FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「真珠湾さえ攻撃しなきゃ…」 もし日本が戦争に勝ってたらどうなってたの?

映像は、「もし日本が第二次世界大戦に勝利していたら」というもので、
その場合の最大行政統治・軍事勢力圏がシミュレーションされています。

「歴史に if はない」という言葉がありますが、
それでも歴史のif の話はやはり盛り上がるようで、
動画には外国人から多くのコメントが寄せられていました。


if japan had won ww2





■ 個人的に、当時の日本は北東アジア周辺よりも、
  インドを求めていたのかと思ってたよ。 カナダ
  



■ 日本は中国や太平洋諸島で勝利を収めてたけど、
  あの戦争を勝つためにはそれだけじゃ仕方なかったからねぇ。
  アメリカ、ソ連、イギリスに攻められ、そして敗れてしまった。 ポーランド
  



■ 映像みたいな結末になってたのは、アメリカを攻撃しなかった場合だな。
  そしたら日本は強国になって、他国から自国を守れてたと思う。 カナダ



   ■ 日本にとって、アメリカとの戦争は不可避だったよ。
     アメリカは太平洋地域を支配してたわけだから。
     日本から攻撃してなかったら、アメリカから仕掛けてた。
     だからこそ、アメリカの準備が完全には整ってない時に、
     日本は攻撃することを決断したわけで。 オーストラリア  



   ■ 日本がアメリカを攻撃しなかったら、か……。
     たぶん日本の帝国軍自体なくなってたかもね :P ブラジル



■ 日本がアジアの半分を支配できたのは、連合国側の軍隊が手薄だったからでしょ。
  ほとんどの部隊はヨーロッパの地に送られてたわけだから。
  欧州各国は戦争に忙しかった。日本はそのアドバンテージを利用したんだ。
  もしヨーロッパで戦争が起きてなかったら、
  日本はアジアも太平洋諸島も支配出来てなかったと思う。 カナダ



   ■ 違う。日本がなぜ他のアジア諸国を制圧出来たのか。
     それは他のアジア諸国が近代化に遅れる中、
     日本はそれに成功していたからだよ。 バヌアツ



■ そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
  俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ




■ 日本が大陸で勝利を掴めた唯一の理由は、
  中国は日本との戦いより内戦のほうが忙しかったから。 フィリピン
    



■ 歴史に「if」はないと何度言えば……。 イギリス




■ あれだけ多くの内陸国を領土に抱えて勝てるはずがなかったんだよ。
  日本は陸上戦じゃなくて海上戦に力を入れてたんだから。 国籍不明




■ この動画は馬鹿げてる。
  タイは一度だって日本の植民地になったことはないぞ。 北朝鮮




■ まぁ、こんな感じになってたんだろうなって気はするね。 フランス




■ 日本はドイツと並んで、あの時代においてはハイテクな国家だった。
  だからみんなが考えてる以上のことが出来たはずなんだけどね。
  中国や他のアジアの国に自分たちを解放者だと思ってる人がいるけど、
  実際はイギリスやフランスにコントロールされてただけなんだよ。 アメリカ 




■ もし日本が中国全土を支配してたとしても、
  「日本王朝」はあっというまに消えてなくなってたと思う。
  満州は300年以上中国を支配してたけど、
  今の満州に住んでる人で満州語を話してる人なんて誰一人としていない。
  彼らの文化だって今はもう残ってないからね、
  歴史が教えてくれるよ。あの大陸を支配した国や民族は、
  結局は「中国」に飲み込まれていっちゃうんだ。 カナダ




■ 動画主は、戦線を広げすぎた帝国がどうなるかを分かってないね。
  あれだけ戦線を拡大させて中国に勝つなんて不可能だよ。 トルコ




■ 悔やまれるなぁ。パールハーバーにさえ手を出してなければ、
  おそらく日本だって戦勝国側だったのに。 マレーシア



   ■ ドイツはドイツで、ソ連に手を出さなきゃ欧州を支配してたね。 香港  



■ 日本が勝ってたら、それはつまりドイツも勝ってたってことでしょ。
  2カ国は、「戦後」について何度か話し合ってたんだよ。
  ソ連の領土をどうやって分けるのかとかね。
  この動画はそのソ連が入ってない。
  日本はインドやセイロン(現在のスリランカ)の統治にも関心を持ってた。
  だからこの動画は不完全だな。 アメリカ




■ まぁ、単純に中国は日本の一部にはなってただろうなぁ。 中国




■ 最終的に日本は、ロシアも支配下に置こうとしただろうね。 アイスランド




■ この動画は色々おかしい。まず中国はそんな弱くない。
  それにもし日本が中国全土を支配出来たとしても、
  50年ちょっとくらいしか持たなかったと思うよ。 
  そのあいだも、ずっと争いが起ってばかりだったろうし。 マレーシア 




■ タイは枢軸側だったんだ。日本はタイを占領してないよ。 タイ




■ あれだけアジアを支配しても、結局連合国には勝てない気がする。 国籍不明




■ もし日本やドイツの枢軸国側があの戦争に勝ってたとしたら、
  そのあとドイツは日本を攻めてただろうって考えてる人が結構いるよね。
  そして世界中でドイツ語が話されていただろうって。 アメリカ




■ 日本は結局中国を支配することはなかったと思うけどな。
  だって中国のバックにはソ連がいたわけだから。 アメリカ




■ そもそも日本は勝てるはずがなかったんだから仮定のしようがない。
  日本みたいな小さな国が隣国に攻め込むことができた。
  それだけでもう十分すぎるくらいにラッキーってなもんだよ。 アメリカ




■ 日本が欲しかったのは砂漠や平地じゃなくて、石油だろ。 アメリカ 




■ これだけの領土を攻めるだけの資源が日本にはなかったじゃん!!!
  当時の日本の人口で、あの広大な領域を支配するのは無理だ。 フィリピン



   ■ 米国が禁輸措置をとるまで、日本は資源に困ってなかったんだよ……。 ドイツ 



■ 当時の日本の工業生産能力はアメリカの10分の1程度。
  それに人的資源だってアメリカよりだいぶ少ない状態だった。
  日本がアメリカに勝てる可能性はほぼゼロに等しかった。 オーストラリア
 



■ 戦争に勝っても、オーストラリアを占領する気はなかったと思う。 オーストラリア




■ 中国全土を支配したとして、どう運営してくつもりだったんだろ。 トルコ



   ■ 当時の日本の人口で中国を統御するのは難しかっただろうな。
     たぶんだけど、沿岸部だけ占領する形をとって、
     あとは傀儡政権を作ったんじゃないかね。 アメリカ



■ 日本が真珠湾攻撃をしないでドイツとも同盟を組んでなければ、
  おそらくああいった世界になってただろう。
  ロシアの領土の一部も日本になってたとも思う。 エルサルバドル




■ 日本は、アジアが欧州から独立することを後押しした。
  勝とうが負けようが、日本の目的は達成されたんだよ。 +5 アメリカ



   ■ 物事を単純に考え過ぎだ。
     当時ヨーロッパ諸国は、戦争のせいですでに国力がガタついてた。
     日本は単に、彼らの背中を押しただけに過ぎないんだよ。
     しかも日本の後押しがなくたって、それぞれの国から、
     機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはずだから。
     それにアジア諸国が独立したのは、枢軸側が負けてからだろ。
     日本が勝ってたら、普通に日本が東南アジアを支配してたよ。 カナダ



■ 日本の戦略は、真珠湾攻撃でいかに米太平洋艦隊を叩けるかだったんだ。
  その作戦に失敗した時点で、日本の命運は決まってた。
  彼らは同時に英豪とも戦わなきゃならなかったんだから。 イギリス






  

「アメリカと戦争をしなければ……」といった意見がちょくちょく出てきてました。
多くの外国人が、「そもそも勝てる戦争ではなかった」と考えているようでした。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/08/01 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(538)




  1. そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
    俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ

    よくご存知で。
    [ 2014/08/01 23:02 ] [ 編集 ]
  2. アメリカのが先に攻撃した癖によく言うわ
    [ 2014/08/01 23:06 ] [ 編集 ]
  3. 済んだ事よ。死んだ人間が生き返る訳でもなし。
    [ 2014/08/01 23:08 ] [ 編集 ]
  4. 日本と言うより、まるでチンギス・ハーンの軍団ですな・・・・・・
    [ 2014/08/01 23:10 ] [ 編集 ]
  5. 大砲で脅して、無理やり開国させたくせにね。
    何がパールハーバーを攻撃しなきゃだよ。
    ハワイ王国を攻撃したのはお前らだろ。
    ついでに、インディアンを攻撃して、侵略したのもそう。
    そもそもの元凶は、アメリカだよ。
    日本のせいにするな!!
    [ 2014/08/01 23:13 ] [ 編集 ]
  6. 歴史にifはない
    どう話を膨らませようがほんとコレ
    勝者になろうが敗者になろうが、欧米の知ったか共にとっては、日本は悪の権化なんでしょ?
    [ 2014/08/01 23:14 ] [ 編集 ]
  7. >日本が勝ってたら、普通に日本が東南アジアを支配してたよ。 

    半分当たりかな?
    日本が目指したのはまさしく今のEUのようなアジア共栄圏で、欧米とソ連に並ぶ第三勢力を確立することだったから。
    [ 2014/08/01 23:17 ] [ 編集 ]
  8. まったく無知で出鱈目なおしゃべりを羅列して、
    何か役に立つことでもありますかね
    [ 2014/08/01 23:17 ] [ 編集 ]
  9. そもそも論なら日本の紡績技術の発達によるブロック経済化が原因
    ぶっちゃけ、大戦前にフライングタイガースを中国に送ってくる米国が奇襲だ何だとは片腹痛い。
    まぁ奇襲成功しても駄目だったろうがなぁ
    陸軍と海軍の戦略目標がずれてるし、
    海軍も戦果に酔ってインド洋まで出向くし

    やっぱ机上の空論ぶつ連中を頭に据えるのは間違いだ
    [ 2014/08/01 23:20 ] [ 編集 ]
  10. >しかも日本の後押しがなくたって、それぞれの国から、
    >機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはずだから。

    インフラも教育も武器もロクに無く立ち上がったってボコボコにされるだけだろが。
    [ 2014/08/01 23:20 ] [ 編集 ]
  11.  そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
      俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ


    なんで戦争に突入したかちゃんと知ってる外人がいてビックリだわ
    [ 2014/08/01 23:24 ] [ 編集 ]
  12. あの戦争に負けてよかった
    日本人は奴隷適正あるからいつまでも天皇万歳してたわ
    [ 2014/08/01 23:24 ] [ 編集 ]
  13. 朝鮮半島が内地のままって悪夢。
    [ 2014/08/01 23:25 ] [ 編集 ]
  14. 真珠湾攻撃は当時不可能と言われてたからこそ、それを成し遂げる事で講和を結ぼうとしてたのだが、外務省のヘマで不意打ち扱いになり、戦線を続けざるを得なくなったのが不幸の元。
    [ 2014/08/01 23:25 ] [ 編集 ]
  15. 無理やり開国させたとか
    どこの国もそこまで遡れば正当化できるわwww
    [ 2014/08/01 23:27 ] [ 編集 ]
  16. 仮に日本が勝ったとしても支配はしなかっただろう
    大東亜会議を開催した以上、日本もメンツがあるからな
    領土統治はしないが東アジア共同体の主国として、
    今のアメリカみたいに睨みをきかしている立場にはいたと思う
    しかし、産業革命は日本だけでなくアジア全体が発展していた可能性もあったな
    [ 2014/08/01 23:27 ] [ 編集 ]
  17. 避けられない攻撃ではあったんだよな。
    アメリカもすでに作戦立案が終わってる状況で、日本も閉じこもっておくのが不可能な状態。完全にアメリカの掌で踊った開戦だったからな。
    開幕で大打撃を与え、それを基にアメリカとは停戦するつもりだったってのが日本の当初の考えだったからね。
    正直、アジアから欧米の影響力排除するためには、遅すぎたって側面もあるよね。タイ以外は全て植民地になってたし、そうなる前に出ていれば少なからずあれだけ戦線を広げる必要もなかったとはおもう。

    本スレにもあるように、戦後再植民地化に動いた戦争や紛争は多々あるし、実質的に欧米の支配となってる部分もあるけれど、日本の敗戦によってアジアにおける欧米の影響力排除が叶ったというのは皮肉な話だよね・・・。
    [ 2014/08/01 23:27 ] [ 編集 ]
  18. タイの書き込みに涙が・・・。

    タイありがとうね。
    [ 2014/08/01 23:29 ] [ 編集 ]
  19. >朝鮮半島が内地のままって悪夢

    まぁその一点については負けて良かった論を手放しで支持できるw
    [ 2014/08/01 23:30 ] [ 編集 ]
  20. 中国が泣きついて日本に油の輸出を止め他の連合と対日制裁加えたのはどこだよ?他のスレじゃ皆知ってたようだけどね。ネット回線は無駄以外の何者でもない
    [ 2014/08/01 23:30 ] [ 編集 ]
  21. 農地改革してくれたからアメリカには感謝してる
    [ 2014/08/01 23:31 ] [ 編集 ]
  22. 当時の日本の人口で植民地を管理できないって意見があるが、だから現地の人間を徹底的に教育したってことなんだよね。
    真珠湾攻撃が無くてももちろんアメリカは日本に先制攻撃させようと、他の手を尽くしてきたと思うが、日米開戦を阻止できた可能性があったとすれば満州の利権を放棄すればだったと思う。
    [ 2014/08/01 23:32 ] [ 編集 ]
  23. 日本が欲しかったのは大東亜共栄圏。
    それ以上でもそれ以下でもないよ。
    まぁどちらにせよ戦闘が優秀でも戦争には勝てなかっただろうな。
    [ 2014/08/01 23:32 ] [ 編集 ]
  24. 補足だが実際には勝っても半島はいずれ独立していただろけどな。
    してもらわないと悪夢w
    [ 2014/08/01 23:32 ] [ 編集 ]
  25. ちゃんと歴史を調べた(と思われる)人とそうでない人の違いがよくわかるな。
    [ 2014/08/01 23:33 ] [ 編集 ]
  26. ※7
    そういう標榜は掲げていたけど、
    支配域を搾取してなかったのかというとそうでもないからねえ
    欧米ほど酷くはなかろうが、まぁ支配って言葉の定義に当てはまる程度には強い影響力を持ってたと思うよ
    [ 2014/08/01 23:34 ] [ 編集 ]
  27. >>10
    日本が敗戦した後のどっかの植民地に旧宗主国のフランスが再度攻め込んだけど現地に残った日本兵が原住民を訓練してたから再植民地化が出来なかったと聞いたな。
    [ 2014/08/01 23:34 ] [ 編集 ]
  28. 歴史にifはない

    結果的に日本は負けた
    そして結果的にアジアは開放された

    これが全て
    [ 2014/08/01 23:37 ] [ 編集 ]
  29.  
    ※12
    あの時代の日本は民主主義で天皇独裁政治では無かったし、天皇陛下と国民の関係は天皇陛下政治に参加していた事以外は今とさほど変わらないって事を知らないこう言う馬鹿って未だに居るんだ。

    後、天皇万歳して何か問題あるの?
    今の世界を見れば民主主義の方が遥かに酷いだろ。
    [ 2014/08/01 23:38 ] [ 編集 ]
  30. ※29
    それ、オランダがインドネシアにー じゃない?
    [ 2014/08/01 23:39 ] [ 編集 ]
  31. 記憶が間違ってなければですけど、L.A.ノワールというアメリカのゲームでも、アメリカが石油や鋼鉄の輸出を禁止をしたから日本が戦争に出る原因になった。と言っていたような。

    それに米軍人の間でも、日本が戦争決断したのはおかしい事ではないという声もあったんですよね。
    極東国際軍事裁判(東京裁判)に関してチャールズ・ウィロビー少将の言葉。
    「この裁判は史上最悪の偽善だった。こんな裁判が行われたので、息子には軍人になることを禁止するつもりだ。なぜ不信をもったかと言うと、日本がおかれていた状況と同じ状況に置かれたのなら、アメリカも日本と同様に戦争に出たに違いないと思うからだ」
    [ 2014/08/01 23:39 ] [ 編集 ]
  32. >しかも日本の後押しがなくたって、それぞれの国から、
    >機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはずだから。

    当時日本以外のアジア人は
    白人に勝てるなんて微塵も思ってなかったわけだろ?
    (インド曰く互角に戦ってる日本を見て
    自分達もやれるんじゃないか?という希望を持ったって話)
    長い事隷属してると気力も思考も奪われるし…それまでは
    そういう気概を持つ人は数える程だったんじゃなかろうか
    カナディアンの発言は挫折を知らない白人見解だね
    [ 2014/08/01 23:39 ] [ 編集 ]
  33. 負けて結果的に良くなることはあっても、負けていい戦争は無いわな。
    負けて消えた民族がいくつあるか…
    [ 2014/08/01 23:39 ] [ 編集 ]
  34. 戦争を戦った日本人は頑張ったね

    世界で何て言われようが、日本人はちゃんと見なきゃ駄目だよ
    どんなに悪く言われようと、私達が日本の歴史を守らなきゃ誰が守ってくれるの?

    当時の日本人は、よく立ち上がったよ
    今の私達に出来るかしらね
    [ 2014/08/01 23:40 ] [ 編集 ]
  35. とりあえずイスラエルは無かったと思う。
    [ 2014/08/01 23:42 ] [ 編集 ]
  36. 戦争に負ける
    左翼「天皇の戦争責任を追求せよ!」
    右翼「戦ったのはあくまで一人一人の兵士だ、天皇に責任は無い!」

    戦争に勝つ
    左翼「天皇の戦争功績を顕彰せよ!」
    右翼「戦ったのはあくまで一人一人の兵士だ、天皇に功績は無い!」

    とはならないだろうなぁ(笑)
    [ 2014/08/01 23:45 ] [ 編集 ]
  37. 少なくとも日本が勝ってたら中国、北、韓国みたいなグダグダの国は無かったし、チベットもウイグル平和だった。朝鮮戦争もベトナム戦争もなかった。イスラエルも無かったかもしれない。はたしてどっちがいい世界だったかねぇ
    [ 2014/08/01 23:46 ] [ 編集 ]
  38. >そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
      俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ

    良く知ってるねw
    自虐教育受けてるから日本人も知らない人多いよ
    [ 2014/08/01 23:46 ] [ 編集 ]
  39. 日本が真珠湾攻撃を仕掛けた時にはアメリカ空軍の精鋭パイロットと整備士と最新鋭機を民間人と私有戦闘機という名目で中国に送ってフライング・タイガースという義勇軍を組織し、何時でも日本と戦えるように準備を整えていたのにね。
    [ 2014/08/01 23:46 ] [ 編集 ]
  40. 日本が負けて、極東の番犬がいなくなったおかげで
    中国・ソ連・朝鮮半島と真っ赤赤な東アジアの出来上がりw
    下手打てば北海道もやられてかもしれんかったのに

    朝鮮半島・ベトナム・冷戦とアメリカは大変な目にあった
    日本と途中で講和してればこうはならなかっただろうに
    [ 2014/08/01 23:46 ] [ 編集 ]
  41. でも日本は負けて良かった

    日本が勝ってたら、今より国全体が豊かになってる可能性はあるけど、それ以上に今より国民が不自由になってる可能性が高い
    今の日本に生まれた事は、宝くじ一等に当たることの何万倍もラッキーだと思う
    [ 2014/08/01 23:47 ] [ 編集 ]
  42. 書かれるけどタイを併合した記憶は無いよ。その時点でこいつらの脳が知れる英語版のウィキにすらそんなホラ話はない
    [ 2014/08/01 23:48 ] [ 編集 ]
  43. ※32
    戦後、ベトナムに宗主国だったフランスが再度侵攻したとき、
    日本の義勇兵が一緒に戦いました。
    [ 2014/08/01 23:48 ] [ 編集 ]
  44. まさかの北朝鮮の正論
    [ 2014/08/01 23:49 ] [ 編集 ]
  45. 石油の確保を最大の目的にするならば、満州と北樺太だけ十分。
    過拡張したら、速攻で国が滅びるだろうが。
    動画主は、やり直し!
    [ 2014/08/01 23:49 ] [ 編集 ]
  46. 動画主は、戦線を広げすぎた帝国がどうなるかを分かってないね。
      あれだけ戦線を拡大させて中国に勝つなんて不可能だよ。 トルコ

    これは、一理あるよね。
    兵站伸ばして勝った戦なんてきいたことなし。
    太平洋攻略より大陸攻略のほうが、理想的だったかな。
    そうはいかない理由もあったんだろうけど。
    [ 2014/08/01 23:50 ] [ 編集 ]
  47. まだ国内での戦争裁判が始まっていない70年たっても
    誰がアメリカとつるんでいたか、全く議論されない
    [ 2014/08/01 23:52 ] [ 編集 ]
  48. >歴史が教えてくれるよ。あの大陸を支配した国や民族は、
    >結局は「中国」に飲み込まれていっちゃうんだ。 カナダ

    これも中華思想の一種だからな
    [ 2014/08/01 23:52 ] [ 編集 ]
  49. 紺碧の艦隊み手から議論すべき
    [ 2014/08/01 23:53 ] [ 編集 ]
  50. ※43
    勝って日本が自分たちで変わろうとは思わないのか・・・。
    あの戦争に勝って欲しかった、そしておかしいと思うところは自分たちで変えるべきだった。
    考えを押し付ける気はないけどさ。
    [ 2014/08/01 23:53 ] [ 編集 ]
  51. 幕末から昭和が終るまでの歴史を戯曲化したいと思っているが
    登場人物(国・民族)多すぎ、伏線絡み合いすぎ、壮大すぎで
    眩暈がしそうになる。
    [ 2014/08/01 23:53 ] [ 編集 ]
  52. まあまあ。日本の事情を知ってくれている外人さんのコメントがふえただけでも少しは喜びましょうよ。
    [ 2014/08/01 23:54 ] [ 編集 ]
  53. >まさかの北朝鮮の正論

    行間はわからないけどね。
    日本はそんなに強くないって言いたいだけかもしれないし
    [ 2014/08/01 23:54 ] [ 編集 ]
  54. ※46
    たぶん本物の北朝鮮人じゃないと思う、ネタで北朝鮮選んでるんじゃないかな。
    [ 2014/08/01 23:55 ] [ 編集 ]
  55. 勝ってたとしても破綻して自滅してたよ
    [ 2014/08/01 23:57 ] [ 編集 ]
  56. 仮にアメリカに勝ててたとしても今度はソ連がいたからな。両方に勝つのはどう足掻いても不可能だ。共産圏に飲み込まれるくらいなら、アメリカに負けたのが最良の結末だったんだろうよ。
    [ 2014/08/01 23:57 ] [ 編集 ]
  57. 日本の対中戦は領土的野心と宣伝されてるんだよな
    反共なのに
    それに領土じゃないが影響圏としての満州があったろ
    それ以上いらない

    日独共に反共戦に全く触れられないのを見れば、本質的にどこが対戦に勝ったのかは明らか
    [ 2014/08/01 23:58 ] [ 編集 ]
  58. 陸軍がバカで、海軍は国際情勢をわかっていたみたいな
    海軍善玉論が言われ続けてきたが
    このまま大陸の戦争が続くと、予算を全部取られると
    危機感を持った海軍が、無理やりアメリカとの戦争に
    もっていった説が有力になりつつある
    [ 2014/08/01 23:59 ] [ 編集 ]
  59. 日本が戦わなかったらアジアは今の中東やアフリカみたいになったと思う
    日本のおかげで独立したなんて言うべきではないと思うけど、
    同様に放っておいても勝手に独立したみたいなことは支配してた側が言うことではないね
    [ 2014/08/02 00:01 ] [ 編集 ]
  60. 普通に考えて、中国を完全制圧してたとしてもあれだけの国土、直接統治とかないでしょ。
    当時の日本の国力じゃ不可能だし。
    精々傀儡国家作って間接統治した上での大東亜共栄圏じゃない?
    その為に南京政府とか作ったと理解していたが。


    [ 2014/08/02 00:01 ] [ 編集 ]
  61. こう言う話題で「どうせ勝てなかった」とか言う奴ウゼー
    ifの話して楽しんでるんだから入ってくんなや
    [ 2014/08/02 00:01 ] [ 編集 ]
  62. 勝ってたなら今でも軍国主義で北朝鮮みたいに自由もなにもなかっただろうね
    [ 2014/08/02 00:02 ] [ 編集 ]
  63. 勝てたのに勝てなかった日本。
    当時アメリカ本土に攻撃できた日本軍はほんとすごい。
    英霊の方々には頭があがりません。
    [ 2014/08/02 00:02 ] [ 編集 ]
  64. 脱北者かも
    [ 2014/08/02 00:03 ] [ 編集 ]
  65. 日高義樹が書いてたが、
    ベトナム戦争のとき、アメリカ軍が200名以上の戦死者を
    出し、ほとんど全滅状態になりながら基地を守った戦いがあり
    記者会見に出た米軍人が、
    「我々は玉砕覚悟で基地を守った」と言ったら、
    日本人記者が「200人も死者が出て勝ったと言えるのか」
    と聞いてきたそうだ。
    あとで日高がその軍人に会ったとき
    「日本人には失望した。日本人なら賞賛するべきだ」
    と怒っていたって
    [ 2014/08/02 00:04 ] [ 編集 ]
  66. 軍国主義とか言ってる馬鹿がいたわw
    [ 2014/08/02 00:04 ] [ 編集 ]
  67. 世界2位の経済大国にはなれてなかったかもね
    ややこしい駆け引きをアメリカに任せて国力増強に集中できたからこうなったんだし
    [ 2014/08/02 00:06 ] [ 編集 ]
  68. ま、日本はここまで発展しなかった可能性の方が高いわな。
    [ 2014/08/02 00:06 ] [ 編集 ]
  69. 終わった話を グダグダ言うんじゃないよ、今でさえ日本はアメリカに
    適わないのだ。
    [ 2014/08/02 00:07 ] [ 編集 ]
  70. 真珠湾攻撃の前に、既に米軍は日本に対して攻撃を開始してたと言うのに・・・
    フライングタイガースとか知らないのか
    [ 2014/08/02 00:07 ] [ 編集 ]
  71. 明治以降、日本の最大の仮想敵国はロシア・ソ連だったのにな
    転換点はロシア革命でないかな
    コミンテルン世界赤化計画
    赤化の種を蒔いて罠を張り他国同士を戦わして横取り
    上手い戦略戦術だと思うけど
    [ 2014/08/02 00:08 ] [ 編集 ]
  72. 勝てないのは知って開戦したし、仮に勝ったとして他を統治する能力などなかっただろうし独立運動があちこち起きてたはず。戦中後期にすらあちこちで起きたんだから
    [ 2014/08/02 00:08 ] [ 編集 ]
  73. そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
      俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ


    アメリカ人はこれ分かってるのね。
    日本は戦争するしかない状況だったってことを世界は知ら無さ過ぎるのではないだろうか。
    奴隷に成り下がるなら別だが。
    [ 2014/08/02 00:09 ] [ 編集 ]
  74. その日本人記者とやらは辛勝って言葉も知らないのか?
    [ 2014/08/02 00:09 ] [ 編集 ]
  75. 米53
    それ,面白そう
    第一部のラストは,是非とも土方歳三の死で幕を引いて欲しい
    [ 2014/08/02 00:09 ] [ 編集 ]
  76. ※65
    北朝鮮とは全然違う、東條さん辞職してたし。
    [ 2014/08/02 00:10 ] [ 編集 ]
  77. ※52
    民主主義でもないのに「自分達で変わる」とか無い無い
    国家体制としては今の中国みたいなもんだぞ
    [ 2014/08/02 00:10 ] [ 編集 ]
  78. 韓国はいまだ日本領…
    [ 2014/08/02 00:10 ] [ 編集 ]
  79. あと「歴史にifは無い」なんて言う奴もウゼー
    じゃあドラえもんのもしもboxの話してもあれか、もしもの世界なんか
    無いって言うのか
    想像力の欠片も無い奴は話に入ってくんなや
    [ 2014/08/02 00:12 ] [ 編集 ]
  80. 日本は外へ出ての戦い方を知らなすぎた。

    秀吉の朝鮮征伐も、朝鮮は地域対立も激しく、
    貴族支配に民衆は反発もしていたので、最初は日本軍を
    解放軍のように見るむきもあった。
    うまく懐柔すれば、連中を手下として使えたかもしれないが
    やったのはその逆。まるごと敵に回してしまった。
    秀吉は国内じゃその戦法が得意だったはずなのに。

    中国でも、自分に利益がありさえすればいい軍閥たちを
    もっとうまく使えたはず。
    どうもそういう裏取引みたいなのを嫌って
    敵は敵、味方は味方とまじめにやりすぎた
    [ 2014/08/02 00:14 ] [ 編集 ]
  81. 【大東亜会議七十周年記念大会】第一部記念講演[渡部昇一、スルヤ・ボース、ヘンリー・ストークス]ノンカット字幕付〔会公式動画〕
    ttps://www.youtube.com/watch?v=AgGCWpIuDGQ

    元NYタイムス東京支社長へンリー・ストークス
    >1:27:39
    >日本は第二次大戦でアジア諸国に侵略したとされますが、
    >どうして侵略した国が、侵略された国の青年に軍事教練を施すのでしょうか。
    [ 2014/08/02 00:14 ] [ 編集 ]
  82. 負けたからこんな、のほのんとした質問が出来るだよ〜
    [ 2014/08/02 00:14 ] [ 編集 ]
  83. 民主主義から以降するのは独裁政だな。カエサル、ヒトラー…。
    体制を変えてきたのは民主主義ではなく、一握りの天才だ(シロッコ略)
    [ 2014/08/02 00:14 ] [ 編集 ]
  84. ファンタジーは好きなクセにな
    [ 2014/08/02 00:15 ] [ 編集 ]
  85. もし、あの戦争に勝っていたら、エラのはった日本人が「ウリナラが世界の宗主国ニダ~♪ウリが世界のご主人様ニダ~♪」と世界中で威張り散らして、今頃、日本は「悪の枢軸国」となって日本vs.世界の第三次世界大戦が起きていたと思うの。
    [ 2014/08/02 00:15 ] [ 編集 ]
  86. 移行と独裁制に訂正
    [ 2014/08/02 00:16 ] [ 編集 ]
  87. マッカーサー自身がアメリカ議会で
    「日本の戦争は、ほとんど自衛のためのものだった」
    と証言してる。
    渡部昇一がその議事録をアメリカの先生に紹介したら
    「ぜひ授業で使いたいから」
    とコピーしていったって

    またこれは証言ではないが、マッカーサーは
    「日本がアジアの共産主義を食い止めていた。
    日本をつぶしたせいで、アメリカがその役割をする
    ことになった」とも言っていたという
    [ 2014/08/02 00:17 ] [ 編集 ]
  88. カナダは意図がわかってねーな
    [ 2014/08/02 00:18 ] [ 編集 ]
  89. ※80
    明治維新とかもあったし、変わり方はわからないけど変わらないとは言い切れないと思う。
    それに、東條英機さんなんかも選挙で選ばれてませんでしたっけ?
    戦争末期はダメなところもあったと思いますが。
    [ 2014/08/02 00:21 ] [ 編集 ]
  90. 歴史にifはない。うん、正論。ただ、以前弟の歴史の先生が日本軍がパナマ運河を壊滅させてれば勝機はあったという話を聞いた時は面白かった。今でこそアメリカ西海岸もそこそこ発展してるがアメリカの政治、経済、軍事の重要拠点は東海岸に集中してる。元々がヨーロッパからの移民で成り立ってるからヨーロッパに近い東海岸から発展。だから軍艦だろうが船だろうがみんなパナマ運河通らないと太平洋に行けないんだよ。じゃないとアラスカの方から来るか南米の方から遠回りするしかない。だからパナマ運河徹底的に破壊しておけばアメリカからアジア方面への攻撃は相当非効率になる。日露戦争時に同盟関係のイギリスがロシアの邪魔をしてくれたお陰でロシアの艦隊が遠回りせざる負えなかったのとおんなじ感じ。
    [ 2014/08/02 00:23 ] [ 編集 ]
  91. 歴史にイフは無いって、この前、日本とドイツが勝った並行世界からヨーデルビデオが届いたばかりじゃまいか
    [ 2014/08/02 00:25 ] [ 編集 ]
  92.  
    どっちにしろアメリカは参戦したがってたし、どっかで武力衝突が起きて戦争突入になってたんじゃない?ただもっとアメリカ国内の雰囲気を利用できればよかったなとは思うけどあの時代のあの状況だからね。

    それに当時の自国以外は同じ文化圏・歴史を共有してる国家ばかりに囲まれてるストレスってそうとうあったろうと思うよ。
    どっちにしろ負けたが色々学んだし、戦後70年反共やアジアの安定の為に戦勝国のアメリカ様が代わりにその血で面倒見てくれたしこれからもそうして欲しいところ。
    [ 2014/08/02 00:25 ] [ 編集 ]
  93. 過去の歴史に学ぶ点があるというなら、
    仮定の歴史について論じても意味がないということはない
    と思うけどな
    [ 2014/08/02 00:30 ] [ 編集 ]
  94. 何故、日本が日本なのかを
    理解する外人はいないんだな
    安心したよ
    [ 2014/08/02 00:31 ] [ 編集 ]
  95. 白人が世界中の有色人種を皆殺しにするか奴隷にするかしていた自覚が全くないw
    世界史を時系列で理解していれば至極簡単に日本は侵略者でない事が分かるね。
    260年以上奴隷制度もなく豊かで平和で持続的発展しているが故に他国に資源も労働力も頼らない国だった日本に、
    白人はアジア中にある植民地を拠点に日本に武力干渉して不平等条約で植民地寸前まで追い込んだ。
    当然日本は武力干渉の拠点である白人の植民地を叩きにいった。
    戦後マッカーサーが公述した通り日本は正当防衛の自衛戦争だったということ。
    パールハーバーが始めではないという事。
    日本軍は白人の軍隊と白人にアジア人を売ったシナ人と戦ったのであって朝鮮人は勿論、東南アジアの人々と戦ったわけではない。
    アジア人で日本に文句があるなら先にアジアや日本に侵略してきた白人列強に言ってくれとなる。
    それとも白人に領土を与えて日本への侵略に加担したのかと。
    そして日本が白人を追い出した後に独立させなかったのは当たり前だが独立させてもすぐに白人に再侵略されるから。
    日本の敗戦後インドネシアにオランダが舞い戻ってきたように。
    [ 2014/08/02 00:32 ] [ 編集 ]
  96. IFを考えるというのは言わば壮大な反省会。無論それ自体は悪いことじゃあない
    [ 2014/08/02 00:32 ] [ 編集 ]
  97. 国際連盟では、日本は
    常任理事国、5大国のひとつだった。

    リットン調査団もただの勧告で強制力はない。
    むしろ、「あからさまにやりすぎだからもうちょっと
    うまくやれ」みたいなもの。

    無視して国連に居座っててもよかった。
    なのに、キレて脱退
    [ 2014/08/02 00:32 ] [ 編集 ]
  98. 連呼厨がわくぞーー
    [ 2014/08/02 00:33 ] [ 編集 ]
  99. 国連脱退は馬鹿の極みだよね・・・
    あの判断はありえない
    リットンは十分日本側に考慮してくれたのに
    [ 2014/08/02 00:34 ] [ 編集 ]
  100. もしもWW2を上手くやり過ごしてたとして
    その後のソ連にどう対処してたんだろ。
    [ 2014/08/02 00:35 ] [ 編集 ]
  101. ※5
    どこまで遡ってんだよww
    朝鮮人か
    [ 2014/08/02 00:36 ] [ 編集 ]
  102. 世界に銃を輸出できるほどの織豊政権が続いていればどうなっていただろう…などと
    [ 2014/08/02 00:36 ] [ 編集 ]
  103. 戦中に日本が白人を追い出した国々を集め大東亜会議が開かれた。
    その会議では白人の植民地主義への抵抗の理念が宣言された。
    戦後にインドネシアで開かれたアジアアフリカ会議では大東亜会議の理念の文言をそのまま引用され、
    先進国のなかで唯一日本だけが招待されアジア解放への感謝の意を受けました。
    因みになんと中国も参加しています。
    まだ戦勝国史観の嘘が世界中に浸透しきれていない時代の話ですね。
    [ 2014/08/02 00:39 ] [ 編集 ]
  104. やっぱり外人バカなんだろうな
    [ 2014/08/02 00:39 ] [ 編集 ]
  105. *106
    信長が世界に打って出てたら、日本という国としては
    大きなアジア帝国を作ってたかもしれんが
    信長は能力があれば民族問わずに要職につけただろうから
    今の多民族大陸国家みたいな、雑多な文化で混血もすすむ。

    文明としての日本は消えていただろう
    [ 2014/08/02 00:40 ] [ 編集 ]
  106. >朝鮮と別れた事は大変ありがたく思っています

    そうなんだけど、なんか残糞感がハンパない
    [ 2014/08/02 00:41 ] [ 編集 ]
  107. 歴史のifを議論するなら1919年を考えるべきなんだよ
    日本の提案を拒否したことに比べれば真珠湾攻撃や原爆投下は、
    歴史の必然と呼べるレベルの話
    [ 2014/08/02 00:42 ] [ 編集 ]
  108. アメリカが石油禁輸を決めたとき、アメリカの
    石油会社から「こっそり売ってやろうか」と
    打診があったが、日本はもちろん拒否。

    どうも日本はまじめというか、不器用というか
    バカ正直すぎないか
    [ 2014/08/02 00:44 ] [ 編集 ]
  109. ※111
    残糞感w確かに、密入国してきた人間が今でもいるしね。
    [ 2014/08/02 00:45 ] [ 編集 ]
  110. そうかな?世界帝国って本国は意外と元のままじゃね?
    [ 2014/08/02 00:45 ] [ 編集 ]
  111. 百済はまだいいよ。朝鮮人の直系の先祖じゃないし。
    新羅統一王朝以降の移民は…まぁノーコメント。
    [ 2014/08/02 00:53 ] [ 編集 ]
  112. まだ世の中は歴史のIFを言える段階にすらない。
    なぜならまともに史実を知りもしないではないか。
    大方の史実を知った上でなら、「もしこうなっていたら」と話すのも有益かもしれないが、何も正確なことも知らないし、むしろ間違いだらけの知識でIFを語っても混乱に混乱を重ねるだけだ。
    まずは史実を知ること、探ることからだ。

    アメリカの保守団体ではすでに「ヴェノナ文書」を基にして東京裁判史観の見直しや、開戦時の大統領であるルーズベルトの戦争責任の検証も始まっているぞ。
    「真珠湾攻撃はルーズベルト政権内部のソ連スパイによる工作だ」と断言するアメリカ人もいるのだ。
    アメリカの一般大衆もさっさと自分たちの歴史の恥部に気づいてもらいたいものだ。
    [ 2014/08/02 00:59 ] [ 編集 ]
  113. 当時の米国の基本戦略のひとつ、海軍力がどの国よりも上位であること、それを脅かす存在があればいかなる手段を用いても排除する。

    そして
    田中上奏文事件

    すべてはここから始まった
    米国のどの勢力なのか、それとも米国ではない別の勢力なのか複数なのかは俺にはわからない・・・
    [ 2014/08/02 01:00 ] [ 編集 ]
  114. 戦争中、日本はドイツの優れた航空エンジン、
    ダイムラーベンツDB600型系のライセンスを購入した。
    今の価値で十数億円かかった。

    ところが日本の陸軍と海軍は全く連絡し合わず、
    同じエンジンに対し別々に同じ金額のライセンス料を払っているのだ。
    ドイツでは「日本には国が2つあるのか」と不思議がった
    という。

    エンジン生産は、陸軍は川崎航空機、海軍は愛知航空機
    と別々で、二つのメーカーは図面の検討も
    説明書の翻訳も別々にやらねばならなかった。

    陸軍と海軍はいつもこの調子で、海軍はあてに
    できないからと言って、
    陸軍だけで航空母艦や潜水艦の製造に乗り出していたのだから話にならない。
    [ 2014/08/02 01:02 ] [ 編集 ]
  115. もし日本が戦争に勝っていたら、
    満州国は、日本の兄弟国として、東洋におけるアメリカ合衆国みたいな
    超大国になっていただろう。
    [ 2014/08/02 01:05 ] [ 編集 ]
  116. 元自だけど海自にも伝統伝統言ってる奴がいるんですよ。
    白村江ぐらいから海戦やってるならまだしも、連携の方がずっと大切なんですけどね。
    [ 2014/08/02 01:08 ] [ 編集 ]
  117. くだらん。
    歴史にifはない。
    そして、アメリカに勝つことは不可能。
    今も。
    アジア方面だっていつ瓦解するか。
    工業化が立ち遅れてるのに兵站維持どーするんだよ(笑)
    こんだけ莫大な超々距離輸送。アホか。
    [ 2014/08/02 01:09 ] [ 編集 ]
  118. 東南アジア諸国の独立には日本の後押しが
    めっちゃ重要なことだったんだけどねえ
    日本が施した軍事訓練の賜物だろう

    何百年も愚民化されてたのに
    どうやって立ち上がれたんだろうねえw
    [ 2014/08/02 01:11 ] [ 編集 ]
  119. >日本の陸軍と海軍は全く連絡し合わず、
    同じエンジンに対し別々に同じ金額のライセンス料を払っているのだ。
    ドイツでは「日本には国が2つあるのか」と不思議がった

    それデマ。

    実際は、一括で導入したものを陸海軍で別にハンコ押しただけ。
    近年になって、真相が判明してるので、ご参考まで。
    [ 2014/08/02 01:15 ] [ 編集 ]
  120. >海自にも伝統伝統言ってる奴がいるんですよ。

    な~に~?やっちまったなぁ!男は黙って、八艘跳び!
    [ 2014/08/02 01:18 ] [ 編集 ]
  121. 海軍が真珠湾に行ったのは、
    1、国家の要請として、南方への進出がどうしても必要だったから。
    2、その為に基幹兵力の一部(第二艦隊)を抽出され、ただでさえ危なかった漸減邀撃が完全に破綻したから。

    最低でもこれだけの事は押さえとかないと、なぜ真珠湾に無理を掛けていったか分かんなくなります。

    「山本提督が伝統の漸減邀撃をしてたら~」
    というのは、国家戦略より海軍の要望を上にしろという事。第二艦隊無かったら、絶対勝てないから。


    ここら辺の事を書いてる戦史叢書・ハワイ作戦は、真珠湾の話題をするときの基礎資料なんで、みんな見てね~(宣伝)
    [ 2014/08/02 01:23 ] [ 編集 ]
  122. 千島列島について誰も突っ込まないのかw
    [ 2014/08/02 01:24 ] [ 編集 ]
  123. そもそも勝てる要素なんかない
    いい勝負はできる可能性はあった
    だがそれも自分から捨てた
    楽観とおごりによる自軍の過大評価と敵軍の過小評価
    火器や兵站の軽視
    精神論だけの現実的根拠の無い無理押し
    その結果がミッドウェーやガダルカナルでの惨敗
    ただでさえ初戦での圧倒で講話に持ち込むという
    小さな可能性にすがっただけ
    だが講話仲介者もいない国力が劣勢の国にとっては
    少しでも膠着状態になったり勢いを失った時点で望みは一切なくなる
    できるのは総玉砕のみで天皇が降伏を決断しなければそのつもりだった
    結局、誇りのために戦ったくせに、結果は米国追従
    それなら戦争などせず初めから大陸の利権を一切手放してでも
    戦争を避けていれば敗戦の責任を負わない軍事力を保持した日本のままでいられた
    あくまで連合国の一員となっていれば常任理事国には中国でなく日本がなっていた可能性が高い
    朝鮮分裂はなかったとしても、ソ連や中国の侵攻はあったかもしれない
    その場合は米国などの西側がついた日本が主力として防ぐために戦ったろうが、そのせいで疲弊して高度経済発展は遅れたかもしれない
    しかし、同じ米国の下につくとしても、そのほうが今頃どんなに堂々としていられたか
    敗戦による今も負わされてる様々な理不尽は負わずにすんだ

    まあ欧米の要求に屈して戦争を避けようとすれば、情勢の読めない国民が黙っちゃいなかったろう
    天皇の身まで国民自身の手で危険にさらしたかもしれないし
    財閥が解体されず、農地解放が遅れ、今のような自由の大きい民主国家になれてたかどうかは分からない

    [ 2014/08/02 01:25 ] [ 編集 ]
  124. そもそもマニフェストに戦争しないって書いてたから
    あゝいう作戦だったんでしょ。
    敵ながら見事だったと思うよ。
    [ 2014/08/02 01:28 ] [ 編集 ]
  125. 太平洋戦争に関しては日本の自衛戦争である部分が大きいって米国の有識者ですら言ってんのに、未だに日本が一方的に戦争始めたと思ってる連中がいるんだな。
    ハルノートくらいは知っとけよって言いたい。
    [ 2014/08/02 01:28 ] [ 編集 ]
  126. 真珠湾攻撃以前から日本に対して通商破壊戦を
    行っていただろうが。明らかな戦争行為だ。
    [ 2014/08/02 01:36 ] [ 編集 ]
  127. まぁ ifはifだ 思考実験としてはおもしろいけどもそれ以上ではないからなぁ

    俺としてはifよりも今後どうなるかのほうが気になるな
    [ 2014/08/02 01:40 ] [ 編集 ]
  128. 歴史にIFは無いが朝鮮に係わってしまったのがそもそもの間違い
    只それだけorz
    [ 2014/08/02 01:40 ] [ 編集 ]
  129. HoI3でもやってろ
    [ 2014/08/02 01:43 ] [ 編集 ]
  130. >信長が世界に打って出てたら

    打って出るかな。日本が打って出たのは大和朝廷、豊臣政権、大日本帝国と、いずれも統一政権時代。信長って意外に放任主義なんだよね。生きていたら朝廷を滅ぼしていたとか言われているけど、朝廷に泣きついたりしているし、古代中国好きの信長が帝と王の違いも判らないバカとも思えないし、プロパガンダ臭いんだよな‥
    [ 2014/08/02 01:43 ] [ 編集 ]
  131. ■ 日本は、アジアが欧州から独立することを後押しした。
      勝とうが負けようが、日本の目的は達成されたんだよ。 +5 アメリカ

    ほぼコレじゃないの。
    当時の人種差別主義国たちは少し反省してもらいたいw
    [ 2014/08/02 01:44 ] [ 編集 ]
  132. 何で皆要点を飛ばすんだろね。

    太平洋戦争の発端になった米国のハルノートはソ連スパイが作成、日本軍が大陸で戦っていたのは共産主義陣営、これを終戦後知った米国は赤狩りを行い、日本を共産圏から守る為に朝鮮戦争で戦い、日米安保条約っていう米国が一方的に日本を守る条約まで締結してる。いつの間にか同盟にすり替わったけど。

    ソ連もアメリカもドイツと日本を配下に置くことに必死だったんだよ。
    [ 2014/08/02 01:50 ] [ 編集 ]
  133. 単純な軍事力の強さって点じゃ当時の日本軍は中国より圧倒的に強かった。
    問題は中国の広大すぎる国土にある。

    いくら局地戦で圧勝しようが、あの広すぎる国土を支配するには、日本軍程度の規模じゃ全然足りない。
    あちこち逃げまわられて補給線を無駄に延ばされたあげく、補給を絶たれて終わる。
    現に第二次世界大戦はそれをやられて結局中国を制圧することができなかった。

    日本の軍隊は強いが、他国を制圧するには数が圧倒的に足りない。
    秀吉の朝鮮出兵の際も、雑魚朝鮮軍相手に局地戦では常勝だったが、無駄に補給路が伸びた為、そこを寸断されて制圧は失敗に終わった。

    朝鮮半島程度の国土すら、日本が制圧するにはもてあます程の広さなんだよ。
    日本の軍事力はいつの時代も、質はともかく数が足りん。
    日本と帝国主義はあまりに相性が悪すぎる。

    現在の自衛隊の専守防衛ってのは、日本の軍隊の実力を発揮する上では一番理想的かもしれん。
    [ 2014/08/02 01:51 ] [ 編集 ]
  134. 戦争ネタになると張り切って長文書き込む人が現れるよね。

    つまらない人生を送ってそう。
    [ 2014/08/02 01:53 ] [ 編集 ]
  135. アジア解放のためだったとか言って正当化するのも見苦しいよ。インドネシアの教科書では史上最悪の時代だったと書かれてるし、フィリピンの独立は日本のせいで遅れたって事実もある。
    [ 2014/08/02 01:54 ] [ 編集 ]
  136. まあ逆にホラーだよな
    おそらくはチャイナで選挙権を求める運動が始まって
    与えれば日本じゃあなくなるし与えなければ泥沼の内戦
    [ 2014/08/02 01:55 ] [ 編集 ]
  137. あのとき真珠湾を攻撃して、一時的でも不能にしたから、日本はあの程度の被害で済んだんだがなw
    あの無差別大虐殺を「あの程度」と言ったら叩かれるだろうけどw
    [ 2014/08/02 01:55 ] [ 編集 ]
  138. これ、もし勝つっていうか敗戦国にならなかったらならなかったらで戦後は単独でソ連&中共と冷戦or戦いアメの言いなりにならない代わりに後ろ盾も得られず植民地を賄わなきゃならず…って、史実(敗戦した場合)よりも状況悪化な地獄みたいな事になってたんじゃないの?
    [ 2014/08/02 01:59 ] [ 編集 ]
  139. 日本は資源に枯渇してたから
    他国にたよらないといけない現状をかえるために動いたんだろ

    結局、どの時代、どこの国でも侵略戦争の理由は同じ
    [ 2014/08/02 02:00 ] [ 編集 ]
  140. 冷静に物事を見れている欧米人と、日本というアジア人による正義が許せない欧米人の差が面白いね。
    [ 2014/08/02 02:02 ] [ 編集 ]
  141. フィリピンの占領をアメリカが黙認するだと?!
    ifにも程があるww
    [ 2014/08/02 02:06 ] [ 編集 ]
  142. 今年はゴジラに生まれ変わった英霊達が
    アメリカにリベンジしたよね
    三島由紀夫の予言的中です。
    [ 2014/08/02 02:08 ] [ 編集 ]
  143. 日本は中国からの撤退を断固として拒否していた。
    理性よりも感情が許さない、陸軍の頑固一徹のためだった。
    「死んでいった兵隊に申し訳ない」これだけのためだ。
    日本はもう柔軟性を欠いていたんだ。
    [ 2014/08/02 02:14 ] [ 編集 ]
  144. 戦後、冷戦状態の中でアメちゃんは多大な国費を費やしました。
    世界中で代理戦争、キューバが片付いたと思ったら今度はベトナムです。

    アメ「(*´Д`)ハァハァ・・・何で俺達、こんなに大変なんだ?」
    アメ「共産の防波堤だった日本を、俺達が潰したからじゃねーか・・・」

    気がついたら自動車も電車も船も、電球さえも、
    日本とドイツのものに成っていました。
    [ 2014/08/02 02:17 ] [ 編集 ]
  145. 139
    お前のほうがつまんない
    [ 2014/08/02 02:22 ] [ 編集 ]
  146. 負けて軍隊ナシにされて、軍事につぎ込むはずの資金人材技術なんかをそれ以外に使ったからすごく発展したんだって聞いたことあるから、そうじゃなかったらどうなってたかと思ってしまうなあ

    それにしてもいろんな考えに人がいて、もしも話は面白いね
    [ 2014/08/02 02:24 ] [ 編集 ]
  147.   
    あの戦争に負けて良かった
    東南アジア諸国はともかく
    大陸のあんな連中の面倒をみなきゃならないとか
    地獄だわ
    [ 2014/08/02 02:33 ] [ 編集 ]
  148. 一応お札貼っておきますね。

    六四天安门事件
    六四天安門事件
    ライダイハン
    [ 2014/08/02 02:43 ] [ 編集 ]
  149. バヌアツ、北朝鮮、エルサルバドル
    こんばんは(^-^)
    [ 2014/08/02 02:46 ] [ 編集 ]
  150. 大和朝廷「おい唐がヤバイらしいで。よし!やられる前にやるで」

    豊臣政権「おいイスパニアがヤバイらしいんだわ。よし!やられる前にやるしか手はにゃあも」

    大日本帝国「おいロシアがヤバイんでごわす。よし!やられる前にやるしかないでごわす」

    「じゃどん、メリケンが難癖つけてきたでごわす」

    大日本帝国「なんとー!」
    [ 2014/08/02 02:51 ] [ 編集 ]
  151. そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
    俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ

    結局はアメリカの強欲さが原因なんだよね
    これなかったら太平洋戦争なんてなかった
    [ 2014/08/02 02:54 ] [ 編集 ]
  152. 南進して資源欲しいから真珠湾攻撃したのに
    真珠湾攻撃無くして南進は有り得ない
    [ 2014/08/02 02:55 ] [ 編集 ]
  153. 半島手に入れる
    満州押さえてないと不安
    満州手に入れる
    中国からのちょっかい酷くなる
    やめてよーって争ってたら
    アメリカ怒り出すって連鎖
    [ 2014/08/02 03:00 ] [ 編集 ]
  154. もし日本が真珠湾を攻撃していなかったら、日本は植民地になっていただろう。アフリカの様にこき使われるのか、中国の様にアヘン漬けにされるのか。つまりアメリカ・ヨーロッパのさじ加減で飼い殺し。それよりは玉砕を選んだだけ。
    [ 2014/08/02 03:07 ] [ 編集 ]
  155. アメリカ発の世界大恐慌がWW2の主因。
    [ 2014/08/02 03:13 ] [ 編集 ]
  156. 外国人でもこんなこと考えるんだね
    みんな自分なりの意見を持って答えてたのが少し意外だった
    [ 2014/08/02 03:14 ] [ 編集 ]
  157. 原油と金属資源が枯渇しては日本の衰退は必至。
    オイルなしでは軍備は使いものにならず、まずはソ連に攻め込まれて
    他のアジア諸国と同様に西洋列強の食い物にされていただろうね。
    [ 2014/08/02 03:20 ] [ 編集 ]
  158. そういえば英豪なんてのも居たな ってレベル
    そもそも日本が戦線の拡張に乗り出した理由はお前らの禁輸だろうがと
    ほんとうは満州の維持のために国民党と共産党を潰すだけの戦争だった
    [ 2014/08/02 03:26 ] [ 編集 ]
  159.  
    ピックアップしただけだろうけど割と判ってる連中も多いのな
    [ 2014/08/02 03:39 ] [ 編集 ]
  160. 機動艦隊を封じて早期講和に持ち込みたかったから。当時アメリカ唯一の主力艦隊が集結していたと事前に情報が得られていた真珠湾奇襲を立案した。開戦前にシュミレートがされていて勝てないと知ったので期間限定なら暴れることができると山本の発言も残ってる。
    [ 2014/08/02 03:45 ] [ 編集 ]
  161. もしも日本が勝ってたら、というより、
    もしアメリカ大陸が存在せずに日中戦争が周辺に飛び火してたら、
    といった感じの動画だな。
    [ 2014/08/02 03:50 ] [ 編集 ]
  162. ハルノートを「事実上の宣戦布告と見做す」
    と激しく非難しておけばよかったのだがなあ。
    ルーズベルトは戦争をやりたがっていたが、
    アメリカ国民は厭戦気分であったというのが本当であれば、
    ハルノートの非難をした上でアメリカは放置でよかったかもしれん。
    あっちが宣戦布告してきたとしても国民の後押しがなければ戦線維持は難しいよ。
    とにかく宣戦布告なしに真珠湾を攻撃したのを最大限利用されちゃった。
    国際連盟脱退以上に政治的敗北だったと思うよ。これで日本が講和する目はなくなった。
    別にアメリカに勝つ必要はない、
    講和できればよかったのだがそれができなくなったところで詰みだった。
    そこで早々に手を上げて降伏しておけよなと思う。どうあっても悲惨な負けしかないもの。
    [ 2014/08/02 04:06 ] [ 編集 ]
  163. 海外反応系のサイトって見ると何も理解してない外人に腹立つけど、みちゃうんだよな。
    [ 2014/08/02 04:14 ] [ 編集 ]
  164. ドイツも日本も開戦に踏み切るしかない状態になってしまった外交の失敗の結果。
    今の北朝鮮が日本に戦争仕掛けるくらいの国力差があったんだから勝てないよ。
    [ 2014/08/02 04:24 ] [ 編集 ]
  165. 物事を文面通りにしか読めない、短格的にしか判断できない幼稚園児みたいな連中の主観で能書き垂れられていては話しにならない

    そもそも日本がいきなり真珠湾を襲ったという認識自体が思考が停止してる
    一方的な都合で物事を観てる、或は浮辺だけの事象しか視野にないから何故そうなったかを客観的に捉らえる思考が湧かないのだろう

    WW2に関しては新たな事実が最近次々に明るみになってきてる。
    本当のことを知りたいと思えばいくらでも知れるが、知ろうともしない連中の浅はか知識披露もネットの風物詩だね
    [ 2014/08/02 04:25 ] [ 編集 ]
  166. 日本の究極目的は自存自衛で
    陸軍の主敵はソビエト海軍の主敵はアメリカ
    これは戦前から間違いない対ソビエト前線基地かつ策源地が満州
    満州が安定すれば陸軍が攻められることはないし、海軍も
    アメリカと戦う必要なんてない
    満州が経済的に潤ってくると そこに侵入して悪さを働く中国人
    当然排除すべく警察が動くも相手は変に武装(軍閥かつ馬賊)
    じゃあ関東軍一部だして追い払うか→中国領へ逃げ込む→抗議
    蒋介石なにもせず(できず)→じゃあ俺らがやるしかないじゃん
    追撃→ゲリラ 民衆に被害 悪いのはすべて日本軍(お約束)
    謝罪と賠償→できるかそんなもん→泥沼
    簡単に予想つくじゃないか
    [ 2014/08/02 04:27 ] [ 編集 ]
  167.  
    >そしたら日本は強国になって、他国から自国を守れてたと思う。
    笑わせるな
    当時の日本は十分に強国だった
    自ら脱退したが、国際連盟の常任理事国であり、WW1の主要戦勝国なんだから
    世界の歴史において何も為していないカナダなんかに見下される謂れは無いわ
    [ 2014/08/02 04:27 ] [ 編集 ]
  168. >138
    >単純な軍事力の強さって点じゃ当時の日本軍は中国より圧倒的に強かった。
    >問題は中国の広大すぎる国土にある。
    >
    >いくら局地戦で圧勝しようが、あの広すぎる国土を支配するには、日本軍程度の規模じゃ全然足りない。
    >あちこち逃げまわられて補給線を無駄に延ばされたあげく、補給を絶たれて終わる。
    >現に第二次世界大戦はそれをやられて結局中国を制圧することができなかった。

    対中戦は拡大しつつあった共産主義勢力の抑制であって、中国制圧じゃないからね
    [ 2014/08/02 04:37 ] [ 編集 ]
  169. 気をつけなければならないのは今も日本に戦争をさせようとしている勢力がいること。近年、日本の自給率は下がっても大丈夫だとか、金額ベースで計算すればまだまだ高いとかいう奴らがいるが、日本はエネルギーが枯渇したから戦わなければならなかったように、いたずらに食糧を外国(とくに中国とアメリカ)に依存させ、対日本の政治的切り札にして従属させようとしている勢力がいる。あれはもちろん対日政治工作だ。
    [ 2014/08/02 04:47 ] [ 編集 ]
  170. 今のカナダは最早カナダじゃないよ。あそこは中国人と朝鮮人が巣くう国。大した力なんかカナダにはない。
    [ 2014/08/02 05:20 ] [ 編集 ]
  171. ※148
    サンクコスト効果ってやつだな

    そもそも、日中戦争に時間かけすぎていた時点で負け試合は始まっていたんだよ
    [ 2014/08/02 05:36 ] [ 編集 ]
  172. ※28
    欧米の搾取は利益を自国へ吸い取る搾取。
    日本の搾取は、やがて来る欧米との大戦にそなえて祖の国を強くし、日本軍が更に次の植民地を解放しにいくための、搾取。
    [ 2014/08/02 06:08 ] [ 編集 ]
  173. ※37
    わかっている奴がいて驚いた

    ※41
    蒋介石の部隊はとっくに壊滅状態だったのだから、日本軍が中国で戦っていたのはフライングタイガー部隊だよ。パールハーバーよりずっと前に交戦していた。

    ※48
    大東亜共同宣言から勉強しなおすといいよ。戦線を拡大しすぎ…という戦後作られた定説は、大東亜会議を知れば何故そんな嘘をばらまいたのか理解できる。「先ず、日本の指導者は間違った軍国主義を取ってアジアを侵略していったと、嘘の宣伝工作をしました。日本がアジアを白人の植民地から開放しようとしたと言う本当の理由を隠す為、大東亜戦争という名称を禁止し、代わりに太平洋戦争と言う、名称を使わせました。」とはマッカーサーの言葉。

    ※101※102
    リットン調査団の報告書を最後まで読めばわかる。まるでホラーだぞ。
    8条までは満州国も認めて日本に配慮した、日本に優しいものだが、9条で突然恐ろしい顔を出す。日本にも中国にも利権は認めず外国で支配しましょうね…とあるんだよ。まさに、白人社会の力業。満州国を何のために作ったのかを考えたら、その恐ろしさがわかるはず。
    [ 2014/08/02 06:30 ] [ 編集 ]
  174. 仮に真珠湾がなくとも
    当時は米中同盟があった事や
    資源確保に東南アジアの西欧諸国に手を出した時点でアメリカは参戦してただろう

    中国と違ってアメリカは質も量も揃っていたから
    日本は短期決戦で挑んだもののアメリカの工業力が高すぎて、毎月一隻空母や戦艦量産されてどうにもならなかった
    もし可能性があったとすれば大陸でウラン鉱脈を発見して
    日本側が早期に核を実戦で使うことだけど…その場合はアメリカに勝った後でも軍部は増長を続け別の形で滅んでいたのは間違いない
    [ 2014/08/02 06:31 ] [ 編集 ]
  175. ※126
    「国際法上、日米戦争の始まりは日本の真珠湾攻撃ではありません。それは、1941(昭和16)年7月のルーズベルト大統領による日本の在米資産凍結です。(注;ハルノートじゃないよ。ハルノートより前に出されたもの)これは当時の国際法では「戦争行為」にあたります。アメリカでは批判される見解かもしれませんが事実です。
     ですから、法律的には、真珠湾攻撃は日本の防衛行為だと解釈されます。日本はもともとアメリカを攻撃したくはなかったのに、ルーズベルトが仕掛けた。ただ、彼も日本と戦いたかったのではなく、国民の意識をナチス・ドイツとの戦いに向けようとしたのです。」
    「正論」2013年9月号にて、ジョージタウン大学のケヴィン(ケビン)・ドーク教授

    アメリカ合衆国は、日本海軍によるパールハーバー攻撃のずっと以前より、大消費地として植民地化を狙っていた支那、特に日本が支援していた満州国の利権を強奪すべく、着々と計略を実行に移していた。
    その最終段階として、国際法の『中立条約』に違反し、中国軍に2つの援蒋ルート(南部仏印とビルマ経由)を使って、イギリスと共に戦闘機・戦闘車両・重火器を含む軍事物資を大量に送り込んだばかりでなく、空軍兵士(フライング・タイガース/後に米紙で正規軍であったことが記事にされる)までをも送り込み、日本軍機と戦闘を行うなどなど、日本軍とはすでに交戦状態、戦争を起こしていたのです。
    「国際法の基本原則によれば、もし一国が、武力紛争の一方の当事国に対して、武器、軍需品の積み出しを禁止し、他の当事国に対して、その積み出しを許容するとすれば、その国は必然的に、この紛争に軍事干渉をすることになるものであり、宣戦の有無にかかわらず、戦争の当事国となるのである」 (東京裁判 裁判官 ラダ・ビノード・パール ※国際法の世界的大家)

    ※138
    日本は中国と戦ったんじゃない。共産主義と戦ったんだ。だから、共産主義から解放しさえすればもうそこに敵はいない。中国に居座る必要はない。防波堤なら満州国がある。

     「日本の行動は、侵略ではない。日本は中国(支那)を守ろうとしているのである。日本は共産主義を排除するために戦っている。共産主義が存在する限り、全世界のカトリック教会、信徒は、遠慮なく日本軍に協力せよ」
    1937年10月 当時のローマ法王ピオ一一世(在位1922-39)の声明
    [ 2014/08/02 06:39 ] [ 編集 ]
  176. あれだけ悲惨な状態になって「負けてよかった」とは、
    なんと冷酷非情、残忍な考えだろう。

    勝っていれば当然連合国側の思惑が更に外れて
    より早く人種平等や各地域の独立や
    安定が図られただろう。
    [ 2014/08/02 06:49 ] [ 編集 ]
  177. ※140
    当時の植民地支配はは中国人を傀儡にして行われていた。日本敗戦後に彼等は舞い戻り、反日教育を徹底した。だから、今言われている「反日発言だってしている」というのは全部“教科書”。日本の戦後教育と同じだ。

    「日本がアジアを白人の植民地から開放しようとしたと言う本当の理由を隠す為、大東亜戦争という名称を禁止し、代わりに太平洋戦争と言う、名称を使わせました。
    東京裁判はお芝居だったのです。
    アメリカが作った憲法を、日本に押し付け、戦争が出来ない国にしました。
    公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を大学などの要職にばら撒きました。その教え子たちが、今、マスコミ・政界などで反日活動をしているのです。」
           1951年5月3日
           アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて
           ソース /ttp://www.sdh-fact.com/CL02_1/82_S4.pdf 

    ※167
    いやいや、アメリカが勝手に条約を破棄したときも、フライングタイガー部隊を送り込んできたときも、ハルノート以前の資産凍結も抗議しましたがな。
    日本人はね、どうせいずれ消えてなくなる黄色人種の国という認識だったので、何をしてもいいって風潮だったのでは。
    だって、実質、最後の一国だぜ?

    あと、“勝っていたら”というけど、サンフランシスコ会議で沢山の戦勝国に囲まれて講和条約を結ばされたわけだけど、一国として日本に賠償金を要求した国はなかったことを忘れてはいけない。
    日本がした戦争は、そんな戦争。
    守れるものは守ったし、ほっとけばいずれ共産主義との戦いでソ連や中国に食われていたかもしれないけど、今はアメリカも共闘してくれている形になっているのも、あの戦争でボコりあったお陰。
    それでよかったんじゃね?
    [ 2014/08/02 06:53 ] [ 編集 ]
  178. 少なくとも真珠湾攻撃直前に外務省の例の馬鹿どもが下手を打ってなかったらどうなってたかは気になるけどな。
    思惑通り太平洋戦争の早期終結・日米和平交渉に持ち込めたか、それでもアメリカは強行に出てやっぱり正史と変わらない状況だったのか…
    [ 2014/08/02 07:10 ] [ 編集 ]
  179. 朝日新聞が国民煽って真珠湾攻撃させたんでしょ?
    [ 2014/08/02 07:21 ] [ 編集 ]
  180.  
    アメリカが赤連中の危険性に気づいてたら日本と一緒に中ソと戦争してたのかなぁ、
    [ 2014/08/02 07:24 ] [ 編集 ]
  181. >歴史に「if」はないと何度言えば……。 イギリス

    いい加減にソレは学者だけにしてくれませんかねぇ  日本
    [ 2014/08/02 07:32 ] [ 編集 ]
  182.  嗚呼・・ここまでのコメントをちゃんと英語で発信できない
    自分を含めた日本人がなんとも歯痒い次第でございます

    (号泣)

    [ 2014/08/02 07:34 ] [ 編集 ]
  183. ハル・ノートをアメリカの人は知らんのかね?(´・ω・`)
    [ 2014/08/02 07:39 ] [ 編集 ]
  184. ぶっちゃけ、事前に浅深度魚雷なんて作って訓練するぐらい浅い湾って事を知ってて、しかもずっと以前に日本でも同じ様に浅い佐世保で爆沈した三笠の浮揚に成功してたのに、そこで船を沈めて喜んでた海軍の神経がわからない。
    アリゾナみたいに徹底的にスクラップにしない限り、沈めても引き揚げられて再就役させてくるのは見えてただろうに。これが沖合いに誘き出して沈めたってのなら理解もできるんだがなあ。
    [ 2014/08/02 07:40 ] [ 編集 ]
  185. 台風が日本国内だけの問題になってた。
    [ 2014/08/02 07:43 ] [ 編集 ]
  186. どんなに頑張ったところで
    核攻撃を最終手段で持ってる国相手に勝ち目などなかったろうに
    下手したらもっと沢山落とされてたかもしれない
    [ 2014/08/02 07:47 ] [ 編集 ]
  187. なんかアメリカ人はハルノート知らんっぽいよね。
    テメーらがやったことくらい憶えといて欲しいわw
    [ 2014/08/02 07:48 ] [ 編集 ]
  188. 日本の戦争は植民地獲得が目的じゃ無かったからどうだろ?
    太平洋戦争はインドネシアの石油確保が目的。
    日中戦争は国共内線に巻き込まれたようなもので、日本はトバッチリを受けたようなもの。日中戦争は実際には武漢陥落までの1年程度で、後は戦後のテロ活動みたいなもの。
    アメリカの多くの人がラルフ・タウンゼントの著書を読んでいたら必要以上に日本を敵視する事は無かったよなぁ。当時の識字率は知らないけど。
    [ 2014/08/02 08:02 ] [ 編集 ]
  189. 問題なのはハルノートじゃないってば。

    ハルノートは、共産主義者がアメリカの中枢にいたという重要な証拠ではあるし、実際にアメリカもそれを認めてレッドパージしたわけだけど、日本の攻撃の根拠にハルノートだけをおすのは弱いんじゃないかな。外交でなんとかできたはずとか言われて終わりだよね。

    問題なのはこれ↓
    「国際法上、日米戦争の始まりは日本の真珠湾攻撃ではありません。それは、1941(昭和16)年7月のルーズベルト大統領による日本の在米資産凍結です。(注;ハルノートじゃないよ。ハルノートより前に出されたもの)これは当時の国際法では「戦争行為」にあたります。アメリカでは批判される見解かもしれませんが事実です。
     ですから、法律的には、真珠湾攻撃は日本の防衛行為だと解釈されます。日本はもともとアメリカを攻撃したくはなかったのに、ルーズベルトが仕掛けた。(略)」
    「正論」2013年9月号にて、ジョージタウン大学のケヴィン(ケビン)・ドーク教授

    まあ、自分もネットにあちこちに溢れる情報を精査して統括したって人の文章を更にコピペしているだけなので、もし間違いとかあったら指摘してください。
    [ 2014/08/02 08:05 ] [ 編集 ]
  190. 当時の日本政府と軍部は、馬鹿だったということ
    まあ、当時の日本政府と軍部は、馬鹿だったということ
    1945年ではなく、1941年当時こそ、
    「耐え難きを耐え、忍び難きを忍」んで
    (大陸から全面撤退など)大幅に譲歩してでも
    アメリカと戦争せず、
    アメリカと和解するべきだった。

    >ドイツはドイツで、ソ連に手を出さなきゃ欧州を支配してたね。 香港  

    ヒトラーも判断を誤ったね。
    ナポレオンやヴィルヘルム2世の失敗から学んでいなかった。
    二正面作戦は失敗する、すなわちイギリスを征服する前にロシア(ソ連)と戦ってはいけないという教訓を引き出せていなかった。
    [ 2014/08/02 08:06 ] [ 編集 ]
  191. 意外と外国の人も分かってるんだな。
    [ 2014/08/02 08:17 ] [ 編集 ]
  192. 真珠湾攻撃してなくてもフライング・タイガースが日本の市街地攻撃して開戦している
    ルーズベルトの直筆サイン入りの命令文書も残っている

    たまたま日本が先に動いただけ
    [ 2014/08/02 08:20 ] [ 編集 ]
  193. 天皇陛下マンセーでニュースが某国みたいな口調で流れる国になってるよ
    [ 2014/08/02 08:24 ] [ 編集 ]
  194. 信長は秀吉見たいに直線的に軍事行動はせず、各沿岸の港を押さえて
    経済的に支配しつつ徐々に侵攻するというのを、昔呼んだSF小説に
    あった、名前は忘れたがかなりの大御所の作品だから知ってる人もいるだろう。
    [ 2014/08/02 08:27 ] [ 編集 ]
  195. IFでもこれからの事を考えるためには大事なことだよ
    一番怖いのは考えるのを辞めた時ね
    [ 2014/08/02 08:28 ] [ 編集 ]
  196. ※195
    そらお前がバカだ

    満州をソ連にくれてやるようなもんだろ
    満州が日本の生命線であり最重要防衛ラインだった事はパール判事もマッカーサーも認めている

    後にマッカーサーなんて満州に原爆落とせって言ってんだぜ?

    そもそもハルノートは「とりあえず従え」って代物で
    受け入れても禁油を解くとはどこにも書いていない

    つまり禁油を解いて貰うには更なる第2のハルノート
    いや、下手したら永遠に従属する必要があった
    [ 2014/08/02 08:31 ] [ 編集 ]
  197. この動画は誇大妄想としか思えない。

    結果的に第二次世界大戦には惨敗したけれど、悪いことばかりじゃなかったよ。アジアから欧米の植民地を開放して、アジア各国が独立できたじゃないか。
    日本一人が悪者にされたけれど、今では中韓を除けば皆友好国だ。
    [ 2014/08/02 08:32 ] [ 編集 ]
  198. アメリカが乙案で納得すりゃ良かっただけの話だろ
    [ 2014/08/02 08:34 ] [ 編集 ]
  199. 兵頭や別宮のいう当時の日本と蒋介石のパリ不戦条約違反がもし正しいならアメリカ側から全然言ってこない理由がわからないんだよなぁ
    [ 2014/08/02 08:36 ] [ 編集 ]
  200. 相変わらずカナディアンのコメントは中華系だらけだな。
    [ 2014/08/02 08:37 ] [ 編集 ]
  201. 日本は1905年に日露戦争に勝ったときに自他共に認める先進国になったが
    そのときにここから先は白人の人種差別を看過できない
    有色人種の先進国として有色人種が白人に支配されない
    世界にしようと考えた
    日本は台湾や朝鮮を併合したとき日本の国籍を与えて
    白人の植民地とは違う後進地域の育成を行った
    1919年には国際連盟で人種差別撤廃提案もした

    もしこれらが成功していたらどうなっていたか
    「真に人道的な先進国は日本だけ」
    「他の先進国も植民地を独立させるか本国に併合しろ」
    「20世紀は日本が提唱した人種差別のない世界を目指せ」
    という声が有色人種の間に広がったはず
    そんなことを白人先進国たちが放置するはずがない
    日本は国際秩序を乱す悪の国家という烙印を押した上で
    潰して既存の秩序を維持しようと考えた

    日本が人類平等主義を捨てるか白人が人種差別をやめるか
    どちらかが譲歩しない限り
    白人との戦いに突入することは避けられなかった
    もちろん各国にいろんな考えの人はいたし
    日本人が全員こういう状況を理解して行動していたはずもないが
    結局はそういうことだった
    [ 2014/08/02 08:38 ] [ 編集 ]
  202. 国力差10倍とか無理無茶無謀
    小さいとは言え、毎週空母作ってる国にどうやって勝てというのだ
    IFの話は嫌いじゃないけど、これだけはなぁ

    ただ、アメリカ人が日本が開戦に踏み切った理由を知っているのに驚いたよw
    [ 2014/08/02 08:40 ] [ 編集 ]
  203. 日本が石油を手に入れて更に巨大な帝国になる前に仕掛けたのがアメ公だろ。
    [ 2014/08/02 08:42 ] [ 編集 ]
  204. 機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはずだから。
    それにアジア諸国が独立したのは、枢軸側が負けてからだろ。日本が勝ってたら、普通に日本が東南アジアを支配してたよ。 カナダ

    カナダからの書き込みって何人かすぐにわかるなwww
    単純なのはお前だっつーの!
    機会さえあれば立ち上がろうとしてた?バカ言うな!
    アジアは「黄色人種が白人に勝てるわけがない」と完全に諦めていた。日本が白人をどんどん追い出したから初めて独立精神が生まれたんだよ。中国や韓国人はこの辺がまったく理解できていないから、なぜ日本軍がアジアで人気があるのかを理解できない。
    [ 2014/08/02 08:47 ] [ 編集 ]
  205. 当時アジアは欧米列強の植民地。例えばインドネシアで言えばオランダ領インドネシア現地人でしかなっかた。つまり当時はインドネシア国民はいなかった。日本は白人の横暴さ残虐さに鉄槌を下すため起ち上がった。ただそれだけのこと。
    [ 2014/08/02 08:54 ] [ 編集 ]
  206. 結局、大東亜会議のメンバーも失脚してるか日本見限ってるし、
    あのまま勝ってたら直後に占領地域と泥沼試合でボロボロだろう。
    占領地域では日本の傀儡政権とは別の独立政府が出来上がって宣戦布告してきた始末だし。

    ※209
    日本軍は東南アジアじゃ「欧米と同じ侵略者」の扱いだぞ。
    それでいてインドネシアなんか公式に日本の統治時代が最もひどいと言い切ってる。
    パラオですら、迷惑な隣人とまで言ってるのに。
    単純だね、君。
    [ 2014/08/02 08:55 ] [ 編集 ]
  207. 日本が欲しがってたのは強固な同盟国連合
    それが完全なる独立支援と言えるかどうかはさておき

    奴隷を辞めさせる為に学校とか建てまくってたのは事実
    [ 2014/08/02 08:56 ] [ 編集 ]
  208. ※211
    戦勝国が逮捕したり失脚に追い込んだからな(笑)
    [ 2014/08/02 08:58 ] [ 編集 ]
  209. とりあえずドイツがソ連を攻めてなけりゃぁましになッたと思うけどなぁ.....
    [ 2014/08/02 08:59 ] [ 編集 ]
  210. ※211
    単純なのはお前だ

    戦後に戦勝国がどれだけ大規模な情報統制してきたか知ってるのか?
    [ 2014/08/02 09:02 ] [ 編集 ]
  211. ※211
    公式ねぇ
    村山談話みないなもんか
    そういやアジア諸国は西欧諸国には逆に公式で感謝の言葉言わされてるらしいじゃんw

    あとパラオは日本の痕跡排除が独裁国並みにひどかったらしいな
    [ 2014/08/02 09:08 ] [ 編集 ]
  212. 仮に日本が勝つ可能性を上げる方法があるとすれば、
    アメリカ在住の黒人を教育、煽動して、
    キング牧師やマルコムXを30年早く発生させて麻痺させる、と。

    まあ、宣伝と煽動は日本が元も苦手とするものなのですが。
    [ 2014/08/02 09:11 ] [ 編集 ]
  213. もしWW2に参戦しなかったら、アメリカはドイツとだけ戦ったんだろう
    対米開戦以外の道は無かった、とは思わない
    戦後は米ソ超大国と中堅国の間の微妙かつ、それなりの存在感の大国として生きて行く事になる
    米ソどちらかに付くのは当然。さあどちらを選んでいたのか
    ソ連と準同盟を組むシミュレーションをしたネット小説「帝国二十一世紀」がある
    [ 2014/08/02 09:12 ] [ 編集 ]
  214. ※40
    自虐教育? 君バカじゃない?
    ネットの情報に騙されすぎな
    海外でもほとんど同じような歴史の勉強してるわ
    [ 2014/08/02 09:12 ] [ 編集 ]
  215. 白人様は平気で有色人-種差別してたじゃないか。

    日本が立ち上がらなきゃ日本ギリギリまでは奴-隷区にされてたさ。
    日本はそれが怖かった。
    いつ侵略されるのかって状態にはなりたくなかった。

    だから、戦争には負けたがアジア解放によって日本も利益を得てる。
    その上東南アジアに友人も得た。
    タイの元国家元首の言葉は忘れられん。(以下引用)
    日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。それは身をころして仁をなした日本というお母さんがあったためである。十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。( 十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」において )
    [ 2014/08/02 09:12 ] [ 編集 ]
  216. だよ
    歴史にifはないが、戦争に至る過程や戦争のやり方を研究する事は未来に繋がる。
    [ 2014/08/02 09:15 ] [ 編集 ]
  217. ※219
    じゃあやっぱりダメじゃんw

    海外の教科書なんて爆笑物の夢物語なんですけどwwww
    [ 2014/08/02 09:16 ] [ 編集 ]
  218. ※211
    所謂,戦勝国の出鱈目情報を鵜呑みにしてるな。単純な奴だ。インドネシアでは独立記念日に軍艦マーチ演奏してるんだよ。これでわかるだろ日本に対する気持ちが。
    [ 2014/08/02 09:18 ] [ 編集 ]
  219. ※211
    日本が一番ひどかった?ハッキリ言わせてもらう
    絶対無い

    因みにベトナムは言った本人が「政治宣伝だ」ってハッキリ証言してるな
    [ 2014/08/02 09:20 ] [ 編集 ]
  220. ■ そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
      俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ

    よかったよかった、ちゃんと歴史を学んでいる人間もアメリカにはいるんだね。
    欲を言えばこれで原爆を正義と言わない人間だったら完璧だ。
    [ 2014/08/02 09:35 ] [ 編集 ]
  221. 意図して抽出したからか、発言が無知さらけ出していてひどいな。

    日本が戦争に出たの原因は、国民党政府とアメリカの行動のせいだけどな。

    で、その国民党の挑発行動はドイツやアメリカの後ろ盾があったから。
    [ 2014/08/02 09:37 ] [ 編集 ]
  222. 村山談話もマッチポンプだしな

    日本は談話で済んでるだけマシか?
    [ 2014/08/02 09:37 ] [ 編集 ]
  223. ※219
    イギリスは侵略と植民地の歴史を教えたら学力が低下した為サッチャーが禁止にしました

    フランスの教科書は今でもイギリスの悪口満載です

    ドイツやロシアは原爆は必要なかったと教えているし

    中国は日本軍を八路軍が倒したと教え

    韓国の歴史はそもそも歴史ではありません

    アグネスがアナタと全く嘘をついて笑われたのを知らないんですか?
    [ 2014/08/02 09:50 ] [ 編集 ]
  224. あの欧米が世界中を殖民地にしていた弱肉強食の時代に、アメリカから石油止められたり軍縮を要求されたりしてたらそら攻めるがな。

    あの当時の米大統領はアメリカ国民に戦争は絶対しないという公約で当選しているから、戦争したくてもできなかったんだよな。それで日本が攻撃してくるようにしむけた訳。どうすれば日本と戦争できるかをずっと考えていた。裏にはアメリカ外務省に居たソ連側のコミンテルンの活躍もあったらしいけどな。

    おまけに言えば第二次世界大戦で宣戦布告があった戦争は2例しかない。その内1例は戦争したくないが、他国に俺も頑張っているよというアピールで宣戦布告したものの戦争しなかった例だ。そしてアメリカがリメンバーパールハーバーの前に、同じような被害者作戦を使ってメキシコからカリフォルニア州を奪い取ったり、カナダを攻めたりしていた。911も非常に似ているな。
    [ 2014/08/02 10:05 ] [ 編集 ]
  225. >動画主は、戦線を広げすぎた帝国がどうなるかを分かってないね。
      あれだけ戦線を拡大させて中国に勝つなんて不可能だよ。 トルコ

    なんか妙に説得力あるな 流石もとオスマン帝国
    [ 2014/08/02 10:06 ] [ 編集 ]
  226. 「勝つ」のが目的じゃなかったと何度言えば
    ささっと終わらせるつもりがうまくいかなかったんだよ
    [ 2014/08/02 10:10 ] [ 編集 ]
  227. ※229
    国連の軍縮条約は守って戦艦沈めたがな
    アメリカはガン無視して戦艦大量生産してるが
    [ 2014/08/02 10:15 ] [ 編集 ]
  228. 名無し
    日本は真正面に行き過ぎた。英米の狡猾さを学べばよかったんだ。アメリカから要求があったとき、朝鮮をアメリカにくれてやり、ロシアに満州をくれてやり、樺太の北半分とカムチャツカをもらえばよかった。カムチャツカから台湾までの海洋国家のほうが日本には向いていたと思う。
    朝鮮半島に基盤をもったアメリカ、満州を飲み込んだロシア、中国沿岸部に租界地をもつドイツ、フランス、イギリス、日本。いずれどこかで火を噴いただろう。自分が戦争するんじゃなく、他国に戦争させる知恵が必要だったね。他国をいがみあわせ中立をたもつのがベスト。
    [ 2014/08/02 10:20 ] [ 編集 ]
  229. ※232
    日本も国民党の大半も蒋介石が全く交渉してくれなくて
    「何で?」
    ってなってたらアメリカの海上封鎖だしな
    [ 2014/08/02 10:23 ] [ 編集 ]
  230. 朝鮮、満州はともかく中国本土なんて日本が獲ってもまるでメリットがない、やってることが秀吉の唐入りと同じ思考レベル。上海に利権をとる以上のことは意味がない。
    陸軍に鼻ずらを引き回された結果泥沼になった。
    [ 2014/08/02 10:24 ] [ 編集 ]
  231. CM程度に
    朝鮮出兵の話が出ているけど、ついでに言うと元寇も敵の主力は高麗軍だから。あと直前に元に吸収された南宋軍。日本はドイツが負けたモンゴルに勝った!なんて言ってるけど、モンゴルを武田軍に例えると、欧州に遠征したのは赤備、日本に来たのは外様の向井の水軍、それぐらい違う。豆な
    [ 2014/08/02 10:24 ] [ 編集 ]
  232. ※236
    別に中国穫る気なんて実際なかっただろ

    満州独立認めれば撤退するつもりだったし応じなくても南京政府に渡すつもりだった
    [ 2014/08/02 10:28 ] [ 編集 ]
  233. 774
    ABCD包囲網で日本は太平洋戦争をせざるを得なかった。
    日本がアジアで行った行為は間違いなく「侵略」で悪いことであった。
    が、ABCDは自身の「侵略」を明確に反省・謝罪しない。最悪。

    「勝てば官軍」の考えを受容してしまうと、身勝手な殺しはなくならない。
    長州人・長州閥のやって来たことを冷静に振り返ってみましょう。
    敗戦により日本人は反省出来たのに、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」喩えのように、長州を誇る安倍を旗頭に爆速的に誤った過去を繰り返そうとしている。

    ●自己中心的
    ●私利私欲 (金銭欲・権勢欲・個人的恨みの発散)
    ●公私混同 (金銭欲・権勢欲・個人的恨みの発散)
    ●弱者切り捨て(国は権力者のためのもの。一般国民は捨て駒)
    [ 2014/08/02 10:31 ] [ 編集 ]
  234. 長州といえば昨夜のるろうに剣心は楽しかったでござる
    [ 2014/08/02 10:32 ] [ 編集 ]
  235. >>238
    中国政府は広い国土を撤退しつつも降参(広大な領土の割譲)はしない
    モンゴル人や満州人の様に中国を占領支配出来なければ無理

    傲慢な奴等の都合の良い楽観論
    「原発は安全です」と同じ
    [ 2014/08/02 10:38 ] [ 編集 ]
  236. なにこの馬鹿な動画w
    ろくに歴史を知らないやつが適当に作ったのが見え見えだな
    [ 2014/08/02 10:40 ] [ 編集 ]
  237. 当時の日本とアメリカの状況を映像などで比較してみると、絶対にありえない歴史のイフだと痛感するわ。
    今の北朝鮮と日本くらい、国力も文化も度合いが違いすぎる。その上アメリカは資源、食糧大国ときたもんだ。
    こんな国と戦って万が一にも勝てると踏んでいた奴らは本当にアホだと思う。
    [ 2014/08/02 10:42 ] [ 編集 ]
  238. >>違う。日本がなぜ他のアジア諸国を制圧出来たのか。
         それは他のアジア諸国が近代化に遅れる中、
         日本はそれに成功していたからだよ。 バヌアツ

    つーか日本が戦争したのはアジア諸国じゃなくて
    アジア諸国を植民地にしていた白人なんだが
    欧米では白人がアジアを300年も奴隷にしてた歴史は無かったことになってるのか
    むしろ日本がアジアを奴隷にしてたような認識なんだが。。
    [ 2014/08/02 10:42 ] [ 編集 ]
  239. ロシア東部は日本に占領されてたら色々その後変わったと思うな
    現状ロシアも東部の開発は放置状態だしツンドラ地域を日本人が北海道並みに開発してたら面白かったと思うな
    [ 2014/08/02 10:46 ] [ 編集 ]
  240. ※241
    まぁ米、英、ソが山ほど金と武器送ってくれるから
    対立構造維持してるだけでウハウハだっただけだがな
    [ 2014/08/02 10:47 ] [ 編集 ]
  241. 外国人もやはり「捏造された歴史しか知らない人が多いのだね」
    シンプルにいえば「あの戦争は人種差別が根底にあること」「そして
    ア○リ○は世界の覇権をねらって「太平洋の島々を侵略していったこと
    西側からは「オランダ、フランス、イギリスが東南アジアを植民地にして長い年月の間東南アジアの人達を奴隷にしていたことそしてインドまで「広範囲にわたり侵略されていった」日本の地理的にいえば「ロシアも朝鮮半島及び大陸を侵略して行こうとしていたこと・・日本は自分達は侵略されたくないと立ちあがった」アメリカにとっては「日本が強く何が何でも屈服させたいがために」「日本人としては呑めない条件を突きつけてきたこと・・日本人は何度も何度も和平を望んだが、アメリカは最初から和平を望んでいなかった・・日本を追い詰めてケンカを仕掛けたのはアメリカだし「日本は自衛戦争だから」
    「某国の国民と違い日本人は奴隷になるぐらいなら、未来の子子孫孫の為に戦うことを選んだ・・いやそれしか道が残されていないから」
    [ 2014/08/02 10:52 ] [ 編集 ]
  242. そもそも国民党が血眼で満州欲しがりだしたのは発展してからだからな

    尖閣みたいなもん
    [ 2014/08/02 10:54 ] [ 編集 ]
  243. 真珠湾がなくとも負けるべくして負けてた物量や国土、戦争にイレギュラーは無い。
    国外だけでなく国内の人心も離れていて天皇中心の統治体制が元々ダメだった。
    [ 2014/08/02 10:54 ] [ 編集 ]
  244.  
    絶対に無理
    アメリカを敵にした事自体が間違い
    [ 2014/08/02 10:59 ] [ 編集 ]
  245. 関係ないけど百済の遺跡から出てきた頭蓋骨はけっこう縄文顔。
    百済移民って逆移民つーか倭人の撤退組じゃね?
    [ 2014/08/02 11:01 ] [ 編集 ]
  246. 日本がやったことまだ誤解されてるんだよなー
    アジアから白人を叩き出して、アジアが独立国家になる事を望んだんだわ
    日本まで白人が来ないように・・
    だからフィリピンは日本軍が入った後に統治下から独立国家にしたでしょ
    アジア全域は現地の軍隊作った後は、全て独立させる予定だったんだよ。

    [ 2014/08/02 11:02 ] [ 編集 ]
  247. パール判事も言ってるが
    封鎖されてモナコが武器を取ったようなもんだしな

    勝つ?無理だね
    勝てないなら逆らうな?無理だね
    [ 2014/08/02 11:04 ] [ 編集 ]
  248. ※251
    中国の文献も朝鮮の文献にも
    支配してるのは倭人って思いっきり書いてある
    [ 2014/08/02 11:06 ] [ 編集 ]
  249. 上でも出ているけど日本が外国と戦ったのは脅威が迫っているとき。
    唐、元、イスパニア、欧米列強。
    自発的とは真逆の気質で、自発的に余所を欲しがるわけないだろw
    [ 2014/08/02 11:09 ] [ 編集 ]
  250. 日本はアジアを白人支配から守ってたんだよ。しかも本来ならシナがやるべき役目だったのに、それどころか日本と敵対してた。
    [ 2014/08/02 11:09 ] [ 編集 ]
  251. 元や清やロシアに負けてたら

    「戦ったのが間違いだった~」
    って言ってるんだろうがな(笑)
    [ 2014/08/02 11:13 ] [ 編集 ]
  252. 戦前、大日本帝国はすでにイタリア・フランスに迫る世界第6位の経済成長を遂げていた事を考えると、1945年ごろには戦争で散財した米英を抜いて世界1位の超大国になる。中国は満州国に併合され、大日本連邦が形成される。戦争が起きないから東条軍事政権は発生せず、アメリカと並ぶ民主主義の超大国として存続。帝国日本は国家資本主義的な民族系資本主義国として台頭し、アメリカのユダヤ資本主義と対立。軍事的には、核武装を終了し、アメリカとならぶ核超大国となる。核兵器の開発は、理化学研究所の仁科博士が実施していたウラン爆弾計画を基礎とする。世界制覇を目論むアメリカのユダヤ資本主義者(ロックフェラーなど)はこれに危機感を抱き、日本に共産主義革命を起こし日本の共産化(=ユダヤ化)を画策。それに気づいた日本民族主義がユダヤ駆除を決意し、中国系米国人を使ってユダヤ資本主義の象徴であるワールドトレードセンタービルを爆破し、日米戦争が起きる。

    結論: どっちにしろ、日米は戦争する。
    [ 2014/08/02 11:15 ] [ 編集 ]
  253. ※257
    日本がギリギリまで戦争を避けようとしてたなんて今や研究済み
    [ 2014/08/02 11:15 ] [ 編集 ]
  254. ハワイは抗わなかった
    日本は抗った

    ただそれだけ
    [ 2014/08/02 11:19 ] [ 編集 ]
  255. 真珠湾攻撃しなかったら
    経済制裁で死んでた
    だから戦争するしかなかったんだよ
    [ 2014/08/02 11:34 ] [ 編集 ]
  256. >>257 日本はそれまで戦争に負けたことが無かったから、思い上がりがあった

    これこそ、まさに戦勝国の歴史観です。気をつけて下さいよ。
    当時の戦争指導者で、アメリカに勝てると思っている日本人は居なかった。総力戦研究を行った結果、3年で完敗、との結論が出ており、東条英機はその報告を受け、この事は口外しないように指示しています。対米戦は、そもそも、アメリカに勝つ事を目標とした戦争ではありません。出来るだけ有利な条件で講和を結んで経済封鎖を解いてもらう、という程度のものです。それに引き替え、アメリカは日本をこの世から消し去る事を目標にしていました。その理由は、まさに私が>>259で述べたような事が将来起こるかも知れないと、アメリカが考えたから、だと思います。
    [ 2014/08/02 11:34 ] [ 編集 ]
  257. まあ白村江では唐・新羅連合軍に手痛い敗戦をもらっているけどな。
    極論を言えばだから日本は大和閥から京都閥に移行したわけで。
    [ 2014/08/02 11:38 ] [ 編集 ]
  258. >>日本の後押しがなくたって、それぞれの国から、機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはず

    どうだろうね、インドも結構苦労してたみたいだけど
    [ 2014/08/02 11:41 ] [ 編集 ]
  259. >>262 そんなところですね。ナチスドイツにはスパイ・ゾルゲが、近衛内閣にはゾルゲの支援者である尾崎秀美(上海で共産党に入党)の工作員グループが入り込んで、ソ連と戦争するよりもアメリカと戦争するように仕向けていた。

    更に、ホワイトハウスにもアメリカ共産党の洗礼を受けた工作員が入り込み、日米双方でソ連の工作員が供託して日米対決を煽っていた。
    戦後アメリカで赤狩りが大規模に行われたのは、大戦中に政府内に共産主義スパイが大量に紛れ込んでいたから。

    マッカーサーが言ったよう、第二次大戦の最大の勝利者はスターリン、ですね。
    [ 2014/08/02 11:43 ] [ 編集 ]
  260. 日本(人)は常に赤と戦ってる
    それだけだよ
    [ 2014/08/02 11:44 ] [ 編集 ]
  261. 日本がアメリカに手出ししていなくても
    いずれドイツと同じ末路を迎えただろう
    [ 2014/08/02 11:53 ] [ 編集 ]
  262.  
    むしろ中国が強かったことってあるのかな
    [ 2014/08/02 11:58 ] [ 編集 ]
  263. >むしろ中国が強かったことってあるのかな

    中国というか、あの辺りは昔から外敵を攻めたり攻められたりの繰り返しだから。例外は後漢~三国時代初期かな。外敵を押しまくってる
    [ 2014/08/02 12:04 ] [ 編集 ]
  264. ABCD包囲網、海外じゃあまり有名じゃないのか?
    [ 2014/08/02 12:04 ] [ 編集 ]
  265. まあ朝鮮人よかはマシなコメが多かった。
    [ 2014/08/02 12:13 ] [ 編集 ]
  266. 日本が侵略国家みたいなシュミレーションされてるが
    アヘン戦争やアロー戦争で領土と多額の賠償金や不平等条約
    結ばせたのはどこの国家だったかな
    もっとも侵略した国家が知らぬ存ぜぬとか言うのかな
    [ 2014/08/02 12:18 ] [ 編集 ]
  267. その後日本の経済復興に大負けした国々が何を言おうが、負け犬の遠吠えにしか思えないw
    [ 2014/08/02 12:25 ] [ 編集 ]
  268. >むしろ中国が強かったことってあるのかな

    中国人は基本的に個人主義、ていうかぶっちゃけ自己中だらけです。
    日本人が「自分が犠牲になっても、それで皆が助かるなら」と考えるような場面で中国人は「誰かが犠牲になっている間に自分だけは助かろう」と考えます。

    中国人を個人でみたらとても優秀なのに、集団になった途端に烏合の衆になる由縁です。
    [ 2014/08/02 12:26 ] [ 編集 ]
  269. 日本がアメリカを攻撃しなかった場合だなって・・・
    フィリピンに進出してる時点でアメリカと戦ってるじゃん
    [ 2014/08/02 12:37 ] [ 編集 ]
  270. 侵略はもっとゆっくり段階を踏むべし

    占領地=領土とかやったら破綻するだろ
    [ 2014/08/02 12:47 ] [ 編集 ]
  271. 日本はお人好しだから結局は負けると思うよ。
    戦争はずるい方が勝利する。
    いかにうまくずるい手を使うか。
    [ 2014/08/02 12:48 ] [ 編集 ]
  272. もし日本が勝ってたら、今頃は日本が世界を支配し、
    みんなカローラに乗って、ラーメンを喰い、AVを見て
    平和な世界になっていたことだろう。
    [ 2014/08/02 12:49 ] [ 編集 ]
  273. >>280
    では、何故我が国は日清・日露・WWIの3つの戦争を勝ち抜いたんだろうね。

    この3つの戦争は狡く戦って、WWIIだけは狡くなかったとか言うのか?
    [ 2014/08/02 13:09 ] [ 編集 ]
  274. まぁ日本が
    「あれ?そもそもアジアの人間が教養つけりゃいいだけじゃね(・∀・)」
    って気づちまったのがな

    一方白豪主義者達はちっちゃいちっちゃい東洋の島国がなかなかやりくり上手で手が出せずイライライライライライラ

    そしてとうとう「もう我慢できな~い!やれ!やってしまえ!日本が無くなれば後の世界は平和になる!不穏分子はもはや日本だけだ!コレが仮に暴挙だとしても未来の平和の為暴挙だよ!」
    ってな
    [ 2014/08/02 13:13 ] [ 編集 ]
  275. こういう歴史のif の話は 勝ってる側は冷静に判断しやすいけど
    負けてる側は感情的になりやすいよな。だから 負け犬根性が染み
    ついた韓国サイトのようなコメが並ぶんだよ.(1941年12月
    20日大本営政府連絡会議決定の「南方占領地行政実施要領」って
    のを見ても大東亜共栄圏をほざくヤツがいたら 北朝鮮にでも行っ
    てください)まぁ 真珠湾攻撃がなくてもアメリカはいずれ参戦し
    ただろうけど かなり遅れただろうね(ルーズベルト大統領は 選挙
    で戦争に介入をしないと宣言をして当選している) その間に 出来
    損ないの大本営の変わりに石原莞爾(毒食らわば皿まで?)に参謀
    長 をやらせてれば日本は負けて無かったかもしれないけど…
    (1946年の極東軍事裁判終了後の外国人記者団の会見で、石原莞爾
    は「私が戦争指導を行っていたら、サイパンの防御に全力を期し、
    レイテを守り持久戦 に持ち込み断じて負けない。サイパンさえ落
    とされなければ、日本は中国に謝罪して支那事変を解決し東亜一丸
    となることができた。(サイパンが落ちた時点で蒋 介石は完全に
    日本を見限った)」と語っている)
    後に アメリカの歴史学者ジェームズ・B・ウッド教授(ウィリア
    ムズ大学)が『「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか』と題され
    た 研究書 でインドの独立の後押しも含めて 同じ様な事を言って
    るね。 異能 の石原莞爾は別として このような見解が日本で議論
    されないのが情けない!ネ,トウヨの幼稚な感情論では千年経って
    もアメリカには敵わないだろうね!
    [ 2014/08/02 13:14 ] [ 編集 ]
  276. 歴史にifはないと言い出す奴のウザさは異常
    みんなそれは分かった上で議論してるわけだが
    [ 2014/08/02 13:16 ] [ 編集 ]
  277. 帝国の逆襲
    劉備玄徳人肉料理に感銘
    [ 2014/08/02 13:17 ] [ 編集 ]
  278. 奇遇だな。綏靖天皇も人肉が好きなんだ。
    [ 2014/08/02 13:19 ] [ 編集 ]
  279. 今のEUとか見てると心底大東亜が成立しなくて良かったと思う。
    中国、朝鮮がお金が無くなったアルとか言い出してアジア大恐慌とか起きてそうだ。

    [ 2014/08/02 13:28 ] [ 編集 ]
  280. 卑弥呼がビビっていたとすれば司馬懿だろな。そう、あの司馬懿。フハハハハ!って感じの。高句麗がやられまくってるからね。
    [ 2014/08/02 13:29 ] [ 編集 ]
  281. ※128
    ミッドウェイは違うだろ。
    情報戦でやや米側に有利だっただけで、後は運の問題。
    あそこで勝ってたらってのが日本側の最も思うIFだろ。
    [ 2014/08/02 13:30 ] [ 編集 ]
  282. >>283
    ルーズベルトは真珠湾攻撃の2ヵ月前に極秘に日本市街地を爆撃するよう命令を出しています
    真珠湾攻撃が無くても数週間後に本土が爆撃され開戦していたでしょう

    残念ながら蒋介石は中国から追い出されても諦めれる事はありません
    何故ならそれだけで莫大な富が手に入るからです、アメリカも二・二八事件を黙認しました
    大東亜共栄圏なら構想していましたよ
    ですがそれ以前にアジア諸国に下地が出来上がっていませんでした
    因みに日本が組織した現地人行政機関はアメリカに逮捕されました
    [ 2014/08/02 13:31 ] [ 編集 ]
  283. ■ そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
      俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。 アメリカ

    最近チラホラこういうコメントが出てきてるのは何かあるのかな。
    [ 2014/08/02 13:42 ] [ 編集 ]
  284. ネットじゃねぇかな?一国だけで情報を操作できなくなってる
    [ 2014/08/02 13:44 ] [ 編集 ]
  285. 人身売買を取り締まる為に島原を弾圧した秀吉はスペインに対しても
    「これ以上妙な真似すんならフィリピンの植民地奪うぞコノヤロー」
    と言っている

    お前ら植民地取り上げるぞコノヤローって実は大昔から列強に対する日本の最大の攻撃手段
    [ 2014/08/02 13:49 ] [ 編集 ]
  286. ABCD包囲網で日本の民間の輸送船を攻撃されたからその報復で真珠湾攻撃したんだよ
    突如日本がアメリカを攻撃したみたいになってるけど戦端を発したのはアメリカだから
    [ 2014/08/02 13:59 ] [ 編集 ]
  287. まあ、日本軍の侵攻のせいで
    アジアの植民地の独立は早まっちゃたね
    [ 2014/08/02 14:02 ] [ 編集 ]
  288. 自然と植民地は独立してたって言ってる人達は何百年植民地だったか知ってるのかね?
    [ 2014/08/02 14:12 ] [ 編集 ]
  289. 大航海時代ぐらいからだから軽く400年以上か。
    千年以上属国やってた国もあるし、ほんと所変わればだよなぁ
    [ 2014/08/02 14:26 ] [ 編集 ]
  290. 資源が無いとはいえ、なんだかんだで日本には地の利があるな
    [ 2014/08/02 14:30 ] [ 編集 ]
  291. >■日本は、アジアが欧州から独立することを後押しした。勝とうが負けようが、日本の目的は達成されたんだよ。 +5 アメリカ

    米国人でこういう見方ができる人がでてきたんだね。まったく以って正しい見方だと思うよ。
    日本は侵略者で悪者だっというのが、現在の世界の歴史認識。しかし、日本の侵略が西洋列強の侵略と明らかに違うのは、日本軍は侵攻した先々の土地で、現地人に対して軍事教練を行っていたこと。戦い方のイロハを弱気な現地人らにたたき込み、自信を持つよう叱咤激励して回っていた。
    『我が皇軍(日本軍)がこの地を去らば、きっと西洋人らはここに戻ってくる。その時、武器をとり自らの手で独立を勝ち取れ!』と励ましていた。そんな侵略者ってあるだろうか?ちなみに、現在の中国空軍は、残留日本軍人らが創設した。当時の中国共産党幹部が彼らに頭を下げ、軍の規律をはじめ戦闘機の操縦から整備のノウハウの教えを乞うたのですよ。その結果、中国は西洋列強に対抗することができた。
    つまり日本は、植民地政策を推し進めていた西洋列強の“我善し”精神を退けるために命をかけて戦った。それは同時に、西洋列強に侵略されたくなかったから戦ったこともでもある。結果的に、日本は原爆を2発も落とされボロボロになったが、しかし、肉を切らせて骨を断つの如く、本懐を見事に遂げたことには変わりない。
    歴史にもしは禁句だが、日本が真珠湾攻撃をしなかった場合でも、西洋列強は自主的にアジアの植民地を手放していただろうか?私は100%それはないと断言できますよ。我欲の塊となった連中を改心させるには、それなりの犠牲がでるのがこの世の習い。
    また、人類史という広い視点からみれば、東洋人が西洋人と肩を並べることは、人類全体を愛する神の御心に沿うもの。そうだとすれば、この戦さは聖戦であり、神が仕組んだ避けて通れぬ周到な計画だったともいえる。
    [ 2014/08/02 14:34 ] [ 編集 ]
  292. 「人種差別」これがある限り、戦争回避は不可能。

    となりのサルは話ができて、お行儀がよく、頭もいい

    だかしかし、白人サミットで相手にされますか?
    当時はそういうレベルだった

    今では白人サミットに入っている。それは、戦って得た権利
    人は戦わなくてはいけない時があるんだ
    [ 2014/08/02 14:38 ] [ 編集 ]
  293. 日本人は引き込もってんのが好きなんだから。逆に中国(清だっけ)がしっかりしてたら今でも鎖国して中で徳川時代やってんじゃないかね。 そんな日本人が立ち上がって戦いまくらにゃならなかっんだから、大陸しっかりしろや。
    [ 2014/08/02 14:53 ] [ 編集 ]
  294. 中国は諦めて、米国と妥協していれば戦争に成らなかった、
    集まった連中が、国益よりも如何に戦争で儲けるかを考えたので、
    妥協できなかった。
    [ 2014/08/02 15:04 ] [ 編集 ]
  295. もしはない。
    [ 2014/08/02 15:28 ] [ 編集 ]
  296. 国を守るために命をかけて下さった先人たちには、感謝してます。


    国内でそう思う事さえも許されない国に、絶対させません。

    [ 2014/08/02 15:33 ] [ 編集 ]
  297. ↑落ち着けおちつけ
    一生懸命書き込んでるけど
    誰も読んで無いから
    [ 2014/08/02 15:33 ] [ 編集 ]
  298. 暇だったらキムチはキムチらしく漬かってろ
    [ 2014/08/02 15:37 ] [ 編集 ]
  299. ※218

    アメリカは、なんとしても日本との開戦を執拗に、執拗に、望んでいたのでそれは無理。
    マッカーサーも「日本と戦争になったら、アメリカが圧勝することは最初から分かっていた。分かっていて、日本を虐めに虐め抜いて戦争へと巻き込んだ。イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込んだ。アメリカは日本を戦争に誘い込むために、虐めに虐め抜いた。正直すまんかった」ってアメリカの講習会で告白してるじゃん?
    不戦の誓いで大統領になったルーズベルトは、何とかしてドイツからアメリカに先制攻撃を仕掛けさせようとしたけど出来なかった。だから今度は丁度ハワイ侵略の時にハワイ王国が日本に頼ったときから出来た遺恨…アメリカに吹き荒れる排日論を利用して、日本になら条約を破棄しようが何しようが構わないという風潮の中ストーカーみたいにいじめ抜いたんだよ。

    ■1940 年 10 月、一通の覚書がアーサー・マッカラム少佐によって作成された。
    米国の取るべき行動と題した覚書には、どのように追い込めば日本は暴発して戦争行為に走るか、日本をして開戦に導く 8 項目の施策が盛り込まれていた。

    ルーズベルトはこの覚書を採用した。 そして着実に冷徹に実行したのである。

    アメリカの重大な関心はナチスドイツの脅威であり、否応のないヨーロッパ戦線参戦の口実のために、日本は挑発されたのだ。
     日独伊三国同盟が締結されているため、日本 と戦争状態になれば必然的にドイツ・イタリアとも戦争状態になることを意味する。

     ルーズベルトは命じている「合衆国は、日本が先に明らかな戦争行為に訴えることを望 んでいる」と。

    目的は対ドイツ参戦だったのだから、いつまで耐えようが、何をして差し上げようが、日本が参戦するまで嫌がらせは続けられた。

    『ハミルトン・フィッシュ/アメリカ 政治家』
    ルーズベルト大統領は、その絶大な権力を使って遂に米国を日本との戦争に巻き込むことに成功した。 そのことは、米国を欧州における戦争に参戦させるという彼の最終的な目的を達成させた。


    『ハリー・エルマー・バーンズ/アメリカ 歴史学者』
    大西洋でヒトラーを戦争行為に挑発出来ない事がはっきりしてきた1941年6月の、日本の経済的封殺で始まった戦術の切り替えを除いては、戦争への道はまったく直線的であった。 全局面を通じる戦争工作の建築家であり大指揮者だったのはフランクリン・デラノ・ルーズベルトだ

    『カーチス・B・ドール/ルーズベルト大統領の長女の夫』
    ホワイトハウスで1941年11月25日に開かれた運命的な会議の記録を読み返してみて、私の以前の岳父、ルーズベルト大統領および側近たちの戦略は、平和を維持し保証することではなく、事件を組立て、あるいは引き起こさせて、アメリカを日本との戦争に巻き込むという陰謀にもっぱら関わっていたと、私は悟ったのです

    [ 2014/08/02 15:40 ] [ 編集 ]
  300. ※236
    日本を占拠したGHQが、気が付けば共産主義と対峙し、満州重要じゃね?と気づき、あれ?これ大日本帝国がやってたことと同じじゃん!と図らずも東条秀樹の遺言通りに動いていたってのは有名な話。
    満州について勉強した方がいい。

    秀樹の朝鮮出兵の相手はスペインだったのを知らないのか?
    明、朝鮮半島、日本以外の周りの国が、みんな白人との混血なのは何故だと思う?
    明と、朝鮮半島と、日本だけが民族浄化から免れたのはどうしてだと思う?
    [ 2014/08/02 15:50 ] [ 編集 ]
  301. だよなー
    日独伊同盟を当初から危惧していた人物もいたし
    どういう経緯で同盟を結んだの?
    [ 2014/08/02 15:58 ] [ 編集 ]
  302. ※284
    「日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。

    日本は何も悪くありません。日本は自衛戦争をしたのです。

    イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込んだのです。
    アメリカは日本を戦争に誘い込むために、虐めに虐め抜きました。

    そして最後通牒として、ハル・ノートを付き付けました。

    中国大陸から出て行けだの、石油を輸出させない等、アメリカに何の権利があったと言うのでしょう。
    ハル・ノートのことは、私もアメリカの国民も知りませんでした。あんなもの突きつけられたら、どんな小さな国でも戦争に立ち上がるでしょう。

    戦争になれば圧倒的な武力で、アメリカが勝つことは戦う前から分っていました。我々は戦後、二度と白人支配の脅威とならないよう周到な計画を立てました。
    アメリカは、知っていたのです。国を弱体化する一番の方法は、その国から自信と誇りを奪い、歴史を捏造することだと。

    戦後、アメリカはそれを忠実に実行していきました。

    先ず、日本の指導者は間違った軍国主義を取ってアジアを侵略していったと、嘘の宣伝工作をしました。

    日本がアジアを白人の植民地から開放しようとしたと言う本当の理由を隠す為、大東亜戦争という名称を禁止し、代わりに太平洋戦争と言う、名称を使わせました。

    東京裁判はお芝居だったのです。

    アメリカが作った憲法を、日本に押し付け、戦争が出来ない国にしました。

    公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を大学などの要職にばら撒きました。その教え子たちが、今、マスコミ・政界などで反日活動をしているのです。
    徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は日本国民に知らせないようにしました。

    これらの政策が功を奏して、今に至るまで独立国として自立できない状態が続いているのです。

    私は、反省しています。

    自虐史観を持つべきは日本ではなくアメリカなのです。

    戦争終結に不必要な爆弾を2つも使って、何十万と言う民間人を虐殺しました。
    徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は日本国民に知らせないようにしました。

    これらの政策が功を奏して、今に至るまで独立国として自立できない状態が続いているのです。

    私は、反省しています。

    自虐史観を持つべきは日本ではなくアメリカなのです。

    戦争終結に不必要な爆弾を2つも使って、何十万と言う民間人を虐殺しました。

    最後に、私が生きていた時の証言を記して謝罪の言葉とします。

    『私は日本について誤解していました。日本の戦争目的は、侵略ではなく自衛のためだったのです。太平洋において、米軍が過去百年間に犯した最大の過ちは、共産主義を中国において強大にさせたことでした。
    東京裁判は誤りだったのです。日本は8千万に近い膨大な人口を抱え、その半分が農業人口で後の半分が工業生産に従事していました。潜在的に日本の擁する労働力は量的にも、質的にも私がこれまで接した何れにも劣らぬ優秀なものです。歴史上のどの時点においてか、日本の労働力は人間が怠けているときよりも働き、生産している時のほうが幸福なのだと言うこと、つまり労働力の尊厳と呼んでよいようなものを発見していたのです。

    これまで巨大な労働力をもっているという事は、彼らには何か働く為の材料が必要だと言うことを意味します。彼らは工場を建設し、労働力を有していました。
    しかし彼らには手を加えるべき材料を得ることは出来ませんでした。日本原産の動植物は、蚕を除いてほとんど無いも同然でした。綿がない、羊毛が無い、石油の産出が無い、錫が無い、ゴムが無い、他にも無いものばかりでした。その全てがアジア海域に存在したのです。

    もしこれらの原料の供給を断ち切られたら一千万から千二百万の失業者が日本に発生するであろうことを彼らは恐れたのです。従って日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られての事だったのです。』

           1951年5月3日
           アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて
           ソース /ttp://www.sdh-fact.com/CL02_1/82_S4.pdf 
    [ 2014/08/02 16:03 ] [ 編集 ]
  303. >>312
    日本には言論の自由があったからそら色々な意見があるだろ
    理由としてはソ連包囲網とブロック型経済と日本の孤立

    日英同盟はアメリカがイギリスを脅してぶっ壊した
    [ 2014/08/02 16:04 ] [ 編集 ]
  304. 長州がずば抜けて悪逆非道ってわけでもあるまいて。あれは小説家の功罪だわ。やってることはどこも大して変わらん
    [ 2014/08/02 16:08 ] [ 編集 ]
  305. 司馬遼太郎とかも資料発見前の知識で書いてたりするしな
    [ 2014/08/02 16:11 ] [ 編集 ]
  306. ARA密約とか今でも絶対公では誰も触れないしな
    [ 2014/08/02 16:19 ] [ 編集 ]
  307. ハルノートの存在は米国議員のほとんどが開戦直前までに知らなかったらしい
    [ 2014/08/02 16:24 ] [ 編集 ]
  308. 歴史にifはないけど、もし勝っていたら朝鮮人が日本人のままだろ?
    冗談じゃねぇよ。あちこちで暴行略奪強姦の限りを尽くして、
    「ウリは大日本帝国の国民ニダ!」だろ?
    日本人のイメージがガタ落ちだったろうよ。
    [ 2014/08/02 16:28 ] [ 編集 ]
  309. 北朝鮮みたいなとこから書き込めるかよ。
    ここのコメは自作自演だ。
    [ 2014/08/02 16:30 ] [ 編集 ]
  310. ※318
    野党も与党の大半も戦後まで知らなかった
    (日本もそのことを知らなかった)

    んで戦後に発覚して知ってたらアメリカの議員の九割は反対してたって大騒ぎになった
    [ 2014/08/02 16:30 ] [ 編集 ]
  311. 石油が無くても国内に石炭が沢山埋蔵されてるのに。

    兎に角負けてなければ、横浜市から水上飛行機でパラオに行けた。パスポート要らずなんだろうか。記念碑が残ってるよ。
    [ 2014/08/02 16:33 ] [ 編集 ]
  312. 旧日本軍は連合国軍が欧州で手一杯になっている時期を狙って短期決着に賭けたってだけなのに
    半世紀以上たった今ですら脳内で大東亜共栄圏というお花畑を開園してる人が居るのは何故だろうか
    [ 2014/08/02 16:39 ] [ 編集 ]
  313. ※323
    アメリカは自称中立でしたが何か?(笑)

    お前の屁理屈なら真珠湾じゃなくて英軍狙うわ

    そもそもその2つは矛盾してねーし
    [ 2014/08/02 16:42 ] [ 編集 ]
  314. ぶっちゃけ、日本が戦争するように仕向けてたのは海外だと思うがな…
    軍縮条約なんかその例だろ

    日本が植民地の解放~とかほざいて、アジア侵略してたの批判してたくせして、日本の敗戦後はアメリカ同じことしてるしな…

    あと、ハルノートも東条が首相になってから、
    断るのを見越したとしか考えれないんだが…



    まぁ、歴史とかセンターだけのにわかだが
    [ 2014/08/02 16:43 ] [ 編集 ]
  315. 米324
    なんか門戸開放かなんかで中立やめてたくね?
    [ 2014/08/02 16:45 ] [ 編集 ]
  316. ※311
    特集でフィリピンの元親日派が「あの時連合派に寝返らなければこの国は良くなったのに・・」と悔やんでたのを思い出した。
    歴史にもしもはないが・・欧米支配が必ずしも良い結果を生んでいなかった事は確かだね。
    [ 2014/08/02 16:46 ] [ 編集 ]
  317. アメリカ強すぎんよ
    [ 2014/08/02 16:46 ] [ 編集 ]
  318. 考えるなら日本海軍が暴走してなかったら、とかの方が現実的じゃないかなあ
    [ 2014/08/02 16:47 ] [ 編集 ]
  319. 日露戦争の後、日米で満州を共同開発していれば、日米の戦争は、なかった。
    [ 2014/08/02 16:53 ] [ 編集 ]
  320. パール判事も当時の国際社会は日本に対する不法行為を悉く黙認し誰も日本の主張に耳を傾けなかった結果
    日本は独力で解決せざる得なくなり国際社会はそれを更に叩いた
    って言ってたな

    俺はこの話を信じる

    何故ならその風潮は今でも見て取れるから
    [ 2014/08/02 16:53 ] [ 編集 ]
  321. 正直、残虐な朝鮮族と区別出来る今は、本当にありがたい。
    それでも、あちらはすり寄ってくるから何とか国交断絶レベルで振り切れないものか。
    [ 2014/08/02 16:54 ] [ 編集 ]
  322. ※332
    もうすぐ締め出して閉店ガラガラするとか言ってたけど、舛添レベルが知事な状況だし当分なさそう…。無念。
    [ 2014/08/02 16:58 ] [ 編集 ]
  323. >日本が勝ってたら、普通に日本が東南アジアを支配してたよ。

    植民地支配する気なら、現地人による軍事組織など育成しない。
    イギリスはグルカ兵のような現地人による「兵士」は育成したが、指揮官を含む「組織」は育成しなかった。
    日本は自らに広大な地域を支配するような政治力も経済力もないことをよく知っていたし、友好国を増やすことで地域平和を維持することしか欧米に対向する道がないことをよく理解していた。
    (アメリカからハワイ王国を守れなかったことでも実力不足は痛感していた筈)

    朝鮮併合や中国への侵攻は、彼等がその国際的な現実を理解せず、内部分裂して欧米勢力を引き入れようとしていたことが一つの原因。

    ※322
    石炭じゃ飛行機は飛ばんのです。船も進まんのですよ。しかも埋蔵量はそこそこでもほとんどが低質炭。また石炭を石油化する研究はしていたが、まだまだの段階の上、石炭自体製鉄に大量使用されるため、他に回すほどの余裕はなかったのが現実。
    [ 2014/08/02 16:59 ] [ 編集 ]
  324. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2014/08/02 16:59 ] [ 編集 ]
  325. ※330
    当時の米は開発なんてやりたがらない
    出来上がった物の分け前よこせってだけ

    挙げ句の果てにはARA密約で日本から取り上げて列強で山分けしようとしていた
    [ 2014/08/02 17:02 ] [ 編集 ]
  326. >いい加減なことを書いた付けは本人が払わせられるだけだろう

    もう死んでおらんやろが。アホな龍馬信者を大量生産してお亡くなりになられた
    [ 2014/08/02 17:06 ] [ 編集 ]
  327. 歴史の正当化なんてどの国でもできる
    そんなアホにはなりたくないね
    [ 2014/08/02 17:07 ] [ 編集 ]
  328. ※330
    当時のアメリカは自分達の利権はもちろん日本の蹴落としも主目的の一つ
    この二つを両立させるのが「有力な抗日勢力を支援し満州を日本から取り上げさせる」事だった
    [ 2014/08/02 17:07 ] [ 編集 ]
  329. 輸入ルートさえ潰されなければ勝てない戦いに挑むこともなかったんだろうけどなー
    [ 2014/08/02 17:08 ] [ 編集 ]
  330. ※329
    その反日教育による自虐史観は、もう論破済み。

    ※330
    つ※310
    満州を手放そうが、日本が油田でも掘り当てようが、資源大国になろうが、目的が「第二次世界大戦に参戦するために、不戦で選んでくれた国民を納得させるには日本が卑怯な手(奇襲)を使って国民感情に火をつけるしかない」わけなので、逃げおおせるのは無理。
    [ 2014/08/02 17:17 ] [ 編集 ]
  331. ※330
    リットン調査団の報告書の第9条を良く読んでみてくれ。
    彼等は、満州国の建国をみとめながら、最初から満州を自分達のものにするつもりだった。
    書類の上だけで、満州国への侵略を宣言したんだ。

    けれど、後にマッカーサーが共産主義との戦いにおいて満州国の重要性に気が付いたのでも分かるように、日本にとって、それは譲れなかった。

    つか、書類上だけで侵略とか、人種差別酷すぎ。
    [ 2014/08/02 17:24 ] [ 編集 ]
  332.  
    戦争は、弱い国から戦争を仕掛け「させる」のがデフォルトだからなあ。
    資源枯渇が一番手っ取り早いよね。今、中国が北朝鮮にしてるように。
    [ 2014/08/02 17:39 ] [ 編集 ]
  333. 絶対に勝てなかった、とは思わないね。
    んなもの色々ある。

    負けて良かったとも言えない、犠牲が大きすぎた。
    しかし、負けて色々得をした面もある。
    [ 2014/08/02 18:07 ] [ 編集 ]
  334. 求めてたのは石油だけ。
    満州は対ロシアという観点で必要だった。
    これをアメリカが認めてたらそもそも戦争なんて起こってないし、ドイツと同盟すらしてない。
    [ 2014/08/02 18:19 ] [ 編集 ]
  335. インドシナを無血占領したように、インドネシアも同じやりかたで油田を
    確保する。
    アメリカ激怒だろうけど、そこは満州の経営権を譲渡するなりで籠絡して
    のらりくらりで、まず国民党政府を壊滅、あとは南京傀儡政府に政権移譲して中国からは撤退。
    というならば同時代うまく生きた方かも。
    ただ当時の日本は政治・経済・軍事・文化すべて煮詰まっていたから、うまくやりぬいたからといって国民が幸福になったとは限らない。
    [ 2014/08/02 18:56 ] [ 編集 ]
  336. ※347
    アメリカからの資産凍結(国際法上の宣戦布告)がきっかけで、法律上の報復行為(パールハーバー)を行い、植民地解放戦に乗り出した。
    石油をもとめてとは、ちょっと違う。

    西欧の資源搾取は、自国への利益。
    日本の資源搾取は、やがてくる西欧諸国との戦いに備えてその国を独立させ強くし、かつ、日本軍がさらに次の植民地を解放しにむかうためのもの。


    「戦争になれば圧倒的な武力で、アメリカが勝つことは戦う前から分っていました。我々は戦後、二度と白人支配の脅威とならないよう周到な計画を立てました。
    アメリカは、知っていたのです。国を弱体化する一番の方法は、その国から自信と誇りを奪い、歴史を捏造することだと。

    戦後、アメリカはそれを忠実に実行していきました。

    先ず、日本の指導者は間違った軍国主義を取ってアジアを侵略していったと、嘘の宣伝工作をしました。
    日本がアジアを白人の植民地から開放しようとしたと言う本当の理由を隠す為、大東亜戦争という名称を禁止し、代わりに太平洋戦争と言う、名称を使わせました。

    東京裁判はお芝居だったのです。

    アメリカが作った憲法を、日本に押し付け、戦争が出来ない国にしました。

    公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を大学などの要職にばら撒きました。その教え子たちが、今、マスコミ・政界などで日活動をしているのです。(略)」

           1951年5月3日
           アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて
           ソース /ttp://www.sdh-fact.com/CL02_1/82_S4.pdf 

    [ 2014/08/02 19:03 ] [ 編集 ]
  337. 連合国に寝返ったらというif論を全く見ないのは何故だろう
    [ 2014/08/02 19:04 ] [ 編集 ]
  338. 日本が米には絶対勝てなかったことは事実
    ミッドウェーを攻略してもハワイを占領することはムリだし米西海岸に上陸したとしても維持出来ない
    ただ日本の勝利が戦争そのものに勝つことではなく、バルチック艦隊をぼこぼこにした日露戦争のように早期講話することが勝利であるならば十分可能性はあった
    そのためには米世論を戦争に傾けずに、さらにミッドウェーを攻略し米機動部隊を壊滅することが前提条件、そこからは外交だ
    [ 2014/08/02 19:13 ] [ 編集 ]
  339. 日本や当時、黄色人種の日本人を大歓迎したドイツが勝ってたほうが、世界は平和になってたのでは?
    [ 2014/08/02 19:15 ] [ 編集 ]
  340. ベトナムもアメリカに比べりゃ小さいが
    ボコボコにされて逃げ帰ったじゃん
    [ 2014/08/02 19:21 ] [ 編集 ]
  341. >252
    >だからフィリピンは日本軍が入った後に統治下から独立国家にしたでしょ

    ものすごい嘘つきだなお前。フィリピンはもともとアメリカ議会で独立が決まってたんだよ。日本が侵攻しなけりゃもっと早く独立してたはずなの。
    [ 2014/08/02 19:32 ] [ 編集 ]
  342. イギリスの軍事評論家リデル・ハートは著書「戦略論」にて
    太平洋戦争は日本の防衛戦争であったと記述している。
    そして日本の敗因は占領地を広げすぎて
    戦力が分散したためであるとも述べている。
    リデル・ハートはアルデンヌの森を機甲兵力が突破可能なことを
    警告していた人物。
    [ 2014/08/02 19:51 ] [ 編集 ]
  343. ※354
    横だしコピペだけど。


    1998年に米西戦争が始まったとき、フィリピン人の独立革命家のアぎナルドやリカルテに対し、スペイン撃退後のフィリピン独立を約束し、その協力を取り付けた。
    アぎナルドらは独立を助けてくれるものと信じてアメリカ軍に大いに協力した。
    ところがアメリカは地元の革命軍の協力でスペインに勝つと、フィリピン独立の約束を反故にし、フィリピン併合を宣言した。
    騙されたと知った革命家は、日本に援助を求めながら、アメリカに抵抗し戦争となったが、結局はアメリカに鎮圧された。
    この戦争でアメリカはフィリピン侵略のために残○の限りを尽くし、反抗するフィリピン人60万人をギャク○した。
    これが当時のフィリピンの現状だ。

    彼等はなすすべなく、他の国の言いなりだっただけじゃない。
    日本軍と共に独立を勝ち得た、英雄。
    中共がヒッシに隠したり意味を湾曲している「大東亜共同宣言」、それが証拠だ。
    もしもフィリピンが独立を望んでないのなら、アメリカに60万人も虐○されなかった。
    もしもフィリピンが独立を望んでないのなら、東京で行われた大東亜会議に出席などしなかった。

    大東亜会議の参加国は、

    日本:東條英機内閣総理大臣(大東亜共同宣言中には「大日本帝国」ではなく「日本国」と表記されている)
    中華民国(南京)国民政府:汪兆銘行政院長
    満州国:張景恵国務総理大臣
    フィリピン共和国:ホセ・ラウレル大統領
    ビルマ国:バー・モウ内閣総理大臣
    タイ王国:ワンワイタヤーコーン親王
    インド:インドからは、日本と協力しインド全土のイギリス(イギリス領インド帝国)からの完全独立を目指していた自由インド仮政府首班のチャンドラ・ボースが参加した。

    『ここで宣言しているのは、互いを尊重し、それぞれの民族が民族の歴史、文化、伝統を活かしながら互いに文化交流を深め、互いに経済関係を強化することで、相互に発展し、世界各国とも進んで仲良くしていこうということです。

    要するに東亜諸国は、それぞれの国や民族毎に、相手が欧米列強であれ、同じ東亜諸国であれ、アフリカや南米や、太平洋の諸国等であれ、すべての諸国が、互いの存在や文化を認めあいながら、「対等」に交際していこうということを明確に宣言しています。』


    『この「大東亜共同宣言」は、昭和18(1943)年11月6日、つまり大東亜戦争のまっただなかで、
    日本、支那、タイ、満州、フィリピン、ビルマの6カ国に、自由インド仮政府を加えた実質7カ国の共同声明として出された宣言です。

    内容は非常にたいせつなことを含んでおり、実はこの「大東亜共同宣言」がきっかけとなって、
    翌月、米英支の三か国(中心的役割は米)が共同宣言というカタチで「大東亜共同宣言」に対抗的に出したのが「カイロ宣言」、これを受けて作られたのが「ポツタム宣言」、そして「降伏文書」と続く。
    その意味でも、「大東亜共同宣言」は、歴史上、たいへんに重要な位置を占める重要な宣言といえる。

    ところがおかしなことに、この「大東亜共同宣言」、その全文を紹介している本は、いま、ほとんどない。
    かなり意図的にこの宣言が、歴史から抹消されている。
    [ 2014/08/02 19:52 ] [ 編集 ]
  344. こんなの真実じゃない。石油をストップさせたのはアメリカだし、だいたいなんで欧米の植民地だった近隣諸国を一所懸命頑張って助けたのに恨まれないといけないんだ
    [ 2014/08/02 19:54 ] [ 編集 ]
  345. >タイは一度だって日本の植民地になったことはないぞ。 北朝鮮

    お前らも日本の植民地になったことはないけどな
    [ 2014/08/02 20:01 ] [ 編集 ]
  346. ※357
    それって米比戦争のことだろ?時系列がめちゃくちゃじゃねーか。
    耳障りの良いコピペばっかり見て、歴史を何も勉強してないのがバレバレ。

    日本の力なんか借りなくても、フィリピンは1946年に平和に独立することが決まってたの。なのに日本が攻めて来たもんだから最大の激戦地になったんだぞ?
    そのことを自力じゃ無理だったのを独立させてやったとか言って、人としておかしいんじゃねーの?
    [ 2014/08/02 20:11 ] [ 編集 ]
  347. ハウノートを読めば読むほど悪意が潜んでいるのがわかる
    当時すでに石油、鉄鋼を輸入に頼っていた日本が鎖国という選択肢はなかった。
    [ 2014/08/02 20:19 ] [ 編集 ]
  348. 勝っていたら、面倒くさい、ことになったと思いますよ。
    アメリカ見てください、しょっちゅう戦争して、国際紛争に巻き込まれ、中韓に国内で政治運動されゴタゴタして、面倒でしょうが無いでしょう。戦争世代の人には申し訳ないが、自由に言いたいこと言って、まったり生きている身としては、これはこれで、いいと思っています。
    [ 2014/08/02 20:40 ] [ 編集 ]
  349. ※360
    違いますよ?事の発端から比米戦争までの大まかな流れです。
    違う資料でも、こうあります。

    【米比戦争】

    エミリオ・アぎナルドはフィリピン革命政府代表としてフェリペ・アゴンしリョをアメリカ合衆国に派遣し、アゴンしリョは1898年10月1日に非公式にウィリアム・マッキンリーアメリカ合衆国大統領と会談したが、奔走の努力は実らず、同年12月10日にアメリカ合衆国とスペインの間に結ばれたパリ講和条約によって、スペインはアメリカにフィリピンの領有権を約2000万ドルで譲渡することを認め、翌1899年2月6日にアメリカ合衆国上院はパリ条約を批准したのであった[32]。
    アメリカ合衆国上院は民主党議員を中心に2月4日までモンロー主義に基づいて植民地を持つことに反対する観点からパリ条約批准に反対する雰囲気があったものの、2月4日夜のフィリピン革命軍とアメリカ軍のサンファン橋発砲事件が2月5日のサンフランシスコの新聞に報道されたことが契機となり、2月6日の批准が実現したのであった[33]。
    時のアメリカ大統領ウィリアム・マッキンリーは「フィリピン群諸島は合衆国の自由なる旗のもとに置かれなければならない」とする声明を発表した。当時のアメリカ海軍はマハンの大海軍主義の影響を受けており、更に共和党のマッキンリーはマニフェスト・デスティニーの名の下にフィリピン領有を欲していたのである[34]。


    米比戦争中の『ニューヨーク・ジャーナル』紙による風刺画。フィリピン人を銃○するアメリカ軍の背後には英語で「10歳以上の者は皆○し」と書かれている。
    アメリカ合衆国の政情以前にフィリピン現地では既に1899年1月4日、駐マニラアメリカ軍のオーティス総司令官がフィリピン領有宣言を発しており、アぎナルドをはじめフィリピン国民は一斉に激しく抗議していたが、このフィリピン革命政府の抗議が受け入れられることはなく、2月5日のサンファン橋事件によってフィリピン側に3000名の死傷者が出たことを契機にフィリピン革命政府とアメリカ合衆国との間に新たな戦争が勃発した(米比戦争)[35]。
    フィリピン軍はアメリカ軍への敗北を重ねた上、内部分裂が進行したためにアぎナルドはアントニオ・ルナ准将を粛清して内部を固めた上で6月6日に首都をターラックを移転し、7月7日に新たな革命議会を開催したが、アメリカ軍の追撃は更に進み、1899年11月11日の敗走中にバヤンバンにてゲ○ラ戦への転換を指示し、1900年8月には最後の拠点イサベラ州パラナンに到達したものの、翌1901年3月にアぎナルド大統領はアメリカ軍の捕虜となり、アメリカ軍のアーサー・マッカーサー2世軍政長官に対して「忠誠の誓い (アメリカ)」と全軍への休戦を指示した[36]。米比戦争は2年1カ月に及び、フィリピン軍の戦死者12,000人、アメリカ軍の戦死者4000人、フィリピン非戦闘員の犠牲者20万人を出して終結した[
    [ 2014/08/02 20:55 ] [ 編集 ]
  350. 明日の昼飯は何にしようか、今日の昼に考えていました…。

    麺にしようか…。
    米にした場合、玉子を…。

    明日を考えていられる自分がいる。
    生きてる証ですね。

    動画やコメントでifを話し合える自分達が居る…。

    同じ事の様に思います。
    生きてる証ですね。

    70年前に起こった命運(廻り合わせ)と、その結果結果は変えられません。

    【結果】を手繰り寄せた結果、
    唯一、素直(真実)な情報にたどり着き、当時を認識出来るに留まる。

    ソレを知った後は、どう決めれば良いものでしょうかね…。

    明日を…。

    何か出来るなら、何をしたら良いものでしょうか。

    生きている今日だから、
    明日は、
    何をしようと考える俺(笑)
    [ 2014/08/02 21:04 ] [ 編集 ]
  351. ※363
    詳しく書かないとわからないようなので…


    第二次世界大戦によって1941年にアメリカの保護領であったフィリピン・コモンウェルスに日本軍が進撃してくると、アギナルドは日本との協力を選んでフィリピンに帰国したアルテミオ・リカルテ将軍の帰国を自宅で祝福し、かつて自分を捕えたアーサー・マッカーサー2世の息子、ダグラス・マッカーサーがコレヒドール島に立て篭もっていることに対して、フィリピン人の独立を求める立場から、マッカーサーの友として降伏を求める書簡を送っている[42]。
    また、バターン半島の戦いの際にはラジオを通してマッカーサーに対してフィリピン兵の無実の若者の命を助けるために降伏するように求める演説までも行った[43]。

    1943年10月14日にホセ・ラウレル大統領の下でフィリピン第二共和国が独立を宣言した際には、アギナルドもリカルテと共に独立記念式典に参加したが、アギナルドはリカルテとは異なり、それ以上の対日協力を行わなかった[43]。
    しかしながら、アメリカ軍のフィリピン反攻戦後、再びアメリカ合衆国がコモンウェルス政府と共にフィリピンに戻ると、アギナルドは対日協力者であるとして逮捕され、パラワン島のイワヒグ収容所に収容されたが、第二次世界大戦終結後の1946年、マニュエル・ロハス大統領によって恩赦が与えられ釈放された[44]。
    1946年7月4日にフィリピン第三共和国が独立を達成した際には、アギナルドは独立記念式典にてフィリピンの国旗を高々と掲げるに至った。

    フィリピン占領軍であったアメリカの傀儡政府としての独立と、真の革命家であるフィリピン人の望む独立は違っていたと言うことです。
    [ 2014/08/02 21:13 ] [ 編集 ]
  352. ※365訂正。

    ※363、ではなくて、※363の続き、です。
    [ 2014/08/02 21:15 ] [ 編集 ]
  353. 昔アーケードでこんなゲーム有ったな
    かこったら壁が消えて後ろの女の画像が出てくる
    [ 2014/08/02 21:24 ] [ 編集 ]
  354. 真珠湾?ああっアメ公のシナリオか
    小汚い軍港と退役まじかのオンボロ戦艦が有ったから
    日本軍に掃除させただっけでしょ
    アメ公はホント国民をその気にさせる為なら
    何でも犯る鬼畜だよね~
    イラク・アフガでよーく分かったは、
    このノリで日本に戦争吹っ掛けたんだなと
    [ 2014/08/02 21:25 ] [ 編集 ]
  355. >>違う。日本がなぜ他のアジア諸国を制圧出来たのか。
    それは他のアジア諸国が近代化に遅れる中、
    日本はそれに成功していたからだよ。 バヌアツ

    バヌアツってどこ?
    [ 2014/08/02 21:34 ] [ 編集 ]
  356. 「アメリカは日本への敵視政策をやめよ。
    さもなくば、あらゆる手段で対抗する用意がある」

    事前に、こう警告しておくだけで、宣戦布告なんか不要。
    だまし討ちなどと言われることもなかった
    [ 2014/08/02 21:35 ] [ 編集 ]
  357. こんなくだらないタラレバで盛り上がる暇があるなら
    「白人がアジアに侵入しなかったら」で議論しなさいよ。
    [ 2014/08/02 21:41 ] [ 編集 ]
  358. ※370
    もともと騙し討ちではなかった。
    アメリカの宣戦布告を歴史上なかったことにされているだけ。
    [ 2014/08/02 21:44 ] [ 編集 ]
  359. >>369

    太平洋諸島の地図(海図)で調べたまえ。
    [ 2014/08/02 22:17 ] [ 編集 ]
  360. 当時の米国大統領が日本嫌いだったから仕方ないな
    日本が戦争を仕向けるように工作してたんだからどうあっても結果は同じ
    [ 2014/08/02 22:22 ] [ 編集 ]
  361. 当時の東南アジアは欧米の植民地だったから政治や外交とか「選択」する権利がなかった
    だから現地の人間が当時の日本を欧米と同じ侵略者か、アジアを解放した救世主か、どう評価しようが俺達が口出しすることじゃないと思う
    昔に自分から併合を申し込んでおいて、敗戦後に反日教育を行う某半島国家などとは置かれていた状況が違う
    [ 2014/08/02 22:29 ] [ 編集 ]
  362. 実際のところ、開戦後に日本の石油供給はプラスになったのか?
    東南アジアを一時的に占領できたけど、石油の供給はプラスになったの?
    戦艦やら飛行機で使用した燃料と差引してもプラスだったの?

    真珠湾、ミッドウェイの司令官が別の人間だったら早期講和あったかもね。
    南雲とか終わってるよ。

    中盤以降の戦いは「物量差」がすべてだったけど、序盤は明らかに人的ミスで勝機を逃したね。

    真珠湾以前にすでに米軍は大陸で日本と戦ってたからね。航空戦は頻繁に起きていた。
    後になって真珠湾から日米戦争が始まったとか言われても困るよね。
    支那の航空機と米軍機が組んで攻めてきたことを私は忘れないよ。
    [ 2014/08/02 22:49 ] [ 編集 ]
  363. ここにきてる皆にお願いだ
    太平洋戦争ではなく
    日本人なら英霊たちに敬意をこめ
    胸をはって大東亜戦争と言おうではないか
    美化するつもりはないが
    アジアのために血を流したのは我が国の先輩達ではないか
    [ 2014/08/02 22:53 ] [ 編集 ]
  364. 日本軍がグアム島で地上戦をしていた事って意外に知らない人多いよね
    「よっこいしょういち」を知らない世代も増えたものだね
    [ 2014/08/02 23:13 ] [ 編集 ]
  365. 問題は日本では無く

    *ドイツが不可侵条約を無視してソ連進行しなければ、日本も勝っていた。
    ソ連は日和見を決め込みアメリカが叩かれるのを見てるだろう?
    中国共産党も出来てないので中国の味方もしない。
    [ 2014/08/02 23:27 ] [ 編集 ]
  366. ※375

    “アジアを解放”てのにはね、日本自身の事も入っているんだよ。
    ちゃんと“みんなで助け合って”“お互いを差別することなく”“独立国家でいようね”。それが大東亜会議に集まった国々によって高らかにうたわれた大東亜共同宣言。
    もちろん、宣言の起稿は日本だけど、その宣言の中に日本も入っているということ。

    日本軍の受け取られ方は各国々に任せればいいのは当たり前だけど、例えば、日本の敗戦後に再び舞い戻ってきたかつての支配層達が作り直した、嘘偽りの反日プロパガンダ教育を鵜呑みにしている人には、真実の歴史をもってして判断して貰うべく、事実を拡散するべきだと思う。
    真実を知った上で、侵略か解放かはそれぞれ判断してくれと。

    一番いけないのが、日本人自身が嘘歴史を鵜呑みにして、本来の日本の立場を説明できないこと。日本人としての立場を説明するのは、他国に自国の史観を押しつけるのとは違う。相手国の教科書を直せ!記念碑を建てろ!と言うことではないのだから。
    [ 2014/08/02 23:27 ] [ 編集 ]
  367. ハワイ云々言うなら、日本も琉球とアイヌを飲み込んでるけどね・・・。
    [ 2014/08/02 23:36 ] [ 編集 ]
  368. ※377

    自分も、ご先祖様達に誇りをもっていいと思う。
    かつて、アジアは日本以外は実質全部西欧の植民地だった。
    もう、500年以上も支配され続け、反乱の収め方も、刃向かわないようにする手口も確立されつつあった。
    だから、例えばその中の一国が宗主国を倒すのに成功したとしても、自国以外は未だ植民地。あっという間に再び飲み込まれて終わりだ。

    帝国主義による植民地支配を終わらせるには、被支配層である黄色人種が、一気に常識をひっくり返して見せるしかなかった。
    そして、アジアを支配していた西欧諸国を一度に相手に出来る、戦艦も駆逐艦も戦闘機も持っている、“戦える軍”を有する黄色人種の国は、当時は日本しかなかったんだ。


    逆に、アメリカも(こういうと日本人には受け入れにくいかも知れないけれど)自分は凄い国だと思っている。
    共産主義にヒロイズムやフロンティア精神を上手く操られてしまっていたけど、すんでのところで、真実に気が付いた。真実に気が付いたアメリカの行動は早かった。アメリカが素早く対応を切り替えてくれなかったら、サンフランシスコ会議には間に合わず、日本はカイロ宣言を丸呑みにした講和条約をかせられて、解体され、この世から無くなっていたんだよ。
    本当に、ギリギリのところで気が付いて、物凄い速さで対応して、日本を守ってくれた。
    その後のアメリカは、朝鮮進駐軍と戦い、朝鮮戦争、ベトナム戦争と、まるてわ日本がやっていたか、これからやる予定であったであろう共産主義との戦いを、日本を背にやってくれていた。そして今も、共闘してくれている。
    アメリカらしい、アメリカでなければ出来なかった事だと思う。
    [ 2014/08/02 23:53 ] [ 編集 ]
  369. 弾丸列車が予定通り昭和28年に出来てたんじゃないか?
    [ 2014/08/02 23:54 ] [ 編集 ]
  370. 国際連盟で、リットン報告書による日本への勧告決議案は
    反対1、棄権1があった以外、
    すべての加盟国の賛成で可決されました。

    反対したのは日本、棄権したのはタイでした。
    では他のアジア諸国は賛成したのか?

    どこも欧米の植民地だったのでそもそも投票できませんでした。
    [ 2014/08/03 00:00 ] [ 編集 ]
  371. ※381
    ハワイ侵略はハワイ侵略。琉球とアイヌの場合は併合です。比べてみれば一目瞭然ですが、長くなるので琉球の方だけ…。


    ■「琉球処分」とは?

    歴史書では明治時代に琉球王国が廃止され沖縄県が設置された事を「琉球処分」と称しています。それはあたかも日本政府が琉球国の住民の意思を無視し武力で琉球王国を滅ぼしたかのような印象を与えています。しかし、「琉球処分」といっても実際には日本軍により殺害された人は一人もいません。沖繩県が設置された翌年の明治13年、日本への服従を嫌って清国へ救援を訴えに密航した親清派の人々がいます。清国に脱出した琉球人の事を「脱清人(だっしんにん)」と呼んでいます。
    幸地、国頭、二人の親方は脱清人を率いて福建省総督に面会し、首里城落城を訴え救援を求めました。総督は「日本兵は何万人か、琉球人の殉死は何百人いたのか」と問いました。その質問に対し幸地は答える言葉がありませんでした。何故なら日本兵はわずか450人、殉死者はおろか戦死、自決は一人もおらず無血の首里城明け渡しだったからです。それは戊辰戦争、西南の役で1万人以上の死者を出した明治維新と比べても非常に平和的な国家統一事業だったのです。
    ■朝命の遵奉の決断を下していた尚泰王 

    実は当時の琉球王、尚泰王は、進んだ思想の持ち主でした。彼の側近にも世界情勢をよく見えている役人が複数いました。例えば「自ら進んで版籍奉還する事が国益である」と首里王府に提案した待講の津波古政正や、「琉球が生き延びるには日本の一部になるしかない」と考えていた三司官の宜湾朝保などです。尚泰王は彼らから世界情勢を学んでいたのです。そのため、日本政府から清国との朝貢・冊封関係を断つよう勅命がくだされ議論が紛糾する中、「朝命を遵奉すべし」と決断し命令を下しています。しかし、頑固党と呼ばれる親清派閥の勢力から圧力を受け王命を撤回させてしまいます。
    彼らは琉球国民のためではなく、既得権益のために王国を存続させたかったのです。残念な事に尚泰王の優柔不断さの結果、日本政府は強行的な手法を取らざるを得なくなってしまったのです。

     

    ■「琉球処分」とは親清派琉球士族の処分であり琉球庶民の救済である 

    沖繩のマスコミでは日本政府が米軍基地を沖縄県に押し付けることを第二の琉球処分とか第三の琉球処分などということがあります。この表現は事実と全く異なっています。琉球処分の「処分」とは既得権益を求めて日本への服従に対して抵抗運動を執拗に続けていた親清派の士族グループに対してであり、一般の琉球国の住民に対してはむしろ救済だったといえます。
    松田道之は、沖縄県を設置する任務で沖繩に派遣されました。彼は密偵を使って庶民の実情を把握して居ました。その密偵からの報告によると「士族の4割は内地の新政を望んでいるが、口にするのを恐れている。」「平民は琉球藩の過酷な政治を恨み日本の直轄を望んでいる。」ということでした。実際、琉球処分前の沖繩では、寺小屋もなく農民は字の読み書きも習うことができず、農奴のような生活をしていました。それが、沖縄県の設置以降は、農民も学校に通えるようになりました。これにより沖縄でも身分制が廃止され、努力しだいで誰でも出世できるようになったのです。 
    現在、首里城祭などでは華やかな王朝文化を再現していますが、琉球国の庶民全員がこのような華やかな文化を満喫していたわけではありません。首里城の華やかさは朝廷だけのも庶民には全く関係の無いことだったのです。逆に庶民はこの朝廷が冊封や朝貢で華やかな儀式を行うために大きな税負担を強いられていたのです。

    (仲村覚)
    [ 2014/08/03 00:02 ] [ 編集 ]
  372. 欧米からアジアを解放するために侵攻した、なんてのは日本人を救うために原爆を落とした、てのと同じくらい最低な考え方だと思うが。欧米にかわる新たな宗主国として君臨して、資源を奪おうとしてたってのが実情でしょうよ。弱肉強食の時代だったからそれが悪いとは言うつもりはないが、おためごかしはみっともない。
    [ 2014/08/03 01:01 ] [ 編集 ]
  373. ※386
    はぁ?
    日本が資源獲得の為に進行したのは海上封鎖された後なんだが?
    [ 2014/08/03 01:48 ] [ 編集 ]
  374. ※386
    思うのは自由だが事実誤認と勝手な決めつけはやめて呉れ。帝國政府声明文にアジア解放をうたってるんだよ。知らないだろ。玉音放送も然り。玉音放送最後まで真面目に聞いた事ないだろ。事実、大戦中独立させてるんだよビルマ、フィリピン等。大戦後、日本軍が育てた諸地域の軍隊によって横暴な白人と戦い独立を果たした。これが真相。これは俺の作り話じゃなく当時のアジア諸地域の指導者の発言なんだよ。日本が宗主国として君臨するつもりなら軍隊を育てる訳ないだろ。ジョークにもならんな。
    [ 2014/08/03 01:52 ] [ 編集 ]
  375. >>386
    >日本が資源獲得の為に進行したのは海上封鎖された後なんだが?

    いやだから資源獲得のために侵攻したんじゃん。アジア解放とか関係ないでしょ。
    [ 2014/08/03 02:05 ] [ 編集 ]
  376. >>388
    ああ、満州みたいな傀儡国家を作って独立させたやつね。てかフィリピンは1934年の米国議会で独立が決まってたのにわざわざ日本が攻め込んで日本寄りの政権を誕生させたんだよね?

    だいたい政策として「重要な資源地帯は日本が直轄支配する」って方針があった時点でアジア解放なんてのは建前だってわかるでしょ。
    [ 2014/08/03 02:21 ] [ 編集 ]
  377. ※386
    日本軍は侵攻先(白人植民地)の白人と戦ったんだよ。現地人じゃないぞ。勘違いしてないか?まあ白人側は現地人を日本軍と戦わせたが日本軍は現地人を説得し独立の道を歩むことになったんだよ。わかったか
    [ 2014/08/03 02:22 ] [ 編集 ]
  378. ※390
    インドネシアの独立を勉強しろ。現在、東南アジア諸国はみんな親日だろ。戦後復興の時も助けてくれたんだよ。なんでか?
    [ 2014/08/03 02:34 ] [ 編集 ]
  379. ※390
    はぁ?(笑)
    アメリカは独立の準備なんてしてなかったし
    日本はちゃんと独立させたぞ

    アメリカが全員逮捕して独立取り消したが
    独立の流れは食い止めれそうになかったから自分達に都合のいい人間を支配者に任命したがな
    [ 2014/08/03 02:35 ] [ 編集 ]
  380. 名無し
    馬鹿。悪魔白人が世界を支配してるんだ、誰かがやらねばなるまい。大東亜戦争は聖戦だよ。
    [ 2014/08/03 02:35 ] [ 編集 ]
  381. >>391
    だから白人を追い出して権益を奪おうとしたんだろが。上にも書いたけど、当時の南方政策として「重要な資源地帯は日本が直轄支配する」って方針があったんだよ。これだけ見ても現地人のためにやったなんて恥ずかしくて言えんわ。
    [ 2014/08/03 02:39 ] [ 編集 ]
  382. ※389
    欧米は身勝手でもう信用できない→そもそも欧米が植民地を奴隷支配して資源主導権を握っている→じゃあ現地人を奴隷から解放してよき協力者になってもらおう
    [ 2014/08/03 02:41 ] [ 編集 ]
  383. ※395
    それをアメリカは21世紀に奴隷ではなく独裁国家に対して行い解放したと言ってるな
    [ 2014/08/03 02:43 ] [ 編集 ]
  384.   
    中国の利権をアメリカがたかってきた上に
    はねのけたら
    資源調達じゃましてこなければ
    戦争にはならなかったけどね^^
    [ 2014/08/03 02:44 ] [ 編集 ]
  385.   
    ※396
    それも、大分イカレタ戦勝国にしつけられたアホからすると
    奴隷すらアフリカが元々やってたから西洋はわるくない!
    とかいいだすんだぜ
    [ 2014/08/03 02:45 ] [ 編集 ]
  386. ※395
    ああそうだ
    白人から奴隷と資源主導権を取り上げようとした
    現地人に教養を与えて支援する事でな
    条件は日本の盟友となること
    [ 2014/08/03 02:47 ] [ 編集 ]
  387. 重要なことは、現地民からすれば支配者が白人から日本人に変わっただけだってことだ。資源・食料の収奪は相当過酷だったそうだし (戦争してたんだから当然だが)、実際そのせいで抵抗運動も起きてる。それをさも現地人のためにしてやったかのように言うのは無恥というものじゃないの?
    あの金美齢さんだって「日本の台湾統治が近代化を進めたことは事実だが、台湾人にとって不公平なこと、屈辱的なことは数多くあった」と言ってる。支配された側が支配した側に100%感謝するなんてありえないんだよ。こんな傲慢なことを言い続けてたら本当に親日国はいなくなってしまう。
    [ 2014/08/03 02:56 ] [ 編集 ]
  388. ※401
    だから
    白人に成り代わりたいだけなら教養与えようとしたりしないっての

    好き嫌い良い悪いはさておき
    違いはハッキリさせるのが当たり前だろ
    [ 2014/08/03 03:00 ] [ 編集 ]
  389. グアムなんかはやる気無さ過ぎて四苦八苦したらしいな
    自立するよりペットの方が幸せなタイプからしてみれば確かに日本の指導は迷惑なだけだったろうな
    [ 2014/08/03 03:11 ] [ 編集 ]
  390. >>402
    欧米の植民地は搾取だけでインフラや教育を整えなかったとでも言いたいの?それってイメージで語ってるだけでしょ?前提が既に間違ってるから何も言えない。
    [ 2014/08/03 03:14 ] [ 編集 ]
  391. ※404
    お前なんで日本統治から独立した国と
    欧米支配から独立した国で戦後に差が出たかしらねーの?
    アメリカなんて政治に興味もってほしくないから支配層以外は英語は署名できる程度でいいってろくな教育なんてしてないんだけど?
    欧米は現地人を支配者と奴隷に分けて不満は現地支配者に向くように仕向けていた
    特に華僑はこの役割を買って出る者が多かった
    日本が建てた学校の数ぐらいは調べた?
    [ 2014/08/03 03:23 ] [ 編集 ]
  392. アフリカの人が
    自分達の国には現地の生活の為の設備なんて全然作ってもらえなかったって言ってたな
    [ 2014/08/03 03:28 ] [ 編集 ]
  393. >>392
    姉歯準平とかな
    [ 2014/08/03 03:40 ] [ 編集 ]
  394. ※395
    資源管理は日本がする。当然だろ。誰が管理するんだよ。現地人にさせるか?それとも白人にさせるのか?くだらんこと聞くな。こちとら白人と戦争してんだよ。
    [ 2014/08/03 03:58 ] [ 編集 ]
  395. 米欄多くて草生えたwww
    お前ら日本史好きすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    [ 2014/08/03 04:55 ] [ 編集 ]
  396. ※390

    満州国建国の理由を知れば、それこそが、後に大東亜共同宣言でいうアジアの列強国からの独立と、今で言うEUのように経済面も含めて相互に発展しようという大東亜共栄圏の第一歩だった。
    溥儀の忠臣たちもまた、満州族による帝政復古運動を展開していたのを知らないのか?
    満州は万里の長城の外にあり、一度も中国が支配したことのない、女真族(満州人)の国家だ。このときには確かに満州は清の領土であるが、清が漢民族ではなく満州人だということから考えれば満州が中国領とはいえないんだよ。それどころか、清は漢民族の満州への移住を「封禁政策」をもって禁じていたくらいだ。
    満州族は独立を望んでいた
    そして、最初に解放したのが、満州ということだ。

    日本が資源を統括したのは、他のアジア諸国に対してやったのと全く同じ理由から。
    そ支配しようとする列強国との戦いに備えてその国を強くし、その国だけが独立を果たしても全ての力による支配を排除しなければ再び飲み込まれるので、更に次の植民地を解放するために日本の軍備を整えるだめだ。
    西欧の搾取とは全く違う。

    現に、あなたが“搾取されていた”ハズの満州だが、 1930年代、中国の工業生産力の70%、GDPの75%が集中。他の地域が戦乱に巻き込まれていたことを差し引いてもこの数字は驚異的。
    韓国もそうだが、日本に統治されることは、政治的にはともかく経済的には大発展を呼び起こしていた。後に列強による横取り画策がなされるくらいにね。
    それはそうだ。日本本国の予算の約10%ずつを、自国後回しで、満州、韓国に注ぎ込んでいたんだから。
    さらに、日本国内で平均月収80円前後だった頃、満州では平均100円は稼げていた。今の貨幣価値にすると、日本国内20万円、満州では24万円ぐらい。
    そのため、日本人だけではなく、中国人も満州へ大規模に移住していた。
    治安が良く、盗賊、匪賊がいない、と言うことで、中国人から見たら桃源郷のような土地だったからだ。

    さあ、これのどこが“搾取”だ。
    西欧の植民地政策と日本のそれを、一緒にするな。
    [ 2014/08/03 05:44 ] [ 編集 ]
  397. ※401
    つ※410

    資源・食料の収奪は相当過酷だったのは、一刻も早くその国を富国強兵しなければならなかった。すぐに西欧は支配し治そうと軍を引き連れて戻ってくるんだ。急がなければならなかったんだよ。

    しかし、決起しないようにと言語すら取り上げられていた500年に渡る奴隷属性を排除するのは、並大抵のことじゃなかった。日本の理念を理解できないで、目先の楽だけを望んでしまうものもいる。実際そのせいで抵抗運動も起きた。西欧による支配も嫌だ。富国強兵のためとはいえ、しごかれるのも嫌だ。
    第一、もう西欧は日本がやっつけたじゃん?どうしてまた、苦しい思いをしなければならないのか、と危機感のないものも沢山いた。
    決起しないようにと自分自身で考える力を奪われてから長いところで約500年。
    500年は長すぎたんだよ。
    [ 2014/08/03 05:57 ] [ 編集 ]
  398. ※404
    西欧が教育を与えたのは、西欧の傀儡となって支配する役目をおわされた中国人や中国人との混血や現地の自分達よりの人間の中で使えそうな、一握りの人間にだけだよ。
    それが西欧による支配のスタイルだ。
    [ 2014/08/03 06:01 ] [ 編集 ]
  399. ※412補足

    そして、その一握りの“西欧の傀儡である西欧よりの現地人に”資源を統括したのはさせた。
    一見現地の人間に搾取を許しているように見えるが、内実は全然違ったんだよ。
    [ 2014/08/03 06:10 ] [ 編集 ]
  400. 負けて良かったと思えるのは今ここに自分が存在していることに感謝しているから
    世界大戦に関する歴史は知れば知るほど歯がゆく本当に悔し涙が出るが、その全ての歴史の上に今の日本があり、自分が生まれた
    負けてしまったけど、日本兵たちの奮闘には感謝したい
    もし戦っていなければそれこそ今の日本はなかったかもしれない
    今の日本がいいって言いたいわけではなく、たくさんの日本の良さが失われているとも思う。
    大事なのはこれからだなとつくづく思う。美しい日本を素晴らしい日本の精神を、なくしてしまいつつある現代。先人が託したこの国を一人一人が愛して時には憂いて、しっかりと守っていけばいい
    [ 2014/08/03 08:25 ] [ 編集 ]
  401. 東アジアの覇権がほしいアメリカにとって日本が邪魔だった
    日本が降伏した時のニューヨークタイムズの記事で、そのことがよくわかる
    [ 2014/08/03 08:30 ] [ 編集 ]
  402. ※360
    違いますよ?事の発端から比米戦争までの大まかな流れです。
    違う資料でも、こうあります。

    【米比戦争】

    エミリオ・アぎナルドはフィリピン革命政府代表としてフェリペ・アゴンしリョをアメリカ合衆国に派遣し、アゴンしリョは1898年10月1日に非公式にウィリアム・マッキンリーアメリカ合衆国大統領と会談したが、奔走の努力は実らず、同年12月10日にアメリカ合衆国とスペインの間に結ばれたパリ講和条約によって、スペインはアメリカにフィリピンの領有権を約2000万ドルで譲渡することを認め、翌1899年2月6日にアメリカ合衆国上院はパリ条約を批准したのであった[32]。
    アメリカ合衆国上院は民主党議員を中心に2月4日までモンロー主義に基づいて植民地を持つことに反対する観点からパリ条約批准に反対する雰囲気があったものの、2月4日夜のフィリピン革命軍とアメリカ軍のサンファン橋発砲事件が2月5日のサンフランシスコの新聞に報道されたことが契機となり、2月6日の批准が実現したのであった[33]。
    時のアメリカ大統領ウィリアム・マッキンリーは「フィリピン群諸島は合衆国の自由なる旗のもとに置かれなければならない」とする声明を発表した。当時のアメリカ海軍はマハンの大海軍主義の影響を受けており、更に共和党のマッキンリーはマニフェスト・デスティニーの名の下にフィリピン領有を欲していたのである[34]。


    米比戦争中の『ニューヨーク・ジャーナル』紙による風刺画。フィリピン人を銃○するアメリカ軍の背後には英語で「10歳以上の者は皆○し」と書かれている。
    アメリカ合衆国の政情以前にフィリピン現地では既に1899年1月4日、駐マニラアメリカ軍のオーティス総司令官がフィリピン領有宣言を発しており、アぎナルドをはじめフィリピン国民は一斉に激しく抗議していたが、このフィリピン革命政府の抗議が受け入れられることはなく、2月5日のサンファン橋事件によってフィリピン側に3000名の死傷者が出たことを契機にフィリピン革命政府とアメリカ合衆国との間に新たな戦争が勃発した(米比戦争)[35]。
    フィリピン軍はアメリカ軍への敗北を重ねた上、内部分裂が進行したためにアぎナルドはアントニオ・ルナ准将を粛清して内部を固めた上で6月6日に首都をターラックを移転し、7月7日に新たな革命議会を開催したが、アメリカ軍の追撃は更に進み、1899年11月11日の敗走中にバヤンバンにてゲ○ラ戦への転換を指示し、1900年8月には最後の拠点イサベラ州パラナンに到達したものの、翌1901年3月にアぎナルド大統領はアメリカ軍の捕虜となり、アメリカ軍のアーサー・マッカーサー2世軍政長官に対して「忠誠の誓い (アメリカ)」と全軍への休戦を指示した[36]。米比戦争は2年1カ月に及び、フィリピン軍の戦死者12,000人、アメリカ軍の戦死者4000人、フィリピン非戦闘員の犠牲者20万人を出して終結した。

    第二次世界大戦によって1941年にアメリカの保護領であったフィリピン・コモンウェルスに日本軍が進撃してくると、アギナルドは日本との協力を選んでフィリピンに帰国したアルテミオ・リカルテ将軍の帰国を自宅で祝福し、かつて自分を捕えたアーサー・マッカーサー2世の息子、ダグラス・マッカーサーがコレヒドール島に立て篭もっていることに対して、フィリピン人の独立を求める立場から、マッカーサーの友として降伏を求める書簡を送っている[42]。
    また、バターン半島の戦いの際にはラジオを通してマッカーサーに対してフィリピン兵の無実の若者の命を助けるために降伏するように求める演説までも行った[43]。

    1943年10月14日にホセ・ラウレル大統領の下でフィリピン第二共和国が独立を宣言した際には、アギナルドもリカルテと共に独立記念式典に参加したが、アギナルドはリカルテとは異なり、それ以上の対日協力を行わなかった[43]。
    しかしながら、アメリカ軍のフィリピン反攻戦後、再びアメリカ合衆国がコモンウェルス政府と共にフィリピンに戻ると、アギナルドは対日協力者であるとして逮捕され、パラワン島のイワヒグ収容所に収容されたが、第二次世界大戦終結後の1946年、マニュエル・ロハス大統領によって恩赦が与えられ釈放された[44]。
    1946年7月4日にフィリピン第三共和国が独立を達成した際には、アギナルドは独立記念式典にてフィリピンの国旗を高々と掲げるに至った。


    フィリピン占領軍であったアメリカの傀儡政府としての独立と、真の革命家であるフィリピン人の望む独立は違っていたと言うことです。
    [ 2014/08/03 08:51 ] [ 編集 ]
  403. もしも日本が戦わないことを選んでいたら・・・・
    マレー沖海戦もシンガポール陥落もない。
    そんな世界は私は嫌だな。
    そこで力を使い果たしてミッドウェーで大敗して戦争自体の負けは決まったけど、それから三年粘ったのがまた驚異的だ。
    アジアに戦う意志と技を伝えるために、三年は必要だった。
    そして確かに、アジアの志士たちにそれは伝わった。
    幕末以来の日本の苦難と栄光の頂点は日露戦争の勝利ではなく、
    日本の敗戦後に再占領しようとやってきた白人に対して、
    アジアの人々が武器をとって立ちはだかった瞬間にある。
    [ 2014/08/03 09:35 ] [ 編集 ]
  404. ※405
    その事実を知ったとき、なるほど世界中に中華街があるわけだと、納得した。

    東南アジア民族が、なんとなくみんな中国人の混血っぽいのも理解できた。
    屋台とかの食文化も似てるよな。
    [ 2014/08/03 09:45 ] [ 編集 ]
  405. 発端は世界の共産主義=ユダヤ開放思想だったのを誰も語れない

    これが世界の戦勝国史観レベル
    アメリカは日本の蛮行まででっちあげて世界中に流布して完璧だよ
    この情強時代になっても日本は侵略戦争のため奇襲をしかけたことになってるから

    敗戦後日本はアジアの独立のために一緒に戦った兵士がたくさんいることすら知らない
    アメリカ最強wwwwwwww
    [ 2014/08/03 10:06 ] [ 編集 ]
  406. 「歴史にIFはない」がテンプレのように囁かれるけれど、多分言葉の意味誤解してると思うよ

    「IFがない」のは単なる事実の指摘であって、IFの検証をするなということではない。
    こういう一手はどうだったろうか、こうならどうだったのか、一事からいろんな可能性を検証することをこそ「学ぶ」と言うんだ。
    起きたことをただただ暗記するするだけなら歴史など学ぶ意味はない
    [ 2014/08/03 10:20 ] [ 編集 ]
  407. 黒人を奴隷にするのが困難になったからって全アジアを植民地&奴隷化しようとした分際で上から目線でお笑いだわ。
    日本はキリスト教が日本信者を騙して人身売買しているのに気付いた実績があるからどのアジアの国々よりも危機を察知しただけ。
    [ 2014/08/03 10:30 ] [ 編集 ]
  408. というか、アメリカのちょっかいを真面目に対応(戦争)してしまったのがだめだな。向こうは商売人だから状況が変わればコロコロ変わる。
    [ 2014/08/03 10:54 ] [ 編集 ]
  409. ここで論争して正史から左翼自虐史観に転向する人は一人もいない。
    しかし、逆はある。左翼教師やマスコミからの洗脳が解ける人が少しでも
    いることを切に願う。
    [ 2014/08/03 11:12 ] [ 編集 ]
  410. >そもそも日本がアジアを攻めなきゃならなかったのは、
      俺たちが石油や鋼鉄の輸出を禁止してたからだろうが。

    そこ(当たり前の事だけど)把握してるアメリカ人がいて涙が出た

    日教組はこんな事教えてくれないけどなwww
    [ 2014/08/03 11:39 ] [ 編集 ]
  411. 大東亜戦争によって欧米列強の植民地支配を終わらせた。世界秩序を大変革させ日本の戦争目的は達成された。真の戦勝国は大日本帝國なんだよ。
    [ 2014/08/03 11:45 ] [ 編集 ]
  412. カナダ人と見せかけた在加中国人が紛れてそう
    [ 2014/08/03 12:11 ] [ 編集 ]
  413. マッカーサーの告白 日本は自衛戦争をしたのです。東京裁判は誤り 1951年5月3日 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて KSMc - YouTube
    ttp://www.youtube.com/watch?v=pr7fFLAN6oQ
    【恥ずべき最後通牒ハル・ノート】への批判ハミルトン・フィッシュ - YouTube
    ttp://www.youtube.com/watch?v=XaDSy0J_YTQ
    ハル・ノートなんざ突き付けられたらどんな国でも戦争を決意する。
    ルーズベルトの悪意が戦争を起した。
    [ 2014/08/03 12:42 ] [ 編集 ]
  414. まぁ日本軍も食糧難解決できなかったのはドジだったがな
    内通者も警戒しなきゃいけないせいで民間人も被害は受けてるし犯罪おかす兵士もいたし巻き込んじまったのは本当にすまないと思うが
    「東南アジア諸国を侵略した」ってのはちょっと待てと

    東南アジア諸国なんて存在しなかったじゃん

    しかもスペインとかに何百年も骨抜きにされてたから努力とかしたがらないし

    今じゃ想像つかないけど子供はタダで働く良い労働力だったからちゃんと学校に行かせるように命令しただけで大バッシングだったんだぜ?
    本人達はそれも忘れてるんだろうけど
    [ 2014/08/03 13:35 ] [ 編集 ]
  415. もっと早くに支那から石油や鉄が採れると分かっていたらなあ
    支那に閉じこもって開発し、共産主義勢の動きに合わせて西洋側に戻ればいい
    その間に地下でアジアの民兵を教育すれば時間は掛かるがアジアの独立は出来ただろう
    歴史にifは無いけど惜しいねえ

    [ 2014/08/03 13:45 ] [ 編集 ]
  416. 歴史にifはない。これは、もし去年ミクシィの株を購入していたら今頃億万長者になってるとかそんな馬鹿げたお話です
    [ 2014/08/03 15:28 ] [ 編集 ]
  417. 「歴史にifはない」とか言っちゃう奴は何が楽しいんだろうね、
    勝手に妄想するのは自由だし面白いじゃん。
    [ 2014/08/03 15:44 ] [ 編集 ]
  418. 客観的に見れば日本の活動が欧州のアジア植民地支配を徹底的に破壊したのは事実。
    [ 2014/08/03 18:06 ] [ 編集 ]
  419. 自分らで日本を戦争に追い込んでおいてよく言うぜ。
    連合国側の人間でも教養のある奴は分かってるようだけど。
    確かに、アメリカが石油を止めなければ、日本は東南アジアに進出しなかっただろうし、アメリカとも戦争していなかっただろうな。
    追い詰められでもしない限り、欧米列強の支配が確立している地域へ日本から戦争を仕掛けることはちょっと考えにくいし、
    ましてや、アメリカと全面戦争なんて真似もしなかっただろう。
    「大東亜共栄圏」構想ってのも、東南アジアに進出せざるをえないからこその後付けの「大義」だったのであり(構想そのものは戦前からあったとしても)、
    大東亜共栄圏を実現させるために戦争したわけじゃない。
    連合国側の大義、「ファシズムとの戦い」「帝国主義との戦い」なんてのも、お前らが言うなって話しだしな。
    戦争の大義なんて後付けでどうにでもなるし、勝者が歴史を作り放題ってことを改めて思い知らされる。
    [ 2014/08/03 18:34 ] [ 編集 ]
  420. 石炭に変わるエネルギーとして石油を輸入し始めた日本
    それを米によって封鎖された
    取るべき道はこれを打つか?、下るか?
    私は昔の方が取られた判断は心情的に間違っていなかったと思っている
    また、後の人間がどうのこうの言うのはみっともないという事も自覚している
    [ 2014/08/03 19:34 ] [ 編集 ]
  421. ※431
    でも、願望や妄想入りまくりの三段論法とか熱心に開陳されても
    周りは迷惑するだけだろ。
    さらには妄想を元に戦後賠償求められてもねぇ?
    [ 2014/08/03 19:44 ] [ 編集 ]
  422. やっぱり当時の日本に対する認識って
    「領土的な野心だけで戦争仕掛けまくる野蛮な国」
    が殆どなんだな^^; もうアホらしいわ
    [ 2014/08/03 20:11 ] [ 編集 ]
  423. 世界が日本になればどの国も豊かで民度が高い平和な世界になってたよ

    実際にはシナみたいな腐れ儒教やメリケンみたいなジャイアン国が強いから世界の戦争は絶えない

    [ 2014/08/03 21:01 ] [ 編集 ]
  424. 日本人が立ち上がったから、アジアは西洋列強の植民地から解放された

    これだけは動かしようのない真実

    アジアから白人を駆逐したのは日本人です


    [ 2014/08/03 21:05 ] [ 編集 ]
  425. 占領とか植民地とか野蛮人どもの価値観で日本を測るな

    日本は現地人を必ず尊重している
    白人のように非人道的な搾取なんかどこにもやってない
    日本はアジア人差別をやめるように西洋列強に訴えていた唯一の国なのに、アジアを西洋がやっていたような植民地なんかにするわけがない
    [ 2014/08/03 21:53 ] [ 編集 ]

  426. 日本人の
    戦争の
    図式が当時
    そうでしたか!!
    [ 2014/08/03 22:14 ] [ 編集 ]
  427. パールハーバー前に
    日本がアメリカから腹を切るか殴りかかってこい
    と言われていたことはあまり知らないんかな
    [ 2014/08/03 22:36 ] [ 編集 ]
  428. 戦争に勝ったか負けたかは、戦争目的を達成したかどうかで決まる、とはクラウゼヴィッツの戦争論です。日本の戦争は、人種差別世界を叩きつぶすという目的、また自存自衛の目的を果たしました。その意味で、日本こそ勝ったのです。
    [ 2014/08/03 22:55 ] [ 編集 ]
  429. アメリカがオレンジ計画実行したから日本は対抗して大東亜共栄圏実行しただけなんだがな

    両方とも昔から構想はしていたが先に実行したのはアメリカ
    [ 2014/08/03 23:16 ] [ 編集 ]
  430. 日本が戦争したからこそ世界から植民地や奴隷が無くなった
    もし日本が戦争に勝っていたら?
    世界のどこかの土地が日本のものになっていて
    多くの日本人がその土地の言語も扱えるようになっていて・・・。
    もしかしたら核爆弾なんて存在すらしないかもね

    今以上に世界の経済がガタガタになってそうだけど。
    [ 2014/08/03 23:19 ] [ 編集 ]
  431. 日本がやった事は現在に例えたら
    中国に海上封鎖されて反撃でチベットから叩き出して
    チベットの人々に自立支援教育行ったようなもん

    むしろそれまでの日本が争いを避けてずっと西欧の暴挙を見逃してた側
    幕府の報告書にも書いてある

    日本は戦争の為に大義名分を急遽作っただ?

    最初からあったんだよ
    平和を優先して見逃してきただけで
    [ 2014/08/03 23:22 ] [ 編集 ]
  432. ※444
    西欧とアジアのパワーバランスが逆転してる可能性があるな

    たぶん中東やアジアが仕返ししまくってて日本は頭抱えてる
    [ 2014/08/03 23:25 ] [ 編集 ]
  433. タイはあの当時でちゃんと独立してたからな。してなかったら侵攻してたよ。
    [ 2014/08/04 00:27 ] [ 編集 ]
  434. 勝ってたら東南アジアの独立抗争に介入せざるを得なくなって
    どんどん貧乏になってく予感
    そこをロシアやアメリカに攻められると思う
    ヨーロッパ全部と同盟を結んでないとヤバい
    色々吹き込まれて謝罪と賠償を要求する国も増えるだろうな

    日本語の使用圏は広まってるかも

    [ 2014/08/04 03:23 ] [ 編集 ]
  435. あなたのおっしゃる中国ってry

    アメリカがこの戦争を謝罪する日などこの世が終わろうとないだろう。世界がどうなろうと、日本はひたすら事実に基づいて生き延びるまでだ。またアメリカが飽きもせず戦争しかけてやがるけど。
    [ 2014/08/04 08:07 ] [ 編集 ]
  436. 日本が負けたんで少しでも朝鮮人がいなくなった事が救いかな?でも戦争犯罪者(火事場泥棒的朝鮮人)は一杯いたんだけどな。
    [ 2014/08/04 11:33 ] [ 編集 ]
  437.  
    もし日本が勝ってたらイスラエルと中国共産党が存在しないので、世界はもう少し平和になってただろう。
    その代り、朝鮮人が日本人のままで傍若無人にふるまって日本人の評判は最低になってただろうな・・・・
    [ 2014/08/04 11:43 ] [ 編集 ]
  438. 日本の人口と国力では戦時占領した地域の維持はできんし、過酷な搾取もやってたんで各地で反乱が頻発して東南アジア領土は早々に喪失
    アメリカにリベンジの意志があれば後は流れで無条件降伏不可避ってところ
    [ 2014/08/04 12:32 ] [ 編集 ]
  439. アメリカが禁輸措置を取った時点で戦うしか生き残るすべがなかったんだがな
    一部のアメリカ人は気付いてるようだけど・・・
    あと日本は中国を侵略する意図なんてないし台湾朝鮮満洲南洋諸国だけで手一杯なのにそんな余裕はない
    中国の治安を良くして居留民が安全な状況を作り上げたかっただけ
    現に戦時中に和平した汪兆銘政権に対して領土返還や治外法権の撤廃を行ってる
    その他東南アジアの占領地に対しても独立を認めてるし
    [ 2014/08/04 12:34 ] [ 編集 ]
  440. >しかも日本の後押しがなくたって、それぞれの国から、
    >機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはずだから。

    東南アジアで独立心を煽ったのは日本だけどな
    国民軍を組織することに協力したりしてるしもともと独立心の高かった人は日本軍に協力する人が多かった
    日本も独立維持できるだけの体制整えてから独立させたかったけど独立心の高い地域はそうそうに独立認めたりしてるし
    [ 2014/08/04 12:45 ] [ 編集 ]
  441. If japan
    日本が戦争に勝っていれば

    今の様な日本ではありえません
    農地の94.7%を3.2%の地主が握り、会社の0.3%
    の財閥系企業が占める国家、無論、婦人参政権
    もない国家だったと思っております。

    [ 2014/08/04 13:27 ] [ 編集 ]
  442. 臣民の権利なんて法律でいくらでも規制できたし、上の悪口いったら特高警察が飛んできて拷問されたり、手紙も検閲されたような時代に比べれば、現在のように基本的人権が保障される時代の方がよっぽどいいな
    そういう意味では負けてよかったよ
    [ 2014/08/04 14:33 ] [ 編集 ]
  443. ※457
    >そういう意味では負けてよかったよ
    負けた結果連合軍によって戦中以上に厳しい統制が敷かれてその影響が現代まで続いてるんだけどね
    戦時中の統制なら日本に限らず米英ですら行われているわけで今の世だってもし世界大戦になれば日本含め何処の国ででも行われる可能性はある
    [ 2014/08/04 15:28 ] [ 編集 ]
  444. 米国が日本に攻め込みたかったけど口実がないので、パールハーバーでの日本がいきなり攻め込んだって嘘付いて、使ってみたかった原爆を使ったと思っている
    [ 2014/08/04 16:53 ] [ 編集 ]
  445. 日本は貿易させてくれるなら中国や仏印(ベトナム)から撤退するって言ってたんだよね。
    日本には領土的野心はなかったって米国も知ってた。
    [ 2014/08/04 17:56 ] [ 編集 ]
  446. ※457
    はぁ?(笑)

    特攻隊の遺書に上層部をバカにしたの普通にあるし
    GHQのプレスコードの方が断然酷かったんだけど?

    大和新聞なんてどうなったよ?
    [ 2014/08/04 19:15 ] [ 編集 ]
  447. ※457
    私の祖父は町の集会で「この戦争は負ける」と発言して住民たちから大バッシングを受けて公安に心配されてました
    その程度で尋問なんてありません
    尋問を受けた連中の多くは自らの裏切り行為や不振な行為をひた隠して歴史を語っていると見るのが妥当です
    アメリカでは兵器開発の参加を断った科学者や東アジアへの介入は避けるべきと言った政治家は投獄され
    日系人は家族を人質にとられました
    プレスコードの徹底ぶりにいたってはもはや伝説級です
    アナタのような発言が示す答えは「やるなら徹底的にやれ、半端は禍根を残す」
    これに尽きると思います
    現在のマスコミも現在進行形でそれを裏付けているのです
    [ 2014/08/04 19:38 ] [ 編集 ]
  448. 日本国内の政治的矛盾が蓄積して、その結果、計画のない中国侵攻や後先考えない宣戦布告に到ったのではないかと思う。政治システム的に欠陥があった。マスコミも大衆をあおった。どこかの隣国みたいに。
    米国の政治家は日本を甘く見ていた結果、想定外の対日戦争に到ってしまった。しかもどこかの原住民相手と違って手ごわかった。死人の山を「栄光の勝利」にすりかえてしのいだ。
    どこかの番組でタケシが言ってたよね。
    「歴史は悪巧みとその失敗により作られる」
    [ 2014/08/04 19:54 ] [ 編集 ]
  449. まあ時には負け戦とわかっていても挑まなければならない時はある
    [ 2014/08/04 20:04 ] [ 編集 ]
  450. まぁすかした態度で民衆を扇動するのを生業とした芸能人らしい発想だな
    歴史というのは「善意と失敗の繰り返し」だ
    日本がとった行動も善意
    アメリカがとった行動も善意

    日本は列強の予想以上の強行政策が計算外だったしアメリカは勘違いをしていた
    [ 2014/08/04 20:05 ] [ 編集 ]
  451. 慰安婦問題は現代の田中上奏文だもんな
    [ 2014/08/04 20:15 ] [ 編集 ]
  452. 今でも中国に海上封鎖されたら鬼畜中国ぐらいは余裕で言うだろw
    [ 2014/08/04 20:58 ] [ 編集 ]
  453. >そもそも日本は勝てるはずがなかったんだから

    ベトナム戦争はどうだったんだよ、アメ公。
    [ 2014/08/04 22:36 ] [ 編集 ]
  454. 真珠湾攻撃が日米開戦の始まりだと思ってる奴がいまだにいるのか

    経済封鎖が戦争行為であることはパリ不戦条約作成者の一人であるケロッグ国務長官が上院軍事外交委員会で明確に認めていました
    [ 2014/08/05 12:49 ] [ 編集 ]
  455. アジアが独立した途端真っ先に資源の独り占めを厳重に禁止したしな

    自分達がやった事に対する恐ろしさは自分達が一番分かっている
    [ 2014/08/05 14:59 ] [ 編集 ]
  456. 名無し
    アメリカと手を組んでいたら、
    多少植民地を残せたかも。
    [ 2014/08/05 17:14 ] [ 編集 ]
  457. なんか日本が勝っていたら、中国の一部をユダヤ人の国として
    譲るなんて噂を聞いた事があるが、ホントなんだろうか?
    [ 2014/08/05 20:25 ] [ 編集 ]
  458. >しかも日本の後押しがなくたって、それぞれの国から、
         機会さえあれば立ち上がろうとする人が出てきたはずだから。
         それにアジア諸国が独立したのは、枢軸側が負けてからだろ。
         日本が勝ってたら、普通に日本が東南アジアを支配してたよ。 カナダ

    「機会さえあれば」って・・・その機会ってのが一度東南アジアから欧米を追い出したことなんだけどねw
    その前に立ち上がってたら処刑か監獄行きになるだけだっただろ。
    [ 2014/08/06 00:52 ] [ 編集 ]
  459. 戦前の日本に計画が無かったわけなかろう。
    各国に親日政権作って大東亜共栄圏作るってだけの話だ。
    インドネシア、特にボルネオ島は例外的に直轄にする考えだった。石油が出るからね。

    アジアの国々の独立闘士は日本に集まってきてたんだ。
    朝鮮も中国も。
    玄洋社の頭山満とかのもとでアジアはアジアの手にと言い、
    孫文の大アジア主義に意気投合したりしてたわけだ。

    この戦争は一つの理由で行われたわけじゃないが、その中でアジア解放の大義名分が日本の強気を後押ししたのは当然だ。そして日本の愛国者が主導した汎アジア思想こそは支配側の欧米列強が最も怖れ、解体し隠蔽したい危険思想だったわけだ。

    なお、東南アジアでの反日言動は華人メディアが長年に渡って広め続けている。歴史を知らない若い世代の多くは、昔の日本は野蛮な侵略者だったが敗戦後に更生して、今の日本は良い日本なので好き、という認識にある。
    あるいはまた、東南アジアの華人メディアの報道を、日本の左翼メディアが東南アジアの声として紹介しているので注意してください。
    [ 2014/08/06 07:12 ] [ 編集 ]
  460. 日本の周りは植民地だらけ
    日本が攻めなきゃ徐々に経済的にも政治的にも追い詰められて
    日本も白人の植民地になってただけ
    [ 2014/08/06 10:32 ] [ 編集 ]
  461. ※476
    今の日本も親日政権を多く持つやり方だよね。
    途上国の支援に活発的なのもその考えがあるから。
    [ 2014/08/06 13:19 ] [ 編集 ]
  462. でも戦争に勝ってたら、今も天皇万歳ってしてたかも知れないわけでしょ?それは嫌だなあ。
    [ 2014/08/06 13:32 ] [ 編集 ]
  463. 勝ってたら天皇陛下は発言なんてできないだろうな

    社会への影響力強くなりすぎてて
    [ 2014/08/06 15:14 ] [ 編集 ]
  464. ※478
    アメリカがパクった挙げ句
    今でもプロパガンダで横取りしようとしてるがな
    [ 2014/08/06 15:16 ] [ 編集 ]
  465. 大東亜共栄圏を知らない外人しかコメントしてない希ガス。
    [ 2014/08/06 18:25 ] [ 編集 ]
  466. 今日本が、仮に当時の日本のやり方を国外でやったとしたら、
    それは現在米帝がやっていることよりも酷いこととして扱われる部分もあるだろう(軍票による徴発と徴用ね)
    しかしあの時代では、当時の日本のレベルでも非常に画期的だった
    [ 2014/08/07 00:38 ] [ 編集 ]
  467. 軍票もイギリスとか真似たんだがな
    [ 2014/08/07 11:33 ] [ 編集 ]
  468. 外国人は、当時のシナが無政府状態だったこと忘れちゃったのか。そのせいで長引いたんであって、強いからじゃねえわ。
    あと、日本が東南アジアの独立を認めたのが何年のことか。戦後、それをなかったことにして攻め入ったものの取り返せず、独立させざるを得なかったのに独立は時間の問題だったとかwアジア馬鹿にしすぎ
    [ 2014/08/07 21:48 ] [ 編集 ]
  469. すべては中国から手を引かなかった陸軍が悪い。日中戦争なんかはじめるなよ。頭わいてるだろ。中国から手を引いてればアメリカを敵に回すこともなかったのに。負け戦を回避するよりも中国から手を引かないことを選んだ当時の政府と陸軍はまじで頭がおかしいよ。
    [ 2014/08/08 21:32 ] [ 編集 ]
  470. ハル=ノートを突きつけられた時点でアメリカとはやりあうことになってたんだろ?
    どうしようもない
    [ 2014/08/08 23:15 ] [ 編集 ]
  471. 真珠湾攻撃はハルノート呈示前に既に決まってた計画
    [ 2014/08/09 01:41 ] [ 編集 ]
  472. 486はいちから歴史を学び直すべき
    日本軍を大陸に縛り付けておきたかったのはシナ共産党
    その背後にいたのは・・
    日露戦争後から一方的に日本を敵視し始めたのはアメリカさん
    [ 2014/08/09 16:20 ] [ 編集 ]
  473. 日本人にとっての韓国人
    アメリカ人にとっての日本人

    過去のいざこざをネチネチと鬱陶しい
    [ 2014/08/10 14:33 ] [ 編集 ]
  474. >>489
    >>日露戦争後から一方的に日本を敵視し始めたのはアメリカさん
    そりゃ、日露戦争の時にあれだけ支援してあげたのに
    戦後まったく見返りを日本がくれなかったからな
    日露戦後、満州の利権の一部を与える路線で、アメリカ、イギリスと仲良く満州を切り取るのが正解だったなんて
    当時の日本人の感性ではまったく判らんよ
    [ 2014/08/10 15:55 ] [ 編集 ]
  475. トルコさんのすごい説得力
    [ 2014/08/10 16:54 ] [ 編集 ]
  476. アメリカに宣戦したのは、けっこうドイツ頼みみたいなのがあったかも。
    途中でドジっても最後はドイツがなんとかしてくれるみたいな。
    終戦工作も裏切られるまでソ連に依頼してたし。
    今でもアメリカと軍事同盟結んでるから何とかしてくれるとか。
    他力本願が見え隠れするんですよねい。
    [ 2014/08/12 10:43 ] [ 編集 ]
  477. 満州利権でアメリカが怒ったのは、満州鉄道利権の共同保有を一旦は容認しかけていた日本が一転、それを反故にしたから。
    その直接的原因は、帰朝した小村重太郎が待ったをかけ、アメリカを締め出した
    違ったかな

    それとは別にアメリカが所謂「オレンジ計画」を策定し始めたのは、日露戦争後のこと
    第二次大戦時の日米間の戦いは、概ねオレンジ計画のとおりに推移した

    因みに戦前、海軍の図上演習でも日米戦は同じ様な経緯で推移し、シュミレーション上日本はどうやっても対米戦は勝てなかった。当時の海軍首脳は、立場上勝てないと言えないばかりに無謀な戦を始めてしまった。
    曰く「死中に活を求める」
    アホか
    旧制一高と並ぶ天下の難関と称された海軍兵学校を優秀な成績で出た人達が、国運を左右する戦で死中に~とか
    orz
    日本の負けと判定をだせないから、最後は「演習中止」で有耶無耶にしていた。
    [ 2014/08/13 20:21 ] [ 編集 ]
  478. 追記
    何故海軍が日米戦は戦えないと言えなかったのか
    日本海軍の主敵がアメリカである以上、それを口にするのは陸軍の手前出来ないことだった。
    陸軍は常々「海軍が対米戦で勝てないのなら、予算をやる必要なし」と言っていた。組織では1/10でも予算は同等を要求していたから。
    要は予算(軍事費)のぶんどり合いです
    [ 2014/08/13 20:31 ] [ 編集 ]
  479. はっきり言っておく。
    日本が立ち上がったのは、アメリカ、イギリス、フランス、オランダなどの支配からアジアを解放するためだ。
    あのまま黙っていたら、日本も他のアジアと同様に植民地にされていた。
    独立のきっかけをくれた日本に対してアジア諸国は感謝している。
    1945年に日本が負けた後も欧米はアジアを再度植民地にしようと戦いを仕掛けた。
    そして、欧米諸国は自分の罪をすべて日本に押し付けて東京裁判を終え、今ものうのうと息をしている。
    絶対に許さない。
    [ 2014/08/13 21:19 ] [ 編集 ]
  480. フィリピンからフツーに日本の事攻撃してたよね。あと、中国大陸のフライングタイガーも
    [ 2014/08/13 22:28 ] [ 編集 ]
  481. 以前ぐぐったけどハルノートは命令書じゃなくあくまでたたき台だった
    日本官僚が勘違いして大慌てになり真珠湾攻撃へ、みたいな検索結果しかなかった気がしたが、ほんまかいな
    もう情報戦始まってんじゃねえの?
    宣戦布告されたかどうかもはっきりしないんだよな
    昔売ってた教科書が教えない歴史って本では、宣戦布告は直前でも良く日本は数十分前には打電した、ただし米側はパーティーか何かで出払ってて受け取る奴が誰もいなかったってあったんだけど
    [ 2014/08/13 23:05 ] [ 編集 ]
  482. > それにアジア諸国が独立したのは、枢軸側が負けてからだろ。
         
    >日本が勝ってたら、普通に日本が東南アジアを支配してたよ。 カナダ

    いや、日本敗戦後もベトナムだのインドネシアの独立のために義勇兵として戦った元日本兵がいた
    どこと?植民地化のため戻ってきた列強とだよ
    日本以外の大国だってそんなに善良じゃない
    しょせんはパワーゲームだろ。それにインドネシアの日帝統治を見るかぎりそこの民族の文化を尊重し独立の意識を持たせてた
    ただの植民地化とは違うと思う
    [ 2014/08/14 00:21 ] [ 編集 ]
  483. 戦争せざるを得ない状況に持ってかれた。本当にあの戦争で全てが変わってしまった…
    [ 2014/08/14 22:06 ] [ 編集 ]
  484. これは「if」でも無ければ「シミュレーション」でもない。
    明らかに願望でしょ?そもそも、外交的にも経済的にも真珠湾奇襲の前から米国とは戦争状態になってたといって良い。

    また、どうしてもこの状況を作りたいのなら、まず「米国が絶対に英連邦並びにソ連に援助しない」と言う条件が必死だ。
    でも、権益上絶対にそれはありえない。その時間を使ってフィリピンの陸軍と米アジア艦隊、太平洋の基地と太平洋艦隊の増強をする時間が、むしろ増えるだけだね。

    英連邦はインド・オーストラリアへ撤退させれば良いし、欧州がその分余裕が出る。結局、何したって数年で瓦解するよ。
    [ 2014/08/16 11:46 ] [ 編集 ]
  485. 旧海軍がミッドウェイで大敗しなくてもゼロ戦で闘い抜くのムリだったろう!太平洋で膠着状態をつくれたとの仮定で旧軍部が太平洋の覇権にまで拘らなければ…米が旧日本を対ソの壁としての利用を考えたら…別の歴史になったろね。。
    [ 2014/08/16 22:14 ] [ 編集 ]
  486. 真珠湾でゴチャゴチャ言う前にペリーに文句言え。
    お前等がペリーなんか送り込んでなきゃ今の日本はないぞ。
    まぁ他のアジア国家と違い、甘んじて占領なんて屈辱も受けてないと思うけど。
    [ 2014/08/17 01:03 ] [ 編集 ]
  487. そうか、朝鮮半島を切り離せたのは良かったんだよな。
    もしくっついたままだったらと思うと…。
    [ 2014/08/18 22:59 ] [ 編集 ]
  488. 世界の一番悪はアメリカ
    アメリカの子分イスラエル 
    どちらも人類の敵
    [ 2014/08/19 06:33 ] [ 編集 ]
  489. 確か、日本は満州かどっかににイスラエル人の国家つくろうとかしてなかったっけ?頓挫したぽいけど。

    [ 2014/08/19 19:44 ] [ 編集 ]
  490. 戦後日本で「特高は恐怖の秘密警察」みたいなこと言ってるのは、戦前に共産主義者、社会主義者として活動してマークされてた連中だけだよ。今で言ったら極左暴力集団の構成員みたいなもんだ。

    山本夏彦氏の言葉を借りるなら「戦前御尋ね者」だった連中だけ。結局は左翼のプロパガンダだ。
    [ 2014/08/19 21:35 ] [ 編集 ]
  491. 当然だけどカナダは中国韓国系の発言(日本に対するネガキャン)が多いね
    今年に入ってカナダの国籍締め付けがあったから
    国籍「だけ」カナダ人が減って化けの皮が剥がれるとよろしいなぁ
    [ 2014/08/20 02:12 ] [ 編集 ]
  492. 天皇陛下ばんざーい!と言い
    お国のためにシネます!と言い
    でもさ~ぶっちゃけ家でゲームしたいから戦争いけんわ~と言いって
    憲兵にしょっぴかれてた
    [ 2014/08/21 22:42 ] [ 編集 ]
  493.  
    西進し極東進出を進めるアメリカと
    ブロック経済下での生き残りをかけてアジア覇権を狙う日本が衝突するのは避けられなかった
    [ 2014/08/22 19:05 ] [ 編集 ]
  494. 欲しがりません勝つまではって戦時中の言葉があったな
    勝ったら、どこから貰うつもりでいたんだ?
    あの負け戦をアジアの植民地支配の開放のためだなんて、おためごかしは
    恥ずかしいからやめてくれ

    日本が欧米の白人優位主義と植民地支配に憤りと危機を持ったのは事実だろう
    当時の黄色いサルあつかいは本当に酷いものだったと聞く
    きっと近年まである差別以上のものだろう
    プライドの高い日本上層は耐え難い物があったはずだ

    だからこそ、あの戦争は何より自国のためにやったんだよ
    資源の無い日本が勝つ為にはアジアを束ね
    急いでインフラを整備する必要があったんだ
    その為の強制労働だった

    賛同する他国の人々はいただろうし
    日本人も、他国のためにも、やっていると思っていた人もいただろう

    国際情勢と自国の国益で動くのは皆おなじだ
    国の数だけ自国の大義がある
    だから日本が完全なヒールとして言われるのはカチンと来る

    けど、あの負け戦を、まるで正義の味方のように語ってるのを見るのは
    顔が赤くなる
    内から出る恥ほど拭い難いものは無い
    [ 2014/08/30 11:32 ] [ 編集 ]
  495. 少なくとも複数の人たちは、戦争の責任が(ほんの一端としても)悪辣なブロック経済にあったことを理解していることは救いだ。あの悲劇的結末を知れば、もう二度とバカげた利己的経済政策をとることはないだろう。
    ただ、そうすると問題は、ある意味で自国民を救う自衛戦争は、侵略戦争と結局は殆ど同じであるという我が国特有の憲法論的矛盾が浮き彫りになることだろう。

    もう、戦争はしたくないね。そもそも戦争に至るような外交自体が失敗だ。戦争を経験したアジア諸国だからこそ、そろそろ矛を収めなければならない。
    [ 2014/08/31 18:03 ] [ 編集 ]
  496. 大日本帝国のままだと、いずれソ連かアメリカと戦争になり、第3次世界大戦になったか、日本が完璧に滅んだかどちらかだろうな。
    [ 2014/09/10 14:33 ] [ 編集 ]
  497. 始めから勝とうという戦争じゃないだろ。
    海軍が言ってるように2~3年は、暴れ回ってやると。
    だから、停戦協定が出来なかったのが・・・。

    海軍にもミスがあった、それが致命的に戦力を奪われたけどね。
    [ 2014/09/11 22:19 ] [ 編集 ]
  498. 日本が勝ったらっていうのがよく分からん。
    日本は負けると昭和天皇も御認識遊ばしていたのだから。
    石油の輸入禁止については商社が輸入の道筋をつけていたのを、陸軍で握りつぶして虚偽の報告を天皇に奏上した。
    陸軍の上層部は、爵位を得たり昇進したり、目立った功績を挙げるために戦争遂行に邁進した。
    [ 2014/09/13 00:35 ] [ 編集 ]
  499. 疑問炃P
    縺セ縺ゅさ繝。繝ウ繝医?騾壹j縺?縺代←譛?蠕後?繧ォ繝翫ム縺ョ隗」隱ャ縺ッ髢馴&縺??
    蛯?蜆。縺?縺代←謌ヲ譎ゆクュ縺ォ迢ャ遶九&縺帙※縺溷嵜縺ッ邨先ァ九≠繧九h縲
    迢ャ遶九&縺帙↑縺九▲縺溷慍蝓溘b縺ゅk縺代←蟆?擂迢ャ遶九&縺帙k豌励′
    辟。縺九▲縺溘↑繧薙※險?縺??繧区?ケ諡?縺ッ辟。縺??
    縺セ縺ゅ?∝?蜆。謾ソ讓ゥ縺ォ縺ッ縺吶k繧薙□繧阪≧縺代←縺ュ縲?
    [ 2014/10/05 19:45 ] [ 編集 ]
  500. 12よ わが国日本に奴隷という文化はない。発想すらない民族だよ。
    朝霞だな
    [ 2014/10/10 05:13 ] [ 編集 ]
  501. 石油や資源を求めて戦争に踏み込まざるを得なかった大日本帝国
    赤化の防波堤として機能していた日本をアメリカが潰し
    ヘンテコな戦勝国連合体制が出来て今に至る
    結果、災害と疫病と紛争が止まらない。
    もし かつての日本がファシズムに傾斜していなかったら…
    アメリカがプロパガンダや欲に踊らされず日本と組んでいたら…
    と思うと残念でならない
    けれど希望もある。南アジアの成長、台湾、香港の民主化運動。
    今の「集団的自衛権」の話は仕切り直しの始まりなのかもしれない。
    [ 2014/10/11 17:53 ] [ 編集 ]
  502. もし勝ってたら。。。
    負けるのが伸びてもっと悲惨になってだろ
    [ 2014/11/25 04:03 ] [ 編集 ]
  503. 極東の島国がアングロサクソンの列強国を相手に戦いを挑むことの凄さ、それを望んで日本を陥れた米英の汚さ、今その米英ユダヤ金融資本に搾取にされてる日本を見るとなんとも言えなくなる
    [ 2014/12/07 14:41 ] [ 編集 ]
  504. このアメリカ人に感動を覚えたぞ。
    中高の政治や社会の授業で、あり得んくらいアメリカ美化して教える教師らいるからな。
    中学教師、高校の政治教師が原爆2発やったお陰〜、はあ?って。あと高校の色黒教師がかぶれ野郎で日本は中国に〜。とか言うから更にはあ?そいつ日本人だけど、クラスにいた中国留学生の子可愛かったからな。きんめえ目で見とったわ。
    そうしてどこでも日本disる帰国子女うっぜええええええええ。
    おら疲れたよ。うん。
    [ 2014/12/16 15:28 ] [ 編集 ]
  505. 戦争当時なんて日本の命が資源みたいなもんだったでしょ
    [ 2015/01/03 22:34 ] [ 編集 ]
  506. 帝国は米国本土を攻撃していません
    ハワイは米国が王族を滅ぼし獲得した植民地で、戦後に最後の州として併合したもの
    キューバも同じ植民地でしたが、庭先なので安心していたら革命が起こりソ連に手を出された
    フィリピンもスペインから奪った植民地でしたが、余りにも遠方なので防衛上に無理が在ったので、傀儡政権を作り防塁としたものです
    中国は大戦後に成立したもので、当時は清国を滅ぼした群雄割拠の時代で、清国を支えた帝国は民間の投資を保護するべく盗賊退治に奔走したのが正しい解釈です
    毛沢東はソ連の武器支援を受けた盗賊で、後に米国の支援を受けた蒋介石を追い出す勢力に拡大しました
    毛沢東ハチロ軍は軍隊の体を成さない山賊如きで、日々の糧は民人から奪う形で得て居り、その生い立ちは現在も変わりが在りません
    最後に、米国は日本を植民地にする目的に基づき追い込んだ結果なのです
    帝国は列強の収入源で在った東南アジアへ侵攻し、経済的なダメージを与える事を目的とした、大東亜共栄圏樹立を旗印にしたものです
    松岡洋右他が国際連盟に対して、人種差別撤廃を唱えた歴史を学んで下さい
    [ 2015/01/07 13:58 ] [ 編集 ]
  507. 満州は日本が帝政ロシアから押しつけられた賠償で、半島近代化の負担に加え、更なる膨大投資の足枷を填めたものです
    革命後のソ連邦は相続者を名乗るも奪還の理由を見出せず、戦後に当時入植した漢人へ委ねる他仕方がなかった
    アラスカ州も帝政ロシアが米国に売り渡したものでしたが、ソ連には同じく奪還する理由が乏しく、ゴールドラッシュを横目で見ていたものでした
    米国は広大な満州のプランテーション経営に野望を抱き、半島及び台湾付きの日本列島植民地化を画策したのが真意です
    これがifへの回答です(一矢を報いる為の旗印が戦線拡大を招いた)
    [ 2015/01/07 15:01 ] [ 編集 ]
  508. どこの民族も日本の近代化と日本の特質を知らなすぎる。日本は世界でもいち早く義務教育を開始した。イギリスが1870年に開始したが本国だけである。日本は1872年に開始して、台湾や朝鮮半島でも行った。日本語も義務教育で教えた。日本語は欧米先進国の言語と同じく先進国の言語である。中国語や朝鮮語は近代ヨーロッパの言語と対応していない。つまり、当時の先進国の言語と対応していない。義務教育を開始していないし、言語も先進国の言語と対応していない。つまり、国内で知識人と民衆の分断が絶対的であり、西欧の力を借りなければ日本に勝てる状況ではなかった。中国を近代的な民主主義や資本主義で統治するには言語が難し過ぎて不可能である。中国が義務教育を始めたのは1960年であり、まだ、50年しか経っていない。まだ、選挙制度も不可能である。資本主義や民主主義には義務教育は欠かせない。
    [ 2015/01/18 06:25 ] [ 編集 ]
  509. たとえ勝ったところでこの範囲保持できないと思う
    そっちに疲弊して終了か
    [ 2015/06/06 23:54 ] [ 編集 ]
  510. だれが作ったんだか知らんがそもそもWW2後の中国はあの形じゃないぞ
    西半分はチベットと東トルキスタンで北側一帯はモンゴル
    という別の国であってあそこの土地は中国じゃないぞ
    なんでWW2後日本が中国の国境飛び越えて東トルキスタンの端から領土にしてるんだ
    日本には人民解放軍なんていないぞ
    [ 2015/08/26 12:42 ] [ 編集 ]
  511. lp
    [ 2015/11/11 13:25 ] [ 編集 ]
  512. ※498
    そもそも朝鮮戦争でもベトナム戦争でも宣戦布告なんて行われなかったんだからそんなのどうでもいいんだよ
    いつまでもそんなどうでもいいことを気に病んでるのが日本人らしいと言えばらしいけど
    [ 2015/11/22 11:45 ] [ 編集 ]
  513. カナダ人
    物事を単純に考え過ぎだ。
    当時ヨーロッパ諸国は、戦争のせいですでに国力がガタついてた。日本は単に~

    なあカナダ在住の韓国人よ。
    それで十分じゃん。後押ししただけでも。だからさ日本がうどいてなかったら少なくともアジア各国の独立は30年は遅れてたよ
    [ 2015/11/26 12:25 ] [ 編集 ]
  514. 中国全土を支配するとコストの割にペイが全然見合わない。
    もし実際に当時そうなったとしたら
    美味しいところは頂きつつ、
    親日本(傀儡)政権立てて…みたいな感じだろうか。
    [ 2015/11/26 16:22 ] [ 編集 ]
  515. 勝ち目なんて元々なかったし
    万が一うまく講話できたとしても
    アメリカ,ロシアを相手に冷戦なんて相当しんどかったろうし

    分断もされず植民地化もされず
    悪くはない負け方したよね
    [ 2015/11/26 18:14 ] [ 編集 ]
  516. 「生産力が10倍の国と戦争したがる国があるかい?」
    私はそう言うことにしてる。
    英国との同盟を解消させ、孤立するように追い込んだから日本は枢軸側に立つしかなくなった。
    戦争を仕掛けておいて「悪者退治」ぶるなと。
    アメリカは反共の盾であった日本と協力して中国を細切れにして独立させておけばその後の冷戦構造も変わっていたし、中国人も文革の悲劇を見なくて済んでいただろうに。
    [ 2015/11/27 08:03 ] [ 編集 ]
  517. 経済封鎖してソビエトに電話して戦争に仕向けたの何処の国でしたっけ?
    [ 2015/12/02 03:42 ] [ 編集 ]
  518. 資金や人員不足で遠からず破たんしてだろうな
    100年くらいかけて中国を地方ごとに切り崩して懐柔して
    …いややっぱり難しいな
    [ 2016/03/05 20:35 ] [ 編集 ]
  519. 歴史にifはない
    なら見んな
    [ 2016/03/10 22:05 ] [ 編集 ]
  520. もしという言葉があるけど
    生産量が違いすぎてアメリカには絶対に勝てない
    烈風や秋水、橘花、震電があってもあの物量には勝てない
    でも万が一オランダとイギリスのみ宣戦布告していたら
    違っていたかもパレンバン リンガ シンガポール サンダカン
    を占領すれば日本の石油と鉱物資源は賄えた
    それにモンロー主義だったから攻撃されない限り
    日本には攻撃できなかった
    (もちろん米政府はイギリスを助けたいから賛成したかった)
    ただ昔の日本が存続していたのでかなり住みにくい日本だっただろうね
    [ 2016/04/13 19:11 ] [ 編集 ]
  521. もしアメリカ政府がロシアのスパイに騙されて日本を挑発しなければ、歴史は変わっていただろうということはとてもよく理解できる。
    [ 2016/04/15 12:54 ] [ 編集 ]
  522. もし、日本が勝ってたら<ヽ`∀´>が1000%各地で威張り散らしていたに違いない。

    そしてベトナム戦争で起こした5件の虐殺事件みたいな事をやらかして戦争勃発の原因作りそう。
    [ 2016/08/16 09:06 ] [ 編集 ]
  523. 日本が小さな国ですか...
    日本が小さな国ならイタリアやオランダも小さな国になっちまう
    [ 2016/10/08 20:38 ] [ 編集 ]
  524. 世界支配者たちが「共産主義者」を「連合国と枢軸国の両方」に送り込んでチェスゲームしてたことが真相。勝敗は始めから決まっていた。ルーズベルトもスターリンもヒトラーもシオニスト。日本は内部にソ連内通者がいて日本がソ連を攻めずに南進するように説得させていた。俺たちは連合軍に負けたというより共産主義者、シオニストに負けたんだよ。バカはネットがあるのにそれすら知らない。もう2017年だぞ?いい加減に気付け。
    [ 2017/02/22 13:46 ] [ 編集 ]
  525. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2017/05/02 14:35 ] [ 編集 ]
  526. 当時の日本の人口で中国を支配できるないっておかしいでしょ。

    今だって9人の人間で中国を支配できてるじゃん。。
    [ 2017/05/02 14:38 ] [ 編集 ]
  527. まぁ失礼だけど勝たなくて良かったとも思えるけどねいくら追いやられていたとは言えあんな正気とは思えない事をしていたのが勝ってしまっていたら怖いからね特にあり得ないが追いやられていた状態から逆転なんかしてたら尚更ヤバイでしょ特攻したら勝ちましたなんて流石にね
    [ 2017/08/14 20:37 ] [ 編集 ]
  528. アメリカが原因で戦争突入したのに、アメリカを攻撃しなければって意味わからん
    [ 2017/08/17 21:46 ] [ 編集 ]
  529. 日本の人口と財源でこんな広い地域統括できるわけないだろって、確かにその通りなんだが指摘されると腹立つなw
    [ 2017/09/04 08:46 ] [ 編集 ]
  530. 海外に興味にぇーよ。戦争で勝ってたら、また鎖国。以上。
    [ 2017/12/10 18:39 ] [ 編集 ]
  531. 歴史にifは無い。
    でも、中国が常任理事国になってるのは不思議でならない。
    [ 2018/02/02 00:03 ] [ 編集 ]
  532. 日中戦争時にアメリカが一方的に条約破って石油とか鋼鉄とかの輸出を止めたから、日本が報復的に真珠湾攻撃したんでしょ。

    目的は欧米や太平洋の制圧では無かったと思うけど。だから、真珠湾攻撃しなくても物資が無くて最終的には日本が負けていたと思うよ。
    [ 2018/02/02 10:57 ] [ 編集 ]
  533. 相変わらず馬鹿な外人が多い。
    日本は領土を求めてアメリカと戦争を始めた訳じゃない。
    ロシア戦のように一撃講話で日本の言い分がアメリカに通ればそれだけで満足して戦争をやめるつもりだったんだよ。何で中国全土や世界征服を目指さなきゃいけないんだ?あほか。

    真珠湾で一撃咥えて戦争遂行の為に東南アジアの資源奪取。
    後は太平洋艦隊を撃退してアメリカとすぐ講和したかったんだ。
    アメリカは民主主義国家だから負けが込めば国民に選挙で足を引っ張られてルーズベルトは戦争をやめると思っていた。

    だが、日本の思惑と違い、亜米利加は条件講和する気なんてサラサラ無かった、

    最初から最後まで国家総動員体制で全面戦争を民族絶滅までする気だったんだ。

    [ 2018/02/02 18:19 ] [ 編集 ]
  534. 当時の欧米の植民地支配てのがどんだけ凶悪だったのか知ってる欧米人てどれくらいいるんだろうね。
    [ 2018/05/13 12:10 ] [ 編集 ]
  535. 結局のところ、負けて良かったよ。もし完全に勝っていたら今のアメリカ人みたいな傲慢になっていただろうからな。
    あんなみっともない姿に憧れるか?
    [ 2018/06/26 10:58 ] [ 編集 ]
  536. 外国人の方が日本に夢見てるよな。当の日本人ですら、
    「勝てる戦いではなかった」「引き分けで終われればよかった」って考えてたのに。
    [ 2018/07/01 21:49 ] [ 編集 ]
  537. 日本を弱い者扱いしてて笑ったw
    なんでアメリカはそんな弱い国に原爆まで落とさないといけなかったのかよw
    言ってることとかなりの食い違いがあって笑えるぞw
    最終的な手段が原爆ってのを忘れないでね!
    他国からアメリカは卑怯者扱いにされたくらいだし
    中国が弱くないって?
    歴史上に中国が勝利した証拠がいくつあるんだよw
    [ 2018/07/08 06:11 ] [ 編集 ]
  538. 日本が勝てるはずが無いのを分かっててなぜ原爆投下したんですか??
    日本を過小評価してるけど アメリカが苦戦した事実をどのように説明するんだろw
    その当時に日本以外にアメリカと戦争出来る国は存在してたの??

    真珠湾攻撃してなかったら おそらく日本は世界をほぼ占領してた
    理由は分かるよね?
    日本も原爆をすでに生産してたんだから

    中国が強いとか言ってる人の根拠を教えてほしいわw
    戦争は数で勝ると思ってるんだろうかw
    じゃー小さい国の日本はなぜ色々な所に勝利を?w
    [ 2019/09/10 21:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
海外「彼は人種の壁を超えていた」 志村けんさんの訃報に世界中から悲しみの声が殺到
海外「凄い国があったもんだ」 日本人の衛生観念が100年前から凄かったと話題に
海外「日本人に英語は必要ない!」 日本人が語る『日本人が英語を話せない理由』にコメント殺到
海外「なんて規律正しいんだ…」 日本人が『パニック買い』をする光景に外国人が衝撃
海外「日本が超大国になった理由だ」 日本人の仕事に対する誠実な向き合い方に感動の声
海外「これが日本の凄さなんだよ…」 ありふれた日常に日本の凄さを見出すタイの人々
海外「日本は完璧な決断をした」 日本政府の五輪延期の判断に世界から称賛の声が殺到
海外「日本は本当に不思議な国だ…」 今も店頭に食料品が溢れる日本社会に外国人が衝撃
海外「日本にいると安心感が違う」 なぜ日本を選ぶ外国人が急増しているのだろうか?
海外「世界は日本を模範にしよう」 北海道の人々が示した高い規律に海外から称賛の声
海外「日本人は白人扱いなのか?」 日本人ハーフが『日本文化盗用』で非難され論争に
海外「日本の未来は明るいな」 日本の女子中学生がとった行動に世界から感動の声
海外「日本はどうなってんだ」 日本の病院で緊急治療を受けた米国人の医療費に驚愕の声
海外「日本は神に愛されている…」 春の日本があまりにも美しいと海外で話題に
海外「結局は民度の差なんだよ」 仏誌が指摘する『日本の感染者数が少ない理由』が話題に
海外「ついに新幹線が来るぞ!」 テキサス新幹線の内装に現地から興奮の声が殺到
海外「日本が愛されるわけだよ」 日本の空港で撮影された1枚の写真に外国人が涙
海外「日本以外じゃあり得ないw」 日本を走る世界唯一の路面電車に海外から羨望の声
海外「日本は次元が違う」 日本の大都市の駅の複雑さが異常なレベルだと話題に
海外「日本人は本当に特別だ!」 フランスで大活躍する日本人選手の人柄に感動と称賛の声
今月の人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング