パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「他の国の書店もやるべき」 日本の書店によるネット対抗戦略が話題に

紀伊國屋書店は、村上春樹氏の新刊書「職業としての小説家」の初刷り10万冊のうち、
9万冊を出版社から直接買い取り、自社店舗および取次店を仲介して、
全国の各書店で9月10日から販売開始することを先日発表しました。
残りの1万部は、ネット書店などに割り当てられる見込みとのこと。

「買切り・直仕入」というビジネスモデルの一つのパターンで、
ネット書店に対抗し、出版流通市場の活性化を図ろうという試み。
紀伊國屋書店の独占販売ではなく、各書店などの協力によって、
注目の新刊書を書店に配本する新しいスキームになるそうです。

この報道に、海外から様々な声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

bookstore.jpg




翻訳元

紀伊國屋、村上春樹氏の新作9万部買い取り ネット販売に対抗




■ 個人的にはこの対抗策は見事だと思った!!! アメリカ
  



■ いいね~、書店はどこもこういう戦略で行ったほうがいいよ。 アメリカ
  



■ えーーーっ、どういうことなのよこれ。 +4 シンガポール



   ■ 本を書店で買ってもらうようにするためでしょ :D シンガポール



■ 果敢な対抗策だね。
  恐らく映画やDVDといった他の分野でも有効な手段になるはず。 イギリス




■ ハルキ・ムラカミのファンはキノクニヤで買ってくれるだろう、
  っていう自信があるのは凄いことだよね。 マレーシア




■ うん、これは素敵。 
  電子ブックは便利だけど、やっぱ紙の本のほうが私は好き。 +1 国籍不明
    



■ ありがとう! この対抗策は一度実行してみる価値がある! アメリカ




■ この書店は思い切ったことをやったもんだなぁ。 ブラジル




■ こっちの小説家も同じような売り方を真似するようになるかな? インド  




■ ハルキ・ムラカミの新作……読みたい、読みたい、読みたい。 +1 パキスタン




■ 何で1つの作品を買い占めるような事をしちゃうわけ? イギリス




■ 街の本屋さん、ネット書店に負けるな、頑張れ! アメリカ




■ 「日本流」。この戦略はまさに「日本流」だよ……。 +1 カタール




■ ネット書籍を読むために99ポンド(約1万8500円)を出して、
  さらに本をダウンロードするときにもお金を払うんだろ……。
  普通に紙の本を買えばいいじゃん。 +2 イギリス



   ■ 完全無料で何千冊っていう本を読める。
     史上最高傑作クラスの作品まで。
     印刷本よりも劣ってる要素はないでしょ……。 +17  イギリス



   ■ ポケットの中に図書館が入ってるようなもんだぜ。 +21 イギリス



■ こんな感じの売り方をすればいいのにって前から思ってた! アメリカ




■ こんな力技は、貪欲で古臭いやり方だと思うね。
  もろもろの問題はこうやって生まれていくんだ!!! ドイツ




■ 今後はこういう売り方を他の国の書店もぜひやるべきだよ。 アメリカ




■ みんなで地元の本屋さんをサポートして行こう! +2 国籍不明




■ 私的には良いアイデアだと思う!
  本を読むなら電子ブックよりも紙が良いしね。
  だからと言って私は時代遅れな人間ってわけではないと思う。 +12 カザフスタン




■ うーん、これは上手くいくとは思えないな。
  でもまぁ結局誰も損することはないだろうけどね。
  こんなふうに新しい事をやれば良い宣伝になるわけだし。 国籍不明 




■ 良いアイデアじゃない!
  マーケットの多様性の復活の一助になるんじゃないかしら。 +5 アメリカ




■ 素晴らしい。
  本物の本、本物の本屋にみんなで声援を送ろう。 +1 アメリカ




■ 私の好きな小説家が正しい方向を選んでくれた。 イギリス




■ 私は電子ブックも印刷本もどっちも好き……。
  Kindleで読んで何度も読み返せる作品だったら、本屋に行って印刷本も買う。
  本当に気に入った本だけ本棚に加えるって感じです。 +1 アメリカ




■ もし本当にそうなるなら、ハルキ・ムラカミの作品はもう買わない。
  あとは書店が破綻することを楽しみにしてるよ。 アメリカ




■ 上手くいかんだろうな。俺は電子書籍のほうが好きだ。 +1 イギリス 




■ 日本の素晴らしい精神から生まれたアイデアね……。
  本当に良い戦略……。ありがとう。 インド




■ 俺は今までに沢山の本を読んできたつもりだけど、
  そう言えば買ってまで読んだことってまだなかったわ。 イギリス




■ 何でこれが電子書籍の勢いを止めることに繋がるの?
  デジタルコンテンツは供給に限りがないってことを、
  書店側は理解してないんじゃないのか? +11 イギリス    



   ■ 本がネットで買われていることへの対策だから。 +4 国籍不明
 


■ アクティビズムに見せかけた独占だろこれは。
  1つの書店が1つの作品をほぼ買い占める行為は、
  朽ちゆく業界を救う手段には到底ならないぞ。
  他社を犠牲にして私腹を肥やすようなもんだ。 +12 イギリス



   ■ 家賃や光熱費を払い、 納税の義務を負い、
     客足を維持するために一定レベルの接客を提供する。
     そうやって地道に経営している書店を守るために、
     この戦略が取られることになったんだよ。 +1 イギリス



■ どうなるのかかなり興味深いな。果たして上手くいくんだろうか。 +1 アイルランド





関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2015/08/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(272)
Powered By 画RSS
  1. ふーん
    [ 2015/08/26 23:03 ] [ 編集 ]
  2. みなさんもっと紙の本を買ってください。
                     by印刷屋
    [ 2015/08/26 23:05 ] [ 編集 ]
  3. 電子書籍とネット販売を混同してるアホがおおすぎる
    [ 2015/08/26 23:06 ] [ 編集 ]
  4. 村上春樹?
    ならイラネ
    [ 2015/08/26 23:08 ] [ 編集 ]
  5. 紙の本が好き、という気持ちは分かる。
    でも小説などは活字によってストーリーが伝えられるものなので、電子書籍で必要十分といえる。
    [ 2015/08/26 23:09 ] [ 編集 ]
  6. これの意味をわかってない文盲は小説なんて読めないだろ
    [ 2015/08/26 23:10 ] [ 編集 ]
  7. これは普通に独禁法に抵触しかねない頭の悪いやり方でしょ
    人気の本ならすぐに重版かかるから無意味だろうしね
    [ 2015/08/26 23:11 ] [ 編集 ]
  8. 返品できないなら書店でも取り扱わない様な気がする
    [ 2015/08/26 23:11 ] [ 編集 ]
  9. 出版社から直接買うなら取次ぎが反発するんじゃないかと思ったが、
    紀伊国屋から取次ぎに卸すのか
    [ 2015/08/26 23:12 ] [ 編集 ]
  10. スカトロカスキ?

    いらないね☻
    [ 2015/08/26 23:12 ] [ 編集 ]
  11. 競争ではなく戦争に近いニュアンスで解釈するのが欧米人らしいわ
    [ 2015/08/26 23:15 ] [ 編集 ]
  12.  
    ほんと記事読めない人多いよね。
    紙の本をネットで買われていることへの対策。
    デジタル書籍とは別の問題。
    あと独占じゃない。
    [ 2015/08/26 23:15 ] [ 編集 ]
  13. 人気作家の新作が小さな街の本屋にまわらないのを改善する役割も果たすのだからいいと思うけどな

    部数限定イラスト集とうたいながら某通販で大量叩き売りやらかした叙々とかやめて欲しい
    ドキドキうふふな気持ちが萎えるたよ
    [ 2015/08/26 23:17 ] [ 編集 ]
  14. 病で身体が少し不自由になったんでネットで買えるのは助かるんだよなあ。
    本屋ブラついて面白い本を発見するのはとても好きだったんだけど。
    電子書籍は眼にかかる負担がひどいし、絶版して復刊が難しいものは電子書籍でも仕方ないと思うけど、やっぱり紙の書籍が好き。
    村上春樹は買わないからどーでもいいけど、好きな作家の書籍でこれやられたら困るかも。
    [ 2015/08/26 23:20 ] [ 編集 ]
  15. 村上春樹の本なんてネット上で1万部あれば充分だろ。
    実店舗の9万部買い取り分は殆ど死蔵化すんじゃね?
    マスコミやアカ系の仲間は購入するんだろうけど。

    てか、新刊書「職業としての小説家」って、
    小説家なの?活動家とかプロ市民とかサヨク団体広報部とかじゃなかったっけ?村上って人。
    小説家だったの?
    [ 2015/08/26 23:22 ] [ 編集 ]
  16. 米2
    電子書籍は好きになれないし、充電気にしながら読むのシンドイから、小説やレシピ本や参考書系は本屋で中身チェックして買ってるよ~。
    タブレットで読むのは、もっぱら国内外のニュースばっか。
    表装とか紙質の凝った小説とか、めっちゃテンション上がります。


    米3
    ネット販売での紙媒体書籍と電子書籍の両方に対抗した、本屋さんの戦略だと思って読んでたわ~。
    [ 2015/08/26 23:24 ] [ 編集 ]
  17. あまりやり過ぎると在庫残しの負債や独禁法に接触する可能性が出てくる
    あくまで宣伝レベルじゃないとダメだろうな
    [ 2015/08/26 23:26 ] [ 編集 ]
  18. 村上春樹の本だからできることであってな
    [ 2015/08/26 23:26 ] [ 編集 ]
  19. その辺の書店には出回るんかな。
    電子書籍以外買わない俺には関係ないけど。
    本屋なんて今後衰退していくだけなんだからなんか他の事した方が良いと思うけどな。
    [ 2015/08/26 23:26 ] [ 編集 ]
  20. 確かに電気がないと本が読めないなんて、馬鹿げた状態だよな。
    いずれ地球規模のトラブルになったら人類の知的財産を覚える事も出来ずに、またゼロからのスタートになる事を考えるとぞっとする。
    [ 2015/08/26 23:26 ] [ 編集 ]
  21. ネット販売への対抗措置かぁ
    たまに本屋行くと色々発見があって面白いよね

    しかし電子書籍で読んでる人って結構いるんだね
    読み辛くないのかな
    青空文庫で昔のを読み直すのにたまに入れるけど、新刊なら断然紙媒体だな
    [ 2015/08/26 23:27 ] [ 編集 ]
  22. これって要するに、ゲームや動画の
    販売サイトなんかでは当たり前になってる
    独占配信商法のアナログ版でしょ。
    [ 2015/08/26 23:29 ] [ 編集 ]
  23. 発想が古いんじゃないか?

    いくら人気作家でも、いずれネットでも買える本を売っている限りは勝てないだろう。

    どうせなら、限定900部店売りのみの高級美術書とかにすればいいのに。
    [ 2015/08/26 23:32 ] [ 編集 ]
  24. デジタル書籍の月きめ契約では、契約解除したら買った本全て消えたよ(T_T)
    最初に警告文とか見た覚えもなく、裏切られ気分だ。
    皆さんお気をつけなされ~
    やっぱ紙の方がいいと思い直した瞬間....
    [ 2015/08/26 23:34 ] [ 編集 ]
  25. 街の本屋が潰れていく原因の一つは、紀伊国屋みたいな大型書店が売れ筋本を独占しちゃうからだ
    さらに大書店の独占が進めば、さらに街の本屋が消えるだけだよ
    そしてAmazonが街の本屋の代わりになる訳だ

    因みにAmazonはポイントをつけての再販制無視の安売りや、電子書籍の消費税免除などが出来るチート振りが有名
    [ 2015/08/26 23:35 ] [ 編集 ]
  26. 村上春樹とか興味ないけど
    自分の好きな作家の最新刊がそっちでしか出ないって言われたら買うな
    [ 2015/08/26 23:37 ] [ 編集 ]
  27. amazon日本法人はあれだけ日本で設けておきながら日本に税金払ってないことが発覚した10年ほど前にアカウント返上したわ
    以来利用していない
    使ってるやつは情弱のバカ
    [ 2015/08/26 23:38 ] [ 編集 ]
  28. これやりはじめると、更なる買占めが起きて書籍販売数への不審に繋がるだけだとおもうけど。

    書店が買い占めたら、当然ネットで売ろうと更に買占めようとする人間が出てくるよな。
    [ 2015/08/26 23:40 ] [ 編集 ]
  29. 村上春樹ってメディアが異常に持ち上げると思ったらあっち系の人なんだよね。
    初期に作品は好きな者もあったけど、もう買うのは止めた。
    [ 2015/08/26 23:40 ] [ 編集 ]
  30. 要するに、一万部はネットで販売される。そこからはぶれた人は本屋に行くしか初版は手に入らないって事でOK?
    [ 2015/08/26 23:41 ] [ 編集 ]
  31. 世界最高峰のゴシップ便所紙、朝日新聞がアップしはじめました/)`;ω;´)
    ヤフオクで、犬の便所紙で押し紙を大量販売、Google検索→嘘新聞→朝日新聞は内緒ですよ(´・ω・`)
    [ 2015/08/26 23:41 ] [ 編集 ]
  32. ■ アクティビズムに見せかけた独占だろこれは。
      1つの書店が1つの作品をほぼ買い占める行為は、
      朽ちゆく業界を救う手段には到底ならないぞ。
      他社を犠牲にして私腹を肥やすようなもんだ。 +12 イギリス

    ほんこれ。他の弱小本屋はどう考えてるんだろ。
    [ 2015/08/26 23:42 ] [ 編集 ]
  33. まぁ 面白い試みだと思うけど
    紙の本が好きだが 家の近くに本屋が無く
    ネットを頼って取り寄せていた人からしたら
    ただの嫌がらせだな
    [ 2015/08/26 23:44 ] [ 編集 ]
  34. ドイツのコメが的確だな
    この行いは紙媒体の価値を上げるものではなく共産主義的な保護措置。(どうみても自社防衛で地元書店なんて関係ないとしか思えんがw)
    競争を捨てた訳だ。業界に未来がないことの証明。最近トーハンとかもものすごい圧力かけあってるらしいじゃない。デジタル時代には必要のない存在だからね。村上の時点で宣伝の意味もでかいんでしょう。自分だけ売り切って村上は話題に乗っかって一石二鳥。おぞましい奴らよ
    [ 2015/08/26 23:46 ] [ 編集 ]
  35. 反日村上春樹の本なんていらねーしw
    [ 2015/08/26 23:48 ] [ 編集 ]
  36. ■ こんな力技は、貪欲で古臭いやり方だと思うね。
      もろもろの問題はこうやって生まれていくんだ!!! ドイツ

    休日完全休業を法律で強制して商店街守ってる国がなんだって?
    [ 2015/08/26 23:49 ] [ 編集 ]
  37. まあ売れるんだろうなあ春樹さん
    つまんねえのに
    [ 2015/08/26 23:50 ] [ 編集 ]
  38. おれはアマゾンを支持するわ
    実店舗、紀伊国屋で買って何の得がある?
    売れそうな本だけを必死で抱え込むなんてバカみたい
    こんな子供じみたメンタリティだから本屋がダメになったんだな
    「知らない本との出会い」
    「知らない本の魅力を伝えること」
    今の時代、本屋の追求すべきことはそれしかない

    [ 2015/08/26 23:51 ] [ 編集 ]
  39. 電子書籍って、目が疲れる・・
    [ 2015/08/26 23:53 ] [ 編集 ]
  40. 普通の本屋さんにはこんなこと出来ない。
    紀伊国屋がどれだけ町の本屋さんを圧迫してるか知ってるのか?それこそアマゾンなんかより何年も前から。
    収入を減らされた取次が次に誰をいじめると思う?それは決してアマゾンではない。
    [ 2015/08/26 23:56 ] [ 編集 ]
  41. 電子書籍のメリットについて高説垂れる人の多くがそもそも読書しない人だからなあ
    [ 2015/08/26 23:57 ] [ 編集 ]
  42.   
    紀伊國屋だけの独占と勘違いしているコメントが多いけど、紀伊國屋が買い占めて紀伊國屋に限らず提携している本屋へ配布するシステムだろ?よく読めよ・・・

    この話から読み取れることは、アマゾンとかは好きなだけ複製して売れるわけではなく出版社から割り当てられた数だけ売れるというわけだな?そして出版社は10万部と決めた販売計画から9割を紙媒体で紀伊國屋に渡した。
    紀伊國屋は1社でリスクを負うのではなく全国の書店とタッグを組んで直仕入で買い取りしたんじゃないかな?(返品不可な形態で)

    だとしたら相当挑戦的なことをやっているように感じる
    [ 2015/08/26 23:57 ] [ 編集 ]
  43. ※38
    外にでなよ
    [ 2015/08/26 23:58 ] [ 編集 ]
  44. お客さんを守るためじゃなくて、お店を守るための作戦じゃないか。
    淘汰されても仕方ないんじゃない?
    [ 2015/08/26 23:58 ] [ 編集 ]
  45. 村上春樹は典型的反日左翼で有名ですし。
    保守的な人の本を買い占めず、なぜ村上なのかと聞いた方がいい。
    [ 2015/08/26 23:59 ] [ 編集 ]
  46. 何でこれで本屋が擁護されるのか分からんw
    [ 2015/08/27 00:03 ] [ 編集 ]
  47. 他人の不幸を喜ぶクズに相応しいコメントばっかりで安心したわ
    [ 2015/08/27 00:03 ] [ 編集 ]
  48. 春男の本は紀伊國屋書店で買うべし
    [ 2015/08/27 00:04 ] [ 編集 ]
  49.  
    他の書店にも配るっといっても、小さな本屋には1冊も行かないだろう。
    別に美談でもなんでもないと思う。
    [ 2015/08/27 00:09 ] [ 編集 ]
  50. こういうのは嫌い。
    サービスの品質を上げるんじゃなくて、自分たちの利益確保しか頭にないから、実際に買う人間に還元されていないじゃないか。
    しかも紀伊国屋を経由することで運送コストがどうたらとか、出版日が遅れるとかやるんだろ。
    何一つ、社会に利益を供与していない。
    [ 2015/08/27 00:09 ] [ 編集 ]
  51. アマゾンのほうが誠実
    又吉の「火花」のレビューを見れば分かる
    実店舗はポップで煽って買わそうとしてるから嫌い
    人気作品だけを山のように平置きしてるのも腹が立つ
    本の価値を下げてるだけ
    本棚にひっそり一冊さけあるから、出会ったときに運命を感じる
    本屋の良さは「自分だけがこの本を手にしてるような喜び」だ

    とはいえアマゾンでレビューを読んで、ブックオフで買う
    これが俺の基本スタイル
    [ 2015/08/27 00:09 ] [ 編集 ]
  52.   
    企業が収益を確保する資本主義が嫌いな人は社会主義の国に生まれればよかったね。企業といえども一般人が働いているのです。社会の仕組みを知らずに金儲けは悪だとか中二病的な発想は社会に出ないと卒業できないもんかねぇ・・・
    [ 2015/08/27 00:15 ] [ 編集 ]
  53. 日本は海外にない再販制度という独禁法からも除外された制度があるんですよ
    [ 2015/08/27 00:16 ] [ 編集 ]
  54. 米15
    いくらサヨクが嫌いでも
    >小説家なの?
    は自分の無知無教養を声高に宣伝してるようなもの
    見てるこっちが恥ずかしい
    [ 2015/08/27 00:17 ] [ 編集 ]
  55. 行き付けだった街の本屋が次々と潰れて困ってたんだ。
    大きな原因の一つは間違い無くamazonだよ。
    これはその事に対する効果的な対処法に思える。
    [ 2015/08/27 00:19 ] [ 編集 ]
  56. 森博嗣「小説家という職業」という本と、コンセプトがかぶってると思う。
    (タイトルのセンスとか、どちらも教養あるけど偏屈であることでも知られるベストセラー作家であるところとか)
    パクリとは言わないけれど、なんだかなあ

    [ 2015/08/27 00:20 ] [ 編集 ]
  57. 本拠地が日本国内にないため消費税がかかりません!とアマゾンは大々的に宣伝していたからな…。

    少なくとも日本に住む人々から直接利益を得ている企業は日本政府へ納税すべきだよ。関税でも法人税でも消費税でも形式は問わないから。
    だから楽天やイーブックスで本を買ってもアマゾンからは買わない。
    [ 2015/08/27 00:20 ] [ 編集 ]
  58. 電子書籍って、かなり昔から、
    ついに登場!みたいな動きは何度か出ていて、
    でも、既存の出版業界の圧力なのか、
    流行らなかった。

    それが、インターネットの普及や、
    アマゾンなどの台頭で、
    やっと実用レベルの数が揃ってきて定着しつつ
    ある状況。その流れはもう、止められないだろう。

    日本は保守的だから、新技術や、
    海外からの外圧がないと変わらないのは、
    残念なことだよ。

    今回の試みも、もはや悪あがきだろうね。
    リアル書店はもっと違う方向で独自性をアピール
    するしかないだろうよ。
    [ 2015/08/27 00:21 ] [ 編集 ]
  59. 日本の出版業界の仕組みを知らないまま一面だけ賞賛するのはどうかと思うな
    もちろん全部が全部悪いわけじゃないが販路を売る側が
    独善的に、買い占めることで狭めるというのはさすがにおかしいでしょ
    大きな書店がない地方の人は、流通が絞られた本を入手しにくくなってしまう
    これは、知識や有益な情報を広める出版・書籍流通の意義からの乖離どころでなく
    完全に本末転倒なことをしていると思うよ
    [ 2015/08/27 00:22 ] [ 編集 ]
  60. ネット通販は電子書籍でも売ってるから、
    あんまり意味が無いんじゃないかな。
    データだから売り切れなんてものもないし。

    俺も本や漫画が増えすぎて、最近kindle使い始めたし。
    本当に好きな本や漫画だけ本棚に残してコレクションしてる。

    [ 2015/08/27 00:22 ] [ 編集 ]
  61. 電子化されたデータが購入できる書籍なら、紙書籍を扱うのは町の本屋だけってのもアリだろう。非電子化書籍を買い占め流通を妨げるのは、単にその作品が読みたいだけの客層への嫌がらせだなだけだ。
    [ 2015/08/27 00:23 ] [ 編集 ]
  62.  
    ※55
    トーハンやニッパンのせいだと思う。
    小さな本屋さんの注文を手早く発送しないから。
    (ものすごおぉぉおく時間がかかる)
    [ 2015/08/27 00:23 ] [ 編集 ]
  63. 村上春樹?とかいう奴の本を読むのは読書好きじゃなくて
    ただのファッションか馬鹿しかいませんから。

    他の本を読まない奴らだから意味無い
    [ 2015/08/27 00:25 ] [ 編集 ]
  64. このやり方はあくまでも大きな店舗だからできるんじゃないかと思うし、ムラカミ作品も個人的ににどうでもいいけれど、本に限らず商品を陳列して実物みながら手にとって買い物ができる「店舗」というのがどんどん無くなっていくのは、町の活気も奪っていく気がする。
    かといって、在庫抱えてお店の維持も困難になる状況というのも想像できるし、それでも店を存続しろなんて言えないし、これが時代の流れなんだといえばそれまでなんだろうけどな。
    [ 2015/08/27 00:28 ] [ 編集 ]
  65.  
    ※57
    それって法人税の間違いなんじゃ?

    数日前に「ファイブスター物語」という漫画の最新刊をamazonで買ったけど、
    ふつうに税込み価格だったよ。
    消費税は払ってるよ?
    [ 2015/08/27 00:29 ] [ 編集 ]
  66. >>62
    これは構造的な腐敗の問題なのよな
    アニメ放映されて原作小説が馬鹿売れしてるオーバーロードも
    小さな本屋は配本絞られて全く回ってこない
    小さな本屋の敵は大きな本屋と流通って事が周知されてないんだよな
    [ 2015/08/27 00:34 ] [ 編集 ]
  67. 紙の最大のデメリットはかさばる事
    その一点はどう足掻いても電子書籍に勝てない
    何千冊あっても数ミリ程度の厚さに収まるのは大きい
    [ 2015/08/27 00:35 ] [ 編集 ]
  68. これが対抗になる理由がよくわからん。
    ネット書店に対抗って紀伊国屋もネット書店やってるけど、そのへんどうなんだろ。

    電子書籍派の俺にはそもそも関係無いことだけど。
    それより、出版社直営よりKindleの方が安いのは納得いかない。
    [ 2015/08/27 00:38 ] [ 編集 ]
  69. すぐに古書としてamazonに溢れそうだけどな
    [ 2015/08/27 00:39 ] [ 編集 ]
  70. 村上とか買い占めちゃうんだwww
    村上は反日思想で有名だよね。
    不自然なまでにメディアが持ち上げるから不思議だったけど真相がバレちゃったから買う人がどういう層か判りやすくなった。

    ・自分が大好きなヒト
    ・オシャレ読書家に見られたいヒト
    ・帰化在日
    ・特定カルト教信者(9条の会も含む)
    ・村上の親族
    [ 2015/08/27 00:40 ] [ 編集 ]
  71. 俺も、絶版以外は書店で買ってるよ。
    ネット販売なんてクソだよ。
    [ 2015/08/27 00:42 ] [ 編集 ]
  72. 無駄な抵抗って気がするけどな
    [ 2015/08/27 00:42 ] [ 編集 ]
  73. Amazonが逆に90%買い取りできないなら
    独占禁止法違反じゃね?
    [ 2015/08/27 00:43 ] [ 編集 ]
  74. 新刊に興味がない俺には関係なかった
    [ 2015/08/27 00:53 ] [ 編集 ]
  75. この記事は
    通信販売と店頭販売の競争ってことで、
    電子書籍と紙媒体との競争ってことではないのは分かった

    でもね、ネットを使う以上電子書籍へと向かうのは止めようがないよね
    問題はそれが企業、あるいは業界って枠組みで済むのかってことで、
    多分、済まないだろうな
    ある一定の量がデジタル化された時点で、意に沿わない内容のものは
    歴史から消去するもしないも読者抜きでできる環境が整うなんだよね

    日本国内だけでも、過去に刊行された書物、
    写本やらなにやらをひっくるめて現代で印刷されているものは
    1割ぐらいだって話だよ。この先どうなるか推してしるべしだ
    [ 2015/08/27 00:54 ] [ 編集 ]
  76. ナントカ賞を受賞した水嶋ヒロの紙束も買ってやれよ(嘲笑
    詐欺の片棒担いだクソ芸人のピースの片割れも受賞していたが吉本は今だ売れないクソ芸人に賞を取らすために必死なんだな。
    二科展もタレント枠作って工藤静香とかを変に持ち上げて業界活性化を謀っていたけどそんなの誰も望んじゃいないっての。
    [ 2015/08/27 00:58 ] [ 編集 ]
  77. ※38
    > 売れそうな本だけを必死で抱え込むなんてバカみたい
    > こんな子供じみたメンタリティだから本屋がダメになったんだな
    > 「知らない本との出会い」
    > 「知らない本の魅力を伝えること」
    > 今の時代、本屋の追求すべきことはそれしかない

    ほんとこれ。まさにそのとおり。

    オレも、リアル書店だと、内容が確認しやすいから、
    面白そうですぐに読みたいものは、そのままそこで買うよ。
    リアル書店で一番大きい利点は、古典との出会いや、
    マイナーだけど面白い本との偶然の出会い、なんだよ。
    新しい本こそ、ネットでも買えるのであまり意味は無い。

    新しい本を買い占めたところで、その場しのぎでしか無い。
    あくまで書店の事情であって、客が真に喜ぶわけでもない。

    そこをもっと自覚して、変わる努力をしなければ、
    リアル書店は衰退するだけ。
    [ 2015/08/27 00:59 ] [ 編集 ]
  78. ※67
    紙は自然界の有限資源の浪費と環境破壊があるよ
    再生紙とかエコの為のエゴなのを知らない人が多い
    [ 2015/08/27 01:00 ] [ 編集 ]
  79. ※78
    紙は持続可能な資源だよ?木を植えればいいんだもん。
    石油や原子力で発電してる電気の方がエコじゃないだろ?
    [ 2015/08/27 01:07 ] [ 編集 ]
  80. ああ,わかりました.アレキサンダーの図書館の破壊=ボタンをポチッと,を阻止したいのね!  賛成です。
    [ 2015/08/27 01:14 ] [ 編集 ]
  81. 本の流通過程の新たな提案の一形態と言うだけだと思うよ。
    村上さんはその提案の成功率を上げたい為の、紀伊国屋が考えた一つの回答なんだと思う。
    アナログと電子の是非については、どちらも現時点では欠点があるので本と言う情報知識伝達手段を残す為の選択肢として、色々な形式が複数残っている方が良いと思う。(デジタル環境が維持できない時のアナログ等)
    [ 2015/08/27 01:22 ] [ 編集 ]
  82. 村上春樹のネームがあるから出来たこと。だからそんなに凄い画期的なこととは思えない。
    [ 2015/08/27 01:27 ] [ 編集 ]
  83. ※79
    木は植樹出来るし昨今は木材以外のパルプがあるが
    水資源だけはどうにもならない
    [ 2015/08/27 01:27 ] [ 編集 ]
  84. ハルキストとか兎に角直ぐ読みたきゃ近所の本屋へGo!ってことか。
    どうせ増刷されるんだから発売日に読み始めたい信者以外には関係ないな。
    そして電子書籍で購入する人にはもちろん無関係。
    [ 2015/08/27 01:29 ] [ 編集 ]
  85. 意図するところに共感もあるけれど、こういうのは大手出版社が音頭を取るものだろう。
    日本税制に寄与しないアマゾンもだけれど、かつて街の本屋から顧客を奪っていった大型チェーン店も、ついでにブックオフも、諸共に一掃する流通販売体系になればいい。
    だいたい、わんさか本や雑誌を刷って売れ残りを再生紙にするのでエコですね、なんて再販制度がおかしい。過剰生産っていうんだ。
    [ 2015/08/27 01:34 ] [ 編集 ]
  86. ノーベル症病。
    9条と同時受賞されるといいですねwwwwwwwww
    [ 2015/08/27 01:35 ] [ 編集 ]
  87. はーん
    で、消費者側のメリットは?
    単に独占して、買いたければ書店まで足運べってだけでしょ、アホくさ
    [ 2015/08/27 01:39 ] [ 編集 ]
  88. 商店街のお店が大型量販店に潰されて、大型量販店が通販サイトに潰されてるだけのお話
    今回の買い占めで困るのは結局街の小さな本屋だろう
    紀伊國屋だけでそういう店にまで回すのには時間がかかるだろうし、結局出版社に重版を頼むだけ
    大量入荷の出来る大手通販サイトにとっては痛くも痒くもないしな
    [ 2015/08/27 01:39 ] [ 編集 ]
  89. 初刷がいいやつや 発売日にいの一番に読みたいやつとか対象ならまあ…
    直筆(またはコピー)サイン入りならまだ
    村上春樹とか在日なんぞ興味ねえ
    [ 2015/08/27 01:40 ] [ 編集 ]
  90. ※79
    じゃあ国立国会図書館の書庫の空調は止めてもいいんだね
    木を植えればいいんだもんね
    [ 2015/08/27 01:43 ] [ 編集 ]



  91. 害人は



    われやってるくせにしんだら?

    あほらし
    [ 2015/08/27 01:46 ] [ 編集 ]
  92. 大手が流通をしっかり押さえるっていうのは大事だと思うけど
    結局その先は各店舗の努力次第だけどな
    それと今回は先に手を打てたからよかったけど仕返しされる可能性もあるだろこれ
    [ 2015/08/27 01:46 ] [ 編集 ]
  93. これをやるなら紀伊國屋が出版するべきだと思うのだが
    [ 2015/08/27 01:50 ] [ 編集 ]
  94. 他の書店ならともかく、紀伊国屋には出版部門もあるのに
    なんでこんな回りくどいやり方するんだろ…
    再販制度スキップもやり過ぎるとカルテル扱いされるんじゃないか?
    [ 2015/08/27 01:54 ] [ 編集 ]
  95. 極力書店で購入しようとしてるけど最寄りの本屋が次々と潰れていってそれも難しくなってきた
    子供の時は5店舗あったが今は一店舗だけになってしまった
    [ 2015/08/27 01:57 ] [ 編集 ]
  96. もう値下げできるように仕組み変えろよw
    [ 2015/08/27 02:00 ] [ 編集 ]
  97. いまだに紙媒体で消耗している人が信じられない。
    [ 2015/08/27 02:01 ] [ 編集 ]
  98. つうかこのおかげで他の本屋さんは仕入れ困難になるんじゃ。。。
    [ 2015/08/27 02:03 ] [ 編集 ]
  99. いつまで50年以上前のシステム使ってんのかね
    意味不明な中間業者なんて今の時代いらないだろ
    売れないものは値下げして対抗しろ
    [ 2015/08/27 02:03 ] [ 編集 ]
  100. こういう大型本屋も商店街潰したスーパーみたいな物で、今度はそういう所が需要が落ちて見合った数になるまでどんどん淘汰されてるだけで例外にはならない。消費者としては田舎でネットで本買ってる層が困るだけだ。
    [ 2015/08/27 02:09 ] [ 編集 ]
  101.    
    買い切りという事は返本出来ないという事かな
    書店にとってはリスクの大きい賭けだが
    村上春樹の新刊なら売れると踏んでの決断だね
    でもこれで書店に客が足を運ぶようになるかと言えばそうではないだろうなあ…
    [ 2015/08/27 02:18 ] [ 編集 ]
  102. 本とか、定価で買うものはアマゾン利用したこと無いな

    村上春樹はともかく紀伊國屋書店は好きなので、頑張ってほしいね
    [ 2015/08/27 02:19 ] [ 編集 ]
  103. たんに紀伊國屋が無能を晒しただけのニュースなんだよな。
    [ 2015/08/27 02:47 ] [ 編集 ]
  104. アマゾンはポイントくれるしなぁ
    少額でもポイント使えると得した気分になるから買っちゃう
    それで「これを買った人はこんなもの見てます」的なリンクが意外とありがたいんだよね
    アマゾンは企業努力してるよ、やっぱり
    いまは配達もメチャクチャ早いし
    怠惰な実店舗なんか勝てるわけない

    むしろ「いっぱい売れる本」より「売れないマニアックな本」を買い占めるべきだろ
    「ネットじゃ売ってないコアな専門書」を揃えたほうが実店舗の価値が上がる


    [ 2015/08/27 03:12 ] [ 編集 ]
  105. 電子書籍と紙書籍の話ではない
    ネットの書店(ア○ゾンとか)で本購入する人が増えたから、店頭販売で購入してもらう為の作戦
    でもあんまり効果ないと思うけどなあ…逆に電子書籍に流れそう。紀伊国屋もネット書店あるけどそっちはどうなの?
    本屋さんの気持ちも分かるが田舎だと本屋自体が少ないし遠いし本置いてないから、無料で配達して貰えるネット書店は本当に有難い存在なんだよね

    それより出版社が特装版と通常版とでカバー違いや書店によって作者の無料ペーパー付けたり、そういうファン心理を逆手に取った2冊買わせよう商法をやめて欲しい
    [ 2015/08/27 03:16 ] [ 編集 ]
  106. ※104
    ア○ゾンや○天などのネット書店が伸びた要因って、実際そのコアな書籍の品揃えだったそうだ
    在庫が1冊しかないような本を捜し求めて辿り着く客層が多いとか
    お奨め本メールや「この書籍を購入した方はこちらの書籍も~」ってのもすごく便利だし、企業努力はしてると思う
    実店舗でも色々工夫してる書店は小さくても生き残ってるわ
    [ 2015/08/27 03:24 ] [ 編集 ]
  107. いいんじゃない。アマゾンも2010年に著作者に入る印税を70%に上げその条件として本の販売価格を下げ著作者囲いこんで、出版社や印刷会社や紙媒体自体を潰そうとした事あるじゃんw

    日本出版社協議会はアマゾンプログラム中止求めてるし(再販売価格維持契約に違反する大幅な値引き行為)しかもこれに反対してる出版社の本はおすすめにリンクされないw

    フランスでは去年ラング法強化して書店守ろうとしたでしょ。

    著作者と出版社がこの売り方でいいっていうならいいんじゃない。アマゾンも同じ事して仕掛けりゃええやん。

    やり合えやり合え


    [ 2015/08/27 03:28 ] [ 編集 ]
  108. 村上春樹うさんくせーし
    日本人からいい評価聞いたこと無い
    [ 2015/08/27 03:31 ] [ 編集 ]
  109. amazonの作家囲い込みに対する抵抗でもある。
    国内の出版社・印刷所・本屋が作家を囲い込んだわけだ。
    これにコンビニと宅配屋の住み分けが整理されたら、国内については完結できる。
    円の流出に歯止めが掛かり、内需拡大に貢献するのは良い事だ。
    [ 2015/08/27 03:45 ] [ 編集 ]
  110. もしオレが金持ちの作家なら、出版から3年間は書店のみでの販売!
    とかやりたいなあ、って思ってたわ。
    作家でもないけど。
    本屋、子どもの頃から好きだし、街からドンドン無くっていくのは切ないよ
    [ 2015/08/27 03:46 ] [ 編集 ]
  111. 初版10万部と限定するなら、独禁法にはかからないのでは。
    二刷以降が通常ならばね。村上春樹の本はある程度数字が出るから
    できる手法なんでしょう。初版がリリースされた瞬間に販売力のある
    実店舗・ECを併せた書店へ優先的に配本されたら、小さなところは
    リングへも上がれない。それを取次でなく紀伊國屋が先に買い切ることで
    提携の書店も仕入れられるという仕組みなのでは。
    [ 2015/08/27 03:58 ] [ 編集 ]
  112. やっぱり紙が好き
    [ 2015/08/27 04:22 ] [ 編集 ]
  113. 時代遅れなことしてんなぁ
    [ 2015/08/27 04:30 ] [ 編集 ]
  114. 装丁まで含めてその本なんだ。装丁は演劇における演出にも相当する。演出の無い演劇なんて観る価値あるか?ないね。だってまだ完成していないのだから。だから電子書籍なんて買う価値がない。只で見させてくれるなら一応見てもいい、という程度。演劇でいえば舞台稽古を観させてもらうみたいなもん。長く手元に置いて楽しむために買うのならば、やはり完成した形でないとね。収納空間は限られているんだし。
    [ 2015/08/27 04:38 ] [ 編集 ]
  115. 小さな町の本屋に出回らないってアホかいな。そういう本屋は基本的に発注だよ。この本だって本屋に注文すれば程なく入手できる。地方で手に入らなくなるわけじゃないのをまず理解してから書き込もうなお前ら
    [ 2015/08/27 04:57 ] [ 編集 ]
  116. 買い占められたのが村上春樹の本で良かったわ。
    どっちみち紀伊国屋には行かないが。
    [ 2015/08/27 05:00 ] [ 編集 ]
  117. 紙の本が好きだよー
    手元にある喜びを感じる人は紙媒体が好きだと思う
    でも村上春樹は嫌いなので買いません
    [ 2015/08/27 05:01 ] [ 編集 ]
  118. これってamazonで買わないで町の本屋さんで買ってほしいということだよね?
    電子書籍とは少し別の話だと解釈したけど

    [ 2015/08/27 05:14 ] [ 編集 ]
  119. 本屋さんはぶらぶらしてるだけでも楽しくて好き。
    気になった本を、即手にとって見られる気安さがいいよ。
    興味や関心のないはずの分野の本とも出会えるし。
    ネットだと、結局自分の見たい分野のものばかり多くなる。
    書店が無くなったら、ホント困る。
    [ 2015/08/27 05:45 ] [ 編集 ]
  120. アマゾンなんかのネット通販から街の本屋を守るため、
    紀伊國屋書店が村上春樹の新作の初版の内90パーセントを買い取って、
    それを東販とかの取次を通して街の本屋に卸すという話。
    アマゾンや楽天は、残りの10パーセントしか売れない。
    返品の恐れの少ないベストセラー作家の村上春樹の新作だからこそできる手法。
    ネット通販以外にも、電子書籍、ブックオフ、コンビニ。
    商売敵はイッパイいるからなあ。

    [ 2015/08/27 05:56 ] [ 編集 ]
  121. 一般教養レベルになってるからな
    [ 2015/08/27 06:00 ] [ 編集 ]
  122. 欲しい本が即日あるいは翌日手に入るなら近所の本屋でもいいんだがそうじゃないからネットだな
    紙の本も好きだけど読んだあとの処分がね…自炊するのもどうかと思うし
    [ 2015/08/27 06:33 ] [ 編集 ]
  123. 文明媒体の遷移
    電話ラジオTVと言う変遷を見れば結果は明白

    多分この行動が分水嶺になるかも

    書店が半減して書店難民があらゆる地方に発生している現状で
    この策は手遅れ感がある。
    と言っても日本の作家のほとんどが紙媒体で育ち
    今も紙媒体への出稿で暮らしている事と
    電子媒体と著作物保護の板挟みで何十年もあえいでる出版業界の打破力の無さに
    も辟易する

    そういったことを踏まえて
    角川ガンバレ!
    [ 2015/08/27 06:37 ] [ 編集 ]
  124. 消費者とからすりゃ、選択の幅が縮まるだけで、何のメリットも無い話
    [ 2015/08/27 06:44 ] [ 編集 ]
  125. うちの地元の結構でかい系列の本屋が
    本社と共に2、3年前に潰れてるからなぁ・・・

    ネットで買える時代だからな
    [ 2015/08/27 06:46 ] [ 編集 ]
  126. ネット販売は、イイトコ悪いトコ、いろいろあるからね。以前だったら商品になりえなかった少数の人しか関心をもたれなかったものでも販売が可能となる。つまり昔だったら10人に1人が買おうかなって思うものしか商品にならなかったのに、今じゃ1000人にひとりが良いかも・・っておもってくれたら商品にできる。本でいえば、多くの人が素晴らしいと思う作品である必要がなくなって、狭い趣味のなかで微細にこだわるだけの本で十分だということだ。そんなんで、30年後でも読めるような本がありえるか?まあそうでない作品もありうるだろうが、平均すると劣化は避けられないと思う。
    [ 2015/08/27 07:05 ] [ 編集 ]
  127. 立ち読みで済ませられるんだよねえ、全部読むのに30分もあればいい
    シュリンクすればいいのに、もう読まなくて済むし
    [ 2015/08/27 07:11 ] [ 編集 ]
  128. こんな本買わないけど、地元の本屋さんが電話注文に対応してるから
    そこで買ってる。なければ他の大型書店も送料無料でネット販売してるし
    アマゾンはレビューチェックだけ。
    [ 2015/08/27 07:31 ] [ 編集 ]
  129. 電子書籍関係ない話だよね

    これの肝は、「初版」
    印刷本を買う中でも、マニアは初版帯つきを欲しがるから実店舗で買ってくれってことでは
    [ 2015/08/27 07:48 ] [ 編集 ]
  130. 紙の本を愛する人間の意識の問題だから、楽天やアマゾンを利用しないで、なるべく本屋を利用すれば問題ないと思うけどね。
    [ 2015/08/27 07:58 ] [ 編集 ]
  131. コスト的にはネット販売の方が低くおさえられる
    こういうやり方は近くに書店がなければ意味がない
    将来的に書店は淘汰される運命
    [ 2015/08/27 08:08 ] [ 編集 ]
  132. 意味わからん。これ、それほど効果あんのかね。
    売れ筋の本なら、効果あるんかな。
    [ 2015/08/27 08:23 ] [ 編集 ]
  133. 一種の買占め策?
    これって一種の買占め策?宜しくないと思うんだが・・

    本屋も規模の小さいとこは結構潰れてるけど、俺みたいに現物の内容確認してから買いたい客層がいる限りは完全淘汰は無いと思うよ。
    [ 2015/08/27 08:26 ] [ 編集 ]
  134. 単に既得権益を守ろうと必死なだけに見えるな
    消費者の利便性など二の次というスタンス
    [ 2015/08/27 08:31 ] [ 編集 ]
  135. ネット書店側が有名作家の本を買い占めで独占しても
    書店側は文句言えなくなったってこと。

    何をやっても店舗と人件費の件で書店側は不利なんだが
    今回の件で買占め独占も解禁しちまって・・・。
    画期的どころか自滅行為。
    [ 2015/08/27 08:38 ] [ 編集 ]
  136. 最寄りの紀伊国屋までの交通費が往復で一万越えるんだが。
    時間も10時間近くかかるんだが。
    [ 2015/08/27 08:50 ] [ 編集 ]
  137. 切羽詰まってるよねえ
    本屋は出版社と協力してネット販売にはまだ出ていない電子書籍の販売をやるべきだよ
    書店が先行販売ってだけなら文句も少ないでしょう
    [ 2015/08/27 08:57 ] [ 編集 ]
  138. 出版社がamazonの圧力に負けて、書店を裏切って増刷しまくって
    ネットに大量に流れるに決まってる
    [ 2015/08/27 09:12 ] [ 編集 ]
  139. 村上本は売れるってわかってるからできることでしょ
    他の作家の本には適用できないしただのパフォーマンスにしか見えん。
    村上作品だけずば抜けて売れるのは、普段は本を読まない人が買うからで、
    その手の人達に対するアピールでしかない。
    [ 2015/08/27 09:15 ] [ 編集 ]
  140.  
    独占でしょ。
    他書店で頼んでも「胴元から来ます」ってなだけで。
    [ 2015/08/27 09:21 ] [ 編集 ]
  141. しばらくしたらブックオフで買うので俺には関係無い
    [ 2015/08/27 09:22 ] [ 編集 ]
  142. アマゾンの書籍安売りに紀伊国屋の高井社長激おこだったらしいからなぁ
    はたして出版社はどちらにつく事になるのか
    [ 2015/08/27 09:25 ] [ 編集 ]
  143. そりゃ売れ筋だから買い取るだけだろ
    結局のところガチガチの安牌拾ってるだけ
    [ 2015/08/27 09:31 ] [ 編集 ]
  144. これ、本来は取次が街の本屋さんを支援するためにやるべきことでしょ
    [ 2015/08/27 09:34 ] [ 編集 ]
  145. 消費者に嫌がらせしてるだけでしかない
    商店街と一緒で潰れて良いよ
    [ 2015/08/27 09:48 ] [ 編集 ]
  146. ※144
    それをしてくれないから大手の紀伊国屋が立ち上がったってとこでしょうね
    さらに言うと売れると解ってる本だから試験的導入に踏み切れた、と
    今後は芥川賞、直木賞と連携して続けて行ければ良いんですが
    賞の意義やら、便乗に対する批判はあるでしょうが…
    [ 2015/08/27 09:51 ] [ 編集 ]
  147. ※51
    >アマゾンのほうが誠実
    >又吉の「火花」のレビューを見れば分かる
    >実店舗はポップで煽って買わそうとしてるから嫌い
    >人気作品だけを山のように平置きしてるのも腹が立つ
    >本の価値を下げてるだけ
    >本棚にひっそり一冊さけあるから、出会ったときに運命を感じる
    >本屋の良さは「自分だけがこの本を手にしてるような喜び」だ

    >とはいえアマゾンでレビューを読んで、ブックオフで買う
    >これが俺の基本スタイル

    俺の基本スタイル(キリッ
    には大爆笑したわ。
    どんなに偉そうなご高説たれても、買ってるのは古本。当然作者に印税は入らない。
    その分電子で貢献してるわけでもない。
    いくら古本が売れても印税が入らないから、やがて小説家は食っていけなくなる。
    紙書籍どころか著作家を滅ぼす行為に加担しておいてそんなドヤ顔できるとは、相当な池沼とお見受けした。
    俺って買い物上手!自慢なら他所でやってくれ。
    [ 2015/08/27 10:16 ] [ 編集 ]
  148. ネット販売用1万部って書いてあるのにネットで買えないって文句言う人は本当に文字が読めるのか?
    [ 2015/08/27 10:28 ] [ 編集 ]
  149. 談合、独占禁止法の違反あり。最初だけ
    [ 2015/08/27 10:32 ] [ 編集 ]
  150. 単純に「安売りしろ」と言ってるのが何人かいたが・・・。
    その値段の基準はいったいどうやって決めるんだ?
    新古書店なら、在庫数(搬入数)+売れ行き(レアリティ)で出来るかも知れんが・・・。
    再販制度での価格固定が無くなれば、1980年代のフランスの再来になるぞ。(本の値段の高騰+中小出版社や書店の倒産)
    結局フランスは再販制度撤回の2年後、再販制度を復活している。
    本を作るのは、大変なんや。ましてや、「売れる本」となると、もう博打と言ってもいい。家電製品みたいに、性能比較できるものでもないし。
    [ 2015/08/27 10:39 ] [ 編集 ]
  151. 一種の独占だけど、何の影響も無いだろう。
    [ 2015/08/27 10:42 ] [ 編集 ]
  152. 本屋への流通を増やしたいのであれば、ネットへの流通を減らすという考え方は内向きで、本自体の販売活性化を自ら阻害するような安易で愚かな行為だ。

    もっと建設的なアイデアを出すべき。例えば本屋で本を買えば付録で電子ブック用データも供給するとかすれば、本を欲している人全てに行き届くし、外出先で読みたい時には電子ブックで読める。本を置きたく無い場合は古本屋に回せば、そこで中古市場も活性化する。もちろん電子データは一つの電子機器にしかDL出来ないようにすればいい。

    とにかく本の世界への入り口は常に広く開けておき、誰もが何時でも利用ることが地上の活性化に繋がると思う。
    [ 2015/08/27 10:45 ] [ 編集 ]
  153. 訴えられるんじゃない?
    独禁法があるくらいだから、こういう行為に対しての罰もあると思うけど
    [ 2015/08/27 10:47 ] [ 編集 ]
  154. 本屋さんの奮闘は応援したいけど
    村上春樹はイラネ
    [ 2015/08/27 10:48 ] [ 編集 ]
  155. 6月末に取次会社が倒産した影響があるんだろうね
    あの倒産は街の本屋と中小出版社に打撃が大きくて紀伊国屋が立ち上がったんでは
    確か倒産と同じ時期にAmazonが一部出版社の書籍を値下げセールしていた
    こうなった背景はネット販売や電子書籍だけではなく
    早い文庫化とか駄本出し過ぎて本自体の価値を下げた版元も責任があると思う
    見方を変えれば本は身近になったからもっと手軽にほしいってことなんだろう
    [ 2015/08/27 10:51 ] [ 編集 ]
  156.  
     *15
     
     村上春樹って普通に小説家でしょ。ノーベル文学賞候補にも何回も
     あがってる。
     本人をよく知らないのに、よく

     >村上春樹の本なんてネット上で1万部あれば充分だろ。

     とか言えるよねあんた(呆)
     とは言え、私は村上春樹自体の作品には、全く興味はないけど。
    [ 2015/08/27 10:53 ] [ 編集 ]
  157. 本屋に限らず、実店舗はネット通販のせいでかなり追い込まれてるだろうな。
    アマゾンは実店舗の敵だよ。
    ネット通販の拡大&実店舗の減少は時の流れかも知れんが、同時に様々な問題も生まれる。
    かく言う俺もアマゾンは利用するけどな。
    [ 2015/08/27 10:55 ] [ 編集 ]
  158. *51
    アマゾンが本当に誠実なら外国企業のまま脱税状態の現状をなんとかするだろうさ
    [ 2015/08/27 11:00 ] [ 編集 ]
  159. リアル本屋は情報量が多いのが利用者としてはメリット。
    漫画ならば表紙買いで全然知らなかった作者と出会える。
    ネット通販は他者の感想が見れるけど、ネタバレ回避してるとあんまり参考にならない。
    [ 2015/08/27 11:04 ] [ 編集 ]
  160. 本屋で本に囲まれて、色々な本に触れるだけで楽しいと思える。これがネットとの違いかな。
    [ 2015/08/27 11:11 ] [ 編集 ]
  161. まぁ村上春樹は変にプッシュされてて胡散臭いよな
    その内本性表すと思う

    元有名小説家の長野県知事も中国崇拝者だったしな
    [ 2015/08/27 11:39 ] [ 編集 ]
  162. 皆見当違いな事ばかり言ってる。きっと、碌に本を読まない人たちばかりなんだろう。つまり、関係ない人たちばかりが批判しているという事かな?ぼくちゃんわかんな~い。
    [ 2015/08/27 11:42 ] [ 編集 ]
  163. 村上春樹に今、以前ほどの訴求力というか、購買される引力があるのかと思った。一番ありそーな作家だけど。遅きに失したんじゃないかなとか、電子書籍に流れるんじゃないかなとか。
    本=小説じゃないし。
    村上春樹は自著のメインテーマを語るような記事で、孤独で頼る先の無い男の物語を書いてるつってた希ガス。説明されないと分からないからダメダコリャって思った。説明されてもイマイチ分からないけど。
    [ 2015/08/27 11:50 ] [ 編集 ]
  164. 確かにリアルの本屋の情報量と、情報の処理量は凄い。なくなると困る。
    [ 2015/08/27 11:51 ] [ 編集 ]
  165. 欲しいものが売っているのがわかってすぐ買えるなら、ネットより店なんだよね
    家電なんかたまにネットより安く広告にも載せずに安くなってるのあるし
    [ 2015/08/27 11:53 ] [ 編集 ]
  166. マイナーな本は本屋に置いてないし注文するならネットのほうが早い
    書店で買ってほしかったらあらゆる本を並べないといけないから在庫が膨大になってもやるのか疑問
    [ 2015/08/27 11:59 ] [ 編集 ]
  167. ごめん、馬鹿だからよく分からないんだが……

    残り1万部は電子書籍なの?通販の紙媒体本なの?
    [ 2015/08/27 12:12 ] [ 編集 ]
  168. 紀伊国屋は国内でもいち早くネット経由販売を模索してたんだ。
    今相当便利になってる。支払方法も潤沢だ。
    「本屋でたくさんの本の中から物色できる」魅力と
    欲しい本を検索して在庫がなければスマホから配送ワンタッチが確立しつつある
    日本に法人税支払ってないAmazonよりはできるだけ
    紀伊国屋使ってる
    [ 2015/08/27 12:18 ] [ 編集 ]
  169. >167
    電子書籍に残部とか関係ない気がするから(X万冊ダウンロード!とかいう売りになる)
    紙媒体の事だと思う。
    10万部印刷したうち、9万部を買い占めて、紀伊国屋が取次店の代わりをする。
    無店舗ネット販売系には出版社から1万部だけ提供ってことじゃないかな。
    ネットで「在庫切れ」でも、店舗には山積みってことになるかもね。
    [ 2015/08/27 12:25 ] [ 編集 ]
  170. ネット販売で紙の本を売るための在庫確保でしょ?
    [ 2015/08/27 12:36 ] [ 編集 ]
  171. ただの買い占め
    紀伊國屋も落ちぶれたもんだなあ
    実際、かなり売り上げ落としているらしいけどさ
    もはやなりふり構わず、まるで朝鮮系
    [ 2015/08/27 12:52 ] [ 編集 ]
  172.  
    独占禁止法の出番かな?
    本の歴史ってこうだよね。公権力が出版する権利を独占したい。
    →出版する自由の獲得
    [ 2015/08/27 13:03 ] [ 編集 ]
  173. 村上アホ木って誰?
    [ 2015/08/27 13:07 ] [ 編集 ]
  174. ムラカミハルキ?・・読んだ事はない。これからも読まないだろうな。
    買占め?売りたいための?売りたくないための?
    ドッチもあるんだよね~。今までそれで、世の中に出にくくされた
    書籍だってあるんだよ~。
    それとは別に、紀伊国屋は便利。実際、目をとおして購入できるから。
    売れ筋の状況も、ナゼかおススメ・・というのもわかったりする。
    行かなくても電話で注文し、着払いで届くサービスもあるし。
    GHQの焚書坑儒をどう思っているか聞きたいな~。


    [ 2015/08/27 13:16 ] [ 編集 ]
  175. 村上春樹の本だからできることであって他の作家じゃできないよこんなこと。
    せいぜい創価や幸福の科学みたいに信者という絶対買ってくれる金づるがいないと。
    [ 2015/08/27 13:41 ] [ 編集 ]
  176. 独禁法違反て…
    そもそも出版会社が紀伊国屋に売らなきゃよくね?
    オンライン専門書店はいままでも取次通してなかったようだから
    ここ苛めとも言えるし、一部の会社を想定しているとごにょごにょ

    訴えるなら出版会社と紀伊国屋がセットじゃないかなあ

    あと海外だと、取次と言うハブ構造と返本システムが無く、
    書店が直接買い付けて、売れないとセール販売したりするから
    価格が店舗でばらんばらんの国があるんだと。
    日本だと店舗じゃ新本はどこも統一価格だけれどね。
    返本システムもまあどうかっつー話だが…
    [ 2015/08/27 13:54 ] [ 編集 ]
  177. 本が欲しい時って今すぐに本が欲しいからamazonなんか待ってらんないんだよね
    [ 2015/08/27 14:00 ] [ 編集 ]
  178. 近所の書店が次々とつぶれてしまうので
    なるべく書店に足を運んで本を買うようにしてる
    中身を確認してから買えるのがいいわ
    目当ての本がなかったらガッカリだけどな
    Kindleとか持ってるけど、なぜか手首が疲れんのよ…w
    本持ってて手が疲れるなんてことはないのにね
    [ 2015/08/27 14:17 ] [ 編集 ]
  179. 近くに書店がない人はNETにUPされたtxtデータで済ませろっていう出版業界からのメッセージだな
    [ 2015/08/27 14:36 ] [ 編集 ]
  180. 重たくて持ち出せない長編小説を見ると、何で電子化しないかなーと思うよ。
    [ 2015/08/27 14:38 ] [ 編集 ]
  181. 浅く広く多くを手軽に見たかったら電子、
    長く大事にその本を自分のものとして欲しかったら書籍。
    半永久的に思えてデジタルのものは結構儚いからな。
    記憶媒体も脆いし、そこに電力がなければ読めないわけで。
    いいものや、普遍的な物、お気に入りは紙媒体を買うよ。
    [ 2015/08/27 14:39 ] [ 編集 ]
  182.  
    こんなの無駄でしょ…
    電子書籍のデメリットばかりとらわれる奴は本当に生産性がない
    [ 2015/08/27 15:37 ] [ 編集 ]
  183. 単純に一冊あたりの利益率を上げたいだけでリスク回避に売れる本だけチョイス
    売れるかどうか分からない本は問屋を通して返本し放題
    直買いするならその分を安く売れよ
    やり口が汚いので褒められたもんじゃ無いと思うけどね
    [ 2015/08/27 15:59 ] [ 編集 ]
  184. 紀伊国屋を支持してる声が多いけど
    こんなの再販制度の聖域に守られた買占めだし
    買い占めた新刊は紀伊国屋の書店にしか配本されない
    そして紀伊国屋の書店出店に出資してるのは日販
    元々日本の流通はアマゾンに対して新書の取次は渋い
    煮え湯飲まされたのはむしろ紀伊国屋以外の本屋なんだけど
    [ 2015/08/27 16:03 ] [ 編集 ]
  185. 村山ハルヒ並に売れている本でないと通用しない手法だわな
    つまり、一般書籍は全滅
    [ 2015/08/27 16:05 ] [ 編集 ]
  186. 本で読むの否定し無いし、流通の過程で沢山の雇用も生まれてる
    理屈は解るけど実際に読者としては、その本が邪魔になるのも事実
    過去沢山の本を捨てて来た、今考えると勿体無い事をして来たなと思う
    PC成ら其れは無く成る、情報として保存すれば済むからね
    便利です
    [ 2015/08/27 16:07 ] [ 編集 ]
  187. 売れればいいけど売れなけりゃ在庫になるべや
    [ 2015/08/27 16:34 ] [ 編集 ]
  188. これで得するのは出版社だけじゃね?
    [ 2015/08/27 16:51 ] [ 編集 ]
  189. >紀伊國屋書店の独占販売ではなく、各書店などの協力によって、
    >注目の新刊書を書店に配本する新しいスキームになるそうです。

    どこまで信用できるかだね。

    委託販売ではなく、買取りだから返本しないのかね
    そりゃ村上春樹かそれ級じゃなきゃ出来ねえな~
    [ 2015/08/27 16:51 ] [ 編集 ]
  190. ※3
    それなw

    コメ欄にも大量にいるけど
    どこをどう勘違いしたら買占めが電子書籍への対抗策になるんだっての
    [ 2015/08/27 16:58 ] [ 編集 ]
  191. 消費者に不便を押し付けてどうすんだと。
    本屋で買う、ネットで買う、電子書籍で買う、といった選択肢があるのが利便性の高い社会だろ?
    [ 2015/08/27 17:18 ] [ 編集 ]
  192. 189
    これは流通を介さない直接買取だから返本は不可だし、各書店というのも出版流通イノベーションジャパンに参画してる書店にしか配本されない
    村上の初版だから出来た売名行為だと思うよ
    売れる物は直接買取、解らない物は流通なら、さすがに流通はキレると思うけどなあ
    [ 2015/08/27 17:22 ] [ 編集 ]
  193. 村上春樹?
    読む気がしないな
    [ 2015/08/27 17:23 ] [ 編集 ]
  194. 僕はアマゾンで買うね。
    普通の書店にない本が置いてあるんだ。
    これまでは三省堂まで買いに行ってたんだけどね。
    [ 2015/08/27 17:30 ] [ 編集 ]
  195. 時代の流れって怖いね
    俺も将来ホームレスにならなきゃいいけど
    [ 2015/08/27 18:06 ] [ 編集 ]
  196. そんな絶賛する手段かこれ?
    どっちみちこんなことができるのは超大型書店のみだろ、街の本屋はやっぱり瀕死だ
    自然淘汰だと言われるとどうしようもないが、紙の本好きとしては納得いかんよ

    まあ村上春樹よまんけど
    [ 2015/08/27 18:12 ] [ 編集 ]
  197. 大手の本屋に買い占められて
    町の小さな書店は結局しぬんじゃねぇかよ。
    [ 2015/08/27 18:22 ] [ 編集 ]
  198. 電子書籍とかおじさんには無理。
    やっぱり現物がないと不安だなぁ。

    紙媒体のあの独特のにおひとか好き。
    [ 2015/08/27 18:37 ] [ 編集 ]
  199. 大型スーパーと同じってかそれより酷い事じゃねえか。擁護してる人間の立場がよく分かるね。
    [ 2015/08/27 18:49 ] [ 編集 ]
  200. 日本はマンファをパクるのをやめなさい
    マンガの起源はマンファだということは世界の常識です
    歴史歪曲をやめ、村上春樹のように罪を認め頭を垂れなさい
    [ 2015/08/27 19:02 ] [ 編集 ]
  201. Amazonにやり返されるだけじゃね?
    資本で勝てるの?
    [ 2015/08/27 19:40 ] [ 編集 ]
  202. 反日やると儲かるから非難浴びない為の還元のつもりなんじゃない?しかし凄いね。反日って9万部自分で買い取って余裕なぐらい儲かるんだ。有名人がこぞって反日やる訳だよね。
    [ 2015/08/27 19:47 ] [ 編集 ]
  203. 村上春樹さんの小説好きだなぁ。

    それよりも、書籍、何でも読まないよりは、読んだ方が良いと思う。
    自分は、紙の本の方が好きだけど。
    とにかく、やり方は色々あると思う。
    [ 2015/08/27 19:49 ] [ 編集 ]
  204. 本屋だけでなく、色々な分野でアマゾンに脅かされているとはいうけどね
    でも、利用者側からすると便利すぎるよ
    [ 2015/08/27 19:58 ] [ 編集 ]
  205. ※201
    音楽業界と同じ沈み行く閉じた業界と市場だから相手にしないんじゃないかな
    Amazonの主戦場は電子書籍だよ
    [ 2015/08/27 20:07 ] [ 編集 ]
  206. 村上春樹(笑)
    [ 2015/08/27 20:28 ] [ 編集 ]
  207. 紀伊国屋が美味しいだけじゃね?
    その他書店にメリットあんの?
    どうせ中古に流れるのにさあ
    [ 2015/08/27 20:35 ] [ 編集 ]
  208. 意外と視覚って広いんだよね
    だから目についた本その時興味をひきつける
    本て必ずあるので、本屋は大好きだ
    うちの地元の大型書店は休日ともなるとレジに長蛇の列ができるから
    みんな本買ってると思ってんだけどねぇ
    [ 2015/08/27 20:39 ] [ 編集 ]
  209. これ海外のコメントでは賞賛してるけどさあ
    海外で同じ事やられたら本屋や地方の人間が暴動起こすだろ
    [ 2015/08/27 20:45 ] [ 編集 ]
  210. 他の本屋が暴走起こす・・ありえんよ、少なくとも普通の本屋は。超王手のライバル店なら怒るかもしれんが・・・。極わずかの本が入手困難になっても、ほとんど影響なんかない。そりゃ、何百冊もやられたらそうも言ってられんだろうが。この話題提供でネット販売していた人のうち何人かが、店頭で買ってくれるかもしれん・・書店の意義を再認識してもらうのに役立つ・・そういうメリットのほうが大きいだろう。
    [ 2015/08/27 21:00 ] [ 編集 ]
  211. 電子書籍は読み捨て小説系(1回しか読まない)だったらそれでもいいんじゃないの?
    私は本の装丁や頁をめくっていきながら、徐々に終わりに近づいていく感覚が好きだし、本当に好きな本は何度も読みたいからな~
    [ 2015/08/27 21:11 ] [ 編集 ]
  212. 一説によると9万冊取った残りの1万冊は宣材や返品交換の在庫分引いたら半分も残らないそうな
    初版が実質数千冊しか他の本屋へ配本されない事態を起こした紀伊国屋の行為は褒められるものじゃないし
    全国の読者&消費者に大義なんか関係ない
    [ 2015/08/27 21:20 ] [ 編集 ]
  213. 街の本屋もいいけどさ、マイナー作品や画集のような特殊なやつは発売日でも置いてなかったりする。

    本屋ハシゴして探すのも面白いんだけど、すぐ欲しい時はamazonになっちゃうなー。
    [ 2015/08/27 21:22 ] [ 編集 ]
  214. 村上春樹なあ…。あの人の信者って普通の本読む層とは別物だからモデルケースとして意味があるのかなあ?
    [ 2015/08/27 21:25 ] [ 編集 ]
  215. BOOKOFF御用達のオレにとっては紙媒体の書籍が市中にあふれる事は結構な事
    [ 2015/08/27 22:09 ] [ 編集 ]
  216. 鳩山春樹さん?
    [ 2015/08/27 22:27 ] [ 編集 ]
  217. それより毎週ジャンプを買い占めて本屋に配ったほうが効果はありそうだな。
    [ 2015/08/27 22:28 ] [ 編集 ]
  218. ※209
    なんで?
    紀伊國屋が契約破って購入分を渡さないのならともかく、払った金額の分は仕入れることができるじゃん
    地方の人だって、地元の本屋でも紀伊國屋のネット通販でも普通に買える
    暴動起こす要素がわからない

    紀伊國屋は売れ残りをどうするのかが気になるが・・・
    [ 2015/08/27 22:45 ] [ 編集 ]
  219. ネットショッピングか本屋かって話じゃないの??
    なんか電子ブックと印刷された本の話みたいに
    話す人いるね
    [ 2015/08/27 22:45 ] [ 編集 ]
  220. ※209
    記事読んでないだろ。
    ネット販売店に卸さないために、紀伊國屋が買い占めて全国の書店に卸すって話だ。
    地方の人がネットで買いにくくなるってのはあるが。
    [ 2015/08/27 23:10 ] [ 編集 ]
  221. 著名な作家や写真集など、間違いなく売れる書籍なら有効な手法かもしれないですけどねー
    書店のスペースには限りがあって、一月に出る書籍の殆どは店頭に置いてもらえてないじゃないですか
    [ 2015/08/27 23:14 ] [ 編集 ]
  222. あほくさw 火山の火口にジョウロで水かけてるようなもん
    返品が紀伊国屋へ来たら面白いのに
    [ 2015/08/27 23:18 ] [ 編集 ]
  223. ※218 バカかおまえ 海外の書店の話だ
    おまえみたいのが本読めるのかよwww
    [ 2015/08/27 23:20 ] [ 編集 ]
  224. 本好きからするとネット販売はありがたいがなぁ
    特に新刊とか、予約さえしておけば
    自分が忘れてても家まで送ってくれるし
    非常に助かる

    まぁこのやり方が主流になるとは思えないけど
    売り手の都合で不便を強要されてるようでなんか嫌だな
    [ 2015/08/28 00:02 ] [ 編集 ]
  225. まあ2度3度同じ事をやれば流通に反旗を翻されるだろ
    紀伊国屋のやった事は胴元になったのと同じ事なんだから
    [ 2015/08/28 00:28 ] [ 編集 ]
  226. それでもネットで買います
    [ 2015/08/28 01:05 ] [ 編集 ]
  227. ぶっちゃけデジタル書籍ほとんど売れてない。元手がほぼただだから廃れてないだけで、できてからそれなりにたつけど中々栄えない。
    [ 2015/08/28 06:52 ] [ 編集 ]
  228. これ、一般書店も買切り本扱いになるんじゃないの?
    返品できないとか怖すぎだろ
    [ 2015/08/28 10:56 ] [ 編集 ]
  229. 228
    結局はAmazonに対策するといいつつ周囲に買切りさせるのが目的だと思う
    [ 2015/08/28 11:03 ] [ 編集 ]
  230. 実店舗だろうとネット店舗だろうと
    品揃えが良くて選びやすくて直ぐに買えて安ければ(ポイント等)どこでもいい
    自分の環境だとそれがAmazonなだけ
    税金?そんなもん別にどうでもいい
    [ 2015/08/28 11:29 ] [ 編集 ]
  231. 村上春樹とか…
    どこがいいの、あんなのが。
    紙の本は大好きだけど、村上春樹とか又吉とかはイラネ。
    話題性だけで売るのやめないと、出版業界近い内に潰れるわ。
    [ 2015/08/28 12:48 ] [ 編集 ]
  232. 紀伊国屋が何処よりも安い値段でネット販売しらたアカンの?
    [ 2015/08/28 13:24 ] [ 編集 ]
  233. 電子書籍は、ビューワーが駄目だからな。
    ビュウーワーにデータベース機能付けるなどした上で、
    第三者の互換製品の参入を許すぐらいしないと、とてもとても。
    [ 2015/08/28 14:08 ] [ 編集 ]
  234. 229
    直接取引で流通を介してないから出版社と紀伊国屋の利益率が格段なのよな
    奇麗事で他店にも配本すると言ってるがそこを理解してない人が多い
    [ 2015/08/28 14:21 ] [ 編集 ]
  235. 電子書籍の話が出始めた頃、紙媒体より安くなるってのがメリットとしてあげられてたけど、安くなるどころか高いのまである。
    さらに、単行本しか出てない書籍はそれに合わせて値段も単行本並
    データとしては何の違いのないのに1500円で売りつけるとか馬鹿じゃねーの
    [ 2015/08/28 15:12 ] [ 編集 ]
  236. よくわからない・・・中間の流通を省いちゃったの?
    電子書籍とは関係ない話だよね?
    ネット販売店との競合の話だよね?
    [ 2015/08/28 18:26 ] [ 編集 ]
  237. 紀伊國屋書店ウェブストアでは売るんでしょ?
    [ 2015/08/28 19:26 ] [ 編集 ]
  238. とりあえず、独禁法とかいってるアホは、記事をあと10回読み直してこい。
    元記事へのコメも、ここのコメも、ちゃんと元記事で書かれてることの内容と意味が理解出来てないか、早とちりさん達が多すぎる…
    [ 2015/08/28 19:49 ] [ 編集 ]
  239. ※3
    これに尽きるな
    [ 2015/08/28 20:07 ] [ 編集 ]
  240. 電子書籍関係ねえよwww
    [ 2015/08/28 20:31 ] [ 編集 ]
  241. ネット書店のずっと俺のターン的進撃に対して
    追詰められた店舗書店が打った生存戦略?いや作戦かな
    買い切ることで本買占めが可能になったんだろう
    しかし代償として買った本は返本は出来ない
    それでもネット書店に品が行かないようにして
    これ以上のネット書店の進撃を止めたいと
    もう店舗書店は手段は選べないところまで来てるんだろう
    違う業種でもこういう仁義なき戦いが繰り広げられるだろう
    明日はわが身
    怖い
    [ 2015/08/28 21:05 ] [ 編集 ]
  242. 注文ボタンぽちーw
    [ 2015/08/28 22:49 ] [ 編集 ]
  243. 日本の書店は、売れ残った書籍は出版社が買い取るけど、これは違うと言う事なの?
    絶対に売れる本に、だけ、なのか?
    [ 2015/08/29 06:20 ] [ 編集 ]
  244. ネット販売(Amazon)と電子書籍(Kindle等)混同している。更に紀伊國屋が買い占めると云う話しでもない。
    ホント馬鹿が多過ぎる。
    もっと記事や映像の中身を理解してから投稿しろ。
    [ 2015/08/29 09:00 ] [ 編集 ]
  245.  
    初刷り10万部のうち9万部買い取り
    出版社は重版し放題なら特に意味無くないか
    重版に規制かけるために金払って、本が値上がりしてんなら邪道だけど
    稀覯本や初回特典が付いてる訳でもないし初版でなくちゃっていう理由ないよねマニア以外は
    それに小説じゃなくてエッセイ集みたいなのでしょ、鮮度は落ちてるし
    慌てて買うようなもんじゃない
    日販なんかの取り次ぎの代わりを紀伊國屋がやるだけ、他の書店には返本不可、買取りなんでしょどうせ、送料はどっちもち?すべての実在書店のためじゃなくて紀伊國屋書店のためだよね、ツタヤのレンタル独占と一緒

    [ 2015/08/29 11:32 ] [ 編集 ]
  246. 日本の旧来の本屋なんて誇りもくそもないじゃん
    新しいもの入荷して古いのは名著だろうとポイ
    良い本じゃなくて売りつけたい本ばっかり並べてる
    本好きとしてはamazonやブックオフのほうが助かってるわ
    こういう策には好感どころか逆の感情を覚える
    [ 2015/08/29 12:48 ] [ 編集 ]
  247.    
    皆出版業界にどんな幻想を持っているのか知らないけど出版業界は書籍を扱っているだけの「物流業界」なんだよ。
    街の本屋だろうが大手本屋だろうが、右から左へ商品を流して手数料を取る物流業界なんだ。

    本を扱っているからって神格化してないか?UPSや郵パックに対抗してヤマトがなんかしたって程度の話なのにw
    [ 2015/08/29 13:16 ] [ 編集 ]
  248. >>246
    そんなコメントでよく本好きと言えたもんだw
    [ 2015/08/29 13:30 ] [ 編集 ]
  249. この手の外国人が日本を、やたらホメている書き込み



    ウソだろうね

    この記事でわかった
    なんで外国在住がこの記事ほめんだよwwwwwwwwwwwwwww
    [ 2015/08/29 15:24 ] [ 編集 ]
  250. コメント書いて 外国の国名かいているだけだったのか
    [ 2015/08/29 15:25 ] [ 編集 ]
  251. 紀伊國屋書店が儲かるだけの話にしか思えないが....

    三省堂やジュンクへの営業妨害だろこれ
    [ 2015/08/29 15:35 ] [ 編集 ]
  252. ネット販売企業に本を卸させないよう、
    紀伊國屋が一括で買取って全国の書店
    からネット注文承りますって話

    でよろしいでしょうか?
    [ 2015/08/29 15:42 ] [ 編集 ]
  253. 反日村上春樹w
    [ 2015/08/29 20:07 ] [ 編集 ]
  254. むしろ電子書籍推進になるかもな
    町の本屋にはおいてない、ネット書店は売り切れ
    都会に行くのにいくらかかるんだ、もうDLでいいやー ってね

    文章主体の本はいいけど
    図版と型紙や実物大図案目当ての実用書だと電子書籍は…
    pdfみたいにさくっと印刷できないならゴミだね
    [ 2015/08/30 07:13 ] [ 編集 ]
  255. 紀伊國屋が仲介一次業者になるだけで、
    今まで仲介一次業者だったとこが仲介二次業者になる。
    今まで仲介一次業者から買ってた全国店舗が仲介二次通して買うことになる。

    え、何このシステム。
    紀伊國屋が仲介増やして利益上げてるだけじゃん。
    [ 2015/08/30 08:59 ] [ 編集 ]
  256. そもそも村上春樹とかハリーポッターとか売れるの確定してるようなのは、
    出版社側が足元見て元から買い取りだったじゃん。
    これ本当に紀伊國屋が権力使って利益構造に組み込もうとしてるだけだぞ。
    [ 2015/08/30 09:03 ] [ 編集 ]
  257. 紀伊国屋書店はネット販売で買ったり、店頭に寄れる機会があれば買ったりする。

    アマゾンは最後の手段。
    日本の珍しい保守本までそろえているからな。
    [ 2015/08/30 19:06 ] [ 編集 ]
  258.  
    やってること転売屋と同じだな
    買い占めて不当な利益を上げようとしてる
    [ 2015/08/30 23:08 ] [ 編集 ]
  259. ※258
    卸業なんだから不当な利益じゃないだろ
    [ 2015/09/05 21:59 ] [ 編集 ]
  260. そもそも再販制度やめりゃいいんだよ
    本もCDも自由競争でやれ
    再販制度で不必要な本を刷り続けて結局返本されてゴミになる
    これマジで環境破壊の何者でもないからな
    出版社はマジで再販制度やめろ
    [ 2015/09/06 00:34 ] [ 編集 ]
  261. >>260
    お前馬鹿だろ
    そんなことやったら漫画家が消えるぞ
    極端な話少年誌が軒並み消えてジャンプだけになって、ワンピースと銀魂と他人気作のみだけしか乗ってないようなペラッペラの雑誌一冊売られるだけだ
    そういうもんなんだよ
    [ 2015/09/11 11:04 ] [ 編集 ]
  262. ※260
    まったくもってそのとおり
    時代錯誤の再販制度なんかに頼ってきたからだめなんだよな
    [ 2015/09/20 07:44 ] [ 編集 ]
  263. なんでこの話に対電子書籍や紀伊國屋独占販売という反応があるのか
    [ 2015/10/16 01:44 ] [ 編集 ]
  264. 電子書籍対策じゃなくて、アマゾンなどのネット販売対策でしょ。

    しかし村上春樹はないわ。
    [ 2015/11/02 18:10 ] [ 編集 ]
  265. 家の近く本屋無い・・・
    10年位前は結構有ったけど淘汰された。

    紀伊国屋も全国にいっぱいあるわけじゃないしこういう事されたら読みたくても読めない・・・
    正直がっかりだよ。

    まぁ村上春樹はどうでもいいけど。
    [ 2015/12/28 19:08 ] [ 編集 ]
  266. 田舎の本屋なんて売れ筋の軽い本しか置いてないんだよ
    このやり方が拡がったら田舎者が迷惑する
    がんばれアマゾン
    [ 2015/12/28 19:52 ] [ 編集 ]
  267. 日用品ならこのやり方しても必ず売れるからいいけど、売れない本とかどうするんだよw
    上手くいけばいいけど、逆に自分で自分の首締める事になりそうだが
    [ 2016/03/02 07:23 ] [ 編集 ]
  268. あくまでリアル店舗の存在感を思い出してもらうための宣伝的手法でしょ。
    ネット販売や電子書籍のばあい店に行かなくてもいいし安売りもされるから勝負にならない部分が多い。
    もっとも本屋に行くとウキウキするから俺は両方利用するが。
    [ 2016/04/27 09:41 ] [ 編集 ]
  269. ※58
    日本には kindleより前から電子書店、電子図書館(青空文庫)や学術論文専門のデータベースがあったよ
    読書家層や研究者にはそれなりに定着してた
    だからkindle進出が遅れたんだよ

    kindleって後発の上にPC用アプリをなかなか配布しなかったり、あまり詳しくない人にkindle端末買わないと読めないと誤解させるような売り方して端末売りつけようとしたり、海外からの購入制限などが裏目に出て日本でのライトユーザー層への定着が遅れたんだよ

    何でも日本は保守的で海外の方が進んでると思ったら大間違い
    [ 2016/08/21 00:15 ] [ 編集 ]



  270. >紀伊國屋書店の独占販売ではなく、各書店などの協力によって、
    注目の新刊書を書店に配本する新しいスキームになるそうです。

    よく読んでww
    [ 2016/09/20 18:19 ] [ 編集 ]
  271. アマゾンは日本に税金払ってないって聞いてから出来るだけ他で買うようになったなあ、利用するときはするけどね
    [ 2016/09/20 18:20 ] [ 編集 ]
  272. 置き場所がないので電子書籍派だけど、
    電子化されてない本は書店で探す…が
    そういう本ってたいてい実店舗にも置いてないから
    結局、アマゾンなどで通販する事になる
    [ 2017/05/05 09:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング