パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「大和さえ沈まなければ日本は…」 戦艦大和の最期に外国人も悲痛

1937年11月に起工され、1941年12月に就役となった、史上最大の戦艦、大和。
これもまた史上最大となる46cm主砲3基9門を備えており、
防御面においても、重要区画には対46cm砲防御を施していました
(アメリカが大和の兵装の詳細を知ることになるのは戦後のことで、
それまでは、日本には46cm砲を作る技術はないと推測していたそうです)。

1945年4月7日、天一号作戦において米軍の猛攻撃を受け、坊ノ岬沖で撃沈。
大きな戦果をあげることは出来なかった大和ですが、
大和の建造で培った技術は、戦後の日本の工業の発展に大きく寄与したそうです。

映像は、主に大和の最期にスポットを当てたもので、
投稿者さんは大和の沈没を、単に大日本帝国海軍にとどめを刺しただけではなく、
大艦巨砲主義の時代の終りとなるものであった、と表現されています。


The Last Battleship: IJN Yamato





■ 良い動画だなぁ。
  海の女王たちが、今なお忘れ去られてなくてなんか嬉しくなるね。 アメリカ




■ ビックリした。あんな大きかったんだ。
  アイルランドの空軍は戦闘機が18機と小さな軍艦があるだけw アイルランド



   ■ そんな話オラ信じねー……。
     だってアイルランドって大きな国じゃんよ……。 マレーシア 



■ この動画はヤマトに対する素晴らしいトリビュートだね。
  だけどちょっと納得いかないことが1つだけ。
  若い少尉の写真については分からないけど、
  二枚目の写真はニシムラ中将だよね。
  記憶に間違いなければ、あの人はヤマトとは関係がないはずだけど。 アメリカ



   ■ ニシムラ中将はヤマトに乗ってたって聞いたことあるぞ。
     でもヤマトの乗組員の写真を見つけるのはかなり難しいでしょ。
     ヤマトは極秘の戦艦だったわけだし。
     彼女の姉妹艦であるムサシの写真は多いよね。
     とにかくも、素晴らしい動画だったよ。 国籍不明



■ 日本とアメリカのすべての海兵隊達と同じように、
  ヤマトとその乗組員達が忘れ去られる事が絶対にありませんように。 アメリカ




■ シナノは初航海でアメリカの潜水艦に撃沈されちゃったんだっけ。
  単独の潜水艦によって沈められた史上最大の戦艦がシナノなんだよね。 マレーシア




■ ヤマトは最強だったって言われてるけど、それは違うと思う。
  艦砲の動きは遅いし、舵が1つしかなかったっていう点も含めて欠陥が多かった。
  その点アイオワ級は速かったし、舵も2つあったからね。 アメリカ
    

 
   ■ 確かにヤマトにはメインの舵が1つしかなかった。
     だけど舵取りが出来る補助の舵もついてたぞ。 イギリス



■ ヤマトの排水量ってアイオワ級よりも2万トンも多かったんだぜ。 アメリカ 




■ この怪物は、46cmの主砲を持ってたんだ!
  アメリカの最大の戦艦、アイオワ級だって約40センチだっていうのに! アメリカ




■ 「最後の戦艦」って表現になってるけど、実際は違うよね。
  終戦直後に起工された英海軍のヴァンガードが最後だ。 イギリス



   ■ ヤマトは歴史上最後に沈没した戦艦だから。
     もし嘘だと思うなら自分で調べてごらん。 アメリカ



■ その全貌を想像することすら難しいね。
  控えめに言っても、素晴らしく美しい戦艦だった。
  大きな戦果をあげるかと思われた人類史上最高の偉業の1つが、
  ああいった終わりを迎えてしまうなんて、ただただ残念だ。
  本当に偉大な戦艦だったよ。
  テンゴウ(天号)作戦に出撃した乗組員たちに、敬意を表したい……。 アメリカ




■ 戦艦よりも空母が大きな役割を担うようになってたんだよね。
  空母の登場が、ドレッドノートの時代を終わらせた。 アメリカ

  (※ドレッドノート:イギリス海軍の戦艦。超ド級の「ド」はこの艦に由来する)


 
■ WOW 本当にあの巨大な怪物を海の底から引き上げたの?
  2:51を観る限りそうみたいだけど。 フィリピン  



   ■ あれは実際にはヤマトの残骸の模型だよ。 アメリカ



■ ヤマトとムサシは史上最大かつ最も美しい戦艦だ。
  戦争なんて馬鹿げた物の為に作られたんだから、複雑な気持ちだけど。 国籍不明 




■ これは単に鉄の無駄遣いだった。
  意味もなく多くの兵士が犠牲になったのは本当に残念だ。 ドイツ




■ ヤマトの乗組員たちは、誇りと共に、戦士として亡くなったんだ。
  祖国に尽くして命を落とした英海軍のフッドの乗組員たちや、
  ドイツのビスマルクの乗組員たちと同じようにね。 イギリス




■ この動画を作った人に敬意を表したい。本当に心を震わされた。
  ヤマトは奇跡のような戦艦だったし、
  もっと良い最期が用意されていても良かったように思うね :( フィンランド




■ 忘れ去られるには偉大すぎる戦艦。
  日本にはまた、ヤマトくらい素晴らしい艦船を作って欲しいな。 国籍不明




■ 史上最強の戦艦だったね。空母が開発されたのが痛恨事だった。
  空母がなければ、ヤマト、ムサシ、ミズーリ、アイオアといった戦艦が、
  そのまま海を支配し続けていただろうに。 アメリカ




■ マジでさ……歴史上一番巨大な戦艦だから何なの?
  結局日本を守れなかったじゃん。最後にはアメリカが勝ったんだ。 アメリカ




■ ヤマトはもっと早い段階で投入されてれば、戦局に違いを生んだと思う。
  だけどその象徴的な名前のせいで、上層部は投入をためらったんだ。
  「ヤマト」は日本文化が花開いた地の古い呼び名だし、
  古代日本のことを指す名前だったから。 アメリカ 




■ たしかにヤマトはあの時代、最強の戦艦だったさ……。
  だけどあの大戦では、巨大な戦艦を製造する必要性はなかったんだ。 
  戦艦の代わりに、空母の重要性が高まっていたから。
  ヤマトが生き残れなかったのは残念に思うよ。
  彼女は人類史上最大の戦争における、記念碑的な存在だから。
  シナノも言うまでもない。当時世界最大の空母だったけど、
  戦闘機を一機も艦載してない状態で沈んでしまった……。 ハンガリー




■ ヤマトはスーパーと言える戦艦だった。
  もしヤマトさえ沈まずに残ってれば日本は勝ててたかもしれない。
  魚雷を2発受けても、なお沈まなかったほどの戦艦だったんだから。 マレーシア




■ ヤマトは、「THE 戦艦」って言えるような存在だね。 ギリシャ    




■ ビスマルクとヤマト、どっちが最強の戦艦だったのか気になる。 スイス



   ■ どっちでもないでしょ……。両方共沈んちゃったもん。イスラエル



■ ヤマトはやっぱり歴史上ベストって言える戦艦なわけ? イタリア
  


   ■ あり得ないくらい優れた戦艦ではあった。間違いなく。
     ベストって言えるかどうかは定かじゃないけどね。
     動きが遅くて、旋回するには艦長が彼女に懇願する必要があった。 アメリカ



      ■ あのサイズを考慮すれば、他の戦艦と比べてメチャクチャ速かったぞ。
        実際一番速い戦艦の1つっていう位置づけだろ。 アメリカ
 

 
■ どうしてヤマトに特攻させるなんて馬鹿げた作戦に出たのか、理解できない。
  あの時に戦闘機のサポートがあれば勝てたはずなんだよ。
  多数の戦闘機相手に艦船で立ち向かうのは賢い手とは言えん……。 スウェーデン




■ 鋼鉄の女王に心からの賞賛を送ります。
  亡くなった多くの兵士たちのことも、俺達は忘れちゃいけない。 ドイツ




  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/04/17 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(473)
Powered By 画RSS
  1. さらば 地球よ 旅立つ船は
    [ 2014/04/17 23:04 ] [ 編集 ]
  2. しかし
    外国人の方が日本人より大和の詳細を知っている感
    [ 2014/04/17 23:04 ] [ 編集 ]
  3. 動画のほうは反日コメであふれている予感
    [ 2014/04/17 23:09 ] [ 編集 ]
  4. やまとはせんかんのまほろば
    [ 2014/04/17 23:09 ] [ 編集 ]
  5. 日本の戦艦は性能は高かったよ
    アメリカの核実験でも日本から拿捕した戦艦はなかなか沈まなかったし
    でも最初から物量が違いすぎる
    [ 2014/04/17 23:10 ] [ 編集 ]
  6. このタイミングで沈没ネタ
    [ 2014/04/17 23:10 ] [ 編集 ]
  7. このタイミングで沈没ネタ
    [ 2014/04/17 23:11 ] [ 編集 ]
  8. 最高に美しい戦艦
    [ 2014/04/17 23:11 ] [ 編集 ]
  9. 「どこをいじろうが何をどうしようが、日中戦争時点からの歴史改変ではもう日本を勝たせようがない」てのは軍ヲタ界隈でも大体定説化してると思う。
    それでも、この艦をもっと使い潰す勢いで前線に突っ込めば少しはマシな負け方ができたんじゃないかと思うことはある。
    せめて、もう少し軍事的に意味のある沈み方をさせてやれたんじゃないかと……
    [ 2014/04/17 23:11 ] [ 編集 ]
  10. 大和とビスマルクだなんて・・・
    比較しちゃいけないレベルなんだがな
    [ 2014/04/17 23:13 ] [ 編集 ]
  11. 大和の沈没が大艦巨砲主義の終わり?
    [ 2014/04/17 23:16 ] [ 編集 ]
  12. バルバス・バウかこいい
    [ 2014/04/17 23:17 ] [ 編集 ]
  13. 戦争は総合力。
    大和にしろ四式戦にしろ資源のない日本では宝の持ち腐れ。潤沢な油、良質な油があったなら・・・大和や四式戦が活躍する機会もあっただろうに。
    [ 2014/04/17 23:17 ] [ 編集 ]
  14. 港に停泊したままで、日本国民からも馬鹿にされてた大和に残された道は特攻だけだったんだよ。
    [ 2014/04/17 23:23 ] [ 編集 ]
  15. >もしヤマトさえ沈まずに残ってれば日本は勝ててたかもしれない。

    沈まなかったとしても沖縄でセルフ座礁して固定砲台化の予定
    アホか
    [ 2014/04/17 23:26 ] [ 編集 ]
  16. そら帆船時代の舳先には女神像が設えてたりされてたけど、20世紀の『ビスマルク』だの『プリンス・オブ・ウェールズ』だの『武蔵』だのといった鋼鉄戦艦まで女王と呼ぶのにはちょっと違和感が
    そもそも日本船は古代より『~丸(麻呂)』だったし

    まぁ「艦これ」なんてのが流行ってるそうですが
    [ 2014/04/17 23:30 ] [ 編集 ]
  17. 日本にアメリカと同等の資源があれば勝ってたと思うよ
    [ 2014/04/17 23:30 ] [ 編集 ]
  18. ※5
    戦争が終わったあとにアメリカ軍の水爆実験の威力を確かめるために使われたのが長門。
    拿捕ではなくて接収な。
    [ 2014/04/17 23:30 ] [ 編集 ]
  19. ど根性とは、ドレッドノート根性の略だったのね。
    初めて知ったよ。
    [ 2014/04/17 23:31 ] [ 編集 ]
  20. まあ、資源だよね米帝プレーには勝てません
    だからアレだけアメリカは中東に必死に成る
    [ 2014/04/17 23:32 ] [ 編集 ]
  21. 武蔵の最後もすごいよ
    [ 2014/04/17 23:32 ] [ 編集 ]
  22. 次やったら日本が勝つよ
    [ 2014/04/17 23:33 ] [ 編集 ]
  23. 大鑑巨砲主義の時代の終わりを象徴する戦艦だったのは確かだね

    とにかく最高に格好いい戦艦
    [ 2014/04/17 23:33 ] [ 編集 ]
  24. おれ、やっぱり戦後のドイツ人は嫌いだな
    [ 2014/04/17 23:36 ] [ 編集 ]
  25. よくドーラ・グスタフなんてクソの役に立たないものを何故作ったのか?という話になるけど
    あれって、設計時は航空支援のない時代なんだよね
    要塞や膠着した塹壕を突破するのに、年間単位の戦闘期間、数十万の戦死者のことを考えると
    安いもんなんだよな
    東部戦線の地獄を経験すれば、あんな兵器を作ろうって気にもなるわな

    戦略は変わっていく、大艦巨砲主義がとっくに終わって航空戦力が大切だと日本は理解していた
    航空戦力のみで初めて戦艦を沈めたのも、また当時の帝国軍だったんだから
    [ 2014/04/17 23:37 ] [ 編集 ]
  26. 日本がドローに近い、最低限の条件で講和へ持っていくには
    錬度の高い空母機動艦隊を維持し続けなきゃいけない訳で
    こっちが損耗してる間にお米は月間レベルで空母や艦載機など新兵器続々投入してくるし
    一方日本は商船や戦艦を改造して対応しても艦載機やパイロット不足で詰む
    ミッドウェーと、それ以降の戦いも相手が壊滅な完勝を続ける無理過ぎる戦いだからな

    哀しいかな空母の有用性を示したのも日本という悲劇ってのも皮肉だったり…
    [ 2014/04/17 23:41 ] [ 編集 ]
  27. 戦前の写真の最後
    艦橋の左右に副砲が在る
    堪らない、胸熱~
    [ 2014/04/17 23:43 ] [ 編集 ]
  28. 大和はわざわざ死ににいったようなもんだよ

    不沈なんて戯言って分かっていたはず
    [ 2014/04/17 23:43 ] [ 編集 ]
  29. ※14
    また見てきたような嘘を。
    そもそも当時の一般国民は大和の存在すら知らんがな。
    当時の国民の間じゃ日本海軍の象徴は長門と陸奥ですし
    ただ大和ホテルってのは士官の間じゃ有名だけど長門と陸奥も実は似たり寄ったりという…

    実際米海軍も一番警戒してたのは金剛級ですから…



    ※13
    潤沢な油があったら戦争回避の道もあったろうに
    妙な決戦思想に凝り固まる機会を与えた日本海海戦が一番悪いんじゃ(錯乱
    [ 2014/04/17 23:43 ] [ 編集 ]
  30. > あの時に戦闘機のサポートがあれば勝てたはずなんだよ。

    まともなパイロットが残ってりゃ、瑞鶴を囮なんかに使うかい。
    [ 2014/04/17 23:44 ] [ 編集 ]
  31. アイオワ級こそ戦艦としては微妙だろ……
    当時の米艦なんてスペック詐欺ばっかりだぞ
    [ 2014/04/17 23:45 ] [ 編集 ]
  32.  
    大好きな戦艦だし、日本の誇りだとは思う
    ただ、どんなに優れたものでも
    運用方法を間違うか、あるいは
    運用すべき状況を創れなかったのだとしたら
    それは無用の長物でしか無い

    現代に例えるなら「かんぽの宿」等の
    使い方を間違った立派で無駄な箱物と同じだ

    国を傾ける癖が抜け切らない我が祖国
    [ 2014/04/17 23:46 ] [ 編集 ]
  33. そもそも資源主導権握られてる時点で既に負け勢力な訳で
    まぁ最後の抵抗だわな
    その辺分かってれば
    なぜ現在中東の核武装を意地でも認めたくないかは一目瞭然
    [ 2014/04/17 23:48 ] [ 編集 ]
  34. 燃料がなあ

    大和を出し惜しみせず投入していたら
    結局アメリカに対策を練る期間を与えたろうし
    まあそれを日本は一番憂慮していたんだろうけど
    こちらに物資がない限り大局は変わらなかったろうなあ

    「ヤベエ、あれよりすごい戦艦作らなきゃ!」
    となったらアメリカ、何年で大和に勝る戦艦を作ったろうか
    或いはとっくに不要論でやっぱり艦載機で殴りこんでくるのかな
    [ 2014/04/17 23:51 ] [ 編集 ]
  35. 戦勝国右翼って当時の日本を根ほり葉ほり粗探ししてボロクソ言うけど
    当時の日本の立場になるのを何より恐れてるよなw
    全く同じ条件なら負ける気せんわ
    [ 2014/04/17 23:53 ] [ 編集 ]
  36. 日本とアメリカでは防空能力が段違いだしなー

    日本の高角砲の扱いにくさに引き替え、米の両用砲の性能のよさ。
    VT信管だけではなく、高性能な射撃管制装置、命中精度。
    日本の射程の短い25mm基準に対して米の40mmボフォース

    46cmの巨砲があったところで、最大射程では着弾まで三分半。米の砲は長砲身だし射程はさほどかわらない
    それに長射程で撃ったところでまず当たる事は期待できない

    総合力ではアメリカの艦の方が上だろな
    なにより航空機の時代、防空能力の優位性は大きい
    [ 2014/04/17 23:53 ] [ 編集 ]
  37. ※5
    それよく言われるけど有名な間違いね。
    クロスロード作戦で沈んだ戦艦は長門ともう一隻のみ。
    参加した5戦艦のうち残りの3隻は沈まなかった。
    沈んだアーカンソーはほぼ側面至近距離で核が炸裂して轟沈という不運。

    実験の結論は日本艦が優秀とかそんなんじゃなく、大型艦艇は爆心からの距離や向きによっては核爆発から充分耐え切れるといったもの。
    [ 2014/04/17 23:53 ] [ 編集 ]
  38. 竣工した時には既に戦艦を時代遅れにしてんだから沈んでなかろうが大して変わらんわな
    ドイツのビスマルク級にしたって二番艦のティルピッツはお荷物と化してたし
    制空権制海権が確保出来てるんなら艦砲射撃の投射量は航空爆撃よりもデカイけどね
    [ 2014/04/17 23:53 ] [ 編集 ]
  39. よく大和みたいな大戦艦より空母作るべきだったという人いるけど、空母機動艦隊構想と航空機による飽和攻撃が形になったのは大和起工後なんだよね・・・
    初期段階の大和なんておまけ程度の対空装備しか積んでなくて両舷には3連装副砲をさらに2基積んでたぐらい打撃特化だったし。
    3番艦の信濃を装甲空母に切り替えたのも相当の思い切りだったけど、構造が空母よりじゃないから足遅いわ、搭載機少ないわで…
    [ 2014/04/17 23:54 ] [ 編集 ]
  40.  >たしかにヤマトはあの時代、最強の戦艦だったさ……。
      だけどあの大戦では、巨大な戦艦を製造する必要性はなかったんだ。 
      戦艦の代わりに、空母の重要性が高まっていたから。

    いや、大和が設計開発されたのはWWⅡの前、大艦巨砲主義の時代ですから
    そもそも空母機動部隊での有用性を世界に示したのは真珠湾攻撃だからね
    [ 2014/04/17 23:55 ] [ 編集 ]
  41. ビキニ環礁では100隻くらいあったからな軍艦

    アメリカの空母で二発耐えたのもあったような

    ドイツの巡洋艦がめちゃ耐えたように記憶してる
    ティルビッツだったか
    [ 2014/04/17 23:56 ] [ 編集 ]
  42. 日本人は米英によって骨抜きにされてしまったな
    [ 2014/04/17 23:57 ] [ 編集 ]
  43. 後出しジャンケンやって自分が有能だと悦に入る糞歴史ヲタは
    全員市ねばいいのに
    しかも後出しの癖に、知識も誤ってるとか・・・
    マジで糞歴史ヲタは絶滅して欲しいわ
    [ 2014/04/17 23:58 ] [ 編集 ]
  44. 大和が残っててもあの状況で戦争に勝つのは困難だったと思うよ、真面目な話
    せめてミッドウェイで勝ててたら、とは思うけど
    [ 2014/04/17 23:59 ] [ 編集 ]
  45. 砲のインチ数より防御力だろ
    最新鋭の区画化思想とか装甲厚
    当時では最先端設計だった
    [ 2014/04/17 23:59 ] [ 編集 ]
  46. >日本人は米英に骨抜きにされてしまったな


    だよなー
    お前みたいになんでも他人のせいで、陰謀論や被害妄想に取り憑かれてるバカばかり
    [ 2014/04/18 00:00 ] [ 編集 ]
  47. 元々大和や武蔵は対戦艦に秀でた大和級二隻と空母二隻を揃える丸三号作戦の副産物だろ
    空母完成しなかっただけで
    [ 2014/04/18 00:00 ] [ 編集 ]
  48. その気になれば、今の日本だってこの程度の船は造れるって。実際、もっとでかいタンカーとか造ってるし。
    [ 2014/04/18 00:02 ] [ 編集 ]
  49. 大和は戦艦が相手なら長射程と推力で強いよ
    あくまで戦艦が相手なら
    [ 2014/04/18 00:02 ] [ 編集 ]
  50. 美しい艦、大和
    [ 2014/04/18 00:03 ] [ 編集 ]
  51. どうやってもアメリカには勝てないだろにw

    アメリカ本土でも占領しなけりゃ無理。
    しかしそれは不可能w

    ミッドウェイで勝とう何しようが、戦争が長引けはドイツを片付けたソ連が背後から襲ってくる

    無理ゲーです
    [ 2014/04/18 00:03 ] [ 編集 ]
  52. ※44
    ミッドウェーで仮に勝ってても、米帝は次々に新手を繰り出してくるぞ
    どう頑張ってもいずれは物量で押し潰されるし、忘れちゃいけないが欧州戦線の始末が付けば、あのソ連赤軍が満州に雪崩れ込んでくる
    日本が負けたのは純軍事的に必然だったんだよ
    [ 2014/04/18 00:04 ] [ 編集 ]
  53. 大和と武蔵に対しての命中弾の数なんですけど
    日米でけっこうズレがあります。昔読んだ本だと

    大和 日本側記録は命中魚雷8 
    米側記録12

    武蔵 日本側記録 命中魚雷19 
    米側記録 魚雷25、爆弾45 ロケット弾17だったかな

    日本側発表→混乱の中で正確な数がわかったとは思えない

    米側発表→パイロットが手柄欲しさに盛ってそう

    信憑性の高いのはどちらなんでしょう?
    [ 2014/04/18 00:06 ] [ 編集 ]
  54. 日米での戦果発表の違いなんて珍しくともなんともない

    盛ったり誤認したりで戦争中の戦果発表はどちらも当てにならない

    信頼できるのは、自軍の被害報告と戦後に調査したもの、だね
    [ 2014/04/18 00:08 ] [ 編集 ]
  55. ■ ヤマトとムサシは史上最大かつ最も美しい戦艦だ。

    生まれて初めて大和型戦艦見た時は戦慄したなぁ。
    一瞬で心を奪われたわ。
    外国の人にもそう思う人がいるとちょっと嬉しい。
    [ 2014/04/18 00:09 ] [ 編集 ]
  56. ああいう沈み方をしたからこそ、記憶に残ってるんだろう。集団で殴り合ったうちの犠牲その1とか、戦後にさらし者にされるよりはまだしもだ。
    [ 2014/04/18 00:09 ] [ 編集 ]
  57. 仮にミッドウェーに勝っていたら
    米国は西岸に注視をせざるを得ず
    欧州戦線の支援が滞っていた。
    何も変わらないは有り得ない。
    [ 2014/04/18 00:11 ] [ 編集 ]
  58. 海中の菊の御紋に泣いた(´;ω;`)
    [ 2014/04/18 00:11 ] [ 編集 ]
  59. 嘘か本当か当時の米艦隊司令も航空機で大和を沈め残念がってた節があるとか
    戦艦同士による最後の戦闘のチャンスが失われたわけですし
    [ 2014/04/18 00:14 ] [ 編集 ]
  60. 米軍の報告にしても盛ったりはしてないんだよ

    至近弾でも戦艦やら空母などの巨艦が見えなくなるほどの水柱が上がるからな、命中と誤認しやすい

    魚雷より飛行機の方が早い上、対空放火で確認も難しい
    何機も魚雷落とすから誰の魚雷が当たったのかも確認困難

    巨艦だと戦闘中に何発当たったか、部署によって報告違うなんてのもある
    [ 2014/04/18 00:14 ] [ 編集 ]
  61. >36

    だから当時の米戦艦なんてスペック詐欺だって。防空能力が違うのは認めるけど、戦艦の価値はやはり主砲によってどれだけの戦果をあげられるかでしょう。そして戦艦の真価とはやはり陣地攻撃に一撃の威力と投射能力。相手の戦艦と戦った時にどっちが強いか。その意味ではやはり大和型の方が上だと思う。
    長距離砲戦で当たらないのはお互い様。レーダー射撃なんて夜戦でちょっと有利くらいの気休めです。速度にしてもアイオワは全力航行しながらだと撃てないんだから意味ない。結局は同じスピードで中距離以下での殴り合いとなり、そうなると装甲厚い大和だと思う。てか2万トンも重い戦艦が巡洋戦艦に負けちゃいかんでしょ。
    まあやってみなくちゃわからんけどね。やはり大和型が当時世界最強でいいと思う。
    [ 2014/04/18 00:14 ] [ 編集 ]
  62. あの時点で大和があったって戦局にはなんら変化はない
    出し惜しみせず最初から全面に押し出して戦ってたらまだ役には立ったかもしれんが
    力を入れるなら戦艦じゃなくて
    とことん飛行機につぎ込めば良かったな
    飛行機は機体性能とパイロットの技能次第でまだ張り合える分野だったが互角かそれ以下の性能では人的損失が計り知れない
    物量で負けてるなら質で勝負というなら
    人的損失ももっと重要視すべきだった
    日本軍は人命を軽んじすぎた
    [ 2014/04/18 00:15 ] [ 編集 ]
  63. 大和が沈まなくても敗戦は濃厚だったと思う

    それを考えると沈まずに日本の造船のシンボル的な形で残っていてくれたらなと

    まぁ 当時を考えると終戦まで生き残ってもアメリカに沈められただろうけどね・・・
    [ 2014/04/18 00:16 ] [ 編集 ]
  64. 航空機で沈めたかったんではないよ

    戦艦で沈めたがった

    ミッチャーやらスプルーアンスのwikiにあったはず
    [ 2014/04/18 00:17 ] [ 編集 ]
  65. 空母を作ったって、搭乗員を育てられないから的になるだけ。
    空母の重要性がいくら高くても、肝心の搭乗員育成に時間が掛けられない以上、空母を多く作っても宝の持ち腐れになる。
    よって、建艦ペースは搭乗員に合わせざるを得ない。
    戦艦も多数の問題を抱えてるけど、空母も問題点は多い。
    空母を沢山作るべきだったって人は、そこらへんはどう考えてるんだろう?
    [ 2014/04/18 00:17 ] [ 編集 ]
  66. 男たちの大和
    [ 2014/04/18 00:20 ] [ 編集 ]
  67. レーダー射撃だと着弾観測いらないんだが

    斉射して着弾して一分まって着弾観測して、なんてよりレーダー射撃の方が時間あたり投射量多いだろう
    直接標準できる距離とかなら別だが

    日本でもレーダー射撃はあったが、精度がな
    [ 2014/04/18 00:20 ] [ 編集 ]
  68. 大和があっても無理ゲー
    [ 2014/04/18 00:21 ] [ 編集 ]
  69. ※57
    経過は確かに変わったかもしれない。その結果として終戦が46年か47年にもつれ込んでいた可能性はある。
    けど、そのぐらいで勝てると思うか?焼け野原を回避できると思うのか?

    だいたい、中途半端に海上戦力が残ってたら下手すりゃアメリカがもたついてる間にソ連が参戦して満州から朝鮮まで赤く染まるぞ。
    [ 2014/04/18 00:21 ] [ 編集 ]
  70. 乗員のみなさまへ敬意を表します
    大和はあのタイミングで突入したからこそと思う。

    もし戦争早期から投入していたらどこかでやられミッドウェーの機動部隊のような存在になっただろう。
    性能を発揮できたとしたら序盤の艦艇や航空機が優勢だった頃だけだ。
    それも機動部隊以上の戦果は難しい。
    そしてもしその頃に喪失してしまったら大和の名誉は大きく傷つく。

    逆にあれ以上の温存は他の戦艦同様に爆撃を迎撃も回避も出来ず無残な最期を遂げただろう。

    海軍は手持ちの駒を使わず敗北するよりは残る燃料をもって大和に突入させ大和のみならず海軍の総力を出し尽くしたという形にした。
    大和は海軍最後の真っ向勝負を託された。
    まさに海軍の名誉を背負っての一戦だった。

    いずれにしてもどこかでやられる運命にあった大和にとってその名誉という意味では最善のタイミングの最後だったのではなかろうか。
    [ 2014/04/18 00:23 ] [ 編集 ]
  71. >レーダー射撃

    サマールで金剛と大和が(大和は光学併用だけど)、電測射撃して良好な結果出してますよ
    [ 2014/04/18 00:24 ] [ 編集 ]
  72. 日本の誇り。永遠に語り継がれるさ。
    [ 2014/04/18 00:24 ] [ 編集 ]
  73. 日本の搭乗員養成計画はお粗末だったからな

    少数精鋭主義で消耗戦を想定せず現実味に欠けていた

    ミッドウェイやソロモンで大量に搭乗員を失い、慌てて大量養成しても時すでに遅し


    対してアメリカは搭乗員養成計画はしっかりやった
    空母の時代と判明したのもあるし、航空畑の将軍の力もあり
    名前忘れた、アメリカの航空の祖の人
    [ 2014/04/18 00:25 ] [ 編集 ]
  74. ※16
    単に艦船が女性名詞だからじゃないの
    [ 2014/04/18 00:26 ] [ 編集 ]
  75. >レーダー射撃


    本物の「鉄砲屋」による、日米射撃システム比較。

    ttp://navgunschl.sblo.jp/article/45784731.html

    お前らも良く見とけよ。
    [ 2014/04/18 00:27 ] [ 編集 ]
  76. 日本の戦艦ならば大和より扶桑の方が好き。
    西洋列強に立ち向かう悲壮感が良い。
    大和も目的は同じなんだけれども以外にあっさり世界最強の戦艦になってる所がいまいち。
    [ 2014/04/18 00:30 ] [ 編集 ]
  77. 第三次ソロモン海戦で大和あたり投入して欲しかったな
    アメリカは出し惜しみせず、大和世代のワシントンやら投入したのに

    基本日本は出し惜しみで戦力の逐次投入の愚を冒し、アメリカはなけなしの戦力を全力投入していたんだよな
    この辺はアメリカ海軍に敬意を払う
    [ 2014/04/18 00:30 ] [ 編集 ]
  78. >大量養成しても

    20年あたりには、実は結構な練度になってる部隊が結構あります(だから神武作戦なんかが計画されてた)。

    あと、練度低い云々言う前に、14~18年くらいの航空予算・人員の増え方見ると分かるけど、もう帝国海軍は「海軍」であるのを止めてたのよね。
    母数がデカけりゃ…って話。
    [ 2014/04/18 00:32 ] [ 編集 ]
  79. うちの爺ちゃんの仏壇には大和と長門(こっちが爺ちゃんが乗ったことがある方)のプラモが飾ってある
    いつか爺ちゃんが褒めてた零戦も並べたい
    [ 2014/04/18 00:32 ] [ 編集 ]
  80. >アメリカは出し惜しみせず

    そりゃ、その前の一次ソロモンで重巡部隊が壊滅したからっすよ。

    つまり他に投入できる戦力がなかったからで、要はアメリカ側も、「逐次投入」になってます。
    [ 2014/04/18 00:34 ] [ 編集 ]
  81. 世界最強だな大和は
    特にロマン値が桁違いだ
    [ 2014/04/18 00:39 ] [ 編集 ]
  82. アメリカは主力の空母戦力を全力投入な


    稼働可能空母をフル回転させた
    修理中の空母でさえな
    序盤は稼働空母が常に2、3隻しかなかった

    ソロモンでの日本軍の戦力の逐次投入はすでに評価の定まってるところだろ

    [ 2014/04/18 00:39 ] [ 編集 ]
  83. >>大艦巨砲主義の時代の終りとなるものであった、と表現されています。

    ほんとその通りっすよねぇ・・・
    ヤマトの出撃って沖縄戦に向けてでしたっけ?
    沖縄の日本人を救いに同じ日本人がヤマトで撃沈したのに、沖縄の左翼はどう感じてるのかなぁ・・聞いてみたいわ
    [ 2014/04/18 00:39 ] [ 編集 ]
  84. 戦艦って女性名詞なのか?
    [ 2014/04/18 00:40 ] [ 編集 ]
  85. 大勢の乗組員を犠牲にした無残な最期だった

    子供なら最後の突撃はかっこいいと言えるのかも知れんが
    その戦艦に乗っていた数千人もの人間を考えたら
    結果の見えてる特攻などしないほうがいいと俺なら思う
    戦艦なんて物に過ぎない
    人命より大切なわけがない


    日本は人命を軽く扱いすぎた
    あの戦争で一番日本にとって痛手だったのは
    物資や領土なんかでなく人間だったろう
    あの戦争で死んでいった若い人間やエリートと言える人間たちが
    その後も生きていたら、はるかに日本の力になったことだろうに
    [ 2014/04/18 00:40 ] [ 編集 ]
  86. >ソロモンで逐次投入

    日本側は五航戦だけでなく、「大鷹」まで投入してるんですが、それは…。
    [ 2014/04/18 00:41 ] [ 編集 ]
  87. 細かいことは、もう今の時代どうでもいい
    あとからなら何とでも言える。
    そして否定することなんて、どんなことや物でも
    簡単に言える。

    結局、大和は日本男児の誇りです。
    日本人が想ってればいい。
    大和よ乗組員よ永遠に安らかに。
    [ 2014/04/18 00:42 ] [ 編集 ]
  88. 日本人の精神として死に場所をを与えると言うのがある。
    悲しいかなヤマトにとってそれが沖縄行きだった。
    乗組員もそれは知っていたはず、悲しいけど事実だから。
    [ 2014/04/18 00:42 ] [ 編集 ]
  89. アメリカでは旧式戦艦は西海岸において戦場に投入せず、新鋭のワシントンサウスダコタを第三次ソロモン海戦に投入したんだよ

    対して日本は非力な金剛級と
    [ 2014/04/18 00:42 ] [ 編集 ]
  90. 主砲てアウトレンジ戦で使う構想なわけでしょ
    なぜ後方に配置してたのかしら?
    [ 2014/04/18 00:43 ] [ 編集 ]
  91. 戦艦・軍艦だけでなく、船舶は全て女性扱い。

    公式文章でも、「She」「her」が乱舞しとりマッスル。
    [ 2014/04/18 00:43 ] [ 編集 ]
  92. ソロモンの頃に大鵬なんてあったのかよ?w

    [ 2014/04/18 00:43 ] [ 編集 ]
  93.  
    特攻させずに残したとしても戦利品としてアメに持っていかれてオモチャにされてたろう
    [ 2014/04/18 00:44 ] [ 編集 ]
  94. 「大鳳」ではなく、「大鷹」。

    あと、大和はアウトレンジ目的に設計されてません。防御見れば一目瞭然かと。
    [ 2014/04/18 00:45 ] [ 編集 ]
  95. 海海に投げらされた兵士を一方的に戦闘機でゲーム感覚で撃ちまくったことも忘れずにね。
    [ 2014/04/18 00:46 ] [ 編集 ]
  96. >アメリカの旧式戦艦は西海岸

    東海岸では?

    この直前、ワシントンがどこでなにやってたか見ると、アメリカにとって、両岸どっちも危機的状況だったかと。
    [ 2014/04/18 00:47 ] [ 編集 ]
  97. 70の言うとおり。生き恥を晒すなということ。勝ち負けなんかとっくにわかっていたのだから。船員育成なんか無理。最後は少年兵、子供だよ。当時の空気読めよ。もともとが占領されるくらいなら1億火の玉玉砕だ。という戦争だからね。神風も回天も根本思想はそこだと思う。戦略うんぬん以前の問題。良い悪いじゃなくて、日本人だもの。じゃなければアメとガチで戦えるわけないよ。当時の人はスゲェーよ。
     大和のおかげで今の日本があると俺は思っているし、大和を超えるものを俺たちは作らなあかんと思う。未来の日本人の精神的な支えになるようなものをね。
    [ 2014/04/18 00:49 ] [ 編集 ]
  98. 東海岸は安泰だろ

    イギリス海軍がドイツ海軍を制圧してたし
    潜水艦くらいで

    アメリカは保有空母七隻の内、六隻を太平洋へ振り分けた
    東に残ったのは防御に難のあるレンジャーのみ
    [ 2014/04/18 00:51 ] [ 編集 ]
  99. ※93
    単冠湾にて秘匿、
    戦後押し寄せるソ連軍艦艇を千切っては投げ、千切っては投げ
    [ 2014/04/18 00:51 ] [ 編集 ]
  100. >>84
    船は総じて女性名詞

    ヤキモチやくから女性は乗せない、なんて時代があった国もあるとか。
    [ 2014/04/18 00:52 ] [ 編集 ]
  101. 戦艦大和の使われ方は、2.26事件以降文民統制から解き放たれ自己増殖官僚組織と化した軍部の数ある愚行のひとつだね。 責任の所在があやふやになり、制御不能に陥った組織の典型的モデルとして世界中で研究されてる。 勿論自衛隊でも研究してる。資料は世界一所蔵してるもんね。
    日本はカイゼンの国!!
    世界よー次を見てろよ(笑)
    [ 2014/04/18 00:53 ] [ 編集 ]
  102. アイオワが大和沈めるには、まずは大和の装甲打ち抜ける距離まで近づいてからの話。それまでは大和の砲撃をワンサイドで浴び続けなきゃならんので大和が相当有利だよ。
    [ 2014/04/18 00:57 ] [ 編集 ]
  103. ※18
    ビキニ環礁で行われたクロスロード作戦でアメリカ軍が使用したのは原子爆弾。
    水爆ではなくて原爆な。
    [ 2014/04/18 00:57 ] [ 編集 ]
  104. >東海岸は安泰


    ならなんで、空母二隻が航空機輸送のために戦艦までつけて、マルタ島に行かなきゃならんのですかね…。
    [ 2014/04/18 00:57 ] [ 編集 ]
  105. ※84

    waist(中部甲板・腰)とstay(支柱索・頼りにする男)とを持っている。

    見栄えをよくするために多量のペイント(紅・白粉)をかけて、いつも飾り立てておかなくてはならない。

    上半身はあらわにし、下半身は隠している。

    周囲に男衆が付きまとっている。
    [ 2014/04/18 00:59 ] [ 編集 ]
  106. アイオワは長砲身なんで射程は大和てさしてかわらん

    しかもワンサイドで射てる距離となると着弾まで三分半
    散布界はキロメートル単位
    鈍重な戦艦といえども時速50kmくらいで動いてる

    そんな長距離射撃に命中弾は期待できません
    [ 2014/04/18 01:00 ] [ 編集 ]
  107. マルタ島は地中海だろう
    なんでアメリカ東海岸と一緒なんだよw
    [ 2014/04/18 01:02 ] [ 編集 ]
  108. 私も最初、なんで女性名詞なんだろと思ったけど
    母船という言葉を思い出したから、船は総じて
    女性となっているんだと気付いたわ
    大和とか武蔵とか、男っぽいのにねw
    [ 2014/04/18 01:04 ] [ 編集 ]
  109. あめりかじんはばかだなあとおもいました
    [ 2014/04/18 01:05 ] [ 編集 ]
  110. ああ、言い方が悪かったですか。

    「東海岸[側]、大西洋正面には戦力の大きな需要があった」。

    んでも、コメンスト・ベイ級とか相当程度、大西洋に送ってんのよね。
    んで、ティルもシャルも健在だから、水上・対潜ともにアメリカさんはやる事たくさんあったでしょうね。
    [ 2014/04/18 01:07 ] [ 編集 ]
  111. ※53
    >信憑性の高いのはどちらなんでしょう?
    なるべく新しい資料をあたられる事をお勧めします
    戦史に関しては常に研究・検証が進んでおり
    かつて事実と思われていた事が誤りであったり
    新たな資料が見つかって発見がなされたりします
    「昔読んだ本」が(物にもよりますが)一番あてになりません
    情報は常に更新し 鵜呑みにせず検討する必要があります
    [ 2014/04/18 01:10 ] [ 編集 ]
  112. なら港も女か・・
    船は男の上になんか乗れるかって言うジョークなんかと思ってたが。
    [ 2014/04/18 01:13 ] [ 編集 ]
  113. ほぼイギリス海軍のみでドイツ海軍抑えてたろうに
    わずかな巡洋戦艦でアメリカに対して何ができる?
    対潜なら戦艦いらないわな

    確認してないが、ソロモンの頃にはドイツ海軍はイギリス海軍に完全に封じ込められてたんじゃないのか?

    大機動部隊をもつ日本の方がアメリカ本土にとって脅威だろうに
    [ 2014/04/18 01:14 ] [ 編集 ]
  114.   
    強いとか弱いとかどうでも良いんだよ
    あの時代にアレだけの物を作る技術と資金があったのは数カ国だけで、それを白人どもが見下してたアジアの隅に居る日本だったのが脅威なんだよ
    [ 2014/04/18 01:20 ] [ 編集 ]
  115. もう70年ぐらい昔の事だし、戦争についてアメリカや連合国側の国の方達に含む所なんてないと思っていたけども・・・。
    なんと言うか、アメリカ人やイギリス人に大和をどうこう言われると例え賞賛の言葉ではあっても何故か胸糞が悪いな。
    自分でもこんな気持ちになるなんて思ってもみなかったし、こんな感情を持つ事は正しくないとは分かってるんだがなぁ・・・。
    大和を沈めて、長門を核実験の標的艦にして沈めたような国の奴らに、したり顔であれこれ言われるのが心から不快だ・・・。
    多分、俺の頭がおかしいんだな。
    [ 2014/04/18 01:28 ] [ 編集 ]
  116. 天気が最悪なときに大和特攻をさせたり、
    時期が最悪なときに消費増税したり、
    日本の官僚が本当にバカ
    [ 2014/04/18 01:32 ] [ 編集 ]
  117. 核実験に一番多く使われたのはアメリカの軍艦な

    勘違いしてアホな憤りおつかれ
    [ 2014/04/18 01:33 ] [ 編集 ]
  118.   
    波動エンジン付けた宇宙戦艦だったら、勝てた…!
    [ 2014/04/18 01:34 ] [ 編集 ]
  119. 滅びの美学に魅せられるのって日本人ばかりというわけではないようだね。
    大和ミュージアムに飾られた海兵さんたちの写真を見るのはたまらなく辛いが、この人たちが命を捨てて守ろうとした日本を自分たちの世代で潰すわけにはいかないと強く思う。
    [ 2014/04/18 01:34 ] [ 編集 ]
  120. その後大和を作るために生み出された数々の技術を転用して生み出された資産は外貨だけで3600兆円
    国内外全部合わせると7000兆円だったか??
    [ 2014/04/18 01:34 ] [ 編集 ]
  121. 涙が出てくる・・・
    宇宙戦艦ヤマト万歳!
    [ 2014/04/18 01:35 ] [ 編集 ]
  122. 当時の戦争指導部の罪
    >1945年4月7日、天一号作戦

    無謀な作戦だった
    多くの命が無駄に失われた

    もうこの時点で、日本にはまったく勝機はなかった
    マリアナ諸島が陥落した時点で、日本は降伏するべきだった
    そうすれば、沖縄の悲劇も、大和の悲劇も、そして原爆の悲劇もなかっただろう

    当時の戦争指導部の罪は、万死に値する。
    [ 2014/04/18 01:35 ] [ 編集 ]
  123. 戦艦マニアが世界中に御わす件についてw
    [ 2014/04/18 01:39 ] [ 編集 ]
  124. 次の首都は長野県だよ。大和級がそう言ってるw
    [ 2014/04/18 01:39 ] [ 編集 ]
  125. ※116
    >天気が最悪なときに大和特攻をさせたり、

    釣だとは思うが、それむしろ狙ってるし…
    当時の航空機にゃレーダーなんて搭載してないし索敵は肉眼に頼る他ない
    雲量が多いと索敵困難になるし、まして悪天候じゃ航空機の離発着艦自体が無理。

    まともな全天候対応な作戦機の登場なんて戦後しばらくしてからだからね
    [ 2014/04/18 01:41 ] [ 編集 ]
  126. ※32
    勝機なんて真珠湾で沈めた戦艦が想定以下だった時点でねーよ
    そんなに都合よく降伏できる訳ねーじゃん
    それにあっさり降伏したら逆に死んでった奴らは何の為に死んでったんだっつーの
    因みにポツダム宣言は無条件降伏って言葉を使ってるだけで対象は軍部に限定されている
    原爆投下前に日本から降伏しようとしたら無視されたしな
    [ 2014/04/18 01:45 ] [ 編集 ]
  127. >確認してないが、ソロモンの頃にはドイツ海軍はイギリス海軍に完全に封じ込められてたんじゃないのか?

    ヒント:ティルピッツ
     
    そして長い兵站線を狙うだけでよい迎撃側と、輸送部隊に付き添って保護しなければならない進行側とでは、どっちにイニシアティブがありますかね。

    で、実際シャル&ゼナにこっぴどくやられてるし。
    結局、面単位当たりの投入数量なんですよ。

    あと、「戦力」って何も水上戦力だけでないですよね?
    対潜線が連合有利に傾いたのは18年からで(だからアメリカから空母を大量に英が融通された)、輸送船の大量出血は未だ続いています。

    もう一つ言うと、この年、戦艦マサチューセッツがどんな目にあったか調べると面白いかも。
    [ 2014/04/18 01:47 ] [ 編集 ]
  128. 大和型は美しい船だ
    46cm3連装砲を3基9門備えてあの大きさに留めて、それにもかかわらず速度を維持してる。
    舵の効きはかなり悪かったようだけど

    悲しいかな。完成した時には時代が移り変わり、戦力化した頃には時代遅れになってしまっていた
    単純に戦艦同士の殴り合いならば相当な脅威であったであろう

    格好だけ見ればたしかに最後の出撃のタイミングは分かる
    だが、それ以外は全く意味をなさない出撃だ
    個人的にはたったその為に有能な乗員と最高の船を失うのはいかがなもんかと思ってる。

    第三次ソロモン海戦に出ていればまた違っていたかもとは思うんだけどね

    [ 2014/04/18 01:48 ] [ 編集 ]
  129. 鉄が足りない時代に、プライドだけで建造した大和
    当時の日本帝国の身勝手で無計画さの代表だ
    [ 2014/04/18 01:50 ] [ 編集 ]
  130. 当時の英国のティルピッツ恐怖症にゃ凄まじいもんがあったしねぇ
    恐慌と言っても差し障りが無いよな。
    [ 2014/04/18 01:52 ] [ 編集 ]
  131. 大和ばかりにスポットあたるけど武蔵も忘れないでね。
    [ 2014/04/18 01:53 ] [ 編集 ]
  132. ※116
    >天気が最悪なときに大和特攻をさせたり

    あのー、だからこそ大和の突入が実施に移されたんですよ。

    あくまで「天一号作戦」の主力は基地航空隊で、大和はその付随として投入されたに過ぎません。
    「悪天候」の都合がよかったのは迎撃の緩和が狙える基地空で、大和にとってはそうでなかったというだけの話です。

    要するに途中から便乗した形になって参加したのが大和たち1YBなんで、そのあたり取り違えると、>>122みたいな悲惨な事になります。
    国としての無条件降伏求められてる時点でどうしろと。
    [ 2014/04/18 01:53 ] [ 編集 ]
  133. 最後に沈んだ戦艦では無いな…
    正確に言えば戦闘行動中だね~
    まあ、どちらにしても46センチ砲に耐える軍艦だったのは間違いない(後の世にもない最後の戦艦だろうね)
    現代の護衛艦(つっても結構前?)座礁だっけ?タンカー撃沈するのに苦労してるしね^^;
    [ 2014/04/18 01:54 ] [ 編集 ]
  134. 製造してる間に時代が変わってしまった。
    [ 2014/04/18 02:01 ] [ 編集 ]
  135. >座礁だっけ?タンカー撃沈するのに苦労してるしね^^;

    ありゃ石油流出を最小限にとどめるのが大変だったからよ。
    沈めないように燃やし続けなきゃならんかった。

    魚雷?はて。何の事ですかのう…
    [ 2014/04/18 02:02 ] [ 編集 ]
  136. >>鉄の無駄遣い

    ドイツお前がNO1だ
    [ 2014/04/18 02:07 ] [ 編集 ]
  137. まあ アメリカを相手にアジアの小国が粘り続けたんだから大したもんだろうよ
    今は昔だけれど
    大和はもう死んでしまいました
    [ 2014/04/18 02:09 ] [ 編集 ]
  138. 国家予算の戦前で3割、戦中で7~9割を軍事費に当てたけど、その優先順位の頂点にあるのが大和だと思うとロマンを感じる。
    よく知らないけど、大和で沿岸基地の艦砲射撃とかやる予定は無かったのかな。46cm砲の打撃力と言ったら地形が変わるほどありそうだけど。
    大艦巨砲主義終焉の予兆はWW1のユトランド沖海戦から始まったと言うけれど、当時の人間がそれを読めるほど先見性を持てたもんなのだろうか。
    [ 2014/04/18 02:12 ] [ 編集 ]
  139. ※6
    >このタイミングで沈没ネタ

    たしかにw
    [ 2014/04/18 02:12 ] [ 編集 ]
  140. 元々日本とイギリス、アメリカの戦艦の比率は3:5:5にしろって言われてて
    その上アメリカは無視して軍拡しまくってたからな
    日本の軍拡が~とかよう言うわ
    [ 2014/04/18 02:13 ] [ 編集 ]
  141. >大和で沿岸基地の艦砲射撃とかやる予定は無かったのかな

    渾作戦で計画されてたかと。


    あと、海軍休日以降の各国戦艦建造数は
    米:10 英:6 仏:5 独:4 伊:3 日:2

    さらにドクトリンの比較検討もしなきゃならんけど、帝国海軍が最も戦艦を軽視してたのは間違い無いんでないですかね。
    [ 2014/04/18 02:16 ] [ 編集 ]
  142. 大和の主砲の砲身て、今の技術で造れないと聞いて驚愕した記憶がある。
    オーパーツじゃん。
    [ 2014/04/18 02:16 ] [ 編集 ]
  143. 日本がちょっと戦艦作り出したら国連に難癖つけられて
    沈めるはめになったしな
    [ 2014/04/18 02:18 ] [ 編集 ]
  144. ※142
    それも嘘。
    つうか正確じゃない
    [ 2014/04/18 02:22 ] [ 編集 ]
  145. ※117
    アメリカの戦艦なんかも一緒に標的になったのは知ってるよ。
    別に憤ってるわけじゃないんだ。
    ただ、欧米各国は今も第二次大戦中の日本を指して、ナチスドイツと並ぶ世界の敵で侵略戦争を仕掛けた最低の国だって批判もあるだろ?それが彼らにとって正しい歴史だと言うのも理解してる。けど、その侵略戦争と今も何かあれば詰る国の、一大象徴みたいな大和を褒め称えるってのに不条理さみたいなのを感じたんだ。
    誉めてくれてる人達は、そういう物は置いて純粋に誉めてくれてるんだろうと思うんだけどさ。

    後、長門に関しては爺さんが乗ってたから単なる思い入れだな。ある意味大和と並ぶ日本の戦艦の最後が、アメリカの余剰艦処分と同列の価値しかないと扱われたのかってな。
    [ 2014/04/18 02:23 ] [ 編集 ]
  146. >>129

    まあ、これでも見ときなよ。

    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8489580

    「ストライクウィッチーズ」原作者の戦艦擬人化ノベルの二次創作動画だ。
    13分ころから大和・武蔵の建造予算(③計画)についても解説がある。
    (>>47の言ってるのと少し違って、この時の空母《翔鶴・瑞鶴》は完成してますよ)

    解説目当てでも、長門のビキニ(水着)が目当てでも両方OK!(迫真)
    [ 2014/04/18 02:27 ] [ 編集 ]
  147. >>145
    長門に関しては明確に日本人の反抗心を削ぐ意図があったと思うぞ。
    当時のアメリカ人の考えに今憤慨しても仕方ないけど。
    じゃなきゃ曳航するときに菊花紋章外して艦首を黒く塗りつぶしたりしないと思う。

    あと戦艦で最後に沈んだのは呉空襲の大破着底組じゃ。
    沈没してないから沈んだことにはならないのか?
    [ 2014/04/18 02:37 ] [ 編集 ]
  148. どうすれば勝てたか、負けなかったか、うまく戦争を回避できたか、などについて書いている本はそれなりに出版されているのですが、ここのコメント欄を見る限り、読んでいる方はとても少ないようですね。試しに読んでみるといいと思いますよ。今読んでも役に立つことが多いと思います。
    [ 2014/04/18 02:41 ] [ 編集 ]
  149. ヒント:ティルビッツとか
    アホかw

    だからなーんでアメリカ東海岸の脅威になんだってーのw
    ゲリラ的に通称破壊をやってたのがさー
    後続距離や制海権の問題もある、追い回すのに旧式戦艦が適任かとか
    南米までもあったが、時期的に可能かとか
    対潜作戦なら戦艦はむしろ邪魔とかさー
    イギリス海軍のやってたことは?とか全然考慮してねえだろ
    都合が悪い事無視しての屁理屈でイミフすぎる


    旧式戦艦は西海岸にとどめおき、第三次ソロモン海戦には新鋭戦艦を投入した話なんで関係ないし、西海岸にとどめおいたのは事実なんだがなー

    何をしたいのやらさっぱり
    事実を捻じ曲げたいのかと

    [ 2014/04/18 02:43 ] [ 編集 ]
  150. 買っても負けてもドラマチックな生涯を送っていた船であり、日本人の誇りになっているよ。

    儚さという日本を象徴している美しい船。桜のような
    [ 2014/04/18 02:44 ] [ 編集 ]
  151. だいたいよー

    ソロモン海戦は1942年、ドイツ海軍はすでにイギリス海軍に封じ込められてんじゃねえかよw

    ヒント:ティルビッツだって?
    おかしいなーと思って調べたら
    本艦はこのような経緯からあまり目立った活動ができず、外洋へ出ての攻撃という本来の任務も果たせず、艦隊作戦にも通商破壊にも使われないまま数年間に渡って息を潜めていたようなことから、”孤独の女王”とも呼ばれていた。

    ティルビッツはアメリカ東海岸の脅威ですかそうですか
    [ 2014/04/18 02:50 ] [ 編集 ]
  152. >>17
    アメと同等の資源あったらそもそもアメリカとは開戦避けたろwwww
    [ 2014/04/18 02:53 ] [ 編集 ]
  153. ※148
    白人の差別意識が無い前提でゲーム感覚で書かれた本なんざ全く役にたたねーよ
    その程度の知識で実際に当時を生きてたら
    「何でこうなるの?何で?何で?何で日本の場合だけそうなるの?」って慌てふためいて何も出来ずボーンだわ
    [ 2014/04/18 02:55 ] [ 編集 ]
  154. 当時の主砲の命中率って驚くほど低いんだぞ
    お互いが防御(移動変針)しながら最大射程程度で撃ち合った場合の
    命中率は1パーセント以下って研究がある
    実際は最大射程の半分程度でやっと消費税wレベル
    そりゃ航空機メインになるわと納得するぞ
    [ 2014/04/18 02:55 ] [ 編集 ]
  155. んだ
    命中率もわからずスペックだけ見て想像でコメしてるアホが多い
    無知はアホだと思わないが。断言してるのはアホ

    大口径砲を積んだのは射程よりも威力です
    [ 2014/04/18 02:58 ] [ 編集 ]
  156. 異論はあるだろうが長門の最後はあれでよかったと俺は思っている。
    もしも国内に残ったとしても解体スクラップ(または捕鯨母船)だからね…

    ビキニ環礁で他の艦と同様に眠りに付く事で大和と同様、ある意味殉教者のような位置に残れたんじゃないだろうかと。
    無論、死んでいった方々や思い入れのある方々にとっては迷惑千万でしかないのだろうが。
    [ 2014/04/18 03:02 ] [ 編集 ]
  157. 戦艦同士の殴り合いだと余程の差がない限り運だわな

    武蔵みたいに主砲撃ったら衝撃で射撃盤こわれて主砲撃てなくなったり
    サウスダコタみたいに、艦橋への駆逐艦程度の12.7cmの一発で全部停電、戦闘不能になったり

    運がよい方が勝つ
    [ 2014/04/18 03:03 ] [ 編集 ]
  158. いーや長門の最後は納得いかん
    大和もだ
    レイテ湾へ突入して欲しかった

    栗田ェ…
    [ 2014/04/18 03:07 ] [ 編集 ]
  159. やっぱねえ
    戦艦は殴り合ってなんぼだと思うのよ
    航空攻撃じゃあ寂しいね

    レイテ湾で砲撃戦の方がよかったねえ
    [ 2014/04/18 03:13 ] [ 編集 ]
  160. >だからなーんでアメリカ東海岸の脅威になんだってーのw
    >ゲリラ的に通称破壊をやってたのがさー

    うまくニュアンス伝わらなかったのね。
    「アメリカ東海岸『側』」、つまり「大西洋側」の脅威になるの。
    (ここで言う脅威ってのは、東海岸側を砲撃して~とかそういうことじゃ無いよ。連絡線に対するものという事)


    >後続距離や制海権の問題もある、追い回すのに旧式戦艦が適任かとか
    >南米までもあったが、時期的に可能かとか
    >対潜作戦なら戦艦はむしろ邪魔とかさー

    もう一度書くけど、作戦レベル以下で「追い回す」側に当たるのは迎撃側(独)と、進行側(連合)のどっちですかね?
    薄目にした直衛を狙ったからこそ、シャル&ゼナやシュペーは大戦果を度々上げたんでは?

    戦艦が邪魔?
    対潜戦ではそうでしょうが、脅威対象が分からないからこそ戦艦は必要なんですよ。


    >イギリス海軍のやってたことは?とか全然考慮してねえだろ

    ・大西洋で対潜戦
    ・地中海方面へのテコ入れ
    ・インド洋方面での牽制
    あとなんですかね。スカパ・フローで寝首かかれたりとかですかね。
    ご教示されたく願います。


    >旧式戦艦は西海岸にとどめおき、第三次ソロモン海戦には新鋭戦艦を投入した話なんで関係ないし、西海岸にとどめおいたのは事実なんだがなー

    ・第三次ソロモンでの、その他のアメリカ戦艦所在
    大西洋:アーカンソー、ニューヨーク、テキサス
    ニューメキシコ、ミシシッピ、アイダホ

    太平洋:ペンシルヴェニア、テネシー、コロラド、メリーランド(真珠湾で修理中なの含む)
    あとは真珠湾で座り込んでますね。

    しかし、「西海岸にとどめおいた」のが事実なら、戦力を遊兵化させてたことになるんで、それむしろ批判になるんじゃないスかね。

    あと、日米ともに高速戦艦を投入したのは艦齢に関係なく、基地空との関連(空襲圏内へのダッシュなど)がメインだと思います。


    >都合が悪い事無視しての屁理屈でイミフすぎる
    >何をしたいのやらさっぱり

    時間も時間だし、お酒をお召しなのかと思いますが、こちらは其方からツッコミ受けるばかりで貴方の主張が分かりません。 
    揚げ足取りばかり受けるように思えるので、私に対してとは言わないので、ご自分の御主張をどうぞ。
    [ 2014/04/18 03:15 ] [ 編集 ]
  161. だからソロモン海戦時点の話をしてんだっつーの
    その時点でアメリカ東海岸に脅威があったのかって話

    イミフなのは時期違いの話を持ってきてるお前さん。
    OK?
    [ 2014/04/18 03:19 ] [ 編集 ]
  162. マルタ島輸送も時期違い
    大西洋での広範な通称破壊も時期違い

    第二次大戦通じてドイツの水上戦力が暴れ回ってたとでも勘違いしてんのかね?
    [ 2014/04/18 03:21 ] [ 編集 ]
  163. >>151
    >ソロモン海戦は1942年、ドイツ海軍はすでにイギリス海軍に封じ込められてんじゃねえかよw

    PQ17船団は?

    そして封じ込められてんのなら、どうしてアメリカがあんなに船団護送にテコ入れしたんですかね?
    [ 2014/04/18 03:23 ] [ 編集 ]
  164. はいはい「太平洋艦隊で」を付け忘れたのは悪かった
    太平洋艦隊では旧式戦艦を西海岸にとどめおき、てな


    しかし東海岸は安泰だがなー
    イギリス海軍の活躍でドイツ海軍の封じ込めに成功、以後ドイツは潜水艦戦に比重を移してゆく
    [ 2014/04/18 03:25 ] [ 編集 ]
  165. >マルタ島輸送も時期違い

    ソロモンに行くまでワシントンが従事してたのがマルタね。つまり直前。


    >大西洋での広範な通称破壊も時期違い

    シャルンホルストが沈んだのはいつ?



    揚げ足取りも満足にできないニワカ兄貴オッスオッス!
    [ 2014/04/18 03:26 ] [ 編集 ]
  166. だからなんで輸送船団の安全と、アメリカ東海岸が一緒なんだよw

    [ 2014/04/18 03:28 ] [ 編集 ]
  167. シャルンホルストはイギリス海軍に封じ込められ、自由に通称破壊活動出来なくなっておりましたが
    [ 2014/04/18 03:30 ] [ 編集 ]
  168. あれは特攻に見えるけど陽動作戦だからな。
    [ 2014/04/18 03:31 ] [ 編集 ]
  169. マルタ島とアメリカ東海岸がなんで同じなんだとw
    [ 2014/04/18 03:31 ] [ 編集 ]
  170. 今までこの手の翻訳を幾つも見てきた。
    外国人が外国の歴史や外国の思想を知らないのはよくわかったよ。
    俺達が外国の戦争や外国人の思想について何もわかってないのと同じで。
    大和が単独で出撃した理由は、既に日本軍は制空権を喪失していて連合艦隊も壊滅状態だったからの筈だが、外国人がそんな事を知る由もないだろう。
    外国人は物知らずという批判は的外れで、外国人は物知らずがデフォ。
    知って頂かないと困る事柄については、こちらから親切に発信していかないと駄目だね。
    有りがたいことに、多くの国の人達は日本に関心を抱いてくれる。
    日本は情報発信の主体としてはいい条件を持っているだろう。
    [ 2014/04/18 03:31 ] [ 編集 ]
  171. 軍板でやれ(´・ω・`)
    [ 2014/04/18 03:32 ] [ 編集 ]
  172. >太平洋艦隊では旧式戦艦を西海岸にとどめおき

    そりゃ良いんだけど、やっぱり下策ですよね?
    何か使い道あったんじゃないんですか?大西洋で船団護送とか。


    >しかし東海岸は安泰だがなー

    クッソくどいけど、東海岸そのものは安泰でも、その向こうは安泰でないってことです。


    >イギリス海軍の活躍でドイツ海軍の封じ込めに成功、以後ドイツは潜水艦戦に比重を移してゆく

    使える戦力が減耗した43年以降は確かにそうならざるを得なくなっていますが、43年にもシャルンホルストが暴れたりと一筋縄ではいってません。


    ・・・で、さっきの「イギリス海軍のやってたこと」って何なんでしょうか?
    仰るからには、たぶんご存知だと思うのでご教示ください。
    [ 2014/04/18 03:34 ] [ 編集 ]
  173. ドイツの水上戦力は封じ込めてた、つうのになんで撃沈とかもうね

    ティルビッツとか論外だろw
    ずーっと封じ込められてたのに
    イギリスによってな

    どの辺がアメリカ東海岸の脅威なんだと
    [ 2014/04/18 03:34 ] [ 編集 ]
  174. >シャルンホルストはイギリス海軍に封じ込められ、自由に通称破壊活動出来なくなっておりましたが

    チャネルダッシュするくらいだからね。
    まあ、それでスピッツベルゲン島撃たれてればまあそのゴニョゴニョ
    [ 2014/04/18 03:36 ] [ 編集 ]
  175. あーそういう勘違いしてたのねw

    輸送船団の護衛に戦艦?
    戦艦の脅威があるなら別だろうがないしな

    戦艦で護衛、それこそ愚の骨頂だろに
    [ 2014/04/18 03:39 ] [ 編集 ]
  176. >どの辺がアメリカ東海岸の脅威なんだと

    うーん、言語認識に差があるんですかね。
    「東海岸の」脅威ではなく、
    「東海岸『側』」の脅威ですよ。
    米英の連絡線って事です。


    >ティルビッツとか論外だろw

    んじゃ、そんなティルさんにあんなに振り回されて、船団ひとつ壊滅したイギリスはもっと論外ですかね。

    [ 2014/04/18 03:41 ] [ 編集 ]
  177. だからイギリス海軍担当領域でしか動けなくなってた訳だよ
    ドイツの水上戦力は

    イギリスで間に合うならアメリカの出番イラねわな
    [ 2014/04/18 03:42 ] [ 編集 ]
  178. >輸送船団の護衛に戦艦?
    >戦艦の脅威があるなら別だろうがないしな

    うーん???

    「ベルリン作戦」
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%A6

    どうみてもあるんですがそれは。
    [ 2014/04/18 03:43 ] [ 編集 ]
  179. そうかそうか

    常に英米合同で戦ってたとか勘違いしてた訳か
    [ 2014/04/18 03:45 ] [ 編集 ]
  180. 大和と武蔵は分厚い装甲と1000を超える隔壁と注排水システムにより不沈艦と呼ばれていたけど、3番艦の信濃は技能者が徴兵されていて女子挺身隊や少年なんかが作っていたりして継ぎ接ぎ欠陥だらけで、建造途中で移送していたら魚雷で簡単に沈んでしまった。
    もったいない・・・
    [ 2014/04/18 03:45 ] [ 編集 ]
  181. ww2において軍国主義が日本を駄目にしたって馬鹿な主張があるが違うよな、根底に欧米の人種差別があったんだから。

    米国も白人相手だったら原爆も落としてないし、民間人狙った空襲もやってないだろう

    ミッドウェーに勝ててれば、米国の世論などでどこかで休戦に持ち込めなかったのかなぁとは思ってしまう。 米国相手に勝ててたとかは微塵も思わないけど
    [ 2014/04/18 03:49 ] [ 編集 ]
  182. >イギリス海軍担当領域でしか動けなくなってた訳だよ
    >ドイツの水上戦力は

    つか、米英で担当領域って決まってたんですか?
    [ 2014/04/18 03:50 ] [ 編集 ]
  183. ベルリン作戦は1941な

    ソロモンは1942。

    早い内にドイツ水上戦力は北海海域に封じ込められましたん
    出ればイギリス海軍に捕捉されつけ狙われる、思うように動けない

    イギリス海軍によって封じ込められ、アメリカ東海岸のどこが危険なんだよと
    超時空な話はもういいって
    [ 2014/04/18 03:50 ] [ 編集 ]
  184. >常に英米合同で戦ってたとか勘違いしてた訳か

    ?

    まあ、確かにアメリカがドイツと直接戦端開いたのは真珠湾以降ですが・・・。

    結局なにを言いたいのか分からないんだよなあ。
    やるならもっと真剣にやって、どうぞ。
    [ 2014/04/18 03:54 ] [ 編集 ]
  185. 制海権を握られ、ベルリン作戦以後、危険を犯してドーバー抜けてドイツ領域に逃げ込んだ訳なんだよ

    そういう事しらんのか
    [ 2014/04/18 03:54 ] [ 編集 ]
  186. だから、その時期はイギリスだけでドイツ水上艦隊は封じ込められてんの!

    なんだかなあ
    ネットだけで単項目だけ調べて、流れを知らんよなー

    本とか読んだ方がいい
    [ 2014/04/18 03:57 ] [ 編集 ]
  187. 担当海域は決まってるがな

    オーストラリアとニュージーランドは最初イギリスだった
    イギリス連邦だからな

    しかし守る力も無いのでアメリカに譲った
    苦渋の元に
    [ 2014/04/18 03:59 ] [ 編集 ]
  188. インドビルマはイギリス担当ね

    ニューギニアはオーストラリアの植民地だったのでオーストラリアが担当
    輸送などはアメリカに頼るしかないが
    [ 2014/04/18 04:01 ] [ 編集 ]
  189. >ベルリン作戦は1941な
    >ソロモンは1942。

    んだね。
    ベルリンは「戦艦が船団護送に付くのはナンセンス」との指摘に対して持ち出しました。
    流石に44年(てか、43年の序盤以降かなあ)からは完全に不可能になっていたと思います。


    >イギリス海軍によって封じ込められ、アメリカ東海岸のどこが危険なんだよと

    だからそれは「大西洋正面」を「東海岸」といったが故の誤解です。
    別にニューヨークが砲撃されたりとかそういう話ではないから。
    過去ログ読んでくだせえ。
    [ 2014/04/18 04:03 ] [ 編集 ]
  190. 仮に大戦を生き残ったとしても戦後アメリカに調査された後にソ連に調査される前に沈められただろう
    [ 2014/04/18 04:03 ] [ 編集 ]
  191. 北海でイギリスがドイツ海軍おさえこんでんのに、勝手にアメリカが出張るわけにもいかんだろに
    要請でもなけりゃ

    ドイツ海軍の相手はイギリス海軍だけで十分ですよ
    [ 2014/04/18 04:07 ] [ 編集 ]
  192. >その時期はイギリスだけでドイツ水上艦隊は封じ込められてんの!

    「封じ込める」の定義が良くわからんが(完封されているならシャルンホルストのアレは何かとか出てくる)、おおむね仰りたい旨は了解し候。
    最初からそう言ってくれればいいのに。

    しっかし、それならなんでアメさんは東海岸に戦艦多数を張り付けてたんですかね。


    >本とか読んだ方がいい

    おすすめの本とかあれば、是非にご書名を。
    [ 2014/04/18 04:12 ] [ 編集 ]
  193. >担当海域は決まってるがな
    >オーストラリアとニュージーランドは最初イギリスだった
    >イギリス連邦だからな
    >インドビルマはイギリス担当ね

    これか。
    ttp://www.nids.go.jp/event/forum/pdf/2009/06.pdf

    ・・・でもこれって太平洋方面ですよね。

    とまれ、ご教示ありがとナス!
    [ 2014/04/18 04:15 ] [ 編集 ]
  194. ようもないのに動かしてたら単に金の無駄だろう

    ヨーロッパへの反抗作戦もあるだろし将来的には必要だろし

    そういう意味では西海岸でも旧式戦艦は遊んでたわな
    [ 2014/04/18 04:15 ] [ 編集 ]
  195. 最終的に日本が勝つなんてのは当時の誰も最初から考えていなかった。
    山本五十六が1年だけなら暴れて見せる、と語ったとおり。最初は勝ち続けたが物資が切れ、人材がいなくなる日本に対して、徹底して日本軍を研究し、対抗策を次々と出し続けるアメリカ。ミッドウェーで空母艦隊を失ってほぼ決着がついた。日本はそこから建造するだけの余力がなかったし、アメリカは毎月のように新造艦を出し続けた。そもそも自国で鉄鉱石から石油まで全て賄える国と持久戦になったら勝ち目などあるわけがない。講和条約ができなかった時点で敗戦は決まっていた。
    [ 2014/04/18 04:22 ] [ 編集 ]
  196. 久々に戦略シムで大和無双したくなってきましたよと
    [ 2014/04/18 04:25 ] [ 編集 ]
  197. ムサシやヤマトを彼女と呼ぶのに違和感感じるw
    [ 2014/04/18 04:53 ] [ 編集 ]
  198.  
    「でもね、実は時代錯誤な代物です」

    告げ口外交を見ている様で滑稽です、戦艦大和のキーワードには批判しないと気が済まない印象を受けます。

    好意的に見えるコメントに対して撃沈された事実に尾鰭(自己分析)を付けて告げ口している様に見えますが、多分誰も沈没や撃沈された事実を否定しないと思います。
    [ 2014/04/18 05:01 ] [ 編集 ]
  199. >>29
    >※13
    >潤沢な油があったら戦争回避の道もあったろうに
    >妙な決戦思想に凝り固まる機会を与えた日本海海戦が一番悪いんじゃ(錯乱

    資源のあるなしに関係なく、欧米は日本と戦争したいんだよ。
    [ 2014/04/18 05:18 ] [ 編集 ]
  200. 天一号作戦に大和投入って、投入しても沖縄までたどり着けない。という結論のもと、それでも、「敗戦後、大和が無傷であったら、軍は国民から多大な批判を被る」との判断から、たどり着けない沖縄に向かって大和は進んだんだよな(´・ω・`)
    大戦末期は、「統率の外道」といい、もう無茶苦茶だったよなぁ(´・ω・`)
    [ 2014/04/18 05:19 ] [ 編集 ]
  201. >ムサシやヤマトを彼女と呼ぶのに違和感感じるw

    これどうぞ。

    第58任務部隊司令官(ミッチャー)から、太平洋艦隊司令長官(ニミッツ)宛ての沖縄での戦闘詳報です。

    ttp://www.ibiblio.org/hyperwar/USN/rep/Okinawa/TF58/index.html


    で、大和を「沈めた」事になっている(最後に魚雷当てた飛行隊がいたから)、ヨークタウンⅡのアメリカ海軍作戦部・海軍史料部の公式資料。

    ttp://www.ibiblio.org/hyperwar/USN/ships/dafs/CV/cv10.html

    前者は(c) 6th and 7th of April の部分を、
    後者はページの真ん中あたり、On 30 March,のあたりからどうぞ。

    とくに後者は鬱陶しいくらい「she」「her」を連呼してます。
    公式文書からしてこうです。

    さらに件のヨークタウンⅡ嬢、公式の渾名が、`The Fighting Lady "です。
    ttp://www.hmdb.org/PhotoFullSize.asp?PhotoID=63546


    まあ、やられる話ばっかもアレなんで、大和が沖縄に突入してたら・・・というのを美少女擬人化×提督の決断Ⅳで(艦これに先立つ3年前に)再現した動画もどうぞ。
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm12820280

    黒髪・巨/乳の大和さんのエ口い姿態を見たい諸氏も、ホラ見ろよ見ろよ。嬉しいダルルォ!?
    [ 2014/04/18 05:21 ] [ 編集 ]
  202. >>148
    どうすれば勝てたか、負けなかったか、うまく戦争を回避できたか、などについて書いている本はそれなりに出版されているのですが、ここのコメント欄を見る限り、読んでいる方はとても少ないようですね。試しに読んでみるといいと思いますよ。今読んでも役に立つことが多いと思います。


    勝てば官軍負ければ賊軍。
    ユダヤなど戦勝国の情報操作テクが勉強になるかな。

    たとえば日本のマスコミも日教組も、「UN=国際連合」としてるが、
    国際連合のどこに、「Iの字(インターナショナル)」が使われてるんだ?
    って話し。

    UNに国際もインターナショナルもねーよ。

    「また日本はインターナショナルな国際連合から批判されたぞ孤立したぞ!」
    と誤報を飛ばすのが目的でしかない。
    「日本が国際連合から非難された」ではなく、
    「日本が戦勝国連合に差別された」が正しいのにな。

    その手の情報操作に強くなりたい物だな。
    自民政権でさえまだしばらく口を閉ざしそうだし
    [ 2014/04/18 05:25 ] [ 編集 ]
  203. 原爆の実験台にされて沈められるよりマシじゃないの
    [ 2014/04/18 05:25 ] [ 編集 ]
  204. 単艦としては強力だが、戦術的には用いる戦場がない。
    そして、戦略的には必敗。
    そんな状況で大和をどうつかうのか?

    その答えとして、あの最後は実はものすごい一手だったのかもしれない。
    大和を犠牲にすることで、帝国海軍の最後の神話を作り上げた。
    大和のあの特攻がなく戦後に長門と一緒に沈んでいたらどうなっただろう。
    大和のあの特攻があったから、日本人は海軍に対して今でも涙をながせるし、その涙は海軍を海自として復活させえた。
    そして、今も人々に戦争について考えさせる材料になっている。
    大和は日本の歴史における神話になったのだ。

    考えたやつは地獄いきだろうが、覚悟の上だろうな。
    [ 2014/04/18 05:30 ] [ 編集 ]
  205. >>85
    >大勢の乗組員を犠牲にした無残な最期だった
    >子供なら最後の突撃はかっこいいと言えるのかも知れんが
    >その戦艦に乗っていた数千人もの人間を考えたら
    >結果の見えてる特攻などしないほうがいいと俺なら思う
    >戦艦なんて物に過ぎない
    >人命より大切なわけがない

    >日本は人命を軽く扱いすぎた
    >あの戦争で一番日本にとって痛手だったのは
    >物資や領土なんかでなく人間だったろう
    >あの戦争で死んでいった若い人間やエリートと言える人間たちが
    >その後も生きていたら、はるかに日本の力になったことだろうに

    ↑漫画やドラマを読む感覚で歴史を鑑賞してんじゃねえよ気持ち悪い。

     まず、「犠牲」って言葉選びやめろ。
     犠牲とは、犠牲バントというように、
     他者を活かした場合だけを言うんだ。
     無駄死にのケースでは犠牲とは言わない。
     それぐらいの認識は出来てるのか?

     >結果の見えてる特攻

     って何? 特攻作戦は成功だろ。
     「生きて帰るのが前提じゃない」んだから、他にどんな結果があるの?

     >人命より大切なわけがない

     国民の人命を守るために戦争するんだよバーカ。
     軍人が戦わなかったら、狙われるのは国民だろ。

    >あの戦争で死んでいった若い人間やエリートと言える人間たちが

     戦争に対応しなかったら、その時点で日本の歴史はストップするの。
     分かる? その後の日本も減ったくれもないの。
    [ 2014/04/18 05:36 ] [ 編集 ]
  206. >>200 
    うーん、それ俗論っすよ。
    結局たどり着けなかっただけで、突入の公算はそこまで低くないと見積もられていた節が濃厚です(しかし、行っても帰ってくることは出来ないというのも確実でした)。

    戦史叢書の沖縄方面海軍作戦や、第一遊撃部隊の戦闘詳報なんか読むと、
    「航空部隊の総攻撃支援として、使えるものは何でも使う」
    という肚のもとに突入が実施された経緯が結構よく分かります。

    ここで水上戦力を出し惜しんでも使用機会がいつ訪れるか判明しないわけなんで、遊撃的に基地航空部隊の支援として使うのはそこまで悪手でないと思います。

    参考までに公式資料。
    ・アジ歴の大和関連トピックス
    ttp://www.jacar.go.jp/topicsfromjacar/01_warissues/index01_001.html#sub06

    ごく一部しかトピックスとして取り上げられてないから、前後の文章も読んでみてね。


    GF電令作第六〇三・六〇七・六一一号
    ttp://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/siryou/gf603.html

    これ見ると、「陸地に乗り上げて~」なんて命令されてないのが分かります。


    一YB命令作第三号ttp://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/siryou/1yb.html

    こちらは大和から指揮下部隊・第二水雷戦隊に下令された命令文。
    1YBは、「第一遊撃部隊」の略。
    やっぱり基地航空隊ありきの作戦ぽい感じがひしひし伝わります
    [ 2014/04/18 05:41 ] [ 編集 ]
  207. 海外では大和型はsuper battleshipって分類されてるんだな
    [ 2014/04/18 06:02 ] [ 編集 ]
  208. どのみち座礁したら砲塔回らなくなるから、って話を軍人間でも話てるな

    昭和天皇が、大和は何をしてるのかと問い、それを深読みした海軍が慌てて作戦立案したのが本当のとこだろう
    [ 2014/04/18 06:34 ] [ 編集 ]
  209. 大和特攻に際し、一億の先駆けとなってくれと説得してんだから目算も何もないわな
    [ 2014/04/18 06:40 ] [ 編集 ]
  210. 戦艦の善し悪しはわからないけども
    人を惹きつけるものがあるみたいだね(´・ω・`)
    [ 2014/04/18 06:43 ] [ 編集 ]
  211. > ■ これは単に鉄の無駄遣いだった。
    >   意味もなく多くの兵士が犠牲になったのは本当に残念だ。 ドイツ

    沖縄を、わずかな可能性ながらも救いに行くのが意味がないとはな。
    ドイツ人は合理的ですねー。
    [ 2014/04/18 07:11 ] [ 編集 ]
  212. ミッドウェーさえまともだったら、アメリカをたたけるんだろうが、大和はおまけだ。大和じゃねえんだ。ミッドウェーなんだ・・・
    [ 2014/04/18 07:15 ] [ 編集 ]
  213. ミッドウェイで勝ってたら戦争長引き、ソ連により酷い目にあわされてたわ

    無理なんだよ無理
    [ 2014/04/18 07:25 ] [ 編集 ]
  214. なぜか大和が鈍足って思い込んでる人って多いんだよなあ。多分アイオワ級と比べてのことだと思うけど、カタログ数値27ノットっていうのは戦艦としては高速の部類だ。排水量が半分のサウスダコタ級やノースカロライナ級とほぼ同じ。アイオワの33ノットって言うのも機関出力を全開で限られた好条件下でのものだし(車のカタログ燃費みたいなもの)。
    巨体ゆえに舵輪を回してから曲がり始めるまでにタイムラグはあるけど、旋回半径は小さかった。操艦の上手い艦長の指揮下では驚異的な回避運動を行えた。
    [ 2014/04/18 07:43 ] [ 編集 ]
  215. 座礁したら傾いて狙いがとれないよね。実際大和が沖縄にたどりつけなかったのは本当に微妙なタイミングの差だったと聞いたけど歴史にifは無いからなぁ
    [ 2014/04/18 07:51 ] [ 編集 ]
  216. 一度もメジャーにあがらずに死んで
    「あいつが生きてたら日本のロック史は変わってた」みたいな
    伝説になったインディーズバンドのボーカルみたいね
    [ 2014/04/18 08:01 ] [ 編集 ]
  217. 座礁して傾いたら砲塔回りません
    [ 2014/04/18 08:08 ] [ 編集 ]
  218. そもそも揚弾装置が動かないから装填する弾がありません
    [ 2014/04/18 08:12 ] [ 編集 ]
  219. 名無し
    ノモンハンで彼我の軍事力が日露戦争時代とは様変わりして
    ソ連軍の機械化に太刀打ち出来なくなってることを誰も真剣に考えようとしなかった すべてを無かった事にして対米戦に突入してしまった まあ当時としては他に選択肢は無かったんだろうが、米はソ連以上に秀逸な工業力と沈着冷静な戦略思想を持っていたんだから敗北必至の無謀な戦争ではあった
    [ 2014/04/18 08:17 ] [ 編集 ]
  220. 昭和三大馬鹿査定と言われた戦艦大和ですね
    [ 2014/04/18 08:20 ] [ 編集 ]
  221. 後付けで大和馬鹿にしてる奴とは仲良くできないな。
    [ 2014/04/18 08:29 ] [ 編集 ]
  222. まさに後付けなら何でも好きに言えるわな
    当時の戦艦は現代の核みたいなもの
    抑止力と国力の象徴だった
    アメリカでさえ大和を超える戦艦を計画していた
    飛行機の進化が早過ぎた
    [ 2014/04/18 08:33 ] [ 編集 ]
  223. まあSTARBLAZERはアイオワじゃなくてヤマトだからな。
    [ 2014/04/18 08:34 ] [ 編集 ]
  224. 大和と特攻隊の件は
    『日本軍の兵士は最強、将軍は無能』を地でいくエピソード
    [ 2014/04/18 08:59 ] [ 編集 ]
  225. 涙が止まらない
    ヤマトと兵士達に感謝
    [ 2014/04/18 09:20 ] [ 編集 ]
  226. いつか自衛艦に『やまと』という艦が生まれることを期待。
    事実上の永久欠番だろうけど、もし、つけられるとしたらどんな艦になるのだろうか。
    [ 2014/04/18 09:24 ] [ 編集 ]
  227.  
    大和の特攻は象徴的な意味が強かったんだろう。消極的には日本海軍はやることはすべてやった、あとは政府に任せるという暗黙の意思表示。

    積極的には、文字通り、本土決戦の先駆けとなって散るという行動。三千人の戦没者は大和=日本海軍=日本国家に殉ずることだけを念じていた筈だ。作戦に成功の可能性がほとんど無かったことは、レイテ沖海戦の経験から一水兵に至るまでよく知っていた。見送りのゼロ戦が翼を振ってUターンしたのは、俺達も必ず後を追うという意味。

    作戦が無意味だのバカ海軍がと片付ける日本人も多いが、外国人でも心ある人は気配を察することが出来るのが嬉しい。
    [ 2014/04/18 09:39 ] [ 編集 ]
  228. 日本が勝つか引き分けに持ち込むには
    核兵器の完成が必須だった

    あともうちょっとで完成してたって本当?
    [ 2014/04/18 09:39 ] [ 編集 ]
  229. 正に分岐点
    航空機、レーダー照準、忘れがちな発射速度。
    進化の方向が決まった瞬間。
    [ 2014/04/18 09:40 ] [ 編集 ]
  230. 英語で船をsheと呼ぶのは知ってるけど、大和や武蔵みたいな男らしい名前の船を「彼女」って呼ぶのにはなんか違和感を感じる
    [ 2014/04/18 09:51 ] [ 編集 ]
  231. 「沈んだr船の名前は2度は使わないらしい・・自衛隊の何かで聞いたことがある」

    「自分的にはヤマトの名は大好きだが・・」
    [ 2014/04/18 09:55 ] [ 編集 ]
  232. 戦艦なんてどんなに強力に作っても実戦ではどうやったって正面からの殴り合いをしなきゃいけないから損耗品みたいなもの。頑張ってマイクタイソン一人育てても、ヘビー級ボクサーが何十人も集まって一辺に殴り合う戦場では浮沈艦なんて言葉遊びでしかない。
    [ 2014/04/18 10:01 ] [ 編集 ]
  233. >231
    今日本の護衛艦が沈んだ船の名前ばかりなんだけど?ひらがなにしたからOKとかそういうこと?
    [ 2014/04/18 10:04 ] [ 編集 ]
  234. 大和は無制限に艦艇を作る事が出来ない中で、金剛級・扶桑級・伊勢級・長門級を近代改装して行く中で培った物を一隻に込める第一弾として作られた。
    「造船」という物に対して、イギリス式を輸入した日本がたどり着いた「魔改造」って奴がこの大和だ。
    [ 2014/04/18 10:08 ] [ 編集 ]
  235.  
    関係ないだろ
    [ 2014/04/18 10:09 ] [ 編集 ]
  236. 天一号作戦は愚かな作戦だったけど、その本旨が沖縄防衛だったことを忘れてはいけない。なにをかなぐり捨てても沖縄の人達を守りたかった。大和を沖縄を爆撃から守る盾にしようとしたんだ。
    それも残り少ない駆逐艦を8隻引き連れて文字通り最後の聯合艦隊が沖縄防衛に向かった。
    航空機の支援がなかった?だからどうした?航空機だって命を惜しんで飛ばなかったんじゃない、毎日のように特攻隊が命を捨てて戦っていた。みんな必死に国を守ろうとしていたんだよ…
    [ 2014/04/18 10:16 ] [ 編集 ]
  237. どうせなら計画倒れの100万トン級だっけ?の戦艦つくって欲しかった

    40cm砲200門、魚雷発射管200基
    大艦隊も裸足で逃げ出すレベルw

    まあ無理か
    [ 2014/04/18 10:17 ] [ 編集 ]
  238. 鉄の戦士は死んだのだ。
    狼も死んだ、獅子も死んだ。
    心に牙を持つ者は、全て逝ってしまった……。
    [ 2014/04/18 10:19 ] [ 編集 ]
  239. 本旨がどうあれ無謀な作戦しか立てられない司令部が無能であることに変わりはない

    戦果は黙って果敢に戦い散っていった現場指揮官と兵卒たちのおかげだと言うことを忘れてはならない
    [ 2014/04/18 10:28 ] [ 編集 ]
  240. ※6
    >このタイミングで沈没ネタ

    まさしく「知らんがな」だな
    [ 2014/04/18 10:35 ] [ 編集 ]
  241. 一億総特攻の魁。
    片道の燃料だけで沖縄に向かった心中は察するに余りある。

    ちなみに、この坊の岬沖海戦にも参戦して、
    当たり前の様に生還した後、台湾に渡った雪風。
    さすが旧日本帝国海軍最強の幸運艦。
    [ 2014/04/18 11:00 ] [ 編集 ]
  242. 日本はまともな対潜装備があればもう少しだけ頑張れたかもしれんね
    [ 2014/04/18 11:02 ] [ 編集 ]
  243. 国民の気持ちを昂らせるにはね
    [ 2014/04/18 11:10 ] [ 編集 ]
  244. まさに名前通りシンボリックな存在になってるのがドラマチック。ヤマトが沈むことは日本が沈むことと同じになってしまった。
    [ 2014/04/18 11:19 ] [ 編集 ]
  245. そもそも資源・借金がなければ戦争なんてやらなかったよ
    大和に限らず、他の艦船や戦闘機・戦車だって
    キチンと運用・開発できたはず。
    [ 2014/04/18 11:28 ] [ 編集 ]
  246. ※241
    一応、実際には往復分の燃料積んでたよ
    燃料タンクの底に残ってた帳簿外の燃料かき集めて用意したらしい
    [ 2014/04/18 11:37 ] [ 編集 ]
  247. うーん、大和はいつ見ても美しい・・・
    しかしアメリカ人はやたらアイオワ級と比べたがるよなw
    気持ちは分からんでもないが、比較なんて無意味
    [ 2014/04/18 11:48 ] [ 編集 ]
  248. 大和=日本の魂
    良くも悪くも日本らしくて好きだよ
    大和にどれだけの気持ち(希望)が託されてたことか…
    沈んでしまったけど誇り高く、存在し守ろうとしてくれたことに
    ありがとうしかない
    [ 2014/04/18 11:49 ] [ 編集 ]
  249. ※246
    そんな裏話が!www
    数値上の話しか知らんかった。
    面白い話をありがとう。
    [ 2014/04/18 12:00 ] [ 編集 ]
  250. ※241
    それデマ、無茶な特攻させられる大和がかわいそうという事で
    作業員が港中の燃料をかき集めて大和に満杯まで補給した。
    ところが大和は度重なる改装で自重が上がっており、満杯にすると喫水線が戦闘行動に支障があるまで下がってしまった。
    仕方ないので大和と一緒に出撃する護衛艦に燃料を分けた。
    それを事情を知らない人が目撃して大和から燃料を抜いてると勘違いし、それを聞いた誰かが日本軍は酷いというストーリーを作った。

    しかしアイオワ最強説にこだわるアメリカ人どこでも現れるな、アイオワの主砲じゃ大和の装甲抜けないだろうに
    [ 2014/04/18 12:06 ] [ 編集 ]
  251. この無駄で無謀な特攻ひとつ見れば
    どれだけ日本の司令部がろくでなしだったかわかるってもんだ
    でも大和が終戦まで生き延びていたら…
    アメリカに接収されていたんだろうなぁ
    [ 2014/04/18 12:17 ] [ 編集 ]
  252. うちの猫の名前がヤマト
    戦艦でなく、宅急便です。
    黒いんです。
    [ 2014/04/18 12:22 ] [ 編集 ]
  253. 大和の話になるとアイオワ級が比較に出されるが、対戦艦ならアイオワ級よりサウスダコタ級の方が上だったと思う
    速度はアイオワ級の方が速いがサウスダコタ級より装甲を減らしているのと確か主砲を艦首方向に撃てないって欠点が有った筈
    ただ、速力が有る分使い易さはアイオワの方が良いんだが
    [ 2014/04/18 12:22 ] [ 編集 ]
  254. 俺もサウスダコタの方がアイオワよりも戦艦としての完成度は高いと思う。
    あのコンパクトな船体にアイオワとほぼ同等の火力、アイオワを上回る防御力
    全長が短いのは的が小さいと言う事だし、旋回半径も小さく抑えられる。
    アイオワは長命を保ったのと大型で見栄えが良いからアメリカ戦艦の代表のように言われるけどね。
    アイオワは速度で大和を圧倒できるとよく言われるけど、常時最大戦速で砲戦はできないし、3ノット(公称33ノットは実用的な数字ではない)程度の差はそれほど問題にはならない。
    第一、大和の装甲を抜くための距離は大和の間合いでもあるからね。
    [ 2014/04/18 12:40 ] [ 編集 ]
  255. 作戦行動どころか単なる維持だけでも膨大な燃料を喰らうのだから、日本の当時の国情(今も大して変わってないけど)を考えれば、とんでもないマイナス。
    造るべきではなかった。
    造れるということを示すためだけなら、せめて単艦にしておくべきだった。
    戦艦に拘るにしても長門級を4隻程度でよかった。

    ま、なんにしても、どのみち国力が違いすぎて、どんな兵器や戦術をもってしても米国には永劫に勝てない。
    [ 2014/04/18 12:53 ] [ 編集 ]
  256. ヤマトがどう使われようが日本は負けてたよ。
    山本五十六以下、軍部にはアメリカを勝たせたいスパイがうようよいたんだからな。
    [ 2014/04/18 12:58 ] [ 編集 ]
  257. 日本の近代化における病弊が生んだ結果の一つ。
    明治維新の時の誤りが今に至るまでずっと引きずられている。
    官僚組織の改善こそが日本の課題。
    [ 2014/04/18 13:03 ] [ 編集 ]
  258. >山本五十六以下、軍部にはアメリカを勝たせたいスパイがうようよいたんだからな。

    陰謀論兄貴オッスオッス!

    しかし、
    >どれだけ日本の司令部がろくでなしだったかわかるってもんだ
    とか。
    >日本の近代化における病弊が生んだ結果の一つ。

    こういう事言う兄貴たちは本当、ロクな代案出さないですよね。
    まるで朝日新聞みたいだあ・・・(直喩)。
    [ 2014/04/18 13:20 ] [ 編集 ]
  259. どえりゃーの「ど」かと思っとったがね
    [ 2014/04/18 13:23 ] [ 編集 ]
  260. 未だに片道燃料しか積まなかったってデマがまかり通っているんだな。
    「片道燃料だけでも行く!」って言った人間がいたのも事実だし、参加した将兵の多くがある意味「生きて帰らない」特攻作戦の覚悟をしていたのも事実だろうが、実際は余裕で帰還できるだけの燃料を積んで出撃してるんだよ。
    「片道燃料デマ説」をそろそろ払拭しないと大和や菊水作戦に参加した英霊たちへの侮辱にもなりかねないぞ。
    [ 2014/04/18 13:25 ] [ 編集 ]
  261. >作戦行動どころか単なる維持だけでも膨大な燃料を喰らうのだから、日本の当時の国情(今も大して変わってないけど)を考えれば、とんでもないマイナス。

    本当に重油を食うのは、行動期間・範囲が限られる水上艦隊ではなく、ひっきりなしに動かなければならない輸送船団+その護送船団。

    そして、その輸送船団に負担が大きくなる長期戦になると不利になるのは当然だから、短期にナシをつけようという発想になってくる。これは日米ともに同じ。
    そのための敵戦艦群に対するストッピングパワーとして新戦艦が求められたのは、さほどおかしくないんでは?
    あと、大和の計画年とかもご参照。


    >造れるということを示すためだけなら、せめて単艦にしておくべきだった

    造れるという事を示すために大枚叩いたんではありません。
    実戦で積極的に運用もなされてます。


    >どんな兵器や戦術をもってしても米国には永劫に勝てない。

    アメリカに「勝つ」と思ってた人はいないと思うよ。戦史叢書とか読むと。
    [ 2014/04/18 13:29 ] [ 編集 ]
  262. 大和は沖縄県民を救出する為に向かったの?
    小学生並の質問ですみません。
    wiki見てきます。
    [ 2014/04/18 13:31 ] [ 編集 ]
  263. >「片道燃料デマ説」をそろそろ払拭しないと大和や菊水作戦に参加した英霊たちへの侮辱にもなりかねないぞ。

    そういや、こんなのもあったね。
    「吉田満著書 乗組員救助の記述 戦艦大和の最期 残虐さ独り歩き
    救助艇指揮官「事実無根」」
    ttp://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kaihei73-matui.htm

    吉田満さんのは「ファクション小説」なんだけど、真に受けた朝日が大誤報、といういつものノリ。
    [ 2014/04/18 13:33 ] [ 編集 ]
  264. 船は女性だから大和も女王になるのかww
    大和は柔道体型のがっしりしたやまとおのこなイメージがあるから
    女王と言われて何のことか分からなかったw

    しかしアメリカ人はやたら勝ち負けにこだわる傾向があるように思う
    日本魂は勝敗を越えたところにあるぞ
    [ 2014/04/18 13:36 ] [ 編集 ]
  265. アイオワってどっちかって言うと金剛キラーだろ?
    比較するなら計画中止になったモンタナ級じゃね?
    結局帝国海軍の12隻の戦艦で活躍らしい活躍したのって金剛型だけだしな
    [ 2014/04/18 13:37 ] [ 編集 ]
  266. >>262

    「沖縄県民を救出」と直接命令されてはいません。

    けれど、「沖縄に襲来している敵艦隊・船団を攻撃」と下令されているので、
    (「海上特攻隊ハY-1日黎明時豊後水道出撃 Y日黎明時沖縄西方海面ニ突入 敵水上艦艇並ニ輸送船団ヲ攻撃撃滅スベシ」)
    間接的に救出に行ったという理解でもよいと思います。
    ttp://www.h2.dion.ne.jp/~sws6225/siryou/gf603.html
    [ 2014/04/18 13:38 ] [ 編集 ]
  267. >12隻の戦艦で活躍らしい活躍したのって金剛型だけだしな

    北号作戦の伊勢日向や、抑止力になり続けた扶桑山城も忘れないであげて
    [ 2014/04/18 13:39 ] [ 編集 ]
  268. 立派な軍艦なのに砲撃不可能だったという。
    敵を狙う時に前が、見えなかったそうだ。
    [ 2014/04/18 13:41 ] [ 編集 ]
  269. 268
    また意味不明なことを…
    資料は何だよ?
    それとも日本sageしたい某国の人?
    [ 2014/04/18 13:51 ] [ 編集 ]
  270. >大 和 は 柔 道 体 型 の が っ し り し た や ま と お の こ な イ メ ー ジ が あ る か ら


    こ の バ ス ト サ イ ズ で 黒 髪 ロ ン グ の こ ん な 感 じ に な る と い う の は ?
    ttp://urx.nu/7Roy
    [ 2014/04/18 14:04 ] [ 編集 ]
  271. 大和の乗組員で生き残った人がTVで言ってたが、大和に乗ってる事を知られたくなかったそうだ。
    停泊中に街とかに行くと、ブツブツ文句言われたりしたって言ってたな。
    その内、外出にかなり制限ができて逆にホッしたそうだ。
    でもその後は皆船内で酒飲んでばっかりで、自分が何の為に生きてるか分からない状態が続いての出撃だったみたい。
    その人は、大和の話の美化や捏造の多さに辟易してたよ。
    [ 2014/04/18 14:19 ] [ 編集 ]
  272. >大和の乗組員で生き残った人がTVで言ってたが
    >大和の話の美化や捏造の多さに辟易してたよ

    まあテレビだからね。
    [ 2014/04/18 14:22 ] [ 編集 ]
  273. アメリカ人が日本人よりも熱く語ってるw
    戦艦とか空母とか興味無いから(ごめん)凄さがわからんのよね…
    ただその時代にあの規模の物を造れたのがどれだけ凄いのかという事は何となくわかるんだけど…
    もっと勉強しなきゃなぁ…
    [ 2014/04/18 14:26 ] [ 編集 ]
  274. ※251
    最後まで生き残った長門は原爆実験の標的艦にされたしな。
    [ 2014/04/18 14:29 ] [ 編集 ]
  275. どうせ生き残ってもアメリカに接収されるのだから
    最後くらい華々しく散るのが大和魂。
    [ 2014/04/18 14:36 ] [ 編集 ]
  276. ちなみに当時の特亜猿は包丁一本まともに作れませんでしたw
    [ 2014/04/18 14:50 ] [ 編集 ]
  277. 大和とかいう黄金の鉄の塊
    [ 2014/04/18 15:20 ] [ 編集 ]
  278. 最後のドイツのコメントで泣いた
    [ 2014/04/18 15:46 ] [ 編集 ]
  279. 訳者へ:
    ヤマトヤマトとカタカナで書くなや。それじゃあ宇宙戦艦や。
    [ 2014/04/18 15:46 ] [ 編集 ]
  280. ハイハイいつだって悪いのは日本 
    永久に謝罪と賠償 
    これで満足か毛唐
    [ 2014/04/18 16:01 ] [ 編集 ]
  281. 大和は美しい
    [ 2014/04/18 16:02 ] [ 編集 ]
  282. そんなヤマトも今では立派な宅配便です
    [ 2014/04/18 16:05 ] [ 編集 ]
  283. 核やら枯葉剤等の非人道兵器使ったアメさんには言われたくないな
    結局自分達も核に怯えてるし
    [ 2014/04/18 16:18 ] [ 編集 ]
  284. 「片道燃料デマ説」を払拭してどうする。
    やっぱり片道燃料で行ったんだな、って事になっちゃうでしょうが。

    「片道燃料説」を払拭してよ。
    燃料タンクには半分くらいしか入ってなかったらしいけど、
    それは沖縄往復には充分な量だった、と言うのが戦史上の定説でしょ。
    [ 2014/04/18 16:32 ] [ 編集 ]
  285. 大和は確かにでかいが、規格外にでかいわけではない
    当時の米戦艦のほうが若干ではあるがでかかった

    なぜなら大和は可能な限り「小型化」を目指して作られた戦艦だから
    [ 2014/04/18 16:33 ] [ 編集 ]
  286. 最強と最優は違う。国家間の戦争では最優に軍配があがる。
    [ 2014/04/18 16:34 ] [ 編集 ]
  287. 護衛用の戦闘機を随行させなかった時点で上層部は馬鹿なんだけどな。
    [ 2014/04/18 16:36 ] [ 編集 ]
  288. あの大和が何も戦果あげられずに負けたってことは、そんだけ国力の差があったってことだからなぁ
    健在だろうが何だろうが、何も出来んよ
    [ 2014/04/18 17:07 ] [ 編集 ]
  289. アメリカは原爆を落した
    これは決して許せん
    [ 2014/04/18 17:08 ] [ 編集 ]
  290. 最優ってなんだよ
    最適とか最善とか最効率とかだろ
    [ 2014/04/18 17:16 ] [ 編集 ]
  291. ※287
    航空戦力は沖縄へ全力投入だよ。
    1YBは敵機動部隊を引き付け、航空特攻を円滑ならしめるための
    任務もあった。
    大和以下、1YBだけ生き残らせる作戦であれば直援もつくが
    そういう作戦じゃないから。
    [ 2014/04/18 17:20 ] [ 編集 ]
  292. 神話に基づくヨーロッパの風習を、まるで世界共通の考えかの様にミスリードして自分達がさもまともな人間かの様に装う敗北主義者韓これ厨
    [ 2014/04/18 17:35 ] [ 編集 ]
  293. ビスと大和じゃ中学生と大人ぐらいの差があるだろ。
    百回やって百回とも勝ち目がない。
    単艦同士の戦いに意味なんてないって?
    じゃあ、日本はさらに第一航空艦隊を出すが宜しいか?
    大和の護衛には第二艦隊丸丸付けたっていいんだぜ。
    [ 2014/04/18 17:37 ] [ 編集 ]
  294. 何でナイトウィッシュなんですかねw
    [ 2014/04/18 18:03 ] [ 編集 ]
  295. たどり着いた先で座礁して
    砲台になる予定は知らないの?
    [ 2014/04/18 18:15 ] [ 編集 ]
  296. >どうせ生き残ってもアメリカに接収されるのだから
    最後くらい華々しく散るのが大和魂。

    分からんぜ。
    何故か捕鯨船に使いなYOと帰って来たりしてなw
    [ 2014/04/18 18:20 ] [ 編集 ]
  297. 片道燃料うんぬん言っている連中は

    大井篤の『海上護衛戦』を読め!

    ヤマト特攻という無駄のために、海上護衛艦隊から燃料かっぱらったんだぞ!
    [ 2014/04/18 18:25 ] [ 編集 ]
  298. 新刊は何処
    そんな大和を愛する皆様にお勧めする逸品がこれ!

    征途(上・中・下)

    おや、こんな時間に誰かかきたようだ…
    [ 2014/04/18 18:31 ] [ 編集 ]
  299. >あの大和が何も戦果あげられずに負けたってことは、そんだけ国力の差があったってことだからなぁ
    >健在だろうが何だろうが、何も出来んよ

    大和云々よりも、艦船の生産能力が違いすぎてorz
    [ 2014/04/18 18:51 ] [ 編集 ]
  300. >>17
    工業力、技術力、兵器の質、運用システム、人材・・・とあらゆる面で劣ってましたが?
    [ 2014/04/18 18:58 ] [ 編集 ]
  301. 散る桜 残る桜も 散る桜

    勇士たちの魂よ、安らかに。
    [ 2014/04/18 18:58 ] [ 編集 ]
  302. 大和をどう活用してもそれだけじゃ勝てないよなあ。

    波動エンジンと波動砲を付けていいなら別だけどw
    [ 2014/04/18 19:06 ] [ 編集 ]
  303. 大西洋は艦隊ゴッコ
    第一次世界大戦はあれほどすさまじい艦隊決戦をした英独が第二次世界大戦では一転、指揮官子供だったんじゃねえのかって程度の海戦しかしてない。ビスマルクの逸話なんてあまりにもバカバカしすぎて褒める奴の気がしれない。
    戦艦2隻でヒョイヒョイでかけて、しかも目標が通商破壊?戦艦の建造にいくら費やしたと思ってんだ?それをたったの2隻で出撃させて、やることは通商破壊って・・・10万使って相手の2万円入ったに財布に火をつけるようなもん。
    もちろん、こんなアホな作戦太平洋では通用しない。そもそも海が広すぎて戦艦で通商破壊に行くと燃料代がかさみ過ぎて自陣の通商が破壊されるw
    太平洋での海戦からしたら大西洋での海戦なんて子供のケンカレベル。いくつもの艦隊が太平洋を盤面に見立てて大戦争したのと、たまたま戦艦同士がバッタリ出会ってそのまま正面から殴りあいしてたのを同レベルで語らないでほしいわ。
    [ 2014/04/18 19:12 ] [ 編集 ]
  304. >戦艦2隻でヒョイヒョイでかけて、しかも目標が通商破壊?戦艦の建造にいくら費やしたと思ってんだ?それをたったの2隻で出撃させて、やることは通商破壊って・・

    プリンツ・オイゲン「ごめん、俺、重巡なんだ…。」
    本当は、艦隊を準備する予定だったんだ。
    でも、潜水艦を優先してたし、
    そもそも予算も資材も足りてない!
    じゃあ、作るなよってツッコミたいのは分かる。
    あげくに通商破壊に使っとくか…というオチ。

    ていうか、通商破壊ならドイッチュランド級を増産かちょっと豪華にシャルンホルスト級を追加して誤魔化しとけよ。
    いや、もう仮装巡洋艦で充分なん(ry

    [ 2014/04/18 19:33 ] [ 編集 ]
  305. 大和魂が理解できない時点で日本国民じゃねえよ
    [ 2014/04/18 19:54 ] [ 編集 ]
  306. 名無し
    決戦兵器ってやつだよね。日中、日露戦争のような、ここさえ勝てればケリがつく、みたいな思想で作られたのだろうね。
    [ 2014/04/18 19:58 ] [ 編集 ]
  307. 勿体ないから戦線投入しないでいたから皮肉でホテル大和って呼ばれてたらしいが・・・?
    [ 2014/04/18 19:58 ] [ 編集 ]
  308. 僕は、そんなに詳しく無いけど。
    意見を言っても良い?
    まず、日本は人の命を軽んじすぎた。
    特に、戦闘員の。
    だから、いろんなところに無理があった。
    戦闘機のパイロット。
    空母なんか、素人のパイロットではむりでしょ。
    いろんな意味で、人の命を軽くみたのが日本の敗因。
    [ 2014/04/18 20:01 ] [ 編集 ]
  309. アイオワ級って艦首が細すぎてあんまりカッコよくない。
    [ 2014/04/18 20:16 ] [ 編集 ]
  310. >工業力、技術力、兵器の質、運用システム、人材・・・とあらゆる面で劣ってましたが?

    こういうのは定義と数字を出さなきゃなあ。

    兵器の質ってのにしても、スペック良くて必要な時期に運用出来なきゃ、よい評価は得られんだろうし、人材なんてどうやって比較検討すんの。
    [ 2014/04/18 20:16 ] [ 編集 ]
  311. >まず、日本は人の命を軽んじすぎた。
    >特に、戦闘員の。

    日本批判に見せかけて、サラッとソ連邦をディスるとは、貴様中々の手練れだな。
    [ 2014/04/18 20:23 ] [ 編集 ]
  312. 軽くみてた訳じゃなく、
    そこまでまわす余裕がなかっただけ。
    列強の上位と下位の国力差。

    それに赤軍よりはマシだといってみる。

    >決戦兵器ってやつだよね。日中、日露戦争のような、ここさえ勝てればケリがつく、みたいな思想で作られたのだろうね。

    そうです。
    だからこそ、艦隊決戦を思考し、
    事前段階として漸減作戦という流れになり、
    空母もその一部として整備されたわけです。

    また、戦艦という艦種は、抑止力という側面もあった。
    だからこそ、海軍軍縮条約で保有や性能に制限をかけたわけスな。
    [ 2014/04/18 20:28 ] [ 編集 ]
  313. 大和の竣工が確か昭和16年12月16日頃で真珠湾攻撃に間に合わなかったのが残念。
    で海底に沈んだ大和は宇宙戦艦に改造され、放射能除去装置獲得の為に往復29万6千光年の旅に出るのであった。
    [ 2014/04/18 20:37 ] [ 編集 ]
  314. とは言え、大和の建造技術は超大型船の建造技術の石杖になったんだから
    無駄では無いよ日本の戦後成長の柱の一つとなったんだし、現在でも宇宙戦艦や美女になったりして皆を楽しませてるしw
    [ 2014/04/18 20:45 ] [ 編集 ]
  315. 何だかんだ言ったって、結局戦争するのは人間なんだよ。
    トップが駄目なら駄目なんだな。
    [ 2014/04/18 21:02 ] [ 編集 ]
  316. 乗組員の写真で泣いた。
    [ 2014/04/18 21:03 ] [ 編集 ]
  317. 米314
    作ったことは(技術発展の観点から見れば)無駄ではないが、無駄に使い捨てたのは無駄だろ。
    それも、大量の乗組員を犠牲にして。
    [ 2014/04/18 21:10 ] [ 編集 ]
  318. ※24
    >おれ、やっぱり戦後のドイツ人は嫌いだな


    俺も...
    [ 2014/04/18 21:24 ] [ 編集 ]
  319. コメずっと読んできたが、おまいらの知識に感服したわw
    [ 2014/04/18 21:27 ] [ 編集 ]
  320. 兵器を「彼女」と表現するのはどこの国も同じなんだね
    けど、これは個人的なモノなのか日本人的なモノなのか判らないけれど大和は「彼女」ってイメージがない
    大和魂とか侍って感じなのかな
    それとも当時の日本の国力と技術者の粋を集めた護国の希望の結晶を特攻ってカタチで投入しないといけなかった戦況とそれでも家族や国民を護るつもりで命を懸けて乗ってくれた祖父世代の方達のイメージなのか

    地元にいた大和乗員の生き残りの方も数年前に亡くなったと聞いて悲しかったよ
    [ 2014/04/18 21:35 ] [ 編集 ]
  321. ※317
    細かいなwほらよ
    つ「(個人的に)全てが無駄では無かったよね(異論は認める)」
    [ 2014/04/18 21:36 ] [ 編集 ]
  322. ※317
    言いたい事はわかるが、全てを否定したら其れこそ「乗員犬死w」って言ってるような物だぞ?
    [ 2014/04/18 21:39 ] [ 編集 ]
  323. ※313
    揚げ足取るつもりじゃないし、マメ程度に思ってくれ
    今ではマゼラン銀河(星雲とは呼ばなくなったようだ)まで16万8千光年、往復33万6千光年というのが定説らしいな
    宇宙戦艦ヤマト2199見たらそうなってた
    [ 2014/04/18 21:44 ] [ 編集 ]
  324. 放射能除去装置獲得って言ってんだから
    旧ヤマトの29万6千光年でいいんだよ
    [ 2014/04/18 21:53 ] [ 編集 ]
  325. 前の方でも書きましたが、日本船は昔から「~丸(麻呂)」で男性名だったんですよ
    対して西洋は帆船の舳先に女神像を設えたりして女性扱いです
    にしても「ジョージ5世」とか「シュペー提督」と命名した戦艦までも“she”と呼ぶのには違和感がありますね
    [ 2014/04/18 21:56 ] [ 編集 ]
  326. 前の方でも書きましたが、日本船は昔から「~丸(麻呂)」で男性名だったんですよ
    対して西洋は帆船の舳先に女神像を設えたりして女性扱いです
    にしても「ジョージ5世」とか「シュペー提督」と命名した戦艦までも“she”と呼ぶのには違和感がありますね
    [ 2014/04/18 21:56 ] [ 編集 ]
  327. この大和の発展型が金田大佐の50万トン戦艦だった気がした
    [ 2014/04/18 22:05 ] [ 編集 ]
  328. 326
    でも基本、日本の軍艦はイギリス由来なんだよ
    [ 2014/04/18 22:12 ] [ 編集 ]
  329. 大和が最後に建造された戦艦ではあっても
    最後に建造された軍艦ではありません

    そしてあの大和は最終形ではありません

    そこんとこ、夜露氏苦
    [ 2014/04/18 22:12 ] [ 編集 ]
  330. 戦前擬人化された「~丸」客船姉妹があるのは
    軍事機密だ、絶対言うな!
    いいな絶対だぞ!
    [ 2014/04/18 22:16 ] [ 編集 ]
  331. 175年後に復活予定です
    [ 2014/04/18 22:21 ] [ 編集 ]
  332. 正直、もうアルペシオみたいなナビゲーションAI来ても
    驚かないけどな・・・
    [ 2014/04/18 22:26 ] [ 編集 ]
  333. 戦前から船を美女擬人化しちゃう国だしなw
    [ 2014/04/18 22:27 ] [ 編集 ]
  334. アルペシオは無理でもアナライザーくらい作ってそう
    [ 2014/04/18 22:28 ] [ 編集 ]
  335. 勿論最終形態は波動機関搭載です

    あと「14万8000光年」に関して
    アニメ制作当時既に旧説となってましたが、松本零士御大が敢えて14万8000光年の語呂に拘ってそう設定されました
    [ 2014/04/18 22:32 ] [ 編集 ]
  336. 大和は戦前の設計&建造で設計が古く第二次大戦後初期に活躍したのみであとはドックの肥やしだった
    日本はもうすでに空母思想に移っており「これからは空母&航空戦力だ」と決めてたので開戦後は戦艦作らず建造中の戦艦はすべて空母に作り変えた
    終戦間際もう物資も戦力もつきかけたときに「あるものは全部使え」の精神で担ぎ出されたのが大和
    正直役にたつとは日本海軍も思っていない出航だったが、終戦間際の日本の名を冠したド級戦艦の出航と沈没は印象に強いのか
    「日本は最後まで戦艦にこだわり続け空母の配備が遅れたので負けた」という誤った印象を拭うのが難しくなって幾年
    日本人にも「終戦間際に作られ特攻に使われ戦果も無かった無用の長物」って思ってる人多いもんな
    [ 2014/04/18 22:35 ] [ 編集 ]
  337. >いろんな意味で、人の命を軽くみたのが日本の敗因

    人の命を軽んじていたのは白人国家
    黒人の人権も命も、亜細亜人の命も人権も
    全ての有色人種の命をどのように扱ってきた?

    日本には戦うか、奴隷になるかの選択肢しかなかった
    有色人種の日本人の生存をかけて戦っていたんだ

    生まれてきたときから奴隷とか普通にあった時代なんだ
    この時代の人たちが戦ってくれたから、自分たちは存在し
    人として生きている





    [ 2014/04/18 22:36 ] [ 編集 ]
  338. 335
    あれで間違って覚えたいたいけな子供たちに謝れ!


    まあ間違ってようが合ってようが、生活に支障はないんだがw
    [ 2014/04/18 22:50 ] [ 編集 ]
  339. ※333

    当時アメリカだって空母レキシントンとサラトガを
    「レディ・レックス」「シスター・サラ」と美少女の愛称つけて
    擬人化してたんだけどね。
    [ 2014/04/18 23:15 ] [ 編集 ]
  340. >339
    さすが現同盟国w
    [ 2014/04/18 23:18 ] [ 編集 ]
  341. 「空母の時代に大和は時代遅れ」というのは間違い。

    アメリカだって大和と同時期にアラバマ級、アイオワ級と
    8隻も戦艦を建造している。
    速度が27ノットと遅いことも指摘されるが、
    ノースカロライナ級も27ノットだけどちゃんと活躍している。

    大和が悪いのではなく艦隊決戦に凝り固まり、後生大事に後方に
    置きっぱなしにしていた用兵側の思考が時代遅れだっただけ。
    [ 2014/04/18 23:19 ] [ 編集 ]
  342. 残念ながら大和は税金の無駄遣い、趣味の域で作ったような戦艦
    あんなのを作らせるようなのが日本軍の上官だった、という不幸
    負けるべくして負けたのよ
    [ 2014/04/18 23:20 ] [ 編集 ]
  343. アメリカも戦闘機にお姉さんの絵をデカデカとペイントしてた
    元祖「痛」だからなぁw
    [ 2014/04/18 23:21 ] [ 編集 ]
  344. ※342
    こんなとこに来てないで
    自国の沈没した客船を心配してろ
    [ 2014/04/18 23:23 ] [ 編集 ]
  345. 大和が活躍できなかった原因

    ◯ 時代遅れの「たった一度の艦隊決戦」のために
       虎の子として後生大事にしすぎた艦隊司令部の石頭。

    ◯ 戦闘に出して損傷すると修理に時間が掛かる工業力の無さ
      (ゆえになるべく戦闘に出したくない)

    ◯ そもそも動かすための燃料が根本的に不足。燃料輸送の護衛軽視
      の司令部の怠慢

    問題はほとんどが用兵側。
    [ 2014/04/18 23:26 ] [ 編集 ]
  346. なんで彼女女王?
    [ 2014/04/18 23:28 ] [ 編集 ]
  347. 大和の最後は、最後の意地のような戦いだったと思う。

    アメリカのように資源が十分にあったら、日本は戦争そのものを行わなかった。ABCD包囲網で、どこからも資源を輸入できなくなった。アジアの植民地を解放するという戦略を立てざるを得なくなった。
    日本は負けたにも関わらず、その戦略を実現できたのだから、日本の戦争は無駄ではなかった。
    [ 2014/04/18 23:30 ] [ 編集 ]
  348. ※122
    当時の戦争指導部の罪って言ったら、合衆国政府のアメリカ兵に対するそれより酷いものはないでしょ。
    国体護持と国民が奴隷化されないことが保証されれば、沖縄戦の前に日本は降伏したろう。
    日本人をホロコーストすることにこだわって、まったく必要のない沖縄戦をやって二万のアメリカ人を死傷させた合衆国政府は鬼畜だ。
    故郷に帰れば戦禍が及ぶ心配もなく、世界で一番豊かな暮らしができた兵士たちだったのに。
    そのうえ米兵を次に待っていたのは朝鮮戦争だ。
    私が彼らだったら朝鮮戦争でだけは死んでも死にきれない。
    大日本帝国を潰して災厄の蓋を開けた合衆国政府を呪うだろう。
    呪われた半島で、かつて踏みにじった日本人の眼を思い出しつつ恐怖におののいて死んでいったであろう数万の兵士たち。
    そしてベトナム戦争の無間地獄。
    勝ち戦で無駄に兵士を犠牲にしてまで日本を占領しなければ、アメリカが背負うことはなかった悲劇を、誰が償ったのか。
    [ 2014/04/18 23:31 ] [ 編集 ]
  349. ルーズベルト、トルーマンは日本を潰したかっただよね。
    [ 2014/04/18 23:34 ] [ 編集 ]
  350. 戦艦って女性名詞なのかな?
    [ 2014/04/18 23:45 ] [ 編集 ]
  351. 誰も書いていないようなので記しておきます。
     何年か前か忘れましたが、やはり戦艦大和の特集を(NHKかなあ)やって、生き残りの水兵だったおじいさんへのインタビューが放映されました。「ヤマトがついに沈むとき、わたしは曹長殿が左手左足で体を支えながら、傾く船体の上で短剣で腹をかっさばくのを目撃しました。あんなにあんなに新兵の私達を可愛がってくださった曹長殿が…ああすみません。今私は数十年前に今戻ってしまいました」声を詰まらせ、涙をぬぐうおじいさん。僕は決して反戦論者じゃないけれど、戦争はしないにこしたことはないのです。
    [ 2014/04/18 23:48 ] [ 編集 ]
  352. 日本おろか地球を救う。アニメ宇宙戦艦ヤマトは、大和の慰霊碑だな
    または成仏をねがって唱えられるお経

    [ 2014/04/18 23:48 ] [ 編集 ]
  353. アジアの統一を黙って看過するなんてワケにはいかないからな
    全力で叩き潰すでしょ そりゃ
    [ 2014/04/18 23:50 ] [ 編集 ]
  354. >>345
    開戦から半年後のミッドウェー海戦にも参加してて別に虎の子でもなんでもなく地味に初期から戦ってたよ
    レイテ沖でもやりあったし
    帝国海軍旗艦だしな、当たり前だが
    ただ時代は航空戦だってのは帝国軍もわかっててそのため戦艦の出番や活躍の機会が少なかった
    そして最期の印象があまりに鮮烈かつ壮絶なため君のように思ってる人は多い
    [ 2014/04/19 00:00 ] [ 編集 ]
  355. プラモの大和は結構デフォルメされていて、真上から撮った米軍の航空写真だとツチノコっぽいフォルムをしている
    [ 2014/04/19 00:02 ] [ 編集 ]
  356. ミッドウェー海戦の連合艦隊全力出動で
    当時日本が入手できる一年分の燃料が吹っ飛んだんだよね
    艦隊決戦のために温存したというより
    艦隊決戦の時以外動かせるような燃料が無かったってのが実態に近いはず
    [ 2014/04/19 00:10 ] [ 編集 ]
  357. みんな戦艦とか好きなんだねぇ
    海外でも艦コレはやるんじゃ
    [ 2014/04/19 00:11 ] [ 編集 ]
  358. なんでハンガリーの人が信濃知ってるんだ...
    [ 2014/04/19 00:14 ] [ 編集 ]
  359. 初代大和は退役後も解体されず終戦まで生き延びた


    豆知識す
    [ 2014/04/19 00:40 ] [ 編集 ]
  360. 名無し
    敵国の戦艦なのに、評価するところがアメリカ人の素敵なところ。中国人や韓国人にはないメンタリティー。
    [ 2014/04/19 00:49 ] [ 編集 ]
  361. 大和が速いってのはちょっと違う
    27ノットだし、まあ遅くもないかなって言う

    あの巨体で排水量半分くらいの当時の平均的な列強の戦艦より少し速いのはさすがだけども
    [ 2014/04/19 01:03 ] [ 編集 ]
  362. まるで見てきたかのように言うなあ

    他の戦艦と比べて1ノットでも速けれど
    それは早いと言って差し支えないと思うが

    大体そんなのはあくまで数字上でしょ 意味ないよ
    [ 2014/04/19 01:15 ] [ 編集 ]
  363. 戦って死んだ戦艦だから
    今の日本人の心の支えになってる
    [ 2014/04/19 02:06 ] [ 編集 ]
  364. 必ーずここへー帰ーってくるとー♪
    [ 2014/04/19 02:38 ] [ 編集 ]
  365. なんで甲板にラムネ工場があったことは語られていないの?
    [ 2014/04/19 04:50 ] [ 編集 ]
  366. 動画の高評価の数ハンパないww
    [ 2014/04/19 05:06 ] [ 編集 ]
  367. >>308
    >僕は、そんなに詳しく無いけど。
    >意見を言っても良い?
    >まず、日本は人の命を軽んじすぎた。
    >特に、戦闘員の。
    >だから、いろんなところに無理があった。
    >戦闘機のパイロット。
    >空母なんか、素人のパイロットではむりでしょ。
    >いろんな意味で、人の命を軽くみたのが日本の敗因

     馬鹿な人って本当にいるんだな。
     軍人は国民の人命を守るために戦ってんだ。
     アメリカが民間人への空襲・原爆という暴挙(戦争犯罪)
     をするまで、日本軍は国民をよく守っていた。
     そんな大義を貫いた日本兵を捕まえて、
     「兵隊は人命を軽く見られてた」だと?
     バカも休み休み言えよ。
    [ 2014/04/19 05:17 ] [ 編集 ]
  368. >>308
    >僕は、そんなに詳しく無いけど。
    >意見を言っても良い?
    >まず、日本は人の命を軽んじすぎた。
    >特に、戦闘員の。
    >だから、いろんなところに無理があった。
    >戦闘機のパイロット。
    >空母なんか、素人のパイロットではむりでしょ。
    >いろんな意味で、人の命を軽くみたのが日本の敗因

     馬鹿な人って本当にいるんだな。
     軍人は国民の人命を守るために戦ってんだ。
     アメリカが民間人への空襲・原爆という暴挙(戦争犯罪)
     をするまで、日本軍は国民をよく守っていた。
     そんな大義を貫いた日本兵を捕まえて、
     「兵隊は人命を軽く見られてた」だと?
     バカも休み休み言えよ。

     自国民の人命を軽んじ、自分自身の人命を重んじて、
     いち早く逃げた軍人が、南京にいたなぁ。
     国民から物資を巻き上げるほどで、しかもそれを
     日本兵の仕業に仕立て上げて南京虐殺を捏造した国。
    [ 2014/04/19 05:19 ] [ 編集 ]
  369. >>122
    >1945年4月7日、天一号作戦
    >無謀な作戦だった
    >多くの命が無駄に失われた
    >もうこの時点で、日本にはまったく勝機はなかった
    >マリアナ諸島が陥落した時点で、日本は降伏するべきだった
    >そうすれば、沖縄の悲劇も、大和の悲劇も、そして原爆の悲劇もなかっただろう
    >当時の戦争指導部の罪は、万死に値する。

     こいつもバカだな。
     アメリカが対日戦争の為に開発した原爆を、
     投下せぬまま引っ込めるわけないだろ。
     日本が降伏しようがしまいが投下は絶対する。

    >多くの命が無駄に失われた

     そのセリフは、実際に日本兵をコ口した敵国に言って見せろ。
     どこまで馬鹿なんだ??

    >もうこの時点で、日本にはまったく勝機はなかった

     戦争とは、「戦争での勝ち負け」が目的ではない。
     外交の手段の一つだ。
     戦後、欧米各国はアジアの植民地を失って大損失を受けた。
     欧米の負けだよ。

     「日本が負けて欧米が勝った」と定義したい場合、
     「欧米はアジアの植民地を守り抜いた」でなければならない。
     しかし植民地を失った。こんな大敗はないだろう。
     日本は降伏したが、アジアと欧米を切り離す事に成功した。
     日本が戦い抜かなければ、いまもアジアは植民地だったろう。
    [ 2014/04/19 05:24 ] [ 編集 ]
  370. >>241
    >一億総特攻の魁。
    >片道の燃料だけで沖縄に向かった心中は察するに余りある。

    目的地にまっすぐ直進するわけでもないのに、
    タンクの半分で出発するわけないだろ。
    神風も全く同じだ。

    大体、片道の燃料とは具体的に何リットルだよ?言って見せろ。

    >一億総特攻

    これも頭の悪い奴も常套句な。
    この時点でアメリカは日本人に対し、一億総全滅を仕掛けてたじゃないか。
    子供だって抵抗するわ。
    [ 2014/04/19 05:30 ] [ 編集 ]
  371. >   空母がなければ、ヤマト、ムサシ、ミズーリ、アイオアといった戦艦が、

    やっぱ空母で海戦の有り様が一変したって認識は向こうにもあるんだな
    大艦巨砲主義からすりゃ航空戦とかクソゲーすぎるもんなぁ
    [ 2014/04/19 05:50 ] [ 編集 ]
  372. 205
    あの戦争で死んだ人は可哀想な犠牲者だった
    これで満足か?wwww
    [ 2014/04/19 12:07 ] [ 編集 ]
  373. 205
    自分がそうだからって他人まで同じだと思うなよキ.モすぎ

    あの戦争で死んだ人間が無駄じにだったと言いたいのかクズ

    特攻が成功?頭にウ.ジわいてんのか馬.鹿にもほどがあるわ

    国民の何を守ったって?w
    さんざんころされまくっといてガキの負け惜しみか?みじめなやつだなw

    戦争に対応しなかったら歴史がストップ?w
    馬.鹿の妄想は自分の頭だけでやってろバーカwww
    [ 2014/04/19 12:18 ] [ 編集 ]
  374. 自分がそうだからって他人まで同じだと思うなよ
    [ 2014/04/19 13:04 ] [ 編集 ]
  375. 大和が健在でももう日本の敗戦は決まってたでしょ
    アメリカは航空機が有効と分かってから物凄い数の空母を量産してた一方で、日本は虎の子の一航戦と二航戦をミッドウェーで失い、燃料も鉄も不足して疲弊していく一方だった
    [ 2014/04/19 14:32 ] [ 編集 ]
  376. いやいや、そもそも日本に潤沢な資源があれば
    中国大陸やインドシナへの進出はしなかったでしょ。
    [ 2014/04/19 14:33 ] [ 編集 ]
  377. 船や艦を女性として扱うのは昔も今もよくある事だよ
    だから「艦に女性を乗せると不機嫌になる(調子が悪くなる)」なんて迷信も生まれてた
    [ 2014/04/19 14:37 ] [ 編集 ]
  378. まあある意味日本海軍自身が大和出てきた時点で存在否定しちゃったみたいなようなもんだしなあ
    [ 2014/04/19 14:46 ] [ 編集 ]
  379. ※37
    クロスロード作戦での長門は一回目の実験ではほぼ無傷だったから二回目の実験で沈み易いように艦首部に穴が開けられたり機雷を設置されていたんだよ
    真珠湾攻撃力の旗艦で恨まれていたからな
    アーカンソーにような不運と言うレベルではない
    [ 2014/04/19 17:22 ] [ 編集 ]
  380. ※376
    大陸進出は石油とか関係なく日清日露WW1などで合法的に得た権益と居留民を守ってただけ
    寧ろ日露とかではロシアに取られてた領土を清に返還とかしてるし(本来なら日本が頂いてしまっても良かった)
    戦争中も他国から接収した領土を全て中国に返還したりしてる
    [ 2014/04/19 17:48 ] [ 編集 ]
  381. テ~レサ~♪
    [ 2014/04/19 18:45 ] [ 編集 ]
  382. 379
    それに抗議するかのように、アメ公が見ていない夜のうちに沈んで行ったんだよな
    こういうの聞いてると、軍艦にも魂があるんじゃないかって思うわ
    [ 2014/04/19 21:12 ] [ 編集 ]
  383. そうだな 多くの人たちの想いが篭っていると思うから
    だから魂があっても驚かない
    [ 2014/04/19 23:18 ] [ 編集 ]
  384. そんな今は亡き軍艦を慰安婦のように弄ぶ現状はどうかと思うがな
    [ 2014/04/19 23:28 ] [ 編集 ]
  385. 大和が生き残ってたとしてもアメに使われたか核で沈められたかどっちかだし
    [ 2014/04/19 23:29 ] [ 編集 ]
  386. 武蔵が一番攻撃を受けて沈んだ艦艇だろうね、壮絶すぎる
    武蔵撃沈のノウハウがあったから
    大和は比較的短時間で沈められてしまった
    [ 2014/04/20 02:36 ] [ 編集 ]
  387. >>376
    >いやいや、そもそも日本に潤沢な資源があれば
    >中国大陸やインドシナへの進出はしなかったでしょ。

    日本の都合に関係なく、アメリカは中国周辺の地域を欲しがってんだよ。
    馬鹿みたいに漫画みてーな前提を空想してんなよ
    [ 2014/04/20 04:39 ] [ 編集 ]
  388. >>373
    >205
    >自分がそうだからって他人まで同じだと思うなよキ.モすぎ

    おやおやww >>85を書いてた人間と同一人物とは思えない程の
    豹変っぷりですねぇw
    あのマヌケな漫画の読み過ぎのキモ~い駄文をあげつらわれて
    恥ずかしくて強弁ですかw

    >あの戦争で死んだ人間が無駄じにだったと言いたいのかクズ

    >>205のどこに「あの戦争は無駄死にだった」と書いてある?
    おれは>205で、「お前は犠牲の意味を知ってて書いてるのか?」
    と聞いただけだ。
    お前は頭が悪過ぎて、どこにも書いてない文字まで見えるようだな

    >特攻が成功?頭にウ.ジわいてんのか馬.鹿にもほどがあるわ

    ちゃんと敵に攻撃した特攻が、どうして「失敗」なんだよ?
    言って見せろ。

    >国民の何を守ったって?w

    1億総特攻と言うように、1億人近くも生き残ったろ。
    本土を死守しなかったら30%は減ってたかも知れないぞ?

    >さんざんころされまくっといてガキの負け惜しみか?みじめなやつだなw

    馬鹿だねぇ~。
    戦争とは兵隊同士の殺し合いであって、「民間人への殺し」は
    戦争犯罪以外の何物でもないんだよ。
    どこまで無知なんだろうかこの人?? 漫画の読み過ぎ

    >戦争に対応しなかったら歴史がストップ?w

    当たり前だろ。
    戦争しなかった場合は無条件降伏だろ。
    民主党政権時代、「未来の子供達に負担をかけてはいけない!」
    と主張してたが、今の日本を救わないと、
    未来の子供達が生まれないのと一緒。

    >馬.鹿の妄想は自分の頭だけでやってろバーカwww

    お前は漫画の読み過ぎだよバ~カ^^
    [ 2014/04/20 04:47 ] [ 編集 ]
  389. >205
    >自分がそうだからって他人まで同じだと思うなよキ.モすぎ

    お前が個人的に馬鹿で無能なだけなのに、
    他人を巻き込むなよw 恥ずかしい奴だなw
    [ 2014/04/20 04:49 ] [ 編集 ]
  390. >>373
    >自分がそうだからって他人まで同じだと思うなよキ.モすぎ

    こいつ気持ちの悪い在日コリアンだな。正真正銘。

    ・漫画の読み過ぎで頭がおかしい
    ・朝鮮学校で歴史を教わってるが丸分かり
    ・1行ずつ改行して自分を大きく見せたがる
    ・相手の言葉をパクって言い返す

     お願いだから日本人に成り済まさないでね。キモいから。
     >>85の幼稚で、漫画の読み過ぎ能が丸出しキモ~い文を
     バカにされて、>>373で瞬間湯沸かし器のごとく
     ファビョる分かりやすいコリアンww
    [ 2014/04/20 04:52 ] [ 編集 ]
  391. 想定していた艦隊決戦が起きなかったので、結果的に最古参の金剛級が一番使い勝手が良かったというのも皮肉ですね
    [ 2014/04/20 09:31 ] [ 編集 ]
  392. ※391
    使い勝手がよかったというか、心情的に使いやすかったというのもあるんだろう
    ひどい言い方かもしれないが、大和や長門が沈むよりも金剛級の方がダメージが小さい
    改修しまくったとはいえ旧型だからね
    [ 2014/04/20 12:37 ] [ 編集 ]
  393. 戦後まで残ってたら国民への示しとか色々あるから沈める為に特攻させたんだよ
    軍上層部は我々はこんなになるまで戦いましたって言い訳が欲しかったからね
    [ 2014/04/20 18:59 ] [ 編集 ]
  394. 良い訳じゃないんだろうけど大和は沈んで正解だったと思う
    健在だと間違いなく持っていかれただろうから
    敵になった大和なんて見たくないなぁ
    戦意喪失するわ
    [ 2014/04/20 19:35 ] [ 編集 ]
  395. 大和が忘れられる事は無いだろう。アニメ大国である日本国内に限っては。
    [ 2014/04/20 20:22 ] [ 編集 ]
  396. 大和が米国に渡ったとして長門と一緒に実験艦としての最後を迎えたはずだ。
    [ 2014/04/20 20:24 ] [ 編集 ]
  397. 大和の存在は邪魔だったんだよ
    海軍の象徴だったからアレがあると降伏しようとならない
    だから処分した
    [ 2014/04/20 22:29 ] [ 編集 ]
  398. 戦争の最悪状態から回避出来る可能性があるとすれば、陸・海・政が仲違いせず現場の状況を把握出来ている事かな?
    今は教訓からそれなりに仲良くやってるらしいね。

    [ 2014/04/21 01:38 ] [ 編集 ]
  399. 390
    反論できないと在日という馬鹿の典型www
    負け犬宣言の在日をまだ使う馬鹿いるなんてなwww
    [ 2014/04/21 02:45 ] [ 編集 ]
  400. 大和は大好き。
    けど、戦争は大嫌い。
    けど、戦争無ければ大和って存在しなかっただろうし・・・
    あ!
    大和型豪華客船てよくね?
    [ 2014/04/21 04:04 ] [ 編集 ]
  401.  
    >ヤマトは歴史上最後に沈没した戦艦だから。

    最後に沈んだ戦艦は長門だろ。
    戦後、接収されて原爆実験に使われた。
    大和を残しても、結局そうなっただろうな。
    ダメリカみたいに、記念艦として今あったらと思うわ。
    大和でも長門でも、一度生で見たかった。
    [ 2014/04/21 07:34 ] [ 編集 ]
  402. 確か武蔵だったか
    沈没が確認されてない戦艦
    [ 2014/04/21 08:01 ] [ 編集 ]
  403. いや、レイテで武蔵は沈んだだろ。
    [ 2014/04/21 12:48 ] [ 編集 ]
  404. 日本の戦艦は浪漫なんだよ
    今のオタがガンダム作ろうぜってノリで、当時の軍人が作っちゃった感じの。もちろん最高の実力を伴ってだけど
    大和は存在、名前、最後、全てが浪漫だ
    ちなみに大きいと言われているが、あれだけ高性能であのサイズは寧ろ小さいくらいだよ
    [ 2014/04/21 14:05 ] [ 編集 ]
  405. 武蔵なぁ・・・ 個人的にはいまだに海中を漂流してる説があってとても嬉しいのだ ひょんなことから日本行きの海流に乗って呉まで帰ってこないかな
    [ 2014/04/21 17:59 ] [ 編集 ]
  406. BGMが英語だと?
    [ 2014/04/21 18:00 ] [ 編集 ]
  407. 大和が沈むか、大和の国が草木残さず焼き尽くされるか
    その状態にあったんじゃないかな、多分
    むしろ大和は沈まなければならなかったとか
    無知で済みません
    [ 2014/04/21 18:04 ] [ 編集 ]
  408. 確か本気出した長門さんが28ノットで大和さんが27ノットくらいだったかな 戦艦は空母に比べて足が遅い傾向にあるのは確かだけど大和さんに関して言えば「駆逐艦と同重量の主砲塔」を3つも背負って27ノットってチートクラスだと思うの
    [ 2014/04/21 18:06 ] [ 編集 ]
  409. >>399
    >390
    >反論できないと在日という馬鹿の典型www

    日本語読めます??お前が在日認定なのは、
    ①「反論できないから」
    ではなく、

    ②漫画の読み過ぎで頭がおかしい
    ③朝鮮学校で歴史を教わってるが丸分かり
    ④1行ずつ改行して自分を大きく見せたがる
    ⑤相手の言葉をパクって言い返す

    の5点が勢ぞろいだからだよw

    あと、自分を大きく見せたいけど知能が伴わないから、
    ⑥「w」をコピペする事しかできない

    だなw 恥ずかしい奴め。
    [ 2014/04/21 19:59 ] [ 編集 ]
  410. 大和が出ても末期。
    物資も熟練兵力も失った日本を指揮していたのは共産主義者の近衛と一派。ありとあらゆるところで無駄じにを起こさせた。
    本当に日本人殲滅を目論んだ戦争だった。
    残った女子供を奴隷として、日本国土を人体実験場にすることがファーストステップだったとか。
    先人達の苦しみと流血があって大戦が終結し、今の私がいることに深く深く感謝します。
    [ 2014/04/21 19:59 ] [ 編集 ]
  411. >>85
    >日本は人命を軽く扱いすぎた
    >あの戦争で一番日本にとって痛手だったのは
    >物資や領土なんかでなく人間だったろう

     と漫画鑑賞レベルのイタ~イレスがあったので、

     >>205
     漫画やドラマを読む感覚で歴史を鑑賞してんじゃねえよ気持ち悪い

     とレスしたら、

      >>373
      >特攻が成功?頭にウ.ジわいてんのか馬.鹿にもほどがあるわ
      >国民の何を守ったって?w
      >さんざんころされまくっといてガキの負け惜しみか?
      >みじめなやつだなw
     
       と分かりやすくファビョる寄生虫のコリアン(二等日本人w)
    [ 2014/04/21 20:01 ] [ 編集 ]

  412. 第12週5話沖縄戦〜なぜ沈んだ?戦艦大和【CGS 倉山満】

    ttp://www.youtube.com/watch?v=2agOFBJ3lEw
    [ 2014/04/21 23:10 ] [ 編集 ]
  413. ※348
    日下公人、武田邦彦、高山正之、渡部昇一の各氏が口を揃えて同じ事を言ってらっしゃる。
    [ 2014/04/22 07:13 ] [ 編集 ]
  414. もともとは半年~1年のうちに講和条約で終わらせるつもりで始めた戦争だからね。鉄鋼も原油もなにもかもがなかった。読み誤ったのはルーズベルトがコミンテルンに踊らされた戦争狂だったこと。山本五十六が予定外の戦死をしたのも痛かったな。彼がいたらどこかで線引きをして採集決戦までは行かずに止めていたと思う。
    [ 2014/04/22 16:12 ] [ 編集 ]
  415. 出し惜しみしてたというのは、あながち間違いとは言い切れないけど
    馬鹿みたいに油喰うから、出したくても出せなかったのも事実
    [ 2014/04/23 01:09 ] [ 編集 ]
  416. ヤマトじゃないけどバトルシップに出てたミズーリはめちゃカッコよかった
    戦艦が簡単に沈むか!
    [ 2014/04/23 04:05 ] [ 編集 ]
  417. 日本では大和のような戦艦は二度と作れません。
    当時のように優れた溶接工が今は存在しない。
    [ 2014/04/23 15:40 ] [ 編集 ]
  418. 大和ミュージアム行こうよ
    [ 2014/04/23 16:39 ] [ 編集 ]
  419. もっと早く導入して基地への艦砲射撃専門で使えば、
    戦況も変わっただろう。
    宝の持ち腐れだね。
    [ 2014/04/23 16:42 ] [ 編集 ]
  420. なんか、旧日本軍の作戦参謀の無能さを全然理解していない書き込みが多いな。情報戦に負け、負け方を間違え、本土決戦なんて馬鹿げたスローガンを叫んだ。日本軍が玉砕したいくつもの島では、日本兵が銃剣で突っ込んでくる姿を見て、間抜けな指揮系統をもった末端兵を米兵が哀れんだそうだ。

    作戦というものは、最大の資源である兵の損失を最小限に抑えて目的を達するもの。合理的な判断の出来ない旧日本軍幹部は、腐った官僚と同じだったのだ。海軍と陸軍の反目など、レベルが低くて話にならない。負けるべくして負けた戦争ということ。大和の姿は美しいが、ただ沈めるだけのために出撃を命ずるなど、世界の笑いものだ。
    [ 2014/04/23 22:55 ] [ 編集 ]
  421. どこの国の戦艦も
    カッコイイ
    戦艦はロマン!
    [ 2014/04/24 13:54 ] [ 編集 ]
  422. 勘違いしてるようだが参謀本部は有能だぜ?超エリートだぜ?
    じゃあなんで戦争なんかしたかって言えばそれは空気のせいなんだby山本七平
    [ 2014/04/24 21:03 ] [ 編集 ]
  423. エリートかどうかは知らんが旧日本軍がダメだったと感じるのは感じられてしまうのは明らかに戦後の教育の所為だろう 徹底しすぎ
    まあ これも国民性なんだろうけれど 韓国だったらこうはならなかった
    [ 2014/04/25 07:33 ] [ 編集 ]
  424. 大和が量産の暁にはアメリカなどあっという間に叩いて
    みせるわ!・・・もっとも大和を量産出来る程の物資が
    日本にあったら最初からこんなボスキャラ作ってないけどな
    [ 2014/04/25 20:08 ] [ 編集 ]
  425. 米兵は投降してきた日本兵にも攻撃を加えた
    東洋人なんか人間と思ってないから
    玉砕はやむにやまれない手段だったんですよ
    それを「日本軍の上層部はバンザイアタックを強要する人でなし」と喧伝した
    [ 2014/04/27 09:48 ] [ 編集 ]
  426. 日本は速やかに「護国」や「滅私」の精神を取り戻すさねば。
    先人の行為を無駄にしてはいけないな。
    [ 2014/04/27 16:00 ] [ 編集 ]
  427. だが既にそんな精神を持った人間がいないのが現状
    たとえいたとしても数の暴力で潰される運命
    それが今の日本
    [ 2014/04/27 22:01 ] [ 編集 ]
  428. xxx
    山本五十六が存命ならば
    大和は建造されなかったんじゃないかなぁ~
    艦隊同士の戦戦って既にWW2後半には既に終わって
    船舶キラーと化してた航空機が幅を効かせていたからね

    それを証明したのが真珠湾攻撃なのに日本帝国は…
    山本氏が…
    [ 2014/04/29 11:03 ] [ 編集 ]
  429. 大和「無茶を言うなよ」

    これが全てである

    大和一つあったかないかで戦争には勝てません
    [ 2014/05/01 11:09 ] [ 編集 ]
  430. 大和か武蔵のどちらかは忘れましたが、限界速度は29・4ノットの筈です。振動が酷すぎるし転舵なんて無理ですが。
    [ 2014/05/01 12:20 ] [ 編集 ]
  431. ※428
    大和が計画・建造されたのは山本五十六存命中のことなんですが.......
    真珠湾攻撃時にはもう完成していて、あとは連合艦隊への編入を待つだけだったんですが......
    [ 2014/05/03 07:51 ] [ 編集 ]
  432. 大和は沖縄を見捨ててないという確たる証拠
    [ 2014/05/03 07:53 ] [ 編集 ]
  433. ただただ美しいと思う、戦争の感傷は抜きにして
    これぞ戦艦
    [ 2014/05/03 20:03 ] [ 編集 ]
  434. 1000年後に宇宙戦艦として甦るのを皆知らない。
    [ 2014/05/03 20:44 ] [ 編集 ]
  435. 船って女性のイメージだったんだね?
    ※97

    今の時代の俺達に、戦艦大和を超えるものを作れるのか?
    あの時代より、圧倒的に有利な条件揃っているぞ。

    すでに、ABCD包囲網のような相手を追い詰める経済封鎖が出来ない状況。(イラク、イラン、北朝鮮に対する対応ですら、抜け道があったりする)
    日本人の戦った理由が、公平な味方をする人達に理解されている状況。
    日本の経済技術が突然止まると、世界が困ってしまい状況。(対応できるだろうけど、時間はかかる)
    9.11の大災害が起きても、国が傾かない国家体力。

    戦前の日本人が今の私たちを見たら、どう思うかね?
    大和に変わるものが今のハイテク商品とかなんだろうけど、実際作れるのって言う?
    そら、あのサイズの客船や輸送船は作れるだろうけど。それ以外の要素で、へたれる気が・・・。
    [ 2014/05/04 03:34 ] [ 編集 ]
  436. 戦争が終わった時点で大和が残ってたら国民も軍人も納得いかんだろう、
    「何故アレを使わなかったんだ!?」
    「使っていればアイツは死なずに済んだかも知れないのに!」
    戦争を終わらせる為にも沈めなきゃならん艦だった。
    米国の原爆みたいなモン、アレも国民に秘密の兵器だったし。
    沖縄戦に投入したことで「沖縄を見捨てた」という批判も避けた。
    健気だなぁ(´;Д;`)
    [ 2014/05/04 08:24 ] [ 編集 ]
  437. ※435
    「戦艦」という重装甲艦を造るノウハウが断絶してるから、一朝一夕には厳しいだろうね。ただ、鉄鋼技術や造船技術、その他の製造技術では当時とは隔絶したレベルにあるので、時間さえかければ大和を超える「戦艦」は建造可能だろう。
    ただ現在は巡洋艦や駆逐艦サイズで大和以上の戦闘力が実現できるので無意味。
    ロシアが大和とほぼ同サイズで似たような運用思想のミサイル巡洋艦キーロフ級というのを持ってるけど、結局艦隊の象徴的な存在意義しかないからね。
    [ 2014/05/04 08:51 ] [ 編集 ]
  438. 大鑑巨砲主義と大日本帝国及び日本海軍終焉の象徴。

    最後がまた日本人独特の美学に彩られてる。戦略的には全く無意味ですが

    ただ戦艦として兵器として最高に美しい艦。
    最近の護衛艦としては「いずも」の美しさに通じるね。
    [ 2014/05/04 10:30 ] [ 編集 ]
  439. 最も美しい戦艦・・そうなんだよ。だから感情を揺さぶられるんだよな。
    あのデザインはもはや芸術の域に達してると思う。
    ただ単に最大最強とかを超えた処に伝説がある。
    [ 2014/05/04 20:22 ] [ 編集 ]
  440. >423
    パナイ号事件の時点で、日本の陸軍と海軍がまったく連携が取れてないことがバレてて、アメリカには「これなら勝てる」と思われてた。
    根本的にダメだろ。
    [ 2014/05/04 20:22 ] [ 編集 ]
  441. でも、あの悲劇的な最後があったから今でも語り継がれる戦艦でもあるんだよな。
    そして、その伝説が日本海軍の再生に繋がった。

    もし、これこそが狙いだとしたら外道だが恐ろしい計算だったと思う。
    [ 2014/05/04 21:01 ] [ 編集 ]
  442.  
    大和やら島風やら、出来たときには時代遅れってのは悲しいよなあ
    戦闘技術がどんどん変わっていった時代だから仕方ないのかもしれないけど
    [ 2014/05/05 15:38 ] [ 編集 ]
  443. >>420
    ( ´,_ゝ`)プッ


    しかし>>291みたいにちゃんと分かってる人もいるのね。時代かな。

    >>440
    初耳だわそれ。
    むしろ当時であれば統帥部の中ではなく、現地陸軍と中央の参謀本部との連携がネックだったはず。
    そしてこの当時、パネーに関しては(何せ海軍が主犯格なんで)海軍側は早期に謝罪をすることに、陸軍側から難癖付いたってのは聞かないですな。
    何つっても、国民総出で謝ってたくらいだから、部内の記録(指導日誌的なもの)に書いてあったとかそういうんでないんですかね?
    あと、「OO中佐が苦言を呈し~」みたいな。

    [ 2014/05/07 02:42 ] [ 編集 ]
  444. ※295
    それ作戦会議中にそんな感じの発言があっただけ
    いわゆるただのインパクトのある意気込みの発言

    ※428
     因みに空母メインの艦隊をお互いに率いて戦ったのは当時の
    大日本帝国海軍とアメリカ合衆国海軍だけ。日本は開戦前に既に
    空母>戦艦は知ってたし米軍も真珠湾で空母でも戦艦を沈めうると
    理解してた。ただしアメリカはまだ半信半疑だったので戦艦も作ってた

    >>442
    何度も言われてるけど出来た時が時代遅れなんじゃなくて開戦時に時代遅れになった(ながもんコールド負け事件)
    あと島風は作るのが面倒過ぎて量産されなかった
    [ 2014/05/07 21:24 ] [ 編集 ]
  445. 一旦開戦してしまえば局地的な戦闘なんて些細な事だ
    国力に圧倒的に差がついてるんだから局地的な戦闘をうまくやったやってないの問題じゃない
    開戦しなければいけなくなった時点で詰みなんだよ
    例えるならもうどうやっても詰むしか無くなった将棋を詰むと分かっていながら続けたようなもの
    考えるなら詰む前の手を考える以外にない
    ドイツと同盟したり国際連盟を脱退したり大陸の利権にあくまでこだわったりするのを止められなかったことで詰んだんだ
    それを詰ませたのは関東軍であり
    情勢を見極めようともせず感情で動く国民であり
    それを抑えられなかった日本政府だ
    ドイツと同盟せず国際連盟を脱退せず
    欧米の持つ大陸や植民地の利権を表向き脅かすことをせず
    しばらく耐え忍んでさえいれば
    大陸は中国人同士で
    欧米は共産主義と自由主義でぶつかり合う
    日本はその時自由主義側についていればそれで良かった
    植民地もいつまでも持てるものではない
    インドも遅かれ早かれ独立させざるを得なかったし
    その他の植民地も時期は遅くなろうといずれ独立する
    そうさせないオランダのような国があればその時は世論を味方につけて史実のアメリカがオランダの植民地化に反対したようにアメリカと共同歩調をとって追い出せばすむ

    もしそうしていれば今ほど世界はまだ開放的ではないだろうが
    そんなことは時間の問題だ
    日本にとってはアメリカには及ばずアメリカと友好的な関係を第一なのは今と変わらないだろうが
    米軍基地を置かれて半属国化しなくてすみ
    何より敗戦で負った負債は全く無くてすんだ

    ただ、そうなった日本が今の日本ほど自由で豊かであるとは限らん
    戦争に破れGHQに改革され軍備を持たずに経済のみできたからこその現代日本なのだから
    国力自体は今の日本よりもあったとしても
    一人一人の自由度や豊かさは良くなっているかはまた別だ
    [ 2014/05/12 07:36 ] [ 編集 ]
  446. 日本がアメリカに勝つとか最初から考えてないでしょ。
    あくまでも相手側の譲歩を引き出した上での停戦に持って行く事が狙いだったんだから。
    ところがアメリカは譲歩なんて考えは一切無く、完膚なきまでに日本を叩くつもりだったのだから、最初から目論見は破綻してた。
    もしもっと戦争が長期化していたら、多くの戦地に核弾頭がぶち込まれていたと思う。当時のアメリカの非道ぶりからしてね。
    [ 2014/06/03 20:29 ] [ 編集 ]
  447. ※419
    >もっと早く導入して基地への艦砲射撃専門で使えば

    敵基地の海域にワープできる装置発明しておくことが前提ですよね?w

    味方の基地のある沖縄にさえ到達できずに航空機によって沈められたのが大和でしょ
    [ 2014/07/17 23:53 ] [ 編集 ]
  448. ※307
    どうせ出撃させたところで、もはや戦艦、艦隊戦の時代じゃなかったわけで、飛行機の絶好の的にしかならん。

    それなら日本を遠く離れた前線基地の後方本部の島で、作戦司令艦、発電所、総合病院みたいな動くマルチ用途総合施設になっていた方がまだ有意義。

    出撃させて撃沈されないまでも、前線での応急修理できないほど損傷してしまったら、日本本土まで回航、その修理のために建造や修理、改装中の他の艦の作業中断で、ドック空け、限りある人員と資材を大和のために振り分けないといけなくなる。
    [ 2014/07/18 01:22 ] [ 編集 ]
  449. もっとうまい扱いかたがあったはずだよな
    本当に上が馬鹿だった
    [ 2014/07/18 03:56 ] [ 編集 ]
  450. YouTubeのコメントに日本人がしてるな。
    あれを英訳したら白人はヒステリックになるんだろうか?
    [ 2014/07/18 15:38 ] [ 編集 ]
  451. >>11.大和の沈没が大艦巨砲主義の終わり?
    いや真珠湾攻撃の成功をもって大鑑巨砲時代が終わる
    [ 2014/08/16 19:48 ] [ 編集 ]
  452. 制空権もなく只爆撃される状況では大型戦艦も只の的だねえ
    現在の海軍戦力の主力は空母か潜水艦になるんかねえ
    空母は飛行機のお母さん潜水艦は忍者っぽいイメージ
    軍事的素人でごめんなさい
    [ 2014/08/24 04:36 ] [ 編集 ]
  453. >■ WOW 本当にあの巨大な怪物を海の底から引き上げたの?
    >  2:51を観る限りそうみたいだけど。 フィリピン  

    >■ あれは実際にはヤマトの残骸の模型だよ。 アメリカ

    沈んでる付近の海底ジオラマだな。
    [ 2014/09/29 03:30 ] [ 編集 ]
  454. もし戦うなら勝たねばならん
    敗者は惨めなんだよorz
    [ 2014/09/29 19:23 ] [ 編集 ]
  455. 赤い人が言ってたろ
    性能の差が戦力の決定的な差ではないことを教えてやるって
    後でかい中将も言ってたろ
    戦いは数だよって
    [ 2014/09/30 21:25 ] [ 編集 ]
  456. 大和は戦に敗れたが、歴史に勝ったのだよ。
    [ 2015/02/13 16:44 ] [ 編集 ]
  457. >455
    それを「仕事の現場で体現してみな」( ´,_ゝ`)プッ
    [ 2015/02/13 16:44 ] [ 編集 ]
  458. 弱い方が常に遠くに打って出て戦いを仕掛ける
    日本海軍のドクトリンに反する戦い方ばかりしてた時点で
    最初から負けを前提にし過ぎていた
    どうせ負けるんだから博打を打つしかないと言う発想は駄目すぎる
    [ 2015/02/19 10:50 ] [ 編集 ]
  459. アングラー
    油がなきゃ機械は動かねえよ。
    日本は敵の潜水艦と機雷で負けた。
    で、海上自衛隊の装備を見てみろよ。
    それが答えだ。
    [ 2015/02/19 15:36 ] [ 編集 ]
  460. 例え終戦まで生き延びてもビキニ環礁で水爆実験に使われただろ
    [ 2015/03/21 13:18 ] [ 編集 ]
  461. 戦争は喧嘩と同じ。
    正しいものが勝つのではなく強い方が勝つ。
    戦争に負けたからあの戦争は間違っていた日本が悪いというけれど
    もし勝っていても同じ事言うだろうか。
    [ 2015/04/20 18:03 ] [ 編集 ]
  462. めちゃくちゃ詳しいな。
    日本人が大和を好きなのはその最後の悲壮感なんだろうな。
    あれで出撃してなかったら、呉あたりで終戦前に大破着底、終戦後に解体みたいな最後になっていそうだし。
    武蔵の薄さはどうしたものかとも思うが。
    [ 2015/09/04 10:56 ] [ 編集 ]
  463. 西洋人の大艦巨砲主義をくつがえしたのが日本だったのに
    最後まで大艦巨砲主義に日本がすがりついた結果か大和
    かっこよくもなんともない
    [ 2015/09/09 23:38 ] [ 編集 ]
  464. >>463
    お前さんは米欄をもっと良く読んで勉強するように。
    [ 2015/10/23 08:50 ] [ 編集 ]
  465. 大和は結果的に最高の使いどころを得たと思うけどなあ…。

    史上最強の戦艦を特攻させることで『日本軍は最後の戦力まで使い切った』という『敗戦のあとの戦後』へのアリバイを作った。
    もし大和を残したまま原爆だけで敗戦を迎えていたら、日本人の国防意識は致命的なまでに低下していたと思う。
    [ 2016/02/11 23:52 ] [ 編集 ]
  466. さほどの戦果もあげられず最期は特攻して撃沈されてしまったけれど、大和は何か気持ちが揺さぶられるなぁ。外国人も動画つくる人多いし不思議。
    [ 2016/04/02 02:58 ] [ 編集 ]
  467. 20年くらい前、『奇想天外兵器』みたいな兵器系の本で
    「アイオワは、砲口径と装甲と排水量以外のすべてで大和を優越していた」
    てな感じのことが書いてあったのを見かけたが
    アイオワはアイオワで問題点多いんだよな
    [ 2016/05/08 11:01 ] [ 編集 ]
  468. だからといって沖縄を見殺しにはできまいよ
    [ 2016/06/26 19:34 ] [ 編集 ]
  469. 大和を特攻に出したのは沖縄戦の支援するためと、大和に死に場所を与えるためだよ
    本土の港で着底したり戦勝国に賠償艦として実験で沈められるよりは勇ましく沖で戦いによって沈んだ方が、世界最大の戦艦の死に様としてふさわしいだろ?
    精神論ですまん。
    [ 2016/07/29 21:53 ] [ 編集 ]
  470. まじめな話、仮に大和が沈まずに残ってたとしても、米国は
    沈めただろうな。
    長門がそうだったし。
    核実験の標的にされて、しかも
    必ず沈むように艦内に爆雷(か何か)を仕掛けようとしてたとか。
    しかし長門は2回の核実験にも耐え、2回目の核爆発に耐えた後
    誰にも見られる事無く、ビキニ環礁に姿を消したという。
    [ 2016/09/05 18:37 ] [ 編集 ]
  471. ※459
    現代の実質的な制海権は潜水艦なんだよな・・
    フォークランドでも潜水艦が「居るかもしれない」ってだけで
    双方の水上艦艇は動けなくなった。

    中国なんかマトモに海戦やったことないもんだから
    やたら空母にビビって自分で持ちたがる。
    米軍みたいにガチガチに防御しないと真っ先に沈むマトなのに。
    [ 2016/10/04 19:02 ] [ 編集 ]
  472. 第三次ソロモン海戦で大和と長門とか出てたらどうだろうね。霧島が大和に置き換わるだけで大変なことになるww
    [ 2016/10/06 20:33 ] [ 編集 ]
  473. 航空戦力の有効性に気付いていち早く空母を実戦投入して多大な戦果を挙げてるのに、『日本は対艦巨砲主義に拘り過ぎた』って勘違いをしてる人は少なくないよね
    大和も武蔵も開戦前に竣工してるんであって、開戦してからはとにかく航空戦力の開発に力を入れてた
    [ 2016/11/22 18:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング