パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本が勝つはずだったが…」 なぜミッドウェー海戦で日本は負けたのか

1942年6月5日から7日にかけ、ミッドウェー島をめぐって行われたミッドウェー海戦。
この戦いで、航空母艦、「赤城」・「加賀」・「蒼龍」・「飛龍」の4隻と艦載機を多数失い、
それまで快進撃を続けていた日本は、太平洋戦争における主導権を失うことになります。

日本の戦力:航空母艦6 戦艦11 重巡洋艦10 軽巡洋艦6 駆逐艦53他
米国の戦力:航空母艦3 重巡洋艦7 軽巡洋艦1 駆逐艦15

日本の損害:航空母艦4 重巡洋艦1 重巡洋艦1大破 駆逐艦1中破 戦死者3,057名
米国の損害:航空母艦1、駆逐艦1 戦死者307名

関連動画には、日本の敗因を分析するコメントが多数寄せられていました。

翻訳元 

Battle of Midway 1 ミッドウェー海戦 1





■ ミッドウェー海戦は、アメリカの勝利を決定づけた戦いの1つだね。 アメリカ




■ 日本は快進撃を続けてたんだよなぁ。
  この戦いでアメリカが勝てたのは、ひとえにレーダーや暗号解析のおかげ。
  アメリカがそこまで追い詰められちゃうくらい、
  当時の日本のパイロットや戦闘機って優れてたの? カナダ
  


   ■ ゼロ戦はワイルドキャットよりもはるかに優れてた。
     それに加えてパイロットの訓練時間はアメリカの2倍だ。
     しかも日本の場合は実戦経験も豊富だったけど、
     アメリカのパイロットにはそれが欠けてたし。 アメリカ



■ 重要性において、この戦いはスターリングラード攻防戦に匹敵する。 アメリカ




■ 日本は運が悪すぎた!
  飛行機の出撃準備が終わったところで空母3隻が被弾するなんて。
  もしアメリカ側が暗号を解析出来ずに日本軍の来襲に気づけなかったら、
  歴史は大きく変わってたかもしれないよね。 アメリカ




■ 歴史に残る、日米の命運を分けた戦いがこれだな。 カナダ




■ ミッドウェー海戦でのアメリカの戦いっぷりにはウォーってなるわ。
  アメリカの勝因は、日本が自信過剰だったってことと、
  暗号解析能力や戦略で日本を上回ってたってことだな。 アメリカ





■ 俺たちはレーダーさんに感謝しないとな。 アメリカ
    



■ 例え日本がミッドウェーで勝利出来てたとしても、
  終戦までにいったいどれだけの戦闘機や空母を作れただろうか。
  日本がアメリカを打ち破ることは不可能だったし、敗戦は決定的なものだったんだよ。
  そして日本が敗けた一番の理由は、上層部がアメリカの底力を知らなかったこと。
  最後に当時の日本の素晴らしい点も挙げさせてもらおうか。
  それは、運命が決していながら、なお最後まで戦い抜いたことだ。 ドイツ



   ■ 日本は分かってたよ。アメリカの巨大さをちゃんと理解してた。
     日本軍の優れた戦略家の多くは最初から分かってたんだよ。
     真珠湾攻撃以降、日本の快進撃はもって半年だろうって。
     日本の敗戦はやっぱり上層部にあるわけだけど、
     無知で、自分勝手な人間が多かったのが理由だよ。 カナダ



   ■ 日本もドイツも、資源の限られた国だ。
     2カ国のミスは、アメリカのような工業大国に挑んでしまったことさ。 アメリカ  



   ■ ヤマモト(五十六)は分かってたんだけどね。
     だけど上層部は彼の話に耳を傾けなかった。
     彼は1年は存分に戦ってみせるって言ったんだ。
     だけどその後のことは保証できないって。 アメリカ



      ■ 日本は世界征服を考えてたんだぞ。
        アメリカにだって勝てると思ってたでしょ。 アメリカ



         ■ それが日本の最終目的だったことなんか一度もないよ。
           彼らの目的は、アメリカの戦意をなくすことだった。
           早い段階で十分な数の勝利を重ねていけば、
           長い戦争を続ける意欲をなくすだろうって考えてたの。
           日本が弱いと考えてたのは「アメリカ」じゃなくて、
           「アメリカ人」だったんだよ。 アメリカ



■ 米軍には「ここで絶対に勝たなくては」っていう強い決意があったんだよ。 アメリカ





■ 最終的にアメリカが勝ったことは嬉しく思ってるけど、
  原爆が必要だったとは今も思えない。
  あんな残酷な兵器を、罪のない人々が住む街に2発も落とすなんて。 ベルギー




■ そもそもアメリカは何で日本に対して禁輸措置を取ってたんだ? 
  あっ、もしかして戦争を起こすためじゃ……。 アメリカ




■ 基本的に制裁を使って日本を戦争に引き込んだのはアメリカだからな。
  アメリカから「制裁」って言葉が出たら気をつけろよ。
  たいていそのあとには悪い事が起きるから。 +2 アメリカ 



   ■ 石油の輸出を禁止してたのはアメリカだけじゃないだろーが。 アメリカ



■ 俺は戦ってくれた日本に感謝してるよ……。
  だって日本は、オランダの植民地支配から解放してくれたから……。 インドネシア




■ (日系)ニセイが日本の計画を翻訳してアメリカに伝えたんだよね。
  だから日本がどこから攻めてくるのか事前に知ることが出来た。
  これはつい最近まで秘密にされていたことだけど。 アメリカ




 
■ あの時代の人たちってスゲーよな。
  どうやったらこんな物凄い戦闘を4年間の内に何度も出来るんだ。 アメリカ  




■ アメリカが勝利できたのはラッキーだったよなぁ。 アメリカ




■ 第2次世界大戦において一番と言える戦いは、
  やっぱり太平洋を跨いだ日本とアメリカの争いですよね。 チリ 




■ 日本は経験値や武器など、すべての面で米国より優っていたが、
  それでも最終的にはアメリカに敗れてしまった。
  敗戦の原因は、すべて戦略ミスにある。 ギリシャ




■ うん、日本はすべての面でアメリカより優れてたのにね。
  日本が勝つはずだったのに、実際はそうはならなかった。
  戦局っていうのは、ドンドン変わっていくものってことが分かるよね。 アメリカ




■ そもそも日本の真の敵はアメリカじゃなかったのにな。 国籍不明




■ ミッドウェー海戦での日本の戦い方ってさ、
  真珠湾を攻撃したこと以上のミスだったんじゃないかな。 メキシコ




■ 個人的にこの戦いは、純粋に運の力だけで勝てた戦いだったと思う。 アメリカ 




■ 間違いなく第2次世界大戦で一番重要な戦いの1つだよね。
  もしミッドウェーで日本が大勝してたら、制空権は日本のものだった。 
  それはつまり、カリフォルニアへの空襲を意味するんだ。 アメリカ




■ ナグモがあと10分か5分早く攻撃隊を発進させてれば、
  歴史はまったく違ったものになってただろうに。 ベネズエラ    




■ 日本がどうやってあれだけの富を持って、強力な軍隊を作ったのかが理解できん。
  だって日本はあらゆる資源に欠けた国なんだぞ。
  あの国がどこから資本を持ってきたのか。それが見えない。 アメリカ
 

 
   ■ 戦争が始まる前に、色んな国から鉄くずを買い占めてたらしいよ。
     前にウチのおばあちゃんがそう言ってた。 ニュージーランド



■ 日本側にはミスがあまりにも多すぎたんだよ。情報が筒抜けだったんだもん。
  日本は、「暗号は複雑で誰にも解読出来ない」って考えてたんだ。
  アメリカにとってそれは大きなアドバンテージだった……。
  アメリカ人として、そう言わざるを得ないだろうね……。 アメリカ





  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/06/07 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(417)
Powered By 画RSS
  1. 日本は情報戦に弱いからな
    [ 2014/06/07 23:01 ] [ 編集 ]
  2. 例えば裏切り者がいたとか(棒)
    [ 2014/06/07 23:02 ] [ 編集 ]
  3. この俺がもう少し早く生まれていれば完全に勝ってただろうな
    [ 2014/06/07 23:04 ] [ 編集 ]
  4. まぁミッドウェイで勝っても最後は負ける。
    それがシュタインズゲート
    [ 2014/06/07 23:04 ] [ 編集 ]
  5. 日本の真の敵は韓国と中国でしたw
    [ 2014/06/07 23:05 ] [ 編集 ]
  6. >>5
    それは今も
    そしてこれからもずっと、だ
    [ 2014/06/07 23:09 ] [ 編集 ]
  7. 中国と韓国朝鮮が、せめてもう少し賢ければね…
    まあ韓国朝鮮はどうでもいい。
    せめて中国人(ではないが)がもう少し賢ければ、
    世界はもっとマシだったろうに。
    [ 2014/06/07 23:10 ] [ 編集 ]
  8. そもそも敵艦隊がいないと思い込んでたのが敗因だからなあ。
    偵察機は雲の上を飛んでて敵空母に気づかなかったとか間抜けすぎる。
    [ 2014/06/07 23:11 ] [ 編集 ]
  9. 情報戦に負けたのがでかいな
    [ 2014/06/07 23:12 ] [ 編集 ]
  10. さて、現代日本は情報戦で中国に優っているだろうか。
    歴史は繰り返すというが・・・・・・。
    [ 2014/06/07 23:12 ] [ 編集 ]
  11. 「八木アンテナ」を駆使してアメリカは戦ったからなあ
    有名な話だろ
    [ 2014/06/07 23:14 ] [ 編集 ]
  12. 負けたのは仕方ないとして、それ以降今に至るまでの敗戦国としての病的なまでの卑屈さはどうにかならないものか
    世界広しと言えど一度負けただけでここまでイジケ腐るのも珍しい
    [ 2014/06/07 23:14 ] [ 編集 ]
  13. >日本は世界征服を考えてたんだぞ。 アメリカ

    そりゃお前らだろうが
    [ 2014/06/07 23:14 ] [ 編集 ]
  14. 中国の皇帝なんか放っておけばよかったんだ
    中国がテロリストに乗っ取られようが無視して助けるべきじゃなかった
    [ 2014/06/07 23:18 ] [ 編集 ]
  15. 日米戦争の日米はグルだったからですよ
    よーするにプロレス
    [ 2014/06/07 23:22 ] [ 編集 ]
  16. 自信過剰というより「安全神話」が日本の弱点なんだよ
    「これは絶対大丈夫」と決めつけてそこを見ないふりをしちゃう
    ミスを計算に入れて考えないとダメだね
    [ 2014/06/07 23:23 ] [ 編集 ]
  17. でも自分は古代中国に憧れている
    中国よ、是非とも尊敬できる国になってくれ!
    [ 2014/06/07 23:24 ] [ 編集 ]
  18. アメリカさんの中にも参戦の過程を認める人が出てきたんだね。

    今更始めたWW2の勉強は、アカいのが両国共に混じって掻き乱してる?ってトコで訳わからなくなって頓挫してるわ。
    詳しい方、お勧めの本とかありませんか?
    [ 2014/06/07 23:24 ] [ 編集 ]
  19. 情報戦で遅れを取ったのは確かだが
    それにしたって、兵力は日本側がはるかに優勢だった。
    「回避不能な災害が目前に迫ってる」気分だったと
    当時の米海軍の幹部は言い残してる。
    実際に、いまでもミッドウェーの戦闘シミュレーション
    をしてみても、日本の勝ちに終わるんだとか。
    当時の日本海軍指導層のゆるいアタマと
    敗勢が必至でも、あるもの全てつぎ込んで勝負をかけた
    アメリカ海軍指導部の差が、この僥倖を生んだんだろう。
    [ 2014/06/07 23:25 ] [ 編集 ]
  20. 本気で喧嘩したら負けるのは判ってたけど、大戦まではアメリカは孤立主義だったから戦いに消極的だろうと踏んでたんだろうね。
    自分に都合のいい未来だけを前提にプランを開始してしまうのは今も昔も日本の役人の基本的性質だな
    [ 2014/06/07 23:27 ] [ 編集 ]
  21. >今更始めたWW2の勉強は、アカいのが両国共に混じって掻き乱して

    フリーメーソンとかね(棒)
    [ 2014/06/07 23:28 ] [ 編集 ]
  22. 日本海軍・聯合艦隊とアメリカ海軍・機動部隊、どうして差がついたのか・・・慢心、環境の違い
    [ 2014/06/07 23:28 ] [ 編集 ]
  23. まじで日本は情報戦が駄目すぎた
    日英同盟のときにでもイギリスから諜報面で学んどけば良かったのに
    [ 2014/06/07 23:29 ] [ 編集 ]
  24. まぁ日本は戦争では敗れたけれども
    当初の目的である日本の主権と
    アジアの植民地を開放出来たから

    当時の英霊達にはただただ感謝するしかないね
    あとは彼らの濡れ衣をどう晴らすかだろう
    [ 2014/06/07 23:29 ] [ 編集 ]
  25. 短期間で終わらせたい国と、
    持久戦に持ち込めば勝てる国が戦ったんだから
    結果は明らかなんだよなぁ・・・
    ミッドウェーで空母を失わなくたって日本が勝てたとも思えん
    [ 2014/06/07 23:29 ] [ 編集 ]
  26. ぶっちゃけレーダーよりも応急処置でなんとかヨークタウンを持ってこれたのが勝因だと思う
    逆にミッドウェーに米海軍がいるとしても最大空母二隻に島の航空隊しか居ないはずだと慢心して南雲機動部隊にすべて任せてしまったのが敗因だと思う
    五航戦をなんとしてでも修理して連れてくるか軽空母まで動員してミッドウェー作戦に戦力を集中させていればあるいは…
    [ 2014/06/07 23:32 ] [ 編集 ]
  27. > ■ そもそも日本の真の敵はアメリカじゃなかったのにな。 国籍不明

    それはアメリカに言いたいことだ。
    アメリカの敵は日本ではない。
    ファシストの中華民国と社会主義のソヴィエトに加担したのも人種差別に目が曇ったからだろうが。
    [ 2014/06/07 23:32 ] [ 編集 ]
  28. そもそも日本の最大の失敗は朝鮮半島の人間を
    同じアジア人だからといって甘やかしたことだ。
    イギリスやスペインのような徹底的な統治をすべきだった。
    [ 2014/06/07 23:32 ] [ 編集 ]
  29. 日本でこの話をするとアメリカには十中八九どころか十は負ける戦い扱いなのにアメリカ人からすると日本は張り合える相手扱いなのは知らなかった。
    [ 2014/06/07 23:35 ] [ 編集 ]
  30. >>29
    欧米は伝統的に勝った相手は過大評価するよ。オーバーキルしたのがはっきりしてもデメリットの方が多いし。
    [ 2014/06/07 23:38 ] [ 編集 ]
  31. 聖書が座右の書の司令長官殿は、凡人には理解できない思考をお持ちのようで
    [ 2014/06/07 23:39 ] [ 編集 ]
  32. ■日本がどうやってあれだけの富を持って、強力な軍隊を作ったのかが理解できん。って…
    最強アメリカの資本力・工業力には太刀打ちできなくても
    WW2以前でも日本は世界でも有数の工業力は有してたんだよ
    ただ、石炭は危険だけど深く掘れば産出してたが、何より国内まかなえる油田がないのが戦わざるを得ない状況になった原因だわな
    ミッドウェーで損耗軽微の完勝、後のいくつかの戦いでも連勝できていれば相手のありえないレベルの工業力でも人員不足になって…な展開でようやく講和の道がみえるだろう
    でも、その前にこっちが疲労困憊
    イタリアドイツの同盟国が白旗に…でやっぱ勝てないわな
    [ 2014/06/07 23:39 ] [ 編集 ]
  33. >>17
    中国共産党っていう首をぶった切らない限り無理
    [ 2014/06/07 23:42 ] [ 編集 ]
  34. 忍者を途絶えさせてはいけなかった
    [ 2014/06/07 23:42 ] [ 編集 ]
  35. ありうる展開のなかで一番最悪の展開に近い負け方だったからなー
    ただ、ここで勝つと終戦が半年伸びるから最終的には
    もっとめんどくさいことになってたかな?という気がしないでもない
    [ 2014/06/07 23:43 ] [ 編集 ]
  36. >24
    一言一句同感。
    [ 2014/06/07 23:43 ] [ 編集 ]
  37. これは私見だが、当時の海軍と外務省の幾人かは相当怪しい。彼らの中に内通者がいたとしか思えない。

    でも結果的に負けて良かったとは思う。もし戦争に勝っていたら今のアメリカや中国のように傲慢さを捨てきれない国だったかもしれないしな。そう遠くない未来に日本の良さや正当性が認められる日が必ず来るからそれまで辛抱しよう。
    [ 2014/06/07 23:47 ] [ 編集 ]
  38. 昭和史って本によると
    情報が漏れてるかもしれないから、対空準備怠らないようにと言明あったが、
    現場無能指揮官が功をあせり、対艦装備にしてたから大敗北した
    それまでの戦闘戦歴から普通にやってれば勝ってたんだって
    [ 2014/06/07 23:47 ] [ 編集 ]
  39. 最初から勝てないのは分かってたんだからここらへんの大負けで戦争を引いとけばまだマシな終わり方できてたのではないかと思うと残念な思いだ
    [ 2014/06/07 23:48 ] [ 編集 ]
  40. 太平洋の戦闘が長引けば
    ソ連の役割も大きくなっただろう
    北海道まで奪われたかもしれない
    原爆も・・・
    [ 2014/06/07 23:48 ] [ 編集 ]
  41. 短期決戦しか無かった日本
    まあ戦略は限られるよね
    お荷物も併合しちゃったし
    [ 2014/06/07 23:48 ] [ 編集 ]
  42. そりゃ日本を中共の一部にしたい売国奴がわんさかいるぐらいだから
    幕末明治以降は、憧れが過ぎて日本を米国の一部にしたいと、
    そういう思いを秘めた売国奴だっているかもねぇ
    今でも、あいつとか、あいつとか、あいつとか
    [ 2014/06/07 23:50 ] [ 編集 ]
  43. 敗戦国になってしまった時点で、情報戦は絶望的だね。
    未だに戦勝国に情報統制、洗脳された子供達が、特アと一緒に手先となって日本を蝕み、国防も満足にできない始末だ。
    アメリカで蒋介石が被害者を演出し、それを満州利権ほしさにプロパガンダに利用していたアメリカ。
    現状、アメリカが賞味期限の近い同盟国、世界の人種の壁が薄くなったってぐらいで、戦勝国のプロパガンダは脈々と受け継がれているんだよな。
    [ 2014/06/07 23:51 ] [ 編集 ]
  44. 日本は戦術ばかりで戦略には疎かったかな‥。
    海軍は対米は仮想敵国だったが対米戦には反対。
    中国に支援していたドイツと同盟を組み
    ドイツとソ連が対立してるのに日ソは不可侵条約。
    日本は中国に戦争を仕掛け、対米が始まれば、
    海軍は短期決戦で米国に交渉に持ち込むつもりが
    陸軍は対中と南進。
    さらに日本政府はソ連に対してご都合主義で
    対米終戦工作を狙うもソ連と中国に利用され‥。
    とにかく各々がバラバラに行動し、
    大本営も内閣も失態をくり返す度に内部で人事交代、異動。
    その内容も好転じゃなくて、単なる臭いものにフタな内容。
    物量も技術も戦略面でもとても叶わない。
    唯一の短期決戦の勝機も逃してしまうし‥どうにもならん。
    [ 2014/06/07 23:52 ] [ 編集 ]
  45. よく昔のドラマであった、憲兵の横暴とか本当にあったんかね
    [ 2014/06/07 23:55 ] [ 編集 ]
  46.  飴映画「ミッドウェイ」は、会戦前後の情況を含めて、ヨーロッパ戦線にはなかった、大規模機動部隊の空前絶後の横綱大一番対決がよくわかるいい映画。
     ただし、同じ太平洋戦争ものの「トラ!トラ!トラ!」との大きな違いは、飴映画につきものの恋愛物語をむりくりからめてしまったせいで、戦史ものとしてのつくりがグタグダに...

    ハルコ・サクラってベタな名前やな(藁
    [ 2014/06/07 23:57 ] [ 編集 ]
  47. 週刊空母の国と戦うんだ、全てを万全にはできない。
    限られたリソース配分の取捨選択が必要になる。
    レーダーを捨てたのが正解だったのかどうかは誰にも分からない。
    レーダーのリソースを割いたら、等閑にされた分野でもっと酷い結果を招いたかもしれない。

    後世の我々から見れば、ルーズベルトが死ぬまでハルノートの回答を引き延ばしても本土備蓄資源は尽きなかったし、降伏するにしてもベルリン陥落まで戦えば十分だった。
    でもそれは、攻略本のないリアル世界では無理な話だ。
    [ 2014/06/07 23:57 ] [ 編集 ]
  48. まあアメリカは…ただの白人だ。
    日本は白人と戦ったんだよ。

    日本が血を吐きながらやってきた事は、
    本当は中国がやらなきゃいけない事だったんだよ。
    中国があのていたらくだから、日本があんな酷い目に…

    今の中国の言い草は、末代まで責められても仕方がない位の罪だ。
    お前らは、アジアのために何もできず、何もしなかったんだよ。
    その時点で「中華」などと、どのツラ下げて名乗るのか問いたい。
    その事をきちんと考えろと言いたい。
    [ 2014/06/07 23:58 ] [ 編集 ]
  49. ここだけの話。実は最後の秘密兵器として当時から極秘開発していた海底軍艦があって、それがそろそろ完成するらしい。あれが間に合っていたらな。
    [ 2014/06/07 23:59 ] [ 編集 ]
  50. 過大評価しすぎだった面もある。
    つか基本的に情報が筒抜けでミッドウェー沖
    で待ち伏せされて索敵にも倍の労力差がある
    地点で50%、頼みのゼロ戦も雷撃機と
    サッチウィーブのf4に血が上って上空無警戒
    魔の5分は実はあんまり関係は・・・でさらに25%、
    艦自体がゼロ戦装甲w
    一発当てただけで次々に撃沈と誤認・・・
    これで12%ぐらいか?w
    負けるべくして負けてるんだけどなあれ。
    [ 2014/06/08 00:00 ] [ 編集 ]
  51. いやいやいやいや、負けていい戦など、この世に無い。負けたのに日本がまだある。これ自体がラッキーぐらいに思うべし。聞いてるかドイツ
    [ 2014/06/08 00:00 ] [ 編集 ]
  52. 負けた戦いを反省するのはいいことだ
    やたら戦争賛美したい奴らが多いけど
    ハル・ノートとか原爆や空襲だけじゃないんだから
    [ 2014/06/08 00:01 ] [ 編集 ]
  53. マジレスすると、陸軍が馬鹿で見栄っ張りばかりだったからだよ。
    [ 2014/06/08 00:02 ] [ 編集 ]
  54. 東条英機首相「ミッドウェーの敗北を陛下から聞いたんだけど、
    一体どういう事よ!」

    日本の防諜能力って国外じゃなく
    国内には如何なく発揮されてました
    [ 2014/06/08 00:03 ] [ 編集 ]
  55. 本当にこんだけ戦力で優っててどうして負けたんだろうな・・・
    ミッドウェーで負けてなけりゃ、もうちょっとマシな今があったのかな
    [ 2014/06/08 00:05 ] [ 編集 ]
  56.  
    ミッドウェーはいわば極値みたいなもんだな
    それを境に確かに流れは逆になる
    だが、どのみち遠くないうちに潮目は変わったさ
    本文でも言われてたようにな
    [ 2014/06/08 00:14 ] [ 編集 ]
  57. やはり南雲がアホだったからか?あと、日本軍が精神論ばかりで科学を軽視してたって、昭和天皇の皇太子宛ての手紙に書いてあったわな。ミリヲタサイトを覗いてみると、ミッドウェーで勝利しても、あまり効果が無かったという指摘を見た事がある。
    [ 2014/06/08 00:14 ] [ 編集 ]
  58. 天草みたいな輩がいたとして、本当に獅子身中のダイオウグソクムシだな。何回負けてもいいのは不死身のルシファーぐらい。人間は負けると愛する人々の死に直結する。空襲で何人死んだ?。傲慢云々はまた別の話。まず勝たねば。それが戦争。
    [ 2014/06/08 00:15 ] [ 編集 ]
  59. んーハワイが日本の保護国になってれば或いは…
    [ 2014/06/08 00:15 ] [ 編集 ]
  60. 南太平洋海戦以降だと思うけどね
    [ 2014/06/08 00:18 ] [ 編集 ]
  61. ミッドウェーからウェーキにかけて潜水艦による哨戒網で米艦隊をキャッチしようとしたが
    手違いで配備が遅れ、構築する前に米機動部隊が哨戒網をすり抜けてミッドウェー近海に到着。
    戦う前からツキに見放されてた
    [ 2014/06/08 00:19 ] [ 編集 ]
  62. あんま言いたくないけど指揮官の能力不足だよなぁ
    どうやったらあんな圧倒的な戦力差のある戦いに負けるんだよ
    [ 2014/06/08 00:22 ] [ 編集 ]
  63. 日本の敗因は、植民地解放だよ。
    日本だけを守るなら、十分に勝てたはず。
    だが、日本以外を守る為に日本人を派遣したのが間違い。
    現在でも東南アジアは、日本に感謝なんかしていない。
    奴隷でいることの方が、彼らにとっては幸せだったと思う。
    特に、朝鮮や中国は欧米に植民地にされていた方が好かったろう。
    きっと、彼らが現代で起こっているのは、
    そのチャンスを潰したことだろうね。
    [ 2014/06/08 00:24 ] [ 編集 ]
  64. 大東亜戦争
    石油を止められればどんな国でも
    今でも戦争を起こすであろう
    植民地だったアジアの独立戦争です。
    日本人なら自分の国の真実を学ばなければならない
    教科書は嘘ではないが、
    特に大東亜戦争(太平洋戦争)重要な事が欠落している。
    [ 2014/06/08 00:24 ] [ 編集 ]
  65. そもそもさ
    事前に米国の強大さを知っていたとか上層部が暴走したとか
    だからと言ってなんの意味があるの?

    確実に負ける相手だから白旗を振って植民地になろう!
    っていう発想なの外国は?
    相手が強かろうが弱かろうが関係ないっしょ
    ひとたび開戦したら戦う以外ない
    [ 2014/06/08 00:25 ] [ 編集 ]
  66. 真珠湾で第三涙攻撃仕掛けてハワイからアメリカを追い出し、
    シンガポールからイギリス軍を追撃してインド東岸くらいまで日本が制圧する。
    最初にそれくらいアドバンテージ取れてないと無理ゲー。
    [ 2014/06/08 00:27 ] [ 編集 ]
  67. 名無し
    大東亜戦争・太平洋戦争

    南方作戦
    真珠湾攻撃 ニイタカヤマノボレ トラ・トラ・トラ 第二波攻撃 マレー作戦 コタバル強襲上陸 マレー沖海戦 ジットラ・ライン突破 マレー半島進撃 ジョホール・バル到達 シンガポールの戦い フィリピンの戦い 香港の戦い 九龍半島の戦い 香港島の戦い グアムの戦い ラバウルの戦い ウェーク島の戦い 第一次攻略戦 第二次攻略戦 ニューギニア沖海戦 ダバオの戦い 蘭印作戦 タラカンの戦い・メナドの戦い バリクパパンの戦い・ケンダリーの戦い バリクパパン沖海戦 バンジェルマシンの戦い・マカッサルの戦い アンボンの戦い パレンバン空挺作戦 バリ島の戦い・チモール島の戦い ジャワ島の戦い エンドウ沖海戦 ジャワ沖海戦 ダーウィン空襲 ブルーム攻撃 クイーンズランド州攻撃 シドニー港攻撃 バリ島沖海戦 スラバヤ沖海戦 第一次昼戦 第二次昼戦 第一次夜戦 機雷原 第二次夜戦 三月一日昼戦 バタビア沖海戦 バンドン要塞の戦い アンダマン諸島の戦い ビルマの戦い セイロン沖海戦 4月5日空襲 4月9日空襲 ベンガル湾作戦 潜水艦作戦

    ソロモン諸島の戦い
    FS作戦 ウォッチタワー作戦 フロ.リダ諸島の戦い ガナルカナル島の戦い ガダルカナル島上陸緒戦 第一次ソロモン海戦 イル川渡河戦 第二次ソロモン海戦 マタニカウ川東岸の戦い サボ島沖海戦 ヘンダーソン基地艦砲射撃 南太平洋海戦 第三次ソロモン海戦 第1夜戦 第2夜戦 ルンガ沖夜戦 レンネル島沖海戦 ケ号作戦 ビスマルク海海戦 ビラ・スタンモーア夜戦 ニュージョージア島の戦い レンドバ上陸 ニュージョージア上陸 セ号作戦 い号作戦 エックス攻撃・ガ島方面敵艦船攻撃 ワイ2攻撃・オロ湾在拍敵艦船攻撃 ワイ攻撃・ポートモレスビー飛行場攻撃 ワイ1、ワイ2攻撃・ミルン湾敵艦船及びラビ方面飛行場攻撃 海軍甲事件 ヴェンジェンス作戦 ルンガ沖航空戦 第一次ソ作戦 第二次ソ作戦 セ作戦 クラ湾夜戦 コロンバンガラ島沖海戦 第一合戦 第二合戦 ベラ湾夜戦 輸送作戦 第一次ベララベラ海戦 第二次ベララベラ海戦 ラバウル空襲 ブーゲンビル島の戦い タロキナ上陸 ブーゲンビル島沖海戦 第二次タロキナ作戦 ろ号作戦 ブーゲンビル島沖航空戦 セント・ジョージ岬沖海戦 グリーン諸島の戦い

    ニューギニアの戦い
    珊瑚海海戦 ポートモレスビー作戦 ブナ・ゴナの戦い ラビの戦い ビスマルク海海戦 カートホイール作戦 ラエ・フォン半島戦い ラエの戦い 第十八号作戦 ワウの戦い サラモアの戦い サラワケット超え フィンシュハーフェンの戦い ラム河谷の戦い 西部ニューブリテン島の戦い アドミラルティ諸島の戦い エミラウ島の無血占領 パラオ空襲 ホーランジアの戦い 竹一船団 サルミ・ワクデの戦い ビアク島の戦い ビアク支隊善戦 アメリカ軍師団長更迭 西洞窟陥落 第一次渾作戦 第二次渾作戦 第三次渾作戦 ヌンホル島の戦い サンサポールの戦い アイタぺの戦い 飛び石作戦 モロタイ島の戦い

    ミッドウェー作戦
    第一次ケー作戦 第二次ケー作戦 ミッドウェー島砲撃 ミッドウェー島空襲 ドーリットル空襲 ミッドウェー海戦 アメリカ本土砲撃 複数都市砲撃作戦 エルウッド製油所砲撃作戦 バンクーバー島砲撃作戦 スティーブンス海軍基地砲撃作戦 通商破壊作戦 ロサンゼルスの戦い アメリカ本土空襲 第一回オレゴン州空襲 第二回オレゴン州空襲 風船爆弾 アリューシャン方面の戦い ダッチハーバー空爆 アッツ島占領 キスカ島占領 アッツ島沖海戦 アッツ島の戦い キスカ島撤退作戦 第一期作戦 第二期作戦 コテージ作戦

    ビルマの戦い
    南機関 ビルマ侵攻作戦 ビリン河の戦い シッタン橋の戦い ペグーの戦い タウッキャンの通行止め ビルマ公路の戦い エナンジョンの戦い インド北東部進攻計画・二十一号作戦 ビルマ軍政 泰緬鉄道 第一次アキャブ作戦・三十一号作戦、第一次アラカン作戦 第一次チンディット・ロングクロス作戦 フーコン作戦 フーコンの戦い 第二次チンディット・サーズデイ作戦 第二次アキャブ作戦・ハ号作戦、第二次アラカン作戦 インパール作戦・ウ号作戦 コヒマの戦い テニスコートの戦い ミイトキーナの戦い 拉孟・騰越の戦い・断作戦、サルウィン作戦 怒江の戦い イラワジ会戦 シュエポ・マニワ戦闘 メイクテーラ攻防戦 メイクテーラ・マンダレーの戦い 完作戦・第三次アラカン作戦 ラムリー島の戦い マタドール作戦 サンキー作戦 170高地の戦い ラングーン奪回 ドラキュラ作戦 エレファント・ポイントの戦い ペナン沖海戦 シッタン作戦

    ギルバート・マーシャル諸島の戦い
    マーシャル・ギルバート諸島機動空襲 マキン奇襲 マキンの戦い タラワの戦い 第一次キルバート諸島沖航空戦 第二次ギルバート諸島沖航空戦 第三次ギルバート諸島沖航空戦 第四次ギルバート諸島沖航空戦 ガルヴァニック作戦 ゼット作戦 マーシャル諸島沖航空戦 クェゼリンの戦い ルオット・ナムルの戦い クェゼリンおよびエビジェの戦い トラック島空襲 海軍丁事件 エニウェトクの戦い

    マリアナ・パラオ諸島の戦い
    絶対国防圏 マリアナ諸島空襲 パラオ大空襲 松輸送 第3530船団 サイパンの戦い マリアナ沖海戦 海軍乙事件 アウトレイジ戦法 グアムの戦い テニアンの戦い ペリリューの戦い アンガウルの戦い

    フィリピンの戦い
    捷号作戦 クラーク飛行場空襲 マニラ陥落 第一次バターン半島の戦い 第二次バターン半島の戦い コレヒドール島の戦い ビサヤ・ミンダナオの戦い
    ユサッフェ フクバラハップ 捷号作戦 モロタイ島の戦い 十・十空襲 台湾沖航空戦 レイテ島の戦い リモン峠の戦い 南部の戦い 飛行場奪還作戦オルモック上陸 地号作戦 レイテ沖海戦 シブヤン海海戦 スリガオ海峡海戦 エンガノ岬沖海戦 サマール沖海戦 第1次多号作戦 第2次多号作戦 第3次多号作戦 第4次多号作戦 第5次多号作戦 第6次多号作戦 第7次多号作戦 第8次多号作戦 第9次多号作戦 第10次多号作戦 ヒ81船団ミンドロ島の戦い 礼号作戦 オルモック陥落 レイテ航空戦 ミンドロ沖海戦 ルソン島の戦い マニラ攻防戦 マニラの戦い 南号作戦 北号作戦 ビサヤ諸島の戦い ミンダナオ島の戦い スールー諸島の戦い ボルネオの戦い タカラン島の戦い ブルネイ湾の戦い バリクパパンの戦い


    日本本土の戦い
    硫黄島の戦い 摺鉢山の戦い 元山周辺の戦い 富山丸事件 対馬丸事件 十・十空襲 天号作戦 九州沖航空戦 沖縄戦 沖縄の戦い 慶良間諸島の戦い 先島諸島の戦い 北部の戦い 首里戦線 菊水一号作戦 菊水二号作戦 菊水三号作戦 菊水四号作戦 菊水五号作戦 菊水六号作戦 菊水七号作戦 菊水八号作戦 菊水九号作戦 菊水十号作戦 坊ノ岬沖海戦 第1波攻撃 第2波・第3波攻撃 大和沈没 嘉数の戦い シュガーローフの戦い 国吉丘陵地帯戦闘 義号作戦 呉軍港空襲 日本本土空襲 飢餓作戦 バーニー作戦 日号作戦 ソ連対日参戦 樺太の戦い 国境地帯への侵攻 塔路上陸作戦 真岡・大泊上陸作戦 占守島の戦い

    日本本土空襲
    広島の原子爆弾投下 長崎の原子爆弾投下 マンハッタン計画 青森大空襲 熱田空襲 伊勢崎空襲 湯の花トンネル列車銃撃事件宇都宮空襲 大分空襲 大垣空襲 大阪大空襲 大津空襲 大湊空襲 岡崎空襲 岡山大空襲 小田原空襲 各務原空襲 鎌倉空襲 川崎大空襲 岐阜空襲 京都空襲熊谷空襲 高知大空襲 甲府空襲 神戸空襲 神戸大空襲 小倉空襲 佐世保大空襲 静岡大空襲 島田空襲 仙台空襲 大山口列車空襲事件 台北大空襲 平空襲 高松空襲 多治見駅列車空襲事件 筑紫駅列車空襲事件 千葉空襲 銚子空襲 津空襲 土崎空襲 敦賀空襲 東京大空襲 徳島大空襲 富山大空襲 豊川空襲 豊橋空襲 長岡空襲 那賀川鉄橋空襲 長野空襲 名古屋大空襲 奈良空襲 沼津大空襲 八王子空襲 浜田空襲 浜松空襲 バンコク空襲 彦根空襲日立空襲 姫路空襲 平塚空襲 福井空襲 福岡大空襲 福山大空襲 藤沢空襲 北海道空襲 保戸島空襲 水島空襲 水戸空襲 八幡空襲 横須賀空襲 横浜大空襲 四日市空襲 米子空襲 和歌山大空襲

    本土決戦
    決号作戦 ダウンフォール作戦

    その他の戦い
    ストラグル作戦 あ号作戦 インメイト作戦 オンボード作戦 釜石艦砲射撃 カラーコード戦争計画 ガルヴァニック作戦 キング ツー作戦 グラティテュード作戦 剣号作戦 遣独潜水艦作戦 交換船 コースト・ウォッチャーズ サファイス作戦 新ゼット号作戦 新竹空襲 西亜作戦 タイ王国進駐 竜巻作戦 丹作戦 レンティル作戦 トランサム作戦 トランスポート作戦 ナボイの戦い ニイハウ島事件 ニコルス飛行場 日系人の強制収容 クリスマス島占領 パステル作戦 ペダル作戦 マダガスカルの戦い マタドール作戦 室蘭艦砲射撃 明号作戦 メリディアン作戦 柳船 雄作戦 ロブソン作戦 ワード号事件 タイ・フランス領インドシナ紛争燼滅作戦 スカベンジャー作戦 ストラグル作戦 野島崎沖海戦

    アメリカ及び欧米欧州諸国に対してこんなに戦った国はアジアにはない!
    日本は負けたが、大東亜戦争の影響でフィリピンは1946年に独立、インドは1947年に独立、ミャンマーは1948年に独立、スリランカは1948年に独立、ラオスは1949年に独立、インドネシアは独立戦争を経て1949年に独立、カンボジアは1953年に独立、マレーシアは1957年に独立、ベトナムはベトナム戦争を経て1976年に独立、その他の国々もそれぞれ独立することが出来た!
    大日本帝国万歳!
    天皇陛下万歳!
    [ 2014/06/08 00:28 ] [ 編集 ]
  68. 戦史追いかけると海軍の無能っぷりが嫌になってくる
    最後の方に出てくる米機動部隊を海軍が殲滅したとする
    台湾沖航空戦なんかその極致

    騙されたのは陸軍、満州から虎の子の第一師団を
    フィリピンルソン島に派遣
    そこには殲滅された筈の米機動部隊が・・・・

    出鱈目を伝える所謂大本営発表は
    大本営「海軍部」発表なんだって此処で気がつく

    そう日本の防諜能力って国外じゃなく
    国内には如何なく発揮されてました
    [ 2014/06/08 00:29 ] [ 編集 ]
  69. >>64、65
    建前としてはそれでいいんだけど
    それならもっとやれたんじゃないかって話だろ
    日本軍も十分腐ってたところがあるだけ
    [ 2014/06/08 00:30 ] [ 編集 ]
  70. そもそも日本は勝つ事が目的じゃなくて、アメリカの戦意を削いで五分五分の和平に持ち込む事だったんだけどね。
    [ 2014/06/08 00:36 ] [ 編集 ]
  71. >>57
    南雲の決断力がなかったという感じだろうか。
    そもそも索敵して空母が見つからなかったのに敵空母が見つかった時点で
    待ち伏せされていたことに気がつくべきだった。

    待ち伏せされたことに気がつけば、陸上爆弾を搭載したまま飛行機を発進させるべきだった。
    敵空母の飛行甲板に穴くらいは開けられたはず。
    敵空母の飛行甲板に穴が開けば戦闘継続が困難になって、少なくとも引き分けに持ち込めた。
    [ 2014/06/08 00:36 ] [ 編集 ]
  72. ※62
    戦力差あるように見えるが艦艇の大半は後方待機で戦闘に参加してない
    実際に戦ってる戦力はほぼ互角
    [ 2014/06/08 00:38 ] [ 編集 ]
  73. いや。山本さんはなんだかんだ言いながら、手塩にかけた機動部隊

    がどこまで戦えるか試したくてうずうずしてたんです。
    [ 2014/06/08 00:39 ] [ 編集 ]
  74. 勝つとは目的を達成すること。負けるとは現状より不利になったり滅亡したりすること。勝てないのは仕方ないが戦争は絶対に負けてはいけない。
    [ 2014/06/08 00:39 ] [ 編集 ]
  75. アリューシャン作戦に軽空母を割いたこと。翔鶴、瑞鶴の補充を待たず
    作戦を強行したこと。現地部隊に島の攻略と空母殲滅のどちらかを優先
    させるか徹底しなかったこと。
    すべては東京空襲にパニックになった大本営が準備不足のまま作戦強行したせい。
    [ 2014/06/08 00:43 ] [ 編集 ]
  76. 戦いに対する本気度の違いだな。
    アメリカは絶対に負けられない戦いとして当時注ぎ込める全力を投入したが、
    日本海軍上層部は慢心して相手が世界最強の軍事大国である事を忘れてしまい、
    ピクニック気分で出兵した。
    [ 2014/06/08 00:46 ] [ 編集 ]
  77. ※73
    当初の作戦要綱である対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案では
    先ずは英蘭を太平洋から駆逐して、出来うる限りアメリカは刺激しないで
    放っておき、アメリカの反戦ムードを維持せしめるって会議決定だったのに

    山本五十六等海軍がアメリカに殴りこみかけた

    [ 2014/06/08 00:48 ] [ 編集 ]
  78. 当時米海軍も艦載機搭乗員が払底していてサラトガの戦闘部隊を引っこ抜いてミッドウエーに投入していた。まさにに背水の陣。
    [ 2014/06/08 00:51 ] [ 編集 ]
  79. 京都奈良は歴史遺産が多いので空襲のターゲットにならなかったというデマが飛んでるが、京都は原爆の第一目標だったんだろ?(奈良は軍事施設も人口も少なかった)。なのに京都を吹っ飛ばせば日本人がブチギレてソ連に走るからという理由で広島になった。個人的な下衆の勘ぐりなんだが、これ、アメリカに情報送った公家がいる気がしてならない。
    [ 2014/06/08 00:52 ] [ 編集 ]
  80. >>72
    どんな言い訳だよそれ
    [ 2014/06/08 00:58 ] [ 編集 ]
  81. なんか日本に理解あるコメントばっかで逆に怖いわ
    [ 2014/06/08 00:59 ] [ 編集 ]
  82. 机上演習で敗北の兆候が見えても「米軍の練度がこんなに高いわけがない。やり直し」とかやってきた日本側。
    「暗号解読でミッドウェーが攻められる日時がわかった?自分らが死ぬ日時がわかったところでどうしろというのだ!?」と悪態をつきながら、劣勢を承知で最善の準備を重ね、本番ではミッドウェーの守備かなぐり捨てて全力で空母機動部隊を叩くギャンブルに出た米側。

    全力を尽くした側に奇跡は起きた。それだけのことなんだよなぁ。
    [ 2014/06/08 01:01 ] [ 編集 ]
  83. わざと負けたんだろ、日本で共産主義革命
    起こすために敗戦が必要だったんだろ。
    [ 2014/06/08 01:03 ] [ 編集 ]
  84. ミッドウェーでは日米双方とも間抜けなミスをした。敵失を生かせなかった日本と、生かしきったアメリカの違い。まあ、戦争なんだから当然、目隠しで殴りあうようなもんだわな。
    [ 2014/06/08 01:04 ] [ 編集 ]
  85. 日系二世についてはそれは既に米国の人的資源なんだから
    米国が十分にいかようにも活用するものだから日本としては米国に賛辞を贈ることはあれども非難することはない
    [ 2014/06/08 01:05 ] [ 編集 ]
  86. ■ そもそもアメリカは何で日本に対して禁輸措置を取ってたんだ?
    ■ 基本的に制裁を使って日本を戦争に引き込んだのはアメリカだからな。

    真実を語ってるアメリカが結構いてワロタ。
    [ 2014/06/08 01:08 ] [ 編集 ]
  87. 中国は民兵の国
    日本は戦士の国
    アメリカは政治家の国

    戦士は民兵より強いが政治家は政治力で大局で戦士を上回る。
    日本は現場で実際に戦う戦士は強いが、指揮を執るリーダー達が弱い。対してアメリカは現場の兵士は日本兵より劣るが、指揮を執るリーダー達が優れている。だから負ける。
    例えるならスティーブ・ジョブスに負けるソニー社員14万人みたいな感じ。
    [ 2014/06/08 01:11 ] [ 編集 ]
  88. >日本の戦力:航空母艦6 戦艦11 重巡洋艦10 軽巡洋艦6 駆逐艦53他

    はるか後方にいた艦まで勘定に入れるなよ。
    4空母の近くにいた戦艦なんて榛名と霧島だけだろ。
    [ 2014/06/08 01:16 ] [ 編集 ]
  89. 自分の民族の出がどこであっても、自分がそこに住み続けたいと思う限りは生まれ育った国に忠誠を誓うのは本来当然の事なんだが、何代経ってもそれを理解できない連中がいるんだよねぇ

    それと、日本はアメリカに勝てないのは最初からわかっていた事
    それでも殴り返してからじゃないと、相手がまるで聞く耳を持たない事もわかっていた
    アメリカに刃向かった日本を青臭いガキの世界観で哂うのは簡単だが、刃向かわずにいたらどうなったかを考えてみるべきだなw
    [ 2014/06/08 01:18 ] [ 編集 ]
  90. 日本がジェネラリスト欠乏症なのは昔っからだよな。
    だから信長タイプが希少なわけで。
    変態レベルの将兵は昔っから結構いるんだが…
    [ 2014/06/08 01:20 ] [ 編集 ]
  91. ミッドウェーは水不足らしいぜ。プププ...
    [ 2014/06/08 01:22 ] [ 編集 ]
  92. 負けても良かったと思ってしまうのは
    誰のための戦争だったのか国民は未だに理解出来ないからだ
    誰が何の目的で戦争をしたのか
    そこをハッキリさせる必要があるのに、曖昧なままだ
    一部の金持ちの為の戦争だった。くだらん。
    [ 2014/06/08 01:23 ] [ 編集 ]
  93. >65
    名誉ある撤退って言葉あってだな…
    長崎事件って知ってるか?
    1886年の出来事でな、清国の水兵が長崎で乱暴狼藉働いた事件だったんだが、
    清側はこれを認めず、日本が嘘をついてるって逆に賠償金要求したんだよ
    この頃の清国はアジア1の強国でな、北洋艦隊は敵なしとまで言われてた
    日本に清国と戦争するだけの国力はなく、この要求を受け入れざるをえなかった
    それから臥薪嘗胆で富国強兵頑張って、8年後の日清戦争で日本は雪辱を果たす

    時には引くことも大事
    [ 2014/06/08 01:23 ] [ 編集 ]
  94. もも
    ミッドウェーで勝ってればハワイを制圧し
    アメリカ本土西海岸の軍事拠点、工場、パナマ運河の破壊

    それで講和が成立してたかもね
    [ 2014/06/08 01:23 ] [ 編集 ]
  95. インドネシアの人
    ありがとう

    何で戦艦は空母と共に進まなかったのだろうか
    しかしミッドウェーは酷い負け方だよね
    [ 2014/06/08 01:27 ] [ 編集 ]
  96. 負けた理由って、そりゃ単純に日本人がバカだからだろ 技術力を生かせない ただそれだけのこと
    [ 2014/06/08 01:29 ] [ 編集 ]
  97. 明治のエリートと
    昭和の受験エリートを比較してもな

    今も臥薪嘗胆で富国強兵をすべき時なのに
    [ 2014/06/08 01:30 ] [ 編集 ]
  98. 昔は強かったんだよぉ。世界を闊歩するイスパニアが日本と戦っても勝ち目ナシって言うぐらい
    [ 2014/06/08 01:31 ] [ 編集 ]
  99. シナ大陸でもう少し我慢すべきだったと思うわ
    コミンテルンの工作に嵌められすぎ
    満州をしっかり守ればいいだけだった
    [ 2014/06/08 01:32 ] [ 編集 ]
  100. 負けるのがわかっていても戦争をするしかなかったんだ。
    今のウクライナ軍兵士がインタビューで、「ロシアに負けるかもしれないが守るしかない」と言っていた。
    そのインタビューを見て戦時中の日本兵士と同じような気持ちなんだろうなと個人的に考えた。
    [ 2014/06/08 01:33 ] [ 編集 ]
  101. お題の割には中韓の工作員が少ないね。
    管理人さんが翻訳しなかったのかな?
    [ 2014/06/08 01:34 ] [ 編集 ]
  102. >100
    >負けるのがわかっていても戦争をするしかなかったんだ。

    今までの出来事を評価するなら、それでもいい
    でも、これからを決める時にその考えは捨てるべき
    滅んでしまえば元も子もない
    でも、存続してさえいれば反撃のチャンスはある
    [ 2014/06/08 01:37 ] [ 編集 ]
  103. 東南アジアでも硫黄島の戦いみたいな戦いをやるべきだった
    やはり日本は優秀な将軍が少なかったのか
    [ 2014/06/08 01:38 ] [ 編集 ]
  104. 優秀な戦略家がいないんじゃなくて日本人全体が戦略を考えるのが苦手なんだよ
    [ 2014/06/08 01:41 ] [ 編集 ]
  105. ■ そもそもアメリカは何で日本に対して禁輸措置を取ってたんだ? 
      あっ、もしかして戦争を起こすためじゃ……。 アメリカ

    正解
    戦争って経済にとって最高のカンフル剤なのよねー
    [ 2014/06/08 01:42 ] [ 編集 ]
  106. 日本でまともに戦史を教えてないから
    評価不能の陥ってるんだよ

    たとえば一般の日本人は信長の戦いなんかは
    桶狭間から本能寺まで通史で知りぬいてるが

    桶狭間と叡山攻めと一向一揆殲滅、
    本能寺炎上しか取り上げられない信長を考えるといい

    信長評価不能だろ
    [ 2014/06/08 01:43 ] [ 編集 ]
  107. 今でも思うけど、米国人は日本人よりシナ人を好むんだと
    ナチスのいた欧州戦線はともかく
    日本と戦争したのは、中国を建国するためとしか考えられないわ
    [ 2014/06/08 01:51 ] [ 編集 ]
  108. 勝ちたかった
    [ 2014/06/08 01:52 ] [ 編集 ]
  109. ニミッツの言うとおり情報戦に負けていたのと、
    戦力が優勢なのに奇襲したからだろう
    まぁ勝っても終戦が数か月延びただけに終わるんだがね
    [ 2014/06/08 01:56 ] [ 編集 ]
  110. 新しいおもちゃの威力を試したくて、世界中が戦争に明け暮れてた狂気の時代だな。
    [ 2014/06/08 01:57 ] [ 編集 ]
  111. ミッドウェーに勝って、アメリカの喉元に喰い付くことができる状態になっていたら、
    早期の講和が可能だったのだろうか。
    [ 2014/06/08 01:59 ] [ 編集 ]
  112. 好きな奴が少ないんだよな。戦国時代とかは時が経ってるし、陰謀とか虐殺とか、まぁそういうこともあるよね程度だが、近世後期以降は、創作にしろやたらジメジメしてるし、変な反戦団体や人権団体もやかましいしで。あとガンダムの富野も言っていたが、やはり負けた歴史は単純に面白くない。面白くないと、学ぶ人数の裾野が減る。
    [ 2014/06/08 02:01 ] [ 編集 ]
  113. 講和は無理だろうね
    ルーズベルトは日本人をこの世から消したかったんだから
    [ 2014/06/08 02:02 ] [ 編集 ]
  114. 反日待ったなし
    やばいやばいよ。

    アンジェリーナジョリーまでが、反日映画を制作してる。
    中韓米のプロパガンダで、世界中から日本が嫌われる日も遠くない。

    映画「アンブロークン」はノンフィクションつまり真実とされている。
    日本には食人の風習があると・・
    今年、捏造が事実として世界に広まります。
    [ 2014/06/08 02:04 ] [ 編集 ]
  115. 南雲って真珠湾でも反復攻撃の進言を却下して敵空母を取り逃がすし。
    ミッドウェイでは攻撃方法で腹が座らず右往左往するし。
    帝国海軍の鳩山かよ。
    [ 2014/06/08 02:05 ] [ 編集 ]
  116. >日本には食人の風習があると・・

    第二代スメラミコトは人喰ってたらしいけどなw
    [ 2014/06/08 02:06 ] [ 編集 ]
  117. 暗号云々言われてるけど、ミッドウェーってアメリカの機動部隊を誘き寄せて撃破する、ってのが目的だったんだから、暗号解読して出てきてくれないと不味いはずなんだが…

    あと、もしミッドウェーで結果が逆になった場合、太平洋のアメリカ海軍は壊滅ということになる、日本海軍は戦力を維持する訳だ。
    史実の出し惜しみ病は発病しないし、ガダルカナルの消耗戦も発生しないし、米豪遮断はたぶん出来るから上手くすればオーストラリアは単独講和、それが無理でも通商破壊戦が限定的になる。

    なので、輸送船や護衛艦の損耗は抑えられるから正面戦力に資源を割ける、さらにガダルカナルの消耗戦がないので、熟練工を戦地に送るような状況にもならないから、例えば誉エンジンの悲劇、つまり粗製乱造で期待の新型エンジンがまともに動かない、なんて事もならない。

    アメリカはハワイ失陥は想定していたようだが、まぁミッドウェーで日本が大勝していたらハワイは守りきれないわな。
    そうなると、次は日本軍の西海岸への上陸ってのを想定しなきゃならんから、ドイツ方面への戦力投入やソ連への援助は史実通りにはならないだろう。
    日本軍にそれだけの余力があるかは微妙だが…

    ミッドウェー当時はアメリカは戦意喪失状態だし、アメリカの物量作戦がモロに影響するのは昭和19年前後くらいからだから、ハワイ失陥→昭和17年~18年で講和ってのはあり得たと俺は思う。
    [ 2014/06/08 02:09 ] [ 編集 ]
  118. 八木アンテナの重要性を日本の上層部が理解していなかったって聞いたことがあるけど
    [ 2014/06/08 02:13 ] [ 編集 ]
  119. なんだと?。アンジェリーナジョリーめ。嫌いじゃなかったが、今日から唇オバケって呼んでやる。
    [ 2014/06/08 02:16 ] [ 編集 ]
  120. こういう話題見るたび過去の事より今の問題に目を向けるべきだなーって再認識させられるわ
    [ 2014/06/08 02:17 ] [ 編集 ]
  121. くだらねえな
    どいつもこいつも小さい島国相手に何言ってんだか(笑)
    [ 2014/06/08 02:20 ] [ 編集 ]
  122. つまりあれだろ
    たたかわなきゃいけない戦争があったとして
    それなら指揮官諸々有能じゃなきゃ駄目だろって話
    愛国者さん達は負けるとわかっていてもした戦争で思考停止してるから
    やたらそれを連呼してる気がする
    [ 2014/06/08 02:22 ] [ 編集 ]
  123. D暗号はミッドウェーの時点では解読されてない。
    これは書いておこうと思う。


    何せ、当時の担当者と最近の調査結果(太平洋の試練)にて、一次資料がそれを示している故に。
    [ 2014/06/08 02:24 ] [ 編集 ]
  124. 世界大戦というのは元寇のときのように我は・・と名乗ったり日本のしきたりでやってる間に弓矢を放たれるような感じで正々堂々ではないのだよな 如何にサイコパスに合理的に無慈悲に合法的武力攻撃ができるかだよな
    [ 2014/06/08 02:31 ] [ 編集 ]
  125. >122
    なんで国を愛していることを馬鹿にするの?
    国を愛してない歪んだサヨクがいるのは日本だけだよ。
    [ 2014/06/08 02:32 ] [ 編集 ]
  126. いやいや、モンゴル(高麗だが)相手でも基本そうだぜ?
    感覚を研ぎ澄ましてターゲットとの感覚さぐれ♪
    必要なもんは勝つプライドォォ♪

    だぜ。
    [ 2014/06/08 02:34 ] [ 編集 ]
  127. う゛!
    衝動は抑えたまんまターゲットとの間隔さぐれ♪

    だった
    [ 2014/06/08 02:40 ] [ 編集 ]
  128. 機動部隊で殴り合い、ジャングルの中を駆けずりまわり、原爆まで落として戦った国が今や同盟国だからな
    みんなこんな風になればいいんだが
    [ 2014/06/08 02:41 ] [ 編集 ]
  129. エモやん「ベンチがアホやから野球がでけへん」
    [ 2014/06/08 02:42 ] [ 編集 ]
  130. 日本人なのに日本を愛していない人とかいないだろう 
    国籍だけ日本という人はいるかもしれないが
    [ 2014/06/08 02:43 ] [ 編集 ]
  131. 56から偵察機パイロットにオーダー66が発令されたんだよ
    [ 2014/06/08 02:43 ] [ 編集 ]
  132. スレタイがアホなせいで、コメントが伸びるだろう。
    が、管理人の卑しさが露になったな。
    [ 2014/06/08 02:46 ] [ 編集 ]
  133. 日本には戦力があったし開戦前はアメリカが攻めてきたら撃退する戦略もあったんだから
    日本からは開戦せず
    日本周辺と中国沿岸に展開して
    大陸の資源開発に力を注いでれば
    アメリカ海軍は全ての戦闘を太平洋を越えてから行うはめになって苦労したろうね
    B-29がきたらどうしようもないけど
    [ 2014/06/08 02:48 ] [ 編集 ]
  134. 日本はミッドウェイ直前にも講和のタイミングを打診してたからなぁ
    日本は米国が叩き潰す自信があったことに気づけなかった
    日本はミスをカバーできるほど国力がなかったしな…
    昔は昔だ。次はどうすべきかの教訓だわ
    両国の亡くなった兵士に敬服する。
    [ 2014/06/08 02:55 ] [ 編集 ]
  135. 日清日露と上手く行き過ぎたからな
    どこかで講和できると考えていたんだろう
    甘すぎた

    ルーズベルト、ユダヤ、コミンテルンの戦争目的を
    日本人は知らなかった
    [ 2014/06/08 02:58 ] [ 編集 ]
  136. 元J官やけど今はJ隊でもちゃんと軍事教えてるから
    士気高揚や(まぁ無いけど)戦後統治に精神論は用いても、
    精神論で戦うことはないわ多分

    渾身の~ポーカーフェ~イス
    キメて仕掛けるよ~イリュージョ~ンの世界へ
    引きずり込んで~

    ゴールデンタイムラバーの歌詞はいいな。
    [ 2014/06/08 03:00 ] [ 編集 ]
  137. 日本の軍人が八木アンテナ知らなかったってんだからそりゃ負けるわ
    [ 2014/06/08 03:13 ] [ 編集 ]
  138. 米135
    日本は目の前の戦いに奔走してたが
    他国は自国のみでは負けると思い
    戦争中でも外交努力を欠かさなかったということかね
    ww2でえっ米も参戦すんの??みたいに突然なって太平洋戦争に巻き込まれたが今やそういう突然強国が参戦するってのはないわな
    何につけても理念もって戦争してる奴が勝ったらその考えを押し付けられるっていうめんどいことに巻き込まれたくないから他国は結託するんだと思う
    いつも時代にも戦争で支持されるのが自由を勝ち取るっていう理念が指示される
    [ 2014/06/08 03:17 ] [ 編集 ]
  139. 日本が勝つには甲子園優勝でありトーナメント全勝
    アメリカが勝つ条件は時間切れ引き分けチャンピオン側勝利
    それくらいの難易度の差があったのは事実
    で、勝敗が明らかになった後も大陸では別に負けていない陸軍と
    自らの出したスローガンのせいで引くに引けない大本営
    人種差別的発想から日本人殺害になんの痛痒も感じない
    アメリカ上層部が日本を徹底的に破壊してしまうまでやった結果が
    1945年8月まで続く戦いとなったわけだ
    [ 2014/06/08 03:20 ] [ 編集 ]
  140. >いつも時代にも戦争で支持されるのが自由を勝ち取るっていう理念が指示される

    特に西洋はそれ強いわな。日本国内の大義名分は基本的に正統か否かだったな。
    [ 2014/06/08 03:26 ] [ 編集 ]
  141. >日本は、「暗号は複雑で誰にも解読出来ない」って考えてたんだ

    以外に知られて無いことだが米軍は終戦まで日本陸軍の暗号は解読できずにいた
    そして陸軍は海軍に暗号が解読されているのではと伝えてもいた
    そもそも海軍の暗号が解読されたのはドイツのエニグマが鹵獲され解読されそれが米国に伝えられたことが主要因
    海軍の暗号器はエニグマの小改良版だったからね
    [ 2014/06/08 03:28 ] [ 編集 ]
  142. もちろん、ちんぷんかんぷんだお
    [ 2014/06/08 03:38 ] [ 編集 ]
  143. 政治家は、どーでもいいこたぁないが、どーでもいい。官僚に売国分子が紛れ込んでいるのはヒジョ~にマズい。
    [ 2014/06/08 03:42 ] [ 編集 ]
  144. ミッドウェーで仮に日本勝っててもアメリカはまだ三回はやり直せる物量だったがな
    日本のチャンスは一回のみ
    [ 2014/06/08 03:45 ] [ 編集 ]
  145. 今シナ韓国がやってる反日プロパガンダ 
    いったいどうすれば勝てるんだ
    日本国内にもスパイがたくさんいるのに

    日本に食人の慣習ってwww
    まあクジラとイルカを食ってるからしかたないか
    [ 2014/06/08 03:46 ] [ 編集 ]
  146. 戦う相手を間違えてたのはアメリカ。
    戦後の歴史が証明している。
    [ 2014/06/08 03:46 ] [ 編集 ]
  147. そもそも日本は難易度の高い上級者向け。根本的にムリゲー。
    だがしかしピーキーではあるが、ポテンシャルは決して低くはない。
    俺も修行するわ。
    [ 2014/06/08 03:49 ] [ 編集 ]
  148. ※117
    ミッドウェー海戦の目的が米機動艦隊の捕捉殲滅にあったというのは仰せの通り。
    ただ、司令官の南雲中将が水雷科出身ということもあったせいか、そのことを充分
    理解してなかった節があると聞いた。本当なら山本長官自ら、厳命という形ででも
    「ミッドウェー島攻略というのはあくまでも釣り餌で本命は米機動艦隊だ」という
    ことを徹底させなければいけなかったんだけど、さすがにそれは中将のメンツを潰
    すことになるから遠慮したらしい。
    でも徹底しなかったせいで、例の航空兵装転換のどたばたからの正規空母3隻+航
    空機の喪失という敗因の1つになったのは痛いよね。
    [ 2014/06/08 03:53 ] [ 編集 ]
  149. 日本側の難易度は日本のみ「金」「銀」「桂馬」使用禁止時間制限つきで将棋勝つぐらいの難易度
    [ 2014/06/08 03:54 ] [ 編集 ]
  150. 民主制とはいえ、日本のゼネラリスト(政治家のことね)はオワってるからな。
    それこそ信長がいればほとんど追放モンw
    田母神のおっさんみたいな、どちらかといえばスペシャリストのほうがまだ大局眼あるとかどゆことよ?
    もうゼネラリストより大局眼のスペシャリストを育成したほうが早いような…
    [ 2014/06/08 03:59 ] [ 編集 ]
  151. 米149
    だったら米国内に奇襲して米国内でゲリラ作戦して戦力分散させればよかったのか
    FPSで敵陣基地に奇襲いくようにさ
    [ 2014/06/08 04:02 ] [ 編集 ]
  152. ぼうやだからさ
    [ 2014/06/08 04:07 ] [ 編集 ]
  153. ミッドウェイで勝ってればハワイは獲れただろう。
    でも、西海岸に上陸ってのは無理だろうね。船も兵力も足りない。
    しかし、シスコやロスを空爆することは可能だったろう。
    そこでアメリカ国民がパニックに陥り、ルーズベルトが失脚して講和に...。
    ってな甘~い幻想を持っていたんだと思うよ、帝国海軍首脳部は。
    一般的なイメージと違って、陸軍の方が現実的思考回路を持っていたんだよね。
    [ 2014/06/08 04:15 ] [ 編集 ]
  154. だって地に足ついてるから

    おあとがよろしいようで
    [ 2014/06/08 04:19 ] [ 編集 ]
  155. 真珠湾攻撃も筒抜けだったしなぁ
    [ 2014/06/08 05:35 ] [ 編集 ]
  156. 情報戦に弱いのは、この時代から今も変わらんよなぁ。
    この面では常に小競り合いだし、中韓とは既に戦争も同じ状態だってのに。
    いつも後手に回る割に危機感が無い。
    [ 2014/06/08 05:45 ] [ 編集 ]
  157. 日本が世界征服を考えてたってw お前らに言われたくないわw
    [ 2014/06/08 05:49 ] [ 編集 ]
  158. この戦いに負けたことで、大日本帝国の滅亡は決定づけられた。
    [ 2014/06/08 05:52 ] [ 編集 ]
  159. 日本世界征服論の田中上奏文なんてロシアすらすぐに上奏文でも何でもない怪文書って認めたのに
    アメリカじゃ大ベストセラーになって今でも信じてるアホがいるからな
    [ 2014/06/08 05:53 ] [ 編集 ]
  160. >あの時代の人たちってスゲーよな。
      どうやったらこんな物凄い戦闘を4年間の内に何度も出来るんだ。 アメリカ  
    これが今回のMVPやな

    にほんがかちすすめたのもあめりかにまけちゃったのもかいぐんのせいだってせんせーがいってたよ
    [ 2014/06/08 06:19 ] [ 編集 ]
  161. 仮にミッドウェイで日本が勝っていても米国としては大西洋の部隊持ってきて日本を牽制しつつ潜水艦による通商破壊に力を入れて新空母大増産の成果が出るまで凌ぐだろな。終戦がやや遅れる程度だわ。
    [ 2014/06/08 06:32 ] [ 編集 ]
  162. 日本人だって別に中国、朝鮮人となんもかわらんよ。みんなそれぞれに別な部分が馬鹿なだけだ。今でも日本はハード面は整えてくるけどソフトが弱い。ハードがなまじしっかり作り上げるだけに覆い隠されてしまうのかもしれん。柔軟性、対応性に欠けてとりあえずやっとけで夜襲、奇襲。なんも変わってないよ。芸が無い。
    [ 2014/06/08 06:40 ] [ 編集 ]
  163. 戦争を思い返せば本当にいろいろ反省が出てくる。大東亜戦争は言うに及ばず、日清戦争しかり、日露戦争しかり。その教訓を国家も国民も現代に生かせるかどうか。賢くなろう。戦争はそう遠い話じゃない。
    [ 2014/06/08 06:47 ] [ 編集 ]
  164. ぬこさま
    在米日本人はアメリカの文化や価値観を受け入れアメリカ国民になりました。

    移民とは受け入れた国そのものになるということです。
    故に在米日本人がアメリカ国民として日本の情報を提供するのは当然です。

    ですが日本の在日韓国人ときたら日本の文化や価値観を拒否します。
    そして日本人が震災でなくなると在日韓国人と左翼は大喜びします。

    朝鮮教育は犯罪教育なので「在日」「左翼」っという枠組みでなく、「朝鮮教育を受けた危険人物」っという区別で別けるのがふさわしいと思います。




    [ 2014/06/08 06:49 ] [ 編集 ]
  165. 真珠湾とミッドウェーの作戦に関しては山本五十六が糞過ぎた。
    其の前の国家戦略は政治家や官僚も糞だったが。
    [ 2014/06/08 06:50 ] [ 編集 ]
  166. 日本人の多くは戦後の情報操作で「大日本帝国軍の陸軍は~海軍は~」って感じのマイナスのイメージを植えつけられているからなぁ…
    典型的なのが「零戦は紙装甲」「大日本帝国の戦闘機は紙装甲」ってのがあるけど、零戦などの大日本帝国軍の戦闘機に乗っているパイロットが死傷するような被弾を受ければイギリスのスピットファイアでもドイツのメッサーシュミットでも撃墜される。
    ヨーロッパ戦線は両陣営が近い陸上戦がメインだったから機体の調子が悪かったりパイロットの体調が悪かったりすると自陣側に戻って撃墜扱いで着陸していた。
    だからヨーロッパ戦線の陸上戦では撃墜された機数に対して生還したパイロット数が多く損耗率が低いんだけど、ヨーロッパ戦線でも海上をメインとした航空戦では大日本帝国と損耗率は同じくらいだったんだよな。
    [ 2014/06/08 07:02 ] [ 編集 ]
  167. ※102
    勝てないからって戦うこともしないで他国に跪く国がどういう扱いを受けるか歴史を勉強すればわかるだろ
    戦争は必要だったよ
    命が何よりも大事と盲目的に信じるのはやめろ
    自分の子供や孫の世代の命の尊厳が踏みにじられて惨めに生きるのを見て命があって良かったなんて言えるものか
    [ 2014/06/08 07:05 ] [ 編集 ]
  168. 連合国軍の名将山本五十六大元帥様のおかげでアメ公は勝てたんだよな
    [ 2014/06/08 07:14 ] [ 編集 ]
  169. それにしてもGHQはほんとうまくやったよな。

    単純に前後の世界史考えれば、終戦後には白人vsアジア人の世界に突入するのが必然だったのに、アジア全土でアカ狩りやって、アジア人同士憎しみ合う構図作って、平和憲法、日教組、共産党等様々な鎖を作った上で頭押さえつけ、尚且つ日本の発展によってアジアのコントロールを手にしたわけだしな。

    大局で考えるとほんと当時のアメリカは頭いいな。
    [ 2014/06/08 07:22 ] [ 編集 ]
  170.  
    日系人はどうしようもねーなーw
    [ 2014/06/08 07:24 ] [ 編集 ]
  171. アメリカは国の歴史も浅いし、国是が「勝利者が正義」だからな。とはいえ、「勝つには合理的である必要がある。よって勝った者は合理的である。」
    よって、保守政党が勝つ=進化論は誤り という変な非合理性もある。
    まあ、日本が勝てないことは、開戦半年前の登戸でのシミュレーションで軍トップのほとんどが知ってたしね。
    [ 2014/06/08 07:33 ] [ 編集 ]
  172. なぜ負けたか知りたきゃミッドウェー作戦に参加され現在も御生存されてる元零戦パイロットであった、
    原田要さんの著書『わが誇りの零戦』を読むといいです
    [ 2014/06/08 07:40 ] [ 編集 ]
  173. 情報は読まれてたけど、戦闘が始まってしばらくは日本優勢だったんだよな。
    とにかくアメリカの攻撃隊はことごとく迎撃され日本艦隊に肉薄できない。
    アメリカの偵察機の執念が実ったっていうのが実際のところ。
    最後は意気込みの違いな気がする。
    あとは南雲の采配の拙さ。
    [ 2014/06/08 07:42 ] [ 編集 ]
  174. 北方に出した陽動が完全にハズレだったあたり、やっぱり情報漏れてたんだろうなぁ・・・
    [ 2014/06/08 07:51 ] [ 編集 ]
  175. >それはつまり、カリフォルニアへの空襲を意味するんだ。


    もし日本が勝ってカリフォルニアに空襲したとしても、アメリカ人のように一般民家の密集地に絨毯爆撃とか考えないよ。
    軍関係を狙うでしょうよ。
    [ 2014/06/08 08:05 ] [ 編集 ]
  176. 先攻逃げ切り勝ちで講和が叶っても、拡大したアジアの問題を一手に引き受けて疲弊したところを共産勢力に襲われて、史実よりひどいことになっていたかなぁ・・・とは思う。

    それはそれとしてやはり悔しいので
    多聞さんに機動部隊を任せていればなあぁっ・・・とも思う。
    [ 2014/06/08 08:11 ] [ 編集 ]
  177. なんでもそうだが、終わり方、終え方って難しいな。
    100取らずに、60、70で撃ち方止めにするかの判断。
    シンガポール攻略あたりでイギリス巻きこんで講和のセンは
    なかったのか。民族性なのかとことんまでやっちゃった感じ。
    コメにもあるが、結果としてアジア、アフリカ各国の独立に
    つながったのは日本が永遠の大義に生きた国として、御霊に
    ご報告できると思う。
    [ 2014/06/08 08:17 ] [ 編集 ]
  178. 日本も馬鹿だけどアメリカもソ連やイギリスの謀略にまんまと乗った馬鹿だよ
    そのツケが現在のロシアと中国と朝鮮の横暴
    [ 2014/06/08 08:24 ] [ 編集 ]
  179. タイキック
    ほんと日本ってどっから資源やら金集めたをだろ、アメリカ、中国、世界各国と戦うだけの戦力準備しようとしたらあり得ない軍自費とか資源いるのに今考えたらスゲーわwしかも戦後あれだけ日本クチャクチャになって一瞬で世界屈指の経済大国に、、日本スゲーよ、
    [ 2014/06/08 08:33 ] [ 編集 ]
  180. 書き忘れたが今から提督の決断やってくる!もちろん大日本帝国陣で!アメリカボコボコにしてやんよー\(^o^)/たぶん二時間ぐらいでコントローラ投げつけてると思うが頑張ってみる!
    [ 2014/06/08 08:43 ] [ 編集 ]
  181. アメリカに内部にスパイ作れなかったのがでかいんじゃないの
    ソ連はそれをやった、ドイツ日本は出来なかった。
    [ 2014/06/08 08:45 ] [ 編集 ]
  182. 今まさに、
    日本企業という連合艦隊が、経済という戦争で
    歴史から何も学ばずに、おもいっきり慢心して
    沈められまくってます・・・

    おまけに、大本営発表で
    日本はまだ技術立国、経済大国だという事になっています・・・

    そして、国のトップはもうすでに
    負けること前提で移民だの何だの進めています・・・

    やっぱり日本人はどんな時代でも日本人だった。
    歴史どおりで行くと、
    もうじき大和(日本を代表する大企業)が最後の特攻で派手に散って
    一部の地域が特区として占領され、
    でかい爆弾を数発落とされて、終わる。

    公用語が英語になるのか中国語になるのか。
    [ 2014/06/08 08:47 ] [ 編集 ]
  183. たとえこの戦いで日本が順当?に勝ってたとしても、
    毎週1隻空母こしらえるような超大国相手にそう長く持ちこたえられたとは思えん。
    遅かれ早かれ似たような大敗北を喫しただろうな。

    アメリカは何度大敗しても数ヶ月で元気になるが、日本は回復に数年かかる。その数年あればアメリカは戦争に勝利できる。
    あとはもう終わり。
    [ 2014/06/08 08:56 ] [ 編集 ]
  184. 当時の日本は暗号が漏れてるって想定はなかったのかね?
    [ 2014/06/08 09:14 ] [ 編集 ]
  185. 山本元帥閣下殿に尽きるな
    米帝の立場を正当化する口実を与えたパールハーバーも含めて
    [ 2014/06/08 09:17 ] [ 編集 ]

  186. いや、毎週一隻空母を作ったからと言ってそれがすぐに戦力になるわけではない。
    乗組員や艦載機の搭乗員が育たなければね。
    ミッドウェイで勝利して米空母部隊を壊滅させていれば、日本は少なくとも1~2年間、太平洋でフリーハンドで行動できただろう。
    ハワイはかなり難しいがなんとか占領できたと思う。
    オーストラリアやアメリカ本土に侵攻するのは、船舶も兵力も全然足りないので不可能だと思うが、中南米諸国に圧力をかけて枢軸側に参加させ、そこに航空基地を作ってアメリカを戦略爆撃する事はできたかも知れない。
    アメリカの世論に厭戦気分が高まり、条件付きで講和という事態も有り得たかも知れない。
    ま、何にしろミッドウェイの敗戦ですべての可能性は消え去ったわけだが...。
    [ 2014/06/08 09:26 ] [ 編集 ]
  187. 情報は一万の兵にも勝る重要さ持っていると理解できなかったんだからしょうがない。慢心ダメ。絶対
    [ 2014/06/08 09:28 ] [ 編集 ]
  188. >167
    長崎事件

    今、俺らの尊厳って守られてるか?
    めっちゃ侮辱受けてるように思うんだが…
    [ 2014/06/08 09:31 ] [ 編集 ]
  189. 現在の世界体制は戦勝国が主体の国連主義だ。
    日・独・伊は敗戦国だが敗戦の総括をしていないのは日本だけ。

    安倍晋三は靖国参拝で世界に向かって謝罪を拒否した。
    まさに綱渡り状態だ。
    頭の悪いとんでもないヤツが総理になったものだ。
    [ 2014/06/08 09:42 ] [ 編集 ]
  190. >189
    >現在の世界体制は戦勝国が主体の国連主義だ。


    その体制がもう古くなって正当性が無くなりつつあるんだよ、バ~カ。
    [ 2014/06/08 09:46 ] [ 編集 ]
  191. 昔の軍国を夢見るバカ総理安倍晋三。
    [ 2014/06/08 09:47 ] [ 編集 ]
  192. >190
    戦勝国の力が見えんかこのバカ。
    [ 2014/06/08 09:48 ] [ 編集 ]
  193. 言葉や名だけあっても理解・実態が無ければ何の価値も無い
    フリーメーソンとは文字通り「上位者の居ない石工」だよ
    国際統治候補者クラブの自称の意味も理解できないなら
    その名を出しても己の愚鈍しか示せないじゃないか?
    どの国に可能性があり、誰が有能か、分かるはずだ
    「最も優秀なドカタの親方」こそ最終統治者だよ
    国家とは失業対策であり公共事業か戦争で実現する
    古代エジプトでも中国でも第二次大戦=冷戦商売でも
    治水で補給し工場で生産し交通で運搬し設備で売買する
    情報技術とは合衆国=連合国(同じ語だ)を結ぶ連絡網だ
    商売には他者が必要で日本は他者じゃなくなっていたって事

    誰の他者でもない類似混合物なら、それは必要ないんだ
    [ 2014/06/08 09:49 ] [ 編集 ]
  194. >190
    日本が国連の常任理事国になれるわけないだろこのバカ。
    [ 2014/06/08 09:54 ] [ 編集 ]
  195. 情報戦とレーダー技術をもっと重要視していたらもうちょっと変わっていたかもな。
    [ 2014/06/08 10:01 ] [ 編集 ]
  196. 二航戦の多門丸が指揮をとってれば勝てたんだがな。
    海軍は序列人事だから仕方がない。
    [ 2014/06/08 10:11 ] [ 編集 ]
  197. 真珠湾攻撃とミッドウェー海戦はセットだった
    真珠湾攻撃とは、その後の海戦のために相手の戦力をそぐことだった
    狙いはもちろん空母であって戦艦ではなかった
    真珠湾攻撃でアメリカの空母はおらず無傷のままミッドウェー海戦に参戦
    それでも、日本とアメリカの戦力差は互角ではなく
    日本優位であった
    にもかかわらずと言うべきなのだろうか


    [ 2014/06/08 10:16 ] [ 編集 ]
  198. で、国内のマスコミが韓国に間接的に支配されているわけで、
    結局情報戦にも今負けてるわけ。
    [ 2014/06/08 10:18 ] [ 編集 ]
  199. 涙が出そうになる…
    靖国を参拝せねば。
    [ 2014/06/08 10:22 ] [ 編集 ]
  200.  
    根本的に作戦計画が糞すぎる。
    戦力は分散させている、情報はダダ漏れ、装備は定数充足できていない。
    負けても不思議も無い。
    主力4空母の艦載機ですら、本来有るべき予備機も無い状態。
    なのに、軽空母2隻は明後日のアリューシャンに無駄遣いするわ、無意味な戦艦部隊を後方で遊ばせるわ。
    この戦艦部隊の護衛艦を空母部隊に随伴させるだけでも、かなり違う展開になったかもしれん。
    さらに、元々5航戦も出動予定だったのだから、無傷の瑞鶴は出動が当然なのにはずした。
    瑞鶴に翔鶴の残存機を臨時で搭載させることぐらい、やる気があれば余裕で出来たのに手間を惜しんでしなかった。
    現場はがんばったが上層部が糞すぎ。
    [ 2014/06/08 10:41 ] [ 編集 ]
  201. ミッドウェイの敗因として、日本の情報がダダ漏れだったというのは疑問だ。ミッドウェイの頃の日本海軍はアメリカをなめきっていて、ハワイからアメリカの機動部隊が出てくることはむしろ望んでいた。ミッドウェイ攻略は、いずれハワイ攻略、アメリカ本土西海岸攻略、アメリカを講和の席へ引きずり出すという戦略の一環だった訳で、もしアメリカの機動部隊が出てきたらこれを撃滅。アメリカが立ち直る前に一挙にハワイを攻略しようと思っていた(機動部隊は空母があるだけでは編成できない。搭乗員の養成に時間がかかる)。

    だから、ミッドウェイの攻略も真珠湾奇襲のような秘匿工作が行われず、出撃は呉の芸者でも知っていたと言われる。日本海軍としては、逃げ回っているアメリカ太平洋艦隊の残存部隊を一気に叩けるチャンスぐらいに思っていた。だからこそ速度の遅い戦艦部隊を置き去りにしてミッドウェイに突撃して行った。アメリカの勝利は、アメリカ自身が認めるように、天佑としか言い様がないのだ。
    [ 2014/06/08 10:48 ] [ 編集 ]
  202. ※194
    自己評価が高いのは自由だがお前は何も解っちゃいない
    [ 2014/06/08 10:49 ] [ 編集 ]
  203. 情報戦に弱いのは海軍だったんだよな。
    陸軍は戦前から情報戦の重要さを理解してて、諜報機関の活用などしてた。
    WWⅡ開戦直後なんかはポーランド陸軍情報部をそのまま下部組織に組み込んで(日本の軍属として独から保護w)、対ソ、対独、対連合国の情報収集や暗号解読に当たらせてたんだ。
    その証拠に陸軍暗号は、海軍と違い一度たりとも連合国側に解読されていない。
    [ 2014/06/08 10:52 ] [ 編集 ]
  204. 全ての結果を知った上で当時のことを見て、実際に苦しい決断を下しながら戦った方々のことを悪し様に言う人がたまにいるけれど、現在の日本人の方が知力、気力、体力の面で当時よりも優れているとはとても思えない。
    (知識だけは当時より増えているのは当然)
    [ 2014/06/08 10:55 ] [ 編集 ]
  205. 逆に暗号解読できててフルボッコにされてたのが謎
    真珠湾はわざとっていう言い訳もたつけど
    [ 2014/06/08 11:01 ] [ 編集 ]
  206. すまん202は193宛て
    [ 2014/06/08 11:07 ] [ 編集 ]
  207. そこんとこはなぁ~
    陸軍はクズどもの集まり、海軍は・・みたいな構図を煽ってたのもあるのかもしれんし
    まぁ結果論でしか言えん

    悔しいし、悲しい
    [ 2014/06/08 11:11 ] [ 編集 ]
  208. 山本がアホだったから負けた
    海軍は無能
    [ 2014/06/08 11:15 ] [ 編集 ]
  209. ルーズベルトも山本もフリーメーソンだったんだよねぇ…
    変な教祖も多いし、陰謀論って言うと嘘臭いけど、自分を厄災だと思う、
    または厄災だと宣伝する連中はいないからなぁ…
    キリスト教も、いいことしているつもりで厄災をバラ巻いているし…
    [ 2014/06/08 11:20 ] [ 編集 ]
  210. 戦は弱い、自分の部下が戦っているのにポーカーに勤しむ、こんな基地外を英雄扱いするメディアその他の気がしれない。基地外は基地外を呼ぶのな
    [ 2014/06/08 11:31 ] [ 編集 ]
  211. 今も日本は情報戦じゃ勝てない。
    重要性を分かっていないのかなんなのか知らんが、
    エキスパートが少なすぎる。
    [ 2014/06/08 11:36 ] [ 編集 ]
  212. 三国志好きは多いくせにな。官渡も赤壁も情報戦で勝敗が決しているのに
    [ 2014/06/08 11:40 ] [ 編集 ]
  213. >>15
    アメリカなのにジャーマンスープレックスでフィニッシュとはこれいかに
    [ 2014/06/08 11:43 ] [ 編集 ]
  214. ニイタカヤマノボレ

    今なら少数精鋭部隊で僅か3日で全米が血を吐くけどねWWW


    [ 2014/06/08 11:46 ] [ 編集 ]
  215. 自分に有利な情報を捏造し、敵に有利な情報を歪曲する。
    日本人は永遠に下手そうだなw
    [ 2014/06/08 11:46 ] [ 編集 ]
  216. 日本史で聖書好きの偉人はロクな奴がいない
    [ 2014/06/08 11:50 ] [ 編集 ]
  217. 残念なのはちょっとした慢心と、偶然が重なって酷い状況を招いてしまったこと。日本は一戦でも落としたら文字通り終了なんだからあの大兵力を集中し死に物狂いで索敵から攻撃まで行うべきだった
    開戦からの連戦連戦で大地機動部隊の錬度は徐々に低下してきていたのにそのままミッドウェイにしゅつげきしてしまったことも残念。ミッドウェイの飛行場も空母機動部隊も叩かねばならんのだから、戦力をより集中するか、戦艦部隊を後方に下げずに米航空隊の目標を分散させるかすべきだったかも

    まぁ戦史に関して勉強不足だから、もっとよく学んで我々が過ち(?)
    [ 2014/06/08 11:55 ] [ 編集 ]
  218. 薄々気付いているとは思うが日本は明治以降の売国奴をチヤホヤし過ぎ
    どっかから金出てるのか??
    [ 2014/06/08 11:59 ] [ 編集 ]
  219. 幕末以降だろ。荒れてもアレだし誰とは言わんが。
    戦国時代でいう国賊級のキリシタン大名を英雄扱い。
    それが近代史。
    [ 2014/06/08 12:06 ] [ 編集 ]
  220. OSSUN
    政府内のコミンテルン連中っていう
    内部に爆弾抱えた状態だったからな
    一番の敗因はソコ
    [ 2014/06/08 12:06 ] [ 編集 ]
  221. 他のまとめと違って随分好意的な意見を多く抽出したんだね
    枢軸国は悪、連合国は正義と決めつけてなぜ第二次大戦が起こったのかすら全部敗戦国のせいにしてる白豚どももかなりの数いるんだが、まぁこの様な意見が聞けるなら日本人としては嬉しいよね
    ミッドウェーは本当に悔しい
    勝てるはずの戦いで、負けるべくして負けた
    運に見放され、慢心したために被ったこの大きな傷は絶対に忘れちゃならない教訓だ
    [ 2014/06/08 12:21 ] [ 編集 ]
  222. 次の戦争(いつ勃発するか分からんが)では絶対に勝ち組に入る必要がある。
    [ 2014/06/08 12:25 ] [ 編集 ]
  223. ミッドウエー戦に限ってみれば、連合艦隊は米国の空母参戦を完全に無視したことにあるだろう。源田実の戦記を読めば、この点が良く理解できる。
    その原因は「勝者の驕り」であったことも。常に「勝って兜の緒を締めよ」だ。
    [ 2014/06/08 12:37 ] [ 編集 ]
  224. 今後の日本が心配…。
    [ 2014/06/08 12:40 ] [ 編集 ]
  225. 武官系官僚の上層部は、いい意味でミギーだから大丈夫だと思う。
    ロックフェラーだのロスチャイルドだのコミンテルンだのテョソ全般()だのは聞かない。
    純粋な能力は知らん。
    [ 2014/06/08 12:50 ] [ 編集 ]
  226. 八木アンテナを有用と考えたのが自国の上層部じゃなく敵国の方だったのが敗因だろうな
    [ 2014/06/08 12:56 ] [ 編集 ]
  227. ※184
    >当時の日本は暗号が漏れてるって想定はなかったのかね?

    想定どころか、スペインの日本に協力するスパイが暗号が
    もれていると日本に報告している。それでも駄目なのが日本軍。
    世界に類を見ない馬鹿集団。
    [ 2014/06/08 13:09 ] [ 編集 ]
  228. アメリカ→日本は世界征服を考えてたんだぞ(キリッ

    ふざけんなw
    欧州諸国が植民地支配や奴隷貿易、不平等条約とか散々なことしたからだろーが
    今は正義面して人権だの差別反対だの綺麗事ぬかしてるがな

    てめーんとこのハルノートとか知った上での発言か?絶対知らんだろ
    いい加減プロパガンダで日本だけ悪者扱いはやめろよ
    [ 2014/06/08 13:12 ] [ 編集 ]
  229. 兵法書が説くいくつかの大きな敗因を余すところなく体現している。
    軍人が宗教本を座右にしてどーするよ…
    [ 2014/06/08 13:15 ] [ 編集 ]
  230. 「運命の3分間」なんて嘘。 第一陣が発艦できただけだ
    誘爆は起きなかったかもしれんがね
    [ 2014/06/08 13:27 ] [ 編集 ]
  231. だが果たして、ミッドウェーで勝っていたとして、あの時点で日本はアメリカと講和を結ぶことが出来ただろうか。
    あそこで勝って、アメリカと停戦合意。というのがおそらく当時の日本としてはベストの選択だったと思う。
    が、果たして日本は、そしてアメリカはそれが可能だっただろうか。政治的に。
    ・・・その意味で、「最終的には物量で決まる」戦争行為の結果そのものは、「日本の敗退」で変わらなかったのではなかろうか。
    [ 2014/06/08 13:28 ] [ 編集 ]
  232. 戦争は目的次第で勝算も重要拠点も変わる
    ミッドウェーで戦っている時点で、そもそも負ける気満々としか思えない
    [ 2014/06/08 13:40 ] [ 編集 ]
  233. No title
    併合はまだしも、朝鮮半島のインフラ設備に多大な投資をしたのが失敗だったと思う。
    [ 2014/06/08 13:43 ] [ 編集 ]
  234. ルーズベルト大統領
    「やった!ついに日本が攻撃してくれたか
     白人社会の権力を脅かす、黄色人種のサル達を一掃するチャンスを得たぞ!」
    [ 2014/06/08 13:43 ] [ 編集 ]
  235. 物量で決まるのは国家総力戦の話だな。この先、国家総力戦なんぞ、アンシュタインの言う第四次世界大戦まで無いだろうな
    [ 2014/06/08 13:44 ] [ 編集 ]
  236. 錬度も矜持も断然自衛隊のほうが高いだろ
    昔より腑抜けなのは民間の話じゃないの?
    [ 2014/06/08 14:10 ] [ 編集 ]
  237. アメリカが強かったから
    イギリスやフランスが産業革命をへて すべてに上でした
    [ 2014/06/08 14:12 ] [ 編集 ]
  238. 日本は昔から引き際見極められてないよな
    [ 2014/06/08 14:22 ] [ 編集 ]
  239.  
    ミッドウェーで負けたのはまだいいよ
    海軍が敗北を報告しなかった方が問題

    [ 2014/06/08 14:36 ] [ 編集 ]
  240. 情報を読まれたって以前に

    ・数で有利という点で慢心
    ・各部隊がいくつもバラけた部隊編成で集結という愚行
    ・本来後方に位置すべき防御に弱い機動艦隊が最前線

    もう無理だろw
    ただミッドウェイは結果はアメリカの大勝だけど、課程で見れば僅差。
    本当の日本海軍の退廃はミッドウェイ以降から。
    [ 2014/06/08 14:54 ] [ 編集 ]
  241. 世界征服って?

    当時世界征服していたのは欧米人だろうに?
    [ 2014/06/08 15:05 ] [ 編集 ]
  242. さっきまでゲーセンで1943(えみゅ台)やってたから、記事がタイムリー過ぎてワロタ
    [ 2014/06/08 15:06 ] [ 編集 ]
  243. 夕立「ソロモンよ!!!私は帰って来たァァァーー!!!!」
    [ 2014/06/08 15:14 ] [ 編集 ]
  244. って言いたいよな
    [ 2014/06/08 15:20 ] [ 編集 ]
  245. 平家、義元、五十六。以上。
    [ 2014/06/08 15:24 ] [ 編集 ]
  246. 本来、陰謀論は好きじゃないんだが山本に関しては疑ってしまうな
    やる事なす事、不可解でアメリカの意に沿うような事ばかり
    [ 2014/06/08 15:29 ] [ 編集 ]
  247. 慢心と工作員が日本の敵か。
    [ 2014/06/08 15:40 ] [ 編集 ]
  248. 情報戦の軽視
    兵站の軽視
    潜水艦の軽視

    そして自戦力の過信、精神論の過信、大本営という無駄な構造

    戦争しないと叫んでも否応なく戦争に巻き込まれる
    上の失敗を学んで二度と負けない国にしたい
    [ 2014/06/08 15:41 ] [ 編集 ]
  249. 謙虚な時は強い
    思い上がると負ける
    それが日本

    奢る平家は久しからずって記したのに、すぐ忘れちゃうんだよな
    [ 2014/06/08 15:52 ] [ 編集 ]
  250. 暗号が解読されて情報が筒抜け~とか関係ないから
    「おっしゃ今から行くからな~」って宣言してから行っても
    勝てる戦力を日本は持ってた
    残念ながら指揮官になってはいけない人達が指揮していた
    [ 2014/06/08 16:01 ] [ 編集 ]
  251. 今も昔も、日本は情報を軽視しすぎてるんだよな、
    通信インフラの大部分を外国産(主に中国)使ってるとかもうね・・・
    海外で問題になってる某中国メーカーのPCなんかも重要な部署で普通に使ってたりとか、
    情報を重視しないと次の戦争でもまた負けるぞ。

    [ 2014/06/08 16:02 ] [ 編集 ]
  252. 軍の上層部がバカだったから負けて当然な気がする。
    [ 2014/06/08 16:28 ] [ 編集 ]
  253. ※117
    >アメリカはハワイ失陥は想定していたようだが、まぁミッドウェーで日本が大勝していたらハワイは守りきれないわな。

    突っ込みどころ満載だが、一番ひどいのはこれ。

    [ 2014/06/08 16:34 ] [ 編集 ]
  254. 帝国陸海軍といってもほんとお役所だったんだよなぁ
    人事も平時と変わらずお役所の論理、予算の為の仮想敵だし、陸海軍がアメリカよりも互いへの情報漏洩を気にする始末(しかも完璧!)
    誰と戦ってんだよまったく・・・
    [ 2014/06/08 16:40 ] [ 編集 ]
  255. ミッドウェーの一月前にあった珊瑚海海戦も忘れないであげてください。

    人類史上初、敵を視認出来ない1000キロもの遥か彼方から
    機動艦隊同士での殴り合い。
    米空母・ホーネットや日本空母・祥鳳が轟沈する熾烈な海戦。
    70年も前に、こんなエア・パワー同士の超近代戦を
    日本はやっていたのかと思うと胸が熱くなるぜ。


    この数年後に、日本のメイン・ウェポンが竹槍になる。
    [ 2014/06/08 16:50 ] [ 編集 ]
  256. まあ、日本はとかく情報戦が弱かった
    何処で軍事活動をするかがばれりゃ
    戦力が高くても負ける
    まさに、慢心ダメ絶対!である
    [ 2014/06/08 16:57 ] [ 編集 ]
  257. *機動部隊のインド洋進出に意味があったか?
    (英国海軍の太平洋進出は消えたが)
    *MO作戦は必然性があったか?
    (空母祥鳳を沈められ、翔鶴は大破しミッドウェイに参加不能
    →同様に大破したヨークタウンは必死の修理でミッドウェイに参戦)
    ミッドウェイの後ではダメだったのか?
    *アリューシャン攻略戦の必然性は?
    (空母隼鷹と龍驤が割かれた)
    →アリューシャン列島を島づたいに侵攻すればアラスカへ侵攻が可能となる。ただし戦略的意味があるかどうか?

    さらにミッドウェイ攻略戦においても
    ・島占拠
    ・アメリカ機動部隊殲滅
    と2つの異なる目的を持っており、なまじ島占拠という目的を持っていたが為に「二次攻撃の必要ありと認む」という結果的に致命的な報告が為される。占拠と言う目的がなければ、次の戦闘はアメリカ機動部隊になるので魚雷と徹甲爆弾の装備で済んでいた(実際にもそうだったのが、この電報で陸上攻撃に換装となってしまった)

    誰を相手にどう戦うべきなのか、の取捨選択がヘタクソだったと思うねぇ、後出しでなら何とでも言えるとはいえ。

    ミッドウェイは、イ168がヨークタウンを撃沈しなかったらゼロ敗だったのだから。
    [ 2014/06/08 16:58 ] [ 編集 ]
  258. たとえ、ミッドウェー海戦で勝ったとしても、終戦が半年延びたくらいで結局は日本の負け。国力の差は如何ともし難し。
    [ 2014/06/08 17:07 ] [ 編集 ]
  259. 山本五十六のほかにも東條だって戦争やりたくない言うてたわ
    [ 2014/06/08 17:11 ] [ 編集 ]
  260. 国力の差で負けるなら別にみんな文句言わないだろ
    他に反省スべき点があるから
    ミッドウェー海戦を例に色々言ってるだけ
    [ 2014/06/08 17:19 ] [ 編集 ]
  261. アメリカ相手に戦争始めたこと自体が反省点だろ
    [ 2014/06/08 17:29 ] [ 編集 ]
  262. >アメリカ相手に戦争始めたこと自体が反省点だろ

    白人が世界中くまなく植民地にしていたんだから遅かれ早かれ戦争は避けられないから選択肢などないよ
    [ 2014/06/08 18:03 ] [ 編集 ]
  263.      , '´(>ry<)-、_
       /    ハ   、\ア
     <,_彡 ハ_八_/リ\//ハ     
        |i │ l |リ\     /レノ   オンヅルボルモアギロメッツァポイポーイ!
       |i | 从 ●    ● l小   オンヅルボルモアギロメッツァポイポーイ!
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ     ミ 
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒) バン
       | ヽ  ヽx>、 __, イ\::::ヽ/..   バン   
        | ∧ 人l||l,__/  |l||l 从
        |  l ( ⌒ )人》::::|  ( ⌒ )
    [ 2014/06/08 18:07 ] [ 編集 ]
  264. 色々あったけど空母や戦艦繰り出しての海戦とか凄いよな
    第二次大戦のゲームとかでまともに出てこれるのって、世界でたった数カ国だけだもんな
    [ 2014/06/08 18:13 ] [ 編集 ]
  265. 旧式の暗号にこだわり、破られてもそのまま使っていた海軍。一方乱数式を使っていた陸軍はその暗号を破られることはなかった。
    [ 2014/06/08 18:41 ] [ 編集 ]
  266. 日本は組織としてアメリカに及ばなかった
    海軍と陸軍の反目はもとより
    上と下との意思疎通もろくに出来なかった
    そして何より上も下も精神論だのみ
    物量の差がなくても負けたわ
    [ 2014/06/08 18:49 ] [ 編集 ]
  267.  ハワイを占領出来たのにしなかった。本来の脅威はソ連でした
    国土を最大とした今の中露を見れば一目瞭然だわ
    [ 2014/06/08 19:00 ] [ 編集 ]
  268. 太平洋の制空権取っちゃう
    カリフォルニアが危ないぞ~危ないぞ~と
    駄目元で交渉→どうにか停戦協定
    が一番マシな結末だっただろうな

    アメリカに勝つとか無課金ユーザーが重課金ニートに勝つくらい難しい
    [ 2014/06/08 19:08 ] [ 編集 ]
  269. 国旗でもう負けてるもんな
    白旗に梅干しだよ
    [ 2014/06/08 19:18 ] [ 編集 ]
  270. 間抜けな敵の「強み」に立ち向かってしまったんだ、日本は。

    離間可能な英米さえ団結させ包囲網を完成させ味方を分割し
    どこが要点か決めないから戦力集中投入もしようがなかった。
    日本と違い土木親方(フリーメーソン)がいないから経済に
    詰まったら公共事業にも頼れず戦争全振りの間抜けな政治に、
    あるはずの決め手の戦力=攻撃目標のない敵の陣地に負けた。
    「決め手」である機動陸軍(ネイビー)誕生まで、合衆国は
    日本を詰ませる=終戦させる手段さえ持っていなかったんだ。
    敵軍に対応したら日本が海軍偏重になったのも、これが一因。

    攻撃目標が見つからないから惜しんでた、無いとも知らずに。
    [ 2014/06/08 19:21 ] [ 編集 ]
  271. 自国の地方軍(ユタ州)に負けるような合衆国=連合国軍は、
    日本が想定するような中枢は持ってない。 戦法は最近まで
    奴隷の語源の立場でウクライナを中心に分布し生き延びてた
    ロシア民族の極東支部「国家ロシア」が騎馬民族の機動戦闘
    を学び西ロシア=ベラルーシや中央ロシア=ウクライナ等の
    同胞より優位になったノウハウを付け焼刃で倣ってた状況で、
    機動戦力バランスは悪く、決め手=補給線確保用陸軍歩兵を
    途中まで持たず、日本が攻撃可能な時には目標がいなかった。

    あえていえば日本には「異常を想定する狂気」が不足だった。
    それは「学者ならではの狂気」=「東大にいないタイプ」で
    お花畑ルーピーならいても智慧=道理=技術に過ぎなかった、
    言葉通りの本来の意味の『知識』がなかった、今でも不足だ。
    ベルセルクだけの「天国」に招かれる資質「貴族の義務」を、
    代々磨き抜いた「狂気」を、お互い殺り合うか腹一杯喰って
    寝るだけの「天国」を渇望する「狂気」を制御する「信仰」
    技術を日本は失った。 現存で匹敵するのは性的幻想だけだ。

    有り得ないを幾つ思い付く? それが浮かぶのは君だけか?
    日本はそれを失ったんだ。 都合の悪い事が何も起こらない
    (嘘の)「日常」の延長としてのお花畑は、「夢」ではない。
    一部を除いて貧困な悪夢しか持たない今の日本は、「弱い」。
    今度の規正法が通れば更に「弱く」なると推測する、人類の
    最初期に成功してた民族の「信仰」の「夢」の毒は強かった。
    [ 2014/06/08 19:28 ] [ 編集 ]
  272. ■ そもそもアメリカは何で日本に対して禁輸措置を取ってたんだ? 
    あっ、もしかして戦争を起こすためじゃ……。 アメリカ

    なんJ民かよw日本だったら(察し)で終わるところを全部言っちゃうのがまたアメリカらしいw
    [ 2014/06/08 19:46 ] [ 編集 ]
  273. 仮にミッドウェーで勝利していてもあそこまで補給線を維持できてたとは思えないんだよね
    アメリカとの戦いはできる限り避けて中国やイギリスの降伏と南方防衛に力入れるべきだった
    中国とイギリスがリタイアした状態でアメリカがそれ以上戦う意味はなかったんだから
    [ 2014/06/08 19:48 ] [ 編集 ]
  274.  
    「慢心」この一語に尽きる。

    負けそうになったら「神風がふくぞ」と本気で考えていた。
    もはや何も言えません。
    [ 2014/06/08 20:12 ] [ 編集 ]
  275. 山本五十六からの敵攻撃に備えて一部攻撃隊を待機という指示を破って兵装転換させた南雲中将の判断ミスは、栗田中将の謎の反転と同じく議論の呼ぶところだな
    [ 2014/06/08 20:54 ] [ 編集 ]
  276. 当時の日本に世界征服は可能だったのか
    [ 2014/06/08 20:56 ] [ 編集 ]
  277. カイウラニとの縁談を断らずにハワイ王室を守っていれば…地政学的に見てもハワイは太平洋で最も重要な場所だったんだが。まあ、当時の明治政府にそんな先見の明はないのはわかっているけど。
    [ 2014/06/08 21:07 ] [ 編集 ]
  278. 海外コメントが冷静な分析でワロタ
    [ 2014/06/08 21:08 ] [ 編集 ]
  279. 275
    結局それも指示の不徹底から
    山本はあくまで敵の艦隊特に空母狙い
    だが下にそれを徹底させなかった
    下はあくまでミッドウェー島攻略が第一で
    邪魔してきた艦隊があればその都度相手するというつもりだった
    だから兵装も対艦船用じゃなく対地用にして
    ミッドウェー島攻撃を優先しようとした
    日本軍てのは指揮系統が不徹底すぎた
    それぞれバラバラな考えでバラバラな目標に向かってた
    [ 2014/06/08 21:10 ] [ 編集 ]
  280. ミッドウェーは南雲の優柔不断が大きい
    ミッドウェー島には水が出ない
    貯水タンクで賄っていた
    それが壊れたという偽の暗号を送ってわざと日本に傍受させた
    またその傍受で日本の暗号とアメリカの暗号解析がどこまでいってるかを測ってもいた
    水が無ければすぐに陥ちると踏んだ日本がノコノコと出張っていった。
    当然罠なので迎撃体制は万全だった
    また日本空母艦隊は攻撃力重視だったため
    洋上偵察機が少なくアメリカの艦隊をほとんど補足できなかったのに対しアメリカの偵察機は圧倒的数で先手を打てた
    この先手(索敵で先手は非常に重要)がミッドウェー海戦の勝敗を決定した
    日本海軍はこのあと後手後手に回り大敗する
    [ 2014/06/08 21:49 ] [ 編集 ]
  281. 日本がアメに勝っても、ドイツがソ連&イギリスに勝たないと結局敗戦になるんだよなぁ
    [ 2014/06/08 21:50 ] [ 編集 ]
  282. 現在の情報戦では中韓に負けている
    南京、731、慰安婦とか
    [ 2014/06/08 22:15 ] [ 編集 ]
  283. 米は情報面等ベストを尽くし日本は粗が目立ったが
    それでも日本の優位は揺るがなかった
    米の攻撃隊についても空母3隻分の雷撃隊は零戦の前に全滅、
    爆撃隊はホーネット隊が南雲艦隊を見つけられずミッドウェーに着陸、
    エンタープライズ隊も見つけられず燃料も尽きかけたところに
    機動部隊のずっと後方で単艦で潜水艦狩りしてた駆逐艦「嵐」を
    偶然発見、「嵐」が向かう先が機動部隊と読んで接敵に成功した
    あれだけレーダーや哨戒機や潜水艦からの情報で南雲艦隊の位置を
    丸裸にしていたはずでも、ほんのちょっとの幸運がなければ攻撃が
    空回りに終わる失態をおかす寸前のところだった
    あの時期はまだ米軍にも粗は沢山あったんだ
    [ 2014/06/08 22:26 ] [ 編集 ]
  284. >277
    そんなことしたらアメリカを敵に回すよw
    ロシアの南下に頭抱えてる時にできるわけないべ
    [ 2014/06/08 22:27 ] [ 編集 ]
  285. ※284
    ドールとかがクーデター起こす何年も前の話だから、ハワイ王室と皇室との関係が深まってもそこまでアメリカとの関係がこじれる話ではなかっと思う。まあ外国人の血が皇室に入るのは大反対びっくり仰天の提案だったと思うけど。
    アメリカのハワイ侵略史はその後のアメリカの世界戦略の雛形だから勉強しといて損はないぞ。
    [ 2014/06/08 23:03 ] [ 編集 ]
  286. >日本は世界征服を考えてたんだぞ。

    そのファンタジーは何のフィクション映画だ?w
    4ちゃんで外国人と話してしても、アホ外人が多いから困るんだよ。
    無知なくせに知ったかぶって嘘を書き込む奴が多いから話にならない。
    [ 2014/06/08 23:06 ] [ 編集 ]
  287. ※285
    アメリカが自分の口元にまで入った獲物を横からかっさらわれても怒らないぐらい穏やかな性格だったらインディアンはあんな目に遭わなかっただろうな。
    [ 2014/06/08 23:20 ] [ 編集 ]
  288. なんかコメントがかなりいい線いってると思ったのはおいらだけ?
    アメリカはなんで輸禁?とか。ホントの敵はアメじゃなかったとか。
    こいつらなんで日本と戦争したかも全く知らねんじゃ?と思ってたのでちょっと嬉しかった。
    [ 2014/06/08 23:47 ] [ 編集 ]
  289. >285
    ハワイが日本の勢力に入ったら否が応でも警戒されるよ
    実際、ハワイ国王と明治天皇の会談の後、アメリカはハワイ国王の動向に神経質になってる
    [ 2014/06/09 00:08 ] [ 編集 ]
  290. 山本の言行不一致。航空戦を主張しておきながら戦艦を後方に温存させとくマヌケっぷりは断罪モノ。
    島よりも米空母が相手というのを艦隊に全く理解させずに攻めさせるなどとは愚将の極み。
    あげくのはては雷装転換で遅れたなどと嘘の報告で全国民を瞞して戦争を続行させたなど言語同断!
    だいたいテメェで戦争はせいぜい1年半程度しか保たないと言っておきながら
    ズルズルと戦争を引き延ばす原因となるなどもってのほかだ!
    [ 2014/06/09 01:11 ] [ 編集 ]
  291. でもここで言ってること、海外に対して言う必要があるんだよな。
    少なくとも英語で。
    んでないといつまでたってもサイレントジャパン、
    世界のATMにされまくりなんだわ。
    (オレ、不得意だからおまいらが世界に向けて言い続けろ)
    [ 2014/06/09 01:23 ] [ 編集 ]
  292. 日本兵が強かったのは「こ、これはただのビタミン剤じゃ…」を戦地に赴く前の兵士に打っていた、というのもあるっぽいね
    [ 2014/06/09 02:13 ] [ 編集 ]
  293. アメリカは物量が圧倒的だからな
    あれは勝てんわ
    個人的にはよくあそこまで善戦できたと思う
    問題はとことんやりすぎた事で外交が下手だったんじゃないかと
    [ 2014/06/09 03:42 ] [ 編集 ]
  294. まぁ、日本が勝ってたら
    世界中からこっぴどく恨まれる国になってたと思うよ。
    負けて、たくましく復興できた日本が一番美しくて好きだ。
    [ 2014/06/09 04:01 ] [ 編集 ]
  295. ※292
    すさまじい物量だな。
    あったとして統制が利くと思うかね?
    [ 2014/06/09 06:03 ] [ 編集 ]
  296. ■ 石油の輸出を禁止してたのはアメリカだけじゃないだろーが。 アメリカ

    Exactory(その通りでございます)
    F.ルーズベルト

    ■ 石油の輸出を禁止してたのはアメリカだけじゃないだろーが。 アメリカ

    アメリカが音頭を取ったんだよ
    [ 2014/06/09 08:40 ] [ 編集 ]
  297. まともなコメントを抽出しただけかもしれんが
    意外と外国人も開戦理由とか冷静に事実を見てるのね
    [ 2014/06/09 08:42 ] [ 編集 ]
  298. 暗号は解析できるはずがないと高を括り、
    米軍の動向を探ろうともしなかった、
    情報戦を甘く見てた大本営の無能どものせいだ。
    [ 2014/06/09 08:45 ] [ 編集 ]
  299. 物量で圧倒的な差があるから勝てるわけがないって?
    日露戦争と同じく優勢にたったところで日本に有利な条件で和平する腹積もりだったんだよ
    [ 2014/06/09 08:48 ] [ 編集 ]
  300. ※290
    黙れ陸軍の犬め
    [ 2014/06/09 08:50 ] [ 編集 ]
  301. ※299
    日露は欧米で外交戦やってロシアを孤立させた上で
    国内の共和主義者に資金送って革命扇動したから講和にもってけたわけ
    二次大戦の日本は外交戦でまず敗北し、日独伊の孤立した国同士での同盟に追い込まれた上に
    アメリカが講和を受け入れるだけのシナリオが一切ない見切り発車
    歴史にたらればもifもないけど戦火開いた時点で負けは決まってた
    [ 2014/06/09 09:40 ] [ 編集 ]
  302. 慢心はいかん
    [ 2014/06/09 10:31 ] [ 編集 ]
  303. ※299
    確かに太平洋押さえれたら有利にはなるが、連合国が先に独戦終わらせたら日本は確実に負けてた。どちらにせよ勝つシナリオはなかった。
    が、結果として戦争で死者は多々と出たけど色んな鎖を断ち切った。白人主義に止めを刺したからこそ今があると言える。
    もしあそこで戦争回避してたら今でも白人主義だっただろうな。
    [ 2014/06/09 10:53 ] [ 編集 ]
  304. 名無し
    でも、暗号が戦況を左右するのはあたりまえだよな。エニグマ解析出来なきゃ連合国ももっと苦戦を強いられただろうし、日本も自分の暗号が筒抜けってしっかりわかっていたか、それを恐れて何度も改定変更してればまた違った歴史になってたろうに。
    火力ゴリ押しのアメリカに1年もまともに戦って勝利を積み重ねてこれた日本の敗因は、暗号を解析されたことだろうな。
    [ 2014/06/09 11:11 ] [ 編集 ]
  305. 孫子の兵法の視点に立って考察しても、日本の負けは明白だったんだよ。
    [ 2014/06/09 11:25 ] [ 編集 ]
  306. 山本といえば、アメリカで山本襲撃案について、そこまで
    やったら日本も暗号が解読されていると気付くと反対論が
    あった。

    でも「山本を殺せ」の意見が勝った。案の定馬鹿な日本軍は
    気付かなかった。
    [ 2014/06/09 12:09 ] [ 編集 ]
  307. 連戦連勝による慢心だね。
    この戦いの前に油断して赤城に爆弾落とされて被弾しかけたけどあまり問題視してなかったようだし。
    [ 2014/06/09 13:51 ] [ 編集 ]
  308. 次はぶちのめしてやるから覚えてろよ!ってロシアさんが言ってました
    [ 2014/06/09 14:20 ] [ 編集 ]
  309. ミッドウェーの敗戦は日本人として非常に悔しいけど、
    勝った場合、大戦が長引いてソ連の参戦のタイミングもあるし、
    北海道や本州の半分くらい取られてた可能性もあるんだよな。
    下手すると日本は滅んでた可能性もあるから、
    結果としてミッドウェーは負けてよかったと思っている。
    だが南雲とこいつに采配取らした司令部だけは腹を切れよ!
    [ 2014/06/09 15:57 ] [ 編集 ]
  310. 303

    それこそ負け惜しみでしかない
    帝国主義はどのみち行き詰まり共産主義との衝突は避けられない
    日本史上初めての完全敗北による本土占領の屈辱
    未だにその敗戦による負債が山積みになって
    米国に首輪を付けられたまま
    負ける戦争をした結果がこれだ
    白人支配の屈辱からの解放?
    その後の日本占領の屈辱はどこいった?
    誇りのために戦って負けた途端に誇りを捨ててたら世話がない
    [ 2014/06/09 17:53 ] [ 編集 ]
  311. ミッドウェーの敗因となりうる要因が複数あるね。
    ・・・どれが最も大きい要員なんだろうね(・ω・`)

    大東亜戦争全体での問題点は、兵站の軽視や、パイロットの人命軽視、
    情報戦のお粗末さ、陸軍と海軍の連携が全く取れていなかった点、etc

    尚、日本兵は米軍に投降するとハチの巣にされた模様(・ω・`)
    [ 2014/06/09 17:53 ] [ 編集 ]
  312. ※310
    アメリカに日本をあのまま生かしとくつもりなんて欠片もなかったから
    取れる選択肢なんて限られてるよ
    今も昔も変わらないんだから、イラクにしたのと同じような事でしかない

    ※311
    近代国家として若すぎたのが最大の要因かと・・・
    明治維新から数えればドンだけ無茶だったのか判ると思う
    歴史が浅い以上、成功体験に頼りきりになるのはしょうがない
    [ 2014/06/09 18:41 ] [ 編集 ]
  313. 宣戦布告の通達遅らせたって外務省?の人間が
    朝鮮系帰化人だったってどっかで見たけど、本当ですか?
    いずれにしてもスパイみたいのが結構いたんだろうな
    [ 2014/06/09 19:25 ] [ 編集 ]
  314. 中国のスパイソフト「ファーウェイ」を使い続けるのは
    もう無しって事でお願いしますよ。
    [ 2014/06/09 19:55 ] [ 編集 ]
  315. ※12さん。

    それだけ日本人が優しいからでは?
    それだけ日本人は亡くなった人を、思っているからでは?
    [ 2014/06/09 20:14 ] [ 編集 ]
  316. 東郷潤さんの「山は見えない」お勧めです。
    白人社会は自分たちの存在が、奴隷制や植民地制を続け資源を略奪してきた。
    野蛮人だと認めることが、根本的に不可能なんだろう。

    欧米がアラブ諸国の移民を蔑む態度をみても、
    やはりアラブの民に、現在も過去もどれだけ酷いことをしているのか
    偽善にすり替える事だけが重要で、反省の色などどこにも見当たらない。

    その原因がバチカンを頂点とするキリスト教。
    これでも抽出したコメかも知れないけど、やはり大事な反省点に
    宗教上の理由から至る事ができない欧米人は、致命的な欠陥を抱えている。

    究極的には、どの民族でも真面目に生きる道を選択する以外ないという事。
    嘘を正当化する意味では、中共の方が欧米にとって都合が良かったが
    それもあと数年で転換する。
    [ 2014/06/09 20:30 ] [ 編集 ]
  317. 大日本帝国の戦争目的は,アジア地域から欧米の植民地支配を無くす
    だったから,実は目的は達成している
    達成できなかったのは,米国と講和するということ
    陸軍も海軍も我が強過ぎて,強力な政治的リーダーが必要だった.

    良くも悪くもアメリカと経済圏を構築する以外に世界平和は訪れないだろうという歴史的にも大変重要な戦争ではあった.
    [ 2014/06/09 21:09 ] [ 編集 ]
  318. 他ならぬ米海軍が「あれは運がよかった」と認識しているらしい

    向こうの海軍の戦史教育ではミッドウェーは「特例」扱い
    なぜかというと、当時の日米海軍の戦力情報をもとに
    兵棋演習(シミュレーション)を行ったら
    何度やっても理論的に米海軍の勝利が再現できなかったから

    結論として「他の戦闘に一般化できる直接的な戦訓はない」となり
    「勝因は幸運」となったそうだ
    [ 2014/06/09 22:10 ] [ 編集 ]
  319. ※310
    「負ける戦争」をしなかったら「日本占領の屈辱」以上の悲惨なことにならなかったとは思えないな。
    というか史上初の敗戦による占領を屈辱とか言ってたらこの世の大多数の民族に呆れられるだろう。お坊ちゃんほど自分も人並の苦労もしたと言いたがるもんだな、と。
    それに他者にどんな仕打ちをされても日本の誇りは揺らがない。日本のために命を捧げたひとびとの愛の中に揺蕩っているから。
    敗北も、屈辱も、日本から彼らの思い出を奪うことはできない。
    勝ったときだけ愛されても、何の意味があるだろう。
    [ 2014/06/09 22:58 ] [ 編集 ]
  320.  
    v-275みんな暗号書が事前に奪われていたこと知らないのな。
    真珠湾攻撃の後、帰りがてらにウェーキ島攻撃を中途半端にやって、日本の駆逐艦が撃沈された。
    その艦に残っていた暗号書を米軍が入手済みだったわけ。
    処分していない日本兵も問題だが、燃えて消失したと思い込んでいたみたい。
    そして、米軍はその事実をばれないように、装った。
    決戦のときに使うと。
    だいぶ見殺しにされた米軍がいた。
    それだけ、戦争というものは残酷なんだ。
    勝つための精神力は米軍の方が一枚上手だったのかもしれない。
    [ 2014/06/09 23:08 ] [ 編集 ]
  321. >>104
    正確には、戦略を考えられるタイプが出世しない社会構造なだけ。
    これは今も一緒だが、IT()のお陰で、ネットにいる知恵者のアイデアを盗みまくることで、二の鉄を踏まずにいるようだな。()
    いつまで持つか知らんが。
    んなの、工作でどうにでもなるからな。

    [ 2014/06/10 07:16 ] [ 編集 ]
  322. アイデアマンは、さっさと大金掴ませて然るべき地位に置くのが最適解。
    こんなの、権限と金と選択肢を多く持つ支配層一人一人の「意識の問題」でしかないからな。

    ぶっちゃけ自覚しないと。
    日本人はオタが多いから、専門分野でプライドを刺激すると捻くれるからな。
    欧米人みたいに、自分事でも第三者の目線でドライに客観的に見れない。
    んで、社会は客観性を重視しないと、個人の気分で全体が動いたら、かなり危険だからな。

    [ 2014/06/10 07:17 ] [ 編集 ]
  323. 先進国というが、日本はまだまだ仮免でしかないよ。
    この日米戦で言うなら、両陣営ともアカに乗っ取られてたのは論外として、投了の重要性をもっと認識すべき。

    [ 2014/06/10 07:20 ] [ 編集 ]
  324. 結局今でもそうだが、「諦めない教」が問題の根源だったに尽きる。
    いわゆる精神論と言われる類の根底が、これ。
    戦力あるのに、ちょっと押されてすぐに投了や諦めるのは確かに問題ではあるが、明らかに詰んでるにも関わらず、投了しないのって何なの?
    [ 2014/06/10 07:24 ] [ 編集 ]
  325. 投了したら終わりだから、ワンチャンに期待でもしたのか?
    火事場のくそ力でも神.風でも期待したのか?
    軍.部ともあろうもんが、パチ.ンカスみたいな思考したのか?

    どっちも操られてたんだから、素直に投了してれば処刑されたかは不明だよな。
    人が消えまくって拠点が壊.滅したら、そりゃ処刑だろうがさ。

    で、アカヒとか未だにこの「諦めない教」の信者だよな。
    んで、この戦を煽ったのも、そういやアカヒだよな。
    ここって何?
    [ 2014/06/10 07:26 ] [ 編集 ]
  326. 日本国民だけでなく政治家や軍人までが驕り高ぶった結果、これに尽きる
    相手を過小評価し、自分を過大評価して、一度手にした利権を手放すことができなかった
    目先の利権のためにその後の大被害をまねいた
    日露戦争の時は三国同盟に対して現実を見極めて臥薪嘗胆して全方位に不足がないように情報戦も外交戦も相手を上回った上でギリギリ勝ちをとれたが、それでも国民は始終不満たらたらだった
    もしも情勢が全く分からない国民と同じように、政府まで感情論で三国干渉に対して、大東亜戦争前のアメリカの圧力に対するようにしていたら、その時点で日本は欧州露に潰されただろう
    その三国干渉に耐えて力を蓄えたことに学ばず、日露の日本海海戦のような勝利だけを見て、驕り高ぶった結果が無残な敗戦だ
    [ 2014/06/10 08:42 ] [ 編集 ]
  327. >320

    ウェーキ島攻略戦のところで暗号書とられてたとは知らなんだ・・・
    [ 2014/06/10 11:34 ] [ 編集 ]
  328. アメリカには民間人でありながら、軍人の最高勲章を授与
    された人がいる。軍人でもたしか2人しか貰っていないもの
    だ。このひとがミッドウェーの暗号解読の基礎をつくった。

    この人の伝記を読めば、アメリカ社会だからこういう人が
    生まれたとしみじみわかる。一方日本の上層部のアホさかげん
    も日本社会が生み出したのだとわかるはずだ。
    [ 2014/06/10 13:15 ] [ 編集 ]
  329. ドリトル爆撃隊に東京を空襲させ連合艦隊をおびき出した。
    日本の暗号を解読していた。飛行機で南雲機動部隊の緻密な索敵をしている。
    一つ間違えば自分達が全滅する。
    こんな状況で最後を運に任せたとは思えない。緻密な計画をしときながら最後が雑すぎる。そして本当の緻密な計画は言えない。
    それは、雷撃部隊をゼロ戦の餌にしてゼロ戦を低空に引きつけた。
    その後上空から急降下爆撃機で襲わせた。
    つまり、ドリトル東京空襲も雷撃部隊も死ぬ確率の高い特攻攻撃なのだ。
    エリートであるパイロットを捨て駒に使うなどという非情な作戦は当時の日本人には思いつかなかったので、やられてしまったのだろう。
    戦っている者どおしはそれがわかるので、後に日本軍も真似をするようになった。
    そう、カミカゼである。
    日本のカミカゼは悲劇のヒーローとなるも戦局を打開できず。
    アメリカのカミカゼは英雄視されることもなく、「運が良かった。」と見向きもされないが戦局をひっくり返した。戦争とはまさに悲惨なものだ。
    [ 2014/06/10 22:00 ] [ 編集 ]
  330. >ナグモがあと10分か5分早く攻撃隊を発進させてれば
    そういうレベルじゃなく南雲は発艦にすらこぎつけなかった
    あまりにも下手糞な発艦作業で艦上はてんやわんや護衛のゼロ戦すら燃料切れで落とす始末
    仮に発艦できたとしても護衛機のいない出撃になっていただろう
    個人の無能が極まり負けるべくして負けた戦いだと言える
    [ 2014/06/10 22:23 ] [ 編集 ]
  331. ちなみに良く爆弾と魚雷の換装作業がとか言われていたが当時の攻撃機は専用機なので魚雷と爆撃の換装は出来ない
    [ 2014/06/10 22:29 ] [ 編集 ]
  332. ※309
    ソ連の北海道占領なんてまず無理だろ
    ソ連艦隊なんて日本の駆逐艦隊や守備隊の航空機だけでも葬れるくらい脆弱だった
    小部隊の守る占守島ひとつ満足に占領できなかった位だからな
    [ 2014/06/10 22:35 ] [ 編集 ]
  333. ちなみにドリトル爆撃隊は最近表彰されたらしい。

    しかし、南雲機動部隊を壊滅させるため犠牲になった70以上のアメリカ雷撃部隊は誰も知らない。
    映画ミッドウエーの中でゼロ戦に落とされるだけの弱者としてしか描かれていない。
    [ 2014/06/10 23:23 ] [ 編集 ]
  334. ※326
    三国干渉とは状況が違うでしょーが。
    どう違うかというと、石炭と石油の違い。石炭なら日本でも出るからまだ戦えたけど、石油の時代になったら完全に足元を見られるようになった。
    言われるままに満洲から撤退すればソ連が朝鮮半島まで雪崩れ込んで来る(アメリカはWW2でドイツ占領中に実際に彼らに接するまでは、コミュニストに対する警戒心などない)
    彼らは念願の不凍港を手に入れる。こちらの艦隊は油切れで動かない状態で。
    反対側に目を転じれば、幕末、黒船に脅されて泣く泣く不平等条約を結んだことが思い出される。幕府はたとえ砲撃されなくてもアメリカ艦隊に居座られて海路を封じられ、江戸市民が飢えることを恐れた。
    今度は制空権を取られて上から爆弾をばらまかれる。戦闘機も飛ばなければ対抗の手段はまったくない。その先にあるのは、完全なる隷属だ。
    それでも相手の要求を呑むべきなのだろうか。先祖の努力を無にして、日本を信じて協力してくれた蒙古人、親日漢人たちを見捨てて、命だけは助かるほうに賭けて子孫に望みを託すべきなのだろうか。
    私は違う道を選んだご先祖たちを尊敬している。
    [ 2014/06/11 00:02 ] [ 編集 ]
  335. >>331
    >ちなみに良く爆弾と魚雷の換装作業がとか言われていたが当時の攻撃機は専用機なので魚雷と爆撃の換装は出来ない

    アホ、普通にできるに決まってるだろうがw
    対艦攻撃で雷撃を担当する97式艦攻ができないのは、急降下爆撃だけ。
    因みに陸用爆弾と対艦用の爆弾は違うので、急降下爆撃を担当する99式艦爆も爆弾の換装作業をしていた。
    [ 2014/06/11 02:13 ] [ 編集 ]
  336. >>306
    >案の定馬鹿な日本軍は気付かなかった。

    あれ、気が付かなかったんじゃないよ。
    ミッドウェー敗北直後に小沢さんが部下に「情報が漏れているんじゃないか?」と尋ねている。その部下が「そんなはずはありません!」の一言で終わってしまったらしい。

    要は、その可能性を懸念する人がいても、空気を読んで言えない状況だった。
    残念ながら今もこの悪癖は日本中に蔓延している。
    [ 2014/06/11 02:25 ] [ 編集 ]
  337. 日本にとって本当の敵は共産主義だったからな。本来ならアメリカと手を組んで共産主義に立ち向かうはずだったのを、共産主義の策略でまんまと……そういうエピソードってなかった?
    [ 2014/06/11 15:04 ] [ 編集 ]
  338. 努々、自称メディアの「情報戦」には御注意を
    如何に「情報」が大切なのかが分かりますね。
    先の大戦は「情報戦」に負けたといってもよいでしょう。
    現在、国際情勢は混沌として来ています、日本の安全保障にも大きな危険をはらんでいます。
    それを証拠に、「スパイ天国」といわれる日本に於いて、自称日本のメディアの「情報操作」や「工作報道」などの「情報戦」を国民に仕掛けてきていますね。
    努々、彼らの情報戦に踊らされる事の無いように、しっかりと国民一人一人分別を持ち、多くの人達との報道機関ならぬ「工作機関」化している「自称メディア」への問題共有が大切ですね。
    [ 2014/06/11 16:57 ] [ 編集 ]
  339. 映画でも見りゃわかる事じゃん。運が悪いってのは仕方ないとしてよ 

    テンプレートから外れて失敗する事にビビり過ぎ。 要地爆撃機のまま艦功するか 仕事違いとはいえ爆弾とってすぐ戦闘機として戦わせるかすべきだった。 

    兵装換装に15分はかかり、エレベータによる甲板に1機づつ上げるのにも時間がかかるの分かってるのにそれをもたもたと考えてさ 慢心してるようで頭ん中真っ白だろと
    [ 2014/06/11 23:42 ] [ 編集 ]
  340. お前らがニューディール政策の総仕上げにハルノートで脅迫しなければ必要なかったことだ。
    [ 2014/06/12 02:25 ] [ 編集 ]
  341. でもやっぱ、当時の日本人は植民地を増やして資源を獲得するしかないって思ってったんだろうよ。
    けど植民地化禁止の流れが出来てたからやれない...けどやらなきゃ無理だってなった訳じゃん。日本側も運任せってのはあったと思うよ、勝てると思うしかなかったんじゃなかろうか。
    [ 2014/06/13 02:47 ] [ 編集 ]
  342. ※294
    其れは無い。

    植民地を失った白人至上主義者達には恨まれるだろうが、解放された有色人種達には大いに感謝され尊敬されただろう。

    その証拠に、パリ会議で日本が出した人種平等案を米英が潰したことでアメリカで暴動が起きているし、ASEAN諸国はあんなに親日ではないか。

    それは負けたからだと言う奴らもいるだろうから言っておくが、日本は初めから植民地支配などする気はサラサラなかった、WW1後ドイツの植民地であった南洋諸島も「委任統治領」としているし、その地域の人達に教育を施し、優秀な者は南方特別留学生として日本に招き高等教育も施している。

    更に言えば日本の快進撃を見た欧米の旧植民地の人達が「此れからは日本の時代だ」と考え、現地に赴いていた日本人裁判官に日本の法律を教えて欲しい、と頼んだところその裁判官は「その必要はない、日本は何れ引き上げるのだから貴方達は貴方達の法律を作りなさい」とアドバイスしている。

    その裁判官の息子が後年そのことを父親に「あの当時に日本が負けると思っていたのですか」と尋ねたら、その元裁判官は「そうではない、初めからそう決まっていた」と答えている。

    ついでに言うと、その裁判官の息子とは日下公人先生のことだ。
    [ 2014/06/13 13:45 ] [ 編集 ]
  343. 暗号全バレだったようだしね仕方ないね
    [ 2014/06/13 16:33 ] [ 編集 ]
  344. いずれにしても、戦わないといけない戦争だったんだよ、
    第2次世界大戦において日本は特に

    政治的屈辱もあったんだけどさ
    それ以上にエネルギー問題があった
    上にもあるけど、ありとあらゆる資源が欠けていて
    諸外国からエネルギー輸入も止められた、これが最大の問題

    最も解りやすく言うと、今のご時勢で電気が使えなくなる状況だった

    石炭石油以外でエネルギー資源なんて作り出せる技術、当時の日本には無くて
    主力ともいえた、手工業とか軒並みすべてストップする危険性もあった



    戦争しなければ、本当に今の日本は無い
    そんな状態だった
    技術位しかなく、食糧生産国としても絶望的なこの国には
    勝って、エネルギーを確保するしか手段が無かった

    日本の狙いは各国を植民地にすることじゃない
    自国に必要なエネルギー資源の確保だった

    教育政策、アジア解放運動は戦争するための大義名分
    それなのに実際にやっちゃった当時の日本人は、お人よしにも程が有る

    全ての国の人間がある程度の善性を持っているわけが無い事は
    諸国を漫遊したその当時の政治家たちはわかってたはずなのにね
    [ 2014/06/13 16:56 ] [ 編集 ]
  345. こういうのってなんでミッドウェー基地の戦力が無視されるんだろう…
    ミッドウェー島守備隊
    ミッドウェー基地海軍航空部隊 司令:シリル・T・シマード大佐
    カタリナ飛行艇31機、TBF6機
    第22海兵航空群 司令:イラ・L・キムス海兵中佐
    F2A20機、F4F7機 SB2U 11機 SBD 16機
    第7陸軍航空軍分遣隊 司令:ウイリス・P・ヘール陸軍少将
    B -26 4機、B-17 17機
    これとやりあった上で基地を破壊し続けなきゃならなくて疲労した上で武装転換作業中にラッキーパンチだからな

    艦隊行動の妙味で勝つべくして作戦で勝ったとかとは違う
    敵の攻撃隊も完全に迷子になった状態でまとめてこれずにバラバラに到着した事が逆にラッキーかつ帰還出来ず着水する運命だから同じ再現は狙ってやれない
    彼らはうまくやったとは思うけども
    日本側のミスは戦艦をもっと前に出すべきだったという所
    [ 2014/06/13 18:23 ] [ 編集 ]
  346. 大東亜戦争は人種戦争だったからなw
    原爆だってボコボコ落とせるさ
    次は何だろうw
    [ 2014/06/13 22:10 ] [ 編集 ]
  347. ミッドウェーに勝ったとしても
    日本に落ちた原爆が1個増えただけ
    工業力で負けすぎてる
    [ 2014/06/13 23:51 ] [ 編集 ]
  348. 日本の情報戦の弱さは異常。
    しかも現在進行形で。
    [ 2014/06/14 21:21 ] [ 編集 ]
  349. 情報戦で負けたのに未だに日本はスパイ天国
    売国奴が国会議員やマスコミにうじゃうじゃいる

    日本は何も学んでいない
    [ 2014/06/15 17:04 ] [ 編集 ]
  350. 違う。情報戦が大事だからこそ、内部スパイから情報操作で骨抜きにされているのが日本。そして最近それがバレはじめた。
    [ 2014/06/16 15:39 ] [ 編集 ]
  351. このころから在日どもには煮え湯を飲まされてたわけだ
    そろそろ根源を排除せなあかんね
    国民総出で対処していかなきゃだ
    [ 2014/06/17 14:16 ] [ 編集 ]
  352. 10回やったら7回は勝てそうだから悔しい
    けど一発勝負だからしょうがない。
    [ 2014/06/17 22:12 ] [ 編集 ]
  353. ミッドウェーは痛恨だったが、結果として戦争は早く終わった
    ここで勝っても日本の最終勝利はなかったと思うが
    ミッドウェー攻略からハワイ占領までいっても日本は補充がきかないからじり貧よ
    [ 2014/06/18 17:12 ] [ 編集 ]
  354. 日本の敵は今も昔も日本だと思う。
    [ 2014/06/18 17:59 ] [ 編集 ]
  355. そんなもの、暗号解読されていたからに決まっているだろ。
    海軍の当時の暗号は味方の陸軍にも解読されていたからな。
    海軍は日ロ戦争から天狗になっていた。陸軍だって、38式で
    勝てるわきゃねえだろうが。
    間抜けの帝国陸海軍つうこと。
    [ 2014/06/18 20:12 ] [ 編集 ]
  356. 暗号解読、索敵機の遅れ、2面作戦、南雲作戦ミス、運命の5分間、等々言われておりますが
    航空機の数と搭載量(火薬量)はアメリカが有利だった事にポイントだったと思います
    [ 2014/06/19 18:21 ] [ 編集 ]
  357. アメリカ海軍のほうがガッツがあったというだけ。運とかそんなんじゃない
    [ 2014/06/19 22:32 ] [ 編集 ]
  358. ドイツが負けちまうからよぉ・・・まあしょうがねえけどな
    [ 2014/06/20 09:51 ] [ 編集 ]
  359. 腐敗臭
    ※354
    心理を突いているね
    その通りだと思うよ
    最大の敵は内なる敵であった
    同じ過ちを現在も行っているところであったが
    インターネットのお陰で何とか留まりそうだ

    ただ安心は全くできない。
    日本国内の既得権益や敵国が日本の愛国心を逆手に利用してくること。日本全体の流れが変われば、その流れに対応してくる。だからきちんとその流れを敏感に読み取る考えを持つこと。
    実はこれも歴史が証明している。
    [ 2014/06/21 00:14 ] [ 編集 ]
  360. 困難を想定して打開策を予め準備したり、対応できる人員を用意してるアメリカと、全て上手く行く前提でしか考えられない日本。
    現代でも似たような構図は多く見かけるよな
    [ 2014/06/21 04:25 ] [ 編集 ]
  361. 最善を尽くそうとして戦ったものどうしの「勝敗は時の運」
    この古からの言い回しを否定するのはどんな古老であろうとも思慮が足りない人間だけだ
    [ 2014/06/21 10:32 ] [ 編集 ]
  362. JB355とワード号事件とハリー・ホワイト
    結果が解ってる現代から過去を遡り、ドヤ顔で語るアホが一番のDQN.

    せめてもう少しお勉強してからの発言なら聞くに堪えるのだが・・・。
    戦争を始めた時点で「厳しい戦いなのは日本側は覚悟の上」、しかも平和交渉を文字通り開戦直前まで行っていた。

    それに引き換え「”民主党”ルーズベルト大統領」は対日石油制裁を可決する3日前に「日本への無差別先制攻撃」である『JB355』の正式命令を発動していた。
    [ 2014/06/21 22:59 ] [ 編集 ]
  363. ※362
    そうだね、マッカーサーも日本の置かれた立場なら
    宣戦布告するしかないと分析してた。
    勝ち目がない戦いでも国と国民を守る為にやむない開戦だった。
    これが歴史の真実!
    [ 2014/06/23 14:30 ] [ 編集 ]
  364. 「韓国が味方」ごれが負けた原因。
    ホント、敵についてくれたらこれほど頼もしい国はない。
    [ 2014/06/23 20:26 ] [ 編集 ]
  365. 参謀の方がしっかりしてたら勝てたと思う。
    [ 2014/06/24 15:25 ] [ 編集 ]
  366. 日本が勝つはず?寝言は寝て言えやアホ
    [ 2014/06/25 02:24 ] [ 編集 ]
  367. ※366
    読解力ないって悲しいね。投入された戦力的にはってことだろ。だけど、それが勝敗を決めるのにすべてじゃないことは海外の人たちがコメントしてる。

    海外の人のコメントが割と冷静なことに驚いた。隠されていた情報が出てきて変わってきてるな。
    [ 2014/06/25 16:22 ] [ 編集 ]
  368. 日本は一年しか戦えないと言ってたのに何で4年も5年も続いたのか?

    三菱、昭和通商、日本水産(白洲次郎)アメリカから石油買ってた。
    [ 2014/06/25 20:00 ] [ 編集 ]
  369. >>>俺たちはレーダーさんに感謝しないとな

    レーダーって日本人が開発したらしいね。

    なのに日本軍は使わなかった
    [ 2014/06/25 23:02 ] [ 編集 ]
  370. 日本の元々の方針は一つ
    欧米に干渉されず自存自衛できるようにしていく敵は主にソビエト
    緩衝地帯兼開拓地としての満州維持
    これだけだった
    満州にちょっかい出してくる馬賊を討伐→中国へ逃げ込む
    国民党にどうにかしろと依頼するも実効性無し
    ならばこっちから根拠地潰しに行く→どんどん逃げる泥沼化
    ここからは定番のあいつらがやったとのなすりつけ
    謝罪と賠償→拒否→アメリカでロビー(蒋介石嫁)
    自分たちに関係のない戦争で武器売れるうえにうまくいったら
    満州横取りかつライバルつぶしができると日本に圧力
    まさかの日本の対米戦争開戦日本が意外に強かった
    お前ら思い当たる節があるだろ
    [ 2014/06/26 04:57 ] [ 編集 ]
  371. ミッドウェー敗戦の原因は

    ・海軍首脳部の認識の甘さ
    図上演習等で撃沈判定を「それはないだろう。」と覆したり、珊瑚海海戦で打撃を与えた米空母ホーネットが修理を終え復帰する可能性を無視したり、本当に最悪の事態には陥らないであろうという楽観主義が蔓延していた。

    ・攻めることしか考えていない訓練体系と用兵思想
    日本海軍航空部隊は有利な状態での攻めには滅法強いが、一旦不利な状態になると滅法弱い。航空機の構造にしても工業技術の低さからくるものとはいえ防弾、防火に不備があったり、常にギリギリの設計をしていた。
    また索敵、偵察といった攻撃以外の行動も稚拙だった。

    ・死ぬことしか考えない精神教育
    戦場でわずかに被弾しただけで自爆をしたり、指揮官が沈む艦とともに自決したりと個々の敗北が決まった時点で生き延びて再起を図ろうという意識がない。これによって多くの有能な人材を失うことになった。

    ・諜報等情報戦に対する認識の甘さ
    ハワイ作戦では徹底されていた情報統制もミッドウェー作戦のころには民間人にまで漏れるほどに疎かになっていた。また常用していた暗号文がすべて米軍に解読されていることも気がつかなかった。

    要するに、ハワイ・マレー作戦で調子よくいったことが逆効果になって海軍全体に楽観主義が蔓延し日本の弱いところを全てさらけ出してしまったのがミッドウェー海戦。
    [ 2014/06/27 16:35 ] [ 編集 ]
  372. ミッドウェー真の敗戦の原因

    真珠湾攻撃後日本軍は米国と講和する予定だったので
    それ以降の作戦は立てて無かったのだ(;;)
    無論ミッドウェーでの小競り合いは予想していたが
    弱腰だったから負けちゃった(;;)
    勝つ気なら偵察隊も雲の上からじゃなく雲の下で偵察しろ
    艦隊の一部でも発見したら空母が近くにいるのは常識
    魚雷搭載して向かわなかった日本の失敗☆彡
    [ 2014/06/28 21:41 ] [ 編集 ]
  373. 何やったってどうせ負けるんだから、パールハーバーも失敗すればよかったんだよ!w
    [ 2014/06/29 13:05 ] [ 編集 ]
  374. 情報戦ってより、つまりスパイ、内通者だな
    ※34の忍者を途絶えさせてはいけなかったってのは激しく同感

    山本一派が怪しいってのは当時から既に多くの人が気付いてて…っていうか利敵行見てたら一目瞭然だったんだが、
    お人良しっつーか気が弱いっつーか、行動起こさずに敗戦まで指をくわえて傍観してるようじゃな
    日本的っていうか何ていうか
    今も全く同じだし、もう民族性なんだろうな

    信長とか暴れん坊将軍とか、強烈なワンマンリーダーシップでスパイばっさばっさ斬り捨てでもしないかぎり組織ってのは上手く機能しないんだろう
    [ 2014/06/29 14:36 ] [ 編集 ]
  375. 奇襲の形に拘って墓穴を掘ったね。
    ミッドウェイは日本は奇襲の必要は全くなかった。空母6と戦艦11を集中運用していたら、アメリカはどんなに技量と幸運があっても絶対に勝てなかった、とニミッツも言っている。横綱相撲で良かったのに。アメリカは奇襲でしか勝ち目は無かったが。どうも日本人は律儀というか、必要も無いのに奇襲という形にばかりこだわる。決戦海面にいたのは戦艦2(霧島と榛名)と重巡2(利根と筑摩)軽巡1(長良)だけ。大和を含む本隊は300海里も後方だ。無線も封止して米機動部隊情報も流さない。しかし暗号(戦略常務用D)は3割~9割解読されていて完全に日本軍の動きは特定されていた。いくらでも勝てた戦だったのだが。
    [ 2014/07/02 20:30 ] [ 編集 ]
  376. ※374※375
    空母集中の話に「敵が寄ってこないよ」ってエピソードは何なんだろね。
    連合艦隊が大出撃したが、南雲艦隊を支援できる艦船はわずか(鳳翔瑞鳳と7戦隊くらいか)。
    滑走路の地積の無い脆弱な島嶼基地に対する波状攻撃も無し。
    攻撃部隊の格納庫に出撃不能な機材まで積んでいたというナンセンス。
    年に一度の潮の日に向けた「奇襲上陸作戦」。どれもこれも欺瞞的要素が多すぎて目も当てられないね。野村米内山本井上って反日親米勢力ではどうもならないよ。
    [ 2014/07/03 10:51 ] [ 編集 ]
  377. 日本海軍滅亡の直接起源は海軍軍縮条約の延長否決自動撤廃と米海軍の大拡張計画成立+アインシュタインの原爆実現可能性の保証。
    スパイ山本は艦隊派に接近、博打が趣味と公言して英米のスパイと接触、情報と資金を得て各種工作を行ったんでしょうな。スパイ説から見た行動は一貫して矛盾が無い。
    高野五十六は山本姓と反維新政府の心を受け継いだんやねえ。
    太平洋戦争は賊藩出身者の日本人殺害計画みたいなもんや。
    [ 2014/07/03 11:01 ] [ 編集 ]
  378.  
    ミッドウエーの戦いは、アメリカの圧倒的な物量により負けたのではなかった。むしろ日本側が圧倒的に有利だったことが分かった。
    何で負けたんだろ。米371のようなことかなあ。
    日本側は敵機動部隊か陸上基地なのか作戦目標があいまいで、指揮官が優柔不断だったとか。
    [ 2014/07/03 15:54 ] [ 編集 ]
  379. 当時のアメリカの戦争における異常なまでの学習能力の高さってほんとすごいよな。
    [ 2014/07/04 15:37 ] [ 編集 ]
  380. 勝つはずも何も
    作戦が全部漏れて米艦隊が殺到してきてる時点でお察しだろう
    [ 2014/07/06 07:10 ] [ 編集 ]
  381. 総合的に負けるべくして負けた
    [ 2014/07/06 18:54 ] [ 編集 ]
  382. 敗因は一つじゃないからな
    ここで言われてるような要因が全部統合されて負けたとしか言いようがない

    ここで勝ったところで歴史はそう大きくは変わらないと思うけどね
    最低でもダッチハーバー攻略、西海岸戦で壊滅的打撃を与えられるくらいじゃなきゃアメリカは講和なんかに応じないだろう
    敗戦の年が1945が1946になるくらいの差でしかない
    [ 2014/07/07 21:23 ] [ 編集 ]
  383. やらせ戦争なんだよ
    ジグムンド、ウォーバーグのガキ、白洲次郎が昭和天皇からやらせ戦争のシナリオの情報を貰っていたからだよ、昭和天皇とスチムソンは内通してたんだよ、シベリアに多くの日本国民は心無い昭和天皇に売られた、
    [ 2014/07/09 14:46 ] [ 編集 ]
  384. 戦前、戦中の指導者層の「頭のゆるさ」が・・・。

    今も、その流れは受け継がれている。
    当時、反対してた人達と入れ替わっているだけだ。
    右から左にハンドル切っただけだしな。

    維新時の指導者達の優秀さは、「失敗すれば、奴隷になる」という危機感から、ヘタレ達が指導者になりたがらなかっただけだろう。
    国が安定し、維新時の生き残りがいなくなってから、迷走が始まった。
    [ 2014/07/12 08:16 ] [ 編集 ]
  385. ※4 シュタインズ・ゲートワロタ
    [ 2014/07/12 16:56 ] [ 編集 ]
  386. 敗因は諸々あれど結局、
    「赤の力」に屈したんじゃないのか?
    アメもこの後コレに苦労するww
    [ 2014/07/13 15:51 ] [ 編集 ]
  387. ※373
    空母外出中だったからパールハーバーは成功じゃないよ
    ミッドウェーで負けた最大の原因がパールハーバーが成功しなかった事

    ※384
    維新は優秀な人材が大量に死んだ勿体無い内戦だが
    そういう意味では、良い具合にふるいにかけられてたんだな
    内戦を生き残ったからこそ危機感を共有できていた
    [ 2014/07/16 18:37 ] [ 編集 ]
  388. 名無し
    ここで勝っても終戦が長引いただけってよくあるけど
    それって厭戦気分が蔓延→講和 の可能性もあったってことだから
    無駄じゃないでしょ

    まー核ができたり、大統領が日本人は虐殺だっ!て思考だったから
    やっぱりムリだったろーけど
    [ 2014/07/18 14:08 ] [ 編集 ]
  389.  
    日本側にスパイがいた。それで暗号がつつぬけ。
    [ 2014/07/20 11:31 ] [ 編集 ]
  390. 情報戦争とは・・・ウソも含めてスパイ活動、敵のすべてを知り尽くしてから行われるべし!・・・オランダ国王およびオランダ首相殿へ!戦争するなら支持するよ!
    [ 2014/07/21 17:52 ] [ 編集 ]
  391.  ■ 日本は世界征服を考えてたんだぞ。
            アメリカにだって勝てると思ってたでしょ。 アメリカ

    完全にKAかCAの書き込みやな
    [ 2014/07/21 17:52 ] [ 編集 ]
  392. 暗号は全部解明する必要はない。
    暗号と現実を付き合わせて行くだけでもいろいろわかるし。
    少しは謙虚になればその分違ったかも。
    [ 2014/09/10 08:25 ] [ 編集 ]
  393. 日本の暗号システムはむしろ優秀だった
    問題は未来永劫絶対に破られないと過信したことと、統計手法で暗号を打ち破ったアメリカの天才を褒めるべし
    日本海軍は情報戦を軽視してはいなかった(軽視していなかったから、AF(ミッドウェーで真水不足の偽情報)に嵌った)
    [ 2014/09/27 21:28 ] [ 編集 ]
  394. 日本は勝てるとは思ってなかったよ。
    日露戦争みたいに、ある程度勝ってるところで休戦条約を結べたらラッキーだと思ってたのが真相だったと思う。
    [ 2014/10/13 18:04 ] [ 編集 ]
  395. ミッドウェイで失敗の原因の一つとされる
    魚雷・爆弾の換装はセイロン沖海戦で同じ間違いを既にしていた。
    でも、勝ったからその反省をされず、ミッドウェイでそれが悪い方に出た。
    勝って兜の緒を締めよ。
    それを守っていれば、違う結果になっただろうに。
    [ 2014/11/07 18:35 ] [ 編集 ]
  396. 韓国を同じ文明人と錯覚し併合した時点で(ry
    [ 2014/11/22 23:18 ] [ 編集 ]
  397. 世界はクソだね
    負けると分かっていたら戦わないのかね?
    正義と悪なんて括りで一方的に攻撃するのが戦争なら戦争は無くならないね
    [ 2014/12/27 13:56 ] [ 編集 ]
  398. 次回勝てばいい。
    [ 2015/01/05 17:46 ] [ 編集 ]
  399. やっぱり一にも二にも情報戦かな?
    日本にいたアメリカのスパイは、いつも士官専用列車に乗っていたという話がある。
    士官だちの雑談に耳を傾けるだけで軍機はいくらでもキャッチできたそうな。もちろんミッドウェー作戦の事も…。
    [ 2015/01/20 20:50 ] [ 編集 ]
  400. アメリカの真の敵も日本じゃなかったけどな。
    山岡荘八は、日本と蒋介石を握手させるというほんの少しの親切を怠ったために中共を生み出した、と述べてたがまさにその通り
    なにこのイエローモンキーうぜぇって目先の感情に踊らされて対局を見誤ったのは日本だけでなくアメリカも同じでしょ。等しく愚かだよ。
    [ 2015/04/07 19:52 ] [ 編集 ]
  401. 意外と当時の日本の立場を知っている人がいてくれて嬉しい(小並感
    [ 2015/04/29 22:08 ] [ 編集 ]
  402. アメリカが圧勝したと思われがちだが死亡者はアメリカ側のほうが多かったという
    [ 2015/05/09 06:45 ] [ 編集 ]
  403. 「暗号が解読できた」っていうのが幸運だと思ってる人は心底お目出度い

    バカな日本人が英語は敵性語だといって禁止する一方で
    アメリカでは日本語の研究に余念がなかった
    [ 2015/07/01 22:00 ] [ 編集 ]
  404.      
    現在日本の軍事費はGDPの1%、当時はそれが50%
    だから凄まじい。 そういう時代だったのです。
    帝国主義全盛だからね。 
    政府が何とか軍事費を減らそうとするのも納得です。
    それに反発して統帥権とやらを持ち出して政府の
    言うことを聞かない軍部。 ようするに予算の取り扱い
    が政府と軍の最大の軋轢でした。
    貧乏国家が持てる力のほとんど全てを軍事に注ぎ込んだのが
    戦前の日本でした。 それで何とか世界標準以上の軍隊を
    ワンセットは作れました。 しかし補充までは無理でした。
    [ 2015/07/24 19:46 ] [ 編集 ]
  405. ※403
    一般市民への規制と国家、軍として研究を同一視混同してる時点で、
    分析の出来ない大本営みたいな人だね。
    [ 2015/08/04 12:56 ] [ 編集 ]
  406. 英語禁止していたのは本当だけど
    一応英語得意な人(海軍将校から)は情報部に
    集められていたのも本当
    ただ米国はレッド暗号はまだ未完成(ほぼ完成していたけど)
    ミッドウェイ作戦でどこにせめてくるかまだわからなくて
    ミッドウェイ島は水不足と暗号もかけないで発信して
    日本軍がAF(ミッドウェイ島)と断定できた
    どちらにせよ ミッドウェイで勝っても最終的には
    (物量で)負けていたけどね
    [ 2015/08/19 14:55 ] [ 編集 ]
  407. ミッドウェイ海戦に零戦乗りとして参加した原田要氏曰く
    「横須賀の街で飲み屋へ行くと”今度はミッドウェイだそうですね”って芸者さんが言うんだから。これはまあ、酷いもんですよ」
    「前の日にもう、向こうの飛行機が(日本の艦隊に)触接しているのに、それでも平気で行くんだから」

    ”暗号解読されていたから負けた”などと聞いていたが、どうやらそれすらも”大本営発表”じゃねぇか。。。
    敵さんが上手だった不可避の敗北という事にしないと都合が悪い人達がいて、原発事故は想定外の地震と津波のせいにしないと都合が悪い人達がいる。そして”大本営発表”
    どうやらこの国を動かす仕組みは今も昔も変わらない。

    ただただ、原田要氏をはじめ大戦を生き残った方々の長寿を心よりお祈りするばかり。
    [ 2015/08/20 21:57 ] [ 編集 ]
  408. ミッドウェー海戦については表面しか知らないけど、空母三隻失うとか海軍として論外やろ。
    背信者が居ったとしか考えられんのだが。
    [ 2015/10/21 20:50 ] [ 編集 ]
  409. 資源が無いから長期戦はいずれ負けるって言うけど、資源が無いから戦争するしかなかったんや!
    植民地いっぱいの強国や資源ザクザクの大国が助けてくれなくなったら滅ぶのを待つしかないやんか!!
    [ 2015/12/27 23:30 ] [ 編集 ]
  410. 愛国主義者
    日本は隣の国、中国に資源を取るしかなかったんだ。そんなことも知らずに日本は侵略をした謝罪しろ!!!とか言われてもねぇ。日本はただ資源を取りに行った、ただそれだけだ。
    [ 2016/01/26 11:13 ] [ 編集 ]
  411. 近衛首相は共産主義者だったし、山本五十六はハーバードでフリーメーソンに染まったアメリカの犬だった。
    近衛は日本を対米戦に引きずり込んで東条首相に丸投げで逃げ、山本五十六は日本の青年が一人でも多く死ぬように愚策を繰り返していた。
    海軍は山本はじめ共産主義者(フランクフルト学派)の巣窟だった。勝てるはずが無い。
    [ 2016/04/10 22:53 ] [ 編集 ]
  412. 日本と一緒に遠距離弾道ミサイルを作ってたけど間に合わなかったんだよね、あれができてたら勝ってたよ
    [ 2016/06/02 11:08 ] [ 編集 ]
  413. ミッドウェイ海戦で勝ってたら、日本は少なくとも敗戦国ではなかったんじゃないかな。
    [ 2016/08/07 15:01 ] [ 編集 ]
  414. 負けたから今の自由な日本がある。
    [ 2016/08/27 15:00 ] [ 編集 ]
  415. ミッドウェーは、日本側の5W1Hの一切合切の情報が米国側に察知される中で、空母4隻による「奇襲」を行おうとして4隻とも失うという大敗北を喫した戦い。なのに山本も南雲も責任を取らなかった(取れなかった)。
    戦争に負けるべくして負けた。そこに私はロマンなど見出さない。
    多くの死ななくて良かったはずの国民を死なせたんだから。
    [ 2016/12/04 23:38 ] [ 編集 ]
  416. 明治維新で大和朝廷が復活した=八紘一宇
    中曽根も当時の日本は自分たち以外は滅ぼす気だったという
    関東軍は中国でテロ活動をしノモンハンで長距離戦闘をして大敗し
    海軍はハワイに向かって長距離攻撃を仕掛けるも間に合う訳もなく中途半端に終わる
    ミッドウェイでは南雲が迎撃を躊躇し空母を全て失う
    ソロモン海戦では連合国艦隊を半壊させるも三川が途中で待ったをかける
    レイテでは栗田がもう手遅れだと言って囮になった第三艦隊を見捨てて敵前逃亡
    どこかの国と同じ遺伝子は変わらないということ
    [ 2017/01/11 18:30 ] [ 編集 ]
  417. >105

    対日石油全面禁輸は日本に対する経済制裁

    満州 中国からの撤兵が主たる条件。
    (撤兵条件の経済制裁は現代でも頻繁に有る)

    その頃 調子に乗っている日本の台頭を抑える為
    勿論日本の国内事情を考えれば 今更撤兵出来る訳が無い事は
    分かっていての制裁。
    >戦争がしたかった。 間違いでは無いが相手は日本では無く
    ヨーロッパの戦いへの参戦名目が必要だった。
    その頃孤軍奮闘していた英国援助の方が日本との戦争よりはるかに重要。当時中立宣言をしていたアメリカでは参戦の大義名分が無ければ議会で承認が得られない。
    そして仕掛け通りハワイ攻撃 日本の戦線布告後 三国同盟に乗っ取りドイツはアメリカに宣戦布告した。
    堂々と英国を助けられるシナリオが出来上がった。
    日本は二の次 いつでも潰せる自信と国力はアメリカには有った。

    といった話より三国同盟という国と国との約束を守り当時のドイツは参戦を即行い戦争と言う題材は悪いが とにかく約束は守った。
    あのナチスでさえ・・・
    つまり銅像をどかすと言う簡単な国同士の約束も守れない朝鮮人及び南朝鮮はヒトラー以下であり国家としては認めてはいけない存在である。
    ミッドウェイにおいての機動部隊同士の戦い等知る由もない奴らの話で締めくくります。



    [ 2017/02/18 00:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング