パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本史にハマりそう…」 信長に仕えた黒人サムライの存在に外国人が感動

今回は、織田信長に仕えた黒人のサムライ、弥助に対する反応です。

弥助はイタリア人宣教師のヴァリニャーノがインドから連れてきた召使いで、
出身地は現在のモザンビークだとされています。

ヴァリニャーノが信長に謁見する際に共に連れて行ったところ、
初めて黒人を目にした信長は、肌に墨を塗っているものと思いこみ、
目の前で体を洗わせ、それでようやく弥助の肌が黒いことを信じました。
弥助に興味を示した信長は、彼を正式な武士の身分に取り立て、
私宅と腰刀を与え、後々には城主にしようとさえ考えていたそうです。

本能寺の変の際には弥助も本能寺に滞在しており、明智軍の襲撃に遭遇。
信長の落命後二条城に移り奮戦するも、明智軍に捕縛され南蛮寺に送られます。
その後の弥助の消息については、残念ながらまったく分かっていません。

日本人にとってもロマンを感じる興味深い物語ですが、
外国人、特に黒人の方々は、大変な感動を覚えていらっしゃいました。

海外「日本人は何てラッキーなんだ!」 日本人のルーツに外国人も興味津々

nobunaga yasuke




翻訳元




■ 黒人のサムライがいたなんてとんでもなくクールじゃん! +10 アメリカ




■ 黒人には偉大な歴史があったんだな。
  この歴史を隠そうとする勢力がいるのも理解出来る。 アメリカ




■ ノブナガ・オダって、魔王って呼ばれてる人だよね……。 シンガポール




■ こんな歴史が存在したなんて知ってた人いるか? +10 アメリカ




■ この記事、ブックマーク直行でした。 +14 アメリカ




■ ヤスケって名前の響きがカッコイイ。 +1 国籍不明




■ 16世紀にはグローバリセーションが始まってたわけか。 +1 タイ




■ 本物のアフロサムライが存在してたとはね。 +10 インド




■ ポルトガルの宣教師と一緒に来た可能性が高そう……。 +1 イタリア

「ポルトガル人だから種子島に行きたい」 外国人が語る『日本の好きな場所』




■ "猿さん"、つまりヒデヨシの部下だと勘違いしてたわ。 +1 インドネシア




■ オーマイガーッ、これマジなのか!!!!
  俺こういう話、大好物なんだよ! +3 アメリカ




■ 俺たちも世界を旅してたわけだったんだね。 +2 ナイジェリア




■ 黒人におけるラストサムライじゃないか。 +2 オランダ




■ 記録に残っている唯一の人ってことだよね。
  でも当時の日本に渡った黒人は実際には彼だけじゃないと思う。 カナダ




■ この事実を知った後、3時間くらいヤスケの情報を調べてた。
  久々の大感動だ。日本史にハマっちゃいそうだよ……。 フランス




■ アフリカ人のサムライか。
  あの時代にどうやって日本に渡ったのか気になる。 アメリカ




■ 映画化してくれよ。
  ラストサムライより良い映画になる気がする。 +1 ブラジル

海外「映画より面白い」 ラストサムライの史実に外国人興味津々



   ■ うん、この人の人生はその価値があると思う。 国籍不明



■ 俺たちは色んな舞台で活躍してたんだな! +3 アメリカ




■ 何で俺はこんな話を今の今まで知らなかったんだ! +7 アメリカ




■ 私たち黒人も、昔からグローバルだったんだ!!!! +6 アメリカ



 
■ 「名誉」の意味を知るのに人種は関係ないってこった。 アメリカ




■ 日本の歴史の中でも一際興味深い事実だと思う。 +4 イタリア

海外「日本史面白い!」 鉄砲伝来から開国までの流れに外国人感激




■ ロード・ノブナガと共に命をかけて戦った、
  リアルアフロサムライの物語ってわけだ。 +4 ギリシャ




■ 初の黒人サムライ、ヤスケ。
  彼は宣教師によって日本に連れていかれたわけだけど、
  奴隷だった彼は、高名なオダ・ノブナガに仕えることになった。
  ヤスケはノブナガの敵と戦った経験すらある。
  その勇気はサムライの称号に値したってことだよね。 +7 アメリカ



   ■ アフリカ人は色んな世界にいた。
     奴隷制度が黒人を世に知らしめたわけじゃない。 アメリカ



      ■ その通り。だけどアメリカの歴史教科書やメディアは、
        俺たちをただの奴隷に過ぎなかったと考えている。 アメリカ



■ こういう歴史があるから、俺は日本に惹かれるんだ……。 +4 アメリカ




■ ただ彼の鎧や遺品がどうなったかは誰も知らないんだよ。 +1 国籍不明

海外「日本の鎧カッコイイ!」 サムライの甲冑が外国人を魅了




■ この人はアフリカ人の誇りだね。 +2 ナイジェリア




■ アフリカと日本を繋ぐ物語。
  なんでこんな話があまり知られてないんだろう。 +4 国籍不明




■ 俺たちが世界中で活躍していたことを証明する事実! +22 アメリカ




■ 同じ黒人として彼の存在をとても誇りに思うよ。 +4 アメリカ




■ たとえ彼を保護してくれた人だとしても、
  オダってどうも好きになれないんだよなぁ。 アメリカ
 



■ 素敵な情報! 歴史の授業でもっとこういう話を知りたいw
  そうすればもっと勉強に身が入ったはずなのに。 アメリカ




■ ノブナガの時代に既に交流があったのか……。 +3 フランス

海外「信長は世界最高の大将」 長篠の戦いに外国人も興味津々




■ 子供の頃サムライを愛するあまりサムライになりたいって思ってたけど、
  それにはちゃんと理由があるはずだと思ってたんだよ。
  ……俺にもきっとサムライの血が流れてる! +3 アメリカ




■ モザンビークのサムライが日本に住んでいたなんて知らなかった。
  何歳になっても、新たなことを学ぶ事が出来るんだね。 +3 ザンビア






黒人の侍が存在したという事実に殆どの黒人の方が興奮されていましたが、
それ以上に、自分たち(の先祖)も世界の歴史に影響を与えていたんだ、
ということに感動し、また大きな誇りを感じていらしたようでした。


関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2016/04/09 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(600)
Powered By 画RSS
  1. 信長は良いものは人も物も認める人柄だったし
    ヤスケは真摯に働く人物だったんだろうな
    [ 2016/04/09 23:03 ] [ 編集 ]
  2. >黒人には偉大な歴史があったんだな。
    >この歴史を隠そうとする勢力がいるのも理解出来る

    いや、それは違うだろ。
    世界中、他国で立身出世目指して仕官したなんてありふれた話で、黒人だったから日本では珍しかったので記録に残ったけど。
    消されただの何だの被害者妄想強すぎ。

    ヤスケはその後、主人の危機に役に立たなかったってことで、ポルトガル商人に返却されたはずだ。なんかなぁ…少しでも自慢できそうなことなら100倍にも誇張して盛り盛りにしようとする感じがイヤだ。
    坂上田村麻呂は黒人説とか、特ア並みの粘着性あるし。
    [ 2016/04/09 23:06 ] [ 編集 ]
  3. 戦国末のころ九州にも黒人の侍がいたって話があったような?
    [ 2016/04/09 23:06 ] [ 編集 ]
  4. 世界初の奴隷解放は信長であったのかも。
    紀州人としてはいけ好かん武将やけど
    功績は讃えたい。
    [ 2016/04/09 23:07 ] [ 編集 ]
  5. 世界は遙か古代から現代人が思うより繋がっているのだ
    [ 2016/04/09 23:08 ] [ 編集 ]
  6. 日本一アフロが似合うのはいかりや長介だ。
    [ 2016/04/09 23:09 ] [ 編集 ]
  7. ※2
    ウィキには>その後の弥助の消息については、史料に現れないために全く分かっていない。と書いてあるんだが
    ポルトガルに返還された云々は信用できる一次資料でもあるんかい?
    [ 2016/04/09 23:10 ] [ 編集 ]
  8. わりと有名な話だと思ってたわ…。
    [ 2016/04/09 23:10 ] [ 編集 ]
  9. この頃の日本人は、あまり南蛮人を白いとは思ってたのかな。どちらかといえば、彼らは赤い、という印象を受けたフシがある。赤鬼のように。
    [ 2016/04/09 23:10 ] [ 編集 ]
  10. たった3分ですごい書くな
    [ 2016/04/09 23:11 ] [ 編集 ]
  11. 領地をもらう予定だったけど、信長の死後にモザンビークに帰ったかもしれないんだよね。
    モザンビークになんとなく日本を思わせる言葉と習慣があるってテレビでやってたわ。
    [ 2016/04/09 23:11 ] [ 編集 ]
  12. まぁ嘘なんですけどね
    [ 2016/04/09 23:12 ] [ 編集 ]
  13. 日本に奴隷制度がなかった証
    白人のやってきたことは最低だぜ
    それを第2次大戦でウマイこと日本をスケープゴートにして誤魔化しやがった
    [ 2016/04/09 23:13 ] [ 編集 ]
  14. この話すごく好きだったからアフリカの人たちが知ってくれて嬉しいな
    [ 2016/04/09 23:13 ] [ 編集 ]
  15. しれっとそこはかとなーく白人が歴史修正をしていてワロタ
    [ 2016/04/09 23:13 ] [ 編集 ]
  16. へうげで初めて知ったわ
    劇中の雰囲気は好きだったな
    [ 2016/04/09 23:14 ] [ 編集 ]
  17. 夢枕漠だっけ?
    この話のその後を書いてたよね
    大帝の劍だったかなぁ
    [ 2016/04/09 23:14 ] [ 編集 ]
  18. 宣教師という体の奴隷貿易
    [ 2016/04/09 23:14 ] [ 編集 ]
  19. ある意味当時の黒人さんは一番グローバルだったんじゃないかな。
    奴隷貿易で大型船に荷物のように詰め込まれたりして世界中バラけたし。。
    [ 2016/04/09 23:15 ] [ 編集 ]
  20. ※4
    日本史やれよ…奴隷廃止も、奴婢売買禁止も、もっと昔にやってるよ。
    [ 2016/04/09 23:16 ] [ 編集 ]
  21. さすがにサムライは言いすぎ。ベビーシッターだな。ただ、気に入ってたのはマジ
    [ 2016/04/09 23:18 ] [ 編集 ]
  22. ※13

    制度としての奴隷制はなかったけど
    日本でも奴隷は普通にいたけどな
    [ 2016/04/09 23:20 ] [ 編集 ]
  23. 水戸黄門の助さん格さんのどっちかも黒人じゃなかったっけ?
    [ 2016/04/09 23:21 ] [ 編集 ]
  24. ※20
    「黒人の」奴隷解放。
    抜けてたスマソ
    [ 2016/04/09 23:21 ] [ 編集 ]
  25. ※6
    高木ブー「・・・・・・」
    [ 2016/04/09 23:23 ] [ 編集 ]
  26. 裸にして洗ってみて色落ちしないから了解、って
    ものすごく率直で好きなんだ。信長の好奇心と探究心。
    [ 2016/04/09 23:23 ] [ 編集 ]
  27. 大河ドラマ見ていたらちょくちょく出てくるから知ってた。
    目立つのに消息不明になったと言うところが解せないね!

    そういう視点からも戦国時代のとんでも理論にロマンを感じます!
    [ 2016/04/09 23:23 ] [ 編集 ]
  28. ※3
    あの時代でも貿易商の奴隷としてかなりの黒人が日本に来てるから
    [ 2016/04/09 23:25 ] [ 編集 ]
  29.  
    ※2
    本能寺の変以降、南蛮寺協会堂から誰の手によって返却されたのかkwsk
    [ 2016/04/09 23:28 ] [ 編集 ]
  30. アルカニダ
    これで低級な黒人がアフリカから押し寄せるのはかんべんな。
    [ 2016/04/09 23:29 ] [ 編集 ]
  31. ※17
    懐かしい、映画観に行ったわ
    阿部ちゃんのやつ
    [ 2016/04/09 23:30 ] [ 編集 ]
  32. 信長ぐらい破天荒な人物なら城主にするつもりだったてのも本当にありそうだ、期待を裏切らない限りは。
    [ 2016/04/09 23:31 ] [ 編集 ]
  33. キリスト教の禁止にしたって
    宣教師についてきた奴隷商人が
    日本人をかどわかして
    売り飛ばそうとする事案が多発したってのもあるんだよね
    [ 2016/04/09 23:31 ] [ 編集 ]
  34. これって嘘って証明されたはずだが?
    [ 2016/04/09 23:31 ] [ 編集 ]
  35. #23
    どこでそんなパロディを見て、
    かつ信じるあほうになってんだよ…
    だから韓国人が調子ぶっこいて、
    嘘八百世界にバラ巻くんだろが。
    [ 2016/04/09 23:32 ] [ 編集 ]
  36. 信長が赤毛人の「奴隷」制度を嫌悪していたこともあるんだろう。
    信長の目も高かった。奴隷にされていても誇りの高さを見て取っ
    たというところか。
    [ 2016/04/09 23:33 ] [ 編集 ]
  37. >ヤスケはその後、主人の危機に役に立たなかったってことで、ポルトガル商人に返却されたはずだ。
    そんなソースはないだろ
    弥助は普通に二条城で戦ったし落城後明智に見逃されて除名されたとこまでしかわかってない
    本能寺にしろ二条城にしろ1家臣がどうにかできる状況じゃないし役に立つも立たないもねーもんだ
    お前こそなんか黒人に恨みでもある人種差別の在日かなんかじゃないのか
    [ 2016/04/09 23:33 ] [ 編集 ]
  38. スペインにはハポン姓で蒙古斑のある人たちがいる、とか聞くのと同じようにワクワクする
    [ 2016/04/09 23:34 ] [ 編集 ]
  39. 信長は何事も自分の目で見て確かめないと気が済まなかったみたいよねw
    光秀は弥助の命を取らずに教会に返したそうだけど、
    また奴隷生活だよね。どこかでのたれ死んだのかね…
    国に帰れたってのは夢のある話だけど当時の航海事情じゃ白人の船に乗るしかないから無理だろう
    [ 2016/04/09 23:34 ] [ 編集 ]
  40. ※11
    「世界ふしぎ発見」で見た。
    モザンビークでは「ヤスフェ」というのが男性によくある名前なので
    弥助の本名は「ヤスフェ」なのではないかとか、祭りで踊るときに着る
    「キマウ」という衣服が「着物」から来ているのではないかとか、
    いろいろやってて興味深かった。
    [ 2016/04/09 23:34 ] [ 編集 ]
  41. 武田とか身代金払えない捕虜は奴隷としてうっぱらったりしてたんじゃなかった?
    珍しいから側に置いてただけのような気がするが
    [ 2016/04/09 23:36 ] [ 編集 ]
  42. 1週間後くらいに黒人のニンジャも居たって話になってそう
    [ 2016/04/09 23:36 ] [ 編集 ]
  43. ネタ不足のハリウッドが飛びつきそうな話じゃないか。
    [ 2016/04/09 23:37 ] [ 編集 ]
  44. 名無しさん
    「墨塗ってんじゃないか」って洗う時
    悲鳴上げるくらい強く入念にこすったのは正直スマンカッタ

    そして本能寺にいたのに「お前は無関係だから」って
    逃がしてやる明智軍も素晴らしい。
    [ 2016/04/09 23:37 ] [ 編集 ]
  45. ヤスケが信長に仕えてた期間は1年ちかくあるんだし
    話膨らまして映画にしたら人気出そうなのにね
    [ 2016/04/09 23:38 ] [ 編集 ]
  46. >■ ノブナガ・オダって、魔王って呼ばれてる人だよね……。 シンガポール

    氏名を逆にするのは明治以降の政策であって、明治以前の人物は氏名を逆にしないのが習わしです。
    例えば徳川家康はイエヤス・トクガワではなくトクガワ・イエヤスです。
    元は海外の人たちに合わせようと氏名を逆にしていましたが、近年は海外の人たちも名簿上はファミリーネームを先にした名簿が多い事や、海外に合わせて氏名を逆にするのは日本とハンガリーくらいだという事などから、あえて氏名をそのまま表記する個人、組織が増えています。
    例えば日本サッカー協会は氏名をそのまま表記し、国際舞台で日本の文化を広める良い機会としています。
    [ 2016/04/09 23:39 ] [ 編集 ]
  47. 別に消された歴史では無いなw
    単に、期間が短いw

    ヴァリニャーノが弥助を伴い信長に謁見したのが、1581年3月。
    翌年6月には本能寺の変。

    そりゃあ、信長公記などの記録も少ないですし、日記などに残るものも少ないですし、イエズス会の書簡も信長に雇われる経緯くらいしか記録してませんわ(本能寺後の不確かな記録もね)。
    [ 2016/04/09 23:39 ] [ 編集 ]
  48. 僧祇奴(ザンジュ)、崑崙奴と古代から東アジアにも来てるんですけどね。
    [ 2016/04/09 23:40 ] [ 編集 ]
  49. 33
    むしろ大名がこぞって領民奴隷として売り払ってたレベル
    キリスト教禁止はお膝元で別の宗教の布教はやめろってだけなのが逆らった宣教師がいて処刑に至った
    [ 2016/04/09 23:41 ] [ 編集 ]
  50. 本文中に取り上げられてる(おそらく)アフリカ系アメリカ人の方々のコメントが、
    “日本人の先祖は我々(の民族)”と特アの人々がやってるのと同じようなニオイがしてゲンナリしてしまいました…
    [ 2016/04/09 23:42 ] [ 編集 ]
  51. そりゃそーよ。
    元々日本には人種差別なんて無いからな。
    礼儀と価値観が違う外国人を軽蔑し避けることはするけど、それは人種差別とは違う。
    [ 2016/04/09 23:43 ] [ 編集 ]
  52. マジで映画化決定事案なんだけどな弥助って
    信長と絡んでるとこがまたいいじゃん
    イスラムで頑なに飯は手で食ってたとか
    信忠とかすげー懐いてたとか
    [ 2016/04/09 23:44 ] [ 編集 ]
  53. ※50

    全然そんな風には感じないな。似たような感じのコメがちょこちょこあるけど、ウヨク役のバイトですか?。
    [ 2016/04/09 23:44 ] [ 編集 ]
  54. 弥助が織田信長の生首を持って逃げたていう噂もなかった?
    [ 2016/04/09 23:46 ] [ 編集 ]
  55. >2
    一人でどうしろと・・・

    それはともかく、

    >>ヤスケはその後、主人の危機に役に立たなかったってことで、ポルトガル商人に返却されたはずだ。

    これの資料教えてください。
    [ 2016/04/09 23:48 ] [ 編集 ]
  56. 信長は自分以外の人間に対しては極めて公平に接して大偉人だよな
    あの最期を迎えることによって自分にさえ公平に終わった
    素晴らしい
    [ 2016/04/09 23:48 ] [ 編集 ]
  57. 弥助や宣教師関連中心だと信長のカワイイ面強調した映画とかになりそうだなw
    ・金平糖すきすぎておねだり
    ・献上品の時計めっちゃ欲しいでも壊したら直せない(´・ω・`)で宣教師に返す
    ・貧乏宣教師からの献金なんてオレの格が下がるわ!(で逆に資金援助)
    その映画では明智光秀のはげ頭をネタに家臣とキャッキャしてたらキレられたって動機になるんだろうがw
    [ 2016/04/09 23:48 ] [ 編集 ]
  58. たしかに弥助のテレビドラマはあっても面白そうだけどね
    宣教師の奴隷から信長の家臣という成り上がりっぷりも受けそうだし
    黒人という題材が難しそうではあるけどさ
    [ 2016/04/09 23:49 ] [ 編集 ]
  59. 信長の身辺には白人も何人かちょこちょこ居たからな、宣教師だったり船乗りだったり
    漂流したイスパニアの軍人まで居たとかいう話もあるぞ
    [ 2016/04/09 23:49 ] [ 編集 ]
  60. 相撲が好きで好きで
    今の相撲のルール作ったり
    月二回大会開いて優勝者を家臣に召し上げたり(やっぱり本能寺で運命を共にしてる)
    信長のおもろいおっさんの面が好き
    [ 2016/04/09 23:50 ] [ 編集 ]
  61. ※30
    お前はそれを見極めるだけの目を持っているのかよwww
    うっぜー
    取りあえずゴミ以下ののコメントしかできないやつが何言ってもキモイだけだよ。
    人を人種で分けて「白人様~」とか思って、小ばかにすることしかできない、お前自身が朝鮮人だろ。
    [ 2016/04/09 23:52 ] [ 編集 ]
  62. ■ ヤスケって名前の響きがカッコイイ。

    ボビーオロゴンにヤスケとか名前付けてみ
    名前呼ぶたびに噴出しそうになるからwwwwwwwwwww
    白人スミス→鉄
    ブラジル人ニコラス→ケイジ
    こんな感じで友人の外人さんに和名つけて読んでるんだが
    毎度、仇名呼ぶたびに吹きそうになるw
    [ 2016/04/09 23:53 ] [ 編集 ]
  63. 自称魔王ってのも
    信玄「仏僧焼き討ちとかマジかよ」
    信長「オレアイツらに重臣襲われてころされてんだけど」
    信玄「オレ天台宗座主だからマジゆるさねえ」
    信長「はー!じゃあオレ魔王名乗ったるわ」

    フロイス「メモったかんな」
    黒歴史でござる
    [ 2016/04/09 23:53 ] [ 編集 ]
  64. 興味をもった人間をそこまで叩かなくてもいいんじゃないか?
    始めて知ったんだろうし。
    興味を持ったならあとは自分で調べるさ。
    [ 2016/04/09 23:53 ] [ 編集 ]
  65. 信長は才覚のないものは近くに置かなかったろう
    聡明な人だったんだろうな
    [ 2016/04/09 23:55 ] [ 編集 ]
  66. 黒人だけじゃなく日本人も色んな国に奴隷として売買されてたんだぜ
    [ 2016/04/09 23:55 ] [ 編集 ]
  67. で黒人の子孫は居ないの?
    [ 2016/04/09 23:56 ] [ 編集 ]
  68. ※62
    その外国人を友人と思ってるのはお前の方だけだろうな
    [ 2016/04/09 23:57 ] [ 編集 ]
  69. 彌助(やすけ)は、天正9年2月23日(1581年3月27日)、イタリア人の宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノが、信長と謁見する際、奴隷として連れて来られた。
    モザンビークのマクティというマクア人の村では、顔に白塗りをして日本の着物(キモノ)と発音が似たキマウを着て踊る祭りがある。モザンビーク島のマクア人の間で「ヤスフェ」名が男性によくある名前である。ヤスフェ、ヤスフェ、ヤスフェヤスフェヤスフェ>ヤスケ
    [ 2016/04/09 23:58 ] [ 編集 ]
  70. ※61
    お前みたいなコメントが、ホント一番うざいわ
    このコメントも含め(笑い)
    [ 2016/04/09 23:58 ] [ 編集 ]
  71. 今ならゾマホンが弥助役でコメディ物作れそうだけど
    テーマ的に笑いを絡めて作るのは難しいんだろうな。
    [ 2016/04/09 23:59 ] [ 編集 ]
  72. 子供の時に本で読んだけど・・・たしかバターになっちゃた人だよね
    [ 2016/04/10 00:00 ] [ 編集 ]
  73. ※49
    こぞってと言うのはどうかな。
    しかも自領の領民ってのは聞かんな。ソースあるならよろしく(有馬氏?)。
    敵領地から、懲罰で、と言う話は出てくるけどね。
    しかも捕えた人間を身内に買い戻させたりとかいうのもあるし。
    ヨーロッパでもそうだが、自作農が増えると労働力(農奴)としての奴隷需要が減る(古代と中世の違い)。
    海外植民地でプランテーションが始まると(16世紀もそうだが、特に17世紀以降)、一気に奴隷需要が高まるけどね。
    [ 2016/04/10 00:01 ] [ 編集 ]
  74. ※65
    当時平均身長が150後半のなかヤスケは180後半と推測されてるからね
    それなりに無双してたはずだよ
    実際に最期の冒険となった本能寺戦でも戦い抜いて二条へ転戦できてるわけだしね
    [ 2016/04/10 00:02 ] [ 編集 ]
  75. 弥助は一番大きな功績は信長の実際の顔を型取って残したことだよな。
    それは今は愛知県の寺院に眠ってるらしいね。
    [ 2016/04/10 00:02 ] [ 編集 ]
  76. 何年も日本に居てからなら兎も角、そうじゃないなら日本語判らないから通訳付けてたの?
    [ 2016/04/10 00:02 ] [ 編集 ]
  77. 物語にしてほしい(映画・小説)とは思うけど、いくらなんでも
    全半生と本能寺後の消息が不明すぐる…。
    [ 2016/04/10 00:03 ] [ 編集 ]
  78. あの時代黒人って意外に多く記録に残ってるよね
    [ 2016/04/10 00:04 ] [ 編集 ]
  79. ※73
    おかしくね?中世って東洋西洋問わず荘園経済の発展した時期
    なんだからもっとも農奴とか必要とする時期だぜ?
    近世の奴隷はまた別だが
    [ 2016/04/10 00:04 ] [ 編集 ]
  80. 知ってる人がカキコしてるにしても、外国人でなんでオダとか知ってんだ?そっちのほうが驚くわ
    [ 2016/04/10 00:05 ] [ 編集 ]
  81. ※9
    真昼間に向こうから顔の赤い酔っ払いが来たと思ったら
    白人のおっさんだった事があるw
    [ 2016/04/10 00:05 ] [ 編集 ]
  82. ※77
    二条で討死エンドでも俺たちの冒険はこれからだエンドでもいいんじゃね
    そこへ行くまでにたっぷり歴史ネタあるからオニギリで全部解決するクソ大河にはならんかと
    [ 2016/04/10 00:06 ] [ 編集 ]
  83. 黒人奴隷を買い取って、十人並みの人間に調教してやったはじめての人が信長配下の日本人ってだけの話。
    [ 2016/04/10 00:06 ] [ 編集 ]
  84. 渡辺謙とウィルスミスで映画化すればヒットすると思うの
    [ 2016/04/10 00:06 ] [ 編集 ]
  85. 米69
    なにそれすっごいロマンがある
    もし国に帰ってたとしたら当然何か伝えてるよなぁ
    [ 2016/04/10 00:07 ] [ 編集 ]
  86. 確かに、奴隷になる経緯とか信長との交流とか創作の入る余地が多いし映画化したら面白そうだな。
    本能寺の変の生き残りという意味でも面白い存在だし。
    [ 2016/04/10 00:08 ] [ 編集 ]
  87. >映画化してくれよ。ラストサムライより良い映画になる気がする。

    完全に、人種差別になるから出来ないよ。
    ラストサムライの様な、白人英雄伝の捏造映画なら作れるけどね。

    宣教師は、マカオでやってはいけないことをやってたからな。
    真実が知られると困るのはキリスト教徒なのは間違いないわ。
    日本人もマカオに連れて行かれいるし。人種の坩堝ってのはそのせい。

    ちなみに、弥助はサムライでは無くて、付き人だよ。
    それ故に、戦争には駆り出されてない。
    よって、捕えられた後は、お役御免で出国したと思うけどね。
    日本の侍は、関係の無い者は処罰しないし。彼は白人ではない。
    当時、日本人が怖がったのは、侵略だからね。
    弥助は宣教師ではなく、奴隷だから国外追放しても問題ないし。
    多分、東南アジア辺りにいたのでは?
    ザビエルや高山右近なども、そっちに渡ってるよ。
    [ 2016/04/10 00:08 ] [ 編集 ]
  88. ※70
    チュンチョントンキン乙―――wwwwwww
    取りあえず差別していればOKみたいな民度はお前らしかいないわ―――
    語呂少ない中学生かよ。
    自分のコメントにピンポイントとかきもすぎーwww
    [ 2016/04/10 00:08 ] [ 編集 ]
  89. いやこの人の話はかなり昔から有名だったし。
    学校の授業で先生が話してくれた。今から40年くらいも前だ
    むしろ外国で今まで知られてなかったことに驚く
    [ 2016/04/10 00:10 ] [ 編集 ]
  90. 南蛮屏風には、宣教師や商人と一緒に黒人さんいっぱい描かれてる。膨らんだズボンカラフルな洋服やヒダのつけ衿付けて。
    弥助もああいう中の一人だったんだろね。

    信長に雇われたんだから、想像を膨らませれば、弥助視点のドラマぐらい作れるだろう。
    [ 2016/04/10 00:11 ] [ 編集 ]
  91. 阿倍仲麻呂が努力して、人柄も良く、大唐国の朝廷で重用され、李白ほか優れた人々に愛された、
    ときけば、いやな気持ちになんかなるはずがない
    弥助の逸話もそうだろう
    勇気と励みのもとにもなる史実だからな
    [ 2016/04/10 00:11 ] [ 編集 ]
  92. ※68
    お前友達居なさそうと言うかキモ過ぎ
    外でて人付き合いしたこと無いだろwwwwwwwwwwwwww
    人間つーのは自分が如何思うかだけで良いんだよ
    結局、相手が何考えてるかなんて理解なんて出来ないんだから
    自分が遣りたいと思って遣ってる事が相手の好みと合致すれば息が合うし
    それが受け付けないなら離れていくだけ
    大切のは自分が如何したいか如何感じるかだ
    ちなみに相手も和名の仇名喜んでるぞwwwwww
    仇名で呼び合うとかした方が打解け安いからな
    [ 2016/04/10 00:12 ] [ 編集 ]
  93. >アフリカ人のサムライか。
    >あの時代にどうやって日本に渡ったのか気になる。 アメリカ

    奴隷として連れて来られたって所はすっかり抜けるんか?
    [ 2016/04/10 00:12 ] [ 編集 ]
  94. 信長は、林秀貞や佐久間信盛など、使えない人間は躊躇なく追い落としたし、明智に関しては性格上、相性はもっとも最悪で禍根を後に残した。
    信長はヤスケに何かの輝きのようなものを感じたのかもな。
    それが才だったのか、友情のようなものだったのか、今となっては知りようもないが。
    [ 2016/04/10 00:13 ] [ 編集 ]
  95. 信長って本当に面白い人間だよな
    [ 2016/04/10 00:15 ] [ 編集 ]
  96. 弥助が取り立てられたのは、珍しいもの好きもあるけど黒人らしく身体能力が優れていたからでしょ
    記録にも残ってるし
    逆に光秀はもう戦も辛いお年頃…お払い箱になるのも時間の問題だった
    [ 2016/04/10 00:19 ] [ 編集 ]
  97. 信長=渡辺謙、弥助=ウィル・スミスで映画化決定!
    [ 2016/04/10 00:20 ] [ 編集 ]
  98. トムクルーズがその気になれば、黒人のサムライを主人公に映画とれそうだな。トム本人は宣教師でも良いし、またサムライになっても良かろう。三浦按針の時代をずらして、信長に接触させれば良い。
    [ 2016/04/10 00:20 ] [ 編集 ]
  99. 水戸黄門の黒人家臣は?
    [ 2016/04/10 00:21 ] [ 編集 ]
  100. ※89
    弥助が何かをしたってわけでもないし、外国のちょっとした面白エピソード程度の話なんて普通は知らんだろ。
    [ 2016/04/10 00:22 ] [ 編集 ]
  101. 「YOUは何しに」で、ボビーが彼の謎を解き明かす旅をすれ良いのに
    [ 2016/04/10 00:22 ] [ 編集 ]
  102. 日本には現代人が言うような意味の典型的な奴隷「制度」は一度も存在していない(もちろん私的な犯罪行為は別)。
    奴隷に似た制度としては、魏志倭人伝などに言う「生口」というのがあったが、これはいわゆる奴隷ではない。当時のシナには肉体労働者などいくらでもいたのであり、言葉の通じない日本の下級労働者など送っても有り難い存在ではなかった。「生口」の実質は生きた人間であることは間違いないだろうが、その実質はよく分からない。
    また、律令制下において、シナに習って「五色の賤」というのが置かれたが、これは口分田も与えられる存在であり、全く人格を持たない動物扱いの奴隷ではない。
    近世の年季奉公や娘の身売りも、確かに逃げられない状態には置かれたが、一種の契約自由の法則だとも言え、、娘を一定期間働かせることにより親が何らかの利益を受けるといったもの。これを奴隷と言うなら、会社を辞めたら飯が食えなくなる多額のローン負債者も奴隷ということになろう。奴隷かどうかは、全く動物扱いされ、持ち主が煮てくおうが燒いて喰おうが全く自由である場合に使う言葉である。
    律令制下
    [ 2016/04/10 00:23 ] [ 編集 ]
  103. 光秀に捕らえられたが、”こいつは人間でなく、畜生だからお構いなし!”ってことで放免されたということじゃなかったか?
    [ 2016/04/10 00:25 ] [ 編集 ]
  104. まあ日本だと人身売買=長期労働契約だからね
    年季が開ければ自由になれた
    だから日本人もそのつもりで同胞を売ったらエライことに…
    [ 2016/04/10 00:26 ] [ 編集 ]
  105. 黒人サムライの歴史に興奮している外人のキリスト教徒たちはさ、
    アジアやアメリカにおける宣教師の役割についてきちんとわかってるのかな・・・
    [ 2016/04/10 00:27 ] [ 編集 ]
  106. ※22
    勝手なこと言うなよ。
    奴隷なんて日本にはいなかったから。
    [ 2016/04/10 00:28 ] [ 編集 ]
  107. 奴隷というより
    奴卑階級はいたよ
    [ 2016/04/10 00:32 ] [ 編集 ]
  108. ちょっと笑ってしまうような話だが、弥助が明智の軍勢に
    捕らえられたが解放されたのは、彼は人間ではなくて動物
    に近いという理由。
    [ 2016/04/10 00:33 ] [ 編集 ]
  109. ウィルスミスで映画化決定。もしくは息子。
    [ 2016/04/10 00:34 ] [ 編集 ]
  110. ※96
    朝廷工作の第一人者だった奴がお払い箱になるわけないでしょ
    つか金柑に折檻状だしたら誰を朝廷に行かせるつもりだよ
    [ 2016/04/10 00:35 ] [ 編集 ]
  111. 彼は故郷に帰ったらしいぞ
    今のモザンビークには白粉や和服に似たモノがあるから
    ヤスケが持ち帰って伝えたんじゃないかとNHKのヒストリアで言ってた
    [ 2016/04/10 00:36 ] [ 編集 ]
  112. 南蛮協会に返す暇なんか無いだろ?
    三日天下(実際は3日じゃないけど)だぞ。
    しかも戦場で。家臣に命じたとしてもみんな秀吉にやられただろ。
    [ 2016/04/10 00:36 ] [ 編集 ]
  113. 創造力を喚起させるキャラだよな。
    当時の武将達が自分の日記に、信長の処で黒人見た!でかくて黒かった!って書いているから実在するでしょ。ボディーガードだけど武士は武士。

    確か、水戸黄門が大日本史を編集していた時に黒人の地図技師を東インド会社から水戸藩に出向させて、士分として雇っていたからヤスケが唯一の黒人サムライじゃないはず。

    戦国大名が保護したのは自国の領民だけ、敵対勢力の領民を南蛮人に売買することはあったよ。秀吉が南蛮人の奴隷商人を追い出したのは、日本統一したら日本人全員が保護対象になったからだわな。
    [ 2016/04/10 00:38 ] [ 編集 ]
  114. ついに気づいたか
    [ 2016/04/10 00:40 ] [ 編集 ]
  115. 黒人の人は奴隷として連れてこられた部分を否定したいのか・・・
    奴隷から出世のほうが夢があるかと思ったけど
    もっと自発的に世界に出て活躍したっていうことを信じたいんだな
    [ 2016/04/10 00:41 ] [ 編集 ]
  116. 文面どうりに受け取れば、黒人を奴隷として付き添わせていた宣教師から譲り受けたが、日本には奴隷という観念がなく、身分を与えているように読める。日本が欧米と違うところは身分がイコール奴隷ではないということ。体罰やどんなに辱めをあたえても許されることはなく、最低限の人として認めていた証ではないだろうか。開国まもなく訪日した外国人(名前を忘れた)「人々は貧しいが貧困は存在しない。」
    [ 2016/04/10 00:44 ] [ 編集 ]
  117. そういや、韓国人って黒人メチャクチャ差別してたよね
    ここで嫌味抜かしてるのもザイと名の付く韓国人かねぇ

    最近TVドラマとかヒット無いんだしさ、これやったら良いのにね
    海外にも売れるしさ、外人達にも新鮮な時代劇に見える事間違いないと思うんだよな
    [ 2016/04/10 00:45 ] [ 編集 ]
  118. 黒人サムライ自体はそれなりにいるけど
    本能寺滞在メンバーに選ばれるほどの地位にいられたのは弥助だけだしな

    本能寺と二条の討死リストを見ると豪華メンバーしかおらん
    [ 2016/04/10 00:45 ] [ 編集 ]
  119. 三浦按針もお忘れなく!
    [ 2016/04/10 00:46 ] [ 編集 ]
  120. これな、
    本能寺から唯一脱出した人物がお咎めなし、ってのは謎だなと思ってた。
    なにか歴史の暗部がありそうな感じ。
    悪く見ればスパイだし、良く見れば信長を脱出させたか。
    いろいろ想像できて楽しいから映画になってもいいな。
    [ 2016/04/10 00:47 ] [ 編集 ]
  121. >>近年は海外の人たちも名簿上はファミリーネームを先にした名簿が多い事や、海外に合わせて氏名を逆にするのは日本とハンガリーくらいだという事などから、

    どういうこと?西洋もファミリーネームを先に表示するようになったの?
    じゃあ、メッシはメッシが名前なの?リオネルが苗字?
    デビッドが苗字でベッカムが名前なの?
    最近、ディド・ハーフナーの息子もハーフナー・マイクとか
    ラグビー日本代表の外人部隊もどっちが苗字なのか判断難しい。
    だから、帰化人は苗字を漢字限定にすべきだと思ってるのだがね。
    [ 2016/04/10 00:47 ] [ 編集 ]
  122. 個人的な妄想つか予想だと本能寺の後の弥助は、宣教師に保護されて南蛮船に乗ってどっかに行ったと思う。
    [ 2016/04/10 00:48 ] [ 編集 ]
  123. アフリカには結構発達した王国もあったんだけどな。
    ベルベル人だけじゃなく、西アフリカにも高度な建築技術を持つ王国があったけど、イスラム帝国の波及と共に消えてった。
    今は遺跡が残るだけだけど、後に発見された石造建築は王の住居を意味する"石の家"と名付けられた。
    これを現地ショナ語でジンバブエと言う。
    [ 2016/04/10 00:51 ] [ 編集 ]
  124. 少し前に知ってたけど
    実際なかなか興味深い話だよねぇ
    映画で見てみたい
    [ 2016/04/10 00:53 ] [ 編集 ]
  125. ※108
    「彼は人間ではなくて動物に近いという理由。」⇐これさ

    俺思うに明智は開放してやりたかったと思うんだよね
    その際、こう言う言い方してやれば、誰も納得しちゃうし、何より安全に開放してやれるじゃない
    光秀って俺、そう言う優しさのある武将だったんじゃないかと思うんだよね
    [ 2016/04/10 00:54 ] [ 編集 ]
  126. インド人は黒人なの?
    この人はアフリカ人?インド人?
    [ 2016/04/10 00:58 ] [ 編集 ]
  127. ※79
    いつの時代の歴史認識?
    日本でも奈良から平安時代にかけて公地公民制が崩壊して農民の地位は上昇してる。
    恐らく土地と食料需給に対する労働力の比率が不足したから。
    荘園経営と小作農優遇は矛盾しない。

    古代・中世・近世・近代とかの時代区分は幻想だよ。

    16世紀なんて西欧では価値観の大転換が起こった時期だし。
    伴天連が信長に黒人奴隷を献上したってのは、日本では見掛けない珍奇なものをって意識からだろ。
    日本人を拐って奴隷にしてた件で秀吉の禁教令を招いたのはイエズス会としては大誤算だったろうね。
    [ 2016/04/10 01:00 ] [ 編集 ]
  128. 怪力無双的な描写があるだけでなにもわかってないんだよね

    明智に捕まった後も、日本人であったなら
    確実に斬首されるだろう身分であったにも関わらず
    「こいつは人間じゃないから」と処刑されなかったわけだが
    それは人種差別なのか
    信長に仕える以外選択肢がなかったヤスケを
    処刑するのは忍びないから見逃したのか
    その後どこへ消えたのかも諸説有るわけで、
    脚本家次第でどうにでもなるくらいわからんことだらけだ
    [ 2016/04/10 01:00 ] [ 編集 ]
  129. いつの間にかおかしな情報が流れてるのな。
    侍ではなく下人とかそんな感じで仕えてただけだろ。
    [ 2016/04/10 01:01 ] [ 編集 ]
  130. >>116
    奴隷みたいな身分はあったんだけど日本の場合古代ローマ系の奴隷だからね
    給料もあったし意味もなくころしたりは普通出来なかった、そういうことをすると周囲からドン引きされるんで

    ガチで悲惨な奴隷ってのはキリスト教徒とかがやってた奴ね、キリスト教徒は異教徒を人間と思ってないから
    有名な米英の黒人奴隷から、コロンブスのクレイジーにも程がある先住民族のエピソードまで正に悪夢みたいな歴史が山のようにある
    [ 2016/04/10 01:02 ] [ 編集 ]
  131. 畜生だから➡奴隷として従えてただけだから、
    彼に意思はないから恩赦。という意味では?
    [ 2016/04/10 01:04 ] [ 編集 ]
  132. そもそも、ヤスケは主人を護るために抵抗したわけだし、明智に組織的に抵抗する敵対勢力でもないし、処刑する法的根拠がないからね。
    主人を護るために吠えた番犬に罪はないわな。明智だってその辺は考慮して解放したんじゃないのかな?と想像してみる。
    [ 2016/04/10 01:12 ] [ 編集 ]
  133. ※103
    そうそう、ヤスケを宣教師に引き渡した光秀、親切な人のように語る場合多いけど、
    史料ではそれなんだよね
    光秀「こいつ人間でなく畜生だからいらない、伴天連に返せ」
    光秀すごい残酷って思た
    [ 2016/04/10 01:13 ] [ 編集 ]
  134. ※125
    そもそも黒人を差別する理由がないしな、光秀含む大半の家臣は弥助以外見たこともないのに
    差別も何もしようがない
    信長の寵愛を受けてスピード出世してるからやっかみならあったろうし
    そういう意味じゃ光秀は上手いこと言って助けてあげたんじゃないかなあと俺も思うが
    ※129
    ちゃんとした扶持もらってる士分だったみたいよ
    [ 2016/04/10 01:15 ] [ 編集 ]
  135. これどっかの大名じゃなくて織田信長だから凄いよな。
    黒人の人たちが喜ぶ気持ちもわかる。
    [ 2016/04/10 01:17 ] [ 編集 ]
  136. ※127
    自分で古代とか中世という時代区分使用しておきながら幻想とな
    第一時代区分法で言うなら西洋の16世紀は近世なわけだが

    >奈良から平安時代にかけて公地公民制が崩壊して

    おいおい崩壊したから荘園が発達するんじゃねえかなんかおかしな事言ってるぞ
    大体荘園開発に人手が必要だから農奴の需要が増すのに何言ってんだ
    むしろ公地公民が崩壊した事によってより落ちぶれて農奴と荘園主という格差に繋がっていくわけだが、その後隷農になっていくが
    少なくとも荘園開発初期において小作農優遇はありえない、それは
    もっと時代が下って平安中期から武士の勃興など中央の支配が一層弱まってからだ
    [ 2016/04/10 01:20 ] [ 編集 ]
  137. 信長の場合は最初こそ「珍しい!欲しい!」って感じだったんだろうけど、弥助は信長の大好きな相撲が強かったから。
    弥助がコロリコロリと相手を転がしたり、えいやと投げたりすれば子供のように喜んだだろうし、そんな信長を見たら弥助も真っ白な歯を見せて喜んだと思う。お抱えのスポーツ選手みたいな感じ?

    光秀も弥助の暮らしぶりは見ていただろうし、弥助についていえることは「信長を怒らせることはしておらず、光秀に危険人物とみなされることもなかった」ってことかな。
    彼にとって素晴らしい一時期であったならいいと思う。

    暗い歴史ばかりのアフリカ系の方々が日本の頂点に立とうとしていた人物に「取り立てられていた」という事実は嬉しい記録だと思う。
    [ 2016/04/10 01:21 ] [ 編集 ]
  138. 日本の映画監督はなぜこういう話を映画化しないのかね~
    侍はハリウッドじゃなく日本人監督で撮ってほしい
    [ 2016/04/10 01:21 ] [ 編集 ]
  139.  
    ※129
    俺も最初はそう思ってた
    領地も妻子も部下もなく主人の身辺に仕えてただけなんだし・・って
    けど、信長はのちのち大名にするつもりだったと後から知ったわ。ネット情報だけど
    それならサムライと言っていいんじゃないだろうか
    [ 2016/04/10 01:22 ] [ 編集 ]
  140. これ、映画化したら絶対面白いよな
    アフリカから連れて来られて、異国の地で奴隷から武士になる
    でも、主君を守れなくて故郷に帰る
    そこで独立のために戦って討ち死ぬ
    フィクションが混ざるだろうがすげー面白い話になると思うわ
    明智との関係も実は大の仲良しだったけど裏切られたとか
    まぁ脚色付きまくるけどドラマ性あると思うわ
    [ 2016/04/10 01:22 ] [ 編集 ]
  141. 不明点が多いからこそある程度脚本家の自由になる素材だし面白いとは思うよね。

    史実の部分だけは忠実にし後は無理のない範囲で自由に描ける。ヤスケに絡めつつ日本の大名や武将などを主流にしても良い訳だし。
    [ 2016/04/10 01:23 ] [ 編集 ]
  142. 弥助もやっぱ信長にほられたんかな
    [ 2016/04/10 01:26 ] [ 編集 ]
  143. 主演:ボビー・オロゴン
    NHKさんどうっすかね?
    [ 2016/04/10 01:29 ] [ 編集 ]
  144. 宣教師の皮を被った奴隷商人が連れて来た黒人奴隷
    [ 2016/04/10 01:30 ] [ 編集 ]
  145. 確かゲーム「シビライゼーション」で信長は「キャラ」になっているから世界的にけっこう有名。
    信長はヤスケを奴隷から解放して、現代で言うところの「親衛隊」に正式な士分として雇用しているから間違いなく武士だわな。
    [ 2016/04/10 01:30 ] [ 編集 ]
  146. 濃姫と同じで居たという事実と極僅かのエピソードしか伝わってないから創作物で自由に動かす事ができる
    実際ヤスケは濃姫ほどでは無いにせよ小説やマンガでは頻繁に出て来るが作者によって描かれ方が違う
    そのせいかこの記事やコメ欄みたいに色々な創作伝聞をドヤ顔で本当のことのように言い出すやつが絶えない
    [ 2016/04/10 01:32 ] [ 編集 ]
  147. 弥助さん相撲が強くて信長の部下は誰も勝てなかったらしいね
    やっぱり体が大きかったんだろうね
    [ 2016/04/10 01:35 ] [ 編集 ]
  148. 当時の黒人は完全に家畜扱いだったから
    侍として取り立てた信長が注目されるんだね
    [ 2016/04/10 01:36 ] [ 編集 ]
  149. 畜生だから、は、温情なんだけどね。
    八百屋お七も放火の裁きで(当時の)未成年でしょ、と
    温情をかけてもらえたけど、覚悟をもって否と答え実刑に。
    逆に精神疾患での殿中にお家断絶でキレて討ち入りした浪士とか。
    [ 2016/04/10 01:36 ] [ 編集 ]
  150. ※9
    日本への船旅の最中に日焼けする事になるので、赤く見えたとしても不思議ではない。
    今の日本でも漁師さん達は赤銅色してる人も珍しくないですし。
    [ 2016/04/10 01:40 ] [ 編集 ]
  151. いや、物珍しいから置いておいた奴隷なんだけどね…取り立てられたのはそれだけの理由。
    まあ、喜んでるからいいか
    [ 2016/04/10 01:40 ] [ 編集 ]
  152. 史料厨の自分が史料にあることちょい書いてみる

    ヤスケの身分は侍でなく下人○
    信長はいずれ侍に取り立て城持ち大名にもする予定だった○ 
    (ただこれは史料書いた宣教師が盛ってる可能性もあり)
    ヤスケは本能寺後解放された×
    (正しくは南蛮寺に送られ奴隷生活に逆戻り)

    以上ご参考まで
    [ 2016/04/10 01:43 ] [ 編集 ]
  153. 映画、時空の旅人を思い出したわ
    [ 2016/04/10 01:45 ] [ 編集 ]
  154. 全く知らなかった…。
    [ 2016/04/10 01:46 ] [ 編集 ]
  155. 外人さん達は本当に召使だと思っているの?
    西アフリカで狩られた黒人奴隷なのに
    自分達の黒歴史を塗りつぶしちゃいけないよ
    [ 2016/04/10 01:47 ] [ 編集 ]
  156. ファーストブラックサムライやな
    [ 2016/04/10 01:56 ] [ 編集 ]
  157. ガタイのいい黒人が何でも言うこと聞いてくてたらカワイイよな。
    俺も権力が欲しい。まあ、正直なら人種は何でもいいわ。
    使用人が欲しい。 2m以上あるゴーレムみたいな奴がいい。
    [ 2016/04/10 02:01 ] [ 編集 ]
  158. 実際は下人だろといっている奴がいるが
    弥助は下人ではなく士分として取り立てられたというのは
    確実視されている

    複数の資料が弥助の事を「士分」と明記している
    [ 2016/04/10 02:03 ] [ 編集 ]
  159. この時代の「宣教師」が連れてる「黒人召使い」が奴隷でないはずがないよ…
    信長に雇い入れられたのは幸運だったと思うがね
    [ 2016/04/10 02:03 ] [ 編集 ]
  160.  
    本能寺の変で信長自害後、ヤスケはただちに信忠の元に駆けつけているから織田家への忠誠心は厚かった模様

    ※152
    家忠日記にヤスケのことを「扶持」と書いてあるので士分相当じゃない?
    まぁ信長に仕えたほかの侍とは扱いは異なっていただろうけれど少なくとも普通の下人ではないと思うよ
    [ 2016/04/10 02:08 ] [ 編集 ]
  161. 実は肌の色より身体能力に驚いたのではないか?
    [ 2016/04/10 02:12 ] [ 編集 ]
  162. なんか勘違いしてる外人が多いね
    優れた黒人が日本に渡り、活躍したみたいな…
    ただの奴隷として連れてた黒人を信長が興味を持ってモノとして献上されただけなのに
    [ 2016/04/10 02:12 ] [ 編集 ]
  163.  
    ※162
    ヤスケは元々いいところの出の奴隷だったのか教養はあったらしいよ
    [ 2016/04/10 02:14 ] [ 編集 ]
  164. まあ信長公のいいところは、西洋人とは違って
    奴隷として扱うんじゃなくて一人の人間として扱ったところかな
    [ 2016/04/10 02:16 ] [ 編集 ]
  165. 黒人は母国たるアフリカ諸国の発展になんで寄与しようとしないのかね
    いっつも大国で権利ばかり主張するのおかしいと思うよ
    [ 2016/04/10 02:17 ] [ 編集 ]
  166. 最終的に海外を視野に入れてたから黒人を雇っていたと自分の中ではそう思ってる
    [ 2016/04/10 02:18 ] [ 編集 ]
  167. でも火薬と交換で日本人女性が売られたんだぜ
    [ 2016/04/10 02:21 ] [ 編集 ]
  168.  
    信長は彌助を士分に取り立ててゆくゆくは殿(城主)にしようとしていた
    って日本の資料だけじゃなくイエズス会の記録にも残ってるのに
    [ 2016/04/10 02:24 ] [ 編集 ]
  169. 黒人にこの話すると、興味津々なのは事実
    信長が、取りあえず体洗ってみたって下りで爆笑なんだよなw
    白人が遣ったら、差別的と言われるんだろうと思うと、不思議な感じ

    結局日本人の黒人感は、進駐軍の黒人の扱い由来なんだろうな
    [ 2016/04/10 02:24 ] [ 編集 ]
  170. 弥助以外にも活躍してた黒人はいそうだけどな。
    九州にも黒人が日本の戦いに参戦した記録が残ってるよ。
    それが生き延びた弥助なのかどうかわからないけど
    [ 2016/04/10 02:28 ] [ 編集 ]
  171. ※2
    坂上田村麻呂はササン朝ペルシャ辺りから流れてきた胡人の末裔という説もあったと思うがね。
    [ 2016/04/10 02:45 ] [ 編集 ]
  172. ほへー
    マジで魔王のクソ野郎って認識の人多いんだな信長
    残虐性は確かにあったけどあの時代じゃ他のガチクズ連中が多くてそこまで目立たんし
    魔王なんて意趣返しのお茶目で自称してるようなもんなんだけどな
    [ 2016/04/10 02:49 ] [ 編集 ]
  173. 士分でゆくゆくは城主にってことは、結構知恵のある人物だったんじゃないか。
    ノブはアホは取り立てんだろう。
    [ 2016/04/10 02:55 ] [ 編集 ]
  174. 正月のおせち料理の黒豆が
    「真っ黒く日焼けするほど豆に働ける健康な体でありますように」だから
    当時は健康で真面目な働き者に見られたんじゃね

    弥助は命助けてもらって嬉しいけどさぁ
    正直「金柑頭」に言われたくないわぁ
    ってツッコミ入れてそう
    [ 2016/04/10 03:02 ] [ 編集 ]
  175. 父祖伝来の代々の伝統を受け継いでいること、受け継ごうと日夜励んでいること、子孫に受け継がせようと努力していること、をこそ誇りに思うべきなのであって、ただ単に日本人に生まれたから、フランスの国民であるから、黒人の血統であるから、などといってそんなことを誇りに思うべきじゃあないんだ。
    ま、いわずもがなのわかりきったことなんだがな。
    [ 2016/04/10 03:13 ] [ 編集 ]
  176. これってすごく興味惹かれるんだけど確か掘り下げるほど資料が
    残ってないんだよな。
    でもその分自由に色々設定できるからフィクションにはもってこいという部分もある。
    当時の黒人奴隷の状況とかその内訳・生い立ちや世界情勢、
    他の黒人の話と組み合わせてフィクションだからこそできる映画化を
    したら面白そう。
    [ 2016/04/10 03:15 ] [ 編集 ]
  177. 士農工商を身分制度だと教わってる人は
    日教組による自虐史観の洗脳教育だよ。

    当時の日本はそういった身分の差別は存在しない。
    日本を貶めたい反日帰化連中がそういう嘘の歴史を教えてる。
    士農工商 嘘 で調べれば、分かる。
    [ 2016/04/10 03:15 ] [ 編集 ]
  178. ※106
    いたよバカ
    大名が火薬を買う為にキリスト教徒に売ってた。売られた奴隷を天正遣欧少年使節団が目撃した記録も残ってる
    だからそれを知った秀吉がバテレン追放令を出したんだ
    [ 2016/04/10 03:16 ] [ 編集 ]
  179. 腕っ節がよくて従順
    実力絶対主義の信長が見かけ以外で取り立てない理由がない
    いろんなキャラがいてそれぞれ刺激し合うことも想定してたんじゃない
    本能寺がなかったら毛利・長宗我部の成敗後に1城持てたかもしれないね

    西洋ではキャラクターを認識してもらうことすらできなかったわけで、武士だろうが使用人だろうが400年前のスターだわ
    [ 2016/04/10 03:23 ] [ 編集 ]
  180. 良くも悪くも合理的やからな
    [ 2016/04/10 03:27 ] [ 編集 ]
  181. 実力主義時代にエタヒニンも朝鮮人も黒人も関係無かったった事だ。とりたてられる人間てのは皆誇り高き人物だったに違いない。
    今は誇りも恥の概念も無い輩がただただ金に群がってる。二言目には「キャベツ!!キャベツ!!」五月蝿いったらありゃしない。
    [ 2016/04/10 03:32 ] [ 編集 ]
  182. 本能寺の後が謎なんだよね。
    あれだけ目立つ人間がその後も侍だったら記録に残ってるだろとは思うんだけど。
    [ 2016/04/10 03:37 ] [ 編集 ]
  183. まったりしにきたら
    荒れててワロタ
    [ 2016/04/10 03:37 ] [ 編集 ]
  184. 弥助って、戦国武将ゲームでも人気キャラだったりするよねw
    それにしても、やはり本能寺で死んじゃったのかなあ。
    うまく逃げ延びても、穏やかな人生はおくれなかっただろうけど。
    [ 2016/04/10 04:00 ] [ 編集 ]
  185. ムキムキのアフリカ系アメリカ人が大興奮していると思うと何か微笑ましいね!
    可愛い!
    [ 2016/04/10 04:02 ] [ 編集 ]
  186. >本能寺の変以降の各地の戦の記録に黒人が参戦した事が記してある。(大筒-大砲-を使ったりしたとか)
    >それが弥助かどうかはわからんが。
    [ 2016/04/10 04:07 ] [ 編集 ]
  187. 2は微妙にズレた事を言っている気がする。
    信長にとって、性質も好ましいものであって、とかあったんだろう。
    やはりもとは奴隷として売られたんじゃないのかな。
    [ 2016/04/10 04:09 ] [ 編集 ]
  188. 武器は風車だったらしいね
    [ 2016/04/10 04:23 ] [ 編集 ]
  189. ※189
    せつこそれ弥七や
    [ 2016/04/10 04:38 ] [ 編集 ]
  190. いたというのは知ってたけど映画やドラマでもほとんど映像化されてないよね
    [ 2016/04/10 04:42 ] [ 編集 ]
  191. 逸話は聞いたことあったけど画像は初めて見た
    [ 2016/04/10 04:50 ] [ 編集 ]
  192. ブラックドラゴンソサエティー(黒竜会)は意外に知られて無いな
    知られて都合が悪い人も居るだろう
    [ 2016/04/10 05:02 ] [ 編集 ]
  193. 信長ドラマだとたまに黒人出てくる
    [ 2016/04/10 05:07 ] [ 編集 ]
  194. この頃の黒人奴隷はメッチャ高かったそうだ。異郷の異人種はただでさえ高価らしいんだが、
    アフリカ大陸まで命懸けの船旅をしてやっと手に入れられる、かつ健康な黒人奴隷は特に高かったようだ。
    正確な相場の資料は見つからないんだが、現代の感覚で言えば高級車を新車で買う、
    くらいの感覚だったと俺は推測してる(含む"維持費")。
    なもんで、ヴァリヤーノも信長との付き合い上の出費としても、弥助を失うのは
    それなりの痛手だったと考えられるんだよなぁ。黒人奴隷一人に期待される、将来的な利益、弥助の年齢を
    含めて考えれば、少なくとも赤字のはずだ。この辺からちょっと疑問も出てくるんだが…
    何にせよ、弥助が日本で本格的に動いてた時期は長く見積もっても2年弱で、
    考えを纏めるには資料が全然足りねぇんだよ。
    [ 2016/04/10 05:07 ] [ 編集 ]
  195. 信長は身分制度とかこだわらなかったからね
    秀吉は水飲み百姓だし、諸国巡礼者を城主にしたりわけのわからん出の奴を家臣にしたり
    [ 2016/04/10 05:11 ] [ 編集 ]
  196. ※142
    勘違いしちゃいかんわ
    信長はタチじゃなくてネコ、掘られる側だ
    まあ、こういう大名の衆道話もどこまで本当か分からんけどな
    [ 2016/04/10 05:19 ] [ 編集 ]
  197. アフリカはアンゴラのように布教によって内部紛争になった国では同国民同士が殺し合うようなったが、果たして弥助は唯々諾々と信仰してしまった切支丹だったのかな?
    もともとアフリカの大地に住んでいた時の素朴な地域の信仰の一体なにが劣るのだろうか?戦争に負けて支配されてそんな風に改造されてしまったのだろうか?
    [ 2016/04/10 05:29 ] [ 編集 ]
  198. ※161
    火薬と交換、ではないぜ。日本は堆肥に人糞用いる習慣があったし(当時家畜いなすぎ)、
    何より硫黄が採掘できる場所が腐るほどあるから、火薬はむしろこっちが輸出するほどある。
    今のところは、一部の伴天連との癒着があった一部のキリシタン大名が付き合いで売ってた、
    程度に考えとけばとりあえずの観方としては公平かな。対価はむしろ情報だろうよ外国の。
    しかし信長超鬼畜説もそろそろ落ち着かねーかな。たぶん日本史上最もネガキャンされてる人物の一人やで。
    [ 2016/04/10 05:30 ] [ 編集 ]
  199. 大村純忠は長崎をイエズス会に寄進して、非切支丹は入れない長崎入市制限令は確か天正9年、茂木と長崎に要塞を構え、
    宣教師には200兵が扈従して長崎を練り歩き移動して湾内には大砲付き艦艇を擁し、銃器を切支丹部隊に支給しての日本の十字軍的植民地化は始まってた。
    イエズス会の中でも路線の対立はあったが、この辺の深刻さはいまいち歴史ではならわない、ポルトガルとイスパニアが同君連合になったさいに、イスパニア系は日本をとうじイスパニア勢力がもってたシナ征服論の尖兵にすべきとの戦略もあったが、大友宗麟のムシカ建国が島津に駆逐されていたから植民地化はセーフ。秀吉の九州入りで、寺沢広高が長崎に入り、植民地拠点帝国主義の要塞は駆逐された、長崎氏は退去し、コエリョとヴァリニャーノの路線対立はとどのつまり、人口150万のポルトガルの拠点帝国主義路線と、イスパニアの新大陸での侵略と強制改宗による植民地支配の成功体験による仮託する帰属先目線での違いのような気がする。
    [ 2016/04/10 05:30 ] [ 編集 ]
  200. アダムとイヴも黒人らしいし たぶん、黒人の起源は韓国だと思うわ
    [ 2016/04/10 05:34 ] [ 編集 ]
  201. 外国でも魔王とか言われてて笑うわ
    信長は絶対にお近づきになりたくないタイプの人だけど、
    こういう魅力的なところもたくさんあるから困る
    [ 2016/04/10 05:35 ] [ 編集 ]
  202. グローバル支配されてしまってアメリカのように三角貿易をやられると、アメリカの主人公が今は先所与のいわゆるアメリカインディアンの人達の大地ではなくなってしまったことは非常に重要。
    グローバル化はメリットも良いこともあるだろうが、主導権が無いのに無理強いされる側になるととても危険なものでもあると思う。長崎殉教は教えられるが、長崎の神宮寺焼きうちや、大友十字軍のやった寺社焼き払いと非切支丹虐殺とその掃討した地での教会建立と布教活動は恐ろしいことだったたが、もちろん今の人には関係ないから誰も謝ったり賠償したりする必要はないが、とても深刻な日本史のテーマだが全く日本史で教えていないことからはとても恐怖を感じる。
    [ 2016/04/10 05:39 ] [ 編集 ]
  203. >■ ノブナガ・オダって、魔王って呼ばれてる人だよね……。 シンガポール

    目から光線を出したり口から火を吐いたり、空を自由自在に飛び回ったりしたらしいな・・・
    そういえば、最近は安倍総理も天変地異を自由自在に操ることが出来るらしいが?
    [ 2016/04/10 05:41 ] [ 編集 ]
  204. ※202
    ほんとこれ。マジでこれな。
    [ 2016/04/10 05:42 ] [ 編集 ]
  205. ※178
    少年使節団が奴隷を見た云々はデマだよ。
    「天皇のロザリオ」だっけ?在野史家(と言っていいのか、職人さん)のトンデモ本。少年使節団の記録など存在しない(それを見たと言っている人間がいるだけ)。
    [ 2016/04/10 05:43 ] [ 編集 ]
  206. 弥助はその後、自分は神だと言って宗教を日本で広めようとしたんだよな。それを信長はこりゃいかんと思い、島流ししたんだよな。実話は。
    [ 2016/04/10 05:51 ] [ 編集 ]
  207. ※202
    全然知らなかった、マジで恐ろしいな・・・
    [ 2016/04/10 05:51 ] [ 編集 ]
  208. 昔からシルクロードも複数存在したし、アラブ系・インド系・おそらく白人も来てただろうね。有史以前も広域貿易自体はあったのではと思う。来たとしてもごく僅かだったろうけど。
    [ 2016/04/10 05:53 ] [ 編集 ]
  209. 202
    でも結果、外憂のない数百年はあったような希ガス
    排除しなかったらどうなってたんだろ

    そして黒ん坊伝説に
    [ 2016/04/10 05:55 ] [ 編集 ]
  210. 有名な話だよね
    二条城で明智の兵相手に大暴れしたけど捕らえられた
    殺気立ってる兵たちが首を刎ねようとしたけど、光秀が哀れんで処刑せずに逃がしたって話
    その後の消息は要として知れない。
    あと、コメント欄でも書かれてるけど、九州にも黒人がいたとか昔読んだ本に記述があったなぁ。
    白人が黒人を奴隷にしていた時代、日本人はそんなことをしなかった。
    というか、奴隷自体がない、この事実を黒人が知ったらどう思うんだろうな。
    [ 2016/04/10 05:58 ] [ 編集 ]
  211. 米46
    おまえは華僑が大半なのにSinglishが公用語だとして、姓名順も英語のそれにならってる人が大半なシンガポール人の翻訳に対して何を言ってるんだ?
    姓名の順はそのまま自国内と同様に使う国もあれば相手の言語にに合わせて変える国もある。外国人の名を国内で使う場合に国内順に変えることもあれば、ファミリーネームが無い国さえあるのに固執するほどの問題か?
    [ 2016/04/10 05:59 ] [ 編集 ]
  212. アメコミのブレイドかなw
    [ 2016/04/10 06:27 ] [ 編集 ]
  213. やっぱり日本史は面白いよな
    日本人に比重を置いてしまうのは仕方ないけど
    個人的には学問とか技術の面で
    諸外国と最初どのようにコミュニケーションとって
    取り入れて行ったのか具体的に知りたい
    相手目線とか苦悩とか失敗談とか
    [ 2016/04/10 06:35 ] [ 編集 ]
  214. その時代に宣教師が付き人として連れてきたものの宣教師が死んじゃったりして、そのまま日本に残った黒人は記録が残ってるだけでも何人かいたはずでこん人が唯一ではないんよね
    名前忘れたけどお寺に引き取られてそのまま寺男やってた人とか非常に稀ではあるけど複数いたみたいよ
    [ 2016/04/10 06:37 ] [ 編集 ]
  215.  
    信長は新しいものが好きなだけ
    [ 2016/04/10 06:41 ] [ 編集 ]
  216. 宣教師が黒人奴隷を連れてんのかよ。

    弥助がどんな人間かしらないが、もし従順で運動能力も高いなら戦力としては贔屓されるくらい申し分なかっただろうな。
    [ 2016/04/10 06:45 ] [ 編集 ]
  217. ※215
    ま、確かに新しもの好きだ。同じ午年生まれでB型(信長はBだと信じてる)だからよく分かる。新発売に弱いw

    でも日本は奴隷って概念はほとんどなかったからなぁ
    仕事に対してそれ相応の対価、もし気に入ればそれ以上を支払うのはごく普通だって考えが根本にある
    [ 2016/04/10 06:55 ] [ 編集 ]
  218. 少ないにしろ黒人の人が日本でやってけたのは、ひとつにはあん人たちゃ別に芯からキリスト教信者じゃなくって布教する気もぜんぜんだったんで、政府的にわりとどうでもよかったこともあると思われ

    当時はまだ奴隷捕獲直送時代で、宣教師についてく便宜上形式的に信者になってたとしても、今の日本人で言えば北朝鮮に拉致されてチェチェ思想に染まらんと飯食わさんと言われてるような状況なんで、宣教師いなくなったら速攻であっさり転んだと考えられる

    政治的な脅威になる存在にはなりそうになかったから当時の日本でやってけたのよね
    [ 2016/04/10 06:58 ] [ 編集 ]
  219. 昔の合戦の絵にも
    明らかに日本人じゃないのが
    描かれてるんだよな。
    [ 2016/04/10 06:59 ] [ 編集 ]
  220. 当時の人から見たら、黒人は大柄で恐ろしく映っただろうな。
    その上身体能力も高いときたら、自分の横に置きたいと思うのもうなずける。
    [ 2016/04/10 07:01 ] [ 編集 ]
  221. 信長、森蘭丸とか、、戦国武将のたしなみとか考えてしまう自分は心が草
    でも弥助の一生物語は面白いと思います。
    [ 2016/04/10 07:11 ] [ 編集 ]
  222.  
    興味本位だったかもしれんが
    昔の大将は、器がデカイな。
    [ 2016/04/10 07:23 ] [ 編集 ]
  223. サムライになってたとしてもこの時代じゃ

    ラストじゃないから。
    [ 2016/04/10 07:23 ] [ 編集 ]
  224. 自分は全く知らなかった。
    何故だろう?

    奴隷扱いではなく、ある意味キチンと黒人を扱ったって事が、戦勝国史観には都合が悪かったのかな?
    士農工商の嘘については調べてみるよ~。
    そんなことからして嘘なのかよって正直ウンザリするけど。
    教えてくれた人有り難う。
    [ 2016/04/10 07:26 ] [ 編集 ]
  225. ※4
    残念ながら奴隷解放については、人種を問わなければ後漢の光武帝の方が先だったりする。
    それ以前に公的に奴隷解放宣言を出した皇帝(国王)を私が知らないだけだが…。
    [ 2016/04/10 07:32 ] [ 編集 ]
  226. 元寇で日本に攻めてきたなかに黒人がいたときいた。
    [ 2016/04/10 07:36 ] [ 編集 ]
  227. 行方知れずだが、どこそこで黒人を見たって話も残っているので日本で土に還った可能性もある。
    [ 2016/04/10 07:38 ] [ 編集 ]
  228. 日本で映画化したりするとシリアスならソフトバンクのお兄さんことダンテ(すでにNHKの時代劇に出演経験あり)、ギャグ映画ならボビーオロゴンか。
    [ 2016/04/10 07:55 ] [ 編集 ]
  229. 身内には凄い甘い信長は猿や狸よりよっぽどマシだろう
    柴田は何度も許されたし、謀反起こした奴も許すから投降しろって勧告何度もしてるし
    浅井や明智はアレだけど
    [ 2016/04/10 08:00 ] [ 編集 ]
  230. 当時は弥助以外にも各地に黒人の侍が何人かいて、戦場で戦ってたとの記録が残ってる。
    ただし名前がちゃんと残ってるのは信長配下の弥助だけ。
    おそらく弥助と同じく宣教師に連れてこられたけど、奴隷制度の無い日本にそのまま土着したんだろう。
    [ 2016/04/10 08:04 ] [ 編集 ]
  231. ローマ人の山科勝成もいたんだよな
    主君は蒲生氏郷だが、蒲生氏郷の主君は織田信長
    [ 2016/04/10 08:10 ] [ 編集 ]
  232. 信長は周囲が敵だらけで厳しくすると裏切り者が続出するから、身内には優しくするしかなかったんだよ。
    その信長も敵をどんどん駆逐した後期になると佐久間を追放したりとかけっこう厳しくなる。

    さらに敵をほぼ一掃した秀吉・家康時代だと裏切りを気にする必要がないのでどんどん身内に厳しくなっていく。
    [ 2016/04/10 08:11 ] [ 編集 ]
  233. 相撲好きの信長が部下に「相撲やれ相撲!」とせがんで
    弥助がバッタバッタと名だたる武将たちを投げ飛ばすのを見て
    「弥助つおいwww」と大喜びしてたとか
    信長の息子たちが弥助に懐いて「肩車してー弥助超デカいwww」と喜んでたとか
    ほのぼのエピソードが好き
    [ 2016/04/10 08:19 ] [ 編集 ]
  234. モザンビークのヤスフェが力強さと頑健さから、
    奴隷だけど過酷な航海のお供として選ばれ、
    困難な旅を乗り越えながら
    その力強さのおかげで信長にとりたてられ、
    本能寺では義理のために戦い、
    その後信長配下時代に得た知識や金品を活かして
    故郷のモザンビークに帰る物語を作れば
    売れると思う
    [ 2016/04/10 08:30 ] [ 編集 ]
  235. ※232
    正親町天皇から太政か関白か将軍のどれかを早く授かればよかったんだよ
    そうすりゃ勅許も出せて鎮めれる
    死後、従一位と太政大臣を授かったが
    信長は焦らしし過ぎたな
    [ 2016/04/10 08:31 ] [ 編集 ]
  236. 歴史は面白いね。
    でもどこの国でも民族主義や政治や思想がまともな歴史研究を捻じ曲げてしまうね。
    歴史に付随する物語や創作物は色々あった方が楽しいけど、
    歴史研究はより科学的視点に立った検証が進んでいくといいんだけどなぁ。
    [ 2016/04/10 08:31 ] [ 編集 ]
  237. どこか九州の大名にも、黒人隊長の砲兵隊がいた気がする。有馬か。装備してたのは旧式で射程が短い代わりに連射が効くフランキかな?

    全く関係ないが、堺製のフランキってあったのかなと、ずっと疑問に思ってる。
    [ 2016/04/10 08:33 ] [ 編集 ]
  238. 黒人のサムライについて江戸時代やその後も取り上げられなかったのは、
    「黒い肌のサムライが居たんだよ、遠い国からやって来たらしい」
    「へぇ」
    程度で、肌の違いでの差別意識がなかったからその程度だったんじゃないかと思う。戦後はなると黒人そのものを扱うのは神経質になるから、避けられたんじゃないかなぁ
    [ 2016/04/10 08:36 ] [ 編集 ]
  239. ※238
    ダウト
    同じ日本人でも眼の色が緑なだけでも淘汰されてきたぞ
    [ 2016/04/10 08:42 ] [ 編集 ]
  240. そもそも日本は外国に比べて本当の意味での差別意識って少ないよね。
    公家などは多少あったと思うけど、出身がどうの血縁がどうのみたいなのは。戦国武将のほとんどは野武士に毛が生えたようなもんで、後付けで「源氏の~」「平家の~」なんて言ってるけど、半分以上は嘘に近い。
    士農工商も、結局は金を持っていた方が勝ち。傘を作ってアルバイトしてる武士もしたし、商人農民でも学者になったり、金使って(養子縁組して)武士になったのもいるし。カースト制度みたいな徹底した差別的身分制道は根付かなかった。
    [ 2016/04/10 08:43 ] [ 編集 ]
  241. 「黒人におけるラストサムライか」だとさ。言うと思った。ぜんぜん違うけどな。オランダ人は頭が悪いな。
    [ 2016/04/10 08:44 ] [ 編集 ]
  242. ※239
    それは本当の意味での差別じゃない。(それがダウトって思うところが、やはり日本人が差別という本当の意味を分かってない証拠だろうけど)
    目の色の違いで淘汰されたとしたら、それは病的なもんを一番に嫌がっただけだと思うね
    [ 2016/04/10 08:45 ] [ 編集 ]
  243. 時代は違うが、水戸光圀はオランダ船でやって来た黒人を家臣にして船に乗って測量しに行ってたんだっけか
    [ 2016/04/10 08:46 ] [ 編集 ]
  244.  
    こうやって宣教師が人身売買して銃器、爆薬を入れてたから警戒されて日本にキリスト教が流行らず、比叡山のぼったくり坊主が死刑になったんだよな。
    [ 2016/04/10 08:50 ] [ 編集 ]
  245. そもそも当時の日本はいくつもの国に分かれていたわけで、「日本人」なんてものは存在せず、尾張人や薩摩人がいただけ。「日本人」として人くくりにして差別意識とか語るとドツボにはまるぞ。
    [ 2016/04/10 09:06 ] [ 編集 ]
  246. エディーマーフィー系の黒人で
    ハリウッド映画が一本取れるレベル
    [ 2016/04/10 09:09 ] [ 編集 ]
  247. ふしぎ発見でやってたな
    たしか故郷に帰れたんじゃなかったっけ?
    故郷でヤスケって名前が今も引き継がれているってのをやってたよ
    [ 2016/04/10 09:22 ] [ 編集 ]
  248. 戦国時代の、絵巻物に白人も合戦に参加してる描写があるけど
    昔は沢山いたらしいんだけど伏せられてる歴史なんだよね
    [ 2016/04/10 09:24 ] [ 編集 ]
  249. 白人に、日本人を売って、武器や西洋の物を買って、黒人も買いました
    [ 2016/04/10 09:25 ] [ 編集 ]
  250. bisexualだったらしいが、こういう先取りcoolさは、不勉強なんだな?現代人より400年進んでるん。
    [ 2016/04/10 09:25 ] [ 編集 ]
  251. 映画化するなら信長の家臣時代に剣術を習得して本能寺後は
    宣教師に引き渡されるも自力で逃亡、故郷を目指すブラックサムライ。
    剣術と信長からの拝領刀で道中様々な悪を切りまくる冒険活劇。
    シリーズ化できそう。
    [ 2016/04/10 09:27 ] [ 編集 ]
  252. 同時期に宣教師が海外に輸出した奴隷が
    一説には50万人を超えるって話があったな
    ほとんどは女性で娼婦として売られ
    アフリカ沿岸部から西洋諸国にまでその痕跡が有るとか
    [ 2016/04/10 09:32 ] [ 編集 ]
  253. ふしぎ発見は、たまにトンデモ説をあたかも確定事実かのようにやるから信用出来ないんだよね、カルト系もやる、番組中に本が売れる為に脚色もする(『神々の指紋』だったけ?)。そもそもTBSだし。

    [ 2016/04/10 09:42 ] [ 編集 ]
  254. 普通に黒人忍者は至って習ったけどな<愛知県民
    [ 2016/04/10 09:53 ] [ 編集 ]
  255. ウィルスミスはハリウッドでもギャラが高すぎて予算でないから無理だ。

    ヤスケは甲州征伐には従軍してる。
    [ 2016/04/10 10:04 ] [ 編集 ]
  256. ヤスケがアフリカに帰ってめでたしめでたし
    これが非常に疑問
    争乱で宿無しになった奴に船賃が用意できるか?
    明智が宣教師に返却したならまた奴隷扱いに戻ったって事だよな
    船に乗れても転売されるか宣教師のお供で故郷にたどり着くなんて夢のまた夢だと思うんだが
    [ 2016/04/10 10:06 ] [ 編集 ]
  257. 信長が外人から疎まれてるのは「無抵抗な宗教者をいたぶった」と勘違いされてるからだろうな。
    そもそも信長の忠臣を比叡山延暦寺の僧兵によって命を落とした事が延暦寺焼き討ちのきっかけである事を知らないし、今の時代の僧侶達も自分達の過去が金・女・権力欲にまみれた集団だった事があるって事をあまり口にしないからな。
    信長は宗教と武装・政治をきっちり分けれない寺社にはキツイ仕打ちをしたが、宗教に専念する寺社は保護し寄進もしたし、安土城に宗教的側面を臭わせる部分を取り入れている。
    [ 2016/04/10 10:13 ] [ 編集 ]
  258. 一方で教科書の出オチ要因のザビエルさん・・・
    [ 2016/04/10 10:15 ] [ 編集 ]
  259. 日本人だけど初めて知ったわ
    信長の目に留まったのはやっぱり並外れた身体能力があったからかな
    [ 2016/04/10 10:24 ] [ 編集 ]
  260. ボビーが暴れるのを止めた空手3段のムルアカでもいいし、
    タイガージェットシンとプロレスしたクロマティでもいいよ。
    [ 2016/04/10 10:42 ] [ 編集 ]
  261. 逆に、日本人も海外に散ってたけどね。
    東南アジアは確定だけど、それより西にも行ったんだろうか。
    中東ぐらいまで貿易、傭兵で行ってたら面白いのにな。
    [ 2016/04/10 10:42 ] [ 編集 ]
  262. ポルトガルの国立博物館だったか美術館だかに南蛮屏風絵図があるけど、そこには宣教師と同じような格好をした黒人の姿が沢山描かれてるよ。当時の日本人とのやり取りが描かれてて面白いよ。
    [ 2016/04/10 10:44 ] [ 編集 ]
  263. 「弥助と明智光秀が、心通じる仲だった」みたいなフィクションをいれると、面白くなりそう。「人じゃない」と逃がした上に、帰る資金まで渡したみたいな。
    武士として取り立てようとした信長も、情けをかけて逃がした光秀も、武士として死にたいと思った弥助も、カッコいいじゃん!
    で、故郷で、抵抗運動を指揮するみたいな。
    いや、もちろん「ラストサムライ」みたいなフィクションですよ。
    [ 2016/04/10 10:49 ] [ 編集 ]
  264. 昔立ち読みした雑誌に弥助の話が載っていたが、
    最後に「徳川光圀が蝦夷地調査の際に雇った水先案内人が
    「我、モルガン・弥助の孫なり」と名乗った人物。とか書いてあったが
    読みながらホンマかいなと思った。
    本能寺の変以降のことは分かってないから、流れ流れて水戸まで行った
    可能性もないこともないがどうなんだろうねぇ。
    [ 2016/04/10 10:53 ] [ 編集 ]
  265. 坂上田村麻呂は韓国人
    [ 2016/04/10 11:02 ] [ 編集 ]
  266. 想像ふくらまして晩年のヤスケが回想しているシーンを追加するから
    若き日のヤスケ=ボビーオロゴン
    晩年のヤスケ=サンコンが配役になるなw

    それで成功したらハリウッドって順番だよねぇ
    [ 2016/04/10 11:11 ] [ 編集 ]
  267. サムライじゃなくてただの家来だがな。
    足軽出身の木下藤吉郎(羽柴秀吉)、牢人になっていた明智光秀、忍者出身とされている滝川一益などを家柄にこだわらず登用したが、よく言われるような身分を超えた抜擢ということは行っていない。武士階級出身者とそれ以下(小者、町人、農民等)、または文化人などはほぼ明確に分けて登用、運用している。相撲大会の勝者や強者を登用したのは有名だが、この際も武士出身者は武士として、それ以外は厩番などの武士ではない職に登用している。
    奴隷出身の卑しいものなどサムライにするわけない。
    [ 2016/04/10 11:12 ] [ 編集 ]
  268. 奴隷の文字が見えんのか?
    黒人が「サムライ」なんじゃなくて
    信長の個人的な理由で「身分」を与えただけじゃん
    [ 2016/04/10 11:15 ] [ 編集 ]
  269. 戦国時代の戦争より信長が西洋のものをいち早く受け入れたりする柔軟性、先見の明、エキセントリックな所が好きだから

    「信長とヤスケの日々」みたいな切り口からの映画もみたいわ

    あと信長が生きていていたら鎖国せず明治時代をまたずに
    世界交流が活発になりもっと早く文明開化して日本はグローバルな世界に
    なっていたとも考えれているから

    もし信長が生きていたら…設定のドラマや映画もみたいんだよね
    [ 2016/04/10 11:17 ] [ 編集 ]
  270. ※36
    誇り高けりゃ奴隷にはならねーよバーカ
    [ 2016/04/10 11:18 ] [ 編集 ]
  271. 古代中国の奴隷も古代ローマの奴隷のように給料もらったり身分を買いあげたりできたんだよね
    中には宮仕えするやつもいたし
    近代ヨーロッパの奴隷制度はその点もの扱いだからどうしようもなかったけどね
    アメリカでは一つの部屋に男女の黒人奴隷を集めて子づくりさせてたらしいし人間扱いをしていなかった
    [ 2016/04/10 11:18 ] [ 編集 ]
  272. 海外にいった(漂流?)日本人も凄い好きだから
    黒人が興奮する気持ちもわからなくはないな

    ジョン万次郎、大黒屋光太夫とかロマンがあるからね
    謎に包まれているからこそヤスケも興味あるわ
    [ 2016/04/10 11:20 ] [ 編集 ]
  273. ソース元のフェイスブックで黒人アイコンの奴が必死に
    「これは真実ではない、君たちは妄想について語っている」と
    何回もコメントしてるな。

    家康軍も織田軍に黒人の士族が居ると書き残しているのに。
    英語のウィキにYasukeがあるのに調べないのか・・・
    [ 2016/04/10 11:21 ] [ 編集 ]
  274. ちなみに奴隷制を始めたのは実は他ならぬ黒人なんだよね
    あれアフリカの部族間での戦争で負けた相手部族を奴隷にしてたんだけど
    たまたま来てた白人相手に売り始めたのが起こり
    [ 2016/04/10 11:23 ] [ 編集 ]
  275. ハリウッドで黒人差別が問題になってるらしいから、こういうのを映画化すればいいんだよ
    主役はもちろん黒人の弥助だし、本能寺以後の消息が分からないから新たなストーリーを作ることもできる
    戦闘シーンも重厚なシーンもあるから、面白いと思うんだけどね
    [ 2016/04/10 11:24 ] [ 編集 ]
  276. えた・ヒニンという制度は江戸時代からはあったけど、当時アメリカで言う奴隷制度はなかったので、宣教師が連れて来た奴隷も奴隷としは扱わなかったって事なのかな?
    そうだとしたら嬉しいなぁ~。
    米国の様な新興国家じゃなく何千年も続く歴史を持つ国で、他国の奴隷を身分制度の上の方に据えた織田信長ってやっぱり普通じゃない人だったんだろうなぁ~。
    もし、映画が出たら見てみたい♪
    [ 2016/04/10 11:28 ] [ 編集 ]
  277. ※273
    へぇ、黒人サムライがいたことが、面白くない奴がいるんだな。単なる冷やかしかもしれんけど。
    [ 2016/04/10 11:30 ] [ 編集 ]
  278. スペインにも日本人奴隷の子孫のハポンさんがいるらしい
    [ 2016/04/10 11:34 ] [ 編集 ]
  279. 日本には人種差別も性差別も奴隷制度も歴史上ないからな。
    [ 2016/04/10 11:41 ] [ 編集 ]
  280. 結局、※2は個人的な考察を真実に置換しただけ、でOK?
    [ 2016/04/10 11:44 ] [ 編集 ]
  281. TVの情報番組で取材されたことがある。
    その後、明智軍に捕らえられたけど
    光秀は敢えて「人間ではないから」といって釈放。
    本心は助けたかったかららしい。

    その後の行方はわからないが
    奴隷身分ではなくてインド経由でモザンビークに帰ったかもという内容。

    実際にモザンビークに行くと
    日本由来ではないかという文化と言語の一部が発見された。
    [ 2016/04/10 11:47 ] [ 編集 ]
  282. >>274
    始めたつーか、東西問わず、自国民や対立した国の住民を奴隷化するのが
    極々一般的だったからな(そもそも国民って発想がなかったし)
    全く同じ時期に、イスラムによって、西洋人も奴隷化されていた訳で

    大西洋沿岸地位域だけ切り取って「西洋人が黒人を奴隷化した」
    ってのは、突っ込みどころが多すぎる話だよ
    正しいからと言って、今更それに反論すると、慰安婦問題みたいになるけどさ;
    [ 2016/04/10 11:57 ] [ 編集 ]
  283. ※275
    タランティーノあたりに企画持ち込めばぶっ飛んだの作る気がする
    [ 2016/04/10 12:02 ] [ 編集 ]
  284. その頃はキリシタンが平気で歩いてたし、
    後の家康もスペイン国王と遊んでたしね。
    [ 2016/04/10 12:07 ] [ 編集 ]
  285. 制度としての奴隷制なら日本にも奴婢というものがいたし
    制度化されていない事実上の奴隷労働なら、日中韓でも欧米先進国でも古代から現時点まで存在する。
    解放奴隷なんて古代ローマにも存在したし、中には財を成したものもいた。
    右でも左でもどちらでも良いけど、自分の主義主張のために事実を捻じ曲げてみるだけでは、大して益にならない。
    嘘を吐くにも冷徹さがあってこそ。
    [ 2016/04/10 12:15 ] [ 編集 ]
  286. ここの住人は、光秀をなんとか善人に書き換えようと頑張ってる人多いけど何で?

    光秀がヤスケに出来た一番の親切は、自分が雇うことだったろうけど、
    でも実際の光秀は「これ人間じゃないから」とか言って宣教師に返しちゃう
    おかげでヤスケはその後、奴隷に戻り地味な生活を送ったんだと思う
    奴隷解放をやった信長の家臣らしからぬ行為だし、何だかな〜だよ
    [ 2016/04/10 12:18 ] [ 編集 ]
  287. 弥助の経緯については
    光秀に助命された後故郷に帰った説以外にも
    九州に流れて沖田畷の戦いに参加した説とかもあるんだっけ
    ただ南蛮商人の奴隷という形で黒人が既に何百人と日本に流入してたから
    流石にそれは違うんじゃねーかって言われてる説だけど
    [ 2016/04/10 12:23 ] [ 編集 ]
  288. 言葉はどんだったんだろうとか信長はどう扱っていたんだろうとか色々妄想は尽きないね
    でもやっぱ本能寺以降の記録がないんだよねぇ
    帰ったとか諸説あるけどやっぱ信長の首級を持って逃げたとかは好きだな

    大河でやっても面白いとおもうけどなぁ
    ボブサップあたりに日本語覚えさせればなんとかなりそう
    [ 2016/04/10 12:23 ] [ 編集 ]
  289. 黒人サムライがいたなら黒人ニンジャもいたはずだ!いや、いたに違いないっ!とアメリカでC級映画が出来そうな予感
    チアリーダーニンジャを作った国ならやれるさ
    [ 2016/04/10 12:29 ] [ 編集 ]
  290. 確かに彼の人生のドラマはめっちゃ見たいわ
    記録が少なすぎて大部分が創作になってしまうだろうけど
    奴隷として連れて行かれやがて信長に出会い
    出来れば最後はアフリカの大地へ帰ろうとする船出のシーンで
    終わるといいなぁ
    [ 2016/04/10 12:35 ] [ 編集 ]
  291. ※198 日本では硝酸が産出されなかったので火薬を作るのが大変だった。
    硝酸を中国から輸入していた。
    [ 2016/04/10 12:36 ] [ 編集 ]
  292. 黒人の皆さんは差別のない日本に集合ーっ!!
    [ 2016/04/10 12:40 ] [ 編集 ]
  293. 奴隷商人とつるんでたキリスト教宣教師からの貢物だった
    信長は普通に人間扱いしていた
    [ 2016/04/10 12:40 ] [ 編集 ]
  294. 俺が明智でも助ける言い訳に「こいつは畜生だから」くらい言うわ。で、こいつの子孫がボビーって事でいいのか?
    [ 2016/04/10 12:50 ] [ 編集 ]
  295. 名無し
    信長の凄さだな
    信長は時代とか関係なしにいいと思ったものは良いだから
    ぶっ飛んだ奴ってイメージが強いけど気に入られた人からしたらカリスマ的だったんだろうな
    [ 2016/04/10 12:58 ] [ 編集 ]
  296. ここの人たち喜んでくれそうなネタ一つ投下
    「この奴隷は多少日本語が理解出来たので、信長の質問に答えることが出来た。
    返答を得た信長のはしゃぎっぷりは尋常でなく・・・」    だったかな?
    [ 2016/04/10 12:58 ] [ 編集 ]
  297. >>291
    五箇村とかでは、野草などの成分を混ぜ合わせて硝石を造りだす傑出した方法を編み出してたよ
    [ 2016/04/10 13:05 ] [ 編集 ]
  298. いやあ長年生きてるけど知らんかったわ
    まだまだ面白い事ってあるんだな
    [ 2016/04/10 13:15 ] [ 編集 ]
  299. 戦国時代の絵巻物に金髪碧眼が描かれているので
    外国人か帰化人か、落とし種か…
    あの時代も捕鯨で難破しが多かったのでそのまま居着いた人なのかもね。

    黒人も中東系も来てたし、日本は島国なので昔から多民族で和をもって尊しとなしとなったんだと思うよ。

    ただ、文化が形成されたらさすがにね…
    文化に敬意を払えない人は、見た目が同じ&近くても外国人扱いになっただろうな。
    [ 2016/04/10 13:20 ] [ 編集 ]
  300. 徳川家という勝者が作った歴史だしな。
    [ 2016/04/10 13:31 ] [ 編集 ]
  301. 九州かどこかの戦国絵巻だか屏風に
    黒人の侍が描かれているとかなかったっけ?
    弥助失踪後の戦なので
    そこに参戦していたのではないかとか言われていた気が
    [ 2016/04/10 13:32 ] [ 編集 ]
  302. 酒天童子ってもしかしたらロシア人かもな。
    [ 2016/04/10 13:34 ] [ 編集 ]
  303.  
    ※278
    スペインにいるハボンさんは奴隷の子孫じゃないよ
    慶長遣欧使節関係者の子孫だよ

    ※267
    残念ながら士分相当の扱いだったのは事実なんだよなぁ・・・
    [ 2016/04/10 13:38 ] [ 編集 ]
  304. 面白いこともあるもんだね。
    知らなかった。
    [ 2016/04/10 13:43 ] [ 編集 ]
  305. どこぞの南蛮寺の寺男が日本語話せる黒人で子供好きだった、なんてなかったっけ?何かで読んだ覚えが有るんだが。
    勘違い記憶違いの類いだったら嘲ってくれて構わんです。
    [ 2016/04/10 13:48 ] [ 編集 ]
  306. >>300
    徳川氏のスタンスは奥州藤原氏に近い路線

    でも、軍事力が相対的に低下すると頼朝にやられたように、幕末の欧米の干渉と蹂躙に耐えられなくなって壊された。

    じり貧を待つか、ロスタイムまでの時間を謳歌するか、そんな感じだ。
    [ 2016/04/10 13:48 ] [ 編集 ]
  307. ブラジル移民した
    日本人に 親切にしてくれてありがとう アントニオ猪木はブラジル二世か三世 だよ 他にもたくさんいるよ
    オリンピック成功を祈ります。
    [ 2016/04/10 13:49 ] [ 編集 ]
  308. 水戸のじっちゃんと2人の黒人のほうが付き合いが長そう。
    じっちゃんの蝦夷地探索で測量の手伝いをして、
    水戸帰郷後は助さん・格さんよりも石高が上だったとか。
    [ 2016/04/10 13:54 ] [ 編集 ]
  309. イエズス会のやつらが外国で何をしているのか聞くために、奴隷の黒人を身近において日本語を教え込んだのが織田信長
    そこからイエズス会のやつらがやばいって認識が日本の戦国武将の間に広まった
    黒人が優秀で強いからという理由で侍になれたのではない
    そこを勘違いするなよ黒人ども
    [ 2016/04/10 14:10 ] [ 編集 ]
  310. この黒人の存在は遠藤周作の小説で知ったな
    まぁあれは歴史小説というより、ほぼオリジナルの創作だったが
    [ 2016/04/10 14:22 ] [ 編集 ]
  311. 2014年に紹介されてたネタ。
    外国人の反応も似たようなものばかり。
    [ 2016/04/10 14:23 ] [ 編集 ]
  312. ※267
    こういう無知に気が付かずに堂々と馬鹿を言える奴がいるってほんと恐ろしいことだな
    [ 2016/04/10 14:28 ] [ 編集 ]
  313. 黒人や南蛮人の屏風って、当時を絵師がスケッチして描いたのではなく、
    輸入された白黒印刷の書籍の絵を元に拡大模写して、それを伝聞で南蛮人だかに服の色等を聞いて彩飾していったんじゃなかったけ?
    [ 2016/04/10 14:34 ] [ 編集 ]
  314. 洗ってやっと信じたってところに差別だって噛み付く非黒人はいないの?
    [ 2016/04/10 14:35 ] [ 編集 ]












  315. [ 2016/04/10 14:39 ] [ 編集 ]
  316. 明智がヤスケを人間扱いしたならつまり敵将なわけで
    そのまま首を刎ねなきゃいかんけどな

    スペインのは奴隷の子孫なんじゃないの
    使節の子孫だって証拠とかあったっけ?
    テレビで取り上げられた時もおそらくそうだろう程度だったと思うが
    [ 2016/04/10 14:39 ] [ 編集 ]
  317. >光秀に捕らえられたが、”こいつは人間でなく、畜生だからお構いなし!”ってことで放免されたということじゃなかったか?

    これはヤスケを救うための「方便」というやつじゃないの?
    俺はこの話を知ったとき即座にそう解釈したんだが。
    [ 2016/04/10 14:41 ] [ 編集 ]
  318. 明智光秀もこれまでの弥助の波乱に満ちた人生を知ってただろうからな
    今の感覚じゃ言葉はアレだが、当然救ってやらねばという行動だわな
    本当に畜生と思っているならば遠慮無く斬って捨てりゃいい話だし
    [ 2016/04/10 14:54 ] [ 編集 ]
  319. 「乱」のピーターの役がこの史実にインスパイヤされてるってことだ
    [ 2016/04/10 14:54 ] [ 編集 ]
  320. モザンビークに「キマウ」だか「ケマウ」だかしらんけど
    着物に似た民族衣装があるってことで故郷に帰れた説もあるよね
    [ 2016/04/10 15:02 ] [ 編集 ]
  321. 日本のネットは現実と違って喧嘩腰の奴が多いですね
    [ 2016/04/10 15:09 ] [ 編集 ]

  322. ■ 映画化してくれよ。
      ラストサムライより良い映画になる気がする。 +1 ブラジル

    大河ドラマでは出てきたけどね
    信長 KING OF ZIPANGUで
    [ 2016/04/10 15:16 ] [ 編集 ]
  323. ※300
    日本の歴史はそういう「勝者が作る歴史」とは縁が遠いわ
    何故なら歴史の記述者が不特定多数いるから
    中韓の歴史のように前覇者を極悪人に仕立て上げるようなプロパガンダも無い
    [ 2016/04/10 15:21 ] [ 編集 ]
  324. 体格が良くて力が強いから兵士として魅力的だったんだろうな
    [ 2016/04/10 15:34 ] [ 編集 ]
  325. 広い広い、海の彼方まで観ていた人なんだろうね。
    結構優しい側面もあったのかも。
    [ 2016/04/10 15:43 ] [ 編集 ]
  326. ハリウッドで映画化したら面白そうだけど、どうせエンディングがラップみたいなのだったりするんだろうな
    [ 2016/04/10 15:44 ] [ 編集 ]
  327. 西洋でも黒人の将軍やらいるんだけれどな。
    プーシキンの母親の祖父は黒人の軍人でピョートル一世から寵愛うけたし、デュマ・ペールの祖母も黒人だしね
    [ 2016/04/10 15:54 ] [ 編集 ]
  328. 文化と認識の違いはしゃーないな。勝ち取った戦利品となれば。
    相手も承知で戦ってた訳だし。相互理解があるかないかは違いとしては
    決定的だ。なぜなら対等と言う条件があるから狩りではない。
    キリシタン大名のような例はあるが結局禁止弾圧されている。
    それを言うなら戦い自体が理不尽だ。文句は時代に言うといい。
    [ 2016/04/10 16:04 ] [ 編集 ]
  329. >>309のお話、面白い。
    このエピソードも踏まえて映画化されたら見たいなぁ。
    [ 2016/04/10 16:15 ] [ 編集 ]
  330. ※46
    四半世紀くらい前からそういう主張してたんだけど、
    当時は誰も取り合ってくれなかったなあw
    は、何言ってんのこいつ?
    なんかこの人メンドクサイ……
    っていう半笑いの反応しかなかったわw
    英語の先生とか特に。
    [ 2016/04/10 16:24 ] [ 編集 ]
  331. 自分のことでもないのに調子乗ってる害人乙。
    [ 2016/04/10 16:31 ] [ 編集 ]
  332. 1582 本能寺の変
    行こう(15)弥(8)助と共に(2)本能寺の変
    [ 2016/04/10 16:32 ] [ 編集 ]
  333. なんでアメリカ人ってことになってるんだろうか?
    [ 2016/04/10 16:50 ] [ 編集 ]
  334. もし弥助が映画化されるとしたら
    最初はモザンビークで普通の生活をしてたところを
    奴隷商人に捕まるところから始まって
    ヴァリニャーノ一行に買われてインドを経て日本へ、
    みたいな導入だろうなアミスタッドみたいな感じ
    [ 2016/04/10 16:50 ] [ 編集 ]
  335. >290 
    最後のシーンは
    「アフリカの大地で木で削った木刀を使って、自分の子に剣術を教える弥助の姿」しかし周りの物は彼がかつて侍だった事を信じる者はいなかった。
    とできるだけ史実を盛り込んだ形で描き、
    →その子孫がアメリカに渡り「アフロサムライ」へと血は続いた
    って感じが良いかとw
    [ 2016/04/10 17:01 ] [ 編集 ]
  336. とりあえず本能寺の変のあとに光秀に放免されてからどっかの山の麓でしばらく暮らしてたらしいというお話は聞いた事がある
    ただ結局消息は定かじゃなくて
    その後南蛮人の船で帰国したともどっかへ消えていったとも言われてる
    [ 2016/04/10 17:16 ] [ 編集 ]
  337. 弥助を解放した「動物に近い」と言うのは理由として「日本語が通じにくい」と言う事もある。後は「侍として処断するには忍びない」「処断する意味も殆ど無い(親族・子孫等反乱分子を持ってないから)」と言う事もあったのでは?
    [ 2016/04/10 17:23 ] [ 編集 ]
  338. ちょっと映画の妄想してみた。
    モザンビークで今まさに最期の時を迎えようとする年老いた男。その男は自分の人生を振り返っていた。
    無理矢理船に積み込まれる若い男。男を買い取る宣教師。人間ではなく商品として扱われ続けた男は、宣教師に連れられ東の果ての島国へ。男の容姿が珍しいのかジロジロ眺めるその国の住人達。そして彼はこの国で最も勢いのある大名と出逢い、その珍しい容姿と腕っぷしを買われて彼のボディーガードに。男のサイズの着物を作ろうとおっかなびっくり寄ってくる他の使用人達。相撲をするたび人種など関係なく男に称賛を送る武士達。いつの間にか男の大きな身体をよじ登るようになる子供達。日本の祭や能を鑑賞したり、一人で踊ってるところを信長に見られて「こうやるんだ」って敦盛目の前で踊られたり。光秀とちょっと仲良くなって、光秀に作法教わったり、信長にきつい事言われた光秀をこっそり慰めたり。そして迎えた運命の日。信長に仕えて以来人間扱いされていた彼が久しぶりに浴びせられる「畜生」の言葉に込められた彼を逃がしたい光秀の心を感じ取る男。男は裸足のまま駆け出す。
    再びモザンビーク。男は自分を囲む子供達にどうか賑やかに歌って踊りながら送ってほしいと頼む。村人たちは家の外で白塗りの顔で不思議な衣裳で踊りだす。それはかつて男が遥か遠い東の果ての島国で見た祭によく似ていた。
    [ 2016/04/10 17:41 ] [ 編集 ]
  339. 信長は能力第一主義だから、馬鹿では絶対に取り立てられない。屈強な身体、そしてきっと眼差しに知性と謙虚さや勇敢さや諸々の能力を見出したんだと思う。信長自身は宣教師の記録にも詳しく記されているように、個人としては物凄く質素で規律正しい人だったみたい。一方でファッションリーダー的な洒落者としての面や数寄者としての面もあり、ただの唯物論者や無神論者ではない人間的な深さもよく知られている。でも織田家はもともと神道の家柄であるため、伊勢神宮への寄進は歴代でも群を抜いているとも聞く
    [ 2016/04/10 17:46 ] [ 編集 ]
  340. 人ではないと言って放免したのは、ただの方便だろうね。日本人は兎を一羽と数えて例外にしたみたいに。南方の島々の住民を逃すために方便としてわざとお前たちは日本人じゃないんだとキツく言って彼らの命を救ったように。こういう話はいくらでも残っている。
    [ 2016/04/10 17:57 ] [ 編集 ]
  341. 扶持と書かれてても、士分とは限らないんだよ。

    ノブはその辺厳格で「下から取り立てる」とはいっても
    武士出身の奴しか「武士としての採用」はない。
    その他身分出身の奴は、高禄で召し抱えてもあくまで用人レベル。
    こういう用人が下男身分の奴は、
    戦場にも主人の世話でついてくるんだけど、
    敵味方とも「あれはいない存在」として扱う決まりになっていた。
    戦場において主人の馬の隣にいても、敵はそいつを攻撃しない。
    だからこそ、
    「下男なのに主人と一緒に戦った」「下男なのに討ち取られた」
    がわざわざ当時の記録に残るんだよ。
    本能寺の合戦でも、「厩番や下男レベルまで奮戦した」とわざわざ記録されている。
    このレベルの奴はその気になれば包囲軍は「下男かよ、はよ出てけ出てけ」とスルーで逃がしてくれる、
    そういう存在。決して戦闘用の武士ではない。
    これはつまり、下男たちまで死を覚悟で頑張った=ノブは案外人望あったんだぜ、という証拠でもある。
    で、
    弥助に対する光秀軍の「お前は関係ないから逃げろ」も、
    光秀軍の面々が弥助を「戦闘要員としての武士ではない」と認定していた証拠。
    [ 2016/04/10 18:07 ] [ 編集 ]
  342. 映画は無理だろ白人どもが奴隷として引きずり回してたんだろ?
    白人様最高じゃなくちゃいけないんだから無理無理
    日本が奴隷として連れてきたー悪だーってんなら話は違うけどよ・・・
    [ 2016/04/10 18:18 ] [ 編集 ]
  343. エジプト王朝の一族が黒人の可能性もあるでしょ



    [ 2016/04/10 18:47 ] [ 編集 ]
  344. NHKだったと思うけど、昔やってたわ。
    弥助は頭が良く従順且つ勇敢なので、信長がいたく気に入ったのだとか。
    信長は男性が好きなことでも有名だけど、弥助とも寝間を共にしたとか。
    信長が弥助を逃がした後は、農業に勤しんだとか船で故郷に帰ったとか、いろいろな説があるらしい。
    [ 2016/04/10 18:55 ] [ 編集 ]
  345. 中東には白人の奴隷っていうのもいたんだぜ。南米やインドにも現地でアンタッチャブル化した白人もたくさんいる。
    [ 2016/04/10 18:58 ] [ 編集 ]
  346. なに、ヤスケだと?
    そりゃあウリ国起源の黒人だ!

     安・毛

    両班出身ニダ。
    [ 2016/04/10 19:05 ] [ 編集 ]
  347. 三好に砲術指南かなんかで黒人がいたんじゃなかったかな?
    それが生き延びたヤスケかどうかは分からないけど
    [ 2016/04/10 19:07 ] [ 編集 ]
  348. え、えっと、史実の光秀は放免してないからね
    元の持ち主宣教師に返してる、だからヤスケは再び奴隷生活送っただけだよ

    夢壊すようなこと書いてすいません
    [ 2016/04/10 19:12 ] [ 編集 ]
  349. まあ黒人主役の日本が舞台の映画は商業的には厳しいかも知れないね。
    戦国時代を描いた絵に西洋人(?)が武将と一緒に戦っている絵が有るから、それを膨らませて、明智軍に白人のサムライを準主役でキャスティングして弥助と絡ませれば良いんじゃね?

    一応、白人が居る軍が弥助に勝つ訳だから白人側のプライドも保てるし、勝ったといってもどうせ三日天下なんだし黒人側も満足するんじゃないかなあ。
    ナンチテww
    [ 2016/04/10 19:12 ] [ 編集 ]
  350. 城主にする予定だったってほんとか?信長の野望にだすべきだな
    ただ能力値をつけるほど資料が残ってないか
    [ 2016/04/10 19:33 ] [ 編集 ]
  351. この時代、白人は黒人に首輪をつけて犬同様に引き回していたってことは知らないのかね、今の黒人たちは。ハリウッドに毒されすぎだろ
    [ 2016/04/10 19:34 ] [ 編集 ]
  352. 黒人系の方々、スゲー盛り上がってますなぁ
    ビックリ
    [ 2016/04/10 19:47 ] [ 編集 ]
  353. ※349
    白人サムライは無理があるんじゃないの、基本宣教師として来てるわけで
    わざわざ現地の戦争に巻き込まれるような動きしないよ、白人側にメリット無いだろ
    弥助が取り立てられたのは奴隷から人間扱いされる立場になるという、弥助にもメリットのある話だから
    つまり言い方悪いけど元の立場が対等じゃないからこそ
    サムライになる選択が弥助にとってデメリットではなくチャンスになり得たんだよ
    [ 2016/04/10 20:00 ] [ 編集 ]
  354. それにしてもアフリカ人や世界各地にいる黒人たちは
    未だに差別が酷いのか知らんけど他国の人のことでも
    同じ黒人というだけで誇りに思うとか一体感凄いな。

    東アジアなんか隣国が欧米で有名になったら妬みがすごいのにな。
    日本人は「知ったこっちゃねー関係ねーし」って感じかな。

    [ 2016/04/10 20:19 ] [ 編集 ]
  355. 名なし
    白人だと三浦按針がいるじゃない。家康に重用され外交顧問になった。
    旗本待遇のサムライだよ。
    [ 2016/04/10 20:22 ] [ 編集 ]
  356. ※348
    馬鹿だな、おまえ。
    返っていたら記録があるはずだろうが。
    そもそも、弥助の記録の多くは宣教師側のものなんだよ。
    だから弥助はもとの宣教師のところには帰っていない、それは確実。
    もし記録が隠されているとしたら、それは明智と宣教師に密約があったということになるが、そうするとそもそもの明智の放免の記録さえ怪しくなる。
    [ 2016/04/10 20:32 ] [ 編集 ]
  357. へぇ知らんかったなぁ
    でもアフリカは元より偉大な歴史あるじゃない。
    [ 2016/04/10 20:36 ] [ 編集 ]
  358. 1234
    奴隷解放は古代のヤマトタケルのおじいちゃんの天皇だっけな?
    のほうが早かったハズ。当時は古墳に生け贄を埋めてたけど、
    かわいそうにおもった天皇がかわりに埴輪を埋める事にしたんだよ
    [ 2016/04/10 20:40 ] [ 編集 ]
  359. 昔の黒人奴隷の気質って何気に日本社会だと出世株だよな…
    [ 2016/04/10 20:43 ] [ 編集 ]
  360. 信長が天下統一する世界にしようとタイムスリップして歴史を修正する
    眉村卓の小説がおもろい
    [ 2016/04/10 20:44 ] [ 編集 ]
  361. 他国で先祖が頑張ってたんだなと思うのは普通のことだから
    黒人の方々が喜ぶのも普通のことだと思う
    活躍の度合いは分からないけどサムライという立場にいたという事が嬉しいんだろうね
    日本人だって先祖が武家である人の方が少ないけどサムライの活躍に興味持ったりするのと似てるというか
    [ 2016/04/10 20:47 ] [ 編集 ]
  362. 通名 朴藤吉郎 穢多非人
    [ 2016/04/10 20:47 ] [ 編集 ]
  363. 小野伸二は黒人南蛮人の末裔だと思うのは俺だけ?
    あのチリチリの天パや何処と無くブラックの人々の雰囲気を感じる顔立ちは純粋な日本人にはいないと思うんだよな
    それに弥助は本能寺以降の消息が分からないのもミステリアスやわ

    [ 2016/04/10 20:47 ] [ 編集 ]
  364. NHKのドラマで塚原卜伝と戦った武芸者の一人が黒人だった様な気がする。
    [ 2016/04/10 20:49 ] [ 編集 ]
  365. 実はアンソニーだったという罠
    [ 2016/04/10 20:55 ] [ 編集 ]
  366. 身分や出自ではなく、気に入るか気に入らないか、ってのが実に信長らしい
    [ 2016/04/10 20:57 ] [ 編集 ]
  367. 肌の色が珍しいからというだけの理由で取り立てられただけで、
    別になんの功績を上げたわけでも、格別に信頼されていたわけでも
    ないからなあ。
    [ 2016/04/10 21:19 ] [ 編集 ]
  368. 黒人なら力が強いだろ、相撲を取らせたら強かったから
    お気に入りになったんだろ?信長ならなんか良く分かるわ。
    ただ、武士としてなにか合戦なりで功績を立ててたらもっと
    歴史に名が残ったのかも知れんな。信長の死が早く迫ってくる訳だから。
    [ 2016/04/10 21:30 ] [ 編集 ]
  369. 黒人の反応見ると、どうも何か勘違いしてるような気がするな
    アフリカ人は自主的に海をわたって世界各地で活躍していた、みたいなこと考えてないか?
    [ 2016/04/10 21:49 ] [ 編集 ]
  370. 特アに似てるとか言ってる人さぁ。ちょっと酷すぎない?黒人は一応人だよ。言葉は選ぶべきだね。
    [ 2016/04/10 21:51 ] [ 編集 ]
  371. 映画化には賛成だな。
    こういうのを金かけて作れば海外に売れるのにな。
    [ 2016/04/10 21:58 ] [ 編集 ]
  372. ※338
    お前のせいでちょっと泣きそうになったぞ
    弥助が主人公の映画、普通に面白そうだよなあ
    [ 2016/04/10 22:06 ] [ 編集 ]
  373. 日本人って生の黒人を見ると怖くてビビる事あるのに
    なぜか脳内では、黒人は「御主人様に従順でやさしい家来」ってイメージがあるよね
    調べてみるとそう思えるような古い文献結構あるから驚くけど、日本に居た黒人は良い人が多かった気がするわ
    [ 2016/04/10 22:08 ] [ 編集 ]
  374. >信長の落命後二条城に移り奮戦するも、明智軍に捕縛され南蛮寺に送られます。

    わざわざ二条城に入って籠城するんだから、見上げた忠誠心だわ。
    それに引き換え有楽斎ときたら…。

    >■ 記録に残っている唯一の人ってことだよね。
    >  でも当時の日本に渡った黒人は実際には彼だけじゃないと思う。 カナダ

    外国人の武士は、織田以外にも結構居る。
    白人も居るがやはり、朝鮮、明の人間が多め。
    [ 2016/04/10 22:09 ] [ 編集 ]
  375. 奴隷として連れてこられただけだろうけど、弥助が有能だったのは間違いないだろう
    最初はただの興味本位で宣教師から譲ってもらったのかもしれないけど、信長がただのネタだけで重用したとは思えない
    [ 2016/04/10 22:09 ] [ 編集 ]
  376. >白人だと三浦按針がいるじゃない。家康に重用され外交顧問になった。
    >旗本待遇のサムライだよ。

    彼は面白いよね。
    すっかり日本に馴染んだのか、
    本国の提督と中悪くて、
    結局国に帰らず骨を埋めた。
    徳川なら、ヨーステンも居るな。
    [ 2016/04/10 22:15 ] [ 編集 ]
  377. 銀魂見てる奴が何人かいるようだ
    [ 2016/04/10 22:18 ] [ 編集 ]
  378. ヤスケはイエズス会の奴隷兼宣教師という訳の分からない身分だった
    信長はキリスト教に興味は無かったが黒人はとても気に入って
    貰い受けた
    そんで傍に使えさせた
    森蘭丸みたいに夜の友にしたかどうかは知らない
    [ 2016/04/10 22:22 ] [ 編集 ]
  379. >肌の色が珍しいからというだけの理由で取り立てられただけで、
    >別になんの功績を上げたわけでも、格別に信頼されていたわけでもないからなあ。

    甲州征伐で信長についてったらしいよ。
    もっとも、武田は既に信忠が潰してるから物見遊山だけど。
    一応、扶持も有ったみたいだから、馬廻り、袰衆だったのかもね。
    信長の近習なら信忠時代の戦力として見てたのかも知れんし。
    [ 2016/04/10 22:28 ] [ 編集 ]
  380. これ最初の信長の態度や与えた処遇次第で人種差別って意識が植え付けられるかもしれない、現代日本人のアイデンティティが変わってたかもしれないよなぁっていつも思う

    塗ってるって思ってたとこといい、ちょっと可愛いよな信長w
    このエピソードがあるかないかで俺の中での信長の印象がだいぶ違うわ
    [ 2016/04/10 22:28 ] [ 編集 ]
  381. 白人が奴隷として扱っていて、かつ、見たことのない黒くて大きな力の強そうな男性。それがあっという間に帯刀を許されたっていうんだから、大柄ではあるけど横暴な人間には見えなかったんだろうなぁ。
    真面目で純粋な人だったのかも知れない。
    最後に良い死に方ができたかなぁ。
    南蛮寺に移送後、また白人の奴隷として扱われていなければ良いけれど。
    [ 2016/04/10 22:32 ] [ 編集 ]
  382. そんな驚くことなのか、西洋では黒人の騎士は居なかったのか
    [ 2016/04/10 22:40 ] [ 編集 ]
  383. >>アフリカ人のサムライか。
      あの時代にどうやって日本に渡ったのか気になる。アメリカ

    ひいじいちゃんにでも聞いてみな。
     アメリカ人がそれを知らないなんて言わせない。
    [ 2016/04/10 22:41 ] [ 編集 ]
  384. 勝者が歴史を作るというが日本の場合勝者が一方的に悪になっている半官贔屓の作った後世の構造が多い・・・
    上のスレでいろいろあったけど女性も名前がなかったり、とある痴呆では女性と目をあわせちゃいけないとか性差別もあったぞ
    海外基準になると、政治に参加できないのが女性の差別だし

    アフリカも人種差別と戦ったすっげーかっこいい歴史が多いじゃんか。
    教わってないんだろうな・・・
    [ 2016/04/10 22:47 ] [ 編集 ]
  385. 召使ではなく接待用に連れてきた音楽隊奴隷な
    召使はまだ人権あるから
    [ 2016/04/10 22:51 ] [ 編集 ]
  386. まあ、日本人も幕末頃に漂流した日本人がアメリカで頑張ってる話とかロシアのエカテリーナ2世やピョートル大帝に遭遇した話はわくわくするし

    そういえばピョートル大帝も信長と同じく黒人の家来を気に言ってたし
    黒人と白人のハーフの人が三銃士を書いた人
    [ 2016/04/10 22:55 ] [ 編集 ]
  387. ※373
    >なぜか脳内では、黒人は「御主人様に従順でやさしい家来」ってイメージがあるよね

    いや無いだろw
    [ 2016/04/10 23:04 ] [ 編集 ]
  388. 今気付いた、ヤスケのその後…
    信長死後、宣教師の元に戻る↓
    再び宣教師の記録では「黒人奴隷」としか書いてもらえない

    なのでヤスケの記事は宣教師記録にたくさん残ってるんだけど、
    「黒人奴隷」の中の誰がヤスケなのか、今の人は知る術もない

    これかなりリアルっぽい気がする
    [ 2016/04/10 23:10 ] [ 編集 ]
  389. 実力社会だからな
    差別差別と騒いでいたら斬られてただろうな
    [ 2016/04/10 23:15 ] [ 編集 ]
  390. 図体でかく戦闘力がたかかったとあったが
    [ 2016/04/10 23:19 ] [ 編集 ]
  391. まずバサラか無双に出せば良いのに
    [ 2016/04/10 23:19 ] [ 編集 ]
  392. 信長の側に随行してた記録が残ってたんじゃなかったかね?
    当時であれば、でかかったんだろうね
    [ 2016/04/10 23:33 ] [ 編集 ]
  393. ※202 
    フリーソーメンの陰毛
    [ 2016/04/10 23:35 ] [ 編集 ]
  394. これ、弥助を連れてきた宣教師を美化500%ぐらいにして
    残酷な奴隷商人から弥助を買い取る形で助けた宣教師に
    「東の果てに黄金の国があるらしい。お前も一緒に行こう」
    で、日本に一緒に行くって形にすれば白人様も納得してくれんじゃね?
    で、ラストは光秀がその宣教師に弥助を引き渡して二人でモザンビークに向けて出港と。
    始めて日本を見る船上の弥助と日本を去る船上の弥助、とかすればお涙頂戴もばっちりだな
    [ 2016/04/10 23:39 ] [ 編集 ]
  395. たしか どこかの戦場から 弥助の出陣願がきて
    信長は 弥助は侍大将の器だから戦場には
    出さないと拒否している

    戦国武将が近習と男色になったのは
    裏切りや暗殺防止の為でもある

    伊達政宗には金髪白人女の側室がいた
    [ 2016/04/11 00:16 ] [ 編集 ]
  396. ただただ、遠くの国から奴隷として来た黒人は日本にいて幸せだったのか?と思う。
    言葉もわからない、色の違う小さな日本人だらけ、信長の気性だけに怖かったと思うわ。最後はどうしたのか?とか。
    縁あって島国の日本の信長の家臣だったんだ、奴隷だけの人生じゃない黒人がいてもいい。そりゃ喜ぶわ。
    [ 2016/04/11 00:43 ] [ 編集 ]
  397. 当時の日本人の平均身長が150㎝の時代に180超えで、もちろん奴隷で力仕事させられてただろうから腕っぷしも強く信長の部下と相撲なんかやっても太刀打ちできなかったとかって聞いた事あるな
    そりゃ家来にしますわ
    外国文化大好きな信長なら尚更

    前にテレビで弥助を調査する番組で弥助の出身地に行くと言語が日本との関係を匂わすようなのがあったりしたっけかな
    こじつけかもしれんかったけどな
    [ 2016/04/11 00:45 ] [ 編集 ]
  398. 「ワシ、第六天魔王やから地獄から鬼連れてきたw」
    ってネタが気に入っていたに違いない。
    [ 2016/04/11 00:55 ] [ 編集 ]
  399. 実際黒人にはマリ王国、シバの女王、スーダンなど
    紀元前からの数々の栄光の歴史がある
    気候変動による砂漠化が致命的で衰えた
    その後の植民地支配における分断政策による憎悪の連鎖が
    いまだに悲劇を生んでいる
    しかし明るい兆しの見えてる国もあるし
    今後の水資源開発と教育の普及によっては未来をリードする
    地域になるかもしれない
    その前に南米大陸の森林伐採を停止しないと人類に未来はないんだけどね
    [ 2016/04/11 00:55 ] [ 編集 ]
  400. 故郷に帰った説があるね
    故郷と思われる地域に着物に似た装束があって
    名前はキマウと言われてる
    と世界不思議発見でやってたね
    [ 2016/04/11 02:20 ] [ 編集 ]
  401.  
    宣教師が日本からどれだけ奴隷として人を連れ去った事か。
    [ 2016/04/11 04:00 ] [ 編集 ]
  402. ※87
    確か『家忠日記』に信長の近侍扱いで甲州征伐にも従軍してて扶持も貰ってた記述があったはず
    [ 2016/04/11 06:46 ] [ 編集 ]
  403. 召使じゃなく奴隷だよね実際は
    [ 2016/04/11 07:17 ] [ 編集 ]
  404. >>69
    すごい・・ロマンすぎる。
    [ 2016/04/11 08:34 ] [ 編集 ]
  405. >たとえ彼を保護してくれた人だとしても、オダってどうも好きになれないんだよなぁ。

    信長は革新と残虐の二面性があるからな^^;
    分かるわ

    ヤスケの後日談が残ってないのは残念。
    明智光秀はキリシタンだから、敵とはいえ元々宣教師の従者。
    処遇に影響が無かったんだろうか?
    [ 2016/04/11 09:22 ] [ 編集 ]
  406. ※405
    えっ光秀がキリシタン?娘のガラシャと混同してないか
    [ 2016/04/11 10:12 ] [ 編集 ]
  407. 不思議な縁で日本に辿り着き、日本に骨を埋めた異邦人なら、
    ウィリアム・アダムスこと三浦按針が有名だな。
    徳川家康に外交顧問として取り立てられている。
    三島由紀夫の「海と夕焼け」も面白いよ。
    少年十字軍のフランス人少年が奴隷商人に売られて、
    日本に辿り着き寺男になるという小説。
    [ 2016/04/11 10:23 ] [ 編集 ]
  408. しかし日本に渡った経緯は奴隷として物としてなんだけどね
    ※401
    自分もよく誤認してたけど宣教師はもちろん日本人を海外に奴隷として連れて行ったけど
    日本人を宣教師たちに売った日本人の奴隷商人っているからな
    [ 2016/04/11 10:23 ] [ 編集 ]
  409. 信長が生きてたら大名になってたかもしれないんだよな
    [ 2016/04/11 10:45 ] [ 編集 ]
  410. 奴隷から取り立てられるくらい力が有ったかデカかったんだろうな。
    信長は実力主義で人材集めてたからな。
    [ 2016/04/11 10:45 ] [ 編集 ]
  411. 世界ふしぎ発見では、モザンビークのある地域にだけ「キマウ」という着物によく似た服を着る習慣と、正座をする習慣があると紹介して、ヤスケは最終的に故郷に帰ったのではないかと推理してたな。

    そして黒柳徹子が昔モザンビーク大統領に面会したときヤスケの資料を送ってくれと頼まれたとか。
    [ 2016/04/11 10:48 ] [ 編集 ]
  412. それにしてもアフリカ人や世界各地にいる黒人たちは
    未だに差別が酷いのか知らんけど他国の人のことでも
    同じ黒人というだけで誇りに思うとか一体感凄いな。

    東アジアなんか隣国が欧米で有名になったら妬みがすごいのにな。
    日本人は「知ったこっちゃねー関係ねーし」って感じかな。

    [ 2016/04/11 10:49 ] [ 編集 ]
  413. ※3
    龍造寺と有馬の戦に突然飛び込んできて龍造寺に味方して大砲を操った黒人だな。
    それヤスケなんじゃないかと思ってる。
    本能寺の変より後の話だし。
    [ 2016/04/11 10:50 ] [ 編集 ]
  414. アフリカ人にとって弥助というのは日本人にとっての山田長政みたいなもんなんだろうか?
    [ 2016/04/11 11:27 ] [ 編集 ]
  415. ※411
    弥助より黒柳徹子すげー・・・ってなる
    [ 2016/04/11 11:28 ] [ 編集 ]
  416. 信長を魔王って言っているのは、戦国BASARAのファンだと思う…
    別の翻訳記事で、「さすがに六本刀は創作だと思っていたけど、アニメの伊達政宗と史実と全然違うんだぁ…」ってショックうけてた人いたし
    [ 2016/04/11 12:35 ] [ 編集 ]
  417. そろそそ信長も真実が世間に出回るようにしないとな、外人さんのためにもw

    魔王…そもそもこの話の大本は信長の手紙
    「私信玄みたく非常識じゃないんで第六天魔王なんて名乗りませんよ」
    残酷…徳川幕府が政権維持のため信長を下げとこうと思ったが、これといった黒エピソードがない、仕方なく残酷という抽象的な表現で下げる
    [ 2016/04/11 13:02 ] [ 編集 ]
  418. 映画化にしたら最高なんじゃないのか?
    [ 2016/04/11 14:10 ] [ 編集 ]
  419. つーか、まぁ元の板が日本好きな人たちの集いなんだろうけど、
    この話で「俺達にも名誉あるご先祖様が居たんだ!」って喜んでるのって、
    やっぱりかつての奴隷制度がいかに大きく重い歴史なのかって事でもあるよな。
    考えさせられるわ
    [ 2016/04/11 14:16 ] [ 編集 ]
  420. 軍師・官兵衛にチラッと出たよね彼
    たしかにヤスケ(ヤスフェ?)は興味深い人だけど映画化ねえ...
    ハリウッドはワンパターンで糞つまんないけど
    邦画は、それに輪をかけて無駄に金かけたゴミ量産だから
    (しかもゴミ作っといて開き直る)
    結局は期待できないんだよなあ......
    [ 2016/04/11 17:39 ] [ 編集 ]
  421. 日本は安寿と厨子王の時に奴隷はなくなったよ。
    年季奉公は残ったが。
    [ 2016/04/11 18:17 ] [ 編集 ]
  422. >別の翻訳記事で、「さすがに六本刀は創作だと思っていたけど、アニメの伊達政宗と史実と全然違うんだぁ…」ってショックうけてた人いたし

    ああ、史実の方を調べて色んな意味でショックを受けるんですね。
    わかります。

    でも政宗なら仕方ないね。
    [ 2016/04/11 18:46 ] [ 編集 ]
  423. お前らこんなに歴史に詳しいのになんでニートなの
    [ 2016/04/11 20:01 ] [ 編集 ]
  424. 織田家が秘蔵するデスマスク、テレビで見たらあの宣教師が描いた肖像画にそっくりだったよ。目は閉じてたけど目鼻立ちしっかりしてた。

    デスマスクが本物なら、きっと信長は最後弥助に賭けたんだな。キリスト教徒だったかも知れないのに、主人の死後に首切り取って織田に届けたんだ。そして短い時間で弥助がデスマスク作成。日本人にはデスマスクの発想はないだろ。
    弥助のおかげで、光秀方はおろか秀吉方にも信長の遺体は発見出来なかった。信長の葬儀の主催者を誰にするかが重要な時、秀吉が織田家にお伺いを立てたら、もう遺骸は荼毘に付したと言われ、諦めきれない秀吉は信長不在のまま、豪華な葬儀を執り行っている。

    もしかしたら生首を抱えて弥助は夜陰をひた走ったのかも。でもデスマスクの命まで受けていただろうか。弥助には信長を永遠足らしめようとする意志があったのではないか。

    などと想像たくましくするが、信長のデスマスクだけでも 弥助GJ!
    まさかこの時代に信長の死に顔見れるとは思わなかった。感無量。
    [ 2016/04/11 21:35 ] [ 編集 ]
  425.  信長は侍の身分の無い下人なんて、そのまま周りに侍らせたりなんて
    しないぞ?
     身元のはっきりしない敵国の放った忍びかもしれない奴を傍に侍らせ
    る訳無いから、士分を与える過程で厳密な身元調査を行って小姓に取り
    立てるんだよ。
     弥助の場合、宣教師の奴隷である事が返ってしっかりした身元証明に
    なって武士に取り立てられたんだよ。士分を与えずに侍らせてたのは精
    々商人か坊主位だろ。
    小姓としてちゃんと武士の身分を与えたに決まってんだろう。
    「下人として」というのもそもそも有り得ない。
    何故なら下人はそもそも信長と会う事すらこの頃には出来なくなってる
    からな。清州時代とはもう扱いが違うんだよ。槍持ちだろうが傘持ちだ
    ろうが信長の傍に侍るのは皆「小姓」だからな、下人じゃないんだよ。

    弥助に武士の身分は与えられなかったとか頓珍漢な事言ってる奴は
    その辺碌に知らずに適当に言ってるのか?
    [ 2016/04/11 21:36 ] [ 編集 ]
  426. ※13
    > 日本に奴隷制度がなかった証

    乱妨取り(らんぼう-)と言って、日本の戦国時代にも戦ついでに略奪で女子供を拉致って売買していた記録が相場を含めて複数残っとる

    中には未成年の男も拉致されてたりする
    おそらくは、戦で田畑を耕す人手が減って、それを補うために下男として拉致してるのかもしれん

    公的身分としての奴隷制度が無かっただけで、奴隷に相当する人間は日本にも居たと言うこと
    [ 2016/04/11 22:41 ] [ 編集 ]
  427. 古代日本にも中国から「生口」と呼ばれた奴隷が居たけど、西洋やアメリカのような奴隷制度とは違う感じだった。
    [ 2016/04/11 23:05 ] [ 編集 ]
  428. 腰刀を与えて側に置いたからって、サムライってわけじゃない。だいたい腰刀しか持ってないサムライなんていないだろ。
    [ 2016/04/11 23:07 ] [ 編集 ]
  429. ※107
    奴婢は身分階級の枠外に居るだけで奴隷(神の奴隷扱い)ではないからなぁ
    だいたい神事や金融等穢に関わる仕事を生業としてた。

    律令時代には非差別階級でもなんでもないからな
    [ 2016/04/11 23:31 ] [ 編集 ]
  430. そういえばへうげもので見た
    [ 2016/04/11 23:43 ] [ 編集 ]
  431. ※423
    学者もニート大して変わらん
    [ 2016/04/11 23:52 ] [ 編集 ]
  432. 邦画はキャスト(ジャニ、AKB)にしかお金が動かないから無理なんだけど、
    ボビー・オロゴン主演あたりで、ガチに作れば海外にも売れると思うんだけどなぁ
    [ 2016/04/12 00:03 ] [ 編集 ]
  433. このスレで何かの番組でヤスケを調査云々言ってるのは世界ふしぎ発見
    当時の録画は実家の倉庫だけど、いま検索したら
    番組の主な内容はWikipediaのヤスケに載ってる。
    [ 2016/04/12 00:36 ] [ 編集 ]
  434. 信長は舶来品が好きなだけだ
    [ 2016/04/12 00:38 ] [ 編集 ]
  435. ※51
    人種差別は無くても民族差別は依然と存在してるもんな^ ^
    ウリナラファンタジーを展開するのもいい加減にしろ低学歴の売国奴
    日本から二度と出て行け
    [ 2016/04/12 01:19 ] [ 編集 ]
  436. 辿り着いたのが黒人に宗教的にも偏見のない日本で良かったのではないだろうか
    時代的に日本意外では首に鎖を着けられて家畜同然に扱われたり、黒人に対する恐怖心から殺害される恐れだってあっただろうし
    まぁでも信長さん意外だったら日本でも見世物小屋に売り飛ばされていたかもしれないね
    [ 2016/04/12 02:07 ] [ 編集 ]
  437. 斬る時の声は『アーオゥッ!』だったのかな
    [ 2016/04/12 05:13 ] [ 編集 ]
  438. この話聞くといつも思うんだけど、弥助と信長って会話できたんだろうか。弥助が信長に仕えた短い期間で日本語習得できるとも思えないし、弥助は宣教師じゃなかったから日本語を必死で勉強する必要もなかっただろう。信長はポルトガル語は話せなかっただろうし、いったいどうやってコミュニケーションとってたんだろ。それに言葉も片言じゃ城主になんかなれないよね。
    [ 2016/04/12 07:38 ] [ 編集 ]
  439. 何が何でも奴隷制が日本にあった、彌助という黒人が侍になったはずがないと言いたい東アジア人がいるね。らしい用語を出せば黙ると思っている所が頭でっかちな超高学歴社会を自称するだけのことはある(笑)
    領民=農奴と勘違いしている奴はいるし、古代の日本には敵対する差別民族=まつろわぬものがいた。それらの扱いと一緒にしているわ。西欧の奴隷は労働力としてわざわざアフリカから連れてきた。そんな奴隷は日本にはいなかったっということだろ
    [ 2016/04/12 10:05 ] [ 編集 ]
  440. 信長のもとにいけてよかったとおもうわ
    他の大名だったらまず気味悪がって遠ざけそう
    こういう能力だけですべてを評価できる信長はやっぱすさまじい人間だわ
    [ 2016/04/12 11:38 ] [ 編集 ]
  441.  
    >アフリカ人のサムライか。
    >あの時代にどうやって日本に渡ったのか気になる。 アメリカ


    そりゃ奴隷としてに決まってるやん。
    テレビでヤスケが宣教師の格好で紹介されて、寒い中裸にされて
    肌を水で拭かれたのよ、ひどいでしょ~って演出されてたけど、
    あの時代に黒人の宣教師とかありえませんから~。
    アホな視聴者なら騙せるって感覚なのかねえ、馬鹿にされたもんだわ。
    [ 2016/04/12 11:59 ] [ 編集 ]
  442. ※441
    そのアメリカ人、だんだん好きになってきたw
    [ 2016/04/12 12:03 ] [ 編集 ]
  443. ※99
    黒人版、水戸黄門の時代劇が出来たら
    どんなストーリーになるやら。
    [ 2016/04/12 13:36 ] [ 編集 ]
  444. ※439
    だから関ヶ原と大阪の陣の間に大量の日本人が南蛮人に攫われて奴隷にされちゃったんだよね。
    ひどい話だよ
    [ 2016/04/12 13:46 ] [ 編集 ]
  445.   
    映画化するとしたら日本人と身長差20㎝は有る巨漢、性格は
    ボブサップのような、根は争いごと嫌いな気は優しいけど力持ちの
    愛されキャラにしてもよし、西洋人からスパイの役割を期待して
    送り込まれたものの、海外情勢や宣教師のやり口を信長や秀吉に教えて
    警戒態勢をとらせることになった二重スパイの重要人物にしてもよし。
    宣教師の遠距離航海に同行なんて、奴隷でも相当優秀な人間しか
    選ばれなかったはずだしロマンが膨らむな!
    [ 2016/04/12 14:34 ] [ 編集 ]
  446. 乱妨取り(実質上の人狩)は戦国時代では普通にあった。
    秀吉も天下の実権を握る前までは普通にやっていたが、天下を掌握したのちには治安の回復維持と権威を示すためにこれを禁止し、乱妨取りの被害者の解放を指示した。

    バテレンはこれに従わず、解放させるにしても海外へ持ち出されては不可能なためキリスト教を禁止したんだよ。

    日本にそれまで奴隷がいなかったなんてことは無い。
    [ 2016/04/12 15:07 ] [ 編集 ]
  447. ドラマティックだなあ。こういうのは確かに映画で見てみたい
    日本史を知る上でも国際アピールする上でも大きな意義があるだろうに…
    [ 2016/04/12 18:14 ] [ 編集 ]
  448. こういうの好きな奴でも


    六本木の外人見せると、、、


    特に留学生
    [ 2016/04/12 18:49 ] [ 編集 ]
  449. でも日本に来て1年じゃほとんど日本語判んなかったんじゃね
    [ 2016/04/12 18:58 ] [ 編集 ]
  450. ※438
    高山右近みたいなキリシタン大名がいて、宣教師と交渉してたような時代だから、通訳できる側近が間に立って会話してたんじゃないか。
    それか、舶来好きな信長自信がポルトガル語を勉強してた可能性もある。
    日常会話ぐらいなら出来たんじゃないかな。
    [ 2016/04/12 19:19 ] [ 編集 ]
  451. 逆に最早、黒人は特権者。
    黒人が黒人を売買してたと言わないのが糞すぎる。
    [ 2016/04/12 19:33 ] [ 編集 ]
  452. 「南蛮寺でタイムスリップ&ワープしてジェダイになった。」とか言っとけ!
    [ 2016/04/12 20:22 ] [ 編集 ]
  453. 世界不思議発見だったかな
    弥助の故郷を奴隷貿易なんかの記録を頼りにアフリカの
    とある場所にいったら名前がヤスフェって人だらけだった
    [ 2016/04/12 20:53 ] [ 編集 ]
  454. ソース元のフェイスブックで黒人アイコンの奴が必死に
    「これは真実ではない、君たちは妄想について語っている」と
    何回もコメントしてるな。

    家康軍も織田軍に黒人の士族が居ると書き残しているのに。
    英語のウィキにYasukeがあるのに調べないのか・・・
    [ 2016/04/12 21:56 ] [ 編集 ]
  455. 珍しかったでしょうねー。
    本人は切腹とか斬首とかビビったろーなー(^◇^;)
    [ 2016/04/12 22:02 ] [ 編集 ]
  456. 絵巻物か何かにどう見ても白人に見える武士がいるってのがあったじゃん?
    [ 2016/04/12 22:02 ] [ 編集 ]
  457. 人類が西欧中心史観から脱却するにはあと百年かかりそうね
    [ 2016/04/12 22:21 ] [ 編集 ]
  458. >>自分たち(の先祖)も世界の歴史に影響を与えていたんだ

    影響を与えるほどでもないでしょw
    珍しかっただけでw
    [ 2016/04/13 01:00 ] [ 編集 ]
  459. 台湾の原住民とかじゃないよ・・・ね?
    [ 2016/04/13 01:55 ] [ 編集 ]
  460. ※458
    いや、まず日本にとってはとても大きい意味があると思うよ。
    白人は黒人を肌の色を理由に人間として扱わなかった。
    一方、日本では歴史的な人物である織田信長が、黒人の肌の色を個性として認め重宝した。
    つまり、肌の色が理由での差別は日本では行われていなかったということだよ
    そして、世界の歴史で見ても、黒人が肌の色を理由に差別されなかったどころか当時の他国の階級制度の上位に来るというのは貴重な事実なのではないだろうか。
    [ 2016/04/13 02:45 ] [ 編集 ]
  461. 信長は力士を呼んで大会開いたりして、力の強い者は取り立ててたから、180cm以上あるヤスケは重宝されただろうね。
    [ 2016/04/13 03:22 ] [ 編集 ]
  462. 信長「墨がついている。洗え。」

    部下「磨きましたが、ますます黒光りしてきました。」

    信長「ゴクリ...」

    弥助「何でもしますから、命だけは・・・」

    信長「ん?今何でもするって言ったよね?」
    [ 2016/04/13 04:01 ] [ 編集 ]
  463. 特アとは特別なアフリカ
    [ 2016/04/13 04:49 ] [ 編集 ]
  464. 信長「まっくろ くろすけ でておいで~~♪」
    [ 2016/04/13 08:12 ] [ 編集 ]
  465. 一方白人は鼻が高く高身長、赤い肌という容姿、傲慢な態度から
    野蛮な鬼として描かれていましたwおしまい。
    [ 2016/04/13 10:54 ] [ 編集 ]
  466. もし弥助が故郷に帰って日本の物を伝えてくれていて、それがその国の文化に定着してくれているとしら、たとえ1年ちょっとでも日本を少しでも恋しく思ってくれてたのかな~。
    だとしたら日本を好きになってくれてありがとうと言いたい。
    [ 2016/04/13 10:54 ] [ 編集 ]
  467. 宣教師がわざわざ あの信長に紹介したぐらいだから
    姿がよく(威丈夫)で頭も相当切れる奴だよ。
    日本語もかなりできたのではないかな?
    気に入ってゆくゆくは城主にしようと思っていたぐらいだから
    相当の人物だよね。
    映画にするなら
    最後は国にもどって、世界の話をみなにつたえる長老として
    一生を終えた、なんてのがなんてのがいいね。
    [ 2016/04/13 12:23 ] [ 編集 ]
  468. 人種差別の無い日本を誇りに思う❗️
    >2
    間違いなく、こいつ↑は「日本人なりすましのチョン」だね。笑。
    何でもかんでも日本の栄光にはイチャモン付けなきゃ気が済ま無い「腐れ朝鮮脳」

    >あの時代、どうやって日本に渡ったか気になる。

    簡単です。欧米人が奴隷としてアフリカの黒人を狩って、
    鎖につなぎ、寝たままの状態で、
    狭く日の当たら無い暗い船底に何百人と押し込め、
    ウンコ垂れ流しの状態で詰め込んで、
    世界中に奴隷として持ち込んでいたからでしょう。

    何を今更・・・って感じです。

    その牛馬以下の黒人を
    地位の高い「武士階級」に抜擢し、
    日本人である家来たちと同じように厚遇してやっていた事は、
    本当に日本人がいかに人種的偏見がないかを物語っているようなもの。
    日本人として、とても誇らしいです!


    [ 2016/04/13 12:44 ] [ 編集 ]
  469. 弥助について詳細な事実はほとんど伝わっていないのに
    「侍だ、大名だ、頭が良かった」等の妄想しすぎだろw
    [ 2016/04/13 12:45 ] [ 編集 ]
  470. > 信長は侍の身分の無い下人なんて、そのまま周りに侍らせたりなんてしないぞ?


    たくさんいましたよ。
    [ 2016/04/13 12:49 ] [ 編集 ]
  471. 米42
    そんな目立つ忍者はイヤだ!
    [ 2016/04/13 13:00 ] [ 編集 ]
  472. >ヤスケはその後、主人の危機に役に立たなかったってことで、ポルトガル商人に返却されたはずだ。

    >そんなソースはないだろ

    朝鮮学校で教えてる歴史なんじゃないの
    秀吉の時代の日本人が黒人を平等に扱う人道的民族だと困る人達が嘘話を作ってる
    [ 2016/04/13 13:38 ] [ 編集 ]
  473. ななしの日本人
    私も弥助の事を知った時「その時代に黒人さんが
    島国の日本に来てたのか」と驚いたよ。
    しかもあの織田信長の家臣だったとかロマン溢れ過ぎ。
    本当にこれ映画化してほしい!
    黒人のサムライとか絶対かっこいい。
    [ 2016/04/13 14:10 ] [ 編集 ]

  474. へえ、戦国時代だからポルトガル人や宣教師は居たってのは知っていたけど、アフリカから、しかも取り立てられたなんて新鮮な驚きだね。

    もしかしたら知らないだけで、もっと居たのかなとか他の国からも来ていたのかと色々考えちゃうよ。

    戦国時代って結構開けた時代だったんだね。

    改めて色々調べたいと思ったよ。
    [ 2016/04/13 15:50 ] [ 編集 ]
  475. 16世紀っておおらかというか、流動的な一面があった。
    東南アジアに日本人街があったとか、
    日本人最初のキリシタンが外国にいたヤジローだったとか。
    このヤスケも遠路はるばる日本に来て、なぜだか天下人に仕えた。
    数奇な運命というべきか、そういう時代だったのか。
    まあ、そんなこともあり得たのが16世紀。
    [ 2016/04/13 19:16 ] [ 編集 ]
  476. ※469
    少なくとも頭の良さは想像できるだろ
    信長が順応性のない馬鹿を取り立てて身近においておくわけないんだから
    今は日本語が片言の外国人がコンビニ等で働いていることが増えたが、日本語レベルが同じでも、仕事が出来る人間と出来ない人間とに分かれるのは頭の差
    [ 2016/04/13 21:10 ] [ 編集 ]
  477. 原作者・武論尊
    漫画家・原哲夫

    素手で頭を破裂させ、一振りで何人も切られその数100体
    おまけに特異の身体能力で北斗の拳並みの拳法を使い
    ジャンプ力は忍びを圧倒し裸眼で遠くの山、真夜中でもキャッチする
    身体能力で3m以上の弥助で登場するんだろうなぁ
    [ 2016/04/13 22:32 ] [ 編集 ]
  478. 黒人にしてみたらこういう話は驚きだし嬉しいと思うよ

    日本で例えるなら戦国時代より遥か前に日本人がヨーロッパに渡って貴族になってたみたない話だろう
    [ 2016/04/13 23:12 ] [ 編集 ]
  479.  
    武田信玄は一時期、攻め落とした領地の領民を
    普通に人身売買に売り渡してたけどね
    制度としては奴隷は無かったが、奴隷自体は居たよ
    大河ドラマ『風林火山』でも出てくる場面だよ。

    それに戦国時代は、食い扶持に困った足軽の
    戦闘地域での『乱取り(略奪行為)』なんて
    普通にあったぞ。当然女子供も奪われる時代だった。
    [ 2016/04/14 00:23 ] [ 編集 ]
  480. この写真に写っている黒人武士(?)は何者?
    ttp://africapublic.com/wp-content/uploads/2014/10/yasuke.jpg
    [ 2016/04/14 01:22 ] [ 編集 ]
  481. ※479
    「奴隷」という言葉でくくって、白人がやってきたことと同じことを日本もやっていたかのように印象操作する人間がいまだにいるとはね
    しかも、NHKの大河ドラマが史実に基づいていると思ってるとか考え古すぎでしょw
    [ 2016/04/14 03:25 ] [ 編集 ]
  482. ヤスケに関しては当時の武将らの「黒人は人間じゃない」とか「獣」とか「人間以下」とかいろいろ発言が出てくるから、正直広めないほうがいいと思うw

    ハードル上げて外人に調べられると幻滅がハンパなさそう・・・・
    [ 2016/04/14 04:28 ] [ 編集 ]
  483. 結局この黒人は奴隷から開放してもらい武将の直ぐ横に居るという最高の位を貰いうけたのに主人の一大事に逃げてしまったんだよな、、、
    で余生はどこかの地方で生き延びたと、、、犯罪とかしてそうだけどw
    [ 2016/04/14 07:05 ] [ 編集 ]
  484. ※482
    それは敗戦処理でヤスケに対する恩情処置の理由で使われたんだよ。
    本気で邪魔だったら何者だろうが排除するからな、戦国時代の侍は。
    [ 2016/04/14 07:46 ] [ 編集 ]
  485. ※479
    それは奴隷とは言わないよ。歴史ドラマは良く嘘をつくから真に受けるな。
    単純に領民として奪ってきただけ。実際は領土に住まわせて
    元からいた領民と同じような生活をさせている。
    [ 2016/04/14 07:50 ] [ 編集 ]
  486. そりゃあの当時の黒人はみんな家畜以下の存在
    騎士階級になった黒人なんてすごく珍しい
    [ 2016/04/14 10:56 ] [ 編集 ]
  487. 資料少ないけど面白いんだよなぁ
    モザンビーク島に残る着物とそっくりのキマウ
    白い粉を塗り歓迎式を行いなんと正座をする
    明智に助けられたヤスケは有馬の所で働いて許可をもらい帰国。扶もちだから財産を持って帰国した可能性もある
    [ 2016/04/14 11:41 ] [ 編集 ]
  488. これは映画化できる題材ですね
    [ 2016/04/14 12:07 ] [ 編集 ]
  489. ※2
    >ヤスケはその後、主人の危機に役に立たなかったってことで、ポルトガル商人に返却されたはずだ

    おいおいこんな説初めて聞いたぞ
    もっともらしくしたり顔で嘘を広めるなよ
    [ 2016/04/14 12:36 ] [ 編集 ]
  490. 黒人は体格良くて強そうに見える
    まあ現代のボディーガードみたいな感じだったんだろうな
    [ 2016/04/14 12:44 ] [ 編集 ]
  491. リアクションも含めて良い記事でしたね。
    [ 2016/04/14 13:04 ] [ 編集 ]
  492. 日本だって玄宗皇帝に気に入られて側近になっていた阿倍仲麻呂のことは
    誇らしく思うのだから 同じだろ。
    まして仲麻呂は日本のエリートで留学生として出向いたのだけど
    ヤスケは奴隷だからね。その立脚点は天地ほども違う。

    異国で不自由な言葉や風習の違いを乗り越えて
    時の権力者に気に入られるってのはすごいことだよ。
    [ 2016/04/14 13:13 ] [ 編集 ]
  493. >> 信長は侍の身分の無い下人なんて、そのまま周りに侍らせたりなんてしないぞ?

    >たくさんいましたよ。

    いや、弥助の居た安土の頃は居ないよ
    信雄のアホが伊賀攻めでヘマやらかして忍びの関係で身辺厳しくしないと
    いけなくなったから居たのは武士以外なら商人や僧籍の人位ってのは合っ
    てるよ

    侍らせるの意味分かるかな?
    侍らせるってのは日常で直接見(まみ)える事の出来る人って事だよ?
    ただ雇って働かせるだけじゃないからね?
    [ 2016/04/14 13:17 ] [ 編集 ]
  494. 7Cさん
    1996年ごろだったか、滞米中にちょうど大河ドラマ『秀吉』の、本能寺の変のエピソードのビデオを入手して、黒人の友達と一緒に見たんだ。
    弥助が登場し、信長を守ろうとして槍を振り回し奮戦するも、とうとう重傷を負うというシーンが出てきた。
    「これは史実をもとにしたテレビ映画で、ヤスケも歴史上で実在した」と説明したら、「ブラック・サムライが本当にいたのか!」とえらい興奮してた。
    [ 2016/04/14 13:38 ] [ 編集 ]
  495. 奴隷制度はないけど普通に室町の頃から
    奴隷売買はあったからな、室町は厳しい決まりあったり
    奴隷の値段も高かったけど
    戦国時代は一部の例以外はめちゃくちゃ安くなってるから
    大体は親族が探して買い戻してたとは思うけどな
    寺とかで市を開いて売買してた事多かったらしいから場所もわかりやすいし
    [ 2016/04/14 13:55 ] [ 編集 ]
  496. 当時はハードゲイだから、

    こいつは持てただろうな。

    [ 2016/04/14 15:04 ] [ 編集 ]
  497. ■ アフリカ人のサムライか。
     あの時代にどうやって日本に渡ったのか気になる。 アメリカ

    本気で言ってるのか?
    [ 2016/04/14 15:27 ] [ 編集 ]
  498. 大河ドラマ 弥助
    [ 2016/04/14 15:28 ] [ 編集 ]
  499. この話は前にも読んだことあるな
    たしかその時は明智に見逃された後、インドに渡ったと書いてあった。
    [ 2016/04/14 16:24 ] [ 編集 ]
  500. 貿易していたんだから、混血は自然でしょ。
    ただアジアの血は濃いから、クォーターくらいじゃもうアジア人だよ。
    増して何百年も前なら。
    それでも、国際貿易はあったのは事実だから今でも突然変異のように、白人ぽい日本人、黒人ぽい日本人見るのは簡単なことだね。
    ところで、当時は戦国時代。強い者、知恵ある者のみが生き残れる時代。
    今でこそ身長185センチなんて日本にいるけど、当時肉なんか食べていない日本で185センチの黒人なんかいたら、そりゃ織田信長、重宝しないわけがない。
    [ 2016/04/14 16:50 ] [ 編集 ]
  501. ウィル・スミスよりジェイミー・フォックスがいい
    あの人絶対着物似合うと思う
    [ 2016/04/14 17:03 ] [ 編集 ]
  502. 異星人エロヒム☆
    楽園主義で検索
    天才政治で検索
    ラエリアンで検索
    [ 2016/04/14 19:56 ] [ 編集 ]
  503.  
    その前の『白人が連れてきた召使』って部分をまず外人には考えろと言いたい。そして、彼を武士として召抱えたのが日本人だという事をね。
    [ 2016/04/14 20:18 ] [ 編集 ]
  504.  
    ※495 奴隷制度がない日本で奴隷売買なんてねーよ。お前は自分の日本語がおかしい事にまず気づけよ。
    [ 2016/04/14 20:19 ] [ 編集 ]
  505. ※495
    お前の言ってるのは奴隷売買じゃなくて人身売買だろ。
    言葉を知らないと伝わるもんも伝わらないぞ。
    [ 2016/04/14 21:45 ] [ 編集 ]
  506. ※495
    国際的な奴隷のイメージってのは足かせや首かせでつないだり、鞭打って強制的に働かせるような、家畜同然の扱いをすることだよ
    黒人奴隷はそういった家畜同然の扱いで、当時の日本でされてたのは人的労働力としての人身売買

    本能寺の変が1582年、リンカーンの奴隷解放宣言が1863年(1862年)
    しかも、リンカーンの奴隷解放宣言は、黒人は同じ人間なんだから人間として自由に生きていいといったレベル
    奴隷から開放しただけであって、仕事や住居や食事を用意したわけではない
    白人は黒人よりも優秀な人種であると、リンカーン自身も考えていたわけ

    人身売買と奴隷は分けて考えないといけないと思う
    [ 2016/04/14 22:33 ] [ 編集 ]
  507. これは絶対的に自信あるけど、日本人は肌の色による差別ってのは少ない方だと思う。
    日本人にあるのは「日本人」か「日本人以外」かであって、「日本人以外」なら白人もアラブ人もアジア人も黒人も、優劣ない。
    性格の傾向が違うなーということはあっても、それは人間としての優劣だとは日本人は捉えない。
    そして日本語や日本文化を尊重していれば、もうほとんど日本人と同じ待遇を受ける。
    大相撲が良い例。
    [ 2016/04/14 23:12 ] [ 編集 ]
  508. ※492
    信長が珍しいものに興味津々だったからね。
    秀吉や家康にも通ずるが、保守一辺倒じゃのし上がれんね。
    [ 2016/04/14 23:15 ] [ 編集 ]
  509. ※484
    >それは敗戦処理でヤスケに対する恩情処置の理由で使われたんだよ。
    >本気で邪魔だったら何者だろうが排除するからな、戦国時代の侍は。

    無理がある
    [ 2016/04/15 00:46 ] [ 編集 ]
  510. モンゴルのジンギスカンも黒人の部下が数人いたんだけどね
    ジンギスカンと一緒に豪華な服着た黒人が馬に乗ってる絵も残ってる

    ヨーロッパに比べる数は圧倒的に少ないとはいえ実は東アジアでもこういう例はある


    [ 2016/04/15 00:57 ] [ 編集 ]
  511. ヤスケの話とは関係が薄いがヴァリャーノ、オルガンティノ、フロイスは性格も含めて三者三様で面白いから興味があったら調べてくれ。

    元貴族で人格者のヴァリャーノ
    陽気な適応主義で着物をきる宣教師オルガンティノ
    基本カスなのにどこか憎めないフロイス

    特にフロイスの著作は日本を見下してるのにたまに素直な感想がボロっと出たり、凄すぎるものに遭遇すると躍起になって日本下げするのが面白い。
    [ 2016/04/15 01:52 ] [ 編集 ]
  512. 以前NHKでやってた大河ドラマの信長・キングオブジパングってやつには
    この話がちゃんと入っててへぇとなった
    でも信長が光秀に襲われた時に信忠の所へパシってそのままいなくなってた
    なんだかな…
    [ 2016/04/15 01:53 ] [ 編集 ]
  513. ※509
    横からだが事実だぞ
    最低限資料を読んでから否定しろよ
    [ 2016/04/15 01:53 ] [ 編集 ]
  514. ただでさえフィジカルエリートの黒人が刀や長物携えて突っ込んでくるとか絶対強いわ
    戦場で対峙した奴はさぞかし威圧されただろうな
    [ 2016/04/15 03:37 ] [ 編集 ]
  515. >>9
    アメリカかどっかの裁判で裁判長の白人が被告の黒人に
    おまえらブラックっていうがそこまで黒でもないよなって
    言ったらおまえらだって白っていうよりピンクやんって
    言い返された
    [ 2016/04/15 09:05 ] [ 編集 ]
  516. ※511
    無茶苦茶同意
    それで「基本カスなのにどこか憎めないフロイス」この表現うまいわw

    ヤスケの記事はフロイスの記録しか知らないけど、ちょっとしか書いてないのが残念
    [ 2016/04/15 10:53 ] [ 編集 ]
  517. 日本以外の国なら奴隷でしかないのに、日本では人間として、時によっては城主にでもなれるんだから、黒人からすれば感激すらわなぁ・・
    [ 2016/04/15 10:58 ] [ 編集 ]
  518. ※509
    明智光秀がやったのってクーデターで、他の配下は殺しまくってんのに弥助だけ理由なく釈放なんて、部下を納得させられないでしょ
    弥助が信長の配下だってのは皆知ってるわけだし

    無理があるという発想になるのは、あなたが黒人(外国人)を見下しているから、温情なんてありえないと思うんでしょう
    [ 2016/04/15 12:27 ] [ 編集 ]
  519. ※517
    黒人=奴隷、はアメリカだけの話なんだが

    世界中の人が勘違いしてるのか底辺黒人ばかりがコメントしてんのか分からんが、
    アフリカの王族は全員黒人だし大航海時代の貿易商も黒人だし内戦してなきゃ裕福な国多いし虐げられてもないんだが、
    この話で感動するところは「ずいぶん遠くまで旅行したんだな」くらいじゃないの?
    [ 2016/04/15 15:10 ] [ 編集 ]
  520. ※63
    そのくだりほんとすき
    ほんと仏教勢嫌いだったんだなw その当時の武将としては他にあり得ねえw
    [ 2016/04/15 15:13 ] [ 編集 ]
  521. 信長はある意味世界を平等に見てたという事だよね
    [ 2016/04/15 15:23 ] [ 編集 ]
  522. 信長は当時グローバルすぎたせいで危険視されたんだろうか
    [ 2016/04/15 15:29 ] [ 編集 ]
  523. 昔から日本は人種差別や奴隷制度とは縁い。
    幕末に来日したツユンベリは、日本人は奴隷制度を憎む。とまで書いてる。
    大正時代、日本のクラブやダンスホールではアメリカから、黒人のバンドを招聘して演奏させてたし、
    宇垣 一成が主導して、日本の皇族とエチオピアの皇族を結婚寸前まで話を進めてた。
    まさに、五族協和の精神だった。
    [ 2016/04/15 23:09 ] [ 編集 ]
  524. 信長は仏教嫌いだったわけじゃなくて武装して生臭坊主が蔓延っていた比叡山と利害関係で対立しただけだろ
    でも仏教の総本山と戦ってから他の仏教徒もどんどん信長を非難するからキレて「じゃあ俺魔王だわー仏教徒は俺の敵だわー」って言っちゃっただけで深い意味は無い

    頭の回転の早さは重視していたかもしれないし、自分より年上の明智が年々老いて鈍くなってくるのを見てイライラしたりもしただろう
    宣教師の奴隷だった弥助や平民出の秀吉を必要以上に取り立てた事も含め、その時々の好き嫌いで人事を行う短絡的な面があっただけで深い意味なんてどこにも無い気がするわ
    [ 2016/04/15 23:29 ] [ 編集 ]
  525. 魔王だけ言うから勘違いされるけど、実際名乗ったのは第六天魔王なんだから意味が誓うでしょ。仏教の世界では現世の最高位ってことで天罰食らわせたって感覚だったと思うんだけど。
    [ 2016/04/15 23:59 ] [ 編集 ]
  526. 信長が魔王を名乗ったのは、実はこういうことらしいよ
    信発信、謙信宛手紙
    「信玄の糞野郎が大僧正とか世も末ですよ、あんなのが仏教の代表なら私なんて仏教の敵、第六天魔王ですよw」
    この裏には、常識人の私は本来そんなの畏れ多くて名乗りませんよって意味も含まれてそう…

    あと仏教徒はみんな信長を敵視してたってのも間違いで、例えば延暦寺のライバル寺院は信長の強力な応援団
    [ 2016/04/16 00:41 ] [ 編集 ]
  527. ※513
    ありえない
    恩情で言ったなんて証明できない
    しかし武将らがこの黒人を家畜・人外扱いしてた資料はしっかり残ってて事実

    都合のいい解釈は無能のやることだよ
    [ 2016/04/16 01:59 ] [ 編集 ]
  528. ※476
    ほんとに有能なら資料がいっぱい残ってると思う
    信長ほどの知名度がある人物の部下なのにほとんど知られてないレベルということはそういうこと
    [ 2016/04/16 02:06 ] [ 編集 ]
  529. まあたけしが可愛がってるゾマホンみたいな立場だったんだろう
    [ 2016/04/16 02:07 ] [ 編集 ]
  530. ※518
    >無理があるという発想になるのは、あなたが黒人(外国人)>を見下しているから、温情なんてありえないと思うんでしょう

    明智光秀「黒人は人ではない」

    当時の日本人に思いっきり見下されてるんですがそれは
    当時の人間は黒人が宣教師にこき使われる奴隷というのも見てるわけだしね




    [ 2016/04/16 02:16 ] [ 編集 ]
  531. ※518
    ぶっちゃげ信長にペット的に面白がられてただけで、政治に一切かかわらない余所者だったから見逃されただけだと思うの



    [ 2016/04/16 02:18 ] [ 編集 ]
  532. ※528
    奴隷として海外から連れてこられた外国人が、信長の下に来て2年もたたずに本能寺の変が起こってるのに、資料にたくさん残せるような功績を残せるわけがないw
    弥助は有名な人物だけど?
    教科書に載るレベルでの功績がないだけで、お前が知らなかっただけ
    歴史の議論をする以前に、まともに物事を考えられない人間だよお前は
    [ 2016/04/16 03:04 ] [ 編集 ]
  533. ※530
    明智光秀「黒人は人ではない」
    この話が温情だと説明してるのに、この話を当時の日本人が見下していたことの反論に持ってくるって気狂いなの?
    しかも、「当時の人間」って、「当時の日本人」の話をしてるんだけど
    お前は自分が黒人を見下しているから、当時の日本人も見下していたんだろうという自分の中の差別感情を認めたら?
    [ 2016/04/16 03:10 ] [ 編集 ]
  534. ※531
    ペット的に面白がられてたってのは、どこから来てる話?

    >政治に一切かかわらない余所者だったから見逃されただけだと思うの

    だから、温情で逃がされたってことなんだけど・・・
    [ 2016/04/16 03:17 ] [ 編集 ]
  535. ※532
    >資料にたくさん残せるような功績を残せるわけがないw

    だから有能じゃないじゃん
    特に何もしてない

    >弥助は有名な人物だけど?

    お前の中ではな
    このレベルが有名なら戦国時代の資料に残ってるやつみんな有名
    [ 2016/04/16 03:57 ] [ 編集 ]
  536. ※533※534
    >明智光秀「黒人は人ではない」
    >この話が温情だと説明してるのに、

    いきなりトンデモ解釈

    >しかも、「当時の人間」って、「当時の日本人」の話をしてるんだけど
    >お前は自分が黒人を見下しているから、当時の日本人も見下していたんだろうという自分の中の差別感情を認めたら?

    「黒人は人ではない」という発言を見下してないと解釈するお前はキ○ガイだと思うw
    [ 2016/04/16 03:59 ] [ 編集 ]
  537. ※533
    ガイジかな?
    [ 2016/04/16 04:21 ] [ 編集 ]
  538. 弥助の話は興味あるけど資料なんてないに等しいみたいだしな
    [ 2016/04/16 05:46 ] [ 編集 ]
  539. 弥助に関しては負の面が一緒につたわるとねえ
    [ 2016/04/16 05:48 ] [ 編集 ]
  540. こういうのは嘘にならない範囲で美化して商売のネタにするのもアリだな。
    とりあえず、アニメ化してほしい。
    [ 2016/04/16 14:08 ] [ 編集 ]
  541. 今は光秀君が早速美化され中

    史料をもとに、美化部分と事実部分とを分けて整理
    史料にあるのは
    「変後光秀家臣がヤスケを捕えた、そこで今後の扱いを主君に尋ねたところ、光秀は『それ人じゃない獣だから、元の持ち主伴天連に返せ』と言った。そこでこの黒人奴隷は南蛮寺に返されてきた」

    なので上のコメに出てくる、光秀は恩情で逃した、獣と言ったのは逃すための方便だった、とかは小説家かなんかが作った美化部分。
    一方で「信長はこの黒人を侍に取り立て城も与える予定だった」ってのは史料にあるので事実部分

    こっから分かるのは、信長はヤスケを人間と捉え奴隷解放
    光秀はヤスケを人間だと思っていなかった

    で多くの日本人は、信長的考えの人が多かったか、光秀的だったか、そこは不明
    [ 2016/04/16 15:00 ] [ 編集 ]
  542. その信長と光秀の違いは、そのまま作中で表現してほしい。

    ただ、文脈を理解できないバカにかみつく隙を与えないように見せ方に注意は必要だ。
    [ 2016/04/16 15:16 ] [ 編集 ]
  543. 信長の価値観が特殊だっただけだと思う
    昭和どころか平成の最近まで黒人(東南アジアとか南米も)は下に見られてたし
    奴隷という立場だった戦国時代ならなおさらだろう



    [ 2016/04/16 16:15 ] [ 編集 ]
  544. 人権などない戦国を美化しすぎるバカが一匹いる
    [ 2016/04/16 17:10 ] [ 編集 ]
  545. 資料があまり残ってないだけロマンがある。
    黒人とはいえ、従順で日本人には無い能力があったから信長も傍においたんだと思うよ。
    弥助のことは大河ドラマ化してほしいね。絶対、高視聴率まちがいなし。
    [ 2016/04/17 01:37 ] [ 編集 ]
  546. ソース不明なんだけど、その後長崎かどこかの教会に戻ったって話を見たんだけど誰か知ってる?
    なので聞き出せば本能寺の変の真相を知れただろうな…みたいなサイトに以前辿りついたんだけど、その後の事も何かしら記述があったはずなんだ…
    [ 2016/04/17 02:33 ] [ 編集 ]
  547. 大河ドラマで黒人主役とか見たくねーよw
    しかも資料が少なすぎるのに1年間とか前代未聞の全編ファンタジーすぎて
    [ 2016/04/17 03:09 ] [ 編集 ]
  548. 多分「色が黒いから」だけでヤスケさんを譲ってもらった訳じゃないと思うぞ

    体格に恵まれた青年だったときくし
    「平均的日本人は見ただけでビビる」
    「おおむね白人達の知識をもち、しかもおそらく内心憎んでる。そして使ってる白人達はバカにしてる」
    という理由で陣営に招き入れたと思うぞ

    表向きは「日本人サルだから黒人に大金www」て白人宣教師に思わせててもさ
    [ 2016/04/17 09:28 ] [ 編集 ]
  549. ※548
    スパイに使えそうって信長が考えた可能性もあるね
    白人らは黒人を人間の知能がない生き物って考えてたから丁度いい

    ※546
    日本のその後の政局で、白人らは皆長崎に避難して行ったってのがあるから、
    今そっから憶測話が生まれ事実のように広まったって気がしなくもない
    白人は主にヤスケを「黒人奴隷」としか書かなかったと思うので、記録に残りづらい
    [ 2016/04/17 10:26 ] [ 編集 ]
  550. 大河ドラマにしようぜ。
    ボビー・オロゴン主演で。
    [ 2016/04/17 10:31 ] [ 編集 ]
  551. 血の色が知りたくてちょっと斬ったりしたんだろうなw
    [ 2016/04/17 18:02 ] [ 編集 ]
  552. ニガーの大河なんて誰がみたいんだよ
    [ 2016/04/17 23:42 ] [ 編集 ]
  553. 黒人は日本人からも家畜扱いされてたから、弥助の例は珍しいからといって有名にするのは結構危険
    現代人の感覚では印象の悪い資料が多くて諸刃の剣だ

    資料が少なすぎるのに悪い印象の資料が多いというのはメリットが少ない
    [ 2016/04/18 00:00 ] [ 編集 ]
  554. 同じ戦国時代の九州で有馬と龍造寺が戦った合戦に大砲を擁した黒人集団が存在したそうな
    [ 2016/04/18 02:15 ] [ 編集 ]
  555. ※553
    日本人からも家畜扱いされる程、黒人奴隷は数いなかったし、当時の日本人の殆どが黒人を見た事もなければその存在を聞いたこともなかった。

    ちなみに、俺の近所には今以てアフリカ出身者なんか一人もいない。皆知識として黒人という人達がいる事を知ってはいても、差別できる程身近な存在ではない。差別しようという意識もない。身近にいなくても差別できる半島人と違ってな。
    [ 2016/04/18 13:08 ] [ 編集 ]
  556. 悪気はないけれど、差別する気なんてさらさらないけれど、珍しいからつい特別な反応、特別な扱いをしてしまう。
    多くの日本人はそうだと思う。当時の日本人もそうだった。
    「異人」を見るために民衆が詰め掛けて怪我人も出る大騒動になったなんて話もたくさんある。
    [ 2016/04/18 20:43 ] [ 編集 ]
  557. 映画化すべきというコメントが出てるみたいだけど、黒澤作品にもこの黒人は登場し描写されてたよね。
    影武者だったか、乱だったか。
    ただし脇役でしかなかったけど。まあそこらは仕方ないか。
    黒人だからってわけではなくて、事実として主力ではなかったので、まあそんなものであったと。
    「黒澤映画にちゃんと出てるぞ!」とアフリカ系の人などに教えてあげても、実際それを見てみると、ちょっとがっかりするかもしれないな。
    「全盛期のミフネみたいに、やたら腕の立つサムライに描いてくれよ!」と言われるかもしれないね。
    [ 2016/04/19 03:31 ] [ 編集 ]
  558. 当時は黒人は奴隷で人間扱いされなかったのに、
    信長はサムライとして家臣にしていたというのがね。
    本当に海外の方々に高く評価されているのかもね。
    [ 2016/04/19 22:37 ] [ 編集 ]
  559. ※555
    全員が知ってる環境である必要はないのよ
    黒人を見たことがある人間が一部だろうが、その知ってるやつが差別する

    ヨーロッパでも黒人の数はめちゃくちゃ少なかったけど差別されてたわけで
    [ 2016/04/19 22:52 ] [ 編集 ]
  560. ※557
    大半の時代劇が無視してる中で、出しただけでもえらいと思うよ
    秀吉の6本指を再現してる時代劇を見てみたいものだね
    [ 2016/04/19 23:27 ] [ 編集 ]
  561. 資料にほとんど残らなかった程度の実績の部下をドラマに出しまくるのは不自然といえば不自然

    信長の野望で最弱レベルの大名の部下より資料残ってないのに
    なぜかメディアでは注目されて活躍しまくりなほうが違和感
    [ 2016/04/20 04:08 ] [ 編集 ]
  562. 子供んとき、歴史好きの父からきいた。

    信長はたいそう珍しがって、皮膚がすりむけるまでゴシゴシしたとかw

    [ 2016/04/20 12:23 ] [ 編集 ]
  563. ↑ノッブかわいい
    [ 2016/04/21 15:35 ] [ 編集 ]
  564. ノブって呼んでる人がちょいちょい居るけど…

    友達かwww
    [ 2016/04/23 04:06 ] [ 編集 ]
  565. そもそも畜生って言葉が今の通り意味を同じくするわけではないんじゃ?
    毛利元就は庶子を虫けらと呼んだが、あれってようは家督相続権がないことを明確にする為の敢えての発言だろ?
    [ 2016/04/23 19:55 ] [ 編集 ]
  566.  
    俺もドラマ化したら面白そうだと思ったけど、都合良く『多文化共生』とかに利用されそうだから反対しとくわ。

    どうしてもやりたきゃ黒人版ラストサムライをハリウッドで作ったら良いんじゃない?
    [ 2016/04/24 08:14 ] [ 編集 ]
  567. 浪人だった明智光秀や農民の秀吉を取り立てるくらいだから黒人もありかもしれないね。
    この人は能力さえあれば身分は問わないところがすごいと思う。
    型にはまってないんだな。
    [ 2016/04/24 10:39 ] [ 編集 ]
  568. 日本人からしても弥助の存在にはロマンを覚えるからな
    慶長遣欧使節団でスペインに残った日本人達のその後にロマンを覚えるように
    [ 2016/04/25 04:13 ] [ 編集 ]
  569. Blacklistのレディントンとデンベを思い出す
    [ 2016/04/26 16:38 ] [ 編集 ]
  570. 信長のすごいところは、合理的な考えかた。地球儀を見せられた部下が下半球の人間が落ちないことを不思議がったが、信長は球の中心に引っ張られる何かを認めれば、普段目にする他の問題がすべて合理的に解決することを理解した。ヤスケを譲り受けたのも単なる興味本位だけではないだろう。そもそも当の本人が元祖傾奇者じゃないかw。奇異の目で見られるのには慣れている。肌の色ぐらいで差別するような人じゃない。
    [ 2016/04/27 23:31 ] [ 編集 ]
  571. 本能寺の変の後、消息不明だけど現代にタイムスリップしてピーター・ウタカの名でサッカー選手をやっているのは秘密だ
    [ 2016/04/28 17:43 ] [ 編集 ]
  572. 昔から知られた話ではあった
    あまりにも面白すぎるネタなのにハリウッドが今の今まで手を出さないのは
    白人やキリスト教の闇の歴史に触れてしまうからなんだろうな
    どうがんばってもこの話、白人は悪役にしかなれないし
    面倒くさい自由の国だ
    [ 2016/04/30 11:34 ] [ 編集 ]
  573. なんかの漫画であった
    勝利の恩賞で祖国に帰してもらうために寛永御前試合に出るってのが泣けた
    [ 2016/04/30 19:31 ] [ 編集 ]
  574. 歴史の表舞台に立てなかったということが、いかに黒人にとって屈辱的だったのか良く分かる記事だった。
    [ 2016/05/02 22:41 ] [ 編集 ]
  575.  
    織田信長は神社仏閣を粗末にし過ぎたので明智光秀に討たれた。
    武田家は織田が迫害した僧侶を手厚く庇護してた。

    信長敗退後に織田勢の話を聞かないのは人徳の無さからだと思われる。
    織田を庇護した豊臣秀吉公は人徳の厚さ故に関ヶ原の戦いで義士がたくさん集まり西軍が結集されたその違いからでも解る。

    徳川も派閥として末永く続き、幕府が無くなっても義士が戦い続けた歴史がある、織田に関わる歴史が余り残ってないのは「織田信長の人格に問題が多かった」からだと思う。

    確かに革命家としてはイケてる口だったのだろうけど、現代のホリエモンやひろゆきみたいなボジションだと思う。
    (世の中を掻き回した功績はあるけど、人徳があるかと言うと・・・)
    [ 2016/05/03 19:14 ] [ 編集 ]
  576. ※541
    確かに、光秀が黒人のことを差別してないだなんて解釈する方こそ無理があるよな
    当時黒人を見たことがない日本人なら、獣だなんて言うヤツがいたって全然おかしくない
    誤解を承知でいうけど、黒人は初めて見たらまず間違いなく好印象を抱く人間は少ないはずだ。悪印象まで抱かなくとも。
    黒人を差別しないのは倫理観がそこにあるからであって、それが無ければ差別されるのは良くあることだ。
    アラブ人だって過去にはどの奴隷より酷く使役していたし、
    西ヨーロッパは言わずもがなだし、日本も戦後入ってきた黒人に対する差別事件はあった。
    ただ、中には黒人をもの珍しく見て、自分と同じ人間だと分かっていると平等な対応を取る人間もいる。
    日本だとそれは信長だったし、そうでないのは光秀だったということだ。
    黒人を差別してはいけないという倫理観がない時代だったからしょうがないとも言える。
    [ 2016/05/03 20:24 ] [ 編集 ]
  577. 追記

    で、今でも日本人の中には※552のようなヤツもいる
    普段はそういう態度を取らないが、自分の生活空間に接触してくると途端に差別的になる日本人も、いるにはいる
    だから日本人が人種差別的でないとも言い切れない。
    だが、それは欧米の白人や韓国人に比べれば大したことないレベルだってことだ
    [ 2016/05/03 20:27 ] [ 編集 ]
  578. 教養高く人品卑しからずの光秀が、
    人間として扱わなかった黒人奴隷を
    重用し側においた信長
    信長が良い意味で超変人奇人だったとは思う
    映画化して欲しいねえ

    [ 2016/05/04 00:25 ] [ 編集 ]
  579. ※578 >教養高く人品卑しからずの光秀

    それ小説家が適当に言ってることだから、あんな真に受けない方がいいよ

    実際の光秀って朝廷の土地奪うわ、それ信長に叱られると逆切れするわで、見ようによっちゃ人品卑しいよ。
    あと「オレ人騙すのうめぇし」って自慢してたのも卑しい
    [ 2016/05/04 09:11 ] [ 編集 ]
  580. スレ画に大神めいたアトモスフィアを感じる
    外人って大神好きだよね
    [ 2016/05/04 11:59 ] [ 編集 ]
  581. 信長だからこその『弥助』の誕生なんだろうね。
    勿論、それは秀吉も同じ事だっただろうけど。
    両者が出会わなければ歴史はああはならなかった。
    [ 2016/05/06 15:08 ] [ 編集 ]
  582. > モザンビークでは「ヤスフェ」というのが男性によくある名前なので
    > 弥助の本名は「ヤスフェ」なのではないか

    ほー
    [ 2016/05/07 04:49 ] [ 編集 ]
  583. >>167 化学関係は今も昔も日本に資源がないからな、因みに銃機関係の火薬、弾、メンテナンス用品、化学薬品等の殆どが輸入品、ここで言う話じゃないけど生活に絡む薬品の殆どが輸入品だよ。
    [ 2016/05/13 16:11 ] [ 編集 ]
  584. ヤスケはどうなったのだろうか。
    おそらく、そう長くは生きられなかっただろうけど、近畿地方に何か伝承で残ってないのかな。
    [ 2016/05/18 01:52 ] [ 編集 ]
  585. いや考えれば分かるだろ・・・。

    弥助は二条城で奮戦なんかしないし真っ先に教会に逃げ込んだ筈だ。
    そして宣教師と一緒に国に帰っただろ。

    日本人じゃないし言葉もろくに通じてないんだぜ?
    訳も分からず戦闘に参加するわけ無いだろ。
    [ 2016/05/22 10:52 ] [ 編集 ]
  586. 言語についてコメントしてる人が多いけど、
    経験上、ある程度若ければ、その国の文字すら知らない状態でも6ヶ月いれば日常会話はできるようになり、1年いれば普通に話せるようになるよ。

    もちろん性格や適性もあるけれど。
    [ 2016/05/26 03:40 ] [ 編集 ]
  587. ※585
    根拠なく、考えやつもりで適当な妄言を述べるんじゃなく
    事実を持って語らねばアホと思われるから気を付けなよ
    弥助は二条城で戦っている
    [ 2016/06/13 00:59 ] [ 編集 ]
  588. 弥助は珍しい物好き相撲好きの信長に気に入られまくって有名な森蘭丸より身分高かったよ
    アフリカの方に弥助は自分たちの国に渡ってきたって信じてる人々が居て描写次第じゃ抗議殺到するから映像化しずらいとか
    [ 2016/07/01 17:52 ] [ 編集 ]
  589. ※2って在日の僻みだろ
    弥助が侍になってたころ先祖はエベンキ土人のw 
    [ 2016/07/12 11:38 ] [ 編集 ]
  590. 学校で勉強した範囲の歴史と、テレビで見る歴史の知識ぐらいしかない俺は、
    黒人(弥助)の存在は知らなかった
    日本の歴史教育からも無かったことにされてるよね

    [ 2016/08/24 15:14 ] [ 編集 ]
  591. ※590
    うんうん、俺とお前も教科書に載ってないから
    歴史から抹消されてるな
    [ 2016/08/30 00:43 ] [ 編集 ]
  592. 弥助さん地元に帰れたってテレビでやってたぞ。
    でその地元では服が着物の様で、キモウっていってたな。
    日本の文化ぽいんだとか・・・
    [ 2016/09/26 06:22 ] [ 編集 ]
  593. 海外に日本語っぽい言葉があるのは、宣教師に日本人も奴隷として売り払われたからだぞ。
    そもそも、たった一人が返ったところで着物のような服が文化に残るわけないだろ。
    ルイス・デ・アルメイダとか火薬と引き換えに日本人を奴隷にして他国に売りさばいた奴隷商のとかいるし。
    そんなのがイエスズ会の神父だったりするから、キリスト教の弾圧につながっていったんだよ。
    [ 2016/11/06 11:28 ] [ 編集 ]
  594. ガタイが良けりゃ素の運動性能はハンパなさそうだし
    教育と訓練を重ねりゃめっちゃ強そうだよね
    [ 2016/11/06 14:44 ] [ 編集 ]
  595. まぁ あと1億年も経てば 人間は滅びてるだろうから、人種なんて関係ないな・・・
    [ 2016/11/18 01:01 ] [ 編集 ]
  596. 宣教師が黒人奴隷を連れまわしてる時点で映画化は厳しいと思う
    [ 2016/11/24 15:06 ] [ 編集 ]
  597. 第六天魔王を魔王で切るのってニュアンスかなりおかしくなるよな
    [ 2016/11/27 02:42 ] [ 編集 ]
  598. 通訳の設定で白人俳優が語り部となって
    有名な黒人俳優が弥助をやれば
    ハリウッド超大作もできるな
    騎馬武者とかいっぱい出せてアメリカ人大喜びだ
    この際、忍者も出していい

    信長はケン・ワタナベでいいや
    [ 2016/12/08 18:22 ] [ 編集 ]
  599. ※588
    限られた人間しか出入りできない安土の天守閣にも入れてたんだっけ?
    常に右府様に随行してたイメージがある
    変わったもの好きかつ優れているもの好きな人だからこその待遇だと思う
    [ 2017/01/10 19:27 ] [ 編集 ]
  600. ボビーを主演にして本格的な時代考証で作れば世界中の黒人が喜ぶだろう。
    左翼が好きそうなネタなのに何故NHKは作らないのか不思議だ。
    [ 2017/03/07 14:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング