FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本刀を超える刀はない」 CNNの日本刀を特集した記事が話題に

今回はCNNの「ブレードランナー:日本刀の強烈なまでの神秘性」という記事から。

記事はそのタイトル通り、CNN曰く「日本の精神」である日本刀に迫ったものです。

以下記事の概略

・徳川家康が日本刀を「侍の魂」と位置づけ、侍の献身性を芸術に昇華させた

・100口以上の刀が、影響力や早急な修復の必要性から国宝に認定されている
(第2次世界大戦下の紛失・焼失、その後の連合軍による接収も認定に拍車をかけた)

・日本刀に惹かれ、日本刀を販売する会社を立ち上げたカナダ人男性の物語

・神戸にお店を構える日本刀販売店店主の話
(近年は刀を輸送してくれない航空会社が増加している。
 また、日本の文部科学省が、国の宝が海外に流出しないよう、
 情報を提供するよう販売業者に要求している為、刀の輸送が難しくなっている。

・イギリスの空手王者であり刀剣の専門家でもある、ポール・マーティン氏の話
(輸送の問題から、中国製などの安い刀が台頭しつつある。
 が、すぐに日本刀の地位と需要が脅かされるということにはならないだろう。
 刀鍛冶は全員免許を持っており、製作数に制限もあるため、質が落ちる事はない。
 質に関してはばらつきがあるのは確かだが、伝統は強固である)


最後に、「日本国内外で、『侍の魂』を信奉する人々の数は増えている」
という言葉で記事は締められています。
フェイスブックのページでは、「40万ドル(約5千万円)以上払ってでも、
日本刀を購入してみたいですか?」と読者に質問が投げかけられており、
コメント欄には様々な回答が寄せられていました。

海外「日本刀スゲー!」 日本刀 VS マシンガンの映像に外国人衝撃

写真の太刀(13世紀)は、1992年に米オークションで約42万ドルで落札された
christies-samurai-sword.jpg




翻訳元



■ 買うだけのお金があれば俺も一口欲しいけどねぇ。 +1 アメリカ
  



■ もちろん俺は買う!
  ……日常で使わないものに注ぎ込めるだけのお金があれば……。 +4 カナダ
  



■ 40万か……買いだよな。ペソなら。 +1 国籍不明




■ 名刀がどこにあるのかアメリカ軍に訊いてごらん!
  戦後アメリカ軍は敵の武器は全て接収したから……。
  接収された日本刀の内の何口かは数百年前に作られたものだったり、
  値段が付けられないどこかの家宝だったりするんだ……。
  まぁ、軍の発表によると今では全部ないようだけど……。 +5 国籍不明




■ 昔は神聖なものとして捉えられていたのに……。
  今ではクールな小道具程度にしか見られてない。 +1 アメリカ




■ いくら高いサムライソードを持っていたとしても、
  重要なのは誰がそれを手に持つかなんだよ。 +3 タイ




■ 40万ドルってなると、買うかどうかはモノによるな。
  18世紀あたりに作られた逸品なら絶対欲しい。 +1 アメリカ
    



■ 俺は200万ドルまでなら日本刀にお金を出せる。 アメリカ




■ 刀に40万ドルも出せるなら、そのお金を寄付しましょうよ。 +1 南アフリカ




■ 僕がそれだけのお金を出せるのは家だけだ。
  家を買うときでさえ尻込みしたくらいなんだから。 アメリカ  




■ 結局のところ、日本刀は芸術作品だからね。
  もし「これこそ自分の分野」ってくらいに好きなら買うべき。 アメリカ




■ でもサムライって超クールだし、欲しいのは欲しいよな!!! アメリカ




■ 正直言って、完璧な日本刀には値段が付けられないよ。
  完璧なナイフにも同じことが言えるけど。
  俺は残りの人生を、その2つを見つけることに賭けたいと思ってる。
  完全にハマっちゃってるから……。 +1 アメリカ 




■ もしカタナに使えるお金があるならそりゃあ欲しいけどねぇ。 +6 国籍不明




■ あとで中国製だって判明しちゃった時には……。 アメリカ




■ お金があれば欲しい。
  ピカソの絵画を買うのと同じで、投資目的になるかな。
  長い目で見れば、お金を生んでくれるよ。 +2 アメリカ




■ 40万ドルって、ビーチ近くのどんなタイプのコンドミニアムだって買えるじゃん。
  それだけの大金を刀にだって??? 国籍不明



 
■ いや、むしろ何で買わないの?
  アンティークでしょ。時間とともに価値が上がるぞ。 カナダ  




■ これは前にどこかで読んだ話。
  「Tickle Me Elmo」ってぬいぐるみが発売された時に、
  姪のためにそれとフェラーリを交換した男がいたらしい。
  買えるだけの財力があって、欲しいと思える何かに出会えたなら、
  買わない理由がないよね。 アメリカ

 (アメリカで発売直後に人気に火が付き、入中困難となった。)
Tickle Me Elmo



■ サムライが日本を統治していた時代の物なのかな?
  それならいくらでも出したいと思える。 アメリカ 




■ 日本刀は他人の魂みたいなものだから気軽には買えない。 フィリピン




■ 本物のサムライがいた時代に作られた日本刀なら、
  同じ目方の金とまったく同じの価値がある。
  近代に作られた物でもかなり高いからね。 国籍不明




■ 400ドルで買えるなら間違いなく買うんだけどなぁ!! フィリピン




■ ニンジャみたいに銃弾を避けられるようになるなら買う! +3 南アフリカ




■ ランボルギーニ・アヴェンタドールと歴史ある日本刀。
  どちらも同じ40万ドル……。 アメリカ 

Aventador.jpg



■ 日本刀は日本の人たちにとっては国の財産なんだよ。
  だから神聖な日本刀に40万ドルっていうお金を出す人達がいる。
  どうしてこっちの人間はダイヤやルビーとかの宝石に40万ドル出せて、
  国宝級の、歴史的な逸品には出せないんだ。 +1 マレーシア




■ ふざけた質問しやがってからに。
  俺たちのほとんどは40万ドルの家すら買えねーよ。 +2 国籍不明




■ 俺の名前も「カタナ」だぜ! ケニア
 


 
■ カタナで戦うのって、銃を使うよりも技術がいるし、
  忍耐力も必要になってくるよね。 +8 アメリカ




■ 40万ドル級の日本刀は、大日本帝国の大将やセンゴクの大名が持っていたような、
  歴史的価値のある相当な逸品だろうね。 +6 アメリカ

ちなみに大正天皇が東郷平八郎に下賜された刀が「なんでも鑑定団」に登場した際、
  5000万円という鑑定結果(番組独自の見解に基づく)が出た)




■ 日本人にとっては凄く貴重で大切なモノなんだろうけど、
  他の国の人は持ってても何をすればいいんだって感じになるよね。 イスラエル




■ 買えるものなら買いたい。要はお金があれば。
  だって日本刀って格好良いなんてもんじゃないじゃん。
  しかも千年前に作られたような物まであるんだから。
  歴史のひとかけらを手にしてみたくない人なんているの? アメリカ




■ 日本刀は比較不可能な特別な存在。
  日本に行ったとき、「これを家に飾ることが出来れば」
  って思ってしまうような美術品はやっぱり日本刀だった。 コンゴ




■ アメリカにある日本刀は全部日本に返すべきだろ。
  第2次世界大戦中に日本から盗んだものなんだから。
  盗んだものは当然返さないといけない。 アメリカ



   ■ 全部が全部そうってわけじゃないよ。
     中には日本で立派な振る舞いをしたアメリカ兵たちがいて、
     それに感銘を受けた日本人から贈り物として貰った人もいる。
     俺のおじいちゃんがまさにそうなんだ。
     何年か前に盗まれちゃったけどね。 +1 アメリカ



■ もしそれが18世紀に作られた物ならぜひ買いたい!
  なぜって、世界に日本刀を超える刀はないんだから。 +50 アメリカ




■ はっきり言って日本刀は過大評価でしょう。 アメリカ



   ■ 日本刀が「世界最高の刀剣」という称号を戴いているのは、
     その鍛錬技術が認められていることはもちろん、
     当時の欧州と比べて、その技術が進んでたからなんだ。
     ロングソードは鎧もろとも敵の骨を砕くことが出来る。
     でも日本刀は肉や骨に引っかかることなく人体を斬ることが出来る。
     だから日本刀は「最高の刀剣」という評価なんだよ。 +1 台湾




   



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2015/07/23 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(330)




  1. ケニアすげーな。
    40万ドルと言えばジンバブエドル、廃止になったんだってね。
    [ 2015/07/23 23:04 ] [ 編集 ]
  2. アメさんよ。
    せめて東禅寺正宗だけは見つけてくれよ。
    [ 2015/07/23 23:07 ] [ 編集 ]
  3. ■ 俺の名前も「カタナ」だぜ! ケニア
    それはよかったな
    [ 2015/07/23 23:08 ] [ 編集 ]
  4. 時折俺も居合とかやってみたくなる時があるけど、
    基本的に家じゃ練習出来ないからなぁ。木刀でもね。
    [ 2015/07/23 23:11 ] [ 編集 ]
  5. アメリカが大量に略奪していったことを以外にも知っているアメリカ人がいるのか
    [ 2015/07/23 23:13 ] [ 編集 ]
  6. アメリカに行って武器屋さんをみたときは正直びっくりだったわw
    斧、日本刀、手裏剣とか普通に武器として売っている。
    いったい誰と戦うんだろうか?
    [ 2015/07/23 23:16 ] [ 編集 ]
  7. 手入れが出来ないなら買うな
    [ 2015/07/23 23:17 ] [ 編集 ]
  8. >名刀がどこにあるのかアメリカ軍に訊いてごらん!
    >戦後アメリカ軍は敵の武器は全て接収したから……。

    ところがどっこい
    大半のアメリカ人は日本刀に価値を見出さなかったんで
    金銀が使われた鞘のみを持ち帰って刀身は海に捨てちゃったんだってさ
    [ 2015/07/23 23:18 ] [ 編集 ]
  9. タイ、フィリピン、台湾さんたちは流石に良くわかってらしゃる。
    投資目的とかアンティークとか邪な目的で近づく者は
    刀の錆になるがよい。
    あとアメリカさん、感謝の印に頂いたのに盗まれンなよ~www
    [ 2015/07/23 23:18 ] [ 編集 ]
  10. アメリカに逝った刀の多くは錆びてそう…(´・ω・`)
    [ 2015/07/23 23:21 ] [ 編集 ]
  11. ※8 マジか・・・ ほんまヤンキーやなあ アメリカ人って
    蛮族かあいつらは
    [ 2015/07/23 23:24 ] [ 編集 ]
  12. アメリカが略奪した高価な刀ってどっから略奪したんだ?
    美術館か?富豪の家か?
    バカくさい

    戦場に打ち棄てられた安物の刀を持って帰っただけだろ
    [ 2015/07/23 23:25 ] [ 編集 ]
  13. 日本刀の実物は確かにかっこいい。しかし一部の外国人が熱狂的なのは侍映画やら漫画の影響なんだろうなとか思っちゃう。仮にククリナイフとかがものすげー武器だったとしてもそんな興味持たないっしょ。
    [ 2015/07/23 23:25 ] [ 編集 ]
  14. 戦争時の刀は大量生産の粗悪品がほとんどだからな
    ちゃんとした刀差してたのは将校くらい
    [ 2015/07/23 23:26 ] [ 編集 ]
  15. 軍刀はたいしたもんじゃないから返さなくていいぞ
    [ 2015/07/23 23:26 ] [ 編集 ]
  16. A「俺は40万ドルで刀を買ったな」
    B「良かったな」

    「ノ」ズバーッ
    [ 2015/07/23 23:28 ] [ 編集 ]
  17. 日本人からもらったって祖父の話…なんか疑ってしまうわ
    よっぽどのことじゃないと大事な刀をあげるなんてしないだろうからなあ
    戦争中にした孫に言えない行為を美化したんじゃないかって
    [ 2015/07/23 23:29 ] [ 編集 ]
  18. 過大評価と思ってもらって全然かまわない
    これ以上海外に散在させないでほしい
    [ 2015/07/23 23:30 ] [ 編集 ]
  19. GHQの将校に刀を譲る話は結構あるよ

    リベラルな若いニューディーラーが多く、日本の為に本気で尽くそうとした人らが結構いた
    高円宮と会談した人、日本の行政担当者と折衝した人たちなど
    歌舞伎に尽力した人ももらってたはず
    [ 2015/07/23 23:32 ] [ 編集 ]
  20. 例によって
    カタナもウりナラ起源ということにして
    世界中でウりまくってやる二(略
    ウェーッハシハ!
    < 丶 ` ∀ ´ >
    [ 2015/07/23 23:33 ] [ 編集 ]
  21. 高麗棒子の考えそうな名称は
    すべからく商標登録しておくアル
    ( `ハ´)
    [ 2015/07/23 23:34 ] [ 編集 ]
  22. GHQの中には美術愛好家や学者がいたしな
    そういう面でも親しく親交してる

    GHQ所属の生物学者が、昭和天皇の研究室を見学して大喜びした話なんてのもある
    [ 2015/07/23 23:37 ] [ 編集 ]
  23.  
    日本刀なんて10万円、20万円で買えるもんなのにお前ら外人はどんな名刀を想定してんだよ
    [ 2015/07/23 23:37 ] [ 編集 ]
  24. 日本国内なら安物は4000ドルで買えるんだよなぁ
    というか脇差ならネットオークションで十万円以下もざらだ
    [ 2015/07/23 23:37 ] [ 編集 ]
  25.   
    純チタンで作ったほうが伝統の日本刀より性能が優れているから、
    とくに素晴らしい技術と褒めちぎるほどのこともない。
    [ 2015/07/23 23:38 ] [ 編集 ]
  26. 朝鮮人と中国人って日本を下に見てるくせに日本を利用して金儲けしようとすんだよなあ
    プライドってものがないんだねあいつら
    [ 2015/07/23 23:41 ] [ 編集 ]
  27. チタンは無酸素で精製しなくちゃならない
    それを鉄の精製と一緒くたにするバカ
    [ 2015/07/23 23:41 ] [ 編集 ]
  28. 室町以前の鉄の精製法がわかってないのが
    それ以前と以後とじゃテクノロジー的に価値が違うしなあ

    秘伝だったんだろうな、
    [ 2015/07/23 23:43 ] [ 編集 ]
  29. 分不相応!
    [ 2015/07/23 23:44 ] [ 編集 ]
  30. 日本刀は長いこと日本の主要輸出品だったからな。
    19世紀以前では世界最強の刀剣と言っていいだろう。

    というか戦後もモンゴル人が日本刀最強って言ってる。
    「軽く当てて擦るように引くと人間の首が易々と飛ぶ」そうだ。
    [ 2015/07/23 23:47 ] [ 編集 ]
  31. 家の家宝として兼光と祐定が床の間に飾ってあるが、ガキの時は何だか怖くて近寄れなかった
    [ 2015/07/23 23:47 ] [ 編集 ]
  32. なんで18世紀の刀に固執するんだよw
    11世紀とか12世紀の刀の方が遥かにいいだろ
    [ 2015/07/23 23:54 ] [ 編集 ]
  33. 俺の高校時代の日本史教師がドデカい寺の住職の息子で
    寺宝の備前国長船長光を軍刀作りに拵え換えて出征したと言ってた。
    陸軍の九十九里浜の研究施設に配属になって結局戦地には行かず刀もそのまま寺宝に戻った。
    値段を聞いたら家一軒が買えるくらいと言ってたから、まあ5千万ってとこか。
    [ 2015/07/23 23:57 ] [ 編集 ]
  34. >蛮族かあいつらは

    そりゃそうでしょう。
    建国のプロセスを考えたら一目瞭然。

    [ 2015/07/23 23:58 ] [ 編集 ]
  35. アメリカの質屋に行ったら、日本刀だらけだった。
    中国製の偽物しか流通しないから、刀は持って来ないでくれと言っていた。

    eBayでJapanese swordを検索したら、ほぼChinaだな
    [ 2015/07/24 00:00 ] [ 編集 ]
  36. そんなに持ち上げられると不安になってくる…w
    [ 2015/07/24 00:04 ] [ 編集 ]
  37. 世界中どこにあっても日本刀は日本のものだとはっきりわかる。
    だから、保管や手入れに問題の無い人にだけ持っていてもらいたい。
    出来れば博物館とか。
    盗まれたとか言ってる人は論外。
    [ 2015/07/24 00:06 ] [ 編集 ]
  38. 日本刀は、量産品でも100万円
    大戦中に押収された刀は、装飾部分だけ外され捨てられた
    銘刀もあっただろうが、価値の判らない人間が手にすることほど勿体無いことはない
    [ 2015/07/24 00:07 ] [ 編集 ]
  39. ワイのじいちゃんは戦後仲良くなったアメリカ兵に軍刀あげちゃった見たい
    [ 2015/07/24 00:17 ] [ 編集 ]
  40. 死んだうちの爺さんが言っていた・・・
    戦争当時、御国の為に刀を寄付したらしい・・・
    爺さんの家は室町から続く古い家だったようだけど、大変な品だったらしい・・・(チョット怪しくも思うけど)
    御国の為になったのなら良かったと思うけど・・・
    この様な話は当時多かったと思う・・・中には今の国宝以上のものも有った筈と想像してみる。
    [ 2015/07/24 00:19 ] [ 編集 ]
  41. WW2のはサーベルじゃないの?
    [ 2015/07/24 00:19 ] [ 編集 ]
  42. 子供のころFF・サガとかプレーした時に、
    日本刀は、いつも後半に出るランクの高いものだった。
    当時は、何も知らなかったから
    「日本人が作っているから、日本刀のランクが高いんだろう」と
    思っていたけど、今なら納得できる。
    [ 2015/07/24 00:20 ] [ 編集 ]
  43. 日本刀は鑑識眼の無い素人が見ても美しいからな。俺も二百万円ぐらいの新しい刀を見せて貰ったが、全く恐怖心は起らず、ただ美しいと思った。前提の知識が無い俺でもそうなんだから、外国人が見ても本物はやはり魅入られる筈だろう。
    [ 2015/07/24 00:21 ] [ 編集 ]
  44. 日本刀職人は国が育成・継承機関作らないとダメだわな
    [ 2015/07/24 00:22 ] [ 編集 ]
  45. 我ながら日本刀職人ってw
    刀鍛冶だな
    [ 2015/07/24 00:24 ] [ 編集 ]
  46.      
    博物館に行くと見た瞬間に鳥肌が立つような刀がある。
    米軍は日本を占領した時、白兵戦での日本兵の軍刀使用の恐怖の記憶があって、かなりの日本刀を接収し焼いたり海に捨てたりしたらしいよな。ホントあいつらは分かってない。
    [ 2015/07/24 00:26 ] [ 編集 ]
  47. アメリカだけの話じゃないが海外に流通している日本刀の大半はシナ製の紛い物
    [ 2015/07/24 00:26 ] [ 編集 ]
  48. 業物には七つ胴なんて本当に何かが取り憑いてるんじゃないか?っていう切れ味の化け物もあったそうな。
    中国製の偽物には出来ない芸当だろうね。
    [ 2015/07/24 00:33 ] [ 編集 ]
  49. アメリカさんが持ち帰った殆どが軍刀だろうよ。
    銘のあるような刀は贈り物にしたり、売ったりしただろうが、
    只で持って行かれるようなバカな日本人はいなかったと思うね。
    [ 2015/07/24 00:36 ] [ 編集 ]
  50. ※25
    >純チタンで作ったほうが伝統の日本刀より性能が優れているから、
    >とくに素晴らしい技術と褒めちぎるほどのこともない。

    ばーか、チタンなんて硬度が低くて刃物にしたら全然切れねえよ
    刃物には刃物用の鋼材というものがある
    ZDP-189で刀作ったら日本刀を越えられるだろうな
    [ 2015/07/24 00:37 ] [ 編集 ]
  51. >■ ふざけた質問しやがってからに。
    >  俺たちのほとんどは40万ドルの家すら買えねーよ。 +2 国籍不明

    激しく同意!!! 
    [ 2015/07/24 00:44 ] [ 編集 ]
  52. 室町・鎌倉くらいの刀なら普通に売ってるけどな。
    中国人の作った日本刀? に何の価値があるのか全く理解できん。

    古いサムライと同じ時代を生きた刀だからこそかっこいいのに

    [ 2015/07/24 00:46 ] [ 編集 ]
  53. 現物が存在するのに素材の製法すら失われてわからないというロマン
    [ 2015/07/24 00:48 ] [ 編集 ]
  54. どうせ非常時とかいってとかされてゼロ戦になったんだろ
    [ 2015/07/24 00:51 ] [ 編集 ]
  55. あいつらは軍刀という鋳造量産品を見抜けるのか・・・
    [ 2015/07/24 00:52 ] [ 編集 ]
  56. ※30
    GHQの日本占領後に刀狩りが行われた地域もある
    最近でもその時に奪われるぐらいならと河の中に沈められた刀が発見されてる
    (錆びの塊と化しており、再刃等も不可能レベルでペンキで番号書かれてた)
    刀狩りの中で国宝・重文級の刀、寺社仏閣等の奉納刀、最後まで手放されずに残っていた
    家宝の刀等も接収、その後石油をかけて焼かれたのち海中投棄されてる
    時々家を改築等してたら刀が見つかった~なんてのはこの時期に隠されたケースがままある

    ※42
    軍刀拵えといって見た目はサーベルっぽいが中身は日本刀ってのがある
    大抵は量産品の安物だが、先祖伝来の名刀を携えて行った者もいた
    (そして多くがジャングルや海中で朽ち果てるか戦利品となっていった)
    [ 2015/07/24 00:54 ] [ 編集 ]
  57. 江戸時代は鞘や小物に螺鈿や金銀の細工をふんだんに散りばめた物が
    多いから外国人には人気あるんだよ
    [ 2015/07/24 00:56 ] [ 編集 ]
  58. アメリカ人が戦争時に持ち帰った刀は
    大半がケアできなくてサビだらけになっているんじゃ
    [ 2015/07/24 00:59 ] [ 編集 ]
  59. 本物の日本刀というか名刀ってことだと思うけど、
    魅入ってしまうからあんまり見つめちゃダメって言うよね。
    そういうのちょっと格好良い。
    [ 2015/07/24 01:00 ] [ 編集 ]
  60. うーん、別にシェア取れば良いっていう世界じゃないから、中国の安物が売れても何も関係ないよな。
    [ 2015/07/24 01:01 ] [ 編集 ]
  61. うちにも先祖伝来の日本刀があるわ
    ただし見た目はただの木刀
    元々はちゃんとした鞘があったらしいが、刀狩りがどうとかで見た目木刀になった
    婆ちゃんや曾婆ちゃんが亡くなったときは、通夜の間中、遺体の上に置いてたな
    [ 2015/07/24 01:04 ] [ 編集 ]
  62. ※57なんだが間違えた
    ※30宛てじゃなくて※12と※50だった
    マジすまん
    [ 2015/07/24 01:07 ] [ 編集 ]
  63. 返す必要はないよ 戦争ってそういうもん
    馬場美濃みたいなのは変わり者(嘘くさい気もするが)

    ただ大事に扱うのはマナーかな
    [ 2015/07/24 01:09 ] [ 編集 ]
  64. ところどころ18世紀の刀ならとかでてるけど
    18世紀なんて新刀もいいところ
    山ほどあるぞ安物なら4ケタドルで買える
    [ 2015/07/24 01:13 ] [ 編集 ]
  65. 火災やアメリカの刀狩?によって、焼失したり海に投げ捨てられたり。名刀と呼ばれるものや、国宝でも失われているものが多いのが残念ですが一本でも多く見つかって欲しいですね。
    [ 2015/07/24 01:20 ] [ 編集 ]
  66. ルビーやダイヤモンドの美しさには興味がないけど、
    刃物の美しさにはすごく惹かれる。

    カワイイ雑貨屋には興味ないけど、
    ホームセンターの工具売り場に萌える。

    女と男で興味の違いが良く出るジャンル
    [ 2015/07/24 01:21 ] [ 編集 ]
  67. >輸送の問題から、中国製などの安い刀が台頭しつつある。が

    一体何を言ってるんだw
    「中国製の富士山」とか、そんなん「富士山」じゃねーからw
    [ 2015/07/24 01:26 ] [ 編集 ]
  68. よく切れる板ばね刀売ってあげようか?
    [ 2015/07/24 01:28 ] [ 編集 ]
  69. 俺の家の刀は戦前に全部寄付してしまったらしい

    捏造ドラマと違って善意でな

    俺の爺さんは酒造の主で刀は全部寄付したし米を大量に寄付して感謝状貰ったし
    村人が何もないからって御神木切って寄付しようとしたのを「この戦争は負けるから辞めろ」って言って大バッシング受けて
    定期的に公安が訪ねてきて「嫌がらせとかされてないですか?」って心配されてたし

    まぁ色々あったみたいだがマスコミが取り上げるエピソードなんて「嫌だったのに~」とかほざいてるKYばっかだからな

    現在で例えたらコンビニの前でたむろしたり給食費払わない親みたいな当時のカスは簡単にマスコミの厳選とおるけど真逆の国士は絶対取り上げねーし
    [ 2015/07/24 01:30 ] [ 編集 ]
  70. ※31
    奇遇だな、ウチにも長船の長刀短刀の1組がいるわ
    お互い大切にしようず
    [ 2015/07/24 01:30 ] [ 編集 ]
  71. 安価で生産が容易な事も重要だと思うけどなあ
    日本刀なんて使いこなせる人間少なすぎでしょ
    [ 2015/07/24 01:32 ] [ 編集 ]
  72. うちにはないけど、ある家の人は大事にしてねー
    [ 2015/07/24 01:32 ] [ 編集 ]
  73. ※72
    あげく武器の性能差で負けるようでは話にならん
    元寇にせよ倭寇にせよ文禄・慶長の役にせよ、隊伍を組んだ槍兵が日本刀に散々に敗北するのは何度もあった
    それに、別段生産性に劣っていた訳でもないしな。戦国時代はそれこそ数打ちの刀が溢れていたし
    [ 2015/07/24 01:38 ] [ 編集 ]
  74. ※72
    使っても長持ちさせたいなら達人なみの腕がいるけど
    野太刀みたいに安物をブン回して使えない事もないぞ

    だが現代では安物を作る価値も残す価値も無い
    [ 2015/07/24 01:39 ] [ 編集 ]
  75. 敗戦したからって価値ある刀剣をおめおめ差し出すバカがいるとは思えない。どの家にあるかすら知らないアメ公が。
    おそらく奴らが持ち帰ったのは士官が持ってた軍刀だろう。
    [ 2015/07/24 01:39 ] [ 編集 ]
  76. 買うのは良いけど錆びさせないように手入れは確りしてくれ。

    あと終戦後に日本刀を盗んでいったGHQのアメリカ人は返しなさい。
    超有名な国宝まで盗んだままになっている。
    [ 2015/07/24 01:40 ] [ 編集 ]
  77. うちに兼定がある。コメントしてるほとんどの人が、所持してないでしょうね。
    年代のあるものは、人を斬ってるものでしょうね。
    秀吉の頃から(刀狩)、日本刀は武器兼、芸術品、恩賞となりました。
    現在は、よくわかってない或いは知ったかぶりのw外国人が、買い漁るようになりましたね。
    真剣の所持は、警察に報告はいりません。
    刀剣は、それぞれ登録されていますので。
    [ 2015/07/24 01:47 ] [ 編集 ]
  78. ※70
    酒造の主wwwwお前の話も大概ドラマだな
    爺さんそんな仕事なのに杜氏って言葉も知らないのかよwwwww
    [ 2015/07/24 01:49 ] [ 編集 ]
  79. >名刀がどこにあるのかアメリカ軍に訊いてごらん!
    >戦後アメリカ軍は敵の武器は全て接収したから……。

    赤羽刀って知らないのか?
    武器接収で赤羽に集められて、後に元の所有者に返されたんだが、所有者が判らない刀は、産地に返されたんだよ。
    [ 2015/07/24 01:51 ] [ 編集 ]
  80. ※25
    無知をドヤ顔で晒すことほど、傍目に恥ずかしいことはないんだなw
    純チタンで刃物ってクソワロタわw
    あのねボク、チタンは合金にしないと硬度も強度も出ないんよ
    純チタンは鋼に比べて寧ろ柔らかいから
    まあ熱伝導率が低かったり腐食しにくかったり人体にアレルギーを起こしにくかったりで、それはそれで利用価値があるものだけど、純チタンで刃物はないよ
    [ 2015/07/24 01:51 ] [ 編集 ]
  81. アメリカに行った刀はもう錆び錆びだろ。
    手入れしないと鉄だからダメなんじゃね。アメリカ最低だな。
    [ 2015/07/24 01:53 ] [ 編集 ]
  82. 現代のナイフ素材(ATS-34)とかで
    1mくらいの刃物造ったら、切れ味とか刀身の折れにくさで
    日本刀とどっちが高性能かな?
    [ 2015/07/24 01:58 ] [ 編集 ]
  83. 骨董品的な価値のない現代刀なら2000ドル(24万円)で買えるよ。
    [ 2015/07/24 02:11 ] [ 編集 ]
  84. 未だに軍刀が租税乱造されたものだと思ってる人居るんだね
    陸軍工廠で科学的に分析され生産されてたんだけどね
    津田助廣や井上真改(鬼平犯科帳の長谷川平蔵の愛刀)みたいな銘刀やそれこそ正宗まで切断したりして分析して作られてたんだよ
    目は兎も角、強度など日本刀としての性能は日本の歴史上最強なのが軍刀。
    [ 2015/07/24 02:13 ] [ 編集 ]
  85. 米6
    ゾンビかプレデターじゃねーの?
    [ 2015/07/24 02:14 ] [ 編集 ]
  86. >>83
    ぶっちゃけ刃物としての性能ならそこそこ良い物が出来る
    コールドスチール製の日本刀なんかがそう
    日本刀もどきとか言われてるが並の日本刀より性能いいよ
    完全に美術刀として作られた現代刀の中にはもの凄く脆い刀が多い
    見た目優先してろくに焼き戻しもしてないためだと思われるがいくら美術品とはいえ切れないどころか簡単に切っ先が飛ぶようなの刀と言えないからね。
    そんなのに比べたらわずか200~300ドル程度で頑丈な日本刀が買えるなら居合の練習用に欲しいけど残念ながら伝統工法で作られてない刀は日本では違法なんよ。
    [ 2015/07/24 02:21 ] [ 編集 ]
  87. 中国製の日本刀があるということにびっくり
    お金稼ぎの為なんだろうけどさ
    手間暇かけてちゃんと作ってあるの?
    伝統的な作り方じゃなくて適当に量産されてそうなイメージなんだけど
    安くてそれらしい形になってればいいって人が買うんだろうなぁ
    [ 2015/07/24 02:27 ] [ 編集 ]
  88. >>51
    ZDP-189で刀作ったら日本刀を越えられるだろうな

    粉末ダイス鋼なんかで日本刀作ったら簡単に折れるぞ
    [ 2015/07/24 02:32 ] [ 編集 ]
  89. ダマスカスももう製法がわからんのだよな

    素材の作り方としては玉鋼と同じようなもんだとは思うが

    今だに作ってれば日本刀とはまた違う伝統の頂が見えただろうに
    [ 2015/07/24 02:37 ] [ 編集 ]
  90. 南アフリカの寄付にわろたw
    他力本願かよ
    [ 2015/07/24 02:42 ] [ 編集 ]
  91. >>88
    上でも出てるけどナイフ鋼材とか一般的な鋼材使って製作されてるんで簡単に作れるんで量産刀として出回ってる
    有名なとこではアメリカ製のコールドスチールや台湾製のエンジェルソードとかが切れるんで人気
    当然伝統工法で作られてる訳ではないので刃紋とか鍛え肌なんかは出ないけどね。
    一部の製品は生産方法が違うらしく刃紋くらいは出てるらしいけど。
    [ 2015/07/24 02:43 ] [ 編集 ]
  92. >>90
    ダマスカスはアメリカ人と日本人のナイフマスターが世界で二人だけ製造に成功してる
    [ 2015/07/24 02:45 ] [ 編集 ]
  93. >>80
    赤羽刀は返還はされたがその後がグダグダ
    日刀保の地下倉庫で放置されてさびさびになってた
    それで未登録の赤羽刀700振りがあるというので警察の手入れ喰らった
    しかし実際に調べてみたら600振りしか無かったそうだ
    何故かというと日刀保の内部の人間が刀剣商と結託して赤羽刀を使い贋作作りしてた為
    それで一度は日刀保は財団法人格剥奪されてる
    あそこは完全に腐敗してる
    [ 2015/07/24 02:51 ] [ 編集 ]
  94. 関係ないんだけど、40万ドルあるなら寄付……って、そりゃ違うんだよね。刀を買おうが買うまいが、40万ドルは存在していて、それがA地点からB地点に移っただけなんだよね。刀はB地点からA地点に。で、もっと前は、別の場所からA地点に40万ドルが移動してきたわけで、その流れの中に「寄付された」というタイミングもあったりなかったりするわけだけど、ほとんどの場面では寄付ではなく等価の物との交換(購入)になっていないと、40万ドルの価値自体が無意味になり、結果、寄付にも意味がなくなる。世界中のお金が貧乏なところに集まり、その金は「寄付」にしか使えないから、何も買えない。価値ある物との交換が許されないから、金だけがぐるぐる回ることになる。集まったら他が貧乏になるから、次はそっちに寄付。それは何の意味もない。40万ドルで刀を買うから、寄付にも意味が出てくるわけで。「そんな金があるなら寄付」ではなく、「そんな金があるなら使いなさい」と言うべき。まあ、どうでもいいけど。
    [ 2015/07/24 03:19 ] [ 編集 ]
  95. 岐阜、関の抜刀練習刀をアマで2万弱で購入しましたが、いいですよ。
    拵えは最低クラスの本物で、エイ皮巻き柄、鞘もいいかんじ。
    刀身は亜鉛じゃないので、ちゃんとふれます。おれません。
    浅草仲見世とか日光江戸村なんかのとは違います。練習刀だから。
    総重量は2キロ弱あって、腰にさすと「オー!」って感じ。
    刃とぎしたい衝動にかられるのが玉にきず。
    [ 2015/07/24 03:35 ] [ 編集 ]
  96. アメリカ最低だな
    [ 2015/07/24 03:56 ] [ 編集 ]
  97. ■ 刀に40万ドルも出せるなら、そのお金を寄付しましょうよ。  南アフリカ

    お前らの募金金待ってるぜ!
    [ 2015/07/24 03:58 ] [ 編集 ]
  98. アメリカとイギリスには結構あるんだよね、準国宝級の名刀
    前に大英博物館の目録見たことあるけど
    美術館の主役張れる日本美術品はかなり死蔵されてて
    その中に日本刀もけっこうな数あったよ

    戦時中の金属供出&占領軍の武器没収で
    個人所有の名刀の多くが失われてしまった
    無事だったのは寺社や寺に納められていたものと
    国宝指定されていたもの、個人所有でかなり内密に
    隠されていたものなんかだね
    [ 2015/07/24 04:05 ] [ 編集 ]
  99. 捕虜になって終戦の為、日本本土で解放されたオーストラリア兵が書いた著書「あっぱれ 日本兵」(成山書房)を読むと面白い。収容所からいきなり解放されても迎えがすぐに来る訳でもない。仲間と街中をブラブラしてたら土産に日本刀を手に入れようということになって、金持ちそうな家に押しかけ「カタナ、カタナ」って騒いだらニコニコしながら老人が差し出してくれたっていう一節があったな。
    [ 2015/07/24 04:12 ] [ 編集 ]
  100. ブロードソードでも使ってろ
    [ 2015/07/24 04:49 ] [ 編集 ]
  101. 戦時中の日本は刀も供出させて鋳溶かしちゃったからな
    数振り有ったんだから1本ぐらい隠しておけよって思った
    今は巻いていた鮫革しか残ってない
    [ 2015/07/24 04:54 ] [ 編集 ]
  102. 家の蔵にも刀があって70年代くらいに10万くらいで曾祖父が売っちゃったらしいけど、今の円の価値なら結構いい物だっただろうな…
    [ 2015/07/24 05:09 ] [ 編集 ]
  103. 中国製の日本刀もどきはろくに斬れないすぐ曲がるで全く使えない
    一見、日本刀に見える型をしているだけ

    以前に中華ヘルメットの耐久性のあまりの低さが話題になってたがあれと似たようなもの
    [ 2015/07/24 05:11 ] [ 編集 ]
  104. 古いやつなら中国に沢山有ると思うけど、鎌倉幕府は貨幣制度を作るのに銭が必要だったから沢山の刀を中国に輸出してる、多分単位は百万振り以上
    [ 2015/07/24 05:19 ] [ 編集 ]
  105. 現代美術の落書きが数十億とかするんだから日本刀は格安だろ
    [ 2015/07/24 05:37 ] [ 編集 ]
  106. ※105
    実際に無いじゃん
    [ 2015/07/24 05:39 ] [ 編集 ]
  107. ■ 刀に40万ドルも出せるなら、そのお金を寄付しましょうよ。 +1 南アフリカ




    あんたらに貢ぐくらいなら鈍刀でも40万$で買う方がよっぽどましだ。
    [ 2015/07/24 06:37 ] [ 編集 ]
  108. 野太刀厨
    ■ 俺の名前も「カタナ」だぜ! ケニア

    なるほど。なんつーか、生きてて久々に意表を突かれたわ
    [ 2015/07/24 06:45 ] [ 編集 ]
  109. そして現代
    日本刀は腐女子の萌え対象となった


    日本のゆがみのなさったら…
    [ 2015/07/24 06:55 ] [ 編集 ]
  110. 刀に40万ドルも出せるなら、そのお金を寄付しましょうよ。 +1 南アフリカ
    ワロタw もう寄付金体質全開ねw
    [ 2015/07/24 06:57 ] [ 編集 ]
  111. 最後の台湾ちゃんの話は割と説得力あるな。斧と剣の違いって言ってるようなもんだわ。
    そういや直刀だけど台湾もおもしろい宝剣残ってるんだよね。中華剣の流れなんでちょっと細身だけど。名前が難しくて忘れたw
    [ 2015/07/24 07:07 ] [ 編集 ]
  112. 精神性を考えるなら・・持つ資格のある人が、どれだけ居ることになるのだろうな?

     日本でもサムライは滅んだというのに・・・   (^^;)
    [ 2015/07/24 07:15 ] [ 編集 ]
  113. おい、SUZUKIのカタナはどこだ。おい
    [ 2015/07/24 07:16 ] [ 編集 ]
  114. ググってみると、確かにケニア近辺には「Katana」って人がけっこういるみたいだね。スワヒリ系の姓なのかバンツー系の姓なのかまではちょっとわからんかった。
    [ 2015/07/24 07:22 ] [ 編集 ]
  115. 俺の股間のブレイブソードが黙っちゃいないぜ!

    誰だっ! チキンナイフなんて言ったやつは!  (T_T)
    [ 2015/07/24 07:22 ] [ 編集 ]
  116. 神聖視しすぎ。古い刀は価値があるのは当然だけど。
    [ 2015/07/24 07:22 ] [ 編集 ]
  117. 破魔弓・破魔矢と同様に名刀には邪気を祓う力があるんだよー
    [ 2015/07/24 07:26 ] [ 編集 ]
  118. >日本刀は他人の魂みたいなものだから気軽には買えない。フィリピン

    禿同
    [ 2015/07/24 07:33 ] [ 編集 ]
  119. ※107
    彼奴刀の扱いなんて知らないから直ぐにボロボロにされてお終いwww
    [ 2015/07/24 07:52 ] [ 編集 ]
  120. 本物のダマスカス鋼なら余裕で超えるだろ
    [ 2015/07/24 08:33 ] [ 編集 ]
  121. 歴史マニアのオトンから聞いたんやけど、実用的に作られてるのは平安時代末期(源平の頃)で、戦国時代は鉄砲や槍に取って代わったりして、その後は装飾性が強くなったみたいなんだそうで・・・
    私は実用美に価値を見いだすので、平安時代くらいの刀が美しいなあ、と思います。
    愛媛に、弁慶や巴御前が奉納した刀や薙刀が展示されてる博物館があるんだけど、ここは燃える(萌え、ではない)
    [ 2015/07/24 09:11 ] [ 編集 ]
  122. ※8
    乱獲して脂だけ抜き取ってポイポイ捨ててた鯨さんを彷彿とさせるエピソードだわ…

    戦中もおそらく鍋やらと一緒に回収されたりしたのもあるんだろうな
    戦後は進駐軍にだけど金目の物目的よりも、実際は反逆されないように武器回収したんだろうなぁ
    だがしかし日本人は竹槍の練習をしていたのであった
    貰われていった中なら地元民からも盗品博物館と名高い大英博物館所蔵のが保存状態良さそう
    [ 2015/07/24 09:15 ] [ 編集 ]
  123. 接収して、鍔のみ金もの物だとして持ち帰り
    刀身は海に投げ捨ててたんだよ。

    歴史の無い国って、物の価値がわからないから最悪だよな
    という事が良くわかる事例だ。
    [ 2015/07/24 09:15 ] [ 編集 ]
  124. 5000万円で落札されたのが鎌倉時代か。一億でもいいと思うが。
    [ 2015/07/24 09:16 ] [ 編集 ]
  125. こないだのヒストリアの土方歳三の刀の話はめちゃめちゃよかった…
    もう再放送も終わってるけど観る機会があったら絶対見てほしい

    ※113
    例えば災害救助に全力を尽くす人、技術を研鑽して世界一の道具を作る人…現代にだっていくらでも自分の道を貫く侍はいる
    [ 2015/07/24 09:28 ] [ 編集 ]
  126. 国民は身の丈のあった文化を持っているもんだぜ。

    日本人に見合った日本刀を外国人がもっても似合わない。
    日本の家屋や庭園をもって、初めて身の丈にあう。
    普通の外国人には、必勝ハチマキが身の丈だろう。

    朝鮮人なら、ハングル語が最も身の丈にあっているし適材適所の見本や。
    他の国々では 罵詈雑言をこの国のようには使いこなせない。
    [ 2015/07/24 09:29 ] [ 編集 ]
  127. ※125
    たぶん無名だけど鎌倉時代の出来の良い太刀だと思う。
    備前あたりの刀工作なら0が一つ増えたあたりからオークションスタート
    個人が持つってより博物館とかに収蔵されるレベルになる。
    [ 2015/07/24 09:29 ] [ 編集 ]
  128. ※81もちろん大切にしてるで
    手入れの仕方とかはまだまだ勉強中だけど
    [ 2015/07/24 09:32 ] [ 編集 ]
  129. ※89
    いやZDP-189は硬いだけじゃなくて靭性も優れてるよ
    ステンレス鋼だけあって錆にも強いしね
    ZDP-189はおおよそ考えられる中でも最も刀向きの性能を持ってる
    [ 2015/07/24 09:43 ] [ 編集 ]
  130. 今、某ゲーム効果で奈良の元刀鍛冶屋さんが国宝モデルのペーパーナイフを制作したよ。
    ちゃんと刀の形してるから、欲しいならそれで我慢しな。
    本物は危ないし、廃刀令以前の刀を国外に流出させられるわけないだろ
    [ 2015/07/24 10:00 ] [ 編集 ]
  131. 18世紀のアメリカで似たような物って言うと、ピースメイカーくらいかな。
    [ 2015/07/24 10:16 ] [ 編集 ]
  132. 高すぎて庶民にカタナははるかカナタのものだな
    [ 2015/07/24 10:26 ] [ 編集 ]
  133. ダマスカスって世界で2人だけしか作れないの?おかしいな、うちにそれの鋏のカタログあるんだけど。日本刀の製造法も鋏業者に受け継がれている。どちらの製法ももの凄く切れるよ。お高いけど10万くらいから買えるし、切れ味知りたければ鋏を買えばいい。
    [ 2015/07/24 10:29 ] [ 編集 ]
  134. 日本刀は実用品じゃなくて美術品になっちゃったからな
    40万ドルの刀があっても不思議じゃない
    [ 2015/07/24 10:36 ] [ 編集 ]
  135. ピンキリだけど、日本刀一振り乗用車一台の金額と言われているからな。
    持っていところで役に立つものでもなく、洞爺湖と書かれた木刀を迷惑にならないところで振り回しているほうが現実的だと思うけどな。
    [ 2015/07/24 10:39 ] [ 編集 ]
  136.  
     1000年以上前からあるから歴史や伝統は長い
    [ 2015/07/24 10:44 ] [ 編集 ]
  137. 家宝の刀戦場に持って行く馬鹿もそういない。確かに士官の刀は自前で家伝の刀を持って行った人もいるが。
    [ 2015/07/24 10:45 ] [ 編集 ]
  138. かつては日本の刃物と双璧だったドイツのナイフメーカー「ゾーリンゲン」も、関市に工場を建てて高級包丁、高級ナイフを和包丁や日本刀の技術を用いて日本人の手によって製造しゾーリンゲンブランドで世界に売り出している。
    [ 2015/07/24 10:47 ] [ 編集 ]
  139. ※134
    本来のダマスカス鋼てのはもうとうの昔に技術が失われて生成することはでき無い。
    現在、ダマスカスとして売られている製品は、本来のダマスカス鋼を分析し(或いはテキトウに見た目だけを真似て)製錬した全く別の素材を「ダマスカス」というネーミングで販売している。
    [ 2015/07/24 10:48 ] [ 編集 ]
  140. 500年前のものと鑑定された一振りが実家にあるけど‥
    無銘だし刀身見ても正直パッとしない
    武器としての凄みがない
    博物館にあるようなものとは全然違う
    (比べるのも酷だろうが)
    拵えは鑑定した人によると「きちんと高級な素材を使ってる」とのことだったが‥
    他にもあっためぼしいものは、ひいひい爺さんが質に入れてみんな呑んじまったらしいから、売れ残りなんだろな


    まぁそれもヨシw

    [ 2015/07/24 11:24 ] [ 編集 ]
  141. 個人的には鎌倉期の平作りの相州伝の短刀が最高だな

    うちで使ってる三本鍬爺さんがガキだったころ金銭的に厳しかった時代に畑を始めるといって蔵にあった刀を野鍛冶に渡してつくらせたものらしい
    銘もわからんしどうせ新刀だったんだろうが
    今考えると他にいくらでも鋼材は有ったのになんであれ使ったのかなぁ
    と言ってた
    刀がただの鉄の棒扱いの時代だった模様
    [ 2015/07/24 11:46 ] [ 編集 ]
  142. >俺の股間のブレイブソードが黙っちゃいないぜ!

    俺のは含み針クラスだぜ!ランス級の鈍器に憧れるぜ!
    [ 2015/07/24 11:56 ] [ 編集 ]
  143. うちの母方の祖母の家は京都の刀鍛冶の家で皇居にも収めていたらしいが、戦争と跡継ぎがおらず消えてしまった。
    [ 2015/07/24 12:23 ] [ 編集 ]
  144. ※141
    ツカに値打ちあり なんて聞いたことがある
    調べてみれば
    [ 2015/07/24 12:26 ] [ 編集 ]
  145. ※68
    >>輸送の問題から、中国製などの安い刀が台頭しつつある。が
    >
    >一体何を言ってるんだw
    >「中国製の富士山」とか、そんなん「富士山」じゃねーからw

    中国産の台湾バナナ、なんてのもあるんだぜw
    品種は台湾バナナだが中国産、という。

    ただ、中国製のカタナなら、KatanaではなくせめてWodao(倭刀)と呼んでほしいなぁと思う。
    (まぁ、歴史的には、「倭刀」の中には日本製の刀も含まれては居るけれど)
    恐らく、日本刀と見た目が似てるだけで、製法や材料は全然違う。

    そういや、ゲーム「鬼哭街」の主人公・孔濤羅(コン・タオロー)の得物も、外見は日本刀だけど、作中では倭刀と呼ばれていたらしいが。
    中国製の脆そうな刀使いながら活躍できるタオローさんマジ手練れ。
    [ 2015/07/24 12:27 ] [ 編集 ]
  146. >今、某ゲーム効果で奈良の元刀鍛冶屋さんが国宝モデルのペーパーナイフを制作したよ。

    国宝の太刀、三日月宗近を生み出した三条宗近の流れを汲む刀工さんが奈良に移って残っているらしいね。住所調べたら三条通りの近くだったwどんだけ三条好きなんだ。
    [ 2015/07/24 12:40 ] [ 編集 ]
  147. ※122
    >歴史マニアのオトンから聞いたんやけど、実用的に作られてるのは平安時代末期(源平の頃)で、

    これは様々な説の中の一つなので、自分でも色々調べてみる事をお勧めする。
    一般的には、日本刀の頂点は鎌倉時代という事になっている。
    平安時代は、鋼の質こそ良いだろうけれど、形状としては刀身ではなく柄に反りがある形で、まだまだ使い勝手は発展途上。

    尤も、「実用性」と一口に言っても、時代における戦法の変化によって刀も形状を合理的に変化させているので、平安、南北朝、室町、戦国、どの時代の合戦で使われた刀も、その時代では最も実用的な形状だという事も出来る。

    ただ、刀の形状とは別に、時代の変遷によって刀工の腕や鋼の質も変わっているので、そういう意味では時代が下るにつれて実用性が低下している。

    ・末古刀:室町末期以降~安土桃山時代の刀。鍛刀技術が比較的衰えたとされる。一方で、意外に実用本位だとする説もある。

    ・新刀:戦国末期以降の刀。鉄鋼の量産技術の発達と共に鉄質自体が刀材に不向きになって来た。

    ・新々刀:幕末以降の刀。鋼の量産性と質の低下がさらに加速。現代の刀の製法はこの時代の技法が基本。


    >戦国時代は鉄砲や槍に取って代わったりして、

    刀は戦国時代でも槍や鉄砲にとって代わられる事はないって説もある。
    かつて、鈴木眞哉という人物が2000年代に、当時の合戦の記録における矢傷槍傷刀傷の数から、当時の合戦の「メイン武器」を「類推」し、「戦場では刀があまり使われなかった」って説を出して、これが歴史マニアに広まっちゃったけど、当時の合戦の記録(合戦を目撃した宣教師の記録など)から、その説を否定する記録も見つかっている。
    そちらの説では、両軍の間合いによって武器は使い分けられるもので、合戦で段々と両軍の距離が狭まり、最終的には刀の出番になる、という。また、戦国時代でも「お貸し刀」という量産刀が足軽なんかに貸し与えられていた訳で、刀の需要は合戦でもまだまだ健在だった。


    >その後は装飾性が強くなったみたいなんだそうで・・・

    まぁ、美術品として大名の間で贈答やら下賜やらが為される刀が平安時代より増えているのは確かだと思う。
    特に江戸も元禄期以降になると、武士の権威の低下や町人文化の発達で、優しげな姿の、いかにも町人好みの刀が増えたりしたそうで。


    >私は実用美に価値を見いだすので、平安時代くらいの刀が美しいなあ、と思います。

    ただ、平安時代クラスの刀は個人での入手が極めて困難なのが残念。
    手ごろな価格の現代刀で、恐らく実用性が最もあるのは、評判を聞く限りは藤安将平刀匠の刀じゃないかなぁ、と思ったり。
    恐らく、古刀を研究する存命の現代刀工の中では最も古刀に近づいた刀工のうちの一人。
    鉄パイプをぶった斬った名刀「蓮 鉄管斬将平」の作者。

    実用刀が150万くらいで、美術性が付加されたものが300万くらいだったか。


    ・・長文失礼
    [ 2015/07/24 12:54 ] [ 編集 ]
  148. うちに兼定がある

    和泉の守兼定? 家は京都か会津か あんたの家は公家さん
    名門の家やな やんごとなきお方やな
    新撰組の副長 土方歳三が持ってた刀と同じ
    [ 2015/07/24 12:54 ] [ 編集 ]
  149. 外国人「KATANA」
    日本人「日本刀」

    外国人「SAKE」
    日本人「日本酒」

    ・・・何故なのか?

    日本特有の文化にワザワザ「日本」って付けるのが凄く気持ち悪い
    [ 2015/07/24 12:57 ] [ 編集 ]
  150. 三日月宗近は誰が呼んだか天下五剣の中では最もふつくしいと謳われる太刀。あと10cm長ければ大太刀に分類されるのな。号もふつくしいな。美女丸みたいな優男が似合いそう
    [ 2015/07/24 13:01 ] [ 編集 ]
  151. 一口、二口じゃなくて一振り、二振りだろ
    既に誰か指摘してるだろうけど
    [ 2015/07/24 13:08 ] [ 編集 ]
  152. ※149
    いやいや、兼定といってもいろんな兼定があるだろ。
    兼定は確か12代目くらいまでいたはず。
    [ 2015/07/24 13:12 ] [ 編集 ]
  153. ※152
    「口」で「フリ」って読むんやで…
    美術館とかだけと「一口」と表記されているが、読めない人も多いので最近は「振」とも書く。
    [ 2015/07/24 13:15 ] [ 編集 ]
  154. 銘は言わばただのサインなのでその刀工が鍛えたものなら全てそう呼ぶ。つまり量産型ザクのようにワラワラある。シャアザクのような通常の三倍みたいな一品には号が付いてたりする(スペックは知らん。風評が通常の三倍って意味)。童子切とか三日月とか。無論、御物や国法や重文指定されてる天下五剣には全て号がある。豆な
    [ 2015/07/24 13:19 ] [ 編集 ]
  155. ※134
    ダマスカス鋼は南インド産のウーツ鋼こと。
    坩堝を用いて精錬した鋼(るつぼ鋼)。
    るつぼの中に炭素量の低い錬鉄と浸炭鋼(鋼や鋳鉄)を入れて溶融し、良質な鋼をつくり出すもの。
    さらにインド産鉄鉱石にはバナジウムや希土類が含まれており、鋼にカーボンナノチューブが見られ、さらに性能が上がっていたらしい。
    ヨーロッパでも中世にウルフバートなどがあったが、この製法を完全に確立して広めたのは、18世紀のイギリスの時計職人ベンジャミン・ハンツマンで、19世紀にベッセマー法が確立されるまで良質な鋼の唯一の大量生産方法だった。
    [ 2015/07/24 13:24 ] [ 編集 ]
  156. 一方本国ではその日本刀を擬人化して遊んでるのであった・・・・




    美術館来場者が増えたりして有り難いんだけどね
    なんだか不思議な気分
    [ 2015/07/24 13:32 ] [ 編集 ]
  157. 和包丁なんかにも、私がつくりました的に名前が彫ってあったりするだろ。
    あれが銘だな。安綱とか宗近とか。シャネルみたいなもんだな。固有名刺は号と呼ぶな。
    [ 2015/07/24 13:33 ] [ 編集 ]
  158. 管理人さんへ

    日本に自信と誇りを!~海外が称賛するニッポン
    ttps://www.youtube.com/channel/UCUfcOVpPoI1By5eWzlwUAnw/featured

    こんなチャンネルを見つけたのですがあなたのアカウントでしょうか?
    一応報告させていただきますが、余計な事でしたら申し訳ございません。
    [ 2015/07/24 13:48 ] [ 編集 ]
  159. 米110
    ネタにしたのはエロゲ会社だがなw
    おかげで焼失したとされていた刀が焼身ながら形をとどめていたことが公表されたり、
    アメリカに戦後巻き上げられて海中に遺棄されたとされる刀まで擬人化したもんで、今になって若もんの憎悪をがあっちに向いたり、
    功罪いろいろだ
    [ 2015/07/24 13:56 ] [ 編集 ]
  160. ※155
    >無論、御物や国法や重文指定されてる天下五剣には全て号がある

    新刀、新々刀、昭和刀、現代刀と、時代が下るごとに、号やら異名やらがつけられる名物刀がどんどん少なくなるのが残念。

    新刀だと、虎徹や助広の刀(浦島虎徹や天帝助広など)を初め、まだ名物がちょいちょいあるけど、幕末の新々刀だと、源清麿の刀で「一期一腰」がある他は、新々刀の祖・水心子正秀の刀で「夢ノ間」の異名を持つ刀があるって話を聞くくらい。

    明治以降の新々刀だと、村田刀で「小銃兼正」の銘が彫られてるやつが、まぁ、一種の号みたいなもんか。
    あと、江戸時代の刀だけど明治に名付けられた刀で、東京市参事会長の星亨を斬った「星亨斬り」や、西南戦争で警察中隊長の山田某を人馬ともに切り倒した「馬切り正房」なんてのが・・。

    昭和刀だと、ほぼ聞かない。
    伝統的な製法の物でなければ、軍刀修理班の加古伍長が作ったスプリング刀「兗洲虎徹」なんてのがあるが・・。

    現代刀では、居合道家の町井勲氏が名物刀を量産してるw
    鉄パイプ斬った「鉄管斬将平」、厚さ0.4mmの鉄板を斬った「鉄板斬将平」、居合い千本斬りギネスで韓国から首位の座を奪還した「日本誉(ひのもとほまれ)繁久」とか、色々と成し遂げるごとにその時の刀に名前を付けてるので、割と期待している。

    三島由紀夫の介錯刀である関孫六兼元(というか後代の田代源一郎兼元(江戸時代))辺り、なんか名前付けられても良さそうなんだけどなぁ。
    [ 2015/07/24 14:06 ] [ 編集 ]
  161. いい働きしたアメリカ兵に刀を贈るなんてばかいないよだれも。
    米兵の日本戦での戦利品が頭蓋骨と軍刀だから。
    死体から剥ぎ取ったものでしょう。捕虜になるものはほとんどいなかったから。
    [ 2015/07/24 14:06 ] [ 編集 ]
  162. 傲慢だな
    日本人が買わないで暴落してるのに
    [ 2015/07/24 14:11 ] [ 編集 ]
  163. 細かい事だが、一口って何?一口って。
    刀の数え方は「振り」で数える。
    [ 2015/07/24 14:15 ] [ 編集 ]
  164. 名無し
    中国製の刀位なら板バネが有れば俺だって作れる
    [ 2015/07/24 14:24 ] [ 編集 ]
  165. タイ人と台湾人は解っている
    [ 2015/07/24 14:36 ] [ 編集 ]
  166. たかが武器なのに、
    芸術品にまで昇華したのは日本刀のすごいところ。
    造形が美しい。
    [ 2015/07/24 14:38 ] [ 編集 ]
  167. ※55
    航空機の主材料はアルミ合金では...

    ※56
    ばね鋼は連続鋳造から圧延かけるから鋳造品か
    軍の注文受けて鍛冶屋が作った鍛造品もあったようだ
    機械式ハンマーで叩いた戦時仕様の数打ち品だけど
    士官だと家伝の一振りを軍刀拵えにしたケースもよく聞くね
    [ 2015/07/24 14:53 ] [ 編集 ]
  168. 戦後アメリカに接収された刀の中には、名のある武士の刀や名刀も結構あったようで、かなりの数が廃棄されたって話だけど、せめてどこかの博物館にでも置いてほしかった…。
    今も何振りかは外国にあるみたいだけど、もう現存してくれてればそれでいいわ。接収するなら安い軍刀だけにしてほしかったorz
    [ 2015/07/24 15:01 ] [ 編集 ]
  169. ※56

    >あいつらは軍刀という鋳造量産品を見抜けるのか・・・

    軍刀は鋳造じゃないし
    「あいつら」とかわらんレベルだな
    [ 2015/07/24 15:07 ] [ 編集 ]
  170. 単一素材で本物の日本刀を凌ぐものが出来るのかな?
    ※81
    医療で体内に埋め込むのに使うのはチタン合金だよ。

    [ 2015/07/24 15:07 ] [ 編集 ]
  171. *79 造り酒屋の主と杜氏は別物なんだが・・・・
    オーナーと製造請負人
    [ 2015/07/24 15:28 ] [ 編集 ]
  172. ※25
    純チタンは粘りはあるけど硬度が無いから、刃物用のマテリアルには不向きだよ。
    現代のナイフでも、磁気を帯びちゃいけないとか特殊な理由が無い限り、チタンがマテリアルに選ばれる事は少ない。
    [ 2015/07/24 16:07 ] [ 編集 ]
  173. 熱湯浴系まとめサイトでここ一番ひどいね。
    熱湯浴ってこんな偏向翻訳見て喜んでんの?w
    [ 2015/07/24 16:09 ] [ 編集 ]
  174. 反日cnnにしては珍しい企画だと思ったが、
    如何にもネガティブなリアクションを引き寄せそうな質問は
    そこはかとなくの下衆っぷりだな

    あとアメリカ、お前らには見せてない部分が沢山あるんだよ
    日本刀にしてもな 
    お前らが知ってるのが全てだと勘違いするなよ?
    [ 2015/07/24 16:12 ] [ 編集 ]
  175.  美術品オークションの世界でも刀剣のカテゴリがあるけど、西洋の刀剣が主にきらびやかな装飾で高い値打ちが付けられるのに対し、日本刀は刀身そのものが価値ある芸術品と見なされる稀有な存在。
     一振りの刀を仕上げるのに刀鍛冶、研ぎ師、鞘師、柄巻き師、鍔師といった専門技能を持つ職人関わるという点では、総合芸術と言っても良いと思う。
    実用性としての機能性を徹底的に突き詰めたら、結果芸術品になってしまったというのが日本刀に対する評価だろうね。
     軍刀は粗製乱造されたものも多いけど、村田刀みたいに当時最新の冶金技術が投入された結果、業物の真刀を凌ぐ性能を持つにいたった代物も存在する。試し切りで豚の頭骨を一刀両断して刃こぼれ一つなかったと言われてる。
     現代の最先端の冶金技術を投入した新世代日本刀なんてのも見てみたいけど、法的に難しいだろうな。
    [ 2015/07/24 16:27 ] [ 編集 ]
  176. アメリカの方がサビなさそう。湿度的に。
    [ 2015/07/24 16:54 ] [ 編集 ]
  177. クールな小道具に見てるのが外国人だけだろ…
    サムライソードでも買ってろよ
    [ 2015/07/24 17:12 ] [ 編集 ]
  178. >※176
    日本では法的に難しいなら、いっそ腕のある刀鍛冶の方にアメリカに工房を構えてみたもらったらどうだろうとか思っちゃうよね。
    法律の規制のないところで自由に創意工夫してみる、と。
    [ 2015/07/24 17:14 ] [ 編集 ]
  179. 前にもこのサイトで投稿したが、うちも戦国時代から家に伝えられてきた刀(当時の戦で随分使われた物だが、特に業物だったとは聞いていない)を、敗戦時の駐留軍の命令に素直に従って差し出して、それっきりだよ。下級武士の家柄だけどね。
    当時の日本人というのは、上意下達というか、上からの命令は絶対であるという素直な性質があった。
    だから日本全国から数万本もの刀が集められ、残念なことにその多くは海の藻屑と化してしまった。これだけをとっても文化的に米国の風に染まってはならないことがわかるが、それは今はさておいて、当時はそういうものだったのだよ。
    少なくとも武士の家系の多くはそういう素直で素朴な気風だったんだろうと思うよ。父も母もそれぞれ別の下級武士の家系だけど、かなり違いはあってもいずれもそこは共通しているしね。
    [ 2015/07/24 17:28 ] [ 編集 ]
  180. ※50のように、
    > アメリカさんが持ち帰った殆どが軍刀だろうよ。
    > 銘のあるような刀は贈り物にしたり、売ったりしただろうが、
    > 只で持って行かれるようなバカな日本人はいなかったと思うね。

    こういう、なんというか、勘定高いというのか、こすっからいというのか、そういう感想を抱く奴がいるのが今の日本なんだなあ。「バカ」扱いか。
    町人しかご先祖様にいなかったのなら、まあ分かるけどね。
    敗戦後も、特攻隊の死を犬死であるかのように見做す風潮があって、特攻隊の遺族の方々は辛い思いをなさったと聞くけれど、心無いと思うねえ。
    [ 2015/07/24 17:35 ] [ 編集 ]
  181. 日本刀は人斬り刀としては優れたものではあるけど万能ではないし過大評価されすぎな面がある
    日本で生まれて日本の戦場や日常に特化して進化した日本刀と、
    外国の大小の刀剣と強度や破壊力の比較で優劣を論じるのはあまり意味が無い

    刀はあくまで単なる武器であり道具でしかない
    もちろん日本人にとっての文化的精神的価値は変わることはないけど

    中国や韓国製の自称日本刀(韓国刀)を何度か見たことがあるがとても雑
    そもそも玉鋼でなかったり、鋳造だったり、細工も研ぎも雑だったり
    全体的な作りや、持ち手部分の色のチョイスがおかしかったり
    変な飾り、象嵌が施されていたり
    鎧も同じ、ああいう雑で安っぽいのが日本刀、日本の鎧として蔓延するのはいかがなものかと思う
    しかし、管理もまともに出来ずに錆びさせたり朽ちさせたりする外国人には中国製韓国製でちょうどいいと思う

    あと近代以前に中国韓国に輸出された日本刀や鎧は一部残って骨董になっていたり
    博物館に展示されているけどどれも管理がいい加減でボロボロで錆だらけで見るに堪えない事になっている
    [ 2015/07/24 17:38 ] [ 編集 ]
  182. ※182
    贋物、紛い物が流通していることを是とするようじゃいけない。
    そういう精神はご先祖様が最も嫌ったものだ。
    刀という物ではなく精神を受け継ぐことこそが大切なんだよ。
    武士という身分はもう無くなったが、日本人として、武士をご先祖様に持つのであれば、そこは決して見失っちゃいけないところだ。
    [ 2015/07/24 17:47 ] [ 編集 ]
  183. 一方、オレはGSX-400Sを40万で買った
    [ 2015/07/24 17:54 ] [ 編集 ]
  184. ※182
    基本的に海外の骨董の武具は錆びだらけだぜw
    かの有名なダマスカス剣もみんな錆び錆び。
    ヨーロッパの博物館で何故か日本刀だけビカビカに手入れされてたりしてちょっとおかしいwww

    今は日本の刀剣づくりはかなり厳しく規制されてるけど、輸出用くらい規制緩和してくれたらいいのになぁ。どうせだったら若手職人の練習台で輸出も出来りゃ一挙両得。
    [ 2015/07/24 18:21 ] [ 編集 ]
  185. ※185
    今の刀剣技術は文化保存の色合いが強いから、
    下手に規制を緩めて参入を許すと、利益重視でそこそこ手を抜いた代物が散々に出回るから、
    みるみる質が落ちるだろうね。
    [ 2015/07/24 18:37 ] [ 編集 ]
  186. 戦争中、日本の兵士は自分の家の代々伝わってきた刀を持って行っていた人も多い

    そして日本から刀を奪い、金の装飾だけ取り刀を海に棄てるアメリカ人

    どれだけ素晴らしい刀がこの世から消えた事か……

    [ 2015/07/24 19:18 ] [ 編集 ]
  187. ※186
    海外はそもそも規制ほぼないから玉石混合。国内はそもそも規格通りの日本刀しか海外から入れられなくて日本刀以外の刀剣が輸入も製造も出来ない。輸出オンリーで刀剣(日本刀以外も含む)の製造認めても国内の日本刀の質は上がりこそすれ落ちないよ。海外も元から玉石混合だから全体としてはほぼ影響がない。実はすでに包丁やナイフでは海外ブランドの日本製ものが結構増えてる。
    [ 2015/07/24 19:18 ] [ 編集 ]
  188. ※182
    >日本刀は人斬り刀としては優れたものではあるけど万能ではないし過大評価されすぎな面がある

    むしろ過大評価の反動で過小評価されすぎな傾向もあるよ。
    合戦では刀は使われなかった槍がメインだーとか西洋のロングソードに比べて簡単に折れるとか、刀関係の記事で目立つ話。

    あと、言葉遊びっぽくなっちゃうかもしれないけど、五輪書の中では、刀は「ある意味」万能武器扱いだったりする。
    接近戦特化の脇差、間合いが詰まると利が少なくなる槍に比べて、おおかたの場所で利がある、と言う意味で万能性があると。
    勿論、万能=最強、という意味ではない。
    刀は、刀を振るうのに丁度いい間合いで活躍できるのに加えて、その他にも多くの局面で役に立つけど、特定の局面に特化した武器があるなら結局そっちの方が有利、という話。
    [ 2015/07/24 19:57 ] [ 編集 ]
  189. >■ サムライが日本を統治していた時代の物なのかな?
    >  それならいくらでも出したいと思える。 アメリカ 

    そんな時代はねーよ。
    [ 2015/07/24 20:01 ] [ 編集 ]
  190. 「基地外に刃物」の糞メリケン野郎どもはすっこんでろや!
    [ 2015/07/24 20:13 ] [ 編集 ]
  191. >俺の名前も「カタナ」だぜ! ケニア
    お前、苗字はスズキだろ?
    [ 2015/07/24 20:15 ] [ 編集 ]
  192. 家のような地方都市でも終戦直後にGHQが来て、刀や鉄砲を持ってる家から没収していったという話が残ってる。
    隠していた家は、戦後も残っているようだが。
    [ 2015/07/24 20:17 ] [ 編集 ]
  193. そりゃ刀つったら他はセイリュウ刀とかしかないしな。

    あと打ち刀とロングソード比べるにわかは喋んなよ。打ち刀はあくまで平時の鎧着てない相手が対象、戦場こしらえはもうちょっと長かったり重かったりする。一例として清に輸出してたのは刃渡り120cm~150cm重さ3~4kgとバスタードソードと比べてもそん色ない物だったり白兵戦用に長巻とか使われてたからな。
    [ 2015/07/24 20:25 ] [ 編集 ]
  194. 前テレビで弾丸斬った達人がいたなぁ。あれ外国人に見せたらどんあ反応するんだろ。
    [ 2015/07/24 20:51 ] [ 編集 ]
  195. なんで刀っていや平安からなんだろうね。古墳時代とか刀作ってるのにね。飛鳥時代の想像絵が中国みたいになってるが、実物で出てきてる飛鳥初期から少し前あたりのは「みずら髪型」なのが分かっている。男はみずら部分に大量のアクセサリーを付けてる。勿論首飾りも。GHQが持ち去った古墳の大王剣たちは、もはや超越してる。
    かつての豪族は剣も書物も技術も奪われ、大まかの歴史は平安からになってるんだな。ただ鍛治師には渡来じゃなく古代豪族一派はいる様だね。
    [ 2015/07/24 20:57 ] [ 編集 ]
  196. 日本刀は神秘じゃなくて工学なんだよなぁ
    [ 2015/07/24 21:06 ] [ 編集 ]
  197. フッ・・ 俺の股間のブレイブソードに比べれば、どんな名刀も形無しだな・・  

      命を奪う剣でなく、与える剣の味を味わうが良いわっ!  (美女限定)
    [ 2015/07/24 21:11 ] [ 編集 ]
  198. なんだっけ、何かで昔外国の猛者どもがほっそい日本刀見てあんなチャチな剣で何ができると笑ってたら、片っ端から首跳ねられ仰天したってあったな。
    [ 2015/07/24 21:52 ] [ 編集 ]
  199. ※199
    そのみっともないカッターナイフはしまっとけ
    [ 2015/07/24 22:01 ] [ 編集 ]
  200. ※197
    銅剣とか朝鮮半島経由の物を模倣して作ったものだけど
    日本刀は中国の鉄製の直剣を模倣した太刀に湾曲を加えたり様々な工夫をしたものだと思う

    銅剣の時代にも鉄剣はもちろんあったし知っていたけど加工技術がなかった
    加工の技術にめどが付いたから銅剣が廃れただけだと思うよ
    [ 2015/07/24 22:06 ] [ 編集 ]
  201. ※198
    自然の対義語が文明だと思ってるアホはすっこんでろ
    工学の神秘を語るには全く足りない
    [ 2015/07/24 22:16 ] [ 編集 ]
  202. 朝鮮半島経由で伝わったかもしれないけど
    発展させたのは日本人ですよ 和紙もね
    [ 2015/07/24 22:37 ] [ 編集 ]
  203. >202
    違いますね、古墳の剣は鉄剣です。鉄と銅は日本では一気に入る。縄文は黒曜石やサヌカイトなどの鉄の様に硬い石です。
    現日本刀に見える刀も半島ですってか新羅経由ですよ。むしろ半島人が上におり、日本人が技術で頑張ってる時代ですからね平安は。
    [ 2015/07/24 22:38 ] [ 編集 ]
  204. 朝鮮刀とか聴いた事ないけど
    [ 2015/07/24 22:42 ] [ 編集 ]
  205. 結局 中国も韓国も伝統技術は残ってないはず
    [ 2015/07/24 22:48 ] [ 編集 ]
  206. 南大門の修復でバレタよね
    [ 2015/07/24 22:52 ] [ 編集 ]
  207. 大陸と違い、良質な鉄鉱石が採れなかったから
    妥協の産物として作らざるを得なかったのでは・・・?
    [ 2015/07/24 22:55 ] [ 編集 ]
  208. 日本人が昔から自然災害対策してたの知らないの?
    [ 2015/07/24 22:57 ] [ 編集 ]
  209. 日本人が他国から技術を吸収して発展させる能力があるって事
    [ 2015/07/24 23:02 ] [ 編集 ]
  210. 上から目線じゃ一生無理
    [ 2015/07/24 23:03 ] [ 編集 ]
  211. >209
    その時代、半島からも鉄を頂戴してますよ日本はね。金はモロいので装飾以外には用いられなかったんですが、百済人が大量に東日本を占拠し、金を唐に渡してる。
    [ 2015/07/24 23:06 ] [ 編集 ]
  212. いちいち ケチ付けないで
    日本はしっかり伝統文化を継承してる職人がいる
    [ 2015/07/24 23:14 ] [ 編集 ]
  213. 某国に日本の宮大工の様な職人がいるの?
    [ 2015/07/24 23:19 ] [ 編集 ]
  214. 大陸も日本刀の発祥ではないよ。
    ユーラシア大陸で曲刀流行ったのもモンゴル騎兵由来だし大体片手剣。中国刀は鉈みたいな片手剣だし、日本刀みたいな両手・片手の両方可能で騎馬・徒歩兼用で突き切り両用で鋼鉄使用した片刃曲刀は日本発祥。
    刀剣とか金属器使用まで遡ったら三大文明とかになるんだろうが、もうそこまで言うなら棒使い始めたサルまで遡ればいいよw
    [ 2015/07/24 23:22 ] [ 編集 ]
  215. 百済人が大量に東日本を占拠しって?
    日本が職人を大切にしてたからだろ
    自分の国じゃ力を発揮出来なかったから逃げてきただけ
    [ 2015/07/24 23:28 ] [ 編集 ]
  216. 五千年とか4千年の歴史があっても(韓・中)
    現代に技術を残さないとね
    [ 2015/07/24 23:34 ] [ 編集 ]
  217. オシャレな建物造っても欠陥じゃ意味無いよ
     
    [ 2015/07/24 23:37 ] [ 編集 ]
  218. 日本刀は日本人が創った刀でいいだろ?
    [ 2015/07/24 23:40 ] [ 編集 ]
  219. コメにサウラビな人が来てるしw
    懐かしき騎馬民族征服説の人とも言う
    [ 2015/07/24 23:43 ] [ 編集 ]
  220. 本物はふざけた人に売ってくれないよ
    [ 2015/07/24 23:43 ] [ 編集 ]
  221. 持ってると
    癖になるんだよな
    自分のアソコみたいに
    柄をぎゅっと握って
    「にほんの一番長い日」
    の阿南惟幾陸軍大臣みたいにね
    [ 2015/07/24 23:48 ] [ 編集 ]
  222. 今誰かが・・・
    「手入れ」云々って※入れて居たケド
    コレ凄く大事。刀って鉄製だから手入れ
    デキなきゃスグにサビだらけに成る
    と思う。闇雲に欲しがるモノでは無い。
    [ 2015/07/24 23:51 ] [ 編集 ]
  223. 日本で職人は尊敬されますよ
    [ 2015/07/24 23:51 ] [ 編集 ]
  224. 日本刀の起源は韓国ニダ。だから日本刀ではなく韓国刀と言うべきニダ。
    韓国人が倭人に作り方を教えてやったニダ。ウリは世界一優秀な民族ニダ。
    [ 2015/07/24 23:54 ] [ 編集 ]
  225. 日本人でも真剣はなかなか持てないんじゃないかな~
    銃刀法違反で捕まる
    [ 2015/07/25 00:00 ] [ 編集 ]
  226. Tickle Me Elmoってひょっとしてお尻にカセットテープ入れるとしゃべる奴?
    昔持ってたんだが、今でもフェラーリと交換できるかな?
    [ 2015/07/25 00:20 ] [ 編集 ]
  227. ※228
    普通に刀買うなり貰うなりして警察に申請するだけでしょ。免許のいる猟銃よりかなり簡単。単に日常生活で使わないから一般家庭にはあまりないだけだよ。ただし外国産の対人用のでかい刃物は美術品でも所持禁止。性能如何に関わらず伝統的な作刀をされてない軍刀も問答無用でぶつ切り処分。でも鉈やマグロ包丁は普通に使うなら許可も何もいらないw
    [ 2015/07/25 00:36 ] [ 編集 ]
  228. >217
    関東東北の殆どのトップは渡来人の将軍です。蝦夷征伐の目的は鉱山。原住民を働かせ金を摂取、遣唐の為の資金です。稀に大判や物部などが頑張ってるようですが、物部氏は言わばゲームの幻水の主人公の如く地道な存在、確固とした大武士団は築いてるようですが。圧政の支配で上に立ってる連中は渡来糸目。あなたの地元を調べてみてはどうかな。全て分かる話ですが。足利氏は源氏ではないしね。
    [ 2015/07/25 00:38 ] [ 編集 ]
  229. 関東東北の殆どのトップ
    渡来人の将軍

    だれかこのサウラビの言葉を理解できる人いる?
    [ 2015/07/25 00:52 ] [ 編集 ]
  230. >233
    信じたくない気持ちは分かるが、本当の話ですよ。サウラビも半島語なんでしょ?だって侍って職は彼らが作ったんだ。サムライなんて呼ばない方が良い。ついでに日本に白丁って名の身分も作ってる。さて、あなたは信じられるかい?本当の日本を。幸いなのは京都でしか浸透せず、元の人々(日本系武士)が嫌がったことだ。
    [ 2015/07/25 01:03 ] [ 編集 ]
  231. だって侍って職は彼らが作ったんだ
    ついでに日本に白丁って名の身分も作ってる
    幸いなのは京都でしか浸透せず、元の人々(日本系武士)が嫌がったことだ

    マジで誰か解説お願いしますw
    [ 2015/07/25 01:14 ] [ 編集 ]
  232. 外国で日本のものが人気になるとストーカーが出てくるからな。食材をハサミで切るストーカーがな
    [ 2015/07/25 01:15 ] [ 編集 ]
  233. >235
    サムライとは、初めは荘園制度や渡来貴族を恨みから襲おうとする連中から守る盾として作られた職で、隼人が始まりです。蒙古襲来の南宋軍が非人道的にさせられた盾役ですよ。
    本来天皇をお守りするのは、日本語として「お供させていただきやす」と残ってる「伴」が初めであり、大伴氏(おおとも)がそれです。大伴氏は古代大豪族であり、あらたな役職の貴族お守り隊なんかじゃありません。彼ら一族も(一部?)後々被差別に落とされています。
    [ 2015/07/25 01:40 ] [ 編集 ]
  234. 日本刀の話題になった時誰一人刃を研げる人がいないのになぜか偉そうにうんちくを語る。
    西洋の炭素鋼でも合金鋼でもうまく研げばよく切れる。昔は西洋にも町ごとに優秀は鍛冶屋がいた。今は大量生産品しかない。

    研ぐ能力が究極になった時にはじめて優れた刃物が必要になる。
    [ 2015/07/25 01:49 ] [ 編集 ]
  235. 渡来人は半島にも行ったってだけだよw元は両方中国からだしそんなの言い出したらみんなアフリカから来たwww

    縄文時代終盤に日本に来た新モンゴロイドは稲作等の生産性の高さで増えた程度で古モンゴロイドの男系も普通に残ってるからなぁ。関東は人の往来多いからともかく東北は新モンゴロイド比率少ないよ。侍は「さぶらう」からだな。

    侍は外国と交流の少ない平安時代後期から出てくるから渡来人とかちょっと意味わかんないっすねw日本列島に来て何千年たっても渡来人ならもうみんなアフリカ人でいいwww
    [ 2015/07/25 01:50 ] [ 編集 ]
  236. >(※アメリカで発売直後に人気に火が付き、入中困難となった。)

    ここでwww
    [ 2015/07/25 02:05 ] [ 編集 ]
  237. >日本列島に来て何千年たっても渡来人ならもうみんなアフリカ人でいいwww

    まずこの文章で土着ではないですよね。
    日本人ならかつての日本の豪族の行方や、土着民に何かあった過去が分かれば悲しい物です。あなたは糸目遺伝子しか入ってないんですか?土着、又は両者が入ってたら、そんな感想にはなりませんよね。
    [ 2015/07/25 02:17 ] [ 編集 ]
  238. やっぱ外国の古い剣ってテンションあがるもんだよなあ。
    と言ってみる西洋ファンタジー厨約一名。
    [ 2015/07/25 02:22 ] [ 編集 ]
  239. 渡来貴族に対する恨みってなんだよw
    朝鮮半島南部って古墳時代には既にヤマト王権支配化だろ
    その半島に進出していたヤマト系(百済貴族)を日本に亡命させたわけで

    サウラビを否定しないところといい被差別なんて言葉といい
    渡来帰化人にシンパシーを抱く典型的なあちら系かな
    半島南部において新羅系は被支配階層であり渡来帰化人は支配階層
    だから渡来帰化人と君らは無関係ですよ
    残念
    [ 2015/07/25 02:23 ] [ 編集 ]
  240. 何故18世紀にこだわるのかな。
    13世紀の刀の方がいいと思うんだけど。
    [ 2015/07/25 02:36 ] [ 編集 ]
  241. >243
    お前畿内から外れた地域の人だよね、ヤマト系(百済貴族)とか言ってるのは
    百済人は初め長野あたりにおり、物部氏や蘇我氏が権力失うと難波や大和に、それから滋賀と京都側の河内へ、そして京都府に移住します。長野と滋賀と大和の一部は相変わらず沢山いるもよう。
    大和人なんてとんでもない、顔が全然ちがう事に気付かないバカ。古墳時代を見ても能面が出来るファッションじゃないね。似合わない。勾玉も持たない「みずら」も天皇の命でしぶしぶ続けた様な連中が、みずらを利用し日湯同祖論を連呼しますw
    [ 2015/07/25 03:02 ] [ 編集 ]
  242. あれ、朝鮮半島南部のヤマト系(百済貴族)とか
    朝鮮半島南部がヤマト王権支配下だったことを否定しないの?するの?
    容姿みたいに一代で変わるレベルの遺伝よりそこ重要だよ

    Y染色体dnaレベルの話でもするんなら耳を傾けなきゃだけどさ
    ファッションが似合う似合わないとか妄想で語り出しちゃ価値なしだよ
    まあY染色体dnaとかやっちゃ自論が否定されちゃうからできないか

    しかしやっぱりサウラビだけは否定しないのは立ち位置わかりやすくていいw
    [ 2015/07/25 03:38 ] [ 編集 ]
  243. >246
    百済の坂上はO3と推測されてるがなw
    サウラビをやたら気にしてるが、日本でもサウラビと書かれてるんだよ。これはマジで。
    百済は日本と性質が最も似ていない、ただ悶着起こして人質に取ってたに過ぎない。日本が土地をあげた事になってるが、取られただけかもしれない。半島にあった日本の土地は相当百済に取られてるからな。とにかく百済の民衆は殆どが韓人で、百済貴族は扶余と言ってるが濊じゃないのかな。高句麗が残忍だと百済を滅茶苦茶嫌ってるよね。お前が百済の庶民でも民族的に関係ないんでは。
    [ 2015/07/25 04:34 ] [ 編集 ]
  244.  
    ただ単に見た目が好きだって人は現代の安物でも良いし、模造刀だって満足なんじゃないか?
    俺の家にも模造刀があるけど十分かっこいいぞ。
    [ 2015/07/25 04:56 ] [ 編集 ]
  245. 坂上田村麻呂のDNAとか洒落にならんレベルの大発見だな
    O3とのソースどこよ
    興味津々なんで即URLを貼ってくれ
    マジってことだしサウラビと書かれてるソースもついでに頼む
    さぶらう語源しか知らんのでめっちゃ楽しみ
    いやマジでソース貼ってほしい
    お願いしますサウラビさん
    推測はいらんからねw
    [ 2015/07/25 05:01 ] [ 編集 ]
  246. >※154

    つ【「どの剣も格好良すぎる」日本からは2本 世界の伝説的な刀剣7選】
     ※70
     ムラマサとマサムネと言ってるギリシャさんの2口は変えてよ。
     管理人さん。
     日本刀なら基本的に1振り2振り。あっても1本、2本。
     2口はないよ。もしかして日本語が解ら無くて翻訳してるんじゃないよね。
     ほんと気をつけな。寒気がするし。

    コイツ↑よりはマシだと思うよ。
    「1本、2本」って(笑)
    「日本刀 数え方」でググれば、すぐにわかること。
    「自分の指摘は正確か」を先に確認しとけば、恥をかかずに済んだのにね。
    [ 2015/07/25 06:03 ] [ 編集 ]
  247. 軍刀は買うなと聞くな。
    まだ持ち主から離れて時間が浅いから、怨念が消えてないとか
    [ 2015/07/25 06:05 ] [ 編集 ]
  248. 食えないものは全てゴミな
    日本刀?興味ねえわ
    [ 2015/07/25 06:11 ] [ 編集 ]
  249. GHQに破損された刀がどれほどあるか…。
    歴史持たない国は野蛮だわ。
    [ 2015/07/25 08:23 ] [ 編集 ]
  250. 何年か前、米で盗みに入った泥棒が家人に日本刀でやられたってあったっけな
    模造品とでも思ったのか刃向かって
    片腕切り落とされて、刃は首まで達したとか(首の傷が致命傷)
    どんだけ鍛錬したのか、ってか怖いわ~
    [ 2015/07/25 09:56 ] [ 編集 ]
  251. >>今でも、好事家は刀の試し斬りするゾ、牛の半身(骨付き)を正眼でバッサリ、刃筋通せないと骨に当たって刃が欠けたり束が壊れる、リスクは有るケド腕と刀の来歴が問われる、文字通りの真剣勝負(嗤

    刀の束抜いて中子見れば、銘と性能評価が判るように来歴が刻まれてるケド、その中に[貫]とか[胴抜き]って有るンダヨ、其れ[人間の胴体で試し斬りシて、何体両断出来たかの性能証明]何だヨ(クスクスクス

    斬首刑に為った罪人の胴体を櫓組んで横に積み上げて[何枚抜ける]か試し斬りするンダヨ、人間の胴体で厚みも背骨も有るかラ切れないンダヨ、見た中で[四貫抜き]が一番かな?、鎌倉の刀らしいケド江戸期に太刀かラ刀に[こしらえ]たって有ったケド、持ち主曰わく[硝子引き戸を袈裟懸けに斬れた]って話しダヨ。

    「あの時、"ちょんこ"がびびって座り小便垂れ流さなかったら、上下真っ二つは硝子引き戸じゃなくて[自称朝鮮進駐軍]の"ちょんこ"だったのに」だってサ(クスクスクス
    [ 2015/07/25 09:56 ] [ 編集 ]
  252. コメに日本語のおかしい朝鮮人が案の定湧いてる
    [ 2015/07/25 10:17 ] [ 編集 ]
  253. ※249
    そいつは相手にする必要なし。多分同一人物だと思うけど、この間の靖国スレでも適当なことを書いて本職の人にボコられて逃げ回っている哀れなヤツ
    [ 2015/07/25 12:30 ] [ 編集 ]
  254. 戦時中には先祖伝来の刀を持たされて出征した兵士もたくさん居たんだよ
    多くの銘刀も戦場に残されたし、米兵がオモチャのように持ってった
    価値わからないまま捨てられたのも致し方なし
    [ 2015/07/25 12:51 ] [ 編集 ]
  255. 現状、室町期以前の日本刀の再現はできていない。
    今再現できてるのは江戸期以降の新刀の再現で
    それすら既に玉鋼の製法が既に失われてしまっていて
    よく似た性質をもつ日立製の日立安来鋼白紙一号を使っている。
    ダマスカス鋼にしても日本の玉鋼にしても材料になっていた鉱脈が
    既に枯れてしまったので微細な成分まで再現ができないんだよ。

    それと日本刀の代表的な一派であった備前派の拠点が秀吉の時代に
    鉄砲水で村ごと壊滅してしまって口伝が全て失われたのも大きい。
    [ 2015/07/25 15:29 ] [ 編集 ]
  256. >俺のおじいちゃんがまさにそうなんだ。
     何年か前に盗まれちゃったけどね。 +1 アメリカ

    「パパ、おじいちゃんの刀が無いんだけど。」
    「うっ、ど泥棒かな・・・。」
    「えーひどいよ、おじいちゃん可哀想。」
    「そんな事よりパパ、バイク買ったんだけど後ろに乗らないか・・・。」
    こんなとこだったりして。
    [ 2015/07/25 17:20 ] [ 編集 ]
  257.  
    >中には日本で立派な振る舞いをしたアメリカ兵たちがいて、
    >それに感銘を受けた日本人から贈り物として貰った人もいる。

    お孫さん騙されてますよ・・・
    [ 2015/07/25 20:10 ] [ 編集 ]
  258. 適材適所。日本刀は、西洋の甲冑を装備した相手には不向き。どの武器が最強とかはない。美しいことは確かだが。
    [ 2015/07/25 20:12 ] [ 編集 ]
  259. なにげに筑前信国派のものを探していたりする。
    [ 2015/07/25 23:22 ] [ 編集 ]
  260. >253
    日本を占領したのがイギリスやフランスだったら、また違った扱いだったかもね
    [ 2015/07/25 23:25 ] [ 編集 ]
  261. ドイツのヘンケルでさえ、最高級品は岐阜県の関市でつくっている。
    武器としての絶対強度はともかく、切れ味に関しては、日本の刃物は最高だ。
    [ 2015/07/26 09:00 ] [ 編集 ]
  262. 日本刀の鋼の成分は日本にしか採れない
    良質な物って聞いたことがあるな

    お爺ちゃん海軍小尉だったけど遺品(形見)は
    安物っぽい短剣だったなあ 
    もっと位の高い人じゃないと持ってないということかな
    [ 2015/07/26 09:56 ] [ 編集 ]
  263. この中の何割がただホルホルしたいだけの無知な人間なんだろうなあ

    [ 2015/07/26 11:14 ] [ 編集 ]
  264. 軍刀は日本刀が湿気に弱く錆びやすかったから開発された新製品だろ?
    でも,鎌倉時代から使われている刀が第二次世界大戦でも使われていることも凄いことだよな.
    日本刀は一撃で相手を倒せるように切れ味鋭くという開発意図があったと思う.
    近接武器であるし,武器としては強力な拳銃に近いとも思う.
    けれども,儀礼刀に代表されるように「神が宿る」ともされる.
    だから,大切に扱う.
    個人的には家に置くのは観賞用の太刀がいいよ.
    抜刀も特殊な抜き方でないし.
    [ 2015/07/26 11:36 ] [ 編集 ]
  265. 斬れ味では他の追随を許さないだろうけど、強さはまた別の話
    うちは居合いやってた爺ちゃんの形見の刀が腐る程あるけど、いい値段で売れるのかなぁ
    [ 2015/07/26 12:37 ] [ 編集 ]
  266. ※269
    健全で紙付きでもなけりゃ買い叩かれることが多いよ
    ケチつけようと思ったら幾らでもケチつけられるから

    そもそも今の刀剣の相場自体が安い
    [ 2015/07/26 14:27 ] [ 編集 ]
  267. 大日本帝國軍の将校には、日本刀を軍刀に作り直して使用した者もいる。
    江戸時代以降、日本刀は武士の護身用として携帯を認められた唯一の武器になった。
    決して戦場で実用的な武器ではありません。
    戦国時代以前は直刀が主流で鎧の隙間から刺す使い方だったとか。
    [ 2015/07/26 17:44 ] [ 編集 ]
  268. 本物の日本刀は、錆びるし曇るから、手入れが大変なんだよ
    新撰組の沖田 総司が持っていた 菊一文字が見たいな
    [ 2015/07/26 19:01 ] [ 編集 ]
  269. 朝鮮棒はナマクラ以外の何物でもないでそ。
    そんなことよりまともな持ち主でなけりゃ管理することすらできないぞ。
    [ 2015/07/26 22:33 ] [ 編集 ]
  270. 家にも脇差あって、じいさん死んだときに見たけど、ばっちゃんが子供には危ないって事で隠してから見てないな。そのばっちゃんも去年死んだから、行方知れずだ。
    ちなみに、中国製の日本刀見たかったら、YouTubeで刀ゾンビとかって検索すりゃそれっぽい動画見つけれるから見てみるとええよ。とりあえず、中国製のは刃物としては全然使えなかったけど。
    [ 2015/07/27 12:20 ] [ 編集 ]
  271. まぁ・・どんな宝刀よりも、俺のブレイブソードが最強だがな! (≧▽≦)
    [ 2015/07/27 12:32 ] [ 編集 ]
  272. 職人が心血注いで作ったものなら何でも言えることかもだけど、所持する側にも準備が必要だよね。購入資金、保存できる環境、保全し続けていけるだけの収入とか。あと強いて言うならそれに見合うだけの人間性とか。
    [ 2015/07/27 14:46 ] [ 編集 ]
  273. 棒みたいに縦に振り下ろして兜割りできませんでしたーwの池沼めいた画像をソースに腐すアホも多いらしいな
    [ 2015/07/27 14:59 ] [ 編集 ]
  274. 軍刀は、させるせるように成ると(階級が上がると)国から支給される安物が殆どだよ、打ち抜きと言って鉄板を型で打ち抜いて形成させた物、飽くまでも飾りだから殆ど刀としては役に立たなかったと思う。刀は戦い方が個人戦に近い時代に発展した物だから、団体戦には不向きだと思う、切れ味に拘ったから、一度人を切れば其の切れ味は止まる、団体戦ならサーベルのように切ると言うより、刺す戦い方が有効だろうね、此れなら何人でも殺せる
    [ 2015/07/27 15:16 ] [ 編集 ]
  275. とりあえず江戸時代以降の打刀をロングソードと比べてる奴は馬鹿
    レイピアとの比較ぐらいしか許されないんだよ、護身用の刀なんだから
    戦争用の太刀とは刃の厚みも何も全く違う
    [ 2015/07/27 16:26 ] [ 編集 ]
  276. >>255
    山田浅衛門の日記を見れ
    五つ胴の記録がある
    [ 2015/07/27 18:55 ] [ 編集 ]
  277. 右が抜けてたわw
    [ 2015/07/27 18:58 ] [ 編集 ]
  278. 4800万円!!!

    [ 2015/07/27 21:52 ] [ 編集 ]
  279. たたら文化は大陸から来たものだろうけど、日本人のすごいところは「極める」ってことなんだろうな。要するにオタクだよ。鍛冶オタク。寝る間もおしんで鍛冶打ちに没頭する。
    [ 2015/07/28 12:00 ] [ 編集 ]
  280. >江戸時代以降、日本刀は武士の護身用として携帯を認められた唯一の武器になった。

    護身用として認められた訳ではなく、武士の身分証明品として携帯が義務化されたもの。

    >決して戦場で実用的な武器ではありません。

    んなわけない。何の為に、合戦で「お貸し刀」が貸与されたと思う?
    両軍が弓にも槍にも適さない距離まで間合いが詰まった時に使うんだよ。ちゃんと実用性はある。
    弓がメインとか槍がメインとか良く言われるけど、両者とも万能武器ではない。
    局面に応じて武器を使い分ける事が重要というのは五輪書の理念にもある。

    >戦国時代以前は直刀が主流で鎧の隙間から刺す使い方だったとか。

    平安時代は、刀身こそ直刀に近いものの、柄が既に湾曲している。
    鎌倉時代中期からは刀身の湾曲したものが主流。
    [ 2015/07/29 12:18 ] [ 編集 ]
  281. でも刀鍛冶は激減中。
    どんどん情報発信して海外に販路を拡大しなきゃいずれ壊滅状態になるかもな
    [ 2015/07/29 12:19 ] [ 編集 ]
  282. 米278
    まるで見てきたかの様に言うけど
    一回斬った瞬間鉄パイプになるわけじゃねーんだから
    切れ味落ちたって殺傷力は普通にあると思うわ。
    [ 2015/07/29 12:30 ] [ 編集 ]
  283. >>280
    七ツ胴まで聞いたことが在ります。流石に嵩が在るので、台から飛び降り様に振りきったとか…
    [ 2015/07/29 14:30 ] [ 編集 ]
  284. 拙者は心に刀を持ってるでごわす。
    [ 2015/07/29 22:31 ] [ 編集 ]
  285. こうやって世界が日本文化を持ち上げれば持ち上げる程
    ゴツゴツした骨格の人らが発狂しパクって嘘の歴史を吹聴する
    [ 2015/07/30 12:03 ] [ 編集 ]
  286. 数年後には3Dプリンターでできるだろ
    [ 2015/07/30 21:57 ] [ 編集 ]
  287. 魔法の刀匠 鍛冶屋 シスターズ
    [ 2015/08/01 21:56 ] [ 編集 ]
  288. 現代刀が販売+」売れる様に経産省や文部科学省がやらない事には、
    動かないだろうね。 直営の刀販売所でも作ればいいじゃない。
    サウジアラビア、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなどにさ。
    そこの独自の刀も請け負って作れば生き延びて行けるんじゃないの。
    刀鍛冶の作る高級な包丁をそれぞれの刀鍛冶が作ってそれを直営の店が販売したりしてさ。
    [ 2015/08/02 10:13 ] [ 編集 ]
  289. 褒めないでくれる、またどこぞのクズが我々が教えただの、
    起源はウリだのと騒ぎだすから。
    もう遅いって、既に騒いでおりますか。
    [ 2015/08/02 11:28 ] [ 編集 ]
  290. 最近の日本人はその「侍の魂」を持つ資格のある人間がほとんどいないな
    むしろ外国人のほうが侍の魂を受け継ごうという人間がいるという皮肉
    [ 2015/08/02 19:59 ] [ 編集 ]
  291. 外人が受け継ごうとしてるだって?日本人馬鹿にしすぎだろ
    あんた適当に言ってるだけだろ
    [ 2015/08/03 03:48 ] [ 編集 ]
  292. 大量移民が全てをダメにするだろう。
    そもそも外人が受け継ぐって時点でダメじゃん。
    [ 2015/08/04 08:16 ] [ 編集 ]
  293. が、これが例のあの国だったら「ウリの国から盗まれた物ニダ!
    盗み返すニダ!」になる
    [ 2015/08/04 10:04 ] [ 編集 ]
  294. とある刀に詳しい人が言うには、現代刀と区分される刀は海外の刀(所謂コールドスチール製等)に劣るそうだ。現代刀はあくまで美術品として製造され、実用性に関しては無いようなものだと言っていた。
    まあ、法律上仕方ないとは思うが、日本の伝統的な技術が法律のせいで廃れるのは哀しいものだな。
    [ 2015/08/04 10:42 ] [ 編集 ]
  295. ※134

    ダマスカス鋼にはある逸話があってね。
    ヨーロッパではダマスカス鋼で作られた剣を再現しようというのが、なんと1000年以上前から行われていたんだよね。
    そして、確か1990年だったっけ?アメリカの学者と鍛冶師のコンビが、ほぼ完璧に再現したんだ。
    ところが、後になって本物のダマスカスの剣には「カーボンナノチューブ」が使われていたっていうんだから、ぬか喜びで終わっちゃったんだよね。
    今現在に通じている技術が、そんな昔からあったっていうんだから、昔の人の力ってスゲーって感じたよ。
    [ 2015/08/05 23:20 ] [ 編集 ]
  296.  
    ロバート・ウッドヘッド氏の代表作・wizardryは今でも妖刀村正が最強クラスの武器である。
    [ 2015/08/07 00:18 ] [ 編集 ]
  297. 軍刀が粗悪だと思い込んでる人が多いが。
    もちろん安いのから高級なものまである。

    靖国の刀剣生産部門では玉鋼を使っていた。玉鋼生産は明治期に一度断絶したものの、大戦当時はまだなんとか製法が保存されていて高品質だった。大戦後の断絶を経た後にふたたび復元し、今も日刀保が年に数回作っているが、ノウハウ喪失でかつての品質にはまるで及ばない。
    現代の玉鋼は、1級品でも靖国用3級品よりずっと質が劣るそうだ。
    [ 2015/08/08 14:14 ] [ 編集 ]
  298. もちろん美術品としての価値が量産品に付くはずはないが・・・

    大量生産だからといって一般の軍刀の性能が低かったわけでもない。
    戦後になってやたら低い風評を喰らっている満鉄刀だって実際の性能は優れていた。大陸の極寒で折れないように製錬され、当時最新の冶金学と製造品管手法によって漏れなく折れず曲がらず良く切れると評判だった。
    江戸以前の数打ちものとはまったく違う。
    [ 2015/08/08 14:31 ] [ 編集 ]
  299. あるいは、伝来の銘刀が高性能だったわけでもない。江戸期の高額な銘刀は既に美術刀剣となっていて、実用を追求したものとは限らなかった。
    昭和の戦場で軍刀拵えの銘刀が直ちに脆弱さを露呈するケースがあった一方で、安物の無銘刀が非常な強靭さを発揮したこともあった。
    [ 2015/08/08 14:38 ] [ 編集 ]
  300. 軍刀がなぜコキ下ろされたかと言うと・・・

    ① 戦前から伝統的な刀剣界は工業生産品に過ぎない昭和刀を認めず、機械による巧無き数打ちものと見下していた。そこに科学的な根拠はない。

    ② 刀剣界の価値基準に照らして、美術的にも伝統的な刃文が見えないなど、日本刀の枠にも入らない低級品というイメージがついた。

    ③ 敗戦後のアメリカ進駐に際し、日本軍国主義アイテムとされた刀の処分から伝統刀剣を守るため、特にこれらは美術品かつ文化財であることを強調し、軍刀との対比を明瞭にするべく伝統刀剣は粗悪な工業量産品=軍刀とは別物と主張、流布した。

    ④ 戦後、大日本帝国ならびに日本軍の否定宣伝および言論が旧軍を全面的に毀損する風潮の中で、日本軍の軍刀もコキ下ろした認識が一般化した。
    [ 2015/08/08 15:16 ] [ 編集 ]
  301. つまり日本の軍刀は、刀の国日本が出した最後の答であって失敗作などではない。
    正しく評価すれば、兵器としては旧態ながら、軍隊に大量装備された殺傷専用刀として、世界の軍事史の中で最終的究極的な到達点となったものとも考えられる。
    史上最後のスパルタンな刀剣として品質面の名誉回復が為されていい。
    [ 2015/08/08 17:04 ] [ 編集 ]
  302. なお、新刀の心鉄皮鉄といった特殊構造は決して究極の技術ではなく、良い鋼が得られなくなったが為の苦肉の策に過ぎない。
    室町以前の古刀は産鉄に恵まれ、一枚鍛えなのに優れた靭性を発揮した。古刀があらゆる面で優れることは古くから言われ続けた。強靭に粘る鋼さえあれば、構造が完全に連続し一体化していることは強度上有利となる。一方、硬軟合わせて補完を狙った新刀では、しばしば材質境界での破壊が生じる。ただ良鋼が得られなくなった近世では苦心の末にそうせざるを得なかった。

    こうしたことも含め、軍刀生産に向けて当時は科学的にさまざまな面から研究されていて、一枚鍛えの模索が為され満鉄刀の試作品もこの形となった。それでも結局、常識手法からの逸脱にイズム的な疑義でもあったのか、満鉄刀は合わせ鍛えとなった。

    古刀は地鉄も質良く美しく錆びもしない。宮本武蔵が記したところでは、白錆のようなものが表面を覆い、鉄錆とはならず中へも進まないという。武蔵の時代の刀よりも室町のものがより良く鎌倉のものがさらに良いそうだ。
    [ 2015/08/08 17:07 ] [ 編集 ]
  303. 刀狩りをやった豊臣秀吉は目利きに命じて刀の山の中から目ぼしい刀を探し出し、大阪城に持って来させた。
    優れた古刀がたくさん集まったろう。
    死後、大坂夏の陣で大阪城とともに燃えちまった。
    [ 2015/08/08 17:39 ] [ 編集 ]
  304. 過大評価って言ってる奴等はドでかいロングソードのが強いって言い分なのかな?

    質量の大きさじゃなくて切れ味や強度、
    鍛造技術で論じて欲しいもんだが
    [ 2015/08/08 23:40 ] [ 編集 ]
  305. 日本刀=昭和軍刀× 江戸日本刀= かざり 戦国日本刀=実用 昭和日本刀=日本刀もどき 惨殺力弱い
    最強の日本刀=戦国日本刀 伝説の日本刀=平安初期日本刀 実は最強はこっち
    [ 2015/08/09 15:38 ] [ 編集 ]
  306. いやアメリカが持ってくれてていいよ。日本に帰したほうが錆びる。
    アメリカの人は古いものを大切にするからね。
    [ 2015/08/09 17:45 ] [ 編集 ]
  307. ・恋の鞘当ての語源(省略)
    ・鞘が当たると何故喧嘩になるの?(省略)
    ・刀を差して歩くのは現代日本人には無理

    オレも一度刀を指して歩いたことがあるけど、無理だわ。
    鞘がブラブラぶれる。ブラブラしちゃダメ。
    だから人の鞘に当たって絶対喧嘩になる。
    [ 2015/08/09 19:44 ] [ 編集 ]
  308. 太平洋戦争の時代に軍刀って意味あったの?銃の射程距離考えたら刀なんて役に立たないよね。実用性じゃなくて装飾的なもの?
    [ 2015/08/10 19:09 ] [ 編集 ]
  309. 18世紀製って・・・むっちゃ新しいじゃん・・・。やっぱアメリカ人ってその程度何だなぁ。

    有名どころでせいぜい虎鉄(17C)とか備前長船(13C)とかだろう・・。
    まあ、結局ブランドなんだけどな。
    [ 2015/08/18 01:13 ] [ 編集 ]
  310. 刀鍛冶なりたいって親に言ったら食えるまで時間かかるからやめとき言われたわw
    [ 2015/10/01 19:11 ] [ 編集 ]
  311. >40万ドルってなると、買うかどうかはモノによるな。
    18世紀あたりに作られた逸品なら絶対欲しい。 +1 アメリカ

    >もしそれが18世紀に作られた物ならぜひ買いたい!
    なぜって、世界に日本刀を超える刀はないんだから。 +50 アメリカ

    うちにある17世紀の脇差で良ければ40万米ドルなら売っても良いぞw
    日本じゃ新刀扱いだけどな。
    普通に売ると100万円くらいみたいだし。
    [ 2015/12/15 22:39 ] [ 編集 ]
  312. 日本の刀、韓国の刀、中国の刀がここにあります。
    世界中の人に聞きました。どれも本物です。一振り無料で貰えるならあなたはどれが欲しいですか?
    と質問したら日本刀が圧勝だろう。
    これが日本が誇る唯一無二の品質でありブランドであり歴史であり伝統あり文化なんだよ。
    韓国にもあるニダ、起源は韓国ニダ、じゃねーよ wwwww
    [ 2016/03/31 02:26 ] [ 編集 ]
  313. うちは脇差の分際だが、一口ほしいとは思う。ただちゃんと手入れできるか、それが心配だ。
    [ 2016/04/14 23:21 ] [ 編集 ]
  314. 刀と太刀は別物。
    侍が刀、衛府が太刀。
    1000年前のものを刀と言うのは間違いで、太刀と言うのが正解。
    もちろん挿し方も、置き方も違う。
    違いを理解した上で購入して、きちんと保管してもらいたいな。
    [ 2016/04/15 15:20 ] [ 編集 ]
  315. 占領期にアメリカがやった刀狩りはWGIPの一環
    自虐史観を植えつけるためには日本人の魂の象徴でもある日本刀を貶めることが必要だったから
    [ 2016/04/25 08:47 ] [ 編集 ]
  316. 手入れできない金持ちもいる→(略)→絶対数は確実に減る
     →価値はほぼ確実にあがる

    つまり、『もしも手入れできるなら』、
    確実に値上がりする投資になる。

    逆にいえば、手入れできないなら「歴史のひとかけら」は
    どんどん減るだけなので、買わないで欲しい。
    [ 2016/04/28 04:20 ] [ 編集 ]
  317. 18世紀の刀なんてどんな名刀だろうと欲しいとは思わんけどな
    新刀はただ刃文が派手なだけだろう

    もし貰っても売るな
    [ 2016/06/02 03:24 ] [ 編集 ]
  318. 日本人の気持ちもろくに理解できず、日本人よりはるかに乱暴で残虐にしてあたまに血が登りやすい外人が日本刀を手元に置きたがるこの恐ろしさよ・・・・
    日本刀など誰も教えるな。
    [ 2016/06/26 19:33 ] [ 編集 ]
  319. 海外の人に刀にも色々あるの教えてやれよ
    実際に戦場にもっていった刀は野太刀とかさ
    ロングソード並にでかくて鎧ごと武者を斬ってたとか、斬馬刀は廃れたけど本当にあったとかさ。
    刀は2種類だけじゃないって教えてほしい。
    彼らは戦場にあった色々な刀の存在を知らない。
    [ 2016/07/24 09:36 ] [ 編集 ]
  320. 古刀に比べたら新刀以降の作は全て鈍ら
    古刀は強度も切れ味も異常すぎて言葉では表現できない
    [ 2016/08/21 19:18 ] [ 編集 ]
  321. 研ぎ師もそばに置けないのにコイツらどうやって刀もつんだ?
    金だしゃいいってもんじゃねえんだぞ。
    [ 2016/09/08 21:39 ] [ 編集 ]
  322. 太平洋戦争がなければ、日本には昔の刀剣が多数残されていただろうに、残念。
    [ 2016/10/08 09:34 ] [ 編集 ]
  323. 手入れ面倒臭いからなw
    [ 2016/10/12 11:24 ] [ 編集 ]
  324. ※12
    バカ発見!
    赤羽刀も知らないのか…。
    [ 2016/10/13 08:16 ] [ 編集 ]
  325. 買った後の事まで考えていないな…
    [ 2016/10/22 10:21 ] [ 編集 ]
  326. 外人が持つのも良いが持つからには手入れの仕方を覚えないと、手入れが大変なんだ。
    錆び付いてしまうと鞘からも抜けづらくなる
    [ 2017/03/10 09:23 ] [ 編集 ]
  327. 以下、真剣の所有者以外は書き込み禁止
    [ 2017/07/05 15:49 ] [ 編集 ]
  328. ここの外人に上から目線でコメントしてる奴らほんま草
    自分の国を自分で守ることも放棄して信念も誇りも何もかも売って棄てて踏みにじってただニヤけ顔で他人や外国の顔色伺うだけの日本人が偉そうに侍気分で外人に説教かよ
    日本好きだったり日本に興味持ってる外人のが日本人より日本語よく知ってたり日本文化よく知ってたりそこでさらに弟子入りしたりして継承に困ってるところに貢献してたりそんな今のご時世で昔日本に侍が居たからと偉ぶるなよ
    手入れだってその辺の刀好きなオタク日本人よりしっかりやるだろう
    少なくともこのコメント欄にいるような奴等が持つよりそういう外人が持ってくれた方がご先祖様も喜ぶだろうよ
    [ 2018/05/17 05:04 ] [ 編集 ]
  329. ウチには脇差があるよ。
    子供の頃、家を探索してたら発見。
    ビビったわw
    現在はどこに仕舞ってあるかもわからないので錆びてるだろうな。
    俺的には人殺し用の兵器を有難がるのはようわからんわ。
    包丁とか鉈とか鎌のほうがよっぽど役に立つ。
    [ 2018/07/14 07:37 ] [ 編集 ]
  330. >>321
    アメリカなら一応研ぎ師が居る
    んで日常手入れなんかを紹介してる本とかもあるんで
    美術品として購入してる人はちゃんと手入れ(研ぐかどうかは置いといて)してる人が多いみたい
    >>320
    昭和刀もピンキリだけどやべーのかなりあるよ
    満鉄刀も折れず曲がらず良く切れて寒さに強いと評判だったらしい
    アメリカ製リーフスプリングを整形したのも安価で良品だったらしい
    キリのほうだと鉄板を切り抜いたただの大型ナイフってのもあるが
    [ 2019/08/26 13:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
海外「こんな場所が実在するのか…」 日本の神社の異世界感が尋常じゃないと話題に
海外「日本には感謝しかない!」 台湾人12人が日本のチャーター機でインドから無事帰還
海外「日本人は特殊なんだよ」 BBC『日本が感染抑制に成功していた理由』が話題に
海外「日本は常に本場を超えてくる」 日本のマクドナルドが世界的に異質過ぎると話題に
海外「日本が隣国で良かった!」 インドで足止めの台湾人を日本が臨時便で救済へ
海外「彼は人種の壁を超えていた」 志村けんさんの訃報に世界中から悲しみの声が殺到
海外「凄い国があったもんだ」 日本人の衛生観念が100年前から凄かったと話題に
海外「日本人に英語は必要ない!」 日本人が語る『日本人が英語を話せない理由』にコメント殺到
海外「なんて規律正しいんだ…」 日本人が『パニック買い』をする光景に外国人が衝撃
海外「日本が超大国になった理由だ」 日本人の仕事に対する誠実な向き合い方に感動の声
海外「これが日本の凄さなんだよ…」 ありふれた日常に日本の凄さを見出すタイの人々
海外「日本は完璧な決断をした」 日本政府の五輪延期の判断に世界から称賛の声が殺到
海外「日本は本当に不思議な国だ…」 今も店頭に食料品が溢れる日本社会に外国人が衝撃
海外「日本にいると安心感が違う」 なぜ日本を選ぶ外国人が急増しているのだろうか?
海外「世界は日本を模範にしよう」 北海道の人々が示した高い規律に海外から称賛の声
海外「日本人は白人扱いなのか?」 日本人ハーフが『日本文化盗用』で非難され論争に
海外「日本の未来は明るいな」 日本の女子中学生がとった行動に世界から感動の声
海外「日本はどうなってんだ」 日本の病院で緊急治療を受けた米国人の医療費に驚愕の声
海外「日本は神に愛されている…」 春の日本があまりにも美しいと海外で話題に
海外「結局は民度の差なんだよ」 仏誌が指摘する『日本の感染者数が少ない理由』が話題に
今月の人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング