fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「神道的な美なんだよ」 日本の陶器の『不完全さ』を巡り外国人が論争

今回は日本の陶芸家の作業風景を観た外国人の反応です。

映像の陶芸家は、栃木県の益子にて作陶を行っていらっしゃる松崎健氏。
大学で陶芸を専攻し、卒業後は人間国宝の故島岡達三氏に師事し、
5年間の修行を経て独立。その後は独自の陶芸技術を確立していきました。
大阪市内にある阪急うめだ本店では1980年から今現在まで毎年一度、
アメリカやイギリスなど国外でも、これまで多くの個展を開いていらっしゃいます。

松崎氏が作り出す作品には、日本の多くの茶碗同様、「歪み」が見られます。
あえて不完全とも思える形に仕上げる。
その点に関して、外国人から様々な意見が寄せられていました。

hqdefaulttt.jpg





Ken Matsuzaki "Throwing Chawans" (Teabowls) - extremely rare footage



■ クールだなぁ。俺も轆轤(ろくろ)が欲しいよ。
  アパートメントの中でやるのって難しいかな??? アメリカ
  



■ この人は、本物の美しさってものを解っているんだね。 アメリカ
  


   ■ 俺も本当にそのとおりだと思うよ。 イギリス



■ 轆轤それ自体が陶器を作るものではないことは分かってるけど、
  この動画を観た今、そして今まで作ってきた経験的に、
  自分は足踏み轆轤が好きなんだってことが分かった。
  より落ち着いて、熟考しながら、最も素晴らしい不完全さを生み出せる。
  生徒として一般的に教えられていたことは間違っている。 イギリス



   ■ 「素晴らしい不完全さ」っていうフレーズが好きだ。 イギリス



   ■ 同意! 完璧に左右対称なものを作ろうとしちゃうんだよね。
     私も前に動画の先生みたいな作り方に挑戦したんだ……。
     簡単そうに作ってるけど、実際はとんでもなかった :)
     元々歪みを作る作陶に強い敬意を持ってたけど、それが跳ね上がったもん!
     不完全さって、本当に美しいものだと思う。 アメリカ



■ 見事な陶芸技術。そして出来上がった陶器自体も素晴らしい。
  この動画を投稿してくれてどうもありがとう。 イギリス
    



■ 思わず畏敬の念を抱いてしまう崇高さが感じられる。 アルゼンチン




■ これぞマスターと言うべき技術だよ。
  僕は陶芸家たちが魅せる技術の美しさに魅了されてる。
  ちなみにああいったタイプの轆轤は初めて目にした。
  いつか自分もあの先生に陶芸の技術を教わりたい。 アメリカ




■ たぶんこれを言ったら非難轟々なんだろうと思うけど、
  ああいう形の崩れた茶碗は評価出来ないな。
  定年を迎えた世代の生徒が見た目だけでも先生に近づこうとして、
  よくああいう形の陶器を作ってるじゃん。 アメリカ  




■ ↑君には不完全さの中に内在する美が見えていないんだね。 イギリス




■ 素晴らしい! あそこで使われてる粘土の名前は何だろうか? アメリカ



   ■ 益子という街の近辺で掘り出されたものだよ。
     だけど申し訳ない。正式な名前は分からないんだ。 投稿者 



■ 個人的には、陶器の見た目はあまり気にしない。
  でもこういう作品は評価できないという意見に賛成だ。
  映像の作品は、確かに形が崩れて見えるしね。
  もしあの茶碗がお店で販売されていたとしたら、
  きっと僕は初心者が作った作品だと思うだろう。 アメリカ



   ■ つまりさ、日本人はアジアのフランス人なんだよ……。
     少なくとも陶器に対する審美性はそうだと言える。
     彼らは「完璧」な作品だって当然作ることが出来る。
     実際マスターたちによる、「完璧」な作品もいくつか見てきた。
     だけど、彼らは完璧性なんか求めてないんだよ。
     無秩序で、中心を持たず、不規則な物に魅力を見出す……。
     自然が生み出した作品のような仕上がりになるからだろう。
     一見粗悪に見えるけど実はそうではない作品を作る為には、
     実際に色んな技術が必要になるんだよ。  アメリカ



      ■ 「『粗悪』に見える作品」どうこうって話じゃないでしょ。
        あの先生は途中まで、完璧な形の陶器を作ってるじゃん。
        だけどそれをにわかに変えちゃってる。
        その背景には、作品に不完全さを包含させるっていう考えがある。
        最高傑作とされる陶器には、ワビ・サビの精神が頻繁に見て取れるわけで。
        不完全さは欠点として浮かび上がるわけじゃない。
        それどころか、美しさの根源ですらあるからね。
        型にはまらないことによって生まれる独創性が、
        既成品にはない意味や美を作り出すんだと思う。 アメリカ



          ■ 分かる……。
            その結果、独創的で美しい物になるんだよね。 イギリス



   ■ チャワンはどう作られるべきかを知らないからそう思うんだよ。
     作品に魂や個性を与えるために、あえて形を崩して作られるんだぞ。
     安心してくれ、この人は陶芸の技術を極めた人であって、
     完璧に左右対称になってる小さなお椀を作ることだって出来る。
     でもそれだと、独創性がなさ過ぎるって思われちゃうんだよね。
     他の日本の陶器を見れば、左右対称な作品も見つけられるよ。
     でもチャワンは、君が求めてるとおりには作られてない。 アメリカ 



■ 技術の中に美しさが見て取れる。スタジオも素敵ですね。 アメリカ




■ この人が生み出す作品は、なんて平和的で、思慮に富んでいるんだろう。
  この光景を観れたって言うことは、僕にとって素敵な経験だった。 オーストリア




■ 7:30 縁の形が崩れちゃった瞬間本当にビックリした。 
  見事に修復していったけどね。 アメリカ 

youtube-QLYivjLbWxg.jpg



■ WOW……こんなに酷い陶芸作りの光景は初めて観た……。
  俺が初めて作った時ですらあれくらいのモノ作れたもん。
  グーグルでこの人の他の作品をイメージ検索して見てみたら、
  本当に素晴らしい作品ばかりだったけどね。
  そのぶんこの動画の光景に混乱してるんだ! アメリカ




■ 日本の伝統的な茶碗は一見無造作に作られるもんだ……。
  それが神道的な美なんだよ。 アメリカ




■ マエストロであり、素晴らしい審美性を持った人……。
  彼の作業場や道具を見れてすごく嬉しい。
  作品の素晴らしさはもちろんのことだけど、
  先生ご自身も、厳格で、魅力的な人ね! イタリア 




■ 不完全な完全さってやつですね :) アメリカ    




■ この見事なまでの素晴らしさよ。
  多くの人が簡単そうだと思うであろうモノを生み出すこの技術。
  日本の陶器はシンプルって思ってる人が多いから、簡単そうに見えちゃうんだろうね。
  この動画を観たあと、より日本の陶器の素晴らしさが分かった。 アメリカ
 


 
■ ちゃんと制御したまま不完全とされる作品を作るのって、
  びっくりするくらい難しいことだと思うぞ。 アメリカ




■ 不完全さの中に完全さが宿ってるのは分かるよ。
  だけど動画の作品は中心部分すらないじゃないか……。 アメリカ




■ ただただあの技術の魅力に惹きこまれていった!!! スペイン




■ 美しい作品や、いわば芸術を職人が作り上げていく様子を観るのは大好きだ。
  だけどあの作品に関しては駄作と言うべきだと思う……。
  偉大な陶芸家であるケンに敬意がないわけじゃないからね。 アメリカ



   ■ チャワン作りを極めるには、人生を捧げるような努力が必要なんだぞ。
     チャワンのすべての形の要素に意味があるんだから。
     それから、あの不完全さにはハッキリとした意図があるし、
     チャワンの美の質を高めるためには必要不可欠なんだ。  アメリカ



■ 素晴らしい作品じゃないか。
  批判してる人は、ゼンやチャワンの歴史や哲学的な背景を知らないんだろうな。
  もちろん趣向は人それぞれだから、あの見た目が嫌いな人がいてもいいさ。
  だけど駄作だの素人並みの出来だのっていう批判は、
  完全に無教育で無知な発言だって言わざるを得ない。 アメリカ




■ ケン・マツザキは偉大な陶芸家だね。
  有名な陶芸家に弟子入りしながらも、自分のスタイルと技術を築き上げた。
  彼が持つ美に対する哲学が作品からありありと伝わってくるよ。 イタリア




  

形に対する美意識の違いは、庭園にも現れている気がしますね。
西洋では左右対称に作り、人工的な「完璧さ」を大事にし
(イギリスで発展した自然風景式庭園などもありますが)、
日本では空間に自然を作り、自然的な「不完全さ」を大事にする。
対極的でありながら、そのどちらにも美が宿るのだから、面白いものです。

ちなみに日本国内で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは、
志野茶碗(銘「卯花墻」)と楽焼白片身変茶碗(銘「不二山」)のみ。
そのどちらも、「歪み」のある造形になっています。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2014/08/28 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング