パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「こんな民族が他にいるか」 旧日本兵たちの壮絶な物語に外国人が感動

今回は、終戦を知らずに、28年間グアムのジャングルに潜伏し続けた、
横井庄一さんとご戦友の方々が紹介された投稿からです。

横井さん達がグアム島に配属されたのは1944年のこと。
同年7月にはアメリカ軍が上陸し、米軍の圧倒的な兵力の前に日本軍は敗走し、
横井さん達が所属していた歩兵第38連隊は壊滅状態に陥ります。

米軍は日本兵に投降を呼びかけ、部隊の指揮官はそれを受け入れたのですが、
ジャングルの奥深くにいた横井さん達には投降命令が伝わらなかったため、
横井さん達は山中に撤退し、一時期までゲリラ戦を行っています。

その後もジャングルなどに作った地下壕での生活を続けましたが、
グアム派遣から28年後となる1972年1月、現地の猟師と遭遇。
日本の敗戦を知り、同年2月に57歳で日本に帰還されました。

「生きて本土へは戻らぬ決意」で出兵していたため、
帰国の際には、出迎えた斎藤邦吉厚生大臣に対して、
「何かのお役に立つと思い恥をしのんで帰ってまいりました」
と口にされています。

記事には外国人から様々なコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「史上最強の兵士達だった」 日本軍の貴重なカラー映像に外国人も感銘

yokoi.jpg




翻訳元

【1972年2月2日】 横井庄一さん帰還




■ 30年近くも潜伏してたなんて……。なんてこった。 アメリカ
  



■ この話を実際にあった出来事として受け入れるのは難しい!
  世の中にはこんなに忍耐強い人がいるものなのか!!! アメリカ




■ この勇敢な日本の兵士たちに大きな敬意を抱いた。
  国のために、天皇のために、30年間ジャングルで戦い続けたんだ。
  それはかなり特別な事じゃないだろうか。 +25 スロバキア




■ ものすごい男たちがいたもんだねぇ。感動した。 国籍不明




■ WOW 日本の兵士たちの忠誠心は素晴らしい。 アメリカ




■ 敵の捕虜になるくらいなら、って思いだったんだろうね。 +1 アメリカ




■ 信じられない!
  根気強さと、そして名誉心の物語だねこれは。 +4 アメリカ




■ インターネットがある時代で良かったよ。
  こういう話は学校じゃ誰も教えてくれないから。 +2 コロラド

海外「何でこれを学校で教えないんだ」 日米2人の英雄の物語に外国人が感動




■ 彼は何十年も前はアメリカの敵だったわけだけど、
  それでも彼の勇気と、国家への忠誠心には敬意を抱いたね。
  どうか日本政府は遡及的な手当を支給してあげてほしい。 アメリカ




■ 戦場における勇敢さを誇りとした男たちなんだろう。 +2 アメリカ




■ 当時の日本人の戦争にかける想いって凄かったんだな。 +2 アメリカ




■ こんな凄い話なのに今まで一度も耳にしたことがなかった。 アメリカ



   ■ ヒロオ・オノダ氏の本をお勧めします。
     本当に素晴らしい追体験になるから! カナダ



■ 自分たちの信念に対する究極的な献身だな。
  当時多くの日本兵が投降することを拒否したんだよ。 イギリス 




■ グアムではこの話が高校の授業で教えられてるよ。 +2 アメリカ




■ いやはや、日本人って尋常じゃないな。
  こんな男たちがいる国と普通戦う気にならないだろ。
  毎回毎回日本の兵士たちと対峙するたびに、
  彼らの不屈の精神を打ち砕かなきゃいけないんだぞ。 +3 元米陸軍所属




■ サカエ・オオバという大尉の名前も覚えてる。
  日本が降伏してからもサイパンで戦い続けて、
  1945年12月1日になってようやく投降したんだ。 ニューヨーク

米国「日本側の態度は立派だった!」 降伏文書調印式を収めた映像が話題に




■ こんなに偉大な男たちが過去に存在したのか! +4 米陸軍所属




■ こんな民族が他にいるか……。尋常じゃないね。 +4 クロアチア



 
■ 戦後30年間、戦い続けた戦士たちがいた! +1 アメリカ  




■ この人たちの物語は映画化されてもいいと思うんだが。 アメリカ 




■ 一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。 イギリス




■ 誇りを胸に抱いた戦士たち。それがブシなんだ。 +1 アメリカ 

海外「武士道の意味が分かった」 敵兵を救助した日本人に外国人感銘




■ そういえば60年代に友人と話したことがあった。
  今でも終戦を知らずに森に潜んでる兵士はいるだろうかって……。
  ほら穴の中で過ごしてるはずという推測もしてたんだ。 アメリカ




■ 小さい頃、この人たちの話を親父からいつも聞かされてた。
  だけど詳細は初めて知った。圧倒されたよ。 +2 アメリカ




■ あの人達は「死」よりも「不名誉」を恐れたんだろうな。 アメリカ




■ 天皇が降伏を受け入れたのにもかかわらず彼らは戦い続けた。
  それは天皇に対する背信行為なのでは? アメリカ



   ■ 彼らは日本が降伏を受け入れたとは信じられなかったんだよ。
     投降の呼びかけも連合国側のプロパガンダだと考えたんだ。
     日本は絶対に敗けないって信じるように訓練されてたから。
     そして、最後の最後まで戦い続けるようにって。 +1 アメリカ



■ 凄すぎだろ。日本人って体は小さいけど、
  偉大な、狂気を孕んだサムライの魂を持ってるんだよな。 ヒューストン

海外「侍の魂は日本人の中で生きてる」 『武士の終焉』に外国人悲嘆




■ 本物の軍隊っていうのはこういうことだ。
  絶対に諦めない。そして絶対に投降しない。 +13 国籍不明




■ 誇りとはどういうものなのか。
  俺たちはそれを先人たちから学ぶ必要があるように思う。 アメリカ




■ 勇士達の物語だな……。
  日本の兵士達の天皇と国への忠誠心は揺らぎのないものだった。
  その事を如実に示してる事例だよこれは。
  もし連合国が日本の本土まで攻め込んでいたら、
  恐らく日本人は、最後の1人になっても戦っただろうね。 +5 アメリカ




■ 有史以来もっとも男らしい男たちに認定しよう。 +16 英陸軍所属




■ 戦争に人生が奪われてしまったなんて悲しすぎる。
  30年間っていう家族との時間を失っちゃったのよ。 +62 アメリカ



   ■ どんな戦争もまったくの悲劇であり、
     たくさんの犠牲が生まれるもんだ。 +5 国籍不明



■ こういう話があるから歴史って面白いんだよな。 +3 カナダ

海外「日本史面白い!」 鉄砲伝来から開国までの流れに外国人感激




■ こんな偉大な男達に、俺らが何を言えるっていうんだ……。 米海軍所属




■ 俺は彼らの国家への忠誠心を、美しいと思ったよ。 アメリカ






関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2016/02/06 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(352)
Powered By 画RSS
  1. ♪君の人生は誰にも見えない
    ♪負けたと思うまで
    ♪人間は負けない

    まさに、まさに・・・・・・
    [ 2016/02/06 23:05 ] [ 編集 ]
  2. なんとなく忠犬ハチ公を思い出した
    [ 2016/02/06 23:06 ] [ 編集 ]
  3. 戦後ひたすら諸外国に牙を抜かれ続けてきた今の日本人に、そこまでの気概があるか?と問われれば甚だ疑問ではあるが、いざとなれば横井さんに負けぬくらいに奮起するであろう、と信じたい。
    [ 2016/02/06 23:06 ] [ 編集 ]
  4. 今日の国籍不明はまともなことを言ってる
    人それぞれなんだな
    [ 2016/02/06 23:06 ] [ 編集 ]
  5. よっこいしょういち
    [ 2016/02/06 23:07 ] [ 編集 ]
  6. この方今どうしているんだろう・・・
    知っている方情報プリーズ。
    [ 2016/02/06 23:07 ] [ 編集 ]
  7. >サカエ・オオバという大尉の名前も覚えてる。
      日本が降伏してからもサイパンで戦い続けて、
      1945年12月1日になってようやく投降したんだ。

    この人は知らなかった。
    [ 2016/02/06 23:07 ] [ 編集 ]
  8. ターザン化してたのかも。あ~ぁ あー 森の平和は俺が守る!
    [ 2016/02/06 23:08 ] [ 編集 ]
  9. 『洗脳』ねぇ・・・特攻隊についても彼らはそー言うよね
    君たちはどー思う?
    [ 2016/02/06 23:09 ] [ 編集 ]
  10. 大体の人はおのださんしか知らないよなぁ……。。。
    もう現代人に戦闘民族の血は流れてないのかな。
    [ 2016/02/06 23:09 ] [ 編集 ]
  11. 英霊の方々に敬礼。
    72年の若者たちなんて、
    自虐史観真っ盛りだろ。
    [ 2016/02/06 23:10 ] [ 編集 ]
  12. 祖国あってこその人民なら、祖国のために死ぬのは戦う人間の定めな気がする。
    [ 2016/02/06 23:10 ] [ 編集 ]
  13. だからこそ自爆テロと神風を
    一緒だと考えるような外人は好きになれない。
    [ 2016/02/06 23:11 ] [ 編集 ]
  14. 横井さんも凄いけど小野田さんの方が凄いよ、横井さんは隠れてたけど小野田さんは戦闘してたからな。
    [ 2016/02/06 23:13 ] [ 編集 ]
  15. いつから他人の力でしか日本を守れなくなったんだろうね。
    というか、いつから大半の日本人の魂が、洗練されてない何の価値もない何も産み出さない何も果たそうとしない何の信念もない腐りかけのゴミになったんだろうね。
    [ 2016/02/06 23:14 ] [ 編集 ]

  16. 敗戦を知りながら反撃のチャンスだけを待っていた小野田少尉のような特務兵士は300人ほどいて、天皇が降伏しても尚多くはその後のASEAN諸国の独立軍を組織し指導した。
    単に洗脳されただけでこのような生き方はできない。
    [ 2016/02/06 23:14 ] [ 編集 ]
  17. 日本人ていつもニコニコしてと思ってるかもしれないけど、本気で怒らせたら怖いんだからな!ガオーッみたいな
    [ 2016/02/06 23:14 ] [ 編集 ]
  18. 戦後28年とか銃火器はほぼ使い物にならないでしょ?
    ナイフと刀で武装していたのかな?
    [ 2016/02/06 23:14 ] [ 編集 ]
  19. 機織り機を自作して布織って、背広っぽい服を作るなんてことまでしてたからな。手先の器用さすごい。
    [ 2016/02/06 23:15 ] [ 編集 ]
  20. >>現地の猟師と遭遇。

    猟師はびっくりしただろうな。
    [ 2016/02/06 23:15 ] [ 編集 ]
  21. 火星でたった一人
    アジアの戦場でたった一人(事実)
    真実を映画にしたほうが数倍面白いって思うんだけど
    他にも沢山の凄い英霊がいるんだけどね
    [ 2016/02/06 23:20 ] [ 編集 ]
  22. 最後の一人まで戦うはずだから原爆を落としてやったってか
    アメリカにとっては随分都合の良い理屈だよな
    [ 2016/02/06 23:20 ] [ 編集 ]
  23.   
    「決して降伏しない」ってのは欧米は美徳なのか?
    合理主義のおひざ元の人々の反応とは思えないな。
    [ 2016/02/06 23:21 ] [ 編集 ]
  24. 日本が悪かったという、戦後の日教組こそが洗脳。
    あの当時の世界は欧米以外は日本を除いてほぼ植民地化され、有色人種は人間扱いされていなかった。
    普通の日本人なら、国を守る選択肢しかなかった。
    おまけに、日教組のアジアの国々で日本軍は現地民をギャクサツしまくったという嘘もバレた。日本軍が戦ったのはアジアの現地民を搾取していた欧米の軍人だった。南京ギャクサツも嘘、従軍慰安婦強制連行も嘘。従軍慰安婦とうるさいのは、全て朝鮮系だ。身元ばれに使える。
    現代の日本人は戦後の洗脳からとけはじめている。
    [ 2016/02/06 23:23 ] [ 編集 ]
  25. 米国の・・・なんだっけ?日本と中国が戦争したら、たった5日で日本が負けるって書いてたな。

    現代日本人はもっと頑張らないといけないのではないかい?米国などあてにせず、自分たちの国は自分たちで守るくらいの気持ちがないと。とりあえずSEALsやマスゴミのような左翼を日本から排除することから始めたいよなあ。そして自衛隊の再構築。
    [ 2016/02/06 23:23 ] [ 編集 ]
  26. こんな方たちに濡れ衣をきせる連中
    嘘を巧妙にまぜ各国に対して告げ口外交している連中が
    心底ゆるせない。
    [ 2016/02/06 23:24 ] [ 編集 ]
  27. アメリカが世界で最も怖れているのは日本人のこの異常なまでの精神力。だから常に近くに置いて監視している。

    日本人兵士ならばひとりでも革命を実行してしまう。
    これは天皇がいるからそうなっているのではなく、そのような民族特有の性格から天皇のような君主が担ぎ出されてくる。
    共産主義者は天皇が日本民族自身が編み出した共同統治システムである本質をまだ十分に理解できていない。
    [ 2016/02/06 23:25 ] [ 編集 ]
  28. >恐らく日本人は、最後の1人になっても戦っただろうね

    こういう話題で、上のようなコメントの後にアメリカ人がよく言うのが、日本人は最後の一人まで戦う気でいるから、これ以上死者を増やさない為にも「原爆投下は正しかった」という原爆投下への正当化コメ
    [ 2016/02/06 23:26 ] [ 編集 ]
  29. 小野田さん横井さんは、右から左から、そして無責任な世間の好奇心から、毀誉褒貶にさらされプロパガンダのネタにされ、良くも悪くも生涯戦争に翻弄された人生ともいえるんだろうな。
    それでも、生きて帰れたのは、何にも代えがたいこと。

    その後横井さんは「サバイバル生活の伝道師」として活躍した(笑)
    生き抜いたことも、その後の人生を見ても、逞しい人なのは間違いない。
    [ 2016/02/06 23:28 ] [ 編集 ]
  30. 小野田さんは、天皇陛下に絶対的忠誠を誓った本物の帝国軍人。横井さんは、意気地無しの臆病者。単なる逃亡兵さ。
    [ 2016/02/06 23:28 ] [ 編集 ]
  31. >一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。

    そうだな。
    連合国側は「日本人は赤ん坊をも銃で突き刺して掲げる残虐な野蛮人」ってプロパガンダで自国の民を洗脳してたな。
    [ 2016/02/06 23:29 ] [ 編集 ]
  32. >戦争に人生が奪われてしまったなんて悲しすぎる。
    >30年間っていう家族との時間を失っちゃったのよ。 +62 アメリカ

    東京大空襲など日本全国で行われた民間人を巻き込んだ大規模な空襲、筆舌に尽くしがたい沖縄戦、2発の原子爆弾で蒸発、焼け死んだ民間人の事も知ってあげて下さい(´・ω・`)
    [ 2016/02/06 23:29 ] [ 編集 ]
  33. アメリカは日本人捕虜にコスト割きたくないからと
    日本兵捕虜を殺.して首を煮沸した髑髏を戦利品としてお土産にし、投降するとこうなると見せる鬼.畜.共だったんだ
    捕まるぐらいなら死ぬか戦い抜くかって状況においてなーにが「洗脳」だよ
    日本が悪で連合国が絶対の正義で身ぎれいな軍隊だと思い込んでる方が洗脳だわ
    [ 2016/02/06 23:30 ] [ 編集 ]
  34. ※9

    彼らは自分たちの認識(常識)が絶対だから、自分の感覚に当てはめると「洗脳」という言葉でしか理解できないのではないだろうか。
    もちろん、そうでない人もいるんだろうけれど、大多数が「そう」だから捕鯨なんかも叩いてくるんだと思う。
    自分たちが善だと疑わない幸せな人たちだな。なりたくはないけれど。

    戦没した方の魂、安らかに眠っていただきたいです。
    できたらまた日本人に生まれてきて、お花見や温泉、楽しんでもらいたい。
    [ 2016/02/06 23:30 ] [ 編集 ]
  35. > 戦争に人生が奪われてしまったなんて悲しすぎる。
    > 30年間っていう家族との時間を失っちゃったのよ。 アメリカ

    帰還後は結婚もなさって、普通の生活を送ったんだよと教えてあげたい
    [ 2016/02/06 23:30 ] [ 編集 ]
  36. >■ 一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。 イギリス

    アーロン収容所における英軍の日本兵の扱い方に見る、有色人種を動物としか認識できないレイシズム。
    あれも一言で言うと洗脳だろうね。
    [ 2016/02/06 23:31 ] [ 編集 ]
  37. 実際には現地で住民を殺害したり狼藉を働いてきた
    誇らしいなんてことはない
    [ 2016/02/06 23:32 ] [ 編集 ]
  38. 小野田さんは敗戦を知りつつ特殊任務を続けていた。
    横井さんは本当に日本の状況を知らなかったのかな?
    なんにせよ、お役目ご苦労さまでございました。
    [ 2016/02/06 23:33 ] [ 編集 ]
  39. 水はどうしたのか、何を食って生きていたのか気になる。
    冬が無かったから生き残れたんだろう。
    [ 2016/02/06 23:33 ] [ 編集 ]
  40. 負けたら終いじゃ済まないという信念と覚悟だよね。
    家族や日本だけじゃなくアジア全てが植民地の奴隷に戻るかの戦いだったんだもの。
    [ 2016/02/06 23:42 ] [ 編集 ]
  41. ちゃんと訳せよ。
    くそみたいなコメントばっかじゃん。
    [ 2016/02/06 23:42 ] [ 編集 ]
  42. ライフマガジン誌は1944年5月22日に、アリゾナで勤労動員されているアメリカ人女性が海軍将校のボーイフレンドからプレゼントされた「日本兵の頭蓋骨」トロフィーの横で手紙をしたためている画像を配信した。

    こんな猟奇行為がアメリカでは普通に見られるのだから
    文字通りの鬼畜米英。
    ちなみにこのような猟奇行為は米先住民やベトナム人相手にも見られ人種差別の表れだった。
    そりゃ特攻してでも一億総玉砕してでも戦うわな。
    米先住民みたく皆ゴロしにされたくないし。
    [ 2016/02/06 23:42 ] [ 編集 ]
  43. ヘビやらムカデやらがうようよいるジャングルで、30年間どうやって生きていけたんだろう…
    偉大なる英雄に敬礼
    [ 2016/02/06 23:48 ] [ 編集 ]
  44. 洗脳されてるのはむしろ戦後の日本人だけどな
    連合国に洗脳された
    [ 2016/02/06 23:48 ] [ 編集 ]
  45. >■ 敵の捕虜になるくらいなら、って思いだったんだろうね。 +1 アメリカ

    そりゃそうだろ
    おまえら米国は空襲や地上戦でも民間人平気で虐さつしてたんだから
    捕まったらどんな目に合わされるかという思いだろう
    おまけに実際に虐待されたり頃されてるからな

    でもその残虐ぶりをごまかすため、南京や慰安婦という嘘のプロパガンダを広めたわけで
    [ 2016/02/06 23:49 ] [ 編集 ]
  46. ※36
    いや、あれはアイツらの本能みたいなモンだろうさ。
    [ 2016/02/06 23:50 ] [ 編集 ]
  47. 日本人は敗戦国で各国からの歴史批判がある。その影響でこの記事にショックを受けることはない。既に知っているし。
    ただ、海外のコメントのほとんどが絶賛しているのを見ると、素直に日本人の糧として受け入れ見習わなくてはいけないんじゃないかと思う。
    [ 2016/02/06 23:50 ] [ 編集 ]
  48. you tubeで小野田さんを見た
    あの鋭い眼光は現在の日本人にはない 敬礼!
    [ 2016/02/06 23:50 ] [ 編集 ]
  49. 小野田さんに心酔している公僕の我が夫いわく
    「横井さんはただ逃げて隠れていただけの人」らしいけど
    まぁそれでも国家に翻弄された気の毒な人ではあったよね。
    [ 2016/02/06 23:51 ] [ 編集 ]
  50. 小野田さんだっけ、帰国したけど現在の日本に失望してブラジル移住しんだよね
    それ知った時何か物凄く申し訳なく感じたよ
    [ 2016/02/06 23:51 ] [ 編集 ]
  51. こういう外国人のコメントを見るたびに
    こちらがいくら歩み寄っても
    あちらが正義を盲信している限り真の相互理解は無理だと思う。
    そのつもりで外国とは付き合っていくべきだわ。
    外人に無駄な夢を持ってる奴はいい加減醒めてくれ。
    [ 2016/02/06 23:51 ] [ 編集 ]
  52. 戦後、グアムでB-29を地上撃破五機した日本兵もいるんやで。
    [ 2016/02/06 23:52 ] [ 編集 ]
  53. 小野田さんが帰国した時の老いたお母さんの言葉は何度聞いても目から変な液体が出てくる
    [ 2016/02/06 23:54 ] [ 編集 ]
  54. 世界中がくまなく白人の植民地で

    奴隷化&民族浄化されるか決死の戦争をするかの選択肢の中、

    まだ見ぬ子や孫の為に戦争を選んでくれたじいちゃん達。
    [ 2016/02/06 23:54 ] [ 編集 ]
  55. 横井庄一さんと小野田寛郎さんがごっちゃになっているw
    [ 2016/02/06 23:56 ] [ 編集 ]
  56. ここで横井さんを貶めるようなコメをする必要性があるのだろうか?
    [ 2016/02/07 00:01 ] [ 編集 ]
  57. 名無し
    洗脳でどうにかなるなら、中国軍人とか最高の忠誠心を発揮するんじゃないか?
    [ 2016/02/07 00:01 ] [ 編集 ]
  58. 国際法を守り昔から日本の兵隊は捕虜を丁重に扱っていた。当然、海外でもその筈だと思っていたらしい(日本人特有のお花畑思想)。ところが日中戦争で日本人捕虜は残○極まりない方法で頃されたんだ。
    それ以降、捕虜になるくらいなら氏ね、が当たり前になってしまった。
    名誉を守る為だけでも無かったと聞いた事がある。
    [ 2016/02/07 00:03 ] [ 編集 ]
  59. 源平や関ヶ原や大政奉還の後で起きたことを無視した史観などは、
    大半が先の大戦後のプロパガンダなのだ。
    日本には長い歴史の中で、常に、反体制支援を堂々としてる勢力がある。
    殲滅と隷属にさらされ続けた負け犬が抱く、今の特亜傾倒クサヨの反日とは違い、
    尊厳と、愛すべき伝統と、格式高さを備えた負け方を踏まえた、反体制。
    日本人の美学はただの忠誠で守れるものではない。
    [ 2016/02/07 00:05 ] [ 編集 ]
  60. ジャングルであれ何であれ大自然の中で完全に独りで何年も過ごすって、日本文化をバックボーンに持っている日本人の精神力なのか何なのは知らんが、とにかく西洋人には理解出来ない事らしい。

    西洋人には風の音や虫の声はただの雑音にしか感じず、自分が発する声以外の言葉が聞こえない世界では発狂するらしい。

    あのロビンソン・クルーソーでも、フライディだっけ?
    現地人を奴隷にして連れていたしね。
    [ 2016/02/07 00:08 ] [ 編集 ]
  61. 横井さんの帰国第一声を拾ったのはゼンハイザーMKH416
    [ 2016/02/07 00:09 ] [ 編集 ]
  62. 洗脳だぁ?
    ま、新聞は国民を洗脳せんとしていたかも知れないな。
    今の奴らを見ていれば70年前も同じだっただろうなあ、とは思う。
    [ 2016/02/07 00:12 ] [ 編集 ]
  63. 横井さんは召集前は洋服の仕立て屋だから、ジャングルで自分の衣服を作ってた。静かで我慢強い人。
    小野田さんは旧制中学から陸軍予備士官学校→中野学校出の残置諜者。
    サバイバル能力、戦闘力、意志力、決断力が並みの人ではなかった。
    合掌。
    [ 2016/02/07 00:14 ] [ 編集 ]
  64. ※7
    >この人は知らなかった。

    映画にもなってるよ。太平洋の奇跡
    主演:竹野内で。

    [ 2016/02/07 00:14 ] [ 編集 ]
  65. 相変わらず米欄は馬鹿ばっかりだな
    [ 2016/02/07 00:18 ] [ 編集 ]
  66. 昔、靖国神社の参道で小野田さんに偶然お会いした。
    「小野田さんでいらっしゃいますか?」と声をかけたら、
    ニコリと笑って握手してくれて、「あなた達若い皆さんで
    日本をより良くしてくださいね」とおっしゃられた。
    帰国された時、戦争狂だの亡霊だのとマスコミに叩かれて、
    嫌気がさしてブラジルに移住された小野田さんだけど、
    あの笑顔と気遣いは、戦争狂では決して無かったよ。
    横井さんもそうだけど、立派な方々だと尊敬しています。
    [ 2016/02/07 00:22 ] [ 編集 ]
  67. 昔、横田さんが書いたサバイバル本を読んだことあったけど面白かったな
    [ 2016/02/07 00:22 ] [ 編集 ]
  68. 「生きて本土へは戻らぬ決意」で出兵していたため、
    帰国の際には、出迎えた斎藤邦吉厚生大臣に対して、
    「何かのお役に立つと思い恥をしのんで帰ってまいりました」

    すごいセリフだね、鳥肌たった
    [ 2016/02/07 00:22 ] [ 編集 ]
  69. いま西尾幹二さんの「GHQ焚書図書開封」を順次読んでいる。
    GHQは日本の書物7千余りを焚書にした。
    中身は戦前戦中の日本の立場や世界情勢、日本人の思想や世界各国の翻訳したもので、西尾さんが日本人に知っていてもらいたい部分を出典引用をはっきりさせて要約してくれているのでわかりやすい。
    いいことばかりが書かれているわけではない。でも当時はそういうものだったと知らしめてくれるものでもある。

    知らなかったことばかりで、わたしはところどころ泣きながら憤慨しながら読んでいる。
    [ 2016/02/07 00:25 ] [ 編集 ]
  70. 俺だったら絶対途中で自棄になって
    いただろうなぁ。

    何がそれを思いとどまらせたんだろう。
    いくら国や子孫のためとはいえ、ねぇ。
    [ 2016/02/07 00:25 ] [ 編集 ]
  71. >当時の日本人の戦争にかける想いって凄かったんだな。

    外国人って、洗脳とか簡単に言うけどさ。
    自分の国が亡くなって、家族もころされるかも知れないのに戦わないのか?
    あぁ、そっかアメリカ人は移民だからな。祖国へ帰ればいい話だもんな。
    国が亡くなっても家族がころされても、自分の命だけが助かればいいってか?

    ついでに、洗脳を受けているのは、当時のアメリカ人も同じ。
    ハリウッドで作ったプロパガンダ映画。
    ほんと、「日本人をころせ!」ってのが盛り込まれていて怖いわ!
    バンザイクリフは、天皇陛下の為とかさ。
    ただ、お前達が銃で追い詰めたから飛び込んだだけだろ。
    周囲に日本人の死体だらけで、
    あの女性と赤ん坊だけが助かると日本人なら絶対に思わんわ!
    飛び込むようにしておいて、何が洗脳なんだろ?
    [ 2016/02/07 00:31 ] [ 編集 ]
  72. ※55

    私の頭の中が……そうなっているようだ。
    [ 2016/02/07 00:33 ] [ 編集 ]
  73. 「今の日本人にはこんな根性ないだろ」とはよく言われるが(たしかにそう思う)、戦争中の話を聞くと故郷にいるときや平時の部隊じゃ人当たりが良かったり、朗らかだったり、とても他人を殺せるような人じゃないのが、豹変するらしいんだな、同様な行為に物静かな女性が涙も見せずに氾濫河川の人柱になったりとか。自己犠牲ってのは、わからんでもないんだが。日本人には突発的に起きる変なトリガーがあるようなんだな。
    [ 2016/02/07 00:34 ] [ 編集 ]
  74. >  もし連合国が日本の本土まで攻め込んでいたら、
      恐らく日本人は、最後の1人になっても戦っただろうね。


    戦後の新生日本の俺らは腰抜けの平和主義者だからちゃんと守ってね
    [ 2016/02/07 00:35 ] [ 編集 ]
  75. 横井さんは例外の存在じゃないというのが恐ろしいところ。
    天皇陛下があの時「もうやめよう」お願いなさらなかったら、
    ものすごい数の日本兵が地下に潜って、アジア全土を現在のアラブのようにしたと思う。
    そして日本は自身も周りも再起不能の状態にして勝利していただろう。
    [ 2016/02/07 00:35 ] [ 編集 ]
  76. ※7
    何年か前、竹野内豊主演で映画になってたよね

    歩兵の本領を歌い上げながら山を降りるのもカッコ良かったけど、投降してくる兵隊さんのためにと服を新調して届けたサイパンの一般日本人の心に感じ入った
    あれを虚構と笑う気にはなれない
    そうするモノを憐れむ
    軍に騙されていたと言いますかw日本人ならずとも苦労した人を労う心は持つだろうとは考えないのだな、と

    バンザイクリフ、スーサイドクリフに身を投げた人々の心も忘れない
    かの如き絶望感が蔓延するを繰り返さないよう、戦争を否定する
    戦争を否定する為に、一般が蹂躙されてかの絶望感が蔓延するのと同じ状況になるさまを見過ごす事を強要する政治屋社民民主共産連中を、絶対に支持はしないが
    [ 2016/02/07 00:36 ] [ 編集 ]
  77. ※71
    ちゃんと現実みるとアメリカ人の洗脳の根深さは日本人の比じゃないよね。自由と民主主義と正義を標榜する国の国民を統率するのは並大抵の事じゃないからね、国民を公に説得しコントロールするためのあらゆる研究を行っていて、そこから得たデータを基にあらゆる策を講じているんだと思うよ。
    デモクラシーナウってアメリカの番組で電気ショックで人の記憶をリセットする研究をCIAが行っていたとか報道してたし。そこまでやる国だから未だに国民の半数くらいの割合の人が原爆投下を肯定してるんでしょ
    [ 2016/02/07 00:51 ] [ 編集 ]
  78. アメリカ軍人さんのコメントが多いのが良いね。
    同じ戦う立場だから何か思わずにはいられないんだよ。

    横井さんの本を買ったんだ。
    なんらかのお役にたてるんじゃないかと思ってね。
    [ 2016/02/07 00:55 ] [ 編集 ]
  79. 日本兵の手紙とかを読むと(検閲されているから、とか言う奴もいるが)、当時の人達の教養や志、意識の高さが凄く伝わって来る。少なくとも安気に生きている自分が恥ずかしくなるくらいには、彼らの文章から滲む決意や覚悟は固く、高潔だ。
    正直、この精神の気高さは自分には理解不能。いや、理解可能なものでもないのだろう。所詮、自分は「戦争を知らない子供たち」。どれ程に「分かったような気」になっても実際には分からない。
    ただ、これ程までに優れた人達が呆気なく消えて行った事実に、その人的損害の大きさに愕然となる。

    確かに小野田少尉はエリート中のエリートだけど、凄いのは彼だけじゃなかったんだよ。
    次の休日、靖国へお参りに行こう。
    [ 2016/02/07 00:57 ] [ 編集 ]
  80. 洗脳って怖いな。
    戦地から帰還した兵隊さんたちは無残な日本の現状を見て天皇バンザイなんて言わなくなったっていうのに…
    [ 2016/02/07 00:58 ] [ 編集 ]
  81. 「洗脳って何だろう?」ってちょっと考えてしまいました。

    特亜による反日教育のように嘘・捏造を叩きこむような事をしてなければ問題ない気がします。
    [ 2016/02/07 01:00 ] [ 編集 ]
  82. 外国の戦勝国プロパガンダも相当だからなあ。
    日本も戦後の敗戦教育を受けた世代は色々可哀想な人がいるし、今はそういうのを結構公平に見られる人は増えてきたんじゃないかなあ。
    ただ、外国とりわけ戦勝国の人達は未だに色々目に鱗を貼りまくってるんだろうな。
    [ 2016/02/07 01:00 ] [ 編集 ]
  83. アメリカ人なんて人の事をサルと定義した上でレ=プしまくってた基地外なんだぜ、史上最低のサイコ民族に負けるわけには行かないと思うのはアメリカ人とイギリス人以外は当たり前に考える思考だ。
    フライングタイガースからのハルノートなんだぜ、インセインだよ。

    現代において、アメリカの悪が証明されているにも拘らず、なんら悪びれる様子が無い奴ら、やっぱサイコパスですわ、関わっちゃいかん!!
    [ 2016/02/07 01:03 ] [ 編集 ]
  84. 28年間、前線で日本を守ってくださってありがとうございました
    [ 2016/02/07 01:04 ] [ 編集 ]
  85. 俺は横井さんが出てきた時のことを良く覚えている。
    彼は異常に文明的だったよ、小野田少尉とは違ってた。
    椰子の葉から繊維を取り出して服を作ったり、元々彼は仕立て屋だったw記者会見でTV を知っていますかという質問に、ああ浜松高専で研究してたのは知っていますと答えていた。
    あと、彼はゴルフ場の側で投降したんだよね。
    [ 2016/02/07 01:10 ] [ 編集 ]
  86. 洗脳と言うが、洗脳は双方そうだよ、いまは負けた日本が洗脳の掛けてとしては敗北して掛けられる側に成ってるだけ。

    その程度の話。
    [ 2016/02/07 01:16 ] [ 編集 ]
  87. 小野田さんは敗戦が信じられなくてどうしても帰らず、当時の上官が迎えに行って帰ってきたんだったかな?
    すごいよ
    [ 2016/02/07 01:19 ] [ 編集 ]
  88. 違った
    任務を解かれていないから帰れないと言ったんだったか
    それで上官が迎えに行った
    [ 2016/02/07 01:20 ] [ 編集 ]
  89. 横井伍長の「発見」は、世界を驚倒せしめた。
    グァムの人は口々に言った。我々は、国を愛するということはどういうことか、横井さんの行為によってはじめて知った。あそこまで頑張れるとは、我々には考えも及ばないことである―
    二年後、小野田少尉が「対米戦闘」をやめた。「日本兵はジャングルの中に住めるんだからすごい。こんなことは、フィリピン人やアメリカ人には想像もできない。密林の中にただ一人元気に三十年も生きているなんて、そんなことが実際に起きなかったならば、SFとしてさえ荒唐無稽なストーリーだと思うだろう」フィリピン人はこう言って驚いていた
    ・・・・・と、小室直樹の著書にある。
    [ 2016/02/07 01:20 ] [ 編集 ]
  90. 別に洗脳じゃないよ。アホか。戦後のステロタイプの物の見方をいい加減にやめろ。ボケ!

    横井さんはアメリカが怖くてジャングルに穴を掘って隠れていたんだよ。ただ一人だったから孤独で大変だったろう。
    [ 2016/02/07 01:31 ] [ 編集 ]
  91. 洗脳って戦時や宗教に限らず
    現代でも日本社会や国際社会に適応できるように親や世間が洗脳してくれてるんだよ
    [ 2016/02/07 01:32 ] [ 編集 ]
  92. 小野田氏の場合、週刊朝日のインタビュー(昭和49年)にこう答えていた。

    ―人生の最も貴重な時期である三十年間をジャングルで過ごされたわけですが・・・
    「若い、一番意気盛んな時期を、全身を打込んでやれたことは幸福だったと思う」
    ―心に思い続けたことは?
    「任務の完遂以外にありません」
    [ 2016/02/07 01:34 ] [ 編集 ]
  93. 「洗脳」は発言者にとって都合の悪い「教育」の事。
    「教育」は発言者にとって都合の良い「洗脳」の事。

    洗脳かどうか?は議論する価値は無い。主観の問題でブスっていう悪口と変わらない。
    [ 2016/02/07 01:39 ] [ 編集 ]
  94. 天皇は一般人には遠い存在だから、影響は少ないだろうけど。
    日本人の正義感や道徳心を利用した、政府とマスコミの洗脳は大きいかもね。

    マスコミが作り上げた、欧米人の鬼畜ぶりを刷り込まれたら、家族や恋人の為に、最後の一人になっても食い止めたいと、思うわな。
    [ 2016/02/07 01:42 ] [ 編集 ]
  95. ≪リンドバーグ『第二次大戦日記』≫
    「・・・彼らの要求は日本兵を無慈悲に、むごたらしく皆ごろしにすることなのだ。
     ・・・オウィ島に来て以来、敵に対する畏敬の言葉も同情の言葉も聞いた覚えは全くない。
     ・・・われわれには勇敢な行為であっても、彼らがそれを示すと狂信的な行為ということになる。
     ・・・ブルドーザーで遺体を穴の中に押しやり・・・ブルドーザーで片付けたあとは墓標も立てずに、こう言うのである。『これが黄色いやつらをば始末するたった一つの手さ』と」
    「・・・将校連は尋問するために捕虜をほしがる。ところが、捕虜一名につきシドニーへ二週間の休暇を与えるというお触れを出さない限り、 捕虜が一人も手には入らない。
     ・・・懸賞を取り消すと、捕虜は一人も入って来なくなる。
     ・・・オーストラリア軍の連中はもっとひどい。・・・捕虜を機上から山中に突き落とし・・・」
    「ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋でも日本人に行ってきたのである。 ・・・『汝ら人を裁くな、裁かれざらんためなり』
     この戦争は・・・あらゆる諸国民に恥辱と荒廃をもたらしたのだ」
    [ 2016/02/07 01:57 ] [ 編集 ]
  96. 横井さんとその後に発見された小野田さんのニュースは、リアルタイムで見たよ。
    二人は対照的な姿で発見された。

    横井さんは兵士だったから、上官の命令が来るまで必死に命を繋いでいたという様相だった(一枚目の写真)。三十年もジャングルに潜んでいたのだから、この姿は当然だろう(生きていただけでも奇跡)

    片や、小野田さんは驚きの姿だった。
    軍帽をかぶり軍服を着用、銃剣を持ち敬礼する姿だ。戦争中の姿だ。
    もちろん帽子も服もヨレヨレではあったが、キチンと洗濯している様子だった。
    発見された島が、横井さんはグァム島、小野田さんはルバング島。
    島の状態にも違いはあったと思うが、小野田さんは将校だったせいか、身なりも気にかけていたようだった。部下がいなくなっても本国からの指令を待っている、といった様相だった。

    横井さんのような兵士と小野田さんのような上官がいたんだから、日本軍は強かった訳だ。
    [ 2016/02/07 02:04 ] [ 編集 ]
  97. 小野田さんの銃はよく手入れされてて稼動したらしいね、さすが特務兵。
    [ 2016/02/07 02:06 ] [ 編集 ]
  98. 横井庄一氏の場合はともかく、小野田寛郎氏の場合、30年間にわたって戦闘行為を継続した結果、フィリピン警察や在フィリピン米軍、そしてフィリピンの民間人からも死者を出している。
    フィリピン政府は結局「恩赦扱い」にしたようだが、警察官や米軍人はまだしも、亡くなった民間フィリピン人の家族に対して、日本政府がちゃんと補償みたいなことをしたのかどうかが気になるんだが、知ってる人はいないかな?
    [ 2016/02/07 02:08 ] [ 編集 ]
  99.  
    >>94
    洗脳だというなら宗教関係でここまでひとりで戦いきったやつみてみろよ
    爆弾巻いて突撃より辛いぞ

    オウムの信者ですら都会ですら心折れたわけだしなw

    あるとしたら、鬼畜米兵の実態をしってたってことだろうね
    プロパガンダじゃなくて事実として日本兵のスカルトロフィーを米兵はつくったりしてたわけだしね
    その事実をどうするんだ?マスコミの嘘だって?実物のJAPときざまれて恋人にプレゼントされた頭蓋骨どうせつめいする?
    [ 2016/02/07 02:09 ] [ 編集 ]
  100. 小野田さんは帰国後、戦後の日本の変貌ぶりに絶望してブラジルに渡って生涯過ごした。
    ある日ライフル持った地元ギャングが小野田さんの家にタカリに来て、小野田さんも地元警察から護身用に貰ってたライフル片手に話し合って追い返して以来、地元では「あそこは筋金入りの軍人の家だ」と言われて一目置かれてた。

    でも横井さんの場合はほんとに普通の人だった。
    [ 2016/02/07 02:28 ] [ 編集 ]
  101. 名無し
    自分の命をどう使うか、昔の人はそれを考えていた。
    見習いたいと思う。
    [ 2016/02/07 02:31 ] [ 編集 ]
  102. 洗脳なんかじゃない、誇りだよ。
    自分も彼らのように、誇り高く在りたいと思ってる。
    人生何が起こるか分からないけど、イザという時に自分の魂を裏切りたくはない。
    [ 2016/02/07 02:50 ] [ 編集 ]
  103. 命あっての物種とは言うけど、投降すれば命が助かる可能性が高い白人様と違って人相手に戦ってた有色人種代表の日本人そうはいかないよね
    国どころか民族の存亡を賭けた戦いで、最後の一人になっても立ち向かうとか
    自分が犠牲になっても仲間が助かるなら犠牲になり、一人でも多くの敵を道連れに…って実際やり遂げられるかどうかは別としても、理解できる考えだと思うんだけど
    そう思うのは自分が日本人だからなのかなぁ…それともこれが「洗脳」なんですかね(笑)
    RPG とかでもよくあると思うけど、もしかしてああいう考え方も日本人とは捉え方が違うのだろうか?
    [ 2016/02/07 02:51 ] [ 編集 ]
  104. 1976年生まれのアラフォー
    小さい頃、テレビのモノマネ番組でよく見た
    どっちだろ?横井さんかな?小野田さんかな?両方かな?
    子供だったし当時はひとつも面白くなかったよ
    まぁ大人になって色々考えるようになった今も面白いとは思わないけどね
    [ 2016/02/07 02:55 ] [ 編集 ]
  105. 昔見たドラマ二つの祖国で軍靴を鉄兜で煮て食うシーンを思い出した。
    食うだけでも大変だったろうにな
    [ 2016/02/07 02:59 ] [ 編集 ]
  106. アメリカにもいただろ
    死傷率300%越えの連隊がよ
    [ 2016/02/07 03:02 ] [ 編集 ]
  107. ※42
    そうなんだよね。あんな写真が普通に掲載される国。今の感覚で言えば
    贈られた女性だって悲鳴を上げて怖がりそうなものなのに、そんな
    素振りもない。掲載されて「これはあまりにも野蛮だ」とか読者から
    クレームも来ない。つまり当時彼らにとって日本人は本当に「動物」
    扱いだったんだよね。(ある意味、彼らにとってそれは当たり前のこと
    だから「本当に悪意がない」のかもしれないけれど。)
    でも日本人からしたらこんなんが本土に攻め入ってきたら何されるか
    分からないって思うよ。女性ですら「仏さまになった遺体から頭部を
    切断して煮てドクロにしたもの」をプレゼントされて平然としてる
    民族なんだもの。「捕まったら何されるか分からん!」「皆殺しに
    される!」「死ぬにしたって尊厳を守った殺し方してくれるとは思
    えん!」ってなるよ。
    [ 2016/02/07 03:19 ] [ 編集 ]
  108. 戦後台湾に渡って金門島で中共軍の侵攻叩き潰した根本中将なんて人もいるんやで
    [ 2016/02/07 03:24 ] [ 編集 ]
  109. こういう話題には現代の日本と比較する論調もちらほらあるけど、実際問題彼ら旧日本兵が体験してきた環境と現代じゃ何もかもが違いすぎるからな

    もし本当の困難となった時に各人がどう行動するかってのを自問しながら生きていれば今はいいんだろうよ
    [ 2016/02/07 03:25 ] [ 編集 ]
  110. 負けたら自分の家族までもが奴隷にされて当然の世界だったんだから投降なんてするわけない。
    西洋人って自分たちの祖先が有色人種をどういう扱いして来たか知らないの?
    [ 2016/02/07 03:27 ] [ 編集 ]
  111. 正直アホとしか思わないわ
    しょうがないんだろうけど、時間を無駄にしただけだろ
    こんな悲しい存在を上げて賞賛するとか、糞みたいな戦争に対する皮肉にしかならないから
    [ 2016/02/07 03:38 ] [ 編集 ]
  112. 数十年そこらじゃ千年単位で形成された民族文化は崩壊しないよ。
    スポーツとか自衛隊を見てみ、今でもやるときゃやる戦闘民族だよ。
    [ 2016/02/07 03:39 ] [ 編集 ]
  113. >こんな凄い話なのに今まで一度も耳にしたことがなかった アメリカ

    アメリカってこんなもんだよね。
    別にこの話は日本では最近初めて聞いた話ではない。
    彼は無事に生きてて良かったけど相当孤独だっただろうし苦労したね。
    [ 2016/02/07 03:44 ] [ 編集 ]
  114. 小野田少尉は中野学校出身の情報部員なので敗戦情報は知っていた。アメリカが国際法を守らないであろう事も知っていた、実際に戦争中も全く守っていなかった。
    なので最初はアメリカに占領されて好き放題やられるだろうが、後に日本が反撃に出るだろう事態に備えて潜伏していた。
    アメリカの占領政策が国際法もポツダム宣言も全く守らないという、さすがにそこまで予想できない度を超した占領だった為に目算が狂った。
    国際法の学会では、東京裁判含め戦勝国が敗戦国をこれほど好き放題できるなら降伏する国はなくなり戦争が終わらなくなると東京裁判が否定されてたりする
    [ 2016/02/07 03:51 ] [ 編集 ]
  115. 小野田さんは任務実行中だったけど、横井さんはただの脱走兵だろ。もちあげるのはおかしい。普通の国なら死刑だぞ。
    [ 2016/02/07 03:56 ] [ 編集 ]
  116. そう、この不屈の精神が現在の日本を萌え大国へと導いたのだ!!
    [ 2016/02/07 04:02 ] [ 編集 ]
  117. ■ 戦争に人生が奪われてしまったなんて悲しすぎる。
      30年間っていう家族との時間を失っちゃったのよ。 +62 アメリカ
    ■ どんな戦争もまったくの悲劇であり、
      たくさんの犠牲が生まれるもんだ。 +5 国籍不明

    本当にこの通りであって、戦争など正気の者なら誰も望まない。なのに愚かな狂った者どもが戦争を仕掛けたがるから、我々はやむなく備えをせねばならない。その為に心身を捧げてくれる将兵として奉職なさっている方々に対して敬意を抱くのは当然だ。ところがそれを左翼の連中は……実に呆れたものではないか。己の姿を省みて恥じるということを知らんのだろうな。拝金主義者と云う手合は皆そういうものだ。
    [ 2016/02/07 04:09 ] [ 編集 ]
  118. 日本の武士は国や領土を守る為に何をすべきかを総合的に考えていた。戦国大名は大小問わず家訓や国の統治法を後世にまで伝えている。元から法を順守しそれに則って統治し戦う習慣があったんだろうね。それをイギリス人に話したら「・・・」てなってたわ。
    [ 2016/02/07 04:16 ] [ 編集 ]
  119. 当時の投降した日本人が敵兵に撃たれている映像を見た事がある。
    また当時日本・日本人差別もかなり酷かった。
    当時のアメリカ人は亡くなった人すらかなり酷い扱いをしたという事実からこれからも絶対に目をそらさないで欲しい。
    まさに当時日本がプロパガンダするまでもなくかなり鬼畜でしたね。
    [ 2016/02/07 04:17 ] [ 編集 ]
  120. >こういう話があるから歴史って面白いんだよな。 +3 カナダ

    この話は日本人にとっては特に面白い話でもないね。
    長年の彼の孤独や辛さを思うと悲しい話だと思う。
    せめて57歳で日本に帰還されてからは幸せな人生だったらいいなと願う気持ちがあるね。
    [ 2016/02/07 04:27 ] [ 編集 ]
  121. 現代の自衛隊だって戦争に出て、小島で孤立して、
    命令系統が遮断されたら潜伏モードで持ちこたえるんじゃね?
    さすがに10年も戦争が続くとは思わないだろうが。
    [ 2016/02/07 04:31 ] [ 編集 ]
  122.  
    「こっ、これだ!」  by ブラック企業
    [ 2016/02/07 04:36 ] [ 編集 ]
  123. >国家への忠誠心

    俺はちょっと違うと思うんだ
    この場合の国家は国であると同時に郷里であり故郷でありそこに住まう人々なんだ
    そして、まだ見知らぬ誰かへの思いやりでもある
    その「国家」に比べればミニマムであり同時にもっと大きな枠のことを
    おくにのために、と言っていたんだと思うよ
    すまん、うまくまとめられんが
    [ 2016/02/07 04:37 ] [ 編集 ]
  124. 国家への忠誠心より使命感だな
    ブラック企業で頑張る精神
    [ 2016/02/07 04:53 ] [ 編集 ]
  125. あの当時は。
    桜みたいに美しく散ることが美徳だった。

    補給線を絶たれた、あの現状で生き残るだけでも大変だった。
    あんまり言いたくないけど。
    戦争は補給線の確保が、重用で。
    当時の日本は、そんなことを、軽視していたとしか思えない。

    今彼に言えることは、今だったらいえることは。
    生き残ってくれていて有り難う。
    何も恥じることなんかない。
    [ 2016/02/07 05:01 ] [ 編集 ]
  126. >一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。 イギリス
    何が洗脳だよ、英国人
    いや英国に潜り込んだ中国人かも知れんがなw
    英国やオランダその他、アジア各地を植民地にしていたいわゆる欧米列強が、現地の人々をどう扱っていたか、人々の国や文化をどのように踏みにじっていたか、知らんと言うなら調べてみるんだな
    日本もまた、あそこまで徹底して抗わなかったら同じようにされていただろう
    あるいは中国のように阿片漬けにされていたかもな
    それが当時のあんたらのやり方だった事を知るんだな
    [ 2016/02/07 05:09 ] [ 編集 ]
  127. >だからこそ自爆テロと神風を一緒だと考えるような外人は好きになれない。

    かなり同感。
    テロリストのやってる無差別自爆テロと一緒にして欲しくない。
    テロ行動をカミカゼとか言う人達にはかなりの嫌悪と不快感がある。
    当時を生きてるわけではないし今の日本人とは違う部分も色々あると思うけど天皇への忠誠心や不名誉というよりは自分の愛する家族や国の為に彼らは必死に戦ったんだと思う。
    日本だけではなくww2の当時戦争した国はどこもそんな感じではないのかなと想像する。

    >どんな戦争もまったくの悲劇であり、
    >たくさんの犠牲が生まれるもんだ。 +5 国籍不明

    その通りだと思う。
    戦争はどんな物も悲惨であり悲劇や犠牲が沢山起きる。
    世界中から戦争なんか無くなればいいのにね。

    [ 2016/02/07 05:18 ] [ 編集 ]
  128. ※6
    横井さん、小野田さん共に亡くなられています。
    小野田さんは、帰国後ブラジルに渡ってコーヒー農園を経営されていたとか。そこで天寿を全うされたようです。
    [ 2016/02/07 05:52 ] [ 編集 ]
  129. ※22 24 26 28 31 32 33 36 42 44 45 54 62 71 77 81 83 95 99 107 119 126 127

    本当にその通りでかなり共感するわ。
    外国コメントは綺麗なものだけ紹介されてんのかな。
    >恐らく日本人は、最後の1人になっても戦っただろうね
    >上のようなコメントの後にアメリカ人がよく言うのが、日本人は最後の一人まで戦う気でいるから、これ以上死者を増やさない為にも「原爆投下は正しかった」という原爆投下への正当化コメ

    未だにそうなんだよね。
    これはかなり異常な意見だと思うな。
    最近ソ連が核兵器持った後に怯えたアメリカ人達が防災訓練するかの様に机の下なんかに隠れている白黒映像を見たけど、そんな事したってアメリカ人は絶対に助からないよって映像見て思ったわ。
    でもそんな事を現実世界で実際にやったのがアメリカでありアメリカ人なんだよね。
    日本は実際に核兵器を2つも落とされたから核兵器の怖さは知ってるけど外国の歴史の教科書では核兵器が落とされて戦争が終わった位の国もあるらしいね。その話を聞いた時は割と衝撃だった。
    どんどん色んな国が持つ訳だ。
    [ 2016/02/07 06:04 ] [ 編集 ]
  130. あらゆる教育は全て洗脳だ
    特別な事じゃない
    自分が所属する集団に貢献したいと思う事は
    群れを成す動物なら当然として持ち合わせている物だと思うよ
    [ 2016/02/07 06:15 ] [ 編集 ]
  131. 日本が負けてからも、東南アジアの国の独立を助けるためにそのまま兵士として残って現地の人達と戦い続けた日本人だって沢山いた。日本の教育は、戦前=すべて悪、完全悪、戦前以前の英雄らも全て悪、日本はどの時代も悪である。という、教育を受け続けている。この方針をずっと陣頭指揮してきたのが、いわゆるGHQによって創られた日教組、教育委員会、などなんだよね。これでは公平な目で歴史を俯瞰し、平和とは何かを真摯に考え、本当に戦前にいけなかったこと変えなくてはいけないこと、そういうものが見えなくなってしまい、現実感が空虚になってしまう。日本の戦後はないものをさもあったように言って、過去を異常におかしな目で見てきた。だが、もうインターネットの普及とともに、こういった洗脳もだんだん解かれてきた、それが今の若い世代だ。こういう事実を客観的、そして自分達の祖父母の世代がどういう心と覚悟をもって過酷な動乱の時代を生きてきたのか、今こそ知るひつようがある。良い時代になった。
    [ 2016/02/07 06:22 ] [ 編集 ]
  132. よくわかんねーよ。
    何が言いたいのか。
    一生懸命読んでも。
    [ 2016/02/07 06:31 ] [ 編集 ]
  133.  
    横井さんがグアムで生きる為に取って食べてしまった小動物の慰霊碑を建て欲しいという遺言があって、実際に建ってるそうだ。
    [ 2016/02/07 06:44 ] [ 編集 ]
  134. 本人は言いたいことばっかり言ってるつもりかもしれないけど。

    見ている方は、ただの文字の固まり。
    読めるかこんな文。
    [ 2016/02/07 06:45 ] [ 編集 ]
  135. 洗脳と文化を一緒にするな

    現代の物指しで、当事の他国の常識や文化を否定しないでくれ
    [ 2016/02/07 06:46 ] [ 編集 ]
  136. ネタに困ったら戦争・捕鯨・慰安婦に頼る。
    基本ですね。
    [ 2016/02/07 07:01 ] [ 編集 ]
  137. 名無し猫
    勇者は勇者を知る
    [ 2016/02/07 07:06 ] [ 編集 ]
  138. まさに偉大だね。
    日本人はなにも軽はずみに戦争をはじめた訳じゃないと思うよ。
    これだけの覚悟を持って戦争に挑んだんだ。
    戦争なんて誰もやりたくないに決まってる。

    すぐに戦争だ戦争だと叫ぶ世界中の人々には、この覚悟が自分にあるのか確認して欲しい。

    日本人にはこの偉大な覚悟があるのかも知れないね。
    [ 2016/02/07 07:15 ] [ 編集 ]
  139.  死ぬ気で戦う兵士と、部下を無駄死にさせないように戦う士官で構成された軍隊なら、確かに強いんだろうな。でも、当時の日本軍は士官が無能すぎた。考えることなく、精神論だけ唱えて、無駄死にを推奨していた。兵がいくら有能でも、残念ながら戦争には勝てないね。
    [ 2016/02/07 07:19 ] [ 編集 ]
  140. もう、そう思うよ。
    [ 2016/02/07 07:19 ] [ 編集 ]
  141. 今現在まで何十年と洗脳を続けてる某反日国をなんとかしてください
    [ 2016/02/07 07:31 ] [ 編集 ]
  142. 優しさに囲まれたら。
    誰でも優しくなれる。
    子供達には、優しさを届けてあげて。
    [ 2016/02/07 07:32 ] [ 編集 ]
  143. ※56
    必要性は全くない。
    ※25
    >米国の・・・なんだっけ?日本と中国が戦争したら、たった5日で日本が負けるって書いてたな。

    何かそんな事書いてるみたいだね。
    そして日本の尖閣諸島を狙ってる中国はだからこそアメリカは中国がかなり怖いでしょうから日本に協力しないようにってアメリカに強い圧力をかけてるみたいだよ。

    ※57
    本当にそう思うな~(笑)
    日本はしないだろうけど、中国軍人こそ日本に特攻位しそうだね。
    自衛隊の戦闘機にレーザー照射したり馬鹿な行動ばかりしているから。
    だって未だに中国共産党の大嘘すらも熱心に信じて日本や日本人を強く憎みまくってるんだもんね。
    後、北朝鮮人と韓国人もそんな感じだな~。
    [ 2016/02/07 07:34 ] [ 編集 ]
  144. 移民は兵士になっても犯罪ばっかするからな
    「俺○○軍だけど故郷は△△で□□人なんだよね(笑)」と
    「俺は○○軍で故郷も○○で○○人だ」
    では掲げてる旗の重みが違う


    アメリカも最近ではアメリカ人としての自覚の強い人間を好むようになってきたがそれでいい
    [ 2016/02/07 07:36 ] [ 編集 ]
  145. ※143
    確かに中国人のように政府の嘘をいまだに信じてるような奴らは従順に見えるが実はそうじゃない
    奴らは日本兵みたいな特攻なんてできない

    中国人が政府のプロパガンダに乗っかってるのは儒学圏の特徴である「余所者より身内に味方するのが当然だ」という思想と島国日本への劣等感と恐怖支配による物だ
    中国は古来より恐怖支配が伝統的であり王様や皇帝たちは普段はヘコヘコ何でも言うこと聞いてた部下に土壇場で裏切られて誠の忠義はなかった…と嘆く事がしょっちゅうだったが今でもそれは変わらない

    話せば長くなるがな
    [ 2016/02/07 07:51 ] [ 編集 ]
  146. 太平洋戦争は偽装愛国主義の共産主義者同士が起こしたもの。

    青年将校も近衛文麿もルーズベルトもソビエトの対日工作コミンテルンの敗戦革命のシナリオで動いた駒でしかない。

    第二次世界大戦で勝利したのはソビエトだけだ。
    [ 2016/02/07 08:02 ] [ 編集 ]
  147. 信念というか洗脳って怖いなって思った。
    しかし信念すら失って、なんでも許されると思っている現在も怖い。
    どうして日本人は極端に走りたがるのか……
    [ 2016/02/07 08:04 ] [ 編集 ]
  148. まぁまぁ。
    落ち着いて。
    まず、自分達のしていることから考えてみて。
    胸に手をおいて。

    他者が何をするか何て考えないで良い。

    自分は、その卑怯な他者と同じにならなければよい。
    [ 2016/02/07 08:04 ] [ 編集 ]
  149. 30年近く出てこれないなんて、普通に脱走兵だったから出てこれなかったんだろ
    美談にしすぎ
    [ 2016/02/07 08:07 ] [ 編集 ]
  150. >子供たちには、優しさを届けてあげて

    台湾人女性の証言
    「日本の兵隊さんというのはね、皆それはもう非常に子供たちに優しかったですよ!それを何ですか!日本人兵士を悪者のように嘘で貶めて、私はそれが赦せない!」
    [ 2016/02/07 08:09 ] [ 編集 ]
  151. その通り。
    日本人は基本的に。
    優しいんだよね。
    [ 2016/02/07 08:14 ] [ 編集 ]
  152. 欧米人の戦記物特に個人の体験記を読むとドイツ軍と連合国軍の違いに驚かされる。個人に投げられるのは、ドイツ軍は主に義務を果たしたか否か、連合軍は命令に従ったか否かの様に思う。
    では、日本軍はどうかと言うと、わからなくなる・・・・上記のどれにも当てはまらないように思う。
    欧米人は「生」「生きる」が第一でありその次に先に述べた戦闘・行動があるようだけど・・・当時の日本兵はどうだろうか。
    [ 2016/02/07 08:16 ] [ 編集 ]
  153. ※147
    洗脳(笑)

    戦前の教科書とか見ても洗脳らしい洗脳なんてまるで無いw
    国旗の項目には自国はもちろん他の国の国旗も尊重しましょうと何も書いてない現代よりマトモな事が書いてある
    天皇を現神人と書いてるのも激戦時代の七年間だけで大人は全く関係ない

    マスコミはクソだが欧米マスコミの方が酷い

    現代と当時で決定的に違うのは「植民地」という合法国際ルールだよ
    欧米植民地と奴隷制度を勉強しなければ当時の日本が必死な理由なんて理解できる訳がない
    むしろコレを知らないのが現代の隠蔽という形式の洗脳なんだがね
    [ 2016/02/07 08:18 ] [ 編集 ]
  154.  
    洗脳って簡単に言ってくれるのが外人なんだよな。
    日本人なら平和な今戦争になってもこうなる気がする。
    少なくとも俺なら同じ行動取ってる。
    [ 2016/02/07 08:28 ] [ 編集 ]
  155. もともと、戦争に何かに。
    正義を求める方が不自然なんだよ。

    その時代によって、考え方が色々あって。
    その時代によって、人の命の値段も違う。

    今の時代が、戦争を肯定だけはしてはいけない。
    桜の花びらのように。
    散っていった、人々の事を忘れないで欲しい。
    [ 2016/02/07 08:30 ] [ 編集 ]
  156. ※147
    >しかし信念すら失って、なんでも許されると思っている現在も怖い。
    >どうして日本人は極端に走りたがるのか……

    一体何の事を言ってるのかよく分からないので教えて欲しい。
    なんでも許されると思っているのは今現在でも反日活動や反日プロパガンダを熱心にやっている特亜や戦勝国ではないですかね。
    [ 2016/02/07 08:31 ] [ 編集 ]
  157. ※153
    洗脳されてなきゃ、飛行機や魚雷にのって敵軍にツッコめねーよ
    だって自爆テロと同じだろ?
    [ 2016/02/07 08:33 ] [ 編集 ]
  158. そもそも大東亜戦争はいざ終わってみればドイツのように一方的に先に不可侵条約を破ったりといった犯罪が日本国には無かった

    だが誰も裁かずに終わったら戦勝国が大義名分もなく日本を叩き潰した事が公になってしまい面子がたたない
    戦勝国は生け贄を必要とした
    天皇なんて立憲君主が候補に挙がったのも歴史上前代未聞だったしな
    だがマッカーサーは天皇に手を出せば日本人が未来永劫敵に回る事を理解していた
    それで「平和に対する罪」なんて訳わからない罪で生け贄になったのがA級戦犯ってのが事の真相

    因みに犯罪命令者はB級戦犯なので本来トルーマンはB級戦犯な
    [ 2016/02/07 08:35 ] [ 編集 ]
  159. 地球に潜んでる宇宙人もいるかもねw
    [ 2016/02/07 08:36 ] [ 編集 ]
  160. >>156
    >なんでも許されると思っているのは今現在でも反日活動や反日プロパガンダを熱心にやっている特亜や戦勝国ではないですかね。

    それ、日本人じゃないじゃんww
    しかも戦争やプロパガンダにすべてを結びつける脳味噌も凄い
    「言論の自由」「自己責任()」「個人の権利」を振りかざして、言いたい放題やりたい放題する連中のことだよ
    [ 2016/02/07 08:36 ] [ 編集 ]
  161. ※157
    じゃあ、日本が戦争をやめたのも洗脳されたからだな。
    たった一人の発言で一斉に抵抗をやめるなんてことはないからね。

    でも自由自在に国民を操れる状態なのに、なぜ負けでいいからやめようってことになったのかな?
    戦い続ければ間違いなく勝てていた戦争だよ。
    [ 2016/02/07 08:41 ] [ 編集 ]
  162. ※157
    お前はもし未来人がやってきて
    「タイムスリップしてこの爆弾持って津波に飛び込めば東方大震災から日本を救えるぞ?」って言われたらどうする?

    お前は嫌でも「やる」と答える奴は日本全国で何千人もいるだろう
    あの状況で洗脳なんて必要ない

    お前は当時の人と違って奴隷制度も当時の欧米の戦争スタイルも何も知らないだけだ

    隠蔽という洗脳で育ったからな
    [ 2016/02/07 08:42 ] [ 編集 ]
  163. GHQ焚書図書開封、~GHQが焚書した戦前一般人が手にすることができた書籍をみる限り、日本の庶民は割と正確に世界情勢を把握していたよ。
    日本人が間違えたのは朝鮮や中国が日本が思っていた以上に卑怯な人たちだったということだと思う。
    [ 2016/02/07 08:45 ] [ 編集 ]
  164. ※161
    >戦い続ければ間違いなく勝てていた戦争だよ。
    これは単に煽り目的の釣りって感じの馬鹿な意見をわざと書き込んでるよね。

    >恐らく日本人は、最後の1人になっても戦っただろうね
    >こういう話題で、上のようなコメントの後にアメリカ人がよく言うのが、日本人は最後の一人まで戦う気でいるから、これ以上死者を増やさない為にも「原爆投下は正しかった」という原爆投下への正当化コメ

    アメリカ人のこの意見とたいして変わりないコメントだよ。
    アメリカ人の中には日本人は最後の一人まで戦う気でいるから、これ以上死者を増やさない為にも「原爆投下は正しかった」という原爆投下を正当化する人間がいるみたいだけどその考えがもし正しいと思っているなら事実とは全く違うしアメリカ人こそ洗脳が強烈過ぎると思う。


    [ 2016/02/07 08:54 ] [ 編集 ]
  165. もの食う人々って、漫画読んだことある。
    読んだことある。

    戦争ってそんな悲惨なことになる。
    貴方ただったら。
    食べれる。
    僕は、嫌だ。
    本当に餓えたら。
    [ 2016/02/07 08:59 ] [ 編集 ]
  166. 投降って書けるのか
    [ 2016/02/07 09:01 ] [ 編集 ]
  167. ごめん。感じ苦手。
    [ 2016/02/07 09:03 ] [ 編集 ]
  168. 禁止ワード多過ぎやん・・・ここ

     投降しても、命が無いから、そのまま戦い、続けた、ただ、それだけ
    [ 2016/02/07 09:03 ] [ 編集 ]
  169. 団塊世代のおっさんの寒いギャグの定番。
    座る時とかで、「よっこらしょ」を「よっこいしょーいち」と言う。
    どっかで聞いたことない?

    [ 2016/02/07 09:04 ] [ 編集 ]
  170. 高砂義勇隊の中村輝夫氏

    中村輝夫は 横井庄一・小野田寛郎氏に次いで最後にジャングルから出てきた日本兵だそうです。
    本名はスニヨン 当時高砂族と呼ばれた台湾の優秀な部族「アミ族」の戦士です。

    アミ族の勇猛な逸話は多く、そのひとつに、日本軍人としてジャングルで日本軍のために食糧調達していたアミ族兵士が、いっぱいの食糧を手に力尽きて亡くなっていた事があった。死因は「餓死」であった。

    こんなことが信じられるだろうか?
    他の兵士のために必死で集めた食糧だからと、自分は一切手を付けず餓死してしまったのだ。

    台湾人は日本人とともに白豪植民地主義と命懸けで戦ったのだ。
    [ 2016/02/07 09:04 ] [ 編集 ]
  171. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2016/02/07 09:05 ] [ 編集 ]
  172. 洗脳
    日本におわす天皇の存在は、米国に置き換えれば『星条旗』の存在だよ。

    兵士は上官の命令と言うより、国家の持つ『大義』を信じて戦うものだ。例えば『植民地支配を進め奴隷制度を是とする列強国が、我が国をも支配下に置こうと経済封鎖して来た。これは許すまじ。』という大義も有れば、『真珠湾に停泊する我が艦隊に攻撃を仕掛けた敵国、これは許すまじ。』という大義も有る。その大義を正義だと信じる心が兵士の行動を支えているのである。

    兵士の行動を「洗脳の結果」と言うなら、兵士を洗脳した張本人は天皇や星条旗、あるいは軍部などではなく、そういう状況を生み出す元となる情報を流した報道機関だよ。それが「捏造」された情報だった場合に、これを『プロパガンダ』と言う。慰安婦問題など、その最たるものだ。韓国兵は命を懸けて日本人抹殺にやって来るぞ。
    [ 2016/02/07 09:09 ] [ 編集 ]
  173. 横井も小野寺の出現で存在価値無くなった。
    [ 2016/02/07 09:12 ] [ 編集 ]
  174. 北朝鮮がミサイルを発射
    [ 2016/02/07 09:36 ] [ 編集 ]
  175. 脱走兵の意味をちゃんと知ろう!
    戦闘前や戦闘中に敵前などから逃げるのは脱走兵だが 戦って部隊が敗れちりじりに逃げるのは脱走ではないよ!!

    小野田さんは携帯ラジオを持っていて(現地人宅から盗んだもの)遠い日本からの電波(深夜などでは電磁波層の関係で届くらしい)も聴いていて都はるみが好きだったそうだ… でも小野田さんと一緒に諜報活動していた部下が投降寸前の戦闘で戦死したことはあまり伝えられてない。
    [ 2016/02/07 09:38 ] [ 編集 ]
  176. bgmが・・・
    [ 2016/02/07 09:43 ] [ 編集 ]
  177. ナショジオかディスカバリーか忘れたけど、第二次世界大戦のことやってたけど、その中でアメリカ兵の談話で「私たちは(アメリカ兵)は、勝つために多くの兵器をどう使うか?それを念頭に置いて戦ってたけど、彼らは(日本兵)は違った。彼らにとって武器とは、ただ単にアクセサリーに過ぎないと彼らにとっての武器とは、そのたぐいまれなる精神こそが最大の武器だと。そのことに気付かされた時、私たちは今まで味わったことの無い恐怖に包まれました。そして、その時私たちは、とんでもない者を相手に戦ってると気づいたのです。」今この記事読んで、このことを思い出した。私たちもこの日本の為に戦ってくれた方々や英霊に恥じないように生きていかなければならない。
    [ 2016/02/07 09:45 ] [ 編集 ]
  178. 単なる兵士ではないからね
    諜報部員ならば戦後も戦う理由はあるよ
    けれども,

    本当にご苦労様でした.

    この一言以外,同じ日本人として何が言える?
    [ 2016/02/07 09:46 ] [ 編集 ]
  179. ※152
    ふーん欧米人の戦記物特に個人の体験記をまだ読んだ事がないので読まないと分からない話なので何かお勧めなのがあれば教えて欲しい。
    >欧米人は「生」「生きる」が第一でありその次に先に述べた戦闘・行動があるようだけど・・・当時の日本兵はどうだろうか。
    当時の日本人達だって誰も死にたくはなかっただろうし現代の日本人とそれは何も変わらないと思うけどな。
    よくさ戦前の日本は狂気の軍国主義国家で死をも恐れないモンスターみたいな国や人の様に言ったり戦国時代の切腹なんかを茶化す外国人なんかいるけど、今の日本人が切腹命じられてやるかと言えばやらないしよく店員に土下座しろみたいに言う人とかいて無理やりやらせて後から問題になってる事件とかあるけど土下座とか大嫌いだし時代劇の話じゃあるまいし今の世でも強要する人とか大嫌いだな。
    [ 2016/02/07 09:50 ] [ 編集 ]
  180. 洗脳でもなくましてや天皇陛下に対しての
    忠誠心だけじゃないですよね?

    一番守り続けたかったのは家族そして
    その家族が安心して住める国。

    いつでもみんなが一緒に安心していられる
    国でありたいですよね!?w
    [ 2016/02/07 09:50 ] [ 編集 ]
  181. グアムのツアープログラムには、横井さんの洞窟も入っている。一見の価値はあったよ。
    [ 2016/02/07 10:11 ] [ 編集 ]
  182. アメリカ人達は、彼が自国の
    敵であり続けた人物であるにも拘らず
    その忠誠心と忍耐力に深い感銘を受け
    彼に賛辞を惜しまなかった


    一方同胞である日本人は「よっこい庄一」というギャグを作った
    [ 2016/02/07 10:14 ] [ 編集 ]
  183. 当時横井さんのニュースを見て驚いた。
    それがもう一人(小野田さん)現れてもっと驚いた。
    [ 2016/02/07 10:16 ] [ 編集 ]
  184. >本当にご苦労様でした.
    >この一言以外,同じ日本人として何が言える?

    守るために戦い抜こうとしてくださったことに敬意を、かな。自分なら。

    家族を守るために戦うから、国も守られるんだし。
    当時を指して「日本は」と外国人達は言うけど、負けても戦ってくれたことには変わりない。
    今の日本人が在るのは、守ろうとした先人達のお陰だし。
    [ 2016/02/07 10:20 ] [ 編集 ]
  185. 少なくても俺はこの男のように生きたいとは思わないし、戦いで死ぬことが素晴らしいとは全く考えられないね。戦争に勝者などない。
     必要なのはこういうことがないようにすることだ。
    [ 2016/02/07 10:21 ] [ 編集 ]
  186. ※178
    それ小野田さんじゃね?
    [ 2016/02/07 10:22 ] [ 編集 ]
  187. 当時の横井さんをバカにしたマスコミはすでに朝鮮人に汚染されてたんだな。
    もっと早くそれに気付くべきだった。
    お陰で朝鮮人民主党に国を滅ぼされるところだった。
    [ 2016/02/07 10:24 ] [ 編集 ]
  188. 小野田少尉の存在を知って自分の中で戦争の意味が変貌した。
    彼らは何も語らない。
    亡くなった特務将校の義父も一切語らなかった。負けたからと言っているがあれは嘘。勝ったとしても語らなかっただろう。
    闇に生まれ闇に消える。それが忍者の定めなのだ。
    [ 2016/02/07 10:30 ] [ 編集 ]
  189. >「決して降伏しない」ってのは欧米は美徳なのか?
    >合理主義のおひざ元の人々の反応とは思えないな。
    では『負けそうだから寝返ろう』が欧米(笑)の
    美徳だとでも思うのか?
    (中国では、美徳らしく、三国志でも
     たびたび、君主を替える英傑がいるがな)

    アメリカの星条旗(ステイツの平和)
    に掛ける思いは
    戦前の日本以上だと思うがな
    [ 2016/02/07 10:32 ] [ 編集 ]
  190. ※182
    >一方同胞である日本人は「よっこい庄一」というギャグを作った
    このギャグについては私はまだ若いのでまったく聞いた事もなく知らないが戦後の誤った教育のせいでしょうかね。
    ※169のコメントを見るかぎりでは団塊世代の出来事みたいだけどギャグのつもりならかなり最悪だな。
    本当に日本人が作ったんですかね。
    いや~こういう事言いたくなるのは成りすまし日本人が今でも酷い言動してるからだわ。
    [ 2016/02/07 10:35 ] [ 編集 ]
  191. アメリカ人って面白いな。

    こっちが恥ずかしくなるくらいの褒め方をして、
    こんなすごい男たちに勝った俺ら、サイコーだろ。
    てのが丸見え。

    ま、俺たちに勝ったのが、こういう性格の奴らで良かったけどな。

    中国と韓国には負けねーぞ。
    [ 2016/02/07 10:36 ] [ 編集 ]
  192. >>日本は絶対に敗けないって信じるように訓練されてたから。そして、最後の最後まで戦い続けるようにって

    アメリカ人だと洗脳でもしないと戦わないんだろうなw
    だからそういう発想になる。そういう風に考えないとアメリカ人の頭では理解できないのだろう。

    日本人は、仲間が死んでるのに自分だけ生き残るのは死んだ仲間に申し訳ないと思う。それと敵を一人以上殺れば代わりに自分の命をくれてやっていいと思う。それは敵の命を自分の命と同等として見ているから。白人は有色人種を動物くらいでしか見ていなかったから、そんな気にもならないだろう。

    それに当時は奴隷が当たり前のような時代で、白人の残酷な植民地を目の当たりにしているのだから、故郷の家族が同じ目に遭うのは絶対に避けたいから、そりゃ最後の最後まで戦い続けるだろう。
    [ 2016/02/07 11:00 ] [ 編集 ]
  193. 日本語の「自由」という言葉は英語ではfreedomとlibertyの二種類ある

    freedomとは何の制約もない自由自在という意味で現在の日本人が自由という言葉から連想するのはこのfreedomではないだろうか?

    一方、libertyというのは戦って努力して勝ち取る自由という意味で、戦前の日本は「このままでは欧米列強の植民地になる欧米人の奴隷になるのは嫌だ」と、libertyを得る為に命を賭けて戦ったんだよ
    戦争には負けたけど、日本は植民地にはならなかったのだから命を賭けて戦ってくれたご先祖様には感謝はしている。

    一方、戦争に至るまでの過程には「もっと他にやりようが有っただろう」と、まあ今だから言える事かも知れんが、交渉の場である国際連盟を脱退したり独善的な日本の指導部など反省すべき点も多々あるだろう。
    [ 2016/02/07 11:08 ] [ 編集 ]
  194. 靖国にいる英霊に感謝しようと改めて感じたわ
    [ 2016/02/07 11:09 ] [ 編集 ]
  195. ほかの人のコメントを読まずに書くけど
    きっと何人も書いているであろう、
    横井さんと小野田さんはぜんぜん違う。

    でもどちらもご苦労様でした。そのおかげで今の日本があります。
    ありがとうございました。
    [ 2016/02/07 11:10 ] [ 編集 ]
  196. 小野田さんは中野学校出身だからなんとなくわかるけど、横井さんは徴兵された仕立て屋さんだもんなー。
    同じ残留日本兵でも特殊な訓練を受けた人と徴兵された一般人じゃ行動や心構えが違って当然。だからこそ横井さんはほんと大変だったろうなあって思う。
    [ 2016/02/07 11:14 ] [ 編集 ]
  197. >125 戦争は補給線の確保が、重用で。
    >当時の日本は、そんなことを、軽視していたとしか思えない。

    売国奴山本五十六以下、海軍が、「故意に」補給物資を運ばないで陸軍を見殺しにしたんだが。
    売国奴山本五十六は、戦後反日マスコミによって「軍神」とまで祭りあげられただろ?
    実際の「軍神」東郷平八郎は、反日マスコミによって「老害」と揶揄されてたんだぞ。
    [ 2016/02/07 11:16 ] [ 編集 ]
  198. >142 優しさに囲まれたら。
    >誰でも優しくなれる。
    >子供達には、優しさを届けてあげて。


    イザベラ・バードだったかな?
    江戸末期から明治初期ぐらいまでの日本、について書いている本。
    その中で、いかに日本の親たちが子供たちを可愛がってたか書いてある。
    「日本の子供たちはみんなニコニコしている。当然だ。彼らは幸福だからだ。親は子供がどこかに行っていていないと寂しがり、一緒に歩く時も手を繋いだり必ず体のどこかをくっつけて親しそうにしている。」

    こういう愛情のこもったかけがえのない思い出が故郷にあるからこそ、その子供たちが故郷を守ろうと命を懸けたんだよ。

    良い思い出の無い故郷のために命を懸ける間抜けはいないよ。

    神風に遭遇したアメリカ兵の驚きは、「そこまでして国を守りたいのか?」というものだった。
    [ 2016/02/07 11:29 ] [ 編集 ]
  199. 強制だとか洗脳とかってコメちらほらあるけど、
    現代の自分に置きかえても、前代未聞の白人国家の世界的な植民地政策の堅持・拡大姿勢・侵略戦争そしてその中での日本存続の危機となれば、戦おうと思うのは普通だろう。違うか?
    何かってーとグンブドクソウとか日本が勝手に戦争おっぱじめたような刷り込みは古いんだよ。
    それこそ洗脳だわ。ヒダリマキ諸氏ww
    [ 2016/02/07 11:31 ] [ 編集 ]
  200. >こんな男たちがいる国と普通戦う気にならないだろ。

    ロシア「うん。だからアメリカに相手をしてもらうことにしたんだ」
    [ 2016/02/07 11:35 ] [ 編集 ]
  201. 日本人が投降を忌避するようになったのは日本以外の国では捕虜をおもしろ半分にころしたりやりかたが凄まじかったからだよ。
    死体を辱めるのは中国も欧米も変わらなかった。
    [ 2016/02/07 11:47 ] [ 編集 ]
  202. 小野田さんかっこいいんだよな
    [ 2016/02/07 11:54 ] [ 編集 ]
  203. >■ 一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。イギリス

     さ~すが。植民地支配相手の現地人を前面に押し出して
     弾除けにしてた臆病者は言う事が違う。

     イギリスは厚顔無恥にもホイホイと投降してたもんな?
    [ 2016/02/07 12:01 ] [ 編集 ]
  204. ※193
    >日本語の「自由」という言葉は英語ではfreedomとlibertyの二種類ある

    そうなんだ。
    日本の自由の意味は多分freedomの方だね。
    日本は幸いにもWW2が起きるまでは他国に支配されるという事がなかった幸運な国なので当時の日本人がlibertyを得る為に命を賭けて戦ったんだよっていう意見は分かる。
    日本人があれほど必死に戦ったのはそういう気持ちがあったからかも。
    実際日本人は戦場でも日本国内でも酷い事になったからね。

    >一方、戦争に至るまでの過程には「もっと他にやりようが有っただろう」と、まあ今だから言える事かも知れんが、交渉の場である国際連盟を脱退したり独善的な日本の指導部など反省すべき点も多々あるだろう。

    この意見も分かるよ。
    先に書いた様に日本はWW2までは外国に他の東南アジアとかみたいに植民地支配をされてたわけでもないので日本の指導部にかなり考えが甘い部分があったんだと思う。日本の反省すべき部分だね。
    [ 2016/02/07 12:02 ] [ 編集 ]
  205. >洗脳されてなきゃ、飛行機や魚雷にのって敵軍にツッコめねーよ
    >だって自爆テロと同じだろ?

     その前に、現代の「自爆テロしてる連中」が
     「洗脳されてる証拠」を先に見せてくれるか?

     詳しいんだろ?自分から言い出したんだもんな?
     もったい付けず是非。
    [ 2016/02/07 12:02 ] [ 編集 ]
  206. 名誉の戦死とは表向きで特務工作兵士として活躍し戦後も素性を消して生き残った日本軍兵士は何人いたのか。
    英霊にはそうした無名の革命戦士が多数含まれており良くも悪くも彼らの働きにより日本は平和国家となり繁栄した。
    戦後釣りに行くと家を出たまま行方の判らなかった元軍師が数年ぶりに家に帰ったらなぜか台湾が共産党軍を撃破していたなんてトリビアが真実な日本人。
    そして祖国を敗戦に導くために良く働いた山本イソロク。
    霞ヶ浦航空隊基地がなぜ防空壕だけ集中して攻撃され全滅したか、記念館にイソロクのスパイの証拠が残されている。
    記念館の入り口にイソロクの銅像。
    スパイを讃える戦争記念館に茨城県人の知能の低さを見た。
    [ 2016/02/07 12:21 ] [ 編集 ]
  207. ※201
    これが真実だよ。
    本当の話なのか知らないけど若い人の中にはアメリカと戦争した事知らないなんていう若者がいるらしいけどこれは平和ボケどころの話ではないよ。
    でもこれは本当の話なのかな?嘘っぽいけどな~。
    もし本当なら義務教育すら受けてないでしょ。
    [ 2016/02/07 12:24 ] [ 編集 ]
  208. 今まさに拉致被害者達が横井さんの様な辛い目に遭ってるんだよな。
    他にも世界各国で、宇宙で多くの日本人が活躍してるけど
    何かの原因で帰れず何十年も国を思いながら孤独で居続けざるを
    えない人がこれ以上出ないようにして欲しいもんだ。
    [ 2016/02/07 12:24 ] [ 編集 ]
  209. ※203
    国力の差。

    天下の大英帝国は、世界中に軍隊や植民地を持っているし、アメリカも参戦するわけだから 反撃のチャンスはいくらでも有ると考えるのが普通。 つまり、その時点で無駄に討ち死にする必要は無いと考え、とりあえず自分の命を優先する。

    切羽詰まってる日本兵とは条件が違うw
    [ 2016/02/07 12:24 ] [ 編集 ]
  210. ※208
    本当にその通りだな。
    戦後の日本は平和国家だの言う平和ボケしている人とかも日本人拉致問題は知ってるだろうにね。国会で政局ばかりに明け暮れている様な政治家たちはもっと真剣に考えて欲しいね。
    [ 2016/02/07 12:38 ] [ 編集 ]
  211. あの戦時中。
    本当に苦しい思いをしながら。
    生き残った人がいた。

    その人たちは、恥ずかしいと思いながら人世を全うした。

    では、恥ずかしいのか?
    恥ずかしい訳がないだろ。

    自分の国のために故郷のために、一生懸命だったんだから。

    生き残っただけでも。
    有り難うと言いたい。
    [ 2016/02/07 12:50 ] [ 編集 ]
  212. ※19
    背広織ってたのって小野田さんじゃない?
    亡くなった祖母が言ってたけど、小野田さんはジャングルから出てきた時も身奇麗にしてきっちり軍服着てたって。やっぱり陸軍中野学校に行ってた人は違う、さすがは大日本帝国軍人だって。

    横井さんももちろんすごいんだけど、帰国後にそれをネタにテレビによく出てたりしたのを浅ましいって思ったみたい。
    昔の日本人は清廉だよね・・・。
    [ 2016/02/07 13:17 ] [ 編集 ]
  213. おじちゃんも爆撃機パイロットだったけど一切戦争の事話さず逝ってしまった・・
    戦後産まれた日本人は大和魂の抜けた日本人に見える 今生きてる戦った日本兵の心意気をしっかり目に焼き付け これからの子ども達に大和魂を
    [ 2016/02/07 13:18 ] [ 編集 ]
  214. 横井さんは今の日本を見てどう思うんだろう
    今の日本は本当に日本なんだろうか
    [ 2016/02/07 13:18 ] [ 編集 ]
  215. ※9
    そんな精神状態まで追い詰めたのオメェ等だろ毛唐って思う
    [ 2016/02/07 13:37 ] [ 編集 ]
  216. 何か戦闘民族の魂が~とか平和ボケした~とか恐ろしい事言ってる阿呆がいるけど、先人達は戦争をしない世の中を目指して今日まで頑張り続けて来たのにそれを踏みにじる愚かな発言だと言う事を理解してるのかな…いや、むしろ戦争をしたがっている様にさえ思える、日本人の発言とは思えない
    と、言うとじゃあされるがままに日本を潰されて良いんですね?とかまたまた阿呆な発言をする輩が現れるんだろうな…ホント日本人の頭はどうなっちまったんだ…
    [ 2016/02/07 13:38 ] [ 編集 ]
  217. 以下の内容は確か23歳の特攻兵士の遺言だと記憶する。
    「ではなぜ負けると知っていて命を棄てるのか」「このような日本人が確かに存在した記録ある限り喩え日本が滅んでしまったとしても500年後に我々の子孫の中から国家再興を決意する者が必ずや現れるであろう」

    今書いていても目から変な汗がこみ上げてくる。
    [ 2016/02/07 13:38 ] [ 編集 ]
  218. 多分、帰って来た瞬間そう思ったんじゃないの。
    これは本当に日本なのかって。
    浦島太郎になった気分で。
    [ 2016/02/07 13:40 ] [ 編集 ]
  219. 30年サバイバルしてたことが凄いよ 
    何食ってたんだろ
    [ 2016/02/07 13:41 ] [ 編集 ]
  220. 米英と戦わず、現地人を殺しまくってたんだろ確か
    [ 2016/02/07 13:41 ] [ 編集 ]
  221. それは、嘘だと思うよ。
    人を、死に追いやる暇があったら。
    まず、食料確保でしょ。
    とくに、現地人なんか。

    そんな理不尽な事をしても、何にもならない。
    よく考えてみて。
    [ 2016/02/07 13:49 ] [ 編集 ]
  222. それとも、現地人と争って戦争するの?
    [ 2016/02/07 14:05 ] [ 編集 ]
  223. 要は。
    そんな訳ないだろ。
    人の名誉を傷付けようとするな。


    命のかかった場面で、人の命を奪うこともあったのかもしれない。
    でも悲しいけどそれが、戦争だから。
    [ 2016/02/07 14:14 ] [ 編集 ]
  224. >60年代に友人と話したんだけど

    けっこう高齢の方が書き込んでいらっしゃるんだな
    [ 2016/02/07 14:15 ] [ 編集 ]
  225. ※106
    そうだな。星条旗に忠誠を誓った侍たちがいた。

    ※197
    ワロスwww
    知識の無い陰謀論者ってどうしようもないなwww
    開戦前に海軍が見積もってた、戦争維持に必要な輸送船舶数と、当時の在籍輸送船舶数の差をご存知?
    「軍神」山本元帥は、戦死後、国葬となったのは戦時中。
    「軍神」東郷元帥は、事実、海軍の組織近代化策にも軍縮条約にも反対し、敗北の間接的原因にもなってるんだが。
    [ 2016/02/07 14:16 ] [ 編集 ]
  226. ※216
    戦争したがっている日本人なんか今でも皆無だと思うんだけどな。
    私は日本が戦争をしない世の中を今でも強く願っているよ。
    国会で憲法改正の話が盛んだけどドンドン好きに進めようとしている政府には不安があるね。
    大事な事だから本当に国民的議論で本題として扱いじっくりやる事だと思う。
    [ 2016/02/07 14:33 ] [ 編集 ]
  227. 僕には、わからないんだけど。

    戦争の責任は誰にあるのだろう。
    先頭に立った軍部の人たち?
    それとも、それを後押しした国民。
    それとも、軍部を押さえることの出来なかった。
    政治家?
    [ 2016/02/07 14:38 ] [ 編集 ]
  228. 終戦して投降呼びかけに応じず自決した兵士達が切ない
    [ 2016/02/07 14:50 ] [ 編集 ]
  229. すまん、横井さんがなんて言ってるのかほとんど理解できなかった・・
    もう一回聞いてみます!
    [ 2016/02/07 15:00 ] [ 編集 ]
  230. 当時の兵隊さんたちは、皆可愛そう。
    生きていれば出来たことが。
    死んでしまえば出来なくなる。

    今生きている。

    僕達にはわかりにくいけど。

    今の時代には、わかりにくいけど。
    [ 2016/02/07 15:00 ] [ 編集 ]
  231. 敵の捕虜になるぐらいなら、じゃなくて捕虜として扱われずにただ頃されるだけだから投降しないんだけどな
    [ 2016/02/07 15:05 ] [ 編集 ]
  232. べつに天皇の為じゃないよね。
    [ 2016/02/07 15:15 ] [ 編集 ]
  233. ■ 自分たちの信念に対する究極的な献身だな。
      当時多くの日本兵が投降することを拒否したんだよ。 イギリス 


    ↑そのとおりだが、その原因は米軍による日本人捕虜殺害がたくさんあったからだよ。

    そして日本軍上層部も捕虜にならない方がいいと兵達に伝えた。
    [ 2016/02/07 15:20 ] [ 編集 ]
  234. >170 台湾人は日本人とともに白豪植民地主義と命懸けで戦ったのだ。

    そりゃ、李登輝元首相のように信頼できる台湾人は確かにいるさ。
    でもな、か~な~り大陸系の思想もはびこってきている。
    シャープだって買収したのは台湾の仮面をつけた大陸じゃねーか。
    今は、台湾人でも、日本人でも、盲目に信用出来ない時代なんだよ。
    [ 2016/02/07 15:23 ] [ 編集 ]
  235. 多分世界で唯一「人種差別と武力で戦った国」だからなあ。
    [ 2016/02/07 15:23 ] [ 編集 ]
  236. それも、ムカつくんだよ。
    本当に、天皇陛下の為だと思って戦死した方も沢山いる。

    貴方は、その方達の名誉を奪って。
    その人の人権を奪う権利があるの?
    死んでしまっているんだよ。
    [ 2016/02/07 15:23 ] [ 編集 ]
  237. こんな偉大な男たちに南京大虐殺だの性奴隷だのの濡れ衣を着せてるのが馬鹿な欧米人
    自分の頭で考えればおかしいということに気づくのに
    [ 2016/02/07 15:26 ] [ 編集 ]
  238. 捕虜になった日本兵の半分以上は帰ってこなかった
    遺体もゴミのように扱われた 捕虜全員がそうだったわけではないが
    欧米がやっていた悪行を隠して敵も同じようにやっていたというレッテルを押しつけてきた
    徐々に嘘が明らかになると、今度は歴史修正主義のレッテルを貼り始めた
    [ 2016/02/07 15:26 ] [ 編集 ]
  239. 広島の「あやまちはくりかえしませぬ」の碑を小野田さんは「これは敵に書かされたのだろう。」と感じたらしいね。過ちというなら欧米の植民地政策だよね。日本は独立を守ってたタイには進出していない。開戦の詔、大東亜会議や大東亜宣言もなかったことにされてる。
    [ 2016/02/07 15:34 ] [ 編集 ]
  240. 中国なんざ、部隊ごと常習逃亡してるのに。
    [ 2016/02/07 15:35 ] [ 編集 ]
  241. 日本人て休眠系の生物だからなあ
    また何か戦争でなくても大災害とかあれば突然勇敢になってみんなを誘導して最後に死んじゃったりするんだろう
    東日本の時も緊急放送で残って亡くなった女の人とか居たよね
    [ 2016/02/07 15:49 ] [ 編集 ]
  242. あの横井さんの、申し訳なくしている姿が。
    可愛そうで。

    逆に申し訳ない。

    生きていて有り難う。
    日本のために尽くしてくれて、有り難う。

    申し訳ない申し訳ない。
    [ 2016/02/07 15:53 ] [ 編集 ]
  243. >209
    >天下の大英帝国は、世界中に軍隊や植民地を持っているし、アメリカも参戦するわけだから 反撃のチャンスはいくらでも有ると考えるのが普通。 >つまり、その時点で無駄に討ち死にする必要は無いと考え、とりあえず自分の命を優先する。
    >切羽詰まってる日本兵とは条件が違うw


    確かに国力もあり、ロシアも含めたほとんどの白人国家と中国も味方なイギリスと孤立無援の日本じゃ差が大き過ぎる。
    そのうえ、合理的な判断。

    ただな、戦争中の人の心を無視したあまりにも合理的な判断は、歴史において人々の感情を揺さぶらず、人の心には何も訴えず、歴史の中に消える。
    だからWW2時のイギリスの活躍で、戦いざまでも、軍人魂でも、姿勢でも、後世の我々の感動を呼ぶ話が一つでもあるか?

    特攻隊は学徒出陣で高学歴だった。
    彼らは日本が負けることもわかっていた。
    そのうえであえて特攻をしたのは、敗戦後の日本と戦勝国との間の交渉において、少しでも日本を有利にするためだった。
    彼らがわかっていたかどうかはわからないが、彼らの高潔な命は「旧日本軍」としても、「カミカゼ」としても世界規模で歴史的な「伝説」とまでなったんだよ。
    高慢な白人でさえも「カミカゼ」という言葉には敬意と畏怖を感じざるを得ない。
    だから海外では人気な言葉の一つなんだよ。
    たとえ表面上、嫉妬や強がりからテロと同じと言ってたとしてもね。

    戦争に合理的な計算や戦略は重要だ。
    でも人には心があるから、それも戦略に含めなければならないってことだ。
    [ 2016/02/07 15:54 ] [ 編集 ]
  244. >217
    >「ではなぜ負けると知っていて命を棄てるのか」「このような日本人が確かに存在した記録ある限り喩え日本が滅んでしまったとしても500年後に我々の子孫の中から国家再興を決意する者が必ずや現れるであろう」


    だから今、日本人に英語を強制してるんだよ。
    日本の公用語が英語になったら、もう昔の日本の文献も特攻隊の記録も読めなくなるだろ。
    そうしたら日本は永遠に消滅する。
    そのための英語ゴリ押しってわけだ。

    フィリピンにその昔英雄がいたとしても、今の英語全盛のフィリピンじゃ誰がそのことに気付くんだよ。
    どんなに英語が流暢でも、世界の英語圏じゃ、有色人種なんだから2流、3流の市民にしかなれない。
    [ 2016/02/07 16:01 ] [ 編集 ]
  245. ■ 一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。 イギリス

    これを一言で言い表せる言葉を俺は知らない。
    そして、出てきた一言が洗脳かよ・・・。浅慮過ぎやしませんかねぇ、英国紳士さんよ・・・。
    [ 2016/02/07 16:03 ] [ 編集 ]
  246. >227
    >戦争の責任は誰にあるのだろう。
    >先頭に立った軍部の人たち?
    >それとも、それを後押しした国民。
    >それとも、軍部を押さえることの出来なかった。
    >政治家?


    お花畑脳のお前の存在が足手まとい、ってことだ。

    責任は世界中の有色人種を奴隷として搾取している白人の、戦争屋と銀行屋だよ。

    そもそもあの頃の日本に戦争を回避する選択肢すらなかったのに、お互い有色人種同士で内ゲバで、戦争誘導した白人が高みの見物か?

    お前が一人で白人の奴隷になってろよ。
    [ 2016/02/07 16:08 ] [ 編集 ]
  247. その神風も、戦争終結直後には。
    若い世代いろんな人の集まりだったみたいだけど。
    まともな意見で、安心した。

    そうだね。あの当時は世界全体がやり過ぎていた。
    [ 2016/02/07 16:10 ] [ 編集 ]
  248. 安倍晋三「旧日本軍は強姦魔」

    安倍は○鮮系だから、旧日本軍の英霊を貶めた。
    [ 2016/02/07 16:10 ] [ 編集 ]
  249. >225
    >「軍神」山本元帥は、戦死後、国葬となったのは戦時中。


    「軍神」?WWWWWWWWW
    あの56が?
    海外じゃ「無能」って評判なんだが。
    「無能」を「神」扱いWWWWW
    半島に帰れよ、卑怯者。
    [ 2016/02/07 16:11 ] [ 編集 ]
  250. とにかくね。
    死んだ方を悪く言うのは止めなよ。
    彼はもう、何にも言えない立場なんだよ。
    [ 2016/02/07 16:24 ] [ 編集 ]
  251. それに、文章の構成が意味がわからない。
    途中で何が言いたいのか解らなくなる。
    [ 2016/02/07 16:27 ] [ 編集 ]
  252. 戦後70年間プレスコードその他で正しく検証されず、日本軍が悪い論ばかりだったから、プレスコードをやめて情報を開示して自由に検証できるようになってほしい。
    [ 2016/02/07 16:29 ] [ 編集 ]
  253. 何が洗脳だ
    お前ら侵略者と戦う決意の何が洗脳だアホンダラ
    [ 2016/02/07 16:38 ] [ 編集 ]
  254. 確かに、日本軍が悪いとか日本が悪いって誰からも誰にも否定されたくない。

    当たり前の感情だし。
    日本に在籍しているのに、日本が嫌いな皆さん。

    とにかく、人を、踏みにじるな。
    人の名誉を奪うな。
    [ 2016/02/07 16:43 ] [ 編集 ]
  255. ※238
    そうなんだよね。
    自分はさ戦前の事だけじゃなくて戦後のWGIPの事なんかも子供の頃は全く習った事もないし大人になってからしかも最近知ったんだけどこれも日本人に対する酷い人権侵害と言えないかな?
    戦前の日本がファシストって言うなら戦後のGHQのやった事もかなり酷い事だと思う。
    それもちゃんと学校の義務教育で習うべき重要な話なんじゃないの?
    何かすぐ歴史修正主義のレッテル張られるし日本って変に外国や在日からオカシナ圧力かかってるよね。
    中国や韓国や北朝鮮みたいなデタラメの恨む教育がしたいんじゃなくて事実を事実として学びたいんけど日本の教育はどうなってるんだろう。
    その辺の事がきちんと出来てないから未だにオカシナ反日プロパガンダを流されているんじゃないかな。
    [ 2016/02/07 16:45 ] [ 編集 ]

  256. そもそも「戦争責任」という言語自体が共産主義者の詐術と断言して良い。
    なぜなら独立戦争を経験していない民族国家など地球上にひとつも存在しないのだから。

    「戦争責任」とは民族国家の独立そのものを否定する反民族的概念であると言って良い。

    まるで共産革命戦争だけがきれいな戦争であるかのようなレトリックである。

    日本を東京裁判で断罪したGHQはソビエトコミンテルンのスパイの巣窟であった。

    国際金融資本家とソビエトが世界の帝国主義国家同士を戦わせて疲弊させ、共産圏の拡大を図って勝利したのがWW2の実相。

    日本は帝国の滅亡と引き換えにアジア諸民族の解放を果たした。
    インドやトルコが日本を特別な国と考えているのはその歴史的真実のゆえ。
    [ 2016/02/07 16:56 ] [ 編集 ]
  257. でもね。
    誰に対しても優しさが、大事だと思うんだ。
    子供達も見てしまうから。
    途中で間違ってしまったのかも、しれないけど。


    [ 2016/02/07 16:57 ] [ 編集 ]
  258. 第二次大戦時のコミンテルンの暗躍について、最低限ヴェノナ文書を教科書にのせてほしい。
    [ 2016/02/07 17:04 ] [ 編集 ]
  259. 共産主義者は
    「戦争犯罪を画策するファシストと闘争し革命を実現しよう!」のような言い回しを好んで使う。
    しかし本来
    「闘争と戦争と革命は同じもの」である。

    さらに「解放」などと言う薄気味悪い表現まで使うが、これらはすべて例外なく刹人行為である。
    [ 2016/02/07 17:05 ] [ 編集 ]
  260. 中国とか韓国は南京や慰安婦は事実だからと検証を拒むけど、歴史的事実ならばなおさら自由に検証できなければおかしいんだよ。
    聖徳太子でさえ検証されて実在が疑問視されてるんだから。歴史ならばあらゆる角度からの検証に耐える事実がなければならない。
    [ 2016/02/07 17:10 ] [ 編集 ]
  261. ※257
    いくら子供が好きだからと言って、自分の娘を妊娠させる悪習はやめないとね!
    [ 2016/02/07 17:10 ] [ 編集 ]
  262. 売国奴山本五十六以下、海軍が、「故意に」補給物資を運ばないで陸軍を見殺しにしたんだが。 売国奴山本五十六は、戦後反日マスコミによって「軍神」とまで祭りあげられただろ? 実際の「軍神」東郷平八郎は、反日マスコミによって「老害」と揶揄されてたんだぞ。

     ↑ 漫画を読む感覚で戦史をオモチャにする外道
    [ 2016/02/07 17:22 ] [ 編集 ]
  263. >>216
    >何か戦闘民族の魂が~とか平和ボケした~とか恐ろしい事言ってる阿呆がいるけど、先人達は戦争をしない世の中を目指して今日まで頑張り続けて来たのにそれを踏みにじる愚かな発言だと言う事を理解してるのかな

    ↑なんだこの捏造は??
     「物量と傭兵と奴隷兵」だけで有色人種の土地を征服した白人
     に対し、日本軍は大卒、武芸者の集まりだったんだが?
     
    「先人達は戦争をしない世の中を目指して今日まで頑張り続けて来た」
    ↑?????
    戦争しない世の中って何?
    普通は、「相手が攻めて来てもいいように軍備を整えておく
    って事なんだが?

    いいか?白人に滅ぼされた
    インディアンも、インカ帝国も、ちゃんと武装してたし、
    白人に応戦してたんだからな?
    おとなしく滅ぼされたとでも思ってんのか?

    ではなぜ滅びたかと言ったら、「白人と和解できなかった
    じゃなく、「兵力が足りなかったから」だ。

    [ 2016/02/07 17:27 ] [ 編集 ]
  264. >>209
    天下の大英帝国は、世界中に軍隊や植民地を持っているし、アメリカも参戦するわけだから 反撃のチャンスはいくらでも有ると考えるのが普通。 つまり、その時点で無駄に討ち死にする必要は無いと考え、とりあえず自分の命を優先する。
    切羽詰まってる日本兵とは条件が違うw
     ↑
     で? 終わってみれば、白人は植民地をすべて失ったんだが?

    あのな。白人は第二次大戦中
    「日本に勝った後、再び植民地支配を続行して、ラクな生活を取り戻したい!」
    ていう動機で戦争してたんだからな?
    でも終わってみれば、植民地をすべて失ったんだよ。

    あの戦争で死んだ白人は全員「無駄死に」。
    死んだ本人達は、「仲間が植民地を続行してくれる!」
    と願ってただろうけど、現実は、

    日本に勝ったのに植民地全部パー
    [ 2016/02/07 17:32 ] [ 編集 ]
  265. 上官の命令解除があるまでは作戦を遂行するのが普通。
    [ 2016/02/07 17:33 ] [ 編集 ]
  266. 翻訳元見たら、ジャップがどうのこうのボロクソ言われてるじゃねえか 笑
    本当に具合の良いコメントだけ翻訳するんだな
    [ 2016/02/07 17:36 ] [ 編集 ]
  267. ※250 254
    そうだよね死んだ人は何か反論があっても何も言い返す事なんて出来ないんだもん。
    だから死人に口なしとばかりに間違った情報や嘘で彼らを貶めたり辱めたりする人らの事は絶対に許せないと思う。
    まだ私の祖父母の時代の話だから。
    かなり長い年月は経ったけど世代的にはそんなに前の話ではないよねWW2。
    もう自分の祖父母はどっちも亡くなってていないけどどちらも沢山辛い思いをしたのは聞かなくても分かるし祖父母も自分に多くを話さなかったし個人的にあまり戦争の事を積極的に聞きたい気持ちにもなれなかったから聞かなかったけど間違ってたかなあ。

    ※252 258 260
    特亜や在日なんかが歴史の事実を誇張したり大嘘をばら撒いたり隠したりしてるから重要な事だと思うな。
    >歴史的事実ならばなおさら自由に検証できなければおかしいんだよ。
    そう思うな。
    デタラメや誇張を検証して日本が歴史修正主義とか罵られるいわれはないんじゃないかな?
    [ 2016/02/07 17:46 ] [ 編集 ]
  268. ※264
    日本が敗戦して撤退した後、戦勝国は再び植民地支配を続行しようとしていたのは事実だもんね。
    >「日本に勝ったのに植民地全部パー」
    まさかこれで未だに日本が深い恨みを買ってるなんて事があるの?
    その辺どうなんだろう?

    ※266
    やっぱそうなんだな。
    どこの国の罵りコメントが多いんだろ。
    もしアメリカであっても何か驚きはない気もするけど。

    [ 2016/02/07 17:57 ] [ 編集 ]
  269. ここは日本である

    翻訳元見たら、ジャップがどうのこうのボロクソ言われてるじゃねえか 笑
    本当に具合の良いコメントだけ翻訳するんだな

    だって翻訳しない自由があるんだもんって言われますよ(笑)


    [ 2016/02/07 18:15 ] [ 編集 ]
  270. 横井さんを悪く言うコメント、信じられない。小野田さんも引き合いに出されていい迷惑。
    逃げてたからなんだって言うのか。
    軍隊の規律に縛られて、潜んでいた事実には間違いないのにね。
    [ 2016/02/07 18:34 ] [ 編集 ]
  271. 喫煙者は社会のゴミであり、喫煙者に人権はない。
    小野田さんの方が凄いよね。
    [ 2016/02/07 18:50 ] [ 編集 ]
  272. ※270
    同感。
    2人とも悪く言われたりすべきじゃないよ。
    ジャングルの奥深くにいた横井さん達には投降命令が伝わらなかったためってきちんと書いてあるのに。

    >一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。 イギリス
    これも何か軽すぎる言葉だしさ。
    30年間も故郷に帰れず家族にも会えなかったわけだし不幸ではあるけど無事に日本に帰れて良かったよ。
    >「何かのお役に立つと思い恥をしのんで帰ってまいりました」と口にされています。
    って事らしいけど恥ずかしく思う事なんて何も無いと思うよね。

    [ 2016/02/07 18:53 ] [ 編集 ]
  273. 洗脳ってホント怖いわ。

    誇るべき先人を貶めるなんてな。
    [ 2016/02/07 18:58 ] [ 編集 ]
  274. 精神的には立派だと思うが、少しはおかしいと思わなかったのだろうか?
    軍人として柔軟な思考がないから、負けた気がしてならない。
    [ 2016/02/07 19:05 ] [ 編集 ]
  275. 兵士の戦いぶりをいくら称賛したところで、
    無能な軍指導部の罪が消えるわけじゃないからな。
    [ 2016/02/07 19:14 ] [ 編集 ]
  276. 戦後日本が平和を70年も享受し得たのは彼らの功績。
    アメリカは日本をソ連に渡すことを非常に恐れたんだよ。

    もし日本がソビエトになれば必ずやソ連の中で頭角を表しアメリカに原爆投下の復讐を果たす。
    そうなっても日本は良かったがソビエトは天皇を処刑する可能性が高かった。
    しかし日本人は未だに天皇が侮辱されただけで左翼がそっくり右翼に転向してしまう民族。
    もしソビエトが天皇を処刑したら日本人は怒り狂い最期のひとりになってもパルチザンとなってソビエトを内側から崩壊させただろう。
    [ 2016/02/07 19:26 ] [ 編集 ]
  277. 歴史にもしもはない。
    先人はベストを尽くして負ける戦いをした。
    そして負けて日本は甦った。

    その働きに批判があるなら日本人をやめてしまえよ。

    恩恵に預かりながら行動もせず祖先を罵倒するなら
    頼むから今すぐ日本人をやめてくれ。
    オマエラのために俺の子孫を犠牲にしたくないんでね。
    [ 2016/02/07 19:41 ] [ 編集 ]
  278. >>日本人が小さいンじゃなくて【小さくないと生き残れなかった】ンだヨ、人に寄っては三回も徴兵が廻って来たり、学生ナノに戦地に採られたり、普通の社会人為ら丙種でも軍属に採られてるンだヨ、今比べると一センチ平均値の小さいチョウセンジンが[日本人は小さい]って言うのも、四十倍の倍率で志願して満州で高麗棒子遣ってたダウン症の土人拠り、丙種合格のメガネ・線病質や傷病兵上がりの後方勤務徴兵の方が体格が劣ってたって意味だヨ。

    敗残兵で降伏する頃には甲種合格何て生き残って無いヨ、徴兵三順して国民の半分が[戦災シ]してンだカラ(呆

    兵隊だけで240万人コロコロサレてンだヨ、人工統計に跡が残る程ナァ(唾棄
    [ 2016/02/07 21:18 ] [ 編集 ]
  279. ずいぶん時代も変わったもんだ
    アメリカ人なら日本の軍人を無条件で基地外狂信者と妄信していたもんだが
    [ 2016/02/07 21:23 ] [ 編集 ]
  280. 確か終戦も薄々知ってたけど
    一般市民を襲撃したり物資略奪で
    行くも戻るも出来ず、仕方なくジャングル暮らしが本当。
    [ 2016/02/07 21:31 ] [ 編集 ]
  281. 昭和天皇もおっしゃってたが不合理な精神主義がこの国を破滅に追いやったんだなあ。
    [ 2016/02/07 21:54 ] [ 編集 ]
  282. 近代軍とは一言で言うと最前線にいつでも補給を行う
    これに尽きる
    これが出来なかったのは旧日本陸軍
    南方で孤立した島々は補給が途絶え武器弾薬どころか食糧すら
    確保できなくなった
    にも拘らず軍中央は降伏を許さなかった
    近代軍は補給が途絶え敵中に孤立したら降伏する物なのに
    前近代軍の旧日本陸軍は飢餓と戦いながら戦争を継続させた
    こんな軍中央の糞共の為にどれだけの兵隊が最前線で
    亡くなったかと思うと居た堪れない
    [ 2016/02/07 21:58 ] [ 編集 ]
  283. 後日談として、横井さんが「死ぬことを考えなくなった事で」云々って話があるけど、まさにその通りになってると思う
    [ 2016/02/07 22:21 ] [ 編集 ]
  284. 後付けでいくらでもこうすれば良かった論を展開できるけど、偉そうに断罪してる人は自分の人生を振り返って常にベストな選択ができてるんかねぇ。

    日本人が戦争が上手でなかったとして、それが日本が悪い、ってことに思い込まないでほしいと思う。
    [ 2016/02/07 22:24 ] [ 編集 ]
  285. 小野田少尉は女子供だけは狙わなかったと言ってる。本当だろう。
    彼の任務が何であったかは未だ謎だが帰国後にも日本に居られないほど重大な秘密を知っていたと思われる。
    [ 2016/02/07 22:24 ] [ 編集 ]
  286. 台湾にも高砂族という気合の入った民族が居るじゃないか。
    [ 2016/02/07 22:38 ] [ 編集 ]
  287. 「天皇陛下のために二十八年間生き抜いてきました。大和魂を信じていました。必ず日本軍がもう一度グアムに来ると・・・・」

    小野田少尉の場合は特殊な任務を帯びていた。「玉砕禁止。やがて日本軍が反抗に転じ、フィリピン奪還作戦を実施する時に備え、敵の後方攪乱と情報収集を行うこと」
    目的が明確であるため、行動がいちいち筋が通っていた。
    ジャングルに潜伏しながらアメリカ軍の行動を観察していると、五年後に動きが非常に盛んになった。「敵に上陸されても三~五年後でなければ反撃できない」という上官からの説明に符号していたので、いよいよ反撃が始まったと思った(実際は朝鮮戦争のため)
    その後、アメリカの爆撃機が毎日五十機もルバング島上空を往復しているのを見て「よし、あとひと踏ん張りだ」と任務に精励した(ベトナム戦争)
    上官命令で投降した時は、戦いで多くのフィリピン軍人を傷つけていたため、処刑も覚悟していた。しかしマルコス大統領は「軍人の亀鑑である」と褒め称えて無罪放免にした。
    小野田氏の三十年間は、残置諜のお手本として、世界の軍隊で学ばれている。
    [ 2016/02/07 23:01 ] [ 編集 ]
  288. 田辺聖子さんのエッセイに、横井さんが発見されたとき、一族の古老たちが色めき立ったとあったなあ。
    従兄のユウイチ兄ちゃんは、親を早くに亡くし、家を背負うべく都会に奉公に出て、のち召集された。
    心優しく、結婚もせず、縁薄いまま戦死したユウイチ兄ちゃんを、「どこかジャングルで生きとりゃせんか」と横井さんに重ねて思いを馳せたが、そんな家族があの頃、日本にどれだけ多くいたことか…
    という内容。
    [ 2016/02/07 23:07 ] [ 編集 ]
  289. 狂人ルーズベルトが日本に戦争を仕掛けたのが悪い!


    [ 2016/02/07 23:08 ] [ 編集 ]
  290. アメリカはいつ再び共産主義者が大統領になるか解らない。
    実はかなり危うい国であったりする。
    [ 2016/02/07 23:28 ] [ 編集 ]
  291. 小野田寛郎と李光輝(日本名:中村輝夫)は現代の大伴部博麻と言っていい。

    大伴部博麻
    7世紀、白村江の戦いで唐の捕虜になる。
    日本に戦争の危機を知らせるため身を売った金で仲間を日本に帰し、自身は唐で30年間奴隷生活をした。
    「愛国」の語源。
    [ 2016/02/07 23:41 ] [ 編集 ]
  292. 終戦間際色んな事が起こった。米国が国体の護持を認めてくれなかったら、おそらく日本人は全滅してたかも知れないな。特に明治生まれは精神が鋼だから。
    [ 2016/02/08 00:30 ] [ 編集 ]
  293. そんなこと言ったら産まれてから外で教わるものは全て洗脳だわ。
    洗脳だけでは28年も肉体、精神力は持たないぜ。
    よく生きたよ、野営でさえ一週間が限度だわ
    [ 2016/02/08 00:36 ] [ 編集 ]
  294. アメリカがいつか日本と戦争するなんて日露戦争勝利の時からドイツ皇帝を始め多くの人間が避けられない運命として予測してた
    ルーズベルトがありとあらゆる手段で戦争を起こすなんてアメリカの議員もヒットラーも誰もが予想してた
    [ 2016/02/08 02:52 ] [ 編集 ]
  295. 小野田少尉はそれなりにきちんとしたスパイ教育を受けた下士官だろ。
    横井さんの逸話は、農家上がりで徴兵されただけの一般兵でも、自活する能力があったっていうこの世代のすごさだよなあ。
    [ 2016/02/08 07:04 ] [ 編集 ]
  296. 反左翼
    >>一言で言えば……洗脳されてたってことなんだろうなぁ。 イギリス

    仮にこれを書いたのが生粋のイギリス人ならば、英人の女王陛下への忠誠は一言に省略されるものなんだろう。歴史と伝統の浅い国はこれだから困る。海賊を操って利権を得たのち、口実をつくって処刑するような連中をあがめるのは無理なんだろうが、得意の皮肉も嫉妬で湿気てんぞ。

    勘違いしないでもらいたいのは、サムライの忠誠は「家人の安寧を約束する人間に尽くすもの」ということだ。貴様らの騎士道精神とやらは女を盾にしておいてレディファーストなんて言い換えるんだろ?植民地支配で成り上がった成金国家は没落しても卑怯卑劣な伝統を後生大事に守っていくがいい。
    [ 2016/02/08 07:34 ] [ 編集 ]
  297. 洗脳という表現はちょっと違うと思う、
    日本人はなんでも極限まで追求しようとするからね、
    この人は戦士としての忠誠心を極めようとしてたんだと思う。
    職人気質とか凝り性とかそんな感じ。

    [ 2016/02/08 09:00 ] [ 編集 ]
  298. なんにでも誇りと信念を見出そうとするのは案外今でも残ってる気がする
    日系アメリカ人部隊がアメリカ人としてどのように戦ったか考えれば洗脳で片付けられないと思うのですよ
    それもこれもこのサイトで学んだことですが
    [ 2016/02/08 09:46 ] [ 編集 ]
  299. poi
    こんな状況で従軍慰安婦を20万人()も連れて戦ってたわけないだろ。
    なんでそんな簡単なことが理解できんのかね欧米人は。
    中国韓国のプロパガンダにコロッと騙されるなんてバカだろ。
    [ 2016/02/08 09:47 ] [ 編集 ]
  300. ※296
    貴様らの騎士道精神とやらは女を盾にしておいてレディファーストなんて言い換えるんだろ?

    ええこと言いますな。
    わいもいつも嫁にいわれますねん。
    あんた先に行き過ぎちゃう?って。
    その度に言ってるのが、先に行って罠がないか調べとるんやってね。
    男は背中見せるもんですわ。
    [ 2016/02/08 10:04 ] [ 編集 ]
  301. 主家のために命を捨てる→我が家の生活を保証してくれたからやで
    それを忘れた殿様は滅ぶんや
    [ 2016/02/08 10:47 ] [ 編集 ]
  302. ※17
    怒らせたら怖いかどうかはともかく平和に浸りすぎて実力も気概も伴ってない
    当時は幕府討伐→明治維新からの大戦という神懸り的な状況が屈強な日本人を輩出したのだろうし
    [ 2016/02/08 11:17 ] [ 編集 ]
  303. 毛唐が洗脳だの何だの言ってくれるが、捕まったら
    ・投降呼び掛けといて、出てきたらキャリバー50でコロコロ
    ・飛行機で収容所に運ぶ途中で、暇潰しで捕虜に紐無しバンジー強要
    ・収容所で草むしりしろと外に出して、しゃがんだら車で轢きコロコロ
    ・そもそも支那事変で、軍人・民間人問わず『正視に耐えず』ほど酷いコロコロ方したから、捕虜になるよりタヒねの『戦陣訓』
    こんなの相手にしたら、誰でもタヒぬまで戦うわ。
    [ 2016/02/08 11:33 ] [ 編集 ]

  304. 洗脳ならば海戦で打ち負かした鬼畜米英の英国兵士を海からわざわざ助けたりするか?

    硫黄島と同様に日本人があの過酷な状況で正気で戦っていたとは認めたくないんだろう。
    白人の優越感が崩壊する瞬間を見るのは楽しい。
    [ 2016/02/08 12:24 ] [ 編集 ]
  305. ※243
    ※264
    おいっ、落ち着けっwwwwW 論点がズレてるぞっ!w

    俺は、何故あの時 イギリス軍が いとも容易く敗走したり投降したりしたのかの‟理由”というか、彼らの‟心境”や‟状況判断”、‟日本との立場の違い”を書いただけだw

    その後の結果だとか、どっちが優れてたとか 一切関係ないし、ましてや戦争ヒロイズムの話なんて 全くしてないだろう?wwW
    [ 2016/02/08 13:12 ] [ 編集 ]
  306. この話を知って死神くんのあの話見てなんだかやるせない気持ちなったのを覚えてるわ
    [ 2016/02/08 14:09 ] [ 編集 ]
  307. ※170
    この元兵士に対する投降後の扱いがひどすぎて悲しくなる…
    当時の日台関係に原因なのかもしれないが、もう少しやり方があったと思う
    [ 2016/02/08 19:22 ] [ 編集 ]
  308. ひとことで
    いうならば
    一所懸命
    [ 2016/02/08 20:55 ] [ 編集 ]
  309. 日本国民全員が必ずしも喜んでいない・・・・・事を知った。
    40年ぐらい前、旅行に行き長距離列車の中で地元の元兵士
    だった人に戦争の体験話を聞かせてもらった。
    その中で私が「この二人すごいですよね」
    みたいな事を言ったらその人はすごく機嫌が悪くなって
    「何だあいつらなんて・・・・・」と吐き捨てるように言った。
    びっくりした。

    少し事情を聴いてみた。
    すると
    たぶん小野寺さんの身分の事だと思うのだが
    「あいつら将校は俺達兵隊にどれだけ酷いことをしてきたか」
    と言っていた。

    ハッピーエンドの話だけではないんだなあ、とつくづく思った。
    その人しか知らない悲惨な体験があるのである。

    [ 2016/02/08 21:57 ] [ 編集 ]
  310.  
    結局この無意味なまでの忠誠心こそ武士の真髄なんだよ
    かつてアホな主君の為に黙って腹を切った武士も無数に存在したわけだし
    消して蔑んではならない
    [ 2016/02/08 22:55 ] [ 編集 ]
  311. その後の結果だとか、どっちが優れてたとか 一切関係ないし、ましてや戦争ヒロイズムの話なんて 全くしてないだろう?wwW

     ↑全くしてないから指摘されたんだろ。
    [ 2016/02/09 07:53 ] [ 編集 ]
  312. 生ける英霊だな
    [ 2016/02/09 08:57 ] [ 編集 ]
  313. >サカエ・オオバ
    これ地元の人
    割と最近知ったばかりだけど
    うちの周りには今でも大場という人がたくさん住んでいる
    [ 2016/02/09 19:45 ] [ 編集 ]
  314. >翻訳元見たら、ジャップがどうのこうのボロクソ言われてるじゃねえか

    ある英文の日本語訳見たら、考え方がそのまんま韓国人だったww
    日本は過去に悪い事したのにどうして韓国が嫌いなの? みたいなwwww
    [ 2016/02/09 19:52 ] [ 編集 ]
  315. >こんな民族が他にいるか……。
    三十年戦い続けたってのとは違うが、メンタル的に近いところだとレオニダス王麾下のスパルタ兵ぐらいかね?あとはアラモ砦のアメリカ人か。
    損耗率9割越えになるまで戦うような、いろんな意味でイカれた戦闘ジャンキー(←褒め言葉と言うか一種呆れるしかないというか)ってのは、日本人以外だとそいつらぐらいかな。
    [ 2016/02/09 20:36 ] [ 編集 ]
  316. 戦争時で投降したらどうなるか分からないのが普通だろうしそんな教育もうけてるだろうから最後の一人になっても戦って死んだ方がましだと考えるに違いない血の一滴たりとも
    [ 2016/02/09 22:07 ] [ 編集 ]
  317. まああれさね。
    結局お国のためというのは建て前。
    実際は死にたくないから、兵士だから、
    俺らが戦わなきゃ幼子や愛する人が殺.されるってんで戦ったわけよ。決して軍国主義や人殺.しが好きな人種ではない。
    鬼畜米英。実に当時の白人は鬼畜だった。
    黄色人種は搾取の対象であり、猿扱いだった。
    今と当時じゃアジア人に対する感情がぜんぜん違うのよ。これ全て当時の戦ってくれた兵隊さんのおかげね。
    今が差別心30だとすると、当時は100。
    人間扱いしない相手を相手に戦ったわけよ。尊敬と畏敬の念しかない。
    [ 2016/02/10 06:25 ] [ 編集 ]
  318. ブリカス 洗脳とか言い出してて相変わらずのB級民族丸出しでワロタ
    [ 2016/02/10 11:35 ] [ 編集 ]
  319. 小野田さんは日本最後の侍
    [ 2016/02/10 12:06 ] [ 編集 ]
  320. 国家という言葉のとおり「国は家なり」なんだよ。
    彼らはただ家を守りたかっただけなのさ
    [ 2016/02/10 12:50 ] [ 編集 ]
  321. 信念なんでしょうね・・・とてもじゃないけど敵わないなあ
    [ 2016/02/10 12:51 ] [ 編集 ]

  322. 横井さんは実質的に逃げたんだ。生き残ったから「恥を忍んで」帰国した。

    小野田さん(ルバング島)は工作兵として潜伏を命じられ、そのまま30年。帰国時のことばは「ただいま戻ってまいりました」。

    どちらも想像を絶する経験だが、刷り込んだレトリックは傷を生む。戦争は怖い。本当に恐ろしい。
    [ 2016/02/10 14:51 ] [ 編集 ]
  323. 敵潜水艦がうろついてる海域で敵艦乗員を“捜索して”救助した駆逐艦(艦長:工藤俊作)の話とか、浮いてる日本兵に艦を横付けして銃弾ぶち込んでたアメリカ人が聞いたらどう感じるんだろうな。
    [ 2016/02/10 15:03 ] [ 編集 ]
  324. 洗脳ニダ教 相変わらずの日本下げww 頼むよ 特亜観光客多すぎて困ってるよ
    日本人は家族の為なら何でもするから そこ 忘れるなよ

    [ 2016/02/10 16:55 ] [ 編集 ]
  325. 不死身の侍 舩坂弘の話も凄かった。 昔の日本人の愛国心半端ないって!!
    [ 2016/02/10 20:55 ] [ 編集 ]
  326. 小野田寛郎さん従軍慰安婦を語る - YouTube

    これを見て慰安婦問題は捏造だと確信した。
    [ 2016/02/10 20:59 ] [ 編集 ]
  327. 名無しのガンマン
    小野田さんと横井さんを同列に語るのは間違い。
    むしろ二人の兵士の差にこそ注目すべきなんだけど
    もう済んだ話なんだから
    そっとしておいてあげたい。
    [ 2016/02/11 07:34 ] [ 編集 ]
  328. アナタハンの女王事件
    32人の男と一人の女の島【アナタハンの女王事件】

    アナタハン島という島がある。サイパンから北東にあり長さ12キロ、幅3.7キロの小さな島である。
    この島で戦中から戦後にかけて、大量死亡事件が発生した。その事件について紹介しよう。
    ttp://okarutotougijou.com/cruel/1084/
    [ 2016/02/11 10:04 ] [ 編集 ]
  329. これをさ、洗脳と言ってのけるのはとてもさもしい人なんだなと思う。

    只々、忠誠心だよ。武士道でもある。
    例え脳味噌の化学反応は同じでも、言い方は違った方がいい。

    38年間1日も休まず1人で戦争をし続け、まともな精神で生きていられたのは只々忠誠心の為せる業。
    [ 2016/02/11 20:59 ] [ 編集 ]

  330. 負けたら家族や日本だけじゃなくアジア全てが植民地となり

    奴隷となるかどうかの「差別主義者の鬼畜」との戦いだった。
    [ 2016/02/11 22:31 ] [ 編集 ]
  331. こんな事を強いないためにも。
    私たちは国力を強くしなきゃいけない。

    国力が高く、外交的に優位に立てれば、
    戦力は放棄することはありえないが、
    争いはかなり減るだろう。

    先人にはいろんな思いがあったと思う。
    中には不本意と未練と怒りの中に消えた人も
    当然ながら存在しただろうから。
    鎮魂のためにも、今日を生きて明日を知れる我々は
    強くならなきゃいけない。
    [ 2016/02/12 13:13 ] [ 編集 ]
  332. 動画でわかった事はマスゴミがクズだって事だわ。
    英霊と愛国者などに失礼すぎる。
    [ 2016/02/12 16:37 ] [ 編集 ]
  333. 洗脳って有名なのはアレだろ
    シナ共産党による捕虜の洗脳な。

    朝鮮戦争から帰国した元捕虜米兵が自国を訴える例が多発、
    そうそれが洗脳が有名になったキッカケです。

    シナ共産党の洗脳が抜けてない爺さん達が
    ちょっと前まで日本にもかなりいたが。
    [ 2016/02/12 22:10 ] [ 編集 ]
  334.  
    テキサス親父と同じでアメリカ人の評価が一番高いのが全て

    一方、人間のクズの代名詞となったアルカニダとカスゴミにとっては
    表沙汰にして欲しくない一番の日本人
    [ 2016/02/14 20:08 ] [ 編集 ]
  335. 天皇陛下への忠誠心や武士道って言うより
    あの時代の情勢的に有色人種の日本人は
    負けたら植民地って思ってたんじゃないかな

    植民地にされると妻子が奴隷になる
    だから必死で戦っただけで戦闘民族とかでは
    ないと思う
    [ 2016/02/14 21:11 ] [ 編集 ]
  336. 横井さんは日本が負けて戦争が終わったと言っても
    上官の言葉じゃなきゃ信用できないって言ってたよ

    ジャングルの奥深くじゃ天皇が降伏したことが伝わらないだろうに
    まだ数名ジャングルに日本兵が居るって言ってたのを思い出した
    そんで空から終戦のビラを撒いたら小野田さんが出て来たんだよね。
    [ 2016/02/20 21:18 ] [ 編集 ]
  337. >>170
    そのアミ族の前に食糧物資調達をしていたのが朝鮮兵で
    調達の間に食料を半分以上自分たちで食っちゃったり
    持ち逃げしたりでアミ族に替えられたのは有名な話
    [ 2016/02/20 21:31 ] [ 編集 ]
  338. 原住民にとってはえらい迷惑だったらしいな
    [ 2016/02/25 18:20 ] [ 編集 ]
  339. 今はヤラレテル側だよな
    容貌と名前は日本人だが
    腹に一物もった特定アジア人が日本のいたる所に
    [ 2016/02/25 21:13 ] [ 編集 ]
  340. 戦争中って本当に感動するものばかりだよ 神風特攻隊をはじめ若い人がたくさん死んだけど そこにあったのは自分の命より家族の2文字やったのはいうまでもない
    [ 2016/02/26 22:32 ] [ 編集 ]
  341. 日本ではこの事が過小評価され続けている。
    [ 2016/03/03 11:30 ] [ 編集 ]
  342. 終戦後も潜伏して生き残った方もすごいし。戦後日本に帰国せず独立戦争に加担した人も偉いと思う。パラオなどで最後の一兵になっても抵抗を続けて玉砕した人も、飢餓や風土病に倒れた人もその志はすばらしいと思う。戦争自体も愚考に思えるし、作戦上の問題があったにしても他にどうしようもなかった事も確か。

    批判している人が多いのは良くも悪くもGHQの規制コードは成功したんだろうな。
    [ 2016/03/07 02:33 ] [ 編集 ]
  343. 朝鮮人は人間のクズ
    朝鮮戦争では北のゲリラ兵に怯え、自国民を殺しながら真っ先に逃げた韓国初代大統領。
    明軍と豊臣日本軍との撤兵成立後に、引き上げる日本武士団に背後から奇襲攻撃を仕掛けて返り討ちで海没したみじめな卑怯者を英雄に掲げてホルホル、韓国と言うゴミ人種国家。
    なんと哀れな朝鮮土人どもよ。
    [ 2016/05/11 09:26 ] [ 編集 ]
  344. >「何かのお役に立つと思い恥をしのんで帰ってまいりました」

    この台詞は何時までも記憶に残るものだと思う。
    コメントに英米の軍人がいますが、彼等にとっても善し悪しは兎も角、
    感じ入るものがあったのでしょうね。
    [ 2016/06/11 22:13 ] [ 編集 ]
  345. 朝鮮人は帰れ!
    アメリカ人の評価が高いのは、日本人が勇敢に戦ってくれたおかげ
    朝鮮人の中にも、勇敢に日本人として戦ってくれた方々が居るとは思うが、今の朝鮮人は頭がおかしい。
    ちゃんとした、歴史を学べ  無理だとは思うが
    [ 2016/08/28 04:10 ] [ 編集 ]
  346. 朝鮮人は帰れ!帰れ!
    日本人であることを誇りに思います。
    そして日本を護るために戦った日本人男性に感謝します。

    お金を得るために嘘を吐き続ける誇りも人間としての尊厳も無いクズの極みの朝鮮人は日本から出て行け!
    あなた達を見ると心の底から吐き気がします。あなた達が日本人の振りをして日本語を話していることに虫唾が走ります。
    本当に何もかも置いて体一つで日本から出て行け!
    [ 2016/09/03 05:42 ] [ 編集 ]
  347. 当時の日本人は、日本人以外の人間の心の醜さや卑怯さを十分に理解していなかった。
    私は、当時海軍の情報をアメリカに読まれていたのは、日本軍にいた朝鮮人がアメリカと内通していたからだと思っている。
    今の韓国の外交や在日を見ていたら間違いないと思っている。
    だから、朝鮮人が勝戦国きどりでいたのでしょう。
    ほんと朝鮮人もアメリカ人も汚いよ。
    [ 2016/09/03 05:58 ] [ 編集 ]
  348. 横井庄一さんは戦争被害者かもしれないが、
    敵前逃亡兵だぞ。銃殺刑を怖れて隠れていただけ。
    だから発見された時点では、武器は全て使用不可、見ての通りホームレス状態。
    それなのに帰国して暫くすると、英雄気取りの言動が目立ち始めたので、多くの人の反感を買って表舞台から姿を消したんだよ。
    そこが小野田さんとの大きな違いだ。
    [ 2016/10/04 05:04 ] [ 編集 ]
  349. ※335 同感。俺が書いたのかと思ったくらいだ。

    鬼畜米英は嘘じゃない、植民地支配が当然で黒人を奴隷にして当然で、非戦闘員たちの住宅街を何度も空襲して虐殺、沖縄から避難する住民をのせた輸送船も沈めておいて自分たちを正義だと思ってんだぜ。
    日系”アメリカ人”を収容所に押し込んで差別する連中が敗戦国日本に人道的な配慮なんかするわけねえもん。
    米兵は日本人女性をどれだけ襲ったんだ?集計して謝罪し賠償したのかよ。やってねえだろ。白んぼが正義を名乗るのなんざおこがましいんだよ。朝鮮人よりマシってレベルの話じゃねえか。

    というような話にアメリカ人から反論をきいたことがない。最近日本の保守に肩入れしてるケントギルバートはどう思ってんだろうって疑問に思います。
    [ 2016/10/30 05:46 ] [ 編集 ]
  350. 戦後の係わりから
    基本的価値観を共有できる国と出来ない国がはっきりしてるよね
    [ 2016/11/21 12:33 ] [ 編集 ]
  351. 昔、テレビでクソ横井と小野田少尉との対談を見たことあるが
    クソのほうは終始、我々は被害者だとか抜かしていて対談にならなかったな
    クソはいつのまにかサバイバル評論家なんて名乗るようになって
    わけわからんテレビのサバイバル番組によく出てたな
    どこぞの島で水着の女を引き連れて、食料にもしないのに動物をころして
    サバイバル魂がうずくだとか、バカなことやっていたな
    それとこのクソは調子に乗って選挙にも出ていたな、落ちたけどww
    [ 2016/12/19 18:42 ] [ 編集 ]
  352. 本文中で、朝鮮人が自己紹介してるのには笑ってしまったw
    確かアイゴーって泣き叫んで命乞いするんだよなw
    [ 2016/12/29 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング