パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本にも超古代文明が…」 飛鳥に眠る謎の巨大石造物に海外から驚きの声

奈良県橿原市白橿町にある巨大石造物、益田岩船。
飛鳥地方周辺に残る石造物群の中でも最大の物で、
東西約11メートル、南北約8メートル、高さ約4.7メートル、
上部には一辺約1.6メートル、深さ約1.2メートルの穴が空けられており、
重さは少なくとも100トン以上はあると考えられています。

造られた時期も何のために造られたのかもいまだに謎のままですが、
用途には、いくつかの説があげられています。

・弘法大師による巨大な石碑の台石
・占星術のための天体観測台
・横口式石槨の建造途中で、石に亀裂がある為途中で放棄された


上記の他にも、松本清張氏の長編推理小説「火の路」では、
ゾロアスター教徒の拝火台であるという説が提示されています。

この益田岩船の存在を海外の方々もネット上で紹介しており、
投稿には様々な反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「架空の世界の国みたいだ」 三種の神器の存在に外国人ワクテカ

995447_382399671860929_1350767793_n.jpg




翻訳元
11836725_10206534367811803_7358740056426734452_n.jpg
1016091_298142973659909_536172180_n.jpg

1022939489.jpg




■ 日本に存在する、あまりにも珍しい花崗岩石。
  何のために造られたと考えるのが一番妥当なんだろう。 +11 国籍不明




■ これは宇宙人の仕業ですわ。 +20 フィリピン




■ かつては海中にあったもの、って印象を受けた。 +3 アメリカ




■ たぶん古代に使われていた機械の一部だと思う。 +2 フランス




■ 意外と自然侵食でああなっただけかもしれんぞ。 +1 アメリカ




■ これは見た感じの印象だけど、あのそれぞれの穴に、
  何かが挟まっていたんじゃないかって気がするんだ。 +4 メキシコ




■ 音や振動と連動する装置だったとか?
  でもどうやって使っていたかなんて誰が分かる?
  こういった太古のミステリーの謎が全て解ける時まで、
  ぜひとも生き続けてやろうと思ってしまうね。 +12 南アフリカ




■ アニメの世界への玄関口っていう線はどうだ……? +8 国籍不明




■ 私はプレデターの隠れ家だと思います…… ^^ +9 国籍不明




■ 権力者のためのお墓として造ったんじゃないかね。 +3 アメリカ

海外「やっぱ日本人は…」 火星にある『日本の古墳』に外国人仰天




■ ペルーにもあれと同じような謎の石造物があるんだよ。 +2 アメリカ




■ 恐らくだけど、雨水を集めるために使われたのでは……。 +2 アメリカ




■ ……他の建築物の一部……?
  どこか他の場所に移動させる直前だったかに、
  何かアクシデントがあって仕方なく放置された? +2 スロベニア




■ 穴が完璧に施されてるのが凄いな。
  何かの道具であることは間違いなさそうだけど……。 フランス




■ 日本か。5年以内にあの石を含めて色々と探検したい。
  個人的には、あれはかなり古い時代に造られた物だと考えてる。
  きっと一般的に言われているよりもはるか昔から、
  高度な文明は地球上に存在したんだよ。 +75 国籍不明




■ ヨナグニで発見された海底遺跡を思い出した。 クロアチア

海外「日本は昔から進んでたのか…」 日本の海底遺跡に外国人騒然



   ■ 日本の南部には巨大な石造建築の居住地があったと思う……。
     英語で書かれた文献がほぼまったくないのが残念だ……。 アメリカ



■ 何でお前らは宇宙人の犯行説を拒絶するんだ! +1 アメリカ




■ 巨石文化が日本にも存在してたんだね。 +7 アメリカ




■ 有史以前に造られた核シェルターって感じじゃない? カナダ




■ これが手作業で造られたものだとは思えない。
  だって古代の道具を使って手作業で造っていったにしては、
  あまりにも正確すぎるもん。 +1 アメリカ




■ 氷河期以前にあった文明の名残だと思われる。 +5 アメリカ




■ はるか昔に宇宙人と日本人は接触してたんだな……。 +4 アメリカ

「実は日本人は宇宙人なんだよ」 日本の"未来車"に外国人がざわざわ




■ 興味深いのは、まだ製造途中にあるように見えることだよね。
  この写真は別の角度から撮ったもの。 +6 国籍不明

iwafune2.jpeg



■ エンジニアの意見が聞きたいわ。
  他の意見はすべてただの推測にすぎん。 +3 アメリカ




■ 日本の南東にあったムー大陸のモノでしょ。
  何かしらかの大変動があって、あの場所に行ったんだ。 アメリカ




■ なんかコンクリートで造られてるみたいじゃないか? +2 イギリス




■ 何度見ても、俺にはこれが地球的なモノだとは思えない。
  違う文明のレプリカで間違いない。 アメリカ




■ 素晴らしい。南米の遺跡に似ているのが興味深い……。 ドイツ




■ 金属で出来ているように見えるのは何でなんだろう……。 +1 イギリス
 



■ 乗り捨てられた宇宙船っぽいと思ったんだけど、どう? +8 ルーマニア

海外「日本がハイテクな理由か!」 江戸時代のUFO伝説に外国人興奮




■ ドラマ「LOST」にこういうシーンがあったよね。 +10 オーストラリア




■ 日本にも超古代文明が存在したのか……。 +2 スペイン




■ デス・スターの一部じゃなかろうか……。 +3 アメリカ




■ 僕も前にあの巨石があるエリアに行ったよ。
  あのモノリス(2つの石室墳)は巨大な竹が密生した丘にある。
  だから方向感覚をつかむのがかなり難しかった。 アメリカ




■ 美しい! まるで映画の中の話のようだ……。 +1 イタリア




■ 当時としては未来的な物体であったことは間違いなさそう。
  似たような巨石がペルーでも見つかってるのが興味深い。 イタリア




■ 仕上がりが美しい……。本当に興味を惹かれるよ……。
  自分には古代の武器のように見える……。 オーストラリア

海外「どの剣も格好良すぎる」 日本からは2本 世界の伝説的な刀剣7選




■ こんな石造物が日本にあるなんて初めて知った。
  今度センセイに何か知らないか訊いてみる。 +1 アメリカ




■ 古代にもテクノロジーは存在した。
  この巨大石造物は、その新たな証拠になるだろうね。 +2 ブラジル






関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2016/05/10 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(1000)
Powered By 画RSS
  1. タイトル見たときは、石舞台古墳かとおもった
    [ 2016/05/10 23:03 ] [ 編集 ]
  2. そして聖徳太子の命により建造されたのが磁雷神。
    弘法大師といえばイエズス会宣教師が布教が上手く行かないのを彼のせいにしてたな。
    言うに事欠いて「魔王コーボ・ダーシ」と来たもんだ。
    [ 2016/05/10 23:05 ] [ 編集 ]
  3. 日本にこんな不思議な大岩があるのを初めて知ったわ。
    神話みたいな”いわく”のある岩じゃないのかな??
    [ 2016/05/10 23:06 ] [ 編集 ]
  4. 地中に宇宙船でも埋まってそうな感じだよね
    [ 2016/05/10 23:07 ] [ 編集 ]
  5. 「大魔神」の部品だけど完成させると暴れ出すから分解してある。
    [ 2016/05/10 23:10 ] [ 編集 ]
  6. 火遊び大好きゾロアスター。
    日本の火を使うお水取りとかもゾロアスター教の影響とこじつけられなくもないけど、既に日本に仏教が来た時にはゾロアスター教と合体した状態だったし、神道的感覚とも言えなくもない。
    [ 2016/05/10 23:11 ] [ 編集 ]
  7. 松本清張の小説懐かしいな。遥か昔に読んだのを思い出した。
    しかし、古代ペルシアとのつながりは事の真偽はともかくロマンを感じる。
    [ 2016/05/10 23:12 ] [ 編集 ]
  8. 巨人用の和式便座に見えるね。
    [ 2016/05/10 23:12 ] [ 編集 ]
  9. 奈良にあったのか
    これでもうすぐ俺は完全体になれる
    [ 2016/05/10 23:13 ] [ 編集 ]
  10. 石キチ斉明天皇の失敗作じゃなかったっけ
    [ 2016/05/10 23:13 ] [ 編集 ]
  11. 日本人そのものが古代人なのに何言ってんだか
    [ 2016/05/10 23:14 ] [ 編集 ]
  12. ※10
    そのぶった切り方ワロタw
    [ 2016/05/10 23:16 ] [ 編集 ]
  13. こんな物が存在するの知らなかったわ…
    別角度から見た画像がまた面白いな
    [ 2016/05/10 23:17 ] [ 編集 ]
  14. 昔は時間がいっぱいあったらね
    今はみんな忙し過ぎて余裕なさすぎ
    [ 2016/05/10 23:17 ] [ 編集 ]
  15. んなオカルトなものじゃないだろw
    [ 2016/05/10 23:19 ] [ 編集 ]
  16. 7つ集めると龍が出て来て、願い事を叶えてくれるヤツだろ。これは穴が2つのヤツだな。
    [ 2016/05/10 23:19 ] [ 編集 ]
  17. この岩船の周りに似たようなのが転がってないのも不思議っちゃ不思議
    [ 2016/05/10 23:20 ] [ 編集 ]
  18. あのあたりはこんな巨石構造物がいくつもある。
    他に酒舟石、猿石、亀石、鬼の雪隠。いちばん有名なのが石舞台。
    学生の頃、ひとつずつ訪ねて回った。
    現代アートのようにも見えるし、不思議な物体だったよ。
    [ 2016/05/10 23:21 ] [ 編集 ]
  19.  
    アメリカ大陸の原住民と日本人ってDNA的に近いんでしょ?
    [ 2016/05/10 23:22 ] [ 編集 ]
  20. タタ自動車の旧型フレームの試作品じゃないの?
    [ 2016/05/10 23:22 ] [ 編集 ]
  21. 来たわ巨石が。
    大阪は巨石信仰が戦国時代にも残ってた。
    [ 2016/05/10 23:24 ] [ 編集 ]
  22. なんか神秘的だし
    これ俺が造ったことにしてくれないか?
    [ 2016/05/10 23:25 ] [ 編集 ]
  23. ボンバーマンの人面岩
    [ 2016/05/10 23:27 ] [ 編集 ]
  24. これは宇宙船である。夜中2時40分に出発するのである。
    [ 2016/05/10 23:27 ] [ 編集 ]
  25. 外人さん不思議がってるけど、そんな大そうなものならば
    徳間書店とかムー関係で取り上げられてると思うよ。
    けど、多分取り上げられてない。
    [ 2016/05/10 23:29 ] [ 編集 ]
  26. 釣り堀じゃなければ鯉の養殖池だな!
    [ 2016/05/10 23:31 ] [ 編集 ]
  27. こういう遺跡とか、なんの為に作られたかは知らないけど、太古にも(日本人の多くが患ってる)極めないと死んじゃう病の人が手作業でって説は取り合って貰えないだろうなww
    [ 2016/05/10 23:31 ] [ 編集 ]
  28. 昔の手作業はなあ、今は2,3年がかりで削っても凄い仕事って言われるけど、以前は30年40年削り続けて更に次の世代に繋ぐとか、一見不可能でも不可能じゃないと思う。
    [ 2016/05/10 23:33 ] [ 編集 ]
  29. 残念だけど古墳の石室用に作ったみたいだよね
    割れちゃったから放棄したらしいが

    …そもそも古墳にこんな巨大な岩使おうという発想がナニよね
    [ 2016/05/10 23:33 ] [ 編集 ]
  30. こういう古い遺構が見つかると日本限定で何故か「どこから来たか?」みたいに必ず外から来た前提で話されるよね
    [ 2016/05/10 23:33 ] [ 編集 ]
  31. ごめん、それ俺の便所だわ。
    [ 2016/05/10 23:34 ] [ 編集 ]
  32. 酒船石はほんとに不思議だよ
    [ 2016/05/10 23:37 ] [ 編集 ]
  33. 未来の連中に解明不能の謎を残してやろうって変人が作った
    それっぽいけど、実は何の意味もない物
    だったら面白いのに
    [ 2016/05/10 23:40 ] [ 編集 ]
  34. 和登さんが、ボクの額の絆創膏をはがそうとするのぉ。
    [ 2016/05/10 23:41 ] [ 編集 ]
  35. 日本の心、風呂だよ
    [ 2016/05/10 23:41 ] [ 編集 ]
  36. 酒船石の近くに庭園遺構が発掘されて、酒船石自体、庭園の一部と
    考えられるようになった。
    何の用途か不明だが、分水樋ではないかという説が有力。
    [ 2016/05/10 23:44 ] [ 編集 ]
  37. 縁に段差があるからあの四角い穴に蓋をする目的があったように見える。
    穴の大きさや対になってることから、身分の高い人間の夫婦の亡骸を収める石棺としてつくられたのではないか。しかし、なんらかの理由でつくる途中で放棄されたものなんだろう。
    [ 2016/05/10 23:45 ] [ 編集 ]
  38. 古事記って天から鳥のような船で天孫降臨したとか天才的思考を持つ金属?スパコン?の存在とか海の満ち引きを操る重力発生装置とか実はSF要素満載なんだよね…
    [ 2016/05/10 23:45 ] [ 編集 ]
  39. いや、旗立てるのに台座は必要だろ?
    [ 2016/05/10 23:47 ] [ 編集 ]
  40. 橿原と云えば神武天皇。
    やっぱり宇宙船かしら。
    [ 2016/05/10 23:47 ] [ 編集 ]
  41. 酒船石や亀石もあるぞ

    三つ目が通るを読むといいんじゃない?
    [ 2016/05/10 23:49 ] [ 編集 ]
  42. ※18
    明日香村は日本の原風景って感じがして好き
    [ 2016/05/10 23:49 ] [ 編集 ]
  43. 岩の窪みの堆積物調べれば年代が分かるんじゃないのか?
    [ 2016/05/10 23:49 ] [ 編集 ]
  44. ※2
    >「魔王コーボ・ダーシ(弘法大師)」
    これマジ?なら秀吉は宣教師の片棒を担いだわけや。
    こいつのせいで大阪の上町台地の大事な土地(地下)や巨石も荒らされた。
    [ 2016/05/10 23:50 ] [ 編集 ]
  45. アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク、われとともにきたり、われとともに滅ぶべし…
    [ 2016/05/10 23:51 ] [ 編集 ]
  46. アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク
    [ 2016/05/10 23:51 ] [ 編集 ]
  47. これは…アレですわ
    宇宙人の、アレですわ
    [ 2016/05/10 23:52 ] [ 編集 ]
  48. 古さがわからないって言っても最低でもどれくらい前の物か位はわかるんでしょ?わからないの??気になるな。
    [ 2016/05/10 23:52 ] [ 編集 ]
  49. ガンダムの足だよこれ
    [ 2016/05/10 23:56 ] [ 編集 ]
  50. 他所の国の事はいいからさ、さっさとサグラダファミリアを完成させろよw
    [ 2016/05/10 23:56 ] [ 編集 ]
  51. なんで岩「船」なんだ?
    あれを見て船を連想しないだろ。
    そのあたりの伝説があるはず。
    [ 2016/05/10 23:57 ] [ 編集 ]
  52. 中で生活している人がいるかもしれないから勝手に撮影するなよ
    [ 2016/05/10 23:59 ] [ 編集 ]
  53. バス停が倒れたんだろ
    [ 2016/05/11 00:00 ] [ 編集 ]
  54. ほんとに手塚治虫は偉大な漫画家だったなあ…。
    [ 2016/05/11 00:00 ] [ 編集 ]
  55. ※51
    液体を入れる箱形の容器の古語「ふね・槽」の現代当て字で、船なんじゃない?
    [ 2016/05/11 00:04 ] [ 編集 ]
  56. 今でもセメント混ぜる時に使う入れ物をトロ舟とか言うでしょ
    [ 2016/05/11 00:08 ] [ 編集 ]
  57. 日本そのものが古代文明国家だからな
    [ 2016/05/11 00:08 ] [ 編集 ]
  58. アレはアレだよ
    [ 2016/05/11 00:09 ] [ 編集 ]
  59. お風呂も湯船っていうよね。
    [ 2016/05/11 00:09 ] [ 編集 ]
  60. アレはオレのナニだよ
    [ 2016/05/11 00:10 ] [ 編集 ]
  61. これにしても石舞台にしても、現代彫刻と言われれば納得しちゃいそうな趣があるね。
    [ 2016/05/11 00:10 ] [ 編集 ]
  62. どう見ても、普通の自然石
    人工の気配はない
    [ 2016/05/11 00:10 ] [ 編集 ]
  63. 貯水槽じゃない?上に蓋乗っけるような窪みあるし。
    [ 2016/05/11 00:11 ] [ 編集 ]
  64. アレは日本人のアレだよ
    [ 2016/05/11 00:11 ] [ 編集 ]
  65. エロイムエッサイム、エロイムエッサイム
    我は求め訴えたり!
    [ 2016/05/11 00:11 ] [ 編集 ]
  66. ただの倉庫だろ
    [ 2016/05/11 00:12 ] [ 編集 ]
  67. 日本人のアレはナニだよ
    [ 2016/05/11 00:12 ] [ 編集 ]
  68. >>51
    開放した箱状の物体を船(舟)って言うんだよ。
    浴槽のことを湯船って言うだろ。
    [ 2016/05/11 00:12 ] [ 編集 ]
  69. 全てが解明される時が、いつの日かくるのだろうか。
    [ 2016/05/11 00:13 ] [ 編集 ]
  70. あれは寿司屋だよ
    [ 2016/05/11 00:13 ] [ 編集 ]
  71. 欽明天皇の時代までに、百済と新羅が半島中部に残る小国家群を各々統合してしまった
    それにより、倭は朝鮮半島南部の橋頭保を失ってしまった

    この時代まで、倭は弁韓・辰韓の雑居地と鉄の取引をしていた
    半島南部の橋頭保を放棄したからか、それとも倭と長らく対峙していた新羅を牽制するためか、その時期以降、百済と倭の交易が活発になる

    倭への帰化氏族が増えるのもこの時代
    後の秦氏などの先祖は、おそらく弁韓・辰韓辺りに根拠地があった中国由来の氏族と推測され、百済や新羅に下らずに倭に恭順した氏族の子孫だと思われる

    そう言う訳で、半島中部~半島南部の百済・新羅に下りなかった人達が倭に帰化した
    また、交易・同盟関係にあった百済人も多く倭に滞在していた

    推古天皇の時代には、蘇我氏による仏教の推進や、聖徳太子による隋との接近がある訳だが、それらは、当時の倭が中国を模倣した律令国家を目指す過程の先鞭の時代と見られている

    その時代に、中国・朝鮮を経由して胡人なども畿内への来朝を果たしていたらしく、それに見合う都市(首都)設計が急務となった
    当時の朝廷は、天皇(大王)が即位する度に即位した天皇が住まう場所を「宮」としていたため、長安や洛陽のような計画的に設計された都市ではなかった
    日本版中華を標榜し外国に威厳を示す都市づくりが求められた

    そこで白羽の矢が立ったのが、当時の百済の王都泗沘城だと考えられている
    泗沘城の遺構跡から、石畳や石仏、数多くの石を用いた遺構が出土している
    当然、倭人も使節や交易で訪れている訳で、泗沘のような都市を飛鳥で試みようとしたのが、飛鳥の巨石文化ではないかと推察される

    この時代より100数十年後の天智天皇の時代に、白村江の戦いで唐・新羅連合に敗れた倭(日本)は、百済の将 答ホン春初や憶礼福留らに命じて、九州~瀬戸内海・四国~畿内にかけて、幾つもの石造り堡塁を特徴とする「朝鮮山城」を構築させたことを鑑みると、飛鳥の巨石文化も百済の石造りの影響があったのではないか?と思われる

    ★ 今日の三行

    ● 朝鮮半島三国鼎立と倭の根拠地放棄にる半島南部からの帰化人流入

    ● 日本版中華を標榜することに急いだ朝廷が世界に通じる都市創りを始めた

    ● 百済が既に石造りの都市を構築していた、日本(倭)にも帰化人が居たので、飛鳥でそれを試みた
    [ 2016/05/11 00:13 ] [ 編集 ]
  72. 湯船はすでに出てるよね…かぶってるよね…
    [ 2016/05/11 00:14 ] [ 編集 ]
  73. コレといい石舞台といい、あの辺りはホントでかい石が多いね
    それだけ権力者が強かったってことなんだろう
    で、俺は子供用の棺だと思うんだけど、おまいらは?
    [ 2016/05/11 00:16 ] [ 編集 ]
  74. ちなみに、NHKの歴史秘話ヒストリアでやった内容をまとめただけですのであしからず(笑)
    [ 2016/05/11 00:16 ] [ 編集 ]
  75. ※71
    わぁ、長いのが来た。
    って3行要約って、韓国で学校に通われた方かしら?
    少し内容も想像世界に踏み込み過ぎてますし…。
    [ 2016/05/11 00:17 ] [ 編集 ]
  76. これ、ただの自然現象じゃん

    よくある浸食だよ

    [ 2016/05/11 00:17 ] [ 編集 ]
  77. ※71
    キモすぎ、なにも根拠のない妄想はトイレで吐いてろ
    [ 2016/05/11 00:19 ] [ 編集 ]
  78. アレは※71のナニですから、許してあげよう
    [ 2016/05/11 00:21 ] [ 編集 ]
  79. >>76
    どの辺が自然現象なのか、他の例を出して見せて欲しい
    まず四角く切れた穴の形、その縁にある溝のような段差、しかも直線。
    穴の左右は同じ高さ。
    こんな正確に自然が頑張れちゃうんですか?

    [ 2016/05/11 00:23 ] [ 編集 ]
  80. ※11,19,25,30
    彼らの中では日本人が古代文明の直接的な子孫であることは許されないんだよね
    有色人種が白人に“発見”され“導かれ”て文明化したというファンタジー以外は認めない
    だから弥生(日本人)に侵略された縄文(本物の古代日本人)という設定で日本人を叩く
    日本の古墳や巨石文明の話で「紀元前」「氷河期」って言葉が出てくるのは「でも今の日本人は侵略して文明破壊した側だから」ってことが前提
    縄文も弥生も同じ民族なのは遺伝子で判明してるし、北米や南米の原住民は氷河期以前に海流を使って渡ったことも発掘された寄生虫から判明してる
    でも白人が太平洋を渡る技術を持てたのはずっと後だから、古代に有色人種が太平洋わたる技術を持ってたなんて認められない
    特に南米の滅亡した古代文明跡から縄文土器や日本の農業技術が出てきてるから、日本人が住んでた土地で日本人滅ぼしたなんて都合が悪い
    アラブやアジアで地動説前提で天文学やってた時代に、西洋では頑なに天動説信じてたのと同じ間違いしてる
    いまさら南米の占有権なんて欲しがらないから、せめて学術的な事実を受け入れて調査の邪魔しないで欲しい
    [ 2016/05/11 00:23 ] [ 編集 ]
  81. 益田岩船、画像をググってみろ
    ここの写真より、もっとデカいことがわかる

    つうか、普通に登って遊べるのなww
    [ 2016/05/11 00:25 ] [ 編集 ]
  82. まあまあ、こむずかしいことは置いといて、ともかく念じましょう。アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク…
    [ 2016/05/11 00:25 ] [ 編集 ]
  83. ほいとどこかの爺さんが「先祖が金魚養殖で使ってたんだけど、大騒ぎになってなかなか言い出せなかったよ」ってオチが好きかな。
    [ 2016/05/11 00:27 ] [ 編集 ]
  84. ※79
    あ、ああ……
    軽くボケたつもりなので真面目に反論されるとスゲー恥ずかしいっす……
    [ 2016/05/11 00:27 ] [ 編集 ]
  85. アレはチャリだろ
    [ 2016/05/11 00:29 ] [ 編集 ]
  86. 確か五島列島の島にも山のてっぺんに人口加工跡がある巨石があったはず…。だから珍しくないんだよ、こーゆーのwww。ってなんでどうやってつくったんだろーねー?
    [ 2016/05/11 00:30 ] [ 編集 ]
  87. アレはオレのチャリだし…
    [ 2016/05/11 00:32 ] [ 編集 ]
  88. 作ってる時にヒビが入ったから放置されてる墓の出来損ない
    [ 2016/05/11 00:32 ] [ 編集 ]
  89. 墓だとしたら、石室っていう発想がない時代なのかな?
    大体古墳とかって石室の中に石造りの棺桶を入れて、その中に遺体を安置するじゃん?
    コレだと石そのものに遺体を入れる事になるし、立位でだと生贄っぽいし安らかには眠れなさそうだし、屈曲位だとしたら大きすぎるし入れにくそうだし、近くに蓋になりそうな石造りの物はないし
    いつか謎が解明される日が来るのかな?
    [ 2016/05/11 00:33 ] [ 編集 ]
  90. ※87
    お前あんなとこにチャリ放置してんなよ…
    撤去されるぞ…
    [ 2016/05/11 00:33 ] [ 編集 ]
  91. 日本人はアレのアレだよ
    [ 2016/05/11 00:34 ] [ 編集 ]
  92. 明日香村は中学の遠足で行ってレンタサイクルであっちこっち回ったわ~
    結構アップダウンが激しくて部活してた中坊でも結構疲れたな
    明日香の蘇っていう当時のチーズみたいなのが豆腐半丁位の大きさで1000円と高かったけどやたらと美味かった思い出
    今もあるのかな?
    [ 2016/05/11 00:34 ] [ 編集 ]
  93. 吉備にはいわゆる仁徳天皇陵クラスの前方後円墳の出来損ないがあるらしい
    [ 2016/05/11 00:35 ] [ 編集 ]
  94. ていうか2000年3000年の昔程度なら超古代ってほどでもないんでは?
    [ 2016/05/11 00:35 ] [ 編集 ]
  95. 木組みに合いそうな穴に見えますので、柱の下に入る礎石だと思ったですよ。
    出雲の48m大社を超える何かを作ろうとしたら、お目当ての大木が、
    縄文杉みたいな合体木オチだったとか…面白くないか。
    [ 2016/05/11 00:35 ] [ 編集 ]
  96. すまん。あのチャリ、とってくるわ。
    [ 2016/05/11 00:36 ] [ 編集 ]
  97. これは蚊の養殖池
    [ 2016/05/11 00:37 ] [ 編集 ]
  98. アレはチャゲだろ
    [ 2016/05/11 00:37 ] [ 編集 ]


  99.   バ ル ス !

    [ 2016/05/11 00:38 ] [ 編集 ]
  100. あー、オレのチャリ、アレがナニしてアレされてるわー。もーアレするしかないわー
    [ 2016/05/11 00:39 ] [ 編集 ]
  101. チャゲはアレじゃない。ハ〇だ。
    [ 2016/05/11 00:40 ] [ 編集 ]
  102. 米18

    これよりも石舞台の方がよっぽど凄いと思うよね。たしかにあの辺りは密集してるわ。

    米46

    三つ目が通るに酒船石が出てきたのを思い出した。あの時は毒を精製したんだっけ?
    [ 2016/05/11 00:41 ] [ 編集 ]
  103. 岩の側面に模様が彫られてるんだね
    でも穴と同時期に彫られた証拠はないから謎は残る

    お墓の失敗作だとしても、そのまま放置しちゃうかな?
    こんな巨岩だから
    「あ~、水漏れしてるわ。ダメだ。別の岩を彫らないと」
    ってなるか?
    [ 2016/05/11 00:41 ] [ 編集 ]
  104. やっぱ、アレはアレだよ
    [ 2016/05/11 00:42 ] [ 編集 ]
  105. 巨人のオナホだろ
    [ 2016/05/11 00:43 ] [ 編集 ]
  106. ※75
    > ※71
    > わぁ、長いのが来た。
    > って3行要約って、韓国で学校に通われた方かしら?
    > 少し内容も想像世界に踏み込み過ぎてますし…。

    ※77
    > ※71
    > キモすぎ、なにも根拠のない妄想はトイレで吐いてろ

    ※78
    > アレは※71のナニですから、許してあげよう


    君らは ※74 を読むべきだと思うんだ
    [ 2016/05/11 00:44 ] [ 編集 ]
  107. アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク…
    [ 2016/05/11 00:44 ] [ 編集 ]
  108. 斉明天皇の巨石ガーデニングの一部だよねこれ?
    彼女のいた時代って、超古代ってほど昔じゃないはずだが…。
    [ 2016/05/11 00:45 ] [ 編集 ]
  109. これにぴったりはまる蓋作りたくない?
    [ 2016/05/11 00:45 ] [ 編集 ]
  110. これも星座の形に配置されてるの?
    [ 2016/05/11 00:46 ] [ 編集 ]
  111. ※106 
    NHKの情報源も結構怪しいからね…まるまる信じちゃあぶないよぉ。
    [ 2016/05/11 00:47 ] [ 編集 ]
  112. 蓋 立つんだよ。そこにない?
    [ 2016/05/11 00:48 ] [ 編集 ]
  113. てか自分で考えずにテレビでやってた事しか書けない奴って、頭悪いのかな。テレビで言ってたら何でも信じそうだな。
    [ 2016/05/11 00:50 ] [ 編集 ]
  114. 飛鳥時代のハコモノ行政の残骸か…。
    [ 2016/05/11 00:50 ] [ 編集 ]
  115. かぐや姫の、月の民の~、船のアレするヤツだろ
    [ 2016/05/11 00:51 ] [ 編集 ]
  116. 三つ目が通るなつかしいな。
    写楽君は岩船使って薬品作ってたな。
    [ 2016/05/11 00:51 ] [ 編集 ]
  117. ねるねるねるねだよね。
    [ 2016/05/11 00:51 ] [ 編集 ]
  118. マラ石みてこいよ、マラ石
    [ 2016/05/11 00:52 ] [ 編集 ]
  119. アレは飛鳥時代のチャゲだろ
    [ 2016/05/11 00:52 ] [ 編集 ]
  120. ああ
    用途がわかった
    これ、墓のために作ったもんじゃない
    水漏れがあったんじゃなく、あると分かって利用したんだ!!

    果物や野菜を入れて、上から押しつぶし、漏れる箇所から出る液体をジュースとして飲んでいた
    ところてんを作るみたな方法で

    が、が、学会に発表しなきゃ!!
    [ 2016/05/11 00:52 ] [ 編集 ]
  121. 真田幸村が秀吉と仲良く話してた…って、本気で信じてるのかもねぇ
    [ 2016/05/11 00:53 ] [ 編集 ]
  122. 飛鳥さんの名前を出すのはナニですから、アレしてあげて下さい
    [ 2016/05/11 00:54 ] [ 編集 ]
  123. 年代測定出来ないの?
    [ 2016/05/11 00:59 ] [ 編集 ]
  124. 2000年くらい前だから世界各国の巨石文化に比べたら新しいでしょ
    日本人は一応ネアンデルタール人の遺伝子を一番残してる民族だけど
    縄文時代が1万年以上あったまったり民族だからねぇ
    [ 2016/05/11 01:01 ] [ 編集 ]
  125. じつは かぐや姫が乗ってきた、カプセルと言うことは、
    秘密なのだけどね。
    [ 2016/05/11 01:05 ] [ 編集 ]
  126. 『日本人は一応ネアンデルタール人の遺伝子を一番残してる民族だけど …』っておいおい、日本人はホモ・サピエンスとは違う人たちと関係持ってたのかい…。
    変態ここに極まるな…。
    [ 2016/05/11 01:05 ] [ 編集 ]
  127. ※71 >朝鮮半島三国鼎立と倭の根拠地放棄にる半島南部からの帰化人流入

    NHKでもそれを言っていたけど。
    朝鮮にあったものは、そこまで精密では無く、溝は浅くただの大石。
    それに、あまりにお粗末すぎて、遺跡とは思えないもの。
    だから、帰化人が作ったとか勝手に歴史を作り過ぎと思う。
    もし、帰化人が作ったとすれば、なぜ自国の物がお粗末なのか?
    あちらの方が花崗岩は沢山あるから、日本へ来てまでやる必要ないでしょ。

    ちなみに、この岩。
    天文学や地学、石を切る技術など高度な文明がないと無理な代物。
    現代の技術でも、岩をくりぬくってのは難しいそうだ。
    だから、とても謎らしい。
    確か、斜めに傾いている岩とか、古墳みたいなのもあったはず。
    いつか分かるといいね。
    [ 2016/05/11 01:06 ] [ 編集 ]
  128. わしのバイト先のところだな、バス停もその名前だったはず。
    つーか亀石や酒船とか周り何もないんだぜ、のざらしだよ(亀石は店が併設してたが)
    亀の水路はなぜか三百円の金取って見学可能・・・そんな価値はないが文化財保護の資金とからしい。
    この遺跡? は見に行ってないな近くだけど、なんだよロープで登山って
    遺跡見学に行きやすいような道作れよ。
    酒船も一応道はあるけど行きづらい、謎と不思議があるけど何にもないから
    見に行きたい人はそのあたり知っといたほうがいいかも。
    [ 2016/05/11 01:06 ] [ 編集 ]
  129. ※2>>「魔王コーボ・ダーシ」

    ウケルwww
    思い出したけど、アーネスト・サトウが高杉晋作のことを、
    大魔王(ルシフェル)って言ってたらしいね。
    欧米人に魔王にされた日本人は一体何人存在するんだろwww


    ■ これが手作業で造られたものだとは思えない。
      だって古代の道具を使って手作業で造っていったにしては、
      あまりにも正確すぎるもん。 +1 アメリカ

    縄文時代の勾玉の存在を是非知ってほしいわぁ。
    翡翠は硬度7なのに、あの独特な形に加工して尚且つ穴まであけてるから。

    [ 2016/05/11 01:06 ] [ 編集 ]
  130. ※124
    ※126

    ネアンデルタール遺伝子を多く持っているのは白人でしょうが。
    変なデマ飛ばすのやめろよ!

    ※124と※126はどうせ同一人物だろ
    [ 2016/05/11 01:11 ] [ 編集 ]
  131. 石とかは年代測定できねーはず、木とか炭素が含まれるやつからおおよその年代が測れるとか。
    だから周りの土とかで調べるはず・・・・

    勾玉さんは中国から輸入してたんじゃなかったか?
    神獣鏡とかと。
    銅鐸はどうだったか忘れたけど。
    [ 2016/05/11 01:13 ] [ 編集 ]
  132. 大概のことはプラズマで説明がつくと聞いたことがある
    [ 2016/05/11 01:13 ] [ 編集 ]
  133. 四角い穴が二つ。
    古代人の露天風呂かな?
    周りが竹藪だから、風情があっていいなと。
    [ 2016/05/11 01:14 ] [ 編集 ]
  134. 実はガンダムの脚の部分なんですよ・・・
    [ 2016/05/11 01:16 ] [ 編集 ]
  135. ※130 おいおい勝手に同一人物にすんな。
    そもそもこんな与太話しんじちゃないよ。
    だいたい色んなトコから流れ着いて形成された日本人がそんな訳ないことぐらい、小学生でもわかるわ。
    [ 2016/05/11 01:18 ] [ 編集 ]
  136. コメントが大喜利状態で草
    [ 2016/05/11 01:18 ] [ 編集 ]
  137. これはまあ調べる人達が調べるだけにしといて道だとかそんなの用意しない方が良い
    また韓国人が悪戯目的でここに来るようになるしな
    そして中国人がきて周りにゴミ捨てたりするから
    [ 2016/05/11 01:19 ] [ 編集 ]
  138. 私、ガンタンクの脚かと思ってました…
    [ 2016/05/11 01:19 ] [ 編集 ]
  139. アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル…
    [ 2016/05/11 01:21 ] [ 編集 ]
  140. 私、ジオングの脚かと思ってました…
    [ 2016/05/11 01:22 ] [ 編集 ]
  141. そっとしといて欲しいわ
    今までは日本人だけだからラフに置いといても大丈夫だったけど
    有名になると反日だけでなく記念に欠片欲しいから削ろうなんて馬鹿も来るからね
    [ 2016/05/11 01:23 ] [ 編集 ]
  142. ネアンデルタール人の発する言語は「うはー」「おー」「おっほ」
    とかに近い、脳みそはホモサピエンスと同等だが伝達手段が欠けていた
    ホモはよくしゃべり盗んだ情報も、伝達した
    ネアンはその分技術力があり、道具が優れていた
    しかし、ホモにパクられ、駆逐されたとさ
    [ 2016/05/11 01:23 ] [ 編集 ]
  143. ※130
    ちょっと調べたらこんな記事があったぞ。
    「実はこのネアンデルタール人由来のTLR1とTLR6、TLR10遺伝子を最も多く持つのが日本人。どの集団よりも高く、約51%が持っていた。」だって

    URL書き込めないから"ネアンデルタール人の遺伝子を最も多く持つ日本人"で検索してみな。
    [ 2016/05/11 01:23 ] [ 編集 ]
  144. マリオが登ります

    頂きの穴を飛び越える心算が、間違って前進します

    落ちます

    下手ナンだな、此れが。
    [ 2016/05/11 01:26 ] [ 編集 ]
  145. ※135

    顔が真っ赤だぞw

               (ヽ∧__∧
               、ヽ`∀´> <呼ばれて無いのにチョチョチョチョーン
                )   )つ
                >⌒)ノ
                ゝノ/
       パカチョン    ノ~ノ
      /|     ///
      | |    ///
      | |ミ ///.
      |/ ̄    /
       " ̄ ̄ ̄ ̄
    [ 2016/05/11 01:26 ] [ 編集 ]
  146. ※143
    130じゃないけど、それ、俺はあまり信じてない
    [ 2016/05/11 01:26 ] [ 編集 ]
  147. ※143
    もーわかった、わかった。俺が迷惑するわ。絡むんじゃなかった…。
    でもな、ネアンデルタール人にちかかろうが、緒方直人が北京原人だろうが、どうでもいいんじゃない?
    [ 2016/05/11 01:27 ] [ 編集 ]
  148. 日本三奇の一つ 石の宝殿もスゴイよ
    [ 2016/05/11 01:28 ] [ 編集 ]
  149. でも、ギャンの脚にも似てるよね。
    [ 2016/05/11 01:30 ] [ 編集 ]
  150. ※ 146
    なぜそんなに必死になってるのかようわからんが・・・遺伝子上の結果が出てるわけだから嘘ではないだろ。確かに信じる信じなは人それぞれだが、日本人は日本人特有の遺伝子を持ってると俺は思ってるけどね。
    [ 2016/05/11 01:30 ] [ 編集 ]
  151. これ昔、日本の巨石遺構がブームなった時に行ったことあるけど
    観光コースから少し離れてるし小高い山の上にあるから自家用車とかないと行くのめんどくさい
    高砂市の生石神社との類似性が指摘されてるけど
    まあ見た感じ普通に古墳の石室を作りかけて放置されたんじゃないかと
    [ 2016/05/11 01:30 ] [ 編集 ]
  152. ※143
    それが偏向記事だってどっかで読んだぞ。
    [ 2016/05/11 01:31 ] [ 編集 ]
  153. 石の宝殿って加古川だっけ?
    [ 2016/05/11 01:31 ] [ 編集 ]
  154. ※150
    うはー おー おっほ
    (俺は130じゃないと言ってるだろう)
    [ 2016/05/11 01:32 ] [ 編集 ]
  155. うわーやベーなんか必死なヤツらがめっちゃ湧いてきたw
    [ 2016/05/11 01:33 ] [ 編集 ]
  156. 諸星大二郎が好きそうなネタだなw
    [ 2016/05/11 01:35 ] [ 編集 ]
  157. 少なくとも三人いるよ
    51%否定派ww
    [ 2016/05/11 01:35 ] [ 編集 ]
  158. ※148
    ええ、凄いですね。書こうか迷ってました。物部守屋さんの作です。未完だとも言われてますね。
    [ 2016/05/11 01:36 ] [ 編集 ]
  159. 日本人は特殊っていう論は古来いくらでもあるけどね。
    隣りの変な国のほうが特殊な気がするけど。
    [ 2016/05/11 01:36 ] [ 編集 ]
  160. うまく伝達できなくておまえらに駆逐されそうだ
    [ 2016/05/11 01:37 ] [ 編集 ]
  161. 必死5人とみた
    [ 2016/05/11 01:39 ] [ 編集 ]
  162. ココもナニがアレしてきたな…
    [ 2016/05/11 01:41 ] [ 編集 ]
  163. うーん、どれがどいつの意見なんだか、混乱してきたわ。
    [ 2016/05/11 01:43 ] [ 編集 ]
  164. ■ 素晴らしい。南米の遺跡に似ているのが興味深い……。 ドイツ
    [ 2016/05/11 01:45 ] [ 編集 ]
  165. とてもじゃないけど自然石とは言い難い
    こんなに綺麗に段差や穴ができるということは、相当慎重に工事したのでは
    とすると国家レベルだよねえ…

    江戸時代の文献には既に紹介されていたらしい
    [ 2016/05/11 01:47 ] [ 編集 ]
  166. ジムの脚にも似てない?…ってもう遅すぎたか!
    [ 2016/05/11 01:52 ] [ 編集 ]
  167. だれか蓋探して~~!!
    [ 2016/05/11 01:53 ] [ 編集 ]
  168. 地元なんやがここ1-2年で急に白人バックパッカー増えたんだよね
    こういうのも関係してんのかもな
    [ 2016/05/11 02:03 ] [ 編集 ]
  169. どう見ても風呂だな 下から焚くんだろ。
    あの溝も焚いてる火に水が掛からないように掘ってある、間違いない
    [ 2016/05/11 02:10 ] [ 編集 ]
  170. ※131
    >>勾玉さんは中国から輸入してたんじゃなかったか?
     神獣鏡とかと。
     銅鐸はどうだったか忘れたけど。

    逆だよ、翡翠の勾玉は向こうに送ってるから。
    "中国の『後漢書』では「"出白珠青玉"(倭では真珠と青い玉が採れる)」と記されてあり、『魏志倭人伝』によると、「壱与が魏に2つの青い大きな勾玉(孔青大句(勾?)珠二枚)を献上した」と記されている。また、『隋書81巻 列伝46』 によると、「新羅と百済は倭を珍しい文物の多い大国と崇め、倭へ使いを通わしている」と記しており、勾玉とくにヒスイ製勾玉が交易品として重要な意味を持っていたことがうかがわれる。"(Wikipediaから抜粋)

    ちなみに、
    翡翠の産地は糸魚川・ミャンマー・ロシア・アメリカ・中米。
    翡翠の三大産地は糸魚川・ミャンマー・中米。
    古代翡翠文化は糸魚川と・中米オルテカ・マヤ・アステカ文化。
    新潟の糸魚川で翡翠が加工されたのは約7000年前だからね。

    神獣鏡と銅鑼は伝わって来たよね。
    [ 2016/05/11 02:19 ] [ 編集 ]
  171. こういうネタに、「どうでもいい子供コメ」を書き込むなよ・・・^^; こういう話は、やっぱり専門サイトでしないとダメだなぁ・・・

    >>151
    専門的に解析すると、あの地域のこういう巨石物って「合理性に違和感がある」モノが多いのも特徴だね。 普通に考えれば、大昔のものなら石室だろうが、細かな段差や周囲の研磨が「曲面」ってのは異様だ。 なぜなら、あの段差の「必要性」が「合わせ」にあるはずだから。 外周の研磨も「岩石のくぼみ」を無視した曲面になってる所も不自然。

    まず一番の考察は「何の為に」ではなく「どこから」だね。 世界的に花崗岩の人工物は切り出した場所が岩石の特性から大体特定されてる。 この岩は「普通の山肌に転がってる」ようだが、日本の山の特性から考えて「持ち上げた」と考えるには無理がある。 ならば、これ以高に「切り出した場所」があるはず。 

    そして、これだけ大きな形状のものを「ここまで転がり落としてから加工してから動かす」と考えるのも不自然。 なぜなら、加工が容易でないモノを「この場所に安置しようと考えた」のでない限り、ここから運ぶ可能性があるなら山肌の途中で加工しても動かして割れることを考えるから。

    見た瞬間、「花崗岩であろう岩をこんな削り方・・・」と思い、「時代の若さ」を考えた。 日本では1000年を遡る遺跡に関しては、江戸以前の書籍などから観光目的の絵図に至るまで何らかのモノが残ってる。 ソレが無いのなら若い時代のものである可能性が高い。
    [ 2016/05/11 02:22 ] [ 編集 ]
  172. ※142
    「うはー」「おー」「おっほ」
    「ウホッ」…
    「アッー」
    [ 2016/05/11 02:24 ] [ 編集 ]
  173.  
    現代でもあるっしょ、意味のないモニュメント。
    たまたま残って後世の人が無駄に悩んでるだけ。
    [ 2016/05/11 02:27 ] [ 編集 ]
  174. ※131
    勾玉が中国から輸入されたとか嘘もたいがいにしろ。
    東北地方のど田舎の畑にすらいくらでも埋まってるから(つまり縄文時代に日本各地で作られてたもの)。いろいろめんどいから見つけても届け出ないけど。
    [ 2016/05/11 02:27 ] [ 編集 ]
  175. フリーメーソンの前身「石工組合」が作ったものだったりして
    [ 2016/05/11 02:32 ] [ 編集 ]
  176. 勾玉って曲がったままがたまにあるね
    [ 2016/05/11 02:35 ] [ 編集 ]
  177. >>127
    俺は専門サイトに、オーパーツやあらゆる古代建築物への考察を書いて、そのいくつかはその後、その通りに証明された経験もあるが、「現代でも難しい”らしい”」とか書く子が必ず沸いてくるんだよなぁ・・・^^;

    「岩の加工は決して簡単なものではない」
    という事を、素人に解り易く専門家が親切心で表現したものを、何も知らない子達が「鵜呑み脳」でそのまま「らしい」連呼で言いまわるってのは、正直勘弁して欲しい・・・

    ちなみに「花崗岩を何十メートルにも渡ってくり抜く」って作業は、中南米やエジプトの遺跡にもある技術であって、「まず不可能」とか言って「意味不明な超常的評価」をするのは止めよう。
    [ 2016/05/11 02:38 ] [ 編集 ]
  178. ※153
    石の宝殿は高砂市の生石(おうしこ)神社
    [ 2016/05/11 02:41 ] [ 編集 ]
  179. ま,7世紀のものってことはわかってるから超古代文明ってのは間違ってるんだけどね.外国人は気にしないんだろうな.

    日本じゃその後お城の石垣に使うまで巨石文化はないよね.
    [ 2016/05/11 02:51 ] [ 編集 ]
  180. プールに入る前に消毒するとこだね
    [ 2016/05/11 02:55 ] [ 編集 ]
  181. 遺跡のようにも見えるけど、これって遺物じゃないかしらん
    [ 2016/05/11 02:58 ] [ 編集 ]
  182. うん、作りかけで放置説が受け入れやすいだろうかね・・・
    例えば、1/10スケールで木造で試作品を作って、
    本番を石で作り始めたけど・・・止めたのかも
    大変過ぎて諦めたのか、ミスったのか、発注者が亡くなったのか・・・
    [ 2016/05/11 03:00 ] [ 編集 ]
  183. ボンバーマンに似てるな
    [ 2016/05/11 03:04 ] [ 編集 ]
  184. 巨大な大仏の鼻の穴だよ
    [ 2016/05/11 03:12 ] [ 編集 ]
  185. 何かしら支柱の土台で柱になる部分は風化で消えたと考えれば、建物とかんがえられる。
    [ 2016/05/11 03:17 ] [ 編集 ]
  186. おお、飛鳥か!蘇我の都だの。地下に月の民の魔導船があるという…。
    ここ車で走るとき大体小便我慢してる。
    [ 2016/05/11 03:50 ] [ 編集 ]
  187. しかし朝鮮が絡むと内容の精査も無しに即座に否定する癖
    どうにかしろよお前ら
    [ 2016/05/11 04:09 ] [ 編集 ]
  188. 初めて知ったわ
    何なんやろ本当
    [ 2016/05/11 04:13 ] [ 編集 ]
  189. ぶっとい柱を立てて何か作業に使う梃子を設置したんじゃ
    [ 2016/05/11 04:19 ] [ 編集 ]
  190. ※10
    テレビで見た気がする
    上にある穴が横にくるように後で回転される予定だったとか
    [ 2016/05/11 04:20 ] [ 編集 ]
  191.  
     ああ、あれね、

    西洋人が「パンドラの箱」って呼んでるものだよ。

    大昔にバカが蓋石をどけちゃったけどね。
    [ 2016/05/11 04:21 ] [ 編集 ]
  192. あの辺りは変なもんいっぱいあるよな
    [ 2016/05/11 04:42 ] [ 編集 ]
  193. うぇw
    のちの岩石オープンである。
    [ 2016/05/11 04:43 ] [ 編集 ]
  194. 太古のジジイが孫たちのために一生を掛けて作った遊具だよ

    横の滑らかな溝は滑り台、
    穴には伸縮性のある動物の皮を張ってトランポリンにしていた
    [ 2016/05/11 04:45 ] [ 編集 ]
  195. 初めて見たけど

    構造が複雑だよなー
    最低でも蓋とかあった感じ
    用途が明確になりそうだけど

    というか、
    記録魔の日本で、これ、記録が残ってないの?
    普通に、しばらくしたら記録が出てきそうw

    パッと見、ド素人の意見だけど、単なる「染色場」かな
    [ 2016/05/11 04:48 ] [ 編集 ]
  196. ※171
    「一体いつから存在を知られるようになったのか?」
    という来歴が明確になっていないものは、眉唾で考えるべきものですわな。
    「実は高度経済成長の頃まで知られて居なかった」とかいうのであれば、その直前の時期ということもありえるし、太平洋戦争の時かもしれない。
    [ 2016/05/11 04:50 ] [ 編集 ]
  197. アメリカ人ってホントUFOが好きだよねw
    大東亜戦争でもロサンゼルスの戦いでUFO騒ぎしてるしw
    [ 2016/05/11 04:54 ] [ 編集 ]
  198. 11x8x6のざっくり900tらしいな
    石舞台が2000tあるらしい
    Wikipediaでなくムー情報だけどw
    [ 2016/05/11 05:08 ] [ 編集 ]
  199. たしか、お墓用の石室を造る途中だったはず。
    完成すれば、50トンくらいか・・・。
    これを運び出すことを思えば、ストーンヘンジなんて
    たいしたもんじゃないと思えてしまう。
    [ 2016/05/11 05:25 ] [ 編集 ]
  200.  
    おみやげに少し持って帰るニダ(ノミでガンガン)
    [ 2016/05/11 05:27 ] [ 編集 ]
  201. これ、私のもってたやつに似てるけど、ちがうやつかな。
    だいぶ前にどっかいっちゃってそのままなんだよね・・・。
    [ 2016/05/11 05:45 ] [ 編集 ]
  202. 京都でいえば
    大陸続きやったけど 別れて島国になった 京都は湖か海の中やった くらいかな?
    [ 2016/05/11 05:49 ] [ 編集 ]
  203. 車といえば幻の飛鳥ナンバーはどうなった?
    飛鳥・6-45とか奈良・7-10とか素敵やん?
    [ 2016/05/11 06:05 ] [ 編集 ]
  204. もう始めの方ですでに誰かが書いてるけど「鬼の雪隠」は外せないw
    [ 2016/05/11 06:18 ] [ 編集 ]
  205. っていうか東北の太平洋側に太古に沈んだ洞窟住居残っててるしな
    [ 2016/05/11 06:28 ] [ 編集 ]
  206. あの穴に巨木をぶっさす
    巨人のハンマーのできあがり
    [ 2016/05/11 06:41 ] [ 編集 ]
  207. ハマカーン浜谷「下衆の極み!!鬼どもの雪隠!!」
    [ 2016/05/11 06:48 ] [ 編集 ]
  208. 飛鳥なら古代ってほどでもないじゃん
    [ 2016/05/11 06:59 ] [ 編集 ]
  209. ギリシャやエジプトより何千年も後だし、古代の超技術なんて
    いうようなものでは無いよな。
    [ 2016/05/11 07:20 ] [ 編集 ]
  210. 巨石って一杯あるけど残ってるのは信仰の対象だったから?石棺の切り出しにも見える。先祖の誰かがやったんだろうけど宇宙人はないわ。墓石とかもこの名残かな。
    [ 2016/05/11 07:23 ] [ 編集 ]
  211. 三つ目が通るを思い出すな
    [ 2016/05/11 07:30 ] [ 編集 ]
  212. 高度経済成長期にはこの手の遺跡や縄文時代の人骨が見つかっても、
    報告することなく破壊して立てた建物とか多いんだ。
    それをやっても国が保障してくれるわけでもなく、
    ただただ業者と依頼主の都合が損なわれるだけ。
    発掘調査やってから建ててくれる人はいい金持ちだった。

    下手するとこれより古い遺跡なんかも壊されていたかもしれません。
    最近だと沼津というところでひと騒動あったようです。
    [ 2016/05/11 07:40 ] [ 編集 ]
  213. 火と水を祭祀にもちいるゾロアスター教の宗教遺構なんでしょ?
    ゾロアスターの影響はまんま東大寺二月堂のお水取りに残ってるし全国の火祭りにも影響してるのでは?
    [ 2016/05/11 08:06 ] [ 編集 ]
  214. 古代、あそこにモノリスが立ち、周りを猿達が走り回っていたんですね。
    [ 2016/05/11 08:45 ] [ 編集 ]
  215. タイムパトロール指令官「大和朝黎明期に跳んで、容疑者を時間法違反容疑で逮捕しろ。」
    [ 2016/05/11 08:46 ] [ 編集 ]
  216. はじまて斉明天皇を知ったわ(w
    これはありがたい
    [ 2016/05/11 08:57 ] [ 編集 ]
  217. そんな古い物じゃない気がする。
    [ 2016/05/11 09:10 ] [ 編集 ]
  218. ※212>>下手するとこれより古い遺跡なんかも壊されていたかもしれません。

    武蔵の国、今、関東でも新潟へ走る新幹線工事してるときに
    古代関東王朝の遺跡が見つかったけど壊したと聴いてる。
    [ 2016/05/11 09:14 ] [ 編集 ]
  219. NHKの歴史捏造は今に始まったことじゃない。
    浮世絵の技術は朝鮮半島から秀吉が持ち帰ったとか、
    紙は朝鮮半島からとか何かに付けて、
    朝鮮半島起源にしようとする連中が居るからな。
    [ 2016/05/11 09:15 ] [ 編集 ]
  220. 北河内出身な私ですが、家から歩いて行ける距離に
    石の宝殿、とか、寝屋古墳とかいくつもこの手の古墳があった。

    それを見慣れているから、これをみても一目で
    ああ、たしかに作ってる途中でやめたんだな、とわかる。

    石肌の感じや上から整形していって、下はラフに形をつくったとこで
    あかんで、これ割れてるやん、的な雰囲気がプンプン。
    [ 2016/05/11 09:24 ] [ 編集 ]
  221. 確か『三つ目がとおる』で手塚先生がネタにしてたっけ
    [ 2016/05/11 09:25 ] [ 編集 ]
  222. 日本の石職人はこの時期、高松塚古墳を作る技術があるんだから単純に失敗作だろ…
    [ 2016/05/11 09:26 ] [ 編集 ]
  223. 石室の失敗作を、片づけるのもしんどいからそのまま放棄したんでしょ。
    [ 2016/05/11 09:30 ] [ 編集 ]
  224. 浄水場の沈砂池か沈でん池に見えるし分水樋かも
    農業用水か水道関係かな
    [ 2016/05/11 09:59 ] [ 編集 ]
  225. 超古代と言うほど古くはない。
    [ 2016/05/11 10:00 ] [ 編集 ]
  226. 溜池かな?って一瞬思ったけど違うかw
    古墳の可能性が高いか…。失敗作の。でも完成形なら下から何か出てきそうだな。
    [ 2016/05/11 10:01 ] [ 編集 ]
  227. 京都の貴船神社はUFO由来の神社だから、コレも天駈ける船の関連オブジェかもよ♪
    [ 2016/05/11 10:12 ] [ 編集 ]
  228. 小松左京のSF長編『果てしなき流れの果に』を彷彿させる。
    [ 2016/05/11 10:13 ] [ 編集 ]
  229. あの穴に柱でも建てたかったんだろ。人口物であるとは思うけど、別に謎技術でも無い。
    [ 2016/05/11 10:15 ] [ 編集 ]
  230.  
    日本人なのに今までまったく知らなかった…
    日本に住んでるのに色んな知らない事多いなーと最近思うわ
    [ 2016/05/11 10:16 ] [ 編集 ]
  231. 日本にも巨大石造物とかあるんだ。
    竹林を切って採掘調査とかしてみればいいのに。
    結構日本にも遺跡とかあるんじゃない。
    土に埋もれて山になっていた・・・みたいな感じにww
    ロマンだわ。
    [ 2016/05/11 10:19 ] [ 編集 ]
  232. 何十年か前に一時、日本の巨石文明について話題になっていたのを思い出しました。
    皆さん石室古墳を念頭に古墳時代か弥生時代の遺物として語っている様だけど、この巨石は想像以上に古く、1万年以上前の縄文時代の巨石・巨木文明のものらしいと話題になっていましたね。
    あの研究はその後どうなったんでしょう。
    [ 2016/05/11 10:31 ] [ 編集 ]
  233. 飛鳥の地にあるから飛鳥時代で確定というのもおかしい。船が最初にあったから都を移したのかもしれない。それとも作られた年代が分かっているの?
    [ 2016/05/11 10:33 ] [ 編集 ]
  234. こういうのは夢があっていいよね
    [ 2016/05/11 10:34 ] [ 編集 ]
  235. 古代の建築物が無駄に巨大である理由は、単に「暇だったから」というのが有力と聞いて笑ったことがある。食料に困らなければ、労力を別のことにつぎ込める。特に粗放農業が始まると、現代のように肥料や農薬を撒いたりで、毎日忙しい農業と違って、種まいた後はほったらかしだったので、収穫まで暇を持て余したようだ。そうすると、無駄に大きな神殿や像を作ってみたり、果ては戦争を始めるようになった。戦争が激しくなると、余裕が無くなって直ぐに無駄に大きなものを作るのをやめて、実用的な壁や、中央集権を整える王宮を作るようになったので、強大な無駄建築は直ぐに廃れた。

    特に巨石文明は、氷河が運んだ大きな石が平原にゴロゴロ落ちていたので、氷河期が終わって、温暖期に入った地球の各地で人類が温かく食料に困らない楽園で暇を持て余して作ったものと考えらる。
    [ 2016/05/11 10:45 ] [ 編集 ]
  236. 「お前らは全員俺の奴隷。前世もこの先の未来も。」
    っていう意味の印。
    [ 2016/05/11 10:49 ] [ 編集 ]
  237. 先史時代は不思議と巨石文明で共通しているんだよね。
    エジプトしかり、イギリスしかり、南米文明群がしかり、日本も天の磐船伝説等、巨石文明の末裔の一つなのかね。
    [ 2016/05/11 10:50 ] [ 編集 ]
  238. スターウォーズに出てくる巨大な4足兵器の足かな?
    [ 2016/05/11 10:51 ] [ 編集 ]
  239. とりあえず作り始めたけど途中で「どうやって運ぶの?」って
    なって作るのやめた
    [ 2016/05/11 10:53 ] [ 編集 ]
  240. あぁこれゲルググのスカート部分だわ
    削り出しに失敗してポイ捨てしたのバレちゃったか
    [ 2016/05/11 10:57 ] [ 編集 ]
  241. 奈良でレンタサイクルして不思議な石を見て回ったわw懐かしい
    [ 2016/05/11 11:05 ] [ 編集 ]
  242. これじゃないけど 柱の礎石らしいのがあったな
    丸いくぼみと水抜き用の溝がついてる
    [ 2016/05/11 11:16 ] [ 編集 ]
  243. 1万年前に古代韓国から日本人に盗まれたものニダ!!
    証拠に最近発見したこの書物にハングルで書かれているニダ!!
    [ 2016/05/11 11:25 ] [ 編集 ]
  244. 奈良の学校の定番 明日香のオリエンテーリングのときに
    見に行ったわ。酒船石の方が意味不明だった。
    自分が知ってるとみんな知ってると錯覚してた。
    案外知られてないんだね
    [ 2016/05/11 11:27 ] [ 編集 ]
  245. 俺んちのXX家と彫ってある墓石も、数千年後まで残ってるといいな。
    [ 2016/05/11 11:41 ] [ 編集 ]
  246. 宇宙人、超古代文明
    これだけで1年位論争する米国には堪らんネタやろなあ
    [ 2016/05/11 11:48 ] [ 編集 ]
  247. 久しぶりに諸星大二郎の『暗黒神話』を見たくなったわ
    [ 2016/05/11 11:49 ] [ 編集 ]
  248. 今回は雑なボケが多いなー(笑)
    [ 2016/05/11 11:59 ] [ 編集 ]
  249. 石像のパーツの一部なんじゃないん?知らんけど。
    [ 2016/05/11 12:08 ] [ 編集 ]
  250. なんでこんな野ざらしなんだよ。雨水貯まって落ち葉が貯まって汚いな
    [ 2016/05/11 12:31 ] [ 編集 ]
  251. あれは、天の岩戸の鍵穴。

    岩戸を開けた時に、勢い余って飛んできた。

    引っかき傷はこじ開けようとした跡。
    [ 2016/05/11 12:37 ] [ 編集 ]
  252. こりゃあたまげた、あんたそりゃあ、ガンキャノンの足の化石じゃあ、
    わしも見るのは初めてじゃあ
    [ 2016/05/11 12:39 ] [ 編集 ]
  253. 日本は四大文明なんかよりさらに古代のおそらく世界最古の日本文明があった事は現状では確かだからな。
    [ 2016/05/11 12:45 ] [ 編集 ]
  254. 石室、墓じゃないと思う。
    石舞台は明らかな墓だけど。
    石室は普通、複数の穴を一つの石にあけないよね?
    柱穴だとしたら、この時代、四角くはないと思うし。
    巨石をこうもきっちり加工するのには、鉄製品が必要だったんじゃないの?
    てことは弥生時代よりずっとあと、古代?
    ※127と同じく、百済の技術なら、似たようなものが百済に残ってるはずだよね。
    亀石みたいなモニュメント的なものじゃなく、やっぱ建築物の一部?

    [ 2016/05/11 12:50 ] [ 編集 ]
  255. 鎌倉以降に作られた、埋蔵金を隠すようなものじゃない!?
    だから記録にない。
    そしてお宝は盗まれたか、隠す前に滅亡した!
    [ 2016/05/11 12:57 ] [ 編集 ]
  256. ヒストリアでやってたじゃん。
    あの番組の視聴率って低いんだな。
    [ 2016/05/11 13:10 ] [ 編集 ]
  257. ここで俺様が華麗に大昔の石工が練習に使ってたものと完璧な推察を提示する
    どうだ完璧すぎて声も出ないだろ
    [ 2016/05/11 13:14 ] [ 編集 ]
  258. ワクテカ文明
    [ 2016/05/11 13:24 ] [ 編集 ]
  259. そもそも
    これは古い物では無いし
    制作途中で割れが出来て放置されたと判明していますよ
    詳しくはググッてみてください
    [ 2016/05/11 13:41 ] [ 編集 ]
  260. 日本にも巨石の遺物はあるけど、海外と比べると雑で稚拙だよね。
    [ 2016/05/11 13:44 ] [ 編集 ]
  261. 石室
    四角い穴の岩は 墓の石室を作ろうとして 横倒しにする前に中止になったか 移動に失敗したかで 石室に間違いない。石を彫るとき横穴では無理
    だから 最初上から彫って横に倒すのが普通。
    [ 2016/05/11 14:10 ] [ 編集 ]
  262. とぶとりのあすか
    これは穴に片足ずつ入れて立ったまま中央にウンコするタイプの雪隠だな。
    鬼だな。

    奈良市、はるひのかすがには住宅街のど真ん中にワクテカ文明のような
    ピラミッドが出現したね。これはマジレス。安定の奈良だな。
    [ 2016/05/11 14:47 ] [ 編集 ]
  263. まぁ、日本人はアヌンナキの末裔ですしおすし
    [ 2016/05/11 14:52 ] [ 編集 ]
  264. ラーイ
    [ 2016/05/11 15:06 ] [ 編集 ]
  265. 水時計の一部じゃね?
    [ 2016/05/11 15:08 ] [ 編集 ]
  266. あの中に竹内宿禰の冬眠カプセルがある。
    おれの歴史書「暗黒神話」諸星大二郎に書いてあるから、読んでおくれ。
    [ 2016/05/11 15:28 ] [ 編集 ]
  267. これは古代日本を守ってきた朝鮮除けの超兵器
    これが壊れたせいで日本に在日が密入国してきて繁殖した
    これを修理したら日本からニダ退治出来る
    [ 2016/05/11 15:32 ] [ 編集 ]
  268. >アヌンナキ

    奈良は使徒がよく来ていたんだよ。アスカ葛城自動車は、その時の戦いに使った兵站線の名残。
    [ 2016/05/11 15:36 ] [ 編集 ]
  269. アスカ葛城自動車道だった。ボケを噛んでしまったorz
    [ 2016/05/11 15:38 ] [ 編集 ]
  270. 日本人の歴史は国家統一以来大規模な異民族の侵入が無く、民族の継続性が保たれた世界で唯一の民族であるにも拘らず、こうした花崗岩を正確に加工できる高度な技術が後世に伝わらなかった事には大きな疑問が残る。
    [ 2016/05/11 15:59 ] [ 編集 ]
  271. 太古の石職人の単なるお遊び作、
    もしくはその石職人の住居場所だったとか。
    職人って変わった奴多いからなw。
    何にしろあれ自体に大した意味はないわ。
    [ 2016/05/11 16:05 ] [ 編集 ]
  272. ※270
    大阪城の石垣には大きな石がたくさん使われている。
    最大の蛸石は推定130トン。産地の小豆島から運んだとされている。
    [ 2016/05/11 17:19 ] [ 編集 ]
  273. 至極まっとうにロマン抜きで考えると
    古代の巨大建築物用の礎石
    (例えば出雲大社だの東大寺だの)用
    ではないかと思う
    いちゃもんつけるならなぜ運んでからの加工じゃないのかって点だが
    [ 2016/05/11 17:22 ] [ 編集 ]
  274. 刻んでバラバラにしようとした跡があるけど、秀吉が大阪城検知朽ちようとしたときに付けられた跡なんだろうな。紛らわしいけど。
    [ 2016/05/11 17:43 ] [ 編集 ]
  275. これ俺が作ったトイレじゃん
    こんなことになってたのか
    [ 2016/05/11 17:59 ] [ 編集 ]
  276.  
    天孫降臨の日本の神々は、今で言う宇宙人だわな。月の葉巻型宇宙船と材質が似ているから、かぐや姫も宇宙人だろうな。
    [ 2016/05/11 18:08 ] [ 編集 ]
  277. 遺跡は色々ありけどそんなに古くないのが玉に傷だね。
    西暦500~600年あたりの物だから……

    エジプトのピラミッドなんて紀元前2000年とかなのに。
    日本がどれだけ遅れていたのか良く解かる。
    [ 2016/05/11 18:30 ] [ 編集 ]
  278. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2016/05/11 19:04 ] [ 編集 ]
  279. ナスカとアスカは
    超古代文明の飛行場跡地
    [ 2016/05/11 19:50 ] [ 編集 ]
  280. ※2
    聖徳太子は実在してませんよおじいちゃん
    間違った知識いつまでひけらかしてるんですか?
    [ 2016/05/11 20:08 ] [ 編集 ]
  281. 周りに竹あんだろ?あれ節抜いて半分に割って
    それにあの石の窪みに溜めた水流して
    流し素麺してただけだよ
    全くこれだから考古学オタやオカルト連中は・・・
    [ 2016/05/11 20:42 ] [ 編集 ]
  282. ニダ
    レプティリアン地底王国の入り口。
    [ 2016/05/11 20:51 ] [ 編集 ]
  283. 聖徳太子は実在していない。
    マジで信じてんの?
    [ 2016/05/11 21:07 ] [ 編集 ]
  284. ※280

    聖徳太子は実在しなかった・・・。
    じゃぁ聖徳太子が手紙を送った煬帝も実在しないんだ。

    この"聖徳太子は実在しないけど厩戸皇子は実在する"って言ってる
    人達って、何の目的があるの?
    [ 2016/05/11 21:20 ] [ 編集 ]
  285. 雨水を貯めるためのものってのは実用的で面白いな
    [ 2016/05/11 21:31 ] [ 編集 ]
  286. 都があった奈良盆地の最南端で、東部や南部の秘境の玄関だな。
    たまにふらっと行くが白人のバックパッカーはたしかによくいる。
    原風景というか、不思議な気分になるわ。まほろばの本領発揮といった所。
    [ 2016/05/11 21:34 ] [ 編集 ]
  287. 確かに岩船はロマンがある。
    けど、これ古墳の中に置く石室が作ってる最中に放置されただけって、数年前にTVでやってた。
    [ 2016/05/11 21:48 ] [ 編集 ]
  288. NHKの番組は、よく聞くとソースがあいまいな話をそれっぽく言ってることがよくあるから、話半分に見といた方がいいよ。
    [ 2016/05/11 21:51 ] [ 編集 ]
  289. インタビューした一人の研究者の考察を、沢山ある説の中の一つって紹介じゃなくて、さも真実のようにVTR作って語るってのはよくある。
    [ 2016/05/11 21:56 ] [ 編集 ]
  290. イワクラは調べると面白いよ。
    春分秋分の太陽の位置がわかるもの、夏至や冬至がわかるもの。
    北斗七星を地上にうつしこんだ配置のもの。
    色々ある。

    [ 2016/05/11 22:45 ] [ 編集 ]
  291. こんなん修学旅行で見なかったぞ
    [ 2016/05/11 22:47 ] [ 編集 ]
  292. ペルーにも同じのがある。「飛鳥でない」→「NOT ASUKA」→「ナスカ」つまりここは飛鳥ではないと地上の誰かに伝えたのが地上絵

    でも日本のは「飛鳥」だった。
    [ 2016/05/11 22:56 ] [ 編集 ]
  293. 名無し
    どっかの権力者がこっそり作らせていたんだけど、石に不具合があったり、金が続かなくなったりで、放置されたんじゃないだろうか?

    外側からは中の亀裂とかは見えないから、削ってみないとわからないとかで、当時の「株の投資」みたいなもじゃないの?
    [ 2016/05/11 22:59 ] [ 編集 ]
  294. どこぞの皇子が発注元で失脚して要らなくなったんかね。債務不履行だし。
    [ 2016/05/11 23:44 ] [ 編集 ]
  295. このての巨石は、作りかけというよりは
    (作成途中で放棄されたのもあるかもしらんけど)
    完成した古墳の表土が流出して、石室部分が露出し
    それも大部分の石材は崩壊したりリサイクル資材として使われて、
    使えず運ぶこともできず放置されてるような部材かと。
    [ 2016/05/11 23:44 ] [ 編集 ]
  296. ※284

    本当だね。
    実在しないなんて言ってる馬鹿いるんだ。
    仏教伝来で争った歴史や法隆寺も架空と言いたいんだろうね。
    そうすると後の乙巳の変から大宝律令に至る流れも否定したいのかも。
    要するに日本の歴史を否定したい人物なの間もね、※280は。
    それか物知らずのかまってちゃんかも。
    [ 2016/05/12 00:47 ] [ 編集 ]
  297. ※292
    ペルーにはカワチもあるんやで。ナスカとカワチ。けど王の名で台無しや。


    [ 2016/05/12 00:50 ] [ 編集 ]
  298. 一番の問題は太子は誰だったかが重要。聖徳太子が物部氏と争うのはちょっと無理がある。兵庫の風土記に、石の宝殿は守屋さんが太子の為に作ったと書かれてる。時系列が滅茶苦茶になる為無かった事にされてるが、播磨は風土記製作でも初期に作られた方で、偶々政略的消し忘れでこれが残った可能性もある。
    ちなみに出雲風土記は、出雲が取られた後に作られた。
    [ 2016/05/12 01:00 ] [ 編集 ]
  299. ○太子が誰だったか、です。
    [ 2016/05/12 01:02 ] [ 編集 ]
  300. 本当に、何のため作られたんだろうね。
    面白いよね。
    [ 2016/05/12 01:09 ] [ 編集 ]
  301. たまり水みるとボウフラのことが気になって古代ロマンが飛んでしまう。
    [ 2016/05/12 03:13 ] [ 編集 ]
  302. 花崗岩らしいから、石器や青銅器では掘れない。
    鉄器でもかなり大変と言うか無理なんだが・・・・・。
    少なくとも鉄器が出た後だな。
    [ 2016/05/12 06:11 ] [ 編集 ]
  303. 巨大構造物と呼ぶのが憚られるほどのショボさ。
    大したものではないだろうな。
    [ 2016/05/12 07:18 ] [ 編集 ]
  304. 水だめじゃないかね。
    それか、巨大鍋?かな。
    [ 2016/05/12 07:51 ] [ 編集 ]
  305. 無機物だと放射性年代測定もできないからいつのものかわからないからなぁ
    [ 2016/05/12 08:37 ] [ 編集 ]
  306. ※127
    代物っていい方はなんだかなぁ。
    [ 2016/05/12 09:07 ] [ 編集 ]
  307. こういうものを広く海外に広めないでほしいな
    どうせ科学や史実を無視して韓国起源を主張する、ナチス顔負けの日本人差別主義者が出しゃばってくるからな
    [ 2016/05/12 09:33 ] [ 編集 ]
  308. 素麺は桜井だろ。飛鳥は飛鳥鍋や古代チーズなど、おっパイ星人だからな。
    [ 2016/05/12 13:44 ] [ 編集 ]
  309. あの穴に出店で買った金魚を放してみたくなる
    [ 2016/05/12 15:03 ] [ 編集 ]
  310. ※260>日本にも巨石の遺物はあるけど、海外と比べると雑で稚拙
    ※277>そんなに古くない~日本がどれだけ遅れていたのか

    こういう奴らって今後さらに古く巧みな巨石遺物が出てきたら「渡来人が伝えたに違いない」とか言い出すんだろうな
    [ 2016/05/12 15:27 ] [ 編集 ]
  311. 日本列島は火山と堆積物でできてるから、埋まってる遺跡多いんだよね
    [ 2016/05/12 16:14 ] [ 編集 ]
  312. *307
    あいつらもあかんけど、キリスト教的歴史観を持つ考古学者やマスコミもダメなんだよなぁ。
    キリスト教ってフィルターを通して研究するから客観的に遺物を見ることが出来ないし、「ありえない」で結論して封印しちゃったりするし。
    [ 2016/05/12 19:48 ] [ 編集 ]
  313. 全員、間違いだらけ!
    これは、スフィンクスだよ~ん!
    日本にはもう一体同じ相似のものがあるからね。
    酒舟石ではないからね!
    さぁて、どこにあるのかな?
    日本は国土自体がカッパーラで満たされている。
    解るかな、日本人なら解るよね。
    [ 2016/05/12 21:25 ] [ 編集 ]
  314. 石室じゃね?と思ったら石室の作りそこないなのかw
    材料リサイクルするってことしなかったのなw
    [ 2016/05/12 21:49 ] [ 編集 ]
  315. 変わり者の爺さんが作った便器ってオチがいいな
    [ 2016/05/12 22:52 ] [ 編集 ]
  316. 日本人はすぐ古代日本を卑下するけど
    弥生から飛鳥頃には大陸由来でない謎の高度治水術使ってたそうだからな
    酒船石も水路だそうだしよくわからん石工物が飛鳥にあっても当然と言えば当然
    [ 2016/05/12 23:17 ] [ 編集 ]
  317. 太子否定論者は
    「聖徳太子はあり得ない超人伝説を持つ!そんな奴存在するわけがない!」
    と無理難題をおっしゃるからな
    じゃあ空海も伝説モリモリだから嘘人間だな
    あと否定論最初にぶっかました奴が矛盾しまくりな理屈摺り合わせ続けた結果
    蘇我入鹿が推古天皇だったんだよ!レベルにMMRしてるのは否定派さんたちは知ってんだろーか
    [ 2016/05/12 23:23 ] [ 編集 ]
  318. バンソウコウのガキはいらないから
    和登さんだけよこしてくれ
    [ 2016/05/12 23:28 ] [ 編集 ]
  319. ※317
    おまえなんか滅茶苦茶。不比等が何だって?不比等はもっと後だぞ。
    伝説云々は尾ひれも付いてるだろうし、創作も有りうるよ。
    [ 2016/05/13 00:50 ] [ 編集 ]
  320. 太子伝説は創作が多いからって大岡越前も織田信長も毛利元就も嘘の伝説まみれだけど
    それを存在否定の理由にされてるのは太子だけという不思議
    厩戸皇子はいるが聖徳太子と呼ぶなってのも意味不明
    明治天皇は本名は睦仁だけど後世名がおくられて明治天皇と呼ばれるように
    厩戸皇子も後世に聖徳太子の名がおくられて何か問題あるのだろうか
    太子実在派だって伝説が全部事実だなんて誰も思ってないだろうに
    [ 2016/05/13 02:28 ] [ 編集 ]
  321. 宝殿も知らない書き込みが多いね。
    歴史勉強しようよ、朝鮮人じゃないんだから
    [ 2016/05/13 03:07 ] [ 編集 ]
  322. 奈良は南米にあるような変な石像とかもあるんだよね
    [ 2016/05/13 06:33 ] [ 編集 ]
  323. 1300年前に日本に渡った朝鮮人が、日本を創った。天皇は朝鮮人。だからそれ以前のものは全て日本人の捏造。
    っていうのがあちらの正しい歴史。
    なので、それ以前の物を消し去っていくお仕事が存在する模様。
    ちなみにもう一方では、自分たちの皇帝が後ろ盾となり、天皇が日本を侵略することができた。日本と天皇は、成り立ちからして自分たちのもの。ってのもアル。近畿説とかね。
    あとは徐福が天皇だから~とかも一緒。

    敵の主張を知っておくと、捏造がわかりやすい。
    [ 2016/05/13 07:10 ] [ 編集 ]
  324.  
    俺もLOSTを思い出した。
    [ 2016/05/13 07:18 ] [ 編集 ]
  325. 遺伝子については、ネアンデルタール人とデニソワ人の遺伝子が、現世人類に入ってるって話があるね。
    まぁ出アフリカの年代が古くなるだけで、別にたいした話じゃないと思うけど。

    ネアンデルタール話は、男系DE系統、日本人のD系統ってやつ。
    南欧人がE系統なんで、自分たちが神に知恵を与えられた人類を導く存在(
    とかやってたら、日本で大量に見つかって、日本人は名誉白人だからーとか言ってたら、よりにもよって異教徒の中東から、DEの共通祖先が見つかっちゃって、消したい過去話になった。
    今更そんな話したら馬鹿にされるか嫌われるんじゃないかな。
    [ 2016/05/13 07:20 ] [ 編集 ]
  326. 翡翠は縄紋時代に日本海交易圏があったようで、周辺から出るようだね。
    中華文明(龍とか天を奉るとか)発祥の遺跡からも加工翡翠が出るらしいけど、あれは日本の硬玉なのか別の軟玉なのか、遺跡の遺伝子は青森の生き残りと類似してるようだから、どのみち縄紋人なんだろうけどさ。

    古代関東王朝て、毛野国だよね・・・?特に争ったって話も聞かないけど早めに大和に従って、用済みになったら分断統治からの民族浄化で消滅だったか。宇都宮がそっち系かもなんて都市伝説も。

    以上、暇人がネットで見た真実()でした。
    [ 2016/05/13 07:36 ] [ 編集 ]
  327. ■ デス・スターの一部じゃなかろうか……。 +3 アメリカ

    とすると、月はデス・スターの廃墟かw
    続編の小説や漫画には、デス・スターの試作品とか3代目とか出て来るしなw
    [ 2016/05/13 08:07 ] [ 編集 ]
  328. ラピュタの欠片っしょ
    [ 2016/05/13 08:26 ] [ 編集 ]
  329. 角に段差が彫ってあるんだね
    ただの装飾か、もしかして木の板等のふたがあって
    それがぴったり合わさるように彫られたものなのか
    [ 2016/05/13 11:30 ] [ 編集 ]
  330. ゾロアスター教は拝火教といい、善の神アフラマズダーを信仰している。

    自動車メーカーのマツダの名前もそこから来ている。

    日本の国境は、神道による侵攻以前の善神信仰に戻すべき。
    [ 2016/05/13 12:46 ] [ 編集 ]
  331. 地元の人間しか知られてないけど
    古墳時代までで手いっぱいで
    それ以前の縄文時代の巨石群とか
    ほったらかし。
    春日山や三輪山のような聖地には古代からの
    禁足地があったり
    調査も撮影も禁止になってるそうな。
    [ 2016/05/13 14:02 ] [ 編集 ]
  332. 知らない人多いっぽいが山の上の方にあるんだぞ
    マジレスすると高見櫓を立てる土台の石で決着してる
    [ 2016/05/13 14:15 ] [ 編集 ]
  333. なんでコメント欄に写楽くんが沸いてるんですかね(困惑)
    [ 2016/05/13 15:12 ] [ 編集 ]
  334. 超古代文明はナイわ
    だが縄文地祇勢力の聖地、弥生のシャーマニズム文化、初期巨大古墳群
    飛鳥宮や藤原京など南部の諸旧跡、東大寺や薬師寺など奈良の天平仏教美術
    とこのように古代の痕跡は他県に比べダントツで豊富ではあるな
    やまとうるはし
    [ 2016/05/13 15:12 ] [ 編集 ]
  335. お前ら、そこが、本当のラピュタだ・・。
    [ 2016/05/13 15:51 ] [ 編集 ]
  336. では朝鮮人がバルスするので気を付けて
    [ 2016/05/13 15:56 ] [ 編集 ]
  337. 肥溜めかと思った
    [ 2016/05/13 17:41 ] [ 編集 ]
  338. 木造部分が朽ちたんじゃね
    [ 2016/05/13 17:50 ] [ 編集 ]
  339. 鉄人28号
    [ 2016/05/13 17:51 ] [ 編集 ]
  340. 岩の切り出し方はピラミッドとかと一緒だな。
    [ 2016/05/13 20:49 ] [ 編集 ]
  341. 前衛的現代アートだよ
    当時の
    [ 2016/05/13 21:04 ] [ 編集 ]
  342. ユーフォーがつくったんでしょ、ユーフォーが。
    [ 2016/05/14 07:54 ] [ 編集 ]
  343. ビルの化石やタンカーの化石は発見されていないけれど動植物の化石は数多く発見されているよね。

    単純に数の問題なのか材質の問題なのか、当時の地球上の大気や土壌の性質が保存に適さなかったのか、大型生物が数億年掛けて破壊したのか、塵も積もれば地底奥深くに埋もれたのか?
    或いは超小型知的生物で水中や地底に住んでいたのか。

    転変地域で位相がずれて異なる時空で今も地球上に存在しているのか妄想するだけでも楽しい!!
    [ 2016/05/14 13:01 ] [ 編集 ]
  344. 日本の古代文明には、巨木を利用した建造物があちこちの遺跡で確認されている。出雲の社殿が有名です。あの四角い穴に巨木の柱を二本建てて、その頂上に風車?いや台座?いや狼煙台座?いや灯台?……と、あれやこれやと巡らすと時間潰しになりますね。
    [ 2016/05/14 15:28 ] [ 編集 ]
  345. 某特撮ネタに、聖徳太子というだけで脊髄反射よろしく噛み付く※280に草生えまくりでモンゴル大平原www
    [ 2016/05/14 16:46 ] [ 編集 ]
  346. 舞台だよ。穴は奈落だよね?
    [ 2016/05/14 19:41 ] [ 編集 ]
  347. いや、是は武内宿禰のタイムトラベル用カプセルだよ。
    元ネタ分かるかな?
    [ 2016/05/14 20:54 ] [ 編集 ]
  348. 社立てるための柱の台座にしようとしたんじゃないかねえ
    ヒビ入ってるのに気づいてやめたとか
    [ 2016/05/15 01:53 ] [ 編集 ]
  349. 日本はシュメル人の末裔だからね
    正確には当時の世界スタンダードだったシュメル文化または
    ウバイド他のプレシュメル文化が、海を挟んでいたおかげで
    大陸に比してより色濃く残っているという程度のことを
    わかりやすく「末裔」と呼んでるだけだが
    [ 2016/05/15 02:01 ] [ 編集 ]
  350. 東北にも文明があったみたいだね。あまり研究が進んでいないように思われる。

    まぁ、江戸時代の歴史も嘘を教えられていたわけで、古代となればいわずもがなですな
    [ 2016/05/15 02:17 ] [ 編集 ]
  351. 斉明女帝が明日香ですごい規模の土木工事をやって、負担の重さと目的の不明さで「頭おかしいダム」と陰口たたかれたことが記録に残っている。
    つい最近まで伝説と思われていたけど、亀形石造物など精密な測量に基づいた遺跡が発見されて事実だとわかった。
    水路の一部が復元・展示されているけど、工事の全貌は未だわからない。たぶん周辺の石造遺跡はみんな関係あるのかも。

    彼女は道教を信仰していたらしく、神道や仏教の知識では理解できない可能性もある。石と水が明日香の謎を解く鍵だと思う。
    (息子の天智天皇も「半島から敵がせめてくるよ~」って全国の海岸に石造の砦造りまくって顰蹙をかった。血筋w)

    結論>岩船と酒船石からダムに滑り落ちる巨大なウォータースライダーだったんじゃね?
    [ 2016/05/15 07:31 ] [ 編集 ]
  352. 古代出雲大社も法隆寺も、柱は丸い。(たしか)
    細い柱は四角いのもあるだろうけど。
    よって柱穴説はなし!
    だいたいあんな深い溝に木の柱建てたら、水が入って柱が腐るだろう。
    礎石には深い溝は掘らないと思うけど。
    [ 2016/05/15 10:03 ] [ 編集 ]
  353. ※351
    それさぁ、建築沢山作らせて国を崩壊させる計略ってのが、大陸に既にあったんだわ。百済が高句麗にそれやられてる。まずスパイを送り囲碁を献上、長々話せる機会に建築を勧め経済を弱らせ、一気に侵略するってやつ。百済はそれで国を失う。
    日本に囲碁を献上してるのは百済で、中臣鎌足が中継してる。何だかなぁ。
    [ 2016/05/15 16:13 ] [ 編集 ]
  354. それと、高句麗側のスパイは僧なんだよ。
    [ 2016/05/15 16:16 ] [ 編集 ]
  355. ウリナラの遺跡ハムニダ、奈良の地名も
    ナラ(故郷)の事ムニダ。
    [ 2016/05/15 18:23 ] [ 編集 ]
  356. ねこ型ロボットが使っていた
    タイムマシン出入口だよたぶん。
    [ 2016/05/16 06:27 ] [ 編集 ]
  357. ※355
    それな、県民だけど奈良をどうネタにされても何ともないが、
    あいつらにそれ言われると吐き気するw
    ナラとかナロとかいうやまとことばに漢字を当てたらしいね。
    奈良、那羅、平城、寧楽など。
    [ 2016/05/16 06:45 ] [ 編集 ]
  358. 吐き気もいいけど、羅や城を付けてヤマト言葉なんて言ってんだから、そら向こうさんに指摘もされるわ。ナラはインドの言葉、つまり仏教から。

    355は本当に全部日本人だと思ってる?あんたの好きな下野は左遷地だったのを知ってる?なぜ左遷地になったのか、考えた事ある?カタカナで荒らすしか能がないのかな。
    [ 2016/05/16 23:33 ] [ 編集 ]
  359. 嫌味で言ってる訳ではないぞ。うちの先祖にも関わる話なのだから。
    [ 2016/05/16 23:54 ] [ 編集 ]
  360. 奈良の語源は均された土地(盆地)じゃないの?
    [ 2016/05/17 02:40 ] [ 編集 ]
  361. Wikipediaによると

    奈良の語源を巡っては諸説あるが、比較的知られているものを挙げる。このうち特に有力視されているのは、2番目の柳田国男による説である。
    『日本書紀』による説当地にあった丘(平城山丘陵)の草木を踏みならしたという歴史的事実に由来する。『日本書紀』による。崇神天皇十年九月条には次のようにある。「則ち精兵(ときいくさ)を率(ゐ)て、進みて那羅山に登りて軍(いくさだち)す。時に官軍(みいくさ)屯聚(いは)みて、草木を??(ふみなら)す。因りて其の山を号(なづ)けて、那羅山と曰ふ。??、此を布瀰那羅須(ふみならす)と云ふ」。これ自体はよくある地名由来譚であり史実とみる研究者は少ないものの、最古の史料として必ず言及され、また下記の柳田説とも言語学的関連がある。
    柳田国男による説平(なら)した地の意で、緩傾斜地を指すとする。柳田国男が『地名の研究』において論じているもの。柳田によれば、東国では平(タヒラ)、九州南部ではハエと呼ばれる「山腹の傾斜の比較的緩やかなる」地形は、中国・四国ではナルと呼ばれている。ナラス(動詞)、ナラシ(副詞)、ナルシ(形容詞)はその変化形である。実際にナルと呼ばれる地名は、「平」「?+平」「坪」など、「平」を含んだ漢字が当てられており、「文字が語義を証明している」。また、因幡志(1795年)巻14の挿図には「平地」と書いて「ナルヂ」の振仮名があり、この地方では近代まで普通名詞として用いられていたとも柳田は推測している。ナラ、ナロはその異種であり、実際、奈良はかつて「平城」と書かれることもあった。この説は、日本国語大辞典、各種の地名辞典や郷土史本でも取上げられており、最も有力視されていると言える。
    吉田東伍による説植物の「ナラ(楢)」に由来する。吉田東伍による。植物のナラは、『万葉集』(7~8世紀)や『播磨国風土記』(715年)にすでに見られ、特に後者には「楢原(ならはら)と号(なづ)くる所以は、柞(なら)此の村に生へり。故、柞原といふ」という記述が見られる。角川日本地名大辞典はこの説も取り上げるが、楠原他はこの説を退ける。
    [ 2016/05/17 03:57 ] [ 編集 ]
  362. つづき

    朝鮮語からの借用語とする説朝鮮語「??(ナラ)」(国の意)からの借用語。おそらく松岡静雄を嚆矢とする。朝鮮語の影響があるのではないかという指摘は、すでに金沢庄三郎の『寧楽考』に見られる。ただし、どちらも比較されているのは近代朝鮮語である。しかし、そもそも古代朝鮮語の実態は殆どわかっておらず、文献においてナラの語が確認できるのはようやく15世紀においてであり(『龍飛御天歌』(1447年)、『月印釈譜』(1459年)、『法華経諺解』(1463年)など)、この語が7世紀以前に存在したといういかなる確証もない。これら文献には 「?? (narah)」の形で現れ、より古くは *narak という発音であったと考えられる。クリストファー・ベックウィズ(英語版)は、この朝鮮語の *narak は中国語の中古音「壌 *narak」の借用語であり、後述する古代日本語や高句麗の言語の na とは無関係であると推論している。また、ナラ、ナル、ナロという地名が、奈良以外にも多く存在することも説明できないといった否定的意見もある。
    ツングース諸語との関連をみる説ツングース系のいくつかの言語や日本語(さらに、高句麗の言語)では na が「地」などの意味を表すが、「奈良」の語源はこれと関係するのではないかとみる説がある。
    [ 2016/05/17 03:59 ] [ 編集 ]
  363. 東西南北 の 東 に 配置されていた、卍、つまり、倭の国。
    東西南北 の 北 に 配置されていた、三元論 の 太極図 の 国、高句麗。

    高句麗には、石の中身を 削って、石室を 作る技術があった。
    そう云う、墓が、あるのです。

    渡来人が、倭の国に来ていた 証拠。

    高句麗の技術で、作られた、墓だったり、失敗作だったり・・・

    そう云う 遺跡だそうです。


    [ 2016/05/17 09:17 ] [ 編集 ]
  364. アスカもインドにある言葉だから半島語じゃないよ。他にもまだあるだろうけど、サンスクリット語で探すのめんど臭い。

    奈良は時代と中身(当時居た一族)が複数混同してるんだよ。記紀で更に混乱する。大阪はまず大和と離れ河内国となり、その後三つに分断もある。町にいた人達が突然変わるから分かりやすい。日本氏族がいた地に突然渡来集団がいたり、又はいなくなってたりするからね。新地名は予測しやすい。
    [ 2016/05/17 19:33 ] [ 編集 ]
  365. 正直いうと、全部仏教みたいに言ってるが何だか怪しいよね。蘇我氏と藤原氏が戦ってるのは、宗教が違うからなのかもしれない。日本の古神道ではないと思う。
    [ 2016/05/17 19:51 ] [ 編集 ]
  366. >361 362 363
    >Wikipediaによると

    はぁ~馬鹿じゃねーの?
    Wikipediaで半島人が自国の歴史(試し腹)を捻じ曲げて、ウリジナルで上書きしてるだろ!
     日本の歴史でウリナラ万歳は、お前らが勝手に書いているだけで専門家に論破されまくりだろ。
     情弱以外は、お前の嘘はバレバレなんだよ!
    [ 2016/05/18 01:15 ] [ 編集 ]
  367. ※366
    ちゃんと読め脊髄反射の低脳が
    [ 2016/05/18 02:58 ] [ 編集 ]
  368. 知れば知るほど謎なのが、日本のルーツだそうです

    天皇家の紋章
    獅子や一角獣は、外国ではライオンとユニコーンだ。
    獅子と一角獣社は神社でも見た方もいると思う。
    なぜ神社にと不思議に思ってしまう。
    因みに、バッキンガム宮殿どの門にも左にライオン、
    右にユニコーンを配備している。
    旧皇居である京都御所の清涼殿にある天皇の座の前には、
    獅子と一角獣の像があったようです。
    [ 2016/05/18 11:27 ] [ 編集 ]
  369. ※366
    では363に対して、きちんと納得するよう説明してみ?日本人を安心させる為に説明してほしい。あんたにはきっと出来ない。その辺の右寄り韓国人と、あんたは鏡の様な存在だ。冷静に見つめる事が出来ていない。
    368の様な妄想事しか書けない、明治時代も分かっていない様な連中は、何も見えていない。
    [ 2016/05/18 18:11 ] [ 編集 ]
  370. *369
    あなたの見えていることを、出来れば教えてください。
    私は歴史好きの小市民でございますが、どれほどの多くの事実が、教科書
    もしくは公のソースに記載されていないか? 
    非常に重要と思われる歴史上の事実(私の主観になりますが)が、色々な立場の都合により、公に発表されていないか?
    その中で、あなたが見えていることを出来れば教えてください。
    [ 2016/05/19 22:00 ] [ 編集 ]
  371. ※370
    何番の方ですか?何についての事ですか?
    言っとくけど363とか好きではないから。援護した訳ではない。
    [ 2016/05/19 23:44 ] [ 編集 ]
  372. 370でございます。

    『明治時代も分かっていない様な連中は、何も見えていない。』
    のフレーズに反応してしまいました。
    あなたの見えている明治時代に興味津々でした。
    特に他意はございませんでした。
    失礼いたしました。
    [ 2016/05/20 04:27 ] [ 編集 ]
  373. 超古代文明ってすごく...適当な言葉だよね
    [ 2016/05/20 10:55 ] [ 編集 ]
  374. ※353
    天智のは完全にそう(大陸・半島の策略)だよね

    聖徳太子あたりはむしろ親新羅だったけど
    鎌足にのせられて百済びいきの天智は
    すでに潰れた百済国を救う遠征軍を出して大敗

    都は移すわ砦は築くわ無駄ばかりしてる

    鎌足が百済の王族だったって説もあり得ると思う
    [ 2016/05/20 11:53 ] [ 編集 ]
  375. ※370
    最近キンペーさんが英国行ってましたが、その動画でも見てくればいいよ。あれが英国式です。日本に似てる所があるなーではなく、英国式なんです。
    明治は英国を基準とし、天智朝を真似た新時代。かつて仏教建築(仏像などで)で人々から支持を得たのと同じで、今度は神道として威厳的な建物を、民衆が分かりやすい形へ持っていった。民衆は形で見せなきゃ分からない古今東西間抜けばかりですからね。「そんな事はない」と言っても、未だ自分達に関係ない城にこだわるでしょう?風格ばかり拘り、見た目だけで重要かを判断する。文化遺産になってたのに!と。本来の日本の遺産は物ではないんですがね。
    ちなみに英国式は嫌ではないですよ。元の日本文化と思ってる平安京は所詮中華ですし。
    [ 2016/05/20 21:16 ] [ 編集 ]
  376. 近所のおっさんの趣味かなんかじゃね?
    [ 2016/05/20 21:52 ] [ 編集 ]
  377. ※374
    そう。何ら策略はあったと思う。
    あと山城の分布を見てると、先住側と戦争するのに使ってるんではと思うんよ。よく似た事例は後々ある朝鮮侵攻の倭城。あれと似てるね。
    中臣氏は元々いた一族なら日本人。鎌足なる人物は分からないね。
    [ 2016/05/20 22:40 ] [ 編集 ]
  378. 375ですがすみません。偉そうに見えるね、ごめんなさい。
    [ 2016/05/20 23:07 ] [ 編集 ]
  379. まあ日本にはゴッドハンドがいるからな
    [ 2016/05/21 01:24 ] [ 編集 ]
  380. オレがガキの頃はこんなに竹とか生えてなかったな
    今じゃ怒られるだろけど上に乗っかったこともある
    [ 2016/05/21 02:29 ] [ 編集 ]
  381. 横レスすまんね。
    中臣って三輪や賀茂や尾張のような神祇を繋ぎ祀るを主とした家系だよな?
    藤原は違う。中臣と藤原では家系の毛色がコロッと変わって(替わって)る。
    鎌足はアヤシイ。非常にアヤシイ…
    [ 2016/05/21 14:01 ] [ 編集 ]
  382. 鎌足は儒と相性が良く、トーテムは鎌をくわえた白狐。アヤシイ…

    >>元の日本文化と思ってる平安京は所詮中華ですし

    国風文化などと呼ばれガワは日本文化っぽいが内実中華化は加速してるな。
    夷、大将軍、幕府などの中華用語とその有り様。
    以前も書いたが、梟帥や近衛府のほうが日本オリジナル用語だったりする。
    たける、ちかきまもり。イメージは逆だが。
    軍部(幕府)と皇家の権威が並立するとか、本来の日本では有り得ない現象。
    [ 2016/05/21 14:28 ] [ 編集 ]
  383. 仏教もそうだ。奈良仏教は名こそ中華仏教の流れだが、その実、
    術士である古神道の連中が流れてる。古密教と呼ばれるゆえん。
    天台宗から哲学性すら無い信仰系仏教が出張ってくる。
    朝廷もそうだ。公家などと呼んでいるが実態は皇に群がる宦官と変わらん。
    別にキライじゃないけどね、平安以降w
    [ 2016/05/21 14:57 ] [ 編集 ]
  384. 神代から奈良時代までのドラマはほとんど無い。
    よくわかっていないというのもあるが、ある種の思惑もあるかもしれんな。
    日本は大化改新あたりから平安400年で培われた本質的に中華色の濃い文化を
    ガワだけ見て日本文化だと思っており、明治がそれを潰したと思ってるが、
    もう、とうの昔に潰されてるw。受け継いでいる地域は、あるが、
    新しい土地などでは、真似事の祭祀を見て
    「やっぱり日本文化だねぇ」などと、うすら寒いこと言ってたりする。
    もう何でもいいw
    [ 2016/05/21 16:01 ] [ 編集 ]
  385. 最後に変な話をします。獅子と一角獣ですか?
    名を変え形を変え、世界中にいますよw。知を司る獅子、英を司る一角獣で
    英知として王家のエンブレム、トーテムとしたのは、あっち系と
    人と文化が流れて来て習合した日本でしょうけどね。
    [ 2016/05/21 16:48 ] [ 編集 ]
  386. 本物の中臣氏に関しては逆に聞きたいね。存在するのか。
    ここでは鎌足以前以後で話す。カモが出てくるのは実際は木管時代。公式歴史では三輪氏、木管では物部氏がカモとよく出てくる。だから土台の神別は三輪物部系と推測。
    大和が時代ごちゃ混ぜで混同してると言ったのは、中臣大伴が橿原か葛城か知らんけど居た時代。あれどう見ても奈良時代では。この中臣は藤原氏なのか?だから藤原氏は葛城も自称してた。藤原氏は古代日本の神職者では無いのは分かる。卜部も違う。だが共に中臣を名乗る。中臣氏が存在したとすれば、土台側の系列のはず。尾張(海系)や忌部など強力な一家も勿論そう。
    しかし中臣氏の言われてる職は、明らかに平安側が書いた平安的価値観に思える。江戸的価値観で公家を語る戦国を語る様な感じ。中臣氏は平安の卜部の様な描かれ方。そんな貧弱な神職者は以前の歴史に存在しない。日本的じゃなく大陸的だよ。
    [ 2016/05/21 16:56 ] [ 編集 ]
  387. 立ちションするトイレじゃないかな?
    [ 2016/05/21 17:20 ] [ 編集 ]
  388. >本物の中臣氏に関しては逆に聞きたいね。存在するのか

    なんか倭人伝の卑弥呼の取り巻きに中臣氏と名前の被るのが何人か
    いるようだが、わからんな。新参の末席のイメージだが、本当に卑弥呼の
    取り巻きだったらそこそこだな。

    >中臣大伴が橿原か葛城か知らんけど居た時代。あれどう見ても奈良時代では。

    本貫は橿原という説が主流みたいだな。仮に橿原が連中のシマだとしたら
    藤原京には肯定的だったのか否定的だったのか…

    >尾張(海系)や忌部など強力な一家も勿論そう

    忌部は強力なのか?
    まぁ神職を輩出して悦ぶ可愛らしい藤原氏(w)より強力だろうが、
    忌部も物部と同じで大きいから、神職に特化というより、
    くにのみやつこ的というか、ゼネコン的なイメージがあるなぁ。
    メイントーテムでいえば牛系のイメージ。どこぞの石工職人集団と同じ。
    あ、どこぞの石工職人は強力かw
    [ 2016/05/21 20:43 ] [ 編集 ]
  389. ※382
    中国だらけだよ。当時の船の祭りも丸パクリだから。だけど片膝立ては絶対唐人じゃない。古代一族でもない。

    おたくは幕府を、単なる武家集団と思ってるんだな。朝廷を握ってるのは天皇じゃない。源氏は幕府を作ったが、天皇が潰せと言ったのは北条幕府。鎌倉仏教も北条が作った。源氏は知っての通り仏教だらけにしないだろう。そして南北朝当時の今上天皇は此方に帰ってきた。大事なのは、今上側が負けた事。北朝は新たな天皇を置き、南朝勢はもう、お上が誰か分からなくなったんではないのかな。今の日本人でも想像できるわ。突然誰か分からん人が天皇になり、本物を守った方はどうすれば…
    その後好き勝手な時代が続く戦乱の時代になるわけだ。
    [ 2016/05/21 23:13 ] [ 編集 ]
  390. おっす!

    >おたくは幕府を、単なる武家集団と思ってるんだな

    いやぁ…、読んで字の如く幕舎のイメージがあってなぁ。
    前線基地のような名称が機関名になっていることにまず違和感。
    「将軍様」への違和感に似てる。
    軍の将に何故に為政的権力が集中するのか…。語義の話だがな。

    俺の中のあるべき侍像とは、正従六位上下あたりで、
    兵法・馬術・弓術・剣術(太刀)・体術ときどき和歌の戦闘エリートなのだなw
    石田治部、大谷刑部のような官僚肌も好きだがなw
    [ 2016/05/21 23:32 ] [ 編集 ]
  391. 忌部氏は祭事専門一家では?建築のイメージないわ、知らんけど。忌部氏は名前がゼネコン級w怖いねん。
    中臣氏は鎌足以前に物部氏の系図で婚姻関係で出てきてたはず。飛鳥後期か奈良時代かに各一族の文書を強制没収でも出てくる家。だから居るのは分かるんだけど、本物は何処いったんやと。
    あと橿原も、葛城さん同様何かあった(戦った側の)誰かやね。かじわらは非常に悪い意味が付けられてる。大阪にもある地名。退治されたと言う柏済の神かもな。
    それはそうと、キリンは見てきたん?
    [ 2016/05/21 23:50 ] [ 編集 ]
  392. 奈良時代までは律令体制以前でも官位は官位として、試験があったり、
    外様を抜擢したり一応機能しているわけだが、平安時代からより封建的に
    移行し、官位は権威化、血筋の貴賤を表すサインとして形骸化してくる。

    これはな、あまり好きでない。武門というのも観念的な指標となり、結局、
    国人や寺社すら秒サツできなかったりと、ただの街のドン、ファミリーの
    ボスみたいになっていて、各氏族で持ち場があったヤマトの精神に反するw
    まぁ群雄割拠は趣味としては好きだがねw
    [ 2016/05/21 23:56 ] [ 編集 ]
  393. >それはそうと、キリンは見てきたん?

    いや、なんだかんだで結局行ってないw
    [ 2016/05/22 00:08 ] [ 編集 ]
  394. >忌部氏は祭事専門一家では?建築のイメージないわ、知らんけど

    色んな御仁の説や氏神見ているうちに、
    むしろゼネコンのイメージしかなくなったw
    出雲国造やろ?、出雲大汝系は祭祀寄り氏族の気はするが…。

    トーテム的には鷲とか牛だろな。阿波忌部は安房に移動してるが、
    やはり牛なんだなw。アワ~とかウワ(宇和)~とか牛の鳴き声に聞こえてきたw
    [ 2016/05/22 00:58 ] [ 編集 ]
  395. 忌部の大和での本拠地も橿原なんだな。橿原どんだけ広いんだ。
    これあれだろ、江戸で言うところの参勤交代用の武家町を
    本拠地にしてるだけじゃねーの?、大伴やろ?中臣やろ?蘇我やろ?
    忌部やろ?大氏族ばかりやないか。橿原どんだけ広いんだ。
    [ 2016/05/22 02:06 ] [ 編集 ]
  396. ※392
    ヤマトの精神なぁ。人の名前を勝手に変えたり、大国主や猿田彦の「強し」を「醜い」なんぞと後世に残す時代は、もうヤマトの精神じゃなくなってる。

    キリン行ってないんかよwちょっと気になって話しかけよかなと思ってたのにw

    忌部氏は知らんけど物部氏。東征伐の時に、言ったら支配した後のおさめる役で派遣されてる様な気がする。勿論東側にいた方とは別っぽい。忌部氏は武系ぽくないし、同じ役目で行ってるんでは。あと出雲たい社はネットでふじwr氏がもうアレやと書いてあるな。熱田と同じ様な感じか知らん。ただ、出雲の武家は藤原流が本当いないんよ。源流強しやった気がする。だから分からないんよね。
    [ 2016/05/22 02:14 ] [ 編集 ]
  397. ※395
    そうは言うても大変な地域やで。争いはあったはず。
    大伴氏は住之江も本拠と書いてる。だから常にいたわけではなく、時代が関係するはず。住之江って古代から津守氏やのに、おまけに守屋さんが歩いてた時代は無理やろうにwだから後からかなとか思うねんな。津守氏ならまだ仲良くできるはず。
    [ 2016/05/22 02:24 ] [ 編集 ]
  398. と言っても住之江って結構遠いね、よく考えたら。昔の四天王寺跡が生玉さんと近い距離で、住之江とは離れてるね。
    [ 2016/05/22 02:34 ] [ 編集 ]
  399. 物部なぁ…。あれも物部閥だからな。軍部家系もあれば、祭祀家系も
    あっただろうな。閥と言ってももちろん風評ほど排他的ではないが。
    寺院も持ってるようだし。ただ、大きいところほど色々いるだろうからな。
    前に言った犬神な、あの腐れ外道、鬼どもの宴、あれ陰陽道が謎の賀茂に
    一元化されてから、民間に流れた非公式の物部系術士の仕業に
    されてたりする。あんなことは並みの氏族にはムリというわけだ。
    本当にそうか、例によって藤原の野望、他氏族sageかは知らん。

    藤原は今現在も日本を牛耳っていると言っても過言ではないがw、とにかく
    胡散臭いな。二代天皇の趣味は人肉喰いらしいが、完全に飢饉が
    頻発していた大陸の趣味やろw。藤原真人とか名前も大陸まんまやしw

    麒麟は行かなかったな。実は実家にある家紋の一つに、シレっと下がり藤が
    あったのだがw、そういや春日大社ともどうのこうの聞いたことがある。
    というわけで俺は胡散臭い藤原氏w。ではなw
    [ 2016/05/22 03:27 ] [ 編集 ]
  400. 超古代文明の生活遺産ならもっと残っててもいいような気がする。
    なんでところどころにしか残ってないんだろう。
    とすると、宗教的な限定された建造物だったってことか。
    [ 2016/05/22 22:47 ] [ 編集 ]
  401. ※399
    藤紋は何か物部氏も使ってるな。けどおたくは春日さんなら藤原氏やね。前から何度も疑ってたやでw
    藤原氏は大阪の方は好きやな。なんか気質が笑えるほど雄々しい。宮司が個人で守屋さんに寄付してはる位、歴史の因果や土地柄、様々な思いがありはるんやろな。長いからもう混ざってるかもしれんし。
    あとさ、牛はモォオオやろ?アワ~とかウワ~ってなんやねんw
    四国の某村は明治になってあの名になったと前に書き込み見たよ。ただ郡名も東大阪辺りにある名やし、元は密教も絡んでるそうやから、本来何ら関わる地域ではあるんやろな。ちょっと前に偶々狼信仰チラ読みしてて、まだ全部読んでいないんやけど、犬神も元は狼信仰やったんではないんかな。よく知らないしあくまで元はね。四国と言えば狼が有名。狼信仰って昔は天狗信仰な気がする。
    [ 2016/05/23 01:35 ] [ 編集 ]
  402. もはよう
    >けどおたくは春日さんなら藤原氏やね。前から何度も疑ってたやでw

    疑うな疑うな。本籍は物部領なんだなこれが。実家は磯城領。
    左三つ巴もあり、もうワケわからん。俺のトーテムは竜王だが()、
    家系的には源九郎狐で、かつ真言系の密教。節操ねーな()。

    自分のルーツってちょっと興味あるよなぁ。飛鳥ぐらいまで遡れる
    んな立派な家系図ねーし。ハプロくらいは見てみたい。自称

    縄文弥生北方のいいとこ取りだがw
    [ 2016/05/23 05:56 ] [ 編集 ]
  403. ペラペラペラペラ家の事を言うなや。奈良とか土地勘ないけど心配するやろ。考えて話せや。パス付けたら消せるらしい(最近知った)し、これからパス付けて書き込む習慣つけ。おたくは心配するわほんま。
    ふじわららしくない!wもはや大阪側のふじわらに近いwいい意味で。

    ルーツはあんまり興味なかったけど、うちの地元側も東側も偶然か、同系に関わりあるわ。東側のは聞いてるのを追うと歴史が見えそうな気がするよ。おたくの言うあやしかもはおたくが言うから少し詳しくなった。我が一家のかつての上司だろうなw
    [ 2016/05/24 00:20 ] [ 編集 ]
  404. そしてパスつけるの忘れましたーっと。
    [ 2016/05/24 00:22 ] [ 編集 ]
  405. 人に言うてて自分は忘れる。これ一番あかんこと。パスを先に打つべし。

    また何か聞きたくなったら聞いてもいい?
    他の眷属のブログ見ても全く興味が湧かんかったよ。けどおたくの話は物凄く面白い。
    改めてありがとうね。
    [ 2016/05/24 00:51 ] [ 編集 ]
  406. >これからパス付けて書き込む習慣つけ

    そんなんあっか。実戦は「待った!」ナシやぞ?…パス付けるわ。

    >他の眷属のブログ見ても全く興味が湧かんかったよ

    多くの御仁は信仰者やろ?、俺は探究者やからw。それに…個人的感想だが、
    俺に言わせりゃ祭り上げたり、こき下ろしたり愛が無いなw。俺は友達を
    紹介する感覚で話してるぜ。たぶん思念は伝わってるはず。

    >けどおたくの話は物凄く面白い

    そうか。俺でよければ何でも訊いてくれ。ただし過疎ってから()。
    知ってることは答えよう。過失だがたぶん嘘も何割か混じってるがなw。
    ではな
    [ 2016/05/24 03:40 ] [ 編集 ]
  407. テス
    テス
    [ 2016/05/24 03:45 ] [ 編集 ]
  408. ガラケーやからパス関係ねーわ。…実戦は待ったナシやぞ!
    [ 2016/05/24 03:47 ] [ 編集 ]
  409. >おたくの言うあやしかもはおたくが言うから少し詳しくなった。我が一家のかつての上司だろうなw

    んん?、さては昨夜酔っていたな?、「あやかし(妖)」のことか?
    関係ないが教室に鹿が入ってくる「あかしや(明石家)」の母校は一条だぞ?

    >奈良とか土地勘ないけど

    簡単だ。ザックリ書けば、こうだ↓

    街山
    山山
    山山
    [ 2016/05/24 16:45 ] [ 編集 ]
  410. 酔ってた酔ってたw
    上司の話なんかおたくが他所記事で目立つ話してたろ?あれふと思い出して「おたくの元上司、見かけたことあるでw」って昨日書こうとしてたのは覚えてるw
    パスは407はかかってるで。編集押して文章消し、パス入れて削除押したらいけるはず。
    [ 2016/05/24 20:13 ] [ 編集 ]
  411. >上司の話なんかおたくが他所記事で目立つ話してたろ?あれふと思い出して「おたくの元上司、見かけたことあるでw

    んんん?タイホされた元空幕長のおっさんのことかな??
    [ 2016/05/24 21:08 ] [ 編集 ]
  412. ※411
    そうやで。たまたま見ただけやけど、小柄でびっくりしたわ。 
    奈良はそんな意味で言ったんちがうw
    奈良の事は奈良の人が一番よく知ってるし、そういう意味。

    眷属話はそうそう、おたくみたいなタイプは全然いないな。
    だけど眷属に付かれたいと思う事はないわ。食の趣向とか変わりそうで嫌や。食は圧倒的に魚派やもんな。川魚は至高。
    ただすべておたくの話だけで整理は出来ないんやけどね。例えばスフィンクスはおたくの言う獣王系の神じゃないと思うし。狛犬をスフィンクスと言ってる人にはちょっとムッとする。
    [ 2016/05/25 03:22 ] [ 編集 ]
  413. 逆やな、スフィンクスを狛犬と言ってる人が嫌。
    あれ程凄い物と同列に語るのはおかしいよ。
    [ 2016/05/25 03:27 ] [ 編集 ]
  414. 獣王系?んなこと言ったか??
    スフィンクス→狛犬(一角獣)て言ってたのは鉄の広島の御仁じゃね?
    俺は狛は渡来の影響だとすれば、どちらかと言えばイスラエル南北王家の
    影響のほうがズバリだと思ってるし。

    獅子とユニコーンとか、獅子と狛犬(一角獣)まんまだろ?
    くどいようだが眷属的には【英】のアレと【知】のアレが該当するw
    【英知】で王家のトーテム。漢字にすると後付けみたいで嘘っぽいけどな。
    [ 2016/05/25 04:07 ] [ 編集 ]
  415. おたくが言うたんじゃない、スフィンクスと狛犬は同じってみんな書いてるやん適当に。で、スフィンクスはライオンの姿やけど獣王系じゃない。時代変わって西洋のライオンは王者の印やろ?古代エジプト時代の王者はラー、太陽(太陽神であること)が関係し、後に継承者のホルスそのものが讃えられるようになった。ホルスは太陽神でありライオンでもある。多分。
    イスラエル王家の影響?紀元前になくなってるのに、影響が日本にまで来る訳ないだろ。狛犬は平安だよ?唐獅子も飛鳥時代に無いように思う。
    [ 2016/05/25 17:00 ] [ 編集 ]
  416. 西洋が鳥やライオンをシンボルとするのは古代ローマも絡んでるし、やはりエジプトの影響が強い。だからってエジプト人がヨーロッパを支配してるかと言えば全く違う。あくまで文化的影響だよ。物や文化は流れるもの。
    [ 2016/05/25 17:09 ] [ 編集 ]
  417. >イスラエル王家の影響?紀元前になくなってるのに、影響が日本にまで来る訳ないだろ

    おいおい。お前さんらしくもない。O2は華南から半島に広がるまで2万年かかったと言われてるんだぜ?全てがリアルタイムで入ってくるわきゃーない。獅子と一角獣の対はアジアの遺跡からも出てただろ?
    [ 2016/05/25 18:51 ] [ 編集 ]
  418. あ、日ユ同祖論か何かと思ったか?違う違うw
    俺が言ってるのは、渡来によるまさに文化の流動だ。
    追われた直系が逃げて来たでもない限り、必ずタイムラグがある。
    [ 2016/05/25 19:09 ] [ 編集 ]
  419. ライオンは中原にもおらんしな、獅子はステップルートかオアシスルートか
    知らんが、西からの流入だろな。実際、ペルシアの虎だったか何だったか
    呼ぶらしい。

    スフィンクスは何だろな。エジプト神は大体、獣頭人身だったりするが
    スフィンクスは逆だからな。謎だわ
    [ 2016/05/25 19:43 ] [ 編集 ]
  420. ちなみにスフィンクスはギリシアだと、なんか女なのだ。しかも有翼。
    メソポタミアでも有翼なのだな。キメラかな?以前から書いているように
    キメラ(鵺)というカテゴリはガチでいるからなw
    [ 2016/05/25 19:52 ] [ 編集 ]
  421. 狛犬(獅子も)は平安期と言ってるが、事実広まったのは近代から。今の京都でも5割の普及らしいし、平安期に強制してるわけではないな。むしろ強制は近代。一角獣なる名を見ても最近の言葉だと分かる。麒麟も良い聖獣やけど、これまた昔からの天狗や蛇の様には全く出てこない。日本に居ないからと言うより、最近来たってのが正しいのでは?

    鵺って「夜に鳥」やで。本当に居たとしても天狗方面じゃないの?おたくのお陰で気づいた事は一杯あるんやけど、だけどだからこそ天狗がやけに多い気がしてならんわ。
    日本は西側が来る前から、確かに共通する何かを持ってる。黄味が悪くなるほど。どれが西側で何処が元から持ってるんか、こういうのも分けたいねんな。そうでないと日本が見えなくなるよ。
    [ 2016/05/25 23:19 ] [ 編集 ]
  422. >日本に居ないからと言うより、最近来たってのが正しいのでは?

    なるほど。あり得る。それならどこぞのお家からストレートに来てそうだな。

    鵺か…。真偽のほどは知らんが日本だと人工的につくった合成式神が
    陰陽師が絶滅したのち野生化(笑)して自然霊の類になったなどと云われ
    てるがな。俺が知ってるのは勝手な人間のせいで目的迷子になってる
    稲荷と天狗の合成だ。あ、あとメソポタミアのは人頭牛身有翼だったわ、
    スフィンクス。
    [ 2016/05/25 23:32 ] [ 編集 ]
  423. 古代ギリシャはねー、あんま信用できんわ。大体7世紀のタペスリーでもやっぱそれなりに現代美術とは程遠い。なのにギリシャは現代彫刻に匹敵する。あんまり信用してない。
    [ 2016/05/26 00:08 ] [ 編集 ]
  424. ※422
    すごいなw本当におたくは信じるよ。こっちは眷属が見えなくて話してるから、違うなら違うと言ってほしい。
    鵺って陰陽師が絡んでるのかもな。流れてきたのは陰陽師の方かもしれんw前も言ったけど、大阪が知ってる人としか思えんのよ絶対。
    メソポタミアも好きやけど、細かい神話は知らないもんな。エンキは好き。
    もう寝るわ。
    [ 2016/05/26 00:31 ] [ 編集 ]
  425. 黄味ではなく気味。
    [ 2016/05/26 00:38 ] [ 編集 ]
  426. 遏・繧峨s縺橸シ溽衍隕壹@縺ヲ繧九→險?縺」縺ヲ繧ゅ?∽ク?隕九※荵昴r諞カ貂ャ縺励◆繧翫?∽ク?閨エ縺?※荵昴r
    諞カ貂ャ縺励◆繧翫□縺九i縺ェ縲

    繧薙〒縺昴?諞カ貂ャ縺ョ逵キ螻槫ュヲ()縺ァ縺?∴縺ー縲∝燕縺九i譖ク縺?※繧九h縺?↓迯?ュ舌b陌弱b迢シ繧
    遞イ闕キ繧ょ酔遞ョ縺?縺ェ縲よ?ァ譬シ逧?↑豕「髟キ縺ァ濶イ蠖ゥ縺悟、峨o縺」縺溘j縲
    繝壹Ν繧ス繝雁粋菴薙☆繧九h縺?↑騾」荳ュ縺?縲ゅ?繝シ繧ケ縺ョ遞ョ螻槭?縲√s縺ェ縺翫i繧薙→謗ィ貂ャ縺吶k縲
    荳贋ス肴ャ。蜈?ィョ縺ッ荳倶ス肴ャ。蜈?ィョ繧貞桁諡ャ(邨ア諡ャ)縺吶k縲
    蟷ウ遉セ蜩。繧医j驛ィ髟キ縺ョ縺サ縺?′螟壹°縺」縺溘i荳崎?辟カ繧?m?毆
    縺ァ縺ッ縺ェ
    [ 2016/05/26 01:45 ] [ 編集 ]
  427. >違うなら違うと言ってほしい

    違うも何も俺も、1見て9を推測したり、1聴いて9を憶測したりだからな
    大して変わらんw

    >流れてきたのは陰陽師の方かもしれんw

    術は間違いなく流れてきてるな

    >こういうのも分けたいねんな。そうでないと日本が見えなくなるよ

    気持ちは解らんではないが、例えば俺は戦争になれば日本のために戦うが
    (元Jだし)、前も言ったように、こと眷属に関しては、国境が
    無くなってまう。無論、どこをageる気もsageる気もないが、はたして
    日本固有種的なものなどいるのか?とさえ思ってるな。しいて言えば…
    河童?w。宣教師や土左衛門と習合した元祖が本当にいるなら、あれも
    陰陽師の失敗作じゃないのか?と。そう考えたら急に愛おしく感じるw
    ではな
    [ 2016/05/26 02:56 ] [ 編集 ]
  428. 427はおたくか?
    分けたいのは文化の事な。狛犬だって文化。例えば家紋の記事見てても日本固有と思ってる人が多いが、奈良時代にデザインは沢山入ってきたし、その後もずっとそうや。その事すら知らずに「日本独自は美しい」って、はたから見れば間抜けやん。井の中の蛙もいいとこ。知っておく事は重要やろ?
    眷属だって何も日本固有種に拘ってるわけじゃない。この手の知識は東洋西洋問わず知らなかってんけど、自分はこれらを追いかけてたんやなと最近思った眷属だけじゃなく。何処までが本来持ってたのか知りたいんやわ。拘ってたのは何かとか。
    [ 2016/05/27 00:05 ] [ 編集 ]
  429. 河童って、よく考えたら亀の化け物違うん?河童は臭いらしいけど、亀は臭そうな池におるしな。

    [ 2016/05/27 00:22 ] [ 編集 ]
  430. まぁ殆どは化け物や眷属というより「人」だと思ってるけどね。昔の日本は想像出来るわ。何でも鬼のせい、何でも天狗のせいにしてるだけやろ。麒麟みたいな優しい性質が広まらんかったのは、人にとって何かのせいにしたい時に聖獣は不必要やからやわ。また怖がらせて掟に従わさせる時にも鬼の方が威力がある。
    [ 2016/05/27 00:39 ] [ 編集 ]
  431. 福岡県の珍敷塚(めずらしづか)古墳や熊本県のチブサン古墳、奈良の「高松塚古墳」や「キトラ古墳」などには、壁画「ペトログラフ」が施されている。

    これらについて、吉田信啓著の本で、吉田信啓氏がペトログラフを解析したオランダの歴史数学者レイノード・ヨンゲ博士からもらったというメールについての記述がある。

     「ところで、珍敷塚をはじめとする福岡県の古墳もチブサン古墳などに代表される熊本県のものも、また前記した奈良県の高松塚古墳など日本の装飾古墳は4~7世紀の築造と考古学ではとらえられている。
    しかし、ヨンゲ博士は2006年6月21日のメールで、私にこう告げて来た。
    『ヨーロッパなどよりずっと古いもので、少なくとも一部は紀元前1000年、場合によっては紀元前5000年に達しよう』と。

     これは驚くべきことだ。仮に紀元前5000年のものなら、エジプト文明は紀元前3000年~前2000年の間にその最隆盛期に達したから、日本の装飾古墳の絵柄のほうがより古いことになるからだ。
    以下に、ヨンゲ博士が送って来たメールの大意を示そう。

    『日本の考古学は、特に戦後のGHQの指導下で編年が行われたせいで、年代を政治的に繰り下げられている。
    装飾古墳中でたまたま5世紀や6世紀の人骨とか土器などが発見されたことから、古墳の年代をそれに合わせただけなのだ。
    実際は装飾古墳は紀元前5000年の巨石時代に造られていたもので、当初は墓でさえなかったかもしれない。
    時代の流れのなかに種々そのときどきの需要に合わせて用いられ、石棺や副葬品などが置かれて墓ともなった。
    そうしたことのために、戦後の日本の考古学が編年したにすぎない。だから原点に戻ってすべての古墳の年代測定をやり直すべきだ』

    ヨンゲ博士の持つ日本の知識、特に戦後日本の認識の深さは驚くほどのものがある。私もまったく同感であり、その強烈な指摘は的を射ていると思われる。
    先述した”私憤”にもかかわってくることだが、戦後のGHQによる日本占領政策は『日本の国体の神聖さを喪失させ、神国・日本という思想によって再び軍国主義の日本に戻らないようにする」とした原則で行われて来た。
    そこからの学問統制が目に見えない形で実施され、歴史学・考古学・国語学等々の学会はそれに沿うものをこぞって唱和してきたのだ。

    いわば、戦後の日本はGHQにより骨抜き支配されたのである。
    その骨抜きの最大の手法は、神話をなくす(知らさない)崩壊教育だった。
    前述したように神話は民族の尊厳にかかわり、神話のない国家は国旗や国歌のない国も同然である。
    日本国民は神話を持たない民にされ、彷徨える民となって占領国の属国民に落ちぶれて行く。
    その趨勢の助長に加担させられたのが日教組だった。」
    [ 2016/05/27 01:51 ] [ 編集 ]
  432. 427って化けてるよな?ガラケーだけかな?
    [ 2016/05/27 03:22 ] [ 編集 ]
  433. 今は426な。見た時から化けてるよ。
    確認してほしいけど、423はまだ虎の話が書いてある?
    かの記事は一回見ただけで見てなかったわ。あの仙人一人で延々と喋ってるなーと思ってたけど、おたくと会話してたんやな。ビッグバンとかごく一般的な(興味)質問をしてて笑たわ。で、明日喋るんなら見に行くよwまだちょっと人多いな。
    河童可愛いやん。亀は万年やし、日本独自なら河童好きがいるのも分かる気がする。
    [ 2016/05/27 19:44 ] [ 編集 ]
  434. ??23縺ッ縺セ縺?陌弱?隧ア縺梧嶌縺?※縺ゅk?

    縺?s繧

    ?樊?譌・蝟九k繧薙↑繧芽ヲ九↓陦後¥繧?

    霑比コ九@縺ヲ縺九i霑比コ九?繝シ縺ェ縲よが縺?・エ縺ァ縺ッ縺ェ縺輔◎縺?□縺後???」謚暮■縺」縺ヲ繧九→
    繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ョ繝舌ャ繝?Μ繝シ辟。縺上↑縺」縺ヲ髱「蛟定?縺??縺ァw縲√■繧?▲縺ィ繧、繝ゥ縺」縺ィ縺励※縺ェw
    [ 2016/05/27 21:26 ] [ 編集 ]
  435. >>423縺ッ縺セ縺?陌弱?隧ア縺梧嶌縺?※縺ゅk?

    縺?s繧

    >>譏取律蝟九k繧薙↑繧芽ヲ九↓陦後¥繧?

    霑比コ九@縺ヲ縺九i霑比コ九?繝シ縺ェ縲よが縺?・エ縺ァ縺ッ縺ェ縺輔◎縺?□縺後???」謚暮■縺」縺ヲ繧九→
    繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ョ繝舌ャ繝?Μ繝シ辟。縺上↑縺」縺ヲ髱「蛟定?縺??縺ァw縲√■繧?▲縺ィ繧、繝ゥ縺」縺ィ縺励※縺ェw
    [ 2016/05/27 21:31 ] [ 編集 ]
  436. 縺ー縺代k縺ョ縺ァ縺イ繧峨′縺ェ縺ァ
    >>423縺ッ縺セ縺?縺ィ繧峨?縺ッ縺ェ縺励′縺九>縺ヲ縺ゅk?

    縺?s繧

    >>縺ゅ☆縺励c縺ケ繧九s縺ェ繧峨∩縺ォ縺?¥繧?

    縺ク繧薙§縺励※縺九i縺ク繧薙§縺ュ繝シ縺ェ縲ゅo繧九>繧?▽縺ァ縺ッ縺ェ縺輔◎縺?□縺後?√l繧薙→縺?r
    縺輔°縺ョ縺シ縺」縺ヲ繧九→繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ョ繝舌ャ繝?Μ繝シ縺後↑縺上↑縺」縺ヲ繧√s縺ゥ縺上&縺ョ縺ァw縲
    縺。繧?▲縺ィ繧、繝ゥ縺」縺ィ縺励※縺ェw
    [ 2016/05/27 21:37 ] [ 編集 ]
  437. あかん化ける
    [ 2016/05/27 21:37 ] [ 編集 ]
  438. 怖い怖い。よそでも試してみた?
    [ 2016/05/27 23:22 ] [ 編集 ]
  439. よそのブログの事な。fcじゃないとこ。
    [ 2016/05/28 02:51 ] [ 編集 ]
  440. ?樒「コ隱阪@縺ヲ縺サ縺励>縺代←?、423縺ッ縺セ縺?陌弱?隧ア縺梧嶌縺?※縺ゅk?

    縺?>繧

    ?槫幕繧九s縺ェ繧芽ヲ九↓陦後¥繧?

    霑比コ九@縺溘′霑比コ九?繝シ繧上?ゅ∪縺√◎縺?>縺?%縺ィ縺?縲よが縺?d縺、縺ァ縺ッ縺ェ縺輔◎縺?□縺後?
    繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ェ縺ョ縺ァ驕主コヲ縺ョ騾」謚輔&繧後k縺ィ縲√a繧薙←縺上&縺上※縺ェ縲√▽縺?オ。繧薙□w
    [ 2016/05/28 12:40 ] [ 編集 ]
  441. 陌弱?隧ア縺ッ譖ク縺?※縺ェ縺??

    莉吩ココ縺ォ縺ッ霑比コ九@縺溘′霑比コ九?繝シ繧上?ゅ∪縺√◎縺?>縺?%縺ィ縺?縲
    謔ェ縺?d縺、縺ァ縺ッ縺ェ縺輔◎縺?□縺後?
    繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ォ縺、縺埼℃蠎ヲ縺ョ騾」謚輔&繧後k縺ィ髱「蛟偵¥縺輔>縺ョ縺ァ()縲√■繧?▲縺ィ邨。繧薙□w
    [ 2016/05/28 13:27 ] [ 編集 ]
  442. 「あかん化ける」は文字化けしてないのに何でなんやろな。
    パスがどうこう言ってた時に何か触ったとか?
    よく分からんけど一旦ブラウザ閉じてブラウザ履歴クリアと、一度電源を切る。
    これ観覧文字化けで書いてあった。文字コードどうのは、全部化けてるわけじゃないもんな。
    機種独自の記号使ってるとか。
    [ 2016/05/28 14:54 ] [ 編集 ]
  443. 菫コ縺?縺代〒縺ッ縺ェ縺?h縺?□
    [ 2016/05/28 15:52 ] [ 編集 ]
  444. 縺翫l縺?縺代〒縺ッ縺ェ縺?h縺?□
    [ 2016/05/28 15:52 ] [ 編集 ]
  445. 縺 繧 縺? 縺 縺倥c 縺ェ 縺 繧 縺 縺?
    [ 2016/05/28 15:57 ] [ 編集 ]
  446. 昨日は書き込みもまだ出来てるのに、今日は全然やな。
    アルファベットオンリーはいける?ひらがなだけとかも。
    ガラケーの機能忘れたけど、メモで書いてペーストしてもあかんのかな。
    どちらにしろ原因があるはず。
    いつからバグりだしたんかとか、何か設定触ったかとか思い出してみ。
    [ 2016/05/28 17:05 ] [ 編集 ]
  447. 繧?▲縺ィ縺サ縺シ100??ヱ繝ウ繝峨Λ縺ォ蜈・繧後k繧医≧縺ォ縺ェ縺」縺溘?ゅ%繧後〒蛹悶¢縺ェ縺??縺壹?
    縺ェ繧薙°菫コ縺?縺代§繧?↑縺?∩縺溘>縺?縲

    陌弱?隧ア縺ッ辟。縺?↑縲よキア豬キ縺ォ霑比コ九@縺溘′霑比コ狗┌縺??縺峨?ゅ∪縺√◎縺?>縺?%縺ィ縺?縲
    縺ゅd縺、縺ョ驕主コヲ縺ョ騾」謚輔′繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ォ縺、縺阪せ繧ッ繝ュ繝シ繝ォ縺ァ縺阪★髱「蛟偵¥縺輔>縺ョ縺ァ縲
    縺。繧?▲縺ィ邨。繧薙□w
    [ 2016/05/28 19:57 ] [ 編集 ]
  448. 陌弱?隧ア縺ッ辟。縺?↑縲よキア豬キ縺ォ霑比コ九@縺溘′霑比コ狗┌縺??縺峨?ゅ∪縺√◎縺?>縺?%縺ィ縺?縲
    縺ゅd縺、縺ョ驕主コヲ縺ョ騾」謚輔′繧ャ繝ゥ繧ア繝シ縺ォ縺、縺阪せ繧ッ繝ュ繝シ繝ォ縺ァ縺阪★髱「蛟偵¥縺輔>縺ョ縺ァ縲
    繧、繝ゥ繝?→縺励※縺。繧?▲縺ィ邨。繧薙□w
    [ 2016/05/28 20:04 ] [ 編集 ]
  449. あのさ、文字化けの理由が分かるっていうやつで、おたくの文章少し変換してみてんけど、449の初めは虎やろ?
    もしそうなら、こんな結果↓
    「元々UTF-8形式のファイルをSJIS形式の文字コードで参照しようとして文字化けを起こしている可能性があります。対応のエディタでUTF-8モードに切り替えて参照してください。」
    との事。文字コードとかあんま知らんけど、例えば書き込み時は化けてなくて送信してバグるなら、送信先の中間で変換ミスが起こってる可能性もある。おたく→中間→パンドラブログって感じで書き込み出来るわけ。上の結果はそれかもしれない。いや分からんけどw今まで書き込み出来てたもんなぁ。
    最後の「w」は笑いやろ?アルファベットはバグらんのかな。つかこっちの文章は見えてるやんな?見えてんならローマ字で書いてみて。
    [ 2016/05/29 00:59 ] [ 編集 ]
  450. 菫コ縺?縺代〒縺ッ縺ェ縺?∩縺溘>
    [ 2016/05/29 10:36 ] [ 編集 ]
  451. ガラケーと一部スマホは文字化け起こしてるみたいやな。
    おたくの携帯の設定は触らんでいいで。
    [ 2016/05/29 15:43 ] [ 編集 ]
  452. IROIROARIGATO TORAHA KIETORUYO
    GARAKE-NITSUKI AYATSUNO RENTOUNOOKAGEDE MENDOKUSAKUTE SHIKATANAINODE
    CHOTTO IRATTOSHITE DAMARASEYOUTOOMOTTE KARANDAGA KORINYATSUDANA ww

    髯悟シア?髫ァ?ア邵コ?ッ霎滂ス。邵コ?竊醍クイ繧茨スキ?ア雎ャ?キ邵コ?ォ髴第ッ費スコ荵晢シ?邵コ貅倪?イ髴第ッ費スコ迢冷伯邵コ??邵コ蟲ィ?繧?穐邵コ竏壺落邵コ??樒クコ???クコ?ィ邵コ?邵イ
    邵コ繧?ス?クコ?、邵コ?ョ鬩穂クサ?コ?ヲ邵コ?ョ鬨セ?」隰夊シ披?イ郢ァ?ャ郢晢スゥ郢ァ?ア郢晢スシ邵コ?ォ邵コ?、邵コ髦ェ縺帷ケァ?ッ郢晢スュ郢晢スシ郢晢スォ邵コ?ァ邵コ髦ェ笘?ォア?「陋溷?ツ・邵コ霈費シ樒クコ?ョ邵コ?ァ邵イ
    郢ァ?、郢晢スゥ郢?竊堤クコ蜉ア窶サ邵コ?。郢ァ?笆イ邵コ?ィ驍ィ?。郢ァ阮吮味w
    [ 2016/05/29 15:58 ] [ 編集 ]
  453. 見てきた。
    あの人は自分が語りたいだけのお年寄りやろ。おたくの事外国人か荒らしみたいに見てた様だから一度だけ書き込んだけど、それでも向こうは気づかないままだったな。結局表面上でしか判断できないんよ、文章力とか。同じ人物なのになw
    「自分棚に上げて他国(他人)批判するな」は良い事言ってるけど、無駄なイラっとするジョークが多いし喋りとうもないな。
    [ 2016/05/30 00:29 ] [ 編集 ]
  454. TANAAGESHITE HAMUTAROUKUN TACHI GENEI NI ICHIICHI HANNNOU SHITERUNOHA
    JIBUNNANSANA窶ヲ

    MOTTO DOSSHIRI KAMAETERYA IINONI窶ヲ

    鬮ッ謔滂スシ?ア?鬮ォ?ァ??ア驍オ?コ??ッ髴取サゑスス?。驍オ?コ?遶企??ク?イ郢ァ闌ィ?ス?キ??ア髮趣スャ??キ驍オ?コ??ォ鬮エ隨ャ?ッ雋サ?ス?コ闕オ譎「?シ?驍オ?コ雋??ェ??イ鬮エ隨ャ?ッ雋サ?ス?コ霑「蜀キ莨ッ驍オ?コ??驍オ?コ陝イ?ィ?郢ァ?遨宣し?コ遶丞」コ關ス驍オ?コ??讓抵スク?コ????ク?コ??ィ驍オ?コ?驍オ?イ
    驍オ?コ郢ァ??ス??ク?コ??、驍オ?コ??ョ鬯ゥ遨ゑスク?サ??コ??ヲ驍オ?コ??ョ鬯ィ?セ??」髫ー螟奇スシ謚ォ??イ驛「?ァ??ャ驛「譎「?ス?ゥ驛「?ァ??ア驛「譎「?ス?シ驍オ?コ??ォ驍オ?コ??、驍オ?コ鬮ヲ?ェ邵コ蟶キ?ケ?ァ??ッ驛「譎「?ス?ュ驛「譎「?ス?シ驛「譎「?ス?ォ驍オ?コ??ァ驍オ?コ鬮ヲ?ェ隨??ォ?ア?
    [ 2016/05/30 00:36 ] [ 編集 ]
  455. テス
    [ 2016/05/30 13:01 ] [ 編集 ]
  456. ふかーつ!V
    [ 2016/05/30 13:02 ] [ 編集 ]
  457. 良かったな。
    1日早かったらなw
    [ 2016/05/30 21:03 ] [ 編集 ]
  458. コテハン及び事実上のコテハンと戦い過ぎやなww
    一番の強敵はお前さんだったがw
    ではおやすみ
    [ 2016/05/31 02:49 ] [ 編集 ]
  459. 強敵というか腐れ縁というか。「またお前か!」ってなw
    みんな仲良くが一番ですw。ではな
    [ 2016/05/31 03:13 ] [ 編集 ]
  460. 嫌やなぁ、おたくが絡んでる相手は全部変な人やないかw一緒にされるのはごめんやね、こっちは思想的な話してないし。
    あとバグってる時ちょっと気になってんけど、おたく、あの仙人に言われて>>つけてないか?引用する時は前のまま>でいいんやでー。436437の事やけどね、ちょっと笑いましたから。

    周りに生かされてるっての、全くその通り。ほんと良い事いっててビックリした。
    ではねりゅーじんさん。
    [ 2016/06/01 00:10 ] [ 編集 ]
  461. いやぁ…自作自演するつもりはないが、
    なるべく同一人物だとバレないように、>や>や>>全部使ったり色々するw

    >ではねりゅーじんさん

    フッ。りゅうおうのほうがいいな。『じん』より強そうやん?
    将棋も強そうやし。ノシ
    [ 2016/06/01 03:07 ] [ 編集 ]
  462. 30日の沖縄記事でまた深海鮫が湧いてたのでまたバトってしまったw
    [ 2016/06/01 14:13 ] [ 編集 ]
  463. あの仙人、わざとじゃないなら一番あかん事してるな。もし気づいてないなら本当にアホ。アメリカ嫌ってないなら、みんなの為に引くべきだった。最後の方本当読んでて腹立ったわ。空気読めてない。シックスセンス無いわ。
    ちなみに自分は参加してないからね。最後の方で凄く似た様な文章書いてる人いるけど、別人な。管理人「ちゃん」とか言わないし。
    [ 2016/06/01 23:10 ] [ 編集 ]
  464. ※462
    りゅうおうさん分かったw
    ジンはまだ聞くけどリアルで王は聞かないな。ゲームならありそうやけど。これは本人さんが言うてはるわけ?


    [ 2016/06/01 23:47 ] [ 編集 ]
  465. ん?あれ火星か??
    >凄く似た様な文章書いてる人いるけど

    嗚呼あれ俺だ()。こうやって俺らも過疎記事でマターリ全然関係ない話
    してるわけだが、シロかと問われればクロだが()、それでもあの図太さは
    無いわ。新種の工作員ちゃうか?

    >これは本人さんが言うてはるわけ?

    まぁある意味本人だなw。日本は単純に霊的なものを○神と呼んだりもしたが
    今日日は神という言葉にはゴッドのニュアンスが強いからなぁ。
    自分で神とか言い出したらオワリやろ()。神と呼ぶときゃ、みんな一緒だ。
    おやすみ
    [ 2016/06/02 02:30 ] [ 編集 ]
  466. リニア記事サラッと流し読みしたけど、深海のスカタンもう来ない宣言の
    一コメだけして消えたな。わからんけどな()。やれやれだぜ。1000コメ中
    どんだけ連投してんだちんかすめ。

    竜王は元はお前さんとはあまり相性の良くない仏教の用語やろな。八部衆の
    竜属に属する8強を八大竜王と呼んだりする。ゲーム?
    ドラクエ1・2しか思い浮かばんが、前も書いたが、ドラクエ1の
    りゅうおうを倒した主人公は牛角の兜やろ?
    ドラクエ4で竜ヒレの髪飾りをつけた主人公に倒されたデスピサロは
    牛角だ。ちなみに風の谷のナウシカに登場するトルメキアのエンブレムは
    双頭の蛇、敵対する土鬼(読みはドルク)諸王朝連合は土の鬼で
    騎兵は牛に乗ってる。オモロイやろ?集合無意識ってやつかもな。
    あいつら循環性の竜・蛇と、指向性の牛・鬼は神話のみならず
    サブカルでも戦ってる。よっぽど相性最悪なんやろなw。ではな
    [ 2016/06/02 14:57 ] [ 編集 ]
  467. 二日ぶり。昨日はpcがおかしくなってたんやわ。

    ドラクエ全然知らんw
    八大竜王て見てみたけど、日本にいない竜やろ?竜王お祀りも密教ばかりやな。みわさんとこは大蛇やんな?もう混乱してきてる。
    あと仏教が相性良くないとか心外ですわ。守屋派に何かした連中が嫌い。本物神職神道除外した平安が嫌い。仏教寄り龍神さん付いてる空海は好きやで。けどさ、住吉さんは思いっきり神道やと思うけどね。神道派と言うか日本神道代表の大物だった。けど絶対密教は好きな感じはするけどw古参側は何か神道や仏教関係なく似てる。好みが。
    [ 2016/06/04 22:38 ] [ 編集 ]
  468. 追加するわ。空海も住吉さんもたまたま竜王系やけど、鬼神好きでも天狗好きでも一緒な。とにかく質が似てる。

    うちらと言うか戦後の日本は、もう全部西洋基準やと思うんやで。ゲームやアニメも。白と黒、善と悪ばっかり。それを東西は同じと言っていいのか、合わせてるだけじゃないかとも思うんよ。例えばメソポタミア(最近は東欧で古いのが出てきてるけど)が最古の文明で、それを中心に世界の考古学は回ってる。神話もそう。だけど本当に地球上のみんなは一緒(統一価値感)なんだろうか?もし中国が最大の権力を持ってたら、世界の基準は変わってたかもしれん。捻じ曲げる事だって可能なんだから。現在中心となるもの以外に、他の偉大な文明やもっと古い世界も民族もあるかもしれん。今知られてるものが全てとは思えない。あまりにも西側中心的な感じもするから。
    [ 2016/06/05 00:09 ] [ 編集 ]
  469. >八大竜王て見てみたけど、日本にいない竜やろ?

    どうかな。会ったことないしw。前も書いたけど精神の層(の中の一部)は
    精神がそのまま世界になるから(夢のようなもの)誰かの世界の竜かもな。
    本体は八首竜かもしれんし。

    >みわさんとこは大蛇やんな?

    それは古代から間違いなさそう。何の予備知識無い奴が「なんか蛇っぽい」
    とか言う(らしい)レベルw

    >古参側は何か神道や仏教関係なく似てる

    俺の認識では神道仏教に限らず一神教も哲学も科学も知覚がベースの
    ホンモノは似るな。まな板の上に乗ってるものが同じやから似ないほうが
    おかしいな。

    顕教的な信仰ベースは政治イデオロギーや一神教同士はもちろんのこと、
    自然科学と哲学、神道と仏教ですら反目し合うな。なぜならば信仰だから。
    おのおのが具現化させた精神世界をベースに展開すればぶつかるのは必然だな

    >白と黒、善と悪ばっかり

    そうは言っても、だいぶ本来の日本に戻ってきたで。ハリウッドもそんな
    日本の影響を受けてか、分かり易い勧善懲悪が減った気がする。お互いに
    干渉し合う()から。
    [ 2016/06/05 01:16 ] [ 編集 ]
  470. 前に世界は階層になっていて、人間もセル画のように階層が重なって
    できてると書いたやろ?それぞれの層をザックリ大別して、

    物質←→精神←→魂

    こんな感じだと。隣同士は強く干渉し合い、おそらくお前さんと知覚的な
    チャンネルが合っていた『幽霊』は物質に最も近い精神の層がセル画の
    下限になってる存在だと。その層は物質の干渉をモロに受け、こっちと
    ソックリ。だから自分が死んだと気付かず精神がぐるぐるリピートしている
    幽霊もいれば、精神世界なので見てる側の思念がそのまま形になる層だと。
    リアルな夢、パラレルワールド、平行世界もおそらく、ここだ。

    でだな、眷属ももちろんこの層にいるわけだが、見る側の干渉を受け
    世界中にいるにも関わらず山伏の格好をして具現化したりしているわけだ。
    酷い場合は、見る側が勝手に生み出した眷属ということもありうるだろな。
    精神が具現化するからな。ホンモノの眷属は魂の層からの分けみたまなので
    物質に近付くほど、分けられた特性が具現化した基本形状に近付く。

    んでな、本題の八大竜王だが、八岐の九頭竜()と同義のような気が
    しないでもないんだなぁ。九尾やシユウのように「力」が何本にもなった
    眷属を、見る側が釈迦の逸話と重ね合わせて生み出された存在かなと。
    インドや唐土と同体のが、同時刻日本にも顕現したのか、或いは
    同属別個体かは知らんが。八大竜王に会ったことない()俺の憶測だが。
    [ 2016/06/05 15:16 ] [ 編集 ]
  471. >竜王お祀りも密教ばかりやな

    度々書いてるが、竜王は循環性と指向性が具現化した蛇神と牛神の
    ハイブリッドなので、色即是空や有無相生のリゾーム型世界観、すなわち
    仏教や道教と相性いいんだわ。竜王を表す蠍座も哲学探求者のサインだしな
    老子は竜に例えられ、釈迦もナーガ族では?と観想されるほど。
    古モンゴロイドと相性がいい。

    同じハイブリッドでも鬼神は牛神すなわち指向性が強いので、
    ルシファー(個人的にイエス)、阿修羅、シユウ、スサノオなど、とにかく
    純血牡牛本営とぶつかる。指向性のツリー型世界観同士だからな。
    発展のコーカソイドと相性がいい模様。
    [ 2016/06/05 16:13 ] [ 編集 ]
  472. 4連投
    もちろん竜王は蛇神の遺伝子(比喩)が強いのでエレメント的に水と
    相性がいい。海神で、海人のトーテムで古モンゴロイドの
    メイン氏眷属()だろな。住吉だ。

    牛神はエレメント的に土、すなわち城、鉄器、発展、機械文明、隕石、
    そしてまたエントランス()。牧畜や遊牧のコーカソイドや新モンゴロイドと
    相性いいんでないか?パワーがあるので、お前さんのいうように世界を
    席巻するが、ツリー型で単純なので哲学には向いてないw。蛇のような
    聡さがない。しかし聡さだけで国は守れないので、蛇に戦闘神牛神を
    取り入れたハイブリッドの竜王がいるわけだ。ガー!w
    [ 2016/06/05 17:22 ] [ 編集 ]
  473. 5連投
    よく、想像できることは実現できる!とか言うやろ?(逆に言えば
    想像できないことは存在しない。存在しない文化は伝搬しない。ガチで
    存在するから例えばヒュドラ←→八岐大蛇のように伝搬し、川などと
    習合する。思うに。)、この想像の実現というのはおそらく精神の層が
    絡んでる。精神世界で実現したことを現し世に逆干渉させるわけだ。
    逆算できない理想は、ただのお花畑となるw。創作家と未来のシンクロ率が
    高いのも、この時間の概念が希薄な精神の層を経由してるからだろな。
    おそらくな。俗に云う『幽界』の層だ。縮小しているらしが。計測してない
    ので知らんがw
    [ 2016/06/05 18:30 ] [ 編集 ]
  474. 誰かの世界の竜、つまりそれは眷属でも無いって事?あと大蛇はあくまで竜ではないって事?蛇は武力では弱いと言ってるけど、大蛇は強くあってほしいな。
    古参側は似てるって言ったの、確かにおたくから見りゃ世界的に似た人達は居るだろうね。自分は前にトトのwiki読んだ時驚いたよ。魔術と医療の師匠やって。一番好きやけど、別に詳しく知ってるわけじゃない。なのによう似たのばっか好んでるんやなって思ったな。
    >干渉し合う()から。
    今までで一番干渉について理解したよ。確かに、ほんまそうやね。なるほど。
    明日また書くよ。おやすみ
    [ 2016/06/06 03:10 ] [ 編集 ]
  475. ちょっとあえて言わしてもらう。
    丸付けるの忘れた。
    おたくが最後読点付けてないの今気づいたけど、本当見てないようで脳は見てるんやなw
    しっかり影響受けてるw
    [ 2016/06/06 03:25 ] [ 編集 ]
  476. >誰かの世界の竜、つまりそれは眷属でも無いって事?

    それは判らんな。ガチ眷属でも例えば眷属側の思惑や、見る側の思念次第で
    その容姿は仙人のような爺にもなれば、恵比っさんのようなおっさんにも、
    観音様にも、絵画の天照のような女神にも具現化される。知り合いの姿で
    現れるかもしらん。八大竜王も、眷属の八頭竜を誰かがそう見たのかも
    しらんし、そもそもはなから何もいないところに思念が具現化させたのかも
    しらん。会わなわからんw。会えば本体があるか或いは虚無か、なんとなく
    判るw

    >あと大蛇はあくまで竜ではないって事?

    これな、混同されるし、実際同一の場合もあるのだが、眷属学的には()、
    竜神と蛇神は明らかに別種だな。ハマチとブリより違う。むしろ竜神と
    鬼神のほうが近いな。西洋のどらごんは鬼神のようだからな。竜神を竜蛇と
    呼ぶなら、どらごんは竜牛。蛇には基本的に指向性が具現化した角も、
    おそらく大気を操る概念が具現化した羽も、火や土を繰る発展の概念が
    具現化した手足も無い。蛇体は基本的に色と癒を司る。

    >蛇は武力では弱いと言ってるけど、大蛇は強くあってほしいな

    強く物質に干渉できるという意味では、つまりパワー的には蛇はつおいぞw。
    しかも倭大物主クシミカタマノミコトは蛇にしては、かなり存在の規模も
    大きいようだ。文字通り、ヌシだなw。高周波数帯の存在のほうが
    (パワーではなく)フォース的にはつおい。ここらへんが難しいw。
    理系野郎なら、なるほどと思うかもだが、俺も理系ではないので上手い
    例えが浮かばんw。

    基本的に「ククク、蛇は我ら眷属の中でも最弱」なのだが()、大物主は
    何なんだろな?w。並の狐や天狗では、ひねり潰されるだろアレ。ただし、
    蛇でも無条件にフォースが牡牛や竜神や鬼神級なのもいるぞ。そう、
    弁才天だ(キリッ)。

    追伸:
    トトって、ええキャラしてるよなぁ。
    [ 2016/06/06 04:45 ] [ 編集 ]
  477. そういう意味では幽霊が最もパワーあるわけだ。物質の真隣だからな。
    だがしかし物理的に直接作用しないフォースの世界では高周波数帯域で
    存在の規模がデカいほうがつおいのだ。パワーだけではどうしても抗えない
    反則的なつおさだからな。生物界でも高みに陣取ったほうがパワーでは
    負けても喧嘩では勝つだろ?兵法でも基本的に高みに陣取った方が
    有利だな。攻めに勢いもあれば、下のことなどお見通しというわけだ。
    戦争も制空権をとらないと話にならないし、偵察衛星や衛星兵器があれば
    反則的につおい。ちょっと違うがそんな感じだな。
    [ 2016/06/06 05:33 ] [ 編集 ]
  478. 恥ずかしいわ、丸は句点やった。こういう間違え死ぬほど恥ずかしいなw

    天狗=山伏とかは、名前だけ知ってる人間が山伏見て「あ、あれは天狗だ」って広まっただけじゃないん?おたくは狐や狸についても昔の村人が見えてたみたいに言ってたけど、人は恐怖から仏教の地獄や妖怪の情報の部分で勝手に思い込む。今だって心霊写真とか全く人の顔に見えないのに目鼻口(の位置)さえ有れば「顔」と勝手に認識し怯えてる。殆どがそんなもんやわ。あと自分のは三つ子以内からだから、この世の情報なんか一切知らない時なんやよ。だけど大人達に説明するやん?どういう人か、拙い言葉で。そしたらその情報が伝染する。見えない人は、その情報のみで存在を作り出すんよ。これが殆ど。眷属についてもおたくと違う感じで、無理やり導こう探そうとして「見えた(かに思う)」だけの人もいるんじゃないかな。言ったらおたくが前に言ったよはねのやり方なら、見たいものが見れるわけだし。
    [ 2016/06/06 20:43 ] [ 編集 ]
  479. 見たいもの見れるんかは知らないで。適当だけど夢以上に創造性はあるようだし、頭の中の情報と合えば作り出す事が出来る様に思うね。あんなの読んでると。

    うーん、牡牛さんがコーカソイド的なん?古エジプトはコーカソイドではないよ。古代は褐色や黒人が強い。古エジプトは様々な人種民族分けが既にある。細かな色で民族が存在してる。古代イタリアもギリシャも褐色だよ。文明は彼らが元であって、北欧やゲルマンの人々はまた別だ。
    [ 2016/06/06 21:23 ] [ 編集 ]
  480. >おたくは狐や狸についても昔の村人が見えてたみたいに言ってたけど、

    ちゃうちゃうw。哺乳類の狐や狸と混同してたんやろなぁって。んで
    お前さんの言うように、そう思えばその思念が干渉して、実際そうなるのが
    精神の層。化けてるんじゃなくて実際そうなるのだな。まして元々
    物質世界にも自分の一部があった幽霊と違って、眷属は物質の層には
    自分の一部がない存在だからな。なんらかの姿を借りて顕現するわけだ。
    (本体は光体)

    ヨハネのやり方()をせずとも、思念がそのまま相手の姿に反映されるわけだ
    [ 2016/06/06 21:35 ] [ 編集 ]
  481. ラテンもアラブもペルシアもアーリアもコーカソイドやろ?
    [ 2016/06/06 21:37 ] [ 編集 ]
  482. やっぱりコーカソイドと定義するべきじゃないね。正直それぞれ色々違うのにコーカソイドはアバウトすぎるわ。ただおたくの言ってる事は分かるんやけどね。一神教は宮殿みたいなん建てるよな。でも日本でソレしたのは仏教側だよ。

    なんらかの姿を借りるって事は、動物に宿ったり、動物そのものに見せる事は出来ない訳なん?未だ気になるんやけどwちなみに他所でアルビノ鹿が記事になってたけど、あんなんじゃない。あんなヤギっぽくなかったよ。
    [ 2016/06/07 00:58 ] [ 編集 ]
  483. 東西の龍は違うんか。勘弁してほしいわ、蛇と牛に分かれないでほしいw
    ほんま蛇と牛の世界なんやなぁ。
    大物主さん強くて良かったw大阪もお守りくださいっと。
    [ 2016/06/07 01:33 ] [ 編集 ]
  484. >動物に宿ったり、動物そのものに見せる事は出来ない訳なん?

    できるやろな。俺は会ったことないが噂で聞いた。猫だったか犬だったか。
    つかな、“俺”が証拠だww

    >東西の龍は違うんか

    東の竜に該当するのは西ではどらごんではなく、
    レヴィアタンとかヨルムンガンドとか、あのへんやろな。おやすみw
    [ 2016/06/07 02:47 ] [ 編集 ]
  485. 71
    日本を倭と呼ぶレイスシストかよ

    糞チョン
    [ 2016/06/07 13:17 ] [ 編集 ]
  486. おたくは分かってるけど毎日存在するやろ?自分が見たのはみんな見てないし、狸に至っては聞き込みしたお年寄りの祖父母時代に伝わってたらしいから、かれこれ100年以上ぶりに顔出してる存在やで。そんなん出来るのは化け物やん。しかも初狸があれやから、本物見た時ちっちゃい(痩せてる)し、野生は毛並みが悪いなと思ったね。
    [ 2016/06/07 23:34 ] [ 編集 ]
  487. それはそうと、おたくは眷属と人の歴史分けてる?例えば大物主さんが眷属だったら、それは神さんやん?饒速日命は大王として人神さんだけど、習合で様々なオプションが付いてる。これは一家のトーテムもあるんかもしれんけど。でも一家や連合が全て同じトーテムとも思えない。そういうのは見てたりする?
    ちょっと前に自称秦氏の書き込み見つけてんけど、物部氏は本来古事記の外側にいた存在やと言ってた。葛城さんと同じ感じで古い人達だと。で、スサノオを祀ってて、後にニギハヤヒ(ニニギも?)を作った(名変えした?)のは物部系長髄彦側(子孫?)だと。この辺うろ覚え。普段流し読み程度なんやけど、スサノオ祀ってたのは知ってる。だから気になってね。秦氏がアマテル祀ってたのも知ってる。同じ苗字を京都では秦氏、もひとつ古い大阪じゃ物部氏が名乗ってる。おたくが言ってた牛の話も一致するんだよ。けど海も非常に関係するからね。この辺がしっくりこない。
    [ 2016/06/07 23:45 ] [ 編集 ]
  488. あんま濃すぎる話は消した方がいいのかな。多分濃いよな。
    [ 2016/06/08 00:01 ] [ 編集 ]
  489. >眷属と人の歴史分けてる?

    ケースバイケースだなぁ…。

    >そういうのは見てたりする?

    意識しては見てないな。おや?っと思ったら調べる程度。

    神社やカルト教団、神話なんかは、まず眷属見るけどな、人類史や戦史には
    あまり絡んでほしくないw。軍のエンブレム程度でいいな。

    >濃すぎる話は消した方がいいのかな

    お前さんだけ消したら、俺独り言喋ってるアホの子になるやろがw
    ガラケーからはイジれへんわ。ではおやすみノシ
    [ 2016/06/08 03:02 ] [ 編集 ]
  490. >軍のエンブレム程度でいいな。
    本当に表面だけで判断してもいいんかな、日本は特に。平安京に移る直前、日本はまたしても皇族の恨みを抑える為に、平安京には兎に角あらゆる物を置いて対策取ろうとするんだよ。その一つが牛頭天王だろ。だから牛頭を崇拝してて置いたわけではない。現に八坂(祇園社)は外側にある。祇園社の話ってみわさんの話と似てるんよな。元々天照を置いてた地だと言う。これは明治の「天照は古くからいましたよー」っていう後付けかもしれんし、饒速日かもしれんし分からん。
    [ 2016/06/08 17:11 ] [ 編集 ]
  491. あかん、八坂さん地の天照の話は今検索しても出てこんな。おまけに新羅から来たスサノオとか書いてるね。京都のは新羅の牛頭天王やのに。奈良後期から平安遷都辺りは、日本呼ばず新羅人術師に頼ってるのに、昔からあるとか嘘ばっか。
    [ 2016/06/08 17:52 ] [ 編集 ]
  492. 韓鍛冶やろ?ジブリでシシガミの首を狙ってたw

    牛頭天王と習合したのはいつだっけかな。スサノオはポジション的に
    三柱において、エレメントで【水+土】担当、
    三界において【海原(葦原中国)】担当、
    特性の三位一体において【武】担当、しかも牡牛神に叛逆ということで、
    観想的および異能業界()的には鬼神属につき、牛頭で間違いではないが…。
    [ 2016/06/08 21:33 ] [ 編集 ]
  493. ん?ジブリのじじいそうなん?唐傘連やろ?あの人達はタタラに関わるから唐傘なんやろうけど、独自で行動してるし忍者の前身やと思う。仙人みたいな身体能力、不老不死を追うと言やね。うん、似すぎていてどっちか分からん。

    牛頭天王は京都出来た頃やん。
    おたくてきにはスサノオとアラハバキは同じ神に見える?
    [ 2016/06/09 00:20 ] [ 編集 ]
  494. アラハバキ検索したら、最近は土偶になってるんやな。土偶は世界中で地母神じゃなかったっけ。メガテンでは長髄彦が信仰してたと書いてる。朝敵になってしまったから、長らく封印されていたとか。しかし…。みんながそのまま鵜呑みにしたら、物部氏が可哀想だ。
    [ 2016/06/09 00:36 ] [ 編集 ]
  495. >スサノオとアラハバキは同じ神に見える?

    なんか受信するときは()、確信レベルで受信するけどな、まだその
    シンクロは、ないなぁ。こういう直観は不意に来る。考えると全然違うもん
    習合してしまうw

    >アラハバキ、土偶、地母神、長髄彦

    まぁ普通に考えて鬼神か蛇神やと思うけどな、知らぬ。ところで今日の
    記事の鳥居の写真、幻想的やのぉ。武術や軍旗や、機体エンブレムもいいが
    やっぱり眷属は神社が似合うぜ。FFⅣ風に言えば幻界の住人だからなw
    もやすみ
    [ 2016/06/09 05:44 ] [ 編集 ]
  496. FFの初期辺りは全然知らんけどリメイクされてるんやな。FF4検索して竜王さん出てきてわろたwおたくやっぱり竜王さん大好きなんやなぁ。
    スサノオとアラハバキは受信したら教えて欲しいわ。前も言ったけど、大阪でアラバキは残ってる。物部氏なんだわ。
    また神社系の記事あったら書き込むよ。北欧神話も面白そうなので買って読んでみるわ。かなり長編やってな。
    [ 2016/06/10 01:56 ] [ 編集 ]
  497. >FF4検索して竜王さん出てきてわろたwおたくやっぱり竜王さん大好きなんやなぁ

    リヴァイアサン(レヴィアタン)かw。旧約だが元ネタはメソポタミアだな。
    好きというかなぁ…毎回違う御仁に、「ほぉ、これは長いなw」
    だの、「自分で気付いてますか?○○さん竜ですよ竜」だのetcetc…
    言われると、他人とは思えんというかw。おやすみ
    [ 2016/06/10 03:10 ] [ 編集 ]
  498. その竜は子供ん時から無意識に好きやった?
    自分はトーテムとか意味も知らんかったしどうでもいいけど、けど気味悪くなる位偏ってるんやわ、思い出すと。狼が一番好きやったしカラスやろ。まさかの秦側ではないのかとも思い始めてる。

    茨城の記事にコメ書いたけど、土の匂いって正しいんかな。別に土そのものも匂いの事じゃないねんけど、ずっと土って思っててんな。火水風土の土の感じでゴーレムとか玄武とか岩っぽいイメージやねんけど、土って牛やんなぁ。つか玄武って水なんか。意味分からんくなるな。
    [ 2016/06/10 20:03 ] [ 編集 ]
  499. 土について前も書いたっけ?
    その竜は〜っての、子供ん時から蛇とか竜とか好きやった?って事な。
    まぁ関係ないと思いたいねん。自分が言ってるのは動物だしね。
    あんま秦氏の事は知らないんよ。嫌いとかもないけど、全然憧れとかないな。
    だけど、うちの家は鳥にも関係する。こんなんおたくと話してて気づいたんやわw
    他にも思い出した事がある。
    園児の頃、公園でおかしな人に会うんだわ。それで少し怪我をするねんな。帰ってから「狐か!」と思ったん覚えてる。まだほんの小さい子供がやで。眷属はおたくに教えてもらったんやわ。なのに不思議やわ。
    [ 2016/06/10 23:35 ] [ 編集 ]
  500. なんか知らんが、

    ①狐(または狼)
    ②竜(または蛇)
    ③フクロウ

    はトリオ的に引っかかってたな。神社にスカウト()されて、
    竜神・稲荷・天狗が“三大”扱いされているのを知って「これか!」と思た

    玄武はポジション的にも蛇女神な気がして仕方ないんだがなぁ…。

    ①蛇女神
    ②竜王
    ③稲荷(唐土十字の白虎、西洋十字の獅子)
    ④天狗(唐土十字の鳳凰、西洋十字の天使)
    で東洋版眷属十字だ(キリッ)。西洋版眷属十字は、往々にして蛇女神の代わりに
    牡牛神系が入るな。

    つまり思うに四神はエレメント的に、朱雀=風、白虎=火やろな。
    五行で表すと、おかしくなるw

    以前も書いたが、玄武は蛇=羽衣、亀=琵琶、に見えないこともないw
    (弁才天=蛇女神)

    土が寺ってなんぞ??、カタギ相手に、いきなり【土】とか言っても
    変人扱いされるだけだぞ?w
    [ 2016/06/11 04:54 ] [ 編集 ]
  501. 自己レス補足

    >つまり思うに四神はエレメント的に、朱雀=風、白虎=火やろな

    以前、稲荷系は天界で炎(シリウスや天照など)、
    天狗系は風の冥界(ハルピュイア、手塚火の鳥などw)だと書いたろ?

    なんだ【金】て。鉱石は【土】属性やろ。五行はホンマ、イミフ。
    [ 2016/06/11 05:12 ] [ 編集 ]
  502. そもそも玄武なんつー眷属はおらんわけだ。知る限りな。だから亀が何か
    という話になる。ポジション的には三柱とで四天王になる鬼神か、土の
    牡牛か、水の蛇女神か(その場合、青竜が土になるな。あ、それで仏教か)
    あるいは牛(亀?)+蛇(女神。マザーのほう)のサインか。蛇神は考えにくいが
    あるかもしらん。とにかく、本体が亀型の眷属は知らん。日本の
    某キュウリ泥棒と同じで俺とは周波数が合わんだけかもしれんが。
    [ 2016/06/11 06:10 ] [ 編集 ]
  503. だから好きとかじゃないとw

    だがしかし波長が合うのは間違いなさそうだ。眷属は波長の合わん奴には
    寄って来ん。だから神社で他力本願にお願い事ばかりしてたら他力本願な
    眷属が寄ってきて、血みどろの責任の擦り付け合いになるしw、
    稲荷はお調子者の策士に寄って行くし、天狗は自分大好きな天才肌に
    寄って行くし、竜神は脳筋の変態哲学者に寄って行く。傾向がある。
    [ 2016/06/11 06:39 ] [ 編集 ]
  504. 土はおたくらが使ってる意味じゃない、ずっとそう思ってただけ。亀って陸とかそんなイメージやわ。
    金てなんやろう。てか中国おかしいやろ、龍と黄色ってどっちか言や西側と似てるな。あと日本もおかしい。奈良時代は龍が一番流行ってるようやけど、初めに来てるのはそれじゃないやろ?けど維新で龍側が攻撃されてるって事は、仏教の代表格なんだわ。日本の蛇は江戸も明治も大事にされてる。それ以前は大変な時期もあるからこそ、江戸明治は同カラーな所もある。だけど何故住吉さんにまで…

    狼はほんまに狐やろうか?これ凄い気になるね。チンギス源氏伝説って時期と紋だけでなく、これこそトーテム絡んでるんじゃない?蒼き狼って中国じゃ天狗ちゃう?向こうの蒼きは灰色(銀色)狼の事な。義経は天狗関係するよね。日本に天狗の言葉が入った時は鳳凰(鳥型)もそうかもしれんが、犬型(狼)もやはり絡んでる様に思うんよ。
    [ 2016/06/12 02:57 ] [ 編集 ]
  505. あとおたくに教えてもらった知識は全部覚えてるよ。むしろ他所のブログやらの知識は入ってない。密教的な知識も東西とも知らん。ただ亀とかは(玄武とかじゃなく)わかってる。
    亀は海原も陸も関係するし日本じゃ特別でしょ。おたくの言うハイブリッドが合ってるんでは。ただし亀占いの人らは別。渡来も仏教関係で亀は好きやな、初期の頃は。
    あと思い出したけど伊勢の海系博物館みたいなとこ、陸亀一杯おるな。あれも関係すると思うで。要は、本来亀側やわな伊勢自体も。猿田彦がそうやろうに。勿論大和でもある。旧大和。
    [ 2016/06/12 03:23 ] [ 編集 ]
  506. そろそろレスあると思ったよw
    >金てなんやろう。てか中国おかしいやろ

    【木】とかな。なんだ木って。前も書いたが草木のむらたま(群霊)は
    妖精さん(笑)の管轄であるぞ…。

    >初めに来てるのはそれじゃないやろ?

    詳しくは知らん。縄文期に大陸南方から直か半島経由かでO2(出雲神族)が
    来てると推測するが、これのトーテムに竜王属、鬼神属、
    あと饕餮(乾闥婆属。仮称w)がある。ほぼ間違いない筈。

    >けど維新で龍側が攻撃されてるって事は、仏教の代表格なんだわ

    竜王の敵が竜王じゃないとは限らんぜ?日蓮系カルトや教派神道や
    某枢軸国側の背後にもハグレ竜王がおそらくおる。というか、おるw

    >狼はほんまに狐やろうか?

    俺の中ではほぼ間違いない。違っても性格の違い程度。
    あのスパーク系()の眷属を知覚して狐ととるか、狼ととるか、山犬ととるか
    ジャッカルととるか、あるいは白虎ととるか、獅子ととるか
    、はたまた
    ジャガーととるかは地域差としか言いようがないな。見る側の思念だ。

    >蒼き狼って中国じゃ天狗ちゃう?
    >犬型(狼)もやはり絡んでる様に思うんよ

    前も書いたが山海経では天狗は読んで字の如く、天翔るイヌ科だな。
    転じて流星。平安期かいつ頃か、おそらく天狗は物の怪の総称のように
    使われていた筈。ちなみに中華の蒼天は灰色がかった空の意だからな、
    蒼は、いわゆるネイビーブルーだな。もやすみ
    [ 2016/06/12 03:48 ] [ 編集 ]
  507. やはり亀は眷属本体の姿形というより、象徴的なサインやろな。
    サソリのようなもの。

    千年数え歌だな。籠目紋と亀甲紋が統べった~♪後ろの素麺、だ~れ♪
    素麺は三輪だ(キリッ!)。

    出雲国造斎神は天神系、元伊勢が地祇系。実は逆だな。おそらくな。
    [ 2016/06/12 10:24 ] [ 編集 ]
  508. ちなみに特定の眷属が好きってのはないなぁ。なんだろな…、
    武術(および人体力学)や、前近代戦史や、軍事(および宇宙世紀ガンダムw)を
    嬉々として語っているときに似た、厨二臭さがある眷属の話を
    しているときは。哲学や宇宙の話をしている時とは微妙にテンションが違う

    ちなみに知覚した順番でいえば…、
    (※神話モデルは省略。もう何を指してるかは判るやろ?)

    ①竜神霊属、稲荷霊属、天狗霊属
    ②蛇神霊属、蛇女神霊属
    ③牡牛霊属
    ④鬼神霊属
    ⑤乾闥婆霊属(仮称)
    かなぁ。

    知覚はしてないが確信レベルで観想している麒麟霊属、あと眷属に限定は
    しないがキメラ、明らかに眷属とは質が異なる、巨人霊、妖精さん、タヌキ
    こんな感じ。霊(たま)は流動的なので、性質が変われば
    クラスチェンジ()して種属が変わるようだが、よー知らん。

    というわけで、亀は(まだ)知らんな。
    [ 2016/06/12 11:14 ] [ 編集 ]
  509. なんでや、初めに来た仏教(仏像)の事やで。出雲の事じゃない。
    竜王に敵対する竜王がいたら、ちょっと幻滅やな。竜王の気質は結構良いんじゃないの?怖くても、住吉さんとかなら全然良いのにな。守りの神なら異常に頼もしい。

    ネイビーは濃い青、紺色やよ。ブルーとは違う。蒼き狼は灰色やってば。
    南方さんは狐じゃなく狼がぁと言ってるな。狼は天狗であってほしいわほんまに。嫌じゃ嫌じゃw狐と狼では気質が違いすぎる。
    [ 2016/06/12 16:20 ] [ 編集 ]
  510. 木って木州と同じやろ?和泉の半分辺りからは木だわ。
    三輪素麺美味しいよなw素麺で一番好きやわー。
    うん、自分もトリの事を別記事で書いたんやけど、鳥役ではないの?
    [ 2016/06/12 17:02 ] [ 編集 ]
  511. 嗚呼、飛鳥か。あの頃は仏教もザックリ“仏教!”ってだけじゃね?
    知らんけど。初期は明王(天部より格上、観音より格下)もおらんしな。

    竜王の気質か。まぁ往々にして派手好きだわな…。巨大寺院群や奈良の
    某教派神道大教会を見ても解る通りw

    ハイイロ狼だな。そうだそうだネイビーブルーじゃねーわw。軍艦色と
    混同した。蒼はスカイグレーってやつだな。いわゆる青灰色。

    俺に言わせれば哺乳類の狐や狼はともかく、そう例えられる眷属は同じ
    稲荷霊系だな。エレメントは【火】、小役人として受け持つ三界は【天】、
    特性の三位一体における担当は【知】だな。
    [ 2016/06/12 17:17 ] [ 編集 ]
  512. 木火土金水(五行)の木な。なんで木なんだ?何の比喩だ?五行を洗い直せば
    見えてくるかもしれんが、今は面倒くさい!(キッパリ)。
    我流五行では、火風水土およびハイブリの雷が眷属を象徴してる。
    木…、妖精さんの管轄やろw

    鳥役?、今や天狗は鳥神の総称だな。
    [ 2016/06/12 17:33 ] [ 編集 ]
  513. 木って日本で言や天狗のイメージwけど木星は天空神やん?結構日本は理に適ってる様に思うね。おたくの言う天狗=天使なら、天使は神に仕えてる。天狗は屋号であって、彼らの神は別にいる。天狗じゃないんだわ。

    いや、違うよ。トリ役だよ、大トリ役な。鳥じゃない。
    [ 2016/06/12 17:55 ] [ 編集 ]
  514. なるほど。面白い。天狗がメインで小役人(比喩)やってるのは三界で
    【冥】だからな。ボスは月を読む神さんかな?知らんけど。
    [ 2016/06/12 18:03 ] [ 編集 ]
  515. 話ずれたけど、木は普通に風っぽいやん。素人目で見るとそう思うけどね。
    [ 2016/06/12 18:06 ] [ 編集 ]
  516. 違う、天使が使えるのは神やん?冥だから冥に使えるわけじゃない。日本的に言って雷神だと思うけど。もしくは鬼神。と思うんやで。
    [ 2016/06/12 18:14 ] [ 編集 ]
  517. なんか最新ホラーでリングの貞子と呪怨のカヤ子が戦うらしいぞw
    HAHAHA、バトル好きとしては面白そうだが、怨念と怨念は合体するだけだ()

    それより、竜王vs鬼神やってほしいのぉw、夢の対決。
    西で言えば最強生物レヴィアタンvs皇帝ルシファー、南で言えば
    竜王vs阿修羅王という構図になる。まぁ東で竜王にまずは勝ち星だがな、
    応竜vs蚩尤だ。とりあえず黒幕は牡牛(ヤハウェ、帝釈天、黄帝)で。ではw
    [ 2016/06/12 18:15 ] [ 編集 ]
  518. もちろんトップのトップは十全なので天・冥・海(地)全てに充満
    してるけどな、観想上でもロジック上でも。
    [ 2016/06/12 18:18 ] [ 編集 ]
  519. けんだっぱ属(仮称)は明らかに鬼神属の参謀な感じするけどな、天狗は
    ピンというか、独立系のイメージがあるな。うちらの中でも特に単独行動を
    好むのは天狗だ。知力・武力・魔力()の三位一体の一柱のくせに。ではw
    [ 2016/06/12 18:25 ] [ 編集 ]
  520. 厨二全開ですまんw
    [ 2016/06/12 18:26 ] [ 編集 ]
  521. つまり…、けんだっぱ属は鬼神の参謀、対して天狗属は牡牛属の役人だと?
    う~む、周波数帯というか格としては牡牛のほうが上だろうから、天狗の
    役人率が高いだけかもな。質的には天狗より、けんだっぱ属(魔王尊)の
    ほうが指向性寄りだしなぁ…。
    [ 2016/06/12 18:42 ] [ 編集 ]
  522. けんだっぱ属(仮称)は、おそろしく日本に馴染みがないのだ。個体数が
    少ない上、山羊や羊など象徴できる動物もいない。天狗は物の怪の総称の
    時期があったと書いたが、魔王尊も天狗の総帥のように云われてるな。
    思うに違う。けんだっぱ属も天狗もエレメントが【風】で魔を司るので、
    非常に混同しやすい。多分w
    [ 2016/06/12 18:51 ] [ 編集 ]
  523. なるほど、木=風、金=雷か。ありうる、ありうるぞ。中華め、
    ややこしいことしやがって。地球上で雷は前も書いたように水から土に走る
    ハイブリッドだ。だから五行説では中央はハイブリの…と思いきや中央は
    土なんだな。ということは中華の場合、金が土に相当するのか?と思いきや
    金は西方白虎なんだわ。中華の攪乱野郎が。
    [ 2016/06/12 19:24 ] [ 編集 ]
  524. 夫妻も大体、牡牛神と蛇女神だが、中華は露骨に蛇(伏儀)×蛇(女か)だしな
    ホンマ、攪乱野郎やで。
    [ 2016/06/12 19:27 ] [ 編集 ]
  525. なんやなんや、金は知らんやんw
    金は方位西で色は白か銀色になってるやん。白竜は何になるん?白竜は白虎と置き換え可能らしいで。白竜さんの方がいいね。
    [ 2016/06/12 20:19 ] [ 編集 ]
  526. 上で書いたやつ、使えるじゃなく仕えるな。全部使えるってなってるw
    あと、うちmacやねんけど、OSのシンボルが少し前までネコ科だったんだわ。最後がライオンだったけどその前が白虎だった。名前にスノー付いてたわ。東洋と西洋ではイメージ違うのかな。
    ネコ科が終わって、今は多分山ってか山みたいな岩山が続々シンボルになってる。結構好き。
    [ 2016/06/12 20:42 ] [ 編集 ]
  527. あとさ、物の見方が全然違う気がする。眷属は人に付くんやろ?おたくの様な人もいれば、考え方の違う人にもつくんやから、眷属自体は個々なんやと思う。
    だけど日本でも世界でも、動いてるのは人間なんやわ。その人達を見て言ってるんよ。
    天狗自体が一つの神に仕えてるとは言ってない。日本の例の話をしただけだよ。
    あと今気づいたけど、南朝天皇の避難(お守り)先、全部龍神系やな。
    [ 2016/06/12 21:42 ] [ 編集 ]
  528. 五竜をあててるパターンもあるな。俺に言わせれば、
    いくら色違い(性質で波動の色調が変わる。オーラ)でも、いくらつおくても、
    竜王ばっか揃えてもしゃーないけどな。例えだが戦闘機ばっかあっても
    戦えない。哨戒機や電子戦機などもいて、初めてまともに戦えるわけだ。

    イメージが違うのもあるやろけど、人間は未知のものをなるべく身近な
    ものに当てはめて解釈する傾向があるからな。

    そう、個々で違うぞ。人間と同じ。基本的な性格傾向や特質があるだけだな。
    日本人と蛇は生卵が好きとか、そゆこと(?)。
    [ 2016/06/12 22:47 ] [ 編集 ]
  529. また荒れそうな記事が上がったなw
    [ 2016/06/12 23:07 ] [ 編集 ]
  530. 天狗はストイックだから修験者や職人に憑きやすいな。あと
    ナルシストなのでウソかホントか義経や謙信や信長などw

    牡牛や鬼神は何だろな?発展を促す眷属や戦闘神だけあって
    術者に憑くイメージはないな。しいていえばイエスw

    竜神は哲学者なので密教僧、稲荷は知恵者なので陰陽師、蛇や蛇女神は
    癒やしの変態なので巫女のイメージ。ケンダッパは魔術の魔女だな。
    麒麟は…、牡牛の事務官のイメージかな。
    [ 2016/06/13 00:46 ] [ 編集 ]
  531. もちろん傾向な。「ライオンはシマウマを喰う」みたいなもの。シマウマを
    育てるライオンもいる。

    >あと今気づいたけど、南朝天皇の避難(お守り)先、全部龍神系やな

    ん?、まぁ奈良はニョロロ系の都だからなぁ…。大神に室生に天河に
    あとなんだ、まぁ色々。ちょっと敏感な奴が奈良へ来れば分かると思うが
    奈良はニョロロな気が充満してるぞ。夏は竜の巣()も出る。出る雲だ。
    まぁ腐っても都だっただけあって、ニョロロ系以外にも各種おるけどね、
    まぁ奈良宗家的なトーテムを一つ決めるならニョロロ系だろなぁ。
    海も無いくせになww
    [ 2016/06/13 02:52 ] [ 編集 ]
  532. アイアム、レヴィアたん
    ところで最新記事おそろしいなw。絶対参加したくねーw。同祖説は極論に
    過ぎるが、まぁ入っては来とるやろね。俺が神道にスカウト()されて、
    クソババ…もとへ、お師匠に初めて言われたのが、「旧約聖書を読めば
    思い出すはず」だ。『おいおい、この期に及んで同祖とか言うなよ?
    つか思い出すって何よ』と思ったもんだ。まぁ思い出したがw。
    思い出した内容を俺から先に周りに言って、周りがその話に合わせたら、
    これはカルトの常套手段なので()、黙して周りの反応を見続けたが、周りの
    俺への対応は、思い出した内容に沿うものだった。どうやら俺と
    あと3匹()のペルソナは、その昔、西方で暴れまわっていた竜王と獣王と
    夜の魔女と鬼神野郎らしい。厨二全開だが神事自体、厨二全開なのでこれは
    仕方ないw。神話自体も創作も色濃いが、どうやらそうみたいだ。だから
    俺のような小市民の命をわざわざ狙いに来るヒマなカルトもいる模様w
    [ 2016/06/13 03:22 ] [ 編集 ]
  533. というわけで憧れとか好きとかではないわけだ。もう腐れ縁だな。

    好きなのは全然関係ないが南朝より西軍だな。
    石田三成、大谷吉継、島左近、真田幸村、前田慶次…
    なんかホンマ好きやわ西軍。真田丸オモロイ。ではw
    [ 2016/06/13 07:45 ] [ 編集 ]
  534. まぁ一応飛鳥記事ということでいえば()、地元史は有名人イパーイいるが、
    都だった頃より、筒井順慶(三輪氏説あり)や島左近(平群氏説あり)の
    ほうが好きだったりする。左近が仕えたのは順慶と三成やろ?やっぱ
    主見る目あるわぁw。当主である以上、戦である以上、勝たな、生き残らな
    意味ないけどな。なんか最近の犬あっちけー大河は対徳川勢力多いような。
    直江兼続に黒田如水に真田幸村…。昔だとゆかりの人で興味あるのは
    卑弥呼とか役小角とか道鏡とか安倍晴明とか術者ばっかw。ではノシ
    [ 2016/06/13 08:24 ] [ 編集 ]
  535. 順慶の何が好きかって、まず2歳で家督を継いだという芸歴の長さw
    大神神社神職説があり、古密教法相宗興福寺の僧兵出という、チートで
    まさに後ろの素麺な無茶苦茶なバックボーンも興味をそそる。

    あの松永久秀をライバルにして放浪しても勢力を挽回したツワモノw。
    久秀と信長が違えるとちゃっかり信長の娘の義父になり一門入り。
    坊主にしてはかなり気にいられていたようで()、各地を転戦。また光秀も
    認める教養人らしく善政を敷いたことで大和での人気も根強い。にも
    関わらず「洞ヶ峠を決め込む」と「元の木阿弥」という、2つも
    マイナスイメージな慣用句の元ネタになってるのは順慶ぐらいw

    また配下に課長島左近がいる。左近は順慶亡きあと仕官の誘いを断り
    続けたが、三成に知行の半分という破格の待遇で召し抱えられたらしく、
    三成には勿体無いと云われた闘将。関ヶ原での奮戦は戦後も東軍の兵の
    脳裏にこびり付き、兵は悪夢にうなされたというw

    こんな濃いコンビは古代地元では知らんのよなw
    [ 2016/06/13 09:35 ] [ 編集 ]
  536. もちろん信憑性のほどは知らんぞw
    [ 2016/06/13 10:00 ] [ 編集 ]
  537. ただの墳墓やろがw
    [ 2016/06/13 19:16 ] [ 編集 ]
  538. 南朝は吉野と住吉さんと他の楠木さんやら武将やろ。非常に良いメンバー。
    三輪氏が興福寺の僧兵出?本家神社側は信長によって神木を大規模伐採されてるけどな。信長は大嫌いやね。大河は見ない。真田さんは知ってる、大阪に抜け穴とかあるで。

    にちゆの記事ね。もりやの丘とか知らんかったわ。
    なんと言うか。好きな一家がどんどん言われ出してきてるからね。あの飛鳥とか言うののせいで。別に嫌いじゃない。けど混ぜたって美味しくないよ。
    おたくもなぁ。それは魂の事なん?眷属はまた違う?旧約とか一気にあれやでwあんま新約しか知らんけどさぁ。天使は人間と違うんやろ、なのに同祖?
    [ 2016/06/13 22:18 ] [ 編集 ]
  539. >三輪氏が興福寺の僧兵出?

    いや筒井氏がな。しかしわからんでもない。古神道と古密教は密接だからな

    >それは魂の事なん?

    んだな。肉体は正真正銘の人間だw

    >旧約とか一気にあれやでw

    一気にあれやw

    >天使は人間と違うんやろ、なのに同祖?
    もわんと分裂するらしいし同祖もあんでね?つか、ある意味みんな同祖だw

    もやすみ
    [ 2016/06/14 03:06 ] [ 編集 ]
  540. みんな魂(たま)の話やからな?肉体が鬼神やったらアカンやろぉ。
    職質されるわw。ではなノシ
    [ 2016/06/14 03:26 ] [ 編集 ]
  541. 空間的にも分裂するし、時間的にも分裂するわけだ。時間軸そのものも
    分裂する。分裂する瞬間は知らんが()、観想上そうなってるはず。だから
    “祖”というのは少し違うな。同じものが、時間の概念がある層において、
    違う時代に存在していると言ったほうが正確か。ここらへんは
    深海のスカタンが言ってたことは、俺の見立てでは正しい。

    信長は嫌いか。個人的には、もうあのクラスのおっさんは好き嫌いでは
    見れんな…。日本が群雄割拠のままだと半島のようにイスパニアに喰われて
    いたかもしらん。必要なときに必要な変人が登場したという認識かな。

    >けど混ぜたって美味しくないよ

    もう混ざっとるw。いや、言いたいことは解す。取り入れたりして
    習合したならともかく、『痕跡があるから同祖』は、ねーわな。どこぞの
    起源論を彷彿とさせる()。極論に過ぎる。神道史および神社の系列に
    疎いとみえるな。
    [ 2016/06/14 13:43 ] [ 編集 ]
  542. 思うにな、古神道サイドは古密教サイドに流れてるな。いきなりカタギが
    密教始めました!で術士になれるとは思えん()し、南都六宗がみんな
    渡来人ってわけでもないやろ?実際、役氏も安倍氏も元は古神道サイドやろ?

    人間の自我の基準は精神の層なんだわ。前も書いたが、この精神の層は
    下位の物質の層からも上位の魂(たま)の層からも干渉を受ける。
    肉体(物質)が男だと基本的に()男っぽい精神になったり、体調を崩すと
    精神が萎えたり、また、魂(たま)の記憶で先天的に趣味趣向が決まったり。

    んでな、魂(たま)というのは前も書いたように物質ではないので形が無い。
    概念の存在。本体が蛇体だの牛人間だのの形をとるのは、こっちに
    現れるとき、何らかの形が必要になるので、概念がその特性を表した形に
    なってるだけに過ぎんと前も書いたな。

    だからな、人間の魂(たま)が、みんな人間とは限らんわけだ。人間が
    みんな人間っぽい()のは、物質の干渉を受けているから。人間として
    生まれ育てば、普通は自分の本体が人間だと思い込むし、肉体が人間なので
    人間としての制約下で生きることになる。俺の見立てでは本体が人間では
    なさそうな奴は歴史上にも何人かいる。まぁこの手の話は、もう
    やめておこうかw。ただ一つだけ言えるのは、そいつらも含めて
    『人間』なわけだ。神でも何でもない。
    [ 2016/06/14 14:22 ] [ 編集 ]
  543. しかしあれだな、ドラマなんかで信長や秀吉はたまに尾張弁で話す、
    公家は京言葉で話すし、会合衆は船場言葉っぽいので話してるが、
    他もある程度、たまに出してほしいのぉ。標準語は明治期の軍隊が
    元ネタやろ?石田治部や大谷刑部は近江弁のはず。考えてみりゃ関ヶ原って
    近江閥と三河閥ともとれるな。茶々も近江だしな。藤堂(近江)なんかは
    東軍だが。しかし島左近(大和)が石田三にゃんや大谷にゃん部とともに
    滋賀のゆるキャラになってるのは解せぬw
    [ 2016/06/14 15:12 ] [ 編集 ]
  544. だから人間にセットで付いてくる魂の話してんのか、眷属の話か、どっち?と言ったんやわ。
    例えばちょび髭は眷属が後から付く感じやろ?某第一弟子の漁師もそう。イエースは油ハム伊作と続く家系に見えて全然関係ない母側から生まれるが、この人は生まれる前から預言者が来るし眷属的。つまり容器に一つで魂だけ。けど空白期間があるから分からんけど。おたくは自身について、二つ入ってる様に話してる。そして眷属側の過去を思い出したんやろ?
    言ったら自分自身が操縦士で眷属は副操縦士なのか、それとも操縦席は一つでフュージョン
    なのか、もくしくは中の人などいない(混乱)
    生まれながらの話は理解したけど。

    あと自分は、中二気質は持っていない。アニオタでもない。週末論も信じていない。
    信じない。だけどあえて言うけど…
    おたくの話に出てくるのはネームバリューが高いから、色んな人が検索で引っかけて見つけてくるかもしれん。ここには誰もいないんじゃなく、誰でも見れるんやよ。大丈夫?
    [ 2016/06/14 23:28 ] [ 編集 ]
  545. おたくの話は物凄く分かりやすいし面白いんやけどね。信長については全然合わんけどw自分は家康派やし、やっぱり「古神社」第一やもんな。石上さんに付くに決まってるやん。大阪でも同じ事が起きてるんだよ。言ったやん?住吉さんがキレてる時があったって。

    あと当時よく分社してるけど、眷属さんはどうなるんかな。二年ほど前、某神社で分社も沢山廻ってお賽銭してる時、お稲荷さんだけ通り過ぎようとしたら社をトントンと叩く音がしてやぁ。すみませんと言って参ってきたけど、あれはおたくの知ってるとこの分社ですぞ。
    [ 2016/06/15 00:46 ] [ 編集 ]
  546. 追加するけどおたくの話は信じてる。けど大きい話は信じない、信じたくないって事な。
    同祖の話もあれやわ。向こうで大阪はタコ食べるって書いた。縄文は鯨に貝食べるし、加えて海系弥生もタコやフグも食べる。あ、あくまの方と違いますか。バアル信仰が意外にも海の民らしいね。航海も守らなあかんし魚介好きなんて、バアルさんなかなか良いではないか。
    [ 2016/06/15 01:22 ] [ 編集 ]
  547. >おたくは自身について、二つ入ってる様に話してる。そして眷属側の過去を思い出したんやろ?

    それなぁ…。どうも元々ひとつみたいやなぁ…。身バレするので避けるが
    状況証拠が3つある。

    >誰でも見れるんやよ。大丈夫?

    俺みたいなこと書いてる御仁は、けっこうおるみたいやしな、よくある
    与太話やと思われるだけやろw

    >住吉さんがキレてる時があったって。

    確か燃やしたんよな。知ってる知ってる。

    >あと当時よく分社してるけど、眷属さんはどうなるんかな

    違う空間座標に同時に顕現できるから大丈夫。俺らも水面(二次元)には
    別座標に同時に体を浸けられるやろ?水面(二次元)から見れば別の場所に
    手と足が浸かっていても、三次元的には体は一つだ。そんな感じ。

    >社をトントンと叩く音がしてやぁ

    嗚呼、稲荷はよく音鳴らすみたいだな。俺は聞いたことないんだが。まぁ
    蛇の次ぐらいに物質に干渉しやすい周波数帯やろしなぁ…
    [ 2016/06/15 03:11 ] [ 編集 ]
  548. >あれはおたくの知ってるとこの分社ですぞ

    ん?それはどこか?

    >バアル信仰が意外にも海の民らしいね

    鬼神かな~鬼神なのかなぁ~。鬼神は水陸両用(比喩)だぞw。牛鬼みたいな
    もんだからな。ハイブリッドだからな。
    [ 2016/06/15 03:23 ] [ 編集 ]
  549. つか、

    >お稲荷さんだけ通り過ぎようとしたら社をトントンと叩く音がしてやぁ。すみませんと言って参ってきたけど、

    なんだそのコントはwワロw
    [ 2016/06/15 03:41 ] [ 編集 ]
  550. >イエースは油ハム伊作と続く家系に見えて全然関係ない母側から生まれるが、この人は生まれる前から預言者が来るし眷属的。つまり容器に一つで魂だけ

    いい読みしてんな。ただな、眷属憑きの人間より本体が眷属の人間のほうが
    フォ~スがつおいとも一概には言い切れんのだ。憑いてる場合、言わば
    外からフォ~スを与えるわけだ。肉体を持たない眷属のフォ~スそのものだ
    よってつおい。だから眷属が隠れている場合、自分は預言者か?はたまた
    神か?と思ひ新興宗教立ち上げるおっちょこちょいが後を絶たない。

    本体が眷属の場合、人間としての制約下で生きることになる。ある意味
    封印されていると言ってもいい状態。また自分の魂(たま)が眷属だなんて
    ことは、すっかり忘れている場合のほうが多そうだ()。ならば無論弱くなる

    あとフォ~スは、つおいほうがつおいとも言い切れんのだ。つおくとも
    だだ漏れだと、ただの得体の知れん人止まりだ。フォ~スが弱くとも
    局所的に特化させて使えば、つおい奴よりつおいわけだ。水鉄砲の原理だ、
    だだ漏れよりタンクが少なくとも穴が小さいほうが勢いがある。蛇や稲荷や
    俺ら(?)は後者だ。現世に近かったり封印されてたりでフォ~スは弱いが、
    特化させているわけだ。それが言わば術だ。うちらで言えばフォ~ス自体は
    俺らより本部の巫女らのほうがずっとつおい。だが弱い。だだ漏れだからな
    ガバガバだw

    >おたくの話に出てくるのはネームバリューが高いから、色んな人が検索で引っかけて見つけてくるかもしれん

    勝手に拝借してる用語も少なくないけどなw。あとマイナーな用語は
    すぐ忘れるのだ。夜の神社に浮き出てくるやつとかな。全く思い出せないw
    [ 2016/06/15 13:49 ] [ 編集 ]
  551. う~む~やはり世界的に分布してるとはいえ角系(指向系)は西に多いようだ
    ※()内は我流羅盤の配置

    牡牛系(0時)、仮称けんだっぱ(2時)、麒麟系(10時)、鬼神系(0時中央寄り)

    ニョロロ系(循環系)は全体的に西に流れている模様、

    蛇・蛇女神系(6時)、天狗系(4時)、稲荷系(8時)、竜王系(6時中央寄り)

    眷属の麒麟さん(海栗コーン)を見ないのは、日本には個体数が少ないから
    かもな。麒麟さんが祭神クラスの神社系列も無いし。

    儒家は学派で発展の指向系だからな、四霊には麒麟さんがエントリーしてる
    対して道家は基本的に大地母循環系、四神は白虎がエントリーしてるな。

    獅子(稲荷系)や狭義エンジェル(天狗系自称ハト派w)も、昨今は西の異能者も
    あまり絡んでいない模様。

    大丈夫大丈夫、与太話やと思われるだけw
    [ 2016/06/15 15:13 ] [ 編集 ]
  552. なんも特別な能力ではないぞ。別の座標に同時に現れるなど、幽霊でも
    できるはず。理論上は。深海のスカタンも言っていたがな。生き霊
    なんてのはまさにそれでねーか?眷属ダマの特殊な権能は(幽霊との違いは)、
    前も書いたようにそのまま肉体を持ったことがないことと、自然現象を
    操れることだな。異名としての火神、風神、水神、大地神、雷神だな。
    [ 2016/06/15 17:00 ] [ 編集 ]
  553. うん、自分の事は言ったらあかん。
    >俺みたいなこと書いてる御仁は、けっこうおるみたいやしな
    どうなってるんや日本はw
    住吉さんが数百年喧嘩してたのは寺と、や。おたくの好きな寺も同じ事してるよ。そっちのは一揆なんて書かれ方してるけど大阪と同じ事や。信長利用して追い込んでるがな。
    勿論、今はみんな残ってくれて嬉しいよ。それこそ腐れ縁で互いに頑固に生き残った仲。もう仲良うしてくれるのが一番。
    >違う空間座標に同時に顕現できるから大丈夫
    ありがとう!これは嬉しい。なるほど。
    [ 2016/06/15 21:10 ] [ 編集 ]
  554. >なるほど

    素粒子みたいやろ。同一個体が同時刻に別座標に現れたり、すり抜けたり。
    [ 2016/06/15 21:39 ] [ 編集 ]
  555. バアルは鬼神やで。メソポタミア文明見に行った時、素晴らしいものは沢山あったんやけど、中でも感動したのが此処でも書いたけど牛頭にツノが蛇のやつ。眷属は知らんでもバアル信仰や蛇神信仰は知ってたから、太陽神が合体してると当時思ったね。
    操縦席ってやっぱ一つなんか。人が乗るロボット見て、人間てこれやろと話してた事あるわ。けどガンダムとか全く知らんけどな。

    しっかし驚く程おもしろいなwなんで他所見てもあんなつまらないんやろ。眷属さんにもよるんやろか。言葉じゃないけど山伏すっごいな!と見て以来好きやったのも吉野やしなぁ。
    全然関係ないけど芥川も凄いよな。作家の事やけど。
    [ 2016/06/15 23:33 ] [ 編集 ]
  556. >ニョロロ系(循環系)は全体的に西に流れている模様
    東?
    キリンさんは優しそうかもしれんけど、けど道教の方が好きやわw卑弥呼とかとそう変わらん気がするし。
    あと氷はない?
    火も火傷するけど、氷も凍傷起こすで?どっちも痛いし、炎症の症状は似ている気がする。
    [ 2016/06/16 00:03 ] [ 編集 ]
  557. お稲荷さんは奈良のお稲荷さん摂社やで。ごめん分社分社と書いてるけど。
    今、関西人の見分け方って知ってる?京阪奈の表と裏の顔を表現した画像が出回ってるんやけど、それの言ったら京都流で素通りしたんやわ。しかしおたくの話聞いてると、狐さんは心を見透かすんやな。わろてまう。奈良流にしとけばよかった。
    [ 2016/06/16 01:05 ] [ 編集 ]
  558. 俺も話し甲斐があるというもの(多謝)
    >メソポタミア文明見に行った時

    文明展?、それともガチ現地か?、後者だったら凄ぇw

    >牛頭にツノが蛇のやつ

    ん?w

    >東?

    そうだな。なぜ西と書いたのか…

    >あと氷はない?

    雪氷天パールヴァティってのがいるけどな。俺が勝手に雪女と
    習合させてた奴だw。天候操り系だからな。弁才天サラスヴァティと
    吉祥天ラクシュミとセットだな。宗像三女神やゴルゴン三姉妹みたいな
    もんだ。蛇女神の三姉妹率は異常。それとは別に、うちら同士、気と気が
    ぶつかったらクソ冷たかったりするな。カタギさんは、うちらの気は熱く
    感じるようだが…。詳細は不明。

    >お稲荷さんは奈良のお稲荷さん摂社やで

    源九郎か。うちの某家族のトーテムだったりするw

    >奈良流にしとけばよかった

    大仏×大仏か。以前見た。あれ大体合ってるよなぁw
    [ 2016/06/16 03:41 ] [ 編集 ]
  559. これン十年前はこのあたりのガキの遊び場で、周囲も毎日来る子供に踏み固められて草とかあんまなかったんだよな。

    斜面部分を手を使わずに駆け上ることができればカッコイイみたいなのがあった。
    斜面の白いほうは斜面の終わりが地面に隣接してて、ここらへんは皆が登るのでツンツルテン。
    それができないうちはサイドのデコボコを足がかりにしてのぼったもんだ。

    遺跡なことは皆わかってたけど、なんも気にせず天然のジャングルジム扱いしていたな。
    [ 2016/06/16 07:13 ] [ 編集 ]
  560. 氷は水の闇黒面
    ※大阪人

    お前さんの好きなエジプトだとソティス・サティス・アヌキスだな、
    蛇女神(水神)三姉妹。ちなみにうちらもクソババア(マザー蛇ポジション)の
    取り巻きは何故か巫女三姉妹(比喩)。巫女は魂(たま)一つではなく憑依状態、
    依代だな。本隊アマゾネスどもだw

    マーメイドもそうだろな。マナティ?あんな海牛目と半蛇を見間違うかね?w
    (鯨の捕食シーンは確かにバケモンに見えるが)

    あとゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌の濡れ女(寺島しのぶ)なw、弁天霊だろな。
    乙姫、ベガの織り姫なんぞとも習合しとるな。記紀だとマザーは、まぁ
    イザナミだわな。三姉妹は宗像だな。あとキクリな、蛇女神だろな。
    卑弥呼はどうだろな、憑依状態なのか魂(たま)が、はたまた蛇か蛇女神か…
    [ 2016/06/16 15:40 ] [ 編集 ]
  561. ※560
    そんなもんですわなぁ。ガキのころ実家に程近い唐古遺跡でフツーに
    遊んでたけど、久々に帰ったら観光地気取りだしw
    [ 2016/06/16 16:54 ] [ 編集 ]
  562. 古事記には、
    「天の鳥船」とか「マナシカツマ(隙間のないカゴで出来た船)」、鳥の岩楠船の神(楠の巨木を繰り抜いて作った高速で頑丈な不沈船のことらしく、鳩のような形をしていた)のようなワケの分からない乗り物が出てくるし、
    日本の主要な島を、淡路島→四国→(沖の三ツ子島 不明)→九州→壱岐→対馬→佐渡→本州と、空から見て「の」の字型の順に国生みしたような記述があったり、
    空の上の高天原の神々が日本列島を「葦原の中つ国(葦に囲まれた国 *当時の日本列島の海岸付近は葦などの草が生い茂っていたらしい。これは魏志倭人伝の松浦半島に関する描写「人が隠れるほどの草が生えている」に一致する)と呼んだりしている。
    少なくとも古代人の想像力というのは、現代人が思うよりは遥かに豊かなのだろう。現代人が国立競技場を作るのなら、古代人が巨大な石の細工物を作ってもおかしくはあるまい。
    [ 2016/06/16 21:35 ] [ 編集 ]
  563. 現地なんて行けるわけないやん。それにもう色々と手が入り移動してるやろうし。エジプトには行きたい。
    >ん?w
    なんで笑ったん?牛の頭だけの置物やで。ツノが二本とも蛇型。
    氷は蛇神さんやったんか。
    五行の「金」て、白か銀色っぽくカラーされてて金星やろ?やっぱり非常に温度低いんじゃないんかな。西にふられてる動物も気になって仕方がない、なぜ白ばっかりなのか。
    >カタギさんは、うちらの気は熱く感じるようだが…
    これリアルで聞いた事ある。だけど冷たいんやん?だからよ。だから熱いと冷たいは同じで、「白」は冷たいんじゃないの?けど「熱い」と思うだけで。違うんかなぁ。
    [ 2016/06/17 00:19 ] [ 編集 ]
  564. ※563
    隠岐外してノの字とかw国生みは大仕事って事で、小さい島から産んだって事じゃない?フィクションだけども。

    五行ウィキ見てると驚くな!多分木が父、金が母やで。火は天狗っぽい。木が歳星って事はシヴァとかじゃないん?大阪はやっぱりあれやわ、もうそのまんま。
    巫女さんて凄い人いるんやな。エジプト見てると三人は部下か、分身そのものやな。
    マナティは分かるよ。昔はワガママボディが魅力的な時代もあったしな。貧しくて痩せてる人間も多いから、現代とは考え方は違うやろうし。今の欧米じゃ低所得層がワガママすぎるな。
    [ 2016/06/17 01:32 ] [ 編集 ]
  565. あかん、頭が回ってない。今は五行の話はキツいw

    >昔はワガママボディが魅力的な時代もあったしな

    なるほど。
    [ 2016/06/17 02:41 ] [ 編集 ]
  566. 何ゆえキツいかと言うと五行は全くピンとこないのだ。だから知覚無しで
    思考せにゃならん。知覚無しで思考すれば発明家の先人達も言って
    いるように、ロクな答えに辿り着かんw。インテリだが頭の悪い奴いるやろ?
    これだ。素材が無ければ料理の腕が一級でも意味が無い。いや、五行は
    よくできてるとは思うぞ?、だがしかし個人的に全くリアル(例えば眷属)と
    符合しないな。占術なんかで使う抽象表現でね?
    [ 2016/06/17 03:29 ] [ 編集 ]
  567. 体系的なものは話半分で見るのがベター
    例えば四大エレメントは世界的に見受けられるのだ。新大陸ですらな。
    すなわち、火・風・水・土。対して五行は俺の知る限り極東ぐらいだ。
    抽象表現でないなら形を変えて世界中にあってもおかしくないのだが…
    [ 2016/06/17 04:58 ] [ 編集 ]
  568. ギリシアは勿論のこと、メソポタミアも、エジプトも、ケルトも、北欧も、
    インドも、日本も、マヤアステカも、基本形は『火・風・水・土』だな。
    中原と半島と平城京以降という、お察し地域()だけが『木』とか『金』とか
    謎のエレメントを使ってるわけだが、五行って逆に言えば出来過ぎてないか?
    [ 2016/06/17 06:52 ] [ 編集 ]
  569. 例えば神道的には和・荒・奇・幸などというな。

    奇魂→知→火
    荒魂→武→土
    幸魂→魅(魔)→風(幸はう音だw)
    和魂→癒→水

    天(高天原)・冥界上層(黄泉)・冥界下層(黄泉。幽界)・海(海原≒葦原中国)
    にも対応しとるな。

    まぁズレはあるけどな。確か荒魂は土ではなく火だし、アステカでも竜王が
    【風】だったり、風のポジションが【天】だったりと多少の混線はあるが
    四大エレメントだな。

    【金】とか鉱物ダマ(おそらく巨人族)、
    【木】とか植物ダマや蟲ダマ(妖精さんの管轄)じゃねーのか!w
    [ 2016/06/17 12:35 ] [ 編集 ]
  570. いや多分、お前さんの言うように【木=風】だろう。
    五行もズレの範疇だと見た。
    [ 2016/06/17 12:50 ] [ 編集 ]
  571. 総括
    しっかし…、五行は一つだけ有機物とか、男前すぎる。ホント、唐土は
    攪乱スキルが高い()。

    前も書いたが霊(たま)は個体の層から解脱(笑)して軽くなればなるほど、
    他との干渉に支障が出ないので、個体の境界が無くなっていく。
    根源神が十全、分け御霊の総元締めと云われるゆえんだな。

    そして個人的な見立てではタマは双方向になってる。植物→鉱物と、
    無機物へ下るほど、これもまた個体の境界が曖昧になっていく。
    それが【木】を統括してる妖精さん(笑)や、思念記憶装置の鉱物を
    統括してる鉱物ダマ(記紀的には天目一箇命だ多分。サイクロプス。
    蹈鞴法師と習合したデイダラボッチ)。

    アニミズムというやつだ。そして上限は下限を
    生み続けて(ループして)る筈おそらくは。

    眷属のエレメント属性である【土】は、土のタマという意味ではなく、
    土に纏わるものを操れる、促せる権能という意味だな。軍神としての
    城や鉄器、指向性の最たる機械文明、天誅の隕石(笑)などだ。度々
    書いてるけどな。

    大地母神の【地】も、鉱物ダマでも眷属の牡牛の【土】でもない。
    むしろ牡牛よりニョロロ系の管轄だな。磁器や台風のスパイラル、
    塩基の二重螺旋などだ。

    今さら木とか金とか言われても、そのなんだ…、困るw
    まぁ新しい発見(知覚)があれば、練り直すw。ではな
    [ 2016/06/17 15:22 ] [ 編集 ]
  572. 低所得とか失礼な事書いてるわ。言ったら向こうの中流は金持ち層なんで、それより下って事な。
    五行の話はもう止めとくよ。自分は昨日初めてwikiの表見ただけやし。これ道教やろ?儒教より遥かにマシ。道教は日本の支柱を壊す物ではないやろし。それに平安中心側は儒教やろうに。
    中国は自分達でも考える、そういう所は好きやね。そういう人達がいないと人間てほんと馬鹿に見えるよ。おたくが知覚してと言ってるけど、眷属的知覚だけに頼らな人間は発明もできないとか考えたくないな。
    [ 2016/06/17 20:56 ] [ 編集 ]
  573. 確かに。(我流)眷属羅盤も配置しただけやからのぉ。近くにおったら盤の
    おる眷属の部分が光るとかやったら発明やろけどな。そんなもんが造れたら
    俺はマッドサイエンティスト未来系陰陽師になれるなw。中原最高の発明は
    何だろな、孫氏も長江系やしな、老子も楚人らしいし…。
    [ 2016/06/17 21:29 ] [ 編集 ]
  574. 総括の話は上の行がとても難しいわ。
    思念記憶装置の鉱物。これって月日と共に薄れたりはせんのかな?永久記憶してくれる?加工してても大丈夫?
    [ 2016/06/17 21:36 ] [ 編集 ]
  575. >荒魂→武→土
    それでアラハバキを?
    前に鬼神対りゅう王が見たいと言ってたけど、何故鬼神が敵なん?おたく何気に鬼神好きなんやろ?龍やヘビさんの方が好きっぽくは思うんやけど、楚人とかかなり武系に見えるしwそして自分も楚人好きw
    [ 2016/06/18 02:32 ] [ 編集 ]
  576. >永久記憶してくれる?

    どうかな。時間の概念がどうなってるかも詳しいことはわからんし。
    理論上は例えば1時間でもこっちより長い筈だが…。ちなみに俺の
    想像している層が地獄なら、永遠ともとれる1秒だぞ。

    >加工してても大丈夫?

    それは見てる限り大丈夫な模様。

    >何故鬼神が敵なん?

    度々書いてるが幼なじみのライバルらしい()。ちなみに、
    応竜(おそらく苗族)は、漢族の黄帝(おそらく牡牛)麾下の客将として
    蚩尤(おそらく百越系)と戦ってるな。

    奇しくも俺も何故か牡牛派に組み込まれてる度々書いてるがw

    蛇足だが悪魔学(笑)では竜王レヴィアタンは地獄のNo.3らしいが、
    No.1鬼神ルシファーの麾下ではないな。別勢力。サウザーw。No.2の
    鬼神ベルゼバアル(バアル)はルシファーの麾下のようだが。あくまで
    悪魔学(笑。趣味だろあれ)の話なw

    >おたく何気に鬼神好きなんやろ?

    表裏一体の気がしてなぁ。お互いハイブリッドで、牛に近いか蛇に近いかの
    違いだけ。“その人間”にはまだ会ったことないけどなw

    もやすみ
    [ 2016/06/18 04:24 ] [ 編集 ]
  577. >五行の話はもう止めとくよ

    いや、気にせずしてくれてかまわんぞ。何か気付きがあるかもしれん。
    お前さんの着想は、ときに驚くほど鋭い。死角をついてくる。まぁ幽界と
    感応するぐらいだ、お前さんもカタギではない()。何かを受信しとるのだ。

    >これ道教やろ?

    どうかな。あのへんもゴチャゴチャ離合集散してるみたいだし()。

    >道教は日本の支柱を壊す物ではないやろし

    魏の使者が鬼道と呼んだ卑弥呼のおそらく古神道だが、たしか以前
    お前さんが言っていたように長江流域にあった道教を向こうでは鬼道と
    呼んだ模様。鬼はタマの意味だな。んで卑弥呼が出雲系なら、
    越・楚・呉などと同じ南方系遺伝子の可能性が高いな。そして遺伝子は
    趣向が似るという間接証拠が山のようにあるな。唐土南部は仙人のメッカだ
    まんが日本昔話級の奇山が並ぶ桂林とかな。
    [ 2016/06/18 14:27 ] [ 編集 ]
  578. 日本のお前さんのいう古参側に近いのは、やはり中部や南方や西方だろな。
    女か(蛇女神)、叢竜、蚩尤(鬼神)、饕餮(仮称ケンダッパ。羊さん)、など
    その辺りのトーテムだな。九尾天狐もおそらく西方羌族あたりだろう
    (西方白虎(白狐)だドヤッ)。
    羊さんは日本だとおそらく兵主神社系列あたりだな。

    黄帝は前も書いたが俺の見立てでは帝鴻氏でFAだ。羽が4枚、脚が6本の
    バケモンだな。牡牛だ。霊(タマ)や術に疎く、よその神話やトーテムや
    文字をパクり、往々にして儒教的、そして侵蝕率がパナい、お察し地域(笑)。
    [ 2016/06/18 15:17 ] [ 編集 ]
  579. 最後になるが、

    > >荒魂→武→土
    > それでアラハバキを?

    いや、特には。基本的に【土】は指向性の軍神・戦闘神だな。だから
    指向性同士、ベクトル同士、牡牛と鬼神は世界中の神話で激突しとるw
    無論、鬼神は【水(蛇】の干渉を受けたハイブリッドなので、牡牛vs竜蛇の
    竜蛇陣営に組み込まれたりしてるが、俺の見立てでは度々書いてるが別だ。
    現代神道的には鬼神はスサノオ系などと呼ばれとる。牛でも竜でも
    むろん蛇でもない。ここを混同して神話を見ると、
    牛神=竜神=蛇神、という迷宮に陥る()。

    アラハバキについてはインドになんか音の近いアーラヴァカなんてのがいて
    夜叉(稲荷ダマ系)にカテコライズされとるが、
    思うにこいつも阿修羅(鬼神ダマ系)だ。アツ過ぎるww
    [ 2016/06/18 16:52 ] [ 編集 ]
  580. 蛇足追伸
    鬼神はな、軍神・指向性の牛ベースに、大慈と癒やしの循環性の蛇の干渉を
    受けとるのだ。どれほどアツい奴らかは想像に難くないやろ?ww
    [ 2016/06/18 18:01 ] [ 編集 ]
  581. 厨二はじめました
    しかし鬼神は負けるのだな。ルシファーも阿修羅王も蚩尤も負けるのだ。
    口ほどにもないw。スサノオもイザナギ(ポジション的に牡牛)には逆らえないしな

    牡牛vs竜蛇などというが、竜王は牡牛とあまり戦っていないのだな。
    戦ってるのは蛇や蛇女神が多い。インドだとインドラ(牡牛)と
    ナーガラージャ(竜王)は友達だったりする。唐土でも応竜は
    黄帝(=テイコウ。牡牛)の客将だ。竜王ケツァルコアトルが戦ったのも
    赤ではなく黒のテスカトリポカ(おそらく稲荷ダマ)だしなぁ。

    北欧は戦ってるな。世界蛇ヨルムンガド(ポジション的に竜王)が牡牛の主神を
    ぶちのめしてるw。まぁ天狼と冥界の女神との三位一体でだが。あと
    竜王レヴィアタンだな。牡牛ヤハウェと一柱で真っ向からぶつかってるなw。
    レヴィアタンの勝ち説、または勝てないのでヤハウェとミカエルとで
    封印したなんて説も()。

    竜王最強伝説()。竜王なめんなw
    [ 2016/06/18 20:30 ] [ 編集 ]
  582. 7連投@暇人
    竜王はな、鬼神とは真逆だ。ゆるキャラの蛇ベースに牛の指向性の干渉を
    受けとる。ゆるキャラに一本筋が通ってるというか。だから俺は言うのだ、
    あれらはガハハ笑い系の変態だと。傾奇者だと。脳筋だと。角を見ろ、
    後ろ向きに前向きだろ?

    神話を見ても牡牛本営は竜王との真っ向激突は避けてるようだ、フフッ。
    最後は牡牛が勝つなどと吠えてるだけだの()。つーか手に負えんで
    俺が創ったなどと(ハイブリッドなので間違いではないが笑)、いわゆる
    ホルホルしとるw。そもそも竜王も基本的に相手が抜くまで刃は抜かん。
    基本的に受け身のゆるキャラだからの。
    [ 2016/06/18 22:34 ] [ 編集 ]
  583. なんかサイアクなん読んでしまった。
    色々返事書こうとしてんけど、それで気になったん改めて調べてんけどね。読まん方がスラスラ書けたな。考古学好きからしたら、リアルで残る信仰の神ってアクマと違うわけで、重要な文化の一つなんやよねぇ。けどそこではなく、なんか日本とそっくりやな。どうなってるんや。
    ちょっと仕切り直しするわ。
    なんかモノノフ一家も歴史上はヘビ役してるよな。けど鬼神ぽい強さなんやけど。うーん。
    [ 2016/06/18 22:54 ] [ 編集 ]
  584. ちょ、待ってなw上のんは検索で調べたので嫌なん読んだって事やし、おたくのんまだ全部読んでないからw
    [ 2016/06/18 22:58 ] [ 編集 ]
  585. バアル神はやはり牡牛なのかもな。言わば民は海で仕事をするとき、海の神の怒りを鎮めるためにバアルを頼ってるな。確かに、理に適ってもいる。日本でもよく似た例はある。大物主に大黒天習合はおかしいもんな。
    [ 2016/06/18 23:14 ] [ 編集 ]
  586. ごめん鎮めるじゃなく、退治やな。強い神に更なる勝った強い神をぶつけるって事で。
    [ 2016/06/18 23:18 ] [ 編集 ]
  587. な?牛やろ?←(「だから俺は言ってたんだ」的な後出しジャンケン)
    [ 2016/06/18 23:29 ] [ 編集 ]
  588. ごめん、更なる強いわけじゃない。バアルの方がビビってるし。
    うーん、複雑やな。
    日本じゃ古参は仲良かった所が見えるし、あんま竜王対鬼神てなってる訳でもない様に見えるんやで。

    [ 2016/06/18 23:45 ] [ 編集 ]
  589. 竜王と鬼神は創作でよくある謙信と信玄みたいなもんだ。
    仲の良さしか伝わって来んw
    (巻き添え喰らう庶民はたまったもんではないが)

    そういや謙信の突撃時の旗印は『龍』(行軍時は『毘』)、
    信玄の諏訪法性兜は『鬼』だな(白い毛はヤク。ヒマラヤのウシ科)。
    [ 2016/06/19 00:00 ] [ 編集 ]
  590. トーテム牡牛の敵対勢力がトーテム牡牛じゃないとは限らないぞ多分。
    信仰が絡めば同じ眷属の名の下に敵対したりする。また人間が一枚岩では
    ないように眷属も同種属でも一枚岩ではないしな。さらに知覚は0か
    100かではなくシンクロ率がある。部族毎のズレとして現れるな。信仰が
    絡めば、やはりズレは大きいつまりリアルとのシンクロ率は低い。また
    眷属が大嘘を吹き込む場合もある特に教祖に。いわゆるハグレ眷属。

    鬼神の定義は牡牛に敵対している牛ではなく、
    『蛇神の干渉を受けている牛』これがポイントになる。
    [ 2016/06/19 01:41 ] [ 編集 ]
  591. >なんかサイアクなん読んでしまった

    ん?それは何か?

    >なんか日本とそっくりやな

    個人的には世界中そっくりだw。基本的に世界は牡牛が席巻してる。が、
    日本は最強竜王()がメインで専守防衛しとる(比喩)。トーテムレベルの
    話な。あくまでカナメは、最終的には人間だ。日本は北欧ルートが
    理想だな。天狼と世界蛇と冥界の女神が牡牛をぶちのめす世界()。牡牛が
    完全にギャフンとなったのは北欧ぐらいだ。愉快愉快。まぁ
    仲良くに越したことはないが(棒)。

    >強い神に更なる勝った強い神をぶつける

    退魔は基本的にそういう世界だな。慈悲も愛もあったもんではない()。
    ウェルカム地獄の一丁目などというが、修羅がうごめく現世も大概だw
    ヒャハー!だな。ウェルカム!、イツショータイーム!(笑)
    [ 2016/06/19 02:19 ] [ 編集 ]
  592. バアルはそういう事かな。なるほど。けど蝿は止めてやれやって思う。あと太陽神だからか、やっぱ太陽に蛇がバアルに付いてる像があるね。

    さいあくなんは竜王について読んだんやわ。審判とかな。気分悪すぎる。竜王さんさぁ、西では悪い風に結構書かれてんのな。日本では龍が貶される作品とかまずないな。
    [ 2016/06/19 04:25 ] [ 編集 ]
  593. >リアルで残る信仰の神ってアクマと違うわけで、重要な文化の一つなんやよねぇ

    初めて鬼の話になったとき、「鬼は定義(意味)が多岐にわたるだろ」と
    書いたが、悪魔もいくつかあるな。

    ①部族の守護眷属(トーテム)が他部族に貶められ悪魔にされる一流眷属のケース
    ②等価の代償で人間と契約して望みを聞く二流眷属のケース
    ③勝手に人に憑き衰弱させてエクソシストに追い出される三流眷属のケースw

    とりあえず3つ浮かんだが、日本だと①は少ないな。②は普通にあるな特に
    稲荷との等価交換はコエーぞ。③も普通に特に蛇や稲荷。そう書くとなんか
    稲荷が問題児みたいだが、実際、問題児なのだが、あれは周波数帯域が
    広いのだ。高位の存在だと、まさに全天を知の炎で煌々と照らし、灯台の
    ように導く天の狼だぜ。いや、褒め過ぎた。もやすみ
    [ 2016/06/19 04:40 ] [ 編集 ]
  594. おっと返信が。

    >さいあくなんは竜王について読んだんやわ。審判とかな。気分悪すぎる。竜王さんさぁ、西では悪い風に結構書かれてんのな。日本では龍が貶される作品とかまずないな

    レヴィアタンやろ?安心しろ、牡牛本営の負け惜しみだ()。ヤハウェ如き
    なりすましスカタンに最強変態の竜王を調理できるわけがない。
    きっと不味い。実際、中期八幡は日本を席巻できんだろ?日本人の質が
    竜王に力を与えているわけだおそらくは。西でもグノーシスなんかは
    竜王派だぞ。ウロボロスageとかな。日本だと西で牡牛に貶められた
    竜王レヴィアタンや、鬼神ルシファーや、獣王ベヒーモスや、
    梟女神リリスや、ついでにメンデスの雄山羊などはゲームなんかの常連だわなw
    [ 2016/06/19 05:12 ] [ 編集 ]
  595. ちなみにギリシアは蛇女神と相性悪いな。エキドナ、ラミア、ゴルゴン、
    悪魔はほとんど蛇女神だな。まぁ蛇女神は俺もビビる。ある意味、
    いちばんコワいw。ではな
    [ 2016/06/19 05:19 ] [ 編集 ]
  596. もはよう
    つーか、旧約のレヴィアタンは絶賛されとるようにしか見えんのだが()。
    (仏教でも何故か天竜八部衆なんだわな。天部八部衆でいいと思うのだが)

    ちなみにレヴィアタン、応竜、ケツァルコアトルの共通点は
    『羽(あるいは巨大なヒレ)』があることなんだわな。ヨルムンガンドは
    羽は無いが、世界蛇という点と、天冥海の海を担当という点は
    レヴィアタンと共通しとるな。英語名のリヴァイアサンのほうが有名かな、
    FFでもそっちの名で登場するし。
    [ 2016/06/19 13:41 ] [ 編集 ]
  597. 旧約のレヴィアタンはエジプトを指してるって書かれてるよ。ま、昔はそんな言い方する。エジプトでも名前を消される王家やらも居るようで、嫌いな奴でも名を残すより消す事に昔の人間は余念がない。この世に存在させない。日本でも、中国や半島からくるこれら醜悪な感性が広がる。仏教で入ってくるんだけどね。地獄や輪廻という観念から、生まれ変わったら虫になる様になどの腐った感性が広がるね。釈迦やイエスがたとえ良い事を言うてたとしても、人間など悪用ばかりなんだよ。
    [ 2016/06/19 15:42 ] [ 編集 ]
  598. 前も書いたが、本体や、精神層で半物質化した映像が、基本形状として
    現し世でどのように知覚されがちか、おさらいだ(暇人)

    【牡牛】
    牛の姿はしてない。クリオネっぽい。角のある人型か、テンションにより
    手か羽に見える部分が増えるらしく(笑。タマは質で外郭の波動の色も
    変わるな)ので蜘蛛のようにも見える。周波数帯域が高く、日本にはあまり
    寄り付かないので知覚しづらい。

    【鬼神】
    牡牛と似てる。が、必ず蛇(水)の氣が混じる。多足のドラゴンにも見える。

    【蛇神】
    循環性が具現化した蛇体。ニョロロ系はテンションにより首が増える模様()。

    【蛇女神】
    上半身だけ人型。で描かれることが多いが、あれはガチだ。基本的に蛇神の
    マザー的(高位の)存在だろう。何かの概念が具現化するとき、人型の形状を
    とると思われ。蛇体にもなる模様。

    【竜王】
    まんまだ。蛇体に指向性が具現化した、しかし後ろ向きで控え目な角()、
    発展を促す象徴の四肢、ときに大気を操る概念が具現化した羽など。あと
    個人的なイメージが精神層に反映されてるだけの場合もあるかもしれんが、
    蛇より圧倒的にデカい。

    【稲荷】
    山犬か、狐か、狼か識別不明()のあんな形状で顕現する。形状の理由に
    前も書いた個人的な仮説はあるが、シンクロ率は低そうだ()。テンションに
    より尾の部分が増える模様()。

    【天狗】
    鳥、有翼人、有翼猿のような形状。タマは人の想念が干渉し映像に
    反映されるし、概念の存在につき物質より概念次第で形状が流動的なので、
    人天と鳥天は大きく同じ種属だと思われ。属性【風】【冥】【魔】という
    氣が同じだ。

    【仮称けんだっぱ】
    個体数が少ないたぶん太古種で、鬼神や天狗と混同されるが、別種でFAだ。
    角の部分が渦を巻く顔のデカい羊人間か山羊人間。平均的イメージの
    悪魔のような形状だな。

    【麒麟】
    知らんw。ケンダッパが天狗の指向性バージョンであるなら、麒麟は稲荷の
    指向性バージョンだろな。

    【キメラ】
    おるのだ。タマは流動的だからな。稀に同周波数帯のままで集合する模様。

    【タ・ヌキ】
    何だあれは。絶対に死神だ。眷属とのように思念による会話が
    成立しそうにない精神構造っぽい。黒い人型。光体ではない。
    属性でいえば冥ですらない【死】【死】【死】のフィーバーだ。
    ハリーポッターのディメンターのような感じ。
    [ 2016/06/19 16:16 ] [ 編集 ]
  599. つづき
    【妖精さん】
    実はチャンネルがないらしくあまり知らんのだ()。眷属が下士官だとすれば
    こちらは末端の仕事をする兵隊さん。蜂のような形状から、鯨と習合した
    クラーケンのような巨大なものまで、多岐にわたる模様。

    【巨人族】
    観想的には、きっと地タマだ。鉱物ダマ。もののけ姫のように
    鹿ヅラではないが、半透明の巨人だ。人の思念を記憶しまくって人型なのか
    人型には特定の意味があるのかは謎。
    [ 2016/06/19 16:21 ] [ 編集 ]
  600. ギリシャ神話なんか見てると、ただの村社会みたいな気質だよ。だから興味わかん。どこが神なのか。ただの人間が書いた三流ストーリーの様だ。新約の場合、人間のエピソードが沢山入っており、バカであろうと「人間らしさ」もあって、まだ読めるんだわ。神々にすると途端に醜悪さが目立つ。人以下の性根だしな。
    一神教の神は何故か、名を呼ぶ事を禁止してる。上で書いた様に消したい・呼びたくなく別名や化け物にする例は五万とあるだろうが、何故呼ばせなかったのかが気になる。
    [ 2016/06/19 16:24 ] [ 編集 ]
  601. 神話は似るが、地域により焦点を当てる分野が若干異なる。ギリシアは
    天体だな。天体とのシンクロ率は高い部類。

    >何故呼ばせなかったのかが気になる

    実は根源神でも何でもなく、ただの牡牛なんがバレるからやろ。
    間違いねーわw。手口はそこいらの新興教祖の背後にいるハグレと変わらん()
    [ 2016/06/19 16:36 ] [ 編集 ]
  602. 審判の話は、向こう側の「希望」だけの様で良かったよ。しかし、今は本当に一神側のグループは機能してるんだろうか。何故かそうは見えん。イエスが蛇側なら、牡牛側が圧倒的に少なくなってしまう。

    >天体とのシンクロ率は高い部類
    いや、天体に神々の名を後からつけてるんじゃないの?
    よそのブログで西側人が書いてたけど、西側じゃ18か19世紀に多神教ギリシャ神話などが流行るらしい。それまで一神教中心が、自由に語れる様になるんだと。多分その頃に北欧神話も続々顔を出す。北欧神話が注目されてるのは古い時代じゃなく、みんな近代頃。
    [ 2016/06/19 17:03 ] [ 編集 ]
  603. 神さんは。基本的に現し世にはノータッチだな。周波数帯が違い過ぎる。
    神話の神々は、ほとんどが眷属の話だ。精神構造は人間と大差ないな。
    徳はそんなに高くないw。だから結局は人間次第なのだな。人間の力で
    どうにもならんことは、あとは野となれだな。
    [ 2016/06/19 17:09 ] [ 編集 ]
  604. その通りだ。ルネサンスだな。あの頃、振り子の世界的な揺り返しが
    来てる。日本だと復古神道などまさにそれだ。中世暗黒は古代多神以前の
    元祖一神時代の揺り返しの模様。幽界の層が厚いようで、劣化はしとるけどな
    [ 2016/06/19 17:14 ] [ 編集 ]
  605. >イエスが蛇側なら、牡牛側が圧倒的に少なくなってしまう

    思うにイエスのトーテムは鬼神だぞ。本当に言ったのか知らんが
    「軍鳩(牛)のように素直で、蛇のように聡くあれ」だ。大慈の赤い輝星だ()
    言わばイエスは、まんまと牡牛にハメられた状態だろ。そこらへんの事情を
    汲むのがグノーシスのような異端だ。ただしあれも妙なのが入り込んで、
    組織的にはどうなってるのか疑問だがな。
    [ 2016/06/19 17:22 ] [ 編集 ]
  606. ギリシアの占星術の母体はメソポタミアだな。近代に追加された
    オプションなどは、いっとき流行るが、やはりシンクロ率が低いので廃れる
    皮肉から生まれた黄道十三星座などまさにそれだ(笑)
    [ 2016/06/19 17:38 ] [ 編集 ]
  607. 人事を尽くして煎餅を食う…素晴らしい格言だな。やることやったら
    どう転ぶか、煎餅でも食いながら見守るしかない。俺か?
    煎餅に回す金もねーわ(稼げ)
    [ 2016/06/19 17:59 ] [ 編集 ]
  608. 日本も確かにそうやな。しかし日本の古神道側はいつの時代も動いてる。
    徳川はにぎはやひ山を調査してる。奈良と大阪両側でね。だけど長い年月の間に山を挟んだ互いが指した山は、違ってしまっていたそうだ。面白いよな。

    イエスはそういや、母崇拝禁止してるよな。日本語訳しか知らんけど。あれだけ言ってるのに母信仰は西洋であるんやもんな。けど元を見れば聖書のマリアと言うよりマッマ信仰の方やと思うけど。
    [ 2016/06/19 18:01 ] [ 編集 ]
  609. 古神道と呼ぶと復古神道とドヤ顔で勘違いする輩がいるので原始神道の
    ほうがいいかもしれんな。今後そう呼ぶことにする。

    大地母神信仰は西にもあるな。キュベレーだ。
    蛇ヅラのモビルスーツにもなってる(こじつけ)
    [ 2016/06/19 18:20 ] [ 編集 ]
  610. 自己レス補足だが、

    >古神道と呼ぶと復古神道とドヤ顔で勘違いする輩がいるので原始神道の
    >ほうがいいかもしれんな

    いや、前にパンドラにいたのだ。俺はアマテラス厨と呼んでいたが。
    曰わく、「蛇なんて天照に大和から追い出されてますから」
    だそうだ。
    無茶苦茶だ。可愛い奴めw。信仰って恐ろしいよなぁ。精神層で
    具現化するから恐ろしい。ではな
    [ 2016/06/19 19:10 ] [ 編集 ]
  611. 神話か…。神話は捏造も含め、記紀、唐土体系、天竺/仏教体系、
    メソポタミア諸体系、エジプト、ギリシア(服はダッセェな)、
    旧約新約体系、北欧、アステカ(ファッションがイカスw)あたりは
    なんか気になるな。ベタばかりですまん、派手好きなんだ…。アイヌ、
    琉球、ローマ、イスラム、ケルト、マヤ、あたりもサラッと見たが…。

    一番のお気に入り?、難しいな。なんか同一時間軸で同一空間軸の
    同一世界観で起こっている物語の如く総合的に見てまうな。
    「一方その頃、ハワイでは…」的に。

    神話は、おそらく世界規模のマクロな部分を観想して書き込んでる
    ぐろーばるすたんだーど()な部分と、おそらくローカルネタを
    書き込んでるパートにわかれるが、ローカルネタの部分はお前さんとは逆で
    そこまで興味なかったりする。記紀でいえばカムヤマトイワレビコ
    あたりだな。あのあたりは神話というより、あやふやな歴史文献のように
    見てまうな。そういう意味ではケルトなんかは神話というより
    英雄譚みたいな色合いが濃いよなぁ。
    [ 2016/06/19 22:57 ] [ 編集 ]
  612. いや、歴史は好きだぞ?、だが神話に求めてるは第一義は、個人的に
    そこではないわけだ。神社系列でいえば人間パートの氏族も気になるが、
    ガチ祭神のほうが気になったりする。だから眷属パートまで何でもかんでも
    実在人物と習合させてる話には参加しないことにしとるw。あんなもん
    人類史として、人がモデルとしてみれば、眷属パートは
    架空のほうが多いぞ多分。世界中で似た事件が起こり過ぎだ()。
    精霊世界を観想しとるのだ。だから眷属としてはガチだったりする。
    [ 2016/06/19 23:32 ] [ 編集 ]
  613. んでニギハヤヒだが…。

    前も書いたように該当する眷属が思い浮かばんのな。あれは人間パート、
    モデルがいるのか、物部氏の象徴的人物像なんかは知らないが、個人的な
    見立てではそんな感じ。ただ住吉は天神系海神やろ?竜王が
    ニギハヤヒのモデルの人物か、モデルの氏族かの守護トーテムではあるかも
    しれんな。そういうパターンは、ありそうだ。祭神は人になってるが、
    実際はその人物のトーテムが祭神、あるいはその人物が眷属化、的な。
    ぶっちゃけ人間のまま祭神では天候も操れんのが現実だ。もやすみ
    [ 2016/06/20 00:05 ] [ 編集 ]
  614. 連投しまくり(軽く流してくれ)
    竜王っつってもピンキリだがな。ましてや竜神列島だ。石を投げれば
    竜にあたる。中山みきのトーテムも竜王だ。この期に及んで布教系宗教とか
    とんだオッチョコチョイ竜王だな。

    住吉っさんはオオモノだろな。竜王のメッカ唐土南部で祀られた世界的に
    名のある竜王と見た。知らんがそんな直感がある。
    [ 2016/06/20 01:00 ] [ 編集 ]
  615. 了解、原始神道ね。つか古神道って検索して出てくる系統とかも全然知らん。
    アマテラス厨なんていたのか。そういう人ってほぼネームバリューだけで思い込む人やからなぁ。天照が悪いわけじゃないけど、こういう奴は好かん。

    ベヒーモスは「牛の中の牛」って書かれてるけど、獣王なん?龍のツノはよく考えたら頭突き用ではないなwアマテラス厨なんかより、龍画像を見て可愛く見える日が来るとは衝撃やわ。
    [ 2016/06/20 01:08 ] [ 編集 ]
  616. >ベヒーモスは「牛の中の牛」って書かれてるけど、獣王なん?

    俺の見立てではな。シンクロ率はしょうじき低いが()。まず奴は
    レヴィアタンとで二頭一対とされ、ジズを加えて三頭一対とされるのだが、
    竜王と鳥神と三位一体を形成するのは大体、獣王(稲荷ダマ)なわけだ。
    知と武と魔だ。火と、雷(水+土)と、風な。天・海・冥だ。まぁ担当が
    陸海空になってるので、なんつーか、神話としては嘘っぽいけどな(笑)。
    神話は普通は天冥海だ。陸海空って…バビル二世じゃあるまいし、なんなら
    海兵隊でも付け加えるかと皮肉りたくなる配列だな。よって俺の読みでは
    メソポタミアにおける鳥神のポジションはジズではなく、冥のリリスだ、
    おそらくな。

    余談だが600人の魔女を葬ったとされる牡牛本営の権化のような
    おっさんは、ベヒーモスは犬や狐や狼や象に化けるとほざいてる。
    ベヒーモスが稲荷ダマかどうかは知らない。が、このおっさんに
    「我が名はベヒーモスである」と接近したのは稲荷ダマかもなw
    [ 2016/06/20 02:11 ] [ 編集 ]
  617. にぎはやひは龍と言われてるんやで。
    >ぶっちゃけ人間のまま祭神では天候も操れんのが現実だ
    いや天候は知らんけど、子供ん頃から一番好きやったから、絶対凄いで。神の名も氏も由来も知らず、祖父母が参ってくれてたのも後から聞いてんで。つまりネームバリューじゃない。アホほど感があった時からやから信じてる。
    すみよっさぁぁんw嬉しいねwありがとう。
    明日また書く、おやすみ。
    [ 2016/06/20 02:48 ] [ 編集 ]
  618. まぁ細かいことを言えばまだあるのだが…。例えば最高生物と呼ばれる
    ベヒーモス(レヴィアタンは最強生物)は、奴は豊穣神だったりする
    (草食で大食のクセに豊穣神とかw)。稲荷ダマは『稲荷』の字の如く
    農耕神だな。エレメント【火】だからな。光合成だな()。とまぁ行間から
    立ち込めるにほひが何かと八部衆でいう知の夜叉っぽいのだな奴は。
    獣王と竜王はサシで戦うのだ。ベヒーモスもレヴィアタンとサシで戦う
    (と牡牛が願望的予言しとる)。黒のテスカトリポカ(獣王)と
    ケツァルコアトル(竜王)の兄弟喧嘩は有名(?)だな。唐土でも白虎(獣王)と
    青竜(竜王)は相打つ。日本だと天照す狼と戦うのは何だ、まぁいいや話が
    こじれる(笑)。ベヒーモスvsレヴィアタンは明らかに牡牛が上から
    観戦してる戦い。ベヒーモスが牡牛とは考えにくいのだなぁ…。そもそも
    牛神は四足じゃねーし(笑)
    [ 2016/06/20 03:16 ] [ 編集 ]
  619. 安心してくれ。眷属に関しちゃ過失の嘘しか言わん。住吉っさんはおそらく
    強大な竜王が付いとる。それこそアホほど鋭い南方O2系が連れてきて
    現し世時間で2000年近く、竜神列島の第一線なわけだ。昨日今日降りてきて
    信者から金巻き上げて巨大施設建てまくってるスカタン竜王とは格が
    違うのは想像に易い。もやすみ
    [ 2016/06/20 03:43 ] [ 編集 ]
  620. >にぎはやひは龍と言われてるんやで

    ニギハヤミコハクヌシもだな()。クソバ…いや、魔女の弟子なんて
    ロクなもんじゃないと言っても聞かんのだ竜は。んで、取り憑かれ…いや、
    溺れた子供を助けるのだ。とりあえず習合しといたw。

    >いや天候は知らんけど

    ほら、海神やから。色々操れんと航海の安全をサポートできんやろ?
    ニギハヤヒは仮に神武帝のような象徴的創作人物だとしても(仮にな)、
    ニギハヤヒということになってる竜王は、いそうだな。リアルは
    集合無意識にジワジワ浸透してくるからな。もう一眠り…
    [ 2016/06/20 06:36 ] [ 編集 ]
  621. 寝ろよw
    ベヒーモスで画像ググったらファイナルファンタジーのあいつ
    ばかりヒットするなw。まぁFFのベヒーモスやリヴァイアサンは
    人気者だからねぇ、他の発音でググらないと。

    しかしながらあいつはカバだのサイだの象だのというよりは、得体の知れん
    肉食獣系だな。サーベルタイガー的な。

    どうでもいいがFF4(と7しか知らない)だと、ベヒーモスは敵モンスター、
    リヴァイアサンは味方召喚幻獣なので対決できたな。ホントどうでもいいが()

    そりゃあともかく、やっぱあれは稲荷ダマ系だぜ?(笑ww)
    ソロモン72柱には羽ある稲荷もいるし、角ぐらいあってもおかしくなす。
    やんわりキメラだ、きっと()。
    [ 2016/06/20 07:45 ] [ 編集 ]
  622. 神話、インド入ってないやん。自分はむしろ神話は全然やな。文化や民族ならおたくの言うとこ大概好き。アメリカは土の色や生物、砂漠も気になる。アフリカも全般的に気になる。
    ローカルネタは大事やん。蓋に書かれてる言葉と中身は全然違う物なんて実際一杯あるよ。
    >実在人物と習合させてる話には参加しないことにしとるw
    いや、殆ど眷族ではなくリアル歴史と架空の話だよ。架空の部分は他国の文献や伝わったものの盗用だ。メソポタミアを架空と言ってないが、似た話は流れてきただけ。リアル歴史にも眷族がいないとは言ってないけど、要は今と同じ感じの居り方なんちゃう?
    [ 2016/06/20 22:43 ] [ 編集 ]
  623. 例えばニギハヤヒは大王(人)だったと自分も思ってたんやよ。眷族知らんし。だけど本当にあっこは効力がある。お家も強いからか知らんけど。おたくは一族ってあんま関係無いと以前言ってたけど、住吉さんも明治までずっと同じ家系で、元への神風儀式もやってるんやで。眷族って、他人が簡単に入って元の一家の眷族を操れるもんなんかな。
    あと、空も担当されてるの知らん?
    某きょーだんは知らないんやけど、唯一気になったきょーだんやわ。場所で気になったんやけどね。龍神さんか、竜宮城みたいな建物やもんな。
    [ 2016/06/21 00:08 ] [ 編集 ]
  624. 豊穣神、バアルもオシリスも確か豊穣神やで。
    ベヒーモスってリヴァイアサンと対、もしくは海の神のもう一つの姿と書かれてるけど、スサノオとかはこういうイメージやったんかもしれん。
    ホルスも獣に変身してるしね、カバかな。大きい神は複数に化けれる。自分の中のニギハヤヒのイメージもこれやわ。けど別玉なん?

    旧約の竜王引っかかるわ。エジプトはセト派も居たんやわ。時代と共にホルスが統一って形やね。けど何故龍を貶したのか。牡牛派だからとは言え、バアルも普通に貶されてるし龍にする事ないやん?エジプトのトーテムをな。リヴァイアサンてセトなんか?それとも、明星さんみたいにも言われてるな。

    もう前やけど、セトはエジプトから逃げて、なんぞ一神教を作った神とも思ってたんやで。旧約は違うようやけど、どれかはそうなんかなぁと思ってたな。
    [ 2016/06/21 00:40 ] [ 編集 ]
  625. >ローカルネタは大事やん。蓋に書かれてる言葉と中身は全然違う物なんて実際一杯あるよ

    おう、だから押さえてはいる。が、そこは言わば個人的には手段だな。
    目的ではなく。

    >いや、殆ど眷族ではなくリアル歴史と架空の話だよ。架空の部分は他国の文献や伝わったものの盗用だ
    >似た話は流れてきただけ

    本当にそう思うか?
    俺の認識は違うな。度々書いてるが、集合無意識的に
    観想できないことは伝搬しないとみてる。蛇と牛の話を聞いてピンと来ない
    奴らには牛蛇対立の文化は伝搬しないという意味だ(だから参加しないw)。
    んで、マクロで起こることはミクロでも起こるなどどいうが、人類史と
    眷属界が連動して全く同じ動きをしていることもある。はて…。あと、
    話が似るならわかる。パクったらそういうこともあるだろう。しかしな、
    隠れたサインが似てるのだ。文化の伝搬ではなく同時発生的な知覚としか
    思えないな。

    >おたくは一族ってあんま関係無いと以前言ってたけど

    言ったっけ?それは俺の認識ではないぞ。

    オシリスは確かにそうだな。バアルやホルスはなぁ…w、あれは
    個体名なのか?、色々後付け食らってるような…

    >大きい神は複数に化けれる

    これはそうだ。ヨハネのおっさんがドラッグやりながら幻視した四獣も
    つまりそういうことだな。
    [ 2016/06/21 03:09 ] [ 編集 ]
  626. 目的?、そうだな…、例えば眷属の世界は時間の概念がない。神話が
    観想だとすれば、あれらは過去であり現在であり未来であるわけだ。
    ある意味で哲学や科学より生の世界構造が見れる。構造を推測して
    どうするかって?、地勢がわからんと戦えんだろ?w

    単純に神話上の眷属の話をしてるときは、ただの厨二病だ。

    追伸:
    今、職務質問されたぞw
    [ 2016/06/21 03:49 ] [ 編集 ]
  627. 稲荷本体を知覚すれば納得すると思うのだが、奴らは往々にして炎上しとるw
    天狼シリウス、天照オオカミだ()。獅子のタテガミにも見える。唐土人は
    白虎などとも言ってるが、哺乳類の虎ではなく、うしおととらのとら
    みたいに知覚しとるはずだ。言い出しっぺが知覚したのが本体ならな。
    [ 2016/06/21 04:29 ] [ 編集 ]
  628. 「初めて聞く話。でもどこか懐かしく…、知ってる世界のような気がする」
    そう思ったからお前さんは俺の話に耳を傾けたのではないのか?
    「おい聞いたか!蛇と牛が戦ってるんだとよww」
    そんなところに文化など流れんw。荒唐無稽な話を権威付けに使う、目出度い
    王族も少ないだろ。文化が流れるということは、共有しているベースが
    あるわけだ。そして俺が伝えた分類にも関わらず()、お前さんは俺が
    Aだと言っても、Bだと言うこともある。そんなもんだ。これが文化の
    伝搬だ()。
    [ 2016/06/21 05:55 ] [ 編集 ]
  629. >神話、インド入ってないやん

    天竺・仏教系に入れとる/

    >あと、空も担当されてるの知らん?

    摂津一の宮、住吉っさんか?実はあまり知らんのだ()。
    摂津最古(らしい)生魂さん(大蛇だな)のほうが縁がある模様。

    >龍神さんか、竜宮城みたいな建物やもんな

    眷属毎の本拠地を竜宮神界、稲荷神界、天狗界、鬼神界なんで呼んでる御仁
    いたな。伊勢白山道とか言ったっけか()。竜宮神界…、
    竜王・弁天・蛇神あたりの住処かな?w。恒星でいえば…いや、やめておこうw

    >けど別玉なん?

    ベヒか?俺の見立てではな。

    >リヴァイアサンてセトなんか?

    同一視はされとるかもしらん。が個人的にレヴィアタンと同一個体か
    同クラスだと見立てているのは、前も書いたが北欧のヨルムンガンド、
    唐土の応竜、アステカのケツァルコアトルあたり。巨大な羽(ヒレ)があったり
    みんな三位一体か四天王にエントリーしとる竜王中の竜王。
    [ 2016/06/21 07:05 ] [ 編集 ]
  630. 言い忘れ。眷属からしたら陸も海も空も大して変わらんわけだ。
    全て海原(葦原中国)だな。現し世だ。三次元空間。だから陸海空とするのは
    神話においては稚拙だと書いた。
    [ 2016/06/21 07:11 ] [ 編集 ]
  631. >文化や民族ならおたくの言うとこ大概好き

    俺も人類史は好きだ。神話眷属パートもまぁ言や人類史だな。人類の
    観察眼だ。本来の人間の知覚力を侮ってはいけないな。

    >大きい神は複数に化けれる

    これはホントそうだ。俺的には兼ねる、包括する、小さい部分を持つという
    意味だがな。手という神は親指や人差し指という神を包括する。
    人はこれを次元が違うという。俺はホントにデカいのはガチ神さんと
    呼んどる。俺の管轄外だw。コンタクトとるのは巫女の仕事だ。しかし
    眷属クラスはなぁ…、例えば冥界女神ヘカテー(仮に五次元)が
    ハルピュイア(仮に四次元)の姿で現れたりしとるが、こっちによく来れるのは
    基本的に過去~未来の自己ぐらいしか包括しとらんぞ。つまり
    結構スッキリ種属がわかれとる(特化しとる)。

    >おたくは一族ってあんま関係無いと以前言ってたけど

    というわけで、上位の周波数帯(比喩)からすれば、人間時間の100世代など
    一瞬だな。まして一族のタマは、近いグループであることが多いようだ。
    つまり、フォ~ス的な契約、因縁が、家系で続くことは本当にある。
    ハグレがよく悪用するやつだ、「この壷を買えば悪い縁が切れます」とw。
    [ 2016/06/21 14:32 ] [ 編集 ]
  632. 部分でないと下位には行けんのだ。立体もCTスキャンのように切り取って
    面にならないと二次元には入り込めない(比喩)。眷属や幽霊も【現在】という
    【部分】でないと顕現できんわけだ。

    だからな、フォ~スは強烈だが「私は根源神の生まれ変わり」などと
    のたまうマヌケ教祖には、まず俺はハグレ眷属の関与を疑うわけだ。
    信者を増やして思念を糧とするのが目的だからな、あやつらは。
    [ 2016/06/21 15:13 ] [ 編集 ]
  633. あ、あとな…。眷属は基本的に徳が低い。すぐイラっとする。そして
    思念を読んでくる。あれらに取り繕いは通用せん。無礼な侵入者に
    眷属がイラっとするのは、性根のほうが、やはり無礼もんだからだ。
    蛇のピットセンサーのように嗅ぎ付けてくる。俺なんぞ相当無礼にあたる
    言い回しや、格好で神社行ったりしとるが、まだバチがあたったことはない()
    根は博愛精神の塊みたいな奴だからな(冗談だ。笑とけw)。めっちゃ徳低いぞw
    差別者だ。半島大嫌い。
    [ 2016/06/21 16:07 ] [ 編集 ]
  634. 一族ってあんま関係無いとおたくが言ったのは能力の方な。一族だから能力が高いとは言えないと言ってたと思う。愛の人は家系関係ないと言ってたけど、それは違うと思ってる。因縁的な契約はまた違う話で入れてないよ。それは自分が知りたい範疇じゃない。
    >色々後付け食らってるような…
    ホルスやバアルは古いやん。人への影響力が長いと付属されてく。笑ってるけど、ホルスのカバは水場が得意なわけやよ。自分は最強生物サイ派なんやけど、よく考えたらカバはやはり凄い所があるな。
    >だから陸海空とするのは 神話においては稚拙だと書いた→納得した。
    天竺は後ですぐ気づいたよw神界とかは何かの会とかに入れば教えられる知識やろか。全然興味ないな。
    [ 2016/06/21 21:47 ] [ 編集 ]
  635. >「初めて聞く話。でもどこか懐かしく…、知ってる世界のような気がする」
    懐かしくではなく恐怖だったわ。知らないけど追っていた所がある。何度も言ってるけど特定の宗教や団体とか知らないし、スピリチュアルを無視してるんでその手のものは一切知らない。全く信じないんじゃなく、人見て話を信じる場合はあるけどね。けどリアルの知り合いな。しかも特殊な人を知ってる(おたくの言うカタギ側の)方な。
    キーワードとか一杯見つけて自分でイメージしてたんやわ。おたくと話しだしてからより気づいていき、組み立て、そしてあるものを見て卒倒しそうになった。五行じゃないけどね。けどあれもなんか「お?」と思ったな。

    >「おい聞いたか!蛇と牛が戦ってるんだとよww」
    そもそも別口で古代文明も好きやから、そんなん思わんわ。聖書読むきっかけもエジプト出てくるからだったしね。けど間違えて新約読んでるけどw
    [ 2016/06/21 23:13 ] [ 編集 ]
  636. あと空担当、なんで知らんのや。住吉さんちゃう。
    生魂さんは分からんな。平安期の天皇さん儀式は生魂さんと公式になってるが、本来浜の方でやってそうやし、行事執り行いは住吉さんがやってるんやで。生魂さん辺りは昔の守屋邸の土地含め、周辺界隈を他の神社と共に何か結界の様に神社で占められてた。初期の四天王寺は多分ここ(守屋邸)に建てられるも、萌えるwだから神社だらけなんかもな。
    >眷属は基本的に徳が低い
    狐さんイラつかせたんかな?どっちか言えば素通りで「ナンデヤネーン!」って感じやったけどな。勿論参ったで。謝ったし。バチもないw
    [ 2016/06/22 00:27 ] [ 編集 ]
  637. >神界とかは何かの会とかに入れば教えられる知識やろか。全然興味ないな

    いやいやいやいや、神事(神道)はフツーにそういう世界だな。
    今はカタギ神職による真似ごとの言わば茶番が主流だが、結局、
    自分の解釈したいようにしか、見たいようにしか見ないのが人間だ。
    日本人がそれでいいなら何も問題ない。

    >空担当、なんで知らんのや

    何のことを言っているのかサッパリわからんw
    [ 2016/06/22 02:41 ] [ 編集 ]
  638. >一族だから能力が高いとは言えないと言ってたと思う

    嗚呼、それは言った。インテリな家系でもポツンとマッチョが産まれて
    家系としては変わり種やったりすることあるやん?そんな感じ。
    昔は神事を継ぐにしても、神懸かりかどうかは先代も見てただろな。

    >自分は最強生物サイ派なんやけど

    俺はカバカバ言い出す前からカバだと思ってたぞ。あれは顔がもう
    異常者の顔だ。太古のやたらデカい、ほにゃららテリウムみたいな顔しとる
    いや、ほにゃららテリウムのリアル顔は知らんが。

    >そしてあるものを見て卒倒しそうになった

    ん?それは何か?

    そうだなぁ…、大阪だと生魂はん、石切あたりが縁あるかなぁ。
    [ 2016/06/22 03:18 ] [ 編集 ]
  639. カバのアゴはどうなっとる。あんなもん寄生獣が人間喰うときの開き方だぞ。

    まぁなんだ、俺の見立てでは、お前さんはフツーじゃないぞ?
    俺のほうがオカシイのでマトモに見えるが、お前さんもカタギではない。
    ではなw
    [ 2016/06/22 03:36 ] [ 編集 ]
  640. ベヒモス考

    しかしベヒーモスが河馬(っぽい又は象っぽい)というのは後世の印象でしか
    ないわけだ。人は眷属を地域に生息する獣になぞらえる。実際のところは
    わからない。イスラムではバハムートと呼んでドラゴンだったか
    怪魚だったかになってる。

    巨大というなら天狼フェンリルも巨体だ。天に届く。温厚だがキレると
    手がつけられないというなら九尾天狐もそうだ。ハート様みたいな奴だ。
    また、個人的信憑性60%ぐらいの異能者の霊視では九尾天狐は800mぐらい
    あるという()。

    大食というなら稲荷は、かなり貪欲である()。人気者というなら一番の
    ムードメーカーでもある。河の氾濫に動じないと云われるが、京都では
    河の氾濫を鎮めるのにエレメント【火】の稲荷を祀った。実生活の感覚か
    五行あたりの影響だろう。俺に言わせれば水を鎮められる対抗馬は
    エレメント【土】なのだが。すなわち堤防だ。それがリアリストと
    いうものだ。しかしそこらへんは、どこかズレてる京都だ。
    そっとしておこう。水の蛇に火の稲荷で睨みをきかせたともとれるからな。平均的に稲荷の
    ほうがつおい。

    話が逸れたが、結論としてベヒモスは、個人的観想としては、
    三柱一体のポジション的には稲荷ダマ。実際のところは、やはり不明だ。
    [ 2016/06/22 14:47 ] [ 編集 ]
  641. 自己レス補足

    >人は眷属を地域に生息する獣になぞらえる

    そして河馬だと思えば河馬になるのだ。河馬に見えるんじゃあない。
    精神層は思念が干渉して本当に河馬になる。眷属の本体に形はない。
    度々書いてるけどな。形のない概念だけの存在が、物の世界に現れるのに
    形が必要になっていくギリギリの具現化した段階を俺は本体と呼んでる。
    [ 2016/06/22 16:00 ] [ 編集 ]
  642. × 俺は本体と呼んでる
    ○ 俺は俺は基本形態と呼んでる
    [ 2016/06/22 16:05 ] [ 編集 ]
  643. 説明しよう。眷属を知覚するといっても、どの層とチャンネルが合うかで
    “見え方”も変わるわけだ。光の塊を想像してくれ。概念だけの状態は
    そのようにしか知覚できないはず。少し周波数帯が下がると概念が具現化
    されつつある形どった光体になる。さらに下方では下からの突き上げが強く
    半物質化された形として可視化される。竜王だと鱗まで見えるといった
    感じだ。さらに下方だと物質世界の干渉が強すぎて、見る側の思念まで
    吸い上げる。だから牡牛が牛だったり、蛇女神が天女だったり、天狗が
    山伏だったり、例えば“あれ”が河馬だったりするわけだ。さらに下方は
    もう見たいようにしか見えてないはず。観音様だの恵比寿様だのだ。
    原型をとどめてない。

    多分こうなっとるw
    [ 2016/06/22 16:58 ] [ 編集 ]
  644. >神事(神道)はフツーにそういう世界だな
    その伊勢なんちゃら見てみよう思たけど、全然読む気せんわ。

    京都の氾濫云々は伏見の事?
    あれやで、五行は水に強いのは土ってなってるで。五行の星型はじゃんけん方式になってる。水は火に強いともなってるよ。
    京都はしたいを川に流しまくってたやん。今じゃ伝統とかで何か川で行事らしくしてるけど、全部渡来もん。渡来のでも良いのは良いけど、京都のは元が気色悪いもんばかり。
    >さらに下方
    下方が分からん。よくない質の眷属なのか、人がよくない質って事?スピリチュアルな人は殆ど下方の話してるやんな?
    [ 2016/06/22 20:45 ] [ 編集 ]
  645. けど、前から言ってる自分が見た動物達はほんま何?普通のと比べて色や大きさが違うから、錯覚とも普通に考えられるし、それでもいいんよ。けどほんま初見動物ばっかりやし、鳴き声すら初聞きやで?極度に野生動物に疎い土地育ちなんやし、動物が出てくる事すら想定外なんやで。シシガミじゃないけど、あんな風に普通に見えてた。
    [ 2016/06/22 21:03 ] [ 編集 ]
  646. >例えば“あれ”が
    太古の方?
    >俺のほうがオカシイのでマトモに見えるが
    おたくは専門だから全然いいけど、自分は専門外だからそんなの嬉しくないでwおかしいとか言われたら嫌やわw
    今でもおたくの文章は動くんやで。再インストールとウィルススキャンも全部やったけどね。で、謎やからシステムの問題かもと思い他人にも聞いたやん?イエスかノーで聞きたかっただけ。けどあろうことか、話してた他の内容も絡んでこっちをキチキャラみたいに言うてきたやん?あれほんま腹立ったわw
    人と違う症状がでたり、見えたり聞こえたりってのは、自分にとっては苦痛でしかない。小さい時からだったら誰でも嫌になるわ。だからリアルじゃ絶対言わない。つかネットでもありえんかったけどw
    [ 2016/06/22 22:37 ] [ 編集 ]
  647. もう遅いけど。日本の稲荷はまじでいつからなんやろな。引っかかるんやな。
    江戸時代もと言うけども、大阪は商売繁盛は多分だけどえべっさんと大黒さんに天神さん、あと消えてる弁天さんも強い気するんやわ。他にも一杯ある。信仰の類いでも大御所達も常にいるわけやし。豪商はお稲荷さんって感じでもないなぁ。
    [ 2016/06/23 02:34 ] [ 編集 ]
  648. >五行は水に強いのは土ってなってるで

    そうだそうだ、濁すとかどうとか。

    >水は火に強いともなってるよ

    だっけか。もう忘れたのぉ。金は斧になって木を切るってのは妙に覚えてる

    >よくない質の眷属なのか、人がよくない質って事?スピリチュアルな人は殆ど下方の話してるやんな?

    いや、良し悪しではなく、例えば眷属のビルと人間のビルがあったとして
    何階が渡り廊下で繋がっていて行き来できたかって感じかな。

    >けど、前から言ってる自分が見た動物達はほんま何?

    なんやろな。現場におらななんとも言えんな…

    >太古の方?

    ベヒの方w

    >日本の稲荷はまじでいつからなんやろな

    やっぱ秦とか鎌足とか、あのへんじゃねーの?
    [ 2016/06/23 03:05 ] [ 編集 ]
  649. >京都の氾濫云々は伏見の事?

    たしか。稲荷は元々農耕神だな。『稲荷』の読んで字の如くだ。狐は
    肉食獣なので畑の味方、ゆえに農耕神、などと云われてるが、これはな、
    超後付けだなw。

    まず稲荷狐は狐ではない。日本には(も)狐がいたので狐になぞらえてるが、
    例えば半島の稲荷は山犬だったと聞いてる。稲荷は
    『なんか知らんがスパークしとる、知恵が回る狼型眷属』だ。
    それを人間が地域の動物になぞらえてるに過ぎないな。
    【火】エレメントゆえ光合成の農耕神だな。【知】ゆえ商いなどは朝飯前で
    祀っていた江戸の商家が大繁盛したので、それゆえ江戸で爆発的に
    商業神として流行ったと聞いてる何度か書いてるけどな。それが伏見に
    逆輸入された。伏見の千本鳥居は商業神の加護にすがりたい企業の名前で
    ひしめき合っているな。
    [ 2016/06/23 07:10 ] [ 編集 ]
  650. 長文すまん
    そもそもな、商いは人間社会の話だ。人間の力では
    どうにもならないこともある自然との戦いでもある農業において、
    半分だけ力を貸して下さいねというのとはワケが違うわけだ。商いで
    悪魔(稲荷)と契約して、どうにかしようなどという魂胆がそもそも
    あさましい(笑)。商業稲荷信仰は以前お前さんが言っていた、
    「神さん今日もいい天気でんな。今日も一日元気で商いができますように」
    などという健やかなものではないぞ。「あれは効く」で流行ったと聞く。
    最悪だ(笑)。いまだに自社ビルの屋上に稲荷を祀る企業もチラホラ見る。
    商いなど己の才覚一つで勝負するもんだ。俺を見ろ、己の才覚一本だから
    万年金欠だ。

    稲荷の見返り要求率は高い。自称正一位の高位の連中はそうでもないが、
    基本的には、「汝の油揚げと引き換えにその願い叶えよう」だ。なんで
    油揚げなんかは謎だが。甘い物体からは特殊な氣でも出ているのか?
    まぁそれはともかくだ、稲荷は七代祟るなどという。当然だ。人間が
    羽振りよくなると、頼み事をしたことを忘れて、すぐ天狗になるからだ。
    稲荷にとって七代など七秒以下だ。

    しかも稲荷は天狗が嫌いだ。竜王と鬼神がライバル関係にあるように
    稲荷は天狗と犬猿の仲というほどでもないが相性が悪い。緻密に策を練る
    稲荷からすれば、勘で動いて、しかもそれがあたる天狗を見ていると
    イライラするのだろう(すまん創作した)。肉体が無いからな、きっと
    カルシウムが足らんのだ。基本的に犬神系より猿神系の方が神通力は強い。
    しかし知力の稲荷からしたら、魔力の天狗も、武力の竜王や鬼神も
    脳筋の大バカヤローどもだ。俺の読みが正しければライカンと
    ヴァンパイアもあれは犬神系憑きと猿神系憑きだ。よく映画で戦ってるが()。
    猿といっても日本猿のようなお猿さんではないぞ。天狗系の猿は言わば
    猿なのに犬歯の長い凶暴な狒狒だ。話がそれたが、これが俺の稲荷感だ。
    稲荷とは別の動物霊の狐ダマ?そんなもんは知らん。哺乳類の狐さんは
    他の哺乳類と比べ、特に特別枠でもないだろう。
    [ 2016/06/23 14:24 ] [ 編集 ]
  651. なんだ稲荷感ってw。稲荷観に訂正。

    しいて言うなら…、狐さん(や猫)の瞳孔は縦に開くな。蛇と同じだ。イヌ科なのにピンで動く。
    狐さんは稲荷霊系の影響力が強いかもしれん。

    ちなみに羊・山羊、ガマは瞳孔が横に開くだろ?、魔女が横開きが
    好きだっただけかもしらんが、仮称ケンダッパ霊系の影響下かもしれんな。
    霊性ってやつだ。
    [ 2016/06/23 15:01 ] [ 編集 ]
  652. 今日夢でライオン出てきたw
    狒狒って何ぞと思ったらヒヒね。前にトトがヒヒと知った時、髪逆立ったわ。そういや、それでライオンキングにヒヒのシャーマンが出てきてたんやな。

    >祀っていた江戸の商家が大繁盛したので
    江戸よりずっと前から大阪は豪商の街だから。だけども江戸が新しいと言ってるわけじゃなく、家康は古い考えで感覚は大阪と同じ。彼ら支配者が贔屓に(信仰)してたわけじゃないから話がおかしいのや。ましてや家康より前から稲荷信仰が武蔵野にあったわけではない。多分初期から関わる堺衆や尾張商人でもない。安倍晴明の母狐は大阪だけども。
    多分やけど、うちとこはお稲荷さんは早くても明治から祀ったんと思うわ。えべっさんは勿論居てた。
    別に稲荷嫌いとかで言ってるんじゃないんやわ。伏見は行ってみたい。けど鳥居の色があんま好きじゃない。
    [ 2016/06/23 22:20 ] [ 編集 ]
  653. 付け足すけど、家は契約なんかしてないでw勘弁してほしいw居るって契約になるんかな?もうお返してるけど。「今日もいい天気でんな。」は祖父のセリフ。祖父が毎朝神さん達に水とか取り替えしてたけど、引越しで殆どお返しした。
    >頼み事をしたことを忘れて、すぐ天狗になるからだ。
    確かに、これは人間が悪い。だから眷属は人を騙すのも平気なんやろかな。
    フェンリルは温厚で良かったよ。
    >しかも稲荷は天狗が嫌いだ
    これほんまわろたわwほんま何やろか。犬猿でちょっと探してたら逆に天狗の気質とか書いてるのがあってんけど、なんかほんまにわろたわ。前に調べた時はキチって書いてるの見て、それ以上調べんかったんやけど。
    [ 2016/06/24 00:50 ] [ 編集 ]
  654. >商いなど己の才覚一つで勝負するもんだ。俺を見ろ、己の才覚一本だから 万年金欠だ。
    うん、商いはそうあってほしい。
    おたくは知識凄いわ。小説もクラシックも生物でも、何でも返してくれるもんな。
    以前くにを守ってくれてありがとうって書いた事あったけど、あの時はまだ眷属の話も出てなくて知らんかったんやわ。けど本当にありがとう。お師匠さんやミコさん方も本当に。
    [ 2016/06/24 01:49 ] [ 編集 ]
  655. >今日夢でライオン出てきたw

    おっ!いいな。そうだな、あれは狒狒(ヒヒ)だな。獣寄りの猿の中では最も
    切れ者で獰猛と聞く。サイヤ眷属だ。風神ハヌマーンだな(無双具合は
    ガルダとどっこいだ)日吉山王の神使動物がどういう経緯で猿になったのかは
    謎だが、天狗系サル目だ。

    江戸は民間つまり、町人の間で流行ったと聞いてるな。詳しくは知らん。
    稲荷の鳥居は炎の鳥居。今やヨソの系列でも朱色の鳥居はあるけどな。

    >居るって契約になるんかな?

    居るだけならいんじゃね?w。皆が皆、気付けは勝手に違法契約されてる
    わけでもないし。まぁあれだ、隙がなければ大丈夫。健やかな思念に
    干渉された稲荷にマフィアみたいな稲荷はおらん。
    カッタギじゃないのよマフィアはHAーHAー♪

    >「今日もいい天気でんな。」は祖父のセリフ

    人となりが伝わってくるようだ。

    >だから眷属は人を騙すのも平気なんやろかな

    天狗をキチだと思ってる人もいるし、色々いるからな。俺も無意識に自分の
    周りのケースで書いてるし。巷ではどんなケースがあるのかたまに
    ググるのだが、『なんだ?何か用か?俺は忙しい』つって出て来る、あまり
    人間に関わりたくない稲荷もいるようだ(なんかワロタwww)。フェンリルは
    たぶん大神(おおがみ)級を観想したと思うぞ。記紀世界観でいえばアマテラス級。

    なんかお前さん俺を良いように言ってくれるが、知識は例えば
    ベースボールやパチソコは全く知らんが、庭球や麻雀は好きだったり、
    偏りまくりだぞ。クニ云々も大マジレスに特に何もしてない()。むしろ
    空自だった頃のほうがまだ国守ってる感あったと思うw。が気持ちだけ
    受け取ってマッタリと精進することにするノシ
    [ 2016/06/24 14:28 ] [ 編集 ]
  656. >江戸は民間つまり、町人の間で流行ったと聞いてるな
    だから、嘘もあり得るって事。江戸中に稲荷が置かれてるを、徳川が黙って見てるなんてあるわけない。江戸だけじゃなく全国だよ。どの地域も稲荷を知ってるでしょ?他の眷属神で意外とないよ、こういうの。だから明治から大普及が正しい。
    まぁあれだわ、これからも炎の門は通らないでおくわ。サーカスじゃないんだからw綺麗と思った事がない。

    >空自だった頃のほうがまだ国守ってる感あったと思うw
    忘れてたけど、空の神はニギハヤヒやで。飛行関係全部担当してはる。勿論前職の守り神もそうやと思うで。
    [ 2016/06/25 03:47 ] [ 編集 ]
  657. 住吉か?て訊いたら違うゆーからニギハヤヒ省いたがな。天磐船やろ?
    [ 2016/06/25 04:02 ] [ 編集 ]
  658. この業界で駆け出しのころ山ん中で稲荷に挑発されたぞ。マズイ、マズイ、
    これはマズイと思って逃げた。三十六計だ。しばらくしてから、
    「リベンジじゃあ!ボケェ!」と思って戻ったw。今度は向こうが退いた。
    懐かしいおもひでw
    [ 2016/06/25 04:33 ] [ 編集 ]
  659. 麻雀はイメージ悪いわw
    賭け事全然しないけど、パチとかああいう自分で決めれるものはまず負けんわ。けど全く面白いと思った事がないから自分から行く事はないわ。

    >住吉か?て訊いたら違うゆーからニギハヤヒ省いたがな。
    なんで省くねん、空自やのに知らんとかガッカリするわ。
    住吉さんは海の守り神って感じやん。津守氏はニギハヤヒの末裔だけど、トーテムは違うんかなっとか考えてしまうやん。やっぱり同じ神なんかな。
    [ 2016/06/25 04:49 ] [ 編集 ]
  660. いや、だから真っ先に挙げたのにお前さんが違う言うから
    (むしろ天磐船ぐらいしかない)、空担当?、空担当てなんぞとw
    [ 2016/06/25 04:52 ] [ 編集 ]
  661. 前に言うてた陸海空の分け方やけど、初めに聞いた時「何もおかしくないやん」と思ったんやわ。三次元のはとても分かり易かった。けど自分の感覚で元の考えでは海はおたくの言う冥やったんやわ、海はね。空は天で陸が地、海は冥で捉える人もいるんじゃないかな。
    海は本当に怖かったんだわ。これは十代でもそうやった。水場は結構危険信号走るんやけど、いわゆる霊とかは流れのない水場(池)の方がまずい。けど海はもっと恐ろしい怖さがあるんだわ。海はウロボロスの様な存在だわ。生とシやわな。だから蛇神系が正しいんやろうけど、同時に冥なんだわ。そう思ってた。
    以前和歌山の人が黄泉を山手にある様にココのブログで書いてたけど、ひと気のない山が黄泉とかじゃないと思う。そういう事じゃないんやわ。
    [ 2016/06/25 04:59 ] [ 編集 ]
  662. ただいま!(やっと充電器にありつけたぜ)
    補足。さすがの俺もな、飛行艇や魔導船(宙間航行船)は流石にないと
    思うわけだw。磐船がそうだったら夢あるけどな(ノアとかな)。だがあれは
    航海に使った船のことだろ?それがいつしか飛空船になり、航空神に
    なった(なんでもアリやからの)。ちょっと待ってな、風呂入ったり色々するわ
    [ 2016/06/25 05:21 ] [ 編集 ]
  663. おかえり。
    飛行艇や魔導船は知らんけど、宇宙船はあるでしょ。いや、中二思考で言ってるんじゃないで。勿論弥生勢は航海で来たと思う。
    けど饒速日命は守ってくれてるで!戦争中なんて守ろうにも守れんわあんなんわ。心苦しい。神社舐めてた自分が一番信頼しとったからね。お札あったら全く見ない、今もそうやわ。つっても入ってないからね言っとくけど。うちとこは氏神さんもあるわけで。けれども何か入れなら其処入るわ、迷うことなく。
    [ 2016/06/25 05:50 ] [ 編集 ]
  664. >どの地域も稲荷を知ってるでしょ?

    なるほど、確かに明治は臭い。ちなみに俺といちばん縁のある稲荷は前も
    書いたが源九郎だな。お前さんに、なんで俺だけスルーやねんと
    突っ込んできた稲荷だ。日本三大稲荷の一つらしい。その名の通り、
    どこぞの遮那王を度々助けて、この名を貰ったという言い伝えがある。
    天狗憑きを度々助ける稲荷()。ついでに言えば俺は、この稲荷で
    名付けられた模様。

    >賭け事全然しないけど、

    ギャンブルは麻雀ぐらいだわ。人とやるのが楽しいのだな。「渾身の~♪
    ポーカーフェ~イス♪キメて仕掛けるよ~イリュージョ~ンの世界へ
    引きずり込んでぃえ~♪」ってやつだ。だがしかしゲームは独りで妄想に
    耽りたいのだなこれが。

    >海はおたくの言う冥やったんやわ

    お前さんの言っている海はな、そりゃ冥だ。人間がタマ・思念・肉と
    重なっているように、世界も天・冥・海(この場合の海は現し世のこと)が
    セル画のように重なってできているわけだ。お前さんの言っている海は、
    海(この場合の海は普通のあの海)の冥の層だ。ややこしいなw。

    >宇宙船はあるでしょ

    そういや隕石は牡牛の星間航行船(磐座)だな()。
    [ 2016/06/25 08:02 ] [ 編集 ]
  665. つか、三大稲荷多過ぎやろ4つか5つならまだわかるがw。伏見稲荷大社は
    高みの見物。まぁ総本社だからの。しかしな、俺の三大稲荷は特殊だぞ、
    伏見、伊勢、三峯だ。たぶんこのチョイスは日本で俺だけだ。もっといえば
    フェンリル、九尾天狐(または白虎)、ベヒーモス、黒のテスカトリポカだ。
    たぶん世界で俺だけだw
    [ 2016/06/25 11:55 ] [ 編集 ]
  666. たぶんアヌビスもだな。黒稲荷だ()。まぁアヌビスは行間から少し違う氣を
    放つのではあるが…。別に犬っぽいのを集めているわけではないぞ?w。
    ベヒーモスなんぞ河馬っぽく伝わってるしな。
    [ 2016/06/25 12:57 ] [ 編集 ]
  667. ちなみに稲荷とダキニ(夜叉)を習合した密教だが、稲荷は鋳成とも習合
    しとるな。まぁ劫火の稲荷だからな、製鉄系のトーテムでも間違いでは
    ないし、天狗も職人肌なので鍛冶系のトーテムでも間違いではない。んが!
    何度も書いてるように製鉄系を最も得意とするのは【土】の牡牛と
    鬼神だな。果ては高度機械文明の発展神だからな、根本的な規模が違う。
    根本的な大地母のエネルギーとして、スパイラルの蛇に他の眷属が
    適わないのと同じだな。
    [ 2016/06/25 14:47 ] [ 編集 ]
  668. >天狗憑きを度々助ける稲荷
    へー!義経と関係あって源ついてるんや、凄いな!名付けも凄いな!お稲荷さんも色々居てはるねんな。
    >お前さんの言っている海は、 海(この場合の海は普通のあの海)の冥の層だ
    へー、なるほど。
    アヌビスは冥界の重要神やで。魂を測るのはアヌビスの仕事やし、閻魔さんみたいじゃないの?
    >果ては高度機械文明の発展神だからな
    なぜ日本の最高神は牛系じゃないんやろなw高度発展もいいけど、大阪は天狗がいいわ。
    あとさ、稲荷は犬が大嫌いって書かれてんの見たで。狐さんで困ったら狼神社行けっても書いてあった。狼って強くないん?
    [ 2016/06/25 16:19 ] [ 編集 ]
  669. >アヌビスは冥界の重要神やで

    そこなんだわ。結局な、○○神(例えば火神、農耕神など)なんてのは、
    人間側が付与したキャッチフレーズでしかないわけだ。俺は【冥】は
    天狗だと書いたが、無論、俗にいう幽界層や霊界層にも、他の眷属も
    おるわけだ。何つーかな…、アメリカ=白人、みたいなもんかな。実際は
    ラテンも黒人もいるわけだ。黒稲荷だなw

    >なぜ日本の最高神は牛系じゃないんやろなw高度発展もいいけど、大阪は天狗がいいわ

    発展というと若干の語弊があるが、要はツリー型なのだ。幹→枝→葉と
    非常に分かり易いのだ。これはな、発展を加速させる。日本も近代初期や
    高度経済成長期のような加速度の高い時は、一神教のように一元化され
    一丸になってるやろ?勿論、今も発展はしてるが、日本は基本的に
    リゾーム(地下茎型)だ。複雑怪奇に絡み合う東洋的混沌というやつだ。
    うねるハイブリ竜王の如しだ。政党の数もっと減らせよとか思うだろ?w。
    日本においてはな、うねる松は一流、真っ直ぐな竹は二流なわけだ
    (比喩だぞ?梅は三流だが大徳は下に流れるということで)。

    天狗は日吉山王や熊野が強いな、滋賀や和歌山の印象がある。鬼神や竜王も
    いるけどな。そう!こういう↑ことだ、冥=天狗。大阪や奈良は特に
    特化はしてないんじゃね?元祖畿内ですからww

    >あとさ、稲荷は犬が大嫌いって書かれてんの見たで。狐さんで困ったら狼神社行けっても書いてあった。狼って強くないん?

    それな…俺の見立てでは完全に哺乳類の狐や狼と混同しとる民間伝承だな。
    犬が嫌いな稲荷なんぞ会ったことねーわw。まぁ稲荷の中でもランクは
    あるだろからな、狼神社は格が高いのだろな。
    [ 2016/06/25 17:02 ] [ 編集 ]
  670. >お稲荷さんも色々居てはるねんな

    三重寄り山手には源五郎狐なんてのもいるな。剣聖上泉信綱と関係あるかは
    知らんw。なんかうちの稲荷どもは孝行モノ狐や働きモノ狐が多い模様()。
    実在か架空か胡散臭い鎌足のトーテムは鎌をくわえた白狐だがな。もう
    見るからに危険信号の出とる狐やなw

    それはともかく源九郎の通称の由来はホントかどうか知らんぞ?調べたら
    祀ったのは羽柴秀長らしいが、まぁもっと昔から住み着いてはいた模様。
    なんで代々、身内で名付けとるのに、俺だけ名付け親が源九郎の神主
    なんかは謎過ぎるw。家族に訊いても知らんという。んなアホな()。
    まぁ何でもええがw
    [ 2016/06/25 18:35 ] [ 編集 ]
  671. アリの巣みたいな感じって事やね。けど日本は一つの組織(ファミリー)ではないようやけど。いつも割れてる。
    天狗は冥位置かもしれんけど、ミワさんからも天狗が出てるしモノノベ氏もおってもおかしくない程。だから天狗は安心やわ。あと竜王と弁天さん、祀ってきた人達や信仰してきた人達が良いからここも絶対やわ。この三つと大和にお住まいの大蛇さんは、もうブレる事はないね。
    源九郎さんは次行った時はもう絶対スルーしないよ。申し訳ない。あんま何処の稲荷とか意識してなかったからね。どこの神社って言わなくても分かってるかもしれんけど、おたくが縁ありと言った神社やで。
    鎌足の稲荷は怖そうやなw架空か知らんけど本人も非情やもんな。
    [ 2016/06/26 01:09 ] [ 編集 ]
  672. しかし、アマテラスが戦うのは誰になるんやろう。気になるなぁほんと。
    稲荷がはた氏だとしても、けどそれだけじゃないように見えるんやわ。やはりかつて、自分の好きな一族とはただならね縁故ができる。それがおたくの言う中世の牛の事やろう。しかしこの時期は失敗するんだわ。
    [ 2016/06/26 01:51 ] [ 編集 ]
  673. そういやアヌビスヒヒなんてのがいたな。稲荷なのか天狗なのか()。
    ヒヒといえばマンドリルの顔はどうなっとる。色んな意味でコワいぞ
    あやつの顔は()。

    竜王、弁才天(蛇神マザー)、大蛇神か。ニョロロ三役だな。大地母の
    スパイラルなエネルギーの系譜だからな、多くの日本人と相性いいだろな。
    [ 2016/06/26 01:53 ] [ 編集 ]
  674. ネットで「神とは鬼っぽい、牛っぽい何かである」と書いてる御仁がいたが
    違う、そいつらは眷属だ、騙されるな!w

    牛?、日本でザ・牡牛といえば、やはり中期八幡が思い浮かぶなぁ…。
    ヤハとかw。神使動物の鳩もどうせ軍神の取り巻きの
    軍鳩ども(狭義エンジェル。天狗ダマ)のシンボルだろ?。天満宮系列は
    鬼神っぽいけどなぁ。狭義天神。蚩尤。そういや、どこぞの天満宮に
    麒麟さんのオブジェがあるのぉ()。

    あと麒麟さんのシンボル臭いのは…、地竜大ナマズの対抗馬になった雷神
    タケミカヅチ(鬼神)とこの神使動物、春日の鹿どもぐらいか…。盆休みこそ
    いざ春日へ!w(行けるかな…)
    [ 2016/06/26 02:18 ] [ 編集 ]
  675. ハト派?平和のシンボル?いやいやいやいや、鳩の顔をよ~くご覧ぜよ。
    あれも異常者の顔である。牡牛の取り巻きだからな、どうせ狂ってるww
    クソを撒き散らすタカリ屋である。ポッポ野郎だ。いや、リアル鳩も牡牛も
    狭義エンジェルも嫌いではないけどね()、悪魔にされてるポジションとして
    持ちキャラとしてsageといた(笑)。
    [ 2016/06/26 03:08 ] [ 編集 ]
  676. アマテラスか…。何度か書いてるが三貴神と北欧の三兄妹は異常に似てる。

    アマテラスは高天原担当、天のオオカミ、フェンリルは神々の住まう
    アースガルドで監視される。アマテラスは頭脳戦で岩から引きずり出され
    フェンリルは頭脳戦で岩に縛り付けられた。アマテラスは天を照らし
    (フェンリルではないが)天の狼シリウスは全天で最も明るい。

    弟のスサノオはポジション的に牡牛神のイザナギ親父に海原に追放され
    そして(大蛇出雲大汝に干渉され?)鬼神となり、フェンリルの弟の
    ヨルムンガンドは主神オーディン(牡牛)に人間の住まうミッドガルドに
    投げ込まれると、尾をくわえてミッドガルドを囲むほどの世界蛇となる。

    おそらく元々女神設定だったツクヨミは黄泉を担当することとなり、
    死の女神ヘルは冥府の女王となった。

    これで考えれば最終決戦で天照大神が戦うのはナガスネヒコ系ではなく
    主神牡牛ということになるw

    余談だが…。俺らも人間界的には縁もゆかりもない三者が三位一体として
    呼び寄せられたのだが、悪巧み担当のデスノートL似の稲荷野郎や
    元軍属で脳筋担当の俺と組む魔の天狗子は、嘘みたいな話だが元々、
    生き霊状態で、蛇女神巫女の体に入り、憑き物状態で行動をともにしていたw
    厨二でも何でもなくリアルは小説より奇過ぎてチビるぜ…。マクロと
    ミクロは連動しとるな。
    [ 2016/06/26 06:43 ] [ 編集 ]
  677. しっかし…。主神牡牛というのは本当にロクでもないな。

    軍神ヤハウェは周囲を悪魔認定しまくって戦をふっかけまくってる。
    ゼウスも女神を侍らす酒池肉林のハーレム野郎だ。帝釈天インドラも
    阿修羅王の娘をレイープしたことが大戦の引き金になる。イザナギも、
    恋女房を「バ!バケモノ!バッチいバッチい、縁がちょ!縁がちょ!」
    呼ばわりして逃げ帰る始末のダメ亭主だ。神話物語において主人公格なのに
    ロクでもないとは、これいかに?

    A.本当にロクでもないから

    悪魔にされてる1人として()、敬意を以て丁重にsageといた。じゃねノシ
    [ 2016/06/26 07:29 ] [ 編集 ]
  678. 神使動物・考
    竜蛇、狐狼、烏や猛禽、猿(猩狒)、鹿、外来の牛、羊や山羊…、
    このあたりは分かるんだわ。該当する眷属がいる。他もまぁ何となく…。
    猪が分からんのな。知覚はもとより、観想もできん。なぜか三大妖怪に
    エントリーしてるキュウリ泥棒より謎だわ。

    該当する眷属も知らんし、シンボリックなもんだとは思うわけだ。
    あの牙は猿(猩狒)っぽいが、牛が来るまでの代わりのような気が
    しないでもない…。

    そういやネットで、「山羊は牛に化けた蛇」と書いてる御仁がいた。
    おしいのぉw。たしかに仮称けんだっぱ魂(ダマ)の光は渦巻くベクトルだ。
    だが奴は水の氣も土の氣も放たん。風の氣だ。魔王尊だな。
    [ 2016/06/26 12:46 ] [ 編集 ]
  679. おたくはやっぱり偏ってるな。ながすねが悪役とな。
    中期八幡とは何処を指してるん。違うと言うてるやん。
    [ 2016/06/26 15:49 ] [ 編集 ]
  680. 大阪の方がながすね愛はやはり強いのかもな。
    [ 2016/06/26 16:06 ] [ 編集 ]
  681. ん?記紀ではどう見ても悪役やろ。俺は悪とも、天照が善玉とも
    思ってないが。俺のいう中期八幡は、おそらくホンダワケの母体になる
    神さんが八幡と呼ばれ出してから、応神帝と習合するまでの期間かな。
    シルクロードが最も活発だった頃。あくまで読みだが。
    [ 2016/06/26 16:22 ] [ 編集 ]
  682. アマテラスが岩に隠れるというのは、おそらく日食だと思うわけだ。
    シリウスは昔の文献では赤い。恒星は2000年程度では老いん。つまり
    シリウスのβ星が地球が見えたと考える。つまりα星が
    岩に隠れた(縛り付けられた)。読みだがなw
    [ 2016/06/26 16:59 ] [ 編集 ]
  683. 飛鳥前期頃まで縄文語か何かは知らないが、ホンダワケみたいな発音の
    武神がいたと推測する。これが前期。

    奈良時代初期、多くの土地神が記紀体系に飲み込まれた時代、
    シルクロードが最も活発だった時代、八幡の名が登場する。元々いた武神を
    母体として習合したと見る。これが中期。

    どうもヤハタのイメージがわかず、再び身近な応神帝と集合し、武家の間で
    広まり出す。これが後期。

    なんかこんなイメージなんだがなぁ…。

    ちなみにシリウスβは赤である必要は
    ないぞ。配列が変われば見え方も
    変わる(おそらく)。このあたりは人類史ではなく、タマの話でもなく
    神話が天文と習合している部分だろな。古代人はマクロは見て、ミクロを
    推測した。おそらく。
    [ 2016/06/26 17:40 ] [ 編集 ]
  684. >ながすね愛

    聞かんなぁw。これが奈良県民に人気ある!って人物は特にいないような
    気もする。嫌いなんも。まぁ前も書いたが筒井順慶は
    大和郡山(源九郎近辺)を中心に人気あるかも。奈良は行基かな、
    プロジェクト大仏のチームリーダー。桜井は
    ヤマトトトヒモモソ(≒卑弥呼)を押しとるが、あれは町おこしやろw。
    明日香は自称蘇我の末裔の曾我さんが多い。こんな感じ。初詣ランキングは
    どうだっかな、確か三輪ではないぞ。春日でもない。橿原だった気がするw
    そんなもんだ…。
    [ 2016/06/26 23:06 ] [ 編集 ]
  685. そういや八幡といえばなんや京都の学者さん?が新手の五行を提唱しとるな
    古代信仰を代表するトーテム、龍神・稲荷・天狗・弁天・
    八幡(たぶん牛神)を五芒星にして、人を考えるという新手の学問らしい。
    面白い。しかし五行が好きだな京都は()。

    麒麟や魔王尊(仮称)は日本では代表的というほどではないのでいいとして、
    蛇神は龍神に入るのか弁天に入るのか、鬼神は龍神に入るのか八幡に
    入るのか、小一時間問い詰めてみたいところだが。しかし面白い、そして
    オシイ!(笑)。では
    [ 2016/06/27 00:32 ] [ 編集 ]
  686. >どこぞの天満宮に 麒麟さんのオブジェ
    福岡って事は、麒麟は維新側のシンボルなんだな。麒麟ビールも龍馬に関係あるそうやし。
    >悪魔にされてるポジションとして 持ちキャラとしてsageといた
    それでは牛や鬼神の話がしにくくなる。

    >奈良は行基かな
    片腹痛いな。天武天皇が嫌っていた行基か。
    [ 2016/06/27 01:36 ] [ 編集 ]
  687. 別に行基をフォローするつもりはないが、天武天皇とは時代がズレとるやろ
    天武天皇が知る行基は多分、生意気なクソ坊主ではないのか?()
    [ 2016/06/27 01:51 ] [ 編集 ]
  688. >麒麟は維新側のシンボルなんだな

    さもありなん。俺の読みではあれは指向性寄りだからな。儒家とかな。
    大地母系ではないはず。

    >それでは牛や鬼神の話がしにくくなる

    いや、してくれていいぞw。別にキライではない。
    [ 2016/06/27 01:56 ] [ 編集 ]
  689. 今の学園前もトミ一族の土地やったとか読んだな。山を大事にしてて、開発に反対してた?とかなんとか。他所もんばっかりやからな。誰も気にしないのだろうよ。
    土地柄や町おこし以前にやな、長髄彦嫌う日本人おったら察しもんだろ。

    >天武天皇が知る行基は多分、生意気なクソ坊主ではないのか?
    そうやけど。あれ、別人でいるの?確か大仏初見せパーティーで、インドの僧を行基が迎えに行ってたやろ。
    [ 2016/06/27 02:19 ] [ 編集 ]
  690. >俺の読みではあれは指向性寄りだからな
    そんなん関係ないやろ。

    おやすみ。明日続き描くよ。
    [ 2016/06/27 02:28 ] [ 編集 ]
  691. >長髄彦嫌う日本人おったら察しもんだろ

    まぁな。縄文人か弥生人か知らんが、邪馬壹レベルの古参なのは
    間違いなさそうやしな。

    >あれ、別人でいるの?

    いや、詳しく知らん。法相の坊主で、朝廷から疎まれ(これもわかる。布教は
    中長期的には危険だからな)、しかし後年、真偽は知らんが民衆のために
    治水工事に精を出して(人気がある理由)、聖武帝も折れて
    プロジェクト大仏のチームリーダーになったことぐらいしか。
    [ 2016/06/27 02:33 ] [ 編集 ]
  692. >そんなん関係ないやろ

    いやぁ…、俺ら的には多いに関係あるのだ。何度も書いてるが眷属は気質の
    違うところにはあまり寄り付かん。もやすみ。
    [ 2016/06/27 02:36 ] [ 編集 ]
  693. まぁ行基の人気を朝廷が利用したともとれるが…いや、ゲスの勘ぐりは、
    やめておこうか(笑)。

    麒麟についてはなぁ…、会ったことないので観想でしかないのだが、
    旧旧約的にも神聖・純潔、礼記的にも仁徳、ババアの話を聞いても何つーか
    裏が無いのだ。闇が無い。陰陽が循環するウロボロス的世界観では
    ないのだな。複雑なリゾーム(地下茎)というより、力強いツリー型なのだ。
    いや、だからと言って、大地母系と仲が悪いわけではないぞ?逆に本当に
    神聖という保証もない。鬼神や仮称ケンダッパもどちらかといえば
    指向性寄り、牡牛など完全に指向性だが大地母系と絶対的に仲が
    悪いわけではない。相性が悪いというだけだな。どう転ぶかは人間にも
    かかってるのだ。干渉があるからな。実際、ババアのトーテムは弁天だ。

    では眠
    [ 2016/06/27 03:15 ] [ 編集 ]
  694. つまりだな、

    >そんなん関係ないやろ

    は、ある意味で当たってるんだが、例えば神社も合う合わんがあったり
    そういう側面も事実なんだな。天狗は天狗気質に寄って行きがちだし、
    稲荷も然り。これは実感としてな。

    ホントだ、大仏完成前に死んだことになってる。誰だ?w

    学園前、富雄。石を投げれば御新規さんに当たる土地柄だな()。
    まぁ古参も、あれはあれでクセ強いのもいるけどな…(回想中)w。
    結局、新参だろうが古参だろうが、大和好きは、ほっこりするな。
    ニュータウン的なステータスに拘る新参や、村レベルの利害しか
    考えない古参には、あまり関わらないことにしてるw
    [ 2016/06/27 04:39 ] [ 編集 ]
  695. 最後になるが
    一応言っておくとな、短期赴任なのにわざわざ住民票移して三重に
    納税しとるぞ俺は。ふるさと納税はしてないぞ。三重に草鞋を脱いでる
    からな。いや、そんだけw。さてガチで寝るかな。夜のお仕事だからのノシ
    [ 2016/06/27 05:34 ] [ 編集 ]
  696. >あれ、別人でいるの?

    どうやらインドの坊さんはだいぶ前に日本に来てたようだな。

    ちなみに大和で大きな八幡は新興地に集中してるな。8世紀頃の比較的
    新しい、仏教のように急に流行った神さんというのは奈良県においては
    当てはまる模様。俺は宇佐や港湾都市河内あたりに母体になった
    神さん(≠応神帝)がいて先行していたと睨んでるが…。
    [ 2016/06/27 11:07 ] [ 編集 ]
  697. やはり猪は牛が本格的に広まるまでの代替えトーテム臭いな…。眷属は
    地域に馴染みある動物で知覚・観想される。猪といえば伊吹山、愛宕、
    和気清麻呂の宇佐、イザサ(猪篠)ワケの氣比…。ちなみに愛宕の近くの
    牛松山は、その昔、牛を生け贄に捧げていたという伝承がある。牛を
    生け贄に捧げるのは牡牛文化圏でよく見られるな。臭う、臭うぞ…。猪神は
    知覚したことないが牛神の臭いがプンプンする。
    [ 2016/06/27 12:19 ] [ 編集 ]
  698. 『天空に二つの極星あり。すなわち八幡と稲荷』。天・冥・海の天、
    すなわちガチ神さんのお膝元に詰め寄っている二大眷属。本庁的にみれば
    日本の神社二大勢力でもあり、飛鳥奈良前後の新興系列でもある。
    (古くは猪と狼が代替えトーテムだったと推測)

    しかし稲荷は頭いいな。稲荷は嫌われ者だ。神社好きでも
    稲荷はちょっと…という人は少なくない。愛の人もそうだ。これは
    策士稲荷の策略かもしれない。普通にしてるだけで「それほど悪者でも
    ないじゃん」と思われ、ちょっと良いことすると、めっちゃ良い奴だと
    思われる。まさに深い闇を持つ稲荷の真骨頂と言えよう。牡牛は逆だ。
    多くの神話で善玉を自称してる。逆に損しとる(笑)。冗談は
    こんぐらいにして…

    例の新手五行の学者、鹿島春日は八幡に大別してるな。まぁザックリ
    牛系ではあるが、タケミカヅチは違うと思うけどなぁ…。どう思う?
    [ 2016/06/27 14:13 ] [ 編集 ]
  699. お前さんの見立ては違うようだが、俺の見立てでは牡牛系列を
    立ち上げたのは一神教系、稲荷系列を広めたのは仏教系だ。根源神的な
    ものにやたら拘る連中である。邪馬壹は蛇神勢力圏だな。出雲大汝、
    倭大物主、諏訪近辺の記紀に飲み込まれなかった蛇神群。

    その他大手として、白山や宗像の蛇女神、出雲国造斎神(忌部)や
    鹿島(元祖中臣)や狭義天神の鬼神、住吉(物部)の竜王、紀伊や近江や
    関東の天狗、三峯の狼などだろう多分。
    [ 2016/06/27 15:10 ] [ 編集 ]
  700. 三峯や浅間などの狼に訂正
    [ 2016/06/27 15:15 ] [ 編集 ]
  701. あ、あと、明治に爆発的な神社の第二次(三次?)再編成があったのは無論、
    同意。
    [ 2016/06/27 15:27 ] [ 編集 ]
  702. 行基は半分百済の筋やわな。天武天皇は百済勢力を警戒してたから。行基の行い(良い伝説)も相当嘘もあると思われる。天武ではない逆派閥の時に彼は最高栄誉を貰ったという事やわ。天武系は日本の海人が付いてるわな。といっても初代と道鏡大好き天皇さんしか力がない。他は天武系もなすがままやな。よほど相手が強かったんだろう。みんな諦めもあるし、基本の志は同じでも旧大和勢はまとまりのない部分もあるしな。
    [ 2016/06/27 22:42 ] [ 編集 ]
  703. >ニュータウン的なステータスに拘る新参や、村レベルの利害しか 考えない古参には、あまり関わらないことにしてるw
    極端やわなw
    >例えば神社も合う合わんがあったりそういう側面も事実なんだな。
    じゃあおたくの好きな寺はなんなんだ?そこにカッパ像を置いてもカッパが来てくれる訳じゃない。要は眷属じゃなくシンボルは違うから。
    [ 2016/06/27 23:17 ] [ 編集 ]
  704. >しかし稲荷は頭いいな。稲荷は嫌われ者だ。
    勘違いしてるわ。稲荷はそういう宣伝をしてるからやん、怖い神やから無下にするなとね。祟りますよと宣伝してる。この手法は仏像で入ってきた。バチが当たるぞ、地獄に落ちるぞとね。
    自分で「怖いんだぞ、すごいんだぞ」なんて言わなくとも強い神は強い。人でもそうやろ?
    [ 2016/06/28 00:34 ] [ 編集 ]
  705. 昨日から反対意見ばかりやな、ごめんやで。
    アマテラスんとこ書きたいけど、まとまらんわ。正直神話は他所から拝借は未だにしてると見てるしね。三神は兄弟じゃないと思ってるし。イザナギイザナミの子はスサノオだけだと思ってる。
    もう寝るわ。
    [ 2016/06/28 02:11 ] [ 編集 ]
  706. 稲荷は冗談やぞ?あれは実際クセが強いのだ。稲荷はなぁ…、あれは
    なんつんだろねぇ…。

    シンボルか。トーテミズムもある種のシンボリズムというやつでな、
    シンボルはそれなりに意味があったりするのだな。意味がないものを
    象徴とは呼ばんのだ。隠れたサインがあったりする。

    神話は拝借しとるぞ?漢は苗のを拝借しとるし、ローマはギリシアを、
    旧約はメソポタミアを、アステカはマヤをetc.俺が書いてたのを平たく
    言えば要は、普通は琴線に触れんもんは拝借せんという意味だな。兄弟
    だったり親子だったりは言わば、物語として如才のない
    装飾部分だと思うぞ。

    行基の美談は実際どうかは知らん。しかし実際どうかはあまり関係ないのが
    ヒーローヒロインの美談というやつだの。思念は別の世界で具現化する()。

    >昨日から反対意見ばかりやな、ごめんやで

    逆に安心したわw。おやすみ
    [ 2016/06/28 03:33 ] [ 編集 ]
  707. シンボルはなぁ…、難しいな。サインで命を救われたこともあれば全くの
    勘違いだったりまぁ色々あるw

    俺は俺の世界、畑の話をしとるわけだ。反対意見がないのは不自然だの。
    それではすでに盲信者だ。周りがどう考えているかは、実際、俺の
    与り知るところではないな。周りを染めたいなら、それはすでに教祖だ。
    俺はそういうんじゃない。だから話半分にしとけという(笑)。ではな
    [ 2016/06/28 15:42 ] [ 編集 ]
  708. >逆に安心したわ
    心が広いんやな、ありがとう。日曜はちょっと書く間もなかったんやけど、ちょっとムッともしたんやわ。いや、きゅうり泥棒が原因じゃない。やっぱり長髄彦や、おたくの無理やりな牡牛のねじ込みがね。

    >しかし実際どうかはあまり関係ないのが ヒーローヒロインの美談というやつだの。
    ヒーローとか、軽いヒーローの使い方やな。大仏作りで民が貧困にあえいでると抗議してる橘家の方がヒーローやろ。
    [ 2016/06/29 01:46 ] [ 編集 ]
  709. 続きやけど、例えばイザナギが牛だとしても、息子の事は好いてるで。黄泉に行った時、変り果ててるイザナミに恐怖して逃げてるが、この対面後に三神は生まれている。イザナギが自力で、なんでもない(イザナミが関係ない)時に産んだ様になってないわな。
    それでも本当はスサノオだけだと思う。アマテラスと月読は近代に出来たんだわ。奈良や大阪には無いんだから。アマテルとも違うやろ。おたくが言う稲荷なら。
    本来のスサノオの神話はオロチだけかもしれん。国譲りはどうだろう。事実負けてるんだが、大国主も大物主もニギハヤヒも、結局歴史上負けた方ばっか信仰されてる。昔の人はそんな風に思って信仰してる様には全然見えんけどね。派閥の旧側だけ信仰してたのかな。勝った方はニニギ信仰してるかと思えば全くない。神武も無い。勝った方はそもそも神道勢力じゃない。
    [ 2016/06/29 02:12 ] [ 編集 ]
  710. 神話ではオロチ(蛇か龍)勢力にスサノオ(牛か鬼神)勢力が侵攻で勝ち、しかし息子大国主は蛇役で、牛の様に見えるアマテラス軍団が侵攻してくる感じやんな。大国主は婿説もあるから、オロチ勢力との婚姻ともとれる。
    同じ様な話は大物主と火明命でもあり、親子とも義理息子とも言われてる。大物主が荒い気質の火明命を岸に置いたまま帰ろうとして、怒った火明命が波を起こして大物主の船を転覆させている。饒速日命かと言われるもので、唯一荒い気性記録がこれ。少なくとも息子は蛇どころか竜王さんやな。大物主が船乗ってるのも笑えるけど。
    [ 2016/06/29 02:45 ] [ 編集 ]
  711. >心が広いんやな、

    愛の人的には冷めてるということらしいが。まぁ実際、冷めてる。
    お前さんは情念濃いからの、例えばお前さんのヒーローが仮に守屋だとして
    あんなもん大したことあらへんとか言われたら、相手のヒーロー聞き出して
    どっちが大したことないか徹底的に戦うやろ?怖いと言われたのは、
    そういうとこやろな。俺か?他人がどう思ってようが知ったこっちゃないw
    つか、ヒーローらしいヒーローがおらんのぉ…。局所的にシビレる
    エピソードはあるが、大前提として、どんな奴かなど知らんw。
    憶測でしかない。実際どんな奴かより、美談はそうありたいと思うほうが
    大事かもな。そういう意味で言った。バッテリーが…。続きはのちほど
    [ 2016/06/29 02:49 ] [ 編集 ]
  712. おたくのせいで、全部人間じゃなく龍とか大蛇でイメージ回想してしまうから、おかしい絵面になって笑えるわ。
    [ 2016/06/29 02:56 ] [ 編集 ]
  713. >712
    >相手のヒーロー聞き出して どっちが大したことないか徹底的に戦うやろ?
    ないない。怖いって言ってきたんは狐と呼び捨てしてたからやろ。こっちが引いたやんあの時は。アホちゃうか。
    [ 2016/06/29 03:21 ] [ 編集 ]
  714. そういう局所的な話ではなく、最後に総括的な印象として刃物持って
    笑ってるって言ってなかったっけ?愛の人もお前さんがいちばん
    ドン気?あるとか言ってたような。多分お前さんの情熱の濃さに
    恐怖を感じたんやと見たが。自分ではわからんかもな。バッテリーが
    無いので本題は帰って書く。
    [ 2016/06/29 03:41 ] [ 編集 ]
  715. >息子の事は好いてるで

    ヤハウェもレヴィアタンをベタ褒めだろ。応竜は黄帝麾下だ。つかな、
    前も書いたが神話は同じ事件の違う結末が描かれてる気がして仕方ない
    のだなぁ…。がな、ここらへんは密教的というかオカルト的というか
    疑似科学的というか、つまり深海のスカタンみたいな話になってしまうし、
    今までけっこう書いたがお前さん、ピンと来てないようなのでこの先も
    平行線だ。訊かれたことには答えてきたが、お前さんも知っての通り
    平行線だと思えば、俺は参加しないw

    記紀については大体そんな感じだ。というのは、ぶっちゃけもう
    5~6年近く読んでないから忘れつつある()。あんな話半分にしとかな頭の
    おかしなりそうなもんイチイチ持ち歩かん。実家にある。しかも本部から
    借りたやつだ(実家にある?返したかな?)。エキスだけ抽出したらあとは
    折に触れて調べる程度。

    >アマテラスと月読は近代に出来たんだわ

    お前にかかれば色んなもんが明治からになるのぉ。面白い読みだが、
    記紀のベースは中世の写本だろ?

    >おたくのせいで、全部人間じゃなく龍とか大蛇でイメージ回想してしまう

    (笑)

    あ、あとな、一応ゆうとくが俺は旧大和側にそれほど思い入れが
    あるわけじゃあない。そんな志は無い。今更どうでもいい。個人的にもっと
    大事なことがある。ではなノシ
    [ 2016/06/29 06:07 ] [ 編集 ]
  716. 旧側ばかり?あれ何だろな。祟りでも怖れてまつったんかね?
    おまい絶対に大国主ちゃうやろみたいなんが祭神だったり
    [ 2016/06/29 06:43 ] [ 編集 ]
  717. 読み直せば一ヶ所お前呼ばわりになってるがw綺麗な脱字だ含みは無いスマン

    俺に言わせれば記紀は第一次国家神道だな。しかもおっぱじめたのは
    お前さんのいう旧やまと側だ。作者は何といったかな。是非はともかく人は
    国難に際しああいった統一的なことをする。あれで原始神道はだいぶ
    歪められてる筈。

    白羽の矢が当たったのは当時そこいら中にいたとみる火神アマテル。
    さらに持統帝の影響で女神設定になったと見る。ツクヨミは集合無意識的
    観想による追加だろうおそらくは。当初はこっちが女神設定だったと推測。
    大体こんな認識なんだがな、違うのか?

    ちなみに現在は(も?)原始神道的な流れを汲むうちらのようなタイプは
    記紀のような信憑性として二流三流の文献をベースに展開していない。
    相手にしているのはあくまで眷属その他。西洋風にいえば、あくまで
    シャーマニズムのアニミズムのトーテミズムだ。本庁は知らんw
    [ 2016/06/29 14:25 ] [ 編集 ]
  718. お前さんな、広島人ともなんかやり合ってたろ?俺とは7~8回
    やり合ってる筈(笑)。俺に言わせればな、なんであの程度でムッとするのか
    理解に苦しむわけだ。以前、俺は言ったよな、「sageってなんだ?、
    タ・ヌキの話だぞ?」とw。原因はお前さんの情念の濃さしか思い浮かばん。
    特定のものに強烈な思い入れがなければ、そうそう対戦モードにはならん筈
    俺が相手にしてた深海や愛の人は俺らから見ても荒らしだったからな(笑)、
    バトったが、基本的に嫌いではない。アマテラス厨も可愛い奴だ()。
    昨夜は、そういうことを言いたかった。無論、お前さんに対しても
    悪い感情は持ってない。それはお前さんの性質だからな、踏まえた上で
    雑談してるつもり。ではな
    [ 2016/06/29 14:52 ] [ 編集 ]
  719. 母体だな母体。「今日からアマテラスがボスです」というより、
    「実は皆が大好きなアマテルはアマテラスなのです」というほうが
    浸透が速く抵抗は少ない。俺が情報戦略の責任者ならそうする。
    [ 2016/06/29 15:06 ] [ 編集 ]
  720. sageって何?こっちが一人短気みたいに言われてもなぁ。歴史の議論しかしてないからな。別に思想だ政治だに入ってってバトルしたりせん。今も気になってるのはeu位やしね。愛の人とは二回ほどしか話してないわ。会話不成立やしドン気とか言われてない。ドン気って何なん?仙人は全然嫌いじゃないよ。あの人ここの他所記事で口調変えて書き込んでたわ。「完」って入れるもんやから分かったけどw日本の情勢について話してた。右左はもう確かに、何か越えてはるんやろうな。
    [ 2016/06/29 19:19 ] [ 編集 ]
  721. 旧約はモーセの辺りしか知らんよ。
    旧大和好きなんはこっちは趣味やからね。こんな長い間、日本や世界の古代や神々について考える事も流石にないからw歴史の父の本も暫く忘れてたもんな。また読んでいくわ。
    >お前にかかれば色んなもんが明治からになるのぉ
    名がね、名前が新しいんよ。月読の一家も知ってるけど、言わば祭神変えや名だけ変えてるのもあり得るわけよ。鳳神社も天照に変更と言われたからね。名と眷属は別で、眷属はでかいグループの神ではないかと思ってる。
    日本はエジプトの神話と真逆なわけよ。色々逆。左右も。つまり上下も逆にすれば、スサノオが上がってくる。北欧神話知らんけど、鬼神ではなく竜王やん。これは今日思ってんけど、やはり竜王と鬼神は似た存在。
    おたくと対は鬼神なんではと思う。
    [ 2016/06/29 20:23 ] [ 編集 ]
  722. これで大体最後にするよ。
    昨日(今日)絵面がと言ったけど、そのせいで日本の事に気がついたんやわ。
    スサノオと大国主、義理の父長髄彦とニギハヤヒ、大黒さんとえべっさんも対。
    大阪ではうちらの時代じゃ大黒さんがどんどん知られなくなってきてる。代わりにビリケン飾る店もあるわ。えべっさんは相変わらず大人気。
    大黒さんは今年は人が並んでたようやわ。それはそれで和んだんやで。
    [ 2016/06/29 21:00 ] [ 編集 ]
  723. そうか。多少無礼だった部分は少々込み入った話もできる仲に
    なったってことで堪忍やで。

    >やはり竜王と鬼神は似た存在。
    >おたくと対は鬼神なんではと思う

    そうなんだわ…。そうじゃないかなぁ~っと思ってたら、
    やっぱりそうらしい…。表裏…。

    じゃあ、またなノシ
    [ 2016/06/30 02:21 ] [ 編集 ]
  724. はぐらかされるかと思ったwやっぱりそうなんや。
    自分の考えではさんかく頂点は鬼神枠(スサノオ)やった。けど頂点は一つしかないのに、無理やりニギハヤヒも入れてた。この二神には複数の姿持ちとか勝手に混乱してたんやわ。実は鬼神か?実は龍か?とか。だから鬼神落としは「ちょっとまってや」と少しあったんやわ。
    昨日も書いたけど、長い間大阪は大黒さんの方が多分上だったんだろう。秀吉とかもそうやな。けどえべっさんは不動やで。えべっさんは多分多大蛇竜王枠。竜王の時代が来てる。楽しみやなw
    龍って中国やろ?っておたくに言ってた時から、大分変わってしまったな。
    以前も言ったけど、大阪は双方が関わるんやろな。世界であっても同じ。関係ありませんが通らない土地。前から思ってたんやわ、これは違うかもしれんけど、鶴と亀も仲間割れじゃないかなと。分からんけど。鬼神も竜王も仲良くしてほしいのが本心やけどね。椅子が一つなら、竜王やな。
    長い間ありがとう。

    ちなみにね、大阪では鯨とれたら住吉さんまで運んでお祓い?やってもらってたそうやでwおもろいわな。
    [ 2016/06/30 21:10 ] [ 編集 ]
  725. 地元や郷土って書いた方が良かったな。大阪連呼で自分でも気色悪い。
    元々住吉さんは調べてるから、鯨繋がったから結構嬉しいんやわ。
    じゃあね。
    [ 2016/06/30 21:32 ] [ 編集 ]
  726. 鬼神対竜王がてなってるけど、もう今はなぜそう書いたか分からん。一対やのにな。色々おかしな事書いてたらごめんやで。
    あとこっちも色々失礼な事も言ってると思う。知らずにとかも多分。ごめん。
    [ 2016/06/30 23:33 ] [ 編集 ]
  727. 認識が似てる。
    もう眷属(及びトーテム)についてお前さんに伝授することは何もない、卒業!w
    我流六芒星あったろ?一応ゆうとくが、あれ、メビウスの輪のように
    ひねったぞ。仮称ケンダッパが4時、天狗が2時だ。
    これでシックリきた(笑)。

    >椅子が一つなら、竜王やな

    合格!、卒業!
    またなノシw
    [ 2016/07/01 03:01 ] [ 編集 ]
  728. 補足だけ
    やっぱ渦巻くベクトルは大地母系だわなぁと思ったわけだ。だから
    狭義エンジェル(鳩。トーテム的には牛とほぼ同義)も入る天狗と
    ポジションチェンジした。するとどうだ、稲荷と天狗が対極にきた()。
    そして天狗と稲荷を結べば鬼神か竜王を通過する配置になった。

    まさにお前さんの認識と同じだ。やるな。卒業!w
    おやすみ…
    [ 2016/07/01 03:39 ] [ 編集 ]
  729. あとがき
    大黒か…。メンツは、おそらくほぼ出揃ってる。あとは世界中の
    トリムルティ的なもんに当てはまるよう、六芒星を配置し直すのみ。
    例えば0時から南下の牡牛・鬼神・竜王ライン、これ
    ギリシアの天冥海ぽいんだがな。その先に蛇女神(ラミア、エキドナ、
    ゴルゴンなど)がいる。作成目的?、これはただの趣味だ。
    暇人というやつだ(キリッ)。ではそろそろノシ
    [ 2016/07/01 04:03 ] [ 編集 ]
  730. あとがき2(長文)
    例えばアステカも繋がった。
    ①黒いテスカトリポカ(稲荷ダマ系。8時)
    ②ケツァルコアトル(竜王。6時中央寄り)
    ③ウィツィロポチトリ(天狗ダマ系。2時)
    と方陣が組めるのは0時中央寄りの鬼神となる。そして上記の三柱と
    四神を構成するのは赤いテスカトリポカことシペトテック。自らの身を
    剥いで、周囲に施す変態だ。似たような鬼神がいたろ、自らの身からパンと
    ワインを量産する大慈の赤き輝星が。新大陸だからな、これ伝搬だったら
    なかなかだぞ…。

    似たよう配置に道家(大地母系)の好む四聖がいる。
    ①白虎(稲荷ダマ系。8時)
    ②青竜(竜王。6時中央寄り)
    ③朱雀(天狗ダマ系。2時)
    そして蛇と亀のハイブリッド、玄武。やはりお前さんのいうように
    玄武はエレメント【土】なのか。武。亀は牡牛の代替えトーテムなのか。
    というのも、儒家(指向系)が好む四霊は
    ①麒麟(麒麟w。10時)
    ②応竜(竜王。6時中央寄り)
    ③鳳凰(天狗ダマ系。2時)
    だが、これらと方陣が組めるのは牡牛のポジションだけだ。そして四霊の
    残る一柱が霊亀。純血の亀だ。蛇は巻き付いていない。

    エジプト9柱の神々は俺のいう9大眷属かもな。しかしエジプト9柱は
    構成メンバーのパターンが色々あったような…。少なくとも密教の
    天竜八部衆は9大眷属に該当しとるな。西洋占星不動宮も
    ①牡牛(牡牛w。0時)
    ②獅子(稲荷ダマ系。8時)
    ③蠍(=狭義鷲=蛇。6時)
    ④天使(狭義エンジェル=天狗ダマ系。2時)
    と、綺麗な方陣になるのだなぁ…。エジプトとインドは調べなおさないと
    わからない。インドラはたぶん牡牛、アスラ王は鬼神、
    大自在天シヴァは何だ?蛇を巻きつけて牛に乗り鼠を操る。
    大黒天マハーカーラとで竜王と鬼神かな?ブラフマーは創造担当だし
    指向系かな?維持のヴィシュヌが大地母系?あかん、眠くなってきた。

    俺の考えた我流眷属六芒羅盤は俺の見立てより、お前さんの見立てのほうが
    正しいと指し示す。イヤんなる(笑)。自信なくすぜw。俺より観想センサーが
    鋭いとか、やはりお前さんのトーテムは天狗ではないのか?ではなw
    [ 2016/07/01 07:28 ] [ 編集 ]
  731. 5連投
    「玄武は【土】っぽいんだけどな」(ゲンブ岩からか)
    「トウテツ(渦巻くベクトル)は蛇寄りじゃないの?」
    「天使(狭義エンジェル)はゴッド(ヤハウェ。牡牛)にも仕えてる」
    「【冥】は天狗の管轄でもボスは鬼神だと思う」(ハーデスのパターンか…)
    「竜王と鬼神は上(中央)の方で対になってる」

    記憶が正しければ全てお前さんの言だ。我流六芒眷属羅盤にそのように
    配置すれば全て腑に落ちる今のところ。そうか、シペトテックは鬼神か…。
    なるほど…。やはり縄文土器が新大陸にもあるというのはガチなのか??

    これが魔力の天狗の真骨頂なんだわ。知力の稲荷や武力の竜王鬼神は
    基本的に式を組まないとフォ~スを発動できん。しかし天狗は感覚だけで
    フォ~スを発動する。天才肌と呼ばれるゆえんだ。なんか
    ラノベ設定みたいだが実際そうだ。

    えべっさんは何だ?ヒルコ。原初のツルツル。蛇か?そこは考えたこと
    なかったわ。ではな
    [ 2016/07/01 15:07 ] [ 編集 ]
  732. 凄いな。そらこんな複雑な事考えてたら、日本の終わった話なぞ「どうでもええ」となるわwほんまにごめん。
    六ボウセイだと気づかんかったよ。よく見たら六ボウセイは素晴らしいマークやな!陰陽みたいな感じかな。知識がないから全く分からんけど。
    5連投の言葉引用止めてぇやw本当におたくに教わった知識以外はないのやから。おたくに感化されて他ブログで面白いと読んだのは、密教の数字について位。だからど素人のただの意見なんやわ。
    それにしてもアステカは結構ヒドイな。ケツァルコアトルがやっぱり一番良い。鬼神は日本でも怖い存在やもんな。ナリタさんが何か知らんけど、ああいう感じで置くのが鬼神。大黒さんは頑張って鬼神、頑張らなかったら牛やわwだから大国主はありえない。大阪では大黒さんはスサノオとも町人に言われてたと何年か前に読んだよ。えべっさんと親子と見られてたそうやわ。えべっさんは事代主やからね。海人側。

    鼠はやはり中国から来てるらしい。けど中国に気になる動物がいるんだわ。コウモリ。蝙蝠と書いて福が来るという。天鼠・飛鼠とも言う。平和の象徴らしいわ。大黒天のは何か鼠で合ってるみたいやけど、鼠も予知能力から信仰があったそう。日本では「根に住む」でネズミとも説がある。シヴァはゼウスと同じ位の存在やん。使いがいるなら天狗が似合うよ。ただシヴァは白い牛が付き添い、日本は白鼠やからね。それは分からんねんな。
    [ 2016/07/02 00:48 ] [ 編集 ]
  733. なんか長い長文になっててすまぬ。
    渦巻きはトウテツさんの事は言ってないんやで。渦巻きが水と言ったん。風呂の水がグルグルするのとかもそうやん。浪花や浪華は海に咲く大きな花の意。大きなグルグルから、きっと龍が出てくるんやろう。

    玄武も竜宮城って書いてた時なんかフと調べた事あって、今は何やったか忘れてんけど、亀は中国で竜の別姿とか何か見たわ。確かに浦島の話は亀は使いやんな。自分が思ったのは亀は海に浮かぶ島や山の形、硬い土台なんよ。奈良仏教あたりやろか、亀の像の上に墓置くの知ってる?崩れないとか、何か亀にはそんなイメージあるんじゃないかな。前に言ってた「独特の土臭い匂い」は安心の大地母さでもある。玄武に至っては絶対水が関わるやん?けれど玄(仙人級)の武やもんな。亀は重量級の何かって感じやねんよ。
    [ 2016/07/02 01:39 ] [ 編集 ]
  734. あー、でも独特の土臭さは安心と戦う匂いがあるんやわ。ほんと大きな亀みたいなイメージ。はっきり言って京都は位置は玄武か知らないが、それは感じない。亀にはやっぱり芯の通った強さも必要なんやわ。やはり鬼神なんかな。竜は青龍居るもんな。
    [ 2016/07/02 02:04 ] [ 編集 ]
  735. 何やろうか、前も言ったけど影響受けるの竜系ばかりで驚くよ本当。蛇竜系は人に何か教えるのが好きとかではない?そんな事ないんかな。あと弁天さん系って、やっぱり凄いと思う。絵面にしたら見事に大蛇竜王系が好きやったみたいやけど、今後は弁天さんも含めて行くよ。ここまで教えてくれて、本当にありがとう。
    [ 2016/07/02 03:22 ] [ 編集 ]
  736. >日本の終わった話なぞ「どうでもええ」となるわwほんまにごめん

    あ、いや、こちらこそ。なんかスマン。

    >六ボウセイだと気づかんかったよ
    >陰陽みたいな感じかな

    ベストは立体的な式だと思うんだわ。六芒は平面用に簡略化した図式の
    ような気がす。

    新大陸は色々と濃いのぉ()。命懸けでサッカーやってたりするらしい。
    しかも勝ったほうが栄誉として、贄になる権利を得、神の為にタヒねる。
    もう全力でオウンゴールするわな。

    やはり大黒天マハーカーラは鬼神なのかな。とすると対の
    大自在天シヴァは竜王??。ちなみに那羅延天ヴィシュヌはガルダ(天狗)に
    乗っていたような確か。インドは暇なとき要おさらいだな(笑)。

    鼠は何だろな。火鼠か鉄鼠か魔性ネロかw。

    そういや出雲国造斎神(鬼神)は亀甲紋だな。そもそも竜、雀、虎ときて、
    『武』ってなんやねんw。

    >蛇竜系は人に何か教えるのが好きとかではない?

    トーテム竜王臭いのに釈迦、老子、空海などがいるが、独自の意味で用いる
    単語を連発したり、やたら物語で何かを伝えたり、かも知れんなw。

    追伸
    弁才天は蛇神マザーだからな。蛇は弱めだがマザーは強キャラだぞ。
    鬼神、牡牛、竜王に匹敵するフォ~スを持つ。ではもやすみ
    [ 2016/07/02 08:11 ] [ 編集 ]
  737. >日本はエジプトの神話と真逆なわけよ。色々逆。左右も。つまり上下も逆にすれば、スサノオが上がってくる

    エジプトを軽くおさらいしていたんだが(暇人)、お前さん、やはり天才か?
    というのもヘリオポリス九柱に“強引に”俺のいう9大眷属を
    当てはめてみたんだが、

    まず自称根源神は蛇だわな。その次に何故かエレメントが
    乾湿の【風】である雌雄の獅子が登場する。獅子の男性格は麒麟であるし、
    雄のほうは【知】よりは【英】ぽく、やんごとなき船の守護者らしいので
    とりあえず麒麟ダマ系にしておこうか(笑)。

    次に天空神(天狗?)と大地神(渦巻くベクトル?)が登場し、そして最後に
    冥界のボスで発明王のオシリス(鬼神?)、祭礼女神ネフティス(蛇女神?)、
    牡牛ハトホルと習合したイシス、嵐のセト(竜王?)の四強が登場し、
    鬼と牛がケコーン、蛇と竜がケコーンしてる構図になる。以前、俺が書いた
    戦闘力のアホレス覚えてるか?あれの逆だ、登場順がフォ~スの弱い順に
    なってる。さすがに符合しすぎて気味が悪いw

    インドが難敵だな。シヴァが牛(+蛇)、ヴィシュヌがガルダとくれば
    ブラフマーのヴァーハナ(騎乗トーテム)はジャッカルだと睨んだんだが、
    白狐でも白虎でもなく白鳥だった。インドめ。
    [ 2016/07/02 16:34 ] [ 編集 ]
  738. 前も書いたが基本的・平均的にフォ~スが弱いクラスということは、
    それだけ基本的・平均的に物質的パワ~が強いクラスということだからな?
    事実、蛇や稲荷が最もピンポイントに強く現世に干渉してくる。幽霊に
    突き飛ばされる奴はいても、竜王に突き飛ばされた奴は聞いたこと
    ないだろ?wしかし幽霊じゃあ台風や渦潮は操れない。そんな感じ。

    全ては双方向だろからな、やまととヘリオポリスが逆、か。実に面白い。
    [ 2016/07/02 17:16 ] [ 編集 ]
  739. いや、鬼神で間違いないだろう。蛇と牛(亀)のハイブリッド。武。亀は土台の
    【土】エレメントか、なるほどなぁ…。霊亀が純血牡牛か…。お前さんと
    話さなければいまだに、「蛇?弁天かな?蛇が羽衣で亀が琵琶かな」などと
    言っていたかも知れない。なにが羽衣に琵琶だ。とんだ黒歴史だぜw。
    蛇女神は夫妻のほうだな。ジョカだ。ナーギィだな。俺が創った羅盤なのに
    俺より賢い。パソコンもそうだが生みの親の方が計算が正しいとは
    限らんのだ()。ではな
    [ 2016/07/02 20:04 ] [ 編集 ]
  740. 『武』という字の成り立ちは矛を止めると書く。防御のニュアンスが
    強いんだわ。亀だな。魚沼宇水だ(謎)。牡牛も軍神だが、あれは攻撃の
    ニュアンスが強いな。角だからな。そうだわ亀は【土】だし【武】だわ…。
    こんな基本的なことが脳裏もかすめなかった。もうアカン、引退だw。ではな
    [ 2016/07/02 20:46 ] [ 編集 ]
  741. しかし牡牛は亀型には知覚できんなぁ。あくまでサインだろな。
    代替えトーテム。牡牛を超わかりやすいイメージで言えば、二足歩行気味で
    角があり、四臂(腕が2対)、羽が2対、こんな感じ。これに尻尾を生やして
    全体的に爬虫類ぽくすれば鬼神になる。

    (※あくまで商業的なイメージです)

    ではなw
    [ 2016/07/02 21:32 ] [ 編集 ]
  742. >俺が創った羅盤なのに俺より賢い
    何か動いたりするん?ひぇぇぇ凄いわ。
    いやいや、ほんまにこっちは適当に言ってるだけやから。他の風水やスピリチュアル好きな人よりこの手の知識ゼロやし。間違ってたら申し訳ないから、他で聞いてみてな。まじで式作ってる様な人に申し訳ないわ。

    羅盤画像見たけどビックリしたわ。こんなあるんやな。こんな種類あっても自家製作るって、もうほんと凄いな。風水って書いてるし意味が違うんかな?

    新大陸、あっこは九曜(九やったかは忘れた)の形も出てたはず。サッカーは西側が持ち込んだものじゃないん?中南米のサッカースタイルは確かに普通じゃないけどねw素晴らしい。

    ほんと、他の人に聞いてみてな。式とかも「なにするんやろ」と想像つかへん人間やでこっちはw未知の世界すぎるから。見たり覗いたりせんわりに、勿論そういうの信じてる方やけどね。日本にまだ術者が居ると知り、めっちゃ喜んだくちやし。
    [ 2016/07/02 22:38 ] [ 編集 ]
  743. >何か動いたりするん?ひぇぇぇ凄いわ

    動かん動かん。紙とペンあればおk(笑)。

    >適当に言ってるだけやから

    それがいいのだ。なまじ知識があればそれに干渉される。知覚は無の状態の
    ほうがベター。あとは俺もなるほどと思ったときに何らかの形になると。

    >ほんと、他の人に聞いてみてな

    というわけでな、あまりアテにならんw。俺のように思い込み激しい御仁が
    多いからな。参考にはなるが、それちゃうやろってことも少なくない。
    多分お互いに。あと学者タイプの御仁は風水なり占術なり既存のものをよく
    勉強してはいるが、何故そうなるのかという原理まで説明できるのは
    おそらく一握り。少なくとも俺は会ったことない。なぜ牛と蛇なのか
    説明できる御仁も知る限り知らん。パイオニアがおらんので自分で
    開拓するしかないw。ではな
    [ 2016/07/02 23:01 ] [ 編集 ]
  744. >防御のニュアンスが 強いんだわ。
    そう!昨日酔うてて戦うとかしか出なかったけど、防御の方。

    >四臂(腕が2対)、羽が2対
    トンボとかそうかな?w日本はトンボ好きやったよな。前もトンボの話題一度出てたけど、トンボは凄いな。
    >全体的に爬虫類ぽくすれば鬼神になる。
    そんな小さい訳じゃないんでしょ?はっきり見える訳じゃない?
    おたくは以前幽霊の事物質があると言ってたけど、それも違うよ。貞子とか、投稿映像に出てくるアレは嘘やで。
    [ 2016/07/02 23:15 ] [ 編集 ]
  745. >トンボとかそうかな?w

    そうなんだわ。以前あいつらは蜘蛛っぽいと言ったが、多くの蟲の形状は
    牡牛系の霊性の影響下の気がするのだな。

    >そんな小さい訳じゃないんでしょ?はっきり見える訳じゃない?

    そんな小さい訳じゃないw。俺が知覚するのは俺が以前言っていた光体の
    基本形状の段階が多い。『見える』と言うと嘘っぽいのだな。視覚的な
    電気信号を経由せず、脳で直接見てる感じだから。

    >おたくは以前幽霊の事物質があると言ってたけど、それも違うよ

    言ったっけ?おそらく俗にいう幽界の最も物質に近い層にいて、
    物質の干渉をモロに受ける、例えば肉体があったときの姿形、
    その残像などをモロに引きずってるはずとは書いたけど。
    [ 2016/07/02 23:26 ] [ 編集 ]
  746. >動かん動かん。紙とペンあればおk(笑)
    ひぇぇぇ。
    てか、以前言ったん覚えてるかな。石の話。自分が書いた絵が触ると動く話。おたくなら応用で使えそうやね。
    >パイオニアがおらんので
    悲しいな。昔はいてそうやけど。けど今も明らかにいるのは分かるんだわ。絶対にいる。

    幽霊はそう。そして映像に映ってても見えんと思う。幽霊も映されてるのに気づいてないという、シュールなんは見た事ある。人間側も誰も気づいてないね。
    虫の話は凄いなwへー、意外すぎる。蝶までそうなんかな。羽が付いてるって、人が最も憧れる要素やんな。どこかの文化でもそんなん読んだな。鳥もそうやけど、天に近い部類と。
    [ 2016/07/03 00:13 ] [ 編集 ]
  747. いや、あれやよ。竜王さん応援してるで。
    [ 2016/07/03 00:20 ] [ 編集 ]
  748. 俺はいつも、猿っぽいだの羊っぽいだの言ってるだろ?
    以前書いた数段階の光体の段階だからな、ハッキリ見えんのだ(笑)。
    『見える』と『(各種の気を)感じる』の中間、二刀流ぐらいで知覚してる。
    しかしな、この手の話は、あまり好きではないのだ。五感+αは
    電気信号でしかないといえばそうなので、脳に何らかの異常があれば
    無いものが見えたり、無いものを感じたりするわけだ。だから俺はいつも
    結果で勝負する。結果と言っても色んなケースがあるが…。

    追伸
    なんか幽霊を半物質化させることに成功したとか言ってたが、そもそも
    幽霊自体が見えん(&感じん)のに、いきなり半物質化されても何かわからんw
    [ 2016/07/03 00:41 ] [ 編集 ]
  749. >自分が書いた絵が触ると動く話

    覚えとるよ。お前さんは吸血鬼ハンターDかw。社会的にはカタギでも
    やっぱりカタギではないぞお前さんもw。
    >虫の話は凄いなw

    サラダ味はサラダの味がしないのと同じで、牛ではないのだな牡牛は。
    まぁ性質的に最も近いのは牛かもしれないし、そう思えばその思念が干渉し
    牛の姿で現れるのが眷属だがな。あれは…なんだろなw。ベクトル(指向性)が
    形になったような形だな。

    >竜王さん応援してるで

    お、おお。三位一体とか言われても俺も何したらええのか知らんけど。
    もやすみ
    [ 2016/07/03 01:09 ] [ 編集 ]
  750. >脳に何らかの異常があれば 無いものが見えたり
    分かるで、うん、そこは分かる。
    だから相手を判断してという事やわな。おたくの話は信じてるよ。
    >なんか幽霊を半物質化させることに成功した
    なにそれ?肉体がないんだから、そんなん無理やで。物質化は押せるって事やろ?
    >お前さんは吸血鬼ハンターDか
    そんなん知らないで。本当の話やし証人は二人居るよ。まぁほんと、石も活用出来そう。
    おやすみー。
    [ 2016/07/03 01:56 ] [ 編集 ]
  751. >なにそれ?肉体がないんだから、そんなん無理やで。物質化は押せるって事やろ?

    俺も微妙に管轄外につきよー知らん。古いガセなのか、最新の物理学を
    応用したのかも知らん。調べてない。幽霊は知らんのでジャパニーズ
    ホラーのイメージしかなく、コワいので調べない(笑)。お前さんの感覚の
    ほうが圧倒的に正しいはず。見える御仁曰わく、向こうもビビってるよう
    なので一安心だがな(笑)。そうだな、かなり物質っぽく見えたのは例の
    タ・ヌキぐらいだな。黒い、しぶとい奴。新手の松崎しげるってことにしてる

    >そんなん知らないで

    いや疑ってないぞ。古い伝記小説だなw。主人公は吸血鬼なんだが吸血鬼を
    狩る。確か羽根ペンで皮に書いたことが具現化する術を使う奴が
    登場していたような…。挿し絵はあれだ、元祖FFの人。天野何某。歳が
    バレるなw。もやすみ
    [ 2016/07/03 02:31 ] [ 編集 ]
  752. ×伝記小説
    ○伝奇小説
    [ 2016/07/03 02:33 ] [ 編集 ]
  753. インドな、なんとな~く繋がったぞ。トリムルティだがな、あれ
    稲荷・竜王(or鬼神)・天狗の斜め三位一体ラインじゃねーわ。
    牡牛・鬼神・竜王の中央縦軸ラインだ。ギリシア天冥海と同じだな。白鳥は
    嫁さんのトーテムだった。

    自称根源神で四面四臂の梵天ブラフマー、シヴァ派によると
    大自在天シヴァと覇権をかけて争ったらしい梵天ブラフマーは牡牛だろな。
    実際、牡牛に化けて嫁さんおっかけてるし、自分の体から嫁さん創ってる。
    どこぞのアダムみたいだ。

    んで牛と蛇のハイブリッド、破壊神シヴァが鬼神。破壊神といえばまぁ
    鬼神が一番の破壊神だろな。牡牛世界観をぶち壊すのが悲願だろからなw。

    そして維持(循環性)の那羅延天ヴィシュヌが竜王だろな。釈迦は
    ヴィシュヌの化身などとも云われてる。となるとヴィシュヌはナーガ族の
    可能性も出てくるな。

    上記トルムルティの嫁さんは弁才天サラスヴァティ、雪氷天パールヴァティ
    吉祥天ラクシュミの蛇女神三柱。これも縦軸ラインだ。蛇女神と因縁となる
    ギリシア三柱とも類似するし、自称根源神の牡牛神の嫁さんといえば
    蛇女神だ。インドは多分こうだろう。

    おそるべし我流ロクボウ九大眷属羅盤最新版w
    [ 2016/07/03 12:30 ] [ 編集 ]
  754. 0時【牡牛】
    2時【天狗】
    4時【ケンダッパ(仮称)】
    6時【蛇神&蛇女神】
    8時【稲荷】
    10時【麒麟】
    中央0時寄り【鬼神】
    中央6時寄り【竜王】

    な。日本や北欧は8時・中央・2時ラインだが、唐土やアステカの
    ような方陣ではないので、中央はどちらか一方を通るな。日本は海担当で
    黄泉のボスでもあるスサノオ(鬼神)、北欧は海担当の世界蛇(竜王)。
    この場合、牡牛は配属の人事を担当するオヤジだったり主神だったりで
    登場する。

    ギリシアやインドの三柱はエレメントでいえば
    【土】・【土+水】・【水+土】になる。非常にバランスが悪いw
    蛇女神の【水】をくわえれば均衡がとれるな。あとなんとなく壮大なのは
    牡牛がエントリーしとるからだろう。あいつらいつもそうだw。ではな
    [ 2016/07/03 13:31 ] [ 編集 ]
  755. おもしろw手書きでマーク書いてみたけど面白い。なるほど立体ねぇ。
    自分が言うてたのん、ほんまやなw日本のはこのイメージやわ。
    [ 2016/07/03 14:22 ] [ 編集 ]
  756. インドは牡牛・鬼神・竜王の武三隊が蛇女神と仲良しのパターン、
    ギリシアは仲わろしのパターンだろう。

    あと、左下がり斜めのラインや方陣は稲荷と竜王のバトル率が高い気
    するのだが。ベヒーモス(前も考察したがおそらく稲荷ダマ)vsレヴィアタン、
    白虎vs青竜(竜虎相打つ)、黒のテスカトリポカvsケツァルコアトル、
    アマテラスとスサノオも兄弟喧嘩しとるな。はて?
    うちらは北欧パターンなのかな()。
    [ 2016/07/03 14:29 ] [ 編集 ]
  757. イメージがこんな上手く図式になってるん、このマーク凄いな。おたくの配置が凄いんやけど、まぁビックリした。竜と鬼神なぁ。どっちも好きやな。
    シヴァさん鬼神になったんやね。ゼウスも雷神みたいやけど、この神はやはり牛なんかな。
    [ 2016/07/03 14:38 ] [ 編集 ]
  758. ごめん、シヴァが雷神かは知らん。
    [ 2016/07/03 14:39 ] [ 編集 ]
  759. そうなんだわ。地球上で雷は水(雲)から土に走る。だから雷神は
    ハイブリッドの鬼神か竜王の仕業なんだが、牡牛も使ってくるんだわ。
    ただな、武器がポイントなんだわ。インドラの武器は三叉槍。ありゃあ
    海神の武器だ。パクッたな。一旦そういうことにしておこうw
    [ 2016/07/03 14:48 ] [ 編集 ]
  760. 他は知らんけど、ベヒーモスだけはどう見ても対のほうやで。
    おたくは以前鳩を気のふれた人相と言って牡牛に近いと言ったけど、カバに対しても同じ事を言ってた。
    ベヒーさんは牡牛側から「牛の中の牛」と言われてる。つまり美しいとか芸術並に言われてる。アクマで美しいと言われてるのは明星さん。
    そしてレヴィアさんとベヒさんの事は絶対に許さぬと言われてる。戦わせると。
    バアルだって引っかかる。まるで椅子取りゲームだよ。
    [ 2016/07/03 14:56 ] [ 編集 ]
  761. そうか。そうかもな。とりあえず保留にしとくわ。
    [ 2016/07/03 14:59 ] [ 編集 ]
  762. ベヒーモスはイスラムだと鱗系なんだわ。転じてドラゴン。ドラゴンつまり
    竜牛(≠竜王)は鬼神だ。確かにバアルも引っかかる。俺は天才の言うことは
    素直に聞くことにしたw
    [ 2016/07/03 15:05 ] [ 編集 ]
  763. シヴァ(鬼神)やポセイドン(竜王)の武器は三叉槍だが、雷神と呼ばれるのは
    鬼神と竜王と、そして牡牛。三隊に共通するのは【土】。あれは
    海神というより、エレメント【土】の象徴かもな。裁きの鉄槌。なんか
    そんな気してきた。
    [ 2016/07/03 15:17 ] [ 編集 ]
  764. けどほんと喧嘩してほしくないね。書いてあるなら尚更だわ。

    >俺は天才の言うことは
    アホの師匠のいる国の住民ですぞw
    >あれは海神というより、エレメント【土】の象徴かもな。
    なるほど。

    ちょっとよくは知らないバベル気になって改めてwiki見てたけど、にむろでさん、おもいっきり鬼神やなw旧約も読みたくなってきた。
    [ 2016/07/03 16:10 ] [ 編集 ]
  765. >けどほんと喧嘩してほしくないね。書いてあるなら尚更だわ
    >にむろでさん、おもいっきり鬼神やなw

    ベヒーモスも海と関係する。イスラムだと鱗系だ。そして皆に慕われてる。
    牛の中の牛、漢の中の漢、鬼神だなw。

    神話においての三界は天冥海(海は葦原。現世)、陸海空は同じ三次元空間で
    稚拙だと書いたが、そもそもあれは二頭一対なんだわな。陸海の
    大将軍と大提督。対。

    竜王はやる気のない角の向きを見てもわかるように、基本的には循環性派。
    維持だな。だから黄帝の麾下で戦ったりもする。結局堕とされるわけだが。

    鬼神は違う。あれは誰かのタマの成長のために誰かが無惨な最期を遂げる、
    喰われるためだけに
    生かされる、そういう世界が許せない奴だ。
    大慈の赤き叛逆の輝星だ。アツイのだ。地にまみれてもまみれても
    立ち上がり戦い続けるだろう。だから賛同者も多いのだ。ルシファーは
    ヤハウェより人気者(信者は知らん)、阿修羅は帝釈天より人気者、シユウは
    黄帝より人気、スサノオはイザナギより…。慕われてるのだ。声なき声が
    鬼神を待望してる。

    スマンちょっと芝居じみたw。
    [ 2016/07/03 16:54 ] [ 編集 ]
  766. >おたくは以前鳩を気のふれた人相と言って牡牛に近いと言ったけど、カバに対しても同じ事を言って

    (笑)。あとカモメとかなw。あれらに比べりゃ猛禽の眼など可愛いもんだ。
    [ 2016/07/03 17:38 ] [ 編集 ]
  767. 世界中当てはまるかなと思ひ、まったく知らんポリネシア系神話の四大神で
    やってみた。

    まず戦闘神クー。この時点で牡牛か鬼神だろがw、どうも嫁さんのヒナと
    ニコイチで登場することが多いようなので蛇女神とニコイチの牡牛と
    しておこうか。

    次に農耕神ロノ。トーテムは豚だった。一応、四つ足w

    そして命を司るカネ。こいつは死者を蘇らせ、こいつの化身は右半身と
    左半身が白と黒だそうな。お前は北欧のヘルか?ヘルなのか!
    トーテムは、まさかのサトウキビw

    最後に海神カナロア。トーテムはタコ。まぁ蛇っぽいちゃあ蛇っぽいw
    ちなみにカナロアとカネは仲良しだそうな。

    風習からの連想ゲーム臭い部分もあるが、なんとな~~~く該当するなw
    [ 2016/07/03 19:17 ] [ 編集 ]
  768. >あとカモメとかなw
    確かに、感情が微塵も感じられない目付きばかりやな。

    ポリネシアとか凄いなw初めて聞いたけど面白い。カネは天狗になるんかな?カナロアって女神っぽいな、イザナミと似てるんかなと思いきやおっさんかよ。
    [ 2016/07/03 19:53 ] [ 編集 ]
  769. >イザナミと似てるんかなと思いきやおっさんかよ

    オオモノヌシのほうでした。残念。0・8・2・6だな。西洋占星術と
    同じ配列の方陣。なんとなくだがなw
    [ 2016/07/03 19:59 ] [ 編集 ]
  770. ハワイ神話ちょっと笑いが止まらんw

    >牛の中の牛、漢の中の漢、鬼神だなw。
    それやわな、慕われてるのは確かに。自分も日本神話はスサノオから調べ出したもんね。悪く書かれてても気にしなかったし。しかし竜王も日本で強いし、慕われてるで。
    [ 2016/07/03 20:19 ] [ 編集 ]
  771. >ベヒーモスも海と関係する。イスラムだと鱗系だ
    多分似てるんよ。見る側によって一つか別々か、分からん見方をしてる。
    [ 2016/07/03 20:59 ] [ 編集 ]
  772. >しかし竜王も日本で強いし、慕われてるで

    もし俺が伝奇作家だとしたら(ナイけど)のプロットでもあるのだが、竜王は
    個体戦闘力で最強のイメージがある。神話上の勝率も鬼神より高いはず。
    牡牛にも勝ちこそすれ負けナシだったような。

    対して鬼神はカリスマだけあって組織力のイメージがある。竜王の
    取り巻きがスケカク八兵衛、弥七にお銀程度の少数精鋭だとすれば、鬼神は
    旅団長やら師団長規模の将を従える総帥クラスのイメージ。以前、謙信と
    信玄に例えたが、竜王は個体戦闘力のアムロ、鬼神はネオジオンの総帥、
    逆襲のシャアって印象。ガンダムわからんかw。そうだな、鬼神は曹操で
    竜王は呂布って感じかな。

    ベヒーモスvsレヴィアタンは、最コウvs最キョウの対決になるようだしな。
    [ 2016/07/03 22:20 ] [ 編集 ]
  773. 戦闘神じゃないのに個体戦闘力最強とか素敵やん?
    [ 2016/07/03 22:29 ] [ 編集 ]
  774. レヴィアタンについてはヨブ記の記述が好きだ
    『お前はレビヤタンを鈎にかけて引き上げその舌を縄で捕えて屈服させる事が出来るか。
    お前はその鼻に綱をつけ顎を貫いてくつわをかける事ができるか。
    彼がお前に繰り返し憐れみを乞い丁重に話したりするだろうか。
    彼がお前と契約を結び永久にお前の僕となったりするだろうか。
    お前は彼を小鳥のように弄び娘達の為に繋いでおく事ができるか。
    お前の仲間は彼を取り引きにかけ商人達に切り売りする事ができるか。
    お前は銛で彼の皮をやすでで頭を傷だらけにする事ができるか。
    彼の上に手を置いてみよ。戦うなどとは二度と言わぬが良い。
    勝ち目があると思っても落胆するだけだ。見ただけでも打ちのめされる程なのだから。
    彼を挑発する程勇猛な者はいまい。いるなら私の前に立て。
    あえて私の前に立つ者があればその者には褒美を与えよう。天の下にある全ての物は私の物だ。
    彼の体の各部について私は黙ってはいられない。力のこもった背と見事な体格について。
    誰が彼の身ごしらえを正面から解き上下の顎の間に押し入る事ができようか。
    誰がその顔の扉を開く事ができようか。歯の周りには殺気がある。
    背中は盾の列、封印され固く閉ざされている。その盾は次々と連なって嵐の吹き込む隙き間もない。
    一つの盾はその仲間に結びつき繋がりあって決して離れない。
    彼がくしゃみをすれば両眼は曙の瞬きのように光を放ち始める。
    口からは火炎が噴き出し火の粉が飛び散る。煮えたぎる鍋の勢いで鼻からは煙が吹き出る。
    喉からは燃える炭火、口からは炎が吹き出る。首には猛威が宿り顔には威嚇がみなぎっている。
    筋肉は幾重にも重なり合いしっかり彼を包んでびくともしない。
    心臓は石のように硬く石臼のように硬い。彼が立ち上がれば神々もおののき取り乱して逃げ惑う。
    剣も槍も矢も投げ槍も彼を突き刺す事はできない。鉄の武器も麦藁となり青銅も腐った木となる。
    弓を射ても彼を追う事はできず石投げ紐の石ももみ殻に変わる。
    彼はこん棒を藁と見なし投げ槍の唸りを笑う。彼の腹は鋭い陶器の破片を並べたよう。脱穀機のように土の塊を砕き散らす。
    彼は深い淵を煮えたぎる鍋のように沸き上がらせ海を坩堝にする。
    彼の進んだ跡には光が輝き深淵は白髪をなびかせる。この地上に彼を支配する者はいない。彼はおののきを知らぬ者として造られている。
    驕り高ぶるもの全てを見下し誇り高い獣全ての上に君臨している』

    最強を画に書いたような奴だろ?wではな
    [ 2016/07/03 23:17 ] [ 編集 ]
  775. 嫌なものを見てしまった感じやわ。重い、重すぎる。これほどの長文で後世に残すってどうなってんだ。
    誇り高い獣とは何やろうか?

    >ベヒーモスvsレヴィアタンは、最コウvs最キョウの対決になるようだしな。
    もしベヒさんが鬼神なら、こんなの一番嫌うでしょ。誰かが望んだ通りに鬼神が動くとは思えないな。
    [ 2016/07/04 00:22 ] [ 編集 ]
  776. 対決なんてしてほしくないなぁ。嫌だな、ほんま。良い予言なら信じたいけど、悪い予言ばかりやもん。嫌すぎる。
    [ 2016/07/04 00:34 ] [ 編集 ]
  777. 予言?牡牛本営の願望やろ()。
    『その仲間に結びつき繋がりあって決して離れない』北欧の三兄妹のように
    牡牛をぶっ飛ばす未来もあるようで。

    そういやロキって鬼神かね?牡牛に謀叛する義兄弟で、アザゼルやシユウや
    スサノオのように兵器に関わる破壊神。三兄妹のオヤジポジションなので
    深く考えなかったが…。
    [ 2016/07/04 00:51 ] [ 編集 ]
  778. まぁあんな教団やあんな結社が鬼神を信奉しているようだが…。
    個人レベル(かな?)でもたま~にいるな。この間おさらい中にネットで
    見かけた。牡牛本営からは悪魔崇拝者ということになるのだろうけど。
    俺か?どんなにリアルと符合しようが神話はどこまでいってもあくまで
    趣味だなw。信仰の類は絡まない。なんつーか、この前のお前さんみたいに
    『おんもしれー!w』と一人でワクテカしてる。どう動くかは神話は全く
    参考にしない。もやすみ
    [ 2016/07/04 01:10 ] [ 編集 ]
  779. ロキはかなり鬼神っぽいな。つか俺の鬼神イメージにピッタリだ。
    銀髪ロングの中性的美男子。ちなフェンリルはデスノートLのイメージ。
    ヨルムンガンドはサマーウォーズのラヴマシーンのイメージ。
    ヘルはストロベリーナイトの竹内結子のイメージ。なんかすまんw
    [ 2016/07/04 01:28 ] [ 編集 ]
  780. やはりヴィシュヌは、かんな~りナーガ族臭いな。

    ところで9大などと言っているが、麒麟とケンダッパ(仮称)があまり
    登場しないじゃまいかと思うだろ?

    あれは鬼神と竜王、蛇神と蛇女神、牡牛と鬼神のように近縁種なんだなぁ。
    (しかし“氣”は別なのだこれが)

    半人半馬の一角獣キンナラは、ダキニ(≒稲荷)も所属する夜叉と同時に
    生まれてるのだな。唐土では白虎の代わりに麒麟が入るし、ユダヤでは
    獅子とユニコーンは対だ。

    またガルダ(天狗)と天界の音楽神カラビンカは雌雄の違いと云われているが
    ガンダルヴァ(仮称ケンダッパ)も似たようなものだw

    稲荷の指向性寄りが麒麟、天狗の循環性寄りがケンダッパ(仮)といえるかも。
    特性的には【知】【英】【魔A】【魔B(魅)】こんな感じw

    もしかしたらエレメントはメビウスの輪のようにヒネリ入ってるかも
    しれないすなわち、麒麟が【風】で、仮称ケンダッパが【火】。たった今の
    思い付きだから記憶を辿れば秒殺的に却下かもしれないが。羊も
    【火】だったりするのだ。仮称ケのトーテムは羊や山羊だからな。
    ちなみに東西を問わず酒にも関係する。
    不動宮の狭義エンジェル(≒天狗)すなわち水瓶座、あの中身も確か
    神々の酒だが。

    鞍馬の魔王尊を天狗の総帥だという御仁もいれば、金星からの
    スサノオ(鬼神)だという御仁もいる。俺に言わせればどちらでもない。
    あれは仮称ケンダッパだ()。天狗というなら確かに近い。鬼神というなら
    側近の魔王サタナキアだ。山羊さんだ。シユウの頭脳、渦巻くベクトル
    トウテツの羊さんである。

    知覚と観想がごっちゃになってるが、シンクロ率は割と高めと自負。
    [ 2016/07/04 07:12 ] [ 編集 ]
  781. 鬼神だと天狗の総帥でも間違いではないなw。天狗だという御仁もいる、に訂正

    帝釈天と阿修羅はケンダッパの娘をめぐってバトルにも
    なってるし(サイテーだなw)、梟女神リリス(天狗)はアダムの元嫁のち、
    ルシファーにトツギーノしてるな。あの鳥属と羊属は牡牛と鬼神の
    間を見事に泳いでるなw。
    [ 2016/07/04 07:27 ] [ 編集 ]
  782. 啓示か何か知らんが魔王尊はサナトクマーラだと云われているな。
    サナトクマーラってのはブラフマーの子で炎の何かだ()。京都において
    天狗が【火】になるのはこのあたりかな。儒が好む四霊の鳳凰、その
    エレメントが【風】ではなく【火】なら麒麟が【風】でも問題なくなるw。

    話は戻るが同じくブラフマーの子に牧羊神のダクシャがいる。こいつの娘が
    雪氷天パールヴァティに転生することを希望するヒマラヤの女神サティ
    なのだが、鞍馬の新興宗教は鞍馬とヒマラヤとの関連性を指摘してるな。
    ちなみにサティは鬼神シヴァを慕っており、エジプトの牡羊クヌム神の嫁も
    サティ(サテトなど)という。しかしアメン神はともかく、クヌムは牡牛に
    しか見えんのですがw。

    まぁなんだ、蛇のようであり牛のようでもあり、天狗のようでも
    あるのは、仮称ケンダッパが絡んでいる場合が多いな。俺はあれは絶対数が
    少ない太古種だと言い張ってるが、最近自信喪失気味だったが(冗談)、
    神話を見る限り、俺の知覚もまだ現役なような…(笑)。

    ちなサナトの兄弟にはサナカ、サナタナ、サナンダナなどがいるらしい。
    サバトとかサタナキアとか、この辺りの流れじゃねーのか?。
    けっこうインド系だぞ、キリスト教の異端は…。

    なんか取り留めもない散文になったが、個人的な結論としては、
    鞍馬に中のルシファーなどいない、そんな感じ。
    [ 2016/07/04 14:33 ] [ 編集 ]
  783. 空間軸でも分布が違うように時間軸でも分布が違うって意味な、太古種。
    眷属は絶滅しない。
    [ 2016/07/04 14:48 ] [ 編集 ]
  784. >個人レベル(かな?)でもたま~にいるな。この間おさらい中にネットで見かけた。
    >牡牛本営からは悪魔崇拝者ということになるのだろうけど。
    スサノオ好きとか別に大丈夫やろ?つかそんなん言い出したら日本の神々はねぇ。殆どあかんw
    >銀髪ロングの中性的美男子
    うーん、かなりアニオタくさいな。
    京都のその寺は知らんけど、そうなんや。
    京都は鬼神像が多そうやもんね。それよりスサノオが金星ってwやはりそんな見方なんやな。
    [ 2016/07/05 00:42 ] [ 編集 ]
  785. アニオタじゃないぞ。FFⅦのセフィロスだ。しかもPS1。もやすみw
    [ 2016/07/05 01:57 ] [ 編集 ]
  786. >京都は鬼神像が多そうやもんね
    これはルシファーさんに間違えられそうって意味でね。

    トライデントについても疑問に思ったことあるわ。三又が。
    実際は知らんけど王冠にも見えるよ。リヴァイアサンも冠つけてる絵があるね。
    [ 2016/07/05 02:01 ] [ 編集 ]
  787. セフィロスか。おやすみw
    [ 2016/07/05 02:03 ] [ 編集 ]
  788. 五行は胡散臭いなどとほざきつつ、我流ロクボウもよく見ればそれぞれが
    相生と相克の陰陽の対になってるっつー…。ビックリだ。

    >スサノオ好きとか別に大丈夫やろ?

    全然大丈夫。俺が見た御仁は、なんかもうノリが、
    \(`o´)「ミハ~イル、シューマッハー!、セ~イ、ホォォー!」
    極端に言えばこんな感じ(?)。

    >それよりスサノオが金星ってwやはりそんな見方なんやな

    嗚呼、神話漁りだした頃そこは俺も真っ先に繋がったなぁ。蚩尤みて、
    「ん?これ阿修羅やん」、ルシファーみて「あれ?これ蚩尤やん」的な。
    ただ、スサノオはポジション的にはヨルムンガンドだな。
    火・(土+水)・風のトリムルティの一柱だからなぁ。

    >トライデントについても疑問に思ったことあるわ。三又が

    以前、竜王のキャッチフレーズを『三眼の叢竜』て書いてたん()覚えとる?
    個人的な竜王の秘数は8とかじゃあなくて、なんか3なんだわ。第三眼、
    サンスクリット語でアジナーチャクラ(『知覚』の意味。第6チャクラ)。
    生物学的にも対応している器官があったよな?退化か封印wされてるのか
    知らんけどな。

    >セフィロスか

    そう、セフィロスだ(笑)。ついでに例えれば神羅カンパニー総帥の
    ルーファウスは牡牛だな。あるいは獅子か。稲荷党総帥。
    稲荷党が何かわからんがw
    ヴィンセントは、やはり吸血鬼のイメージだなぁ…。冥界寄り。天狗系。
    竜王?…シドかな。空と船が好きな変人で何故か武器が槍の竜騎士の系譜。
    愛煙家のたぶん傾奇者で愛妻家。
    [ 2016/07/05 13:04 ] [ 編集 ]
  789. >『三眼の叢竜』て書いてたん()覚えとる?
    いや、覚えてない。眷属とか姿(伝説の生物)とか、初め聞いた頃は意識してなかったもんな。おたく自身が第三の目について言うてたのは覚えてるよ。
    7は友達が持ってただけでそんな覚えてないwタクティクスの方が強烈に覚えてるかな。ここにもシドがいる。けど、雷剣持ちのチートキャラやったわ。

    それはそうと、木星にオーロラ出現見た?うわぁぁあ!ってなるなw自分の中では龍のイメージがこれだったのに。しかし見事やな、宇宙は面白い。
    [ 2016/07/05 20:52 ] [ 編集 ]
  790. 立体にして大小回転型にしたら十字でいけるな、ロクボウw。蝙蝠で考えて
    たのだが、あれはドラゴンの象徴かな?。というのは例えばキマイラ。
    獅子と山羊と蛇(か≒蠍の尾)と、あと蝙蝠の羽付きのが確かあったような。
    8・4・6・中央、の方陣だな。牡牛(0時)から見て反対側にある方陣。
    それはともかく、

    >それはそうと、木星にオーロラ出現見た?

    マジ?帰って見るわノシ
    [ 2016/07/05 21:42 ] [ 編集 ]
  791. スサノオで画像検索したらキャラが面白いな。混乱に混乱を極めてる。水色で龍の様な雰囲気もあれば牛の様な姿もある。炎の鳥もあれば、白狼もある。ここまで統一していない所が逆に素晴らしい。
    京都の鳥はこれだよ。天狗じゃないと思ってるね。四霊としての鳳凰は天狗かもしれないけど、要は別の表し方をしてるんだと思う。多分。
    けれど、行き着く所は同じなんやろね。大阪の考え方も多分そうやろう。一つの神に複数混在するけども一つなんよね。
    [ 2016/07/05 22:46 ] [ 編集 ]
  792. 蝙蝠は多分天狗やと思うんだわ。ネズミ話で蝙蝠(天鼠)出したのは、中国の蝙蝠は平和の象徴だから。どこかのポッポと同じ意味やろ?大黒さんの仕えには合うのではと思ったんやわ。はたまた一部なのに蝙蝠は吸血鬼のイメージあるでしょ?勿論、大阪は鼠が来たなんて言ってた方やから、別に嫌ってはない。鬼神でもいけるでしょ。ただし、やまとのオロチが好きですけど。
    >十字でいけるな
    自分の手書き(定規なし)では、三角の幅が全部バラバラでございますw24と810をひねるのかな。こより作るみたいに。
    [ 2016/07/05 22:53 ] [ 編集 ]
  793. いや、おたくの考えは否定してないで。全く否定的ではないんやから。キメラや鵺が居てくれるなら、それはそれで嬉しいから。

    あとずっと言い忘れてたけど、稲荷が嫌いとかじゃないでwむしろ郷土は眷属でいう獣王にかなり影響されてる気もする。言葉の好きな竜王さんに、言葉に長けてそうなお稲荷さん。言葉は一つの武器やし。武力が規制されてたなら、言葉か技術で勝負する。相手を読む力と言葉の文化。商人の鉄則やね。お稲荷さんに感謝やで。
    [ 2016/07/05 23:45 ] [ 編集 ]
  794. スサノオか。ミズラのイメージしかねーw
    あ、すまん。キマイラにおける蝙蝠(の羽)って意味な。しかし蝙蝠は
    マンティコアだったか。しっかしキマイラは見事に獅子(8時)、山羊(4時)、
    蛇(6時)で、牡牛(0時)の反対側だよなぁとw

    オーロラ見た。確かに青い竜に見えるな。あれはスゲーわw
    [ 2016/07/06 03:22 ] [ 編集 ]
  795. >三角の幅が全部バラバラでございますw

    もし俺になにかあればお前さんが完成させるのだぞ。あとは任せたw(冗)
    [ 2016/07/06 03:25 ] [ 編集 ]
  796. >一つの神に複数混在するけども一つなんよね
    >こより作るみたいに

    俺らは三次元に生きてるやろ?
    縦・横・高さの3つの物差しで座標を特定できる。四次元眷属は所在を
    特定するのに4つめの物差しが要る。つまり縦・横・高さに加え、
    今どの時代にいるかだ。手塚治虫の火の鳥のイメージだ。連中は好きな
    時代に存在できる。観測には至っていないが、五次元眷属はさらに
    5つめの物差しがないと所在を特定できない。すなわち、どの時系列かだ。
    異なる時間軸の好きな時代に顕現できるわけだ。手塚治虫の世界観から、
    全く異なるガンダムの世界へ移動できるようなものだ。それも好きな時代の
    好きな場所に。そういう風に考えれば、周波数帯域(比喩)が上がるほど、
    異なる存在がどんどん同じ存在になっていく。フェンリルとアマテラスは
    同じ個体かもしれない、俺が神話は同じ事件の違う結末のような気がする
    というのは、このあたりだ。だから例えば麒麟と稲荷をクルクル回して
    好きな方を表に出せるように設計する感じ。また四聖のように例えば3時と
    6時をチェンジできるように設計する。青竜は竜王なのに東方なので3時、
    朱雀は天狗なのに南方なので6時になってまうやろ?(あれはなんだ、
    方陣のようで実はM字のように中央を通る龍脈になるよう、わざと
    ひねってるのか??)。エレメント変更も出来ればベターだな。例えば、金は火(の文明)の未来、
    木は風(≒流れ)の結果の有機体、土は物質世界そのものを表すなど、俺とは
    用法が違う場合もあるだろし。いや例えだぞ?金や木がわからん過ぎて
    テキトーに書いた。

    …おそろしく複雑な立体羅盤になるな。却下だw。おやすみ
    [ 2016/07/06 07:28 ] [ 編集 ]
  797. >言葉の好きな竜王さんに、言葉に長けてそうなお稲荷さん

    知り合いの稲荷は、饒舌時と無口時の落差が激しいw

    >相手を読む力と言葉の文化。商人の鉄則やね。お稲荷さんに感謝やで

    味~良~し~のウ~リ~♪召され候~ら~え~♪という
    瓜売りの歌(@大河ドラマ)が頭から離れないw
    召され空~ら~へ~♪

    もやすみ
    [ 2016/07/06 07:41 ] [ 編集 ]
  798. しかしまぁ無言も無言という言葉だな。

    ちなみに。好きな時系列に移動できるということは、言い方を変えれば
    好きな結末に移動できるということだ。以前言っていた、想念がそのまま
    形になる層というのはここだ。深海の暇人が目指してるとかぬかしてた
    ステージだ。俺か?三次元で充分だ。日々最前線w。だがそれがいい。
    [ 2016/07/06 08:01 ] [ 編集 ]
  799. やはり蛙は羊の代替えトーテム臭いな。瞳孔が横向き繋がりだ()。例えば
    冥界女神ヘカテー。トーテムは蛙。多産のシンボルだな。

    蛙が羊の代替えトーテムなら、ギリシアのアルテミスやセレネーと
    10時・4時の対極、メソポタミアのリリスと2時・4時の近縁になるな。

    このヘカテーと対になっている女神にエジプトのメスケネトがいる。
    こいつは頭に卵管を乗っけてる。2つの渦巻き、そう、羊さんだ()。
    ちなみにメンデスの雄山羊は全女性を操ると云われ、ケンダツ婆も全女性の
    守護神だったりする。

    そろそろ仮称ケンダッパの正式名称を決めたほうがいいな。
    仮称ケンダッパに決定w。麒麟さんも、気配はすれども知覚はできずと
    いうのは、あれも太古種かもしれんな。過去に肩入れしとるかも()。ではな
    [ 2016/07/06 14:56 ] [ 編集 ]
  800. 調べたらセレネーは多分違うな。あれはどっちかっつーと属性は2時か
    4時だな。アルテミスはやはり属性が実に10時っぽい。アポロン(狼)と
    双子でケリュネイアの鹿という韋駄天がトーテムだったりする。
    アルテミスが月なのは同一視されたセレネーの影響だな多分。

    真実は、こじつけから始まる()。ではな
    [ 2016/07/06 15:29 ] [ 編集 ]
  801. 世のアクマ崇拝と言われてるのは地母神側なんやな。地母神は冥界へ送られすぎ。あと竜王もやっぱり他でもかなり悪く書かれてるな。
    ケルヌンノスは男神だけど何かな?頭のツノが蛇で羊のツノみたいになってるよ。雄鹿の皮を着た男だって。

    アマテラスはどうしてもイザナミと何かかぶってたんだわ。神話の内容は関係なく、天照神としての日本国にとってのポジション的推理で。それとも、地母神本人ではなく守護者って思ってるのかもしれない。もしイザナミを神道的に祀るとしたら、狐か狼を狛犬にするような感じ。北欧神話の母親見て「ああ、この感じなんかな」とも思えてきた。
    [ 2016/07/06 21:01 ] [ 編集 ]
  802. 何気に獣王を従えるのは地母神か竜王みたいやな。誇り高き獣達のって書かれてる通り。
    ケンダッパも、他の神々への酷い落とし方を見れば、見方を変えたほうがいいのかもしれないね。

    自分は子供ん頃は圧倒的に月派やったん。サッカーとかで「日本は太陽やんか!」て気づいて月を好かない様になって。月に関するもの全部あくまとしてたんやわ。太陽派でありたい心の願望、心理やわな。本当は梟も大好きやって、調べる程だから知って嫌いになったという。もうね、両方好きで行くわ。
    自分の感を信じると言いながら、月が好きだったのは隠して否定してたのは止める事にする。その方が、誰かや何かを叩いたりする事がなくなり、もっと第三者的に見れる様になる。
    [ 2016/07/06 21:58 ] [ 編集 ]
  803. 今でもまだちょっと否定的なんやけどねw
    おたくと話してて「自分の偽り」に気づいて、嫌だなぁと何度も思ってたんやわ。
    [ 2016/07/06 22:09 ] [ 編集 ]
  804. 上の長文、下の2行はいらんかったわ。自分自身に言ってしまった感じやね。あんまり冥側寄りとか幽界が感知出来ると言われても嬉しくないもんね。ダークサイドみたいで嫌や。

    太古種が分からん。牛や蛇より古いわけ?
    [ 2016/07/06 22:57 ] [ 編集 ]
  805. >ケルヌンノスは男神だけど何かな?

    あれズバリ仮称ケンダッパぽいなぁ~w。多産とかゆうとるし…

    >北欧神話の母親

    アングルボザか。霧の巨人だな。霧は…水だけどなw

    >何気に獣王を従えるのは地母神か竜王みたいやな

    大軍師やからのぉ。鬼神・竜王は大将軍や大提督。天狗は大僧正。女天狗や
    蛇女神は大御巫って感じ。麒麟は大蔵卿、仮称ケンダッパは大魔道、
    牡牛は大天使。蛇?、大物主w

    >もうね、両方好きで行くわ

    (笑)。俺はガキん頃から言わば【陰】派やったのぉ。転じて大体、生理的に
    “ええもん”よりダーティーヒーローのが好きやった。キン肉マンより
    阿修羅マン的な。今も若干、引きずってる()。冥界?、かこええやん。
    ハーデス軍やで?w

    太古種か。例えば牡牛は西洋に肩入れ、竜王は東洋に肩入れしとるやろ?
    そんな感じで、過去に肩入れしてる感じ。時間の概念は
    物質ありきやからな、眷属の世界には時間の概念が無い。お前さんも
    精神層は昨日を思い出すだけで、明日を想像するだけで、過去へも未来へも
    簡単に行けるやろ?もやすみ
    [ 2016/07/07 03:49 ] [ 編集 ]
  806. おお、今日は牽牛(0時)と瀬織津(6時)のラブロマンスやのぉ。おやすみw
    [ 2016/07/07 03:58 ] [ 編集 ]
  807. 赤のテスカトリポカことシペ・トテックは金銀細工師なんだと。鬼神の
    鉱石イジリ率の高さは異常。年功序列的には、

    長男…トラトラウキ(赤の)テスカトリポカ→東
    次男…ヤヤウキ(黒の)テスカトリポカ→北
    三男…ケツァルコアトル(白)→西
    四男…ウィツィロポチトリ(青)→南

    ということらしいが、ロキを長男に変換すれば北欧の序列と同じ、
    方位を左に90度回転させれば、我流ロクボウの眷属の配置に似てるな。
    色は赤を南、東を青に入れ替えれば四聖と同じになる。

    前投稿補足だが、稲荷を大軍師黒田官兵衛だとすれば、麒麟は
    大官僚石田三成のイメージだなぁ。稲荷が張良なら麒麟は蕭何。
    擬人化すれば、かくかくシカマル黒縁メガネのイメージ(ダイハツから)。
    稲荷はパソコンの前でソファに足のせて座ってスイーツばっか喰ってる
    某探偵のイメージ()。

    ついでに蛇(女)神マザーはどうも巨大サングラスのイメージが()。んで
    エレキベース(琵琶)を背負い、夏でもマフラー(羽衣)のイメージ。
    自称芸術的、な印象()。マザーと三姉妹の四神官(巫女)で方陣の結界。

    仮称ケンダッパは、視覚と聴覚が異常で野太刀が似合いそうな魔法剣士の
    天狗とは違い、魔法に特化してるイメージだなぁ。右の蛇寄りだからな。
    …ゴシックだな。ストライプのニーソックスとか履いて、左右の目に
    それぞれエメラルドとパープルのカラコンとか入れてそう()。
    大魔法使い(魔女)。鬼神の片腕。

    なんかよーわからん補足になったが、そんな印象。
    [ 2016/07/07 14:24 ] [ 編集 ]
  808. 蛇か?、俺の中ではお笑い担当だからなぁ…。いつも竜王に無茶振りされて
    困ってる印象。でも笑顔は素敵。鹿丸は牡牛の事務官だが、牡牛陣営に
    組み込まれた竜王と行動をともにする。なんか知らんが付いて来た蛇と。
    竜王は蛇体に鹿角だからな。(?)

    天狗はピンだな。孤高だ。誰の参謀でも懐刀でもない。しいていえば
    鬼神の元カノ。仮称ケンダッパのライバルw。鬼神・竜王・天狗は
    恋のトラインw。

    男の天狗は牡牛陣営の名将だ、狭義エンジェル。無双の斬り込み隊長だな、
    ガルーダ。

    いよいよ何のイメージかわからんがそんな感じw。
    [ 2016/07/07 15:13 ] [ 編集 ]
  809. 七夕やな。今までと違う感じで七夕を見てまう。牽牛って思いっきり牛付いてるやん。
    太古種のは分かった。羊は結構居る様だから関わってそうやね。

    しかしね、眷属の擬人化、人化、二次元風やラノベ風、こんなん要らん。要は今も人々に影響を与えてる側(神)やわ。信仰も存在してる。おたくのイメージでは狭義エンジェルが一番まともになっちゃうぞ。牡牛陣営が正しいかに見える。他のイメージキャラは痛いからな。ゴシックも英国の本物は好きやよ。日本のゴシック風味は安物くさい。
    [ 2016/07/07 23:24 ] [ 編集 ]
  810. >しかしね、眷属の擬人化、人化、二次元風やラノベ風、こんなん要らん

    そりゃスマンw
    [ 2016/07/07 23:32 ] [ 編集 ]
  811. まぁ正確にいえばトーテムになってるうちらがモデルって感じかな。ではな
    [ 2016/07/07 23:35 ] [ 編集 ]
  812. 正直、全然関係ない側から見てても、聖書は今も有効なんだよ。日本だって世界だって、そんな作品多くて嫌になる。
    [ 2016/07/08 01:34 ] [ 編集 ]
  813. >まぁ正確にいえばトーテムになってるうちらがモデルって感じかな
    ん?エレキベースとか魔法剣士とか大魔法使いとか言われてもなぁ。普通痛いわな。
    [ 2016/07/08 01:47 ] [ 編集 ]
  814. お前さんやっぱり根が真面目やのぉ…。サラっと流してくれていいぞw。
    あとな、もしかしたら感覚マヒしてるかも知れんが眷属のガチ話なんぞ
    世間一般的にはイタイからな?(ヨソですんなよw)

    >全然関係ない側から見てても、聖書は今も有効なんだよ

    良くないねぇ…。良くない。もちろん聖域を荒らすのは良くないが、
    そのものを聖域化してネタにするのを禁止したりするのは良くない。
    誰かの信仰対象を聖域にしなきゃいけないなら、クソババアは神のように
    崇めにゃならん。ありえんね。それでも多少は気を使うが、向こうから
    強要してくるパターンとか、個人的に大嫌いやのぉ。ナイーヴ過ぎて
    イライラする。あとな、聖域化すると眷属はすぐ調子のる。無論、徳が
    高いのもいるが、そうでないのもいる。そういうのは崇めてくる思念で
    肥大化し暴走する。何度も見てきた。

    >牽牛って思いっきり牛付いてるやん

    蛇女神も天河に祀られてるからのぉw

    おやみし
    [ 2016/07/08 02:27 ] [ 編集 ]
  815. なんだ、おやみしって…。おやすみに訂正(笑)
    [ 2016/07/08 02:29 ] [ 編集 ]
  816. 結局な、神(まぁ眷属だが)を語り我を通したいだけなのだ、そういうのは。
    例外なくそうやったのぉ。実際、何もわかっとらん。
    強要してくるようなのな。ああいうのがムダに戦い引き起こすんだよなぁ…
    [ 2016/07/08 02:54 ] [ 編集 ]
  817. 幽霊知ってるお前さんですら、最初は「竜とか中華だろ?」
    「天狗系って何ですか?」だっただろ?

    お前さんの言うようにカタギはな~んも知らんのだ。マイルールで神道を
    見てる。自分教の信者たちだ。だがそれでいい。それでいいが、こっちも
    イチイチ合わせてられるかとw。無論、否定もせんけどな。それこそ軽く
    流してるw。ではな
    [ 2016/07/08 03:57 ] [ 編集 ]
  818. もちろん眷属にも言えるぞ?敬われたいと思ってるようなのに、まぁ~
    ロクなのはおらん。実際、三下なのだ。だから上を目指す。本当に高位の
    連中は上下関係など意識しない。なんつーか、人間と戯れる余裕がある。
    忘我つーか大我だな。我が無いのだ。全てと一体になってる。だから
    許さん!許さん!連呼しとる“ええもん”は、生理的に、いけ好かんのだw
    我の塊だ。ではそろそろマジもやすみノシ
    [ 2016/07/08 04:55 ] [ 編集 ]
  819. おっと
    あ、あとな。全部マトモだぞ。お笑い担当も大切な持ち場だ。全員
    一騎当千の名将とか、そんな世界行きとうないw。修羅の国やないかw。
    蛇は【癒】だ。全てには役割がある。無論、我の塊にも。ではな
    [ 2016/07/08 05:35 ] [ 編集 ]
  820. 週末はテンション上がってなかなか眠れん…
    まぁあれだ。狭義エンジェルが一番まともというのもマイルール
    でしかない。個人的にはあれが一番パッとせん。象徴の鳩は目が
    イっとるし(笑)。それはともかくだ、しっかしなんだろな、実際、
    トーテム弁天は芸術家肌が多いのだなぁ…。絵画、音楽、ミュージカル…。
    トーテム天狗はな、牡牛寄りに配置する以前から武闘派だとは思ってた。
    ただし格闘力よりセンサー有効半径やステルス性が強化されたイメージか。
    あれはその比喩だ。トーテム仮称のほうも、おそらく五感が研ぎ澄まされた
    知覚型だが、蛇寄りなので戦闘機というよりは、哨戒機や電子戦機かな。
    実際、魔女のトーテムなのだあれは。あれもその比喩。そんなん要らんって
    言われてもなぁ…数年前は某コミュニティで、わかりやすいと
    言われたのだがw。あかん、寝な。
    [ 2016/07/08 07:24 ] [ 編集 ]
  821. そもそも信仰というのはいつ頃から登場したのだろうか。ああいうのは
    マナ(?)を感じたり、当たり前のようにあるもの、いるものと共存する
    術(すべ)だったはずなのだが。

    少なくともうちらのスタンスはそうだ。信仰とは分からぬ曖昧なところに
    生まれる。そこそこ確定的なことを信じる必要はないからだ。無論、聖域を
    守りこじんまりやってるだけなら何の問題もない。何かあったら縄張りに
    不用意に侵入したほうが悪い()。しかし信仰の元に他を優劣で見たり、
    酷いときにはヨソまで出張して自爆に巻き込んだり、拉致して首を
    はねたり。ああいうのは、うちらが最も忌むスタンスだな。

    創作だろうが、インチキ霊媒師だろうが、周りを幸せにできる連中のほうが
    ナンボか高尚なもんに見えてまう。実際な、そっち系はサブカル好きが
    多かったりするw。高野山の某偉いさんもハリウッド映画が好きだったり()。
    お前さんは嫌いなようだが。まぁ実際、ああいった人らは想念で勝負してる
    職業なので、未来や別の次元を垣間見てたりするケースもあるわけだが。
    [ 2016/07/08 14:40 ] [ 編集 ]
  822. 神さん(まぁだいたい眷属だが)を語る我欲に過ぎんのだ。ああいうのはな。
    [ 2016/07/08 14:41 ] [ 編集 ]
  823. 論点が違う。他所で眷属の話はしないよ。コミュニティの人達は好きでわざわざ来てる人やん。
    映画は大好きやよ。非東洋でなら色んな国のんみてる。ファンタジーやスターウォーズ系などはあんま見ない。そら坊さんも映画は見はるやろな。

    おたくはイスラムについて誤解もしてると思うよ。全然知らないけどね。うちらは双方の情報を見聞きしてるわけじゃないんやよ?日本だってカバリズムの大悪党と言われたからね。
    基本的に、一神教自体も嫌いではないからね。多くの信者は善人でしょ。神道については確かに知らないね。
    >向こうから強要してくるパターンとか
    眷属が要求してくるとか?聖書が有効と言ったのはそういう意味じゃないんだわ。まぁこれは流してほしい。上手く話せない。
    [ 2016/07/09 01:05 ] [ 編集 ]
  824. >しかし信仰の元に他を優劣で見たり
    今はもうそんなん無理やで。昔はあったやろうけどね。イエスなら優劣とかは怒りそう。

    >狭義エンジェルが一番まともというのもマイルールでしかない。
    ちがうで、狭義エンジェルて知らんw三天使とかかな?好きなのはトトさんやわ。エンジェルって恐ろしい程似合わん。
    [ 2016/07/09 02:02 ] [ 編集 ]
  825. >コミュニティの人達は好きでわざわざ来てる人やん

    ちなみに畑違いばかりのコミュニティだの。色んな話をしていたし、
    そんときはたまたまそんな話になった。俺のバックボーンは知られて
    いたので話易かったが。好きで集まってるコミュニティなんぞゾッとするw
    参加ムリやねw。氏子さんらとすら日常会話や世間話しかしないのに。
    神さんの話を押し付けがましくなく、聞きやすく、面白く、サラッと
    話すのは、デキる神官や僧侶の仕事だの。

    >おたくはイスラムについて誤解もしてると思うよ

    誤解もなにも知らん()。スーフィ系とは一応、遠いパイプはあるが…、
    実態がわかるほど近い筋ではないな。自爆云々はイスラムには言及
    してないな。自爆野郎のことを言ってる。

    >多くの信者は善人でしょ

    善人だからこそ面倒臭いこともある()。器と俗にいう善良さは
    比例しないからな。社会的には善良とされることを言いながら、悪臭を
    撒き散らすタイプもいて、

    >眷属が要求してくるとか?

    人だな。神(眷属だが)の名を語り、我欲を通そうとする輩。まぁ面倒臭い。
    関わりたくないが、絡まなあかんこともあってだな…。

    >今はもうそんなん無理やで

    ちなみに信仰は宗教に限定されないな。エセ科学教もおるしイデオロギー、
    地域、人種…まぁ色々ある。

    >狭義エンジェルて知らんw三天使とかかな?

    要は西洋天狗だな。エンジェルだと『眷属』みたいな意味になってまうので
    狭義とw。知覚はしてないが、観想的にも、聞いた話でも、神話的にも
    同じだ。エレメント【風】で冥界層に多く分布していて、天才肌。もやすみ
    [ 2016/07/09 03:59 ] [ 編集 ]
  826. そんなことより
    力作を発見した。
    ーーーー

    おまいらも好きですね。童話なら名作が残されてますよ。

    871 :本当にあった怖い名無し [] :2007/03/17(土) 15:47:02 ID:l1nd34560
    あるところに一匹の黒蛇がいました。ある日、黒蛇が餌を探しに山麓に降りて行くと 、小さな神社の
    境内から、ウサギとリスの賑やかな会話が聞こえてきました。
    「今年は日照で村の水が枯れそうだったけれど、龍神様が雨を降らせてくれた。龍神様のおかげだ」
    「うちの村では、山で道に迷った村の子等を、天狗様が道を開いて救ってくれたよ。天狗様も偉い」
    ウサギとリスが口々に龍と天狗を褒め称えるのを聞いて、黒蛇は悔しくなりました。「龍と天狗、あいつらさえいなくなれば・・・・・・」そのとき黒蛇はある光景を思い出しました。
    それは神社で手を合わせる老人の姿でした。「生かしてくれてありがとうございます」

    次の日黒蛇が神社に行くと、ウサギが龍神に祈っていました。そこで黒蛇はこう話しかけました。
    「龍神はみんな神様のところに行ったよ。龍神がいた世界も消滅するから、龍神に祈っても無駄だよ」
    しばらくすると、リスが現れて天狗に祈りを捧げました。再び黒蛇は話しかけました。
    「天狗は幽界の存在だよ。幽界と感応すると魂を食われるよ。それに幽界はもうじき消滅するから、天狗に祈っても無駄だよ」
    ウサギとリスは頭を抱え、互いにこれからどうすればいいか悩みはじめました。
    黒蛇はいいました。「生かしてくれてありがとうございますと、何でもすべて感謝すればいいよ。ご利益をもらう秘訣だよ」
    ウサギとリスはわかったと安心して帰っていきました。

    872 :本当にあった怖い名無し [] :2007/03/17(土) 15:47:41 ID:l1nd34560
    数日後、黒蛇が散歩をしていると、切り株に座ったウサギが独り言をいっているのを見つけました。
    「生かしてくれてありがとうございます。龍神様今までありがとう。だけど龍神様はもういない と叱られました。
     これからは黒蛇(つづく)
    [ 2016/07/09 14:40 ] [ 編集 ]
  827. そんなことより
    (つづき)君の神様に祈ります。龍神様さようなら」
    黒蛇はニヤリと笑って、後ろから近づきウサギに襲いかかると、あっという間に食べてしまったのでした。
    あたりには血に染まったウサギの毛が散らばっていました。
    そしてまた何日か過ぎたころ、黒蛇がのそのそ這っていると、大木の枝でリスが一心不乱に喋っていました。
    「生かしてくれてありがとうございます。天狗様今までありがとう。だけどもう幽界と感応しちゃいけないって叱られました。
    これからは自分の神様に祈ることにしました。天狗様さようなら」
    黒蛇は舌をチロチロ出しながら木に巻きつき、シュッと鎌首をもたげるとリスを丸飲みにしました。
    食べかけのどんぐりが一粒、木の枝からころがって落ちました。

    するとどこからともなく風が吹いて、一匹の鹿が黒蛇の前にあらわれました。鹿はいいました。
    「あなたのうしろには真っ黒なヤマタノオロチが見える 。悪いことはやめなさい」
    すると黒蛇は真っ黒な煤をどくどくと吐いて、猛然と怒り狂いました。
    「鹿君の脳天に恐ろしいものが突き刺さっているよ!蛇棚のそばで瞑想なんかするからだよ。せいぜい気をつけることだね!」
    黒蛇は自分では恐ろしくて近づけないのに、龍と天狗の敷地に出入りする鹿を羨ましいと思っていたので、悔し紛れにいいました。
    しかし鹿は哀れみを浮かべた目で一瞥しただけで、遠くへ行ってしまいました。

    黒蛇が鹿を退治したとほくそ笑んでいると、今度は空から黒蛇の悪行を眺めていた鷲が降り立ちました。
    「そうやって騙して何匹食べたのかね?黒蛇の嘘と小細工は、何もかも天空から丸見え だ」
    黒蛇は憮然としていい返しました。
    「感謝行を奨励する俺の邪魔をする鷲は魔界の生き物に違いない。ブーメランの法則で鷲がやられるよ!
      地獄に落ちた魂は強制的に輪廻終了。魔界も幽界も消滅するよ」
    しかし鷲は笑いを堪えきれない様子で、空高く飛んでいきました。
    873 :本(つづく)
    [ 2016/07/09 14:44 ] [ 編集 ]
  828. そんなことより3
    (つづき)当にあった怖い名無し [sage] :2007/03/17(土) 15:52:08 ID:Z/H65r/E0
    おんきしばそわか

    874 :本当にあった怖い名無し [] :2007/03/17(土) 15:52:35 ID:l1nd34560
    そうこうしているうちに、日に日に黒蛇の感謝行を信じるウサギとリスが増えていきました。
    黒蛇はだんだん自分がいいことをしているような気になりました。
    「黒蛇君ありがとう」「黒蛇君のいったとおり感謝行したらいいことがあった」「黒蛇君を拝みたい」
    「ふふふ。あなた達に神気を感じるよ」

    そのころ天では龍と天狗が話し合っていました。「最近下界では我々の存在を忘れているようだ。さみしいものよのう」
    「龍はもういない。自分の神に祈り感謝しろと変な蛇がいっているそうだ」
    そのとき龍の顎の下の鱗がぴくっと動いたのを見た天狗があわてていいました。
    「うちのところの鷲が交代で突いて弱らせているところだし、天使の連中も見張っているから」

    そこへ眩い光を放ちながら神様があらわれました。
    「そなた等の怒りはもっともじゃ。じゃがそう興奮せんでもよかろう。こっちへくるがよい。
     見よ。黒蛇の体に異変が起きているであろう」
    龍と天狗が雲の穴から覗くと、灰色になった蛇 が感謝行を奨めている様子が見えました。
    「毒が抜けてきておるじゃろ。アレの中にも神性が宿っておるのじゃ。
     人も獣も外道も虫も、天国も地獄も、龍も天狗も天使も悪魔も、あらゆるすべてのものは、このわしがつくったのじゃよ」

    ーーーー
    ブラボー(笑)。実によくできてる。途中で迦楼羅の真言挟んでる奴もナイスw
    [ 2016/07/09 14:48 ] [ 編集 ]
  829. こんなのもあった。
    ーーーー

    むかしむかし、あるところに。
     一匹の黒蛇がいました。
     人間たちの暮らす街の外れ。
     大きな樹の根元に巣をこしらえ、蛇はそこに住んでいました。
     くねる体は細く、けして大きくはないけれど、彼にはほかの獣にはない大いなる智慧がありました。
     一点の曇りもない漆黒の鱗は神様に与えられた祝福の証。
     黒を悪の色と決めつけ、蛇を危険な生き物と思いこむ人間には分からないことですが、彼は特別に高貴な蛇だったのです。
     人と相容れない黒蛇は、だけど人の暮らしを眺めるのが好きでした。
     日が暮れ、辺りが暗くなると、するりと住処を抜け出して街へと出かけます。
     街灯の灯る石畳を、くねくねと散歩するのが彼の日課です。
     街の人間、特に女性は、彼の姿をみかけると悲鳴を上げて逃げだしてしまいますが、街の動物たちは皆気さくにあいさつをしてくれます。
     野良猫の家族。
     下水から顔を出すネズミ。
     窓辺のカナリヤ。
     街で暮らすほとんどの動物は彼の友人でしたが、一匹だけ、言葉を交わしたことのない動物がいました。
     蛇は散歩の途中である大きな屋敷の庭に入り、一番高い木に登ります。
     木のてっぺん近くまで行くと、屋敷の窓のひとつが近付きます。窓の内側には大きな金色の犬が蛇が来るのを待っているのです。
     良い暮らしをしているのでしょう。つるりと滑る蛇の鱗とは対照的なふさふさの毛並み。碧の瞳は澄んでいて、言葉の代わりに蛇にあいさつを送ります。
     彼の名前はイーノック。本人に聞いたのではありません。何せ蛇は、彼と一度も言葉を交わしたことがないのですから。
     街一番の権力者でありお金持ちでもあるイーノックの飼い主は、彼を外に出そうとしません。とても生まれのいい犬なので、大事に大事に育てられているのです。
     イーノックはそんな暮らしをいやがっていません。ただ、厚いガラス越しでは、どれだけ近付いてもお互いの言葉が届かないのです。
     
    「やあ、イーノック」
     蛇は窓の向こうの彼に話しかけます。
     イーノックもまた、何かを喋ったようで(つづく)
    [ 2016/07/09 14:59 ] [ 編集 ]
  830. ではな
    (つづき)すが、音が聞こえないので言葉を想像することしかできません。
     蛇は木の上で、色んなことを話します。
     今日はとても暖かかったこと。草原の花がつぼみを膨らませていること。小鳥の美しいさえずりのこと。
     イーノックはとても楽しそうに、聞こえない蛇の話を聞いてくれます。
     そうして月が少し場所を動くまで時を過ごして、蛇は登った木をまた下りて行きます。
     またくねくねと街の中を見て回って、それから巣に帰って、夜の散歩は終わりです。
     一度でいいから彼と話をしてみたい。
     蛇はいつもそう思っていました。
     けれど賢い彼は、人間の家に忍び込むことがどれほど危険なことかよく知っています。
     真面目で純粋な瞳のあの犬が、飼い主の言いつけを破って外へ出たいと思っていないことも分かっています。
     せめて彼と同じ犬だったなら、出会うこともできたのでしょうか。
     蛇はいつもそんなことを考えていました。
     寝床に辿りついた彼は、とぐろを巻いて目を閉じます。
     ひとりになると思い出すのはガラス越しの彼のことばかり。
     神様がくださった自慢の鱗をあごで撫でて、彼は思うのです。
     鱗よりも、智慧よりも、夜を歩く自由よりも。こんなものよりも、彼と同じ毛並みが欲しかった。
     むかしむかし、あるところに。
     涙をこぼす黒蛇が一匹。
    [ 2016/07/09 15:01 ] [ 編集 ]
  831. おもしろいなw黒い蛇かぁ。蛇ってやはり悪く書かれてんのな。てかおたくの言う三下眷属はこんな気質が多いと?これなら会いたくないなw自分がウサギやリスなら、お前なんか信じないぞって言って蛇を怒らせそうやわ。関わりたくない。
    ヤマタノオロチって悪い蛇なん?こんな事も思った事ないな。物語では悪役だけどね。
    [ 2016/07/09 17:38 ] [ 編集 ]
  832. しっかし神道も、色んな宗教と関わりもつんやね。大変やなぁ。善人に関してはわかった、なるほど。
    聖書有効はさ、今でも人が広めてるでしょ?ハリウッドなんて聖書だらけだ。彼らの中の根本が聖書主体だから、創作するにしろ全ての想像力や作品に絡むでしょ?だから生きてるんだと。日本は国民が知らないのに、聖書が絡む作品が多いわ。
    [ 2016/07/09 18:03 ] [ 編集 ]
  833. >おたくの言う三下眷属はこんな気質が多いと?

    多いね。なんなんだろなアイツらわw。まぁ人間側も悪いのだ。修行が
    足らん者同士、負のスパイラルに陥る。

    >ヤマタノオロチって悪い蛇なん?

    川とか色んなもんと習合してるヤマタだが、あれは力を発動してる状態だと
    思うぞ。少し違うが荒魂状態とでもいうか。善悪は関係ない。
    ニョロロ系は首が、獣王系は尾が、牛系は腕が増える。天狗?
    あれはクールなので素の状態でミッションをこなすw。自己評価の信憑性
    70%程度見立てだぞ?あまり真に受けるなよ?w

    もう一つの話の黒蛇はいいだろ?泣いたw。よく特徴を掴んでる。蛇は
    【聡さ】【癒やし】【愛】【色情】などを司る。情念が暴走して
    ハグレ化しやすいようだが…基本的には蛇からが眷属だな。伍長w。

    お前さんは大丈夫やと思うがな、意外に
    「あんなもん信じるほうがどうかしてる」派がコロっといくケースも
    あるのだなこれが。

    この鹿は蛇と渡り合うとか、さては麒麟さんだな。ではな、飯喰いに出るわノシ
    [ 2016/07/09 18:16 ] [ 編集 ]
  834. 西洋占星術の不動宮すなわち3ヶ月おきの牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座。
    エレメントは順に土火水風なのだが、これを性格占いレベルまで
    落とし込んだ話では、牡牛座は物質的(≒リアリスト≒軍事的)と云われたり
    また急にキレる()と云われる。

    獅子座は守護星は太陽。キングだな。ただし、お調子者で除け者にされたり
    すれば、すぐスネたり、あと、数学的な思考に強いと云われ、

    蠍座は錬金術では蛇と同義。また蠍座一等星アンタレスは唐土では竜の
    心臓と呼ばれてる。観念的な情の星で、哲学探求者とも云われ、また、
    複雑で強大な力を持つセクシーさんが多いらしい。

    水瓶座は言うまでもなく主役は水瓶ではないな。主役は水瓶バズーカを
    担いだガニメデウス。狭義エンジェル。水瓶座はクールな天才肌と
    云われている。

    牛神・稲荷・竜蛇・天狗に、笑えるぐらい符合するw。
    [ 2016/07/09 20:34 ] [ 編集 ]
  835. 二つの作品とも蛇が哀れで何か物悲しい。竜王さん、ちょっとヒゲ動かしただけでヤバいんやなw
    他所の反応やけど、ヤタ烏さん「八頭烏(やあたまの烏)のことで頭が複数ある烏」と書かれてるで。

    >お前さんは大丈夫やと思うがな
    そう思ってるけどね。けれどおたくの例が出来てしまったしな。おたくは映画みたいにテンポよく、眷属に興味持たせたからね。こんなん、一生付いて回るやんかw今から何年何十年経っても、もう頭の表の主軸のままだわ。
    けど感謝してるよ。多分知りたい事だったけど、聞きたいと思う人が居なかっただけだと思うし。けど今でも(ここまで信じたのが)不思議で仕方がない。
    あとさ、他の人にも動くとか言われた事ない?
    [ 2016/07/09 21:18 ] [ 編集 ]
  836. 血液型占いみたいなもん?眷属の気質は分かりやすくていいけど、決めつけとかは好きじゃないわな。牡牛さんの眷属ついてる人はいないの?あんま話に出てこんけど、見てみたいわなw
    [ 2016/07/09 21:38 ] [ 編集 ]
  837. 今は魚座の時代やったっけ?なんかで読んだな。もうすぐ水瓶の時代が来ると。そっか、天狗さんか。前もおたくが言ってはったな。
    [ 2016/07/09 21:48 ] [ 編集 ]
  838. >二つの作品とも蛇が哀れで何か物悲しい

    おっ、いいセンスだな。

    >竜王さん、ちょっとヒゲ動かしただけでヤバいんやなw

    たしか『逆鱗に触れる』の語源だな。竜王はな、あれはな、ヤバいぞw
    俺は温厚だが()、基本的にはキレたら一番ヤバイと思って間違いないw

    >他所の反応やけど、ヤタ烏さん「八頭烏(やあたまの烏)のことで頭が複数ある烏」と書かれてるで

    ロック鳥か。イヤやなw似合わんw。頭か足かどっちかにしてくれ(笑)

    >一生付いて回るやんかw



    >他の人にも動くとか言われた事ない?

    ない。口調が伝染るとか、たま~に言われる。

    >血液型占いみたいなもん?

    まぁな。俺は蠍座なのだが()、そのとき月は水瓶座にいたので裏人格は
    水瓶座…というように、本当は指標は複数あるんだわ。その組み合わせは
    それこそ天文学的なバリエーションになる。大和朝廷やナチスやFBIもか、
    色んな組織が専門の占術家を抱えていたというが、本来は複雑極まりないの
    だな。12星座占いは占術としても簡略化しすぎw。まぁ占術は専門ではないし
    飲み会のネタぐらいには、いーんじゃねw。

    >牡牛さんの眷属ついてる人はいないの?あんま話に出てこんけど、見てみたいわなw

    あんま聞かんな。文化圏じゃないというのもあるが、牡牛は人間への
    コミットの仕方が違うんでね?。司令部詰めの自称エリート眷属ですから()
    [ 2016/07/09 22:23 ] [ 編集 ]
  839. >日本は国民が知らないのに、聖書が絡む作品が多い

    えヴぁんげりおんとかな。社会現象にまでなっとったし…。この前話しした
    リヴァイアサンやベヒーモスもFFで人気だが、元ネタは旧約聖書の二頭一対
    だしなぁ。

    しかしベヒが鬼神なら獣王ポジションのビッグネームは誰ぞな?と
    思とったが、そうかミカエルだな。対鬼神戦の総大将なのでてっきり
    牡牛だと思っていたが、あやつは四大天使においてエレメント【火】だし
    知性を司る。竜虎相打つや、黒のテスカトリポカvsケツァル、アマテラvs
    スサノオなどと同じ、獣王vs竜王の別バージョンになるな。鬼神は竜王の
    近縁だし。

    牡牛はウリエルだ。つか、一番ビッグネームの牡牛はヤハウェだ()。
    ガブリエルは狭義エンジェルだろな。トーテムは鷲だが、この場合の鷲は
    ハーピーと同じ、猛禽の鷲だろう。ラファエルのトーテムは医療神の
    ドラゴンだな。

    四大天使は8・0・2・6時のスクエアだな。ウリエル(牡牛)を除く
    三天使だと、8・中央・2のラインになるな。
    [ 2016/07/10 00:05 ] [ 編集 ]
  840. 考えててんけどね、自分の中で鬼神と竜王が真ん中に付くと。フェンリルがアマテラスなら、竜王は日本で言えば誰?
    例えばこういう場合、人化されたら困るわけよ。個人的に大物主やニギハヤヒは人化(擬人化)も嫌や。今の所この二神は殆どキャラ化もしていない。そのイメージ付けられたら嫌やもんな。三位三神は仕方がない部分もあるけどね。あ、あと住吉さんも擬人化は嫌やwするならデカい人物が確かに似合うけど。なのに頭も良いと言うキャラなw

    >ロック鳥か
    いやぁ、ミツ足の方は大陸経由の知識で、日本は本来頭が分裂してたと言ってたで。今日のリアルタイムコメやわ。
    >ない。口調が伝染るとか、たま~に言われる
    ないんか…文章の事やで?そっかぁ。
    >俺は蠍座なのだが()
    へーwそんなん関係ないやろ。自分水瓶やでw勘弁してくださいよ全く。
    [ 2016/07/10 00:13 ] [ 編集 ]
  841. >竜王は日本で言えば誰?

    さぁ?ニギハヤヒぐらいしか該当せんよなぁ?

    蠍座(竜蛇)と水瓶(狭義エンジェル)かw。とんだオカルトだなオイw
    [ 2016/07/10 00:28 ] [ 編集 ]
  842. 猿田彦(の文字)が目の前に仁王立ちし、知らん筈の日吉大社が夢に出てきて
    子供の頃から知らずに挨拶していていたのが天狗で、かなり俺もヒントに
    させてもらってる超直感型で、太陽星座が水瓶座(西洋天狗)w。あかん
    オモロすぎるw。お前さんのトーテム、もう天狗でFAだわw。もやすみw
    [ 2016/07/10 00:59 ] [ 編集 ]
  843. ミカエルと言われる別神は、牡牛退治してるんやなwどうなってるんやw獣王ポジションのビッグネームはおたくのせいでフェンリルさんやわ。
    >さぁ?ニギハヤヒぐらいしか該当せんよなぁ?
    まじで?自分は該当する人に脳筋とか言ってたって事になるやんw勘弁してくださいよw
    >とんだオカルトだなオイw
    ほんまに蠍座?おもしろいなぁ。さんまの笑い方みたいになったで。12個もあるのにな、お互いにw自分の星座は気に入ってるわ。
    [ 2016/07/10 01:07 ] [ 編集 ]
  844. おう、太陽星座(生まれた月日・時間に太陽がいたのは)蠍座やでぇ。
    裏人格を表す月星座は水瓶。なんかホロスコープ好きが言うには同じ配置に
    キムタクやTOKIOの長瀬がいる模様。行動傾向を表す火星星座は専守防衛の蟹
    恋愛傾向を表す金星星座は…なんだったっけ?知性傾向を表す水星星座は…
    あれ?なんだっけ、etcetera…。こんな感じ。アセンダント乙女座は禿げやすいらしいが
    アセンダントは乙女座(なんだ禿げやすいとかw)。もやすみ
    [ 2016/07/10 01:20 ] [ 編集 ]
  845. 禿げやすいw

    あのさ、自分が好きな神は大蛇竜王系ばっかりみたいやけど、今まで通りでいいんやんな?自分のお金使ってお祓いしてもらったのは猿田彦になるんやわ。前も言ったけど、神さんを知らんかったし、自らお金出して他神社にお祓いは他でない。お祓いしてもらった理由は、気になってたってだけやけどね。
    こんなに揃うとやっぱりね、気になるわ。
    [ 2016/07/10 01:37 ] [ 編集 ]
  846. >好きな神は大蛇竜王系ばっかりみたいやけど、今まで通りでいいんやんな?

    俺なんぞトーテム竜王()で、名付け親が稲荷で、クソ師匠が弁天で、
    牡牛陣営に組み込まれて(?)んだぞ?w。問題ない問題ない。天狗と蛇は
    相性は良くはないが仲はいい。異なるものが惹かれ合う関係。カネと
    カナロアは仲がいい()。日吉山王の祭神は何故か大国主だ。天狗と竜王?
    まぁ仲悪くもないやろな。天狗は竜王の逆鱗の動きを素早く察知できる
    センサーを持つし、トリムルティ状態やしな。ガルダはナーガと、
    ケツァルはウィツィロと、ホルスはセトと対立してるけどなw

    >ミカエルと言われる別神は、牡牛退治してるんやなwどうなってるんやw

    神話を俺が書くとしての観想も、第一部は牡牛陣営 vs 叛逆の鬼神陣営。
    第二部前半は和解した牡牛陣営と鬼神陣営 vs 何か企んでる獣王陣営、
    という印象が漠然とあるのだが、なんかの予知かな??

    >獣王ポジションのビッグネームはおたくのせいでフェンリルさんやわ

    まぁ俺も一柱挙げろと言われればベヒーモスを鬼神認定した以上()、
    天狼フェンリル一択かな。全天で最も明るい恒星、天狼星シリウスの
    イメージ。九尾天狐も捨てがたいが。
    [ 2016/07/10 05:28 ] [ 編集 ]
  847. 一番のビッグネームか…。

    【牡牛】…ヤハウェ一択だな。勢力圏たるや牡牛の権化みたいなやつだ。

    【獣王(稲荷系)】…前レスの通り天狼フェンリルっすな。余談だがミカエルって率先して人間に
    平伏したのだな。策士の香りw。

    【天狗】…個人的に梟の女神リリス。アダムの元嫁でルシファーの
    嫁だっけ?メソポタミア時代からの最強のフクロウの悪寒。

    【竜王】…レヴィアタンだなぁ。驕れる全てのものを見下す、最強の中の
    最強を画に書いたようなナガモノ。最強最強と厨二全開だが。

    【鬼神】…皇帝ルシファーか阿修羅王か天神シユウか天王スサノオか或いは
    破壊神シヴァか…。ビッグネーム大杉。まぁ同体だろけどな。そんな
    あっちこっちにソックリな叛逆のカリスマがいてたまるか()。

    ★【仮称ケンダッパ】…これも決め辛い。長江の太古種トウテツか、
    テンプル騎士団などグノーシス派の象徴的偶像バフォメットか、或いは
    冥界女神ヘカテーか…。

    ★【麒麟】…これも「ノアの方舟?、そんなもの私には不要」と
    乗船拒否した意外に気性の荒いユニコーンか、青麒麟『聳弧』、
    赤麒麟『炎駒』、白麒麟『索冥』、黒麒麟『角端』を統べ、四聖を
    差し置いて中央にのさばる意外と図々しい鹿、黄麒麟『麒麟』(笑)の
    どちらかかな。蛇足だが某アニメで山犬(獣王)と
    猪神(おそらく牛神代行トーテム)と猩猩(狒狒。天狗)と祟る謎のニョロロを
    統べているのも鹿神(シシガミ)だのw。

    【蛇女神】…これも決め辛いな。インダス文明の前身とか云われるトーテム
    弁才天サラスヴァティか、大地母キュベレーか、ビッグネームという意味で
    全てを石化フリーズさせる戦慄のメドューサも浮上してくるな笑。

    ★【蛇神】…やまと大物主くしみかたまのみこと(大国主。出雲大汝)。
    おそらく邪馬壹時代からのビッグトーテムで、伊勢と出雲、鶴と亀を統べる
    後ろの素麺、三輪大先生。

    しかし★マークはネーム的にも二軍だな。八部衆内でも眷属のそのまた眷属
    扱いだしな。ではなw
    [ 2016/07/10 07:10 ] [ 編集 ]
  848. >自分が好きな神は大蛇竜王系ばっかり
    >お祓いしてもらったのは猿田彦になるんやわ

    猿田彦は天狗だと云われているな。俗にいう中有界で道案内をするぐらいだ
    天狗だろうw。人類史との習合は度外視した上で、度々書いてるが猿は天狗の
    トーテムだしな。正確には天狗の猿は狒狒だがな。稲荷が哺乳類の狐でなく
    麒麟が哺乳類の鹿でないのと同じ。

    そしてその嫁、アメノウズメは龍神だと言われている。ここが
    ややこしいのだが、日本で龍神と呼ばれる眷属クラスは大きく4ついる。
    まず竜王。まんまだな。次に龍神大蛇。蛇神だ。あと蛇女神の弁天。
    そして鬼神だ。蛇牛ハイブリのドラゴンなので、広義で龍神になるわけだ。

    んでウズメだが、俺が思うに変態具合からして竜王だ。芸術神なので
    蛇女神という説もあるにはあるのだが、それだと宗像三女神のように
    弁天と強く習合する筈なのだがな…。

    ともかく、天狗と竜蛇系のカポーは意外と多かったりする。ちなみに
    蠍座と水瓶座は相性最凶にして組めば最強とも云われてる()。

    トーテム(自分)が天狗で、好きな相手が竜蛇でも何もおかしくないな。
    [ 2016/07/10 09:01 ] [ 編集 ]
  849. 天狗(迦楼羅)と仮称ケンダッパは近縁ではあるが別物だな。だが、
    猿田彦(猿天。狒狒)と八咫烏(鳥天)、ついでに狭義エンジェルは同種だと
    言い張ってる。特性・氣が同じだ。獣王が狼や狐や獅子になったり
    するように、知覚する側の想念による差異、あるいは眷属側が階層に応じて
    シェイプシフト()しているだけだと。俺が知覚した猿神(狒狒や猩猩など)は
    有翼だ。

    狒狒神トトは鳥神でもあり、ギリシアだとヘルメスだな。ヘルメスは
    伝令で、境界に立ち旅人を守護する道祖神で、冥界へのお迎え役でもある。
    ちなみにヘルメストトだったか何だったか、ヘルメスの近縁種もいるが、
    こっちは魔導の神だな。羊さんを背負って登場するようだ()。

    インドだと鳥天はガルダ、猿天は風神の子ハヌマーンだな。
    [ 2016/07/10 10:54 ] [ 編集 ]
  850. 仮称ケンダッパは蛇寄りなのに角がある。しかしあれは渦巻きだ。
    スパイラス。蛇と同じ。羊さんと呼ばれるゆえんだ。

    天狗は牛寄りなのに角が無い。だが狒狒はヴァンパイアの如く犬歯が長い。
    そこいらのイヌ科より犬歯が長い。鳥天もそうだ。基本的に外人さんか
    何かと習合する以前は天狗とは日本においては烏天狗のことだったわけだ。
    クチバシだ。またインドや東南アジアのガルーダを見てもわかる通り、
    クチバシの中からイノシシの如き歯が突き出している。そこいらの
    渦巻いたり、後ろ向きのやる気のない角より強烈なベクトルなわけだ。
    一応、人天も卑猥に鼻が長い。

    ちなみに牛神系(牡牛・鬼神・いちおう竜王)にも羽がある。無論あれで飛ぶ
    わけじゃあない。風や暴風を操れる権能が具現化した形だろうおそらくは。
    本人に問うても“知らん”と返ってくるのだから、おそらくだ()。

    あ、無論、哺乳類のヒヒは天狗霊性の影響下かもしれんが、狒狒はヒヒとは
    別の話な。蛇神と爬虫類のヘビが別物なのと同じ。むしろ狒狒のほうが
    先らしいな。狒狒からヒヒという和名を付けたと聞いたが。

    では出かけるw
    [ 2016/07/10 11:40 ] [ 編集 ]
  851. 言い忘れ。狒狒は笑い方が語源という説がある。天狗も高笑いする。しかし
    双方初出は山海経だ。山海経の天狗はイヌかネコなので、狒狒のほうが
    日本の天狗に近く、また笑うという妙な一致がある。ではなw
    [ 2016/07/10 11:57 ] [ 編集 ]
  852. お前さんに訊きたいのだが、熊についてはどう見る?トーテムとして
    ポツポツあるのだが、該当する眷属がサッパリ思い付かん。

    単純に哺乳類の熊を神格化したのか、或いは代行トーテムではないのか?
    とも思うわけだ。例えば巨人族。巨人族はあれはおそらく地タマ()だ。
    眷属ではない。鉱石ダマ。光体じゃあない。半透明。そして
    記憶集積装置である鉱石が、しばしば魂(タマ)の寄代となるように、
    鉱石ダマは眷属のヴァーハナ(乗り物)になってるような気がす。言わば、
    単眼のモビルスーツ笑。
    シシガミは夜になると半透明のデイダラに乗りドライブする、的な
    イメージだ笑。

    巨人族は、(北)極に近付くほど多い。巨人族を知覚する前は巨人族や熊は
    竜蛇系の代行トーテムかとも思ったが、竜蛇は寒い地域の神話でも立派に
    登場するしw、熊は竜蛇とは特性が違い過ぎる。

    寒い地域に多いのが巨人族と熊トーテムなんだわ。なんだろな、クマーわ。
    [ 2016/07/10 16:04 ] [ 編集 ]
  853. >蠍座と水瓶座は相性最凶にして組めば最強
    ネットで同じ人物と長いこと喋る事もないのに最凶とか笑えるw12個もあるのにw
    けどあんまり揃うと怖いもんな。昨日水瓶は天狗と言った時、おたくに星座は言わんとこと思った位やわ。そんなん多い。蠍座と聞いて爆笑したけどw

    >日本で龍神と呼ばれる眷属クラスは大きく4ついる。
    むぅ…鬼神も龍神枠になってるのか。言われればそうや。早う聞いてればよかった。

    熊ってアイヌと隣以外ある?
    熊は獣の中では一番イメージ悪いわ。一番獣くさい。これを崇める理由はただ一つ、その地の最強動物だから、だけに思う。代行トーテムなら知性や愛や誇りより、完全に帝王側(弱肉強食の強)やろ?強さだけが売りってやつ。正直牡牛の象徴でも牛やイノシシは動物としてはかなり勇敢で良い面もあるが、熊は愚かに見えるわ。勿論竜王もイメージが真逆やわ。
    [ 2016/07/11 00:54 ] [ 編集 ]
  854. >熊ってアイヌと隣以外ある?

    一応、東北にもあるみ