fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「そりゃ寿司が高いわけだ」 海外の超有名シェフが寿司作りに大苦戦

今回ご紹介する動画は、合計7つのミシュランの星を持つイギリスの有名シェフ、
ゴードン・ラムゼイさんが寿司店に行き作り方を学ぶ、という内容のものです。
今回ラムゼイさんが入門したのは、ロンドンの寿司店「Aaya」。
ドラゴンロール、イカの握り、スパイシーツナロールに挑戦しています。

まず、米研ぎの修行には一般的に3年かかることを告げられ、驚くラムジーさん。
そしてさっそくドラゴンロール作りを教わることになるのですが、
職人(カオルさん)のお手本を見て、その精確さに再び驚嘆。
実際にラムゼイさんもドラゴンロールを作ってみたところ、
「21年間のキャリアの中で、初めて力量が足りない」と感じたそうです。
職人さんは2分で作り終えますが、ラムゼイさんは13分かかってしまいます。

続くイカの握りでは、苦戦している様子をお客さんに笑われ、
「指で持つとバラバラになる」と酷評されてしまう始末。
職人さんは1分間に6貫。その速さと精確性に三度驚愕。

そして、ドラゴンロールで慣れたこともあってか、スパイシーツナロールは、
朝に30分かかっていたのにもかかわらず、2分以内で作ることに成功。

その後も寿司を作り続け、最後には、「日本人シェフが作っているのかと思った」、
「自分のお店で雇いたい」など、お客さんから絶賛されるようになっています。

一流シェフをも苦戦させる寿司作りの難しさや奥深さ、
そして常に新しいことを学ぼうとするラムゼイさんの姿勢に、
驚きの声や賞賛の声など、様々な反応が寄せられていました。

youtube-FmF1OHjJ_kM.jpg





Learning to make Sushi - Gordon Ramsay


Gordon Ramsay Struggles to Make Sushi - Gordon Ramsay




■ スシは本当に芸術の一種だね。見た目が素晴らしい。
  前にスシロールを作ったことがあるけど、
  やっぱりプロが作ったものは全然違う。 アメリカ
  



■ 十分すごい……。見事だと思う。
  ラムゼイは13分かかったけど、俺ならその10倍はかかる。 オーストラリア
  



■ オーマイガッシュ。日本の職人さんはたった2分で作ってる! アメリカ




■ あんなに素直で大人しいラムゼイは初めて見たw +3 イギリス




■ 米研ぎを完璧にするために長期間修業をする。凄まじい規律だ。
  しかも完成したスシも完璧だしね。
  職人たちは自分たちの技術をスシに注ぎ込むんだな。
  自分の精神を芸術作品に注ぎ込むのと同じようなことだと思う。
  こういった高潔さはそうそう見られるものじゃないよ。 国籍不明




■ 米研ぎだけで3年も修行するの? なんてこった。 アメリカ




■ 私も少なくとも20年間米研きしてるわよ。家でだけど :P フィリピン




■ ……ゴードン・ラムゼイにも出来ないことがあったのか O.o アメリカ
    



■ ラムゼイより精確で効率的な仕事が出来るのは、
  世界でも唯一日本人のシェフだけだと俺は思うよ。 アメリカ




■ ラムゼイがキッチンであんな混乱してる姿は滅多に見れんぞ……。 カナダ




■ スシを作るのって難しいのねぇ……w
  修行を重ねて技術を習得すれば、あとは簡単そうだけどw アメリカ  




■ 俺さ、適当に握ってればいいんだろって、スシ職人を舐めてたよ。 アメリカ




■ 初めてであれなら上出来でしょ。
  普通の人はあんな上手に作れないと思うよ。 国籍不明




■ スシ職人を尊敬するわ。いや、本当に尊敬に値するよ。 イギリス




■ ラムゼイを怒鳴らせないとか、日本人やるな。 アメリカ




■ あの職人さん達は見事だね。
  ラムゼイがまるで素人の料理人のように見えてしまう。 アメリカ 




■ スシ職人に対する敬意が自分の中に生まれた。 クロアチア




■ あれだけ成功したシェフなのに、まだ学ぼうとしてるんだ。
  ラムゼイはとても謙虚な人だよね。
  だからこそ成功することが出来たんだろう。 イギリス




■ ゴードン・ラムゼイですらスシを作るのは難しいんだねぇ。 アメリカ




■ ジロウ・オノはあの職人さんたちの頂点に立ってるんだぜ。 アメリカ

  海外「何だよこの値段は…」 日本の超高級寿司店を外国人が堪能
  海外「何か泣けてくる」 『世界最高の寿司店』に外国人が感銘

 


■ あの職人たちは何年も修行して、2分で作れるようになった。
  ラムゼイは初めてで13分で出来たんだから凄いだろ。 カナダ  




■ 敬意を送られるべき人たちに、ラムゼイはしっかりと敬意を示した。
  その姿を見ることが出来ただけでも満足だ。 アメリカ




■ 日本の料理はまさに芸術なんですね。 シンガポール 




■ もしスシが世界一の料理じゃないなら、何が世界一なのか私には分からない……。
  スシは本当に綺麗で、美味しくて、信じられないくらいの集中力が注がれた、
  文化そのものと言えるような料理なの♡ ブラジル




■ 今までずっとスシの値段に納得いかなかった。
  だけど職人達は何年も修行を重ねているんだから、そりゃ寿司が高いわけだよ。
  彼らにはいくらでも請求できる権利がある。 国籍不明




■ 俺が前にスシロールを作った時は1時間半かかったわ。 アメリカ




■ スシは地球上で一番美味しい料理だと思ってたけど
 (ちゃんとした場所で食べればという前提だが)、
  どうしてそんなに美味しいのか、その理由が今分かった。 国籍不明




■ 「雇いたい」って言ってた人がいたけど、
  ラムゼイを雇うとなったら、一日1000ドルだろうね。 +3 アメリカ




■ 職人さんたちは何年も修行をして技術を習得してるんだ。
  付け焼き刃の技術じゃ作れないのは当然だよ。 +18 オランダ    



   ■ その通り。日本では見習いから職人になるためには、
     最低でも15年はかかるわけだからね。 +5 アメリカ
 

 
■ スシは料理って言うより芸術なんだな。
  あの職人さんたちは確かに創作方法をマスターしているようだ。 アメリカ




■ スシは基本が全てなんだよね。
  日本人の基準では、米研ぎをマスターするまで魚に触れることは出来ない。
  そういう意識は企業でも変わらないんだ。
  いかに優秀でも、上層部は気にかけないし、一からやっていかなければならない。
  だからこそ日本人は自分の仕事を懸命にやるんだと思う。
  「完璧」に少しでも近づくために、全力を尽くすんだよ。 +3 マレーシア




■ 小さな一貫を作るために、物凄い努力が必要なんだなぁ。
  だけど本当に美味しそうだ。 フィリピン




■ 日本人は文字通り、自分たちの仕事にすべてを捧げるんだね。
  スシを作る。それは決して単純なものではない。 +57 アメリカ





  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2015/05/08 23:00 ] 料理 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング