パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「ゼロ戦は美しい!」 ゼロ戦が現代の空を舞う姿に外国人感動

第二次世界大戦中、大日本帝国海軍の主力戦闘機として活躍し、
連合国から大いに恐れられた零式艦上戦闘機、通称ゼロ戦。
開発は三菱重工が行いましたが、中島飛行機でもライセンス生産され、
生産された約1万機のうち、半分以上は中島製であるそうです。

現在レプリカを含め現存するゼロ戦は極わずかで、
その内飛行可能な状態にある機体は世界にわずか4機
(1つはニュージーランド在住の石塚政秀さんが保有しており、
今年の夏にも、ゼロ戦の里帰り飛行が実施されるようです)。

映像の機体は、ブレーンズ・オブ・フェイム航空博物館が所有しているもので、
世界で唯一現存している、栄エンジンを搭載したゼロ戦です。
この博物館では毎年5月に開かれる航空祭でデモフライトを実施しており、
この映像も、その際に撮影されたものであるようです。

数十年の歳月を超え再び空を舞うゼロ戦の姿に、
外国人からは様々な反応が寄せられていました。

遅れましたがリクエストありがとうございましたm(__)m

Flight Demo of Genuine Japanese Zero with ORIGINAL WWII Sakae 31 Engine !





■ 凄いね! もし頭上を飛んでいったら恐ろしい音だよなこれ。 ロシア
  



■ これは欲しいねぇ :D イギリスにもあればいいのに :(
  近くにあるなんて君は本当にラッキーだ。 イギリス
  



■ これってオリジナルのエンジンで空を飛ぶ、
  数少ない本物のゼロ戦の1つなのか? アメリカ




■ 50機くらいがあの音を立てて頭の上を越えていく光景を想像してみろ。
  あの音がたまらないよな……。見事な戦闘機だ……。 カナダ




■ ゼロはエンジンの音が最高!!! 素晴らしい映像をありがとう! アメリカ




■ オリジナルのゼロはもうどれも飛べないのかと思ってた。スゲー。 シンガポール




■ 現存するゼロの希少さを考えると、あのエンジン音を聞けること、
  そしてあの機体が飛んでる様を見れるのはプライスレスだよな! デンマーク
    



■ ↑そのとおり! WW2で活躍した機体の中で、最も神秘的な音だからね。
  今まで一番好きなエンジン音はメッサーシュミット Bf109(独)のものだったけど、
  この動画を観た後は、ゼロの音が一番好きになった。  ノルウェー




■ ゼロ戦は美しい!! 一番好きな日本の戦闘機の1つがこれだ。
  そんな機体が空を飛んでる姿を見れるのは素晴らしいことだよ。
  だけど、唯一現存するオリジナルの機体なわけだろ。
  事故かなんかで失われてしまったら痛恨事になるだろうから、
  空を飛ばせることを続けるのは控えて欲しいかなぁ。
  もちろん安全対策は万全なんだろうけど、
  やっぱり値段が付けられないシロモノだからね。アメリカ



   ■ 素敵な映像だけど、俺も同意だ。
     もしこの宝が事故で失われたら、悲劇に他ならないから。
     博物館の中で静かに飾っておいて欲しい。 プエルトリコ  



■ それにしても美しい機体だ!! ドイツ




■ 俺はゼロのどこまでも独特なエンジン音が好きでたまらんのだ。 アメリカ 




■ 「歴史」が保存されてたのか!!!
  どうかこのまま永遠に飛び続けてくれよ!!! タイ




■ パイロットって、エンジン音だけで敵かどうか判別出来るもんなの? アメリカ



   ■ 出来るよ。エンジン音っていうのは機体によってかなり特色があるから。
     例えば人の声がそうであるようにね。
     訓練された耳なら、完全に識別出来る。 イギリス



■ これが何千っていうアメリカ兵を震撼させた音なんだな……。
  素 晴 ら し い 響 き だ 。 ブラジル



 
■ そう、これはグロスフスMG42(独)と同じくらい、アメリカ人を恐怖に陥れた音だ。
  でもさ、最新の技術を駆使して作られたF-22とかよりも、
  ゼロのほうがもっとクールなのはちょっと信じ難いことだよね :D アメリカ  




■ 偉大な戦闘機だよな。
  アメリカのヘルキャットは墜落したゼロをモデルに作られたものだ。
  ヘルキャットがゼロよりも優れていた唯一の理由は、
  単に数で優っていたってだけなんだよ実際は。 アメリカ




■ 私もこの機体を心から欲しいと思ってる。
  航続距離、馬力、そして製造コストの安さ。
  どれをとってもゼロは並外れていたよ。 アメリカ 




■ 俺が知ってる限り、ごく初期の機体だけミツビシ製のエンジンを積んでいて、
  それ以外はナカジマ製のエンジンを積んでたんだよね……。 ブラジル




■ ゼロはまさしく怪物のような戦闘機だ。 アメリカ




■ 美しい戦闘機だよね……。
  あれが残酷なまでに米軍のパイロットを震え上がらせたなんて。 アメリカ




■ ゼロに恋してしまったよ。
  第二次大戦中に活躍した戦闘機の中で、最も美しい機体がこれだ……。 スペイン




■ 空を舞ってる時のあのエンジン音……。鳥肌モンだわ……。 アメリカ 




■ ゼロ戦のエンジン音って、ビックリするくらい独特だよね。 アメリカ




■ スゲー。70年前は、多くの人間が恐れ慄いた音だったんだろうな。 カナダ    




■ 美しい。空中戦で究極的な強さを出せる機体として作られたんだよね。 アメリカ
 


 
■ 驚愕に値する戦闘機だよゼロは……。
  これは日本のみならず、アメリカにとっても歴史の一部だ。 アメリカ




■ 日本は当時、あり得ないくらい高い質の戦闘機を作ってたと思う。 カナダ




■ 今でも空を飛べるゼロは、世界に6機くらいあるはずだよ。
  そしてもう2つくらいが新たに復元されてる最中のはず。 アメリカ




■ 素晴らしい!
  ミツビシの一式陸上攻撃機と四式戦闘機も、復元作業に入ってるって聞いた。
  ゼロを含んだ3機が、隊列を組んで空を飛んだら凄いよな。 アメリカ
  



■ もしゼロがヘルキャットみたいに装甲があったとしたら、
  負けていたのは違う国だったかもしれないってことを忘れるなよ……。 イギリス




■ 俺は小さかった頃からゼロが大好きだった。
  ゼロってなんか、神秘的な雰囲気があるんだよ。 アメリカ




■ 俺がゼロの小さな模型をAmazonで買った理由が分かったろ。
  もう家にゼロの模型が20機くらいあるんだ。
  一目見た瞬間、俺はゼロと恋に落ちたのさ :) アラブ首長国連邦




■ シンガポールでの攻防戦で、すでに時代遅れだった英空軍のバッファローは、
  質で優ってたミツビシのゼロに太刀打ち出来なかったんだよね。 マレーシア




■ 私見だけど、パイロットにとって史上最高と言える戦闘機だと思う。ゼロはベストだ。
  パイロットの1人として、僕はどの戦闘機よりもゼロを高く評価してる。 アメリカ





  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/03/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(628)
Powered By 画RSS
  1. 敵国でも人気なんだ?
    [ 2014/03/06 23:06 ] [ 編集 ]
  2. 確かに日本の戦闘機は工芸品というより芸術品という言葉が似合う気がする
    [ 2014/03/06 23:10 ] [ 編集 ]
  3. ki-102が好き
    [ 2014/03/06 23:10 ] [ 編集 ]
  4. 日本刀と似た美しさがあるよな
    [ 2014/03/06 23:10 ] [ 編集 ]
  5. クラシックな機体ってのはなんとも言えぬ美しさがあるね
    [ 2014/03/06 23:11 ] [ 編集 ]
  6. 勿論ベストな機体ではないが
    足りない技術力を知恵で補い
    大戦序盤の空を舞いに舞った機体
    実際に空を飛ぶ姿を観たいな
    [ 2014/03/06 23:14 ] [ 編集 ]
  7. 貴重だわ
    大事に保存して欲しい
    まあ、博物館何だから大丈夫だろうけど
    [ 2014/03/06 23:15 ] [ 編集 ]
  8. 反応にちょっと驚いた
    だが、そんな貴重なゼロを日本は特攻という愚策に費やしてしまったんだよなあ・・・

    ゼロにも合掌
    [ 2014/03/06 23:15 ] [ 編集 ]
  9. アメリカの国土に爆弾を落とした唯一の国の、まさにその機体だからな。それなりに特別視されると思う。

    ただ、エンジンに合わせたからこそ軽く格闘戦に強いのであって、日本の機体に共通して言えるけど、機体は一流・エンジンは二流というのは紛れもない事実。
    [ 2014/03/06 23:16 ] [ 編集 ]
  10. 綺麗だな
    [ 2014/03/06 23:17 ] [ 編集 ]
  11. 操縦しやすいってのもあるんだろうね、全く知らないけど


    [ 2014/03/06 23:17 ] [ 編集 ]
  12. 現存数が少ないからこその魅力はあると思う

    米軍レシプロ機はいまでも結構飛んでるイメージ
    [ 2014/03/06 23:18 ] [ 編集 ]
  13. 飛行機の機種にはうといけど
    零式のエンジン音はたしかに独特で印象的だね
    [ 2014/03/06 23:19 ] [ 編集 ]
  14. ゼロほど過大評価されている機体もないと思う。大好きだけどさ。
    [ 2014/03/06 23:19 ] [ 編集 ]
  15. フォルムはもちろんやけど、やっぱエンジン音がすごくいい
    [ 2014/03/06 23:20 ] [ 編集 ]
  16.  
    ちなみにこの手のクラシック戦闘機が出てるくショーでは、ゼロ戦が米英機に撃墜されるというシナリオのショーのためにゼロ戦を展示する事が多い。
    ゼロ戦が煙を吐いて撃墜されるのを見て拍手喝采をおくるわけだ。
    [ 2014/03/06 23:20 ] [ 編集 ]
  17. 当たらなければどうということはないって思想で作ったから
    高速で長距離飛行できるけど、防御なしだから当たれば簡単に落ちる
    [ 2014/03/06 23:20 ] [ 編集 ]
  18. 俺はゼロ戦の何がすごいのかいまだに感覚ではわからん
    特攻とか熟練のパイロットの話を聞くとそれはすごいと思うが
    ゼロ戦そのもののすごさがわからん
    軍事には疎いというのもあるが
    普通に今の戦闘機とかのほうがかっこいいけど
    [ 2014/03/06 23:21 ] [ 編集 ]
  19. 貴重なエンジンだから出力抑えてるんだよね。全力運転の音を聞いてみたいなぁ。
    [ 2014/03/06 23:24 ] [ 編集 ]
  20. しかし上空を飛行している零式戦闘機の音は鳥肌ものだな
    本当に70年以上前の飛行音なのだろうか?
    [ 2014/03/06 23:25 ] [ 編集 ]
  21. そんなに特色のあるエンジン音なのかなあ。
    栄ってアメリカ製のエンジンのパクリじゃなかったか?
    [ 2014/03/06 23:25 ] [ 編集 ]
  22.    
    胸がしめつけられるなぁ。
    [ 2014/03/06 23:26 ] [ 編集 ]
  23. ※7
    アメリカだからこそ安心できる
    博物館ついでは航空クラブもあるから皆飛ばすために大切に「整備」してる

    糞だったのが日本の博物館、希少な完動品の四式疾風返却してもらったら
    「ぁ、展示しますんで~」
    動体ぶつ切り、野ざらし展示の計器は盗まれまくり
    返却したアメリカの飛行機クラブは泣く
    その様に物を大切に扱う事が出来ない日本博物館は最悪だった
    [ 2014/03/06 23:27 ] [ 編集 ]
  24. エンジン音の良し悪しはさっぱりわからんw
    聞き分ける、までならともかく、「惚れるエンジン音」ってなんなんだろ?
    [ 2014/03/06 23:28 ] [ 編集 ]
  25. F1のホンダサウンドも外国人含め好きだよね
    [ 2014/03/06 23:28 ] [ 編集 ]
  26. 戦後、日本の戦闘機にアメリカの燃料を使って速度を計測したら
    軒並み上昇したって言うよね

    レギュラー、ハイオク…伝統か!
    [ 2014/03/06 23:30 ] [ 編集 ]
  27. WW2の兵器は各国の特色があってどれも魅力的だよ。
    冷戦以降の兵器はつまらない。
    [ 2014/03/06 23:31 ] [ 編集 ]
  28. 日本刀もそうだけど
    無駄な機能を削ぎ落とした美しさ
    ってのはあるよねぇ
    切るためだけ、飛ぶためだけに作られた存在

    ※18
    同じ時期の飛行機に比べてだが
    同量の燃料で飛べる距離が格段に長かったり
    旋回が早いとか色々あったみたい
    まぁそれも徹底した軽量化によるものだから装甲の強さはお察し・・・だった訳だが
    [ 2014/03/06 23:31 ] [ 編集 ]
  29. 空冷エンジンはシリンダーの脈動が直に伝わるから独特の響きがあってエモーショナルだよね。
    [ 2014/03/06 23:31 ] [ 編集 ]
  30. ※23
    それは物をどうこうっていうより、戦後、徹底して叩き込まれた戦争に関わるものは全て悪で価値がないって偏向教育の賜物だと思うよ…。

    戦前は色々ちゃんと記念の艦艇やら整備して補完してたし。
    [ 2014/03/06 23:31 ] [ 編集 ]
  31. ※9
    アメリカ本土は零式小型水上偵察機だから
    別だと思うんだが
    [ 2014/03/06 23:31 ] [ 編集 ]
  32. ふむ
    海外における旧日本軍の美化は日本以上のようだ
    [ 2014/03/06 23:32 ] [ 編集 ]
  33. ※18
    別にわからなくてもいいんじゃないか
    個人の主観だし
    今のアーティストよりエルビスやビートルズが好きな奴もいるってことさ
    俺の主観ではゼロ戦は戦闘機の王様だよ
    [ 2014/03/06 23:32 ] [ 編集 ]
  34. 去年オリジナルエンジン積んだ機体見てきたよ
    エンジン音かっこよかった
    [ 2014/03/06 23:34 ] [ 編集 ]
  35. ※16
    向こうさんの基本的な航空戦史ショーでは
    わりかし開戦初期ショーでF4FかP-40がやられて
    中期ショーになってF6FやP-51が出てきたら負けるという演出流れが定番らしい
    最後は唯一飛行可能なB-29"フィフィ"が原爆投下ショーで大量のドラム缶一斉爆破させて終わる
    [ 2014/03/06 23:35 ] [ 編集 ]
  36.  
    日本の機体はまず航続距離が化けモンみたいに長いからなあ。
    自分たちが飛んでいけない距離から飛んでくるって考えてみたら無茶苦茶恐ろしいよ。
    [ 2014/03/06 23:36 ] [ 編集 ]
  37. ホンダの水平対向エンジンが、こんな感じだったなあ。
    BMWは2気筒だから、バサバサ音が重ならない。
    スバルの水平対抗はドロドロって感じだし。
    [ 2014/03/06 23:37 ] [ 編集 ]
  38. 紙装甲だからっていうのもあるんだろうけど、
    本当にスタイルが美しい。
    これが編隊組んで飛行してたなんて・・・。
    [ 2014/03/06 23:39 ] [ 編集 ]
  39. 零戦は紙装甲だったと揶揄されることが多いけど、当時の戦闘機の機銃弾からパイロットを守れるような装甲を持っていたのはアメリカ空軍の機体だけだったんだよね。
    当時のアメリカは日本やドイツやイギリスよりも格闘戦を行う戦闘機に関しては技術が劣っていたから装甲と重武装を主体とした戦闘機を作っていた。
    [ 2014/03/06 23:39 ] [ 編集 ]
  40.  
    >確かに日本の戦闘機は工芸品というより芸術品という言葉が似合う気がする
    うーん、量産を旨とした兵器だし、刀のようなキャラクター性は求められていなかったから
    芸術品というのは褒め言葉としてはどうかな
    [ 2014/03/06 23:42 ] [ 編集 ]
  41. あれだけ作られたのに実は量産には不向きな工業製品だったらしいね。
    職人技で作られてたみたいだよ。むしろ数艦しか作られなかった
    大和は量産化に最も成功した軍艦だったそう。皮肉なもんだね。
    [ 2014/03/06 23:43 ] [ 編集 ]
  42. 第二次大戦時の日本戦闘機群で一番「有名な」機体。
    復元は日本人自身の手ですべきだった。
    かつての敵国の国民が、時間と費用と労力を割いてレストアしてくれたことに感謝したい。
    美しさと猛禽の様な猛々しさを併せ持つ機体だ。
    塗装の色はオリジナルと違うようですが・・どう?
    [ 2014/03/06 23:43 ] [ 編集 ]
  43. 外人にも零戦の美しさって分かるんだね
    [ 2014/03/06 23:44 ] [ 編集 ]
  44. 小牧空港にあったのになあ
    福岡に行っちゃった
    [ 2014/03/06 23:45 ] [ 編集 ]
  45. 日本でゼロ戦なんか飛ばしたら左翼がまたうるさいんだろうなー
    [ 2014/03/06 23:45 ] [ 編集 ]
  46. 栄はP&Wのエンジンを参考にしまくっているから今でも部品が出るらしいぞ。
    [ 2014/03/06 23:46 ] [ 編集 ]
  47. >>8
    特攻のおかげで「日本人はキレると何をするか解らない」と
    今でも外国をビビらせてんだぞ。
    絶対に核を持たせないのもそのため。
    [ 2014/03/06 23:46 ] [ 編集 ]
  48. ゼロファンの外国人に「風立ちぬ」も是非観てほしい。
    [ 2014/03/06 23:46 ] [ 編集 ]
  49. ゼロの高性能は、機体強度設計に関する新概念を取り入れたり、剛性低下操縦索や主翼のサインカーブ捻下げ、沈頭鋲など、革新的な設計による賜物なんだろうけど、それに加えて坂井さんや西澤さん、武藤さんなどの凄腕パイロットの存在がゼロを伝説にしたよね。
    [ 2014/03/06 23:48 ] [ 編集 ]
  50. この美しさ、この気高さが、零式なのですね…。 
    こんなにも世界の人に愛されていることに、感謝と敬意。
    [ 2014/03/06 23:48 ] [ 編集 ]
  51. 特攻を愚策と言う「チョン並みの愚か者」がいるが、
    その戦果を知らない馬鹿者。

    戦後の日本と世界を創ったのは、自己犠牲の極みの特攻!
    白人が最も尊敬する精神だ。

    日本人が否定してどうする。
    [ 2014/03/06 23:49 ] [ 編集 ]
  52. ああ確かに怖いな
    音が腹に響く
    零戦に限らずこういうのが敵としてやってきたら恐怖するな
    平和が一番だわ
    [ 2014/03/06 23:50 ] [ 編集 ]
  53. 零戦というと、どうしても特攻隊のイメージがオーバーラップするから、海外からも余計に美化されるんだろうな。
    [ 2014/03/06 23:52 ] [ 編集 ]
  54.  
    悪評プンプンのバッファロー戦闘機だが、照準機、エンジン、計器などスペックダウンしたダウングレード品(フィンランド向け)は軽量化のおかげか、対ソ連戦では敵機を456機も撃墜するなど大活躍したそうな。
    [ 2014/03/06 23:53 ] [ 編集 ]
  55. 帝国海軍はオシャレさん。
    エンジンカウルが黒いのも艦船の煙突先端が黒いのも
    汚れが目立たなくするため。
    [ 2014/03/06 23:54 ] [ 編集 ]
  56. 皇紀2700年。26年後の2040年、零式国産戦闘機ふたたび。
    [ 2014/03/06 23:55 ] [ 編集 ]
  57. 戦後の武装解除で昔の飛行場近くに
    大量に埋葬したらしいから
    幾つかは掘り起こしても今更怒られはしないだろう
    やってくれよ地権者さん
    [ 2014/03/06 23:57 ] [ 編集 ]
  58. 日本でb-29を飛ばしたらどうなるんだろ?
    [ 2014/03/06 23:58 ] [ 編集 ]
  59. >>51
    あ、ネトウヨだ
    リアルで見たのは初めてだわwww
    [ 2014/03/06 23:58 ] [ 編集 ]
  60. ※45
    日本に戦後里帰りして何度も飛んでるよ、去年も帰ってきてたし
    べつにサヨクが騒いだとか邪魔したって話はきかない
    自分も去年は観に行けたけど平和団体とかいなかったよ

    ゼロ戦は美化されずぎだと思うなぁ、特攻で突っ込んだのは隼もだし
    戦闘機ですらないゼロ観だってゼロ偵だって突っ込んだし
    赤とんぼですらドラム缶くくりつけて特攻して駆逐艦沈めてて
    ある意味ゼロ戦より戦果上げてるってのになぁ
    [ 2014/03/06 23:59 ] [ 編集 ]
  61. >連合国から大いに恐れられた零式艦上戦闘機

    大いに恐れられたwwwwwwwwwwwwwww
    [ 2014/03/07 00:00 ] [ 編集 ]
  62. 日本に寄贈とかしても稼動機をお釈迦にしちまうからな
    運搬の為、真っ二つにしたり雨ざらしにしたり

    異国で大切にされてる方が幸せだと思う
    [ 2014/03/07 00:00 ] [ 編集 ]
  63. ホルホルいいすか?
    [ 2014/03/07 00:02 ] [ 編集 ]
  64. 航続距離を延ばすのに重量を軽くする必要があるので、機体に穴を空けてたという話は本当なの?
    [ 2014/03/07 00:04 ] [ 編集 ]
  65. >>60
    俺もそう好きじゃないけど、初期のころって塗装白くなかったっけ?
    旋回性能のバカ高い真っ白な機体が、ヒラヒラ宙を舞ってたら
    そりゃ神秘的に見えると思うよ。
    [ 2014/03/07 00:05 ] [ 編集 ]
  66. >>59
    >>>51
    >あ、ネトウヨだ
    >リアルで見たのは初めてだわwww

    在日コリアンは、恥ずかしくも、自分で言い返す知能がないので、
    最近はこうして、唾を吐いてサッサと逃げ帰る雑魚が多いらしい。

    恥ずかしい人種だよね^^
    [ 2014/03/07 00:05 ] [ 編集 ]
  67. チョンと言えばネトウヨ連呼

    わかりやすいw
    [ 2014/03/07 00:05 ] [ 編集 ]
  68. 零… 名前だけでこんなにインパクトある戦闘機なんてあるんだろうか(笑)
    [ 2014/03/07 00:06 ] [ 編集 ]
  69. ※64
    「軽め穴」でググル
    それほど無茶な工作ではない
    [ 2014/03/07 00:07 ] [ 編集 ]
  70. 機体に穴をあけてたのでは無く骨格に穴を空けてたのさ(笑)
    [ 2014/03/07 00:08 ] [ 編集 ]
  71. 一番美しかったのは晴嵐だ。
    [ 2014/03/07 00:08 ] [ 編集 ]
  72.  
    F4Fまでは良かったけど、F6Fにはボロ負けだったからな。
    高い性能のエンジンとレーダー開発できない日本に勝機はない。
    [ 2014/03/07 00:10 ] [ 編集 ]
  73. > アメリカのヘルキャットは墜落したゼロをモデルに作られたものだ。

    俗説としてはあるけど、アメリカ人が信じちゃうのか。

    ※21
    同じくらいの馬力の空冷エンジンでは大きい違いはないね。
    今もアメリカで飛んでる大戦機ってもっとパワーのあるエンジンだから、独特に聞こえるのかも。
    あとパクリというか影響を受けたくらいの表現が正確かと。
    [ 2014/03/07 00:10 ] [ 編集 ]
  74. ゼロゼロワンダフォー
    [ 2014/03/07 00:11 ] [ 編集 ]
  75. 明灰色や飴色やら言い出すと騒がしくなる
    [ 2014/03/07 00:12 ] [ 編集 ]
  76. アメリカさんの好意的な意見が多いのに驚いた。

    実物が飛んでいる姿は初めて見たけど、ほんと美しいな。すぅーって風にのってる。ナウシカのメーヴェのようだ。
    でもなんかちょっと切なくなるな。
    [ 2014/03/07 00:12 ] [ 編集 ]
  77. -
    いい音だねぇ。ほれぼれするような音だ。動画ではないけど、足をたたむ時も美しいんだよね。交互にたたむの。
    [ 2014/03/07 00:12 ] [ 編集 ]
  78. F6Fは日米開戦前から試作がすすめられてた 零戦に対抗するために開発したつーのは間違い
    [ 2014/03/07 00:13 ] [ 編集 ]
  79. ※18
    ゼロ戦の一番の特性は航続距離だよ。ドイツの戦闘機の数倍の航続距離をもっている。
    ドイツはイギリスを爆撃に言っても護衛戦闘機が途中で引き返さなければならないから
    ドイツ爆撃機はイギリス戦闘機の餌食になった。
    ドイツにゼロ戦があったらバトル・オブ・ブリテンの勝敗は逆になってたかもしれない。
    [ 2014/03/07 00:13 ] [ 編集 ]
  80. >37
    おいくつですか?w
    [ 2014/03/07 00:15 ] [ 編集 ]
  81. 実物は大和ミュージアムや上野のを見たことあるだけだけど、写真は子供の頃から山ほど見てるから、もう見飽きたような感じになってて、今は零戦より欧米の飛行機の方が興味あるなぁ
    [ 2014/03/07 00:18 ] [ 編集 ]
  82. 当時の日本人技術者達の知恵と汗の結晶だな・・・。
    [ 2014/03/07 00:20 ] [ 編集 ]
  83. 三菱は近年、技術研修の名目で零戦を一機
    まるごと新造してなかったっけ?兵装はないだろうけど。
    それ毎年やってポチポチ売ればいいのに。
    [ 2014/03/07 00:22 ] [ 編集 ]
  84. 戦闘機に関しては全くの無知だけど、確かに綺麗だね。不思議な魅力を感じる。
    特に空飛んでいるとこを下から撮影したシーンは美しいね。アニメとかで見たことあるものと同じデザインで感動した。
    [ 2014/03/07 00:22 ] [ 編集 ]
  85. そのゼロの末裔が外人の車オタも大好きなインプ・エボなのは分かってのことなんだろかね
    [ 2014/03/07 00:25 ] [ 編集 ]
  86. 幼少の頃から好きな機体の1つ。
    昨年に航空公園のエンジン始動会の抽選で当たり目の前で見て来ました。
    予想以上に小回り出来、エンジン音はロータスのスーパー7の様な良い響きでした。
    [ 2014/03/07 00:26 ] [ 編集 ]
  87. >>47
    >>51
    坂井さんをはじめ、岩本さん、小町さん、原田さんなどなど、当時のゼロ戦パイロットたちが声をそろえて「特攻は愚作」と証言し、その理由や当時の状況、仲間の搭乗員たちの思いや気持ちも代弁した上でそう言っているのに、いったい47と51は何者なんだろうなあ。
    感情論や幻想論じゃなくて、実際に当時の日本側の資料や証言、アメリカ側の資料や証言を調べてフラットに考えようぜ。
    [ 2014/03/07 00:28 ] [ 編集 ]
  88. 後の、古代進愛機である。
    [ 2014/03/07 00:29 ] [ 編集 ]
  89. F4FやF6Fに優っていたとは思えないし、実際スペック上でも戦闘結果でもそれは事実。
    それでも零を神聖視する声が世代を超えて存在する理由って一体なんなんだろうね。
    単純に判官贔屓なのかな。それだけとは思えない何かがあるよね。
    美しいと思ってしまうこの感情に、はっきりとした説明が付けられない事も零が未だに根強い支持を得ている理由の一つなのかもしれないね。
    [ 2014/03/07 00:30 ] [ 編集 ]
  90. ゼロも凄かったんだろうけど、大和はもっと凄かったんだろうね。
    あの厳しい時代に日本の技術のすべてを懸けて作ったんだろうから。
    [ 2014/03/07 00:32 ] [ 編集 ]
  91. >それでも零を神聖視する声が世代を超えて存在する理由って一体なんなんだろうね。

    SAMURAI
    だろうね。
    [ 2014/03/07 00:32 ] [ 編集 ]
  92. 三菱という会社が現存していて、中島という会社がスバルという形で現存している。
    祖父さん達でも海軍派は三菱の車にのって、陸軍派はスバルに乗る。
    ウチは代々陸軍軍人だから、スバルだなwww
    中島のフランクは最高!
    [ 2014/03/07 00:33 ] [ 編集 ]
  93. どの飛行機も美しい
    零戦が特別だとは思わないわ
    [ 2014/03/07 00:37 ] [ 編集 ]
  94. 一年で新型が開発された時代に、2年持ったんだから名機だろ。
    ただ、エンジン音は良いかもしれないが、出力が低かったのは残念。
    でなければ、紙装甲にする必要もなかったなんだけど。
    [ 2014/03/07 00:38 ] [ 編集 ]
  95. 70年前に、航続距離が長い「空母艦載戦闘機」って発想があったんだよ、日本海軍には。
    あとね、敵に覚られずに近接していって攻撃するって、ステルスの思想が・・w
    だから今でも山本五十六は現代海軍の父と呼ばれている。


    [ 2014/03/07 00:39 ] [ 編集 ]
  96. 無知な日本人達だ…。
    [ 2014/03/07 00:39 ] [ 編集 ]
  97. アラブの人凄いな
    1機作るだけでも骨が折れるのに20機も・・・
    嬉しい限りだ
    [ 2014/03/07 00:42 ] [ 編集 ]
  98. もちろん貴重なオリジナルの零戦ですばらしいけど
    "誉"搭載の四式戦や紫電改の動態保存がほぼないというのは痛恨事だと思ふがどうだらう
    [ 2014/03/07 00:45 ] [ 編集 ]
  99. ゼロ戦の異常な航続距離ではこんな話しもある。
    米軍のフィリピン基地攻撃の日本航空隊に護衛戦闘機がいた。
    それを見た米軍は空母が近くに来ているはずと近海を血眼になって探した。
    しかしその戦闘機ゼロ戦は遥か彼方の台湾基地から出撃したのだ。
    [ 2014/03/07 00:46 ] [ 編集 ]
  100. 管理人がコメ選んでる所為なのか・・この手の動画の時ってチョン沸かないよな
    [ 2014/03/07 00:46 ] [ 編集 ]
  101. いつの時代もどんなことでも

    日本人の作り出すものは海外の人の方がその真価を知ってるていう

    日本人は「海外にはもっと素晴らしいものがあるに違いない」て思い込んでて

    海外から見ると「日本のものってなんでこんなに洗練されて美しいんだろ」

    この認識のギャップは永久に埋まらない
    [ 2014/03/07 00:47 ] [ 編集 ]
  102. しかし、ゼロ戦は装甲が薄いのがなんとも・・・
    大戦末期には、木とか布とか使って、空飛ぶ棺桶になっていたのは痛恨の極み。だからこそ、俺は心情的に真珠湾で華々しい活躍をした21型しか認めたくない。

    >>89
    大東亜戦争初期には、米国を驚愕させるくらいのスペックだったから。米国は、ゼロ戦との単独格闘禁止令を出したくらいだし。
    [ 2014/03/07 00:51 ] [ 編集 ]
  103. エンジンはたまに動かさないと壊れるから一年に一回くらいなら飛ばしてやったほうがいいかもな
    [ 2014/03/07 00:52 ] [ 編集 ]
  104. 地上でアイドリングしてるときは「そんなに音いいかな?」って思ったけど、
    空を飛んでる時の音を聞いてびっくりwすごくいいじゃないかw
    [ 2014/03/07 00:52 ] [ 編集 ]
  105. 敵だった国の人達がゼロは美しいと絶賛してる一方、
    交戦してない国が一々ジブリ映画にまで火病起こすというw
    [ 2014/03/07 00:54 ] [ 編集 ]
  106. 四年前にニュージーランドで留学中に実物見たけど想像より小ぶりだったな。
    全く知らずに入って、零戦に出くわすなんてちょっと感動した。日本語でも解説があって、零戦がなぜニュージーランドにあるのかも知ることが出来た。とても大事に保管されてたよ。

    第二次世界大戦の展示室では日本は悪役だったけどね(笑)
    [ 2014/03/07 00:54 ] [ 編集 ]
  107. >特攻という愚策

    愚策というより、珍しく有効だった効果的な策だろ。

    余りにも効果的すぎて、だんだんエスカレートしていって悪魔的になったのは問題だが。
    [ 2014/03/07 01:01 ] [ 編集 ]
  108. 装甲が薄い装甲が薄いって言われるが、戦闘機はみんな装甲薄い。

    って某パイロットが言ってたなw
    [ 2014/03/07 01:06 ] [ 編集 ]
  109. >>61
    全軍に「ゼロ戦とは格闘戦を禁止する」とまで命令を出させたのに恐れられていないとでも?
    [ 2014/03/07 01:08 ] [ 編集 ]
  110. まぁ当時本土が次々と空襲にあい、家族親戚がいつ被害にあうかという緊迫感と混乱の中、どうすれば米軍の侵攻を防げるのか悩みに悩んで出した答えだっただろうな
    [ 2014/03/07 01:15 ] [ 編集 ]
  111. コメント欄ひどぅい…
    (日本人の知識)駄目みたいですね。
    でも海外の米も酷いのあるから、まぁ多少はね?(自己解決)
    [ 2014/03/07 01:18 ] [ 編集 ]
  112. >もしゼロがヘルキャットみたいに装甲があったとしたら
    >負けていたのは違う国だったかもしれないってことを
    >忘れるなよ……。

    そうしたらあれだけの機動性は発揮できないし航続距離も伸ばせないから名機にはならなかっただろうな。
    もっと簡単にアメリカが勝っていたと思うよ。
    [ 2014/03/07 01:20 ] [ 編集 ]
  113. 短い間だったが世界に衝撃を与えるほど無敵だった、そしてその後の斜陽、これがゼロ戦にシンパシーを感じる所以だ。
    [ 2014/03/07 01:21 ] [ 編集 ]
  114. 戦時は平時の何杯もの速度で技術が進歩していくから、末期の零戦がF6FやP-51に敵わなかったのはしかたない。もう少し戦争が長引いていればジェット戦闘機も出てきたくらいだしな。

    零戦の価値は“画期的な航続距離と重武装を持った、陸上戦闘機を上回る強さを備えた艦上戦闘機”という常識破りな点にある。あくまで「登場時では」かもしれないが、その時点では世界の水準を大きく超えていたのは間違いない。
    [ 2014/03/07 01:21 ] [ 編集 ]
  115. ゼロ戦に対抗して作られたのはヘルキャットの機体そのものではなく
    ヘルキャットを用いた戦術だな。
    ゼロ戦は当時のベテランパイロットには国内外に関わらず
    好評価な気がする。思った通りに動いてくれるとかなんとか。
    過大評価と言われることもあるが、なにを観点として
    評価するか次第だよ。
    [ 2014/03/07 01:24 ] [ 編集 ]
  116. 昔ゼロ戦の計器だって言って
    爆撃機の羅針盤騙されて買ったな
    アメリカ人は悪い奴多いw
    [ 2014/03/07 01:28 ] [ 編集 ]
  117. *89
    F6Fが零戦より優っていたということに異論はない。
    アメさん公表の嘘っぱちキルレシオはさておきあれは素晴らしい兵器だわ。
    だけどF4Fが零戦より優れていたという根拠は何?w
    サッチウェーブや低高度完全限定のFM-2を持ち出してくる人が多いけどアメリカの公表戦果やカタログ値が根拠ならはっきりいってアホだよあんた。
    [ 2014/03/07 01:32 ] [ 編集 ]
  118. トロい飛行機だな
    [ 2014/03/07 01:33 ] [ 編集 ]
  119. ハリウッド映画だと『トラ・トラ・トラ!』では
    すでに「美しいゼロ戦」というイメージになってるが、
    それ以前の『地上より永遠に』なんかに出てくるゼロ戦は
    日本人の俺が見てもギョッとするぐらい怖かった。
    画面奥からスーッと飛んできて機銃掃射するだけなんだけどね。
    [ 2014/03/07 01:34 ] [ 編集 ]
  120. ハロン棒
    戦争初期の昭和17くらいまでがピークかな。零戦が強かったのって。
    その後はアクタン島で鹵獲されたほぼ無傷の零戦を入手され
    徹底解明されてから、零戦に対する戦い方が考案され
    F4Fですらなかなか落とせなくなっていく……。
    巴戦(ドッグファイト)をさせて貰えなくなった時点で冷戦は
    過去の遺物にされてしまった。でもやっぱり零戦は格好良い。
    米軍の戦闘機も好きだけどねw
    [ 2014/03/07 01:38 ] [ 編集 ]
  121. 零戦の装甲がグラマンのアレ並になる事はまずありえないからなあ
    低コスト化と非力なエンジンでも他国の戦闘機に勝る為に考えられた捨て身の英知なんだし
    装甲が上がればそれこそどっかの失敗戦闘機と変わらん残念性能になる
    [ 2014/03/07 01:41 ] [ 編集 ]
  122. ※18のようなバカはなんなんだろうな。
    感覚でわからないのは当たり前だっての。搭乗員でなければ実感としてわかるわけがない。
    そこを想像力で補うのが普通の人だと思うのだが、人並みから外れたバカってのは度し難いな。
    なんで当時の搭乗員の言葉を拾いにゆこうという発想がないんだろうな。まあどうせやっぱりとんでもない怠け者だから、自分の方から探しにゆくという発想がないんだろうな。
    [ 2014/03/07 01:41 ] [ 編集 ]
  123. 零戦は大戦中の大日本帝國の空の象徴だからね
    他の戦闘機以上に特別な意味合いがあるのは当然
    [ 2014/03/07 01:44 ] [ 編集 ]
  124. 中島飛行機
    栄12型(NK1C)
    空冷 複列星型14気筒 スーパーチャージャー付
    27,900cc/940馬力

    飛行機詳しく無いけど スペックだけでも胸熱です><
    [ 2014/03/07 01:50 ] [ 編集 ]
  125. 同程度の馬力の戦闘機では戦闘、航続能力能力はピカ一だったね
    その後は馬力の差がもろに出た感じであれだけど
    戦略目的をかなえる長距離戦闘機としては傑作だろ
    [ 2014/03/07 01:51 ] [ 編集 ]
  126. 当時の連合軍パイロットの証言を見ると、まったく別次元の機体として畏怖されてんだよな
    戦うことはおろか逃げる事でさえ至難という難敵
    アンフェアすぎる存在との評価

    大馬力戦闘機が出てきても警戒はされてる
    特に20mm機銃への評価は高く、零戦の機首を向けられたらすく離脱する戦術は徹底されていた
    多数の敵機に囲まれ弾薬尽きた零戦パイロットが、せめて体当たりしようと機首を向けるとみんな逃げ、そうこうしてるうちに敵の燃料が切れて離脱していって助かったそうな
    [ 2014/03/07 01:56 ] [ 編集 ]
  127. 実は飛行出来る状態の四式疾風も残っていた
    今は残骸になってるけど…
    [ 2014/03/07 02:00 ] [ 編集 ]
  128. 別に日本帝国の空の象徴たがから有名なんじゃねえよアホかw

    千馬力級戦闘機が主流だった時に、その中で圧倒的性能を見せつけ伝説クラスの実績を積み上げたから有名なんだよ

    千馬力級戦闘機なら文句無しに世界最強
    [ 2014/03/07 02:01 ] [ 編集 ]
  129.  
    アメリカの航空ショーに行ったら今でもマスタングが飛んでるんだろ
    一度見てみたいな
    [ 2014/03/07 02:05 ] [ 編集 ]
  130. 栄エンジンのカタログスペックなんて同時代の他国エンジンに比べりゃ非力なもんでしかないんだけどな

    しかし零戦のカタログスペックは、ダイブスピード以外全てトップ級という
    [ 2014/03/07 02:06 ] [ 編集 ]
  131. >>127
    あー日本なんかに寄贈したせいでな。
    [ 2014/03/07 02:12 ] [ 編集 ]
  132. ゼロ戦の、つ~か海軍の要求って航続距離だったからね~(今のUS-2より2式大艇の方が航続距離長いし)
    見た目綺麗なのは、もろいんだよ…(美しく儚いなんてとっても日本的w)
    [ 2014/03/07 02:17 ] [ 編集 ]
  133. 航続距離だけじゃねーよw
    速度と運動性も高いもの要求してるわアホ

    [ 2014/03/07 02:20 ] [ 編集 ]
  134. >>131
    本当なら四式も飛んでただろうになぁ…
    [ 2014/03/07 02:23 ] [ 編集 ]
  135. 名無し
    いい音出してるなーカッコイイ!!
    「トラトラトラ」
    [ 2014/03/07 02:24 ] [ 編集 ]
  136. ハーレーみたいな音してるな。
    本当に日本製なの?
    [ 2014/03/07 02:25 ] [ 編集 ]
  137. アメリカが管理が上手だからゼロ戦が今でも飛べるんだよな・・アメリカに渡して正解だった。
    [ 2014/03/07 02:29 ] [ 編集 ]
  138. その性能や実績は勿論だけど、ゼロファイターって名前にもなんともいえぬ神秘性を感じるだろうな。
    [ 2014/03/07 02:30 ] [ 編集 ]
  139. 三菱さん、どこにも負けない最新型のジャパニーズゼロを作ってください
    [ 2014/03/07 02:37 ] [ 編集 ]
  140.  
    まあ今と違って、新鋭機が三年経てば旧式機になるという恐ろしい時代だったしな。
    そしてレシプロ戦闘機はどんな傑作機も新鋭機もジェット戦闘機の出現で全部ゴミになり、そのジェット戦闘機も初期タイプは欠点の洗い出し作業だけでどんどん更新されていくという状態。
    零戦は本来三年程度で、英米と同水準かそれ以上の新鋭機に更新すべき機体だったのに、下手に五年も頑張っちゃったからな。

    今なんて三〇年前の新鋭機がまだ先進国の第一線機。
    [ 2014/03/07 02:53 ] [ 編集 ]
  141. おれはサンボル大好きだが
    [ 2014/03/07 02:56 ] [ 編集 ]
  142. 植民地のアジア人がもっと協力的だったら
    もっと頭がよくて戦力になったら、
    もうちょっと長引けばもしかしたら勝てた
    [ 2014/03/07 03:08 ] [ 編集 ]
  143. パヤオが全力で見入りそうな映像…w
    [ 2014/03/07 03:09 ] [ 編集 ]
  144. 最近プラモで零戦とコルセアを作ったが、機体の大きさとごつさがまるで違う。
    日本はよく戦ったと思うよ。
    日本の優れた技術者に米国並みの豊富な資源が与えられてたらなって思う。
    燃料の質も量も雲泥の差だったろうし
    [ 2014/03/07 03:18 ] [ 編集 ]
  145. この時代にレプリカとは言え、昔のプロペラの戦闘機が現存してたことに驚きだわ
    すげえ


    そしてカッコイイ
    [ 2014/03/07 03:32 ] [ 編集 ]
  146. どうして零式から次のステップを踏めなかったんだろう?
    [ 2014/03/07 04:01 ] [ 編集 ]
  147. アメリカが今の日本に日本独自の戦闘機を作らせないのは性能は基よりラプター以上の戦闘機を作り出されたら困るから、日本独自の戦闘機生産に必ずアメリカも含めろと言って来ている。
    [ 2014/03/07 04:05 ] [ 編集 ]
  148. 中国戦線でゼロを初めて見た現地からの報告は信用してもらえなかったw
    米国では日本機なんか複葉で固定脚が関の山って馬鹿にされてたからね
    [ 2014/03/07 04:35 ] [ 編集 ]
  149. >31
    ※9を再度読まれんことを
    非常に紛らわしい書き方になっているので仕方ないが
    「アメリカの国土に爆弾を落とした唯一の国の まさにその機体」は
    「アメリカの国土に爆弾を落とした」「まさにその機体」でなく
    「アメリカの国土に爆弾を落とした唯一の国の」「機体」
    という意味合いで書かれていると思われ

    「零式」小型水偵なので※9が勘違いしている可能性もあるが
    [ 2014/03/07 04:42 ] [ 編集 ]
  150. もし日本が米に対抗できる装甲とパワーを持った戦闘機を作れていたら・・・と妄想してしまう。
    いや、エンジンとか物資とかで無理だったのは判ってるんだけども。
    [ 2014/03/07 04:44 ] [ 編集 ]
  151. ゼロを大切にしてくれてありがとう
    [ 2014/03/07 04:44 ] [ 編集 ]
  152. 二二甲こそが至高。異論は認めない。
    [ 2014/03/07 05:01 ] [ 編集 ]
  153. >>145
    レプリカじゃないから記事になるんでしょうに。
    この場合はレストアとでも言うべきですよ。
    [ 2014/03/07 05:21 ] [ 編集 ]
  154. >>146
    零戦は終戦の年までマイナーチェンジを繰り返してたそうだけど、一応、零戦の次の艦上戦闘機として「烈風」というものも作ったんだそうだ。試作機製作を決定したのが昭和17年だとか。最初にできた試作機は要求水準には程遠かったそうなのだが、エンジンを変えたりなんだりして最終的には最高速度600km/h以上が出せる当時の最高水準の戦闘機が完成したらしいが時既に遅し。試作機のみ8機を製造しただけとか。宮崎が好きな堀越二郎の設計。もちろん零戦もだけど。

    たぶん艦上戦闘機や艦上爆撃機ってのは、何かと制約があって局地戦闘機よりも作るのが難しいせいだと思う。
    [ 2014/03/07 05:25 ] [ 編集 ]
  155. 堀越二郎
    -----------------------------------------------------
    零戦の防弾性能について堀越は、戦闘機には優先順位があり、防弾がなかったのは当然とし[2]、後の零戦に対する防弾装備は、未熟者が増えたせいで不相応なものだったと回想する[3]。
    -----------------------------------------------------
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E8%B6%8A%E4%BA%8C%E9%83%8E

    この考え方のせいで開戦時にいた熟練パイロットがどんどん死んだ。それで新米の未熟なパイロットがどんどん増えていった。
    零戦を徹底的に研究して作ったヘルキャットは速度を犠牲にしてでも防弾装備をした。

    宮崎駿ってのは、物事の上っ面ばかり眺めてきたんだと思う。松任谷由実の歌が好きらしいが、あれの歌詞も上っ面ばかりのものだ。まあ、幸せ物だってことなんだろうけど。腹が立ってしょうがない。俺が不幸だからか?w
    [ 2014/03/07 05:43 ] [ 編集 ]
  156.  
    アメリカでは当時零戦の事を通称「ZEEK/ジーク」と呼んでたと聞いた事があるけど
    一般的には「ゼロ」って呼んでたの?「ゼロファイター?」

    [ 2014/03/07 06:02 ] [ 編集 ]
  157. 暗号名がジークだったらしいけど、みんなゼロファイターって呼んでたらしい。ゼロかミートボールってのもあったんだろうけど。
    [ 2014/03/07 06:10 ] [ 編集 ]
  158. 意外だなぁ
    海外で美しい戦闘機ってスピットかP-51って答えが返ってくるのが定番だったのにさ

    俺は断然日本の空冷機だと思ってるけど
    (エンジン馬力が小さいから空力設計が発達してそれが美しさに繋がってる)
    [ 2014/03/07 06:12 ] [ 編集 ]
  159. ※156
    通称でなく軍のコードネームがZeke。
    零式という名前の飛行機は他にもあるし混乱しない為にも分かり易い名前を使っていた。
    零戦は有名すぎてコードネームが使われない事が多かった模様。
    別の機種までゼロと報告したパイロットもいた。

    ちなみに冷戦時代にソ連機を命名したNATOコードというのもある。
    [ 2014/03/07 06:26 ] [ 編集 ]
  160. ※147
    「本気出せば米国を超えられる!」ってのは
    トンスル人もよく言うな
    これって米国過小評価、自国過大評価以外の何物でも無いよね
    根拠を問うと、F-2の技術がF-22やF-35に~という散々否定されたデマを挙げるんだよなw

    恥ずかしいだけだから妄想も大概にしとけよ
    [ 2014/03/07 06:31 ] [ 編集 ]
  161. 先人達に脱帽
    クールジャパンだとか何とか言って、何かともてはやされているようだけど、先人達の偉業のおかげ、と私は思っている。本当にありがたいことだ。だからこそ 慰安婦だ大虐殺だと先人達を貶め続けることに赦しがたい怒りを感じるのだ。
    [ 2014/03/07 06:41 ] [ 編集 ]
  162. もの作りでアメリカの技術を遥かに凌駕してるよ

    アメリカが日本より勝ってるのは金融と長期的戦略だけ

    逆にトンスル人が何かの技術でアメリカに勝ってることあるん?


    [ 2014/03/07 06:51 ] [ 編集 ]
  163. ※147
    確かに潜在能力はあるし、一部の技術は優秀だけど日本は技術者の数も少ない、設備も不足しているで2周、3周の周回遅れです。

    宇宙開発だって中国に負けている。(文科省やJAXAの公開情報見てください)
    一部の人のがんばりや世界でもトップクラスの実績しか宣伝されていないけど総合的には負けています。

    航空宇宙産業と言いますが、全体としてみるとなかなか厳しいのが実情です。
    本気だそうにも予算がないとスタートラインにも立てない世界なのです。
    [ 2014/03/07 06:54 ] [ 編集 ]
  164. 自分の不幸を他に投影すること程愚かな事はないよ?
    ↓下の方の人

    それで何も見えなくなるから、全てに判断力がなくなる。
    自分の不幸と、そこにある状況は分けて考えよう。
    不幸な奴からのアドバイスだw
    まあ貴方は気づいてるだけずっとまともだけどね。

    しかし零戦はネーミングもよかったね。
    機体にしょったシンプルな日の丸も。
    [ 2014/03/07 07:05 ] [ 編集 ]
  165. ↓この人いつも「日本は他国より技術で劣ってる」て吹聴してがんばる人だね

    新幹線やらハイブリッド車やら光学関係やらで日本以上のもの作れる国あんの?

    宇宙開発で小惑星に着陸しサンプル採取した国が他にあるんですか?

    海外在住が長かったが、技術が生活に生かされて快適に暮らせるのは日本だった。電車が秒単位で狂わず来るし新幹線は早いし。

    宇宙開発とかは国の強権で予算つぎ込める体制にないから有人飛行は無理なんで、工学ロボットによる惑星探査に的絞っただけで、すでにその分野では突出してるし

    [ 2014/03/07 07:12 ] [ 編集 ]
  166. cfs2の零戦で米軍機と戦うときは胴体を撃ってもなかなか落ちないから弾節約のために翼端を狙ってた思い出。
    [ 2014/03/07 07:16 ] [ 編集 ]
  167. 登場時の実績や逸話とか伝説的な機体なのは確かだけど
    ネームバリューから過大評価されてる感は否めんなw
    [ 2014/03/07 07:29 ] [ 編集 ]
  168. 本気出せずに負けた
    本気出せば勝てた
    本気が出ない
    本気は我国起源
    本気で糞喰い
    本気奴隷民族
    [ 2014/03/07 07:33 ] [ 編集 ]
  169. 米51
    まぁ、ナメられたまんま敗戦処理に移ったら戦後日本の扱いは東京リンチ裁判どころじゃ済まなかっただろうから「追い詰めたら高くつく」事を相手に知らせねばならんかったし、ビギナー戦闘機乗りを何の策もなく戦場に出すよりは戦果が出せた事は分かるので、それなりの必要性に迫られて出てきた作戦を愚策呼ばわりはどうかと思うけれども、志願しない兵に対して「志願させられる」様な空気を作って追い詰める手合いはダメだし、そもそも特攻隊が必要となる状況に追い込まれるってのは二度とあってはならんとは思う。
    [ 2014/03/07 07:49 ] [ 編集 ]
  170. 有難う 世界のマニア君 ゼロを褒めてくれて本当にうれしい。
    [ 2014/03/07 07:55 ] [ 編集 ]
  171. ゼロ戦という機体に驚く以前に、当時米国では日本人を「チビの黄色い猿」といったプロパガンダが流されていて、そうした「劣等民族がまともな飛行機など作れるはずがない」という認識とのギャップに、まず驚いたんじゃないかな。

    フィリピンに居たマッカーサーが、日本機が初めて飛んできた時に、「日本人に操縦できるわけがない。あれはドイツ人を雇って飛ばしてるんだ」と信じて疑わなかったとか。(容赦なき戦争/ジョン・ダワー/平凡社)
    [ 2014/03/07 07:56 ] [ 編集 ]
  172. ※8
    当時は貴重でもなんでもないと思うが……。
    あと、国の為になると信じて自分の命を使った人も居るんだから、愚策とか一方的な言い方は避けるべき。
    それに戦略的意義が無かったって根拠も、有る訳じゃないだろう。
    [ 2014/03/07 08:00 ] [ 編集 ]
  173. 戦前の日本はすべて悪とでもいうような印象を植え付けられてきた
    しかし、70年も前にこれを量産できたことは誇ってもいい
    んではないかと思う
    間違いなく指折りの国だったんだと言っていいでしょう
    [ 2014/03/07 08:25 ] [ 編集 ]
  174. .
    風たちぬの口でつけたエンジン音ってすげぇんだな。
    [ 2014/03/07 08:34 ] [ 編集 ]
  175. ※155
    一応擁護しておけば、零戦はその目的に忠実に作られているんだよ。
    護衛がない爆撃機や雷撃機は簡単に敵に喰われるのが経験上分かっているから、足の長い攻撃機を最後までエスコートできる戦闘機が絶対必要だった。なおかつ向かった先で待ち構えている敵戦闘機より強い機体が。戦闘機がいくら頑丈でも足が短くて攻撃機についていけないのでは意味がないからね。優先順位が航続距離>強さ>防御力になったのはある意味当然の事ではあった。

    零戦が不運なのは、本来は稼働している空母の所要数だけ作れば良いような「艦上機」という特殊用途な機種が、なまじ強かったから万能機扱いされた事。
    [ 2014/03/07 08:35 ] [ 編集 ]
  176. ※164
    不幸がどうなんてほざいてっるのは俺だけのようだから、俺のことかな?w

    まあ、俺も零戦のカタチと塗装、それにこの動画で聞いたエンジン音は素晴らしいと思う。

    しかし、戦闘機としては欠陥品というか、なんかもうね、この世に存在してはならないモノだったと思う。設計思想が人命軽視というよりも人命無視だ。紀元節2600年の下二桁が0だから零式戦闘機ってのじゃなくて、防御力がゼロだから零戦だって方が正しいとさえ思う。過去にこんな戦闘機が作られたことを誇ってちゃいけないと思うよ。
    [ 2014/03/07 08:49 ] [ 編集 ]
  177. グッドくるものがあるな
    直に見たら泣いてしまうかもしれん
    ゼロ戦のエンジン音はなぜだかホッとするw
    [ 2014/03/07 08:58 ] [ 編集 ]
  178. ものの見方しだいだねえ
    過去のことを神の視点で断罪することは容易いから

    資源のない国がさらに資源を絶たれて戦争に自活の道を求めた
    ガチガチの装甲の戦闘機を作ってたらどうなってたか・・・
    [ 2014/03/07 09:00 ] [ 編集 ]
  179. 飛んでるのを実際日本で見てみたいな
    でもきっとアホな左翼共が騒いで実現しないんだろうな

    三菱重工が復元してるって聞くだけでアホ左翼はクレームしまくるんだろうな

    軍国化だ!諸外国を刺激するな!・・・なんだよなぁ・・・
    [ 2014/03/07 09:00 ] [ 編集 ]
  180.  
    質はあるけれど、量がないのが日本の弱みか
    質に頼り切らなくていいように、策を練っておくべきだね
    悲しい犠牲を払った教訓を今後に生かすべきだと思う
    [ 2014/03/07 09:09 ] [ 編集 ]
  181. 「当たらなければどうということはない」
    ていうシャアみたいな設計コンセプトだもんな
    [ 2014/03/07 09:12 ] [ 編集 ]
  182. こういうスレに必ずと言っていい程涌く数で負けたから低性能、戦争に負けたから低性能って喚く奴

    兵器単体の性能を比較してるのに何故か燃料の質が悪かった末期にパイロットの質が低かったと国力の話にすり替えるんだよね
    [ 2014/03/07 09:16 ] [ 編集 ]
  183. 映像として優れている。零戦がもっとも美しく撮れている。
    やっぱり欧米の奴らは三次元の立体を捕らえるのが天才的だ(二次元は日本人に勝る奴はいない)。
    四式疾風とフォッケウルフが最高と思ってきたけど零戦も見直してみよう。
    [ 2014/03/07 09:17 ] [ 編集 ]
  184. エンジンの音と言うよりは推力式排気管の音じゃなかろうか
    [ 2014/03/07 09:18 ] [ 編集 ]
  185. ゼロもいいけどやっぱりフッケバインが№1!
    [ 2014/03/07 09:18 ] [ 編集 ]
  186. ※175
    「艦爆を守る」という目的のためなら艦攻の防弾装備は無くてもいいの? つーか、無くていいって考えたから当時の海軍と堀越は、そういうモノを作ったわけだけどね。いまだにそれで良かったなんて考える人がいるとは思えないんだが。今の時代の話をしてるんじゃない。たとえ当時でもだ。良いわけがないんだ。そんな自国民の人命軽視どころか人命無視して戦ってりゃ負けるに決まってる。っても、もともと負けることが分かっていながら宣戦布告したわけだけども。

    ※178
    >資源のない国がさらに資源を絶たれて戦争に自活の道を求めた

    表向きはね。負けると分かっていながら開戦したけど、軍令部長も参謀総長も、それなりに戦って何とかしようと思っていたのは間違いないだろう。でも、更にその上にいた輩、天皇と軍令部長の間にいた輩はどう考えていたのか。

    ↓こういう意見もあったりする。
    ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371110408/44

    (実は俺の書き込みなんだけどw)
    [ 2014/03/07 09:20 ] [ 編集 ]
  187. 忍者キャラだよな
    スピード勝負で紙装甲
    開発者泣かせのパイロット泣かせ
    操縦してた人達はホント凄いよ
    [ 2014/03/07 09:23 ] [ 編集 ]
  188. >これは欲しいねぇ
    大英博物館を持ってるイギリスが言うと冗談に聞こえないから困る
    [ 2014/03/07 09:27 ] [ 編集 ]
  189. 「装甲が薄い」という一点だけを挙げて人命無視の欠陥機呼ばわりとは、他の性能から目を背けたいのか余程の節穴か。

    装甲を厚くするには他のいずれかの性能を犠牲にしなければならない。
    が、「航続距離」を犠牲にするならそもそもの目的を果たせない。「最高速度」を求める意味でも翼を大きくすると「運動性」が落ちる。損傷ではなく確実に撃墜するための「重武装」も外せない。
    エンジン性能に制約が有る中でこれら諸条件を満たすためには装甲を犠牲にせざるを得なかったのは事実だが、その甲斐有って他を圧倒する戦果を挙げた。

    装甲ガーとかほざくピザデブは、仲間を見殺しにして帰るか来たところで相手にされないか愚図でいじめられるか相手に追い付けない鈍足かのいずれかなんだろう。
    結局人命軽視じゃん。
    [ 2014/03/07 09:30 ] [ 編集 ]
  190. 飛んだ後の挙動を見ても、恐るべき軽さと速度、運動性能の良さがわかる。
    まあそれだけに紙装甲だったんだろうな、とは思うが・・・
    [ 2014/03/07 09:33 ] [ 編集 ]
  191. ※189
    一回や二回撃墜されても生き延びて経験値を積ませるために装甲は必要でしょうが?
    物資の調達は戦闘に勝てば占領地からできるけどパイロットの訓練にどれくらいの時間が必要かっていう簡単な計算が出来なかったのが制空権取られた理由じゃんか。
    [ 2014/03/07 09:42 ] [ 編集 ]
  192. ※189
    どんなに切れ味鋭い刀を作っても、それなりの腕がある人が使わなきゃ意味がない。熟練パイロットを消耗品としか見なかった海軍と堀越は間違っていたよ。

    「仲間を見殺しにできない」、「仲間を見殺しにしない」なるほど、一見美しいわな。しかし、防御力をゼロにしたら、絶対に助けられるのか?航続力は無限に伸びるのか?ふざけるのも大概にしとけ。仲間を見殺しに出来ないからって助けに行って、助けに行った輩まで死んでたらどうなる。上っ面が美しければいいのか。ったく。
    [ 2014/03/07 09:49 ] [ 編集 ]
  193. 当時軍属だったとしても何も出来なかっただろうに
    見苦しいからいい加減にしとけ
    [ 2014/03/07 09:54 ] [ 編集 ]
  194. ※193
    見苦しいのは反論できないかえらってそんなことをほざいてるお前だ。ったく。

    っても、書込み禁止にでもされたらかなわないからこれくらいにしておくか。このブログは反応系の中でも好きな方なんだ。
    [ 2014/03/07 10:00 ] [ 編集 ]
  195. 52型は動画とかで見かけるけど、21型がみたいなぁ~
    [ 2014/03/07 10:06 ] [ 編集 ]
  196. 「上っ面が正しい」だけの極論言ってる馬鹿が居るが、じゃあ逆に装甲厚くすれば絶対助かるとでも思ってるのか?それこそおふざけだ。

    仲間を援護したからといって絶対助けれるわけではもちろんないが、少なくともそこにいない役立たずが助けられる確率は当然ゼロだ。

    「一回や二回撃墜されても生き延びて」?
    どこで戦争やってたか分かってんの?地図ぐらい見ろよ。
    [ 2014/03/07 10:07 ] [ 編集 ]
  197. せめてパイロットの背後を守る装甲板(13mmで約50kg程度)が
    あれば不意の一撃を免れヒヨッコは経験を積みしいてはベテランパイロットの損耗を少しでも防げただろうな
    [ 2014/03/07 10:12 ] [ 編集 ]
  198. 戦闘機マニアとか普段ご縁がないから新鮮だな

    確か日本製のジェット機が今作られてるよね
    楽しみだわ
    [ 2014/03/07 10:17 ] [ 編集 ]
  199. 以前、イギリスのパイロットが復元したスピットに乗って、操縦性がカミソリのような機体だと感想を言ってたが、重いスピットさえカミソリなら零戦、ましてやそれ以上の切れ味だった96戦なんか、なんて表現になるのだろうか?
    [ 2014/03/07 10:17 ] [ 編集 ]
  200. > もしこの宝が事故で失われたら、悲劇に他ならないから。
    > 博物館の中で静かに飾っておいて欲しい

    飛ばない飛行機なんてただの鉄の塊だろ
    [ 2014/03/07 10:24 ] [ 編集 ]
  201. どんなに装甲があっても、護衛、迎撃が出来なければ意味がない。貴重な資源を消耗品としか見なかったらもっとろくな結果にならない。
    というのが当時の軍の考えだろ。

    そもそも長期戦を想定して無かったんだから未熟なパイロットが操縦するようになるのも想定外だしな。

    装甲ガーの妄想するIFを実際してたら海軍速攻敗北で終戦は1~2年早まっただろう。それがいいのか悪いのかは知らん。
    [ 2014/03/07 10:27 ] [ 編集 ]
  202. 怒らせると何するかわからない
    本気出せばアメリカをも超える
    これは日本人が言ってるよりもむしろ外国人に多い考えだ
    実態を知らないから余計に
    まあ、評価してくれるのはありがたいが過大評価で無駄に恐れられたり危険視されるのもなんだかなあという気はする
    [ 2014/03/07 10:30 ] [ 編集 ]
  203. 青空に舞うゼロ戦、日の丸。ありがとう、ありがとう。
    [ 2014/03/07 10:35 ] [ 編集 ]
  204. 名無しさん
    日本でもゼロ戦をレプリカでもいいから復活させてみればいいのに
    さすがにエンジンは現代製品でいいけどさ
    良い客寄せになると思うが
    [ 2014/03/07 10:36 ] [ 編集 ]
  205. 相変わらずチョンが沸いてたりものを知らん奴がドヤ顔で知ったかしてたりワロエルのぅ^^
    そもそも零戦がどういう飛行機なのかもよく分かってない奴大杉。
    正式名称は「零式艦上戦闘機」つまり航空母艦に載せる艦載機なんだぞ?その運用方法を考えれば航続距離が長いことが最優先になるのは当たり前。
    詳しくは>>175氏の解説通りなのでそちらに譲るが、>>176のような奴こそしっかり読め、そして調べろ、ってこった。余計な恥かくだけだze?^^
    それと特攻が云々て話もな、当の隊員は最上の策ではないし、大きく戦局が変わるわけでもないことは承知の上で出撃してるっつの。
    殊更特攻を賛美するわけでもねえが、出撃して散っていった隊員の方々を、その精神を貶める必要もねえわけだ。
    何しろ俺らは「その方々の犠牲の上に生きてる」わけで、勝手に生まれて勝手に生きてるわけじゃねえのよ。

    ま、1500年奴隷の歴史しかない、文化も文明もない人間以下のやつにゃ56億7千万年経っても理解出来ねえだろうがのぅ^^
    [ 2014/03/07 10:42 ] [ 編集 ]
  206. 空冷エンジンって事以外に何であんなに独特な音なんだろう。日本の飛行機って基本繊細な形状しているから好きだわ。隼とかも信じられないくらい綺麗な形だし。
    それはそうとして装甲ねぇ。別に軽視していないでしょ。設計時の機銃のスタンダードは7.7ミリだし、これで何とかしてくれって事もあっただろう。性能を求めるために犠牲にしたのも事実。あれもこれも出来れば夢の戦闘機だけど、現実はそうはいかないんだから。ただ、優先順序に防御の思想が低いのは設計者が乗らないから出来る事かもしれない。ぜひ今後は設計者がそれに乗って戦場に行ってもいい機体にしてもらいたいね。
    [ 2014/03/07 10:42 ] [ 編集 ]
  207. 吉村昭の「零式戦闘機」はぜひ読んでほしい
    ゼロのすごさが本当によくわかる
    [ 2014/03/07 10:46 ] [ 編集 ]
  208. ※207
    ゼロ戦って零式戦闘機っていうんだ
    それすら初めて知ったわ
    まったく興味なかったし
    ちょっと読んでみるよ
    ありがとう
    [ 2014/03/07 10:54 ] [ 編集 ]
  209. 大戦末期以外は、ゼロ戦の性能だけでなく、その熟練のパイロットが数多くいたことが、さらにゼロ戦の性能を際立たせたことがあるよ。
    日本は貴重な人材を多く失い、代わりにクズの売国人とブサよとカス在日が増えてしまったという。
    なんとも悔しいことだよ。

    [ 2014/03/07 10:55 ] [ 編集 ]
  210.      
    対空砲って当たるのかなって思ってたけど
    なるほどこれは当たらないこともないですわ
    [ 2014/03/07 10:55 ] [ 編集 ]
  211. ななし
    〝ゼロ〟って名前が、素敵すぎる。
    [ 2014/03/07 10:57 ] [ 編集 ]
  212. 当時の財政や資源の状況から完全に妥協の産物なんだが
    その状態で究極の性能を引き出す設計技術と職人の技がすごい
    マスプロダクトのアメリカと好対照を為すまさに日本の魂
    両者が相容れなかったのは歴史の必然なのかも知れないね
    [ 2014/03/07 11:01 ] [ 編集 ]
  213. 塗装がやっつけで残念
    当時を再現するとああなのか?まさかな
    [ 2014/03/07 11:11 ] [ 編集 ]
  214. 挑発されてるから出てきてやるか。

    ヘルキャットも艦載機だけどな。

    あら、これだけで詰んじゃったわw
    [ 2014/03/07 11:24 ] [ 編集 ]
  215. 昔NHKドキュメントで
    太平洋戦争の生き残り米退役軍人達が
    「実はゼロは我々が開発したんだ、汚いジャップが設計図盗んだのさ。
     軍上層部じゃ常識さ。実際戦った俺達が逝って居る事なんだから間違い無い」
    [ 2014/03/07 11:36 ] [ 編集 ]
  216. >>205
    >航続距離が長いことが最優先になるのは当たり前

    ヘルキャットは航続距離を減らしてでも防弾装備をしたわけだが、ヘルキャットがその「当たり前」の設計ではなかったってほざくのか?特殊だったってほざくのか。

    そもそも、どうしてお前が「当たり前」なんてほざけるんだよ。お前がなに知ってんだよ。ドヤ顔でほざいてんのはお前だろうが。ったく。
    [ 2014/03/07 11:48 ] [ 編集 ]
  217. 当時の零戦パイロット曰く皆揃って操縦しやすかったと語っている。
    何でも思いのままだとも。良い飛行機であったのは間違いない。
    何よりも1000馬力の発動機でしかも海軍の要求を満たしているのが凄いんだよね。

    しかしなかなか後継機が出来なかったことは痛いし、熟練パイロットを擦り減らすような戦いも痛かった。この辺りは国力や戦術の話しになる。

    機体性能はF6Fに劣っていると思う。運用が違うとは言え総合性能はF6F の方が上だ。
    [ 2014/03/07 11:56 ] [ 編集 ]
  218. 両翼の折り畳みを行うためのハンドルや操縦席に乗り込むためのステップまで格納式で、外から見ただけではわからない仕掛けになってる。
    あぁ日本の職人マジすげぇーっ!ってなる。

    今の日本車とかデザイナーや技術者はアイデアがあったとしても、コストカット優先で採用されないんだろうなぁ。こだわりの無いつらない整品ばかりで残念。
    [ 2014/03/07 12:03 ] [ 編集 ]
  219. この機体でご先祖様が決死の覚悟で飛び立っていったのかと思うと涙がとまらないよ
    [ 2014/03/07 12:11 ] [ 編集 ]
  220. セルモーターがないのが少し悲しい



    [ 2014/03/07 12:15 ] [ 編集 ]
  221. 日本はグラウンド・ゼロって爆撃機作ってワシントン辺りに核兵器落とそうぜ!
    [ 2014/03/07 12:22 ] [ 編集 ]
  222. 紫電とか疾風とか震電も飛ぶところ見てみたいなあ。残ってるんだろうか?
    [ 2014/03/07 12:43 ] [ 編集 ]
  223. 機体は良かった。
    エンジンと燃料と人的資源がどうしようもなくダメだった。
    空母の損失を隠すために鬼のように強い熟練搭乗員を陸戦に使うとか愚策にも程が有る。
    水冷エンジンだって芙蓉部隊みたいに整備士の教育にもっと力を入れてれば稼働率をもう少し上げられただろ。
    [ 2014/03/07 12:49 ] [ 編集 ]
  224. >>215
    アメリカンジョークなんだろな
     文句つけたら日本人はジョークが通じない連中だから、て言われる
     のがオチなんだろ、
     プンプンでござる。
    [ 2014/03/07 13:22 ] [ 編集 ]
  225. ただ合掌あるのみ。オリジナルのゼロ戦であるなら尚更、あの機体に乗った方の思いは計り知れないし、それを美化するのは可笑しな話だ。美化はしない。戦争の道具だから。あの機体に乗ったどれだけの人があの愚策を受け入れ出撃したか。あの機体と供に亡くなったか。ただ言えることはゼロ戦の創設者である方は、戦争のためというより「飛行機の美」の追求だけだったと訊く。きっとそれだけを求めた結果、当初は敵国から酷く恐れられた存在になり今はその敵国だった方々に美しいと言われる由縁なんだろうな。感慨深いものがある…。
    [ 2014/03/07 13:25 ] [ 編集 ]
  226. >パイロットにとって史上最高と言える戦闘機

    ただし
    「当たらなければどうという事はない」
    と素面で言える人に限る?
    [ 2014/03/07 13:31 ] [ 編集 ]
  227. エンジン性能が低く、パイロットの命を守らない零戰が好まれる理由は、まさにその弱点の為だろう。機体から突き出た涙滴型の操縦席は背後から撃たれると一堪りもないが、逸早く敵を発見し優位な位置を占めるためのものだったし、装甲を犠牲にしても20mm機関砲を搭載しているのは敵の大型攻撃機を粉砕する為のもの。また使い捨ての増槽まで見事に磨き上げた木工技術は「この剣に宿っても大和を守り続ける」と言い残した日本武尊への敬意でもある訳だ。祖国に仇なす敵に対し、我が身を捨てて戦うのがゼロ戦のまこと。敢えて不平も残さずに大空に散った英霊たちに深甚の尊崇と感謝を。
    [ 2014/03/07 13:34 ] [ 編集 ]
  228. おうおう、またにわかの阿呆が沸いておるのぅ^^
    処でその阿呆は「装甲を厚くすれば絶対に仲間を助けられる、見殺しにはしない」とでも思ってるのか?ったく。
    ほかの奴の「装甲を厚くすれば1回2回落されても大丈夫なのか?」って聞いてるのにも答えようともしやがらねえ。ったく。
    凄ぇよな、装甲さえ厚ければ「海の上の戦闘で落されても大丈夫」って思ってるんだze?^^「艦上戦闘機」がどこで戦うかも理解出来てないにわか丸出しで大笑いだ、ったく^^
    馬鹿は馬鹿であるが故に恥をかいてるのにも気づかないんだな、ったく^^
    [ 2014/03/07 13:43 ] [ 編集 ]
  229. 動体保存されているのが素晴らしい
    [ 2014/03/07 13:50 ] [ 編集 ]
  230. ゼロは航続距離のために装甲を軽視して人命軽視って言うけどさ。
    じゃあ爆撃機などの攻撃機を護衛無しの裸で行かせるのは人命軽視じゃないのか?
    人命とは戦闘機乗りだけで攻撃機乗りは人命ではないのか。
    あの時点の日本海軍ではゼロの機体は理にかなった設計なんだよ。
    [ 2014/03/07 13:51 ] [ 編集 ]
  231. 最も美しい戦闘機だが、性能に関してはいくらなんでも過大評価すぎる
    初期で高性能でも、ゼロだけで戦い抜けるわけじゃない
    [ 2014/03/07 13:58 ] [ 編集 ]
  232. かつての敵がこうまでベタ誉めなんがね、もう突き抜けちゃってるね

    ほんと涙でそうな映像。

    日本は自分たちの原点のもの作り魂を忘れてはいかん。

    [ 2014/03/07 14:11 ] [ 編集 ]
  233. 性能的にもパイロットの練度的にも劣ってたわけじゃない
    装甲だの何だのって問題でもない
    当時の米軍はゼロとは1on1で絶対に戦うなと命令していたくらいだからな
    1on1で勝てなきゃ2機3機、それでも勝てなきゃそれ以上
    確実にフルボッコできるまで機体を投入した
    それができたのが米軍で、できなかったのが旧日本軍
    結局なんだかんだ言っても「数」で負けたんだよ
    [ 2014/03/07 14:18 ] [ 編集 ]
  234. いちゃもんつけてる人は、こんな戦闘機を、
    いきなりアジアの極東の島国の黄色い猿だと侮りまくってた奴が、
    こんな戦闘機造って戦いを挑んできたって衝撃を想像した方がいいよ。
    それくらい見くびられてたし、馬鹿にされてた。
    日本はWW2で負けたけど、そんな一つ一つの事柄が
    「有色人種、侮るなかれ」に繋がっていったんだよ。
    きちんと誇りに思うべきだよ。
    [ 2014/03/07 14:25 ] [ 編集 ]
  235. >>228
    じゃ、もう一度言ってやるな。


    >>205
    >航続距離が長いことが最優先になるのは当たり前

    ヘルキャットは航続距離を減らしてでも防弾装備をしたわけだが、ヘルキャットがその「当たり前」の設計ではなかったってほざくのか?特殊だったってほざくのか。

    そもそも、どうしてお前が「当たり前」なんてほざけるんだよ。お前がなに知ってんだよ。ドヤ顔でほざいてんのはお前だろうが。ったく。
    [ 2014/03/07 14:34 ] [ 編集 ]
  236. ゼロには魂が込められているからな。
    万物に神が宿る国だからこそ、戦闘機にも言葉では説明出来ない美しさがあるんだ。
    [ 2014/03/07 14:47 ] [ 編集 ]
  237. ※2
    工芸品でも芸術品でも兵器としてはダメだろ、というかお前のボキャブラリーがダメだろ。
    それを言うなら工業品だと思うが。
    [ 2014/03/07 14:47 ] [ 編集 ]
  238. >シンガポールでの攻防戦で、すでに時代遅れだった英空軍のバッファローは
    バッファローは余計な装備の無いタイプを
    腕の良いパイロットが操縦すれば圧倒的に強いよ
    ド下手なソ連空軍が相手なら

    それとマレー・シンガポール攻略の時は陸軍機主体なので
    零戦は余り参加していない
    大量の九七戦と一握りの一式戦がマレー・シンガポール上空の制空権を掌握した
    [ 2014/03/07 14:50 ] [ 編集 ]
  239. グラマンと零戦ってまったくの正反対だからね
    日本人は引き算をするけどアメリカ人は足し算で設計するからなぁ
    [ 2014/03/07 14:57 ] [ 編集 ]
  240. シンプルな機体だよね。それがカッコ良いわ。機銃掃射の飛行機の音が良く「ばりばりばり」と言う表現をしてるけど、そんな音が出てたよね。ドップラー効果音で行くのと来る音が違うが、音が良いってのも分かるよ。
    [ 2014/03/07 15:00 ] [ 編集 ]
  241. 欧米ではWWII時代の日本とドイツの機体は敵役として人気が高かった。
    イタリアのは………
    [ 2014/03/07 15:04 ] [ 編集 ]
  242.  
    本物の音が聞けるなんて思ってもみなかった。感激
    [ 2014/03/07 15:13 ] [ 編集 ]
  243. 一応F2はアメリカの連中に
    現代のゼロ戦だ!っていわれた事がある。
    [ 2014/03/07 15:13 ] [ 編集 ]
  244. 色んな思いがこみ上げた。
    美しくて、悲しい。
    零戦が素晴らしい戦闘機なのは間違いないないんだろうが、本当に素晴らしいのはそれを操縦していた人達だ。
    英霊に感謝と哀悼を捧げます。
    [ 2014/03/07 15:18 ] [ 編集 ]
  245. まあ零戦は海外の販促で「こいつ一機でこんだけゼロを圧倒できる」って使われ方もしたぐらい有名らしいしな
    ただあの異常な航続距離は人間が扱うには無理があるだろ
    [ 2014/03/07 16:01 ] [ 編集 ]
  246. 零は今でも中東の方で人気だな
    っていうか日本帝国軍自体が欧米から自由を勝ち取った象徴みたいに扱われてる

    だから米、韓が結託してあること無いことでっち上げるのに必死な訳
    [ 2014/03/07 16:15 ] [ 編集 ]
  247. 半分以上?
    3分の2くらいは中島じゃなかったか?
    [ 2014/03/07 16:15 ] [ 編集 ]
  248. ※239
    発動機さえまともならそんな設計しねえよ
    日本と米の差はいろいろあるが
    エンジン技術の差はそれほどデカい
    そしてその米でさえ
    R・Rマーリンみたいなエンジンはついぞ作れなかった
    そもそも日本にはろくな液冷がねえ
    [ 2014/03/07 16:19 ] [ 編集 ]
  249. ※234
    本当に侮ってたら何回も軍縮条約結んだりしねえよ
    [ 2014/03/07 16:21 ] [ 編集 ]
  250. にわかのホルホルほど気持ち悪いもんはねえな
    [ 2014/03/07 16:21 ] [ 編集 ]
  251. そもそも戦闘機が戦闘機と闘うことが役目だと思ってるだろお前ら
    [ 2014/03/07 16:24 ] [ 編集 ]
  252. ※198
    いちゃもんつける気はない
    わけでもないが…
    どれの事言ってるかさっぱりわからんし
    軍用国産ジェットなんてなんぼでもあるし大昔から飛んでる
    民生機ならMRJみたなのは先例がないが
    [ 2014/03/07 16:26 ] [ 編集 ]
  253. パイロットを護る気なしの薄い装甲のせいで、命の危険にさらされる反面、加速がよく飛行距離がのびる。まあそれもヘルキャットが出るまでの天下だがね。
    [ 2014/03/07 16:32 ] [ 編集 ]
  254. あれか、日本人でドイツ戦車が好きみたいに海外でも零戦が好きな人がいるのか
    [ 2014/03/07 16:57 ] [ 編集 ]
  255.  
    長年アジアから搾取して肥え太った欧米にロクな資源も無く80年で追いついてこれだけの物を作れただけでも奇跡だろ
    [ 2014/03/07 17:00 ] [ 編集 ]
  256. 零戦みたいなもんでいいなら
    鋼管羽布貼りでいーじゃんと思う
    ハリケーンが古くさいってバカにする奴いるけどさ
    防御力の無い超々ジェラルミンに何の意味が有るの?
    表面ボッコボコで平滑さもないし
    少なくとも資源の節約にはなるよね
    生産性は知らんが
    [ 2014/03/07 17:04 ] [ 編集 ]
  257. ※255
    それは同意、ロケット機もジェット機も
    なんとか自力で作ったしね、糞だけど。
    だけど異常に礼賛してるやつはきもい
    [ 2014/03/07 17:06 ] [ 編集 ]
  258. たしかに零戦は美しい機体だ。
    俺は二一型の白いのが好き。
    [ 2014/03/07 17:07 ] [ 編集 ]
  259. 強いとか弱いとか関係なく普通に零戦が好き
    [ 2014/03/07 17:08 ] [ 編集 ]
  260. 最近のものは何でもスマートになりすぎて、昔のレトロなデザインが素晴らしいね
    [ 2014/03/07 17:30 ] [ 編集 ]
  261. >機体は一流・エンジンは二流というのは紛れもない事実。


    お前は当時の世界工業レベルを見たほうが良い。
    USAと日本だけ見る奴が多いが、世界比で見なければ一流も二流も判断不可。

    それと零戦は「艦上戦闘機」である、お前の比較してる機体ってなんぞ?
    そして他の艦上機と比較し、稼働率や航続距離や海面上昇率など汎用性は間違いなく零戦が一流である証拠。
    足の短い艦載機なんてギャグでしかないからね。
    [ 2014/03/07 17:47 ] [ 編集 ]
  262. >それは同意、ロケット機もジェット機も
    >なんとか自力で作ったしね、糞だけど。
    >だけど異常に礼賛してるやつはきもい

    紺碧の艦隊とかあれ位になると同意ではあるが、俺に言わせると無駄にUnited Nations視点で共産プロパガンダを斜め読みした程度の知識でドヤ顔で語るやつの方が遥かにキモイ。

    と言うか、今時はアホなDQN近代日本人より、インテリガイジンの方が兵器や軍事に関しては冷静な評価をする人が多い。
    単に近代日本人がどうしようもなくに、軍事知識に関して情弱でアホが増えたと言うだけの事に過ぎん。

    そういう全体像を捉えて、キモイねと言わなきゃダメよ。
    [ 2014/03/07 17:50 ] [ 編集 ]
  263. これって、瑞星だったらもうちっと性能良かったのか?
    [ 2014/03/07 17:52 ] [ 編集 ]
  264. ゼロ戦って紙装甲で速力も大したこともなく20mmも命中率が悪いなど弱点があった。
    だけど、追従性や航続力、上昇速度の速さや7.7mm弾の命中率などスペックに現れない部分での強さがある。
    ベテランがベストの状態のゼロ戦に乗ると、ムスタングでも太刀打ち出来なかったと、アメリカの雑誌で読んだことがあるよ。
    ゼロ戦に限らず、第二次大戦時の枢軸国側の現存機の残りは数少ない。
    是非とも大切にしてもらいたいよ。
    [ 2014/03/07 17:55 ] [ 編集 ]
  265. ハワイの空にひるがえる零式。その日の丸を見た、黒人や有色人種の人達たちは、皆、「やった!!」「やった!!」と、口々に歓喜の声を上げたのです。
    [ 2014/03/07 17:57 ] [ 編集 ]
  266. 戦艦三笠の扱いの流れを見る限り
    アメリカに保存してもらった方が良いね
    [ 2014/03/07 17:59 ] [ 編集 ]
  267. 機体外観→グロスターの図面盗用
    機関砲→ドイツ
    エンジンもプロペラも元々アメリカの・・・
    内部構造と機体素材と防弾版無しは日本オリジナル。
    急降下で逃げる敵を追うと空中分解するので降下速度に制限あり。
    旋回半径はドイツのメッサーシュミットBf109に劣る。
    空戦ではアメリカのF4Fと互角。
    初戦の優位はパイロットの腕によるもの。
    これがゼロ戦の現実。せめて機体の外観は日本独自設計にしてほしかった。
    [ 2014/03/07 18:06 ] [ 編集 ]
  268. レプリカでいいから1機欲しいな
    ホビープレーンとして所有出来たらマジ幸せ♡
    [ 2014/03/07 18:11 ] [ 編集 ]
  269. 今年は皇紀2674年です。
    [ 2014/03/07 18:11 ] [ 編集 ]
  270. ブレーンズ・オブ・フェイム航空博物館で永久に保管してほしい。
    間違っても日本へ返還しないでくれ。
    四式なんか日本で壊したし、二式なんか輸送のために主翼をぶった切って
    飛べなくしたしたしな。しかも野天雨ざらしだ。
    [ 2014/03/07 18:15 ] [ 編集 ]
  271. ゼロ戦は美しくはないだろ。
    リベットだらけだし野暮ったい。
    まあその野暮ったさが好きだが。
    [ 2014/03/07 18:30 ] [ 編集 ]
  272.  
    P51の方が美しい
    [ 2014/03/07 18:32 ] [ 編集 ]
  273. 中島飛行機は現在のスバルだよ。 水平対向エンジンはレガシー等に載っていて、独特のエンジン音は健在です。
    片脚ずつ格納する雄姿が見たかったな。 補助タンクは残っていないのか。 レプリカでも良いのに25㎜機関銃も外されてるし、残念。
    [ 2014/03/07 18:34 ] [ 編集 ]
  274. >アメリカのヘルキャットは墜落したゼロをモデルに作られたものだ。
    >ヘルキャットがゼロよりも優れていた唯一の理由は、単に数で優っていたってだけなんだよ実際は。 アメリカ

    コイツ、アメリカ人じゃないだろw日本のデマそのものじゃん。F6Fの開発時期考えたらありえない。それにヘルキャットは低速での旋回性能以外ほぼすべての面で零戦より勝っていた。
    [ 2014/03/07 18:35 ] [ 編集 ]
  275. 大日本帝国陸海軍万歳
    [ 2014/03/07 18:58 ] [ 編集 ]
  276. 20年ほど前に竜ヶ崎で実機観たな。
    一緒に飛んだムスタングと比べて「何て優雅に飛ぶんだ」と思ったけど、考えてみれば貴重なエンジンだから出力抑えて飛ばしてたんだろね。
    [ 2014/03/07 19:00 ] [ 編集 ]
  277. アメリカで評価されてるのは
    やっぱり当時それと戦った当事者だからこそ知ってることがあるからか?
    [ 2014/03/07 19:06 ] [ 編集 ]
  278. 零式とか震電とか頼んだら作ってくれるのかなぁ。
    [ 2014/03/07 19:09 ] [ 編集 ]
  279. 私も竜ヶ崎に来た時見に行った。
    懐かしい。

    蛇足:
    それにしても、
    (たぶん)光文社の海軍文庫で「ゼロ戦ではなくレイ戦と読む」と知ってから、ゼロ戦言われると違和感を感じるように…
    [ 2014/03/07 19:10 ] [ 編集 ]
  280. 技術に勝っても物資が無いしな
    零式が優れていたのは徹底した軽量化にある。上昇と旋回の能力、航続距離は適う物が当初無かった。しかし、アメリカが開発した不凍液によって高高度急降下戦法、高高度上空に逃げられ、戦いそのものが変わってしまった。同じ上空にいると潤滑油が凍り、薄く軽く余分な物が無い機体は冷え易く操縦桿は利かず、パイロットは寒さで判断力を失い、やられていった。
    [ 2014/03/07 19:21 ] [ 編集 ]
  281.   
    ゼロ戦は素晴らしい機体だった。戦争の前半はパイロットも素晴らしかった。

    結局、クソだったのは作戦を立てていた参謀本部の連中。陸軍と海軍の勢力争いで情報を隠したり、出し抜いたり。そんなことばかりやっているから大敗するし、負け方、負ける時期も間違えた。

    散って行った英霊が気の毒でならない。
    [ 2014/03/07 19:23 ] [ 編集 ]
  282. ※279
    蛇足部分、正しいが正しくない

    正式名称がレイ式艦上戦闘機、だからレイ戦と読む方が正しい略といえるが
    当時にしろ今にしろ略としてはゼロ戦と呼ぶのが間違いではない
    読み方ってのは伝わればいいというのが基本だからね
    [ 2014/03/07 19:27 ] [ 編集 ]
  283. 物ない技術ない工業力ない時によくあれだけのもん作った、というのは凄いけどさ、
    ゼロ式って戦闘機としてはドン引きするような仕様と性能よ?

    航続距離→防御を考慮していない翼内タンクによるもので、普通は戦闘機には採用しない(主翼は一番被弾率が高いから)
    パイロットが生還すれば経験を積んで更なる戦力になるのだが、勿体無いったらありゃしない
    ちなみに戦後にゼロ戦を調べた米軍が座席周りすら防弾されていないのにえらく驚いたそうな

    他国でも戦闘しない前提の偵察機だと、翼内タンク採用で同じ位飛ぶのがある


    軽量化→やり過ぎで翼が歪みやすい、というか機銃撃つと反動で暴れるので命中率が厳しい事に


    機動性→速度が同レベルの相手で無いと回り込もうとしても遥か彼方に引き離されるだけ
    初期は良かったんだけど、だんだんエンジンの工作精度が落ちて低性能化+他国のは技術向上で出力重量比向上
    工作機械がアメリカ製で、戦争中は輸入できないんだから当然の展開



    ゼロ戦の対しての評価ってのは「つえー!スゲー!」ではなく、ダメなりにも涙ぐましい努力をした結果と思うべきそうすべき。
    ロシア戦車の「小さい人しか乗れません」とかティーガーの「確かに無敵だが、乗ってる人は着弾時の衝撃で大変」みたいなヤツ。



    あとアメリカが日本軍のもん褒めるのは「それに勝った俺らはもっと凄い」だからな?
    [ 2014/03/07 19:38 ] [ 編集 ]
  284.  
    軍ヲタでも無いし飛行機関係も全く興味無い俺だが
    空を飛んでる零戦を見た瞬間色々な思いが巡って鳥肌立ったよ
    [ 2014/03/07 19:52 ] [ 編集 ]
  285. 命名規定に沿って名付けられた「零式」と言う名が、運命を感じさせるな。
    始まりにして終わり。
    無類の強さを誇った故に、後継機が遅れ、歴史を終えた。
    [ 2014/03/07 19:53 ] [ 編集 ]
  286. ゲームで言うなら機動性と航続距離にスキル全振りの初見殺し
    [ 2014/03/07 19:54 ] [ 編集 ]
  287. きれいやなあ

    舞い上がりキリモミしながら降下したり、ほんとにきれいな飛行機

    世界の大戦中の人気戦闘機に零戦がダントツ一位なんも頷ける

    日本人の美意識が世界で支持されるんがうれしいね


    [ 2014/03/07 20:10 ] [ 編集 ]
  288. 所沢の航空記念公園に去年動く零戦を見に行ったなぁ。
    持ち主のアメリカ人?に日本にいつか返す(売ってくれる)気あるか聞いたら、
    金になるからそれはないと言われちったわ。まぁそうだよね。
    [ 2014/03/07 20:15 ] [ 編集 ]
  289. 特攻と言う非人道的な行為は許される事では無いが、
    その行為に日本人の底知れぬ脅威を他国にしらしめて
    アジアの植民地化の解放及び戦争に負けて自国の未来の
    子供達に奴隷の様な生活をさせないように日本人の恐ろしさ
    をアピール出来た事もやはり事実なんだよ。
    今後二度とこんな事は起こしてはいけないが、戦後70年経過し
    あの当時の崇高な日本人が今の日本をどう見てるのだろうか・・
    すでに特攻精神の日本人の恐怖は世界からは薄れて先人が
    我々に残してくれた物は無くなった。これからは今の日本人の
    気概を世界に見せなければ私たちに命をかけて残して逝った人達に
    申し訳ないと思う
    [ 2014/03/07 20:28 ] [ 編集 ]
  290. 装甲を必死に否定してる阿呆は陸軍が初期から装甲防弾してたのも否定するのかよw
    そもそも操縦席は重心でそこが最低限の装甲で重くなってどれだけ操縦性が崩れるってんだ?
    [ 2014/03/07 20:34 ] [ 編集 ]
  291. だいたい、チョンて言葉を使う時点で、
    何を言いたいのかわからない。
    特攻に関しては、英霊に感謝。陳謝。

    その上で、当時の軍、当時の世論には反発を覚えます。
    考えるべきなのは、自分達が何をしたか(今の日本人、も、当時の人も。)を知るべきだし想像するべきだ。
    [ 2014/03/07 20:48 ] [ 編集 ]
  292. 装甲とか性能とかスペックは知らん。ただ美しい。物語を感じさせる。特攻隊とかを連想させるとか、大和の悲劇に似通ったものも

    舞う姿も美しければ爆音もノスタルジック。中東、クロアチアなど東欧、特あ以外のアジアはもちろん、敵だった国にまでこの美しさがわかるんだね

    物語を感じさせ美しい。ただ強かった、性能が良かっただけじゃここまで人気出ないよ

    日本人として誇りに思う


    [ 2014/03/07 20:48 ] [ 編集 ]
  293. ゼロ戦とP-47サンダーボルトの2ショットに”美女と野獣”なんてキャプションがつけられてたが、まさにレシプロ戦闘機の中でトップクラスの別嬪だと思うわ。隼や飛燕あたりもね。
    [ 2014/03/07 20:54 ] [ 編集 ]
  294. ※166
    CFS2知ってるとは、相当の手練だなw
    [ 2014/03/07 21:10 ] [ 編集 ]
  295. 大学時代にゼミの教授から「チケット沢山もらったから大恐竜博行って来たらどうだ?」と言われ上野博物館に行ったが
    ゼミ仲間達が一番盛り上がってたのがゼロ戦だったな(レプリカ?)
    工業大学のゼミだったこともあって「○十年前にこんな機構作れたのか!?」みたいな驚きが満載だった
    [ 2014/03/07 21:11 ] [ 編集 ]
  296. ヘルファイアの方が格好良いよ
    [ 2014/03/07 21:14 ] [ 編集 ]
  297. また様子を見に来たが、俺に悪態をつきていた輩は遁走したか。

    なんでもかんでも日本マンセーじゃトンスラーと変わらない。それこそ英霊が悲しむだろう。

    何が艦載機は航続距離優先で防御なしが当たり前だってんだ。ったく。有り得ないんだよ。こんな人命無視の戦闘機が作られたことなんて決して誇ってはならない。堀越二郎とかふざけんなっての。宮崎駿だの松任谷由実だの軽薄な老人には反吐が出る。
    [ 2014/03/07 21:16 ] [ 編集 ]
  298. 零戦の技術を体験したければSubaru WRX-stiに乗ればいいよ。飛行機じゃないけど。アクセル強く踏むと空に飛び出すような感じがする。中島飛行機の技術の後継者だよ。
    [ 2014/03/07 21:20 ] [ 編集 ]
  299. ※295
    上野の奴は本物
    ラバウルで駄目になった機体を継ぎ接ぎで現地改修して作り直した機体だったはず
    [ 2014/03/07 21:31 ] [ 編集 ]
  300. 飛び去る時の音は、古めの空冷ドカティの排気音に少し似てるな。
    やっぱりいい音と認識されるものには共通点があるのかも。
    [ 2014/03/07 21:53 ] [ 編集 ]
  301. いい音してるなー
    スタイルが良いだけじゃないのね
    [ 2014/03/07 22:06 ] [ 編集 ]
  302. 零戦美しいなあ。

    あと、震電はアメリカにまだ分解保存されていると聞くので
    是非とも組み立てて再飛行を。
    [ 2014/03/07 22:11 ] [ 編集 ]
  303. アメリカの人はP-51より零戦?
    [ 2014/03/07 22:24 ] [ 編集 ]
  304. 外人がいくら煽っても、日本人は軍国主義に傾倒しないと思うよ…。
    [ 2014/03/07 22:27 ] [ 編集 ]
  305. てかさあ

    やたら戦闘的に零戦は誇ってはならないとか叫んでるひと。
    零戦は美しいし音きれいでノスタルジックな物語性があり世界で大人気て事実が先にあるんだから

    人命軽視とか

    そもそも戦闘機自体が人やもの壊すために作られてるわけで論点ずらしに懸命なのがイタイよ

    零は美しい。かっこいい。性能も当時世界一で他国から恐れられた。その事実にケチつけるためだけにいろんな話盛ってるだけやん

    ただかっこいい美しい言ってるだけなのに人道の話やらここでは全然関係ないよ

    「戦争は悪だ特攻は悪だ」論は他でやればいいやん

    [ 2014/03/07 22:32 ] [ 編集 ]
  306. 離陸と着陸シーンが無い!
    飛行機動画にそこは必須でしょうが!
    わかってねェなァ
    [ 2014/03/07 22:35 ] [ 編集 ]
  307. >>305
    155からちゃんと読んでからほざけ。176以降は名前欄に155って書いてあるからよ。ちなみに154も俺の書き込みだ。

    特攻については、零戦で特攻できた人はまだマシだったと思うぞ。

    俺は戦争が悪ってよりも人間そのものが悪だと思ってるからね。人工物は全て悪だw 人類は滅ぶべし。(俺以外はw) 核戦争大賛成だ。文句あっかタコ助野郎が。ったく。
    [ 2014/03/07 22:49 ] [ 編集 ]
  308. あなた面白いわ

    まあ「人類は自分以外はすべて滅べ」の主張はは少なくとも零戦の美しさや人気や性能とは無関係ですね

    なぜここでそんな主張をするのか理解不能だし理解しようとも思わんが

    朝鮮人ふうに言うと「零戦の人気に嫉妬してる」?

    あるいは「零戦なんか全然たいしたことないのになんでこんなに人気あるニダか?間違ってるニダ!」てとこですかね

    いずれにせよお呼びでないんです

    [ 2014/03/07 23:00 ] [ 編集 ]
  309. カッコイイは正義(`・ω・´)
    [ 2014/03/07 23:03 ] [ 編集 ]
  310. ※279
    光文社は信用しちゃだめ。
    常識だ。
    [ 2014/03/07 23:05 ] [ 編集 ]
  311. 掲示板戦士が他人のサイトの中を悠々と舞い上がってゆくのが見える・・・傍若無人に暴れまわるのは痛快か?
    恥を知れ。
    [ 2014/03/07 23:07 ] [ 編集 ]
  312. >>308
    >>311
    恥を知るべきなのはお前らだ。丁度309氏が可愛らしく「カッコイイは正義」とのたまっているが、308と311は本気でそう思ってるんじゃないのか?だとしたらこっちが恥ずかしくなるよ。言いたいことがあるなら誹謗するのではなくて、しっかりと反論してみろ。情けない。それでも日本人か。ったく。日本人のふりしたトンスラーじゃねーのか。
    [ 2014/03/07 23:15 ] [ 編集 ]
  313. この動画でご飯二杯半は行けるな。
    こんなのが何十、何百単位で編隊飛行してたらと思うと…。
    [ 2014/03/07 23:17 ] [ 編集 ]
  314. 反論も何も

    「人類は自分以外は滅べ」

    「零戦はかっこいい」て何か関係あるんですか?

    この質問が「誹謗中傷」に当たるんですか?

    そしてこういう問いを発することが「トンスラー」なんですか?


    [ 2014/03/07 23:18 ] [ 編集 ]
  315. F4FならまだしもF6Fが零戦に劣っているとは思わないけどな。
    零戦の華奢なフォルムは好きじゃないけど、実際飛んでるの見たら感動するんだろうなぁ・・・。
    [ 2014/03/07 23:18 ] [ 編集 ]
  316. 装甲に関して、堀越技師の設計に問題があると言っている人がいるけど、そもそも海軍からの要求仕様に装甲が入っていなかったことを知らないのかな。
    零戦は三菱が独自開発した機体を売り込んだ訳ではなく、海軍からの上昇率や最高速度、航続距離、旋回性能と言った細かい仕様を受けて設計したものだよ。
    顧客の要求に応じて設計をするのが仕事なんだから、要求仕様を満たさなくなる余計な機能をつけることは無いでしょう。
    日本の工業力を無視した高性能戦闘機を求めた海軍に責任があるよ。
    [ 2014/03/07 23:28 ] [ 編集 ]
  317. 陸軍三式戦飛燕の爆音を聞いてみたい。無理か、、、、
    [ 2014/03/07 23:46 ] [ 編集 ]
  318. 戦前に世界中を飛び回っていた、カメラマン(報道カメラマンと戦場カメラマンと観光カメラマンとパパラッチの兼業)だった曽祖父曰く、

    「あんな国と戦争するなんて阿呆、結局誰がどんな作戦立てようと日米開戦に持ち込んだ時点でアメリカの勝ちだった。」

    ということを、自分が小学生のときの宿題で「戦争体験レポート」を書くときにいってたわ。

    徴兵もされず静岡に疎開してわりと悠々と暮らしてたのは、軍関係者の弱みも握ってたからかもしれんね。
    [ 2014/03/07 23:56 ] [ 編集 ]
  319. >>316
    だからさ、155から読めって言ってんだ。堀越本人が回想録で防御は不要ってほざいてんだよ。確かに当時、軍に楯突ける設計技師なんていなかったかもしれないが、専門家として防御なしは有り得ないくらい言っても良かったはずだ。155に示したwikiにもあるとおり、海軍内でも艦載機の性能面での優先順位には各論あった。そもそも格闘性能まで重視したというのなら防御なしは有り得ないんだ。格闘性能は無視してるんだよ。飛行性能しか考えていない。飛行性能がよければ機銃の連射を避けられるとでも考えていたのかもしれないが、甘過ぎるだろう。283氏が詳しく解説してくれているが、飛行機としては洒落てても、戦闘機としては洒落にならない代物だったんだよ。
    [ 2014/03/08 00:08 ] [ 編集 ]
  320. *298
    良いことを教えていただきました。ありがとう。
    [ 2014/03/08 00:22 ] [ 編集 ]
  321. ヒストリーチャンネルでやってたな。
    栄エンジン最高だ。中島飛行機も最高だわ。

    俺はスバルが好きなんだよ、愛知県の自動車メーカー勤務だが。
    [ 2014/03/08 00:31 ] [ 編集 ]
  322. レシプロって魅力的だよね
    [ 2014/03/08 00:52 ] [ 編集 ]
  323. 子供の頃はゼロ戦はじめ日本の戦闘機は好きじゃなかったな
    色とかw 形もみんな地味でさ…
    海外の水冷エンジンを搭載したスマートな機体がカッコイイと思った

    しかし実機が飛んでいるのを見ると迫力を感じますね
    遠くから見ると恐ろしくシンプルに見える・・・
    エンジン音は、これがゼロの標準的音なのかどうか解りませんが、
    身震いさせられました・・・今、部屋が寒いせいもあるでしょうけどw
    冷戦時代の戦闘機に比べ、より「命のやりとり」を感じさせるように思います
    [ 2014/03/08 01:11 ] [ 編集 ]
  324. YAMAHAのLFA V10も毛唐らに高い評価受けてるよね。

    個人的にはキャブの吸気音が大好きで古い車が好きかなあ・・・
    [ 2014/03/08 01:28 ] [ 編集 ]
  325. チョウセンヒトモドキが暴れている…
    どこにでも湧いてくるな…ゴキブリかよ…
    [ 2014/03/08 01:39 ] [ 編集 ]
  326. 1978年に里帰りした時は近所の空港に来たので見に行ったな。
    飛行時は自宅の窓からも見えた。
    戦時中はその空港から実際にゼロや紫電改や雷電が出撃していたんだけどね。
    [ 2014/03/08 04:43 ] [ 編集 ]
  327. 良くも悪くも逸話に事欠かない、ドラマティックな戦闘機で、まさに時代を象徴する運命にあった。勝ちも負けもゼロと共にあったんだ。感情移入せざるを得ない。
    [ 2014/03/08 06:03 ] [ 編集 ]
  328. スピットやP51のほうが余程美しく感じる
    同じ空冷でもFw190のほうがフォルムにまとまりがあって綺麗。
    [ 2014/03/08 06:05 ] [ 編集 ]
  329. 当時のアメリカは参戦さえできれば勝ち確定であらゆる手段を駆使して参戦するのに必死だったからな
    確実に勝てる時はどんな手段を使ってでも攻めろ、正にそれこそ孫子の兵法ってやつだ

    アメリカが日米開戦に強引に持ち込んだ証拠なんてボロボロ出てくる
    [ 2014/03/08 06:43 ] [ 編集 ]
  330. 爺様達半端ないっす
    [ 2014/03/08 06:47 ] [ 編集 ]
  331.  
    エンジンはオリジナルじゃなくね?
    [ 2014/03/08 06:58 ] [ 編集 ]
  332. 音すげー。
    [ 2014/03/08 07:30 ] [ 編集 ]
  333. 米国内で鹵獲した零戦とF6Fを単機で戦わせるとどうやっても勝てないことが分かりF6Fでも相変わらず一撃離脱とサッチウィーブで戦うしかない事が分かり米軍愕然
    [ 2014/03/08 07:36 ] [ 編集 ]
  334. ・米軍機が装備していた装甲板は自国の12.7mm弾には耐えられない
    よって仮に日本機が米軍同等の装甲板を装備してもあまり効果は無い
    ・戦闘機の装甲板とはパイロットの背面を防御し致命傷を避ける役目に過ぎず、戦車や戦艦みたいに機体その物を防御する訳ではない
    どっちみち弾が当たれば墜ちるのである
    ・海軍機の戦闘空域は当然海上であり、装甲板によって致命傷を免れたパイロットが落下傘脱出をしても、救助体制が整ってなければ無意味
    緒戦は“侵攻作戦”だったのだから、敵制海圏内でどうやってパイロットを回収するのか?
    日本海軍機が“気休めの”装甲板を装備したのが“本土防空戦”になってからなのは理に叶っている
    [ 2014/03/08 08:26 ] [ 編集 ]
  335. >>334
    >仮に日本機が米軍同等の装甲板を装備してもあまり効果は無い

    完全に効果がないわけじゃないよな。

    >どっちみち弾が当たれば墜ちるのである

    いや、コックピットへの被弾のみならパイロットが致命傷を負わなければ必ず落ちるとは言い難い。

    >救助体制が整ってなければ無意味

    うむ。日本海軍は海軍の癖に原則的に救助なしだったからな。救助を命じたのは井上成美くらいなのかな?

    >日本海軍機が“気休めの”装甲板を装備したのが“本土防空戦”になってからなのは理に叶っている

    全く叶っていないわけだが、どうしてそこまで零戦を持ち上げるかな。一種の宗教みたいなものか。

    右傾化は結構だが、正しく右傾化してくれよ。
    [ 2014/03/08 08:54 ] [ 編集 ]
  336. "レイ"戦な。
    [ 2014/03/08 09:24 ] [ 編集 ]
  337. 装甲がとか 人命軽視がとか 零戦はアメの飛行機よりしょぼいとかいろいろ言いたいだろけど

    もう零戦は世界の伝説になってんだから無意味っしょ

    零戦に関してはすでに性能やら論ずる段階にない

    右傾化とかまた関係ない話捩じ込んで「たいしたことなかった」説を力説するのも結構だが

    少なくとも本スレの外国人は「ゼロは美しい」「音最高」「かっこいい」「No1」て言ってるんだから


    もしそれに反論したいなら右傾ガーとか性能ガーとか言うより

    「○○のが美しい」「爆音はノスタルジックだがちょいうるさい」
    「伝説の飛行機なら○○だろ」

    とかになるならわかるけどね

    だれもが認める絶世の美人に対して
    「美しい」「ワンダホー」て騒いでるのに

    「あいつの親は性格が悪くて人命軽視だった」とか
    「あいつは運動音痴だからしょぼい」
    「あいつは歌下手だし」

    とか勘違い発言の連発

    [ 2014/03/08 09:28 ] [ 編集 ]
  338. >>319
    私の真意が伝わらなかったようで・・・
    防弾の責任論においては発注側の軍に責任がある。と言っているのです。
    零戦の要求仕様に防弾が入っていれば、設計者本人の思想に関係なく、要求を満たす設計がなされたでしょう。

    陸軍はノモンハンでの戦訓から、不十分ながらも防弾を考慮していたのに対し、海軍は戦闘機に限らず防弾を要求しなかった。これが最大の問題でしょう。

    もっともパイロット自体、重量軽減のために落下傘を装備せずに乗っていたそうですから、人命軽視は軍上層部だけでなく、軍全体の問題だったのでしょうね。
    [ 2014/03/08 09:33 ] [ 編集 ]
  339. 他の性能を削ってでも「運が良ければ墜ちずに済むかも知れない」程度の気休め装甲板を装備しなきゃならない理由は、少なくとも零戦設計当時は特に見当たらないって事ですよ
    零戦と同世代のF4Fも初期型は装甲板を装備していない
    日本機との交戦による戦訓により後付け装着された
    それも緒戦は防空戦だったから、空戦海域に潜水艦や飛行艇を総動員してパイロット救出体制を敷けたから意味があった
    それでも前線のパイロットはF4Fに糞重い装甲板を取り付けるのに難色を示したんですよ
    後出しジャンケンで「零戦は人命軽視の凡庸機」とやたら貶めたがる人の方が理解出来ません
    ほんの短期間であれ、零戦が欧米列強を震撼させた存在であった事は(機影が良く似た隼も零戦に誤認されたとか色々幻想も込みですが)、当時の証言でも明らかな“史実”であり、ちょっと誇ってみてもよい事だと思いますよ
    [ 2014/03/08 09:40 ] [ 編集 ]
  340. >>337
    やっぱり、上っ面だけなんだな。

    >>338
    しかし、設計者だって不要だったってほざいてんだから、それは批判しておかないとね。ダメなの?軍だけを悪者にして他は批判するなって言いたいの?

    手放しで零戦マンセーしてる輩を見てどう思う。外国人が言うのは分かる。283氏が言ったように「それに勝った俺らはもっと凄い」なわけだからね。でもさ、日本人が実態を無視して、自国のものだからってトンスラーのようにホルホルしてたら馬鹿になる一方だろう。
    [ 2014/03/08 09:51 ] [ 編集 ]
  341. いや落下傘は積んでたみたいですよ、ただしクッション代わりに
    座面は軽め穴でぼこぼこの金属剥き出しですから
    規則で定めらた落下傘の定期点検もロクにしてなかったので、ちゃんと開くか解らなかったとか、そもそも自決用の拳銃を携帯してたとか
    当時の人命軽視風潮を零戦の設計思想へ転化するのはナンセンスですよね
    [ 2014/03/08 09:57 ] [ 編集 ]
  342. >零戦を手放しマンセー

    をしてるんは外国人っしょ。日本人だってアメリカの戦闘機マンセーしてる人がコメント欄賑わしてるし。

    >それに勝った俺たちスゲエ

    勝ったんは零戦関係なく物量の差だってことは周知の事実で「俺たちの飛行機はゼロファイターよりすごい」とは一言も言ってない

    無理やりすぎますよ



    [ 2014/03/08 10:13 ] [ 編集 ]
  343. わたしにはあなたの言いたいことはわかってますよ

    日本人は自分たちが産み出した飛行機は決して誇ってはいけない。過去は全部否定し、ひたすら反省し、自分たちの技術は常に欧米より下で卑屈になっとけ

    て意味ですね?もう日本人は半世紀も反省しなくていいことまで反省したからね、余計なお世話ですよ

    零戦は大戦の勝敗、性能や装甲、人命軽視だろがなんだろが、間違いなく世界一人気者の美しい物語性のある戦闘機

    日本人が自国の戦闘機が世界で愛されてるのを誇って、あなたに何か都合悪いことあるんですか?


    [ 2014/03/08 10:32 ] [ 編集 ]
  344. >>339
    自国民が死んでも仕方がない、構わない、なんて言いながら、欠陥戦闘機を誇っていたら必ずまた負ける。どんなに言い訳したところで欠陥品は欠陥品だよ。

    >>342
    甘いな。物量の差がなくても負けていたよ。真珠湾攻撃をした南雲は第三派攻撃で工廠を叩かず(1)に帰ることにした。それを知った山本長官は帰路の途中でミッドウェイ攻撃を命じた。「ミッドウェイ島を空襲して、これが再度使用を不可能ならしむるごとく、徹底破壊に努べし」 だが、南雲は無視した(2)。天候のせいだかにして攻撃できないってことにしたんだが、他国の軍隊ならクビだ。しかし、日本ではそうならなかった(3)。兵や水平、下士官らと違って士官以上は命令に従っているだけではだめだってのがあった。しかし、この3つの大チョンボのせいで、後に日本海軍はミッドウェイ海戦で大惨敗する。まだ決定的な物量差があった時期ではないのに(1)の真珠湾の工廠を叩かなかったせいで、アメリカ海軍は戦力を回復できたし、(2)の帰路の途中でミッドウェイを叩かなかったせいで、ミッドウェイ島の爆撃のために爆弾をつけたり、やっぱり雷撃に変更なんてするはめになった。(3)南雲をクビにしなかったせいで、虎の子の第一航空艦隊は南雲が指揮を執っていた。

    しかも、”下士官や兵は死んでも構わない”だからな。こんな体質で勝てるわけがないだろうが。
    [ 2014/03/08 10:58 ] [ 編集 ]
  345. 「堀越二郎氏自身が人命を軽視していた」というソースがWikipediaってのがもうね

    光人社NF文庫
    【零戦の遺産】
    堀越二郎著
    P.125
    「もし私に神の智慧があったなら、いく分かの航続力か運動性を防弾のために犠牲とすることを申し出ただろう
    (中略)
    一千馬力の発動機から、性能の一滴でも余計に引き出せという国家の至上命令を体して設計をやったわれわれは、要求のないことまでやろうという余裕は、そのときはまったくないと感じていた
    しかし要求があれば出来ない相談でもなかった」
    [ 2014/03/08 11:06 ] [ 編集 ]
  346. 細かい戦術のことを滔々と語り自分は博識であることを誇りたいんかなー

    「美しいもんは美しい」て言って賞賛されてるのを「いえこいつはあんな欠陥がありこんな欠陥がある」とあげつらう

    しかもすごい執念ぶかい

    あなたに言われずとも日本人は戦争に負けた理由はたくさん知ってますよ。

    それに細かい戦術、人事のこと、これらは日本の優秀な防衛方面のかたがたがちゃんと考えてますからあなたに何もここで戦術的な講義しなくても

    「きれいですね」「かっこいいですね」て言われて「ありがとう実はきれいなだけでなく強かったんです」「他国で単独戦闘は絶対避けろ、すぐ逃げろて言われてたほどなんです」
    て楽しくやりとりしてるとき

    「負けたんだから反省しる!」「日本は誇ってはいけない」
    て顔真っ赤にされてもねえ。

    それに執念ぶかい。気持ち悪いです。


    [ 2014/03/08 11:07 ] [ 編集 ]
  347. 「それに勝った俺たちスゲー」って、
    同盟国や直接交戦しなかった国の方々も「スゲー」って仰って下さってる訳で
    [ 2014/03/08 11:15 ] [ 編集 ]
  348. >>343
    あんた卑屈なやっちゃだな。

    俺は日本国がある間は、永遠に反省し続けるべきだと思うぞ。勘違いしてもらいたくないんだが、俺は懺悔し続けろと言っているわけじゃないし、欧米コンプになれとも言っていない。ブサヨだの中国や韓国の戯言なんか聞く耳持つ必要もない。常にただしく省みる必要があると言っているだけ。

    >日本人が自国の戦闘機が世界で愛されてるのを誇って、あなたに何か都合悪いことあるんですか?

    忌々しいね。昨日も言ったが、宮崎駿だの松任谷由実(これは台湾人なのか?)だのと言った軽薄なのが大嫌いなんでね。上っ面だけでかっこいいとか誇れるとかさ。ネトウヨがよくやるように英霊を持ち出すなら、それこそ顔向けできんわな。ほんとに恥を知るべきなのは、あんたらだと思うよ。世界を相手に真っ向勝負した日本人の歴史を、日本人が正しく評価しないでどうする。デザインが良ければいいのか。外国人に褒められればいいのか。違うだろう。自分たちの問題なんだ。
    [ 2014/03/08 11:19 ] [ 編集 ]
  349. 負ける戦争をしたとか人命軽視とかの話に乗っかってみると
    「ド・レイになるか、タヒぬか、それとも戦うか」て迫られ物理的にも追い込まれたらたら、普通の独立国なら「黙ってタヒぬくらいなら、ド・レイになるくらいならたとえ負けても戦う」てなるっしょ

    まあ戦うよりはド・レイまたは他国にすがりついて「併合してください」てジャンピング・土下座する民族もいたけどね
    何にせよここで敗戦の原因とか戦争の善悪を語るのは筋違い
    美人で強かったコンテストに

    でもあいつの服は薄くてスケスケだったとか、性格がーとか関係ない話でかき混ぜてるだけ

    [ 2014/03/08 11:23 ] [ 編集 ]
  350. >>345
    wikiと言っても出典が明記されている。

    >零戦の防弾性能について堀越は、戦闘機には優先順位があり、防弾がなかったのは当然とし[2]、

    堀越二郎『零戦――その誕生と栄光の記録(復刻版)』光人社225-233頁

    >後の零戦に対する防弾装備は、未熟者が増えたせいで不相応なものだったと回想する[3]。

    堀越二郎『零戦――その誕生と栄光の記録(復刻版)』光人社215-217頁


    しかし、そっちが本音ならば、本人が欠陥品だって認めてるわけじゃないか。
    [ 2014/03/08 11:26 ] [ 編集 ]
  351. >永久に反省

    ですか。千年恨むよりまだひどいね

    >他国に誉められたらそれで いいのか

    他国に誉められたらありがとうと誇るのがいけないんですか?

    て松任谷由美とか

    知らんがな全然関係ないし
    アニメ映画を外国人が見ようが見まいが、「零戦が好き」「かっこいい」て価値観にあなたが顔真っ赤にしてケチつける権利はありませんよ
    人気者に対し「でもあいつはこんな欠陥があるよ」て悪口言って回る醜さ

    朝鮮の大統領見たらわかるでしょ


    [ 2014/03/08 11:29 ] [ 編集 ]
  352. >>346
    勝っていたら尚更、誇ってはならない。日本の美徳を知らんのか。この恥知らずが。

    粘着力ならお前も相当なもんじゃないのか?w
    [ 2014/03/08 11:30 ] [ 編集 ]
  353. >>351
    俺は寅さんじゃないけど、一生反省しながら生きるつもりだけどね。反省だからって誰かに対して申し訳ないってわけでもない。過去を省みてよりよい未来を築きたいって意味だ。
    [ 2014/03/08 11:33 ] [ 編集 ]
  354. あなた自身が「永久に反省する」んは結構なことがんばれ。わたしに「反省するな」と言う権利はないし。

    で。

    「人類は俺以外は全部滅べ」と

    本スレ零戦の関連性はどこにあるん?

    まだ返事お伺いしてませんが

    [ 2014/03/08 11:39 ] [ 編集 ]
  355. んだからその順位は要求側の軍がつけたんであって受注側の設計者自身の考えではないんだって
    解んないかなぁ?
    そのWikipediaの出展元を既に全文読んだ上で発言してるんですよこっちは

    まず「防弾板によって致命傷を避け敵地に放り出されたパイロットをどうやって回収するのか」
    零戦が緒戦で闘った地域の地図を見ながらまずは反論して下さいよ
    [ 2014/03/08 11:41 ] [ 編集 ]
  356. >>355
    どうして敵地に放り出されることが前提になっているのか?放り出されないこともあり得るわけだろう。違うのか?自国のパイロットなら一人でも助かった方が良いだろう。違うのか?どうしてそんなに日本のパイロットが死ぬのは当たり前ってことにしたいんだ。日本のパイロットが死んでも構わなかったってことにしたいんだ。しかもそれが誇れるってんだから狂ってるとしか思えないね。
    [ 2014/03/08 11:46 ] [ 編集 ]
  357. >自国のパイロットは死ぬのが当然

    まーた話を人道面に持っていこうとする。人道面に持ってけば反論できないて思ってるんだろね

    人道論を「零戦が好きかっこいい」の価値観に混ぜ込んで貶めるなよ。人の好き嫌いにあんたが文句つける筋合いねーだろが

    で、「人類は俺以外は滅べ」と零戦の関連性はマダー!?

    [ 2014/03/08 11:51 ] [ 編集 ]
  358. >>357
    人道面?そんなものに限ってはいないぞ。パイロットは大事な戦力でもあるわけだからね。

    じゃ、どうして敵地に放り出されることが前提になっているんだ? 答えてみ。
    [ 2014/03/08 11:53 ] [ 編集 ]
  359. あえて人道に乗っかると、人やもの壊す戦闘機な時点で人命軽視だろ

    それと「かっこいい」「好き」て素朴な価値観とは別だろ

    あえてそれを混ぜこぜにして「日本はこれを誇ってるなんて狂ってる」とか断言する

    わたしからしたら「かっこいい戦闘機」「神秘的でさえある」「音がいい」て話題に「人類は俺以外は滅べ」てのたまうあなたのが狂ってるとしか思えない

    [ 2014/03/08 11:55 ] [ 編集 ]
  360. ずっと上の方で
    格闘戦に劣った米が苦肉の策で装甲化したって出てるだろ
    当時、米機以外では装甲化されてないってのもね
    特攻の印象は悪いだろうが日本軍が人命軽視だってのは暴論

    エンジンの高出力化と不凍液の登場、戦術の更新なんかに
    日本側の次機開発がついていけなかったのは痛恨事だけどね
    水冷エンジンに関しちゃドイツだって稼働率はまだ低かったよ

    なんにせよ後知恵で当時の日本をこき下ろすのはどうかと思うよ
    戦果は十分に得ているし他国だって日本程度には間抜けな面もある
    [ 2014/03/08 11:55 ] [ 編集 ]
  361. >>357
    >で、「人類は俺以外は滅べ」と零戦の関連性はマダー!?

    いつまでほざいてんだ。恥知らずが。こっちが恥ずかしいからいい加減やめれ。

    人類が滅んで俺だけ生きていけるわけねーだろが。言わせんな恥ずかしい。

    小学生かよ。ったく。
    [ 2014/03/08 11:56 ] [ 編集 ]
  362. 結論から言うと

    あなたが何を言っても説得力なし。
    人命がー取り残されるの前提なんは狂ってるー大事な戦闘力 とか言ってる同じ口で

    「人類は俺以外は全部滅べ」とか言っちゃう

    こんなことは言うのが気がひけるし悪いとは思うが

    うましかとしか思えない


    [ 2014/03/08 11:59 ] [ 編集 ]
  363. >>362
    ああ、そうかい。じゃ、それで結構だから。
    これで気が済んだか?もう絡まないでくれ。
    [ 2014/03/08 12:02 ] [ 編集 ]
  364. 見上げると、二つの日の丸の旗がそこに。
    ああ、祖父よ、父よ、兄よ。
    貴方方が守ろうとした国は、精神的に無様なままです。
    [ 2014/03/08 12:04 ] [ 編集 ]
  365. >小学生かよ

    小学生以下の発言をしたのはあなたのほう

    言論てのは整合性があって初めて説得力が生まれるもの

    文章ならそれが筋道正しく語られなければ誰も聞く耳持たない

    わたしは終始一貫、「零戦が好き」「かっこいい」という価値観に

    「人道がー人命軽視がー取り残される前提がー一生反省でー懺悔はしないがー未来のー松任谷由美がー人類は俺以外は滅べー」

    は一切
    全然
    全く
    関係ない

    てさっきから何度も言ってるだけ



    [ 2014/03/08 12:04 ] [ 編集 ]
  366. >>360
    俺がいつ日本を扱き下ろした?
    旧日本軍と堀越二郎、おまけでパオヤ叩きはしたが、日本を扱き下ろしたつもりは毛頭ないぞ。
    [ 2014/03/08 12:06 ] [ 編集 ]
  367. 「ノモンハンの戦訓で陸軍は・・・」は嘘じゃないが、海軍とは想定局面が違う。

    陸軍機は基本的に中国大陸の中で戦う想定。損傷すれば不時着する場所があるし、実際にも不時着した僚機の傍に別な機が着陸して搭乗員を救助した(胴体後部に入ってもらう)事も珍しくなかった。そういう場合、戦域の他の敵機とか、場合によっては陸上の敵部隊の射撃を受けながら強行着陸する事もあったから、陸軍機にとっては防弾性能は高い方がいい。

    一方の海軍機は基本的に太平洋のど真ん中が想定戦場。落ちても誰も助けてくれないし、長距離侵攻するわけだからエンジンに一発でも当たればもう帰れない可能性が高まる。ならば防弾性能をあげるよりは・・・になるわけだ。
    もちろん、防弾性能もあげてかつ要求された性能も満たすパワーユニットがあれば両方採れるだろうが、そうでない事情があるから「優先順位は・・・」という事になる。

    それに7.7mmでも搭乗員を直撃すれば落ちるし、20mmが直撃すれば少々防弾板があっても機体自体が吹っ飛ぶ。あのB29ですら当たり所が悪ければ20mm数発で落ちたくらいだ。零戦が登場したころの巴戦重視の時代に「攻撃は最大の防御」思想は当然であり自然。
    後のキ44や紫電改に比べれば零戦五二型でも全備重量で1000kg違う。F6Fもそうだが世代が違う飛行機を同列に比較して「遅れてる」などとは言えない。
    [ 2014/03/08 12:10 ] [ 編集 ]
  368. 俺の発言のどこが日本を扱き下ろしたことになるのか、具体的に指摘してくれないかな。繰り返すが、自分では日本を扱き下ろしたつもりは毛頭ないんだ。

    零戦を批判したり、零戦マンセーの輩に同調しないと、日本を扱き下ろしたことになるのか? そんなんじゃトンスラーを笑ってられないと思うけどね。


    >>367
    どうして海に落ちることが前提になっているわけ? コックピットに一発被弾しただけで、しかもパイロットが致命傷を避けらたとしても空母に着艦できる可能性は全くないの?必ず海に墜落するものなの? 日本人パイロットは被弾したら必ず死んで当たり前で良かったってことにしたい理由はなに?あんた日本人じゃないのか?
    [ 2014/03/08 12:18 ] [ 編集 ]
  369. あとね、
    さっき挙げた堀越二郎氏の文は「設計者からみた弱点」って章からの抜粋なんですよ
    どんな名機にも長所と短所がある
    メッサーだってスピットだって、あのP-51Dにだって
    飛行機だけではなく、ありとあらゆる工業製品がそうでしょ?
    「欠点=欠陥」ではない
    欠陥品ってのは役立たず品の事でしょ?
    零戦は間違いなく緒戦の勝利に大貢献したのだから欠陥品では断じてない
    設計者自身が戦後回想してみたならば、
    ・設計当時、艦上戦闘機に防弾思想は無く、要求にもなく、要求に無い事をやる余裕も無かった
    ・緒戦はパイロットの技術により防弾が無くても問題は無かった
    よって弱点にはならなかった
    ・敗色が濃くなってくると未熟なパイロットも前線に出さざるを得なくなり、防弾板を追加装備したが気休め程度だった

    しかし未熟者にとっては“気休め”も大事ですし、そもそもこの時期は本来なら後継機に代替わりしていて当然なので、旧式化した零戦のせいではありません

    あともうひとつ
    宮崎 駿氏は正に「上っ面っつらだけの零戦崇拝者」を毛嫌いしている立場の人で、
    『風立ちぬ』は零戦の話でもなければドキュメンタリーでもありません
    (九試単戦設計時期は既に妻子がいた)
    アニメ版『風立ちぬ』を持ち上がる気はありませんが、そちらもまるで見当違いしてますよ
    [ 2014/03/08 12:25 ] [ 編集 ]
  370. 旧軍だけに全ての責任を押し付けるのは無理があるでしょう

    反省は必要だと思うし敗戦は二度とあってはならないけど
    結果が出た後なら何とでもいえるし
    後知恵で当時を間抜けだったと言うのは違うんじゃないのか
    という事です

    開戦を迫られた段階で詰んでたのは当時の軍部も感じてたし
    その中では最大限成果を残した方じゃないのかな

    国際的な人種差別は当時より相当マシになってるし
    形ばかりの独立ではあるけど立派な経済大国だしね
    [ 2014/03/08 12:25 ] [ 編集 ]
  371. あくまで感想ですがね。そして零戦の話とは切り離しますけどね

    あなた日本扱き下ろしてますよ

    日本は勝てる戦をするんが理想ですよそりゃ負けるとわかってて戦うのは愚かだし

    でも現実問題資源なし物量なし味方なしのアジアの小国でも、誇りてものがある。ドレイになるかタヒぬか戦うかて追い詰められて、立ち上がったんでしょうが
    物や資源がない以上技術力や損害を顧みず前にすすむ勇猛さまで計算に入れざるを得なかった。

    そうまでして戦いに踏み切ったんだ

    物資がないなら勇気でカバーしろとかむちゃくちゃ言われても兵士たちは奮戦した

    何のためか
    日本の独立国としての誇りと、アジアのためにという大義があったからですよ

    あなたはその最も大切な部分を否定し

    「人命軽視が取り残されるんは当然なのが狂ってる」て断定するが

    そもそも人命守るためなら戦争しなきゃいい話で、ドレイになるなり飢えて黙ってりゃ植民地にでもなってコロ・サレぬ程度に生かされてただろ

    そうすりゃ、無い物資を割いて装甲薄い戦闘機作ることそのものがなかっただろ
    あなたはその日本人の「ドレイになるより死を選ぶ」気高い独立国としての精神を真っ向から否定してるように見える

    [ 2014/03/08 12:32 ] [ 編集 ]
  372. 零戦は当時の日本にとってはほぼ最適解
    それゆえに外国からの評価が高いのも当然でしょう
    防弾性能も人命軽視ゆえでない事だって幾つもコメが出ていますよ

    装甲化のための出力向上は残念ながら日本の工業力では
    なすすべがなかったこともね

    国力が違うのに開戦したのは間違いだったでしょうが
    開戦を避け得なかったのもまた事実です
    [ 2014/03/08 12:33 ] [ 編集 ]
  373.  
    問題は日本軍がそのすばらしい機体を使いこなせなかった…
    つか、戦争というものを真面目に考えてなかったということにあんだな。
    行き当たりばったりでやってんだもん。
    [ 2014/03/08 12:46 ] [ 編集 ]
  374. >>371
    そんなセンチメンタルに戦争を語るなよ。日本がアメリカと戦った理由なら示してやっただろう。>>186のリンク先にあるぞ。それと、もっと真面目にお勉強してから出直して来い。とりあえず、↓これでも読んでおけ。

    ヘルマン・ゲーリング
    ---------------------------------------------------
    「もちろん、国民は戦争を望みませんよ。運がよくてもせいぜい無傷で帰ってくるぐらいしかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じことです。政策を決めるのはその国の指導者です。そして国民はつねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。このやりかたはどんな国でも有効ですよ。」
    ---------------------------------------------------
    ttp://slumber365.blog2.fc2.com/blog-entry-69.html
    [ 2014/03/08 13:21 ] [ 編集 ]
  375. 実機みて風立ちぬ見ると飛行機そのものがロマン
    [ 2014/03/08 13:36 ] [ 編集 ]
  376. 外人が一生懸命日中戦争を煽ってるけど、日本人には全くそんなことをする気持ちはないよね。
    [ 2014/03/08 13:43 ] [ 編集 ]
  377. >>186のリンク先の日付とIDを元に必死チェッカーもどきで検索したら、この日のニュー速の俺の書き込みがちゃんと出てきた。

    ttp://hissi.org/read.php/newsplus/20130613/MzFVK3pZbmMw.html

    我ながら、トリップがなくても間違いなく俺って分かるだろなって思うよw

    ↓これも結構良いだろう。

    ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371110408/78

    ただ、この後に知ったんだが、代用教員は戦前からいたらしいね。戦中に教員が減って~ってのは間違いないが。
    [ 2014/03/08 14:02 ] [ 編集 ]
  378. 玉石混交のスレだな
    ウンコも混じってる
    しかしゼロの事ってわりとみんな全然知らんのな
    [ 2014/03/08 14:37 ] [ 編集 ]
  379. まあ端的に言って戦争というのは一方だけでは成立しない
    [ 2014/03/08 14:37 ] [ 編集 ]
  380. まず用兵思想って言葉があってだな…
    [ 2014/03/08 14:39 ] [ 編集 ]
  381. 帝国陸軍の隼さんも思い出してあげて下さい
    [ 2014/03/08 14:48 ] [ 編集 ]
  382. 不思議だよな……戦争後半じゃ対空火砲でボロボロ落とされて弱い部類に入っていた筈なのになぜか畏敬の念で見られる戦闘機
    [ 2014/03/08 15:32 ] [ 編集 ]
  383. あのエンジン音の響き
    あんな良い音を奏でるとは知らなかった
    [ 2014/03/08 16:56 ] [ 編集 ]
  384. まあ日本が立ち上がらなかったらアジアは今も西洋のドレイねままだったろうから

    結果オーライですよ。

    犠牲は大きすぎましたけどね


    [ 2014/03/08 17:23 ] [ 編集 ]
  385. >>378
    下痢便のお前が何を知ってるんだよ。出し惜しみしてないで知ってることを垂れてみろよ。下痢便野郎が。どうせ知れたことしかほざけないくせによ。ったく。


    >>367
    >それに7.7mmでも搭乗員を直撃すれば落ちるし、

    防弾になっていたら落ちずに済む確率はあがるんじゃないのか?それすら否定するのか?どうしてそこまで日本のパイロットが必ず死ぬべきだったと言い張るんだ。何か恨みでもあるのかよ。
    [ 2014/03/08 18:04 ] [ 編集 ]
  386. ↓なぜ日本のパイロットは死ぬべきなん?

    だから死なないように、性能のよい航続距離の長いキレのある戦闘機作ったんじゃん

    顔真っ赤だよお猿さん

    [ 2014/03/08 18:32 ] [ 編集 ]
  387. この人の意図は知れてるんよ

    どうあっても旧日本は悪者でなくちゃならないんだよ

    だから装甲がとか人死にを前提とした悪の日本を強調しないと気がすまない

    あなたがどんなに頑張っても零戦は偉大な飛行機だし日本が歴史に果たした役割は大きいんです

    [ 2014/03/08 18:36 ] [ 編集 ]
  388. マッカーサーでさえ先の大戦における日本の正当性を認識したんだから
    「実際どうなん?」とググる人が増えれば
    「戦争反対!」とは成っても「日本軍やっぱ悪だわ~」とは成らんだろw
    [ 2014/03/08 18:59 ] [ 編集 ]
  389. 米英相手に無敵で緒戦は連戦連勝、みたいな話は
    双方の撃墜記録を突き合わせて検証してみたら、日本有利
    ではあるが、かなり拮抗してたって書籍もある
    軍事マニア宮崎駿が永遠のゼロをコキ下ろしたのもホルホル通説ばかり信じて検証とは程遠いから
    旋回の起点になるロール性能が低いってのは格闘性能最強派は認めない
    宮崎は日本機マニア嫌いで贔屓のしたおしは良くないって言ってるけど
    ツンデレ入ってるしダメなところも含めて好きなんだろうがな
    牛で飛行場まで機体運んでる貧乏国が、知恵で頑張って世界で通用するものを作ったんだから凄いことだとは思うがな
    [ 2014/03/08 19:15 ] [ 編集 ]
  390. >>386
    じゃ、昨日の続きだな。どうしてヘルキャットはそう作らなかったんだ?少しでも航続距離が長い方がいいってのが「当たり前」なんだろう?でも、ヘルキャットは、そう作らなかった。作戦が違うとか言い訳ほざいてんじゃないぞ。同じ艦載機だ。

    何が顔真っ赤のお猿さんだよ。この下痢便野郎が。昨日から誹謗ばっかりしやがってよ。

    >>387
    大日本帝国だけじゃない。昨日も言っただろう。人間が悪なんだよ。全人類が悪。世界が悪だ。日本も例外ではない。お前、大日本帝国は善だったって言いたいのか?今の日本は善だって言いたいのか?どこそこは善で、どこそこは悪だ、なんつーてるところからしてろくなもんじゃない。

    さっきゲーリングの話を貼り付けといてやっただろう。少しは考えてから垂れろよ。ったく。

    [ 2014/03/08 19:22 ] [ 編集 ]
  391. 昨日からヘルキャットとは作戦が違うだの、零戦からすれば次世代機だとか言い訳ばっかりほざきやがって。次世代機だからって航続距離を優先するのが「当たり前」だと言うのなら、ずっと初期の零戦のように防御を無視した戦闘機を作るべきなんじゃないのか?そうすることが「死なないように」(>>386)することなんだろう?

    >だから死なないように、性能のよい航続距離の長いキレのある戦闘機作ったんじゃん

    しかし、零戦を研究して作ったヘルキャットは、零戦のようには作らなかった。「そう作る必要がなかった」なんて反論は無意味だ。何しろ零戦マンセーの輩は航続距離を優先するのが「当たり前」だってんだからね。なんなんだその「当たり前」ってのは。てめの都合で垂れてんじゃねーぞ。
    [ 2014/03/08 19:51 ] [ 編集 ]
  392. よしっ

    君は防衛大学に入ってそのご高説を垂れるべきだ!こんなサイトうろうろしてないで防衛大学で

    「人類俺以外は滅べ」「松任谷由美は嫌いだ」「人命軽視のが日本は諸悪の根源」「わしは一生反省する」

    で「ヘルキャットが」「兵士に恨みでもあるのか」

    などなど

    素晴らしい高説を日本の防衛に生かしてください



    [ 2014/03/08 20:01 ] [ 編集 ]
  393. さあ次はどんな高説を聞かせてくれるかな

    「人類俺以外は滅べ」と「松任谷由美は嫌いだ」と「俺は一生反省する」 と顔真っ赤にしたところで
    「戦争起こすんは簡単だ。自分たちが追い詰められてるて幻想を国民に抱かせればよい」

    てなるほど

    素晴らしい意見だ

    [ 2014/03/08 20:07 ] [ 編集 ]
  394. 連投しますが、一つ気になるのが

    >昨日から誹謗ばかりしやがって

    誹謗?下記の言葉はみなあなた自身がのたまったことを、おうむ返しにしただけ
    それが誹謗に聞こえるなら、あなたが自分自身を誹謗してるて意味ですよ


    [ 2014/03/08 20:14 ] [ 編集 ]
  395. さっきから見てて、朝鮮と日本の歴史家が互いの歴史検証してて、日本側が理詰めで反証したり理論構築していくのに朝鮮学者がついてゆけず

    「朝鮮に対する愛はないニカー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

    て怒鳴りだし検証できなくなったんを思いだした。


    [ 2014/03/08 20:20 ] [ 編集 ]
  396. この人からすれば、エアバッグが無かった時代の自動車は全て、非人道的殺人欠陥車なのでしょう
    [ 2014/03/08 20:29 ] [ 編集 ]
  397. 亀だけどR・Rがアメリカと思ってる人がいるようだが
    英国だお

    YS11もRR製エンジン。
    飛行機撮ってるとGEとRRエンジン音聞き分けられるようになる
    [ 2014/03/08 21:13 ] [ 編集 ]
  398. では別の視点から「パイロットへの安全面」を見てみましょう
    F4F~F6Fは、主脚の間隔が狭いので艦載機のクセに離着艦時の姿勢安定性が悪く、事故死が多発しました

    一方零戦は離着艦安定性に優れ、「零式練習戦闘機」として教習用飛行機にも転用される程、飛行初心者にも操縦しやすい機体でした
    さて、F4F~F6Fと零戦のどちらが欠陥機でしょうか?
    先ほども申したとおり、どんな工業製品にも長所と短所があります
    欠陥品とは役立たず品のことであり、必ずしも欠点=欠陥ではありません
    F6Fも零戦も、多大な戦果を残した名機なのです
    [ 2014/03/08 22:02 ] [ 編集 ]
  399. 米は格闘戦に優れた機体を作れなかった
    だから日本機を徹底的に検証し戦術を考案し対応する機体を生産した
    次世代機とはそう言うもの

    それから、神ならぬ身の人間が生存競争たる戦争を善悪で語るのは
    些かおこがましいでしょう ドイツが生存圏という語を用いたように
    当時の人間にとって生きるか死ぬかの問題であったのは確かです

    社会状況の全く違う現代の視点で過去を裁くのは愚かな行為に思います
    現代の我々にできるのは先人に学び同じ轍を踏まないことくらいです
    [ 2014/03/08 22:33 ] [ 編集 ]
  400. 馬や牛を輸送に使うのは欧州でも当たり前の事ですよ
    トラック輸送が可能だったのは米くらいなものです
    [ 2014/03/08 22:37 ] [ 編集 ]
  401. 追記
    書き忘れましたが、F4U“シコルスキー”コルセアもまた、艦載機のクセに離発艦時の死亡事故を多発し「殺人機」と言われました
    離発艦安全面に限れば、米海軍にまともな艦上戦闘機は無かった事になりますね
    F4U事故要因のひとつが「逆ガル翼に起因する気流の乱れによる操縦不安定性」でしたが、零戦の先代機の更に試作機「九試単戦」一号機で、既に堀越二郎氏が見抜き逆ガル翼採用を断念していました
    [ 2014/03/08 22:48 ] [ 編集 ]
  402. 俺に害をなすものは全て滅べってのは原初的な戦争の動機なんだけどね
    善悪を基準にするなら「俺以外」じゃなく「俺含め」になってしまうよ
    世界vs個人じゃ勝ち目は無い しかし捻り潰されそうなら一矢は報いる
    戦争とはそんなもんで積み上げた人権も善悪もご都合主義的に扱われる
    現代においてさえまだまだそのレベル シリアやウクライナをみてもね
    そしてそれはお互い様
    [ 2014/03/08 23:47 ] [ 編集 ]
  403. これはすごいな
    ちゃんと整備して半世紀もとっておいたんだ
    [ 2014/03/08 23:52 ] [ 編集 ]
  404. 結局、誰も反論できないわけね。まあ、分かりきってたことだけども。

    それで必死にからかって誤魔化そうとしているわけだ。

    情けなさ過ぎる。

    零戦は誇りとかほざいておきながら、日本人としての誇りはどうした。過去の日本人じゃなくて、今の日本人のさ。失っちまったのか?トンスラー並みのヘタレになっちまったのか。

    しっかり反論してみろよ。逃げ回って悪態付くだけとか、まるでトンスラーじゃねーか。つーか、トンスラーなのか?お前ら。特に392とかさ。
    [ 2014/03/08 23:58 ] [ 編集 ]
  405. >>154, >>155は名無しで投稿しているが、それ以降は155で投稿している。読み返してみると明らかだが、先に誹謗してきたのは>>189の零戦マンセーの輩だ。↓これな。

    >装甲ガーとかほざくピザデブは、仲間を見殺しにして帰るか来たところで相手にされないか愚図でいじめられるか相手に追い付けない鈍足かのいずれかなんだろう。
    [ 2014/03/09 00:13 ] [ 編集 ]
  406. 再び松任谷由美嫌いが復活


    「松任谷由美きらい」と
    「零戦カッコいい」の価値観の関連は

    どこにあるんですかねえ

    「人類の原初的な感覚」と「零戦カッコいい」て本スレの関連もよろっ!

    [ 2014/03/09 00:58 ] [ 編集 ]
  407. >しっかり反論してみろトンスラー並みだ

    反論も何も「原初的な攻撃性」と「零戦カッコいい」の繋がりをきちんと説明していただかないと、反論のしようがありませんよ

    わたしにはただのコジツケやけくそにしか見えないし

    ただ「零戦カッコいい」て本スレやコメント欄の人たちをさも自分が批判する権利があるように批判してるようにしか見えない

    [ 2014/03/09 01:05 ] [ 編集 ]
  408. 零戦のプラモデル作った。解説書にアラビア語、シナ語、英語、多分マレー語、多分フランス語などたくさんの言語で説明があった。作ってみてほんと楽しかった。赤い日の丸を張り付けたら胸がじんとなった。

    [ 2014/03/09 01:19 ] [ 編集 ]
  409. >>407
    俺には当然、零戦批判する権利はあるよ。零戦マンセーするのも自由だし、零戦批判も自由にできるはずだ。

    ところがどうだ。零戦マンセーの輩は誹謗してきやがった。お前のように悪態付きまくりやがった。だからふざけんなって言ってんだよ。誇り云々ほざくなら逃げるな。大概にしとけよ。この恥知らずが。
    [ 2014/03/09 02:39 ] [ 編集 ]
  410. カッケェ------!!!!

    でもいまだに零戦とそれ以外が区別つかないんだけどね・・・
    [ 2014/03/09 03:51 ] [ 編集 ]
  411. なんかまだ勝ち誇ってるな。じゃあこういう例えを出そう。

    建築基準法は何度か変更が加えられていてどんどん内容が強化されている。昔の基準で作られた建物の耐震化工事が行われているのは見た事があると思う。
    昔の基準は今の基準で通用しなくなったが、じゃあ昔の基準で建物を作った設計者は「人命軽視」だったのか?だ。
    確かに、昔の基準でもギリギリで耐震化工事もできない建物があるのは確か。昔の基準で作りつつ余裕があって改めて追加工事しなくても耐えられるものがあるのも確か。だけどだからといって前者の建物の設計者が人命軽視でそうしたかというと、そうではないだろう。あくまでもその時の基準にのっとりつつ経済的立地的な条件から最適解を選んだだけだ。

    零戦は確かに防弾性能が低かった。アップグレードの余地も少なかった。だが本来用途も投入戦場も限られる機体であり、その用途に求められる性能をギリギリまで突きつめた事を指して「人命軽視」とは言えない。もし言えるとすれば戦場も戦法も変わったのにまともな後継機を投入できなかった事に対してだ。
    [ 2014/03/09 07:44 ] [ 編集 ]
  412. だから批判してないよわたしゃ

    ただ純粋に

    「原初的な感覚」と「松任谷由美は嫌いだ」と「誹謗(自分の言葉即ちブーメラン)」と「一生反省」と「トンスラーかよ」と「兵士に恨みでもあるんか」

    もろもろ

    「零戦カッコいい」「零戦好き」て世界中が賞賛してる価値観と

    どんな関連があるんかぜひ説明してもらいたい

    [ 2014/03/09 08:59 ] [ 編集 ]
  413. わたしもキ・ちがいに構ってる時間がないので

    最後にあなたに

    言葉てのはもっと慎重に使いなさい。主題ははっきりと理論立てて、しょうもない糞みたいな知識(誰〃がこんなことを言った)や極端な言葉(人類は俺以外滅べ、一生反省、トンスラーかよ等)を散りばめていい気になってるか知らないが、その糞みたいな知識やぶっ飛んだ言葉が

    ますます本題から離れて理論を逸脱し人を呆れさせることに気づきなさい

    あなたが零戦が嫌いでどうしても日本が悪者でなくちゃならないと考えてることは重々伝わったからそんなに顔真っ赤にせんでも大丈夫だよ
    でわたしの感想述べます

    あなたは北朝鮮の広報のようだ

    「全知全能の将軍さま」「人類の霊的指導者」「世界がひざまづく宇宙の首領さま」

    こんな言葉を散りばめながら唸る様に語る北朝鮮のアナウンサーみたい

    他からみたらきしょい、キモいだけ。

    まあ極端なこと言えば言うほどカッケーて朝鮮人民は思ってんやろね

    あなたも多分そう

    でも日本人的な感覚からすればそれはただただ奇妙で気持ち悪い

    うましかに見える

    以上!!!!!


    [ 2014/03/09 09:13 ] [ 編集 ]
  414. 「装甲板っつっても大した防弾効果は無かったんよ」

    「でもちょっとはあるんだろ!
    人命軽視だぁ!
    欠陥機だぁ!」
    ですからねぇ

    「欠陥品ってのは役立たず品の事だよ、零戦は間違いなく緒戦で大いに役に立った」
    「ただでさえ高難度の空母離着艦の敷居を更に上げて死亡事故多発の米艦載機に比べ、零戦は教習機にも転用されるほど安全な操縦性だったんだよ」

    無視

    自分も竜ヶ崎飛行場で実機のフライトを見ましたが、短い滑走路を目一杯使ってよろよろ飛び上がるP-51Dに対し、より低速でフワッと浮き上がりフワッと着地する零戦の優雅さがとても印象的で、
    「ああこれが陸軍機と艦載機の違いなんだなぁ」
    と実感しました
    [ 2014/03/09 10:52 ] [ 編集 ]
  415. 自分も昨日より長々と書き込んでまいりましたが、一旦〆るとしますか

    1871年…いわゆる断髪令
    1940年…零戦制式採用(皇紀2600年)

    ちょんまげやめてからわずか70年足らずでここまでの物を作り上げ、短期間ではありましたが欧米列強国を震撼させた
    零戦は間違いなく飛行機史に残る名機です
    出典元は忘れましたが海外専門家による「名機百選」みたいなのにも選ばれてましたね
    勿論、各技術は外国ライセンス生産品や無断コピーの寄せ集めでしたし、工業製品の常として弱点欠点も内包していた事は事実であり、決して手離し崇拝ではありません
    しかし零伝説は国内外で永く語り継がれてゆく事でしょう
    [ 2014/03/09 11:10 ] [ 編集 ]
  416. >>411
    >零戦は確かに防弾性能が低かった。

    違う。低かったんじゃない。全く無かったんだ。既に技術的には考慮して設計することが出来たのにしなかった。建築法のたとえ話に無理矢理当てはめれば、耐震性能が僅かでも有るか、それとも全く無いか。後者は有り得ない。人命軽視以前の話。つまり、零戦は本来なら有り得ない代物と言える。

    >>412>>413
    お前がやっていることは批判ではない。お前は悪態付きながら逃げ回っているだけのヘタレでしかない。せいぜい俺を馬鹿呼ばわりして喜んでいればいいさ。お前に似合いのスタイルだよ。
    [ 2014/03/09 11:12 ] [ 編集 ]
  417. >>415
    ホルホルしてんじゃないよ。みっともない。こっちが恥ずかしくなる。あんたには羞恥心ってものがないのか。
    [ 2014/03/09 11:14 ] [ 編集 ]
  418. 1939年…日本陸軍、ノモンハン事変の戦訓により防弾の必要性を学ぶ
    1940年…英空軍、バトル オブ ブリテンの戦訓により防弾の必要性を学ぶ

    1937年…(昭和12年)十二試艦戦開発開始
    1940年…(皇紀2600年)十二試艦戦、零戦として制式採用

    はい論破
    [ 2014/03/09 11:33 ] [ 編集 ]
  419. 追記

    1936年…XF4F、開発開始
    1939年…F4F“ワイルドキャット”として制式採用
    この時点ではF4Fに装甲板はありません
    [ 2014/03/09 11:44 ] [ 編集 ]
  420. >ちょんまげやめてからわずか70年足らずでここまでの物を作り上げ、

    ライト兄弟が初飛行に成功した日は1903年12月17日。日本がちょんまげやめてから32年も経ってからだ。欧米の方が進んでいたと言っても、飛行機に関しては、どの国でも黎明期を少し過ぎた程度だったんだよ。そもそも現時点でライト兄弟の初飛行から僅か110年しか経っていない。それでこの世の中だ。日本人だけが急速に発展したわけじゃない。
    [ 2014/03/09 11:47 ] [ 編集 ]
  421. >>418
    それはつまり言い換えれば日本人は真似しかできないとほざいているに等しい。欧米がやらないことがやれなくて当然とね。日本人を馬鹿にしやがって。

    だから>>350で言っただろう。>>345の話が設計者の本音ならば、やはり欠陥品だったわけだよ。神の智恵なんて必要なかった。人間の智恵で出来ることだったんだ。
    [ 2014/03/09 11:57 ] [ 編集 ]
  422. そもそも武士でさえ鎧を着てたがな。ったく。
    [ 2014/03/09 12:01 ] [ 編集 ]
  423. 年表が読めませんかね?
    零戦がデビューした1940年には、あのスピットファイアですら防弾皆無だったんですよ
    堀越技師が「もしもあの時に神の智慧があったなら」と述懐したのは、「神様みたいに未来の戦訓を知り得たならば」という意味なんですよっ!
    複数の人がエアバッグや建築基準法を例えに出してるのはそういう事です
    [ 2014/03/09 12:08 ] [ 編集 ]
  424. >>419
    調べたが、F4Fに防弾装備が無かったのは、ほんとに最初のうちだけ。開戦前に既にマイナーチェンジを重ねていたそうじゃないか。

    F4F-3(1940年12月)の8号機というので実装されている。
    F4F-7(1941年12月)では逆に防弾キャノピーを排除して軽量化を図ったとある。(偵察用?)

    ttp://sakurasakujapan.web.fc2.com/main03/weaponusnfighterf4f/f4f.html
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/F4F_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29
    ttp://www.sky.sannet.ne.jp/mfumio/new19422.htm
    [ 2014/03/09 12:17 ] [ 編集 ]
  425. >>423
    あほか。神じゃなくても同時期に人間がやってるよ。ったく。大概にしとけ。
    [ 2014/03/09 12:19 ] [ 編集 ]
  426. ライト兄弟 の遥か前に江戸日本の岡山にいた「鳥人幸吉」がグライダーで自由自在に飛んでたん知らないの?



    [ 2014/03/09 12:25 ] [ 編集 ]
  427. 次回から名無しに戻すわ。ムキになられて俺一人なら力技でねじ伏せられるとでも思い込んでるようだからね。

    >1939年…F4F“ワイルドキャット”として制式採用
    >この時点ではF4Fに装甲板はありません

    この汚いやり方には恐れ入ったよ。開戦時には既に装甲版はあったんだ。F4F-3には。それを知っていながら、「この時点では~」なんてほざいてたんだろう。困った輩だ。俺が欠陥品呼ばわりするよりも、あんなのが零戦は誇りだなんてほざく方が、零戦を侮辱したことになると思うけどな。

    [ 2014/03/09 12:46 ] [ 編集 ]
  428. そうでしたか
    「日本機との交戦による戦訓」は間違いで、
    「同盟国英国軍よりもたらされたバトルオブブリテンの戦訓により」でしたかね
    いずれにせよ、時期的には零戦に防弾が無くても責められないという事には違いありませんね
    日米開戦前夜、単座戦闘機の防弾装備は各国で漸く必要性が検討されはじめたばかりだった
    しかも前述の様に前線パイロットはF4Fの重量加増を嫌がった
    そちらの調べでも「一旦着けた物を外した」のでしょう?
    偵察用だかなんだか知りませんが、そちらの論旨に従えば偵察機パイロットなら人命軽視してよいのですか?

    「日本人には猿真似しか出来ない」とも言ってません
    零戦に独創的な箇所が幾つもあった事は様々な資料が示しています
    しかしそちらの言う「ホルホル」に陥らない為に、各国技術の寄せ集めでもあった事も述べただけです
    (例:20mm、可変ピッチプロペラ、通信機、沈頭鋲etc)
    P-51Dも英国製エンジンを積んでたのですから、この点でいたずらに卑下するつもりもありません

    で、肝心な箇所は相変わらず無視で子細なとこばかり拘ってますよね?
    「欠点=欠陥ではない、欠陥品とは役立たず品の事であり零戦は間違いなく大いに貢献した」
    ここには反論しないんですか出来ないんですか?
    [ 2014/03/09 12:56 ] [ 編集 ]
  429. これも追記しときましょう
    零戦ですら末期には施した防弾燃料タンクを、スピットファイアは終戦まで採用しなかった
    バトル オブ ブリテンの戦訓を見いだした英国空軍自身が、です

    さて改めて問います
    防弾の有無は欠陥品呼ばわりされる程の致命的欠点だったでしょうか?
    [ 2014/03/09 13:04 ] [ 編集 ]
  430. たぶんこの方は「零戦は悪」「日本は悪者」てことを主張したいだけだから。いくらちゃんと反証しても理を説いても「でも日本は悪で零戦は欠陥品の人命軽視」てわめき続けるんよ

    こういう輩には何言っても無駄

    「日本悪で零戦欠陥品」とあなたはどうでも結論づけたいんですねそれならどーぞご勝手に としか言えん

    ウリは世界一優秀な民族ニダて結論づけてる人々に

    その優秀な民族がなぜ半万年ドレイでなぜ美女三千人を性ドレイとしてシナに献上し、今も売春婦を世界に輸出し続けるのか

    と丁寧に反証しても
    「ウリは優秀ニダ間違いないニダウリに愛はないニカ」て叫びだして手がつけられなくなるだけ

    [ 2014/03/09 13:20 ] [ 編集 ]
  431. F4F-7は偵察機だった。はっきり書いてあった。

    -----------------------------------------------------
    「F4F-7」は、「F4F」の偵察機型であり、特に武装や装甲を取外して徹底的な軽量化が施され、航続距離と飛行時間の延長を図った機体であった。社内呼称は「G-52」。
    -----------------------------------------------------
    ttp://sakurasakujapan.web.fc2.com/main03/weaponusnfighterf4f/f4f.html


    >「欠点=欠陥ではない、欠陥品とは役立たず品の事であり零戦は間違いなく大いに貢献した」

    一応、辞書を引いてみると、
    --------------------------------
    欠陥
    欠けて足りないこと。不備な点。
    --------------------------------
    ttp://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/68181/m0u/

    とされているがw

    役立たずとされるべきだったものを無理矢理使ってしまった。最後には練習機にも爆弾を括り付けて特攻させたくらいだから、通常の作戦でも、とりあえず飛んでくれれば欠陥品でもよかったんだろう。


    >防弾の有無は欠陥品呼ばわりされる程の致命的欠点だったでしょうか?

    当然だ。パイロットも貴重な戦力だ。ゆえにF4Fも開戦前からマイナーチェンジを繰り返して防弾装備をしたんだろう。
    [ 2014/03/09 13:32 ] [ 編集 ]
  432. 零戦は誰もが認める名機で世界中に愛好家がいる。それでいいんですよ

    この方が一人で「欠陥品だ」て喚きまわるのも自由ですから
    ほっときましょうよ

    [ 2014/03/09 13:37 ] [ 編集 ]
  433. コメント欄には見当たらなかったようだけど、柳田邦男氏の執筆した「零式戦闘機」も良書なので読んでみると良いと思う。

    堀越氏が初めて設計主務者となった七試単戦の開発から零戦が誕生するまでの開発の歴史が、関係者への取材を基に書かれていて、技術者の方もそうでない方も何かを感じる事の出来る一冊だと思うな。

    [ 2014/03/09 13:48 ] [ 編集 ]
  434. 柳田邦男氏の『零式戦闘機』は『風立ちぬ』公開に合わせて増刷されたので入手が容易ですよね
    [ 2014/03/09 14:30 ] [ 編集 ]
  435. 書き込みのレベルが上がってきてしまった^_^
    [ 2014/03/09 18:59 ] [ 編集 ]
  436. あの時代にアジアで唯一、(質はともかく)欧米並みに兵器をフルラインで生産し、重装備の正規軍で欧米とやりあったという事実は今も日本が欧米に一目置かれていることと無関係じゃないよな。
    [ 2014/03/09 19:06 ] [ 編集 ]
  437. 敵国からも称賛されるってすごいね
    いやそういう文化が彼らにあるのか
    先人達の足跡に言葉もないです凄まじい。。。。
    [ 2014/03/09 20:02 ] [ 編集 ]
  438. 反論できなくなると「ほっときましょうよ」だからねw

    凄まじいレベルだと思うよ^_^

    欠点=欠陥ではない(キリッ
    [ 2014/03/09 20:08 ] [ 編集 ]
  439. だから何度もみんなで反論してんじゃんエアバッグ以前の車は殺人欠陥車なのかとか、大戦の初期の戦果は無視かとか、海軍の性質上の優先順位とか、あなたフル無視してんじゃん
    ある人は「~が好き」ていう価値観と「日本は悪で一生反省」とかどんな関連あるんですか て何度も問うてるのにガン無視だし

    どうでも欠陥品だて断定して結論出してる人に何言っても無駄でしょ

    人の価値観にケチつけてくさすんはあなたの自由だけど

    あなた出てくるとコメント欄レベルがさがるんで引っ込んでください

    [ 2014/03/09 20:15 ] [ 編集 ]


  440. 君にとって零戦は欠陥品なんでしょ。わかったから!素晴らしい意見ありがとうございました。


    [ 2014/03/09 20:21 ] [ 編集 ]
  441. 反論できなくなると「ほっときましょうよ」

    欠点=欠陥ではない(キリッ

    よくもこれでコメント欄のレベルがーなんて言えるな。
    恥知らずにも程がある。
    [ 2014/03/09 22:05 ] [ 編集 ]
  442. ほんとだよね

    人の反論に耳を貸さないくせに「反論できない」と断定するし

    「零戦は欠陥品」てことを言いたいがために都合悪い反論はガン無視

    レベル以下の問題

    日本語が不自由なのか、「愛がないニカ」て心境なんでしょ

    [ 2014/03/09 22:16 ] [ 編集 ]
  443. >どんな関連あるんですか

    戦争とは武力による国家間の戦い。当然、全てに関連する。国の資源も国民も社会も法律も道徳も価値観も常識も、国家に内包されているあらゆるものが。こんな基本的なことも分からない輩が悪態をついていることの方が、コメント欄のレベルをとことん下げることになる。
    [ 2014/03/09 22:22 ] [ 編集 ]
  444. だからー

    彼は零戦は欠陥品て結論なんだよ。彼がそう思うんは自由じゃん。


    [ 2014/03/09 22:22 ] [ 編集 ]
  445. だからー先に結論ありきの人に何言っても無駄

    [ 2014/03/09 22:26 ] [ 編集 ]
  446. 確かにそれ程レベルは高くないですね
    得意気に貶めるにしても防弾一点張りですから
    もうちょっと「強度不足デー」とか「20mmガー」とか攻め手を増やしてもらわないと、こちらとしても手応えがありません
    もう飽きたけど

    零戦の弱点(勿論長所も)研究については、
    新潮選書
    『零式艦上戦闘機』
    清水政彦 著
    がなかなか面白かったです
    [ 2014/03/09 22:31 ] [ 編集 ]
  447. たぶん技術的に欠陥品だと主張するわりにいろんな攻め手がないからこそ、違う話に持っていったり話をわざと日本軍や国全体に広げて貶めたりするんだよ

    見てるぶんには必死度が面白いけどね。まあ彼が零戦認めたくないのはひしひしと伝わった

    ご苦労さんです


    [ 2014/03/09 22:38 ] [ 編集 ]
  448. >日本語が不自由なのか、「愛がないニカ」て心境なんでしょ

    きっちり説明されて「だからー先に結論ありきの人に何言っても無駄 」などと泣き言を垂れている零戦マンセーの輩こそ、その心境なんだろう。


    >こちらとしても手応えがありません

    零戦マンセーの輩によれば、無視は許されないらしいぞw

    -------------------------------------------------
    >「欠点=欠陥ではない、欠陥品とは役立たず品の事であり零戦は間違いなく大いに貢献した」

    一応、辞書を引いてみると、
    --------------------------------
    欠陥
    欠けて足りないこと。不備な点。
    --------------------------------
    ttp://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/68181/m0u/

    とされているがw

    役立たずとされるべきだったものを無理矢理使ってしまった。最後には練習機にも爆弾を括り付けて特攻させたくらいだから、通常の作戦でも、とりあえず飛んでくれれば欠陥品でもよかったんだろう。


    >防弾の有無は欠陥品呼ばわりされる程の致命的欠点だったでしょうか?

    当然だ。パイロットも貴重な戦力だ。ゆえにF4Fも開戦前からマイナーチェンジを繰り返して防弾装備をしたんだろう。
    -------------------------------------------------
    [ 2014/03/09 22:41 ] [ 編集 ]
  449. 端的に言うと

    零戦大好きの世界中の愛好家に対し

    あなたはあくまでも零戦は欠陥品だと主張したいんだね

    もう十分伝わりましたから

    [ 2014/03/09 22:45 ] [ 編集 ]
  450. がんばれ零戦嫌いの人!

    あなたの意見に賛同する人がこのコメント欄にも一人くらいはいるかも知れない
    そろそろみんな飽きてきたからね、賛同者が現れるまでがんばるつもりなん?

    [ 2014/03/09 22:49 ] [ 編集 ]
  451. >いろんな攻め手がないからこそ

    いろんな攻め手など不要だw

    零戦マンセー派は頭が悪過ぎる。

    一つでも重大な欠点もしくは欠陥があれば、立派な欠陥品だ。

    日本語も論理的思考力もレベルが低過ぎるよ、零戦マンセー派は。

    二人で粘着しているようだが、一人は小中学生レベルで、もう一人は零戦マニアか。マニアなんざ、それこそ姿カタチしか見てないんだろうからね。ん?中身も見てるって?それは零戦の構造を見ているだけで、実像を直視しようとしているわけじゃないだろう。現に零戦は欠陥品であるとの指摘から目を背けようとばかりしている。
    [ 2014/03/09 22:57 ] [ 編集 ]
  452. ぼくから見たらあなたのがずっと頭悪いですよ

    誰も賛同しない壁に向かって一人で必死にボールなげて一つの主張を繰り返してる

    で、誰か「あなた頭いいですね」「確かに零戦は欠陥品ですね」「確かに他の人は頭悪いですね」

    て賛同してくれる人いたん?

    賛同してくれるまでがんばるんですか?

    そういうの日本語でなんて言うか知ってますか

    一人よがりて言うんですよ
    人に「頭悪い」て言える人は他人より頭が良い人が言う台詞です

    あなたのことを頭が良い人だと認めてくれる人が現れるまでがんばるならそれも結構頑張ってくださいと申し上げるしかありませんね


    [ 2014/03/09 23:05 ] [ 編集 ]
  453. >零戦嫌いの人

    ここで「零戦が嫌い」と言った人はいないと思うけどな。
    零戦マンセーの輩は思い込みが激し過ぎて、勝手にファビョり過ぎだと思うぞ。
    [ 2014/03/09 23:08 ] [ 編集 ]
  454. ああすみません
    前述の清水政彦氏『零式艦上戦闘機』にちゃんとF4Fの装甲板について記述がありました
    以下要約しますと、

    1940年5月にナチが仏領内へ侵攻します
    この時に英仏空軍は多大な損害を被りますが、この時に米国より“装甲無し初期型F4F”を供給されていたんですね
    で英空軍の要請によりF4Fに順次装甲板を後付け改造していったと
    「1941年12月(つまり日米開戦時)には『まだ素っ裸』の機体もあった」とも記述されてます
    んで零戦の制式採用は1940年7月ですから、この時点で装甲板が無くても責められませんね
    ついでに申し上げますと、この時期中国戦線では、航続距離が短い九六艦戦は長距離爆撃機の護衛についてゆけず、爆撃隊が甚大な被害を受けていました
    爆撃機は一機墜されたら複数人が戦死するのですから、一刻も早く「航続距離が長い新鋭戦闘機=零戦」の投入が渇望されていたのですね
    [ 2014/03/09 23:08 ] [ 編集 ]
  455. で、ぼくにはよくわからないんだけど

    あなたは何が主張したいんですかね

    ぼくが見た限りでは
    ・零戦は欠陥品である
    ・零戦万歳は頭が悪い

    てことを誰かに賛同してもらいためにこんなに必死になってんですか?

    だとしたら無駄かもしれない。このサイト事態が日本愛好家のサイトでコメント欄もそれ見て日本再発見してんですよね
    場違いというか
    嫌われ者そのものというか

    無駄でも努力は続けるていうならそれはあなたの勝手だけどね


    [ 2014/03/09 23:12 ] [ 編集 ]
  456. ああわかりました

    零戦嫌いではなく零戦万歳は頭が悪い人て言うことを賛同してもらいたいんですね

    ぼくから見たら零戦万歳?てか詳しい人はあなたよりずっと零戦について研究し長所も欠点も知ってて反論されてるように見えますがね

    火病?

    「頭が悪い」「ったく」「恥を知れ」などの卑罵語を連発して火病起こしてるんはあなたのほうに見えますがね

    [ 2014/03/09 23:17 ] [ 編集 ]
  457. >この時点で装甲板が無くても責められませんね

    その理由が「F4Fに装甲板がなかった機体があったから」というのであれば、愚か者と言わざるを得ない。

    「アメリカがやっていないことを日本がやれなくて当たり前」などとは決して言ってもらいたくない。「零戦は誇り」だなんて言う人には尚更なんだが、むしろ、そこら辺が分かってないから軽々しく「零戦は誇り」だなんて言えてしまうのかもね。

    --------------------------------------------------
    >ちょんまげやめてからわずか70年足らずでここまでの物を作り上げ、

    ライト兄弟が初飛行に成功した日は1903年12月17日。日本がちょんまげやめてから32年も経ってからだ。欧米の方が進んでいたと言っても、飛行機に関しては、どの国でも黎明期を少し過ぎた程度だったんだよ。そもそも現時点でライト兄弟の初飛行から僅か110年しか経っていない。それでこの世の中だ。日本人だけが急速に発展したわけじゃない。
    --------------------------------------------------
    [ 2014/03/09 23:21 ] [ 編集 ]
  458. 先に誹謗してきたのは零戦マンセー派

    ----------------------------------------------------
    >>154, >>155は名無しで投稿しているが、それ以降は155で投稿している。読み返してみると明らかだが、先に誹謗してきたのは>>189の零戦マンセーの輩だ。↓これな。

    >装甲ガーとかほざくピザデブは、仲間を見殺しにして帰るか来たところで相手にされないか愚図でいじめられるか相手に追い付けない鈍足かのいずれかなんだろう。
    ----------------------------------------------------
    [ 2014/03/09 23:26 ] [ 編集 ]
  459. ぼくは少なくともあなたのエキセントリックで支離滅裂の「零戦は欠陥品」て主張するあなたの意見には賛同できませんね

    あなたのことを頭がよいとも思えないしむしろ自分が頭がよいと勘違いして主題から目を逸らして喚き続ける火病持ちとしてしか見えません
    あなたの頑張りが報われることはありませんよ

    世界で認められ恐れられた零戦とあなたの口だけ番長じゃね

    あなた頭が悪いです
    頑張れば頑張るほど人の反感を買い軽蔑されてます

    [ 2014/03/09 23:29 ] [ 編集 ]
  460. あなたは「ピザデブ」の人に悪口言われたから、正統派の零戦好きの人まで卑罵語で罵り返すんですか?

    [ 2014/03/09 23:37 ] [ 編集 ]
  461. うわははは
    わたしゃ零戦好きのピザデブですから、他人様をピザデブと誹謗出来ませんし、ピザデブと言われても反論出来ませんわ

    さてピザデブ発言ですが、多分それ「防弾追加で鈍重化した(とされる)末期零戦」を揶揄してるんだと思います
    [ 2014/03/09 23:55 ] [ 編集 ]
  462. >揶揄してるんだと思います

    で? 零戦マンセー派は人をおちょくって喜ぶ卑劣で愚劣で下劣で低劣な輩だと宣伝したいわけか?w そんなことはいちいち宣伝してもらわなくてもよく分かってるよ。ったく。


    もはや泣き言を垂れるだけの情けない零戦マンセー派が正統派だの反感だの軽蔑だの喚く姿は滑稽でしかない。

    じゃ、まだ泣き言を垂れなきゃ気が済まないというのなら続けてくれw
    [ 2014/03/10 01:50 ] [ 編集 ]
  463. ↓自演乙w

    [ 2014/03/10 06:11 ] [ 編集 ]
  464. B29には負けました(笑)
    [ 2014/03/10 06:13 ] [ 編集 ]
  465. 今日は久しぶりに単車を出してエンジン音を聞きたくなった。
    [ 2014/03/10 08:02 ] [ 編集 ]
  466. ホルホルとかマンセーとか連発してる時点でバレバレ在日の必死な書き込み

    堪能しました
    [ 2014/03/10 08:15 ] [ 編集 ]
  467. 何にせよ不足がある=欠陥とするなら
    矛と盾から始まる兵器体系において完全ということはあり得ない以上
    全ての兵器が欠陥品だということになるよ

    零戦が登場当時あいての戦力を優越していたのは間違いない上
    当時として異例な程の期間で正面戦力として活躍していたのだから
    名機であることは疑いない

    防弾甲板を装備すれば人命の損耗が軽減したという発想もおかしい
    出力の強化なしでは鈍重な機体となりタダの的になるだけであって
    当時の日本の工業力において日本軍の要求書は適正かやや過剰気味

    旧軍が責められるとすれば零戦においてではなく
    零戦の性能におぼれ次機開発の着手が遅れたことだよ
    そしてそのようなリソースの配分ミスは他国も同様に起こしている
    [ 2014/03/10 11:43 ] [ 編集 ]
  468. エンジンの音、轟轟と
    何だこの機体は! しれっとしている。(坂井三郎)

    20mm機銃は凄い。このサイズだと米軍では銃でなく砲扱いだし。が、何せ重いので真っ直ぐ飛ばなかったし、装弾数も少なかった。坂井三郎氏曰く「翼の前縁を黄色に染めて」向かって来るF12.7mm機銃6門の方が良いと。

    零戦の後継機の開発が進まなかったのは、軍部が要求する雑用に精鋭を取られてしまったのと、そして何よりも日本の工業力が未熟だったのだと、堀越氏は述懐している。その反動が戦後の富士重、三菱、プリンス->日産、本田各社の野心的な自動車開発(世界初の新機軸が多かった)に繋がったのと思う。
    [ 2014/03/10 15:39 ] [ 編集 ]
  469. この必死すぎる在日さん

    日本にはシナ朝鮮や古代ヨーロッパ風のドレイがいたて必死にカキコしてた人だわ、わたしにはわかる

    むろん日本歴史上、は卑弥呼以後、ドレイなんぞいたためしはないけどね。

    なんとかして日本の歴史を朝鮮レベルに貶めたくて仕方なくて

    >B29には負けたけどな(笑)とか

    朝鮮の歴史のあまりの惨めさに日本まで同レベルに貶めたい哀れで頭の悪い人


    まあ朝鮮人には零戦や旭日旗はまぶしすぎて貶めずにはいられないんでしょ


    [ 2014/03/10 17:31 ] [ 編集 ]
  470. ≫464
      B29には負けました(笑)
     ゼロ戦はあくまで戦闘機であって本土防空戦闘機や局地戦闘機ではないから、そもそもB29と対決する必要も無いんだよ。
     因みに紫電や紫電改、雷電はB29とよく戦ったと思うよ。
     後、書き込みするにはよく事前に調べてからにしようね。在日君!!
    [ 2014/03/10 20:41 ] [ 編集 ]
  471. 在日が日本をディスっても、ホント仕方ねえのに、何したいのかワカラン
    シナコリアは日本以下なんだから。
    日本をSageても、それ以上下がるだけの話。
    [ 2014/03/10 20:42 ] [ 編集 ]
  472. ※470
    戦場ではB-24とかB-17とかに苦しんでいたんだよね。
    在日はB-29を連打するのでわかりやすい。
    [ 2014/03/10 20:47 ] [ 編集 ]
  473. ≫472
    470です。あなたの言うとおりです。
    [ 2014/03/10 21:01 ] [ 編集 ]
  474. ※473
    リロード遅くなしたましたが、どうもです。
    在日はほんとうに不思議な人達です。
    不満があるなら偉大なる半島に還ればいいだけなのに・・・。

    アメリカは全く半島を相手にしておらず、
    マッカーサーは日本に住んだまま指揮をとっていました。
    どうでもよかった。38度線も、少佐2人くらいで適当に決めた。
    朝鮮戦争ではレシプロが現役だったわけで、
    日本の兵器に文句言うのは、荒唐無稽な話なのです。
    [ 2014/03/10 21:59 ] [ 編集 ]
  475. ※474
    470です。やはりそうですよね。飛行機を作れないどころかマンホールにおとしてしまうような民族にはつべこべ言う権利はないと思います。
    あと、話は変わるのですが、私がこの動画を見て思った事は、カッコいいということよりも、敵国の、きっと憎たらしいであろう戦闘機を大切に保管してくださったアメリカへの感謝の思いのほうが大きいです。戦争から何年もたった今になってもゼロ戦が、それも飛んでいる姿が見られるなんて奇跡だと思います。
    [ 2014/03/10 22:22 ] [ 編集 ]
  476. 「零戦実は大したことない凡庸機説」というのは、飛行機好き・戦史好きなら誰しもがいつか必ず通ってきた道なんですね
    中でも防弾皆無人命軽視説は初歩の初歩、手垢が付きすぎていて、今更それ持ち出してくる輩はまずニワカと思って間違いないです
    さんざ述べてきた様に、
    「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    性能諸元表や各国戦果報告書を突き合わせて零戦伝説の“盛ってある”要素を幾ら洗い出しても、
    (いやそれはそれで大変重要な検証です)
    当時零戦と対峙した人々が畏怖し、真剣に対策を講じ、また現在まで大切に実機を動態保存、またはレプリカ新造してその勇姿を愛で続けている事実までを覆す事は決して出来ないのです
    タイガー戦車然り
    武田騎馬軍団然り
    伝説というものはそもそもそうやって幻想を纏いながら紡がれてゆくものなのです
    [ 2014/03/10 23:07 ] [ 編集 ]
  477. ※475たん474です
    また来ちゃいました
    パイロットは騎士の延長であるという考えがあるらしく、
    坂井三郎も米国軍基地に招待されたり、
    ギュンター・ラルも米国に招かれNATOの武官をつとめ、
    ルーデルも米国の兵器開発に参加しています。

    戦争はとても悲惨で、二度とあってはならないことです。
    でも零戦や二式大艇などを保存してくれた、
    戦争は別にして、そういうアメちゃんの思考には感謝したいですね。

    おやすみなさい
    [ 2014/03/10 23:30 ] [ 編集 ]
  478. 騎士の延長というその一方で、落下傘脱出した丸腰のパイロットを平気で機銃掃射するという気風も欧米戦闘機乗りは持ち合わせていた様です
    「武士の情け」とはチと異なる部分もあるみたいで、そうなるとますます防弾装備による延命の意味が薄れるとも言えそうです
    「脱出後に辱しめを受けるくらいなら愛機と共に…」という考えに傾いても仕方ないかも知れないですね
    [ 2014/03/11 00:03 ] [ 編集 ]
  479. いやいや流石にヘルキャットより上ってのは褒め過ぎでしょw
    あれは紫電改クラスの戦闘力。
    一撃離脱の集団戦が主流になってからは格闘戦重視の零戦は完全に時代遅れだったよ。

    機体の美しさだったら攻撃機の流星を推します。
    [ 2014/03/11 07:54 ] [ 編集 ]
  480. ※477たそ475です。
    気付いたら朝になっていました。
    色々なことを教えてくださってありがとうございます。
    あなたと話せて本当に楽しかったです。またあえるといいですね。
    [ 2014/03/11 13:43 ] [ 編集 ]
  481. ゼロ戦乗りたい!
    [ 2014/03/11 17:32 ] [ 編集 ]
  482. ※479
    流星とか流星改の逆ガルっていいよな。
    [ 2014/03/11 18:12 ] [ 編集 ]
  483. 『風立ちぬ』も言ってみれば逆ガル賛歌アニメでしたね
    [ 2014/03/11 20:41 ] [ 編集 ]
  484. 『風立ちぬ』も言ってみれば逆ガル賛歌アニメでしたね
    [ 2014/03/11 20:42 ] [ 編集 ]
  485. なんでB29比較?
    フィルムで見せられたがあれは爆撃機だよね。

    いや、知識全然ないけど、嘉手納基地からばんばん飛んでる戦闘機とは全く違うよ。

    小型で軽そうな蚊みたいなの、あれが戦闘機だろうな。
    これに類するのがゼロ戦なんだろう
    [ 2014/03/12 00:33 ] [ 編集 ]
  486. 敵地へ爆弾を上空からばら蒔くのが爆撃機の役目です
    これを迎え撃つのが小型で俊敏な戦闘機です

    B-29が登場した時には零戦はすっかり旧式化していたので、太刀打ちするのが困難でした
    [ 2014/03/12 01:56 ] [ 編集 ]
  487. 永遠の0の映画でも栄エンジンの音使ってるよね。
    大音響でエンジン音聞けるから最高。
    [ 2014/03/12 05:53 ] [ 編集 ]
  488. 「零戦」が5年も実戦に使われたのは軍部の怠慢以外の何物でもないよ。
    後継機たる「震電」がもう少し早く世に送り出されていればと思うが、
    逆にそうなれば「零戦」がこれほど礼賛を受ける事もなかっただろうね。
    [ 2014/03/12 11:39 ] [ 編集 ]
  489. ※486
     B29を落とすのは雷電、紫電、紫電改、天雷,鍾九首(漢字の変換が出来ませんでした。)、飛燕、疾風あたりのやつが専門だったらしいです。ゼロ戦の主な任務は、艦艇や大型爆撃機の護衛だったと思います。(特攻はなしで)
     このような機体に必要とされるのは、高い上昇能力で格戦闘能力はそのつぎだったそうです。
    [ 2014/03/12 19:54 ] [ 編集 ]
  490. ところが“迎撃専門機”雷電の開発が遅れたせいもあり、緒戦では零戦は割りと何でも屋をやらされたんですね
    それがまた零戦伝説をますます拡充させる源ともなった訳です

    零戦に何でも屋をやらせる為に更なる改良が要求される

    雷電や零戦後継機の開発を手がける余裕が無くなる

    ますます零戦への依存度が高まり、更なる改良要求へ

    と、どんどんドツボにはまり、ついに堀越技師は病に臥します
    零戦後継機“烈風”開発途中では過労死するスタッフも出ました

    軍部の怠慢というより、欲を出して国力に見合わない開発命令を次々と乱発した事が末期零戦の悲劇と言えるのかも知れません
    [ 2014/03/12 21:15 ] [ 編集 ]
  491. 旋回が美しい
    [ 2014/03/13 00:01 ] [ 編集 ]
  492. 性能というよりフォルムが綺麗ってのが敵国人からも好かれる理由だよ。
    [ 2014/03/13 11:30 ] [ 編集 ]
  493. 性能に基づいた緒戦の戦果
    旧式化による晩年の悲劇
    機体の美しさ
    飛行する姿の優雅さ

    その全てが零戦伝説を形成しているのだと思います

    おそらく三島由紀夫や村上春樹以上に海外で広く読まれているのが、元零戦搭乗員であった坂井三郎中尉の『SAMURAI』(原題・大空のサムライ)でしょう
    見た目人気だけではないと思いますよ
    [ 2014/03/13 22:06 ] [ 編集 ]
  494. お互いに命運をかけて戦ったもの同士だから、今こうしてお互いを賛美できるんだ。お隣の国のように、当時は逃げ回っていて今になって声高く吠えてるだけの奴等とは違う。
    [ 2014/03/14 09:51 ] [ 編集 ]
  495. 映画「永遠の0」

    広範囲に海外公演やったらかなり共興凄いんでないか?
    アメ公嫌いな国がかなりあるしなwww
    [ 2014/03/14 17:57 ] [ 編集 ]
  496. ヤマトをあんなにしちまったカントクだから怖くて観に行けません
    どっちも特攻オチだし
    [ 2014/03/14 23:24 ] [ 編集 ]
  497. まだ零戦マンセー派が泣き言垂れてたのかw
    仕方がない。もう一度言ってやろうw


    >「欠点=欠陥ではない、欠陥品とは役立たず品の事であり零戦は間違いなく大いに貢献した」

    一応、辞書を引いてみると、
    --------------------------------
    欠陥
    欠けて足りないこと。不備な点。
    --------------------------------
    ttp://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/68181/m0u/

    とされているがw

    役立たずとされるべきだったものを無理矢理使ってしまった。最後には練習機にも爆弾を括り付けて特攻させたくらいだから、通常の作戦でも、とりあえず飛んでくれれば欠陥品でもよかったんだろう。


    >防弾の有無は欠陥品呼ばわりされる程の致命的欠点だったでしょうか?

    当然だ。パイロットも貴重な戦力だ。ゆえにF4Fも開戦前からマイナーチェンジを繰り返して防弾装備をしたんだろう。


    >この時点で装甲板が無くても責められませんね

    その理由が「F4Fに装甲板がなかった機体があったから」というのであれば、愚か者と言わざるを得ない。

    「アメリカがやっていないことを日本がやれなくて当たり前」などとは決して言ってもらいたくない。「零戦は誇り」だなんて言う人には尚更なんだが、むしろ、そこら辺が分かってないから軽々しく「零戦は誇り」だなんて言えてしまうのかもね。

    --------------------------------------------------
    >ちょんまげやめてからわずか70年足らずでここまでの物を作り上げ、

    ライト兄弟が初飛行に成功した日は1903年12月17日。日本がちょんまげやめてから32年も経ってからだ。欧米の方が進んでいたと言っても、飛行機に関しては、どの国でも黎明期を少し過ぎた程度だったんだよ。そもそも現時点でライト兄弟の初飛行から僅か110年しか経っていない。それでこの世の中だ。日本人だけが急速に発展したわけじゃない。
    --------------------------------------------------


    零戦マンセー派はトンスラーのように都合の悪い話を無視するなよ。つーか、トンスラーなのか?お前ら零戦マンセー派はさ。
    [ 2014/03/15 21:09 ] [ 編集 ]
  498. >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    F4Fワイルドキャット。

    >中でも防弾皆無人命軽視説は初歩の初歩、手垢が付きすぎていて、今更それ持ち出してくる輩はまずニワカと思って間違いないです

    たとえ初歩的な批判でも、その批判が正しければ初歩的だという理由で馬鹿にしたり無視したりする輩はトンスラー並みの愚か者。零戦マンセー派はトンスラー並みの馬鹿ばかり。
    [ 2014/03/15 21:22 ] [ 編集 ]
  499. 久々に見たらまだやってますね

    ※零戦マンセー派は頭が悪い
    ※零戦は欠陥品
    ※零戦マンセー派は泣き言言ってる

    てことを主張してるんは十分わかりました

    であなたは頭がいいんですね

    零戦は欠陥品ならもっと素晴らしい飛行機があるんですね

    あなたは泣き言を言わないんですね

    世界の零戦ファンに一人一人

    俺は頭がいい
    零戦は欠陥品
    零戦を認めない人は泣き言を言わない

    てことを主張したいんですね?



    主張すれば?


    [ 2014/03/15 22:04 ] [ 編集 ]
  500. ↓ここの※欄の人はみんなあなたの主張を十分拝聴しましたから

    世界の零戦ファンに
    頭が悪い
    泣き言言う
    欠陥品

    と主張してくださいね

    ここの人々には十分主張されたので大丈夫ですよ

    よそでも頑張れ!

    零戦ファンは世界中にいるのでほんとに頑張ってください

    [ 2014/03/15 22:08 ] [ 編集 ]
  501. だってご自分で調べ上げたんでしょ?
    「F4Fも標準装備ではなかった、後付け戦時改修」
    「F4Fを偵察機型に改修する際、いったん後付けした装甲板を、航続距離を稼ぐためにまた外した」

    零戦が緒戦で活躍した戦場は全て、航続距離勝負の長距離侵攻作戦です

    偵察要員の人命なら軽視OKなのですか?
    [ 2014/03/15 22:47 ] [ 編集 ]
  502. …あ…もしかしてもしかしたら…

    零戦も任務が長距離侵攻から防空戦闘に変わった時、装甲板に防弾燃料タンク、自動消火装置まで後付け装備した事…知らない…の…か…な…?????
    [ 2014/03/15 22:57 ] [ 編集 ]
  503. >知らない…の…か…な…?????

    どうして恥ずかしげも無くそう言えちゃうのかねぇ。

    =====================================================
    堀越二郎
    -----------------------------------------------------
    零戦の防弾性能について堀越は、戦闘機には優先順位があり、防弾がなかったのは当然とし[2]、後の零戦に対する防弾装備は、未熟者が増えたせいで不相応なものだったと回想する[3]。
    -----------------------------------------------------
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E8%B6%8A%E4%BA%8C%E9%83%8E

    この考え方のせいで開戦時にいた熟練パイロットがどんどん死んだ。それで新米の未熟なパイロットがどんどん増えていった。
    零戦を徹底的に研究して作ったヘルキャットは速度を犠牲にしてでも防弾装備をした。

    宮崎駿ってのは、物事の上っ面ばかり眺めてきたんだと思う。松任谷由実の歌が好きらしいが、あれの歌詞も上っ面ばかりのものだ。まあ、幸せ物だってことなんだろうけど。腹が立ってしょうがない。俺が不幸だからか?w
    =====================================================

    『後の零戦に対する防弾装備は、未熟者が増えたせいで不相応なものだったと回想する[3]』


    >偵察要員の人命なら軽視OKなのですか?

    今度はアメリカの偵察機が空中戦してたってか。
    ε=('A` )ハァ…
    [ 2014/03/15 23:42 ] [ 編集 ]
  504. 偵察機ってのは当然戦闘機の標的にされますよ
    当たり前ではないですか

    「偵察機ですから撃たないで下さい」ってか?
    …はぁ…

    あと面倒臭いから裏付け調査しませんけど、武装も外したってんなら、多分それ前方機銃の代わりにガンカメラを装備した、空中戦撮影記録用機体ですよ
    それだけ零戦の性能を暴くのに必死だったんでしょうね
    [ 2014/03/16 00:01 ] [ 編集 ]
  505. >偵察機ってのは当然戦闘機の標的にされますよ

    その前に逃げるに決まってんだろうがw 偵察機なんだから。どこまで馬鹿なんだよ、お前は。


    >「欠点=欠陥ではない、欠陥品とは役立たず品の事であり零戦は間違いなく大いに貢献した」

    「欠点=欠陥ではない」

    いつまで棚上げしとくつもりなんだろね。

    「欠点=欠陥ではない」なんて勘違いしてる馬鹿が、零戦その他については勘違いしてないってかw
    [ 2014/03/16 00:05 ] [ 編集 ]
  506. 今度は偵察機が敵の目と鼻の先まで近付いていたとものとでも勘違いしているようだが、零戦マンセーの輩は勘違いだらけだな。「欠点=欠陥ではない」 とかさ。

    念のために、これももう一度言っておくわ。

    ---------------------------------------------------
    >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    F4Fワイルドキャット。

    >中でも防弾皆無人命軽視説は初歩の初歩、手垢が付きすぎていて、今更それ持ち出してくる輩はまずニワカと思って間違いないです

    たとえ初歩的な批判でも、その批判が正しければ初歩的だという理由で馬鹿にしたり無視したりする輩はトンスラー並みの愚か者。零戦マンセー派はトンスラー並みの馬鹿ばかり。
    ---------------------------------------------------
    [ 2014/03/16 00:23 ] [ 編集 ]
  507. いちいちツッコミどころ満載でさすがに疲れます

    ・1937年当時、英米独日いずれも防弾標準装備してない
    各国が検討し始めたのは39~40年
    ・1939年、同じ堀越技師が開発を始めた雷電は防弾標準装備
    ・「逃げるが勝ちなら防弾要らない」って自分で認めてるでしょ
    ・でもF4Fは零戦11型より遅いから逃げられない
    ・F6Fは2000馬力級エンジンを備えた「次世代機」なので、速度・航続距離・防弾の相反する要素を両立出来た
    「速度を犠牲にした」というのなら、それは大量生産を優先した不恰好さからくる空気抵抗の事でしょう
    ・あとF6Fが零戦研究の成果というのは誤った俗説
    (しかも無茶苦茶旧い、昭和の頃の説)
    根拠は面倒なのでご自分でどうぞ
    いくらでも出てきますから
    [ 2014/03/16 00:40 ] [ 編集 ]
  508. あと無視されちゃったんでもう一度挙げときますね

    米海軍戦闘機は艦載機のクセにどいつもこいつも離着陸(艦)が難しく事故ばっか起こす機種ばかり
    ・F2A、F4F…主脚の左右間隔が短いからすぐこける
    ・F6F…主脚格納機構が複雑なのですぐ折れる
    ・F4U…前が見えないわ主翼が丸ごと燃料タンクだわ逆ガル翼のせいでいきなり挙動を乱すわ(この問題点に堀越技師はとっくに気付いており、零戦の先代である96艦戦で逆ガル翼採用を取り止めた)で「殺人機」呼ばわりされた

    一方零戦は教習飛行機(零式練習戦闘機)にも転用されるほど、操縦初心者でも離着陸(艦)がしやすい機体でした

    視点を変えれば、米海軍機に較べて遥かに人命を尊重した機体だったんですよ
    [ 2014/03/16 01:03 ] [ 編集 ]
  509. >・1937年当時、英米独日いずれも防弾標準装備してない
    各国が検討し始めたのは39~40年

    太平洋戦争前ね。太平洋戦争開戦は1941年12月。ほとんど1942年だ。(F4F-3(1940年12月)の8号機というので実装されている→検討のみにあらず)

    >・1939年、同じ堀越技師が開発を始めた雷電は防弾標準装備

    雷電は局地戦闘機だろう。それに雷電に防弾装備があったら零戦にはなくていいことになるのかよw ったく。

    >・「逃げるが勝ちなら防弾要らない」って自分で認めてるでしょ

    誰だその「自分」ってのは?

    >でもF4Fは零戦11型より遅いから逃げられない

    だとしたらF4Fに防弾装備が無かったって言えるのか?
    (そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから→だからF4Fワイルドキャットって言ってるだろうが、このたわけが)

    >・あとF6Fが零戦研究の成果というのは誤った俗説 (しかも無茶苦茶旧い、昭和の頃の説)

    ヘルキャットは零戦を研究して作られたが、零戦の真似をしたとは誰も言っていないのでは? 零戦を研究して、どんな戦闘機を作るべきか考えたわけだろうが。ったく。


    零戦マンセーの輩は、どんだけ勘違いしてんだよ。
    [ 2014/03/16 01:08 ] [ 編集 ]
  510. >あと無視されちゃったんでもう一度挙げときますね

    てめはさんざん無視してるくせによく言えるなw

    =====================================================
    今度は偵察機が敵の目と鼻の先まで近付いていたとものとでも勘違いしているようだが、零戦マンセーの輩は勘違いだらけだな。「欠点=欠陥ではない」 とかさ。

    念のために、これももう一度言っておくわ。

    ---------------------------------------------------
    >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    F4Fワイルドキャット。

    >中でも防弾皆無人命軽視説は初歩の初歩、手垢が付きすぎていて、今更それ持ち出してくる輩はまずニワカと思って間違いないです

    たとえ初歩的な批判でも、その批判が正しければ初歩的だという理由で馬鹿にしたり無視したりする輩はトンスラー並みの愚か者。零戦マンセー派はトンスラー並みの馬鹿ばかり。
    ---------------------------------------------------
    =====================================================
    [ 2014/03/16 01:10 ] [ 編集 ]
  511. >米海軍戦闘機は艦載機のクセにどいつもこいつも離着陸(艦)が難しく事故ばっか起こす機種ばかり

    >視点を変えれば、米海軍機に較べて遥かに人命を尊重した機体だったんですよ

    つまり、アメリカの戦闘機は完璧でなければダメで、零戦は欠陥品でもマンセーってわけかw


    [ 2014/03/16 01:21 ] [ 編集 ]
  512. F4Fが装甲板を後付け装備し始めたのは39年以降で、日米開戦時にはまだ改修が済んでなかった
    零戦の開発は37年からなので「設計開始時に考慮してなかった」のは至極当たり前な成り行き

    さて気になったので面倒ながらF4F偵察型を調べちゃいました
    これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます
    て事は、高高度上空から敵陣地を偵察する物ではないですね
    そりゃそうです
    通常偵察機には操縦手と偵察要員の最低二名以上が乗りますから
    わざわざ単座戦闘機を偵察機に改造したというのは、明らかに空中戦域に肉薄して戦闘の様子を撮影するのが目的ですよ
    いったん後付けした装甲板外してでも捨て身の精神で零戦の秘密を暴こうとしたんですねぇ
    とんだ人命軽視機です
    因みに現地改修だそうですよ
    [ 2014/03/16 01:28 ] [ 編集 ]
  513. あ、間違えちゃった
    日本が防弾を検討し始めたのがノモンハン事変の39年
    米英が防弾を検討し始めたのが独仏戦~バトルオブブリテンの40年ね
    [ 2014/03/16 01:33 ] [ 編集 ]
  514. >これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます
    >とんだ人命軽視機です
    >因みに現地改修だそうですよ

    どこで調べたのか知らないが、呆れ果てた。アメリカじゃなくてお前にね。

    仮にお前の言う通りだとしても、それで零戦が欠陥品ではないとは言えない。偵察機は空中戦を目的とした戦闘機ではない。零戦は空中戦を目的としていながら防弾装備が無かった。繰り返すが、同世代のF4Fには既に防弾装備があった。

    ↓いつまで逃げ回るつもりだ?

    =====================================================
    今度は偵察機が敵の目と鼻の先まで近付いていたとものとでも勘違いしているようだが、零戦マンセーの輩は勘違いだらけだな。「欠点=欠陥ではない」 とかさ。

    念のために、これももう一度言っておくわ。

    ---------------------------------------------------
    >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    F4Fワイルドキャット。

    >中でも防弾皆無人命軽視説は初歩の初歩、手垢が付きすぎていて、今更それ持ち出してくる輩はまずニワカと思って間違いないです

    たとえ初歩的な批判でも、その批判が正しければ初歩的だという理由で馬鹿にしたり無視したりする輩はトンスラー並みの愚か者。零戦マンセー派はトンスラー並みの馬鹿ばかり。
    ---------------------------------------------------
    =====================================================
    [ 2014/03/16 01:57 ] [ 編集 ]
  515. >肉薄して戦闘の様子を撮影するのが目的ですよ

    まさか敵の目と鼻の先まで行って撮影していたものと勘違いしているわけじゃないだろうねw
    [ 2014/03/16 01:59 ] [ 編集 ]
  516. この話かw

    -----------------------------------------------------
    「F4F-3P」「F4F-3AP」

    「F4F-3P」「F4F-3AP」は、「F4F-3」機の偵察機型であった。
    「F4F-3P」は、「F4F-3」を改修して製作された。

    「F4F-3P」 「F4F-3P」 改修された「F4F-3」は11機(製造番号:1849・1853・1856・1865・1867・1870・1871・1872・1875・1880・1894)であった。

    改修は、グラマン社に於いてではなく、現地改修であり、機体後部に垂直方向に向けたカメラを装備していた。

    他にも、「F4F-3A」を偵察機型に改修した「F4F-3AP」も1機製作されたと言われているが、詳細は不明である。

    これら偵察機型の「F4F-3P」は南太平洋や北アフリカの戦線で運用された。
    -----------------------------------------------------
    ttp://sakurasakujapan.web.fc2.com/main03/weaponusnfighterf4f/f4f.html

    人が先に教えてやったwebサイトだってのに臆面も無く、しかもURLさえ付けずに。卑怯者が。ったく。

    上記webサイトの説明によれば、『垂直方向に向けたカメラを装備していた』とある。それをお前は、「これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます」と勝手に解釈しているようだが、そうじゃなくてカメラは真下に向けていたんじゃないのか??真上に向けて何を撮影するんだ?下から零戦を撮影するのか?それとも旋回しながら撮影するのか?海軍の偵察機ってのは、敵の艦船を索敵したり、敵基地等を撮影してくるものだろう。
    [ 2014/03/16 02:07 ] [ 編集 ]
  517. さてさて調べちゃいましたよ
    F4F初の量産型であるF4F-3は、「5号機と8号機に防弾鋼板が着いていた」
    なぁんだまだ検討段階やん
    9号機以降は防弾無しで、防弾標準装備はF4F-4から
    F4F-4の部隊配備は日米開戦以後です

    [ 2014/03/16 02:07 ] [ 編集 ]
  518. いや真上に向けたと「解釈した」のではなく、実機画像を見つけたんですよ
    コクピットの横っちょにくくり着けてある
    多分窓を開けてから手動でカメラを作動させたんでしょうね
    [ 2014/03/16 02:14 ] [ 編集 ]
  519. >なぁんだまだ検討段階やん

    どうして検討段階なわけ?F4F-3は量産型だよ。

    >9号機以降は防弾無し

    そんな話がどこにある?また嘘か?

    >F4F-4の部隊配備は日米開戦以後です

    とは言っても、「順次F4F-3Aと交代され・・・1942年8月までにはF4F-4と交代している」とのこと。

    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/F4F_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29#F4F-4


    >いや真上に向けたと「解釈した」のではなく、実機画像を見つけたんですよ
    >コクピットの横っちょにくくり着けてある
    >多分窓を開けてから手動でカメラを作動させたんでしょうね

    ちとその画像を見せてごらん。おそらくお前の話は出鱈目だから。
    [ 2014/03/16 02:35 ] [ 編集 ]
  520. 失礼。

    ------------------------------------------------------
    改修は、グラマン社に於いてではなく、現地改修であり、機体後部に垂直方向に向けたカメラを装備していた。
    ------------------------------------------------------

    とあったので、「コクピットの横っちょにくくり着けてある 」はないと思ったが、手で持つタイプのカメラも使用していた可能性もある。だからと言って、「これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます」という話は眉唾物だが。
    [ 2014/03/16 02:52 ] [ 編集 ]
  521. どんなにアメリカの戦闘機を貶したところで、零戦が欠陥品だったことにはかわりないんだけど、どうせまた勘違いしちゃってるんだろうな。

    ↓これについてもいつまで逃げ回るんだか。

    =====================================================
    今度は偵察機が敵の目と鼻の先まで近付いていたとものとでも勘違いしているようだが、零戦マンセーの輩は勘違いだらけだな。「欠点=欠陥ではない」 とかさ。

    念のために、これももう一度言っておくわ。

    ---------------------------------------------------
    >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    F4Fワイルドキャット。

    >中でも防弾皆無人命軽視説は初歩の初歩、手垢が付きすぎていて、今更それ持ち出してくる輩はまずニワカと思って間違いないです

    たとえ初歩的な批判でも、その批判が正しければ初歩的だという理由で馬鹿にしたり無視したりする輩はトンスラー並みの愚か者。零戦マンセー派はトンスラー並みの馬鹿ばかり。
    ---------------------------------------------------
    =====================================================
    [ 2014/03/16 03:03 ] [ 編集 ]
  522. もう十分主張は受け入れました

    ・零戦は欠陥品
    ・零戦ファンはトンスラー並み
    ・自分は頭がよい○○なことを知ってるソースは○○だ
    ・零戦ファンは逃げまわっているに

    で?

    だからこの※欄の人はあなたの主張は十分拝聴しました

    だからあなたはこの※欄以外の零戦ファンにその主張を啓蒙したら?

    だれもあなたの権利を邪魔してないし

    なぜいつまでここでいい続けるんですか?

    だから十分拝聴しましたって


    [ 2014/03/16 06:18 ] [ 編集 ]
  523. ほとほと疲れますねぇ

    ・工業製品というものに長所短所はあって当然

    ・ひとつでも欠点があれば欠陥品だというなら米艦載戦闘機はどいつもこいつも事故多発の欠陥品だ
    (=だからひとつの欠点で欠陥呼ばわりは出来ない)
    と書けば、
    「いくら米軍機を陥れても零戦が欠陥品である事実は変わらない」
    とか
    なんのこっちゃ、ですよ

    偵察機は撃ち落とされないから装甲板要らない、とか
    (対空砲火は?)、
    自分で持ち出してきたソースに
    「F4F-3の派生型として、5号機と8号機には防弾板(と強化主脚とか)が装備された」
    「改良型F4F-4には装甲板(とか強化ガラスとか)が着いた(1941年より配備)」
    とあるのを、
    「F4Fは8号機から防弾板が標準装備されてた」
    と歪曲してるのか独解力が無いのか
    輸出型に英空軍の要請で防弾着けた、との記述も無視
    同世代機のバッファローにもウォーホークにもスピットにもメッサーにも、要するに他の主要機は零戦開発時には防弾無しな事も無視(伊機仏機は知らないけど)
    39年ノモンハンでは一部装甲板装備したI-16が登場し、それで日本も防弾を検討し始めるんですけどね
    そのI-16が零戦のヤラれメカとして著名なのは皮肉ですが
    中国空軍のI-16にも防弾着いていたのか知らないけど
    [ 2014/03/16 10:00 ] [ 編集 ]
  524. >偵察機は撃ち落とされないから

    そんなことを誰が言ったんだ?
    卑劣な書き込みはやめとけ
    [ 2014/03/16 12:32 ] [ 編集 ]
  525. え?撃ち落とされるなら装甲板要るでしょ?
    下部に装甲板着けた機体もありますよ?
    とにかく万にひとつでも銃弾が背中をピンポイントに貫通したらいけないから、気休めの装甲板をなにがなんでも長距離侵攻戦闘機は積まなきゃならないんでしょ?
    しかも各国がまだ防弾対策やってない1937年の時点で、軍の要求にもない防弾装備を設計に盛り込まなかった堀越技師は人命無視の極悪人で、氏の功績を認める人は全てトンスラーで、氏をモデルにファンタジー映画を作ったアニメーターも、高校生の時に作った歌が主題歌に採用された歌手も評価しちゃいけないんでしょ?
    [ 2014/03/16 14:38 ] [ 編集 ]
  526. 零戦マンセーの輩は屁理屈しか垂れられなくなったかw 哀れなやつだ。

    >肉薄して戦闘の様子を撮影するのが目的ですよ

    >いや真上に向けたと「解釈した」のではなく、実機画像を見つけたんですよ
    >コクピットの横っちょにくくり着けてある
    >多分窓を開けてから手動でカメラを作動させたんでしょうね

    結局、そんな画像はないのか。わざわざ肉薄して撮影していたとする客観的な資料等もなしか。話にならんな。

    >防弾装備を設計に盛り込まなかった堀越技師は人命無視の極悪人

    そうなのか?初耳だよ。


    F4Fの小さな欠点が沢山あげられているのはアメリカが公表したからだろう。欠点を欠点として認めて次に活かそうというわけだ。

    零戦は致命的な欠点があっても、設計者からして欠点と認めずに、防弾装備の必要に迫られたのはパイロットのせいだとした。

    堀越二郎
    -----------------------------------------------------
    零戦の防弾性能について堀越は、戦闘機には優先順位があり、防弾がなかったのは当然とし[2]、後の零戦に対する防弾装備は、未熟者が増えたせいで不相応なものだったと回想する[3]。
    -----------------------------------------------------
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E8%B6%8A%E4%BA%8C%E9%83%8E
    [ 2014/03/16 15:05 ] [ 編集 ]
  527. 日本人が喧嘩してどうすんだw
    ザパニーズかもしれませんがw

    ブラジル人ワロスwww
    [ 2014/03/16 15:22 ] [ 編集 ]
  528. 零戦マンセーの輩は零戦神話の類を妄信する馬鹿だけ。

    ------------------------------------------------------
    見れば分かる、というような部分は各自見ていただくとして(手抜き)、
    注目したいのがF4F-3の性能。ライバルのゼロ戦に高々度性能で約400mの差をつけてるものの、
    速度は30km近くも劣ってしまっている…のは新型の52型が相手だから。
    初期のゼロ戦21型とかは最高速で535km/h前後ですから、ほぼ同じスピードです。
    しかも最高速度高度はさらに低いことになってます。
    なんで、開戦時の力関係としては、高空性能はF4Fが圧勝、速度は互角で、けっこう厳しいのです。
    ついでに後で出てくるロール性能では、ゼロ戦、もう完全に負けてます。
    とりあえず上昇力と、今回はデータのない旋回性能では勝っているものの、
    当然、ダイブ(降下速度)ではこれまた完敗ですから、性能的にはかなり厳しいんですよ、ホント。
    次回に取り上げる航続距離も、実は一般に信じられてるほどよくないんですね、ゼロ戦。
    こうして見ると、負けたとはいえ、ある意味あそこまでがんばったのは立派で、
    これは米軍より実戦経験豊富なパイロットがいたという、そこらの差じゃないかなあ、という気が。
    ------------------------------------------------------
    ttp://majo44.sakura.ne.jp/planes/test/07.html

    『初期のゼロ戦21型とかは最高速で535km/h前後ですから、(F4F-3と)ほぼ同じスピードです。』


    ----------------------------------------------------
    正直、意外だったのですが、米戦闘機の航続距離は、完全に日本機を凌駕しているのです。

    なんで、日本の航空機が航続距離で世界トップレベルだったんだよーん!ヒャッホー!という話は、
    極東の島国に伝わる、ほのぼのとした民間信仰にすぎないんだなあ、と言わざるをえません。
    そう考えたい気持ち、わかりますし、なごみますが、それよりも泣けますね(涙)。


    うーん、伝え聞くところによると、我らが帝国海軍閣下は
    「米軍機の航続距離の外から、航続距離に優れるわが軍の機体を飛ばして、ケチョンケチョンに攻撃したれ」
    というアウトレンジ戦法なるのものを使ったらしいとか。
    が、このデータを見ると、どこからその自信が出てきたのか、理解に苦しみます。
    (中略)
    また、長距離戦闘機、と言えば日本はゼロ戦、アメリカはP38という印象だったのですが、
    両者とも中位から下位のランキングとなりました。この点で、きわめて平凡な機体となってますな。

    では、今回の意外大賞その1、ゼロ戦を見てみましょう。
    よく言われるように、やはり32型はかなり見劣りがしますが、その改良型の52型でもこんな感じです。
    疾風より少し長い程度で、これ以下の航続距離しかない機体は、米軍機では事実上P47のみです。
    初期の21型はもう少し航続距離が長かったのですが、それでも1900-2000km前後らしいので、
    まあ、やっぱりちょっと厳しいことに変わりはありません。
    また、328.8リッターの増槽を積むと2550.7kmまで航続距離は延びるのですが、これも
    増槽付きで3851km飛ぶムスタング、同じく3636kmのP38Jから見ると、
    残念ながら、やはり勝負になっていないという印象が残ります。
    特に、航続距離でもF4-F3に及んでいないのは注目でしょう。
    ----------------------------------------------------
    ttp://majo44.sakura.ne.jp/planes/test/09.html

    『(零戦が)航続距離でもF4-F3に及んでいないのは注目でしょう。』

    F4F-4は重たくなったせいで速度が落ちて航続距離も落ちたらしいが。(航続距離は増槽をつければ互角らしい)

    ----------------------------------------------------
    ただワイルドキャットの増槽は438.5リッター積めて、実に2580km近くまで飛べますので、
    再びゼロ戦と互角になります。まあ、いいライバルですね、この両機は。
    ----------------------------------------------------
    ttp://majo44.sakura.ne.jp/planes/test/09.html


    零戦マンセーの輩はちゃんと反論できるの?
    [ 2014/03/16 15:28 ] [ 編集 ]
  529. >零戦マンセーは頭が悪い反論できない
    それ、世界中の零戦ファンに主張してください

    あなたの敵は世界中にいますよ零戦は先の対戦で最も人気のある機ですから

    敵が強ければ強いほどやりがいあるでしょうし

    世界中にあなたの主張をツベででも拡散したら?

    こんな狭い米欄でしつこく反論しててもらち明かないでしょう

    それとも世界中の零戦ファンと論争する勇気はないんですか?

    [ 2014/03/16 15:52 ] [ 編集 ]
  530. 零戦神話ってか、いまだに大本営発表を信じちゃってるようなものかもね。
    [ 2014/03/16 15:56 ] [ 編集 ]
  531. 零戦神話を糾す (※一部抜粋)
    ----------------------------------------------------
    零戦とは、世界各国からの技術模倣と、操縦者の生命を無視した、欠陥機であり、日本海軍の名戦闘機との評は、自己陶酔でしかありません。 同じく、海軍の戦闘機として零戦に対した、グラマンF4Fと比較して観れば明らかです。 日本では、事実に眼を塞ぎ、この第二次大戦初期の米海軍機を酷評する輩が多いのですが、公式の米軍記録では、「太平洋戦争でのゼロ戦とF4Fのキルレシオは開戦当初からミッドウェー海戦までで1:1.7、一撃離脱戦法とサッチウィーブが徹底された1942年年間のキルレシオで1:5.9、太平洋戦争全体を通じたキルレシオは1:6.9とされている。」 詰まり、零戦は、F4Fに敗北したのです。 F4Fの後継機であるF6Fヘルキャットに至っては、日本軍の戦闘機で叶う機体はありませんでした。
    ----------------------------------------------------
    ttp://chikyuza.net/archives/39356


    零戦はF4Fワイルドキャットより性能が上なハズですが結構苦戦していますが。 (※一部抜粋)
    ----------------------------------------------------
    零戦もF4Fも複数の型があるので難しいのですが、大戦前半の主力である零戦21型とF4F-4で比べてみましょう。
    高度5000m以下なら、確かに零戦が速度性能、上昇性能、(とくに低速時の)旋回性能で上回ります。
    でも、そんなに大きな差はないですよ。
    例えば速度で言うと、零戦21型の最高速度が533km/h、F4F-4が515km/h。
    ちょっと整備状況が違えば(そして万全の整備が受けられることは滅多にない)、簡単にひっくり返る差です。

    そして、高空性能、急降下性能、高速時の運動性能では、F4Fが上回ります。
    開戦当初は、F4Fのパイロットが零戦の得意領域で勝負に行ったので負けるケースが目立ちましたが、その後はF4Fのメリットを活かすような戦い方に切り替えていきます。(よく言われるサッチウィーヴも、そのような戦い方です)
    高空性能と急降下性能はかなり重要な性能なので、それを活かせば、F4Fは充分に優位に戦えるのです。
    ----------------------------------------------------
    ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1133814161


    零戦マンセーの輩は上記URLを辿って全文を熟読すること。
    [ 2014/03/16 17:51 ] [ 編集 ]
  532. もうね
    ソースが知恵袋とか勘弁して下さいよ腹痛ぇ
    「性能差は整備状況で簡単に引っくり返る」とか何だそりゃ
    あのですね
    零戦伝説というのは大本営発表でも何でもなくて、
    敗戦後に連合軍側からもたらされたんですよ?
    戦争中はむしろ陸軍の隼のほうが国民に親しまれてたんですから
    [ 2014/03/16 19:47 ] [ 編集 ]
  533. メディアは関係ない。問題は中身だよ。零戦マンセーの輩は上っ面しか見ないんだな。

    >敗戦後に連合軍側からもたらされたんですよ?

    それが528であり、531なわけだが。
    何も分かってないんだな、お前は。
    どこまでダメな輩なんだお前は。
    [ 2014/03/16 20:05 ] [ 編集 ]
  534. 零戦マンセーは頭が悪いと言ってる輩と
    零戦が好きな人の論争

    そもそも世界中が認める美人に向かって
    「あいつはブスだ」てまず結論し
    ・ホクロがある
    ・足が小さい
    ・胸がでかすぎ

    などなどあげつらいそれと比べて○○は
    ・ホクロがない(でも皮膚が黒いけどね)
    ・足がデカイ(男性用靴しかはけないけどね)
    ・胸が小さい(ファッションモデルにはなれるけどグラドルにはなれないけどね)
    てキ・チガイ反論してるだけ

    でその反論がさも信憑性があるがごとく「ホクロがあるんはどう考えても欠点だよね、肌のシミだもん」
    「胸デカイんは下品だよねー誰が何て言おうと」


    「あんなん美人ていうのは馬鹿だ頭が悪い泣き言言うな」て罵ってるだけ

    もういいよほんとに

    [ 2014/03/16 20:27 ] [ 編集 ]
  535. >「性能差は整備状況で簡単に引っくり返る」とか何だそりゃ

    やっぱりど素人だな。「何だそりゃ」って、市販の車じゃないんだから。どうしようもないね。

    >いや真上に向けたと「解釈した」のではなく、実機画像を見つけたんですよ
    >コクピットの横っちょにくくり着けてある
    >多分窓を開けてから手動でカメラを作動させたんでしょうね

    結局、これはどうなったんだよ?

    >これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます

    カメラを真上に向けて装着して何を撮るんだよ?背面飛行しながら撮影すんのか?ちゃんと説明してごらんよ。

    >戦争中はむしろ陸軍の隼のほうが国民に親しまれてたんですから

    そうなのか?で?

    お前さ、突っ掛かってくるなら、もう少しちゃんとしてくれないかな。
    [ 2014/03/16 20:30 ] [ 編集 ]
  536. >零戦マンセーは上っ面しか見ない

    緒戦は無敵だったことを認めたがらないもしくは無視

    [ 2014/03/16 20:32 ] [ 編集 ]
  537. ■米軍による機体テストについて(※一部抜粋)
    -------------------------------------------------------
    今回のデータは全て米軍が行ったものなので、その各種条件は統一されており、
    性能比較を行うのに、理想的な条件となっている。
    例え日本機のデータが、日本国内で行われた試験と数値が異なっていても(一般に米軍データの方が優秀)、
    米軍機と同じ条件で取られた数値であるから、両者の比較にはなんの問題もない。
    -------------------------------------------------------
    ttp://majo44.sakura.ne.jp/planes/test/03.html

    だから「零戦マンセーの輩は上記URLを辿って全文を熟読すること」って言っておいたのに。

    ↓これには呆れ果てたよ。

    >敗戦後に連合軍側からもたらされたんですよ?
    [ 2014/03/16 20:36 ] [ 編集 ]
  538. >緒戦は無敵だったことを認めたがらないもしくは無視

    ほんの序盤だけ優勢で、あとはずっと劣勢だったという事実は無視していいのか?たわけが。
    [ 2014/03/16 20:40 ] [ 編集 ]
  539. 緒戦まで圧倒的優勢だったんですよねそれは無視?このたわけが

    [ 2014/03/16 20:45 ] [ 編集 ]
  540. メディアは関係ない!中身を見ろ!

    →つって、個人blogやら知恵袋やら引っ張ってきて、そのネタ元のソースがWikipedia…orz

    1940年7月制式採用
    1942年8月ガダルカナル

    二年優位を保てれば上等ですよ

    美人批判での例え、お見事です
    もうちょいウィットに飛んだ切り返しが自分も出来たらいいなぁと反省
    [ 2014/03/16 20:51 ] [ 編集 ]
  541. 緒戦もだけど最後まで「0との単独戦闘は避けろ」て命じられてたんは無視か?このたわけが

    世界中の人が「ゼロは美人だ」て言ってんのは無視かこのたわけが

    ゼロファンは馬鹿だで主張はもう十分聞いたからツベで世界中のファンにでもそのキ・チガイ主張をしろって このたわけが

    [ 2014/03/16 20:53 ] [ 編集 ]
  542. まあ、市販の車だって、ちゃんと整備されてなきゃ、ちゃんと性能でないけどね。戦闘機なら尚更だろう。

    零戦マンセーの輩は、零戦が常に100%の状態に保たれていたって激しく思い込んでいるのか、あるいは零戦は整備しなくても100%近い性能がだせたに違いないとでも思い込んでいるのか。


    >緒戦まで圧倒的優勢だったんですよねそれは無視?このたわけが

    圧倒的ってのは大本営発表だと思うぞ。ともあれ「序盤は優勢だったから零戦は誇り」ってわけか。その方が反って零戦や堀越を侮辱することになると思うけどね。


    零戦マンセーの輩の主張
    「序盤は優勢だったから零戦は誇り」

    もうとことん呆れ果てたよ。
    [ 2014/03/16 20:54 ] [ 編集 ]
  543. 「ゼロとの単独戦闘は避けてまず逃げろ」て言われてたんは無視かこのたわけが
    世界中の人がゼロを好きなんは無視かこのたわけが

    俺が頭がいいて主張はほんとに呆れ果てたよ

    泣き言言うなよゼロは世界中でファンがいてるんだその事実を無視するなんてとことん呆れ果てたよ
    で世界のゼロファンに「そんなん好きなんは馬鹿だ」て主張もせず

    俺は頭がイイニダ~てキ・チガイホルホルしてる人間にはほんとに呆れ果てたよ

    [ 2014/03/16 20:59 ] [ 編集 ]
  544. >緒戦もだけど最後まで「0との単独戦闘は避けろ」て命じられてたんは無視か?このたわけが

    はあ?一対一で戦わなきゃヘタレだってか?零戦の方が上だってか?どんな脳筋だよw

    >世界中の人が「ゼロは美人だ」て言ってんのは無視かこのたわけが

    見た目さえ良ければ優秀な戦闘機だってか。零戦マンセーの輩にはつくづく呆れる。

    >ゼロファンは馬鹿だで主張はもう十分聞いたからツベで世界中のファンにでもそのキ・チガイ主張をしろって このたわけが

    俺は自分の意見を述べたまで。それに突っ掛かってきたのは、零戦マンセーの輩。俺の意見や反論に対して言い返せなくなったからって、その態度はただの逆ギレ。まあ、その程度の輩だからこそ零戦マンセーになっちゃうんだろうけどね。

    [ 2014/03/16 21:13 ] [ 編集 ]
  545. >→つって、個人blogやら知恵袋やら引っ張ってきて、そのネタ元のソースがWikipedia…orz

    じゃあ、どこのメディアならいいんだよw 試しに言ってごらん。で、中身についてはどうなんだよ?無視か。

    >1940年7月制式採用
    >1942年8月ガダルカナル
    >二年優位を保てれば上等ですよ

    なにそれ?wikiか? まさか俺が示したwebサイトから「面倒ながら調べちゃいました」とか言って持ってきたんじゃないだろうね。

    こっちは発言の根拠をできるだけ示してきたけど、そっちは一度も示さなかった。それでいて、こっちのソースには平気でケチをつけてくる。どこまで卑劣で愚劣で下劣で低劣な輩なんだよお前は。お前のような輩に「零戦は誇り」なんて言われたら零戦も堀越も迷惑してると思うぞ。
    [ 2014/03/16 21:25 ] [ 編集 ]
  546. 一対一のが最も 機そのものの能力が端的に出るのは当たり前ですよ

    どんだけ脳筋だよて
    一人を大勢で袋だたきじゃ一人一人の力なんて全然関係ないて言ったのが「脳筋」ですか

    >俺は自分の意見述べただけ

    ですからあなたの
    ・自分は頭がいい
    ・ゼロ万歳は頭が悪い
    ・呆れ果てたよ
    などなどの意見は十分拝聴しましたて何度も言ってますよ

    どうもありがとうございました

    でもまた「0マンセーは馬鹿だ」て主張を延々繰り広げてんのはあんたでしょうが

    その意見は十分聞いたって

    あなたは※欄の人に何をこれ以上求めてるわけ?

    [ 2014/03/16 21:28 ] [ 編集 ]
  547. 失礼。

    >そっちは一度も示さなかった。

    一度だけ本読めとか言って何か書いてたか。堀越が書いたものなら眉唾だけどね。
    [ 2014/03/16 21:31 ] [ 編集 ]
  548. >>546
    どうして仕切ろうとするんだ?
    お前、ここの管理人なの?
    [ 2014/03/16 21:33 ] [ 編集 ]
  549. はあ?誰が仕切ってるんですか?

    わたし仕切ってますか?

    わたしはあなたに質問してますよ

    「自分は頭がよい0戦マンセーは馬鹿だ呆れ果てたよ脳筋が」

    これを延々主張してるあなたに

    「十分拝聴しましたがこれ以上何を※欄に求めてるんか」

    聞きたいだけ

    何度も同じ主張あんまり繰り返すからね

    ついでに「一対一の戦闘が最も機そのものの性能が現れる」これわたしの意見なんですが無視ですか?このたわけが

    [ 2014/03/16 21:44 ] [ 編集 ]
  550. 先に突っ掛かってきたのは零戦マンセーの輩なんだから、いいかげん粘着するのやめてくれないもんかねぇ。

    >欠点=欠陥ではない
    >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから
    >これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます
    >偵察機は撃ち落とされないから装甲板要らない、とか

    更にてめはろくにソースを示さないのに、こっちが示したソースには平気でケチをつけて中身は無視。

    零戦マンセーの輩の一人は小学生並みの輩で、もう一人はサイコパスのような輩だな。なんか、きりがなさそうだ。

    もう決着は付いたと思うけど、いいかげん勘弁してくれないかねぇ。

    ↓これが譲れないってのはよく分かったからさ。

    零戦マンセーの輩の主張
    「序盤は優勢だったから零戦は誇り」
    [ 2014/03/16 22:06 ] [ 編集 ]
  551. 大体合ってますけど意味合いが違いますよ

    「序盤は優勢だったのを零戦と直接対戦した方々も認めており、晩年の悲劇と共に世界中で伝説として語り継がれている」
    です
    [ 2014/03/16 22:15 ] [ 編集 ]
  552. 先も後も

    ・0戦マンセーは頭が悪いニダ
    ・0戦は欠陥品ニダ
    をあなたは30回ぐらい繰り返してますし

    これ以上何を言いたいの?

    で一対一の戦闘を避けて逃げろて戦争終わるまで厳命されてたことや

    一対一は機そのものの能力が最も端的に現れること

    などについての反論が

    「このたわけが」「脳筋」が

    で終わりですからねー

    阿呆はどっちかしらね


    [ 2014/03/16 22:20 ] [ 編集 ]
  553. >>549
    >一対一の戦闘が最も機そのものの性能が現れる

    戦争は戦闘機の一騎打ちで勝敗を決めるものではない。一騎打ちの性能の優劣で勝敗を決めるものでもない。一騎打ちの性能でも零戦が優位でいられるのは、高度5000m以下(あるいは6000m程度? 7000mだと完全にF4Fが有利)で低速の場合のみ。


    で、お前はこのレスを無視していいのか?w
    [ 2014/03/16 22:21 ] [ 編集 ]
  554. で、決着てなに?

    ・0戦マンセーは頭が悪いニダ
    ・0戦は欠陥品ニダ
    ていうあなたの主張を※欄の人々はもう十分拝聴しましたが、これ以上の決着はあるんですか?

    決着て何を求めてるん?

    わたしにはわからないんで教えてください

    [ 2014/03/16 22:24 ] [ 編集 ]
  555. >一対一の戦闘

    わかりました。ある高度では他の機が有利なんですね

    でその事実を米軍は十分に知った上で「ゼロとの一対一の格闘は絶対避けろ」てなってたんですね

    [ 2014/03/16 22:27 ] [ 編集 ]
  556. これはわたしの意見ですが

    あなたの
    ・ゼロは欠陥品ニダて論拠を十分拝聴し、一対一でもゼロが不利になる高度があった

    様々な欠陥や不利な高度がありつつなお「ゼロとの一対一の格闘は絶対避けてとにかく逃げろ」て厳命されてたところに
    ゼロが伝説になり世界中で愛される理由が潜んでる気がしますけどね

    伝説てのはそういう経緯で作られてるんですよ

    「ゼロとはとにかく一人で戦うな」て言われてたところに「誇り」を感じるんですよ

    それを
    「頭が悪い」「決着ガー」「呆れ果てたよ」「たわけが」て言い続けてるんが

    あ・な・た

    なんですよね

    おわかり?


    [ 2014/03/16 22:35 ] [ 編集 ]
  557. >>556
    またwikiで申し訳ないが。

    ------------------------------------------------------
    戦闘機同士の空中戦は、第一次世界大戦では1対1の格闘戦(ドッグファイト)が中心であったが、第二次世界大戦が始まる頃には、2機でチームを組み、敵機を攻撃するリーダーとリーダーの後方を支援するウィングマンを配する、エシュロン隊形(ロッテ戦法)が中心となっていった。
    ------------------------------------------------------
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96

    つまり「一人で挑むのは馬鹿」ということになる。「一人で戦うな」となるのが当たり前。
    [ 2014/03/16 22:57 ] [ 編集 ]
  558. 一応こっちも。

    -------------------------------------------------------
    ロッテ戦術(ロッテせんじゅつ)、ロッテ戦法(ロッテせんぽう)、ロッテは、航空戦における戦闘機の基本的な戦術・編隊構成で、2機で一つの編隊を組む手法。 ロッテはもともとドイツ空軍が確立させた航空戦術であり、その後各国の軍隊でも採用され、アメリカ軍でもエシュロン隊形と命名・採用されている。
    -------------------------------------------------------
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E6%88%A6%E6%B3%95


    >「ゼロとはとにかく一人で戦うな」て言われてたところに「誇り」を感じるんですよ
    >それを
    「頭が悪い」「決着ガー」「呆れ果てたよ」「たわけが」て言い続けてるんが
    >あ・な・た
    >なんですよね
    >おわかり?

    俺は分かっているつもりだが。お前はどうなんだ?
    [ 2014/03/16 23:03 ] [ 編集 ]
  559. 了解!

    一人で戦うのは馬鹿なんですね。

    で?

    ・ゼロ戦マンセーはばかだ
    ・一人で戦うのは馬鹿だ
    ・ゼロは欠陥品だ

    わかりましたよ十分。時代が一対一の戦闘ではなくなったんだ、当たり前だから誇りに思うことはないて言う意見ですね
    あなたの主張は了解です

    てか戦闘機は最初から航空戦では編隊で飛ぶのが当たり前だから「一人で飛ぶな」はむしろ戦法とか関係ないですよ。ゼロだって緒戦から編隊組んで飛んでたし

    その当たり前の「一人で戦うな」て常識の中で米軍は敢えて「ゼロとは単独で戦うな」て命じてるのはなんででしょうかね。なんでわかりきったことを、米軍は命令したんでしょうか。

    で、ゼロが伝説になって世界中で愛されてる理由はwikiには書いてありますか?


    [ 2014/03/16 23:13 ] [ 編集 ]
  560. 零戦21型を新造したダコダ・ブレイド社マネージャー、ジェラルド・ベック氏
    「零戦に乗れることは名誉だ
    これほど素晴らしい運動性能を備えた戦闘機を、私は他に知らない」

    CAF南カリフォルニア・ウイングのリーダー、スティーブ・バーバー氏
    「中低速の格闘戦で、零戦にかなう戦闘機は存在しない」

    プレーン・オブ・フェイム航空博物館館長スティーブ・ヒントン氏
    「零戦は65年前には、間違いなく世界一の戦闘機だった
    同時代の列国戦闘機に乗ってみて、そう断言できる
    あなた方の先輩たちが、こんな素晴らしい航空機を生み出したことを誇りに思っていい
    その事実と歴史を伝えるために、我々は航空博物館を運営して、零戦を飛ばし続けているのだから」
    (注:動画の零戦所有博物館ですね)


    ―欧米の大戦機収集家にとって、零戦は“東洋の神秘”というべき、魅惑の存在であることは間違いない
    膨大な予算とマンパワー、気の遠くなるような歳月を費やして、復元/新造した飛行可能な零戦が、現実に航空博物館や大戦機収集家の間で、売買の対象となっているのだ―


    エイムック1355 現存零戦図鑑 2007年6月10日発行

    ソース明示してみました
    [ 2014/03/16 23:18 ] [ 編集 ]
  561. あなたが鼻息荒くするまでもなく

    ロッテ戦術がどうとかお得意のwikiで拾ったりするまでもなく

    航空戦は編隊組むんが当たり前ですよね?

    「一人で戦うのは馬鹿だ」

    これも当たり前過ぎてドイツだのなんだの引き合いにだすまでもないよ。編隊でみんなで死角のないように援護しながら戦うんは常識

    で、戦闘中

    味方が次々撃ち落とされた

    ゼロと自分の一機ずつになった

    そういう状況を仮定して
    「そうなったら一目散に逃げなさいゼロには敵わないから」て意味の命令ですよ
    一人で戦うななんて戦術でもない常識はwikiやあなたに教えてもらわなくてもわかりますよ

    おわかりですか?


    [ 2014/03/16 23:24 ] [ 編集 ]
  562. で、ゼロはなぜ世界中で賞賛され愛されてるかはwikiに書いてありましたか?

    [ 2014/03/16 23:31 ] [ 編集 ]
  563. 「ゼロ?
    あんなもんバッファローやワイルドキャットやウォーホーク、エアコブラで充分さ
    あっという間に一捻りだったぜ?
    あんな欠陥機にビビる奴のほうがどうかしてるぜ」
    という当時の証言があったら是非ともご紹介願いますね


    「アメリカの飛行機がいまでも世界に冠たるものと考える者がいたら、それは愚かなことである
    日本軍の戦闘機は、まったくすばらしい
    われわれが枕を高くして眠ることができるのは、まだはるかに遠い将来のことだ」

    現地視察をした下院議員リンドン・B・ジョンソン予備小佐の報告書
    後の大統領です

    はるか遠い将来どころか年内には零戦攻略法を編み出し、翌年にはF6Fを投入するんですから大したもんです
    [ 2014/03/17 00:20 ] [ 編集 ]
  564. アメリカは物量、技術、戦術で日本をはるかに上回り圧倒した

    で、その日本を圧倒したかつての敵国が今もなお

    ゼロは素晴らしい戦闘機だった
    ゼロは強かった、単独戦闘では絶対にかなわなかった

    て言い、大事にして飛ばしたりしてる

    敵機を認める度量はさすがアメリカとも感じる

    [ 2014/03/17 00:28 ] [ 編集 ]
  565. ↓アメリカのゼロを賞賛する度量について

    ゼロ誉めたりするんは「そのゼロに勝った俺たちスゲー」て言いたいだけて※あったね

    まあそれもあるやろけど

    かつてアメリカとガチで海戦陸戦したんは日本だけで、日本がいかに手強かったか、ゼロがいかに強かったかを最もよく知るのはアメリカだし

    この変は正々堂々戦った者同士でしかわからんやろね

    アメリカは少なくとも強者には敬意を払うところがある

    そこがどこかの国と違う


    [ 2014/03/17 00:36 ] [ 編集 ]
  566. 「リップサービス」という言葉も知らないらしい。

    日本の出版社に取材されたのなら勝者が零戦を貶すわけないだろう。

    サイコパスだったらネチネチ貶すのかもしれないけどね。だから普通の感覚が分からないのかな。
    [ 2014/03/17 00:52 ] [ 編集 ]
  567. 政治家が他国の戦闘機(戦力)を賞賛するなんてのは下心があるに決まっている。国防予算を増やすためだ。
    [ 2014/03/17 00:56 ] [ 編集 ]
  568. アメリカの本音は、VT信管つきの砲弾が出来てからの話になるが「マリアナの七面鳥撃ち」だよ。

    今、零戦の実物でも動画でも見て喜んでいる外国人は、珍品を見て喜んでいるに過ぎない。
    [ 2014/03/17 01:14 ] [ 編集 ]
  569. 航空記者兼評論家ウィリアム・グリーン氏
    「零戦だけが各国の代表選手とちがうのは、陸上戦闘機に打ち勝つ性能をもった世界最初の艦上戦闘機で、海軍航空に新紀元を画した飛行機という名誉をもつことである」
    『Famous of the Second World War』

    はい、海外の書籍
    リップサービスではないですね?
    [ 2014/03/17 01:14 ] [ 編集 ]
  570. え?
    同盟国や直接交戦してない国の方々も動画にコメントされてますけど?
    [ 2014/03/17 01:21 ] [ 編集 ]
  571. 陸上戦闘機って、それこそいつのだよ。

    記者兼評論家なんてのは他人が言わないことをほざいて耳目を集めようとするものだ。

    「外国人」と言ったら、「日本と戦った連合国の人」って変換されるのかよ。


    零戦マンセーの輩は何でも上っ面ばかり眺めているから正しく理解できないんだよ。
    [ 2014/03/17 02:03 ] [ 編集 ]
  572. 次の話をする前に、少なくとも次の零戦マンセーの輩の発言については補足するなり釈明するなりしてもらいたい。

    >欠点=欠陥ではない

    >「そんなら防弾標準装備してたという同世代機を挙げてみ?」の一言で“撃墜”ですから

    >9号機以降は防弾無しで、

    >これ、ガンカメラを真上に向けて装着してます て事は、高高度上空から敵陣地を偵察する物ではないですね

    >わざわざ単座戦闘機を偵察機に改造したというのは、明らかに空中戦域に肉薄して戦闘の様子を撮影するのが目的ですよ

    >いや真上に向けたと「解釈した」のではなく、実機画像を見つけたんですよ

    >1940年7月制式採用 1942年8月ガダルカナル 二年優位を保てれば上等ですよ


    根拠は?画像は?また勘違いして勝手に解釈しただけだろう。違うというならちゃんと示せ。
    [ 2014/03/17 02:31 ] [ 編集 ]
  573. ・ゼロは欠陥品
    ・リップサービス
    ・誉めるのは国防予算増やしたいため
    ・珍品だから

    わかりました

    で?


    素晴らしい意見ですね

    拝聴しました

    であなたはなお欠陥品てしつこく言うがそれは30回は聞いたし

    ゼロと一対一になったらともかく逃げろて言われてたことは無視かね

    戦闘機は一人で立ち向かわないのはロッテ戦術でー

    とか面白すぎるwiki引用はなしで回答よろ!


    [ 2014/03/17 06:19 ] [ 編集 ]
  574. ところで

    俺頭がよくてゼロ戦マンセーは頭が悪くて

    云々云々

    決着つけたいて言われてましたが

    決着て何?

    それもお伺いしてませんが

    ゼロとは一対一になったらともかく逃げろ

    て言われてたのは「脳筋」ていうご返答でしたが

    決着が何を示すか教えていただきたいものです

    [ 2014/03/17 06:28 ] [ 編集 ]
  575. ちなみに

    >外国人て言ったら連合国かよゼロ万歳は上っ面だけ見るなー

    はあ?

    ゼロファンは国籍関係なく世界中にファンいますよ

    ↑これも論破しないの?

    ゼロが欠陥品でゼロファンは頭が悪いて主張はもう十二分に聞いたから

    「0は世界で人気がない」のを証明したらどないですか?

    決着ガー

    についても教えてください


    [ 2014/03/17 06:44 ] [ 編集 ]
  576. くれぐれも

    ・0ファン頭が悪い外人て言うと連合国 て上っ面しか見てない
    ・決着ガー

    とかはあなたが言い出したことですから
    きちんと自分の言葉に責任持ってね

    粘着するなて仰るけど

    「ゼロファンは泣き言言う」「逃げるな」とかあなたが仰るので、これは粘着ではなくあなたの希望に沿ってることですから

    くれぐれも全部あなたが言い出したこと
    ・ゼロは世界中で人気について
    ・一対一の戦闘を徹底的に避けられたことについて(無論一人で戦闘するな編隊組めとか戦術でもない常識を持ち出すのはなし)
    ・あなたの言う「決着」とは何か

    これらをお伺いしたい

    逃げたら「頭が悪い」「泣き言言う」「表面しか見ない」「たわけが」「呆れ果てたよ」「トンスラー並みホルホル」もろもろ

    あなたの言い出した卑罵語をそっくりそのままお返ししますんで

    よろっ!


    [ 2014/03/17 07:56 ] [ 編集 ]
  577. 他人が言わないことをほざいて耳目を集めようとするって
    それ必死こいて検索かけて引用した零戦批判blogのことやん

    はぁ
    [ 2014/03/17 08:11 ] [ 編集 ]

  578. 「ゼロは何がなんでも世界中からどんなに愛されてようが

    絶対に絶対に認めたくない」と

    「彼が」「考えてる」ことについてはひしひしと伝わってるね、わかったからもーいいよて感じ


    [ 2014/03/17 09:14 ] [ 編集 ]
  579. 一言で言うと

    「どんなにゼロファンが世界中にいても俺はゼロを名機とは認めない」

    てことをwiki使い検索かけてありとあらゆる朝鮮仕込みの卑罵語を使い主張してるだけ

    わかりましたよ!あなたはゼロを名機とは認めない認めたくないんですね

    で終わりなのにねー
    本当に何を求めてるん?

    彼の言う「決着」て一体全体なんなのさって話ですよ


    [ 2014/03/17 09:22 ] [ 編集 ]
  580. 彼があちこちから引用してきた零戦についての批判や欠陥やらについてのソース
    そのソースの存在の豊富さそのものがゼロ人気を物語ってるんだけどね

    それだけ多くの人が研究したり欠陥調べたりここまで話題にしてるてこと

    彼のキ・チガイ反論もある意味ゼロ人気の証左

    もし人気のないショボい戦闘機なら誰も何も話題にしないしwikiにも記載されないし、ここまで※欄も続かない

    やっぱりゼロは人気者だねーて話

    こんなん言うと今の嫌朝ブームは「朝鮮は日本で人気ある証明」て言われるかもだけど

    朝鮮流ごり押しやネットの普及までは日本人は朝鮮に無関心でしたよ

    ゼロは違う
    昔からずっと研究され資料が蓄積され、ファンもそうでない人も調べたり話題にしたり

    少なくともゼロはブームではなく伝説になってるし


    [ 2014/03/17 09:33 ] [ 編集 ]
  581. そもそも動画の“Planes of fame Museum”って、
    “高名な飛行機博物館”って意味やんか

    有名で実績があって人気があって集客も見込めるからこそ、多大な維持費をかけて飛ばしてるんでしょ
    戦勝国のと違って部品の融通が利かないんだから
    他の復元/新造零戦は米国製エンジンに載せ換えて整備を容易にしてるけど、ここのはオリジナル栄に拘っているんだから
    [ 2014/03/17 12:53 ] [ 編集 ]
  582. そもそも動画の“Planes of fame Museum”って、
    “高名な飛行機博物館”って意味やんか

    有名で実績があって人気があって集客も見込めるからこそ、多大な維持費をかけて飛ばしてるんでしょ
    戦勝国のと違って部品の融通が利かないんだから
    他の復元/新造零戦は米国製エンジンに載せ換えて整備を容易にしてるけど、ここのはオリジナル栄に拘っているんだから
    [ 2014/03/17 12:53 ] [ 編集 ]
  583. 結局

    「零は名機ではないニダ!」の人は敵前逃亡ですか

    人のことさんざん
    ・たわけ
    ・頭が悪い
    ・表面しか見ない
    ・トンスラー並み
    ・ほるほる
    ・泣き言ばかりいいやがって

    などなど言っておいて

    「敵は零とは絶対格闘せず一撃離脱のみを行った」
    「次の場合は逃げなさい1雷雨のとき2零に遭遇したとき」
    要するに「零と一対一になったらともかく一目散に逃げろ」
    と言われてたことは無視またはとんちんかん回答「けんかは一人でするなー」など

    さらには
    俺松任谷由美きらいだなどという主張
    ・決着ガーも謎のまま

    「俺は零を名機とは認めん」をここまで引っ張ったんですね

    あ、さまざまな卑罵語は自己紹介だったんですね


    [ 2014/03/18 10:18 ] [ 編集 ]
  584. へー、はじめて聞いた。心地良い音だね

    今の耳をつんざく戦闘機や、重低音が怖いオスプレイとは大違い
    [ 2014/03/18 13:44 ] [ 編集 ]
  585. エンジンの質さえよければ世界最強を名乗れたかもな
    戦後のテストでエンジンを上質なものに変えたところ
    連合側の機体では勝てない機体もあったそうな
    [ 2014/03/19 01:40 ] [ 編集 ]
  586. 太平洋戦争勃発時、ニュージーランドやオーストラリアに滞在していた日本人約3000人は強制収容所に抑留されたそうです
    新聞を読む事は許されていたのですが、日本の航空隊に蹂躙されっぱなしの空軍の不甲斐なさを糾弾する議会の様子が連日報じられていたそうです
    中でもZEROの脅威を伝える記事は抑留者の心の支えとなったそうです
    後に船で日本本国へ強制送還される事になったのですが、三菱商事の社員4名は、
    「あのZEROを作ったMITSUBISHIに勤めている」というだけで報復どころか逆に尊敬され、ベッド付きのキャビンや上等な食事を提供される特別待遇を受けたのだそうです
    [ 2014/03/19 08:34 ] [ 編集 ]
  587. 昔、ゼロ戦を取り上げたマンガがあって、よく読んでいたのを思い出したなぁ。

    「必殺戦法、木の葉返し!!」

    とかね。(遠い目
    [ 2014/03/20 02:17 ] [ 編集 ]
  588. 坂井三郎さんを厳粛に追悼してくれたのは日本の組織ではなく米空軍だった。日本は失われた時間を取り戻すべきだろう。
    [ 2014/03/20 02:19 ] [ 編集 ]
  589. ゼロ戦を、飛ぶ姿を見て
    本当に美しいと思いました。
    海外で大事に保管され、管理されてる事も
    美しいと思いました。
    [ 2014/03/21 10:09 ] [ 編集 ]
  590. 負けちゃったけど東の盟主と西の盟主が4年も戦争したってロマンチックだな
    核戦争で文明リセットしたら原始人の間で神話になってると思う。
    [ 2014/03/21 11:55 ] [ 編集 ]
  591. 中島飛行機→スバルのイメージが強いけど、プリンス自動車(後に日産と合併)も中島系列なんだよな
    上の方にインプが挙がってるけど、ある意味GTRも遠い末裔かも
    [ 2014/03/24 12:58 ] [ 編集 ]
  592.  
    俺はP-51の方が美しいと思うんだけど
    [ 2014/04/08 09:55 ] [ 編集 ]
  593. 陸軍機もいいぞ。
    隼は胴体がスマートで格好良い。
    [ 2014/04/10 02:41 ] [ 編集 ]
  594. 情弱がウザイ
    日本機は空力的な機体とコンパクトに収めたエンジンに定評があったからな。

    それはそうとコレほど口を酸っぱくして言ってるのに、「艦上式戦闘機」とたんなる陸軍機を比較してホルホルするアホが絶えないのな。
    設計思想が違いすぎるのだよ。
    [ 2014/04/13 22:55 ] [ 編集 ]
  595. 私は戦闘機とかぜんぜん詳しくないけど、
    プロペラの駆動音とか、たまらないわ
    [ 2014/04/14 21:12 ] [ 編集 ]
  596. 綺麗ですね。相変わらずの曲線美が
    まあその、美すら感じる空力的洗練の追求だって…月産機数が伸びなかった遠因なわけだけれども…

    「どこの誰でもある程度は扱えて、一定程度の戦果と生還率を安定して発揮できる、作るのも簡単なヒコーキ」
    「玄人が飛ばせば極限の機動力を実現するけども、ある一定以下の技量の者を乗せても空飛ぶポリタンクでしかない、作るのに手間がかかるヒコーキ」
    どちらが兵器として優秀かなんて一目瞭然。

    それでもこの、綺麗で機動性が変態の零戦が、自分は好きですけれどね
    [ 2014/04/27 00:00 ] [ 編集 ]
  597. いやいや、下でも述べましたが、零戦は初心者でも離発着しやすい機体だったんですよ
    だからこそ複座に改良され練習機にもなったし、フロートぶら下げた水上機にもなってもグラマンとの空中戦が可能だった
    対して米軍の歴代艦上戦闘機は着艦時に事故を多発したんです

    F2A…こける(トレッドが狭い)
    F4F…こける(同上)
    F4U…前が見えない(鼻が長い)
    F6F…脚が折れる(折り畳み機能が複雑)

    「空母甲板の限られた滑走距離でも離発着しやすい」という観点からすれば、零戦が玄人向けだったとは一概に言い切れないんですね
    [ 2014/04/27 10:07 ] [ 編集 ]
  598. 戦争ために作られた戦闘機が
    争いの無い平和な空を飛んでいる
    当時零戦の開発に従事したエンジニアたちもきっと空に憧れて飛行機を作っていたはずだ
    悲しくも争いの空へ駆り出されたすべてのパイロット
    悲しくも人を戦いのための飛行機を作らざるを得なかったすべてのエンジニア
    彼らの魂が平和の空を飛ぶ零戦を見ることによってどうか安らかになってくれることを願う
    [ 2014/04/28 21:15 ] [ 編集 ]
  599. 欧米の2000馬力級エンジンのぶん回す音より
    栄21のぷるぷる音が素敵
    [ 2014/05/03 00:19 ] [ 編集 ]
  600. うーん、ゼロ戦ってその伝説的な数々のエピソードとか
    魅力的な要素がたくさんあるのは認めるが
    見た目そんなかっこいいかな。
    自分としては、大戦後半になるにつれ悲惨な存在になる零戦より、最後まで活躍してた印象のある隼のが好きだ。
    形でいえば雷電もたまらん。ゼロ戦はメリハリがないのよなぁ。
    [ 2014/05/04 23:54 ] [ 編集 ]
  601. ※531

    >日本では、事実に眼を塞ぎ、この第二次大戦初期の米海軍機を酷評する輩が多いのですが、公式の米軍記録では、「太平洋戦争でのゼロ戦とF4Fのキルレシオは開戦当初からミッドウェー海戦までで1:1.7、一撃離脱戦法とサッチウィーブが徹底された1942年年間のキルレシオで1:5.9、太平洋戦争全体を通じたキルレシオは1:6.9とされている。」

    米軍の公式記録とやらを鵜呑みにしていいとは思わないが、日本の大本営発表についても同じことが言える。

    いまだに”序盤は零戦がワイルドキャット(F4F)を圧倒した”と盲信している輩が多いようだが、米軍記録ではF4Fのキルレシオがミッドウェイ海戦まででさえ1:1.7となっている。つまり零戦は最初から負けていたことになる。もちろん事実か否か確かめようが無いが、それは”序盤は零戦がワイルドキャットを圧倒した”という話も同じだ。

    こんな話とは無関係に零戦は名機だ、美しいと賞賛するのは自由だ。しかし、それに同調しない意見を述べるのも自由だろう。それに性能を無視して見た目だけで美しいと言っているのであれば、完全に上っ面しか見ていないことになる。実際に零戦を称えているのは、そうした手合いばかり。見た目の美しさを競うために作られたものではないのに。
    [ 2014/05/08 11:52 ] [ 編集 ]
  602. >敵国でも人気なんだ?

    第二次世界大戦中盤までは零戦は頭一つ抜けた優れた格闘性能を持っていて
    間違いなく一時代を築いた戦闘機だから

    そして極限までそぎ落とされ無駄のないフォルムは
    当時のレシプロ機の中でも美しい機能美に溢れている

    ヘルキャットとかは鈍重で丸っこい印象で
    ムスタングとかはなんかひょろ長く均整が取れてないんだよな
    [ 2014/05/15 01:16 ] [ 編集 ]
  603. 敗戦国のミリオタはメンドクサイね
    自国の戦闘機は誇って「普通」だよ
    ゼロはゼロ、永遠さ
    [ 2014/05/19 16:43 ] [ 編集 ]
  604. アメさんは日本の艦船、航空機を過大評価する気があるね。
    日本人は逆に米産兵器を過大評価してるけど。
    [ 2014/06/01 09:30 ] [ 編集 ]
  605. >イギリスにもあればいいのに

    イギリスには5式戦闘機が展示されてるじゃないか
    [ 2014/06/01 14:21 ] [ 編集 ]
  606. これ全部日本人が書いたろ(笑)
    [ 2014/06/06 11:44 ] [ 編集 ]
  607. >これは日本のみならず、アメリカにとっても歴史の一部だ。
    このコメントに感動した。
    そうだよな。自国が関わった歴史の一部として認識して受け入れる度量が必要なんだよな。
    [ 2014/06/08 13:51 ] [ 編集 ]
  608. うむ。美化することが受け入れることではないね。ありのままを受け入れればいい。「自国の戦闘機は誇って普通」などという意見は愚の骨頂。何も恥じる必要はないが、無理して誇る必要もない。盲目的に誇りだなどとする輩はカルト信者と同じ。
    [ 2014/06/16 07:46 ] [ 編集 ]
  609. 軽戦闘機に近いってところがスタイルのよさに繋がってるんだろうな

    まあ開戦当初はともかくエンジンが非力なのが日本の戦闘機が抱える
    永遠の命題なのかもしれんな。
    [ 2014/06/17 17:37 ] [ 編集 ]
  610. 軍靴とか騒ぐ人達のせいで当時の工業製品である兵器は展示をされないまま殆どが廃棄されてるのが現状
    今、僅かに展示されてる物も隙あらば廃棄しようと画策してるんだよね
    10数年前にも海防艦志賀が維持費とかいうそれらしい言い訳で解体されてる
    [ 2014/06/23 10:16 ] [ 編集 ]
  611. WWⅡへの日本参戦を決定づけたのは米国、ハルノート。
    石油製品を含む日本への全面禁輸。
    これで日本は腹をくくった。
    [ 2014/07/04 13:30 ] [ 編集 ]
  612. ゼロ戦の素晴らしさは、フォルムだと思う
    日本の工業力の最高傑作
    欠点も多いけど、何時までも保存してくれ
    合掌
    [ 2014/07/08 13:31 ] [ 編集 ]
  613. レシプロ戦闘機としては究極の形、の一機。
    操縦の巧みなパイロットにとっては最高の一機であることは間違いない。
    もちろん実用上は目的によってあれこれあるわけだが、そんなことは小さいことだ。
    [ 2014/09/25 23:28 ] [ 編集 ]
  614. しかし変われば変わるものだな
    10年位前までは日本兵器は粗悪品の見本市だ、みたいなのが海外の評価の大勢だったんだけどなぁ
    いま日本兵器を悪く言うのは特亜の三国と一部の古い海外情報しか持ってない日本人だけだね
    [ 2014/10/29 23:05 ] [ 編集 ]
  615. レシプロ戦闘機として零戦のフォルムもいいが、もう一つ、我輩にはドイツのMe262のスタイルが何とも素晴らしく映る。世界初の実用ジェット戦闘機として、それも軸流式ジェット・エンジン装備のMe262の名はドイツ機らしからぬその流麗なフォルムと共にちょっとばかり忘れられない。Wunderbar!
    [ 2014/11/04 21:41 ] [ 編集 ]
  616. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2015/02/08 01:46 ] [ 編集 ]
  617. ゼロ戦って今の一応平和な時代に例えてみるとランエボなんだろな。メーカー的な意味で。
    [ 2015/03/07 17:34 ] [ 編集 ]
  618. てかなんか一人称が我輩のやついるんすけど猫っすか?
    [ 2015/03/07 17:35 ] [ 編集 ]
  619. ※611
    真珠湾攻撃部隊は、ハルノートが日本に提出される前から出撃してますが?
    当時の閣僚・軍高官の誰もハルノートがどうたらこうたらなんて、証言してませんが?
    日本参戦はどこまでいっても「日本の都合で決定した」ことなんだけど。
    [ 2015/06/16 14:52 ] [ 編集 ]
  620. 交渉がうまくいったら攻撃せず引き返すつもりだったらしいのですが何でしょう?
    ハルノートが開戦のきっかけになったんですよ
    [ 2015/08/08 09:52 ] [ 編集 ]
  621. 零戦配備当初は戦闘機も地続きの基地から飛び立って延々と飛んで
    戦場について30分でも交戦したら燃料の関係で強制的に帰らなきゃいけない
    航続距離が相手より長いって事はその時点で一方的に勝てるんだよ
    [ 2015/08/27 03:02 ] [ 編集 ]
  622. つい70数年前は、沢山パイロットがいて、沢山海外に出て行っていたなんてすごいですね。
    [ 2015/10/18 00:18 ] [ 編集 ]
  623. 軽いのが見ててわかる飛び方。
    見てて気持ちがいいし、純粋なファンが多いのもわかるな。
    [ 2015/12/14 13:04 ] [ 編集 ]
  624. 零戦最大の特徴は航続距離の長さ3000㎞以上飛べるのは零戦だけ外国の戦闘機は半分位相手側は何処から攻められたか解らなかった。
    [ 2016/04/06 00:29 ] [ 編集 ]
  625. 乾いた抜けの良いエンジン音。美音だと思う。この音だと長時間搭乗しても疲れは少なかったじゃないかな。呉で実機見たけどコンパクトでバランスの取れた美しい機体だった。自分でも70~80時間ぐらい訓練受けると操縦できるのかな?
    [ 2016/04/25 22:09 ] [ 編集 ]
  626. 軍艦関連もだけど外人の方が日本の軍艦や戦闘機キチンと評価してくれてんだな
    日本のゆとりやミリオタは必要以上に蔑んだりDisるしか芸のない猿見たいのしか居ない
    嘆かわしいね本当に日本人なんだろうか
    [ 2016/08/25 00:18 ] [ 編集 ]
  627. 開戦前~大戦初期に、独にこの機体の設計図と見本を渡していたら、英はどうなっただろうね。
    防御力無くても航続距離有るからロンドンまで爆撃機を護衛できたことになるから、歴史が変わってた可能性が高い。
    ベルギーに基地を置けば、英本土のほとんどが侵攻対象になっちゃうんだから。
    エンジン乗せ換えれば速力も出ただろうしって、偶に夢想する。
    [ 2017/02/22 16:57 ] [ 編集 ]
  628. そもそも、新型機の要求仕様で海軍のいう事聞いてたら、防弾設備乗せられる出力のあるエンジンが無かったんですけどね。
    防弾設備満載の米戦闘機は、2000馬力も簡単に出せるエンジンがあったからと言うのと、
    防弾ゴムとか鉄鋼とかの資源が豊富だったから、
    航空基地は前進すれば航続距離はいらないって言う大陸思考が根本なんですけど。
    それを支える土木系施設部隊と空母群があったからってのもある。
    シャベルとつるはしで1ヶ月かけて滑走路一本作る国と、
    ブルドーザーとショベルカーで2週間で3本の滑走路作る国とで、
    考え方が同じとか思わないでよ。
    資源無し・工業技術未熟な日本で、今の水準求められてもムリゲーです。
    せめてゴムパッキンからオイル漏れ無いようになってから人命への対策は求めましょうよ。
    [ 2017/02/22 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



JAPAN CLASS 最新刊
全国書店にて絶賛発売中


管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング