fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「信長は世界最高の大将だ」 長篠の戦いに外国人も興味津々

1575年6月、長篠城をめぐり織田・徳川連合軍3万8000と、
武田勝頼軍1万5000とのあいだで争われた、長篠の戦い。
当時最強の部隊と謳われた武田軍の騎馬隊に対し、
連合軍側は馬防柵を設け武田の騎馬隊を迎え撃つ戦術を採用。
さらに鉄砲を3000丁用意し、「三段撃ち」戦法を用いて勝利を収めます。
この戦いでの勝利をきっかけに、信長は「天下人」として台頭することに。

長篠の戦いの代名詞とも言える「三段撃ち」ですが、
本当に行われたのかは疑問視されており、「信長公記」にもその記述はなし。
3000丁という鉄砲の数も定かではなく、その半分程度という説もあるそうです
(いずれにせよ、大量の鉄砲を用いたことが大きな勝因と考えられている)。
また武田騎馬隊も虚構であったなど、様々な見方があるようです。

動画は日本の戦国時代を舞台背景においたゲーム、
「TOTAL WAR:SHOGUN 2」の映像を使ったマシニマ(CG映像)で、
長篠の戦いの様子が映像化されています。

実際の戦闘がどんなものだったのか。
諸説ありますが、とにかくも日本史を代表する合戦の1つといえるこの戦い。
外国人からは様々な反応が寄せられていました。


Shogun 2 Total War machinima Battle of Nagashino





■ (武田側の)大将は、自軍の兵士を全滅させたかったみたいだな……。 ドイツ
  


   ■ 実際の戦闘を元に作られた動画だ。
     当時の日本人は、現代の人間には理解することが出来ない、
     「名誉」というものをとても重んじてたんだ。
     あえて言うなら、「己の義務に徹しろ」ってところかな。
     たとえ、その結果命を落とすことになっても、
     任務を遂行することは最大の名誉だったんだ。 フィンランド



   ■ 当時銃相手の戦術としては一般的だったんだよ。
     銃が戦闘に加わってからは、馬を使って突撃させてたの。
     馬の速さのほうが、銃の弾を新たに込める速さよりも上だから。
     実際には通用しなかったけど、一般的な戦術だった。 フィリピン
  


■ (織田・徳川軍)の勝利は何も銃のおかげではないだろ。 
  とはいっても、重大なファクターであったことも確かだけど。 カナダ




■ なんか映画「ラストサムライ」の戦闘シーンを思い出した。 デンマーク




■ センゴクジダイの知識をほぼすべてゲームから得てる俺は変かな?w アメリカ




■ まぁタケダの戦術はちょっとな。何度やってもオダが勝ったろう。 カナダ
    



■ もしタケダ・シンゲンがいたら、色々と大幅に変わってただろうな。 アメリカ




■ あの戦闘の日って、雨が降ってたんじゃなかったっけ? アメリカ  



   ■ いや、雨が降ってたのは戦闘の前日ね。
     そのせいで戦場の地面は荒れた状態だったんだ。
     もし当日も雨だったら、オダの銃兵は深刻な問題に直面しだだろう。 ブラジル



■ 前からずっと気になってたんだけど、戦闘時にサムライがいつも持ってる、
  エアバッグみたいなあれは何なんだ? ドイツ



   ■ あれはホロって呼ばれてるものだ。
     矢による攻撃から守るために使われてて、実際かなり効果的だった。
     たいてい絹や羊毛から作られてたみたい。 アメリカ 



■ 側面からの攻撃っていうのは全然頭になかったみたいだねw アメリカ



   ■ やったんだよ。この動画では紹介されてないけど。
     オダは地の利を完全に使って、側面攻撃をされないようにしたんだ。 日本在住



■ こうしてタケダは滅んだわけだ。個人的にカツヨリはよくやったと思うけど。 アメリカ




■ 父であるシンゲンが築き上げたすべてを無駄にし、
  ノブナガによってタケダ家を滅ぼされてしまうなんて、残酷な運命だ。
  君たちもそう思わないか? クウェート



 
■ 戦闘で火縄銃を用いるっていう概念に達したのは、
  多分世界的に見てもオダ氏が初めてなんじゃないかな。 アメリカ  




■ シンゲン・タケダは草葉の陰で怒り狂ってただろうな。
  騎兵隊の使い方としては最低レベルだろ。 アメリカ



   ■ それは間違いなさそうだ……。
     シンゲン・タケダは、カツヨリ・タケダよりも2段階はレベルが上だった……。
     それでも、ノブナガ・オダもまた、稀代の戦略家だったって事実も、
     ちゃんと考慮しないといけないけど :) ギリシャ 



■ あの赤軍は矢を使うべきだったんじゃないかな……。 アメリカ




■ タケダ・シンゲンは偉大だった!!!!
  タケダ・カツヨリは愚将だった!!!!
  もっとこういう戦国時代の動画を作ってくれ!!! イギリス




■ どうしてタケダの騎馬隊は突っ込むんじゃなく、側面攻撃をしなかったんだ? カナダ



   ■ 実際の戦闘では、銃兵の50~60メートル手前に川があったために、
     タケダの騎馬隊はそこまで速く駆けることが出来なかった。
     それで騎馬隊は火縄銃の餌食になってしまったんだ。
     オダの火縄銃部隊は次から次に射撃しまくったから。
     ヤリの部隊が騎馬隊の後ろに控えてはいたんだけど、
     タケダ軍は火縄銃の火力に対してあまりにも無力だったんだ。 ポルトガル 



■ こんな戦闘が実際にあったなんて信じられない。
  (武田側の)兵士たちは可愛そうだな……。 マレーシア




■ 一応言っておくが、この悲劇の責任はタケダ・カツヨリにある。 アメリカ




■ オダ・ノブナガは世界最高の大将の一人だ。 イタリア




■ オダが常に最高である理由がお分かりいただけただろうか。 フィリピン




■ 槍兵のど真ん中に騎馬隊を送り込むなんていう、
  輝かしい戦術を採った大将の名前はなんて言うの? 国籍不明



   ■ タケダ・カツヨリだ。オダとトクガワの軍隊を過小評価して、
     高名なタケダの騎馬兵1000人を犠牲にした。 アメリカ



   ■ タケダの騎馬隊は、敗れることがないって当時は考えられてたんだ。
     この戦闘の結果には、日本中に動揺が走ったくらいなんだよ。 カナダ    


 
   ■ この戦いまでは、タケダはそうやって勝ってきた。
     だけどシンゲンの息子は、敵が対策を練ってきた時、
     その戦法は通じないってことを認識出来るほど賢くなかった。
     しかも攻撃お開始するのが早すぎたっていう面もある。
     もっとも、完全に浅はかだったって言うわけではないが。
     その時は雨が降ってたから、火縄銃は使えなくなるって踏んでたのよ。
     実際はそうはならず、破滅に向かうことになるわけだけど。 アメリカ



   ■ タケダ・カツヨリ……。
     父はあの偉大な将軍、タケダ・シンゲンだ……。
     残念ながら……息子は優秀ではなく、タケダ家を滅ぼしてしまった。 セルビア



      ■ タケダ家が滅亡したすべての責任が、カツヨリにあるとは思わない。
        シンゲンがこの世から去った時に、タケダ家の命運が尽きたんだ。
        誰が頭であろうと、その運命から逃れる事は無理だった。 オーストラリア




  

「連合軍に対抗する術を持たなかった」といった理由で、
また父・信玄と比較する形で、勝頼に対する批判が目立ちました。
日本でも「武田氏の滅亡を招いた」というネガティブな評価が少なくありませんが、
信長自身は勝頼を、勇猛な武将として評価していたそうです。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2014/04/13 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング