fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「この美しさは何なんだ」 600万円の値が付いた錦鯉が外国人を魅了

錦鯉の養殖は、19世紀初頭に新潟県の旧山古志村で始まり、
1914年に東京で開催された博覧会を期に、全国的に知られることになります。
近年では直接日本まで買い付けに来る外国人が急増しており、
生産量の約8割が海外に輸出されるまでになっているそうです。

映像で紹介されている錦鯉は、日本で開かれた品評会で賞を受賞し、
6万ドルの値が付けられたそうです(8月18日現在のレートで約615万円)。

過去には4000万円の値が付けられた鯉も存在し、
1千万超えですら、極めて稀というわけではないそうですが、
見事な色彩を持つ錦鯉に、外国人からも感嘆の声が漏れていました。


$60,000 Japanese Koi Fish






■ コイは巨大な、生きる宝石みたいな魚だよね。 アメリカ
  




■ これがコイか。なんてゴージャスな生き物なんだ! +2 アメリカ



   ■ 実際に目の前で見るともっと衝撃を受けるぞ! アメリカ



■ それにしても何でこんなに高額なの? +1 イギリス



   ■ このコイは、滅多なことじゃお目にかかれない特別なコイだから……。
     馬鹿げてるのは分かってる。だけど本当に特別なんだ。 +2 投稿者



■ コイってこれくらい大きくなるのが普通なのかねぇ? マレーシア
    



■ この信じられないくらいの美しさは何なんだ。 +3 アメリカ




■ とにかく最高だ。自分はコイを飼い始めたばかりなんだけど、
  去年にコイ用の池も自分の家に作ったんだ。 モーリシャス




■ 綺麗だなぁ。完全に泳ぐ抽象芸術じゃないか。 +2 アメリカ 




■ ホンッッットに見事なコイだね。
  でも……コイツを飼ったら毎日池の周りでキャンプするようだな。 ドイツ




■ 味もその見た目くらい素晴らしい物なんだろうか。 トリニダード・トバゴ 



   ■ いや、コイはそこまで美味しい魚じゃないよ。 アメリカ



■ この魚にハマっている人のほとんどは、
  コイを手放す前に奥さんや旦那さんを手放すことになりそうw アメリカ



   ■ 普通にありえるからな……。だけど俺はそうはならんぞ! :) アメリカ



■ この魚の何がそこまでスペシャルなのか俺には理解できん。 シンガポール



   ■ コイの魅力を理解するには長い年月が必要なんだ。
     長い長い時間がね……。 投稿者  



■ まるで絵画のようだ。本当に美しい。 +2 アメリカ




■ 完璧な美しさじゃないか。俺もコイに恋しそうだ! +3 アメリカ



   ■ でもなぁ、6万ドル注ぎ込まなきゃ振り向いてくれないんだよ! アメリカ 



      ■ なんかもう、笑うしかないよな……。 アメリカ



■ 魚は敬意を受けるに値しない生物って考えられてるのね。
  青いバケツに入れられて、一切気にかけられていない。 アメリカ



   ■ 日本の文化は、敬意の念が全てなんだ。
     僕ら撮影クルーを通し、この美しさを世界の人たちと共有させてくれた。
     それはコイに対する最大限の敬意に他ならない。
     自分の人生を捧げてこれほどまでに美しいコイに成長させる。
     それが日本の偉大な鯉師たちなんだよ。 投稿者



   ■ 育てるのに、どれだけの労力と時間とお金がかかるのか知らないんだね。
     それこそ、お姫様のようにして育てられるんだぞ。 アメリカ



■ コイはしっかりとした世話をすれば、何十年も生きるんだよね。
  日本にはかつて、226年生きたとされるコイがいたらしい。
  鱗に出来る年輪を元に推定されたんだけどね。
  日本だと70歳に達するコイはそんな珍しくないし、
  中には100年以上生きてるようなコイまでいるんだ。 +3 アメリカ 




■ 息をするのも忘れて見惚れてしまう美しさね。 アメリカ




■ イルカくらいの大きさのコイが6000ドルで売られてるの見たことある。
  コイって何でここまで特別な値段が付くんだろうね。 アメリカ
 


 
■ コイって飼うの難しい?
  自分の家の池で飼ってみようかなって考えてるところなんだ :) オーストラリア




■ 日本からはるばるアメリカまで運んできたのが凄い!
  コイアルティ(ロイアルティ=王族)のような扱いで、
  輸送されてきたんだろうなきっと! イスラエル




■ 俺なんかウォールマートでコイを17ドルで買ったときですら、
  ちょっと奮発しちゃったなって気になってたのに……。 +2  アメリカ




■ コイはいかなる個体も威風堂々としているものだ。
  だけどこのタイショウサンケ(※大正三色)は特別ゴージャスに見える。
  これだけの大きなのにも関わらず、模様が鮮やかなんだ! +3 アメリカ




■ 俺はもっと綺麗な魚を見てきたぞ……。
  このコイは池で飼うにはあまりにも大きすぎるよ。 
  あれくらいの大きさになる頃には、劇的に色が褪せてくしね。
  それでもコイを飼うのは面白い趣味ではある。
  例えれば、裏庭で馬を飼育するようなものだから。 アメリカ




■ この魚に6万ドルの価値がある。
  そう本気で思ってる人たちを見ると笑ってしまう。 アメリカ




■ ビーストのようであり、それでいて美しい!!! +3 マレーシア




■ 6万ドルって! 絶対傷とか付けられないね。 ブルガリア




■ コイって一般的にああいう綺麗な青い瞳を持ってるものなの? アメリカ




■ 馬鹿げた質問なのは分かってるんだけどさ、あの魚は食べられるの?
  お腹に入れても問題ない? 一度口にしてみたくて仕方ないw アメリカ



   ■ 無理! 綺麗であればあるほど、味は落ちていくから。 アメリカ



■ このコイが大好きだ。
  ぷっくりと肥えてるし、深い色彩を背中に湛えている。
  まるで誰かが絵の具で色を施したかのように。
  WOW 僕もいつか、自分の池を作ってみたい。 フィリピン




   

錦鯉の美しさに魅了される外国人が続出していましたが、
一方で、6万ドルもの価値が有るのか疑問に思う方も少なくないようでした。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2014/08/18 23:00 ] 社会 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング