げられたものではありませんでした。

    多くが、百姓・漁民・商人(百姓に含まれる〉側の勝利となって
    領主・代官が処罰されたケースも少なくありません。
    映画・ドラマでの一揆は、むしろ明治新政府に対する一揆像が
    反映したものと言えます。
    [ 2016/11/29 23:39 ] [ 編集 ]
  284. ※279
    >江戸時代が緩い時代だったとかマジでいってんの
    >江戸時代300年間通して3200件の百姓一揆打ち壊しが起きてる

     人口1000万で年間10件か。

    ①>この件数は時代の経過と共に増加傾向これは記録として残ってる
    ②>農民たちが窮状訴えて直訴しただけで処刑される社会

     ソース見せろ。自分で言い出したんだから出来るよな?
     つかお前は、3200を300で割る事さえしてないのかw
    [ 2016/11/29 23:43 ] [ 編集 ]
  285. この時代ガリガリでチビだったのは人口過密していた江戸住人で、九州とか田舎の武士はデカかったらしいね。
    [ 2016/11/30 02:22 ] [ 編集 ]
  286. 農民は、畑の肉「大豆」を食べ、野良仕事してたから筋骨隆々。
    下手なナマクラ武士より体格がよかった。
    ロクに研いでないナマクラ刀で切り捨て御免を狙おう物なら、
    クワやスキで反撃されて失敗→切腹ってケースもあった
    [ 2016/11/30 02:54 ] [ 編集 ]
  287. 後ろの壁は何だろう…
    [ 2016/11/30 04:40 ] [ 編集 ]
  288.  
    歴史的相対性ということをちっとは考えてくれ、といっても
    こういう手合いは故意に無視するんだよなあ
    江戸時代の人間と今の我々では「緩い」の感覚からして違うんだぜ
    [ 2016/11/30 07:51 ] [ 編集 ]
  289. 体が細いね。武士は食わねど高楊枝。下級武士であまり食べられなかったのかも・・なんて想像しちゃうよ。
    江戸は平和な時代だったけど、争いがないぶん武士の活躍どころがなく立身出世のチャンスも少なかったと思うんだよね・・・。
    [ 2016/11/30 08:41 ] [ 編集 ]
  290. 江戸時代、飢饉に何度も見舞われてるしね・・・。
    [ 2016/11/30 08:44 ] [ 編集 ]
  291. ※283
    知恵袋をソースにするやつ初めて見たわw
    [ 2016/11/30 09:41 ] [ 編集 ]
  292. ま~た特別永住者が日本の歴史に茶々入れてるのう
    どんなに日本語を使っても日本の誇りある歴史に連なれない哀れ者よのう
    [ 2016/11/30 10:39 ] [ 編集 ]
  293. ガリガリだね
    弱そう
    スラムに住んでる貧民土人にしか見えないよ
    本当に外国人もこんな画像見て「かっこいい」なんて思ってるのかな
    [ 2016/11/30 10:57 ] [ 編集 ]
  294. ※284
    10件は決して少ない数じゃない
    一揆逃散直訴は個人単位で行うものじゃなくて
    町農村単位で行うんだよ
    だから一件の一揆逃散直直訴の背後には何百人もの農民がいる
    それに300年間を平均して年10件だけど、その件数は江戸後期に偏ってる
    当時の農民は過酷な農作業と6公4民、5公5民と呼ばれる重税で大変だったんだろうね
    働いた成果の半分が税金なんて俺ならやってられない
    じゃなきゃ命懸けで一揆や直訴、逃散なんてしないよ
    なによりこの小汚いガリガリ3人組が良い証拠だよ
    [ 2016/11/30 11:07 ] [ 編集 ]
  295. 顔の表情がすごいな

    こんな顔して生きてる時代か
    [ 2016/11/30 13:02 ] [ 編集 ]
  296. ※291 >知恵袋をソースにするやつ初めて見たわw

     え?お前って馬鹿じゃないの?

     知恵袋って事は、俺の「主観」や「願望」が混ざってないって
     事だし、客観的意見なんだから良い事だろう?

     それともお前は、知恵袋の転載は信じないけど、
     俺のここでの書き込みは信じるとでも言うのかwww?

       どうせオメーは何も信じないだけだろwww

    それにその知恵袋の人物の情報が正しい事は
    俺が裏を取ってあるからコピペしてんだが?
    [ 2016/11/30 13:34 ] [ 編集 ]
  297. ※294
    >10件は決して少ない数じゃない

     少ないよバーカ。現代の市民団体デモの何倍も少ない。
     その江戸時代に比べて、今の日本はどれだけ一揆大国なんだ?

    >300年間を平均して年10件だけど、その件数は江戸後期に偏ってる

     じゃあ最初の頃は「超少なかった」と自白するのと同義だ。
     マヌケが過ぎる。詭弁にもならない。

    >当時の農民は過酷な農作業と6公4民、5公5民と呼ばれる重税で

     これもアホーだな。
     「それが普通の時代」では、それが普通なんだ。
     武士以外は苗字を持てなかったが、
     庶民も「苗字を欲しがってる」なんて事はなかった。
     無いのが普通だから、羨ましがる事もあり得ない。

    >なによりこの小汚いガリガリ3人組が良い証拠だよ

     アホーか。裕福な商人にも「ふくよかな人」はいないわw
     お前、江戸時代の浮世絵で、1人でも太った人を見たか?え?
     お前は中国の南京虐殺写真のキャプショントリックを使ってる。
    [ 2016/11/30 13:39 ] [ 編集 ]
  298. これらは、撮影用に町人がコスプレして撮影会して撮った
    外国人向けブロマイド。

    まぁ本物の武士がこんな撮影に協力する訳ないわな。
    写真のこいつ等は武士でも何でもない
    ちょっと調べればこれらの正体がわんさ出て来る。

    この時代の武士はガリガリだったんだよ!!!!
    は「知ったかぶり」そのもの

    当該写真の正体は分からないが、
    それ以上に大量に出回った写真が、本職ではなく、
    ただの撮影会だと証明されてるのは、この記事が詳しい

    ttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/48895037.html
    [ 2016/11/30 13:44 ] [ 編集 ]
  299. 俺らはもっと精進しなくちゃいかん、精神性も居ずまいについても
    外人が勝手に買いかぶってくれてるうちに
    実態を相応レベルにまで引き上げなきゃいかん

    例えば欧米の文学を読み込むと「日本人すげー」が随所にでてくる
    ただそれは先人たちが偉かったんであって俺たちがそうだからではない
    [ 2016/11/30 15:15 ] [ 編集 ]
  300. ※299

    謙遜を通り越して、自虐まで行く、典型的日教組脳。
    言葉を選んでるつもりらしいが、そんなに言いたい事があるなら、

    「お前らが凄い訳じゃないんだぞぉぉぉ!」
    とストレートに声高に言えばいい。もちろん物的証拠も添えて
    [ 2016/11/30 16:14 ] [ 編集 ]
  301. 弓がでかいって驚いてるけどあのくらいのサイズなら
    女の子でも引けるよ
    撮影用ブロマイドとか言ってるオバカさんは
    弓道は現代にまで引き継がれる伝統技能だよ
    これらは日本の風物を紹介した貴重な資料なんだよ
    写真は現代にまで繋がる伝統の一端を垣間見せるサンプルだよ
    [ 2016/11/30 16:19 ] [ 編集 ]
  302. たしかに細いね。
    当時の人はもっとガッチリしてるかと思った。
    [ 2016/11/30 17:46 ] [ 編集 ]
  303. 特別永住者は、何世代も日本に住み続け、日本語を母国語のように使えるのに、このような日本の古い歴史を日本土人とは、どうしても共有できないんだよね。日本土人は自分たちの祖国に悪さをし、自分たちを日本に強制連行したとんでもない土人の住む国でなければならないのだからね。侍も、サワラビでなければならないんだものね・・・
    [ 2016/11/30 18:17 ] [ 編集 ]
  304. ※303


    オメーは現実逃避してないで、相手のレスを読み、吟味し、
    この写真が撮影会で撮った大嘘のブロマイドだって事を分かれ
    [ 2016/11/30 19:41 ] [ 編集 ]
  305. この写真が撮影用ブロマイドと断定するには、当時の写真はそのようなブロマイド写真も多くあったが、この写真がそうだとは証明されていないので、もう少し証拠を示していただきたい。例えば、この写真の被写体と同一人物が、武士以外に扮している別の写真を示すとか。
    [ 2016/11/30 21:38 ] [ 編集 ]
  306. 嘘つきブロマイドさんは、これが撮影用の町人さんだったほうが資料価値が高いことに気がついてないw

    弓道の資料は少なく、鉄砲におきかわる過程で残されにくかったことが推定されてるので、日常風景が判るものは貴重。

    何度も言うように、引いている人は素人じゃないから、写真に価値がある。
    [ 2016/11/30 21:53 ] [ 編集 ]
  307. >>305
    >この写真がそうだとは証明されていないので、もう少し証拠を示していただきたい。例えば、この写真の被写体と同一人物が、武士以外に扮している別の写真を示すとか。

     そう言うのを、一休さんの「虎の屏風」というのだ。

     「このシャシンワー!このシャシンワー!」
     「俺が知りたいのはこの写真の真相ダァァァー!!」

    お前は俺に一矢報いたいだけであって(感情論)、
    本気で真相を知りたい訳じゃないんだろ。

    そんなに真相を知りたいなら自分で探せばいいじゃん。
    そして俺を驚かせてみろよ。やらない理由がない!
    そうすればお前の大勝利だぜ?
    それとも大敗したままでいいのかなぁ?
    [ 2016/11/30 22:01 ] [ 編集 ]
  308. ※306
    >嘘つきブロマイドさんは、これが撮影用の町人さんだったほうが資料価値が高いことに気がついてないw

     ああ、そう。

     「正真正銘の武士の写真」の方が100倍価値があるね。
     お前は詭弁どころか、言葉遊びでしかない。

    >引いている人は素人じゃないから、写真に価値がある。

     正真正銘の武士の写真の方が100倍価値がある。
     実際、そっちの方が高価で取り引きされるに決まってる。
     資料としてもそっちに値が付く
    [ 2016/11/30 22:03 ] [ 編集 ]
  309. ※301
    >撮影用ブロマイドとか言ってるオバカさんは
    >弓道は現代にまで引き継がれる伝統技能だよ
    >これらは日本の風物を紹介した貴重な資料なんだよ

    事実としてコスプレ写真が大量に出回っている

    ttp://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/48895037.html
    [ 2016/11/30 22:06 ] [ 編集 ]
  310.  
    生き死にと隣りあわせで生きてる人間は、やっぱ面構えが違うね。
    [ 2016/11/30 22:21 ] [ 編集 ]
  311. 誰かも言っているかもしれないけど、靴下じゃなくて足袋だと思うよ。
    みんな知らんのな。
    [ 2016/11/30 22:40 ] [ 編集 ]
  312. この写真150年も経ってないよね。幕末の有名人の写真よく出てくるけど、あきらかに背景などがはっきり写ってる。
    それに弓に下駄はないかと。写真がない頃の武器使ってる絵も下駄履いてないと思う。
    [ 2016/12/01 09:21 ] [ 編集 ]
  313. カラー復元はマズいな
    汚いオッチャンたちに見えるw
    [ 2016/12/01 13:20 ] [ 編集 ]
  314. ※296
    知恵袋が客観?
    あんなの俺だってアカウント作って書きたい放題かけるよ
    知恵袋が客観的なんてまともな教育受けたのか疑う
    [ 2016/12/01 14:09 ] [ 編集 ]
  315. ※297
    今の言論、表現の自由が認められている21世紀の日本と
    江戸時代とを同列に比べるのはおかしい
    当時、一揆や逃散は重罪だから命かけてやるんだよ
    そんな重大事件が年10件も平均起きてる
    それだけ農民は追い詰められてたと言えるね
    それが普通、普通ってその普通が野蛮で不公平だったんだけど
    それなのに普通だったから正しいみたいな言い草はおかしい
    [ 2016/12/01 14:16 ] [ 編集 ]
  316. ※297
    別に裕福そうに肥えてる必要はないね
    ただ体見て思うのはまともなもの食っていない
    鍛錬積んだ肉体には見えない
    ドヤ街のじいさんみたいだよ
    [ 2016/12/01 14:18 ] [ 編集 ]
  317. 靴下にサンダルってコメにワロタw
    [ 2016/12/01 17:48 ] [ 編集 ]
  318. 体脂肪ひくいよな
    [ 2016/12/01 17:50 ] [ 編集 ]
  319. いつの時代の人も異文明、異世界に惹かれるもんなのね
    [ 2016/12/01 18:14 ] [ 編集 ]
  320. 江戸時代が暗黒時代だったと、日教組にがっつり洗脳されたままの人がいるのな。世界の良識ある人々はそうではなく、日本が江戸時代300年平和を維持した歴史に、他には類例がない事と驚嘆している。日本は悪い国と、頭を垂れ暗い顔をして生きなければならない日教組の時代が、日本人にとっての暗黒時代だわな。日教組の理想郷は中国韓国北朝鮮だから、日本が悪い国だと思えば、そこへ行けばええがな。
    [ 2016/12/01 20:06 ] [ 編集 ]
  321. 人類を救う為に大使館建設を急げ!
    エロヒム大使館建設は日本帝国の責務!

    ラエリアンで検索
    [ 2016/12/01 21:29 ] [ 編集 ]
  322. 戦国時代よりはまし程度
    そんなに好きなら江戸時代に行ってこいよ
    十中八九の確率で農民
    農民に生まれたら死ぬまで農作業の毎日だ
    トラクターや耕運機なんてないから鍬で学校のグラウンドぐらいの面積を耕すんだよ
    それで屈んで数十センチ感覚でちまちま苗を植えていく
    成長したら次は次は害虫と干ばつ、台風との戦いだ
    そこで干ばつなど自然災害にやられたらもうアウト
    この半年間の苦労は水の泡
    うまいこと行ったら鎌でせっせと稲刈り
    屈んで何千、何万本もの稲を刈っていくんだ
    それで収穫した米も半分は取り上げれる
    小作人なら6割7割が取り上げられて米は食べれず粟を食うしかない
    それで人権なんて概念なんてないからお役人に嫌疑かけられたらもう終わり
    拷問でえん罪着せられるかカタワにされる
    当時の刑務所は過剰収容で畳一枚に2人が重なり合うように雑魚寝
    人数が増えたら老人や嫌われ者はリンチされて間引かれる

    こんな社会がいいなら行ってこいよ
    [ 2016/12/01 21:31 ] [ 編集 ]
  323. 貧相だな。
    [ 2016/12/01 23:20 ] [ 編集 ]
  324. この写真みての第一印象は、覇気 
    覇気 を感じるよ。
    幕末、武士が武士と任ずる時代だったんだろうけど
    いやカッコイイわ

    >>322
    そうだね。でも同時代のアジア例えばうちの国琉球と比べたら
    全然マシ、いい国だよ。憧れるわ
    [ 2016/12/01 23:48 ] [ 編集 ]
  325. これは…素直に喜んでいいものかどうか 日本的な部分が外国人には喜ばれているのだとは思うが
    [ 2016/12/02 00:09 ] [ 編集 ]
  326. >322
    その通り!
    現代社会が、過去の犠牲と教訓の上にあることを忘れて、
    むやみに過去を賛美するのは、幕末~明治初期の復古主義と何ら変わらん。
    今の日本会議とか極右の連中はみんなそう。
    左翼は空想の未来を夢見、右翼は過去に憧れる。
    どっちも現実を見れない阿呆ども。
    [ 2016/12/02 01:30 ] [ 編集 ]
  327. ※308
    「マヌケなエラ人が居る」と聞いて久しぶりに来てみたら、
    なるほど、確かにマヌケなエラ人が居た(笑)

    >写真のこいつ等は武士でも何でもない~(※257)
    キミの主張は「>大量に出回った写真が、本職ではなく、ただの撮影会だと証明されてる~(※277)」から、「この写真もコスプレに決まってる!」っていうものだよね?
    自分で「>当該写真の正体は分からないが~(※277)」って言ってるのに、分からないものを「>写真のこいつ等は武士でも何でもない~」って決めつけて、断言しちゃうんだ?(失笑)
    「他のヤツらが気付かないことに気付いた俺スゲェ」って有頂天になって、『自己矛盾』に気付かなかったの?(笑)
    得意気にドヤ顔でコピペ(※298)までしちゃってさ(笑)
    まず『当該写真は大量に出回ったコスプレ写真の内の一枚に過ぎない』という『客観的』な『記録・資料』を呈示しないと、『主観論』と『論破』に固執してるようでは誰も納得させることはできないよ(苦笑)

    >「この時代の武士はガリガリだったんだよ」は「知ったかぶり」そのもの~
    コレも『この時代の武士はガリガリではなかった』という『客観的』な…(ry

    結局キミが示したのは『大量に出回った写真が、本職ではなく、ただの撮影会だと証明されてる』という事実だけ。
    『この写真』そのものについては、何ひとつ証明できてない。
    最初から「この類の写真はその殆どが町人による仮装を撮影したものだから、当該写真もその可能性が極めて高い」というふうに言っておけば、これほどまで非難囂々になることは無かっただろうに。

    [ 2016/12/02 01:42 ] [ 編集 ]
  328. >>そんなに真相を知りたいなら自分で探せばいいじゃん。
    この写真が撮影用ブロマイドだと主張するなら、立証責任は訴えた側にあるだろ。何が自分で探せだよ
    [ 2016/12/02 02:20 ] [ 編集 ]
  329. 脇くすぐったらどうなるんやろか
    [ 2016/12/02 03:23 ] [ 編集 ]
  330. *329

    膝カックンと、脇くすぐりは、「会(かい:弓を引ききって数秒静止...ほんとは静止じゃないが)」に入った射手:この写真では右奥の人、には禁じ手だ
    [ 2016/12/02 09:34 ] [ 編集 ]
  331. あと、貧相と感じる人は弓道/達人でググって明治あたりの写真を見るといいよ。

    弓道に必要な筋肉は一般人の思うような筋肉ではないことがわかると思う。

    もちろん、日本人をはじめ東南アジアは食糧事情が悪く、欧米人のように筋肉隆々にはなれないように体がなっている地理的背景も覚えておく必要がある。この体つきがデフォルトで、現代がおかしいんだよ。

    (食べ物が豊富な時代がなかったから、日本人は欧米人のようには太れない。そこまでの栄養に体が耐えられずに、生活習慣病で死んでしまうが、飢餓状態には欧米人より強い。)
    [ 2016/12/02 09:43 ] [ 編集 ]
  332. ほとんどの軍人は最小限の訓練しかしないだろ。

    この認識は間違い騎士は10歳から訓練を開始する
    剣術 槍術 棍棒術 格闘術 乗馬などの戦闘技術
    軍礼 礼儀作法の社交術
    読み書き 数学 自然科学などの学問
    これらに加えて指導役の身の回りの世話する従士の仕事がある
    これらを10年やってやっと騎士になれる 
    [ 2016/12/02 19:48 ] [ 編集 ]
  333. 和弓の射程300~400mの記述があるが、ある意味実用的な数字かもしれない。もののけ姫や戦艦の射程で描かれるているが、仰角を深く(天に向けて45°以内)すれば、一番距離が稼げるし、矢の場合先端が金属だから重量が加算され威力はあったのかもしれない。45°で向かって来るものは降って来るように見えるらしい。
    [ 2016/12/02 22:49 ] [ 編集 ]
  334. >分からないものを「>写真のこいつ等は武士でも何でもない~」って決めつけて、断言しちゃうんだ?

     するよ。大多数の偽者が出回ってたなら、
     それに似た写真は全て偽者だ。

    >「他のヤツらが気付かないことに気付いた俺スゲェ」って有頂天になって、『自己矛盾』に気付かなかったの?

     「矛盾」も「有頂天」も使い方が違う。

     なに?自分が名指しで馬鹿にされた訳でもないのに、
     自分から嬉しそうに発狂してきちゃって、どうした?

    「俺ならコイツを論破できるぜ~!!!」とでも思った?恥じろ
    [ 2016/12/03 06:49 ] [ 編集 ]
  335. >得意げにドヤ顔でコピペ(※298)までしちゃってさ(笑)

     得意げに見えるのか。ドヤ顔?有頂天?
     お前はどれだけ他人を見上げながら生きてるんだ?

    >『客観的』な『記録・資料』を呈示しないと、『主観論』と『論破』に固執してるようでは誰も納得させることはできないよ(苦笑)

     【仮説】で充分だろ。お前はその仮説すら論破できないようだが。

    >『この写真』そのものについては、何ひとつ証明できてない。

     お前は、言葉遊びだけして、何も反論できてないが?
    [ 2016/12/03 06:51 ] [ 編集 ]
  336. >最初から「この類の写真はその殆どが町人による仮装を撮影したものだから、当該写真もその可能性が極めて高い」というふうに言っておけば、これほどまで非難囂々になることは無かっただろうに。

     非難轟々・・・。

     賢そうに見える言葉選びしたいのは分かるが、
     知性が伴ってないよな? お前も10代だろ?
     社会人じゃないよな?

     周回遅れの雑魚キャラが、な~に横槍いれてんだか→※327
    [ 2016/12/03 06:53 ] [ 編集 ]
  337. >>328
    >この写真が撮影用ブロマイドだと主張するなら、立証責任は訴えた側にあるだろ。何が自分で探せだよ

     俺は「どうでもいい」。

     でもお前は、何としても俺を論破したい。

     じゃあお前が自分で探せば?
     それにこの写真の真相を知りたいんじゃないのか?
     それとも、知りたくはないけど、俺に言い勝ちたいだけか?
    [ 2016/12/03 06:55 ] [ 編集 ]
  338. ※314
    >知恵袋が客観?
    >あんなの俺だってアカウント作って書きたい放題かけるよ
    >知恵袋が客観的なんてまともな教育受けたのか疑う


     「時系列」って言葉知ってるか?

     お前とこの話しになる前に書くのと、後に書くのとで、
     状況はバラバラだろ。

    「書き放題」ではない、って事だ。それくらい分かるよな?
    [ 2016/12/03 06:58 ] [ 編集 ]
  339. ※315
    >今の言論、表現の自由が認められている21世紀の日本と
    >江戸時代とを同列に比べるのはおかしい

     江戸時代の浮世絵師達は、さんざん好き放題
     自由な絵を書いて売ってたし、処罰もされてない。
     たまに風紀の件で規制しては、イタチごっこだった。今と同じ。

     「人の口に戸は立てられなぬ」。江戸時代の言葉だ。
     江戸の事件が、5日後には日本全国に噂になってたと言う。

      お前はまるで頭が悪い無能のアホーだ→※315
    [ 2016/12/03 07:01 ] [ 編集 ]
  340. ※322
    >農民に生まれたら死ぬまで農作業の毎日だ

     商人だって大工だって死ぬまで、商人や大工の毎日だろ
     ラクしてるでも言うのか?お前は。


    >トラクターや耕運機なんてないから鍬で学校のグラウンドぐらいの面積を耕す

     耕すのは年に1回だけだバーカ!余りにも馬鹿過ぎる!
     かたや商人だって車がないし、大工も電ノコがねーわ!


    >台風との戦いだ

     商人も大工も台風との戦いだろ

    >うまいこと行ったら鎌でせっせと稲刈り

     年に1回

    >それで人権なんて概念なんてないからお役人に嫌疑かけられたらもう終わり拷問でえん罪着せられるかカタワにされる

     漫画の知識で物を言ってんな
     腕を切り取る刑罰などねーよバ~カ。ク~ズ。
    [ 2016/12/03 07:08 ] [ 編集 ]
  341. 和弓の射程距離は知らんけど、鎧もブチ抜ける威力の弓もあったらしいやん。
    ひ弱な現代人には弦を引くこともできなさそうだけど。

    そして侍とは格好ではなく、心の有り様で決まるのです。
    俺は知ってるぜ。スーツを着た侍どもが何人もこの国にいることをな。
    [ 2016/12/03 07:46 ] [ 編集 ]
  342. 木なら20cm程度、鉄板も1~2mmのものをぶち抜けるから、鎧もいける。もちろん距離もあるが。

    当たり前だけど、攻撃兵器と防御兵器はお互い進化し合うので、個人装甲がすたれるライフル銃までは、遠距離投射兵器と鎧・盾の性能は、どの世界でも拮抗している。
    [ 2016/12/03 09:15 ] [ 編集 ]
  343. 論より証拠 まず弓道 弓術習ってみなよ
    日本人ならさ
    [ 2016/12/03 13:06 ] [ 編集 ]
  344. ※338
    後も前も関係ない
    知恵袋のどこのだれが書いたかわからないようなもん根拠にならない

    ※339
    浮世絵師が自由に絵を書いてたから自由?
    海国兵団書いて海防の重要性を説いた著者は発禁処分受け手処罰されたよ
    蘭学も禁止されてキリスト教徒は処刑される
    幕府への批判なんてできない

    ※440
    江戸時代の拷問について調べてみようか
    石抱き、水責め、逆さ吊り、海老吊り、鞭打ちなんでもごされ
    [ 2016/12/03 14:04 ] [ 編集 ]
  345. >知恵袋のどこのだれが書いたかわからないようなもん根拠にならない

     その知恵袋を書いた人は
     別の「ちゃんと物的証拠を持った人の著作」
     からの受け売りに決まってるだろ。


    >浮世絵師が自由に絵を書いてたから自由? 海国兵団書いて海防の重要性を説いた著者は発禁処分受け手処罰されたよ 蘭学も禁止されてキリスト教徒は処刑される 幕府への批判なんてできない

     グーに対して、後出しでチョキを出すなよ。
     こっちが「95%」を出したのに、お前は「5%」
     を出して負けてるだろ。

     キリスト教はテロリストで人身売買だから処刑されてんだろ


    >江戸時代の拷問について調べてみようか 石抱き、水責め、逆さ吊り、海老吊り、鞭打ちなんでもごされ

    あぁ、それらは「死なないようにやる拷問」ですからw残念!
    (お前は本当に馬鹿なんだな。あと腕を切り取る刑罰は?)


    江戸時代の拷問とか浮世絵師、風習などはお前の100倍知ってる!
    そういう本を80冊持ってる!
    [ 2016/12/03 18:16 ] [ 編集 ]
  346. ※341
    特に先進国はそうだろうけど、どの国の人も
    近代化以前と以後では個人のフィジカル、メンタル共に圧倒的に平均が下がってるだろうしな
    強くないと死んでしまう世界とヘラヘラしながら生きていける世界の人間が同じ能力なわけないし
    [ 2016/12/04 21:32 ] [ 編集 ]
  347. ただね、弓道に関しては力じゃないんだよ。
    弓道は「骨で引く」という言葉がある。力をいれずに、人体の構造の理に従って「下ろして開く」のが極意。

    弓の構造上、本来まっすぐ飛ばずに斜めに矢が行ってしまうところを、世界でも類をみない「弓返り」という反時計回りにトルクを欠けながら発射するという独特の技法のために、余計な力をそぎ落としてぶれないことが重要。

    発射の際も弦を持っている手が「ほどける」と表現するほど、自然に余計な力を加えず行う(中/上級者)

    一見筋肉がついてないように見えるは弓道家にとっては理想の体系なんだよ。
    [ 2016/12/05 08:47 ] [ 編集 ]
  348.  
    弓返りなんて外側に矢をかける脳足りんの考えた事だけどな。
    常識的に考えたら構造で寄せられる内側に矢をかけるだろ。
    まあ外にかけて真っ直ぐ飛ぶことは評価するが無駄だ(笑
    [ 2016/12/05 22:19 ] [ 編集 ]
  349. *348

    2000年かけて真剣な命のやりとりの中で発達したものを、歴史も知らない素人が「俺論破」とはw

    ・未開部族のように、弦を外したときに直線的になる弓なら、弓返りは必要ない(弦が腕に当たっても、それほど痛くない)
    ・強力な弩は、連射性能に劣る
    ・強力にするために:長大・かつ裏反り(弦を外したときに普段の形とは反対側に反る)
     代償として、発射時に弦が強く腕に当たる
     →回避するために弓返り:副次的にトルクがかかるのでまっすぐ飛ぶ
      強力かつ、連射にすぐれ、耐久性もある弓のできあがり(直線弓は耐久性が悪い)

    ・洗練された技法だが、非訓練平民が戦争にかり出されなかった日本の戦争様式に合っていた
     中国は、訓練なしの平民がかり出されていたので、弩弓などの訓練が必要ない武器が発達。

    ・日本独特の様式だが、世界的な長弓である英国のロングボウに全く劣っておらず、威力はむしろ上なので、「無駄」ってなにwww

    すべて、戦争に必要十分な理詰めの構造だよ。正解が一つではないのは兵器の常だけど。
    [ 2016/12/06 09:27 ] [ 編集 ]
  350. 徳川慶喜の弓を今の人が引こうとしたが半分も引けなかつた。今の日本人では誰も射るのは無理らしい。痩せてても我々より力はあるだろう
    [ 2016/12/08 13:35 ] [ 編集 ]
  351. > 俺もサムライみたいな髪型にしてみたいな、へへ。 アメリカ
    おぬし、月代を剃りたいと申すか
    [ 2016/12/08 17:17 ] [ 編集 ]
  352. ※348

    あなたの言う内側に矢をつがえたら、馬上で射ることができんのだわ。
    [ 2016/12/13 00:46 ] [ 編集 ]
  353. 弽つけずに素手で引けてるんだから弱弓使った撮影モデルだな
    [ 2016/12/13 09:47 ] [ 編集 ]
  354. そんなに好きなら江戸時代に行ってこいよ 十中八九の確率で農民 農民に生まれたら死ぬまで農作業の毎日だ トラクターや耕運機なんてないから鍬で学校のグラウンドぐらいの面積を耕すんだよ それで屈んで数十センチ感覚でちまちま苗を植えていく 成長したら次は次は害虫と干ばつ、台風との戦いだ そこで干ばつなど自然災害にやられたらもうアウト この半年間の苦労は水の泡 うまいこと行ったら鎌でせっせと稲刈り
    屈んで何千、何万本もの稲を刈っていくんだ それで収穫した米も半分は取り上げれる
    小作人なら6割7割が取り上げられて米は食べれず粟を食うしかない


     農民は苗取り、田植え、稲刈りなどの農作業が終わった後は農休みをとり、
     18世紀後半以降になると娯楽性の強い遊び日として意識されるように
     なっています。大体年間30から40日、場所によっては60日あったと
     いわれます。休日には歌舞伎、踊り、獅子舞、相撲、花火などの祭礼興行を
     行うに至っています。あまりにも遊興化が進むと幕藩領主が倹約令を
     出すようなことも起こっています。豊かになっていた証左でしょう。
    [ 2016/12/14 20:26 ] [ 編集 ]
  355. ヒョッロwwwwwwwwww
    [ 2016/12/17 15:57 ] [ 編集 ]
  356. コメントに「規律」とか「忠義」を連想すると言ってる意見がいくつかあるが、まあ、この写真の時代ならそういう面もあったろうけど、戦国時代の侍はそんなお行儀のいいものじゃなかったらしいよ。
    思いのままに飯や酒を食らって、少しの諍いから斬り合いになることもあるし、刀傷が出来たからと体が弱ければあっという間に死んでしまうし、村から女はさらってくるしで現代の倫理からはかけ離れたムチャクチャな、言葉さえまともに話せない者も多くいて、殆ど化物にしか見えなかったという
    [ 2016/12/21 14:13 ] [ 編集 ]
  357. 三人とも腋毛がほとんど生えてないっぽいのが気になる
    士道とはモデル道と心得たり
    [ 2016/12/23 22:38 ] [ 編集 ]
  358. 幕末の侍って事務仕事だけして給料もらう公務員でしょ。
    もちろん実戦なんて無かったし、武士・戦士としての存在ではない。
    今で言う、働いても働いても貧しい公務員みたいな形をイメージすればいいのでは。
    武術は嗜みとしてやっていた。
    [ 2016/12/25 10:09 ] [ 編集 ]
  359. ナイトなんて鉄砲足軽の一斉射撃から槍持ち足軽の槍衾突撃でお陀仏だろ
    なんて言ったら外人どもも発狂すんだろ
    [ 2016/12/26 12:54 ] [ 編集 ]
  360. 年代からして絶対に武士とゆうわけではなさそうだね。あと300年続いた江戸時代って素直にすごいよな。
    [ 2016/12/27 14:01 ] [ 編集 ]
  361. >>34
    弓騎兵は逃げながら矢を打ち込むから重装騎兵だと
    追いつけなくて一方的に削られるしかないからなぁ
    [ 2016/12/27 14:43 ] [ 編集 ]
  362. ※113
    その相手の届かないところから射掛けるってののために飛距離をドンドン伸ばそうとしたんでしょ。
    ※114
    TVスタッフにチョンが増えすぎた性だな。
    [ 2016/12/27 18:04 ] [ 編集 ]
  363. 774
    体型がヒョロいと言ってる奴は何もわかってないな、筋肉に頼るようになったのはつい最近のことで、昔は持久力が落ちて燃費の悪くなる肥大した筋肉は無駄だとされて、力より技術を磨いていたんだよ。それはつまり合理的効率的な身体操法だ。小柄な女性が女性が米俵5俵300kgをかついでいる写真を見たことないか?安全を確保した試合じゃなくて、本当の死合をしていた時代の人達だぞ、今より強さを貪欲に追求していた筈だ。その人達が筋肉達磨は弱いと結論付けたんだよ、現代人よりよっぽど説得力あるわ。
    [ 2016/12/30 09:37 ] [ 編集 ]
  364. 着物がリアルだな
    時代劇に出てくるのって小奇麗でリアリティが欠片もない
    [ 2016/12/31 00:12 ] [ 編集 ]
  365. ※363
    チビの言い訳
    強さを最も追求していた戦国時代も
    名が残るほど活躍して恐れられた武人は
    皆当時の平均をはるかに超える大男や怪力ばかりだわ
    [ 2017/01/02 15:54 ] [ 編集 ]
  366. 熟練ロングボウ部隊を維持するのは難しいので
    足軽でも使える鉄砲に駆逐されたんだろうな。
    [ 2017/01/05 19:46 ] [ 編集 ]
  367. >強さを最も追求していた戦国時代も
    >名が残るほど活躍して恐れられた武人は
    >皆当時の平均をはるかに超える大男や怪力ばかりだわ


     具体的にその武将の名前を10人以上、ここに列挙しろ。大先生。
     具体的にその武将の名前を10人以上、ここに列挙しろ。大先生。
     具体的にその武将の名前を10人以上、ここに列挙しろ。大先生。
     具体的にその武将の名前を10人以上、ここに列挙しろ。大先生。
     具体的にその武将の名前を10人以上、ここに列挙しろ。大先生。

    (はるかにww)
    [ 2017/01/14 03:01 ] [ 編集 ]
  368. ライフリングって
    ※50
    ライフリングって筒の中のねじり切り込みのこと?
    それなら初期の頃には無いけど入れるような工夫しているって、そういうの好きな親からの受け売りだが。
    一応調べて見てね☆
    結構試行錯誤していろんな銃器作ってるよー。
    [ 2017/03/06 22:05 ] [ 編集 ]
  369. 左の侍は下駄に足袋履いてて、草鞋履いてる右二人より高貴な家の出なんだろうね。
    [ 2017/09/12 08:13 ] [ 編集 ]
  370. アフリカの部族みたいな凄みを感じるな
    言葉が通じなさそう
    [ 2017/11/02 07:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング