fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「これじゃ日本には勝てん」 日米巨大ロボ対決の敗北を確信する米国の人々

今回は、日米巨大ロボット対決に関する話題から。

米MegaBots社が日本の水道橋重工に挑戦状を送りつけたことから、
本来であれば今年の6月に行われるはずだった日米ロボット対決。
残念ながら今のところまだ対決は実現していませんが、
関連動画は度々海外サイトで紹介され、その度大きな反響を呼んでいます。

水道橋重工が製作した「KURATAS」は重さ約4トンの巨大戦闘ロボットで、
ガトリング砲を2基備えており(1分間に6000発のBB弾を乱射可能)、
コックピットに1人乗り込むことが出来る造りになっています。
一方のMegaBots社の「メガボット2号機」は2人乗りの複座式で、
重量1キロのペイント弾を時速160キロで発射することが可能。

先日翻訳元の海外大手サイトが「メガボット2号機」の映像を投稿し、
今後行われるであろう対決を盛り上げているのですが、
コメント欄にはすでに勝利を諦めるアメリカ人の方が続出していました。

海外「日本が同盟国で良かった」 日本製の戦闘ロボがついに完成

hqdefault7.jpg




翻訳元
埋め込み無効のため、動画は翻訳元から

下は参考動画






■ すまんけど俺は日本が勝つ方に賭けるわ。
  だってロボットって、日本人のテリトリーだぜ? +1




■ このままだと日本が勝つだろうね。
  だってロボットの分野で日本が負けるなんて……、
  しばらく考えたけどやっぱりあり得ないものw +24



   ■ 普通にやったら日本にはまず勝てないから、
     俺たちは直立する戦車を造ったわけだよ。
     でも日本の巨大ロボには実際に手まであるもんな。 +4 



■ このままじゃ普通に日本チームが勝つと思うの。




■ 日本のロボットの方は今すぐにでも戦えそう。 +6



   ■ 日本はすでにエヴァンゲリオンとかも完成させてるかも。 +1 



■ 日本の方がはるかに洗練されてるし未来的じゃん。




■ アメリカのロボットもカッコイイと思うけどなぁ。
  だけどこれじゃ俺たちは日本には勝てん。 +6



   ■ おうよ、自信を持って絶対負けるって言い切れるぜ! 



■ 日本のは何て言うか、現状で商品化出来そうだもんなぁ。 +3




■ ロボットという日本の領域に足を踏み入るべきじゃなかったんだ。
  彼らのロボットはガンダムだ。ガンダムなんだよ!!! +491



   ■ たしかに日本のはガンダムレベルだな。 +18 



■ いや、何だかんだで勝負には勝てそうじゃないか?😂😂😂 +6




■ 私たちのロボットは日本のロボットを倒すことだけを目的に造られた。
  いろいろとロボアニメの世界に近づいてきてるよね。 +5




■ あかん、日本に負けるのが目に見えてる。 +7




■ 日本は何年も前にすでにもっと高性能な巨大ロボを造ってるもの。




■ 物事は下手に凝ると大抵失敗するんだよ。
  日本に賭けてる人たち、おめでとう。




■ 現状、アメリカの方が火力はあると思う。
  一方の日本製は、火力はないが機動性では優る。




■ ロボットのデザインはゲーマーに頼んだほうがいいぞ。
  彼らの方がいいアイデアを持ってるから!
  日本のロボットを見てくれよ……。エイリアンとも戦えそうじゃん。 +4




■ 日本製と比較するとちょっとなぁ……。
  アメリカ人のエンジニアとしては見るに耐えない。
  プライドを持とう。そしてデザインと製作に精魂をこめるんだ。 +17




■ 日本相手にロボットで挑んじゃダメだって……😞




■ 日本のはカッコイイし、機能的にも優れてる。




■ 日本はロボット製作だけじゃなくて、パイロットも優秀😍 




■ 残念だけど俺たちは負ける……。
  日本には照準システムだって搭載されてるんだから。
  しかも動きは俊敏。ああ、俺たちに勝ち目はない……。 +183




■ もし日本とロボ対決したら、降参するしかないだろうなぁ。
  日本人のロボットにかける情熱を舐めたらいかん。




■ 勝つのは日本のスピードか、それともアメリカのパワーか……。
  どちらが優れているかは、実際に戦ってみれば分かるさ。






と言うわけで、日本との勝負においてはかなり悲観的でした。
「日本と比べるとひどい」と言う前提付きの批判が目立ちましたので、
比較対象がなければ十分クールな物に映ったんだろうと思います。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2016/09/24 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング