パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本人は本当に特殊だ」 日本古来の技術『金継ぎ』への反響が物凄い事に

今回は海外サイトで紹介され大反響を呼んでいる日本の金継ぎへの反応です。

金継ぎは、陶磁器の破損部分を天然の接着剤である漆を用いて接着し、
継いだ部分に残る黒い漆の跡(景色)を、金や銀などの金属粉で覆い、
新たな美を作り出す日本独自の修復技法です。

海外にも破損した陶磁器を修復する文化や技法があるようですが、
海外の場合は、破損前の状態に出来るだけ近づけることが目的で、
いわばかつて存在した美を今一度取り戻す作業であり、
新たな美を生み出す日本の方法とは対照的です。

対照的ながらも、双方から物を大事にする姿勢や精神美が感じられますが、
世界的に見ると日本人の美意識はかなり独特で興味深い物のようで、
金継ぎを紹介する動画は1ヶ月ほどで再生数が1500万回を突破しています。

様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「世界で守るべき芸術」 友禅染の作業光景に外国人が感動

step-14-there-is-no-13.jpg




翻訳元






■ こういうセンスは、絶対日本だと思った……。 国籍不明




■ なんて美しい芸術なんだろうか。
  日本の文化に心からの敬意を抱いてる。
  あの国では、すべての物事に意味があるんだ。 +1 ルーマニア




■ 日本人には、僕らには見えてない物が見えてる気がする。 +1 スペイン




■ 美しさに涙がこぼれるかと思った。
  日本人の感性は本当に素晴らしいね。 +1 チリ




■ 俺の体には皮膚炎の跡が残ってる、
  でも、この跡だって俺の人生の一部なんだ……。
  日本人は心が大きいよな!
  逆にギスギスしてる西洋人の心は小さい!
  決めたよ、俺は日本に行く。 +14 スペイン




■ そう、日本人は傷跡でさえ歴史に昇華させるのよ。
  要は、それを個性にしてしまう。
  私からすると、日本人は天才。
  素敵な動画を投稿してくれてどうもありがとう。 +1 アルゼンチン




■ 前から思ってたけど、日本人って本当に特殊だよなぁ。 +2 スペイン

海外「日本人の感性好き過ぎる」 千年の伝統 日本の『墨流し』の美しさが話題に




■ 日本人は凄いと言うべきか怖いと言うべきか、
  とにかく彼らに畏敬の念を抱いたよ。 +1 メキシコ




■ これは色んな人に知ってほしい。
  こんな精神を持つ人たちを尊敬出来ないはずがない。 +1 ペルー



   ■ あんな修復をしてまで使う必要があるのって感じだけどね。
     個人的には理解出来ない。 ペルー



■ 日本人は信用に足る人たち。
  良く分からないけど、この動画を観てなぜかそう思った。 +1 スペイン




■ 誰だって、少なくとも私の体には傷跡が沢山ある。
  でも今は、その1つ1つを愛そうと思えた。 +16 アルゼンチン




■ キンツギって有名なのかしら?
  不完全な物に美を見出そうという、美しい芸術。 +13 国籍不明

海外「神道的な美なんだよ」 日本の陶器の『不完全さ』を巡り外国人が論争




■ 素晴らしい知恵だね!!
  それぞれの傷跡が、物や人に個性を与えるわけだ。

  傷跡を残しながらも、新たな物に生まれ変わる。
  うーん、日本の伝統は美しい。 +6 エクアドル




■ 日本ってかなり変わってる国ではあるし、
  他の世界とは一線を画しすぎてる部分もあるけど、
  繊細さとか、物に対する愛情は凄いと思う。
  このキンツギっていう芸術は分かりやすい例! +212 スペイン




■ なんか益々日本と日本文化が好きになっちゃったよ🤗 +2 メキシコ




■ 日本に行って私もこの芸術を勉強したい。 国籍不明




■ ようやく分かった。俺が日本文化に魅了されてしまう理由は、
  日本文化が持つこういった精神性が理由なんだ。 スペイン




■ 傷跡って普通は隠されてしまうものだけど、
  日本人はそれすら愛そうとするんだね!! +1 ベネズエラ




■ キンツクロイ、ワビサビ。
  この2つの言葉は一生忘れないでおこうと思う。 +2 スペイン

海外「前世は日本人だったかも…」 日本の侘び寂びを伝える映像美に絶賛の声




■ シールでいいと思ってしまう私は絶対日本人になれない。 スペイン



 
■ 私の体に残る傷跡も、日本人によって肯定された :3♥ +1 国籍不明




■ 日本人なら僕の心の傷跡も美しいと思ってくれるかな :B +3 メキシコ




■ キンツギに魅了された……。
  俺も人生の傷跡を愛して生きていこう……。 +6 アルゼンチン




■ 世界一賢いのはどの民族だと思うって訊かれたら、
  私なら日本人って答えるよ……。 +7 アルゼンチン

海外「日本人賢いな!」 日本にバック駐車が多い理由に外国人納得




■ 私のことをキンツギって呼んで!
  心が傷つくたびに、人としてより美しく成長していく! +4 メキシコ




■ これ以上に純粋な芸術を俺は他に知らない。 +5 ブラジル




■ 全ての傷跡には物語があるんだっていう、肯定の作業ね。 +11 ボリビア




■ 壊れちゃったから捨てる、じゃないんだね。
  より美しく甦らせるなんて本当に素敵 :) +6 メキシコ




■ 日本人は壊れた物を、新たな美として再生させる。
  これは日本人だけが持つ特別な感性なんだと思うの。
  他の国の人なら、壊れた物なんて誰も欲しくないし、
  捨てるか、人目につかない所に隠してしまうもの……。 +3 スペイン




■ 日本は、知れば知る程好きになる国だよね。 +3 スペイン
 



■ 傷跡は私たちの美しい物語♥ +88 メキシコ




■ 人や物を尊重する文化だからこそ生まれた芸術なんだろう! +2 チリ

海外「日本人は無宗教なのになぜ…」 日本人のモラルの高さに外国人が驚愕




■ 日本人に感動した!
  これは私たちへの日本人からのレッスンだね! +6 スペイン




■ この芸術を美しいと感じる。
  そういう感性が自分にもあったことを、嬉しく思う。 +4 ペルー






関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2016/05/04 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(439)
Powered By 画RSS
  1. 唯一無二こそ至高‼とは言わんが、痘痕も笑窪って概念は海外に無いのかねえ?
    [ 2016/05/04 23:03 ] [ 編集 ]
  2. 今は全然だけどね。エコを推進する中で5Rの中でリサイクルを一番押したのも良くなかった。
    [ 2016/05/04 23:06 ] [ 編集 ]
  3. もったいないお化けで仕込まれてるから
    [ 2016/05/04 23:09 ] [ 編集 ]
  4. 美しい景色です。
    [ 2016/05/04 23:11 ] [ 編集 ]
  5. キズを隠したり誤魔化す場合、バレるとダサい。
    しかし堂々とキズを見せると、あら不思議!芸術とみなされカッコいい!

    だから禿げたら晒そうぜw
    [ 2016/05/04 23:13 ] [ 編集 ]
  6. スペイン語圏のコメントが多いな。スペイン語で紹介されたのかな?
    [ 2016/05/04 23:13 ] [ 編集 ]
  7. キリストのフレスコ画を修復してまったく新しい価値を生み出したスペインのおばあさんがいたよね。
    [ 2016/05/04 23:13 ] [ 編集 ]
  8. 物の価値ではなく、思い出の価値が重要なのだよ
    [ 2016/05/04 23:14 ] [ 編集 ]
  9. 再利用もあるけど、これやりたい為にワザと地面に叩きつけたりもしたんだがw
    [ 2016/05/04 23:15 ] [ 編集 ]
  10. 人間の体や心の傷とオーバーラップさせるのは実感がなかったけど
    言われてなるほどと思ったな。
    傷の肯定か。
    [ 2016/05/04 23:15 ] [ 編集 ]
  11. 金継ぎをお願いしたい飯椀があるが、焼き物によって職人さんを探すが大変。
    [ 2016/05/04 23:17 ] [ 編集 ]
  12. 味わい深いものと捉えるのには時間が掛かる
    大人になって分かってきた気がするよ(*´ω`)
    [ 2016/05/04 23:17 ] [ 編集 ]
  13. 金継ぎは『侘(わ)び、寂(さ)び』の
    芸術だと思う。
    不完全なものを唯一無二のものにしてしまう。
    [ 2016/05/04 23:18 ] [ 編集 ]
  14. 何が良いのかわからないって人がいたけれどもきっとまだ子供なんだろうかね
    いずれにせよこの芸術は多くの人の琴線に触れる数少ないものだと思う
    傷も失敗もない人などいないのだから
    [ 2016/05/04 23:18 ] [ 編集 ]
  15. 閃いた二ダ!
    [ 2016/05/04 23:19 ] [ 編集 ]
  16. 思い出がある品にとかよくつかわれてるんじゃない
    普通のシナだとそこまでしないだろう
    [ 2016/05/04 23:19 ] [ 編集 ]
  17. ちょっと待ってください
    金継とは古代朝鮮の有名な職人である金氏に日本が教えを請うにあたって
    その偉大な技術と志を継ぐ=金を継ぐ=金継
    となったということが近年徐々に明らかになってきてるのですけど・・・
    また日本人は誇りを奪いますか?
    [ 2016/05/04 23:20 ] [ 編集 ]
  18. やー、やっぱ凄いなぁここのサイトって
    他の無駄に上げまくるサイトと違って何がいいのかシンプルに分かるしアンチもわかないし、ブクマして正解だったね
    金継ぎはやはり自分には似合わないな金が苦手
    [ 2016/05/04 23:20 ] [ 編集 ]
  19. 元々はキムチュキの事じゃないニカ?
    [ 2016/05/04 23:20 ] [ 編集 ]
  20. 修復の技術って他の国でも世界遺産とか重要な文化財なんかでは良く見るけど、こういう庶民の生活に根付いたものってあんまり無いのかな?工芸に秀でてる国にはありそうな気はするけど
    [ 2016/05/04 23:21 ] [ 編集 ]
  21. 人間の場合、障がい者に対しては「寛容さがある」とはいい難い面があるけどね。。
    [ 2016/05/04 23:21 ] [ 編集 ]
  22. *17
    お、チョンさん、閃きましたね?
    [ 2016/05/04 23:21 ] [ 編集 ]
  23. ありのままを愛すのが、日本人の美徳。
    だから、歯並びや八重歯も可愛いと言うのが古来の文化だけど。
    某国のせいで、一重は悪、ブスも悪。醜い奴は生きる資格が無いと、
    美容整形をやたらと進めるから、今では全て整形してしまう。
    つまり、外国文化は全てを消し去り、クローンを作るのを推奨しているってこと。
    そんな奴らが日本人の美徳なんて分かる訳が無いだろう。
    [ 2016/05/04 23:21 ] [ 編集 ]
  24. いびつさの中に美を見出したり、完全になる筈だったものの中にある
    不完全を愛する日本人ならではですのう
    この動画によって自身の傷を受け入れ愛する事になれた人がいて本当に素晴らしい
    [ 2016/05/04 23:22 ] [ 編集 ]
  25. と、思ったら早速変なのが
    五毛レベルのウザさだわ
    中国は属国には五より下の四という数字を与えた、琉球の竜も高麗も四だ
    五毛ではなく「四毛」とでも呼ぼうか
    [ 2016/05/04 23:22 ] [ 編集 ]
  26. 悲しいことに日本人からこういう精神も失われつつあるけど
    一方で、その精神に憧れて日本に来て文化を引き継いでくれる
    外国人がいることが救い。
    [ 2016/05/04 23:22 ] [ 編集 ]
  27. 人の命を大事にしない島国根性の白痴の日本(残念だよ)。
    [ 2016/05/04 23:25 ] [ 編集 ]
  28. 同じネタのスレを建てるのは誰からかの支持なのか?
    たまたまの偶然?
    翻訳スレには「異常」に多いよね?
    [ 2016/05/04 23:25 ] [ 編集 ]
  29. 使い捨てバンザーイ!!

    あとなモノと人は違うんだよ
    日本では人は傷があると傷モノとして嫌われる対象だしな
    モノも大体新品を好むしな、こういった価値のある工芸品とかだと
    話は違ってくるんだが

    人もモノもそのものに価値があれば傷があろうが手足がなかろうが・・・
    [ 2016/05/04 23:26 ] [ 編集 ]
  30. ■ あんな修復をしてまで使う必要があるのって感じだけどね。
    個人的には理解出来ない。

    怒りにまかせて必要もないのにモノをたたきつけて壊す人々には、この精神はわからんだろうね〜
    まぁ昔は呑んだ後のかわらけ割ったりもしてたけどね。
    両方あるのが面白いわ、我が国ながらw
    [ 2016/05/04 23:26 ] [ 編集 ]
  31. ※9
    それねw
    目的と手段が入れ替わってる
    [ 2016/05/04 23:27 ] [ 編集 ]
  32. 在チョンによる韓国起源説のコメントが湧くだろうなぁと思ってたら、既に幾つか書き込まれてた。

    息を吐くように嘘をつく。
    本当に気持ち悪いわ。韓国人や在日って。
    [ 2016/05/04 23:28 ] [ 編集 ]
  33. TVで見たが、イギリスのセレクトショップでも
    日本の金継ぎキットが売られていて、人気だとか。
    [ 2016/05/04 23:29 ] [ 編集 ]
  34. 壊れた物を人体に悪影響を与えずに使えるようにする方法だってギャラリーフェイクで読んだ
    [ 2016/05/04 23:29 ] [ 編集 ]
  35. ビー玉だっていっぱい傷が入ってる方が綺麗だもんね。
    [ 2016/05/04 23:30 ] [ 編集 ]
  36. 隣国らに罵られた後に来ると癒される
    [ 2016/05/04 23:30 ] [ 編集 ]
  37. 古織「きれーに四分割したろ。もったいない??」
    [ 2016/05/04 23:30 ] [ 編集 ]
  38. 海外ニュース ブログランキング、3位ですね。
    管理人さん、おめでとうございます。
    [ 2016/05/04 23:31 ] [ 編集 ]
  39. ※6
    一つ目の動画を見れば?
    [ 2016/05/04 23:31 ] [ 編集 ]
  40. 海外コメに泣いてしまったわ。
    [ 2016/05/04 23:32 ] [ 編集 ]
  41. だからスマホの画面を割って使ってるのか
    [ 2016/05/04 23:32 ] [ 編集 ]
  42. 祖父母の家に金継ぎした皿があったけど、普通にすごい粋な柄の皿だと思ってた。
    欠けて直した跡だって知ったときはホントに感動した。
    [ 2016/05/04 23:32 ] [ 編集 ]
  43. スペイン語ってあんまり意識しないけど、メキシコから南米、ヨーロッパのラテン語圏って広大な地域で話されてる言語なんだよね

    日本はスペイン語圏をすべて見方につければ、欧米や中国と対抗できるかも
    [ 2016/05/04 23:34 ] [ 編集 ]
  44. ★ 中国大陸と太平洋に守られた日本はまさにガラパゴス
      独自の発展を遂げた。

     ★ それはそうと、あんないい器を
       誰がどうしてあんな5~6個のバラバラに
       割ってしまったのかが気になるwwww

    割ったの誰だよww
    [ 2016/05/04 23:34 ] [ 編集 ]
  45. ※17
    おもしろいw
    [ 2016/05/04 23:34 ] [ 編集 ]
  46. 「美」だけでなく「味」として大切にする感性ゆえのものなんだよな、金継ぎは。
    欠けや割れを「味」として楽しめる豊かな感性がもっと広まるといいんだが。
    [ 2016/05/04 23:35 ] [ 編集 ]
  47. ブラックジャクが思い浮かぶのは俺だけなんだろうか?
    [ 2016/05/04 23:37 ] [ 編集 ]
  48. むしろ海外では愛着のあるものでも壊れたら直さずに捨てるのか?って思っちゃうけど。
    [ 2016/05/04 23:37 ] [ 編集 ]
  49. ※18
    上見てー!
    まあネタだろうけど
    美しい技法とかも中韓には注意だね
    [ 2016/05/04 23:37 ] [ 編集 ]
  50. 織部が器を割って茶道用のサイズに継ぎ直した茶碗を見た時に凄いエゴを感じたわ
    [ 2016/05/04 23:38 ] [ 編集 ]
  51. 他の世界と一線を画しているというコメントが共感数一番多いみたいですね。
    でも、その「他の世界は(欧州文化と)そんなに変わらない」という自信はいったいどこからわいてくるんだろうな。
    [ 2016/05/04 23:38 ] [ 編集 ]
  52. 諸行無常。何事も変わっていくものだもんなぁ。
    その変化を受け入れ、楽しむ、ってとこかな。

    若かった日々を懐かしく戻りたいとも思うけど、
    今の自分だからこそ出来ることを楽しみたい。
    自分を愛したいと思いました(粉みかん
    [ 2016/05/04 23:39 ] [ 編集 ]
  53. 醜悪
    ただただ醜悪
    綺麗に補修できないからって開き直るんじゃないよ
    [ 2016/05/04 23:40 ] [ 編集 ]
  54. 金継ぎは修復のためだけじゃなくわざと割って違う器同士くっつけたりもするで
    [ 2016/05/04 23:40 ] [ 編集 ]
  55. 金継ぎは日本らしいといえば確かにそうだが、外国にもパッチワークという余り切れを接ぎ合わせて美しさを兼ね備えた大きな布地として再利用する文化があるだろう?
    ものを大切にする文化は美しい。

    ただ、モノが豊富な今は手間を掛けるより新品を買うほうが手っ取り早いと考えるだろうけど。
    [ 2016/05/04 23:40 ] [ 編集 ]
  56. 庭園のありかたでもよく言われるよね
    完璧なシンメトリーの欧州の庭園と、わざとくずした日本の庭園とかさ
    個人的には「ピーター・ラビットの世界」みたいな田舎風景の方が心安らぐわ
    焼き物も「壊したら大変!」って完璧なものより、修繕した痕がある良品の方が、なんか日常で使いやすい感じがする
    [ 2016/05/04 23:43 ] [ 編集 ]
  57. 恥ずかしながらわびさびの意味を聞かれたら説明できないからggってきた
    漢字で表すと多くの場合「侘び寂び」と書くそうで、
     侘びは「不足の中から充足を見出そうとする心」で元の意味は良くない状態の心を表す言葉で、侘ぶという動詞の名詞形
    「お詫び申し上げます」の「お詫び」も不足を認めるってことなのかな
     寂びは「閑寂さの中に奥深さを感じる美しさ」で元の意味は時間とともに老いていく様子を表す言葉で、寂ぶという動詞の名詞形だそうな
    例えば「金属が錆びる」の「錆び」も語源は寂びと同じだったとかなんとか

    何もないようで実はそこにも美しさがある、それを見つけられることが侘び寂びなのかなぁ
    [ 2016/05/04 23:43 ] [ 編集 ]
  58.  
    >誰だって、少なくとも私の体には傷跡が沢山ある。
      でも今は、その1つ1つを愛そうと思えた。


    この人の過去には何があったんだろう?(´・ω・`)
    [ 2016/05/04 23:44 ] [ 編集 ]
  59. 金は体に無害だから実際に食器としてまた使えるという利点もあるらしい
    最新の各種ケミカル剤を駆使して傷を完全に修復する方法だとそうはいかない
    眺めるだけの単なる美術品になってしまう

    漫画の受け売りですが
    [ 2016/05/04 23:44 ] [ 編集 ]
  60. ん~
    俺は白玉の方がが好きだな
    [ 2016/05/04 23:45 ] [ 編集 ]
  61. 近年の貧乏な日本人は100円ショップの中国製食器を使い捨ててるんやで
    [ 2016/05/04 23:45 ] [ 編集 ]
  62. コナンく~ん、この茶碗を割った犯人はだれ~?
    [ 2016/05/04 23:46 ] [ 編集 ]
  63. 古田織部正
    [ 2016/05/04 23:48 ] [ 編集 ]
  64. ※10

    こういう日本の伝統や文化への海外の人からの意見や指摘で、日本人の中にはなかった哲学やビジョンをもらって気付かさせられることが多い。
    [ 2016/05/04 23:53 ] [ 編集 ]
  65. 外国の人達が自分の傷に置き換えて受け止めてるのが素敵。

    修復・修理って新品買うよりお金が掛かる事も多いけど
    お金に換えられない思い入れがある物と暮らせるのは幸せな事だと思うわ。
    [ 2016/05/04 23:53 ] [ 編集 ]
  66. ところで朝鮮半島には金で装飾する以前に、漆を使って接着する知恵はあったのか?
    膠じゃ水分を吸う器には使えないよ。
    [ 2016/05/04 23:53 ] [ 編集 ]
  67. 茶道で年に一回、壊れ物を集めた茶会する
    どんなに大切に扱ったっていつかは壊れる
    だからといって大切にしてきた気持ちは壊れないもの
    日本は建築もわざと未完成にする文化だからこそ生まれた愛で方なのかな
    [ 2016/05/04 23:54 ] [ 編集 ]
  68. 普段、スポーツ系の反応しか見ないけど、感動してしまった。
    [ 2016/05/04 23:54 ] [ 編集 ]
  69. 別にこの技法にケチ付けるわけではないけど、
    動画に出てくる陶器は繕おうにも元から安っぽくて金(きん)の無駄だ
    [ 2016/05/04 23:54 ] [ 編集 ]
  70. 態々接ぐ為に器割った古田織部みたいなのは当時でもキ印扱いされとったけどな
    [ 2016/05/04 23:55 ] [ 編集 ]
  71. 一番最初の画像元はフェースブックでの投稿にあった動画みたいだけど、SF映画のオープニングみたいなメロディーでの動画で説明も何も無し、時々映し出される言語がスペイン語?みたいだし。不思議な感覚だったわ
    [ 2016/05/04 23:56 ] [ 編集 ]
  72. 完全な物には魔が宿ると申しましてな。
    [ 2016/05/05 00:00 ] [ 編集 ]
  73. 体や心の傷も、繕い方一つで個性的な美点に変わるということか

    勉強になりました
    [ 2016/05/05 00:01 ] [ 編集 ]
  74. こんなの評価するほどのものかよw
    まったく芸術的価値なんかねえわ
    [ 2016/05/05 00:04 ] [ 編集 ]
  75. 物を含めて八百万の神が宿ると考える日本。
    人なら尚更邪険に出来ない日本人に嫌われた朝鮮人。
    おめーらはダメだ。世界ぐるみでぶっこむ。命がけで。
    [ 2016/05/05 00:05 ] [ 編集 ]
  76. 花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは。
    雨に対ひて月を恋ひ、垂れこめて春の行衛知らぬも、なほ、あはれに情深し。
    咲きぬべきほどの梢、散り萎れたる庭などこそ、見所多けれ。

    DQNネームへの苦言と言い、徒然草は現代にも通じる話が多いね
    [ 2016/05/05 00:11 ] [ 編集 ]
  77. 元々輸入や遠隔地生産に頼ってて、手に入りづらいからこそ修復技術が進化しただけだともおもう。
    それを趣としてしまうのは特異かもしれないが

    まあ、起源主張コメはネタだろうけど
    あっちは祖先が壊れたもの使ってたましたなんて、
    絶対に言っちゃダメな文化だと思うんだが
    [ 2016/05/05 00:13 ] [ 編集 ]
  78. 百済から教えて貰った技術の一つだね
    金継ぎ見るたびにちゃんと韓国に感謝しよう
    やっぱり韓国は最高だな
    [ 2016/05/05 00:17 ] [ 編集 ]
  79. ※53
    自分のセンスのなさをそんなに力説しなくてもいいのに。
    [ 2016/05/05 00:18 ] [ 編集 ]
  80. 海外からの陶器を直す際に欠けた部分を和柄にしたりしてたよね
    大昔から日本人は何か手を加えるのが好きみたいね
    [ 2016/05/05 00:19 ] [ 編集 ]
  81. 芸術っつーか。継いだ部分もまた味があってよろしい、くらいの温度。
    それにほとんどの現代日本人は割れたら捨ててるよね
    [ 2016/05/05 00:20 ] [ 編集 ]
  82. 漆って塗料のイメージだったけど接着剤にもなるのか
    縄文から続く独自文化だし大事にしたいね
    [ 2016/05/05 00:23 ] [ 編集 ]
  83. 日本人がどんなに努力しても朝鮮人の醜悪さは治せなかった。
    あんな醜く壊れた不良品は、
    粉々に砕いて破棄するべきだろう。
    [ 2016/05/05 00:23 ] [ 編集 ]
  84. ※23
    概ね同意だけど、何でもかんでも矯正しないままがいいとは思わないな
    なぜなら、見た目だけを気にして歯を矯正する人はそんなに多くないからだよ
    芸能人は顔も商売道具だからだろうけど、一般人の多くは機能的な問題で苦労してるから矯正するんだよ

    歯並びの歪みは骨格のそれ同様、全身バランスにまで影響を与えてしまう
    成長過程なら噛み合わせが脳の発達にさえ影響する
    そうでなくても歯並びがデコボコだと歯磨きがしにくく、虫歯や歯槽膿漏になりやすい
    虫歯も歯槽膿漏も様々な疾病を呼び起こすことが最近の研究でわかってきてる
    老後の健康は骨・筋肉・腸・歯の健康が大きく左右するんだ

    それに、乱食い歯と呼ばれるものは成人してからも起こるんだよ
    ストレスで睡眠中に歯ぎしりしてる内に数本斜めになったりさ
    それによって健康を害するなら当然治すでしょう
    腸が捻れたら治すのと同様、歯の捻れだって治すべき
    むしろ保険適用されてもまだ数十万円かかることがおかしいくらいだよ
    [ 2016/05/05 00:26 ] [ 編集 ]
  85. 戦いなら傷も勲章
    [ 2016/05/05 00:27 ] [ 編集 ]
  86. 海外の方が自分の心や体の傷に置き換えてるコメントにちょっと泣けてしまった
    傷の一つ一つが自分の大事な物、誇れるものって考えはいいね

    [ 2016/05/05 00:27 ] [ 編集 ]
  87. FACEBOOKみたけどまたクジラのことでにコメントしてるやついるぞ!! 
    関係ないところでコメントするな!!
















    クジラ食わないなら動物 魚食うなよ!!
    [ 2016/05/05 00:28 ] [ 編集 ]
  88.  |
    |  彡⌒ミ
    \ (´・ω・`) また髪の話してる・・・
       (|   |)::::
      (γ /:::::::
        し\:::
          \
    [ 2016/05/05 00:28 ] [ 編集 ]
  89. 笑っちゃうよ。それは日本人に対する幻想でしかない。自分の体に残る傷にからめて日本を評価してくれるのは嬉しいけど、日本人は、ハンセン病の人たちにたいしては、長い間、ひどい仕打ちをしてきたんだよ。だから、人に対する見方と修繕の技法とは分けて考えなくちゃあ・・・。
    [ 2016/05/05 00:31 ] [ 編集 ]
  90. その日本を今、安部という男が破壊しようとしている。
    直ちに福田元首相の再登板を望む。
    あと、都知事は石原閣下の再登板を望む。
    [ 2016/05/05 00:32 ] [ 編集 ]
  91. 流石に100円ショップの陶器じゃこれやらないよなw
    [ 2016/05/05 00:37 ] [ 編集 ]
  92. 自分も今は安物の茶碗を使っているが、ちょっと良い茶碗を買って、割れても金継ぎで使っていきたいな……
    ちょっと良い茶碗でっていう時点で小市民なんだろうかとかも考えてしまう
    [ 2016/05/05 00:38 ] [ 編集 ]
  93. まあきんつばの方が好きだけどね
    [ 2016/05/05 00:40 ] [ 編集 ]
  94. ※23
    これ※84の補足ね

    だから、審美的な一面からのみ歯列矯正を語るのは、決して日本的な考え方とは言えないと思う
    結局は機能的な面を無視して、見た目についてのみ論じてるわけだからね

    歯の矯正については、アメリカナイズされた審美第一の感性ではなく、全身状態の改善という実のある観点から論じるのが日本人らしいと思うんだけど、どうだろう?
    [ 2016/05/05 00:41 ] [ 編集 ]
  95. ヒビに同じものは二つとないと気付いて、そのヒビに美意識を見いだした。
    日本人は凄いと思うわ。
    [ 2016/05/05 00:42 ] [ 編集 ]
  96. わざと割ってしまうのはなあ。ジーンズとかも。
    [ 2016/05/05 00:44 ] [ 編集 ]
  97. 日本は思想がないっていわれるけど、これは明確な思想表現だな
    文章で書かれた思想より、立派なもんだと思う
    [ 2016/05/05 00:44 ] [ 編集 ]
  98. 金継ぎ素敵だよね。
    実物見てみたいな。
    [ 2016/05/05 00:47 ] [ 編集 ]
  99. 不器用な日本人が増えてこういう技術も近い将来失われるんだろうな
    [ 2016/05/05 00:47 ] [ 編集 ]
  100. 心の傷跡も金継ぎで磨かれるって素晴らしい感性。
    外国の人はポジティブかつ情熱的なコメントが多くていいね。
    [ 2016/05/05 00:51 ] [ 編集 ]
  101. 素朴な焼き物ほど合うよね
    柄物のお皿とかはちょっとむずかしい
    [ 2016/05/05 00:52 ] [ 編集 ]
  102. 傷がある陶器や人間の美しさ
    戦って悩んできた歴史
    [ 2016/05/05 00:54 ] [ 編集 ]
  103. ※5 東京のハゲ知事は物理的に消したいけどな。

    中古フィギュア買ったらすぐに食器洗剤と石鹸水で洗ってるわ。
    ・・・関係ないけど・・・
    [ 2016/05/05 01:01 ] [ 編集 ]
  104. スペインは芸術好きだからなー。芸術的に捉えてんだろう。好きだろうからな。
    まさか、自身の傷痕で見るやつが居るとは思わなかったが。
    [ 2016/05/05 01:01 ] [ 編集 ]
  105. やっぱ味だよね
    [ 2016/05/05 01:03 ] [ 編集 ]
  106. 靴をわざとボロボロにしてる奴と話が合うのは確か。
    [ 2016/05/05 01:05 ] [ 編集 ]
  107. <ヽ`д´>  "キンツギ"は「キムチュギ」と言って、朝鮮半島が起源ニダ!
    [ 2016/05/05 01:07 ] [ 編集 ]
  108. 僕のハートも破損跡だらけです
    [ 2016/05/05 01:09 ] [ 編集 ]
  109. 江戸時代、江戸にゴミは極端に少なかった。何でも修理再生された。ふんどしもレンタルがあったらしいし糞尿も肥料用に買われていた
    [ 2016/05/05 01:11 ] [ 編集 ]
  110. これそもそも中国の技術じゃなかったっけ?
    中国人が修繕してるのをテレビで見た記憶がある
    [ 2016/05/05 01:17 ] [ 編集 ]
  111. 割れディスプレイ壁紙みたいなもん?
    [ 2016/05/05 01:19 ] [ 編集 ]
  112. 絢爛豪華の次にたどり着く境地
    優劣はなく、どちらも良いもので両方を愛する
    [ 2016/05/05 01:20 ] [ 編集 ]
  113. 大抵の昔の人でも壊れたら捨てるのに、褒め過ぎ怖い。
    文化の中のごく一部だから、日本に来てがっかりしないでねw
     傷ついた女の人を主人公に映画作れるな。コンセプトだけで出落ちみたくなるから、面白くするのは難しいかw
    [ 2016/05/05 01:23 ] [ 編集 ]
  114. これって日本人の物との付き合い方の話だと思うんだけどな
    器の傷を愛でる=身体の傷だって私の人生の一部なんだ!とかすぐに安っぽい自己啓発本みたいな話に変換したがるよな
    実利的っていうか、器の話をしてるのにベクトルをすぐ自分に向けたがるというか…
    [ 2016/05/05 01:36 ] [ 編集 ]
  115. もったいない精神も含んでるな
    昔の人ほど物を大事にするんだよね
    良い事だ
    [ 2016/05/05 01:48 ] [ 編集 ]
  116. 日本では使えるように補修するが
    西洋では見た目を治す修繕をするんだよ

    ちなみに中国では鎹で止める修繕が精一杯
    [ 2016/05/05 01:52 ] [ 編集 ]
  117. 今でもスマホケ-スが割れたらそこにインク流し込んで綺麗にしたりするし、感性自体は変わってないと思う。

    この手の感性の素地がない外人さんには、哲学の美しい部分が強調されて見えるのかもね。でも、金継ぎされたものを美しいと思うなら、共有できる感性だと思う。

    何人かは全く理解もできないみたいだけど。
    [ 2016/05/05 01:59 ] [ 編集 ]
  118. 世界ナマステ物語
    茶器は割れやすく、多くの名茶器が歴史の中で割れていった

    利休居士や宗匠(古織)は、そこにも侘寂を見出し、割れたまま供したり、最初から歪な器を仕立てたりしたけど、ボキ(本阿弥光悦)は肌の美しい茶器が好きなんだよねぇ
    茶器の美しさの本質は肌の美しさだと思うのよ(ウットリ

    見てよ、この茶煤けた釉薬の美しいテリと下に僅かに入った鬆(す)
    が醸す罅(ひび)の筋が詫寂て、これはいいものだ…

    ポロッ バリン…ぎゃああああああああああああ
    これ、幾ら出したと思ってんだよ俺ぇぇええ
    銭五百貫以上出したんやぞ!!(脂汗
    せや…修復させたろ(心ここにあらず

    【やってみた】米粒で継いで釉薬を上塗りして焼きなましてみた
    ちょwww、せっかく綺麗だった肌がベロベロになってるわww
    あ、簡単に欠けてもうたwwwダメだwww

    一向に修復が上手いこと行かない、京の都でナウな茶人にして刀剣鑑定家、研摩師のボキは、気分転換に、京の都の知人の間をフラフラと遊び歩いていると…

    そう言えば、仏具あるやん?なんでも金と漆つこうて、他の素地物と継ぐ技法があるねんて、光悦ちゃん知っとった?

    え?(あ、聞いたことあったかも知れんけど忘れてたww)
    あ~、アレね、アレ、うん知ってるよ?(やってみよか…)
    ほな、今日は用事あるからまたな~ スタコラサッサ

    【やってみたリベンジ】金と漆で継いだろ
    前回、米粒で継いで釉薬を流して焼きなまして大失敗したので、今日は金と漆で継いでみます~
    ・・・・出来た・・・・(ジャン

    見てくださいよ!!、この金の不自然な線の醸し出す詫に通ずる何か!
    そして、漆による保護とテリで、素の肌の美しさを残しつつ、更に艶やかに
    ボキは華のあるものが大好きなんですよ、予想以上の出来栄えに満足ですわ~

    あれ?、ボキ…ひょっとして、利休居士や宗匠(古織)と違う美を開拓しちゃったかもしんない?

    金継ぎの誕生である・・・・
    [ 2016/05/05 01:59 ] [ 編集 ]
  119. ※1
    言葉の意味解ってから使おうな
    「痘痕も笑窪」悪所を良く見るという意味じゃない
    贔屓目に見すぎて悪いとこを正しく評価しないという意味だ
    [ 2016/05/05 02:01 ] [ 編集 ]
  120. ※109
    たしか、江戸時代は今よりリサイクルが活発 みたいな
    動画(youtube)を見た事がある。
    [ 2016/05/05 02:02 ] [ 編集 ]
  121. 最近は人工樹脂で自分でできる金つぎキットなんてものもあるそうで。
    古い茶碗と現代のキャラ物茶碗なんかを継いだりするのも面白いかもね。
    [ 2016/05/05 02:02 ] [ 編集 ]
  122. 破損してひび割れたものを漆で修復し装飾を施す日本
    破損して修復した装飾の漆がひび割れるお隣の半島国
    [ 2016/05/05 02:03 ] [ 編集 ]
  123. 鑑賞目的の修復法と
    実際にその後も使用できる修復法って
    ギャラリーフェイクで言ってた
    [ 2016/05/05 02:07 ] [ 編集 ]
  124. これは術は室町時代からですけど、基本的には戦国時代の武士階級の死生観の反映っすよ。

    割れる事は本来切腹や打ち首、戦死をイメージして他国同様そんなに重宝されなかったけど、秀吉の茶碗を割った部下を打ち首にしようとする所を細川氏が待ったをかけて茶碗を接いで見せて、
    この技術を見た秀吉が、何か儂に問題が起きてもお家は復興しその後は未来永劫続くという武士の死生観を反映したストーリーを大層気に入り部下にも教え、その価値が高まったんじゃなかったっけ?

    ただ継ぐ技術だけで良いってんなら、江戸時代あたりには滅びてる。武士やお家っていう名目上生死と隣り合わせの階級が存在したから、損極した技術って昔、父親に聞いた
    [ 2016/05/05 02:08 ] [ 編集 ]
  125. 自分は日本人だけどこれ知った時はやっぱり驚いた
    割れた傷をわざわざ分かるようにしておくという発想…すげえよ
    [ 2016/05/05 02:11 ] [ 編集 ]
  126. 手捻りの形の歪みや釉薬のムラ、灰が溶けてこびりついた自然釉すら「景色」としてそこに美を見出す感性だ、ひび割れを美に昇華することなど朝飯前だと思わないか?
    [ 2016/05/05 02:16 ] [ 編集 ]
  127. ※5の考え方好きだw
    [ 2016/05/05 02:20 ] [ 編集 ]
  128. 確かに心に傷がある人をみると愛おしくなるな
    健気に生きてるなと尊敬してしまう
    [ 2016/05/05 02:21 ] [ 編集 ]
  129. 本阿弥光悦だったか、俵谷宗達だったか、それともほかの人だったかは忘れたけれど、わざと割って金継ぎしたって聞いたことあるぞ。

    それから、鑑定団だったかで貧乏で本物を持てない人が部分を集め金継ぎして楽しんだって聞いた。
    [ 2016/05/05 02:27 ] [ 編集 ]
  130. >■ あんな修復をしてまで使う必要があるのって感じだけどね。
         個人的には理解出来ない。 ペルー

    織部「やはり数奇者でなければこの良さはわかるまい。」
    [ 2016/05/05 02:30 ] [ 編集 ]
  131. ※109、120
    金持ちの家の糞尿は、いいモノを食べてるということで良い肥料になるから・・とかで貧乏人のものよりも高値が付いたとか。
    [ 2016/05/05 02:33 ] [ 編集 ]
  132. >割れた傷をわざわざ分かるようにしておくという発想…すげえよ

    障子でも小さい穴なら花の形の紙で継いだり、今でも普通にやると思うが。
    [ 2016/05/05 02:34 ] [ 編集 ]
  133. なんか体の傷跡みたいなコメントがあるけど、手術あととか、大きな傷跡とか、銭湯とかでたまに見かけるけど、「大変だったんだろうなぁ。風呂には入れるようになって良かったなぁ」って思うだけだけどなぁ。別に本人が恥ずかしがることはないと思うけどなぁ。それって恥ずかしいと思うのかな?同情されるのがイヤなだけ?
    [ 2016/05/05 02:36 ] [ 編集 ]
  134. 人の怪我の縫い跡は、やはり隠したいものだししょうがない。
    でもこういう技法は、怪我もまた歴史って堂々としてるね。
    物を大事にする日本っぽい発想。
    例えば子供の時から使ってる茶碗が、割れても継がれていれば
    更に愛着が湧くし、一緒に棺桶に収めてもらえたら
    その人の歴史も垣間見える。なんか美しいよね。
    修復跡を無理に隠そうとしたら、侘び寂びよりさもしさになって
    しまうから、やはり堂々としてる風景がいいんだろうなあ。
    [ 2016/05/05 02:41 ] [ 編集 ]
  135. ※114
    別に良いんじゃね?
    人の発想なんてそんなものだろ。
    むしろ自分に置き換えて物も自分も大切に出来れば良いのだし。
    日本文化にはそう言う精神いっぱいあるよ。
    [ 2016/05/05 02:42 ] [ 編集 ]
  136. 確かに風情がある金継ぎは綺麗だな。
    [ 2016/05/05 02:43 ] [ 編集 ]
  137. ※114
    安っぽいと思うのは自分自身が安っぽいからではないですか。そこにどんな気持ちが込められてるか理解しようとせず、こんなの意味あるの?ってコメントしてる外人と同じ。物の修復を心の修復になぞらえるのってそんなに不思議な事じゃ無いと思う。

    壊れたものは完全に元には戻せないけど、まだ使えるしある意味前よりステキかもって考え方は本当に面白いね。
    [ 2016/05/05 02:54 ] [ 編集 ]
  138. 愛着あるものは直してでも使いたいよね
    [ 2016/05/05 02:57 ] [ 編集 ]
  139. death cab for cutie も去年kintsugiってタイトルのアルバム出してた
    [ 2016/05/05 02:58 ] [ 編集 ]
  140. 日本人はもともと体型も体質も繊細でか細いから、ギリシャ彫刻やミケランジェロみたいな完璧な肉体美ありきのラテン的な豪快な文化とは、根本的に違うと思う。風土も違うし。

    だからこそ体を覆って飾る着物や簡素な器を彩る金継ぎなんかが生まれたと思うけど、相当斜め上だろうに、なぜ受け入れられてるんだろう??
    [ 2016/05/05 03:08 ] [ 編集 ]
  141. 金つぎは韓国起源の文化ニダ!

    美しい青磁の器が割れた時に生まれた韓国の文化ニダ!

    宗世大王の時代にはすでに大衆にまで親しまれた文化だったのを日帝が奪ったニダ!!

    これは韓国起源の文化ニダァァアッ!!!
    と、半島のヒトモドキが主張しはじめそうだな。もうすでに始めてるか?
    [ 2016/05/05 03:09 ] [ 編集 ]
  142. 体の傷や心の傷に映して見る人がいるとは思わなかった。支那大陸を支配したことのある朝鮮人では無理だね。
    [ 2016/05/05 03:12 ] [ 編集 ]
  143. 島国という限りある資源を大事にしてきた文化だからこそ、
    リサイクルも芸術にまで発展して来たんだと思う
    きらびやかに飾るより、質素なモノにも美を見出だして来た
    [ 2016/05/05 03:16 ] [ 編集 ]
  144. 茶碗とかそういう物を価値を高めたのはある意味武士だったと思う。

    だから、アルゼンチンの方が言っていることが本当なんだと思う。


    自分の傷を勲章見たいに思っていたし。
    どんなものでも、それが、美しいと思えた。
    ワビサビは、そんな自然の再生力自然な形の美しさだよね。
    [ 2016/05/05 03:16 ] [ 編集 ]
  145. 中国の技術なのにかわいそすぎるw
    [ 2016/05/05 03:23 ] [ 編集 ]
  146. だから日本の陶芸かは、自然を陶器の中に閉じこめようとしたんじゃないの。
    [ 2016/05/05 03:24 ] [ 編集 ]
  147. 名無しの侘寂
    確かに不思議だ!

    割れて使い物にならないもの(価値0)に高額の金で補修するって・・・

    言うなれば、1円硬貨を作るのに1万円を掛けて作るような事だ!
    [ 2016/05/05 03:35 ] [ 編集 ]
  148. ※145
    日本の伝統技術だよ
    縄文時代から引き継がれた漆の技術を用いている
    [ 2016/05/05 03:37 ] [ 編集 ]
  149. ※110、※145
    元々、中国での陶磁器の修繕法は鉄の鎹(かすがい)金具継ぎ(例は馬蝗絆)。

    金継ぎ(きんつぎ)は、日本独自の修理法で、金繕い(きんつくろい)とも言う。
    中国で金継ぎをやっているのなら、日本から伝わったものかだろうな。
    [ 2016/05/05 03:42 ] [ 編集 ]
  150. やっぱ、へうげものやな
    [ 2016/05/05 03:51 ] [ 編集 ]
  151. ※145
    中国の金具継ぎと日本の金継ぎを勘違いしていないか?
    [ 2016/05/05 03:54 ] [ 編集 ]
  152. 世界人類の敵・朝鮮人
    27 >

    イヤなら出て行けよ、朝鮮人。

    日本におまエラ在日はいらん。
    [ 2016/05/05 03:54 ] [ 編集 ]
  153. 一月で再生一千万越えってすごいと思ったらFBか、外国じゃFBの方が主流とは聞いていたが。

    ところでようつべに日本の歴史動画で2か月で一千万越えがあるけど、当サイトではまだ扱わないのかな?w
    [ 2016/05/05 03:58 ] [ 編集 ]
  154. ななし
    割れ方によって面白さがあるじゃん。そいつをもとに戻すのも楽しいだろ。
    それを創作に生かしてるんじゃないかな。
    自然は非対称性が多いわけで、そこに美や面白さを見いだすのと同じ。
    [ 2016/05/05 04:01 ] [ 編集 ]
  155. プラモの汚しとか墨入れだと思えばいい
    [ 2016/05/05 04:09 ] [ 編集 ]
  156. うちの親父が、尿検査のリトマス紙をハサミで切って倍の本数に
    してたのは・・・只のケチだなw
    [ 2016/05/05 04:13 ] [ 編集 ]
  157. パッチワークだろ
    [ 2016/05/05 04:15 ] [ 編集 ]
  158. 現代日本人は感性が劣化してる。反省しろ。
    [ 2016/05/05 04:17 ] [ 編集 ]
  159.  
    チャン・ツィイーの映画「初恋の来た道」(ごめんタイトル曖昧)で
    老職人が割れた茶碗を針金で修繕するシーンが印象的だったなぁ。
    スレ内容とは違う、外科手術のような方法だったけど。
    [ 2016/05/05 04:18 ] [ 編集 ]
  160. 番町皿屋敷に金継職人が呼ばれていたら…
    [ 2016/05/05 04:24 ] [ 編集 ]
  161. その一方で瓦投げって行事もあるよねw
    [ 2016/05/05 04:34 ] [ 編集 ]
  162. 美しいと思うということは、やはり同じ感性なんだなあと思うわ
    [ 2016/05/05 04:38 ] [ 編集 ]
  163. ※17
    ちょっと待ってください(笑)
    それって、ネタ(釣り)なの? マジ(本気)なの?

    ※15
    ほら、キミがいらんこと書くから(ry(笑)

    ※23
    言いたいことは解るし、一部には同意するけど、
    「外国文化」と、一括りにするのは如何なものか?
    中世の建築物を現代まで遺している国は多いでしょ。
    [ 2016/05/05 04:40 ] [ 編集 ]
  164. 修繕や壊れ物利用としての金継はいいけど、わざと割って作る金継は悪趣味だと個人的に思う
    わざと割るのは、利休の頃からやってた人いるみたいだね

    [ 2016/05/05 04:58 ] [ 編集 ]
  165. 在日朝鮮民族黙れ(# ゜Д゜)キムは関係ない(# ゜Д゜)
    [ 2016/05/05 05:05 ] [ 編集 ]
  166. 次に朝鮮人は「金継ぎは朝鮮が起源」と言う!

    それまで野蛮だ未開だ帝国主義だのと侮辱していた癖に
    寿司や桜が世界的に評価されたら手のひらを返したように。
    [ 2016/05/05 05:09 ] [ 編集 ]
  167. 金継できるほど高価な陶器持ってないな。
    買いなおしたほうが安いものばかり。
    [ 2016/05/05 05:22 ] [ 編集 ]
  168. 心の傷とかちょっと評価が飛躍しすぎてる気がするがw 基本的にはもともと価値の高い物を修復する技術だよw
    [ 2016/05/05 05:34 ] [ 編集 ]
  169. さすがに皮膚炎は違う。
    [ 2016/05/05 06:00 ] [ 編集 ]
  170. iPhoneなんかの画面のひび割れも味の一つって感覚と似てるかな。
    [ 2016/05/05 06:02 ] [ 編集 ]
  171. 400年前、つまり江戸時代前後からか
    まず物に価値を見出していなければ、こういうことにならないな

    [ 2016/05/05 06:14 ] [ 編集 ]
  172. 日本は縄文時代から漆の採取してて、縄文土器に赤漆で彩飾してたし
    割れた土器や土偶をくっ付けたりもしてたかもね
    [ 2016/05/05 06:15 ] [ 編集 ]
  173. 戦国時代の直後ってのが関係しているのかもね
    [ 2016/05/05 06:17 ] [ 編集 ]
  174. 昔の日本は、福助とかみたいに障害を持った人や悪党でさえもあえて神としたり笑いの種としたりして社会からはみ出さないようにしてた。
    つまり不完全なものへの肯定と自分自身もまた不完全な人間なのだという肯定の人間観があったんだと思う。
    それが芸術や美術、社会システムとして機能してたんだよね。でもそれは、ただのお花畑思想とは違う超現実的観点なんだよ。

    だから「完全であること」に重視しすぎて疲弊してる現代で再注目されてきてるんだと思うな。

    [ 2016/05/05 06:22 ] [ 編集 ]
  175. 金継ぎは必ずしも修復が目的じゃなくって、破損を意匠化する装飾技法でもあるんよね
    有名なんでは光悦の雪峰とか
    あれは最初から割れて焼きあがったものを強引に継いであるんで割れの隙間が異様に大きいんだけど、それが吹雪の雪山に走る稲妻を思わせて破損してたがゆえに力強く衝撃的な象徴表現を生みだしてる
    破損の意匠化と言う意味で似た発想のもんはユーロ圏でもパッチワークとかいろいろあるじゃん
    [ 2016/05/05 06:28 ] [ 編集 ]
  176. 全部スペイン語圏の意見だったな
    [ 2016/05/05 06:40 ] [ 編集 ]
  177. 『逆さ柱』も紹介してくれたらいいのにな
    ヒスパニック系はアレが湧いてなくて安心して見られる。
    [ 2016/05/05 06:46 ] [ 編集 ]
  178. 不完全の美自体は日本独自ではないだろう
    でも修復するか否か、新たに手を加えるか否かの判断は凄く難しいと思う
    [ 2016/05/05 06:50 ] [ 編集 ]
  179. そのうち「金継ぎは韓国が起源ニダ~」と言ってくるでしょう
    [ 2016/05/05 07:05 ] [ 編集 ]
  180. 西洋のは「見た目を元に戻すことを重視」
    日本の金継は「再び使えることを重視」
    ってのを聞いたことがある
    なので使用する素材は身体に影響のないものを使うんだとか
    [ 2016/05/05 07:13 ] [ 編集 ]
  181. 拡大解釈してても、それでコンプレックスをポジティブに捉えて心強く生きていけるならいいじゃないか。
    [ 2016/05/05 07:13 ] [ 編集 ]
  182. 馬蝗絆なんてもっとすごい
    ひび割れに金属のかすがい打ち付けてあるのに最高級の茶碗扱い
    やったのは明時代の中国だけど
    [ 2016/05/05 07:14 ] [ 編集 ]
  183. この技法を否定する奴は小学校からやり直して、日本の「侘び、寂び」を最初から見つめ直して来い。
    でなければ、この技法を語るには100年早いわ。
    [ 2016/05/05 07:18 ] [ 編集 ]
  184. 金継宗家の塚本さん
    ゴジラを倒した平田昭彦に似てる
    [ 2016/05/05 07:21 ] [ 編集 ]
  185. ※17
    恥知らずの卑しい 寄 生 乞 食 が、またくだらない嘘を書いている。
    人間ではない、人間以下の生命体だと分かっていても腹立たしい。

    しかしこれでハッキリしたな。
    あのファ ビョンども技術ばかりに目がいって、このスレで海外の人が「何に衝撃を受けていたのか」を全く理解していない。
    ……まぁ、そこまでの高等知性を持っていないんだから仕方ないんだがw
    [ 2016/05/05 07:23 ] [ 編集 ]
  186. ■ キンツクロイ、ワビサビ。
      この2つの言葉は一生忘れないでおこうと思う。 +2 スペイン

    世界的に特殊なのか、日本といえばワビサビのようになっているが、
    幽玄、雅、鄙び、侘び寂び、粋(すい)、粋(いき)、最近の大衆文化だと、萌え、カワイイなど、日本にも色々ある。
    個人的には日本というより老子由来かもしれないが幽玄の美がいちばん好きだわ。
    [ 2016/05/05 07:24 ] [ 編集 ]
  187. そもそも割れ方・ひびの入り方に作為はなく
    その形に沿って装飾してるから美しいと感じる
    [ 2016/05/05 07:43 ] [ 編集 ]
  188. でもハゲは汚らしいし臭いという現実があるんだよ
    目を背けるな
    [ 2016/05/05 07:59 ] [ 編集 ]
  189. 某国が起源主張しだすよ。
    アロンアルファ使ってさ。
    [ 2016/05/05 07:59 ] [ 編集 ]
  190. 家じゃワレモノは2週間に1回捨ててるよ!
    [ 2016/05/05 08:01 ] [ 編集 ]
  191. うわあああああああ!日本凄過ぎりゅのおおおおお!!!!ぶりゅりゅりゅりゅううううううううう!!!!!
    [ 2016/05/05 08:06 ] [ 編集 ]
  192. >でもハゲは汚らしいし臭いという現実があるんだよ
    >目を背けるな

    ハゲ方によるな。似合うハゲメンは下手にフッサフサより侘びがある。
    [ 2016/05/05 08:08 ] [ 編集 ]
  193.  
    心の傷なのか体の傷なのか
    ヒスパニックちゃん傷持ち多すぎやろ
    [ 2016/05/05 08:09 ] [ 編集 ]
  194.   
    禿を隠すと見苦しいが、あえて禿頭に光を当ててみてはどうかなと思ったよ。
    [ 2016/05/05 08:16 ] [ 編集 ]
  195. 格好いいか往生際悪く見苦しいかはハゲざま次第
    [ 2016/05/05 08:18 ] [ 編集 ]
  196. 西洋にだって伝統的なシナ文明圏(当然中共支配領域は除く)にだって古物愛好趣味はあるし、そこでは汚れは落しつつも傷は残してその物が辿ってきた来歴を愛する趣味があろうに。
    別に何も日本だけがそうした精神を持ってるわけなどでは全くないのに。
    只あまりにも近来の物質至上主義に浸かった者には彼ら自身の属する文明圏の伝統が疎遠になっているというだけではなかろうか。
    [ 2016/05/05 08:29 ] [ 編集 ]
  197.  
    バーコードもある意味芸術
    [ 2016/05/05 08:32 ] [ 編集 ]
  198. スカーフェイス(傷面)萌えは日本古来の萌えポイントだったのね!!

    上 っ 面 で 人 の 良 し 悪 し を
    簡 単 に 決 め ち ゃ う 朝 鮮 半 島 に は
    絶 対 成 し え な い 文 化 で す わ ! !
    [ 2016/05/05 08:32 ] [ 編集 ]
  199. 足で踏んで粉々になっちゃったガンプラを金継ぎで直してヤフオクで新たな美として評価してくれるかな
    [ 2016/05/05 08:33 ] [ 編集 ]
  200. 技術は各国独自のを持ってるから特殊じゃねぇだろ
    いい記事なのにタイトルが嫌いなんだよなぁココ
    [ 2016/05/05 08:37 ] [ 編集 ]
  201. 壊れてたり歪んでたりするのに美を見いだすとかは、非常に日本人らしい訳だが、どうにも海外ではエコと一緒くたにされてる気がする。
    [ 2016/05/05 08:40 ] [ 編集 ]
  202. また、半島民が跋扈して、金継ぎは教えてやったと言ってくるのに
    10億ウォン

    これは、間違いなく日本の伝統文化だけど
    職人が少なくなってきているそうで…
    [ 2016/05/05 08:45 ] [ 編集 ]
  203. 本来綺麗に修繕しようとすればできるけど使用に耐えなくなっちゃうから
    無害な漆と金で接着するようになったのが始まりだったんだっけな
    本来粗野なやり方に美を感じるというのは不完全を良しと考え始めた侘寂の思想が出てからの後付けだろうけどな
    [ 2016/05/05 08:47 ] [ 編集 ]
  204. >バーコードもある意味芸術

    もののあはれという奴だな。
    [ 2016/05/05 08:48 ] [ 編集 ]
  205. 伊達政宗とか冨田勢源とか大谷吉継とか、
    何かを失った人は内面の凄みや格好良さが傷跡から滲み出るな。
    知らんけど。

    ガンプラもロールアウト直後のようなピカピカ仕上げより
    機体素材が塗装の擦れ傷から見えるような歴戦仕上げが好みだなぁ。
    [ 2016/05/05 08:50 ] [ 編集 ]
  206. 漫画とかでも隻眼や隻腕、顔に傷あるキャラとか大体強キャラで格好いいしな
    まあそういう人種なんだろう
    [ 2016/05/05 08:50 ] [ 編集 ]
  207. え~?起源を騙ろうにも日本で陶器を形が悪く作るのを馬鹿にして
    シンメトリカルでメタリックで近代的な物にしか見向きしないし金属器使うのを平気で
    破損の美なんかそもそも現代ですら価値を理解してないから捏造元になりそうな集団もいそうにないのにパクろうって思うかなあ
    [ 2016/05/05 08:52 ] [ 編集 ]
  208. 陶器も衣類も貴重だったからね
    どうにかして補修したいものがあったんじゃないの
    [ 2016/05/05 08:58 ] [ 編集 ]
  209. また鯨やイルカの話されるかと思ったw
    [ 2016/05/05 09:09 ] [ 編集 ]
  210. ※21
    実は九条絡んでるんだよ
    傷痍軍人が普通にいる社会になれば変わるぞ
    [ 2016/05/05 09:16 ] [ 編集 ]
  211. きんつぎ知らなかった(;゚Д゚)
    それだけ、日本の伝統が衰退しているんだろう。
    今でも、続けられている方は
    ギリギリで頑張っているんだと思う。

    きっと、他にも私が知らない伝統技術が
    あって消えつつあるんだろうな。
    [ 2016/05/05 09:19 ] [ 編集 ]
  212. 貼られてる動画「Mottainaiが育てた修繕技法」のナレーションって檜山さん?
    どなたか教えてくだされ
    [ 2016/05/05 09:29 ] [ 編集 ]
  213. iPhoneがヒビだらけなのは単に買い替えられないだけだからな
    [ 2016/05/05 09:43 ] [ 編集 ]
  214. なんかこれだけべた褒めされると、なんか自分も日本人としてちゃんとしてなきゃって思うな
    どうにも期待値高すぎて居心地悪いがw
    [ 2016/05/05 09:46 ] [ 編集 ]
  215. 傷ついてる人多過ぎだろ。
    なんかみんな肯定されて、嬉しいんだろうけど。精神性の話が半分混じってるじゃん。

    米210
    あんまり変わらないよ。
    自分傷痍軍人がいる時代、乞食もいた頃覚えてるけど、気にしない人は気にしなかったし、凄く嫌がってた人はその頃も嫌ってた。個人の問題だと思うわ。
    今だって事故で障害者ってパターン多いし。肉体欠損より、知能面での障害への方が寛容さが発揮出来るかどうかが一番の問題だと思う。
    [ 2016/05/05 09:57 ] [ 編集 ]
  216. 金継の仕上がりも腕次第であって、腕の良い職人に頼んだ場合、手間と比較して高価とは言えないけれど、それなりの料金はかかる。したがって価値のある陶磁器にしか施さないのが普通だ。もちろん主観的価値だって価値である。
    日本人の美しい物を見る心的態度は、「対象を鑑賞する」というより、「対象を見ることで動いている自分の心を鑑賞する」という感じだと思う。もちろんどの国の人も同じかもしれないが、それがはっきり意識されているところが特徴かもしれない。「もののあわれ」という言葉が端的に表している通りだ。前者が「見る=考える」行為だとしたら、後者は「見る=感じる」行為であり、前者が求めているのが完璧性だとしたら、後者が求めているのは詩情である。
    映像中で職人さんが使った「景色」というのは、作陶の過程で、釉の流れ方や窯の火加減などによって陶器に現れた不測の変化のことである。
    この景色も金継も、作陶家の手を離れた後に陶器に起きた変化いわば物語という意味では同じで、それを感じることが(も)陶器を愛でることなのである。

    [ 2016/05/05 10:18 ] [ 編集 ]
  217. ※211
    金継ぎは有名だよ!
    体験出来るところもあるし、
    金継ぎキットみたいなのも売っていて家でも出来るよ。


    10代は西洋の文化が綺麗で日本文化は土臭いと思っていたけど、年重ねると、日本文化も良いものになって来てすごく落ち着く。
    [ 2016/05/05 10:27 ] [ 編集 ]
  218.  
    金継ぎを見て心や体の傷に置き換えて考えられる
    スペイン語圏の人々に人としての暖かさを感じたよぉ。
    [ 2016/05/05 10:27 ] [ 編集 ]
  219. スペインだってガウディは廃棄されるクズタイルでモザイク作ったじゃないですか。不完全な美はミロのビーナスに代表されるし、人類なら持っている感性だと思うけど。
    どこかの見栄っぱりな国の人には分からないらしいけどね。
    [ 2016/05/05 10:28 ] [ 編集 ]
  220. ※214

    同じ気持ちだよ。
    知れば知るほど襟元正さなきゃって気になる。
    [ 2016/05/05 10:37 ] [ 編集 ]
  221. 俺らも金継ぎできるで
    ハゲたら金髪植毛すればええんや!
    [ 2016/05/05 10:39 ] [ 編集 ]
  222. ※218
    全く同意

    あと、ここまでして使わなくてもって人の意見もよくわかるw
    割ったら普通廃棄だよな

    ま、こういう技術で修復する器は簡単に廃棄できない高価なものばっかりなんだろうけど
    [ 2016/05/05 10:41 ] [ 編集 ]
  223. >そう、日本人は傷跡でさえ歴史に昇華させるのよ。
    その歴史の傷跡で金をせびる国も隣にありますが。
    [ 2016/05/05 10:43 ] [ 編集 ]
  224. わざわざ割ってまで継ぎ治すのは三流以下の文化

    金継ぎなら何でも文化万歳ってのはいまいちだな
    [ 2016/05/05 10:43 ] [ 編集 ]
  225. 参ったな。当の日本人なのに知らないことばかり。先人たちに感謝の念とこの国を守りたい気持ちがまた高まったよ
    [ 2016/05/05 10:53 ] [ 編集 ]
  226.  
    体中に傷のある外国人のコメント多すぎてワロタ
    日本と違い過酷な労働環境なのかな
    [ 2016/05/05 10:56 ] [ 編集 ]
  227. 元通りにできるならしたろうけど、無理なものは無理 さらに
    もったいない精神も合わさったんだろうな

    ドイツ人なんか人が作ったものは壊れて当たり前みたいなところがある。 作る側に欠陥があっても開き直る。
    [ 2016/05/05 10:57 ] [ 編集 ]
  228. 金継ぎセットを外国人がお土産用として買ったりするらしい。

    値の張る骨董品なら金継ぎもするだろうが、日常的ではないんだよね。プラモデルを作るような趣味のジャンルとしてはアリだと思う。
    自分は工作とか好きだしこれは一度はやってみたい。
    まず茶碗を割らないと!

    [ 2016/05/05 11:03 ] [ 編集 ]
  229. 大事なものを修復して更にオンリーワンに昇華させる
    [ 2016/05/05 11:22 ] [ 編集 ]
  230. ※215
    オマエが知ってる傷痍軍人の時代は
    九条で軍人が悪だと
    戦争で負けたクズどもという認識があった時代だから
    [ 2016/05/05 11:23 ] [ 編集 ]
  231. 人と物は違う。
    日本人も人には冷たい。

    外国人に教えられた気がするわ。
    [ 2016/05/05 11:29 ] [ 編集 ]
  232. 昔、パキスタン.アフガニスタンでも
    割れた陶器接着して使っていた、金継ぎと
    同じやり方だったかは判らないが。
    [ 2016/05/05 11:30 ] [ 編集 ]
  233. 江戸時代は武士も町人も自習授業だったので柔軟な発想が尊重され金継ぎも高評価された。明治大正昭和平成は一斉授業、当然金継ぎは廃れた。
    一斉授業では柔軟な発想は不要に成る、なぜなら、競争に勝つ事を目指し、良い成績を取るには教えられた事以外は不要だからです。つまり独自の発想も思考も不要なのです。だから一斉授業を続けると驚きも感動も生まれない。
    [ 2016/05/05 11:46 ] [ 編集 ]
  234. ※231

    自分も同意。日本人は人に厳しい。人が人を苦しめている。
    傷なんかは場所によるけど、顔面なんかにあれば物凄く厳しい。
    においとかも近年異常に厳しい。これはそういう身体ケア会社の洗脳に
    よるところも多い。加齢臭とかね。(”加齢臭”を作り出した)資生堂は
    隠れた反日だと思う。

    汚れとか菌とか異常潔癖すぎる。スマホのカバー、液晶保護なんかも。
    たぶんに商業会社やマスゴミの洗脳に乗せられやすいし、
    とても金継ぎを愛でる国民性とは言いがたい現代。
    [ 2016/05/05 11:55 ] [ 編集 ]
  235. これは所謂「もったいない精神」の極致だね。
    修理して再使用するという文化は何処にでもあったと思うが
    新たな美を見出すという精神は日本独自かも。
    [ 2016/05/05 12:02 ] [ 編集 ]
  236. ※234
    厳しいのは日本人じゃなくて、それを利用して金儲けしてるメディアや企業だと思うけど?
    個人的な話だけど、アッパーダービーの某雑貨屋の前で、ホームレスに向かって延々と臭いだの生きてる価値がないだのと喚いて小石を投げてる基地外オッサンがいたけど
    誰も止めないから自分が警察に電話したぐらいだもん
    日本国外から出た事が無い奴程、二ホンハーとか言って貶すの好きなんだよなぁ
    [ 2016/05/05 12:02 ] [ 編集 ]
  237. これは器や茶器など口にするものの修復で、あくまでもう一度利用するための技術
    だから体に無害なもので接着する
    鑑賞目的の美術品なら見た目重視で元通りにする修理法も普通に存在している
    [ 2016/05/05 12:03 ] [ 編集 ]
  238. フリーザ「普通、壊れたら捨てるわなwww」
    [ 2016/05/05 12:05 ] [ 編集 ]
  239. 直すに値する名品だからこそ必要な技術で、そこらの量産品には要らんわな
    [ 2016/05/05 12:19 ] [ 編集 ]
  240. 金継のような修理とは違うけど
    加賀友禅も綺麗な花や葉だけじゃなく
    病葉や枯葉まで描いてて尚美しいよね
    外国ではそういうのは愛でないんだろうか
    [ 2016/05/05 12:24 ] [ 編集 ]
  241. 不完全を楽しむ(朝鮮人)

    不完全を楽しむ(日本人)


    言葉は同じでもメンタルは180°違う。
    [ 2016/05/05 12:32 ] [ 編集 ]
  242. *17、*78
    なんでもかんでも起源主張するかw
    腕を磨かず、過去を捏造していると、
    未来が無いぞ。 早く帰国しなさい。
    [ 2016/05/05 12:47 ] [ 編集 ]
  243. ここまで来たらMottainaiとはちょっと違うと思うが
    元々は高価な芸術品を破損したのを何とかしたい
    (あるいはごまかしたい)という思いが発端だったとは思う
    [ 2016/05/05 12:54 ] [ 編集 ]
  244. ※239
    量産品でも持ち主に思い入れがあれば、金継ぎをすることで「一点もの」になる。
    [ 2016/05/05 12:54 ] [ 編集 ]
  245. 感想欄をスクロールして眺めた感想

    こんな話題でも在日やら朝鮮人かよ!!!


    どんだけ大好きだ!!!ばかじゃねーの!?
    [ 2016/05/05 13:11 ] [ 編集 ]
  246. 居るだろうなと思ったらやっぱり湧いてた。
    「金継ぎは大韓民国から齎された技術ニダ!日本人は(ry」
    が。
    [ 2016/05/05 13:21 ] [ 編集 ]
  247. ※245

    馬鹿だな~。

    今のネットを見てみろよ。朝鮮が話題に上らないものなんてない。

    それほど嫌われてるんだよ。自覚しろよ。
    [ 2016/05/05 13:26 ] [ 編集 ]
  248. いや、見たくもないのに関係ない韓国出されるよ凄い気分悪いのだけど?
    何で関係ないのに出すの?
    書いている方も等しく頭おかしいよ。自覚ないってヤバくない?
    ネトウヨ、パヨク関係なく一般人からしたらどっちもキモいよ。
    書いてるやつ空気読めない害児かよ
    [ 2016/05/05 13:44 ] [ 編集 ]
  249. ↑出されるの  訂正
    [ 2016/05/05 13:47 ] [ 編集 ]
  250. ↑情弱としか言いようがない。そてと日本語が不自由そうでかわいそう。
    [ 2016/05/05 13:51 ] [ 編集 ]
  251. 間違えたww。それとに訂正。
    [ 2016/05/05 13:53 ] [ 編集 ]
  252. まあ、でも謝るよ。確かに見たくないもんな。
    [ 2016/05/05 13:54 ] [ 編集 ]
  253. 誰かを罵らないと生きていけないって寂しい人生送っているね。
    多分、他人から尊敬されたことないんだね。

    タイプミスを訂正しているにも関わらず私的ありがとうございます。

    昔、韓国で「南北戦争起きたらどうしますか?」

    と言う質問に対して「日本と戦う」と言う回答をあなたは頭おかしいのじゃないの?と思ったでしょ?
    ここで韓国を出すということはそういう事。
    [ 2016/05/05 14:00 ] [ 編集 ]
  254. もったいないというよりしのびない
    愛着なんだよ
    [ 2016/05/05 14:01 ] [ 編集 ]
  255. ↑指摘 ね 多分読まないで次のコメントするんだろうね。
    顔真っ赤だよ。
    [ 2016/05/05 14:01 ] [ 編集 ]
  256. 管理人さん、興味深い記事ありがとうございます!海外の方って身体にある傷、隠したがってるのか?それだけでも面白かった。
    [ 2016/05/05 14:03 ] [ 編集 ]
  257. 日本人のコメント読んで、
    優秀で民度があるとは思えない。

    このコメント欄をそのまま海外の人に見せてあげたいよ。
    [ 2016/05/05 14:03 ] [ 編集 ]
  258. ちょっと横槍&話し逸らして申し訳ないですが。
    海外※主にスペイン語圏らしいけど、読んでて思ったこと。
    密教では欲望(煩悩)を聖なるものへと変化させる「煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)」が根本思想。
    密教では"煩悩をなくせ"とか"煩悩を消すように"とかはあんまり言わない。
    それよりも、煩悩がなければ覚りも得られないのだから、煩悩を消す必要はないと説いている。
    煩悩を覚りへのきっかけにして煩悩を"無くす"・"消し去る"のではなく、別の聖なる力に変えることが密教の真髄。
    負を正に、悪を善に、欠点を美点に昇華させるって考え方は宗教・国関係無く心惹かれるのかもって思った。
    あ、うーん・・・宗教絡めたら無理かorz
    [ 2016/05/05 14:11 ] [ 編集 ]
  259.  
    コリアンの話題見たくない><って過剰反応してるそこのあなた
    ネットから離れてみては?
    [ 2016/05/05 14:25 ] [ 編集 ]
  260. ※253

    別にタイプミスを責めてるわけじゃないけどね。
    自分だってしょっちゅうだしね。

    それに、タイプミスや変換ミスなんて気にするもんでもない。

    でもあなたの文章はちょっとちぐはぐしてて読みにくい。
    それを指摘しただけなんだけどね。
    [ 2016/05/05 14:30 ] [ 編集 ]
  261. でもぶっちゃけ今は金つぎして残そうって思える食器ないよね。
    [ 2016/05/05 14:45 ] [ 編集 ]
  262. 付け足すと、※241は罵るためのコメントではない。

    民族的特性を対比しただけだ。

    余りにも違いすぎるので取り上げたにすぎない。
    [ 2016/05/05 14:48 ] [ 編集 ]
  263.  
    むしろ金継ぎされた器のほうが魅力的に見えてしまう
    [ 2016/05/05 15:01 ] [ 編集 ]
  264. *257
    優秀な韓国へお帰りくださいw
    「韓国人の反応」な掲示板も、そのまま海外の人に見せてあげたいね!
    [ 2016/05/05 15:04 ] [ 編集 ]
  265. ※17

    たしか、パクリも朴さんと李さんが結託して盗んだのが初めてでしたよね。
    [ 2016/05/05 15:06 ] [ 編集 ]
  266. 外国人のコメントが新鮮に映るのはある面、日本人も大部分がそういった価値観を共有しててとりたてて言うことでもないと思ってきたのではないかと思う。

    日本人は冷たいという指摘があったとしてもそれはほとんど主観的なものと思う。

    言わば、受け取り方だよ。

    外国人たちの吐露する人生の労苦で得た財産は貴重なものとの対比による再認識がその戦いの傷跡を隠そうとしないでより昇華する技法の見事さに琴線に触れるものがあったのだろうと思う。

    今の時代は子供の心を気づつけまいとする余りに試練や差別や精神的葛藤を避けさせようとする。

    しかし、それは正しい対処法とは言えない。

    人間は傷ついてこそ、そしてそれを克服することにこそ意義がある。

    そういったことを思わせる彼らのコメントに自分たちもこういった文化を再認識させられるのだと思う。
    [ 2016/05/05 15:06 ] [ 編集 ]
  267. >伊達政宗とか冨田勢源とか大谷吉継とか、
    >何かを失った人は内面の凄みや格好良さが傷跡から滲み出るな。
    >知らんけど。

    大谷刑部と石田治部の茶会の逸話は好感が持てるな。
    自分だったら病がうつる可能性を考えてできないわ。
    政宗はちょっとおかしくなったのか、
    生涯現役のエンターテイナーとして覚醒しちゃったからな。
    [ 2016/05/05 15:15 ] [ 編集 ]
  268. 政宗で思い出したが、隻眼のサラブレッドが居たな。
    キョウエイレアって重賞馬。
    渾名は独眼竜。
    [ 2016/05/05 15:20 ] [ 編集 ]
  269. ※264

    韓国人否定したいならカイカイにでも行けよ。
    お前のコメントのどこに民度があるというんだ?
    [ 2016/05/05 15:21 ] [ 編集 ]


  270. 反省します。


    [ 2016/05/05 15:25 ] [ 編集 ]
  271. ウリジナルのキムチ脳は全部取り換えるべきだ。
    [ 2016/05/05 15:32 ] [ 編集 ]
  272. ギャラリーフェイクで初めて知ったな。
    [ 2016/05/05 15:32 ] [ 編集 ]
  273. 馬蝗絆を見たくなって来た。
    価値の有るものは、こうして直すだけの価値が有るって事さ。
    チョンチョンとか在日とか言ってるヤツは、そういう価値とは何の関係も無い。
    [ 2016/05/05 15:38 ] [ 編集 ]
  274. >馬蝗絆

    検索するとすぐ見れるけどあまりきれいには見えないよ。
    きれいじゃない=価値がないとは言わないけどね。

    金継ぎのほうがはるかにきれいだし実用的。

    それに、鉄でつないであると書いてある。実用的ではないことは確かだね。
    [ 2016/05/05 15:46 ] [ 編集 ]
  275.  
    もちろんチョンや在日には関係の無い文化であった
    壊す隠す上書きする嘘を付く
    彼らの金継ぎとはこういう方法を言う
    [ 2016/05/05 15:48 ] [ 編集 ]
  276. もちろん普通の修復法もあるよ
    ただそれだけじゃ味気ないんで編み出した
    [ 2016/05/05 15:57 ] [ 編集 ]
  277. 馬蝗絆

    俺も見てきた・・・
    個人的には凄く猟奇的なものに見えた・・・なんかごめん
    [ 2016/05/05 16:15 ] [ 編集 ]
  278. 人も同じ。全ての傷跡は唯一無二の芸術・命。
    【薄毛】【禿げ】【シミ】【シワ】を隠すのはもったいない。
    金を塗れ!金で目立たせろ。
    全身すべて金だ。
    [ 2016/05/05 16:16 ] [ 編集 ]
  279. ※269
    横からだが、
    韓国人を否定するには特定のサイトに行かなきゃならないとか
    現実的な話ではないな。言論封殺かな?

    たとえば会話の中で、”韓国人みたいなことするな”みたいに
    話題に直接関係なくてもクズの代表に話が及ぶことはあるわけで。
    それを見聞きしたくないならあなたが他に移ればいいだけの話。
    [ 2016/05/05 16:35 ] [ 編集 ]
  280. ■ あんな修復をしてまで使う必要があるのって感じだけどね。
    個人的には理解出来ない。

    彼がいつか「なんとか直して手元に置いておきたい」と思えるようなものに出会い、心豊かな人生を過ごせるようになることを祈るわ
    [ 2016/05/05 16:40 ] [ 編集 ]
  281. 279

    コリアンみたいな粘着質だね。
    しつこい
    [ 2016/05/05 17:04 ] [ 編集 ]
  282. 馬蝗絆は、足利義政がヒビが入った青磁の椀を明に送って代わりの品を求めたけど、もうその時代には青磁の逸品は明にも無いってんで、ヒビのとこに金具を鋲止めして送り返されてきた、と伝わる。
    美と言うよりは歴史上の曰く付きの陶器ってことで有名価値が付いてる。
    [ 2016/05/05 17:20 ] [ 編集 ]
  283. ※281

    おまえこそしつこいよ。

    今の日本人の七割以上がちょんを嫌いなのは周知の事実だ。

    普通の一般人がそれだよ。

    こういったことに目くじらを立てるほうがなんかおかしいと思われる。

    こういったことを長引かせてるのはお前らだと気づかないの?
    [ 2016/05/05 17:32 ] [ 編集 ]
  284. ※5

    全部剃って恰幅が良ければ普通にカッコいいよね。
    和服もスーツも似合う。

    ※261

    一般に売られているものだと金継ぎするより安いし
    何かしら愛着無いとね~じっちゃんのお気に入りだったとか。

    ※278

    テレビCMに出てきそう。宝くじとかの!

    ※282

    ほほー面白い話聞けました。
    そう言う背景だったのですね。
    見た目は何が良いのかわかりませんでしたorz
    [ 2016/05/05 17:35 ] [ 編集 ]
  285. 283

    ここ「金継ぎ」の話しな?
    スレタイ間違ってファビョッてる韓国人の顔だよ君。
    [ 2016/05/05 17:37 ] [ 編集 ]
  286. ※285

    だからやめろって言ってるだろ。
    [ 2016/05/05 17:39 ] [ 編集 ]
  287. 「反省してる」

    の後長引かせたのお前な?
    [ 2016/05/05 17:40 ] [ 編集 ]
  288. ※287
    その中の誰が反省したかなんて知らないし
    なんで同じ人物だと思い込んでんだよ(´・_・`)
    場を乱しているのは君だぞ。
    気に入らなければ出て行ってくれな。
    [ 2016/05/05 17:48 ] [ 編集 ]
  289. ちょんはホントどうしようもないな
    [ 2016/05/05 17:49 ] [ 編集 ]
  290. きちってるな
    何度も言うけどここ金継ぎの話しな?
    OK?
    ちょんの話じゃない。
    お言葉理解できる?朴君
    [ 2016/05/05 17:55 ] [ 編集 ]
  291. 金継という言葉を知らなかった
    これは相当の価値がないとしなかっただろうけど、修繕費の方が高ければすぐ捨てちゃう大量消費社会に染まった私を戒められたような気分だ

    世界大戦以前のある時点の光景を完全に再現したポーランドといい、新品が最も良いという価値観は西洋からもたらされたものだよね
    日本人として一つのものを大事に使い続けていく文化を守っていかないとな
    [ 2016/05/05 17:55 ] [ 編集 ]
  292. 一人でキチってるのは誰でしょうネ
    ニダちゃん
    [ 2016/05/05 18:06 ] [ 編集 ]
  293. ※290

    あんた、たぶん数人を相手にファビョってるよ。

    間違いないww

    でも、もうやめようね、マジで。
    [ 2016/05/05 18:11 ] [ 編集 ]
  294. ※283

    君の考え方は間違っているよ
    日本人が7割嫌いでもTPO考えればここで出す会話じゃない
    私は土器とそれに対するコメントを見に来たのであって
    不愉快な物書き込んでいる日本人(だろう人)に
    嫌ならどこか行けと言うのはおかしい
    あなたが日本人として誇らしく思って居るのでありましたら
    あなたがどこか行ってください
    [ 2016/05/05 18:15 ] [ 編集 ]
  295. そんなこと言ってるとずっとちょんの話は続く
    っていうか294さんが続けてるのよね
    [ 2016/05/05 18:16 ] [ 編集 ]
  296. 294って日本人になりたい在日なの?
    [ 2016/05/05 18:19 ] [ 編集 ]
  297. 金継ぎは前から知っていた
    美術品や芸術品を修復する為の技術だと思っていたけど
    動画見たら量産品の皿や急須まで修復しているね
    これは持ち主の思い出を修復するのも目的なんだと気付いた
    [ 2016/05/05 18:23 ] [ 編集 ]
  298. ガラス初めて見ました。
    ちなみに漆の接着剤って強度どれくらいなんでしょうね。
    普通に使えるのですか?
    そこからぱっかり割れそうで使うの怖いですね。
    [ 2016/05/05 18:27 ] [ 編集 ]
  299. 金が大量に出ていた戦国時代や桃山文化の頃の技術だね。
    千利休と織田信長によって、茶器の価値が急上昇し修復技術も進化した。
    因みに、日本刀に芸術的価値を与えて配下武将への恩賞に使ったのは秀吉。
    [ 2016/05/05 18:27 ] [ 編集 ]
  300. 個人でやるなら良いが、業者に頼むと何千円も取られるから
    高級品しかやらないな。
    [ 2016/05/05 18:35 ] [ 編集 ]
  301. 若いデザイナーで窯元に放棄された古い器を掘り返して文様としてデザインされた金接ぎで修復して商品にしてる人がいる。
    つなぎ目を目立たせることで、割れた器の古い肌がかえって美しく見えて、壊れたものが新しい美しさを身につけるということ。
    この経験自体が感動的なんだと思う。
    [ 2016/05/05 18:39 ] [ 編集 ]
  302. なぁにが心の金継ぎだぁ?
    そんな事言ってたら俺の心は金メッキの見た目だけピカピカだぜw
    中身はガタガタのズタボロで漆どころか米粒で接着レベル。
    酒でも飲んでなきゃちょっとした衝撃で跡形も無く砕けそうだよ。

    [ 2016/05/05 19:00 ] [ 編集 ]
  303. 管理人さん。いつもありがとう。日本人として誇りに思っていい記事を拾ってきてくれて。
    [ 2016/05/05 19:17 ] [ 編集 ]
  304. >>5
    禿を隠さなくていいんじゃない
    修理した跡つまりかつらを隠す必要がないんだよ!
    [ 2016/05/05 19:31 ] [ 編集 ]
  305. ※302
    まあまあ、連休の最後くらいのんびり過ごしなされ( ´∀`)ノ
    [ 2016/05/05 19:56 ] [ 編集 ]
  306. 決して日本でも一般的な価値観とは言えないだろうけれど、
    海外でも共鳴してもらえるというのは嬉しいですね
    [ 2016/05/05 20:01 ] [ 編集 ]
  307. けど、金を使う必要はあるのでしょうか?
    そこが気になりますね!
    [ 2016/05/05 20:05 ] [ 編集 ]
  308. こうゆう器はいいね、とは思うが。
    残念ながら、自分の生き方では無縁な世界。
    [ 2016/05/05 20:08 ] [ 編集 ]
  309. 本スレに銀もあるし、目立たせない技法もあると確かありましたよ。
    ちょっと、おせっかいかもしれないけど。
    [ 2016/05/05 20:09 ] [ 編集 ]
  310. 307さん
    金はどんな色や柄にも馴染むからでしょ。
    [ 2016/05/05 20:10 ] [ 編集 ]
  311. 金継ぎみたいな陶器やガラス食器がもし持ててたら、それは一番大切にしてるでしょうね。

    間違いなく。
    [ 2016/05/05 20:14 ] [ 編集 ]
  312. 友好関係の金継ぎは難しいよね...

    どっかの国境ならできるかも

    頑張れ金!
    [ 2016/05/05 20:14 ] [ 編集 ]
  313. 江戸時代はホントエコ文化だなぁ
    [ 2016/05/05 20:19 ] [ 編集 ]
  314. 金継ぎの記事をさがしてると次のようなのがあった。


    ところで、今ではめったに落語の高座にかかることのない噺(はなし)ですが、

    落語「両国百景(りょうごくびゃっけい)」では、「焼継屋」が持ち運びのできる小さな炉を使って大道(だいどう)で[焼き継ぎ]の商いをする江戸の「焼継屋」の様子が描写されていて、また、夫婦喧嘩をしている家の門に立ち、夫婦喧嘩で破損するであろう伊万里の染付の食器を修理するために「焼継屋」が待っている。
    という川柳で、“焼き継ぎ屋 夫婦喧嘩の門に立ち” というのがあります。

    当時高価であった伊万里の染付の磁器を買い替えるよりも[焼き継ぎ]は安価で、直して再利用できる修繕方法であったため「焼継屋」が大変繁盛していた様子が想像できます。[焼き継ぎ]で瀬戸物屋の売り上げが落ちるほどの影響が出たそうです。まさに、日本の江戸時代は、もったいない文化の最盛期のようです。




    面白かったので貼ってみました。
    [ 2016/05/05 20:29 ] [ 編集 ]
  315. 山が吹き飛び、地面が割れ津波が洗い流すところに住んでいる人間が破壊からの新生(再生ではない)を生み出さないほうがおかしいと思う。日本に理解を示し敬意を表してくれる人は本当にありがたい。願わくばこの文化の根底に強烈な破壊と再生が行われる風土があり、太古よりものすごい数の人間が死んでいるという事まで理解しても得るとありがたいね。
    [ 2016/05/05 20:32 ] [ 編集 ]
  316. 破れたジーンズとか使い古して飴色になった革製品とかを愛するのは外国でもあるから日本独自ってわけでもないよな
    [ 2016/05/05 20:38 ] [ 編集 ]
  317. 最近は何でも省略で日本の文化を蔑ろにしてるけどね
    海外で取り上げられたり逆輸入されると初めて貴重さに気付いて
    我が物顔で急に誇りだすのは昔っから本当に変わらないよ日本人は
    [ 2016/05/05 20:41 ] [ 編集 ]
  318. ※317

    それは違うんじゃないの?

    逆輸入で見直されるというのはよくあることだろうけど、あなたの言うようなメンタルは日本人にはあまりないよ。

    それらはありきたりなことで、そうなのかと再認識するだけだよ。
    [ 2016/05/05 20:48 ] [ 編集 ]
  319. 茶碗が割れたことすら、自然の成り行き、神の大いなる意思と見て肯定する思想なんだと思う。
    [ 2016/05/05 21:06 ] [ 編集 ]
  320. 役にたたないものなら愛してやるしかないじゃないか
    [ 2016/05/05 21:20 ] [ 編集 ]
  321. このセット結構高いんだよね
    [ 2016/05/05 21:37 ] [ 編集 ]
  322. 朝鮮人をあざ笑うネタとして使っている人が結構いるんだが、この技術の基本は朝鮮半島から渡ってきたもの。うちの婆さんが子供の頃は、朝鮮人が行商で陶器の修復をやっていたと聞いた。金を使うような高級な修理ではなかったけど、基本的な技法は同じ。
    [ 2016/05/05 21:37 ] [ 編集 ]
  323. ※322ちょん
    江戸時代に発展した手法だぞ、嘘は大概にせえ
    [ 2016/05/05 22:02 ] [ 編集 ]
  324. 金継の技法がどこ起源かは分からないけれど、そこに価値を置いたのは日本だと思う。
    [ 2016/05/05 22:12 ] [ 編集 ]
  325. ※322
    これは俺たち卜ンスラーの技術で間違いないよな
    誰でも知っている
    [ 2016/05/05 22:30 ] [ 編集 ]
  326. 韓国はよくこの文化は我々のものとかいうけど、その周辺の文化がまったく育ってないのだから主張には無理がありすぎる。
    少なくとも朝鮮では彩色技術がなかったので陶器は白磁ばかりだし、金粉や金箔は作れなかった。
    [ 2016/05/05 22:52 ] [ 編集 ]
  327. 金継ぎという技法も注目すべき点だけど、リサイクル、リユース、リペアーというような社会生活を重要視してきた点で日本の続けてきた社会のありようを大切にしていくことが重要だと思う。

    今の時代は修理するより新しいものを購入するほうが費用対効果という点で合理的になっている。

    けれども再利用や再使用という社会は確実に進んでいる。

    単に、形態が変わっているだけでその本質は変わらない。

    要は時代に合ったものを大切にする精神が息づくことが大事なんだと思う。

    一時期分別収集は無意味だとのたまう馬鹿な学者がいたけどそれは過渡期の見た目の不合理でしかなかった。

    再使用するにしても合理的に無駄のないシステムが大事だからね。
    [ 2016/05/05 23:10 ] [ 編集 ]
  328. 正座もできないのに茶の湯に詳しいのは恥ずかしいから
    現代日本人は怪獣ソフビの修理に移ってますよ
    [ 2016/05/05 23:25 ] [ 編集 ]
  329. >>307さん

    金は人体に無害だからまた食器として使えるんですよ
    金歯なんかずっと口の中にあっても唾液で変質したりしないでしょ?
    ボンド等で修理したコップで熱い珈琲やお茶、スープなどを飲む気はとてもおきませんよね
    [ 2016/05/05 23:27 ] [ 編集 ]
  330. 盛り写メとかやってる昨今の女子に読ませたい記事。
    個性もクソもなくなるくらい均質化された不自然な「美しい写真」なんてまるで魅力を感じない。

    むしろ気持ち悪い。

    隠したりごまかしたりすればするほど逆にイメージ悪くなるって知ってほしい。
    [ 2016/05/06 00:22 ] [ 編集 ]
  331. テョンのコメを見てみ?
    全て「技術」のことしか言及して無いっしょ。『この技術はファビョン半島のテョンさんが日本へ伝え……』みたいな感じで。
    連中、それしか分からないんだよ。分からないというか理解出来ない。
    何故なら「精神文化」が無いから(いや、ひょっとしたらあるのかも知れんが、少なくとも連中、自分達が気に入るようなモノを自分達の中から見つけられていない)。
    住まう土地の風土気候から長い時間を掛けて培われた気質。そこから生まれる価値観と、それに沿うようにして確立してゆく技術。
    「勿体無い」精神が無ければキンツギと言う技術は生み出されない。「日本における美という価値観の幅広さと奥深さ」が無ければ、この技術は研ぎ澄まされない。
    ……ということが、テョンには分からない。問題が起こると泣いて喚いて暴れるだけで、解決の為に頭も体も使わない彼等には。
    結果、精神文化の無いテョン達に理解出来るのは「キンツギ」の技術だけとなり、コメ内容は実に頓珍漢なものとなる。

    このスレで、海外の人達が焦点を当てているのはキンツギの技術そのものではない。
    正直、やろうと思えばスペインその他、各々の国の持つ伝統技術の何かしらで同様の修復は可能だろう。
    重要なのは「何故、敢えてソレを成したのか?」。
    その技術の背景にある日本独特の価値観や思想にこそ、彼らは言及しているわけなのだが……。

    米を見る限り、察することさえ出来ていないんだろうなぁ……。
    [ 2016/05/06 00:35 ] [ 編集 ]
  332. ※296

    在日が日本人を在日扱いしとるwwwww
    てかお前のコメントどれかわからんけど金継ぎの事少しでも触れたのかよ
    触れたなら自分のコメントにアンカー付けてみろよwwwww

    クソ土人の引きこもりがwアスペがファビョってんじゃねーぞ。マジキモイ
    [ 2016/05/06 00:40 ] [ 編集 ]
  333. 不揃いが美しいという文化
    [ 2016/05/06 00:43 ] [ 編集 ]
  334. ブラックジャックのように、傷を誇りにして生きよう。
    [ 2016/05/06 02:07 ] [ 編集 ]
  335.  金接ぎ・漆接ぎは、漆乾燥用ボックスを作って(プラスチックの靴箱や小さめの衣装ケースで充分OK!)、作業に慣れれば(かぶれ防止に使い捨てのビニール手袋を使う等)、意外と簡単ですよ。
     小麦粉+生漆で麦漆=接着剤になる。セトモノでひび割れが大きく、割れ目を補充するなら、砥の粉+生漆の「錆漆」がいい。木の場合はおがくず+生漆の「こくそ漆」。特殊な例になるけど、鉄の茶釜等、鉄製品には砂鉄+漆の「鉄漆(かなうるし)」を使います。
    [ 2016/05/06 03:17 ] [ 編集 ]
  336. うちの学校に来てる韓国人の留学生が日本のお寺でやってた餅つき見て、「日本には世界中から賞賛される歴史や文化が数えきれないほどあるのに、韓国には歴史も文化も何も無くて凄く恥ずかしい」って言ってた。

    日本は先進国で唯一、1000年以上前の文化や衣服が現在でもそのまま残っている稀有な文明圏で、着物を着ている人が普通に歩いているのも感動するそうだ。
    「韓国は、昔は全て中国の真似で、近代からは全て日本とアメリカの猿真似だ。日本が羨ましい。」ってよく言ってたよ。

    わたしが「韓国にだってお寺はたくさんあるでしょ?」と言ったら
    意外な事にその韓国人留学生が言うには、韓国ってお寺もほとんど残ってないんだって。
    あまりにも儒教文化が強すぎて、仏教弾圧や排斥運動でお寺や仏像とかみんな叩き潰しちゃったんだってさ。

    「私たち韓国人は、仏像や遺跡を破壊してるタリバンやイスラム国のテロリストたちと全く同じ、未開な後進国の土人民族だ」って、嘆いてた。
    [ 2016/05/06 05:24 ] [ 編集 ]
  337.  
    最近では、そこそこの作品の気に入らない部分を、わざと欠損させて金継ぎする奴がそれを作品としてる奴がいる。
    最初から金継ぎの為のスペースを計算して作成し、金継ぎ作品をつくるなら新しい芸術に発展する要素はあるかもしれないが、本来の金継ぎの目的とは違う。
    [ 2016/05/06 05:27 ] [ 編集 ]
  338. 전범 일본(キムチュギ)じゃん
    [ 2016/05/06 06:28 ] [ 編集 ]
  339. 歴史も文化も何も無い、未開な後進国の劣等民族朝鮮人に生まれて本当に恥ずかしい・・・
    [ 2016/05/06 06:41 ] [ 編集 ]
  340.  
    ■生活文化の全てが日本の後追いサル真似
    日本の発明を模倣することに終始し、何一つ自力では産み出すことが出来ない韓国人の実態


     『醜い韓国人《歴史検証編》』 朴泰赫

    韓国では、日本文化がすでに韓国に隅々まで浸透してるんです。
    我々は、どっぷりと首まで浸かっているのです。その現実に目をつむるのは、滑稽ですよ。(中略)
    いつか、韓国の新聞に出ていましたが、日本でテレビの番組が春と秋に改編されるでしょう?
    そうするとかならず放送局は、スタッフを日本へ送って真似をするんです。

    日本の「8時だよ、全員集合」のドリフターズのギャグのつくりかたも、一週間遅れでそのまま模倣する。
    番組名まで「8時だよ、全員出発」(ヨドルチダ、チョヌヨンチュルバル)になっていました。(笑)
     
    新聞の紙面の体裁も、「天声人語」と同じ所に、同じようなコラムがある。
    社説も政界のゴシップも同じ場所にあるというように、まったく同じです。
    反日記事を書いている論説委員編集長か、デスクに会いにゆくと、「ゲラ イッパプダ(ゲラを読んでいるから忙しい)」とかいう(笑)。
    韓国語のなかで、そのままみんな日本流でやっているんです。
     
    [ 2016/05/06 06:42 ] [ 編集 ]
  341. ちょっとでも憧れの日本人様に近づきたい。宗主国の日本人様のようになりたい!

    朝鮮グック猿が常に日本の猿真似するのは、そういう願望の現れだから
    これからもグック猿の日本猿真似は止まらないよ

    でも、いくら朝鮮猿が日本人様に憧れて猿真似しても、植民地の劣等朝鮮猿が日本人になる事は永久に不可能なんだけどねw

    偽名使ってまで日本人様に成りすまそうと必死の、通名ゴキブリ在日チョンとかマジでウケルww
    [ 2016/05/06 06:44 ] [ 編集 ]
  342. ■独自の文化や歴史が何も無い韓国、あきれた「ウリジナル」 日本の文化・歴史を“横取り”

    ウリジナルは、ウィキペディアで「韓国起源説の一覧」を見ればいい。
    2時間か3時間か、とても楽しく過ごせること請け合いだ。ウィキには載っていないマイナーなウリジナルも無数にある。

    例えば、「牛肉のしゃぶしゃぶ」だ。

    韓国旅行に行った友人が、日本の味が恋しくなり「しゃぶしゃぶ屋」に入った。
    「やっぱりうまいな…」などと話し合っていると、横の席にいた韓国人が「この料理は韓国人が考え出して、日本に教えてやったのですよ」と口をはさんできたという。

    「どんなに腕の良い板前でも、客の注文ペースに合わせて、太い牛肉の塊を、あの薄さに一様に切って盛り付けることなどできません。
    電動の肉カッターが開発されてからできた日本料理です」
    日本でしゃぶしゃぶが誕生したのは1952年。半島は朝鮮戦争の真っ最中だった。

    韓国では「島国の日本は文明を知らない民が住む地だったので、われわれの先祖がさまざまな文化文明を教えてやった」「優れた文物はすべて、朝鮮半島から日本列島に渡ったのだ」
    「日本の良い文物」を見たら、その瞬間に「これは韓国に起源があるはずだ」と思い込むのだ。

    戦後の反日教育の成果だが、日本にも戦後の日教組教育の呪いから抜け出せない人々が団塊世代を中心にたくさんいる。
    「コメづくりをはじめとする優れた文化は朝鮮半島の人々により日本に伝えられた」と信じている人たちだ。
    稲のDNA解析により、コメづくりが半島ルートでなかったことは、とっくの昔に結論が出ているのに…。

    ttp://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130701/frn1307011131000-n1.htm
    [ 2016/05/06 06:45 ] [ 編集 ]
  343. 今日本の美意識として世界に認識されている手法や美意識は、みんな古の人たちが生み出したものばかり。現代の我々はそれらを食いつぶすばかりで、それに匹敵するものを新たに生み出せているのか?と考えてしまった。
    [ 2016/05/06 07:36 ] [ 編集 ]
  344. 仏像や寺院の古さをそのままにする感覚と同じか
    [ 2016/05/06 08:12 ] [ 編集 ]
  345. ※18
    金に限らないし漆だけでもいいんだぞ
    [ 2016/05/06 09:24 ] [ 編集 ]
  346. ※5
    実際のところ、髪の毛で禿を隠すより、隠さずに短髪にする方が好感度は高いらしいねw
    [ 2016/05/06 10:05 ] [ 編集 ]
  347.  
    外国人に受け入れられて嬉しい
    曲がってしまうと本質を受け入れることが出来ないみたい
    素直になったほうが楽だな
    [ 2016/05/06 10:35 ] [ 編集 ]
  348. ※226
    もしかしたら、心の傷の事を言っているのかもしれん。
    [ 2016/05/06 12:34 ] [ 編集 ]
  349. 金継ぎの技は中国から伝来したと覚えている。
    鎌倉時代の将軍が割れてしまった中国製の茶碗を皇帝に送りつけて
    同じような茶碗を頂戴とゆったら元の割れた茶碗を金継ぎして将軍に
    送り返した。
    こんなふうに覚えている。詳しい解説を求む。
    [ 2016/05/06 15:28 ] [ 編集 ]
  350. これは素直に素晴らしい!
    [ 2016/05/06 17:06 ] [ 編集 ]
  351. ※349
    青磁茶碗(馬蝗絆)で検索してくれ
    それは金つぎじゃなくてカスガイで継いだもの
    [ 2016/05/06 19:57 ] [ 編集 ]
  352. 金継ぎにしてもわびさびやら国宝の茶碗にしてもさ、不完全な美を良しとしてるんだよね。
    それは現代でもそうで、機械で正確に作られた造形はパット見は綺麗だけどそれは芸術や美意識としてどうなのかって言われてるからね。
    [ 2016/05/06 20:04 ] [ 編集 ]
  353. 半端に禿げるなら剃れの精神
    [ 2016/05/06 20:06 ] [ 編集 ]
  354. これ割れる前より良くなってるのが凄いよね
    割れたのにレベルアップしてるw
    [ 2016/05/06 21:39 ] [ 編集 ]
  355. こういう伝統をみると、本当に昔の人はセンスがあったんだな、って思う。
    現代人にセンスがないっていうんじゃなくて、そのセンスの源流は個人のものじゃなくて、受け継がれ、磨かれ、個人の感覚と合わさったものなんだなって。
    海外のセンスと日本のセンスの違いの理由がわかった気がする。

    体や心の傷と重ねてる人もいるけど、私も同感。
    上手に補修すればそれは個性になるし、自他ともに受け入れられる。
    でも修復方法を間違えないことが大切だけどね。
    [ 2016/05/06 21:39 ] [ 編集 ]
  356. >この技術の基本は朝鮮半島から渡ってきたもの。
    割れない金属食器しか使わない土人がなんだって?
    [ 2016/05/06 22:25 ] [ 編集 ]
  357. 金麦か。いいよね、あれ。
    [ 2016/05/06 22:31 ] [ 編集 ]
  358. 最近、禿スレ誘導の陰謀が霞の組織の陰謀として取りざたされている。

    その陰謀には抗しがたい魅力がありついつい引き込まれそうになる。

    魅力的なAAなんかもさりげなく散りばめてくる。

    特に気になりだした人たちには目を背けようにも背けられない麻薬のような誘惑を伴う、、。


    やめてくれ~~。



    でも、好きですよ疎の陰謀www。
    [ 2016/05/06 22:47 ] [ 編集 ]
  359. 海外にもパッチワークとかあるじゃん、黒色ジャケの破れた箇所に軍隊のワッペン着けたら中々オサレになったぜ
    [ 2016/05/07 01:49 ] [ 編集 ]
  360. 日本の陶芸の歴史は美意識が二週ぐらい回ってる時期があって結構面白いよまさに激動
    [ 2016/05/07 04:18 ] [ 編集 ]
  361. ラテンな感性とは真逆の考え方だと思ってたから、共感コメントがあることに驚いた。
    自分の身体(の傷)に置き換えてるのも面白い。
    [ 2016/05/07 07:02 ] [ 編集 ]
  362. ※360
    黒織部に至っては何周ぶん回ってるか分かんないぐらい先に行ってるもんな。あの美的感覚はすごいわ。研ぎ澄まされてる。
    [ 2016/05/07 07:10 ] [ 編集 ]
  363. 考えが違いすぎてガラパゴス化
    ガチャ歯をあまり気にしなかったり
    マイナス面も多い
    [ 2016/05/07 07:13 ] [ 編集 ]
  364. ※307
    金を使うのは変質しないから。
    修理後使用しても身体に害がないから。
    ようは金歯と同じ
    あくまで金継ぎの目的は「再び食器として使用できるようにする」だから

    と聞いたことがある
    [ 2016/05/07 08:38 ] [ 編集 ]
  365. ※15から※17の流れ結構すき
    [ 2016/05/07 09:59 ] [ 編集 ]
  366. 古田がわざわざ曜変天目

    (※製法不明な宋代の茶碗。世界に3点しか現存してない。全て日本の国宝)

    を割って作り直したってやつな。
    [ 2016/05/07 10:19 ] [ 編集 ]
  367. ハンセン病=らい病み

    これについてめちゃくちゃ言う奴は朝鮮人。朝鮮では彼らの行ってる通りだったと考えていい。

    日本では移る病だってわかってるから、自分からそういう場所へ移り住んだ。だから、そういう村がある。つまり隔離病棟なの。病人が子供をつくったりはしないし、そこで普通人が生活を営むわけもない。だのに生きていられる理由がわかるかい。周りが面倒を見ていたからだよ。そこに入り込んで差別されていたって言い出した朝鮮人には本当にはらが立つ。嘘をつくな。病人まで自分の欲に利用するな。
    [ 2016/05/07 13:37 ] [ 編集 ]
  368. やっぱ百済は最高だぜ
    [ 2016/05/07 14:55 ] [ 編集 ]
  369. みんな良いこと言うな
    日本人は本当に不完全な美が好きだと思うわ(関西は特に)
    みんなへうげもの読んだらいいのに…
    [ 2016/05/07 15:14 ] [ 編集 ]
  370. >>涌く涌くラテン系ランド(笑)

    江戸期にマイセン磁器を金接ぎした物が、今も残ってる筈だヨ
    [ 2016/05/07 15:29 ] [ 編集 ]
  371. あんな修復をしてまで使う必要があるのって感じだけどね.個人的には理解出来ない。 ペルー、、、、、、、、どんだけ使い捨て人生なの?こいつとは、きっと共有できるものはないな。
    [ 2016/05/07 15:51 ] [ 編集 ]
  372. >367
    それは初めて聞いた。
    ハンセン病は移る病気だと当時は言われていたけど、本当はほとんど移らない。
    身内にハンセン病がでると、村八分にされるから、蔵の中とかに隠されていたとか。
    そして、隔離する法律ができて、親や兄弟に隔離病棟に送られ、去勢させられた。
    ハンセン病が根治する薬が開発されても、法律が改正されることは長い間なかった。
    ってNHKでやってたけどなあ。
    [ 2016/05/07 17:16 ] [ 編集 ]
  373. 私50代半ばだけど、子供の頃(高度成長期ね)にまだ
    鋳掛け屋さんが注文をとりにきてたのを覚えてる
    鍋釜に開いた穴を塞いでくれる流しの職人さん
    ここで紹介されている芸術とは別に、陶器でも金属でも
    壊れたら直して使うのが当たり前だったのよ
    当然のことながら値段も買うより安かったわけ
    [ 2016/05/07 17:39 ] [ 編集 ]
  374. ※372
    横だけど、NHKの言うような人がいたとして、放浪らいとか367の言うような自分から家を離れた人もいるよ。
    で、視聴者にそんな嫌なイメージだけ残すってことは、NHKは、療養所の人も近所の人と仲良くやってることは言及しなかったんだろうなあ。地元民として悲しいわ。表に出るのは、裁判のことばっかだもんな。
    [ 2016/05/08 00:51 ] [ 編集 ]
  375. 元が取れないからエコカー不要とか言ってる日本人も沢山いるのにね。
    [ 2016/05/08 13:13 ] [ 編集 ]
  376. 別に不揃いが美しいわけじゃない。
    巧まずしてそうなるに至った過程、そこに実に生きた証しを観るのだ。
    なんでも金銭的利益に繋げようとして巧みに仕組めば良いと考えるあざとい連中には決して理解できない境地。
    [ 2016/05/08 15:25 ] [ 編集 ]
  377. >>それは金継ぎじゃなくカスガイでついた物

    前にパキスタンで金継ぎの様に修理していた(コーヒー
    茶碗)とコメしたが。
    その様にカスガイで止めた様に成っていたが接着材は使用しないのかな。
    [ 2016/05/08 19:19 ] [ 編集 ]
  378. ハンセン病の朝鮮人が半島で迫害されて(小鹿島虐サツ事件)日本に逃げてきた。そして日本政府にゴネたり弱者ビジネスをしている。
    [ 2016/05/08 20:31 ] [ 編集 ]
  379. コメント読んでると、伝わっていないだけで戦国武将たちも、相次ぐ戦闘で、体中、傷だらけだったんだろうか、それゆえに傷を治したものに愛着を持ったんだろうかと考えてしまう。
    [ 2016/05/09 01:05 ] [ 編集 ]
  380. ※379
    そ。そゆこと。
    武人とは幼少のみぎりより日々常住坐臥鍛え続けて長じては戦に臨み、少なくとも百遍馬から突き落とされ肉を裂かれ骨を砕かれその度に以前より強くなって立ち上がらねばならなければ武人とは云えぬ、そういう「もののふ」の血統に生れついた特別な存在だ。
    だからこそ、傷痕がまさしく彼が生きた証しなのだ。
    [ 2016/05/09 02:31 ] [ 編集 ]
  381. 全然価値が分からんわ。
    何がいいの?
    どうせ後継者もおらんだろうから廃れるね。
    残念でしたぁ~~
    日本ホルホルばっかりして本当に気持ち悪いわ。
    [ 2016/05/09 10:05 ] [ 編集 ]
  382. ※381
    自分の祖国のご先祖様が誇れないって悲しいね・・・。
    残るか廃れるかそれは、
    これからの日本を担う人達の時代の流れに任せるだけだよ。
    [ 2016/05/09 10:24 ] [ 編集 ]
  383. 海外だってダメージジーンズとかある訳だし、
    Used感に美学を感じるのはどこの国でも同じだ
    [ 2016/05/09 13:39 ] [ 編集 ]
  384. 多分プラモを塗装ややすり掛けまでちゃんとやったことある奴なら出来るんじゃないかと思う。

    半島には漆もそれに代替する植物もないのにどうやって金継の技法が生まれたと主張するんだろうか。
    [ 2016/05/09 13:58 ] [ 編集 ]
  385. 江戸時代には焼き継ぎ(ガラス継ぎ)が一般的になり
    江戸の町には焼き継ぎ屋が棒手売していたよ
    [ 2016/05/09 14:08 ] [ 編集 ]
  386. 国宝の中には完全粉砕されたものを復旧したナスボンがあるしw
    [ 2016/05/10 17:04 ] [ 編集 ]
  387. ※381/382
    自演下手過ぎやろ
    [ 2016/05/11 02:34 ] [ 編集 ]
  388. ぶらうん先生で見た。
    [ 2016/05/11 03:03 ] [ 編集 ]
  389. これの簡易的な製作キッドが確かネットでも売ってるんで、
    もし皿とか割れちゃったらやるとかっこいいですよ。
    うちはこれで全部直して使ってます。
    [ 2016/05/11 07:43 ] [ 編集 ]
  390.  
    日本に壊れた物を愛する偏執的な文化はない
    また間違った解釈で文化を広められようとしている
    愛していた物を蘇らす手法の一つに金継ぎがあるだけだろ
    [ 2016/05/12 11:25 ] [ 編集 ]
  391. ただでは転ばないってやつよ
    [ 2016/05/13 11:20 ] [ 編集 ]
  392. ハゲには厳しいけどな
    [ 2016/05/13 15:14 ] [ 編集 ]

  393. カードダスとかメンコとか、セロテープで修復したのが引き出しから出てくると「大事にしてたなあ」って思うよね
    [ 2016/05/14 22:02 ] [ 編集 ]
  394. わざと壊して継ぐということも行われていたが
    それとて業物にさらなる輝きを持たそうという狙いから
    織部のアイデアは凄いと思う
    [ 2016/05/15 11:50 ] [ 編集 ]
  395. どこかで読んだんだが、外国人が日本の家に行って
    うっかり障子を破いてしまったら、家人は「気にしないで」と
    花の形の紙で穴を塞いだ。「破れる前より美しく修繕するとは!」と
    とても感動した…というお話

    「もっと見たいな」と、わざと破いてみたら
    めっちゃ怒られて追い出された、というオチがつく
    [ 2016/05/15 16:09 ] [ 編集 ]
  396. ※17
    チョンが起源主張しだしたぞ
    お前ら中国属国時代にそんな文化も技術も何もないわバーカ
    道にクソして道に寝て人としての尊厳すらない朝鮮時代
    [ 2016/05/16 10:59 ] [ 編集 ]
  397. 身体の傷になぞらえた幾つかのコメントが意外な視点だった。
    傷を肯定的に捉えようとしているのが嬉しくもあり、日本人としてちょっと誇らしく思えた。
    [ 2016/05/16 19:38 ] [ 編集 ]
  398. 100円の茶碗じゃないから直そうってなっただけ。100万の茶碗が割れました。ポイ。は出来なかったから、なんとか直そうとしただけ。
    なんと、それが以外にも見た目が綺麗だったので、さらに値段があがっちゃいましたってのが真相。
    [ 2016/05/18 12:38 ] [ 編集 ]
  399. ※17
    ※53
    湧いてるだろうなと思っていたら、案の定だったwww
    [ 2016/05/18 20:29 ] [ 編集 ]
  400. 元の形に復元するのではなくて、創造的再生って発想が西洋にはないから、そこが評価されているんだろうね。
    [ 2016/05/18 20:34 ] [ 編集 ]
  401. *32さん
    同感です。
    [ 2016/05/18 23:50 ] [ 編集 ]
  402. 最近は ちょっとした趣味と実益みたいな感じで
    素人さんもやっているよ。テキストもいろいろ出版されていて、ワークショップも盛ん。
    手に入りにくかった材料も今はネット通販があるから 昔に比べて敷居が低くなった。
    プラモデルやフィギュア作りが得意な人なら 最初からかなり上手くできるよ。
    [ 2016/05/21 08:34 ] [ 編集 ]
  403. ちょっと異質かもしれないけど、すごく未来的でサイバーチックなカッコイイデザインの筋電義手を低価格で(筋電義手にしては)提供しようとする日本のベンチャー企業があったような
    これも現代日本的な金継ぎ的アプローチに見える
    [ 2016/05/21 14:47 ] [ 編集 ]
  404. 一種のリサイクルという実益に加えて、東洋的神秘の技術みたいな
    妙なフィルターが掛かってるような気がするね。

    ヨガとか座禅とかイスラム(回るの)とか、神秘体験大好きだよね。
    それに宗教まで絡めるて、素晴らしい倫理観が手に入ると勘違いするまでがヨーロッパ。
    日本人からすると、宗教=倫理で完璧は無いと思うんだけど。
    [ 2016/05/22 10:11 ] [ 編集 ]
  405. 手法というより、
    こういう精神を大事にしていきたいね。
    [ 2016/05/22 11:50 ] [ 編集 ]
  406. 1、10、100、1000、10000、・・・
    景色がいいですねー。大事になさってください!
    [ 2016/05/22 14:28 ] [ 編集 ]
  407. 地震で笠間焼が割れたので金継しようとしてやり方を調べたらかなりシュールだった。
    1、漆を使うのでかぶれるのを覚悟してください。
    2、金を磨くのは瑪瑙なので瑪瑙を用意してください。
    3、瑪瑙がなければ鯛の歯で代用してください。
    むりだっつーの、どこのファンタジーRPGだよw
    [ 2016/05/23 21:04 ] [ 編集 ]
  408. ※407
    メノウのヘラは高級品でも1300円とか1500円くらいでAmazonでも売ってる
    もうちょい安いのだと1000円くらいのもある
    [ 2016/05/26 04:01 ] [ 編集 ]
  409. 最近は断捨離だのミニマリズムだの異様な捨てるブームがはやってるから困るね。日本の文化に馴染まない異質な思想。
    [ 2016/05/26 14:16 ] [ 編集 ]
  410. もうちょっと気軽にできればいいんだけどね
    気に入ってるけど割ってしまった食器とか捨てられないんだ
    高価なものじゃなくても
    [ 2016/05/26 16:17 ] [ 編集 ]
  411. 金継ぎは特殊だけど、割れた茶碗や湯呑を手軽に治す職人は普通にいた。とにかく江戸時代のリサイクルは半端ない。基本的に治せる物は全て治して使う。灰や履き潰した草鞋のような、元に戻せない物でも別の用途で使う。
    [ 2016/05/26 16:30 ] [ 編集 ]
  412. 割れた断面とかヒビの形って人間には出せない自然な線だと思えば、
    それを最大限活かした継ぎっていうのは自然を愛でるのと同じなのかもしれない。
    [ 2016/05/27 17:24 ] [ 編集 ]
  413. 海外にもビンテージを好むマインドがあるじゃん。
    皮製品の使い込んだことによる味わいとか、古着のぼろさとか、パッチワークとかさ。
    それと同じことと思うが。
    [ 2016/05/27 21:34 ] [ 編集 ]

  414. 日本の考え = 物には神が宿る

    西洋の考え = 神はわたしのもの
    [ 2016/06/04 02:24 ] [ 編集 ]
  415. 初めて何に感動しているのか分からなかったわ
    自覚していない部分がまだまだあるっぽいの
    [ 2016/06/04 06:16 ] [ 編集 ]
  416. だからというて、一度クソ拭いた紙を乾かして
    もう一度使うというのとは根本的に違いますからね。
    [ 2016/06/09 00:00 ] [ 編集 ]
  417. そういえばあの明智光秀の奥方は、結婚前に疱瘡を患い、
    命は助かったけど顔に大きな痕が残ってしまったらしい。
    両家の婚儀が破談になるのを恐れた奥方側の家は、顔がよく似た
    奥方の妹を身代わりにたて、婚儀に臨んだそうだよ。
    でも光秀はすぐに気づき、本人はどうしたかと聞いた。
    奥方の両親はやむなく事実を話し、代わりに妹を娶って欲しいと
    頼んだという。
    だが光秀は妻に迎えたいのは彼女自身だと答えたそうだ。
    こうして夫婦になった2人、とても仲睦まじかったそうだよ。
    身体の傷跡に言及したコメが結構あったので、こんなエピを
    ちょっと入れたみた。
    [ 2016/06/11 10:20 ] [ 編集 ]
  418. 物を大事にしてる人は、作った人の気持ちも大事にします。

    人も大事にしてくれる。

    使い捨ての様に派遣社員をこき使う奴等は、人の気持ちなんざわからん。儲かるか儲からないかの違いは、よくわかるらしい。
    [ 2016/06/14 20:40 ] [ 編集 ]
  419. 諸行無常的なものも感じる
    壊れぬものはない、壊れたことをなかったことにしないことで何か仏教的な神秘も感じるというか
    俺は特に信心深い方でも無いけどw
    [ 2016/06/25 04:20 ] [ 編集 ]
  420. ジーンズもウォッシュアウトとかダメージド愛用してるじゃないの、
    あなたたちも………。
    そんなに特殊じゃないよ?と思いました。
    [ 2016/07/06 16:18 ] [ 編集 ]
  421. チョンがこんな文化持つわけない。
    自分の子供ですら障害者だったら捨てる民族だよ?
    パラリンピック放送したら「気持ち悪いもの放送するな!」って抗議が殺到するような連中だよ?
    壊れた茶碗とか”ぽいっ”に決まってるじゃん。
    [ 2016/07/18 15:21 ] [ 編集 ]
  422. 海を渡ってきた高価な物品が壊れちゃって、もったいないから、なんじゃないかな。
    [ 2016/07/19 13:52 ] [ 編集 ]
  423. リサイクルより、リユース、リデュースこそ推進するべきだな。
    [ 2016/07/29 23:59 ] [ 編集 ]
  424. ※17
    朝鮮の歴史で金氏の歴史を知ってますか
    もともと金氏は倭人だったんですよ
    [ 2016/07/30 01:07 ] [ 編集 ]
  425. コメント日本を美化しずぎww
    逆に怖くなる。

    実際日本に来て、夢、思いを壊された人の方が多くないことを願いします。
    [ 2016/08/07 18:02 ] [ 編集 ]
  426. スカーフェイス「この傷は治療しねえ。」
    [ 2016/08/11 23:49 ] [ 編集 ]
  427. 金継ぎは唯一無二の川の流れ(地図とかの)みたいで恰好いい!と思ってたけど

    「傷の肯定だ」「自分の心や体の傷跡も歴史として愛せる気分」みたいなコメントにはビックリした。
    そこまで考えてなかったけど、「この傷があるから今の自分なんだ」って思えるのはいいよね。

    絶対当時の日本人もそこまでの精神性でやってた人少ないと思うけどww(ヒビ跡・割れ跡消せねえわ〜同じ色で埋めてもバレバレだし…いっそ違う色で埋めたらオシャレじゃね?的な)
    [ 2016/08/18 17:27 ] [ 編集 ]
  428. ただの復元じゃない。金継ぎという新しいデザインで持って復元するところがミソ。
    [ 2016/08/24 14:42 ] [ 編集 ]
  429. 志野のお猪口を割ってお世話になったことがあるw
    高価な食器を割った精神的ダメージを前向きに癒してくれるんだよ
    [ 2016/09/29 05:46 ] [ 編集 ]
  430. 「もったいない」という精神文化がある国だしね。
    基本的に貧しい国だったから物を粗末にせず徹底的に活かす工夫がこういうものを生んだんだと思う。
    今現在そういう精神が生きてるのかは疑わしいけど。
    [ 2016/09/30 08:32 ] [ 編集 ]
  431. 金継ぎの話にチョン太郎が割り込んでくるんだよ。チョン太郎の技法と言えば糞と泥を混ぜ混ぜした糞壁技法があるじゃないかw世界遺産に申請しろやwチョン太郎ってどいつもこいつも育ちの悪さがにじみ出ているよなwまともなチョン太郎てみたことないよw
    [ 2016/10/01 13:07 ] [ 編集 ]
  432. ダメージジーンズや傷だらけのブーツ
    [ 2016/11/10 04:46 ] [ 編集 ]
  433. 壊れたから買い替えるってわりと最近なんだよね
    昔は何でも直して使っていたと誰か言ってた気がする
    [ 2016/11/13 17:58 ] [ 編集 ]
  434. すまん、金継ぎて今日までしらなかた

    [ 2016/11/22 18:35 ] [ 編集 ]
  435. 日本で嘘八百なんて意味ないよ
    たとえ基本的な技術が朝鮮はありえないから中国から来たとしても
    技術を発展させ昇華させて別物になってるんだから日本の文化だよ
    てか他国に影響をうけなかった国なんて存在するの?
    [ 2016/12/17 06:16 ] [ 編集 ]
  436. 金接ぎって別に修復のためだけじゃねえしなぁ
    [ 2017/02/19 19:53 ] [ 編集 ]
  437. 昔のヤクザは刀傷を人を恐れさせる事に使う。
    [ 2017/05/20 05:58 ] [ 編集 ]
  438. まー、今や日本も完全に大量消費国家でしかないけどな。

    使えるものでも簡単に捨てるし。引越しの度に大量にものを捨てるし。

    毎日毎日、物凄い量の食糧を廃棄しているしな。まだ全然食べられるものなのに。「安心・安全・品質」が何よりも大事になっちゃって、大量にものを捨てるのが当たり前になっちゃってる。

    外国人が誉めてくれる日本人の精神性って、実は結構「昔のはなし」ってことが多いよな。何故かホルホルしてる現代日本人が多いけどさ。現実を知らないんだろな、両方。

    [ 2017/07/24 05:15 ] [ 編集 ]
  439. 何と言うか、すごい勘違いされてる気がする。

    金継ぎしてまで残すのは、とっても良い(価値がある)ものだけ。
    そういうモノだと、金継ぎのでこぼこを味だとして評価出来る。
    100均で売ってるような二束三文のは、いくらなんでも金継ぎしてまで残さないよ。
    そういうのは使い捨て枠。
    エコだって言ってる人がいるみたいだが、大いなる間違いだから。
    [ 2017/08/29 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング