< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
海外「これが日本人なんだよ」 フィリピンで英雄となった日本兵の物語に感動の嵐
2016年08月26日23:00



今回は、フィリピンで英雄となった旧陸軍・山添勇夫大尉の物語から。

山添大尉は、昭和12年に軍に召集された後、
フィリピンのレイテ島ドラグ市にて守備隊長を務めておられました。

地元のフィリピンの方々に対して常に公平中立に接し、
住民と日本兵との親睦を深めるために、ラジオ体操、テニス、
バスケットボール、文化的なショー、ダンス、映画の上映などの機会を設け、
また、各家庭には食料不足を防ぐために裏庭で野菜を作ることを、
現地の子供達には、日本軍が作った学校で学ぶことを奨励されました。

現地の住民に愛され、尊敬されていた山添大尉でしたが、
昭和18年に、ゲリラとの戦闘で命を落とされました。
その戦闘の際にも大尉は、市民が巻き添えになることを危惧し、
住民の生活圏での戦闘を避けるべくゲリラ側と交渉。
大尉の提案は受け入れられ、結果多くの市民の命を救いました。

山添大尉の死を嘆いた市民たちは、昼夜を問わず教会の鐘を鳴らし続け、
さらには、大尉を讃えるために自発的に小さな慰霊碑を建立。
慰霊碑は後に、ドラグ市により大きな物に建て替えられています。

翻訳元では以上の情報と共に、「フィリピンの英雄」として大尉を賞賛。
フィリピンの方々から様々な反応が寄せられていましたので、
その一部をご紹介します。

海外「日本はアジアの英雄だった」 インドネシアの独立に尽力した日本兵たち

12705631_984238241623552_4880282847029534161_n.jpg






翻訳元




■ 戦争中であっても、すべての人間の中にヒューマニティーは存在する。
  日本人の大尉に敬意を表します。
  ヤマゾエサマ、アリガトウゴザイマシタ。 +2




■ ああっ、ヤマゾエ大尉のことはレイテの学校で習ったことがあったのに、
  今の今まで忘れてたよ……。本当に素晴らしい方だ……。 +5




■ この人もLNMB(※比の英雄墓地)に埋葬されるべきでは……。 +3



   ■ 僕もこの人のことは大好きだよ。
     だけどフィリピン軍に所属していたわけじゃないからね。
     もっと他の形でいいんじゃないかと思うんだ。



      ■ 大尉は確かにフィリピン人ではない。
        だけどあの時代にフィリピンの仲間のために、
        彼が素晴らしいことをやってくれたのも確かだ……。
         


■ それにしても大尉、何てハンサムな方なんだ。 +3




■ テレビ局は下らない番組を流すのはやめて、
  この人をテーマにした映画を放送してくれよ。




■ お婆ちゃんが前に話してくれた物語を思い出した……。
  お婆ちゃんも大戦中ドラグで暮らしてたから……。 +2




■ こんな素敵な物語があったなんて知らなかった!! +5




■ 日本の植民地だった国の国民は規律が高くて愛国心も強い。
  それに経済的にも発展した。
  日本の精神を学んで自分勝手な行動をやめれば、
  フィリピンだって発展した国になると思うんだよね。 +13

「日本は尊厳と誇りの国」 "日本人から学ぶ10の事"に外国人が感銘




■ お母さんに戦時中の話を聞いたことがある。
  一度日本兵(あるいは朝鮮半島出身の兵士)に、
  ライフルで頭を殴られたことがあるんだって。
  銃剣で突かれそうになった時に、若い日本の将校が救ってくれたみたい。
  オカダって名前の人だって言ってた。 +5



   ■ 俺のお袋は、本当に残酷だったのは日本人じゃないって言ってた。
     ほとんどの日本人の将校は立派な教育を受けていて、
     マナーも素晴らしかったようだよ。 



■ それでも彼は、俺たちの国に攻め込んできた日本の人間だ。
  フィリピンのゲリラはいつだって俺たちのヒーローだよ。




■ 兵士を含め、私たち一般人は全員被害者なんだよね……。
  みんな、それこそ10代の子たちだって戦場に駆り出された……。
  責めるべきは、それぞれの国を戦争に導いた指導者だけ。




■ 知られざる英雄の物語か。
  歴史は勝者によって書かれるものだからね。 +2




■ ヤマゾエ大尉、この方は軍人の鏡だ! +6




■ この物語はもっと広く知られてないとおかしいでしょ。 +3

海外「私達は絶対に忘れない」 杉原千畝の功績に多くのユダヤ人から感謝の声




■ サヨナラ、ヤマゾエ大尉。どうか安らかに。バンザイ!!! +6




■ 嗚呼っ、何て感動的な物語!
  語られてこなかったけど、これも間違いなく私達の歴史の一部です! +1



 
■ 僕の上司は日本人なんだ。
  今が戦時中だったら、きっと彼もこの大尉のような行動を取るはず! +4




■ この物語は絶対に知っておいたほうがいい……。コンニチハ!! +8




■ この日本人ヒーローのことが私も大好きです♥ +7 




■ 残酷だったのは日本人以外の日本兵だったんだよなぁ。 +11



   ■ そうだよ。残虐だったのは日本人じゃない。
     俺のおばあちゃんやおふくろの話によると、
     狼藉を働いてたのは日本人以外の兵士だったようだ。 +3



■ 日本人以外の日本兵のほうが残酷だったって話は聞くね。
  俺の両親や祖父母もそう言ってた。
  当時の人達は日本の植民地になっても構わなかったんじゃないかな。
  個人的には今でも、領土を中国に奪われるくらいなら、
  日本の植民地になったほうがマシだと思ってるし。 +1




■ この人こそ本物のサムライですね。 +2

海外「武士道の意味が分かった」 敵兵を救助した日本人に外国人感銘




■ これが本当の日本人なんだよ。
  何でもネガティブな部分にばかり注目が行ってしまうのは悲しいね。 +2




■ 「日本人」が悪者にされちゃってるけど実際は……。
  まぁ、東アジア人を見た目で判断するのは難しいからね。 +7




■ 実際のところヤマゾエ大尉は、ホンマ中将の哲学の信奉者だったんだ。
  ホンマ中将はフィリピンの慣習や宗教、伝統に敬意を払って、
  地元のフィリピン人を友人として扱うよう部下に命令した。
  彼は最終的に、バターン死の行進の責任を問われて処刑されてしまった。
  その判決は物議を醸したわけだけど。 +8




■ 下の写真は、ドラグにある大尉の慰霊碑。 +49

Captain-Isao-Yamazoe-Shrine.jpeg




■ 大尉の死は、フィリピン人と日本人、双方にとって大きな損失だ。 +7




■ でもほとんどの日本兵は野蛮だったじゃん。
  大勢のフィリピン人の命を奪い、大勢の女性に暴行を加えた。 +5




■ 実は大きな罪があるのは日本人の兵士じゃないんだよ。
  罪を隠してる民族が他にいる。 +5




■ すべての日本兵がヤマゾエ大尉みたいな人だったらよかったのに。
  そしたらフィリピンは国を挙げて友人としての、
  そして解放者としての日本をサポートしただろうに。
  同じアジア人なわけだから……。
  東南アジア全体も支配下に置けたはず。 +5

海外の反応 日本軍の東南アジア侵攻は『侵略』だったのか『解放』だったのか




■ 今僕はオキナワで暮らしてる。
  日本人はみんな礼儀正しくて親切だ。
  本当に規律正しくて、まさに文明人という感じなんだ。
  犯罪だって滅多に起こらない。
  フィリピンも日本のような国になってほしい。 +44




■ ヤマゾエ大尉、あなたはなんて偉大な兵士なんだ……バンザイ! +4




■ 似たような話を私もお母さんから聞いたことがあるよ。
  二人の日本兵が、ゲリラとの戦闘が始まるからって、
  現地の住民に急いで山に逃げるように促してくれたの。
  指示に従った人たちはみんな助かったんだって。 +11




■ ヤマゾエ大尉の物語には感動を禁じえない。 +6



   ■ 私も……。フィリピン人を愛してくれた大尉!
     ありがとうございました。Arigatou!!!! +1



■ 日本の大尉の優しさが、多くのフィリピン人を救ったわけだ……。
  この話を知ることが出来て良かった……。
  ヤマゾエ大尉、安らかにお眠りください。 +1






カテゴリ : 文化・歴史

コメント : 640 / トラックバック : 0

関連記事
トラックバックURL http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/tb.php/2045-6a2336c7
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く
トラックバック

今月の人気記事