パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



「スポーツ史上最悪の一戦」 猪木対アリの一戦を観た外国人の反応

猪木とアリの一戦を観た外国人の反応です。

プロレス界のカリスマ・アントニオ猪木と、
ボクシング界のレジェンド・モハメド・アリの対決。
この一戦により猪木の世界での知名度は飛躍的に伸び、
ヨーロッパでの新日本プロレスのTV放送につながったそうです。
サッカーのデル・ピエロ選手などが大ファンで有名ですよね。

この世紀の対戦が実現するまでの過程はなかなか興味深いので、
ウィキペディア等を参考にしていただければと思います。

それでは海外の反応をどうぞ。

動画はこちら






■ 一体全体、何なんだこれは? +2 スイス 31歳




■ この試合の結果はドロー。
  まったく金と時間の無駄だったな。 +2 アメリカ 37歳





■ 元々のルールはイノキに取っ組み合いを許してたんだけど、
  アリがイノキの試合を見て、すぐにルールを変えたんだ。
  取っ組み合いはなしって風にね。 +5 アメリカ 28歳




■ もしイノキがレスリングを許されてなかったのなら、
  アリもボクシングを禁止させられるべきだった。
  それがフェアってもんじゃないかね。 +5 アメリカ 37歳




■ もしこれがストリートファイトだったら、
  イノキはアリを地面に投げ飛ばしてただろうね。 イギリス 24歳

 


■ ボクシングとレスリングの歴史上、一番お粗末な瞬間だな。
  いや、すべてのスポーツの歴史上か。 フィリピン 28歳





■ アリの最盛期はこの頃には過ぎていたんだよ。
  この試合の数カ月前にマニラで行われた、ジョー・フレージャー 
  との試合でほとんど死にそうになったんだ。
  あのスリリングな試合を機に引退するべきだったんだよ。
  それ以後はまったく輝きを放てなかったんだから。 +2 オーストラリア 28歳





■ イノキが取れる戦い方はこれしかなかったんだよね。
  彼の動きの多くは制限されてたんだから。
  効果的な攻撃はローキックくらいしかなかったよ。
  イノキの危険性を実際に目の当たりにして、
  アリ陣営(アリ本人ではない)が彼らの好みのようにルールを制定した。
  まさかこんな攻撃をしてくるとは思わなっただろうね。 アメリカ 29歳  




■ 過去最悪の試合……。 +2 イタリア 35歳





■ アリはこの試合の後、食らったキックが原因で起きた
  血栓症のために病院送りになったんだよね。 アメリカ 22歳





■ もしイノキがレスリングを許されてたら、
  間違いなくイノキが勝ってたと思う。 +5 アメリカ 48歳





■ これはひどい……。
  すべてのレベルにおいて散々なプランだ。 +3 国籍不明





■ アリは臆病者だと言わざるをえないね。
  僕は彼がどれだけ偉大だったかを知っているし、尊敬もしてる。
  だからこれは本当に言いづらいことだけど、
  敵が彼自身の長所をいかせないって、なんだよそれ。 +6 ドイツ 27歳





■ これはボクシングへの侮辱以外の何ものでもない!! +4 クウェート






■ 知ったふうな口で語り合うのはやめようぜ。
  この試合はマヌケだった。それだけだ。 アメリカ 28歳





■ 理解出来ない。何でレスリングが許されてない状態で
  ボクサー対レスラーの試合が行われたんだ。
  そんなのミルクのないミルクシェイクと一緒じゃないか。 +12 アメリカ 27歳

 



■ アリはボクシングをすることを許されていた。
  しかしイノキは、適した戦い方とダメージの避け方を
  発見するには十分なくらい、頭のいい人間だったんだ。
  アリがイノキにどれほどの制限を強いたのかを考慮すれば、
  どちらが賢い人間かは自ずと明らかになる。 +2 イギリス





■ イノキが禁じられたのはレスリングだけじゃないぜ。
  立った状態でのキックですら許されてなかったんだ。
  だから、本来彼ができることは、"ボクシング"だけだった。
  それでイノキが勝てるわけないだろ。
  だからああいう戦い方をするしかなかったんだ。 +4 アメリカ 32歳





■ イノキの戦い方がまったく理解出来ないよ……。 フランス 24歳





■ なぜアリはこんな試合で才能の無駄遣いをしてるんだ? アメリカ 41歳




  
■ 史上最高に馬鹿げた戦いだこれは。 +8 オーストラリア 23歳





■ くそう。マットの上で寝転がり続けるイノキの戦い方は、
  この試合全体を完全にジョークにしてしまった。 +2 アイルランド 31歳





■ 日本ならではだな。彼らはいいアイデアを持ってるよ。
  だけど、作戦通りってわけにはいかなかったようだね。
  正直見るに耐えない。 アメリカ 26歳





■ アリの負けだと思う奴は手を上げろ。 +45 メキシコ 31歳





■ これはハチャメチャだな。
  アリはボクサーで、手を使って戦う。
  そしてレスラーのイノキは手と足を使って戦う。
  だけどイノキはレスリングを使うことさえ許されていない。
  二人はどうやって戦えっていうんだ? +2 インドネシア



  

とにかくもルールからして馬鹿げていた、という意見がほとんど。
更にその大半が、猪木さんに同情的でした。
外国人の反応を翻訳していたら、
逆に当時の日本のプロレスファンの反応が気になっちゃいました。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2011/08/11 00:10 ] スポーツ | TB(0) | CM(57)
Powered By 画RSS
  1. 後の異種格闘技とか総合のブームにもつながったのかもしれないので全部を否定できないけど、
    どっちもどっちだよ…。

    そんな条件を呑んでまで試合を申し込むなよとか
    そんな条件をつけてまで試合を受けるなよとか
    [ 2011/08/11 00:49 ] [ 編集 ]
  2. これがかの有名な猪木アリ状態か
    [ 2011/08/11 01:10 ] [ 編集 ]
  3. とりあえず異種格闘技戦でボクサーの脚攻めるのはなんか醒めるんだよな。
    [ 2011/08/11 01:14 ] [ 編集 ]
  4. 「世紀の大凡戦」翌日の新聞にはそう書かれてましたね
    未だほんの子供でしたので熱心なプロレスファンの反応は分かりませんが、一般大衆の受け止め方はその通りだったかと
    個人的には目と歯を剥き出して猪木を挑発するアリの姿しか覚えてない位つまらなかったですね

    その後行われたウイリー戦は少年マガジンの「四角いジャングル」という漫画でかなり煽っていたので、割りとよく覚えているんですけどw
    [ 2011/08/11 01:24 ] [ 編集 ]
  5. バキを読んだだけだと
    猪木がレスリングすることを禁止されてるってこと
    書かれてなかったから為になったわw
    [ 2011/08/11 01:24 ] [ 編集 ]
  6. >>1
    契約後にルール変えられたんだよ
    「このルールにしないならアメリカ帰る。試合中止になると方々に金かかるだろうけど俺たち知ったこっちゃないから。違約金?そんなもん知らん」ってなったらやらざるを得ないだろ
    [ 2011/08/11 02:04 ] [ 編集 ]
  7.  
    >5
    マンガなんか参考にするなよ・・
    [ 2011/08/11 02:22 ] [ 編集 ]
  8.    
    サッカーおめ。
    駒野選手や香川選手が以前行われた日韓戦で
    骨折させられてたから心配やったけど勝ったね。
    [ 2011/08/11 02:53 ] [ 編集 ]
  9. ガキの頃「アリキック」流行ったなあ・・・
    [ 2011/08/11 02:54 ] [ 編集 ]
  10. 戦法としては世紀の一戦なんだけどね。
    イエローモンキーにモラルもルールも必要ないとばかりに後出しするアリ側が酷すぎてなぁ…
    [ 2011/08/11 04:36 ] [ 編集 ]
  11. でも総合でもこういう状態はよくあるからやっぱり理にかなってはいるんだろうな
    [ 2011/08/11 05:51 ] [ 編集 ]
  12. 後世一番記憶に残るのは、他の何より猪木のとった行動だろうな。
    印象が強すぎる。
    [ 2011/08/11 06:33 ] [ 編集 ]
  13. アリがスパーで延髄斬り見てビビったのは本当
    あれはブックがある試合だから打てる技だよ
    本気であんなとこ蹴ったら、障害残る

    猪木は猪木で、なでられただけで失神する相手だから
    これしかなかった
    とも言ってる
    [ 2011/08/11 06:42 ] [ 編集 ]
  14. 最近は再評価されてるパターンだろ
    昔は普通に酷評されてた
    [ 2011/08/11 06:56 ] [ 編集 ]
  15. 多額のお金が動く興行が決まってからのルール変更。
    変更を飲んでゴングを鳴らさなければならない猪木。
    一つのプロジェクトを終了させたが、当時評価はされず。
    そして今、あの一連の決断、決断が評価されてる。
    [ 2011/08/11 07:00 ] [ 編集 ]
  16. 現代の立技系選手と寝技系選手の対戦にも見られる形の原型
    [ 2011/08/11 07:21 ] [ 編集 ]
  17.  
    アリってこの時注射器でグローブ内に石膏を入れて拳固めてたんでしょ?当時のインタビュー見ると確か。
    かすっただけでめちゃくちゃでかいコブできたらしい。
    [ 2011/08/11 08:10 ] [ 編集 ]
  18. 海外の総合の試合でも普通に猪木アリ状態っていうからな
    [ 2011/08/11 08:58 ] [ 編集 ]
  19. きちんと調べないで発言する人って未だに減らないな。
    [ 2011/08/11 09:42 ] [ 編集 ]
  20. 派手なプロレス技が八百長とうすうすわかってきた年頃だったから、
    これがプロレスラーのリアルガチファイトなんだと興奮したよ。
    [ 2011/08/11 10:05 ] [ 編集 ]
  21. この試合が真剣勝負だったことは疑いようもない。
    なぜならあまりにも酷い試合内容だったから。

    ってこと誰かが云ってたな。
    [ 2011/08/11 11:22 ] [ 編集 ]
  22. なんでこんな冗談がいまだに語り継がれているのか
    [ 2011/08/11 11:37 ] [ 編集 ]
  23. こういうショーの蹴りは痛くないんじゃないか?と疑問だったから
    病院で足を腫らしたアリを見て驚いたよ。
    この後アリからイノキボンバイエを貰ったエピソードが好きだ。
    [ 2011/08/11 11:39 ] [ 編集 ]
  24. >というわけで今日は、猪木とアリの一戦を観た外国人の反応です。

    どういうわけで、猪木アリにつながるんだw

    [ 2011/08/11 11:39 ] [ 編集 ]
  25. ×タックル
    ×投げ技
    ×関節技
    ×チョップ
    ×立った状態でのキック

    ↑猪木が禁止されてたこと
    [ 2011/08/11 12:32 ] [ 編集 ]
  26.  
    *23
    しかも蹴ってる猪木のほうも足ひどかったんだぜ
    それでもけり続けた猪木はすげえ
    [ 2011/08/11 13:35 ] [ 編集 ]
  27. >>6
    そうだったんだ。
    調べもせずに、申し訳ない。
    [ 2011/08/11 16:00 ] [ 編集 ]
  28. 確かに当時はバッシング祭り状態だったみたいですね。
    [ 2011/08/11 16:13 ] [ 編集 ]
  29. このルールで、あとできることってなんだろ。
    飛び蹴りとボディプレス?
    [ 2011/08/11 16:34 ] [ 編集 ]
  30. 17
    猪木も言ってたよね。堅すぎだって。
    猪木は猪木で靴の中に鉄板入れようと思ってたけど、やめたって言ってたわ。
    で、猪木の蹴りがあまりにも強いので、試合中に審判に靴の中を確認されて、入れなくてよかったとも言ってた。
    で、今の総合の常識である猪木アリ状態が生まれたってのがまた面白い
    [ 2011/08/11 17:44 ] [ 編集 ]
  31. この道をいけばどうなることか…(シャクレ先輩
    [ 2011/08/11 18:43 ] [ 編集 ]
  32. この対戦後アリから、あの名曲イノキボンバイエが猪木に贈られるんだなw

    手を抜いてたわけではないのだろうが、
    お互い相手に敬意を持ちすぎていたんだろう

    [ 2011/08/11 19:29 ] [ 編集 ]
  33. この試合、中盤以降はアリも猪木の蹴りを左手で払って、打ち下ろしの右を狙ってるんだよな。
    でもボクシングの技術じゃ、腰より下の位置の的を撃つことが出来ない。
    アリの本気とモドカシサは伝わってくるよ。
    退屈な試合であることは確かだけど。
    [ 2011/08/11 20:53 ] [ 編集 ]
  34. この試合の後、アリは猪木の純粋さに惚れるんだよな
    猪木の引退試合、アリはもはや満足に動かせない体なのに来日して猪木を讃えた
    アリも後悔を乗り越えて男になったんだ
    悪く言うのは野暮だよ
    [ 2011/08/11 21:40 ] [ 編集 ]
  35. おいおい、こんな試合よりも、佐山・・、サミー・リー海外の反応を載せるべきwww
    いまでこそ、佐山はモチモチぽんぽんですが、当時の身軽さはもー、すげーのなんの、後のタイガーマスクの中の人っす。
    [ 2011/08/11 22:39 ] [ 編集 ]
  36. >35
    んで修斗設立、離脱。
    右傾化に拍車がかかって、制圏道設立。

    まあ好きだけどw
    [ 2011/08/12 01:53 ] [ 編集 ]
  37. 猪木のセコンドにカール・ゴッチがいるな
    ちょっと感動
    [ 2011/08/12 09:51 ] [ 編集 ]
  38. 時代とかそういうものは考慮して欲しいよな。
    これがなけりゃ日本でMMAが発展するかどうかは難しいところだったわけだし。
    [ 2011/08/13 05:17 ] [ 編集 ]
  39. イノキボンバイエはアリから贈られたことにしてくれっていう猪木サイドの申し入れがあったと最近のTVでやってたような
    [ 2011/08/13 12:37 ] [ 編集 ]
  40. 世紀の決戦
    ボクサーのパンチをよけて戦う戦法として
    当時、よく考えて実行したよなあ~

    しかし、アリ側の条件が厳しすぎて結局
    試合をダメにした。が、もし猪木がフルに戦えれば
    どうなってた?猪木は当然アリを捕まえようと近づいて
    パンチが一発入れば‥むむ、今も気になる試合だなあ。

    どっちにしろ、数十年たっても話題になる試合って
    やっぱすごい意味があるなあ( ̄▽ ̄)
    [ 2011/08/13 16:08 ] [ 編集 ]
  41. 自分も佐山聡ことタイガーマスクの反応見たい。
    マジで日本のプロレスは世界最高レベル!
    海外のプロレスを見なくても最高だと判るし、見ても判る。
    [ 2011/08/14 02:40 ] [ 編集 ]
  42.  
    予備知識抜きで見ると、こういう反応にもなるわな
    [ 2011/09/02 18:50 ] [ 編集 ]
  43. 意外な反応だな。
    日本でもボクシングファンなんかが
    「アリほどのスターにプロレスみたいな茶番やらせるな」
    ってよく言ってるから、日本よりボクシングが
    人気ある海外だともっと猪木がバッシングされてると思った。
    [ 2011/09/08 12:43 ] [ 編集 ]
  44. 日本のボクシングファンが異常なだけだよ
    海外であんなに異常に反応する奴らは居ない
    [ 2011/09/28 11:39 ] [ 編集 ]
  45. ファイトマネーとは、「アリを日本に呼ぶための金」
    であって、「猪木に勝ったら○○億円をやる」て意味じゃない。

    それと、猪木の前日の公開スパーリングを見て、
    アリ側がルールに文句つけたんだ。
    猪木は延髄切りさえさせてくれなかった。
    流石にアリだって、打たれなれてない後頭部にこれやられたら、
    一瞬はクラッとするだろうし、その隙に胴体に絡まれ、
    ダウン奪われ、スリーパー決められるのだって簡単のはずだ。

    アリはレスリング対策、柔道対策をしてないからね。
    [ 2011/10/09 03:49 ] [ 編集 ]
  46. ヘビー級チャンプのパンチて、筋力とか重さに加えて
    急所も狙うし、速いから、恐ろしく利くらしいな。
    あとカウンターヒット狙いか。

    まあ、「おわ!」と躓いて机の角にこめかみからブツかるのを
    想像するといいね。
    [ 2011/10/09 03:55 ] [ 編集 ]
  47. >そんな条件を呑んでまで試合を申し込むなよとか
    >そんな条件をつけてまで試合を受けるなよとか

    PCをネットに繋ぎ、コメントはするくせに、
    ろくすっぽ検索しようともしないバカタレ。

    猪木は倒れこんだままのキック以外は、
    攻撃方法を制限されてたんだよ。

    ただ、アリもパンチしか使えないから、
    倒れた猪木に攻撃なんかできない。

    1度、猪木のキックを受けたあと、グローブを付けた手で
    無理やり掴んでみようとしたら、反対に
    猪木が手でアリの足首を捕らえてて、
    そのまま引き倒したんだよね。

    レフェリーがブレイクさせたからお話にならなかったけど、
    猪木はこっそりアリの頭に肘を入れたがw

    実際、チャンピオンでしかもヘビー級ボクサーの
    まさに全盛期と戦うなんて危険だよな。
    でもアリは投げ技や締め技の対策がないから、
    猪木が一度でも掴んでしまえば一気に勝てたかもしれない。

    これってかなり面白い試合だよ。
    猪木は1発で締め落とせる自信だけはあるし、
    アリの現役パンチも1発で昏倒させれるからね。

    息を呑むってのはこの試合のことだわ。
    1発で決着が付くから「真剣勝負」とも言う
    [ 2013/03/31 05:15 ] [ 編集 ]
  48. いやいや
    この一戦が
    後の総合格闘ブームに繋がったんだろーが
    異種競技間でもルールの設定しだいで対戦できるという
    証左になったし
    まさにコペルニクス的大転換

    あと、猪木でおなじみのボンバイエ!は
    この一戦の後で、アリから譲られたもんだぞ
    [ 2014/02/04 22:41 ] [ 編集 ]
  49. 猪木批判してるやつはルール知らない無能だけだろ
    ルール上猪木にはあの戦い方以外に選択肢がない
    [ 2015/09/25 11:43 ] [ 編集 ]
  50. 猪木批判を当時はしたんだよね。なんであんな闘い方したのか観客やテレビの前の人たちは何も知らなかったから。猪木はスタンディングでのキックも認められてなかった。スタンディングで拳で殴りあえ=ボクシングをしろって事だったんだよ。契約成立後のアメリカ側の要求でね。猪木はそれでも試合を受けたんだよ。プロレスを侮辱されて散々煽り倒されて名誉の為に戦ったんだよ。せめてスタンディングでのキックが認められてればまた違う結果になったかもしれない。猪木は徹底的に足を狙うだろうけどね。
    [ 2016/01/04 06:34 ] [ 編集 ]
  51. ・試合組む時点で現在価値20億円のファイトマネー提示
    ・来日後の公開スパー見て発狂し会場で暴れた
    ・試合直前になって立ち蹴り、ヒジ、掴み、投げ、絞め、極めを禁止
    ・猪木が寝ると自分の土俵で戦えないと「立って戦え」連呼
    ・結局バカスカ蹴られ足壊れて次の試合キャンセル

    事の発端はアリのリップサービス(ビッグマウスでいい)で東洋人を指してかかってこいアピールしたら猪木が釣れた
    諦めさせる為に法外なファイトマネーを提示するもクリアされ、滅茶苦茶なルールも受け入れられた挙句左足を壊される

    口は災いの元としか言えないよなぁ

    それ以上に凡戦と評した話題にしか食い付けないマスゴミに物事の判断を委ねるなと言いたい試合だった
    [ 2016/04/21 10:45 ] [ 編集 ]
  52. 総合格闘技ルールじゃ猪木が圧勝だろうけど
    キックボクシングルールならアリでも勝てたのに
    なんであそこまで制約したのかね
    [ 2016/06/04 14:08 ] [ 編集 ]
  53. アリ、安らかに。
    [ 2016/06/04 16:49 ] [ 編集 ]
  54. 猪木は借金六億して試合組んだからな。いわゆるヤクザ筋からも借りてた。
    だからマジでアリを殺しに来てた(こいつはこの数年後にイランの英雄レスラーを現地で腕へし折るくらいの●●ガイ格闘家です)
    アリは来日後に通訳にリハはいつやる?エキジビジョンだろ?って言ってるからまるっきり意識が違うんだよ。
    前日の公開スパで猪木はスパーの相手をボコボコにした。投げる、蹴る、全部本気でぶちのめした。しかも思ったよりデカくて(猪木は185センチ110キロ)速くでキレキレの猪木を見てアリはキレた。明日のことを考えて怖かったんだと思う。アリはレスラーと事前にスパーをした形跡すらない。ボクサーだが、総合の練習は皆無だった。
    で立ちキック禁止、レスリング禁止、無理なら試合せずに帰国すると言うアリサイドのごり押しが始まってしかもそれを公表するのは禁止であり、実況までがルール知らずに解説するという事態になった。
    試合はどう見ても猪木の勝ちだが(アリは蹴りを70発も食らってる)、契約を事前に詰めとかなかった猪木サイドも問題だ。



    [ 2016/06/06 00:10 ] [ 編集 ]
  55. ちなみに猪木は善人じゃないぞ。
    禁止されてる肘も、クリンチのごたごたの時にアリに一発入れてる(後年のインタビューであのまま肘を入れ続けたらKOできた。反則負けになってても良かったからやっとくべきだったなと語ってる、笑顔でな)。
    また絶対秘密だと言われた『アリルール』を世界中でしゃべりまくってるからな。

    当時はアリルールを誰も知らなかったから猪木が逃げた、勝負してないと思ってマスコミの攻撃に遭ったんだ。
    アリの石膏パンチと取り巻きが銃を持ってたって話は有名だが、確認がされてないからあくまで噂でしかない。19度も防衛した最強ボクサーのアリがそんなしょうもないことはしないと思うけどな。

    当時は興業の仕切りは日本もアメリカもバリバリの●クザがやってるからな。メンツもあるし、引けないんだよ。大金が動いてるし。
    稲木は●クザをまったく意に返さないくらいの●チガイだが。

    現在の総合UFCはエキサイティングな試合をしないと次のマッチ組めないし、進化してむしろずっと寝てると乗っかられてタコ殴りされるんで不利だが、グレイシー全盛 の90年代ならは猪木状態が最強だった。猪木の苦肉の策だったが、実は理に叶ってたと言える。





    [ 2016/06/06 00:28 ] [ 編集 ]
  56. 色々初めてのことだったし、ルール詰めが甘いのはまあ仕方が無い
    何をどう詰めておくべきか誰も分かってなかったんだからな
    [ 2016/06/09 16:02 ] [ 編集 ]
  57. 靴に鉄板仕込んでたんだろ?
    [ 2016/08/21 04:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング