パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本の物が高いのも当然だ」 日本の硯職人の技術に外国人感動

今回は日本の硯職人の作業光景に対する反応です。

職人さんが製作されているのは、政府により伝統的工芸品にも指定されている雄勝硯。
雄勝硯の歴史は古く、誕生は室町前期ごろとされています。

雄勝硯は、宮城県石巻市雄勝町で採れる雄勝石を使って作られるのですが、
先の震災によって雄勝町は壊滅的な被害を蒙り、全ての工房が全損状態に。
現在は復興委員会を中心に、再興に向け精力的に活動を行っているそうです。

職人さんの見事な技術に、外国人からは驚きの声が寄せられていました。

関連記事:海外「限界を超えた技術力」 日本の陶器職人の技量に外国人が感嘆


Watch the Ogatsu Ink Stones Making Technique Live!





■ 動画の冒頭で最初に石を割ってるシーンがあるけど、
  あれどうやったのか誰か俺に説明してくれないか?!
  メチャクチャ混乱してるんだけど。 ギリシャ




■ 硯が作られるまでに、こんな作業が求められるだなんて思いもしなかった。
  本当に興味深い動画だね。今度硯を使うときは、違う見方をすることになりそう、
  投稿ありがとう。スペインから感謝を。 スペイン
  


   ■ うん……。最高仕様のもっと高い硯は、完成に3日を要するらしい!
     とことんゴージャスな作品になるわけだけどね……。
     家宝として扱われるような逸品だよ。 アメリカ



■ 投稿ありがとう! 美しくて魅力的な光景でした! アメリカ




■ これってどういう種類の石が使われてるの?? 粘板岩か?? オーストラリア



   ■ いや、オガツ(雄勝)石っていう種類のものだ。
     聞いた話じゃ、かなりレアらしい……。グーグルで調べてごらん。 イギリス



■ ブラジルにもあれに似た石があるよ。石鹸石って呼ばれてる。
  その石から作られた、素晴らしい作品がいっぱいあるよ……。
  指をすべて欠損してしまった人が作ってるんだ……。
  信じられないくらいに見事なんだよ。ブラジル




■ ってかあの石かなり柔らかいよな。 アメリカ




■ この動画観てると、なんか眠くなってくるんだけど。 フィンランド




■ こういう人たちこそ、高額な報酬をもらうに値すると思うんだよ。 イギリス



   ■ それはホント思う。こういうのこそ、本物の才能だよな。 アメリカ 



■ この動画は、異様なくらい人の心を奪ってくるな。 アメリカ
    



■ 投稿してくれて"ありがと!"
  美術工芸は学校で必修科目にするべきだよね。
  職人さんたちがもっと当たり前のように高く評価されるために。 スウェーデン




■ 痺れるくらい凄い動画だ。硯がどうやって作られてるのか、
  それを表に出してる中国人と日本人の職人がそう多くないのを残念に思う。
  これは伝統であり、千年単位の歴史がある技術なんだから。
  この人の環境や作業場の様子には興味を惹かれたよ。 フランス




■ これぞ真の職人技だな。硯ってこうやって作られてたのか。 アメリカ




■ 彫ってる時の音がダメだ! 鳥肌が立っちゃう! フィリピン




■ この動画観るの好き過ぎる……。だけど何を作ってるのかよく分からない。 アメリカ




■ 素敵だね。だけど実は俺も何を作ってるのかは分かってない。 オランダ 




■ 美しいくらいに見事な職人技……。 コロンビア




■ 衣装がイイね!
  ハハ、野球帽を被りながら伝統的な衣装を纏ってるなんて XD アメリカ




■ なんだろ、この動画観てるとすごく落ち着く。 アメリカ




■ 何回観たのかもう覚えてないよ……。最高の動画だ。素晴らしい。
  だけどあの石は何なんだろうか。かなり滑らかで彫りやすそうだ。 アメリカ



 
■ 俺だってあれくらいやれる……。かなりの練習を積めばな :P アメリカ  




■ あの石からなら、どんなものだって作れそうだな。
  もしあの石と道具があれば、俺なら鎧&かかと付きのサンダル作るね。 アメリカ




■ 残念ながら、オガツはツナミで深刻な被害を受けたんだよ。
  ミヤギのイシノマキっていう街にある地区なんだけどね。 アメリカ 




■ あの人は本物の職人技をその手に宿してるな。 イギリス




■ たった一回ノミを当てる場所をミスするだけで壊してしまいそうだ。
  それでも、かなりの早さで作業してる時でさえ、
  尋常じゃないくらいの慎重さで事にあたってるのが分かる。 アメリカ




■ この人に弟子入りしたい、すごく。 アメリカ




■ IT業界における俺のキャリアなんかもうどうでもいい。
  木に囲まれた生活に戻って、シンプルに暮らしたい。 アイルランド




■ 7分41秒の動画なのに、実際には2分くらいに感じたね。 オーストラリア




■ これじゃあ日本のちょっとした物が高いのも当然だわなぁ。 クウェート 




■ 硯って実際に石から出来てたのか? ビックリだわ。 オーストラリア




■ これこそ熟練の職人技術ってものだね。 インド    




■ クールだなぁ。俺が今必要としてるのは、あの人が使ってる道具だけだ。 カナダ
 


 
■ うーん、編集も早回しもされしてない状態で観てみたい。
  全ての工程も知りたかったし。 国籍不明




■ とても面白いし興味を惹かれる……。
  この作業光景を、俺は美しいと思ったよ。 ベネズエラ








関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/04/07 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(110)
Powered By 画RSS
  1. すずりか・・・
    習字の授業 懐かしいな
    [ 2014/04/07 23:04 ] [ 編集 ]
  2. 使わなさそうな国の人たちがやけに興奮してるな
    [ 2014/04/07 23:06 ] [ 編集 ]
  3. 伝統技術大切にしよう!なんだったらお小遣いを寄付してもいい
    [ 2014/04/07 23:09 ] [ 編集 ]
  4. 外国人も硯って分かるんだな。てか「すずり」って漢字だと「硯」なのな、いま書き込みで変換して初めて知ったわ。
    毛筆六段持ってるけど、もうどれだけ技量落ちたかな……
    [ 2014/04/07 23:11 ] [ 編集 ]
  5. 1ゲット
    [ 2014/04/07 23:11 ] [ 編集 ]
  6. 石の硯は平安期かららしいな。それ以前は陶器の硯だったようだ。
    [ 2014/04/07 23:13 ] [ 編集 ]
  7. 国産品のほとんどは高価に見えても製造工程を見れば納得っていうのは多いよね。
    [ 2014/04/07 23:16 ] [ 編集 ]
  8. 室町前期たぁすげぇな
    雄勝硯か、ちょっと石巻行ってくる
    [ 2014/04/07 23:17 ] [ 編集 ]
  9. 硯万歳 王義之万歳
    [ 2014/04/07 23:17 ] [ 編集 ]
  10. 学校の習字じゃ墨のすり方とか教わらなかったからなぁ……
    どうしても硯=墨汁の入れ物としか認識してないわ
    [ 2014/04/07 23:18 ] [ 編集 ]
  11. 野暮なこと言うようだが日本で室町初期(西暦1350年頃)は大して古くないぞ?
    [ 2014/04/07 23:20 ] [ 編集 ]
  12. 硯って意外と重たいよね。石だから冷たくて、でも表面はすべすべで…ずっと触ってても飽きが来ないわ。
    たまには感謝の意を込めてお手入れでもするかなー。
    [ 2014/04/07 23:21 ] [ 編集 ]
  13. >先の震災によって

    ×先の震災によって
    ○前の震災によって

    「前」と書いて「サキ」と読む。
    「さき」で変換するとちゃんと「前」が出る。
    この誤字は蔓延してるけど、これくらい正そうぜ。

    先の → 未来の
    前の → 先日の
    [ 2014/04/07 23:22 ] [ 編集 ]
  14. ※9
    え、そうなの?
    私は墨のすり方、学校で習ったよ…40年前だけど。当時も墨汁は普通にあったけど、学校ではあんまり奨励されなかった様な気がする。
    [ 2014/04/07 23:25 ] [ 編集 ]
  15. 硯で墨を磨る小学校からプラスチックの入れ物に墨汁を入れる小学校へ転校した時、勿体ないから前の学校のを使うって言っても担任に駄目だって言われた
    日教組どっぷりで今の日本は全体主義だ!とか言う先生だったのになー
    [ 2014/04/07 23:25 ] [ 編集 ]
  16. 石の質自体はやっぱり本場中国の方が良いんだが、中国の手頃な価格のやつは彫刻が今一なのが多いからなあ。
    まあ、普段は墨汁ばかり使ってるから、石の質は気にしなくて良いけど。
    [ 2014/04/07 23:26 ] [ 編集 ]
  17. この記事、前にも見た気がするんだけど気のせいかな?
    [ 2014/04/07 23:27 ] [ 編集 ]
  18.  
    凹み部分を削ってるときの音が妙に心地よい。
    [ 2014/04/07 23:27 ] [ 編集 ]
  19. ※14です。
    間違えた。※10宛です。
    [ 2014/04/07 23:29 ] [ 編集 ]
  20. この音気持ちよすぎる
    耳かきされてるみたいで、こそばゆいw
    [ 2014/04/07 23:37 ] [ 編集 ]
  21. 「硯と墨から」って教わったけれども、でも時間がないから墨汁に頼ってたな。小学校の授業の書道の時間。
    [ 2014/04/07 23:38 ] [ 編集 ]
  22. 硯って英語だとInkstoneで割とそのまんまなんだなw
    [ 2014/04/07 23:39 ] [ 編集 ]
  23. 筆の毛がカピカピにかたまった硯使ってる奴いたよな。
    いかにも「習字ならってます」的な。
    [ 2014/04/07 23:42 ] [ 編集 ]
  24. 20歳まで書道をやっていたけど。
    その後、社会人になって忙しくて辞めた。
    結構、高い道具を持っているけど。
    今じゃ、宝の持ち腐れだわ。
    こうやって一生懸命作ってくれている姿を見たら、
    もっと大事にしないといけないと感じる。
    [ 2014/04/07 23:47 ] [ 編集 ]

  25. >うーん、編集も早回しもされしてない状態で観てみたい。
      全ての工程も知りたかったし。 国籍不明

    ぷぷぷ
    外人さんには早送りに見える。
    これが熟練工の無駄を省いた動きだっちゅーの。

    そしてあの石、それなりに硬さはあると思う。
    でないと墨がすれない。
    柔らかそうに見せる力技のスゴミ。
    [ 2014/04/07 23:49 ] [ 編集 ]
  26. 書道ガールズはバケツだったな
    [ 2014/04/07 23:52 ] [ 編集 ]
  27. 俺が小学んときの習い事は習字派と算盤派だったな
    [ 2014/04/07 23:55 ] [ 編集 ]
  28. 硯って高いものだと数千万のもあるんだぜ!
    ガチで!
    [ 2014/04/08 00:01 ] [ 編集 ]
  29. 素人の習字セットは、まずケースなどが墨だらけになるんだよ。
    次に筆が変な形で固まり、しばらくすると硯も欠けて
    使わなくなって久しぶりにケースを開けると、筆に程よくカビらしきものが
    [ 2014/04/08 00:06 ] [ 編集 ]
  30. 文鎮だけいつまで経っても綺麗のな
    [ 2014/04/08 00:10 ] [ 編集 ]
  31. 完成品の映像も入ってたらなお良かったのに、そこが惜しい
    [ 2014/04/08 00:19 ] [ 編集 ]
  32. 手だけでなく、肩を当てて彫っているように見える
    [ 2014/04/08 00:25 ] [ 編集 ]
  33. 習字が必要のない国には無用の長物だろ
    [ 2014/04/08 00:54 ] [ 編集 ]
  34. 自分も墨汁は邪道みたいな感じで教わったなw

    墨も硯もつるつるなのに、なんで擦れるんだろとか、
    硯がやすりみたいにガサガサだったら
    もっと早くすれるんじゃないかとか、
    硯が白かったら墨と混ざって灰色になるんだろか、とか
    馬鹿野郎な疑問を持ってた小学生だったw
    [ 2014/04/08 00:55 ] [ 編集 ]
  35. むしろ墨汁に濃度で勝つのが楽しい。擦るのを慌てると、字がうっすいからな。急がず無心にしてひたすら擦るのみ。
    [ 2014/04/08 00:59 ] [ 編集 ]
  36. 硯って、色、形、質感、使い道、全てが無性に愛着がわいたな。
    悪いが筆や文鎮にはそこまで無性の愛は注げない。
    [ 2014/04/08 01:12 ] [ 編集 ]
  37. ついこの間ニコ生で見た蟲師一挙放送を思い出した

    墨を摩って白い煙が出ても吸っちゃダメだぜ
    [ 2014/04/08 01:19 ] [ 編集 ]
  38. うお、まさか定期的に見てる動画が紹介されるとは…
    >>32
    そう、これは肩に当ててその力で彫ってる。
    最初は布を当てないと痛くて出来ないみたいだけど
    動画の職人さんクラスになると当てる部分の皮膚が硬化していて
    布を当てずともそのまま彫れるらしいよ。
    [ 2014/04/08 01:27 ] [ 編集 ]
  39. 墨汁は滲むからちゃんと磨れって教えられたな。30数年前。
    今の墨汁は知らん。
    [ 2014/04/08 01:34 ] [ 編集 ]
  40. 今 若者の職人が増えているのが分かるような気がする 外国の人々でさえ日本びいきだが 関心を持って評価してくれるのは とても素晴らしい事だなと やっぱり職人技は文化であり伝統であり技術なんだと改めて感心しました 失くさず後世残していって欲しいです 感謝
    [ 2014/04/08 01:35 ] [ 編集 ]
  41. 硯は古代の貴族や役人にとって、戦国時代の茶器みたいな存在だからな
    愛着が沸くのは仕方ない
    そういう存在なのさw
    [ 2014/04/08 01:39 ] [ 編集 ]
  42. こういう職人が今続々と絶滅してんだろうな
    [ 2014/04/08 01:47 ] [ 編集 ]
  43. 伝統技術を持ってる人を守りたいね。
    国が積極的に守らなきゃだめでしょと思うんだけど。
    [ 2014/04/08 01:47 ] [ 編集 ]
  44. オーストラリアさんは、stoneをなんだと
    思ってたんだろw
    石みたいな物って認識だったのかな
    [ 2014/04/08 01:47 ] [ 編集 ]
  45. 速いな
    俺があんなスピードで削ってたら指何本がなくなってるわ
    [ 2014/04/08 02:16 ] [ 編集 ]
  46. いくら資金面で援助出来ても跡継ぐ人がいなきゃ技術の継承は難しいよね…それこそ何年何十年かけて教わっていくものだろうし
    そう考えると世襲って子供の人生を縛ってしまうけど極めて理にかなってるなーとも思う
    [ 2014/04/08 02:31 ] [ 編集 ]
  47. 使わないけど欲しくなってしまった
    [ 2014/04/08 03:34 ] [ 編集 ]
  48. こういう職人さんの仕事ってずっと見てても飽きないよな
    動きが正確で無駄が無いからなんだろう
    そこまで極めるのに何十年と積み重ねた人生もあって、見てるのが心地いい

    子供の時行ってた習字教室では墨汁じゃなく墨を磨るようにいわれたなぁ
    普通の習字セットだったけど、ちょっといい墨使うと匂いも違って黒も綺麗だったの覚えてる
    ああ、なんかまた習字習いたくなってきた
    [ 2014/04/08 03:45 ] [ 編集 ]
  49. 硯の原料となる石もいずれ枯渇してしまうんだろうな
    日本刀を研ぐ砥石も枯渇の危機にあるっていうし
    [ 2014/04/08 04:45 ] [ 編集 ]
  50. 外国人にもこんな素晴らしい職人さんはいると思うが褒めていただいて嬉しい
    [ 2014/04/08 04:48 ] [ 編集 ]
  51. なんか特に凄いとは思えなかったんだが、、、
    刀工なんかと比べるのがいけないのかな
    [ 2014/04/08 04:54 ] [ 編集 ]
  52. シャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコ
    [ 2014/04/08 05:35 ] [ 編集 ]
  53. 習字は中国から伝わりました
    中国には石の原材料がたくさんありますが文革で職人がすくないです 日本は歴史を守りましたがやはり職人が少ないです 興味があるならなりに来てください
    [ 2014/04/08 05:48 ] [ 編集 ]
  54. でかい硯だな
    [ 2014/04/08 05:51 ] [ 編集 ]
  55. 書道家におすすめ
    いい動画だ、ほれぼれする

    地元の三原村の「土佐硯」もお勧めするよ
    一度は廃れたけど室町からある伝統品で、金星銀星が硯石に表れてそれはもう綺麗なんだよ
    [ 2014/04/08 06:29 ] [ 編集 ]
  56. 好きな字を書きたかったな

    砲門
    ○年○組○○○○
    [ 2014/04/08 06:29 ] [ 編集 ]
  57. ※51
    特に凄いとは思えないだろうね、君には。
    一度も物を真剣に自作したことがないと、あの自信に満ちた確かな働きということの重みが感じられないはずだから。
    軽薄ってことさ。
    [ 2014/04/08 08:04 ] [ 編集 ]
  58. シカゴに住んでた時、日本の事を教えてほしいとよく来てた近所の人たちが集まって習字をやる事になったんだけど、墨を磨る工程だけで興奮してる子がいたよ 道具をそろえるのが大変だったけど皆熱心で楽しかったなぁ
    あの子たちにこの動画の完全版見せたいね
    因みに一番人気の文字は「忍」だった…
    [ 2014/04/08 08:19 ] [ 編集 ]
  59. 自分が子供時代だったころは「硯と適量の水で墨をすっていた」
    やり方も先生が教えてくれた・・墨汁になるまでが時間かかった記憶がある。「今は何でもかんでも簡素化し過ぎ・・今小学校で使われているのはプラスチックの硯もどきと容器に入っている墨汁・・」「こんな事だから伝統的なものが継承されない・・」「嘆かわしい日教組」
    [ 2014/04/08 08:29 ] [ 編集 ]
  60. >因みに一番人気の文字は「忍」だった…

    人気と意味がマッチしているな。外人さんはよく字の形が格好良く見えるという理由だけで「市役所」や「公衆便所」などのタトゥを入れるからな。
    [ 2014/04/08 08:32 ] [ 編集 ]
  61. すごいと思えなかった人は
    一度自分で同じことをやってみればいい
    どんだけすごいことかわかるから

    それでもわからなかったら…処置無しだ
    [ 2014/04/08 08:34 ] [ 編集 ]
  62. ※51
    そりゃお前が刀にしか興味がないからだろ
    硯なんかどうでもいいと思ってるから動画もおざなりに見てんだろ
    だからどこが凄いかわからないんだ
    [ 2014/04/08 08:36 ] [ 編集 ]
  63. ※51
    知識がなくても時間かければとりあえず形にはできそうだからじゃね?
    [ 2014/04/08 09:00 ] [ 編集 ]
  64.  
    石切も知らない奴がいるのか
    [ 2014/04/08 09:26 ] [ 編集 ]
  65. 米25
    気持ち悪い野郎だな、お前
    [ 2014/04/08 09:30 ] [ 編集 ]
  66. ※65
    25じゃないけど、そういうの要らんから
    [ 2014/04/08 09:39 ] [ 編集 ]
  67. 硯って読めなかったw恥ずかしい
    [ 2014/04/08 09:53 ] [ 編集 ]
  68. ※67
    小学生より上で日常的に習字をやってる人じゃないと
    なかなか馴染み無い字ではあるよ。
    [ 2014/04/08 10:26 ] [ 編集 ]
  69. 小学の頃に習字やってたけど一向に上達しなかったなぁ。
    墨作るのが楽しいんだよねw
    [ 2014/04/08 11:06 ] [ 編集 ]
  70. こういう実例をもって「安いは正義」みたいな風潮が消えないかな
    耐久消費財なんかは、ちょっとくらい高くても質のいい日本企業の日本生産品が欲しいだけど
    [ 2014/04/08 11:17 ] [ 編集 ]
  71. 加工しやすい石なんだな…全国シェア90パーセントだったとか
    知らんかった。自分の使ってたのも宮城から来てたのか。
    こういうのを早く復興して欲しい。頑張れ宮城。
    [ 2014/04/08 11:20 ] [ 編集 ]
  72. うちも墨汁使わせてもらえなかったなあ。
    がさつな子供だったので墨を磨るのが下手で、いつも薄いし
    墨は斜めに磨ってしまってた。字も上達しなかった。

    大人になって、きっかけがあって勉強しなおして正しく磨ったら
    液も濃くなって墨もまっすぐきれいな磨り口になったよ。
    今は掌ほどの大きさの端渓を愛用してる。
    [ 2014/04/08 11:41 ] [ 編集 ]
  73. 墨で書状を書いて早馬で送りたいよな。
    [ 2014/04/08 11:50 ] [ 編集 ]
  74. 曽祖父 祖父 親父がガキの頃から使ってたやつを小学校で持たされて使ってたのを知ったのは中学校はいってからだったなぁ もうキッタネー感じなんだけど墨が重なって綺麗に光るんだけどさ
    硯の手入れって難しいんだろうか
    [ 2014/04/08 11:58 ] [ 編集 ]
  75. 習字でも使ったけど、大学の製図授業でも使ったな。烏口に硯で摺った隅を使うっていうちょっと変わった先生だったわ。
    [ 2014/04/08 13:29 ] [ 編集 ]
  76. 職人を尊重する精神は世界共通だということがよくわかる。
    ただ一ヵ所、あそこを除いては。
    [ 2014/04/08 13:45 ] [ 編集 ]
  77. 母親が雄勝に住んでたことがあって、硯職人さんの知り合いも何人かいて、
    だから家にこの雄勝硯が何個かあったわ。
    たぶんタダで貰ったんだろう。
    子供の頃これ使って習字してたけど、そんな価値のあるもんだなんて知らなかった(母もなんも言わないし)から、
    ぞんざいに扱ってました...ごめんなさい...w
    [ 2014/04/08 14:12 ] [ 編集 ]
  78. 池に見立ててあるのとかイカスよな。小学校に持って行くとバカにされるだろうけど
    [ 2014/04/08 15:07 ] [ 編集 ]
  79. ※32さん
    実際、肩にノミの柄を当てて削ってて、職人さんの肩は赤黒く硬くなってるみたいですよ(地元のTV番組で見た)
    [ 2014/04/08 15:35 ] [ 編集 ]
  80. ※77
    使うためのものなんだから、普通に習字に使ってたのならそれが一番ええんよ
    [ 2014/04/08 15:41 ] [ 編集 ]
  81. ※77
    日用品は使ってもらってこそ、だからね。
    刀剣だって戦で破壊された名刀は現代に残っている数倍あったろうしね
    硯も日用品の座から滑り落ちて来ているので希少価値が上がって来ているけど
    マスプロな製造業の一端に連なるものとしては、ガンガン使ってもらって傷だらけになっている製品を見ると愛おしくも思えますよ。
    [ 2014/04/08 17:08 ] [ 編集 ]
  82. 習字の時間苦手だったなあ
    硬筆は習い事でやってたから問題ないけど筆の使い方がどうもイマイチだった
    [ 2014/04/08 17:41 ] [ 編集 ]

  83. しかしどこの国のどんな物でも、職人の業ってのはその人のスタイルやリズムがあって見てて楽しい
    [ 2014/04/08 19:07 ] [ 編集 ]
  84. いや、「道具は大事に使う」だろ
    まあ子供は仕方ないけどな
    [ 2014/04/08 19:10 ] [ 編集 ]
  85. 小学生の時、硯なでなでするのが好きだったなぁ
    [ 2014/04/08 19:23 ] [ 編集 ]
  86. 硯の石って、多分だけどガラスみたいに、割れやすい。でも、ザラザラした石なんだと思う。
    黒くないとダメだし、いろんな条件をクリアしないと。 だから高い。

    日本の職人は、本当に凄いよね。
    だから、高くても良いと思うし、逆に高くないとダメだ。
    良いものは、高く売る。
    それでも、買う人は絶対いる。
    [ 2014/04/08 20:42 ] [ 編集 ]
  87. 文房四宝の中で唯一消耗品でないのがこの硯。なので大事にされる。
    [ 2014/04/08 21:34 ] [ 編集 ]
  88. ノミの刃を
    砥げるようになるのに
    数年掛かるんじゃないの?

    まずはそれからだって人外に言ってやれよ
    [ 2014/04/08 22:14 ] [ 編集 ]
  89. 正直、俺にもできそうだ
    [ 2014/04/08 22:40 ] [ 編集 ]
  90. こういう職人の手作業動画は
    ついつい時間を忘れて見入ってしまう。

    前に取り上げた京友禅の動画も良かった
    [ 2014/04/08 23:06 ] [ 編集 ]
  91. 石で石の面取りしてたのがまず衝撃だった
    そうだよその通りだよ、ヤスリじゃダメなんだよなと一人で勝手に盛り上がってた
    曲面の処理とかどうするんだろうと思って見たが、途中で飛ばされて残念
    [ 2014/04/08 23:53 ] [ 編集 ]
  92. でも、硯職人なら、中国のほうが上手じゃないかね。
    [ 2014/04/09 00:08 ] [ 編集 ]
  93. 中国の古い物には良い物があるが今のには無い
    中国には伝統を破壊する文化はあっても継承する文化が無い
    地上にある物は殆ど偽物で、たまに地下から本物が出るとまで言われる
    [ 2014/04/09 03:08 ] [ 編集 ]
  94. 中国の建国も知らない情弱
    中国が古い国とか逝ってるアホは中国の建国が1949年だと知らない情弱。

    支那大陸の歴史は確かに古いけどね、だけども一系民族の歴史ではないし、何より支那を語る事を中国は好まないと言う事実。
    ようするに情弱が多すぎ。
    [ 2014/04/09 03:37 ] [ 編集 ]
  95. ※94
    煽りにしても低レベルだなお前
    [ 2014/04/09 05:54 ] [ 編集 ]
  96. 中国は別に古代も古くないだろ
    人の住んでた痕跡で長江文明七千年なんて言ってたら日本だって一万四千年あるわ
    四大文明説なんて捏造教えてんのは日本と特亜だけ
    普通は黄河文明なんて入らない三大文明が最も大きかった文明とされ
    文明の発祥地の数を絞る事自体が有り得ないというのが現在の常識
    [ 2014/04/09 06:56 ] [ 編集 ]
  97. 米66
    気持ち悪い野郎だな、ぷぷぷ
    [ 2014/04/09 08:47 ] [ 編集 ]
  98. この人はアーティストじゃなくてクラフトマンなんだよな
    [ 2014/04/09 15:56 ] [ 編集 ]
  99. 最初はヒビが入らないようにゆっくり掘るんですよ・・・って
    素人からすると相当早く掘ってる気がするんだがw
    この職人が石へのダメージ考えずに本気出したらもっと早く掘れるってことか
    [ 2014/04/09 16:16 ] [ 編集 ]
  100. 墨の値段の方が高いことに気付くともっと驚くぞ。
    [ 2014/04/09 19:32 ] [ 編集 ]
  101. 米99
    どこまで力を入れて、どのスピードで掘ると、石が割れる
    とかが完璧に感覚にインプットされてるんだろうね。だからそのギリギリのスピードで掘る。
    本人はゆっくりと言っても凡人からみれば十分早い。
    職人技でもあるけど、陶芸と違って製品でもあるから、完璧な品物を速いスピードで仕上げなきゃならないんだろう。
    たたみ職人のひととかと一緒だね。
    陶芸は基本的に売る事前提じゃないから、自分と対面しながらゆっくり、自分が納得するまで時間かけてつくる
    [ 2014/04/09 22:59 ] [ 編集 ]
  102. 津波で雄勝硯に関わる人が結構亡くなったと聞いた
    動画の職人さんはご健勝だろうか・・・

    >37
    制作過程でも水を使うからあの職人のお姉さんは
    結構ギリギリで命拾いしたのだなと思った
    [ 2014/04/10 17:20 ] [ 編集 ]
  103. こういうのって弟子入りしたいって外人がいるけど
    一人前になるのに、数十年単位でかかるのに、そんな事考えてないよねw
    [ 2014/04/10 19:58 ] [ 編集 ]
  104. 駄目だ!石削る音が...
    [ 2014/04/11 21:02 ] [ 編集 ]
  105. 「熟練の技ほど、簡単にやってるように見える」の見本な動画だな。
    お見事。
    [ 2014/04/14 22:05 ] [ 編集 ]
  106. ※13
    >「前」と書いて「サキ」と読む。
    「さき」で変換するとちゃんと「前」が出る。
    この誤字は蔓延してるけど、これくらい正そうぜ。
    先の → 未来の
    前の → 先日の

    これは恥ずかしいw誤字でもなんでもないからw
    先という字に「前の」という意味があるんだよ。
    転ばぬ先の杖と言うでしょ。先は時間的に前を意味してるんだよ。
    先祖、先輩、先手、一足先など時間的に前を意味する先の用法はいくらでもある。
    先の大戦とも言うでしょ。
    [ 2014/04/15 01:34 ] [ 編集 ]
  107. 習字をやりたくなってきた。
    矢立(携帯用筆と墨壺)とか、最高にカッコいいんだよな。
    スマホの代わりに矢立から筆出してメモしたい。
    [ 2014/04/21 20:46 ] [ 編集 ]
  108. ※14
    ゆとりだけど習ったから時代と言うより地域差的なもんじゃないかと思われ
    [ 2014/07/24 22:16 ] [ 編集 ]
  109. ※105
    多分職人の人たちは「俺にもできそう」って言うのを聞いてニヤリとしてるんだろうな
    [ 2014/10/05 21:47 ] [ 編集 ]
  110. 平成生まれだけど、ムダに高い習字セットを学校で買わされたよ。石のヤツ。墨も刷らせてくれた。今は百均でボードと半紙と墨汁と小皿でいつでも習字できるセットを出しておいてる。愚痴書いてる。破って捨てる。

    日教組がーって的はずれだろ。やめてくれ。
    [ 2016/03/17 01:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング