fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「自由過ぎだろ!」 明治期に撮影された剣道の稽古が物凄い

映像は明治期に撮影されたもので、シネマトグラフ(複合映写機)の発明後、
その宣伝や普及の為にリュミエール兄弟が世界各地に派遣した撮影技師の1人、
ガブリエル・ヴェールが撮影したものであるそうです。

動画では撮影が1897年と紹介されていますが、
ヴェールの滞日時期を考えると実際には1898年or1899年と考えられます
(或いはヴェールではなく、前任者のコンスタン・ジレルが、
 1897年に撮影した映像の可能性もあります)。

最も古い剣道の映像というその貴重性や、現代の剣道との違いに、
外国人からは様々な反応が寄せられていました。


The first kendo motion picture - from 1897  コメントはこちらからも






■ 俺が思ったのはただ1つ……。あの人たち自由すぎだろ! フランス
  



■ 大笑いしちゃったよ。今のケンドウがあんな感じじゃなくて本当に良かった。 アメリカ




■ こういう動画を観ると、毎回「七人の侍」を観返したくなる。 ポーランド




■ 本当に素晴らしい動画だ。貴重な映像をシェアしてくれてありがとう。 アメリカ




■ ケンドウってもっともっと楽しいモノに改良できる余地がありそう! 国籍不明




■ (「フェイクだろう」というコメントに対して)
  
  どうしてこれをフェイクだって思ったんだい?
  現在はああいう形じゃないことを素直に喜べばいいじゃないか。 スウェーデン
    


   ■ 今のケンドウとは全くと言っていいほど違うからだよ。
     まぁ初期に比べてだいぶ変化があったんだね。 ニュージーランド



■ 後ろで座ってる人と立ってる人が笑ってるね。
  あのパフォーマンスがわざとだとするなら、
  見知らぬ人にケンドウの真価みたいなものを見せなくなかったんだろう。 モロッコ




■ 本当に素晴らしい。投稿してくれたことに心から感謝してる!!! フランス  




■ 乱闘騒ぎみたい。クサリガマがカッコイイ! フィリピン




■ 申し訳ないけど、「面白い」って感想だったよ……いやはや……凄いねw カナダ 




■ ケンドウの歴史の一幕を紹介してくれてどうもありがとう! ドイツ




■ 凄い! スローモーションで観れば、あの乱闘のような試合の中にも、
  ちゃんとメソッドが存在することが見て取れるよ。
  すべてが物凄い速さで行われてるわけだけど、
  その巧みなやり取りの中に、剣術がしっかりと用いられてるんだ!
  本当に素晴らしい! 投稿してくれてありがとう。
  これこそケンドウの遺産だよ。 フィリピン




■ 素晴らしいじゃないか! 最高の動画だった! セルビア




■ かなり興味深い映像だ。この映像についてもっと詳しく知りたいね。
  あの場所がどこなのか、そして参加者は誰なのかとか。
  後ろにいるタイコを叩いてる少年や、ホラガイを吹いてる男性。
  彼らの存在が、映像がどういう一幕なのかより不思議にさせてるね。 日本在住



 
■ メイジ時代のケンドウって、本当にあんな感じだったの? フィリピン  




■ あの後ろで叩かれてる太鼓って何なんだろ。
  でも練習中にああやって太鼓の音が聞こえるのは最高だろうに! カナダ




■ これは俳優たちが演技でやってるんだろ! フランス 




■ 物凄い動画があったもんだ。
  これが本当のケンドウの戦いを映した映像なんだね……。 フランス




■ 皆が皆が、周りにいるすべての人間に向かっていってるぞ!!w ドイツ




■ これこそ本物のシチュエーションの中で行われた、
  本物のケンドウなんだと思う……。 インドネシア




■ 凄い映像じゃん!
  後ろにいるセンセイが、生徒たちのスピリッツと粘り強さに喜んでる。
  あと、クサリガマの人が倒れた時、四方八方から攻撃されてるね。
  とにかくとんでもなく貴重な映像だよこれは、ありがとう! アメリカ




■ あの太鼓の男の子、絶対楽しくて仕方ないだろうなぁ。 マレーシア
 


 
■ 大戦が始まる前のケンドウがどういった感じだったのか、
  そして今とは全てが変わっていることを目に出来るのは素敵だね。
  僕は戦前の技術を実践している数少ない道場に所属している。
  そのことを誇りに感じてるよ。 オーストラリア




■ 今あるケンドウのスタイルとは大幅に違うけど、激しさは今と近い。
  一見無秩序な感じだけど、かなりの鍛錬と集中力があるのを感じるね。 アメリカ




  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2014/02/22 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング