パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本だけ別格じゃん」 日本の大工たちの圧倒的な技術力に外国人が衝撃

今回は、日本の木組みの技術を収めた映像から。

材木に切り込みを入れて組み合わせる木組みは日本だけの技術ではなく、
ドイツやフランスなどには数百年前に作られた木組みの家が今も多数現存し、
中には世界遺産に登録されている木組みの街もいくつかあります。

日本では東大寺や法隆寺に木組みの技術が用いられていますが、
巨大地震にも耐えられるように設計されている日本の木組みは複雑で、
それだけに高度な技術を要することから海外サイトで度々取り上げられ、
その度に大きな驚きを外国人に与えています。

今回の記事の翻訳元でも、日本の職人さんたちの正確無比な仕事に、
衝撃を受ける外国人が続出していました。
寄せられたコメントをまとめてみましたのでごらんください。

海外「日本の職人技に惚れた」 宮大工の鉋がけの技術が外国人を魅了

 2016-09-22




翻訳元





■ この正確性はもはや芸術! 衝撃的な独創性だ!!! +64 フランス




■ 何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません😀 +3 ラトビア




■ とんでもない人たちってのは世界中にいるもんなんだねぇ。
  ただただ驚いた。独創性が本当に見事。 +5 アメリカ




■ あんな究極のメソッドを誰が思いついたんだよ。 +2 オーストラリア




■ 日本の伝統的な建築には釘も何もいらないのか!
  この芸術を生で見てみたい! +3 ポルトガル




■ 完璧! さすが日本人って感じ。
  綺麗に嵌っていく様子が本当に美しい。 +2 オランダ




■ やっぱり伝統的な技術が一番好きだ。
  日本に行って本場の技を教わりたい! +11 マレーシア




■ 日本人なら当然これくらいやってくれるさ。 +10 ドイツ




■ 本物のプロフェッショナルの男たちを見た思いだ……。 +8 オランダ




■ これは人に言葉で説明しても凄さは絶対に伝わらんな。
  自分の仕事を極めんとする日本人の姿勢が大好きだ。 +6 クロアチア




■ 日本に修行に行きたい。
  今の自分の技術的な殻を破るにはそれしかなさそう。 +5 スウェーデン

海外「そりゃ寿司が高いわけだ」 海外の超有名シェフが寿司作りに大苦戦




■ 日本人はホント、何なんだろうな……。 +7 ハンガリー




■ いやぁ、美しい。日本の建築技術を学べる学校に行こうかな。
  どうやってるのか本気で勉強してみたい。 アメリカ




■ とにかく驚いた。
  日本の仏塔が地震に強いのもこの技術のおかげなのかね。 イギリス




■ 美しい! 超が付くくらいに正確。
  木材に日本語で色々書かれてることに驚いたんだけど、
  あれは何のために何を書いてるんだろ。 +1 フランス




■ 俺の国の木工技術にも同じくらいの複雑さがあれば……。 +1 アメリカ




■ ふつくしい。
  俺からすると、彼らは大工じゃなくて芸術家だよ。 +2 チェコ




■ これはすごい!
  木組みの技術は他の国にもあるけど、日本だけ別格じゃん。 アメリカ




■ 日本は地震大国だからこういう技術が生み出された。
  もっと言うと、生み出さざるを得なかったんだろう。 アメリカ

海外「日本の建築技術は異常」 地震に耐える日本の高層ビル群が話題に




■ 日本人って不思議な民族だよな……。
  あんな複雑な技術、普通思いつかないぞ。 ベラルーシ




■ ああっ、日本人は木工を芸術に変えてしまったか。
  俺たちはまだそこまでの段階には到達していない。 +1 アメリカ




■ この技術を見るためだけに日本に行きたいぞ! +2 イギリス




■ 彼らの技術には、一編の詩のような美しさがある。 +3 ウェールズ




■ 世界最高クラスの職人たちと言っても大げさじゃないね。
  僕らは日本の細工箱を輸入販売してるんだけど、
  そっちの品質も圧巻の一言だよ。 +1 アメリカ




■ 今から動画を観る人へ。
  驚きのあまり漏らすから替えの下着用意しとけよ。 +1 オーストラリア




■ 日本人は正確性を愛し、納得がいくまで仕事を続ける。
  完璧性を尊ぶのが日本人って人たちだから。 アメリカ

海外「神道的な美なんだよ」 日本の陶器の『不完全さ』を巡り外国人が論争




■ ……ほぞ穴ですら完璧な美しさを帯びている! ベルギー

2016-09-222.png




■ 今オキナワで2年半暮らしてる。
  幸運なことにショウジ枠作りを見学する機会を持てたんだ。
  職人たちは釘もネジも一切使わない。
  それなのに毎回毎回仕上がりは完璧!!!! 
  本当にものすごい腕前だった!!!! +6 アメリカ




■ 木組みってあんな複雑な形にしないといけないものなの? スロバキア




■ 日本の木組みは何回繰り返し観ても飽きないわ。 +1 アメリカ




■ ここまでくると非現実的ですらある。
  あれじゃ1つの木組みを作るのに何日もかかるだろうな。 +1 アメリカ




■ 本当に引き込まれる。
  こういった伝統が自分の国に残ってないのが残念だ……。 +4 フランス

海外「その頃欧州なんて…」 日本の千年超の老舗企業に外国人仰天




■ 俺の技量じゃ山のような楔が必要になりそう……。 +1 スペイン




■ 映像の会社は日本のどこにあるのか知ってる人いないかな。
  行けるのものなら勉強のために見学に行きたい。 チェコ




■ 木組みがこんなに美しい物だなんて知らなかった!!! +17 アメリカ




■ 仕事に対する、最も高い次元の献身が必要となる技術だ。
  日本人のプロ意識と知識に、最大限の敬意を表したい。 イギリス






関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2016/09/26 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(277)
Powered By 画RSS
  1. ■ 日本の伝統的な建築には釘も何もいらないのか!
      この芸術を生で見てみたい! +3 ポルトガル

    釘使わないほうが、建物が長持ちするんだよね。
    [ 2016/09/26 23:03 ] [ 編集 ]
  2. ■ 彼らの技術には、一編の詩のような美しさがある。 +3 ウェールズ

    最大の賛辞だねえ
    [ 2016/09/26 23:09 ] [ 編集 ]
  3. 日本は湿度が高い夏と乾燥した冬があるからなぁ。
    釘を使うより木を組み合わせて自然に収縮させた方がいいんだね。
    [ 2016/09/26 23:09 ] [ 編集 ]
  4. 姉歯建築
    [ 2016/09/26 23:10 ] [ 編集 ]
  5. 釘は全く使わない訳じゃないぞ
    使ってる数が少ないだけで、日本には和釘という独自の釘がある
    [ 2016/09/26 23:10 ] [ 編集 ]
  6. いや、和釘っていう大きな釘もあるんだけどね。
    [ 2016/09/26 23:10 ] [ 編集 ]
  7. 釘は腐ってボロボロになるかも
    それでも大丈夫
    [ 2016/09/26 23:12 ] [ 編集 ]
  8. ■ 美しい! 超が付くくらいに正確。
      木材に日本語で色々書かれてることに驚いたんだけど、
      あれは何のために何を書いてるんだろ。 +1 フランス

    この動画だとなに書いてるかわからないけど
    うちの親父は「いろはにほへと」と竹の筆?見たいので書いてたな~

    [ 2016/09/26 23:13 ] [ 編集 ]
  9. こんなん一部の宮大工しかしませんやん
    [ 2016/09/26 23:15 ] [ 編集 ]
  10. 和釘って確か30cmぐらいあるんだっけか。正面に凹凸があるから、打ち込んだ後に木がガッチリとその凹凸を埋めて一体になるのだとか。
    打ち込んだ棒の部分が重要なので、釘頭は取れやすくて引っかからないようにしてるんだってさ。
    [ 2016/09/26 23:16 ] [ 編集 ]
  11. >何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません
    職人が一億人いれば勝ってたよw
    今でも職人が減り続けてるのは現代の大量消費時代に合わないためだ
    技術革新をするのは技術者だ
    よって20世紀以降は職人よりも技術者の時代なんだよ
    [ 2016/09/26 23:16 ] [ 編集 ]
  12. 日本を見なければ韓人の優秀性が分からないという皮肉の最たるものですね
    こういった技術もかつて韓人が日本にもたらしたものでした
    しかし今はすべての優秀な文化が横取りされて、それが存在したという証拠すら残っていません
    この悲しみがわかりますか?
    [ 2016/09/26 23:16 ] [ 編集 ]
  13. 圧巻された
    [ 2016/09/26 23:17 ] [ 編集 ]
  14. あの木組み作るのに、何日もかかるっていうけど
    程度にもよるが、ガイジンの想像よりすげー早く作れるんだよな
    海外の専門家・同業者が来日する例の番組で
    同じ質問をドイツ人だったか建築家が大工さんにして
    想像より断然早く仕上げるんでたまげてたな

    職人さんの仕事場は総じてキレイ
    道具や材料にも注意を払い、整頓することで事故も防ぐ
    [ 2016/09/26 23:17 ] [ 編集 ]
  15. 先人の知恵の結晶だね
    [ 2016/09/26 23:17 ] [ 編集 ]
  16. あのハマリ具合を見るだけで気持ちがすっきりする…
    [ 2016/09/26 23:17 ] [ 編集 ]
  17. 1年を通してみると寒暖や乾湿の差が激しいし、台風は来るわ地面は揺れるわで、
    否でも応でも、こういう技術を発達させるしかなかったわけだね。

    ……たのむからロストテクノロジーにしないでくれな、後世の人。
    [ 2016/09/26 23:18 ] [ 編集 ]
  18. >こういった伝統が自分の国に残ってないのが残念だ……。 +4 フランス

    うちも代々宮大工の家系だったけど。バブル期に家業を辞めた。
    なぜなら、当時は鉄筋が主流で、もう必要のない技術と仕事を貰えなかったからね。
    あの時に散々バカにしたお偉いさん達が今の日本を作ったんだよ。
    まだ、技術はかろうじて残っているけども。
    ハッキリ言って、学歴馬鹿がいる限り、そういった技術は生き延びない。
    いずれ、どの国も同じレベルになるよ。日本人少子化だし。肉体労働は嫌うからな。
    今の若者は、絶対木組みなんて出来やしないよ。
    ちなみに、尺貫法を知らないと無理!
    [ 2016/09/26 23:20 ] [ 編集 ]
  19. 戦後直ぐの「ブーフーウー3匹の子ぶた」押しありがとう犬HK。
    宮大工他の皆さま、伝統を守って頂きありがとうございます。
    [ 2016/09/26 23:21 ] [ 編集 ]
  20. 釘だらけの障子を想像して変な笑いが出た
    [ 2016/09/26 23:21 ] [ 編集 ]
  21. 一長一短だと思うがなぁ
    西洋中東はレンガや石の建築文化だろ
    日本も明治くらいにイギリス式のレンガの積み方とか教わってたで
    伝統的に得意不得意があるだけや

    日本も石の文化だったら今も出雲の古代神殿とか縄文人の集落とかもっと遺跡が沢山残ってたやろな
    ピラミッドだって木製だったら4000年も残らんわ
    木は便利だけど損なとこもある
    [ 2016/09/26 23:22 ] [ 編集 ]
  22. 神々しさすら感じる。
    [ 2016/09/26 23:23 ] [ 編集 ]
  23. その現日本人は欧米マンセーで節穴ばかりだから、技術継承もままならず虎の子の技術は消えていくばかりだよ。
    でも欧米から褒められたら急に誇りだすw
    個人的には侮蔑的に見てるけど、なんとも恥ずかしいニダねぇ。
    [ 2016/09/26 23:24 ] [ 編集 ]
  24. >>12
    ねえねえ
    いつまで妄想を言い訳に日本に寄生してんの?
    そういうの続けても、惨めで無様なままなんだけどw
    [ 2016/09/26 23:25 ] [ 編集 ]
  25. こんな技術が使える人を日本人括りにされると、いたたまれない・・。
    一部だけですから・・。(汗)
    [ 2016/09/26 23:26 ] [ 編集 ]
  26. この技術がいつ生み出されたのかは知らないけど
    江戸時代の大工は一日四時間勤務と石川英輔の本に書いてあった。
    仕事がないときはひたすら技術練習してたらしいね。
    まさか江戸時代だとは思わないけど、このように不動産も
    芸術的なものをぼんぼん作って欲しいよ。
    現代はコスト重視でつまらない建物が多い。
    [ 2016/09/26 23:27 ] [ 編集 ]
  27. 技術者は時代時代に順応できるが職人は時代が過ぎれば終わる
    まあ今の日本はどっちも軽視されてるが
    [ 2016/09/26 23:30 ] [ 編集 ]
  28. ウリ奈良ではウンコで補強できるから問題ないニダょ

    <丶`∀´>ウェーハッハッハ
    [ 2016/09/26 23:31 ] [ 編集 ]
  29. 今の一般住宅には必要ないから、寺社は大事な技術継承の務めを担ってるね
    [ 2016/09/26 23:31 ] [ 編集 ]
  30. この工法に喜んで金払う消費者がおらんと難しいでしょう。
    祖父母の世代は、稲わらで縄なったり、草履作ったりできたけど父母の世代は出来ないからねー。
    近所のジーさんが縄なうスピードとかビックリです。けどその縄凄い技術だっ!売って下さい!とはならんわな。
    [ 2016/09/26 23:37 ] [ 編集 ]
  31. ■ 何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません

    わたしたちもわかりません。
    ただ、同盟国の伊・独がアレだったのは理由の一つだと思います。
    [ 2016/09/26 23:41 ] [ 編集 ]
  32. 木工もだけど石工の穴太衆、穴太積もすごいと思う
    熊本城の構えとか、そういった技工も注目していただきたいね
    [ 2016/09/26 23:42 ] [ 編集 ]
  33. 地震もそうだけど、四季による寒暖差とか、梅雨の湿気、冬の乾燥なんかも問題なんだよね。
    そういう一切を考慮しつつ、権威を兼ねた「倒れてはいけない」大きな建物をどう建造するか? というのを昔の大工さん達は「生涯の命題」として考え続けたんだろうなぁ……如何にも日本人らしいわ。
    百年や二百年程度の「創意工夫」では到底、辿り着けない試行錯誤の結晶を、現代まで伝え続けていっていることが本当に凄いと思う。
    [ 2016/09/26 23:44 ] [ 編集 ]
  34. 組んだ後にまた戻せるのがすごいよね。
    昔ながらの建物の方が、味があって日本の風景になじむ
    最近の建物はあまり好きじゃないなぁ。
    [ 2016/09/26 23:46 ] [ 編集 ]
  35. この工法を守るためにも皇室や寺社の存続を是が非でも守るべきだと思った
    別にそれほど建築に興味があるわけじゃないけど、無くなったら悲しすぎるという理由で

    どうせ税金は払うんだしステキなことに使ってほしいもんだー
    [ 2016/09/26 23:48 ] [ 編集 ]
  36. 感嘆の声しか出ないわ・・・
    すげぇ・・・
    [ 2016/09/26 23:48 ] [ 編集 ]
  37. ›組みってあんな複雑な形にしないといけないものなの? スロバキア

    積み木を積み立てる幼稚園児に教えるくらい説明に苦労しそうだな(苦笑
    [ 2016/09/26 23:51 ] [ 編集 ]
  38. ■ 美しい! 超が付くくらいに正確。
      木材に日本語で色々書かれてることに驚いたんだけど、
      あれは何のために何を書いてるんだろ。 +1 フランス



    番付?
    [ 2016/09/27 00:02 ] [ 編集 ]
  39. 日本の湿度を考えたら釘はねえ。。(〃_ _)σ∥
    ※12に送る歌。
    エラでツリ目の巨大な顔面♪火病の癇癪ほとばしる♪
    アイゴー♪火病だファビョンガー♪
    日本の繁栄♪韓国のおかげ♪現実逃避に頼るモノ♪
    起源♪捏造♪ファビョンガー♪
    鮮人♪賎人♪賤人♪ファビョンガー♪
    [ 2016/09/27 00:02 ] [ 編集 ]
  40. ずいぶん若い職人だな
    技術が継承されてて安心した
    [ 2016/09/27 00:04 ] [ 編集 ]
  41. 悲しいかな、既に技術が途絶えてしまって再現不能の文化財もたくさんあるぞ。
    この先どうするのよ。
    [ 2016/09/27 00:05 ] [ 編集 ]
  42. 大工の中にはへたくそだったり手抜きをやったりする輩がいるけどな。
    結果、欠陥住宅が完成する。手抜きは意外と多いよ。
    [ 2016/09/27 00:09 ] [ 編集 ]
  43. ※18
    舞台美術の会社でバイトしたけど、尺貫法なんてすぐ慣れたよ。
    1週間も経つと尺寸で考えられるようになる。
    そこまで難しいもんでもない。
    それより技術だね。
    昔は貧しくて進学出来ない頭のいい子が職人方面にも行っただろうけど、今時高校行けない子はどうなんだろうね。
    [ 2016/09/27 00:12 ] [ 編集 ]
  44. でも日本の大手建築業界は酷いありさまだけどね。
    [ 2016/09/27 00:14 ] [ 編集 ]
  45. ■今や「大工」という名前だけで、こういう技術をきちんとやれる職人も殆どいなくなってしまったんだよなぁ・・・悲

    今の子は知らないだろうけど、ちょっと前までこういう技術は「男なら大抵はやれる技術」だったんだけどな。 さすがにこれはちょっと複雑だけど「特別の人間以外無理」ってほどでもない。 

    この工法も、本来なら昔の本柱の太さに真っ直ぐ穴を開けて通して、斜めに「ホゾ抜き」で動いて支える柱を入れた方が色んな意味で強い。(大建造物は殆どそうなってる) だけど普通の家の細い柱に大きな穴を開ける状態になるならなるべく穴を小さくして「柱の繊維は通す」形にした方がいいから金輪継ぎで繋げてる。

    俺の親父は知り合いや親戚で大工でもないのに家を建ててたし、そういう事が出来ないと逆に田舎では暮らしていけなかった。 俺も物心ついた時から親戚の大工の仕事を見て育ったから、ノミの使い方やホゾの空け方なんか自然と知ってた。

    2×4工法なんて、耐震性は「実はそこまで大したこと無い」って事は解ってたが、建築業者ってのは行政と繋がって無知な層を騙し放題の20余年・・・でも耐震性のある日本建築は木材も金も食うからなぁ・・・
    [ 2016/09/27 00:14 ] [ 編集 ]
  46. これは一部の大工だけど、
    仕事をしてる大人ってのはその仕事のプロなんだよ。
    あんたのオヤジだって毎日毎日何時間もその仕事をやってるんだ。
    学生なんぞには想像もつかない世界なんだよ、わかる?
    [ 2016/09/27 00:16 ] [ 編集 ]
  47. こういう技があっても誰も金を払ってくれない。誰でも日当いくらでしか出そうとしない。
    [ 2016/09/27 00:23 ] [ 編集 ]
  48. 船大工が作る家には釘が使われていないって、ばっちゃが言ってた。
    [ 2016/09/27 00:24 ] [ 編集 ]
  49. >>31
    日本人か?^^; なら「戦争に至るまでの世界情勢と世界戦略」の攻防の歴史から学びなおせ。

    日本は、あの状況に追いやられてさえ「アメリカを負かす気だったのならどうなるか解らなかった」とまで言われたくらい、アメリカを叩きのめした。 本土空襲だって出来たし、それに怯えてた時期もあったんだよ。 日本が戦争に至ったのは「アメリカに勝つため」では無かったから、主力艦隊を叩くだけで「資源戦略」を優先させた。 当時のアメリカには資源なんてロクに無かったからな。

    当時のアメリカは「世界の物流・経済支配」を念頭に置いてたから「強い国は全て潰す」という思想において日本は遅れをとったまで。 日本が最初から「世界制覇」を目標としてたら、歴史は変わってたろうと言われる多くの「世界制覇の為には謎な戦略」をやらなかったらな。
    [ 2016/09/27 00:25 ] [ 編集 ]
  50. >>43
    尺貫法なんて覚えても、「実際の建築と間取り」は全く別物だから日本各地に実地に行ったらパニックになりまくるとは思うけどね^^; まぁ、大工とは名ばかりの「プラモデル工法」をやるだけなら何の問題もないが。
    [ 2016/09/27 00:28 ] [ 編集 ]
  51. 一般の家じゃほ今はボルトとか使うだろう木だけでやるのは宮大工だろうなぁ
    [ 2016/09/27 00:29 ] [ 編集 ]
  52. 鑿やかんななどの道具職人、或いは刀鍛冶、木工、陶芸、和紙の紙漉きなどなど需要が少なくなってたり、
    高価過ぎて商売にならず、店を閉めざるを得なかった職人たちが、インターネットや日本への関心のお陰で日本の中だけでの商売から世界中での商売ができるようになり、
    しかも高価でも買ってくれるし、後継者になりたいという人も出てきた。

    失われた職人技も有るだろうけど、ぎりぎりで繋がる技も有ると思う。ある意味良い時代になった。
    [ 2016/09/27 00:40 ] [ 編集 ]
  53. 日本の大工に興味がある人には、是非錦帯橋の架け替えDVDも見て欲しいところ。
    和釘を使っている建築物だけど、橋の仕組みも、組み立てていく様子も凄いなぁと思った。
    大昔に台風で壊されたとき、橋をコンクリート製に変える話を拒否して木造に拘ってくれた先代達に感謝。
    [ 2016/09/27 00:42 ] [ 編集 ]
  54. 大工ってスゲ~な、何度見ても精度に驚かされる。
    ここまで複雑じゃないけど、今でも普通の家屋の骨組みにも使われるよ、変にボルトや金具で止めるより頑丈。
    コンクリート万能から耐力壁を推奨した、建築学会が腐っていた。
    梁が柱を貫通していることが重要で、従来工法に代わって、こうした伝統工法が見直されつつある。

    >■ ふつくしい。
    >  俺からすると、彼らは大工じゃなくて芸術家だよ。
    原語で何と書いてあったんだろうか?
    また変な日本語が拡散しているのかな。
    [ 2016/09/27 00:46 ] [ 編集 ]
  55. ※52の続き
    日本酒やウィスキーにしても、国内のメーカーは国内での需要頭打ちで、行き詰まりを感じてたが、外国に開かれて勢いが付いてると思う。
    食品は清潔で味がよく健康的、道具や技術関連は精緻で高品質というのが「日本ブランド」のイメージとして定着してるのも凄い。
    [ 2016/09/27 00:47 ] [ 編集 ]
  56. 釘無しで平気でも、建築基準法の関係で打たなくちゃいけないんだよな。
    金属の補強付けたり。
    [ 2016/09/27 00:47 ] [ 編集 ]
  57. 寺社建造物で後世に残したい堂塔伽藍はたくさんあるけど修復や保全の為の資金がないのが現状だよね、御縁がありますようにって5円をお賽銭にしないで下さい。せめて500円とか千円とかにしましょう。「宮大工千年の知恵」って文庫本が面白いです。
    [ 2016/09/27 00:49 ] [ 編集 ]
  58. 日本人からすると普通なんだけど、やっぱ文化って不思議だよな。
    [ 2016/09/27 00:50 ] [ 編集 ]
  59. 工場作りじゃない昔からの大工なら、ここまで精密でなくても似たようなのは普通にできるよ
    基本は図面書いてその通りに切るだけ
    その図面をきっちり作らないと、組んだときに割れる

    昔から苦労して習得した技を、今では次に伝えるすべがなくなってきているのが残念な限り
    [ 2016/09/27 00:54 ] [ 編集 ]
  60. 何故かTOKIOが継承してたりするんだよなあ。
    [ 2016/09/27 01:00 ] [ 編集 ]
  61. みんな知ったかぶりは止めよう~。
    [ 2016/09/27 01:01 ] [ 編集 ]
  62. 12嘘ついても無駄(^^)嘘つきまくっても韓国に技術なかったのは事実です(^^)水車すら作れなかったのにね(^^)
    [ 2016/09/27 01:07 ] [ 編集 ]
  63. これでも全盛期より宮大工の腕は落ちてる
    宮大工自身が「昔の人は木を知り尽くしていた。昔の大工が数週間で造った部分を今の大工が修復すると二ヶ月はかかる」って言ってる
    [ 2016/09/27 01:10 ] [ 編集 ]
  64. 四川大地震の時中国の古い建物倒壊しまくって
    「何で日本の古い建物は平気アルか?」
    って中国のお偉いさんが視察に来てたじゃん
    [ 2016/09/27 01:13 ] [ 編集 ]
  65. たぶん接着剤がない頃に半端な長さの木を有効に美的に強度的に問題なく使うための技術だろう
    今は接着剤もあるし小さな端切れのようなブロック単位の木材を組合わせてどんな合板でも作れる
    未だに失伝してないのは結構なこと
    [ 2016/09/27 01:21 ] [ 編集 ]
  66. 梁と柱の接合はいまでも接着剤は不可だよ
    [ 2016/09/27 01:29 ] [ 編集 ]
  67. 古い日本家屋住んでるけど(釘使ってないよ)
    アパート建設の営業が
    古い日本家屋を狙って来るよ
    断っても断っても担当者変えてしつこく毎月、20年くらい来てるよ
    壊してアパート建てさせて自分の営業成績を上げる事しか考えてない
    いい加減うんざりだわ
    [ 2016/09/27 01:31 ] [ 編集 ]
  68. >木組みってあんな複雑な形にしないといけないものなの?

    いや、いけないっていう訳じゃないよ。
    絶対に地震は起きないという国であれば、あるいは、地震で倒壊するのは仕方ないと割り切れる国であれば、又、長期間に渡ってその木造建築を維持する必要性を感じない国であるならば必要としない技術だよ。
    ところが日本は、重要な建築物はどんな地震にも耐える必要性を感じてるし、長期間に渡ってビクともしない建造物を建てる必要性も感じてる。
    だから、神業と言えるようなこの技術が生まれたんだ。」
    [ 2016/09/27 01:34 ] [ 編集 ]
  69. またですか 日本中の大工が全員出来る訳じゃないからね
    TOKIOの山口達也さんは何年も賭けて習得してるしけど 本気で技術を覚える気があるなら海外の人だろうが日本人だろうが関係無いし 
    [ 2016/09/27 01:34 ] [ 編集 ]
  70. この映像に映ってる大工、2人とも結構若そうだけど大した腕だな。
    [ 2016/09/27 01:39 ] [ 編集 ]
  71. 複雑さより何か不具合があった時にその場で修正出来るかが重要なんですよ 一から自分で加工してる人はすぐ対応できるけど 機械で加工された材料を使ってる人にはまず無理でしょうね
    [ 2016/09/27 01:43 ] [ 編集 ]
  72. ■ 何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません


    ↑普通の国民、兵士にこのような技量水準を求め、それが出来ない凡百の連中は根性で飯無しで突撃しろとか無茶苦茶なことを命令した兵站供給もマトモにできなかった上のボンクラ連中のせい。
    [ 2016/09/27 01:44 ] [ 編集 ]
  73. 戦争まで話が飛ぶのか~ 日本は木造家屋が多いから焼夷弾撃ちまくれの某国が相手だから いくら木組みがしっかりしてようが燃やされれば関係無いし 
    [ 2016/09/27 01:51 ] [ 編集 ]
  74. こういう本当の大工減ってるんだよなぁ‥

    建売とかほんと恨むわ
    [ 2016/09/27 01:57 ] [ 編集 ]
  75. ついでに言うと東京大空襲での民間人大量虐殺ね 元々の国力の差も考えてよ その割に優れた兵器を開発・製造してたのはやっぱり技術力が高かったんでしょうね 発想力とそれを形に出来る技術者が沢山いたんでしょ 
    [ 2016/09/27 01:58 ] [ 編集 ]
  76. 日本はダメだよ
    一見、フランスには木造の建物が少ないようだが、実は石造りの建物の内部は木造。外壁だけ石なんだな。ドイツの場合は、家は基本的に木造。
    NHKの番組で木組みの強度対決をしたら、向こうのやり方の方が強かった。独仏の技術も凄いんだな。
    しかも、向こうの場合、普通の民家でも、最低でも100年以上持つ。築200年の建物は日本なら重要文化財とかに指定されるほど珍しいが、向こうでは珍しくもない普通の物件だ。
    建築技術が本当に進んでいるのはヨーロッパ。日本の土建屋は「日本は湿気が多いから」とかいって30年で価値がゼロになる家を建て続けている。こんなこと、ヨーロッパでやったら詐欺だと訴えられ、あっとういう間に刑務所行だ。会社も潰れる。
    [ 2016/09/27 01:58 ] [ 編集 ]
  77. 犯罪しに来るなよ外人
    [ 2016/09/27 01:59 ] [ 編集 ]
  78. ほとんど自然災害が無い国と比べる方が間違ってるし 台風(ハリケーン)何て無縁でしょ  
    [ 2016/09/27 02:12 ] [ 編集 ]
  79. 独・仏に雨戸がありますか? 
    [ 2016/09/27 02:14 ] [ 編集 ]
  80. 暑さ寒さの事だけ考えてればいいなら楽ですよね
    [ 2016/09/27 02:16 ] [ 編集 ]
  81. ※76
    NHKを礼賛しているバカ発見w
    [ 2016/09/27 02:17 ] [ 編集 ]
  82. 海外の人も自国の国営放送なんて信用してないでしょ ちなみに国営放送から受信料とか取られるの?
    [ 2016/09/27 02:23 ] [ 編集 ]
  83. ■ 何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません

    もともと欧米に「勝つ」つもりで始めた戦争じゃないし、東條英機がチャンドラ・ボースに肩入れさえしなきゃ、もう少し楽に戦局を進められたかもね
    [ 2016/09/27 02:23 ] [ 編集 ]
  84. 造作大工、宮大工は素晴らしいよ。
    [ 2016/09/27 02:24 ] [ 編集 ]
  85. 伊勢の神宮で見たけど
    屋根とかも重みで自然に下がってくることを計算して
    最初からそういう風に組んでいるんだよね。
    いやほんと芸術だよ。
    [ 2016/09/27 02:27 ] [ 編集 ]
  86. >>76
    それ以上無知を晒すのはやめておけ。
    自分でバカですと自己紹介してるようなもんだ。

    一応ヒントだけ上げよう
    建築基準法
    [ 2016/09/27 02:27 ] [ 編集 ]
  87. 作る腕も技術もあった 無かったのはそれを作る資源だ
    終戦間際どれだけ燃料が無くただの鉄の塊の飛行機や艦船があったと思うか
    日本列島から鉄や油が腐るほど取れるなら
    そもそもアメリカは戦争に引きずり込まなかったろうさ
    [ 2016/09/27 02:30 ] [ 編集 ]
  88. クギとか接着系使うと経年で錆びて段々太ってきたり腐食が進むんで、木組みの技術が進歩したんだよね。同じ材料を可能な限り長く使うために。
    ※76
    適当なこと言うなよ。あっちの建築物は木材で型作って、外壁を石材で形作ると同時に木材でその重量を分散・締めているだけだ。だから火事とかになると自重で一気に崩れる。ただ基本材が石だから再利用するにも何度も可能で、あっちでも200年建造時から丸々全部残っているってのは結構珍しい、戦争も多いしな。
    建立当時から同じ木材を利用してきているって意味であれば、京都の神社仏閣は一部とは言え同じように継続して使っているのがぞろぞろある。焼失しなければ名古屋城とかだって結構長いこと残ってたりした。
    [ 2016/09/27 02:37 ] [ 編集 ]
  89. だがもう職人はどんどん減ってきている
    職人とは関係ない部分だが、木材利用という点では今や海外の方が利用していたりするんだよな。
    新たな木材加工技術もすで負けている。人の技術は日本が圧倒的だが。
    [ 2016/09/27 02:37 ] [ 編集 ]
  90. 海外では木材の強度を上げて
    木材の高層ビルとかも立ててるからなぁ。
    日本も新しい技術を取り入れて
    日本式に発展させていければいいねぇ。
    [ 2016/09/27 02:45 ] [ 編集 ]
  91. 年配の人かと思ったら若い兄ちゃんがやっててビックリ
    こうやって受け継がれて行くんだね
    [ 2016/09/27 02:48 ] [ 編集 ]
  92. 日本の伝統技術を詰め込んだ木造住宅を独・仏に建てたら?
    500~1000年持つかもよ
    [ 2016/09/27 02:54 ] [ 編集 ]
  93. >何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません😀 +3 ラトビア
    どんなに丁寧に作られたものだって、金槌やライターを持った幼児には勝てないよ、物の価値なんか解らないんだから
    [ 2016/09/27 02:56 ] [ 編集 ]
  94. 世界最古の木造建築は日本人が作って日本にありまんねんでぇ
    [ 2016/09/27 02:58 ] [ 編集 ]
  95. 00
    一方、素人のつけた張り棚は3日で落ちるのであった(´∀`;)

    [ 2016/09/27 03:25 ] [ 編集 ]
  96. 嬉しいねぇ。
    こう言う職人さん褒めてもらえるのが本当にうれしい。
    知ってくれてありがとう。
    [ 2016/09/27 03:39 ] [ 編集 ]
  97. 木材の見立てとか材質に対する造詣とかないとできないよ
    [ 2016/09/27 03:51 ] [ 編集 ]
  98. 韓国の起源主張はまだかよ!
    [ 2016/09/27 04:07 ] [ 編集 ]
  99. この技術ほんと凄いよね 木工が長い間日本で行われ色んな試行錯誤があった事が窺える  無くさないようにしてほしい 
    [ 2016/09/27 04:07 ] [ 編集 ]
  100. ヨーロッパの木工技術も相当なもんだけどな
    継ぎ方も腐る程ある
    日本人なんかは向こうは石みたいに思いがちだがメインは木だ
    森林が多く自然にそうなる
    洗練の極致を伝える日本との比較は難しいが
    向こうは向こうの流儀で、研究熱心なヨーロッパの歴史分の洗練がある
    少なくとも失われた中国朝鮮の木造技術よりも遥かに上だろう
    動画を見た多くの外国人はたまたまそれが初めて知った木工の世界のようだ
    [ 2016/09/27 04:47 ] [ 編集 ]
  101. この技術を継承しないと文化財の修復が出来ないわけで、
    持統天皇の頃から継続してる伝統なんだけどね。
    [ 2016/09/27 04:54 ] [ 編集 ]
  102. 木は日本だろうけど
    石の加工なら海外の方が上手いんじゃね?
    竹は中国だと思う
    [ 2016/09/27 05:00 ] [ 編集 ]
  103. 宮大工は別格だよな
    [ 2016/09/27 05:04 ] [ 編集 ]
  104. 長年かけて身につけた技術が 世の中の変化や 技術革新 高性能の機会の登場などで 必要とされなくなるかもしれない、だから 身内には職人は勧めない。
    どこかの誰かには継承して欲しいけどね。
    [ 2016/09/27 05:31 ] [ 編集 ]
  105. 日本はアイドルでも木工できるからね。
    [ 2016/09/27 05:51 ] [ 編集 ]
  106. 海外の木組みって基本的に単純な直線同士の接ぎだけだからなぁ
    [ 2016/09/27 06:01 ] [ 編集 ]
  107. 三内丸山遺跡(約5500年前から1500年間、縄文時代前期から中葉にかけて栄えた青森県の巨大集落跡)

    三内丸山遺跡の大きさは、約35ヘクタール。
    平均直径6~700mもの巨大な円形状の土地である。
    ここに約100棟の掘立柱建物、
    約580棟の竪穴住居が、整然と配置されていた。
    掘立柱建物は、直径2m、深さ2mの巨大な柱穴に、
    クリの巨木を立てたもので、柱の高さは10m以上と推定されている。
    柱の間隔は、すべて4.2mと一定で、
    縄文時代に長さの単位、尺度があった可能性がある。
    長さが10m以上のものが何棟もあり、
    最大のものが32m、床面積100坪である。
     ttp://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-536.html より引用
    [ 2016/09/27 06:18 ] [ 編集 ]
  108. 百済から受け継いだ伝統
    天皇も日本の文化も全ての起源は韓国から始まっった
    畜生列島日本猿に滅亡を
    イケメン韓国人に感謝を
    [ 2016/09/27 06:24 ] [ 編集 ]
  109. どこにでも※12のような脳みそファンタジーなニダーが湧いてくるなぁ。
    日本の建築技術は、職人の「俺こんなのできるよ」的なノリで技術革新が繰り返されてきたので、日本独自の技術なんだわ。
    [ 2016/09/27 06:27 ] [ 編集 ]
  110. こういう動画が喜ばれるなら、木組みのだるまさんとかお土産にしたら嬉しいかも。
    [ 2016/09/27 06:46 ] [ 編集 ]
  111. 海外の連中は、これを何百年も前からやっていた事に驚けよ
    ペルーの石積も凄いけどね。
    [ 2016/09/27 06:47 ] [ 編集 ]
  112. だよなー石だけで2階、3階の広い広間の床や天井作るとか無理だもんな
    [ 2016/09/27 06:51 ] [ 編集 ]
  113. 今の日本人は外国人の褒められて凄い凄いと自賛しながら実際には高いからって職人仕事に金を出さない人間の方が多いんだよね。
    まあそれでも一時期よりはマシになった気がするけど既に技術の継承が断絶もしくは困難になっているものが多数。

    伝統的技法の建築は多少は税金の優遇措置くらいした方が良いと思うよ。
    [ 2016/09/27 06:51 ] [ 編集 ]
  114. 悔しいニダ
    鮮人怒りの起源主張!
    [ 2016/09/27 07:04 ] [ 編集 ]
  115. ※74
    日本人の新築信仰をなんとかしないとどうにもならない
    築2-30年の躯体のしっかりした家を耐震+高気密高断熱化リフォーム>建売なんだけど、同じ値段なら小さくてしょぼい建売買う人のが圧倒的に多いんだよね
    木造は2-30年しか持たないとか勘違いしてる人多いのも新しい家求める理由の1つのように思うし、家のメンテナンスしない人多いんで家の劣化が早いてのもある(メンテナンスしないのは無理して新築買ってメンテナンス費用捻出できないのもありそう)
    建売はメンテナンスしても30年程度しか持たないだろうしね
    しっかりした柱使ってる家ならメンテ次第では100年余裕でいけるんで、こういう家を探してリフォームってのが広くて自分の好きな間取りにして安く手に入れるには一番最適(最近は徐々にこういう人も増えてきてるけどね)

    [ 2016/09/27 07:06 ] [ 編集 ]
  116. 当の日本人でも職人技は素晴らしいと感じる
    何処の誰であろうと素晴らしい物事に驚嘆する感性は等しいと思った
    価格破壊に対抗出来る対策を練って後世に残すべき技術の継承に寄与して欲しい
    [ 2016/09/27 07:12 ] [ 編集 ]
  117. こういう技術は、工期と経費がかかるので、それなりに資本がある人の建築でしか使われなくなってきてる。
    建売だと2×4とかのユニットを金具をビス止めするだけだから‥
    こういう技術を絶やさない為にも金持ちは、こういうとこにちゃんとカネ使ってね。
    [ 2016/09/27 07:19 ] [ 編集 ]
  118. ※102 石の加工ならイタリアだなぁ。担当作業によって組が凄い細分化されててソレゾレが技術も凄い。例えば彫刻の衣類のディティール技術だけを継承してる石工も居る。でも彼らも今、美術館や老朽建築の修復作業でしか職が無いよ。
    [ 2016/09/27 07:21 ] [ 編集 ]
  119. 宮大工と一般の偏差値20台高卒中卒のチンピラヤンキードカタは全く別だからなー
    世の中の犯罪を担ってるドカタどもは普通考えられない仕事ぶりだから
    朝から現場に行ってるのを褒めるレベルなんだよw
    その位の底辺
    [ 2016/09/27 07:32 ] [ 編集 ]
  120. 昔の大工さんの中には自分たちで建てた家を異常がないか定期的に見てまわっている人もいたと聞くけど、今はそういうのやらないだろうな。
    [ 2016/09/27 07:40 ] [ 編集 ]
  121. >宮大工と一般の偏差値20台高卒中卒のチンピラヤンキードカタは全く別だからなー

    そんな人間でも大工になってから宮大工目指す奴もいる。
    なんでもかんでも底辺だと馬鹿にするのはどうかね?
    [ 2016/09/27 07:48 ] [ 編集 ]
  122. >>一番現実的なのは、箱根細工の組み木じゃネェ?
    アレ為ら買えるシ、表面の模様迄[鉋で切り出した組み木]ダヨ、いろんな色合いの木材を積層して模様にして、表面に貼ったモンダヨ(凄
    [ 2016/09/27 07:55 ] [ 編集 ]
  123. ネジもクギも使わないってそりゃ江戸時代とか平安時代とかのはるか昔にそんな気の利いたものねーからなw
    [ 2016/09/27 08:04 ] [ 編集 ]
  124. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2016/09/27 08:07 ] [ 編集 ]
  125. ※120 自分の実家はもぅ30年前に建てたものだけど、当時の棟梁さんがちゃんと見に来てくれてるぞ・・  その人、震災の時は自分のやったお家は片っ端から見て回ってたよ。
    [ 2016/09/27 08:20 ] [ 編集 ]
  126. ※119
    ご自身が底辺よりもさらに下にいるから人を小ばかにしないと精神が保てないのでしょうね
    人としてお恥ずかしいと言ったらありゃしない
    [ 2016/09/27 08:22 ] [ 編集 ]
  127. ※4 
    懐かしくて涙が出た
    [ 2016/09/27 08:34 ] [ 編集 ]
  128. ※123
    和釘ってのはあるぞ。
    時に上質な玉鋼が使われてたりしたから、
    和鋼の研究サンプルになったりする。
    [ 2016/09/27 08:34 ] [ 編集 ]
  129. 文句無しにかっこいい
    [ 2016/09/27 08:37 ] [ 編集 ]
  130. こういう記事でよく木組みしかなかった日本に大陸から伝わった凄い技術なのに宮大工が釘を使わないってよく誤解されるな
    和釘や金具を使うのは金をかけてでも丈夫にする意味でも重要なものなのに
    清水寺の本堂の土台には金具は使われてるし、薬師寺には長さ30cmの和釘が使われてる
    錆びる危険性のある海岸沿いのお寺では正面に漆を塗ってる所もあるし
    いつから宮大工は釘を使わないなんていう話が広がったのか
    [ 2016/09/27 08:39 ] [ 編集 ]
  131. 歴史が1番長い国だからだろう
    内戦は沢山あったけど、他国みたいに政権変わるたびに文化や制度が根こそぎ変わって1からスタートみたいなことがなかったからね
    技術や文化はずっと連続してる
    [ 2016/09/27 08:47 ] [ 編集 ]
  132. 趣味通じて仲良くなった友達が代々宮大工の家系で
    よく国宝(世界遺産含む)や重文関係の仕事もしてるみたい

    本人は「一応職人として頑張ってますよ」くらいしか言わないけど
    立派な跡継ぎになって欲しいわ


    [ 2016/09/27 08:58 ] [ 編集 ]
  133. 朝鮮人は永年属国で、奴隷民族。
    他国にへつらい身についたのが嘘と盗みと虚飾と裏切りと嫉妬。
    何も持たなければこれから作ればいいのに、相変わらずの乞食と盗み。
    実に卑しく救いがない。
    [ 2016/09/27 09:23 ] [ 編集 ]
  134. 海外もログハウスの組み方の技術がありそうなもんだが
    [ 2016/09/27 09:38 ] [ 編集 ]
  135. 大工さん二人が思ってたより若くて驚いた。
    若い歳でここまで腕がいいのに、これから年老いていったらもう本当にマスターになるなぁ。
    [ 2016/09/27 09:39 ] [ 編集 ]
  136. ホラ吹き朝鮮人
    [ 2016/09/27 09:47 ] [ 編集 ]
  137. 建築の設計者
    寺社建築という狭い領域だけであってもこういうテクノロジーは残ってほしいねえ。海外からよいしょされれば我々はつい舞い上がるからそれの一助になる。
    就職難を嘆く前にこういう領域に行く人がいてもいいのに。ただ地頭がよくなければ未来はない。それに若いうちが華だ。目が悪くなったら辛くなる。だからなるだけ若い内に入門すること。
    [ 2016/09/27 09:56 ] [ 編集 ]
  138. >何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません +3 ラトビア
    こんなことやっていたからだろうなあw 以外にも松型が活躍したのはこの世界から脱却したからだしな。もちろん技術リファレンスとしてこういう事を残すべきなのは前提なんだけど。

    [ 2016/09/27 09:59 ] [ 編集 ]
  139. それは単に隣りの芝は蒼く見えるというか、此処迄、来ると、、、いや、狂ると七色に見えているのではないかと私は雨上がりの空をみあげなくてはならない(いや、七色って美しいだろうか
    兎に角、私には、欧米諸国のほうが美と伝統に充ち満ちていると、七色の国々を羨む
    [ 2016/09/27 10:08 ] [ 編集 ]
  140. ※11
    規格外部品も現場で修正して使ってかえって効率落ちてただろ
    [ 2016/09/27 10:11 ] [ 編集 ]
  141. ※133
    嘘つき少女像をせっせと量産してる国ですからwww
    [ 2016/09/27 10:11 ] [ 編集 ]
  142. ※130
    中国の職人がとっくに全滅して残ってないからな
    ただでさえ王朝が変わるごとに文明も文化もリセットというのを千年以上続けた後に文革で完全にトドメさされたから
    [ 2016/09/27 10:12 ] [ 編集 ]
  143. 日本すごい俺すごい
    [ 2016/09/27 10:15 ] [ 編集 ]
  144. 電通の不正がTVで全く報道されないとネットで話題になってるなw
    [ 2016/09/27 10:20 ] [ 編集 ]
  145. どこぞの大陸は世界遺産をコンクリで固めて、まっ平らにしたらしいな
    [ 2016/09/27 10:21 ] [ 編集 ]
  146. 自分で鉄筋とパネルの新築の家を建ててみて思うことは、やはり人間にとって木の柱を目にして紙の障子に囲まれて暮らすことは想像力を育んでいたんだなあということ。農村の古民家が跡継ぎなく朽ちる前に手に入れて引っ越したいと夢見てしまう。
    [ 2016/09/27 10:32 ] [ 編集 ]
  147. 近所に工芸品作ってるところがあってガキの頃から見てんだけど、これの凄いのは、一回組み上げると一定のやり方以外、はずれないんだよw
    職人にが意図的に外れるようにして、サンプルにしてくれる場合以外、どう頑張っても抜けないw
    [ 2016/09/27 10:35 ] [ 編集 ]
  148. まあ日本でも急速に失われていくわな、これだけじゃなくて
    何かにつけて大丈夫だの、70%できれば十分だの、逃げてもいいだの、自分にご褒美だの言われる中で育ってりゃ絶対無理だ
    [ 2016/09/27 10:36 ] [ 編集 ]
  149. 家はむりでもからくり箱くらいはいつか買いたいな。
    [ 2016/09/27 10:39 ] [ 編集 ]
  150. 湿気と地震と戦いるづける結果があれなんだよね
    [ 2016/09/27 11:08 ] [ 編集 ]
  151. その前に海外の方はアマゾンでいいから日本製の大工道具を
    買ってください。
    [ 2016/09/27 11:19 ] [ 編集 ]
  152. 韓国の技術を日本がパクったニダって韓国人が言ってきそうだ
    [ 2016/09/27 11:39 ] [ 編集 ]

  153. 日本人だからじゃなくて、職人さんの技術ってのは見ていて引き込まれてていくね。
    日本人だからじゃなくてってのは、日本人の俺には職人さんみたいに出来ないから。
    そんで、世界中のこうしたのは見ていて引き込まれてていくからね。
    [ 2016/09/27 11:45 ] [ 編集 ]
  154. 職人が褒められるのは見ていて正直嬉しいけど
    褒めた数だけ自国の職人も見て褒めてほしいな
    [ 2016/09/27 11:51 ] [ 編集 ]
  155. ※152
    日本で見た水車に驚いて自国で作ろうと何度も挑戦したが500年経っても作れなかったニダ
    [ 2016/09/27 12:11 ] [ 編集 ]
  156. 証拠はないけどウリナラガー伝えたキジュチュニダ!!
    たぶんそうに違いないニダ!理由はそうであってほしいからニダ!
    [ 2016/09/27 12:31 ] [ 編集 ]
  157. アメリカの郊外にある平屋住宅は大体木造だけど、あれが日本の「一般住宅」のひな型。あれはいわば使い捨て。ここで紹介されている木造古建築やヨーロッパの石造りの教会や邸宅なんかは数百年使う前提で全然別物。
    [ 2016/09/27 12:35 ] [ 編集 ]
  158. 完成した建物が1000年持つとしたら
    作るのに10年かかったってどうってことねぇよ
    [ 2016/09/27 12:37 ] [ 編集 ]
  159. なんでこの国が戦争に負けたか・・・
    上品と下品が喧嘩して上品が勝つことはないのです。
    [ 2016/09/27 13:06 ] [ 編集 ]
  160. 釘を使わないっていうけど、使ってる建物もあるし和釘は和釘でものすごいだけどな
    [ 2016/09/27 13:10 ] [ 編集 ]
  161. 伝統的木造建築が地震に強いとか迷信だからな。工学的に見れば、米国で”素人でも建築品質が保てる”ように開発された「2x4工法」の方がはるかに地震に強い。「湿気がーとか日本の風土がー」とか言ってる奴もいるけど、米国にも日本より高温多湿の場所があるし、そこでも何の問題もなく2x4工法が使われている。
    正直にいって、日本の家屋ってのは人間50年という感じで、ヒトの寿命とだいたい同じに設計されていると考えて良いと重いう。寺社仏閣が長持ちするのはそもそも”居住性を考えてない”、”公共事業として昔の政府が管理した”ということが結果として綺麗に保存されているだけだよ。
    [ 2016/09/27 13:17 ] [ 編集 ]
  162. ※12
    そこまで言うと釣り針バレバレで、読んでるこっちまで恥ずかしくなるぞw
    [ 2016/09/27 13:27 ] [ 編集 ]
  163. >>12

    文化が無くなっていくのは人(他国)のせいじゃないよ

    文化や伝統が残ってるのは、
    どんな時にも、その文化を残し、
    伝えていこうとする人々(国じゃない)の気概あるから。

    国が滅んだって、文化、文明の跡って残ってるもんだけど、
    それが全く残ってない、伝えられてないってことは自分たちが捨ててきたんでしょ。

    自分達が簡単に捨て、なくしてきた物を今になって羨むな。

    今だってそうでしょ。目先にとらわれてフラフラふらふら。
    [ 2016/09/27 13:34 ] [ 編集 ]
  164.  
    今も昔もこの手の家に住む住める人はそう多くないはずで
    それは致し方のないこと。
    財力のある人は白亜の豪邸なんざよりこういった家建てて
    技術の継承にも貢献してもらひたいw


    [ 2016/09/27 13:42 ] [ 編集 ]
  165. 韓国人が仮に「日本が技術を盗んだニダ~」と言っても韓国にクギを使っていない建物は韓国に存在はしない
    まぁ~そのように突っ込まれたら「日本が戦時中すべて破壊したニダ~」というと思う
    では「やってみろ」と言ってみればいい
    出来はしないのだから
    [ 2016/09/27 13:45 ] [ 編集 ]
  166. >>12 謙虚な民族だな。関心したよ。宇宙を創造した民族なのに。
    [ 2016/09/27 13:52 ] [ 編集 ]
  167.  
    元の一本の状態よりも強靭にする手法もあるからね
    力学とかの世界
    [ 2016/09/27 14:08 ] [ 編集 ]
  168. 今の家は金具やボルトだらけだけど、それでも木造軸組工法で作ってる家だと長い梁の継ぎ目とか見るとこういう木組みしてあったりするんよね
    [ 2016/09/27 14:11 ] [ 編集 ]
  169. TOKIOがいるから!!
    [ 2016/09/27 14:27 ] [ 編集 ]
  170. ■ 日本の伝統的な建築には釘も何もいらないのか!

    ちゃう。
    「入手性がよく十分な強度である鉄による釘が高温多湿により使えなかった」が正解。
    [ 2016/09/27 14:59 ] [ 編集 ]
  171. フランスにも伝統的ないい物が色々あるでしょ
    [ 2016/09/27 15:06 ] [ 編集 ]
  172. キモチイイ。
    この美しさにエクスタシーを感じる。
    寄木細工も芸術品だよな。
    寄木細工が欲しくなってきた。
    [ 2016/09/27 15:43 ] [ 編集 ]
  173. ※12
    水車を見て日本から帰った通信使が結局真似できずにその後も作る事が出来なかった事実を見れば何をか言わんやだろ。
    併合前に自分の国に在った橋を見てみろ。
    もともと文化も技術も芸術も何も無かっただろ。
    いい加減人の国に寄生して基地外を撒き散らすのは止めろや。
    とっとと帰国しろ、迷惑だ。
    [ 2016/09/27 15:46 ] [ 編集 ]
  174. ★☆
    四方八方書き込むと断面欠損になにないんだろうか。
    やっぱり引き寄せ金物を付けた方がよいと思う。
    伝統建築では見栄えは悪いけど。
    [ 2016/09/27 15:50 ] [ 編集 ]
  175. 明治期を日本の一回目のルネサンスとして、二回目のルネサンス起きないかな?起きてほしいんだけど。
    もっと国全体が右傾化しないと無理か。
    [ 2016/09/27 16:30 ] [ 編集 ]
  176. 日本だと家は冬に建てるのが良いらしい。
    [ 2016/09/27 16:39 ] [ 編集 ]
  177. 今の大工はプレカットで工場でカットされたものをプラモデルを組むように組んでいき、釘打ちは機械式で石膏ボードのカットも電動のこぎり、腕が無くても組めるようになって加工された物を組んで、カットされてきた物が寸法間違いだと新たに手配して送ってもらう現状
    1件建てるのに期限3か月で1件建てての報酬は100万程度らしく、人を使ったり道具を買ったりも自腹なのでかなりきついという話です。
    最近では、建築現場に外国の方もよく見るようになってきてるのでどんな奴が建てたかもわからない建売とかほんと怖い
    [ 2016/09/27 16:49 ] [ 編集 ]
  178. 驚く外人たちにコンサートやりながら畑耕して炭や食器を作り、家を建てて村を作り、舟に重機乗りこなして海岸を作り、漁業もやりつつ島を開拓して水路まで作るアイドルがいるんだぜって言って信じてもらえるだろうかw
    [ 2016/09/27 16:54 ] [ 編集 ]
  179. ※11
    1億いようが2億いようが、作った兵器が一点物状態、牛車も輸送手段のうちです、じゃ負けるよ
    [ 2016/09/27 17:13 ] [ 編集 ]
  180. あれほど複雑な木組みが必要なのは、1本でまかなえるほどの
    大きな木が無くなったからだ。
    と、親戚の大工さんが言ってました。
    [ 2016/09/27 17:13 ] [ 編集 ]
  181. ※108
    >百済から受け継いだ伝統
    >天皇も日本の文化も全ての起源は韓国から始まっった
    >畜生列島日本猿に滅亡を
    >イケメン韓国人に感謝を
    百済から受け継いだって・・・(笑い
    百済の子孫だから有難くウリ達を尊敬しろってか?百済を滅ぼしたのはおめ~らじゃね~かよ?仕方なく日本に逃げて来たんだがね~。元々半島南部は倭人が暮らしていた場所、そこから本土に戻って来たので、その人達を「帰化人」というのだ。
    今で言えばブラジル3世が戻って来て、日本国籍になるようなもの、それが本来の「帰化人」です。

    チミたちは、日本国籍をとったとしても帰化人ではなく「偽化日本人」だな。あわれ~www
    [ 2016/09/27 17:40 ] [ 編集 ]
  182. ※11
    逆だよ
    戦争は膨大な消費だから生産力のある方が強い
    アメリカは主婦が軍需工場で働いて戦闘機や戦車を作ってた
    日本も学徒動員とかいって同じ様な事をやってたけど、ネジの歩留まりすら出せない程技術が無かったし、そんな非熟練工に職人技の結晶みたいな零戦を作らせようとしてたから、質・量ともに悪い物しか作れなくなって行った
    一方のアメリカはオバチャン達が作っても、性能を多少落としてでも品質や規格を揃える生産管理を徹底させてた
    大工で云うなら日本は宮大工の熟練工を戦争に取られて見習いに仕事をさせざるを得なかったが、アメリカは2×4やプレハブ工法だったからオバチャン達でも大量に同じ物を作る事が出来た
    どちらが正しかったかは言うまでもなく
    [ 2016/09/27 18:20 ] [ 編集 ]
  183. ※115
    築25年で価値がゼロになるのは法律が悪いらしい
    欧米では地区全体で家や景観の価値を上げていけば価値は上がっていく制度設計だがそのように大改変したのは1990年代位とか聞いたような
    今安倍内閣でその方向で検討を進めているそうな
    不動産屋は絶対に必要なインフラに取り付くヒルのような連中で自分たちが儲かるようにしか動かない だから新築ばかりに頼って住宅地は郊外へ郊外へと広がり、市街地はドーナツ化し車社会に対応した洗練が行われずゴーストタウン化する
    [ 2016/09/27 18:31 ] [ 編集 ]
  184. ※108
    日本に優れた文化や技術をもたらしたのは百済。
    その百済を攻め滅ぼしたのは今の高麗朝鮮。
    つまり今の朝鮮人は日本人の敵。
    [ 2016/09/27 18:39 ] [ 編集 ]
  185. お前らはどんな話でもひたっっっすら右だの左だのの馬鹿話しないと気が済まないのか
    どちらも病気だろ
    [ 2016/09/27 18:45 ] [ 編集 ]
  186. いろんな分野において、日本人の振舞いや職人芸が褒められるのは嬉しいけど、
    それだけ他の国の人々はいい加減なのかと思うとガッカリする。
    日本だってこれから民度は落ちていく一方だし、世界中がこれから低レベルな人間が増えていくだけのような気がする。
    [ 2016/09/27 18:45 ] [ 編集 ]
  187. 天井の木組みがいいね
    [ 2016/09/27 18:47 ] [ 編集 ]
  188. 生み出したその人はすごい
    [ 2016/09/27 19:10 ] [ 編集 ]
  189. こういうのが世界に広まって、求めてくれるお金持ちが世界に増えれば日本の職人さんの稼ぎも良くなって、将来の職業に選ぶ若者も増える。

    職人の技術の高さと習得する苦労に比べて、稼ぎが低すぎるのが廃れていく原因。
    [ 2016/09/27 19:11 ] [ 編集 ]
  190. 建て売りの家は地鎮祭してなかったりする
    [ 2016/09/27 19:25 ] [ 編集 ]
  191. 金持ちはみんな宮大工で家建ててくれ
    [ 2016/09/27 19:56 ] [ 編集 ]
  192. 12.イザベラバード読んでみw藁葺と糞尿塗れのソウルの街をw
    にだにだ脳炸裂だねwww
    [ 2016/09/27 20:01 ] [ 編集 ]
  193. プレカットあるじゃん。大工は組立工だよ普通は。現場で微調も必要だけどね。

    [ 2016/09/27 20:09 ] [ 編集 ]
  194. ※181
    >元々半島南部は倭人が暮らしていた場所
    倭人は一部。百済は北方モンゴロイド。百済が進行した土地の韓および伽耶に倭人が混じってる。勿論新羅にも倭人は居た。
    [ 2016/09/27 20:53 ] [ 編集 ]
  195. >錆びる危険性のある海岸沿いのお寺では正面に漆を塗ってる所もあるし
    >いつから宮大工は釘を使わないなんていう話が広がったのか

    木組みの印象が強いせいか、釘を使わないと聞かされると、宮大工の人は釘を使わないのか…と、思ってました。
    私は、とある番組で宮大工の人が木の釘を使うということを、初めて知ったぐらいです。漆を塗る、ということさえ知りませんでした。
    教えてくださって有難うございます。
    [ 2016/09/27 21:28 ] [ 編集 ]
  196. こういうのハマる瞬間たまらなく気持ちいいな
    [ 2016/09/27 21:39 ] [ 編集 ]
  197. ネタ切れ感半端ないな
    がんばれ
    [ 2016/09/27 22:18 ] [ 編集 ]
  198. >>何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません

    戦争は数だよ兄貴。
    日本は絶対数が足りなかった。
    [ 2016/09/27 22:27 ] [ 編集 ]
  199. なんか読み込みエラーが出るようになったぞこのサイト
    [ 2016/09/27 22:42 ] [ 編集 ]
  200. そら、宮大工は本来エリートの職だもの

    それに比べて現代の…止めた、言葉にする気にもならん
    [ 2016/09/27 22:46 ] [ 編集 ]
  201. これ部品によって木の生えてた方角までこだわるからな
    [ 2016/09/27 22:54 ] [ 編集 ]
  202. 宮大工の子孫が知人にいるが、凄くきちんとした頭のいい人だ
    表面的な技術以上に、「神に奉げるためのものである」という精神的背景もあると思う
    [ 2016/09/27 23:05 ] [ 編集 ]
  203. >>何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません

    江戸時代が悪い
    侵略と防衛に頭を使う必要がなくなっちまったから
    300年もサボってたのに、資源が無い国に出来ることなんかロクに無い
    [ 2016/09/27 23:06 ] [ 編集 ]
  204. 定期ネタ
    [ 2016/09/27 23:11 ] [ 編集 ]
  205. 宮大工素晴らしい
    長生きしてほしい
    [ 2016/09/27 23:14 ] [ 編集 ]
  206. ヨーロッパにも日本と同じような木組みの伝統工法が普通に残ってるんだけどな
    あと日本の木造は長持ちというがメンテナンスありきで長持ちするだけ
    メンテナンス怠るとすぐに朽ちるよ
    [ 2016/09/27 23:55 ] [ 編集 ]
  207. 移民入れることは各国の伝統をなくす結果になる!
    不法シナチョン人や犯罪経験外国人を追い出すべき!
    [ 2016/09/28 00:21 ] [ 編集 ]
  208. >>12
    証拠となる資料があるわけだよね?
    ありもしない捏造でいつも悲しんでるなお前たち韓国人はw
    そろそろ日本以外の世界へ目を向けたらどうだw
    [ 2016/09/28 01:29 ] [ 編集 ]
  209. >>18

    >こういった伝統が自分の国に残ってないのが残念だ……。 +4 フランス

    うちも代々宮大工の家系だったけど。バブル期に家業を辞めた。
    なぜなら、当時は鉄筋が主流で、もう必要のない技術と仕事を貰えなかったからね。
    あの時に散々バカにしたお偉いさん達が今の日本を作ったんだよ。
    まだ、技術はかろうじて残っているけども。
    ハッキリ言って、学歴馬鹿がいる限り、そういった技術は生き延びない。
    いずれ、どの国も同じレベルになるよ。日本人少子化だし。肉体労働は嫌うからな。
    今の若者は、絶対木組みなんて出来やしないよ。
    ちなみに、尺貫法を知らないと無理!


    最終的に何故か責任は若者にww転嫁が凄いな
    無くなるとすればそれば若年層のせいでなくお前(ら)のせいだろ
    [ 2016/09/28 07:39 ] [ 編集 ]
  210. お盆などの彫りとか、宮大工の人達の技法が伝統工芸になったのも多いんだろうなって他の人のコメント読んでて、改めて思った。
    あと、社殿含めて彫られてる装飾に込められた意味とか知るの好き。もし、社殿とかに蜂の巣とか蜘蛛の巣とか掛かってたら嫌だし、勿体無いって思う。
    それから、外国産漆の被害知って嫌だなと思った。
    [ 2016/09/28 07:57 ] [ 編集 ]
  211.  
     鉄鉱石も石炭もなく、砂鉄と木炭で製鉄してた時代が長いから

    釘や鎹を使わない木工が発達したんだろうね。

    木材も再利用しやすいし、資源の少ない国の工夫だね。

    資源が豊富になれば、廃れる技術かもしれないぞ。
    [ 2016/09/28 10:56 ] [ 編集 ]
  212. テトペッテンソン的な何かを感じる
    [ 2016/09/28 12:14 ] [ 編集 ]
  213. ※209
    若者の所為にするのも酷いが、
    おまえらのせいと言うのもどうかと思うぞ。
    勉強しない生徒の親に教師が悪いと言われた時を思い出すよ。
    教師の力だけでは出来ないこともあるんだよ。
    [ 2016/09/28 12:21 ] [ 編集 ]
  214. 1970年代まで穴倉で暮らしてた朝鮮狸がなんか鳴いてんぞ
    うるせえから首切り落としてやろうか
    [ 2016/09/28 13:28 ] [ 編集 ]
  215. こんな所まで湧き出す粘着土人。
    文化ってのは焼け野原になっても再生するものだ。
    日本がその証拠。
    どこぞの半島はどうして、いつまでたっても、
    何の芽も出ないのだね?元から無いからだよ..。
    [ 2016/09/28 16:40 ] [ 編集 ]
  216. 下朝鮮が伝えたニダ
    と言い出す
    チョンコロ
    [ 2016/09/28 17:33 ] [ 編集 ]
  217. 釘を使うと木と釘の熱膨張の違いでダメになる…って話を、
    アイドルが説明して、その場でアイドル自ら木を削って
    木組みをちゃっちゃとしてしまう番組があるからなぁ
    鉄腕ダッシュとTOKIO(木組みは特にぐっさんか)はすごいよ
    [ 2016/09/28 18:42 ] [ 編集 ]
  218. ※14
    >>程度にもよるが、ガイジンの想像よりすげー早く作れるんだよな

    ほんのわずかの書き込みだけ読んでいきなりガイジンが~と全体を決めつけるやつってなんなのw
    精神病院に叩き込んだほうがいいんじゃねえか
    [ 2016/09/28 20:27 ] [ 編集 ]
  219. NHKの凄ワザで対決やってたけど、加重対決で海外の大工が勝ったぞ。
    [ 2016/09/28 21:04 ] [ 編集 ]
  220. 箱根に行って寄木細工を見学してくれよ
    [ 2016/09/28 22:00 ] [ 編集 ]
  221. さすがにこれには及ばないけどアイドルが同じようなことやってるんだぜ!
    [ 2016/09/28 22:19 ] [ 編集 ]
  222. 木組みの技術もさることながら、精密な加工を可能にする鐫や鉋といった道具にも色々な技がある
    [ 2016/09/29 07:33 ] [ 編集 ]
  223. ウリジナルでは、韓国が起源チョッパリに伝えたニダ

    ↑こんな嘘を平気で吐くから韓国が大嫌いだ。
    [ 2016/09/29 10:07 ] [ 編集 ]
  224. 今も残る徳川家の悪口はやめろよ
    [ 2016/09/29 10:11 ] [ 編集 ]
  225. 継手の中には一見すると不可能図形になっている物もある
    当時の職人が、気付く人にだけさりげなく技術力をアピールしてるんだよね~
    [ 2016/09/29 11:04 ] [ 編集 ]
  226. これは誇れる技術だよね
    [ 2016/09/29 13:36 ] [ 編集 ]
  227. この先も見たかったのに中途半端な動画だな
    [ 2016/09/29 15:20 ] [ 編集 ]
  228. 2×4工法は禁止すべきだ。
    [ 2016/09/29 15:42 ] [ 編集 ]
  229. 面白いよね見てて飽きんわ
    寺社仏閣や城の大修理とかずっと見ていたく成る
    [ 2016/09/29 15:54 ] [ 編集 ]
  230. 豊臣秀吉が韓国の技術者を日本に連れてきたのは有名だけど、待遇の違いがあり過ぎて祖国に帰りたがらないという書物もあるよね。
    色んな技術を他国から取り入れ、より良い暮らしのために技術者を大切にする、これが発展に繋がったんだろう。
    [ 2016/09/29 16:34 ] [ 編集 ]
  231. 今 こういうの機械で出来ちゃうんだよ。
    でも プログラミングしてる奴も 検品してる奴も素人に近いから どこかでかみ合わない所が出てきて
    結局現場では熟練の大工が手直ししてるらしい
    [ 2016/09/29 20:28 ] [ 編集 ]
  232.  
    でもな
    こういうの作ってる人ってお前らの大嫌いな
    タトゥー入ってたりタバコ吸ってパtンコ大好きで汚い格好のままコンビニ入ってくるようなブルーカラーなんだよ?
    普段蔑んでる癖にこういうときだけ日木人誇らしいみたいにいうのやめろよ
    [ 2016/09/29 21:01 ] [ 編集 ]
  233. >>何でこんな国が戦争に敗けたのか僕には分かりません

    でもだからこそ負けたってのもあるんだよなぁ…。
    なにしろ弾がそれやすくするようにネジの頭を手作業で削ってなめらかにしたり(一方相手は単に装甲を厚くした)
    個別に銃弾を調整したせいで工場ごとに互換性が怪しくなったりとか、手榴弾とかも職人さんの個別の工夫が施されていて使い方が微妙に違ったりとか、部品がやけに多くてやたら複雑だったり…
    やっぱ戦争みたいな大量消費・大量破壊行動には向いてないんだと思うよ…。
    [ 2016/09/30 00:38 ] [ 編集 ]
  234. ※232
    凄いレッテル貼りだな脱帽だ
    [ 2016/09/30 01:43 ] [ 編集 ]
  235. ※12
    文化や技術は「盗まれたらなくなる」ものじゃないんだけどな〜
    日本がパクられた技術や文化は山ほどあるのに無くならないでしょ?どう思う?

    マジレスしたけど、まあ、釣りなんですけどね。
    [ 2016/09/30 08:25 ] [ 編集 ]
  236. 2x4の方が断熱性も耐久性も高い。木組みなんて実際もう使う現場は限定されてるんだよなあ。
    [ 2016/09/30 11:42 ] [ 編集 ]
  237. 2x4は大工の腕が悪い、特にビルダーは日曜大工と同じ程度。
    とても大工とは言えない。2x4は確かに強い面もあるけど
    現在は在来に軸組みに2x4の構造用合板を貼るのが主流。2x4や
    従来の軸組みより強度が強い。また材木は腐りや湿気にはヒバが一番強く次はヒノキ。2x4は一番湿気に弱い外材のホワイトスプルース。
    水に掛かる所では3年しか持たない。だから2x4は日本には合わないと設計の際には話している。
    [ 2016/09/30 20:04 ] [ 編集 ]
  238. 日本のたくみ、たくみってTVでも大々的に持ち上げてるけど
    手が込んで割高な割に結構早く壊れたりする物もワンサカあるし。

    何でもかんでも海外にはない抜群な伝統技法だなんてやってるうちに
    本当の本物までケチがついてしまうのがわからないのかな。


    [ 2016/09/30 21:48 ] [ 編集 ]
  239. 日本の一般家屋って
    ヤッパリ日本は災害大国って理由で安普請に創る傾向が強いよ
    ね。そのクセ、都市部は地ベタが高いから建築費も超割高。
    更に国には戦略が無い、ドォォォ~~~すんだよ、困った
    モンだ(泣)。
    [ 2016/09/30 22:12 ] [ 編集 ]
  240. 木材を生かす職で言えば
    ギターは今まで触ってきた、買った奴はぜんぶ国産だな
    マーティンとかオベーションとかギブソンに憧れはあるんだけど
    比較的安価ってのもあるけど
    弾き味と値段に見合わない過剰品質には唸らせるものがある。
    今使ってるのも同じ地元で同じ方言使う職人さんの昔ながらで造ったギターだ。
    地元民の欲目もあるのは否めないけどね
    [ 2016/09/30 22:17 ] [ 編集 ]
  241. でも、結局我々が見捨てた技術なんだよなぁ・・・
    賛美はしても誰もお金は払わないのが現実。
    [ 2016/09/30 23:13 ] [ 編集 ]
  242. 以前、野菜や花の直売所へ荷物を持って行ったときに、知り合いの人が、ある男の人を見て教えてくれたが、その人は県からも名人と認められるほど腕のある大工なんだそうだが、仕事が無いので花を作って持ってきていると。
    伝統的な在来工法の家を建てる(建てられる)人が少なくなってきたからね。どうしても高価になるから仕方がないといえば仕方が無いかも。
    [ 2016/10/01 00:28 ] [ 編集 ]
  243. 東京オリンピック後?60~70年代の景気がいいときに建てられた木造建築なんて
    ホチキスのでかいやつでくっつけたようなのが多いんだぞ
    [ 2016/10/01 01:27 ] [ 編集 ]
  244. ※106 そんなこたぁ無いぞ・・ イギリスの伝統家具の曲げ加工の技術とか日本の職人さんだって勉強しに行ったりしてるんだぜ・・ 木を曲げるって技術は特にヨーロッパの方が先人だよ。日本の職人はしばらくの間、それが出来なくて接木をしたり寄木をしたりしてんだよ。
    [ 2016/10/01 10:08 ] [ 編集 ]
  245. 建築レベルでは優れていてもそれらが作り出す景観は全く考えてないからな
    子の汚い景観をオリンピックまでにある程度は改善してもらいたい
    [ 2016/10/01 10:31 ] [ 編集 ]
  246. 宮大工だけでなく、昔の家屋は何処もある程度の超絶技巧を使ってるよ。
    うちは築100年くらいのさえない古民家だが、屋根裏に上がって見る、ただただ唖然としてしまう。
    [ 2016/10/01 10:36 ] [ 編集 ]
  247. 伝統的建築に関わる職人さんは貴重だし、必ず技術を存続させる必要があると思う。一方で、一般の建築・建設業の技術も非常に大事。「コンクリートから人へ」などと言って予算を半減させたけれど、今の日本は一般インフラを更新しなければいけない時期に来ている。このままだと普通の社会生活はできなくなる。建設業に行く人材の確保は緊急の課題。予算措置も必要。財務省に騙されてはいけない。
    [ 2016/10/01 12:26 ] [ 編集 ]
  248. 無駄、
    こんな人間より、誰でも簡単に作れる量産システムを作る人の方が価値ある。
    [ 2016/10/01 14:30 ] [ 編集 ]
  249. 名無しさん
     恥と言う概念のない、虚偽と欺瞞が日常の外野が何やらほざいている。漢城の大門がバカな乞食の放火で消滅したが再建の手抜きと勝手な安直欺瞞工事がバレバレで騒いた。
     ばれ元が日本から輸入した材料に問題があると弁解してる。本来すべて現地産でやるべきものだろう、それが出来ない現実。
     それにしてもこの素晴らしい日本の伝統が伝承されていくことを保護育成しないと、伝統建造物の修復再建が将来危うくなる。
    [ 2016/10/01 15:16 ] [ 編集 ]
  250. 昔は職人に代表されるような、一つの関連技術を極限まで高めた人が多く居た。なのでそれ以外の物が欲しけりゃ他の者に頼んだ。自ずと周りを大事にする様になり和が生まれた。求められる物も少ないから生きやすく、また技術に対し一心に練磨できた。しかし時代は変わり大量消費社会の今、社会は一人に多くの物を求める。技術革新は多くを求めるのと引き換えに一定のレベルで止まり、横並びとなり。それを求められる個人は生き難くなり社会は停滞している。総じて豊かになったのだからそろそろ職人が作った芸術の品をステイタスとして個人が持ってみるのも良いかもね。じゃなきゃ日本色が廃る一方…
    [ 2016/10/01 16:44 ] [ 編集 ]
  251. 日本の国土が生み出した結実だよね
    地震国としてはここまでの労苦をする必要がなかったという意味で諸外国が羨ましくもある
    でもその苦労の数々から派生した得難い技術発展も多いから何が幸いするか分からない、人生万事塞翁が馬、ですな
    形は違えど世界各地のそういうもんはあると思う
    文化は派生し伝播して途絶えることはあっても盗まれて無くなる、なんてことはあり得ない、モノではないんだから
    某半島の民族には「盗まれた」数多の文化を何一つ守れず誰一人守ろうとしなかったんですね
    民族ごと滅ぼされたわけでもないのに不思議だなあ
    [ 2016/10/01 18:28 ] [ 編集 ]
  252. つまり、戦後の自民党が作り上げた経済大国日本は糞だったのか・・・・死にたい
    [ 2016/10/01 19:05 ] [ 編集 ]
  253. しっかりとした木組みは経年耐久性などが抜群だからねえ
    その辺に関しては、近年の建築技術は今だに追いつけてないのが実状だからなあ……色々頑張ってはいるのだが
    [ 2016/10/01 19:31 ] [ 編集 ]
  254. 僕はアメリカの技術に日々接してるけど、あの平均化を極める発想は凄いと思う。
    確かに、職人芸ではない、しかし、誰もが簡単に理解して、ある程度の品質を維持できる。
    日本と対極に位置しているけど、侮れないのは思う。
    [ 2016/10/01 19:32 ] [ 編集 ]
  255. 祖父ちゃんや叔父さんの頃までは普通にやってた技術だけどねえ・・・。
    [ 2016/10/01 21:12 ] [ 編集 ]
  256. 戦争に負けて、アメリカの言いなりの属国に成り下がって、大和魂を失っちまったんだな。
    [ 2016/10/01 21:21 ] [ 編集 ]
  257. 日本人って何でも日本がすごいと妄信したがる馬鹿が多いと思うね。
    それで戦争にも負ける訳なんだが。
    [ 2016/10/01 21:24 ] [ 編集 ]
  258. 断面欠損が大きすぎて、大地震ではあえなく折れる模様。
    [ 2016/10/02 20:56 ] [ 編集 ]
  259. アメリカ人すら「未だに日本の軍部が暴走してバカをやったので日本は戦争になって負けた」と言う古い知識を信じている日本人が多くて嘆かわしい。戦後、新たな情報の開示は進んで、今までの常識が常識では無くなっている。皆さん知識のアップデートを!」と呼びかけて本まで出しているっていうのに、未だにアカが作り上げた嘘歴史を信じているのか?
    [ 2016/10/02 21:05 ] [ 編集 ]
  260. ※184

    百済からは日本の属国。
    百済や新羅より、よほど日本の方が進んでいた。
    百済・高句麗の遺跡からは調査する度に日本人特有のD2遺伝子が出ているし、
    隋書東夷伝によると倭から百済・新羅に文物がもたらされ、
    『新羅・百濟は、みな倭を以て大国にして珍物多しとなし。並びにこれを敬い仰ぎて、恒に使いを通わせ往来す 』
    と、倭の発展に驚き敬っていたとある
    また、倭人が鉄を使用していたという記述もあり、げんに日本が朝鮮半島を撤退した後の新羅の製鉄文化の衰退は凄まじい


    韓国人が「天皇は百済人だ。その証拠に2002年に天皇が『自分は百済人の子孫だ』と言った。」というような主張をするが、
    正確には天皇は「50代桓武天皇の母親が、百済の武寧王の8代孫であるということが『続日本紀』に書かれており、韓国とは縁を感じる」と言っただけであるのだが、これが韓国では「天皇が自分は百済人だと言った」と歪曲され、
    何故か韓国人が狂喜乱舞

    さて、桓武天皇の母親は前の天皇の愛人であり、おまけにその愛人は日本に来て100年以上たっている。
    では、天皇の「朝鮮濃度」を計算してみましょう。
    スタートは武寧王からです。

    1代目(武寧王) 濃度100%
    2代目 100%
    3代目 50%
    4代目 25%
    5代目 12.5%
    6代目 6.25%
    7代目 3.125%
    8代目 1.0625%
    9代目 0.53125%
    10代目 0.265625%
    11代目(高野新笠) 0.1328125%
    12代目(桓武天皇)0.06640625%
    (中略)
    75代目今上天皇 「2の75乗分の1X100」%ww

    0.000000000000000000000026%


    このくらいの濃度なら、プルトニウムやダイオキシンを混ぜた水をがぶ飲みしても健康に全く被害はありません。

    現実には、細胞1個はおろか、「DNAの塩基1つさえ百済由来のものは存在しない」計算になります。

    ※ちなみに他の天皇が半島出身だと言う根拠、証拠は全く存在せず、
    歴史書にも書かれていませんし、考古学的遺物も皆無です。
    ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=155313...
    [ 2016/10/02 21:30 ] [ 編集 ]
  261. >185

    自分も民度の低い日本人のただの悪口の言い合いには辟易しているけどね、でも捏造に対するきちんとした反論は飽きるまでするべきだよ

    嘘も百回言えば真実になるを防ぐためには、いちいちソースをつけて反論していかないと
    相手は日本人が疲れて反論し無くなるのを待っているのだから

    そしていちいち反論することで、日本の若い世代に正しい知識が拡散され、ますます騙されにくい日本になるんだよ
    外国人から誤解を受けたときも、ちゃんと反論できる日本人になる
    [ 2016/10/02 21:36 ] [ 編集 ]
  262. ※194

    日本人は北方モンゴロイド(縄文人は北方モンゴロイド)で、百済の遺跡から発掘された骨もD2遺伝子だぞ
    [ 2016/10/02 21:39 ] [ 編集 ]
  263. >203

    江戸時代の知識が足りないようなので…

    西欧では女が読み書き出来ない時代に、日本では様々な洒落本や二次制作が回し読みされていた
    ふつーの町民が書いた“水滸伝の二次制作本”が大ブームになってのを知っているか?
    さらに江戸時代の宝暦七年には『聖遊郭(せいゆうかく)』という洒落本があって、 孔子、老子や白楽天が遊郭で遊び、釈迦と仮世太夫が駆け落ちするという バカらしくももったいないギャグ満載の本を 日本人は楽しんでおったのだよ
    朝鮮通信使の時代に、日本の江戸には既にパン屋があって、寺子屋では子供が関数を学んで、下水もリサイクルも発展して、大衆浴場とか、寿司や天ぷらや蕎麦の屋台とか、歌舞伎などの、一般大衆の娯楽とか、ありましてね。
    それらは製本や印刷や舞台技術やそれなりの文化と技術の裏付けがあって栄えるもんなんですよ

    日本には江戸時代に銀行もあって預金もできたし利息もついた。
    むしろヨーロッパのほうがあらゆるものができたのがおそい。しかもとんでもない搾取社会だから農民がはい上がるなんて無理。領主はアジアの陶磁器などを買う為に白人女狩りをやって中東やチュニジアに売っていた。
    ちなみに民主主義てのは戦後に出来たんだけど、戦前に一番進んでいたのも日本
    日本の女性は西欧に比べると地位も高く自由でした

    明治維新で西欧文化を取り入れて発達した、とか単純な話ではなく、江戸時代末期には既に日本には、技術面でも、識字率でも、西欧文化を取り入れるだけの下地が整っていたのです。

    例えば、西欧からきた三角測量がありますが、江戸時代には庶民である伊能忠敬が北極点を使った三角測量を使い、西欧の三角測量よりもさらに正確な地図を書いています。
    伊能忠敬は、三角測量を考え出しつつも、それでは正確さに欠ける…と、北極点を使った三角測量を考え出しました。
    伊能が作った日本地図のおかげで、日本への砲撃命令が出されていたハリーの黒船は戦争は控えたんですよ?

    寺子屋では子供達が複素関数論を習っていましたし、その頃の教科書も現存しています。
    古本屋が繁盛するくらい識字率も高く、既に蒸気機関の存在も知っていて、ペリー来航の前から試作品が幾つも造られていました。

    フランス海軍士官スエンソン
    「ひょっとすると日本の職人の方が西欧人より優秀かも知れなかった。日本のものよりはるかにすぐれている西欧の道具の使い方をすぐ覚え、機械類に関する知識も簡単に手に入れて、手順を教えてもその単なる真似事で満足せず、自力でどんどんその先の仕事をやってのける。日本人の職人がすでに何人も機械工場で立派な仕事をしていた」

    イギリスの公使オールコック
    「かれらの文明は高度の物質文明であり、すべての産業技術は蒸気の力や機械の助けによらずに到達できるかぎりの完成度を見せている」

    ペリー提督
    「機構製品および一般実用製品において、日本人はたいした手技を示す。彼らが粗末な道具しか使ってなく、機械を使うことに疎いことを考慮すると、彼らの手作業の技能の熟達度は驚くほどである。日本人の手職人は世界のどの国の手職人に劣らず熟達しており、国民の発明力が自由に発揮されるようになったら、最も進んだ工業国に日本が追いつく日はそう遠くないだろう。他国民が物質的なもので発展させてきたその成果を学ぼうとする意欲が旺盛であり、そして、学んだものをすぐに自分なりに使いこなしてしまうから、国民が外国と交流することを禁止している政府の排他的政策が緩められれば、日本はすぐに最恵国と同じレベルに到達するだろう。文明化した国々がこれまでに積み上げてきたものを手に入れたならば、日本は将来きっと機械製品の覇権争いで強力な競争国の一つとなるだろう」

    日本が開国出来たのも、今の地位を得たのも、江戸時代までの技術の蓄積があったから。
    江戸時代までの発展はペリー提督の言う「物質面」ではなく「精神面」で培われててきたものなんだよ

    例えばここに名刀村雨があったとしよう
    ここに日本人は鋼の価値よりも職人の技術への「賞賛」に価値を見出す
    そして「賞賛」に見合う技術であろうとする
    けれど日本敗戦後、名刀の数々を手に入れたアメリカ軍は刀の装飾の金飾りだけ外して後はみんな海に投げ捨てた

    日本がアメリカに勝てなかったのは、そう言うところだと思うよ
    [ 2016/10/02 22:00 ] [ 編集 ]
  264. 技術力はあるが出来る司令塔が 居ないのだ…
    [ 2016/10/03 02:43 ] [ 編集 ]
  265. 何人だか忘れたが、アメリカ人が夢のようなことを血相変えて大声で「できる!」と言っても信用しないが、日本人がニヤッと笑って「できる」と言えば信じますよって言ってたな。
    [ 2016/10/08 09:40 ] [ 編集 ]
  266. マジレスすると戦争に負けたのは木工技術のせいw
    大戦に必要だったのは金属加工技術であったのだが、木工技術は世界トップレベルの日本のことだから簡単にできるだろうと舐めてかかったのが大間違いで実態はひどいものだった。
    [ 2016/10/10 00:49 ] [ 編集 ]
  267. 今の普通の大工さんも、やる気のある人は各地の補修事業などに積極的に参加して自力で勉強しているよ。
    [ 2016/10/11 02:30 ] [ 編集 ]
  268. ※265
    それコピペね
    外人
    「アメリカやフランス、ましてや中国人がガンダム作れると言っても
     なんだこいつ頭おかしいのかと思われる。
     が、君ら日本人がニコリともせず出来ますよと言ったら
     世界中全員が納得する!だから僕はこの目で見るために日本に来たんだ」
    ・・とかいう飲み屋での会話だった気がする

    [ 2016/10/11 22:07 ] [ 編集 ]
  269. 超絶 凄ワザ!でやってたけど、継ぎ手で栓にかかる加重方向を考慮したドイツの職人に負けてた。
    最後の2つの栓は繊維方向を変えた方が強度出ると思う。
    [ 2016/10/14 20:47 ] [ 編集 ]
  270.  先祖代々何百何千年琉球王系一族末裔ワニ家!
    曾祖父が琉球墓創り棟梁して栄え、爺もワニさんが幼い頃
    歩けなくなる80歳まで現場でて陣頭指揮してたワニね
    重たい何百キロの石担いで組んで施工する技術!大腸癌68で逝った
    戦後のボンボンオヤジには無理で30過ぎても爺の持つ石担げな
    かったと言ってたワニ、体力技術伴ってないと無理ワニ、そんな
    癌で逝ったオヤジが戦前その昔巧達はよく家々の池にノコギリで
    半ぶんに切った木切れの中に名前書き込んでまたくっつけて
    紐で結んで投げて回ったそうワニ、朝池に浮いてる棒切れひも解いて
    みるとまったく濡れていない断面に巧の名前が記されていたというワニ
    [ 2016/10/19 01:05 ] [ 編集 ]
  271. 和釘はもう再現できないらしい。
    たたら鉄がまず手に入らん。
    和釘で打つと、節をぶち抜かず回り込むらしい。
    だから強度も落ちない。
    宮大工は寺社仏閣の解体の際に、和釘もちゃんと
    回収するらしい。
    日立金属あたりが一発やってくれんかな。
    [ 2016/10/19 01:37 ] [ 編集 ]
  272. 奈良時代初期~中庸に中国様式の建築技術が半島経由で流入した段階では、移築遺構が殆ど見られないことから組バラシはほぼ前提になかったと思われる

    奈良時代末に複数回の遷都が行われる過程で、莫大な木材や瓦、釘、銅板を無駄に浪費することを抑制するべく、この時期に組バラシを前提とする設計技法が独自に構築されていったと思われる

    平安宮:豊楽殿、奈良から移築か 規模、太極殿と一致 /京都 - 毎日新聞 ttp://bit.ly/2dshWhy

    和釘なども、それらによって作られた副産物と見て良い
    地震対策なども奈良時代~平安時代にかけて先人が独自研究で辿り着いた技法なのだろう

    ※271
    そう言う研究は、スーパーゼネコンが歴史的建造物・寺社改修工事を請け負う際に、スーパーゼネコンの技術部と大学の教授(研究者)らが、素材の復元研究、工法の検討、再構築(技法構築)も行ったりする
    [ 2016/10/20 20:27 ] [ 編集 ]
  273. >>271
    たたら製鉄はまだやってる所あるぞ
    需要と供給の問題
    [ 2016/10/23 04:13 ] [ 編集 ]
  274. 日本は戦争に負けたが滅んだ訳じゃない、それが答えだ
    [ 2016/11/01 02:00 ] [ 編集 ]
  275. ホルホル
    [ 2016/12/23 11:58 ] [ 編集 ]
  276. 江戸時代の大工なんて半日しか働かなかったけどな。日銭も酒代に消えたし。お前さん昨日の給金はどうしたんだいっていうと馬鹿野郎、江戸っ子は夜寝越しの金は持たねぇんだいって。だから女房にはへそくりって習慣が生まれた。技術と関係無いけどね。
    [ 2016/12/29 08:03 ] [ 編集 ]
  277. 大阪の四天王寺に1400年以上金剛組が残ってる。
    [ 2016/12/29 18:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング