パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本の英雄達に敬意を」 神風特攻隊を写した写真に外国人感銘

1944年10月20日、大西海軍中将によって開始された神風特別攻撃隊。
大西中将自身が「統率の外道」と語ったこの作戦は1945年8月15日の終戦まで続き、
海軍・陸軍合わせ、4000人近いとも言われる英霊が散華されました。

映像は旧ユーゴ圏出身と思われる方が制作したもので、
神風特別攻撃隊の方々や戦闘機の姿などを、主に写真を用いて紹介されています。

祖国や愛する人々を守るため、正に命を賭して戦った特攻隊の方々に、
外国人からは様々なコメントが寄せられていました。

リクエストありがとうございましたm(__)m

Kamikaze





■ ゼロに乗ったヒーローたち。それが彼らだ。 ギリシャ
  



■ この若い戦士たちに、敬意を表します。 スペイン
  



■ もし死と生を選べたのであれば、彼らは生きることを選んだと思うけど……。
  死ぬ覚悟ができてる人間なんていないよ。 イタリア




■ 俺はカミカゼという作戦自体は好きになれない。
  だけど、国を守る為にあれだけの数のパイロットが志願したことに敬意を持ってる。
  他の国で、国と個の間でこれだけの信頼関係を築けるか? オランダ




■ あの英雄たちに、永遠に残る栄誉を与えて欲しい! ロシア




■ 彼らは国を守るために命を落としたんだ。
  母国で暮らす人々を守るために、命を落としたんだよ。
  本物の男じゃないか! ベトナムから敬意を! ベトナム(仏在住)




■ どうして普通の考えを持った人たちが、彼らを賛美するのか分からない……。
  兵士の命を無駄にした作戦だったし、戦闘における、歴史的な過ちだろ。 アメリカ
    



■ 本物の戦士だな。自分達のためじゃなく、名誉と国の為に命を賭けたんだ!
  偉大な国に敬意を表する!
  まずは強力なサムライたちを生んだかと思えば、
  次はカミカゼのような男たちを生み出したのだから。 中国




■ 日本人はインド人の友人だ。
  欧米の一人舞台に割って入り、アジア人でも勝てるということを見せつけた。
  英国から自由を勝ち取るために戦ったチャンドラ・ボースを支援してくれたのも彼らだ。
  インドはこれからも永遠に、日本の友人だよ。 インド




■ 俺からすると、彼らは常軌を逸していたと思うけど。 フィンランド  




■ 自殺行為、というよりも、犠牲精神だよね……。
  そもそも彼らは、死にたいだなんて一度も思っていなかったはずだから。 フィリピン




■ 日本の人たちは絶対に、この若いパイロットたちを誇りに思ってるだろうね。 イタリア




■ 彼らは本物の英雄だと俺は思う。 アメリカ 




■ カミカゼは本当に酷い作戦だ……。あまりにも馬鹿げた作戦だった。 ポーランド




■ なんという名誉ある死なんだろうか……。
  ああっ、彼らを賞賛せずにいられないよ俺は……。 ドイツ




■ ブラジルだとカミカゼは、名誉と愛国心の真の姿だって認識されてるよ。 ブラジル




■ ドイツ人の俺としては、日本以上の同盟国はいなかった……。
  正しいとか間違っていたとかは俺には分からん。
  だけど彼らは、自分が信じるものの為に命をかけて戦ったんだ!!!
  日本の英雄たちに敬意を表します……。 ドイツ



 
■ あの人達は、自分の国と誇りのために命を落としたんだよな……。 オランダ  




■ 日本の兵士たちより勇敢な戦士はいなかったように思う。
  どうか安らかに。日本に沢山の愛を送ります。 アメリカ




■ 不思議なことに、現代の普通の人達よりも、
  死に向かおうとしている彼らのほうが、生き生きしてるように見える。 ノルウェー 




■ 写真の若い兵士たちは命を落とした…………それもいたずらに。 ベルギー



   ■ そんなことはない。確かに彼らは戦争に敗けた。
     だけど今や日本は、世界有数の工業/技術大国じゃないか。 イギリス



■ どうして自爆行為をした彼らがここまで敬意を持たれてるんだ?
  自爆テロをするイスラム教徒は憎まれてるのに。 アイスランド



   ■ 彼らは祖国を守るために命を落としたんだ。
     日本人は自分の国をとても誇りに思っていて、
     臆病者としても生きるよりも、死を選ぶ人たちなんだよ。
     自分達の宗教のために罪のない市民を殺めるのとは違う。 イギリス 



   ■ 戦争をしてたんだもん。一般市民は標的にしてないでしょ……。 ブラジル



■ 勇敢ではあった……けど報われることがないものだった。
  多くのパイロットが命を落としたし、結果が変わることもなかったんだから。
  しかも彼らには選択肢もあまりなかったわけで。
  国のために命を捧げる。……残ったものは、兵士の死だけじゃないか。 コロンビア




■ 俺はカミカゼのパイロットたちを賞賛するよ。
  彼らは国のために、名誉をかけ命を捧げた勇敢な戦士たちだ。
  そんなことが出来るのは、日本人だけだと思ってる。 セルビア    




■ この英雄たちが忘れられることは、絶対にないだろうね。 トルコ




■ 日本人の戦いっぷりには心からの称賛を送りたい。
  だけど若い命を粗末にするカミカゼみたいな作戦はちょっと、ねえ? スウェーデン




■ 国、そして最愛の人たちを守るために、誇り高く命を落とした、
  日本のカミカゼのパイロット達を尊敬してる……。
  捕虜になるよりも、誇りを持って死ぬことを選んだんだ……。BANZAI マレーシア




■ 勇敢なんかじゃない。馬鹿げてる!
  優秀なパイロットは、戦闘機10機以上に値するんだぞ! ウクライナ




■ この人達は勇敢に決まってる……。
  彼らは愛する母国、家族、天皇のために戦い、命を落としたんだから……。 タイ




■ どこの国の人間であっても、祖国の為に命を落とした人は尊敬されるべき。
  俺は彼らの勇気、信念、国への忠誠心を尊敬する。
  現代の多くの人間は、そういうものを持ってないもんね。 ベトナム




■ 偉大な兵士たちだな。
  彼らのような気高い犠牲心は、お金なんかじゃ買うことが出来ない。 アメリカ




■ 国のために命を捧げた日本のパイロットたち。
  彼らに心から感銘を受けました……。 サウジアラビア




■ カミカゼのパイロット達は、大空のサムライだね……。 フィリピン




■ この動画を観ると、いつも鳥肌が立つ。
  国を守るために命を捧げた勇敢な日本人たちには、敬意しかない。 アメリカ




   



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/02/07 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(710)
Powered By 画RSS
  1. 飽きた
    [ 2014/02/07 23:01 ] [ 編集 ]
  2. 賛美と敬意の意味がわからん奴が多すぎる。
    [ 2014/02/07 23:03 ] [ 編集 ]
  3. 出撃前はどんな思いだったろう
    生きて帰りたかったろうなあ
    神風作戦自体はくそくらえだけど散って行った方々には敬意を表する
    [ 2014/02/07 23:04 ] [ 編集 ]
  4. 犠牲になった人たちの遺書とかの特集見るだけで泣けてくる
    [ 2014/02/07 23:05 ] [ 編集 ]
  5. 軍国主義の象徴^^


    こんなものをユネスコに登録などとはもっての他ですね^^


    本当に反省の無い民族ですね^^
    [ 2014/02/07 23:05 ] [ 編集 ]
  6. おねがい!風の神様!
    [ 2014/02/07 23:06 ] [ 編集 ]
  7. 特攻隊の青年や送り出した家族のことを思えば、あの戦争は間違いだったなんて言えない。
    でも、敵国を含め多くの犠牲者達のことを思えば、正しかったとも言えない。
    現代に生きている私たちは、結果を粛々と受け止めることしかできない。
    [ 2014/02/07 23:09 ] [ 編集 ]
  8. また荒れそうなネタ引っ張ってきたな……
    [ 2014/02/07 23:09 ] [ 編集 ]
  9. 賛否両論あると思うけど私は神風を尊いものだと思っているよ。散っていった若い兵士の事は悲しいけれども国のために命を投げ打ってでも尽くそうとしたその行為は決して無下にしてはならないと思う。
    [ 2014/02/07 23:09 ] [ 編集 ]
  10. 国のためや天皇陛下のためじゃなくて、親や兄弟、恋人のためなんだろうと思う。
    [ 2014/02/07 23:09 ] [ 編集 ]
  11. しんぷうとくべつこうげきたい

    と正しく読めや
    [ 2014/02/07 23:10 ] [ 編集 ]
  12. バカげた作戦だったというのは構わない。だけど命を捧げた人たちを侮辱するのは許さない。
    [ 2014/02/07 23:10 ] [ 編集 ]
  13. 倭猿島は沈没せよ
    [ 2014/02/07 23:10 ] [ 編集 ]
  14. 出撃前のドウテイのピストン行列があった事自体は結局
    事実なのかどうなのか。むか~しの戦争ドラマで出撃前に
    行列ピストンの描写はあったけどアレ自体が結局作り話ってこと?
    アレで子供ながらに興奮した記憶。風ゾク嬢?
    今ほど大騒ぎする前から描写はあったような。
    [ 2014/02/07 23:14 ] [ 編集 ]
  15. 都合のいい時だけ元同盟国ヅラするドイツ人
    [ 2014/02/07 23:15 ] [ 編集 ]
  16. >5
    今朝の読売新聞のコラムに世界記憶遺産の件、載ってたよ
    “「戦争を賛美するもの」といずれ中韓があらぬ言いがかりをつけてくるのはうんざりするほど目に見えている”ってさ。

    19歳の少尉の詠んだ句も載せていた。
    <おやさしき我が祖母様よお先にて三途の川の浅瀬知らせむ>

    “休みやすみ言うがいい。孫が祖母に辞世の句を捧げた昔に戻りたいと願う国が、地球上のどこにある。”
    [ 2014/02/07 23:18 ] [ 編集 ]
  17. 悲しい…
    [ 2014/02/07 23:19 ] [ 編集 ]
  18. 名無し
    軍人対軍人の戦い。民間人を狙う今の爆弾テロとは違う。このことを理解しててほしい。
    [ 2014/02/07 23:24 ] [ 編集 ]
  19. ラストオブモヒカンもテーマ曲も大好きだけど
    特攻隊のBGMには似合わない
    [ 2014/02/07 23:25 ] [ 編集 ]
  20. 愛国者が大勢戦争で亡くなったから、戦後は左傾化しまくったのか
    [ 2014/02/07 23:27 ] [ 編集 ]
  21. 普段は、野蛮で卑怯な日本軍のくせにねw
    手のひらを返したように変わるって何だろう?
    ちなみに、批難するヤツにこれが出来る?
    みんな生きたいに決まってるさ。恐くて仕方なかったと思うよ。
    そんな気持ちが分かるから、「ありがとう」と言えるんだよ。
    そして、この人達は今、日本を守る神様となって今も見守ってくれている!
    そんな靖国に参拝して何が悪い!!
    [ 2014/02/07 23:29 ] [ 編集 ]
  22. 本当に酷い作戦だと思うよ
    でも、仕方なかったんだろうな
    考えるとつらいね
    [ 2014/02/07 23:31 ] [ 編集 ]
  23.  
    尊いのは、国のため家族のため恋人のため、或いはそう自分に言い聞かせて心に決めた、彼らの『覚悟』。
    作戦そのものは史上最低レベルの酷いものだった。

    英霊達の覚悟と無念と願いを忘れてはならない。
    先人に感謝し、今度は我ら孫・ひ孫の世代がこの国の安寧を守り、子々孫々受け継いでゆかねばならない。
    [ 2014/02/07 23:32 ] [ 編集 ]
  24. カルトの犠牲者だ!
    「英雄」ではない。
    無謀な戦争に駆りだされ、無謀な作戦の犠牲となった悲劇の犠牲者だ。

    彼らを「英雄」「英霊」と祭り上げ、戦争を正当化する役割・装置を果たしているのが国家神道カルトだ。

    「人間の行為の中で何が最も卑劣で恥知らずか、それは権力を持った人間や権力に媚を売る人間が安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出すことです。」
    銀英伝より
    [ 2014/02/07 23:32 ] [ 編集 ]
  25. a
    これからは先祖様に敬意を持つ人間を育て上げるべき
    なぜか歴史上日本で役立たずだった戦後に生まれた年寄り共は自分の親の世代の気持ちを土足で踏みにじった日本最悪の世代
    奴らには死を与えるべき 
    そして日本史上最悪の世代こそ悪だと思うべき
    かならず俺たちが潰してやる by若者
    [ 2014/02/07 23:34 ] [ 編集 ]
  26. >>21

    あんたのコメントどっちについてるのか分からない
    [ 2014/02/07 23:35 ] [ 編集 ]
  27. この話題でいつも思うんだが、
    もしあの時代に生まれていたら俺も志願していたかもしれない。
    ただ、親父の従兄が神風に志願していて、
    にも拘らず出撃せず生還した。
    その人は帰ってきたら以前の優しい従兄では無く
    過激でいかれてしまっていたそうだ。
    果たしてそれで良いのだろうかと考え込んでしまう。
    敬意は払うべきだが賛美すべきではないと思う。
    [ 2014/02/07 23:36 ] [ 編集 ]
  28. アフリカは白人の植民地になって人口が減りまくった。
    黄色人種はそれこそ死に物狂いで反抗したんだよ。
    [ 2014/02/07 23:37 ] [ 編集 ]
  29. >>24
    自分の言葉でなく、架空の話からしか引用できないのかw
    [ 2014/02/07 23:37 ] [ 編集 ]
  30. これは荒れる
    [ 2014/02/07 23:37 ] [ 編集 ]
  31. 日本人が日本人である限り彼らの犠牲を忘れてはいけないよね・・・
    だが、ユネスコ云々の話は別。これは日本の日本人の心の中に残すべきこと。
    海外の文化では受け入れがたい物だから理解はされない。
    [ 2014/02/07 23:39 ] [ 編集 ]
  32. この方々に胸を張って報告できるように
    もっと良い国にしていかなきゃいけないね
    [ 2014/02/07 23:39 ] [ 編集 ]
  33. 欧米から見たら特攻もテロリストも一括りなんじゃないかと考えながら読んでた
    きっちり分けて考えてくれている人もいてあんし・・・

     ■ 戦争をしてたんだもん。一般市民は標的にしてないでしょ……。 ブラジル

    はい、ここで何かがぶっちぎれたよ!
    アメリカのこんちくしょうめ!!
    [ 2014/02/07 23:40 ] [ 編集 ]
  34. ※10
    俺はその象徴が天皇だと思っている。天皇への敬意の向こう側には故郷の家族や恋人嫁さん子供たちがいる
    そもそも国って共同体の最小単位は家族だし、そのシンボルとして皇室は俺には分かりやすい
    [ 2014/02/07 23:41 ] [ 編集 ]
  35. ホント特ア人は浅ましい醜いゴミどもだな 死に絶えるべき
    [ 2014/02/07 23:42 ] [ 編集 ]
  36. a
    30
    どうしてあれるの? 日本人なら彼らに国のために戦っていただきありがとうございますと言える奴だけだから
    彼らを侮辱すればするほど自分たちの生きにくい社会をつくることになりますよ 在日 反日が生きていける社会ではなくなってきてる
    それをよく心に刻み付けろ 
    [ 2014/02/07 23:44 ] [ 編集 ]
  37. 神風特攻隊の英霊を侮辱する奴は日本人であろうと外国人で
    あろうと許さない。あの有名な写真、作戦数時間前に子犬を
    愛おしそうに抱きかかえて笑みを浮かべる神風少年兵…。
    写真の中の彼らは洗脳された異常者、狂人に見えるか?
    神風特攻隊を愚かな狂人と罵る輩こそ狂人だ。今でもようつべ
    にうpされている金美齢さんの演説を観て尚、靖国や特攻隊を
    批判する奴のマインドは日本人ではない。
    ttp://www.youtube.com/results?search_query=%E9%87%91%E7%BE%8E%E9%BD%A2%20%E9%9D%96%E5%9B%BD&sm=1
    [ 2014/02/07 23:44 ] [ 編集 ]
  38. 神風特攻隊の方々は絶対に死にたくなんてなかっただろうし、それを決行させた永遠に軍部は赦されるべきではない。
    だからこそ隊員の方々が英雄なんだ。

    日本が未来永劫決して行ってはならない、恥ずべき作戦であることを、国民は忘れてはならないと思う。
    [ 2014/02/07 23:45 ] [ 編集 ]
  39. 特ア人のゴミさを、世界中にあまねく徹底周知して死に絶えるよう仕向けるべきだな
    [ 2014/02/07 23:45 ] [ 編集 ]
  40.  
    誘導技術がない時代に確実に目標に命中させるにはこれしかなったとしたら
    それは非常に合理的な判断だと思う
    正直都市部に絨毯爆撃や原爆を落とすような行為こそ馬鹿げているよ
    [ 2014/02/07 23:47 ] [ 編集 ]
  41.  
    作戦と隊員個人をごっちゃにして批判してる馬鹿はどうにかならんもんかね
    [ 2014/02/07 23:49 ] [ 編集 ]
  42. ※40
    人一人の命を代償にするのに「合理的」だと
    ふざけるな
    [ 2014/02/07 23:49 ] [ 編集 ]
  43. 個人的な妄想だけど

    ドイツ、日本は戦後 国のために必死に戦った先祖を悪者にしたてあげ生きてきた  世界も敗戦国を世界の悪者にしたてあげてきた歴史がある

    ある説によると当時のドイツ、日本の科学力はすさまじくヒトラーのクローンや一部軍人はいまだに火星で生きているといわれてる 
    だとしたら世界に圧倒的な技術力で復讐するだろうね
    [ 2014/02/07 23:50 ] [ 編集 ]
  44. <24

    自分の言葉で書き込めよ。

    なんであろうが散っていった英霊は国の行く末や守りたい家族の為に

    逝ったんだ。まずは敬意を払え。
    [ 2014/02/07 23:50 ] [ 編集 ]
  45. 鹿児島の知覧に特攻記念館がある。
    行ったことない人はいってみてくれ。
    [ 2014/02/07 23:50 ] [ 編集 ]
  46.  
    私の亡くなった祖父は戦時中、飛行機の整備士をしていた。
    整備士が「飛行機に問題があります」と言うと出撃が中止
    になって、パイロットは一日生き延びられる。

    「飛行機に問題ありません」と言うと出撃で
    何人生きて戻って来られるか分からない。
    「問題なし」と言うのが祖父たちは辛かったそうだ。

    祖父は私には戦争のことを一切話さず、父にはこの話していた。
    19、20歳で戦死した若い人たちを思うと悲しい。
    人生で一番いい時間なのに。
    [ 2014/02/07 23:51 ] [ 編集 ]
  47. 神風の話自体はいいのだがコメ欄に暑苦しい奴が大量に湧くのが面倒臭い
    [ 2014/02/07 23:52 ] [ 編集 ]
  48. 戦略的には過ちだと思うけど、戦争で命を散らした方々には畏敬を持っていたい
    [ 2014/02/07 23:52 ] [ 編集 ]
  49. 今の平和な日本があるのは、戦争で亡くなった人々の犠牲があるからです。
    日本の平和を願って、散って逝きました。
    家族や大事な人を守るために...
    [ 2014/02/07 23:53 ] [ 編集 ]
  50. 死にたがりの酔狂者の集まりだなw

    一種の宗教と捉えられてもあながち間違いではないw

    そして戦争美化の何物でもないw

    それを誇らしく思う感覚が同じ日本人としてわからないw
    [ 2014/02/07 23:54 ] [ 編集 ]
  51. 日本の男は異常なほど過小評価されるよな、日本では
    特に女とメディアと半島から
    [ 2014/02/07 23:54 ] [ 編集 ]
  52. 馬鹿げたなんてほざいている外国人よ。
    彼らの家族に宛てた手紙を読んでみろ!
    これこそパトリオット精神って言うんだ!
    [ 2014/02/07 23:54 ] [ 編集 ]
  53. 先人たちの犠牲と苦労があって今の自分らの命があるんだからな
    [ 2014/02/07 23:56 ] [ 編集 ]
  54. ※37
    君は余りにも特攻作戦を美化し過ぎている。
    君は知らないのか?
    特攻隊員に覚せい剤が使用されていた事を。
    それによって精神に大きな影響が出てしまった人もいたんだ。
    隊員の方々を侮辱してはいない。敬意は払っている。尊敬しているんだ。
    だが、この作戦自体は明らかに発案者自身が言っているように決して良い手段では無かった。そこを良く考えてくれ。
    私は非常にあなたの考え方を憂慮する。
    [ 2014/02/07 23:56 ] [ 編集 ]
  55. カミカゼは日本人という民族の異常性を現したものだと何故理解できないのか。未来ある若者に死○と命じ自己保身に走る老害と目上の者に逆らうことが出来ない哀れな若者。
    儒教を拗らせ思考停止した様は今現在も見られる日本の病気だ。
    目上の人を敬いましょうなどとゴミのような教育を続ける限り日本の未来は暗いものとなるだろう。
    [ 2014/02/07 23:56 ] [ 編集 ]
  56. 名無し
    敗北間近で負けるであろうことも分かっていた
    その状況でその時の国民は敗戦後はどのような
    世界が待っていると思っていたのだろうか。
    [ 2014/02/07 23:58 ] [ 編集 ]
  57. まあ作戦としては下の下だな 敗戦計のうちの苦肉計だな
    [ 2014/02/07 23:59 ] [ 編集 ]
  58. 55
    お前たち韓国人にとっては日本の未来は暗いものになるだろう
    そして俺たち日本人は反日と在日が生きにくい社会を作ることを誓います前らがやってきた反日のとてつもない反動だから

    [ 2014/02/08 00:01 ] [ 編集 ]
  59. これが戦争だ、馬鹿げてるって言うやつは大概は臆病者。
    [ 2014/02/08 00:01 ] [ 編集 ]
  60. 敬礼!ご苦労様出した。
    [ 2014/02/08 00:02 ] [ 編集 ]
  61. 俺はアメリカを許さんぞ!
    原爆を2つも落とし、無差別大量虐殺をした国だ。
    自国の利益のみを追求し、簡単に殺戮をする。
    真の戦争犯罪テロ国家はアメリカだ。
    [ 2014/02/08 00:02 ] [ 編集 ]
  62. ※55
    はやく大人になりなさい。社会に出れば儒教の愚かしさを身をもって体験することになるでしょう。
    [ 2014/02/08 00:03 ] [ 編集 ]
  63. 東西問わず、王政の国とそうじゃないところは価値観の違い出てて面白いね~
    けど、「中世の突撃は?」って事になるよね?
    見方変えれば、ある種の突撃の一種って見方もある。
    (背水の陣が「死地においては全力で戦え」ってのを自分から作り出したように…)
    もちろん、孫子曰くの「死地」無い状況が最善なんだけどね…
    [ 2014/02/08 00:03 ] [ 編集 ]
  64. 日本って有史以来異民族に占領されたのって第2次大戦が初だから だから負けるとどうなるか分からなかったから、なかなか降伏ができなかった 余計な犠牲が多いのはその為だな それは当時の指導者の責任ではあるな
    [ 2014/02/08 00:04 ] [ 編集 ]
  65. 62
    ※55は間違い58へ
    [ 2014/02/08 00:04 ] [ 編集 ]
  66. 御国皇衛師団第五連隊
    ルーズベルト スターリン 毛沢東 チャーチル
    こいつらのお蔭で日本は貴重で優秀な人材を
    多く失った。
    [ 2014/02/08 00:04 ] [ 編集 ]
  67. >どうして普通の考えを持った人たちが、彼らを賛美するのか分からない……。

    アメリカ人は普通の考え持ってないから、原爆空襲肯定できるし、嘘歴史で日本批判されてるのに加担するし、
    捕鯨反対とか二重基準も平気でできるんだろうね。
    [ 2014/02/08 00:04 ] [ 編集 ]
  68. 特攻隊を自爆テロというが一般市民が生活をしている
    頭の上に核爆弾を落とし一瞬にして蒸発させたことの方がテロ行為だろ
    [ 2014/02/08 00:05 ] [ 編集 ]
  69. 真面目な話、忍者の死組って本当にあったの?、フィクション?
    あったのなら死ぬのを前提に作戦を組み立てるは民族性に近いものがあるのかもしれない

    祖父ちゃん志願したから、終戦が長引いていれば俺、今、コメントしてない…
    [ 2014/02/08 00:05 ] [ 編集 ]
  70. 戦争の正当性についてや組織的な作戦としての愚かしさと、
    若いパイロットたちへの評価は関係はない。
    かっての敵国や未来の外国人にまで感動の何物かを与える…
    その力が神風の本質だと思う。

    彼らは数千年の先まで人々の心の中で生き続け、何物かを残すだろう。

    もしかすると、それは人類が破滅に瀕したときに最後の光明となるなにか
    かもしれないのだ。
    [ 2014/02/08 00:05 ] [ 編集 ]
  71. 立派だが、今後は無しの方向でお願いしたい。
    送り出す親の気持ちとか、考えたくもないわ。
    理不尽過ぎる。鬱過ぎる。
    [ 2014/02/08 00:08 ] [ 編集 ]
  72. 65
    君こそ早く現実を見よう
    なぜ日本人に愛国者が増えたのか理解できないようではお前たちは先がない 在日特権 反日が通用しなくなることが分からないのか?
    だったらそのまま生きてみろよ その時吠えても誰も助けてくれない
    [ 2014/02/08 00:08 ] [ 編集 ]
  73.  
    神風は100%賞賛でも反対でもモヤモヤする。
    何とも言えない気にさせられる
    [ 2014/02/08 00:09 ] [ 編集 ]
  74.  まさにアメリカのトラウマ。今も日本を恐れているのはこれだろう。彼らの死は絶対に無駄ではなかった。彼らは今も日本を守っている。今この国があるのも彼らのお陰。われわれはそのことを決して忘れてはならない。死という最大の対価を払って、われわれにそれ以上の物を残してくれたと思います。
    [ 2014/02/08 00:10 ] [ 編集 ]
  75. 朝鮮半島はユーラシア大陸の盲腸だと思うの。
    [ 2014/02/08 00:10 ] [ 編集 ]
  76.  
    「国のために死んでくれ」ではなく
    「国のために生き抜いてくれ」という伝統を作らなかった
    当時の上のものが赦せない
    [ 2014/02/08 00:12 ] [ 編集 ]
  77. 倒れた日本がその苦しみから立ち上がれる様にと
    彼らはその命を捧げ散っていたのだと思う。
    もはや勝てるとは誰も思ってはいなかっただろう。
    [ 2014/02/08 00:12 ] [ 編集 ]
  78.  戦争で亡くなった方々の悪口を言う奴は
    いつか罰があたるよ
    なんにもわかっちゃねぇー奴どもが
    なんにもせずに日本の平和が続くと思っておけばいい
    一生そう思っておけばいい
    ずっとそう思っていけばいい

    [ 2014/02/08 00:13 ] [ 編集 ]
  79. 戦場で戦ってた人たちは、ほかの国のひとも自分の家族や国のためにたたかってたでしょう。それはおなじ。
    神風特攻隊は本当にその精神はすごいけれど、生きててほしかった。
    それができなかったわけだけど。
    いい人材を失ったと思うよ。
    [ 2014/02/08 00:13 ] [ 編集 ]
  80. いやー。今の時代に生きてる我々の視点からなにを言っても考えてもしょうがないですよ。それは愚かというものです。

    きっとそういう時代だったのです。そのような精神状態にあらねばならぬ時代だったのです。

    ただひとつ。人にとっての最も振り切り難い執着は命です。それを捨ててまで「もっと高いなにか」に殉じたいという気持ちは常に人間に内在しているんじゃないかな。
    神風に感動する人はそういうところに心動かされるんだと思う、無意識にせよ。

    [ 2014/02/08 00:14 ] [ 編集 ]
  81. 戦後に生まれた私は、若くして特攻で亡くなった方々の御意志をむげにすることなく、さずかった命をありがたく思いつつ、清らかで和やかなこの国を今後の世代にまで受け継いでいけるようにしたいと思います。

    合掌
    [ 2014/02/08 00:14 ] [ 編集 ]
  82. 特攻で戦争に勝てるなんて思ってなかっただろ。
    ただ日本の精神を残したかったんだと思うけどね。この精神さえ残せれば、国は再興できると。天皇も同じ扱いだと思う。
    自分の命より天皇の命を優先させるのは、国を思えば当然のような気がするよ。俺が生きてたって何も変わらないもの。
    あっさり負けて国が滅べば再興はかなわんだろうね。
    [ 2014/02/08 00:14 ] [ 編集 ]
  83. 倒れた日本がその苦しみから立ち上がれる様にと
    彼らはその命を捧げ散っていたのだと思う。
    もはや勝てるとは誰も思ってはいなかっただろう。
    [ 2014/02/08 00:15 ] [ 編集 ]
  84.  
    「ポアする」
    「国のために死ぬ」

    マインドコントロールの恐ろしさよ
    [ 2014/02/08 00:15 ] [ 編集 ]
  85. 特攻を非難するのはやめて下さい。
    確かに酷い作戦だと思う。
    しかし、特攻がだめで他の作戦はよいのか?
    どんな作戦でも、結局は、敵兵を殺し、また自分たちも死に…。
    みんな戦争で死んではいけない。
    しかし、戦争で散っていった方々を悪く言ってはいけない。
    [ 2014/02/08 00:17 ] [ 編集 ]
  86. アメリカ人にだって当時の日本における神風特攻を理解できるんじゃないの?彼らが恐怖してるっていうのは、特攻隊員に対する畏怖と尊敬であって、額面どうりに理解してはダメだよ
    [ 2014/02/08 00:18 ] [ 編集 ]
  87. 神風のおかげで本土や沖縄で民間人が大量に助かったのは確か
    [ 2014/02/08 00:19 ] [ 編集 ]
  88. >勇敢なんかじゃない。馬鹿げてる!
    >優秀なパイロットは、戦闘機10機以上に値するんだぞ! ウクライナ

    アメリカのWTO違反で飛ばせる燃料に限りがあっただろw
    ハルノート知らない外人が多すぎる
    [ 2014/02/08 00:20 ] [ 編集 ]
  89. 彼らは靖国に居るのだ
    忘れるなよ
    [ 2014/02/08 00:21 ] [ 編集 ]
  90. ※54

    37コメのどこにも作戦自体を賞賛している部分は無いじゃん。
    麻薬使用も命令なの?自分で調達して打っていたの?
    ソースを出せ、なんて言っても無理だろうが、命令ならば
    そんな重要な作戦の兵士に麻薬使わせておかしくなって
    味方に攻撃したらやばいと考えなかったのだろうか。
    反日マスコミからも麻薬使用なんて一度も聞いた事ないけどな。

    [ 2014/02/08 00:21 ] [ 編集 ]
  91. 当時の価値観では、もしアメリカに負ければ、アメリカの植民地になるしかないと誰もが思っていた。それは白人が支配していた日本以外のアジア、アフリカのような国になることだった。敗色濃厚になる戦局で、彼らは自らの命を捧げても日本を守ろうとしたのだ。お陰で今の日本がある。人類史上最強の軍隊だったと評価する学者もいる。
    [ 2014/02/08 00:21 ] [ 編集 ]
  92.  ■ 戦争をしてたんだもん。一般市民は標的にしてないでしょ……。 ブラジル

    おおっと、アメリカの歴代の大統領をディスるのはそこまでだ。
    [ 2014/02/08 00:23 ] [ 編集 ]
  93. 単純に物理的な効率しか見えてない人が意外に多いんだな。
    この苛烈な行動が、その後の講和の条件に結びつくとは考えないのだろうか。
    [ 2014/02/08 00:23 ] [ 編集 ]
  94. 作戦としては最低も最低
    若い命を命中精度を上げるためだけの機械代わりにし
    生還も許さないまさしく外道の極み

    その上で国家のために神風で散った方たちがいたことは
    絶対に忘れてはならない
    もちろんその他大勢の日本のために犠牲になった方たちも

    中国や韓国と軽々しく戦うなどと言えるやつは
    そういったことをまるで考えてない
    戦争になれば真っ先に自分と自分の家族が死ぬ覚悟で戦争すると言えるやつが今の日本にどれほどいるのか
    米国のように片手間で戦う力は日本にはないし
    日本が戦争する時は本国が戦場範囲になる
    日本は戦争なんてできないししてはならない
    せいぜい侮られないように表向きだけそういうまでだ


    [ 2014/02/08 00:23 ] [ 編集 ]
  95. 結局、隊員の方々は国体護持とかそんなことはどうでも良くて、
    愛する人たちや愛すべきこの国土をその一身を奉じることで
    何とかして守りたかったというその一点で出撃したのだろうと思います。これは愛国者とかそういうものではなく人に備わった根源的な
    感情だと思います。
    その意味で実に貴い人達を失ったと残念に思います。
    [ 2014/02/08 00:24 ] [ 編集 ]
  96. 作戦自体は疑問だが、特攻に行って散華した英霊には本当に敬意しかない。
    [ 2014/02/08 00:25 ] [ 編集 ]
  97. 未来世紀ジパングのスリランカ特集で、戦後の日本の英米中ソによる分割統治案を見てゾッとしたよ。ジャヤワルダナ大統領ありがとう。
    [ 2014/02/08 00:26 ] [ 編集 ]
  98. なんにも分かっちゃいねぇ奴どもは

    一生なんにも分からずに、好き勝手にほざいてりゃいいさ

    現場も知らずに、机の上だけで考えてろ

    なんにも分かっちゃいねぇ奴ども

    [ 2014/02/08 00:28 ] [ 編集 ]
  99. まず訓練用の油が不足し総飛行時間が100時間に足らないような超未熟な者が多かった
    現代のような精密誘導兵器も投擲器も存在しなかったため人間が誘導役を担った
    生きて虜囚の辱を受けずの言葉通り脱出方法を考える必然性も無かった
    作戦立案時は相変わらず米も捕虜の扱いは目には目を、の状態でありその後も日本の都市部への無差別殺害を継続していくわけである
    そういう時代であったことを踏まえ特攻隊員の神格化も、あるいは無駄死になどと誹ることは全く無意味なのである
    [ 2014/02/08 00:30 ] [ 編集 ]
  100.  
    ※87
    >神風のおかげで本土や沖縄で民間人が大量に助かったのは確か

    は?
    アメリカ軍の作戦に何か影響を与えた?
    むしろ原爆の大義名分を与えたんじゃない?
    沖縄で民間人が大量に助かった?沖縄では全島にわたる陸戦が行われたぞ?民間人も集団自決したぞ?

    ゆとりの愛国心は怖すぎるわ
    [ 2014/02/08 00:30 ] [ 編集 ]
  101. ※90
    そりゃそうだろう。その当時は合法な薬だったんだから。
    表向きは薬が使われたなんてなって無いだろうさ。
    良く調べてご覧。その当時どんな物が合法だったか。
    戦後大きな問題になった。
    歴史の闇に埋もれてるんだろうね。
    [ 2014/02/08 00:31 ] [ 編集 ]
  102. 特攻は死んでこいって言ってるわけだけど、でもね普通の戦闘だって死ぬんだぜ、戦争では。
    [ 2014/02/08 00:32 ] [ 編集 ]
  103. 誰も特攻隊員を、ましてや戦争を美化なんかしていないじゃないか…
    彼等は大好きな家族や自分たちが生まれ育った故郷を守ってくれたんじゃないのか?
    その命をかけてくれた思いに多くの日本人が敬意を表し、その思いを無駄にすることがないように、平和な国にしていこうって言っているだけじゃんよ…
    勝手に論点すり替えて遠吠えしてんじゃねえよ、お隣さんよ
    許さねえからな

    [ 2014/02/08 00:34 ] [ 編集 ]
  104. 厳しくも穏やかな、覚悟を決めた良い表情してるよな。

    他の国の人がどう思おうが関係無い。厳かに敬意を表したい。

    ユネスコ申請は違う気がする。
    [ 2014/02/08 00:34 ] [ 編集 ]
  105. 最後に残るのは人らしい心であって欲しい。
    それが残れる世界になって欲しい。

    だけど今の世の中まるで人間が人間を捨てるかのような
    機械的な発言を見かける事が多くなった。
    今の世だと平気で国を差し出す人が多くなってそうで怖い。
    特攻しろと、命を捨てろという話ではないけれど諦めるのが早そう。
    死しても譲れないもの、そういった考えがナンセンスだと
    断じられるのが当たり前になっていっている気がする。
    [ 2014/02/08 00:34 ] [ 編集 ]
  106. 英雄だよ。ヒーローだ。カッコイイ!洗脳を解いて堂々とこういえる日が来る事を願う。英霊に敬礼!
    [ 2014/02/08 00:35 ] [ 編集 ]
  107. 特攻隊はほんと良くない判断だったと思う。戦況的にどう見ても負けだったんだからってするべきじゃなかった。
    非人道的。
    けど、彼らのおかげて今の日本があるってのもまた事実。だからこの問題が難しいんだと思う。だからこれからは、そういったふざけた出来事を、歴史を繰り返さないこと。
    そして今の日本のために戦ってくれた彼らを称賛し、尊敬し、有難く心から思うべき。培ってくれた彼らにとって、畏れるのは当然で、非難されるのはおかしい。
    けど、他国の兵士達にも同じ気持ちを持つべき。彼らだって、本来なら仲良くできたはずだったんだから。
    結局この戦争ってある特定の人物達によって起きたわけだし、そのために彼ら達は死んでいったんだし。
    だから今の戦争で戦った彼らを非難する教育はおかしい。これは断言できる。
    [ 2014/02/08 00:38 ] [ 編集 ]
  108. チョソが湧くスレは全部荒れる
    ざまあチョソ
    日本人は国と家族と未来の子供たちのため
    勇猛果敢に戦う民族なんだよ

    [ 2014/02/08 00:38 ] [ 編集 ]
  109. 祖国のために死んでいった英霊には心よりの敬意を表するが、
    彼らを死に追いやった日本政府及び軍部の上層部は認めない。
    [ 2014/02/08 00:40 ] [ 編集 ]
  110.  もし、彼ら14009名の英霊が生きて終戦を迎えていたのなら日本はどのような未来を描いたのだろうか?
    [ 2014/02/08 00:45 ] [ 編集 ]
  111. 当時の考え方であるとか状況とかそもそもの前提を忘れている人がいるね
    さすがと言うかなんと言うか
    [ 2014/02/08 00:45 ] [ 編集 ]
  112. 俺の中で人類史上最高の英雄たち
    後世にそう思う人が一人でもいればそれだけで無駄死になんかじゃない
    [ 2014/02/08 00:45 ] [ 編集 ]
  113. 特攻作戦自体は全く正しくない作戦だと思う。
    ただ、それだけ日本は追い込まれていたということ。

    当時の状況もなにも知らないくせに、特攻隊員は狂っているだの、馬鹿げているだの、よくもまあそんなこと言えるな、と思う。

    彼らが何故自分の命を犠牲にしてまで特攻に参加したのか、そんなことも分からないなら、それこそまさにただの馬鹿。

    私たちに出来るのは、彼らの想いをしっかりと受け止めることだけ。
    [ 2014/02/08 00:46 ] [ 編集 ]
  114. 民間人を狙った下らない自爆テロとの違いは割りと認識されてるようでよかった。

    講和に応じないアメリカが本土に上陸するのをやめさせるには
    「上陸したら米兵の損害は甚大になる」と強烈に印象付ける必要があった。だからこその特攻っていう選択がなされたのであって
    、立案した本人もこんな作戦自体がまともな戦略として肯定される事は絶対にないって理解してたんだし。

    ※24
    銀英伝は中高あたりならまあ、ハマるのはわかるが(自分も当時は好きだったし、今でもフィクションとしては大好きだが)
    フィクションと現実を混同するのはばかげてるよ。

    といっても、銀英伝の中ですら戦争反対!政治家は悪だ!平和平和と騒いでるだけで平和になると考えてるようなのはボンクラ扱いしかされてなかったと思うけどねぇ。勝てないまでも相手に講和を飲ませるための戦いの重要性とかは読み取れなかったんかね。何のためにビュコックが軍籍に復帰したのかとか、華やかなキャラにしか目がいかないのは思春期なのかな。
    [ 2014/02/08 00:46 ] [ 編集 ]
  115. 真面目なコメントをめんどくさがっている人もいるようだけど、
    書かせてもらおうかな。

    特攻に限らず、玉砕や、先の大戦全般に言えることなんだけど、
    GHQや戦後の左翼がやってきたプロパガンダというのは、
    とにかく問題を日本国内だけにしぼって、日本軍だけを悪者に仕立てようとしてきた。
    欧米の侵略や、支那の軍事的挑発や、ソ連の謀略などをほとんど無視して、日本軍が暴走して戦争を起こしたように物語を作ってきた。

    でも、当時の日本人はみんな白人や支那人が畜生にも劣るほど残虐で無法者であることをよく知っていた。
    神風特攻隊の敷島隊で散華された関行男大尉は、
    「自分は天皇のためじゃない、妻が米兵に酷いことをされないために行くんだ」
    と仰ったそうだ。米兵も支那兵も、日本人を虐殺し強姦しているのはみんな知っていたからね。
    欧米の植民地にされればどんなに酷い支配をうけて日本文化が滅んでしまうかも知っていた。
    日本は当時、欧米による石油・物資の禁輸措置もとられていて、燃料も弾薬も機体も底をついていたが、政府は和平交渉で少しでも有利な条件で講和できるよう努力していた。
    本土の空襲も受けている、沖縄も占領され島民が米兵に虐殺・強姦されている。
    国土を守りたい、家族を守りたい、天皇を中心とした古来からの国体を守りたい、子孫の幸せを守りたい。
    その目前に迫った危機感は今の私たちに想像できるだろうか。

    大西中将だけの判断ではなく、当時すでに特攻作戦は企画されていたが、いよいよ窮地に追い込まれて決断を下したのが大西中将だった。大西中将は終戦の日に腹を十文字にさばいて介錯も受けずに絶命された。

    特攻隊員の方々の声を知ることがまず大事なのではないか。
    おすすめの本
    『特攻 最後のインタビュー』
    『特攻 最後の証言』
    [ 2014/02/08 00:48 ] [ 編集 ]
  116. 結果はどうあれ、気高い志を持って行った人が殆どだったと思うんだよね。日本人って自己を犠牲にして奉仕することができる民族だから。
    [ 2014/02/08 00:49 ] [ 編集 ]
  117. 日本が攻めて来られたらどうしますか?
    自衛隊だけが戦えば守れるのですか?
    永遠な平和とはあるのでしょうか?
    皆は大切ななにかを守れますか?
    [ 2014/02/08 00:51 ] [ 編集 ]
  118. 日本が彼らに報いるには誘導ミサイルの命中率を100%にすること
    確実にターゲット補足し敵からの攻撃、妨害電波を突破し目標物を確実に撃破する考えは同じなんだから

    神心と同時に開発しているミサイルは誰でも簡単に狙えて、確実に補足出来て、確実に破壊できるものらしい 
    期待している
    [ 2014/02/08 00:52 ] [ 編集 ]
  119. 日本人が大事に忘れなければいい話で、世界に覚えて貰わなくてもいいと思うけどね・・。まるで某国みたいで嫌だわ。
    [ 2014/02/08 00:54 ] [ 編集 ]
  120. 男としてこの国に生まれたからは・・
    そして最愛の自分の命に代えても守らなければならない人が居るなら・・心にはいつでも発進できる状態のゼロ戦を用意しておけ!
    日本男児として恥じない・・覚悟を決めた魂を持て!
    [ 2014/02/08 00:56 ] [ 編集 ]
  121.       
    当時の欧米諸国は、戦争したら民間人も犠牲にし、さらに植民地化する。日本も戦争に負けたら他のアジア諸国と同じになるという危機感があった。そして、戦争末期は戦闘機の部品や燃料、熟練パイロットも不足し、最終的に神風特攻隊ができる。
    [ 2014/02/08 00:58 ] [ 編集 ]
  122. 本気で国を守るため命をさ捧げた人もいれば、手記では死にたくないという本音を書いてい人もいたり…



    だから特攻に関しては「右翼・左翼」で括ったり区別できるものではないと思うんだが… 飛行機だけに
    [ 2014/02/08 00:58 ] [ 編集 ]
  123. どうしようもなく追い詰められた戦局で、やむなく採られた戦術
    ろくでもない戦術だったけど、1人で空母大破まで追い込んだしね
    轟沈した艦はないけど、空母大破だけで1000人以上米軍に損害を与えている
    ぼろぼろのピケット艦が多数停泊している様はまさに地獄絵図だったそうだ
    沖縄戦で特攻がはじまると、水を汲みに行く事ができて有りがたかったとの証言もある
    特攻に反対していた芙蓉部隊の司令も、戦局によっては特攻やむなしだったわけで
    簡単に降伏すればよかったと言うけど、相手が降伏を受諾しなければ降伏させて貰えない
    そしてアメリカは降伏を受け入れることを拒否し続けた
    そういう敵に対して、物資も軍艦も練度も劣る軍に採れる戦術は、体当たりしかなかったのかも知れない
    本土決戦も想定していたので、沖縄戦での特攻は未熟なパイロットが多く、本土には多くの戦力が温存されていた
    講和(降伏)させて貰えなかった国の、なりふり構わない抵抗でもあったんだよな
    [ 2014/02/08 00:58 ] [ 編集 ]
  124. 自分は祖父と大叔父が英霊となって靖国で眠ってるよ
    もちろん骨も戻ってきてない
    特攻隊ではなかったけど、国の為に、そして未来の布石となる為に散っていった
    靖国参拝は周りにとやかく言われる問題じゃない

    「死するともなお死するとも我が魂よ、永遠(とわ)に留まり御国(みくに)守らせ」

    この辞世の句大好きです・・・
    [ 2014/02/08 00:58 ] [ 編集 ]
  125. 予想どうり特亜の人間が荒らしにきてるなw
    メンタリティの違う欧米人ですら敬意を示してるというのに。
    特亜の国が世界から尊敬されない所以だな
    [ 2014/02/08 01:00 ] [ 編集 ]
  126.  
    ※115

    有名な「百人斬り競争」って
    当時の日本の新聞社が自慢気に紙面に載せたよね
    あれって、でっち上げだったの?
    犬畜生にも劣る中国人の首を切り落とすのは残酷ではないから?

    教えて※115
    アメリカは鬼畜、中国は畜生
    その首を切り落とした日本は何?
    もし捏造なら、何の意味があって日本の新聞社はそんな記事を載せたの?
    [ 2014/02/08 01:00 ] [ 編集 ]
  127. 117
    そういう状況になっても俺は特攻なんてごめんだね
    特攻で大事なものを守れたのか?
    戦況をくつがえせたのか?
    命がけで戦った結果武運つたなく死ぬのと
    最初から死ぬと決まってることに赴くのと全く別
    日本人にとっては責任をとって死ぬことは美徳に思えるが
    残されたものはどうする
    俺なら大事な何かのために目の前で失われようとしてない限り
    何があろうと生きる道を選ぶ
    [ 2014/02/08 01:01 ] [ 編集 ]
  128. >101

    己がソース出せよ。覚せい剤が合法だったとしても阿片然り、危険性は
    重々承知してたんではねえの?「あゝ、そうなのかあ」とはならんね。
    [ 2014/02/08 01:03 ] [ 編集 ]
  129. しかし、洗脳だとか上官の命令だとか言ってるヤツは特攻が全員志願兵だって知らないのかね?
    それよりコイツらは今まで生きてきて一度も死を覚悟したことがないのか?
    自分が理解出来ないからって自分達の精神レベルで彼らを語るべきではないよ。
    今でも国の危機には彼らと同じように自分の命を賭ける事が出来る者が現代日本人でもいると思うがね。
    [ 2014/02/08 01:03 ] [ 編集 ]
  130.  
    ※129
    特攻を企画した連中の、その後(敗戦後)を教えてくれwww
    その上で、ほざけ!
    全員志願?
    若者を導く年長者が狂っていたら、その志願もカルト教団のそれと変わらんぞ

    企画した連中のその後を教えてくれ!
    [ 2014/02/08 01:07 ] [ 編集 ]
  131. 靖國神社遊就館に遺書等が展示してある。
    最後の花嫁人形は精神的にかなりくるが、一度は見ておくべき。
    [ 2014/02/08 01:09 ] [ 編集 ]
  132. 出撃前に終戦して帰ってきたパイロット達も称えないとね。
    生きて帰ってきた兵士の殆どが口を閉ざしてたよ、何故ならもう覚悟してたから、ようやく口を開けば自分の前に出撃した仲間を思うと一緒に行けなかった事が悔しかったと口を揃える、中には魂はそこに置いてきた自分は一度死んだんだと言う人まで居た、本当に覚悟してたんだよ皆な、誰が悪いとか今更言う必要はない戦争に善悪は無い。
    [ 2014/02/08 01:09 ] [ 編集 ]
  133. ※24
    かの魔術師のその言葉は当事者であってこそ言う権利があるんだ
    当事者ではない者が後世の歴史家を気取ってとやかくいうのは「後方で戦争を賛美する者」と何ら変わらない
    [ 2014/02/08 01:09 ] [ 編集 ]
  134.  
    遺書が理性的過ぎて泣ける、祖国以前に娘や家族のためって人の多いこと
    [ 2014/02/08 01:10 ] [ 編集 ]
  135. >ねぎぼうず

    国のために死ぬなら
    日本の平安のためにDQNに立ち向かってくれ
    取り敢えず「強者」とかいう半グレを命を賭して抑えてくれ

    頼む
    [ 2014/02/08 01:13 ] [ 編集 ]
  136. ※124
    辞世の句やべ、泣ける…。

    爺ちゃんも戦死した友人、兄のために靖国参拝してたなあ。
    もう死んじゃったから、今は俺が息子連れて参拝に行ってる。
    [ 2014/02/08 01:17 ] [ 編集 ]
  137. 遺書

    特攻隊の英霊に申す 善く戦いたり深謝す

    最後の勝利を信じつつ肉弾として散花せり

    然れ共其の信念は遂に達成し得ざるに至れり、吾死を以って旧部下の英霊と其の遺族に謝せんとす

    次に一般青壮年に告ぐ

    我が死にして軽挙は利敵行為なるを思い

    聖旨に副い奉り自重忍苦するの誡ともならば幸なり

    隠忍するとも日本人たるの矜持を失う勿れ

    諸士は国の宝なり 平時に処し猶お克く

    特攻精神を堅持し 日本民族の福祉と

    世界人類の和平の為 最善を尽せよ

    海軍中将 大西瀧治郎
    [ 2014/02/08 01:20 ] [ 編集 ]
  138. 大日本人
    こんな作戦が遂行される時点で、負けを認めなければならなかった。
    軍部の怠慢。
    特攻隊には最大限の敬意を払います。
    今年も靖国にお参りします。
    [ 2014/02/08 01:21 ] [ 編集 ]
  139. 綺麗に死んだ三人の内の一人だな

    まだ、いるぞ
    もっと上が
    [ 2014/02/08 01:21 ] [ 編集 ]
  140. >>129
    志願と言う名の強制でもあったよ
    同調圧力が強かったし
    それは今でも同じだよ
    失業する事を恐れて過労死する人多いでしょ
    洗脳まがいの危ない会社も現代はあるし
    若い人でも、死ぬまで会社に奉仕するケースも多々ある
    それを鑑みれば、現代っ子も死をも恐れぬ〇人マシーンになるよ
    とっても勤勉に、真面目に、過労死するほどね

    軍は予備士官や予科練の未熟なパイロットを人身御供にして時間稼ぎをし、本土決戦に備えてた
    それはそれで論理的だと思う(非情だけど、それが戦争)
    降伏受諾の為の時間稼ぎ、本土での激戦の為の時間稼ぎ、それらを勘案して軍は動いた
    あとね、軍は日本郵船の船を徴発しまくったけど、戦後、日本郵船に補償は一銭も無かった
    軍は潔癖で完璧だと盲信するのは危険だよ
    誰だって間違いはあるし、誤った決断だってする
    [ 2014/02/08 01:21 ] [ 編集 ]
  141.  
    (死んで)靖国で会おう

    なんと美しい言葉か
    なんと酔わせる言葉か
    知性ではなく、感性に訴える

    そして、為政者の欺瞞を人々から忘れさせる
    「なぜ、こんなことに?」
    そんな思いも閉じ込めてしまうほどに美しい
    [ 2014/02/08 01:25 ] [ 編集 ]
  142. 今の平和がどれだけの犠牲の上に成り立ってるかも考えずに
    現代的な感覚で物事量ろうとしたって無駄
    現代でも戦争がある国に生まれる人達は綺麗事の通じる場所にいる訳じゃない
    [ 2014/02/08 01:27 ] [ 編集 ]
  143. お偉いさんの心境的には日本人としてのプライドを見せ付けるためでもあったんだろうな
    [ 2014/02/08 01:28 ] [ 編集 ]
  144. >126
    まず私は捏造であると思っています。
    ただその件に関して詳しく調べたことはありません。
    しかし南京虐殺自体が虚構と思っているので、百人斬りというのも同じく虚構であると思います。
    もし史実であることが証拠によってはっきりすればそれは認めて大いに反省すべきことでしょう。
    戦前から新聞社にはコミンテルンのスパイが多く入り込んでいたことは現在わかっていることです。


    こうした記事や動画の内容が私の立場です。
    ttp://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-250.html

    「これが真実、南京入城だ!」
    ttp://www.youtube.com/watch?v=Z3L3eVE1kQA
    [ 2014/02/08 01:28 ] [ 編集 ]
  145. >144
    自ら捏造するものを信じろと?
    当時、他国を畜生のように見下す記者が、捏造したのだろう

    つまり
    貴方のような人物こそが捏造に疾走るというのが
    私の見解
    [ 2014/02/08 01:33 ] [ 編集 ]
  146. おまえら、アメリカが空襲、原爆投下などもはや人の範疇を超えた攻撃をしてきてたってわかってるのか。完全に民族絶滅の危機だったんたぞ。このような状況で命をかけて国を守る精神が理解できないのか。一人の命を大切に?その後ろにはもっと多くの命がある。これから生まれてくる命もある。わからないか?
    [ 2014/02/08 01:33 ] [ 編集 ]
  147. >145
    すみません
    文章の意味がわからないです
    [ 2014/02/08 01:37 ] [ 編集 ]
  148. つかさ
    アメリカの映画のインデペンデンスデイだっけ?
    特攻してんじゃん
    [ 2014/02/08 01:38 ] [ 編集 ]
  149. 知覧行ってガラスケース越しに遺書読んでたら
    危ねぇ危ねぇ引き込まれそうになった。
    日本男児益荒男の散る桜花お父上お母上りっぱに・・なんたらかんたら
    血判。
    [ 2014/02/08 01:40 ] [ 編集 ]
  150. 実は、戦争末期どころか初期のマレー半島やフィリピンでも、戦車に爆弾つけて突っ込んだり、上陸戦でトーチカの弾幕をさえぎるために自分が犠牲になって部隊を行かせた多くの兵士がいた。

    「神風」を同調圧力だの、洗脳だのとホザいてる特亜猿は、腰抜けのクズ民族だから、そういう果敢な精神は理解もできないんだろう。
    [ 2014/02/08 01:42 ] [ 編集 ]
  151. 特攻隊の勇敢さや家族や国を思う心は讃えられるべき

    ただし、国民をこんな状況に追いやり、奉仕をさせたのにも関わらず、悲惨な負け方しかできなかった当時の為政者は徹底的に糾弾されるべき
    正直、靖国に祀るのもいや
    [ 2014/02/08 01:46 ] [ 編集 ]
  152.  
    ※148
    外国の方々のコメントを見ても解るだろ
    何かのために死ぬって美しく見えるんだよ

    そんな自己犠牲に対する普遍的な感情を
    国が利用することが許されないんだ
    特攻を企画したもので、現場に近いものは戦後
    自害したり特攻したりした
    現場を知らないものは…
    国の再建のために生きることを選択した

    若者こそ、何が何でも生きてもらわなければならないのに
    [ 2014/02/08 01:47 ] [ 編集 ]
  153. 特攻隊への賛否両論は別にいいんでねえの?
    ただ、俺は特攻隊員を貶める様な表現をする奴は許し難いが。
    てめえ自身は日本に対してクソの役にも立ってないのに、まるで自分が生まれるべくして生まれて来たかのようなコメしやがる。
    この様な人達の子孫への愛情の為の自己犠牲の上に今の日本が存在するのを知ってんのか知らないのかはわからんが。
    恩恵を受けながら、したり顔で隊員達を批難する連中って、まさに隣のアホ国と同じ理屈だな。
    [ 2014/02/08 01:47 ] [ 編集 ]
  154. 特攻隊自体は英雄だよ。ただ、そんなことまでしなければいけなくなった軍の上層部は無能なのが多かった。自衛隊もそのようなことがないように願うよ。
    [ 2014/02/08 01:47 ] [ 編集 ]
  155. 名無しさん
    0:20あたりの写真本当にあったんだな
    カッコいいと言ったら失礼だが外国人が勝手にイメージして
    作った想像のイラストだと思ってた

    あと、管理人さん記事ありがとうございましたm(__)m
    [ 2014/02/08 01:48 ] [ 編集 ]
  156. なんか日本だけが悪者だと思い込んでる人達がいるけど・・・

    なんでメディアや教育をそこまで盲目的に信じてるの?
    厳格な法規制があるわけでもないのに、事実だけを伝えてくれるとは限らないじゃん。

    戦後教育なんて戦勝国が作るものなんだから。
    戦勝国が自分に都合の悪いことを後世に伝えたいと思う?
    [ 2014/02/08 01:49 ] [ 編集 ]
  157. 『死するとも 
      なお死するとも 我が魂(たま)よ
            永久(とわ)に留まり 御国守らせ』

     本当に本当にありがとうございます。
    今、日本が変わろうとしています。今少し力をお貸しください。
    [ 2014/02/08 01:51 ] [ 編集 ]
  158. 名無し父が話してたけど、特攻隊は自分達でお役に立てる場所を決めたんだよ

    志願兵になった時、出撃命令がでる覚悟はしてたと言ってました

    特攻隊の遺書を読んだ事がありますか??
    何人かは、悲しまないで下さい。泣かないで誉めて下さい。って書いてあります

    これは、戦争で亡くなった日本人はそう思ってますよ
    命を掛けて戦って亡くなったのに、祖国の日本人から非難されると
    当時の日本人は想像してましたか!?

    後からなら、何でも言える
    私達は、戦争を体験してないわ。東条が悪い?
    じゃー東条は、日本の為に一生懸命に生きなかったか!?

    東京裁判で、日本の総理が戦犯として裁かれた事が日本の敗戦を物語ってるよ
    日本国民なのに、日本総理を裁かれてアメリカの言い分を支持して
    当時の総理を非難か?
    その方が、変でしょ!?
    日本国民なら、戦争を歴史事実を見て分析して事実確認をするだけです
    日本の為に戦った日本人に敬意を持って欲しいです。
    [ 2014/02/08 01:58 ] [ 編集 ]
  159. でも、有名なエースパイロットはこの作戦には反対していたんだよね、
    突っ込むよりも普通に戦闘したほうが戦果を挙げられるとね。

    まぁ、そうも言ってられない状況が一部にはあったんだろうが。。。

    兵士を貶めているのではないですよ。
    [ 2014/02/08 02:00 ] [ 編集 ]
  160. >>147

    145ではないし145の後半は根も葉もない決めつけでしかないと思うが
    百人斬りについては日本人がした捏造だといいたいんだろう

    百人斬りという殺人ゲームは誇張だと思うが
    実際にその内の1人は戦時中の講演で実際に行った(事実は敵兵との真剣勝負でなく捕虜を切った)というふうに語ってしまってる
    それはもしかしたら戦意高揚のために言わされたのかもしれないが
    それは想像の域をでない
    事実としては講演でそう語ったということだけ

    虐殺をしたいため、または武勇伝として語りたいために
    そういうことをしたとは思わないし思いたくはないが
    講演で語るという軽はずみで不名誉な(少なくとも戦時中は賞賛されたかもしれないが)ことをしたのは確かであり
    それについてはもはや弁解の余地はない
    問題は実際にどこまでしたのかというところだ
    その捕虜を何人か切ったことは合法的だったかどうかというところ
    [ 2014/02/08 02:01 ] [ 編集 ]
  161. 靖国参拝批判は彼らへの冒涜行為そのもの
    [ 2014/02/08 02:01 ] [ 編集 ]
  162. ※126
    あれは嘘
    当時の毎日新聞記者が戦意高揚のプロパガンダの為、作り上げた創作
    本人が後に証言している
    この二人の日本軍兵士は極東軍事裁判で無実で処刑された
    にも関わらず、近年の裁判でもこの二人の名誉回復は成されなかった

    [ 2014/02/08 02:04 ] [ 編集 ]
  163. だが靖国参拝は反対なんだよな
    [ 2014/02/08 02:07 ] [ 編集 ]
  164. 当時、世界の9割は欧米列強とその植民地で占められ
    欧米列強は白人至上主義を国是とし
    カラード差別法を国内外で発動していた

    現代とは全く違う世界秩序の中、
    白人は自らを“文明をもたらす正義の味方”と位置付け
    キリスト教の教義のもと“未開の野蛮民族”を駆逐し
    家畜化し奴隷化し搾取することさえ正当化された時代

    数少ない独立国だった有色人種国家の日本が
    欧米列強に戦いを挑むということが、どういうことなのか
    其れを考えれば、軽々しく大東亜戦争を
    間違っていたなどと言えやしない
    [ 2014/02/08 02:08 ] [ 編集 ]
  165. 164
    だからといって声高に大東亜戦争はアジア解放のためと
    日本人自身が言うのもどうかと思うね
    理想はあったかもしれないが
    現実にはしっかり計算してる
    ハワイもそれで見捨てたし
    日本が戦争に踏み切ったのはアジア解放のためよりも
    自分たちが追い込まれたからでしょ
    実際戦時中ということもあって
    欧米に変わって日本の支配を受けたアジア各国には
    当初の期待を裏切るようなこともしている
    東南アジアの方たちが自分たちから日本に感謝してくれたら
    有難く謙虚に受け止めるべきで自分から日本の戦争はアジアのためというのはどうかと思うよ
    [ 2014/02/08 02:13 ] [ 編集 ]
  166.  
    天皇陛下はなぜ靖国に參られないのだろう?

    [ 2014/02/08 02:13 ] [ 編集 ]
  167. アジアから白人を追い出すための戦争は、あそこまでやんないといけなかったくらい大変だったってこと
    [ 2014/02/08 02:19 ] [ 編集 ]
  168. ※165
    確かにその通りだと思う。
    でも、言ってる連中の気持ちもわからんでもない。
    今まで数十年の間、自虐の呪縛に悩まされ、やっと最近それに解放されたから、ここぞ!とばかりに主張してるんだと思う。
    つまり極端から極端へと走ってるわけねww
    [ 2014/02/08 02:19 ] [ 編集 ]
  169.  
    愛国心には二つあり
    一つはこの国の風情を愛し、文化風習を愛するもの
    一つは他国を憎み、蔑むもの

    後者に似た作用を有するものを上げるなら
    それは「屁」だ
    自分の屁は気に障らないが、他人の屁は不快で堪らない

    中国の屁、韓国の屁
    臭くて堪らない
    そして、日本の屁
    中韓は言うに及ばず、その他の国々にとっても同様に臭い
    [ 2014/02/08 02:19 ] [ 編集 ]
  170. >>166
    俺はあの対応は良かったと思う
    万が一日本がまた情報戦に負けて靖国がいけないということにでもなってたら
    天皇陛下にもどんな責任が振りかぶってたか分からない
    天皇陛下が行うことは真に日本を代表することになるから
    天皇陛下が靖国のことでその時々の政争に巻き込まれて
    いらない謝罪や発言をすることにでもなったら
    それこそ末代までの汚点として残るよ
    これ以外でも慎重に慎重を重ねて対応していくことはいいことだと思う
    日本を弱くしたい者にとっては天皇陛下を弱めることは喜ぶべきことだからね
    裕仁親王が生まれてなかったらいろいろ危なかったしね

    [ 2014/02/08 02:20 ] [ 編集 ]
  171. 168
    うん
    気持ちは分かるんだけどねw
    [ 2014/02/08 02:22 ] [ 編集 ]
  172. 特攻は若年兵からのアイデアで、上官に申し出たことから始まったそううだけどね。
    そういう記録が残ってたはず。
    最初は完全な志願だったんだよな。

    後から特攻隊に任命された若者は複雑だっただろうけど、最初から軍が命令していたわけではない。
    そこまで切羽詰まった戦争だったんだろうと思うよ。
    [ 2014/02/08 02:27 ] [ 編集 ]
  173. 戦時中の人々の価値観は今の時代に生きる私の価値観では理解できないだろう。
    ただ、両親・妻や子供達を守る為の唯一の方法だと信じ、戦ってた人々をただ尊敬する。

    後の時代の学者からクレイジーと言われても、ただ家族を守りたいという純粋な気持ちだけは理解できるから。

    大和に乗船していた祖父に何度かその時代のことを聞きこうとしたが、平和しか知らない私が立ち入ってはならない世界のような気がして結局聞けなかった。

    今の日本があるのはこの人達一人一人の思いの上になりたっているのだということを忘れないようにしたい。
    [ 2014/02/08 02:27 ] [ 編集 ]
  174. ※168 ※171
    でも実際に戦後にアジアに残ってその国の独立戦争に参加していた日本兵もいたと言うし、たてまえだけではなかったことも事実だろ。

    計算だとか世間や人間の腹黒さを理解している自分は冷静でカシコイ、みたいな発言にうんざりしている人間が理想に殉じた人々に尊敬の念を抱くのは、人間の心理として当然と思うんだけどね、
    そういうのも極端から極端へ走ってるんだとか言っちゃうわけ?

    ドライな見方がカッコイイっていう考えも思春期っぽいと思うんだよなあ。
    [ 2014/02/08 02:36 ] [ 編集 ]
  175. 日本人のコメントを見れば分かるだろ?

    日本人が一番の 反 日 だってな!
    [ 2014/02/08 02:39 ] [ 編集 ]
  176. 陸軍も支那では、歩兵に爆弾を持たせて「たこつぼ」に待機させ、近づいた敵戦闘車両の下にもぐりこませて自爆させていた。神風特攻隊よりずっと以前から、そういう作戦が当たり前だった。回天、桜花、そういう時代だったんだと思う。全ての英霊に感謝し哀悼します。
    [ 2014/02/08 02:45 ] [ 編集 ]
  177. ※174
    いや、言いたいのはアジアの感謝には礼節をもって受け止めるべき、と言いたいんだろう。
    「当事者ならいざ知らず、現在の我々が『日本はアジアを解放してやった×3』と声高に鼓舞する態度はおかしいのではないか?」
    と言ってる様に俺は受け止めたが。
    別にドライでも何でもないと思うが。

    [ 2014/02/08 02:46 ] [ 編集 ]
  178. 敵国軍の指揮権を持ってるルーズベルトっていう狂信的な人種差別主義者が、公然と「日本人の断種」を主張していて、かつ石油は断たれるわ経済包囲網を築くわで学徒出陣までやって、最終的に神風になるんだよ
    何が粗末な死だよ
    評価できないやつは頭が死んでる
    [ 2014/02/08 02:47 ] [ 編集 ]
  179. 174
    個人の思惑は国を代表しないのは世界共通でしょ
    日本の大多数を代表する日本政府としてどうしていたのかでしょ
    大義はいつでも建前だ
    アジア解放ならなぜそれまでずっとアジアを見殺しにしてたの?
    アジア解放ならなぜあの時点で開戦したの?
    アジアでなく日本主体で考えた結果だからなのは当然でしょ

    ドライな見方云々じゃなくて
    当のアジアの人達に対して謙虚になれってことだ
    日本が今のような社会になるきっかけは戦後の改革によるところも大きいが
    プラス・マイナス点があろうと米国による改革と軍隊による保護が
    日本のその後に良くも悪くも大きく影響を与えたのは事実
    米国からそのプラスの点を当然のように誇られたらどう思うの?
    例え米国によるプラスの点を理解していても自分たちのためにしただけだろと思うのが人情だ
    アジアのためだったかどうかはアジアの方達が評価すればいいことで日本人があれはアジアのためだったアジアのためになったと叫ぶものじゃない
    [ 2014/02/08 02:47 ] [ 編集 ]
  180. 俺の両親の祖父は父母両方徴兵に取られなかった。
    父方は身体的な理由で欠格、母方は中島飛行機の運送業やってたんで準軍属扱い。
    でも、父母両方の法事に出かけると遠縁には船に乗って南方に出かける際に魚雷で撃沈されて戦死ってのが数名。
    それ以上に身につまされたのが、仕事で九州行ったときだ。
    夏の日の朝、市役所の防災無線がサイレンを鳴らした。
    何だと思って現地の人に聞いたら、長崎、広島の原爆投下と終戦記念日にはサイレンを鳴らすのだそうだ。
    東京では風化して気にもされないことがかつての激戦地九州では今も生々しい歴史としてそこにある。
    忘れるな。
    特攻はコンピューター誘導のの無いその時代では命に代えて敵艦に爆弾を命中させるための唯一の手段だったと判断されてもおかしくなかったことを。
    今でこそ馬鹿な作戦、と言うが、技術的に対抗手段が無かった日本には光明に見えた作戦だったと言うことも。
    そして、断れないような雰囲気だったとはいえ、命を捧げたご先祖様たちに、敬意を。
    [ 2014/02/08 02:47 ] [ 編集 ]
  181. 白人至上主義の中、有色人種がどういう扱いを受けてきたのか、
    日本人捕虜収容所で、レイシスト共によって何が行われていたのか、
    そんな不平等が当たり前の時代に、戦争に負ければ祖国が家族が、どういう目に遭うのか容易に想像できるからこその、最後の手段でもあり、不屈の警告でもあるんだよね。
    石油も資源も無い中、技術を磨き、不屈の精神で戦った日本人がいたから、有色人種の地位向上に貢献できた。
    戦うことでしか、超えられない壁ってのはあるんだよね。

    まあ、そういうわけで、GHQは日本人を飼いならす事にしたわけだが、この政策、洗脳プログラムこそ、恐るべきものだったと思うね。
    数年後にはマッカーサー様、アメリカ様だもんな。w
    日本人は潔い民族だけど、飢餓状態にエサをあたえられ、アメリカが軍部から解放してくれた等と刷り込まれた結果がこのザマだ。
    [ 2014/02/08 02:48 ] [ 編集 ]

  182. 国の為に散っていった方々は間違いなく英霊である。
    国の為に殉ずる先人の礎があってこそ、今日の日本がある。
    先人の死を無駄にしない為に確かな道を歩まねばならない。
    靖国神社は国の為に亡くなった多くの方々を祀る神社。
    [ 2014/02/08 02:51 ] [ 編集 ]
  183. 統帥の外道ではあったが、通常攻撃では損耗率が8割越え、下手すると9割
    超えで戦果をあげるには絶望的な当時。冷徹な計算をした結果の戦術でも
    あったらしい。実際逐次投入ではなく全力投入していたら米軍も支えきれなかったらしい。
    [ 2014/02/08 02:51 ] [ 編集 ]
  184. 日本人に生まれて本当によかった。
    [ 2014/02/08 02:53 ] [ 編集 ]
  185. 今上陛下が靖国をご親拝されないのは、もう国際問題化してしまった後なので仕方ないことだと思う。でも、昭和天皇がご親拝を続けておられたならば、他国も国際問題化できなかったのではないかとも思う。中断の理由は勝手に想像してはならないが、残念で仕方ない。
    [ 2014/02/08 02:58 ] [ 編集 ]
  186. ※127
    >特攻で大事なものを守れたのか?
    お前が生まれる今があるのは、戦死者のお蔭

    >俺なら大事な何かのために目の前で失われようとしてない限り
    >何があろうと生きる道を選ぶ
    お前は多分、志願するよ
    [ 2014/02/08 02:59 ] [ 編集 ]
  187. ただ戦争って言う状況が色んな悲劇を生むんだよなー
    特攻以外でもイッパイ死んでるよ、いろんな国の人が
    特攻を美化したり卑下したりするんじゃなく、外国の人には

    戦争が生んだ悲劇の一つの形としてとらえて欲しい気がする
    [ 2014/02/08 03:02 ] [ 編集 ]
  188. ※181
    >数年後にはマッカーサー様、アメリカ様だもんな。w

    完璧な情報統制もあったし、占領軍に同調しない者に対する公職追放もあった
    何より、真実を主張する者は連れて行かれて帰って来ない、そんな社会だったんだよ
    ただ、言われるがままに「成程、日本は悪ですね」となった訳じゃない
    今だってそうじゃん
    後の歴史家は今の文物を見て、韓国が好かれてた時代って言うと思うよ
    [ 2014/02/08 03:04 ] [ 編集 ]
  189. ※186
    それは一方的だろ
    あの戦争を戦った方たちのおかげなのは確かだが
    特攻が必要だったとは思わない
    特攻に行かざるを得ず亡くなった若い方たちが
    その後も生きていてくれたほうが
    残された家族にとっても日本にとっても良かったのは間違いないと思うが?

    志願することにケチをつけようとは思わないが
    平和な時に今やれることをしてないなら口だけだと言われても仕方がない
    戦争で特攻に志願できるなら今の時間にネットしてないでもっとためになることできるだろと思うのは穿ち過ぎかな?
    ちなみに俺は無理せず好きなことして生きるよ
    俺も生きるほうを選ぶ
    [ 2014/02/08 03:06 ] [ 編集 ]
  190. パイロットの自己犠牲は称賛されても
    命令を出したクソは許されない
    アメリカは命がけで戦友を救出し、
    怪我が治癒したら戦列に戻っていたんだぜ
    戦力に差が出るばかりで勝てるわけない・・・
    [ 2014/02/08 03:14 ] [ 編集 ]
  191. 特攻隊員の精神は気高いが、特攻を指示した軍上層部はクソだ。
    特攻隊員を誇りに思う事はあっても、特攻を指示した日本軍を誇りに思う事は絶対に無い。
    [ 2014/02/08 03:16 ] [ 編集 ]
  192. 特攻は、その鬼気迫る決意をアメリカ軍に見せつけることで
    心胆寒からしめ講和に持ち込もうという意図も大きかったのだと思う。
    [ 2014/02/08 03:16 ] [ 編集 ]
  193. 秀吉の時代に中国を見定めた時以外で過去に朝鮮半島を日本が侵略する価値が全く無かったのに、大東亜戦争前には朝鮮半島を併合せざるおえなかったほど欧米の植民地支配がひどかった事実
    今の世の中だから当時は負けても戦後の日本国民は大丈夫だと思えるだろうが、当時なら日本人の文化レベル的に欧米支配は耐えがたいものだったと思う
    人権という言葉が必要だった欧米諸国
    [ 2014/02/08 03:20 ] [ 編集 ]
  194. ※192
    鬼気迫る決意(笑)だなw

    降伏に持ち込むために核を2発も使ったアメリカと比べたら、いかに日本軍がアホだったか良く解る

    自分の国の兵を無駄に死なせる方法で講話に持ち込むって、アホとしか言い様がない
    相手の国にとっちゃ痛くも痒くもねーのに
    [ 2014/02/08 03:20 ] [ 編集 ]
  195. 192
    だとしたら結果をみるまでもなくそう考えた人間は現実を見ることもできない大馬鹿者だったということになるだけだ
    [ 2014/02/08 03:21 ] [ 編集 ]
  196. ななし
    英雄でもなんでもない
    国家を名乗る支配層によって
    ヒロポン漬けにされて自爆させられた人達だ
    [ 2014/02/08 03:27 ] [ 編集 ]
  197. >■ どうして普通の考えを持った人たちが、彼らを賛美するのか分からない……。
      兵士の命を無駄にした作戦だったし、戦闘における、歴史的な過ちだろ。 アメリカ

    インデペンデンスデイとか、神風特攻隊をパクったいっぱい作って
    USA!USA!とかやってる臆病者のサイコパス&サディストの国の人間が
    何言ってんだ…? 恥を知れ…あっそんな文化はお前らのような欧米人には
    存在しないか
    [ 2014/02/08 03:34 ] [ 編集 ]
  198. >165
    >だからといって声高に大東亜戦争はアジア解放のためと
    >日本人自身が言うのもどうかと思うね
    (略)
    >自分から日本の戦争はアジアのためというのはどうかと思うよ

    おっさん的に言うと、それは「アジアの為に一役も二役もかった」っていうのが国論になってからで良いと思うよ
    まずは知らない人に知られる事が大事
    まだまだ自虐史観が優勢だからね
    アジア諸国の為を思うように、自民族の尊厳も考えましょう
    [ 2014/02/08 03:35 ] [ 編集 ]
  199. 神風特攻隊が世界で賞賛されるようになったのって、前からそうだったっけ?
    少し前はクレイジーって言われてたような。
    そして不思議なのは神風がこんだけ持ち上げられてるのに、真珠湾や南京や原爆などの評価は相変わらずってところだよな。
    神風を肯定的に見る層と日帝戦犯を唱える層は違うのか?
    だとしたら南京や原爆などの話題のときは神風支持派はダンマリなのか?
    それとも神風特攻隊だけが英雄で、それ以外はアジアを蹂躙する鬼畜だと思われてんのか?
    奴らにとってサムライってどんな認識なんだよ。
    [ 2014/02/08 03:37 ] [ 編集 ]
  200. それでも俺は今の日本の生活を肯定してるからな
    今の時代の日本に生まれたことをひたすら感謝するだけだ
    だから過去も否定しない
    どんなに痛ましい過去だったとしてもその結果の現在なら俺は自分のためにも肯定する

    もしも日本が米国にやられて占領されなかったら今ほど自由に暮らせていたかは疑問だ
    もちろんその反面今問題になってることのいくつかはなかっただろう

    もしもあの時日本が三国干渉の時のように
    無茶な抵抗はせずに時期を待つことにしていたら
    アジアは当然見て見ぬふりをこれまで通り続けるとしても
    満州はロシアによって侵攻を受けたかもしれない
    その瞬間それまで圧力をかけまくっていた欧米は日本よりもロシアを危険視するだろうから少なくとも日本・朝鮮・台湾は日本としてそのままだったかもしれない
    欧米の植民地は21世紀も部分的にでも続いたかもしれない
    遅かれ早かれ大英帝国にはインドその他の植民地を維持する力はなくなっていっただろうがシンガポールはイギリスのままだったろう

    まあこう考えていけばキリがないが
    結局日本が開戦に踏切りそして負けたことで
    今の平和で豊かで自由な日本がある
    自由すぎて問題になってもいるが
    俺は今の自由な日本の暮らしが好きだから
    俺は過去の人達には申し訳ないが
    そして感謝の念を持ちはするが
    過去の歴史を通ってきた上での現在日本の暮らしを肯定する
    戦前の日本でなくて良かったし別の国に支配された日本でなくて良かったし現在の日本で良かった
    [ 2014/02/08 03:40 ] [ 編集 ]
  201. 無意味だったんだ!
    無駄死にだったんだ!
    必要なかった!
    相手には痛くも痒くもなかったんだ!

    っていう下らんのが湧いてるなw
    被災地に集まった自衛隊に「自衛隊賛美につながるから、今すぐ解散しろ」って騒ぐアレに似てる
    [ 2014/02/08 03:41 ] [ 編集 ]
  202. ※24
    そのセリフ、よしりんの戦争論3に書いてあったよ(笑)
    真実が分かってきて苦し紛れの左翼のセリフでね(笑)
    ほんとこいつらは、どうしようもねーな…
    [ 2014/02/08 03:45 ] [ 編集 ]
  203. 志願した者たちだって死にたくて志願した訳じゃない。
    生きたいと思う気持ちは常に持っていた。
    それなのになぜ?
    国を守るためには間違いないが、それ以上に家族を守るためだ。
    故郷を守るため、故郷の家族を守るために命をかけたんだよ。
    ムダ死にと考える人もいるようだが、彼らの崇高な心は永久のものだ。
    [ 2014/02/08 03:50 ] [ 編集 ]
  204. ※10
    ほぼイコールの意味があったんじゃないかな?
    国を守ること、すなわち日本人民を守ることであり、日本人民である家族や愛する人を守ることであるとしてさ
    [ 2014/02/08 03:53 ] [ 編集 ]
  205. 「無駄だ」「カルトだ」と言う人は当時の世界情勢がわかっていないのだ
    日本が他の有色人種同様唯々諾々と白人の支配下に堕ちていたら
    アジア・アフリカの植民地がもう100年続いた可能性だって十分にある
    有色人種は人間扱いされてなかったし日本が無くなる可能性だってあった
    日本を守るためには最後まで諦めるわけにはいかなかったのだ
    人種差別が以前よりは鳴りを潜めた現代に核をチラつかせて
    領土拡大や周囲に脅しをかけてる中国や北朝鮮とは違うんだよ
    [ 2014/02/08 03:55 ] [ 編集 ]
  206. 俺達の出来る事は、彼らを(と言うか実際俺達の祖父、曾祖父なんだが)犬死にさせないこと。
    こうやって思いだし、時には彼らの気持ちになってみる。
    それだけでも最低限の供養にはなると思う。
    [ 2014/02/08 03:58 ] [ 編集 ]
  207. ※203
    私も作戦自体には否定的だが隊員個人へはそう思うよ
    しかし日本は死んで責任を取ったり1人もしくは皆で一緒に死んで満足しようとするきらいがある
    だからこれからの日本のためにも
    子供たちには特攻を志願して亡くなった方よりも特攻を拒否して終戦まで戦果を上げ続けた方たちを何より見習うように教えるよ
    [ 2014/02/08 03:58 ] [ 編集 ]
  208. >165
    それで今どうなってる?
    日本はアジア中を蹂躙した悪党で、アメリカがその悪党を成敗した正義の味方ってことになってる。
    戦後その恥辱にずっと黙って耐えてきた日本を誰かが庇ってくれたか?一部日本の肩を持ってくれた人らも居たようだが、その声は反日の叫びに埋もれ、かき消されてしまっている。
    確かに日本が戦争を始めたのは自国を護るためであり、周辺国の独立も国防という目的の過程に過ぎない。
    しかし、それによってアジア諸国が救われたのは事実じゃないのか?
    その国の人達が日本の濡れ衣を晴らすべく、もっと世界へ訴えてくれてれば、日本がここまで主張しなくても済むんだけどな。
    [ 2014/02/08 03:59 ] [ 編集 ]
  209. 無条件で批判できると思ったものに大上段で「愚かだ!」と糾弾するのは知的に快感なんだろうなぁ。
    クサレサヨクの論法であり、朝鮮臭いところなんだよね。
    「誰かを貶めて自分が道徳的高みに立った優越感を感じる」やり方。
    [ 2014/02/08 04:03 ] [ 編集 ]
  210. >自分の言葉でなく、架空の話からしか引用できないのかw
    醜いね。
    真実を指摘する言葉を貶めようとは。
    [ 2014/02/08 04:04 ] [ 編集 ]
  211. ※177

    海外の反応のまとめでどうして
    「現在の我々が『日本はアジアを解放してやった×3』と声高に鼓舞する態度はおかしいのではないか?」
    と言い出すのかが自分には理解できない。

    現在の日本人が、アジアを解放してやった×3という態度でこの動画をアップしたということか?
    だったらアップした本人に言えばいいことだろ?

    戦死した人々を悼んだり誇りに思ったりするコメントが多いここにそんなことを書き込むということは、
    戦死者を悼むこと自体が『日本人が解放してやった×3』と言う態度だ、と言っているように自分には感じられる。
    そういう人間味に欠けた、一見ドライ(冷静?)っぽいおかしな考え方が中学生だと自分は言ってるんだよ。

    外人が適当に日本を批判しているなら、そういう考えもあるだろうなで済ませるところだが、
    おそらく日本人が書きこんでるんだろうと考えると、自分たちの直近の先祖に対してあまりにも人間性に欠けた視点だと感じる。

    念のため付け加えておくけど、アジアの感謝には礼節をもって受け止めるべきというのは賛成だよ。
    そんなことは当たり前で、何も日本人以外の人々に「解放してやったんだから感謝しろ」などと言う気はさらさらない。
    というか、現実にそんなことを国外の人に言って回ってる馬鹿がいたらまともな人間なら止めるだろ。
    [ 2014/02/08 04:10 ] [ 編集 ]
  212. ※208
    なんという自己本位な考えでしかないのか
    他者の立場にたつという165のような考えすらできませんか?
    それでは中国や韓国、米国と一体何が違うというのでしょうか
    あなたは今の日本が豊かである理由の一つは米国による占領政策や安保のおかげであり中国から1千年以上に渡り文化を吸収したおかげであり
    朝鮮戦争が起こって世界における日本の価値や経済が上昇したおかげであると感謝すべきだと思いますか?
    アジアの各国に対する日本の貢献を評価すべきは当事者たるアジアの各国であるべきで日本がそのことを感謝すべきだとか評価すべきだと押し付けるものではありません
    中国や韓国、米国が傲慢だと批判するのはいいでしょう
    日本が過去に行ったとされる蛮行を確たる証拠でもって反論もすべきです
    しかし、そこにアジアの解放をことさら日本自身が言う必要はないし
    そんなことは日本の現在の数々の証拠なき蛮行とは別問題です

    [ 2014/02/08 04:11 ] [ 編集 ]
  213. ※179はアジアの他国の人か?
    だったらアジアのその国の人間として日本を批判すればいい。
    もしも日本人なら、アジアの他国の人たちの感情を勝手に代弁しているような書き方は、少し考えたほうがいいと思うけどね。

    >アジア解放ならなぜそれまでずっとアジアを見殺しにしてたの?

    見殺しにしてたというのがどういう意味かよくわからないが、もっと早く西欧に戦争を仕掛けていればよかったということか?
    江戸時代に?それとも明治か大正時代か?
    昭和なら何年に開戦していたら満足するんだ?
    少しは歴史を勉強しろよ。
    近現代の日本史を中心にした世界史を学べば状況は理解できるだろ。

    >米国からそのプラスの点を当然のように誇られたらどう思うの?

    そりゃ当然、ありがとうと言うよ。プラスはプラスだ。有難いよ。
    それに、プラスの部分に感謝してこそ、マイナスの部分を批判・否定できるものだろ?
    マイナスが1つでもあればプラスはないことになるという極端な考え方は自分にはない。
    それはドライというより盲目というものだ。事実を直視できない人間の考え方だからな。

    179がもし日本人なら、自分は日本人として恥ずかしいよ。
    いくらなんでも、昭和に入るあたりまでの歴史の流れは知っているのが当然だと思ってたんだけどなあ。
    日本人じゃなくても、その程度の知識もないのにWW2を語るのはけっこう恥だぞ。気を付けたほうがいい。
    [ 2014/02/08 04:18 ] [ 編集 ]
  214. >> 189
    それは負けたらどうなるかを想定してない上に、
    未来があると知っているから言える事だね。
    抵抗する術を失い、極限状態でできる事ってのはたかが知れてるんだ。
    敗北するのが分かっていても、少しでも連合軍の蹂躙を遅らせる事が最優先になる。本土決戦で、少しは連合軍の譲歩を生み出せるかもしれないという打算もあったろう。
    お前は皆がそうやって死に物狂いとなっている中、
    俺ら家族が逃げるまで、時間稼ぎしとけよと言って、逃げ去るのだろうな。どこへ逃げるのか知らんが。w
    家族皆で白人様の奴隷に仕えられれば、豚小屋でも生かしてもらえるかも、とか生きるという素晴らしい理想に浸りながらさ。w

    少なくとも、カミカゼという名前が世界に残るほどの影響力与えたんだ。無駄死にだったとか言わせないよ。

    特攻隊の方々の遺書を読んでみろよ。
    彼らが何を思い、散っていったのかが分かる。
    [ 2014/02/08 04:20 ] [ 編集 ]
  215. ※212

    >それでは中国や韓国、米国と一体何が違うというのでしょうか

    横からだけどさ、そんなに中国や韓国・米国を悪者みたいにいわなくてもいいんじゃないか?

    で、>日本の現在の数々の証拠なき蛮行
    って何だよ?
    証拠もない蛮行が数々あるのか?
    現在ってことは進行形だけど、証拠がないのに蛮行があるとは?

    あと日本は中国とは古代に対等宣言をして、隋のあたりから使節は長い間廃止してたから、一千年もなんて中国文化を吸収していないよ。
    日本語上手に使ってるけど、そんなことも知らないなんて、外国人かな?
    [ 2014/02/08 04:26 ] [ 編集 ]
  216. あの世代に若者だった人はだいたい徴兵されたら死ぬと思ってたよね
    戦争もかなり長引くだろうし、自分が生きてる間に終わるなんて想像もしてなかった雰囲気がある
    自分が死ぬことに不満の声をあげるという発想もない
    日本人全員がそういう感じだったから特攻という作戦も生まれたのだろう
    そういう人たちは立派だし、責任に関して言えばその全員が持っている
    軍の上層部が悪玉とかそういう単純な仕組みじゃないと思う
    [ 2014/02/08 04:27 ] [ 編集 ]
  217. 戦争だぞ
    こういう話題で批判的になるやつは
    そもそも頭おかしい
    [ 2014/02/08 04:32 ] [ 編集 ]
  218. ※213
    あなたは反論のために反論しているようですね
    特に最後の必要性のない数行
    他人を貶めていい気分になりたいだけですか?
    ついでなので179の代わりに反論してみましょうか
    もちろん純粋な論点に対して反論するだけであなたのように相手の人格否定などする気はありませんが

    他者の立場に立って考えようとすることは謙虚さの表れです
    自分の側だけの主張しか言えなければお互い分かり合うことはできません
    どちらかがどちらかの意見を力づくで押さえつけるやり方が望みですか?

    アジアを見殺し云々はその次のなぜ開戦したのかというとことおそらくセットでしょう
    言いたいことは最初の一行などでなく、アジアのためというならばそれまでは国際間の力関係を現実的に計算してそのままにしておいたのに、なぜあの時点で開戦したとたんアジアの解放のためになるのかといってるんだと思いますが

    米国から云々はまさしく反論したいがための反論というべきもので
    これまでのあなたと同一人物のいうこととは思えません
    ここについては212で言ったことと同じですのでそれを読んで貰えれば分かると思いますが、
    自国で望んだことでもないのにプラス面だけを持って感謝しろということを何も感じずに受けるのだとしたら一体あなたは何を言いたくて反論しているのでしょうか?
    あなたの最初の意見は他国の評価をそのまま受けることをせず自国のことについては自国で評価すべきだということではなかったのですか?
    日本が自身で主張すべきは日本を主体に関わることであって
    アジア主体の評価まで口を出すことではありませんよ


    [ 2014/02/08 04:36 ] [ 編集 ]
  219. 気持ちの悪い特定日本人が書き込みしてるなw
    [ 2014/02/08 04:39 ] [ 編集 ]
  220. ※215
    あなたは慰安婦の強制性に証拠があるとしているんですか?
    その他化学兵器や戦犯として裁かれた方々が確たる証拠の上で裁かれたというんですか?

    中国からいろいろな点を学んでいたのは事実でしょう
    あなたこそ歴史を知らないようですね
    江戸時代に入ってからですら日本よりずっと進んだ天文学や算学などいろいろなものを中国から仕入れてましたよ
    その後中国以上に発展はさせましたけどね

    匿名であるネットで証拠もなく他国人だと言うのは
    内容に反論できない言い訳と同じです
    証拠のないことで相手を非難するのは中国や韓国が今していることと同じですよ?
    [ 2014/02/08 04:44 ] [ 編集 ]
  221. 役立たずのゆとりが徴兵されることを心から祈っています
    [ 2014/02/08 04:44 ] [ 編集 ]
  222. ※218
    横レスだけどさ、「謙虚に黙っとけよ」っていうのが知った人間の美徳であるのは確かだけど、そこに「まだ知らない人の為に書いておく」っていう善意は無いよね
    まだ知らない人が大半の今は、ただの自己満足でしかない
    特に人の美徳に付け込んで、広まるのを止めようとする人の存在を知った側からすると歯がゆい

    まあ、「知ってるか?」「黙っとけ」の両方が書き込まれてるのが良いと思うから、この問答はいつ見ても心地良い流れ
    [ 2014/02/08 04:46 ] [ 編集 ]
  223. ※222
    論点がずれてませんか?
    事実について話すななど誰が言ってるんですか?
    アジア解放は日本のおかげとアジアに向かって日本がいう必要はないという点について議論してるのだと思いますが
    もう一度164から読んでみてはいかがでしょうか
    [ 2014/02/08 04:49 ] [ 編集 ]
  224. 作戦自体の愚かさと、作戦に身を捧げた兵士の献身に敬意を表するのは別物だよ。
    自分の大叔父も特攻隊の生き残りだったけど、「“普通に生きる”って事は、とてもありがたい事なんだ」っていつも言ってた。
    もっと、きちんと話を聞いておけば良かったって、ずっと後悔してるんだよね…。
    [ 2014/02/08 04:51 ] [ 編集 ]
  225. 当時の日本人にはまだ武士道精神が残っていたんだよ!
    [ 2014/02/08 04:57 ] [ 編集 ]
  226. 現代なら戦争すら馬鹿げてる
    でも、あの当時は国や家族の未来を守る為には
    仕方なかった
    若い彼らの志を日本人は忘れてはいけない
    彼らの家族だって、どんな気持ちで見送ったか
    その気持ちを思うと、馬鹿にだって出来ないよ
    [ 2014/02/08 04:58 ] [ 編集 ]
  227. 日本って自由だよなぁ
    [ 2014/02/08 05:04 ] [ 編集 ]
  228. どう感じるかは本当に色々だと思う。
    けど日本人には刺違えてでも守るとか倒すという概念がどっかあるよね。
    自分が犠牲になれば、自分さえ我慢すればって考える。
    自分を糧にその後に残されるものへ大きな価値を見出す。
    もしくは、信念を曲げることは負けること、負けては生きていかれない、我が身滅びる間際までも抵抗を止めないんだという感覚だったのか。
    作戦自体をありがたがってるのではなく、たら・ればの話でもなく、作戦はむごいとしか言い様がない、けどそこへ向かった者の精神は尊いとしか言い様がない。日本人はその部分に後世いつまでも寄り添っていくだろうね。誰になんと言われようと。
    [ 2014/02/08 05:04 ] [ 編集 ]
  229. 自爆テロ
    [ 2014/02/08 05:17 ] [ 編集 ]
  230. 自分の明日全部を引き換えにしますから
    どうか大切なみんなに今より少しでも明るく
    今より少しでも美しい明日をあげてください
    と そんな風に一心に祈って恐れをねじ伏せて
    飛び立っていったのだろうと思う
    [ 2014/02/08 05:18 ] [ 編集 ]
  231. 後の世の俺たちがどうこう言える事じゃないだろう。
    それぞれに理由があり、それぞれが守りたい物のためにぶっこんだんだろ。文字通り命を懸けて。
    客観的に見れば、作戦そのものは馬鹿げた作戦だと言われても仕方ないかもしれない。
    ただ、断じてテロとは違う。
    感情を排して考えても、軍人が軍人の乗る戦闘機や軍艦に対しての攻撃なのだから。
    意図しようがしまいが、罪のない民間人を巻き込んでまで行うのがテロ行為だろ。吐き気がするわ。
    これだけは世の中に理解させなきゃならない。
    まぁ私はいんぐりっしゅは出来ないけどもw
    [ 2014/02/08 05:28 ] [ 編集 ]
  232. >211
    こいつ何をとんちんかんな事言ってんだ?w
    眠たいのかわからんが、もう少し自分の言いたい事をクリアにしてからコメしろよw
    [ 2014/02/08 05:30 ] [ 編集 ]
  233. 特攻隊の遺書を読んだら、本当に勇敢な人とか、ただアメリカ憎しの人とか、馬鹿な日本に呆れながらも忠節を尽くす人とか色々いるよ
    愚かな作戦だけど効果はあったし、特攻隊の人たちは敬意を表されて然るべきだよ

    ちなみに特攻は戦争行為であってテロリズムではないからね
    カミカゼを叫ぶテロリストの方々を批判する気はないけど
    [ 2014/02/08 05:50 ] [ 編集 ]
  234. 頼むから朝鮮人のクズとアカをコメントしないで消え失せてくれ
    [ 2014/02/08 05:57 ] [ 編集 ]
  235. 234
    いきなり何言ってんのこいつ
    お前が消えろよ
    内容も幼稚で誰に向けてんのかも分からんし
    お前みたいなのがいるとせっかくいいこと言ってるコメント全体のレベルまで下げるわ
    [ 2014/02/08 06:04 ] [ 編集 ]
  236. 特攻隊は日本の誇り

    寄生虫の在日朝鮮猿は日本のゴミ
    [ 2014/02/08 06:19 ] [ 編集 ]
  237. あのコメント読んでたら泣けてきた…
    ありがとうございます。
    [ 2014/02/08 06:48 ] [ 編集 ]
  238. 知覧の[特攻隊員の遺書]も読んで欲しいナ、寄贈去れたものの他に、受け取り人が居なくて差し戻されたものも沢山有るンだヨ、転出先不明じゃ無く空襲で家族が全滅したの、東京大空襲では一晩で10万人が焼けシんでるンだヨ、軍民併せて400万人って日本中の家族の中で、誰かが必ず戦災で亡くなってるって事だヨ。
    [ 2014/02/08 06:52 ] [ 編集 ]
  239. 国のためという大義は1兵士のもの。
    国の大義は、世界解放のため。
    大きな意思だったはず。
    廃れた日本人の意思は現代に蘇るのだろうか。

    そして、日本による植民地支配。
    それは、解放のための庇護。
    [ 2014/02/08 06:57 ] [ 編集 ]
  240. 想像力が足りてない人ばかりだね
    ヒロイックな心意気だの洒落だので出来るもんじゃないんだよ
    個人の命だの育成費用のかかったパイロットが勿体ないだの以前に
    当時はその土台である国自体が無くなりそうという追い詰められた状況だぞ?
    命の大切さを訴える連中にマトモな人間がいないのは結局のところ
    人間性を理解せず自分のイデオロギーに酔ってるからなんだろうね
    [ 2014/02/08 06:58 ] [ 編集 ]
  241. 義理の母への手紙が泣けるんだよな
    [ 2014/02/08 07:06 ] [ 編集 ]
  242. 左翼教師wwww
    >>24
    >カルトの犠牲者だ!
    俺が授業受けた社会科の左翼教師と同じこというな!

    彼らは愛する守るべき人のために死んだ。そういうこと。
    おまえにはそういうものがないんだろ。哀れですねー
    (^Д^)9m

    [ 2014/02/08 07:21 ] [ 編集 ]
  243. 正規の軍人による敵軍への体当たり攻撃と無差別テロを一緒くたにしてるバカはどうしようもないな
    なぜか欧米に多いんだが
    [ 2014/02/08 07:35 ] [ 編集 ]
  244. 特攻は決して素晴らしいものではないし、今後絶対に起こってはならないと思う。
    しかし、どんな理由であれ本気で国の為に戦った人達に、どうして敬意を払わずにいられるだろうか。
    [ 2014/02/08 07:42 ] [ 編集 ]
  245. 珊瑚海海戦、ミッドウェー海戦、南太平洋海戦など見ても明らかなように
    敵機動部隊に攻撃をしかけると
    通常攻撃であっても、攻撃隊の半分以上が撃墜されてしまう。

    マリアナ沖海戦や台湾沖航空戦など
    戦争末期の空母戦力が開いた段階では
    攻撃隊のほとんど撃墜され、戦果はほとんどない。

    つまり、もし攻撃隊の全てが撃墜されたとしても
    通常攻撃の倍の戦果を挙げることができるなら
    同じ戦果をあげるのに、兵の犠牲は遥かに少なくなる。

    同義的問題を抜きにして
    理屈の上だけで考えれば
    通常攻撃よりも意味ある作戦だったことは間違いない。
    [ 2014/02/08 07:53 ] [ 編集 ]
  246. 日本本土に対する無差別爆撃さえなければ
    特攻もこれほど本格的には行われなかったと思うね。

    当時の日本人が
    民間人無差別殺戮を実行する相手に対し
    日本人が滅ぼされる危機感を抱いただろうことは
    容易に想像できる。
    [ 2014/02/08 08:00 ] [ 編集 ]
  247. 現場はいつでも素晴らしい。現場を知らないやつはいつの時代もしょーもない。大本営、陸軍参謀、海軍軍令部、勉強が出来るだけのアホの集まり。あれ、今の官僚にみゃくみゃくと受けるがれてるな。財務省、外務省、己の失敗は決して認めない、なぜなら、超エリートの自分が間違えるはずがないと本気で思ってるから。
    [ 2014/02/08 08:08 ] [ 編集 ]
  248. 周りの状況を見て植民地になりたくなかったんだろ。
    その位なら戦争した方が良いという判断。
    結果的に悪い事は全て日本の責任にして、と言うのが現在。
    その為に良い思いをしている国があるのが良くわかる。
    ABCD包囲網と原爆×2発、御馳走さまです。とっても
    美味しかったです。その後のやり方はなかなか上手でしたが
    マスコミなどを使う洗脳作戦が少々やりすぎていてあからさま
    なんですよね。アメリカさん、良い思いしすぎ。更に、日本は
    戦前より精神的に不幸になってますが。
    [ 2014/02/08 08:09 ] [ 編集 ]
  249. 当時は周りの同僚が死にまくってる状況だし、俺ですら志願したかもしれん。
    生き残る保証なんてどこにも無い。敵に一矢報いる可能性が有るならやるさ。

    [ 2014/02/08 08:15 ] [ 編集 ]
  250. 日教組の教師には片道の燃料しかなかったとか新人が無理やりとか
    メチャクチャ言われたなー

    新人が弾幕避けて体当たりなんて技術持ってたらマジサイヤ人だしw
    突撃が怖くなって帰ってきた人もいるし
    まだ読んだことないけどその人、手記も発売してるよね。
    日本ではないかもだけど

    なんににせよ先人の方々に感謝します。
    [ 2014/02/08 08:23 ] [ 編集 ]
  251. 遺書なら茨城の自衛隊基地にもあったな近くの人は行って見てくれ。
    無謀ではあったが、尊い犠牲の上に今の日本がある事に感謝してます。
    島国だからかな、日本が滅びそうな危機になれば民族揃って共有できる気がする。そんなだから地震の時なんかも、もっと大変な人がいるから自分は我慢しよう、なんとか助けようとなる。
    そんな日本を残してくれた先人たちに感謝し、子孫達へ残していく為に。
    [ 2014/02/08 08:23 ] [ 編集 ]
  252. 愚かな作戦っていうのがよく分からん
    兵の犠牲数に対しての効用でみれば、すくなくとも初期の神風は寧ろ優れた作戦といっていい
    民間人を巻き込んだりもしてないしね

    個人的には、相手を殺/すかわりに自分も死ぬっていうのは、ある種フェアといっていいと思う
    すくなくとも米軍がやったような漂流者への機銃掃射、病院船への攻撃よりは、ずっとフェアだ
    [ 2014/02/08 08:24 ] [ 編集 ]
  253. 特攻でやられたアメリカ人達も家族のいる愛国者だということも考えないと
    [ 2014/02/08 08:24 ] [ 編集 ]
  254. 戦争行ってる間に東京のような無差別大虐殺をされたら自分も志願しようと思うだろうな
    [ 2014/02/08 08:27 ] [ 編集 ]
  255. そりゃあ皆、前夜に枕を濡らしてたろうな。祖国のためであろうと怖くないわけない。

    自分は広島育ちで子供の頃は夏休みに登校して黙祷してたけど社会出て全くしなくなったわ…
    [ 2014/02/08 08:29 ] [ 編集 ]
  256. ちなみに、アメリカの硫黄島攻略作戦では、毒ガス散布作戦も検討されていたが、ルーズベルト大統領が拒否。理由は日本軍が使っていないからであり、毒ガスは報復のみと持論があったため。

    しかし、後任のトルーマン大統領では、アメリカの日本上陸作戦では、関東全域に毒ガス散布作戦も検討されていたので、日本としては死に物狂いで抵抗し、少しでも有利な講和条約を結ぶしか生き残る道はなかった。

    結局、戦争は原爆によって終結したのだが、神風特攻がなければ、日本上陸作戦の実施が検討され、日本の軍民一体の抵抗の激しさが予想され、あまりの自軍将兵の被害の多さに嫌気がさし、原爆を使うという流れが醸成されず、そのまま検討された毒ガス散布作戦や民間人も敵兵として処理の上陸プランが採用され、実行されていただろう。

    仮に防御側の日本軍が考えていた本土決戦が実行されていたら、終戦の引き際を誤り、日本民族は半数は死に絶え、戦後復興もままならなかっただろう。

    極論すれば、米軍が神風特攻をはじめとした様々な犠牲精神を恐れたため、今の形で終戦を迎えることができ、戦後復興も出来たんだよ。
    [ 2014/02/08 08:32 ] [ 編集 ]
  257.  
    ≫50
    無理して日本人のフリせんでええぞ。
    日本語も間違っとるしな。
    [ 2014/02/08 08:32 ] [ 編集 ]
  258. 上の命令による犠牲を美化するなよ。
    無能上層部の延命と自己保身のための人身御供じゃないか。

    死にたい人間ばかりじゃなかったろ。
    日本には同調圧力があるから、わたしは行きません・やっぱりやめたなんて絶対言えないだろ。
    死にたくなくても死ななきゃいけないなんて狂気でしかない。

    特攻は詰んでるのに白旗揚げられなかった見栄っ張りで現状認識のできない日本人による犠牲者だよ。
    [ 2014/02/08 08:38 ] [ 編集 ]
  259. 今の日本男児(笑)ネットで女叩きw
    日本男児は戦死しました
    [ 2014/02/08 08:40 ] [ 編集 ]
  260. >>258
    特攻しないで戻ってきた人はいるよ。
    上の方でもあったけど戻ってきて後に手記を出版してる
    [ 2014/02/08 08:43 ] [ 編集 ]
  261. 特攻は陸海空全ての部隊で決行された作戦で、よくわかってない外人さんは無駄死にだと言うけれど、そんな事は無い。
    降伏を打診していた際、連合国は日本の無条件降伏を許さなかった。
    そのまま呑んでいたら皇室は廃止されて日本はドイツのようになってた。
    無条件の降伏を勝ち取るまで、日本の若者は戦い続けたんだよ。
    手練れも少なく弾薬もないから、基礎技術だけで体当たりする命を捨てた戦法しか無かった。
    私は彼らを誇りにおもうし、まさに日本が守られたことに感謝してる。
    [ 2014/02/08 08:48 ] [ 編集 ]
  262. あの頃はマジで鬼畜米英だったからな
    色付き人種なんか猛獣狩りでもしてるかのような扱い
    白旗上げても面倒だからと射サツ
    女はレイ~プして射サツ
    戦利品とか言って耳や鼻を削いで持って行く

    そんな奴等に狙われたんだから特攻してでも家族を守ろうとするわな
    [ 2014/02/08 08:48 ] [ 編集 ]
  263. そりゃ平気も資源も燃料も潤沢な米帝様には分からんわな…
    こっちは燃料不足で行きの分の燃料のみで出撃する事になったり、艦を動かせなくて浮き砲台として使うしか無かったりしてた
    [ 2014/02/08 08:49 ] [ 編集 ]
  264. ※250
    低空飛行で突っ込むから弾幕も来ない
    まあ、特攻で効果があったのは最初に数隻撃沈しただけだけどな
    すぐに対策とられた
    [ 2014/02/08 08:50 ] [ 編集 ]
  265. 252
    お前には人の上にたつ資格はないな
    能力もないのが分かるからいいけどさ
    [ 2014/02/08 08:51 ] [ 編集 ]
  266. 当時のアメは子供や病人が乗ってる船も平気で爆撃してたし志願するかもね
    [ 2014/02/08 08:54 ] [ 編集 ]
  267. 原発の時もフクシマ50とか持て囃してたが、あれも危機感ゼロ東電の認識の甘さゆえの人海戦術。

    70年経ってもあの時代と同じことしかできないなんて学習能力ゼロ。
    次の難事も人海戦術で乗り切るのか?

    お国のためだの偉大な犠牲だのと思考停止してる人間ばかりだと、二千六百七十余年保たれてきた国が滅ぶわ。
    [ 2014/02/08 08:55 ] [ 編集 ]
  268. 一部の白人の蛮行上げて文句言ってもしょうがねえだろ
    大小の違いはどうあれ日米似たようなことはやってるし負けたほうが悪いってだけの話しよ
    [ 2014/02/08 08:55 ] [ 編集 ]
  269. 試合に負けて勝負に勝った
    [ 2014/02/08 08:59 ] [ 編集 ]
  270. 管理人さん
    もし可能でしたら、ID表示式のコメントなどを検討して頂けませんか
    同じ人が連投してるのかどうか、手がかりがあると有り難いです
    [ 2014/02/08 09:00 ] [ 編集 ]
  271. とにかく今の価値観で語るな
    自分から見れば狂気的な戦い方をしてきて仲間をころされて精神的に参ってる時にだ
    自分たちのことで精一杯の過酷な環境で言葉通じない異人に対して人道的な対応できるか
    ベトナムでのアメリカ兵を見ればわかるだろ
    犠牲が大きくて怖くてしょうがないから非人道的になる
    [ 2014/02/08 09:03 ] [ 編集 ]
  272. 七○一空飛行長の昭和三十年以前の回想
    大西長官は
    「戦況ここに到つては、も早日本の運命を救うものは特別攻撃以外には途はなくなつた。しかしたとえ特別攻撃を行つても、戦局を挽回できるかどうかは疑問である。しかしこれを敢行しなければも早勝つ術がない。
     もし敗れても、後世、われわれがあらん限りの力をつくして戦つたのだということを、子孫の者たちが知つたならば、必ずや奮起、再建を志してくれると思う」
    そう言つて、大西長官は特攻隊の編成を命じたのであった。
     木田司令は一應の説明を終わつてから最後に私に言つた。
    「大西長官は、特攻隊は指揮官が最も大切であるから、その人選には特に留意するようにと言はれたが、殊に最初の人選は重要であるのだが、一たい誰にしたらよかろうか、君はどう思う」
     私は木田司令の言葉をきゝながら、深堀大尉を頭に浮かべていた。私は躊躇することなく答えた。
    「それは深堀大尉以外にはありません」
    (中略)
    彼の胸中は私はよく知つていた。われわれ艦爆隊員は出撃すれば生還を期するものはいなかつた。遅かれ早かれ戦死するのではあるが同じ戦死するにしても、出来ることなら死花を咲かせたかつた。これは私の氣持も彼の氣持も、他の隊員の氣持も同様であつた。
    [ 2014/02/08 09:06 ] [ 編集 ]
  273. 白人が他の人種を支配しようとしていたのは事実だ。
    しかし、日本は軍事力があったので無理だとあきらめている。
    イギリスも薩摩と戦争したが海の上から大砲を打っただけで上陸は出来なかった。
    その後、先人の努力のお陰で国際連盟の常任理事国になり海軍も世界で1、2位を争う程強かった。
    そんな国をどこが支配できただろう。可能性があるのはアメリカぐらいだが、アメリカは色んな問題を抱えながらも奴隷解放もし自由・平等のため戦っている。アメリカの一般市民は豊かな暮らしを享受したいとは思っても戦争したいとは思っていなかった。
    もし、アメリカが理不尽に日本に戦争を仕掛けてきたのなら特攻も意味があったかもしれない。
    多くの人が書いているように、戦争したかった狂信的な一部の軍人に若者が使われたのだろう。
    この事を真剣に検証し反省しないから同様な事が何度も起こる。
    大企業の優秀な若い社員が開発した技術を外国人におだてられ自尊心のみ高い会社幹部が無償で提供し、会社の危機を招くのに似ている。
    私は、特攻はアメリカが最初にやったと思う。ドリトルの東京空襲
    南雲機動部隊をしとめるため雷撃部隊をゼロ戦の囮にして低空に引きつけている。ゼロ戦はほとんど無傷だが、雷撃部隊はほぼ全滅
    代わりに、ゼロ戦が低空に引きつけられていたので急降下爆撃が容易に空母に近づき爆弾を落とした。
    ちなみに今現在、戦争に負けたが奴隷にはなっておらず先進国になっている。
    [ 2014/02/08 09:08 ] [ 編集 ]
  274. ※264
    米軍が特攻に対する対策を行って以降の沖縄戦だけでも
    米軍は31隻沈没、損傷368隻、人的被害約1万名という甚大な被害を受けている。

    沖縄戦で出撃した特攻機は約2000機、約3000名の犠牲と考えても
    特攻機への対策を行われた末期においてすら
    特攻の犠牲を遥かに上回る、膨大な損害を米軍に与えていた。

    米戦略爆撃調査団は、特攻がもっと大規模に行われていた場合、米軍は耐え得る以上の損害を受け、戦略計画の変更に至ることまで有り得たと結論している。
    [ 2014/02/08 09:14 ] [ 編集 ]
  275. 「負けなのに何故あんなことしたんだ」という人がいるけど、あれが負けるということなんだろうなとは思う。現場でできる範囲でギリギリの負け方をされたんだなと。軍人vs軍人?、国際法?、いやいや、人類史を見れば国家滅亡はおろか、民族(一族)根絶やしも少なくないですから。
    [ 2014/02/08 09:17 ] [ 編集 ]
  276.  
    本土上陸、実質的には負け戦を覚悟して
    総力戦に臨んだ国民の悲壮感をどこまで理解できるか、
    或いは、どう評価するかで
    特攻隊への評価も大きく変わってくると思うが、
    彼らの犠牲の先に今の繁栄があると信じる自分には
    国籍に関わらず1人でも多くの人に
    彼らの覚悟を称えて欲しいと思う。
    v-496v-496v-496v-496v-496v-496v-252v-252v-435v-435v-424v-424v-435
    [ 2014/02/08 09:17 ] [ 編集 ]
  277. 当時はコリアンも日本人だったけど、コリアンの特攻隊はいたのか?
    [ 2014/02/08 09:21 ] [ 編集 ]
  278. 元天劍隊員の昭和三十年以前の回想
    (以下、文中中間句節など適宜略して抜粋)
    ─いよいよ来るべきものが来たか─私は自分の上に覆いかぶさつて来るような息の詰まりさうな重苦るしさを感じさせられた。(ry)(レイテの特攻)が崇高な偉業として、たゞ頭の下る思いではあつたが、正直のところ何か別の世界のような感じであつて現実がこのように自分の身近に迫つて来ようとは考えてみてもいなかつたのであつた。もう少し突込んで言うならば、一應文句なしに頭を下げるが、心のどこかに、敵の軍艦に飛行機諸共、おのれの肉体をぶつつけるという自殺行為をやる先輩たちの考え方には、とても何か理解でき難い感じがあつた。だが、今それが突如、自分自身の問題になつてみると、も早冷静な批判などはできなかつた。黒い死の手を差し伸べられたような感じ……私はこの黒い手に抱かれるか、それともこの手をはねのけるか、私はいまどちらにするか、その態度をきめなければならないのであつた。
     だが、私はどうしていいかわからなかつた。
    「何と体長殿に答えるか」
     頭の中は冷静な思考力を失つて混乱し、たゞ焦るばかりであつた。
    (ry)
    「死にたくない」
    これだけはいつはらぬ私の本心だつた。私も軍人であり、特に飛行機乗りを志願している以上死を考え、死を覚悟していることは当然だつた。だが私は自殺に似たようなことでは死にたくなかつた。私は戦闘機乗りであるから、敵機と渡り合つて、そのために死ぬのは本望である。今まででも敵機と撃ち合いながら命がおしいと思つたことはなかつた。それに、もう一度内地の土を踏み、できることなら、夢にも忘れられないなつかしい母のいる内地の上空で、敵機と渡り合いながら死にたかつた。私はこのまゝ特攻隊で死ぬのはいやだ。
    (以下略)
    [ 2014/02/08 09:22 ] [ 編集 ]
  279. 元天劍隊員の昭和三十年以前の回想より
    ※277さんへ

    清原伍長は半島人だつた。彼の両親は京城に住んでおり、われわれが大陸から内地に向う途中彼は両親に面会することができた。親兄弟に会えたたつた一人の幸運児だつた。彼は日本人であるという自覚に徹し、沖縄の海に散つていつたが、日頃半島人であるというために同僚に劣つてはならぬと、人一倍涙ぐましいほどの努力をつづけていた。
    ()
    [ 2014/02/08 09:28 ] [ 編集 ]
  280. imano
    今の世の中を見るとカミカゼは意味がなく無茶な作戦と思うが、自分が仮に当時生きていたと考えた時、やはり家族の為、大切な人の為、国の為に特攻したかもしれない。
    敗戦して今みたいな世の中が訪れる保証はどこにもない。
    それどころか、アメリカ大陸では先住民は虐サツされ、オーストラリアでも先住民は虐サツされている。
    アジア全体を見たら日本とタイ以外は白人の植民地になっていた。
    当時の兵士の気持ちになった時、負ける事は民族が滅ぶ可能性もあったと考えていたかもしれない。
    [ 2014/02/08 09:29 ] [ 編集 ]
  281. ※277
    特攻は志願制だったし何人かいるよ。
    創氏改名で日本名だけど併記もされてたはず。

    ※278
    自分の言葉で言えよ。
    コピペで何か伝わると思ってるのか横着者が。
    [ 2014/02/08 09:31 ] [ 編集 ]
  282. >273
    自由・平等のため戦っていたという米軍に黒人の士官がいなかったのはなぜでしょう?

    支配できそうにないから殲滅しようとしてただろ。
    空襲であれだけ一般市民に被害をあたえられれば、ずるずる負ければどう見ても全滅の憂き目に遭うとしか思えない。
    少しでも戦果を挙げて有利な条件で、と考えるのは日露戦争の経験があった当時としてはあまりおかしな考え方ではないと思う。
    [ 2014/02/08 09:33 ] [ 編集 ]
  283. ※281
    そうそう、長崎に写真あるの知ってる。日本名と本名載ってる
    [ 2014/02/08 09:33 ] [ 編集 ]
  284. 臆測で物事を語るのは、当事者の方々の本意をないがしろにすることに他ならない。それは自分の祖父母への冒涜に等しい。
    「かもしれない」、ではなく、当時の当事者の生の声をこちらから聴きに行くのでなければならない。
    [ 2014/02/08 09:36 ] [ 編集 ]
  285. ※281
    これはコピペなどではない。ひとつひとつを己が手で打鍵している。
    君は言葉の意味さえ知らず、一語一語を疎かにしている。そのような者から謗られる覚えはない。

    臆測で物事を語るのは、当事者の方々の本意をないがしろにすることに他ならない。「かもしれない」、ではなく、当時の当事者の生の声に耳を傾けなくてはならない。
    黙って耳を傾けるとき、胸懐に自然と浮かんでくるものを大切にすべきであり、いたずらに掲示板戦士よろしく吠え立てていればなにがしかの役に立つとは思わない。
    [ 2014/02/08 09:40 ] [ 編集 ]
  286. 作戦的にはやはり外道と言わざるを得ない
    しかし日本の国体を守るために、少しでも有利な講和を生み出すためにも
    アメリカに有効な攻撃による実績が必要だったよ
    当時のか細い武装や補給の現状での最大のあがきだった。
    この日本の将来のため、家族の事を背負って日本を守った行動を私は忘れません。
    国に殉じた国民が敬い祀られ敬意が守られる社会であってほしいものです
    どの国でも国に殉じた国民を大事に扱い弔い祀るのは国家と国民の最低限の約束事です。
    [ 2014/02/08 09:40 ] [ 編集 ]
  287. 世界の皆さんのコメント、大半が嬉しい半面、複雑な気持ちにさせます。
    冷静に考えた場合、やはり無駄で、無謀だったと思いますが
    飛び立った彼らにそう言えません……。
    一番憎いのは、こんな作戦を立案し、実行した軍首脳部ですけど
    止められない状況だった雰囲気があったのかもしれません。

    ただ一言、言えるのは『どうか安らかにお眠りください』です。
    [ 2014/02/08 09:41 ] [ 編集 ]
  288. 江戸時代に精神化される以前の武士道は単純だった。

    1)負けるな(生きている間は降参するな)
    2)弱い者いじめをするな(いかなる理由があっても民間人を巻き込まない)
    3)嘘をつくな(自己弁護はしない)
     以上。
    [ 2014/02/08 09:45 ] [ 編集 ]
  289. 鹿児島にある知覧にいけば、残された手紙から生の声を知ることができる。クソくらえな作戦だけど、同じ状況なら志願するだろうな…
    [ 2014/02/08 09:46 ] [ 編集 ]
  290. 俺は日本人で、考える時間をたくさん貰えた。
    だから不遜の謗りを受ける事を厭わないで、それでも敢えて言わせて欲しい。
    僕らの先祖-今の時代へと繋げる為に死んでいった人たち。
    自分は彼らを純粋に賞賛することは出来ない。
    何というか、こう。とても曖昧なんだ・・・。
    屍の上に成り立った社会-それに俺らは気づいている。
    一度知ってしまったことから逃れることは出来ない。
    自分たちの国の過去にあった事実。俺らはその国の子孫だ。
    日本がもし戦争に敗けた後、他国と同様に植民地にでもなっていたら今の俺はなかったかもしれない。
    それでも、いやだからこそ神風を神格化し、その享受に与ろうとしてはならない。
    もう終戦から70年近く経っている。そろそろ考え始めてもいい頃だろう。
    [ 2014/02/08 09:47 ] [ 編集 ]
  291. アジアを解放すると言って、日本は負けた。
    日本が負けた後は各国が独立の為に戦っていかねばならない。ならば、一分一秒でも長く戦い敵兵を殺し武器弾薬を消耗させ継戦意識を削ぐことに意味はあった。
    日本軍の指導を受けた各国の現地ゲリラ兵に、ちらほらと日本兵が混ざっている。再統治を諦めさせるには十分だった。

    特アが日本を悪だと喧伝するのは、アジア、有色人種、植民地から見れば白人の手下に成り下がり日本の足を引っ張ったことを誤魔化す為だ。反欧米ではなく反日に走るのは、白人優位の西洋史観の内にアジアを呑み込まねばアジアの覇者としての正統性を失うから。
    悪の日本を倒した国が覇者に相応しい、悪の日本さえ倒せば抗える国はアジアにはない、西洋を倒すのはその後…なんだろうね。

    今こそ敗戦の責を果たすべき。日本が勝利していれば絶望的な独立戦争もチベットのような圧政も中東の不安もなかった、アフリカの植民地解放も早かったはず。
    アメにも勝戦の責を果たさせたいが、ね。
    [ 2014/02/08 09:58 ] [ 編集 ]
  292. 確かにバカげた作戦だったとは思う。

    しかし焼夷弾を使い一般市民虐殺を目的としていたのはアメリカ公文書からも分かるように、無差別攻撃を行うアメリカへの危機感は、当時の誰もが感じていたことだと思う。

    目的は一般市民の大量死による戦意喪失を狙った心理戦略。

    一般市民を攻撃目標にする作戦を拒否したアメリカ幹部兵士だっていたんだ。

    現に死に体の日本に原爆を二発も使ってるだろ?

    特攻した人達が国や家族を守る為と思っていたことは自然だったのでは?
    [ 2014/02/08 09:59 ] [ 編集 ]
  293. 七○一空飛行長の昭和三十年以前の回想
    (ry)
    その晩、クラーク中飛行場の各隊の司令、飛行長以上が集合を命ぜられ、私も飛行隊指揮官としてこれに参加した。
     議題は比島東方海上にある敵機動部隊の攻撃にあつたが、甲論乙駁いつまでたつても決定しなかつた。そのうちに夜も遅くなり、夜食に酒が出た。私は何となく胸に鬱積したものがあり、そのせいか少々酒をのみすぎて文句を言い出したのである。
    「私は部下を犬死させたくないから、この攻撃はおことわりする」
     私がそういうと会議の席は騒然となり、各隊の司令あたりから非難の声を浴びた。
     それに対し私は言つた。
    「お前らは、敵の戦闘機を吸収して犠牲になれ、その間に別の優秀な部隊が殺到して敵艦を沈めるというのであれば、私らは喜んで死地に赴き犠牲になろう。しかし、お前達が攻撃の主力であるから、行って機動部隊を沈めて来いと言はれるならそれはお断りする。われわれは単に犬死の結果となり、たゞ敵の士氣を鼓舞するのに役立つだけだからだ」
     その時(ry)(私の尊敬おくあたわざる先輩であつた)島崎中佐が立ち上がってつかつかと私のそばにやつてきた。
    「貴様のいうことはよくわかるが、しかしすでに捷一号作戦が発動せられ、全海軍をあげてすでに決められた行動を起こしているのだ。今更中止するわけにはゆかないのだ。文句を言はないで行つてくれ」
     と私を説いた。私も酒の勢いであつたが、卓を叩いて
    「よし、行こう。おれは島崎おへんこのために死ぬのだ」
    と言つて基地に帰つた。
     どうして事細かに述べるかと言うと、それは七○一空艦爆隊の特攻攻撃が生まれる前提としてのわれわれの氣持がどうであつたかを語りたいからである。
    [ 2014/02/08 09:59 ] [ 編集 ]
  294. >>290
    よくわからないけど
    屍の上にしか存在できない世の中なのだからしょうがない
    弱肉強食はいつの時代も真理だよ。無論今もね
    人間社会では、随分システムや建前によって隠されてるし、
    それは素晴らしいことだと思うけどね

    願わくば建前が真理になる世界が出来ればよいと思うが
    根源的な欲という弱肉強食的なものはほぼ全ての生命のDNAに刻まれてる
    [ 2014/02/08 10:00 ] [ 編集 ]
  295. その知覧で「漢やなぁ、人としてこうでないとあかんわ」と目頭押さえた左官工してる甥っ子。
    その足で立ち寄ったマクドで持ち帰りと言ったのにトレイで出されたことにブチ切れ、

    「テイクアウトいうたやろが! はな袋つめろや! 舐めとんのかい!」と大声で騒ぎ出し、
    カウンターを何度もドカンドカン蹴飛ばして警察呼ばれ、
    なだめる警官相手に
    「ワシを誰だと思うとるんかぁっ!○○会の特攻隊長相手に本気で口きいとるんかぁー!」

    こいつ左官工として雇ってもらえるまで引きこもってたくせに・・・
    自分をヤンチャ者にしたてちゃう妄想って怖いね。「漢やなぁ、人としてこうでないとあかんわ」と目頭押さえた

    その後立ち寄ったマクドで「テイクアウトいうたやろが!はなめとんのかい!
    [ 2014/02/08 10:05 ] [ 編集 ]
  296. 知覧だけが特攻隊員ではない。
    もっと広く当時の声を聴きたいから、私は旧い本を漁って当時発せられた声を拾う。時間が経ちすぎて修正がかかつたものでなく、できるだけ戦後すぐの正直な声を。
    戦時中は検閲があるし、正直な声とも限らない。
    戦後も本人自身の内面的抑圧ゆえに必ずしも正直とは限らない。しかしそれでもやはり最も己を偽らざる、かつ印象が生々しい時期の声であろう。
    [ 2014/02/08 10:07 ] [ 編集 ]
  297. VENONA FILE でググって下さい。
    大国の場合、諜略は、はるかに、危ない。
    その、犠牲者たちだ。
    (日本人の死生観、は言わないが)
    彼ら、は純粋に、美しい人達だった。
    [ 2014/02/08 10:07 ] [ 編集 ]
  298.  
    ※290
    考える時間をたくさん貰えた

    にしては、浅い考察だなとしか言いようがない
    [ 2014/02/08 10:08 ] [ 編集 ]
  299. 「負けない日本をつくる」それが一番の弔いだわな。原爆?、民間人?
    いやいや、最善のケースを想定するのは、すでに軍事とは呼ばないからね
    [ 2014/02/08 10:21 ] [ 編集 ]
  300. ※281
    敢えて自分の考えを述べさせてもらうなら、以下。
    1、
    臆測で物事を語るのは、当事者の方々の本意をないがしろにすることに他ならない。それは自分の祖父母への冒涜に等しい。
    「かもしれない」、ではなく、当時の当事者の生の声をこちらから聴きに行くのでなければならない。
    2、
    特攻のみでなく、戦った人達の声を広く集め拾い、そして耳を傾けるべきである。それを怠れば、文脈ぬきで言葉を抜き出すにも等しく、遺された言葉も意味を成さなくなる。

    たとえば飛行機乗りの記したものには、必ず「列機」、「未帰還機」という言葉があり、それがないものは一つとしてない。彼らの日常用いた語に彼らの意識が染まっていることに留意しなくてはならない。
    列機も、未帰還も、その語の重みを肌で感じることができないのなら、せめて想像しなくてはなるまい。そのためにも一層多く当時の言葉を読み込むべきである。
    [ 2014/02/08 10:22 ] [ 編集 ]
  301. ※285
    これは自身の生の言葉か?
    己の手で打鍵と格好つけても著作物のか何かの写しに見えるが?
    [ 2014/02/08 10:26 ] [ 編集 ]
  302. テロというのは、何も警戒していない日常生活の場に紛れ込んで自ら自爆して周囲の一般人を殺害することをテロという。
    神風は、レーダーで警戒され、圧倒的多数の戦闘機からの迎撃をかいくぐり、輪形陣になって多数の護衛艦に守られた空母を標的とした攻撃である。
    テロではない。少しでも停戦交渉を有利にするための、最終選択肢であり、正々堂々と真正面からの切り込みである。
    [ 2014/02/08 10:29 ] [ 編集 ]
  303. ※301へ

    ※300に記したのを読んだ直後にそれか?
    他人の言う言葉をまるで理解しようともしないのであれば、も早人間と呼べまい。君は人間よりも、少しでも気に入らないと猛り狂って吠え出す獣と似ている。
    [ 2014/02/08 10:29 ] [ 編集 ]
  304. 日本の歴史をひもとくとその時に生まれた世代がその都度、日本の国体、日本人を守る為に動いているように感じます。

    そういったことが続いているから今の豊かな日本があるのでしょう。
    今だけではなく未来の日本を見据えて動いていたのでしょう。

    わたし達世代が在日、反日に立ち向かう為に動いているのは意味があり、当然のことかもしれませんね。
    [ 2014/02/08 10:37 ] [ 編集 ]
  305. あまり知られていないけど被弾した戦闘機が敵艦に突っ込んで大破させることに成功したことを受けて、戦闘機による特攻作戦を最初に立案したのはイギリスなんだよね。
    志願兵がほとんど集まらなかったから実施されなかったし、この作戦については終戦後しばらく経つまで秘密にされていた。
    それに日本では「特攻作戦=日本特有の残酷な作戦」というイメージを定着させようとした人々がいたから、第二次世界大戦中の他国の特攻作戦が紹介されることは滅多にないしね。
    航空機以外にもヨーロッパ戦線では地雷などを体に巻いて敵戦車に特攻するなんて作戦もあったんだよ。
    [ 2014/02/08 10:39 ] [ 編集 ]
  306. 上原良司大尉の遺書読み直してたけど。この人23歳にしては頭が良すぎるな。戦後生きてればどれだけ社会に貢献したか・・・なんというもったいない・・・
    [ 2014/02/08 10:41 ] [ 編集 ]
  307. ※301へ

    念のために、「他人の著作物」の懸念をされているようだから一言添えておくと、既に廃された旧い雑誌への投稿であり、既に20年以前に寄稿者はお亡くなりである。そして遺憾ながら、発行者であった出版社がその後他社に吸収されたが、以後故人である社長の遺志はないがしろにされ、かつての出版物もほぼ絶版と化し、出版方針は全く捻じ曲げられてしまっている。
    そのような現状では、むしろ喪われつつある当時の声を再び世に知らしめる方が社会に利するものと考えた。だから敢えて当BBSに掲載した。
    [ 2014/02/08 10:43 ] [ 編集 ]
  308. おまえらは原理主義者の自爆テロも評価するの?
    [ 2014/02/08 10:44 ] [ 編集 ]
  309. 死ぬ事前提の作戦などクソでしかない。
    が、「■ カミカゼは本当に酷い作戦だ……。あまりにも馬鹿げた作戦だった。」というステレオタイプ発現の害人共も大嫌いだ。
    今日本をクソミソにコキ卸してる近隣国連中にカミカゼアタックをする忠義心のある人間が一人でも居るのかって問いたい。
    そんな気概も持てぬクソ民族共が他国を小馬鹿になど出来んのか?って。
    [ 2014/02/08 10:46 ] [ 編集 ]
  310. 自爆テロと特攻隊を同一視するって、どんだけ無知・情弱なんだ?

    自爆テロの本当の目的知らないだろ?

    [ 2014/02/08 10:49 ] [ 編集 ]
  311. 優秀なパイロットは、戦闘機10機以上に値するんだぞ! ウクライナ


    まさにこれ
    貴重な命、優秀な人間、素晴らしい機体を使い捨てるとかありえない
    軍部は傲慢だったんだよ
    いくらでも優秀な人、モノが泉のように湧き出てくると思ってたんだよ

    彼らがどんな思いで出撃していったかを思うと胸がはりさけそうになる
    ひめゆりとかもそうだけど、まだ10代だぞ
    [ 2014/02/08 10:59 ] [ 編集 ]
  312. 日本人の振りしている朝○人達へ!あなた達みたいな「常に属国主義で奴隷根性の抜けない民族には「日本人の誇りを理解できないだろう」当時、欧米諸国は「物資の乏しい日本に対して経済封鎖し、日本を追い詰めた!米国は日本を奴隷にするか死を選ぶか究極の選択を迫っていた」「我々祖先は闘いを選び死をも選んだ・・日本を守るため・・そして子子孫孫我々の為に」「自衛戦争でした」朝○人に告ぐ我々の先人の侮辱は絶対に許さない。
    [ 2014/02/08 11:07 ] [ 編集 ]
  313. ※312

    意に沿わない事を言うものは朝鮮人なのか?
    戦時中に非国民だの売国奴などと叫んで、体制と異なる意見を持っていたものを誹謗中傷していた連中と同じだな
    日本人は意見をひとつにしなければならないのか?
    全体主義が理想か?
    [ 2014/02/08 11:17 ] [ 編集 ]
  314. 神風特別攻撃隊の功績があるから、他国は日本を恐れているんだよ。

    アメリカも中国も他国も日本を恐れるのは、神風特別攻撃隊の魂

    日本人の一致団結力と精神力を恐れているんだよ。

    靖国で会おうという精神は、今後の日本人にも受け継がれる。
    何があっても大切な人を守る、引いてはそれは日本国を守る事に通じる。

    大切な家族の為、子供の為に、俺も腹を括っているよ。
    [ 2014/02/08 11:47 ] [ 編集 ]
  315. >212
    解放してやったとか、別に恩着せがましいことが言いたいんじゃないんだよ。
    けどアジア解放を言わずして、アジア侵攻をどう説明するんだ?
    「侵略じゃない」って否定だけしても「じゃあなぜ侵攻した?」ってなるだろ。
    日本が黙ってたとして、代わりに誰かが説明してくれるのか?
    誰も弁護してくれないから今悪者扱いなんじゃないのか?
    特亜やアメリカに好き放題言わせて、それでも黙ってろってのか?
    [ 2014/02/08 11:47 ] [ 編集 ]
  316. 274
    んで?
    日本の他の被害はどうなの?
    まさか特攻だけで戦ってたわけじゃあるまい
    もしそれを考えてないなら馬鹿すぎだし
    分かっててあえて抜いたなら欺瞞も甚だしいわ
    [ 2014/02/08 11:51 ] [ 編集 ]
  317. 315
    アジア解放以外にも理由がないわけじゃないだろ
    なぜなら日本が戦争に踏み切ったのはアジア解放のためじゃなく
    自らが追い込まれたからなんだから
    アジア解放しか理由がないのなら
    そのほうがダメだろ
    アジアの為なんて言わないと自分を保てないのか?
    アジアに頼らずに日本自身の理由を堂々と言えよ
    [ 2014/02/08 11:54 ] [ 編集 ]
  318. これ見たら自然に涙が出て心が震えるよ。

    ttp://www.youtube.com/watch?v=buELxe1Wwa4

    自分が改めて日本人だと理解できる。結局はDNAなのか
    遺伝子なのかわからんが、流れているんだよ日本人の中に

    改めて日本人だと感じるって凄い事だよ。
    [ 2014/02/08 11:57 ] [ 編集 ]
  319. 神風だけが特別みたいな扱いだけど陸軍の先鋒だってほとんど生きて帰れない特攻みたいなもんだったろ?
    [ 2014/02/08 11:58 ] [ 編集 ]
  320. 今の日本は、数多の屍の上に成り立っている
    平和ボケこそ、国を蝕む病毒、害虫であるである
    [ 2014/02/08 11:59 ] [ 編集 ]
  321. アメリカの映画で自己犠牲で地球を救うみたいな映画あったろ、アメリカも国のために命をささげる強い精神を持った戦士にあこがれがあるんじゃないのかな(アルマゲドン)。
    [ 2014/02/08 12:00 ] [ 編集 ]
  322. 勇敢なんかじゃない。馬鹿げてる!
    優秀なパイロットは、戦闘機10機以上に値するんだぞ! ウクライナ

    その戦闘機も戦闘機を動かすガソリンも底をついた上での最終作戦なんだよ莫迦!
    開戦初期からこんな作戦実行してたのならともかく 詳しい経緯も知らんくせに偉そうに語るなボケ!
    [ 2014/02/08 12:01 ] [ 編集 ]
  323. 当時に戦ったすべての人(敵味方関係なく)の思いや誇りは彼ら自身だけのものだ

    時代を知らぬ者が賢しらに賛美したり貶めたりして良いものではない
    [ 2014/02/08 12:01 ] [ 編集 ]
  324. 勇者は勇者を知る

    彼らは敵の進撃を少しでも遅らせようと 自分を犠牲にしたんだよ
    故郷の家族を守ろうとしてね
    [ 2014/02/08 12:09 ] [ 編集 ]
  325. >317
    「自衛のためならアジアに出て行く必要ないだろ」って言われたらなんて説明するんだよ?
    [ 2014/02/08 12:12 ] [ 編集 ]
  326. 朝焼小焼だ 大漁だ 大羽鰮の大漁だ。
    濱は祭りのようだけど
    海のなかでは 何萬の 鰮のとむらい するだろう。

    お国のために逝った英霊に
    島の人達はあああわれと涙を流すけど
    突撃された軍艦の死者たちに
    大陸で多くの涙が流れたろう
    [ 2014/02/08 12:14 ] [ 編集 ]
  327. 尊い犠牲だと思うが、哀しくてたまらない。
    その時代でしかわからない選択だと思ってる。

    たぶん、敗戦は同じでも敵に何かを示せた。
    良くも悪くも忘れられない国にした。
    でもやはりとても哀しい。
    [ 2014/02/08 12:16 ] [ 編集 ]
  328. 神風特攻という戦術自体は恥ずべきものだ
    だからこそ日本人はその責任を忘れるべきではないし、国の為に家族の為に散っていった彼らを貶めるべきではない
    [ 2014/02/08 12:23 ] [ 編集 ]
  329. 仮に南朝鮮と戦争になり、諸外国が南朝鮮の嘘を信じて南朝鮮側に付いたとする
    その場合の敗北濃厚の状況で、南朝鮮の捏造中傷を涙を飲んで受け入れるのか
    死んでも自分の信念に基づいて戦うかの違いだろ

    俺はやってもいない強制連行とか、朝鮮人がやった虐殺の罪を被って生き長らえるよりは、無実を訴えて戦って死にたいと思ってる
    だってやってないんだもん
    [ 2014/02/08 12:27 ] [ 編集 ]
  330. 愚かだが賢く、儚いが強く、哀しいが気高く尊いってこったろ。
    一神教じゃああるまいし、0か100かじゃないだろに
    [ 2014/02/08 12:29 ] [ 編集 ]
  331. ネットで語る愛国心なんぞいらん。身をもって家族と祖国に尽くしてくれ。君たちの持ってる力や愛国心は、必ずや役にたつ。ネットで真実の歴史が認識され始めてるのも事実。この力も大きいが、身を呈するのが日本人。見事な桜を咲かせ、また、散る時も美しい。それが日本人。
     我ら日本人は、屈辱は望まない。朝鮮人共に捕まくらいなら、身をもって制す。韓国人ほど虐殺思想の強い人種はいない。おそらく、常に底辺にいたから。韓国であった大量虐殺・ベトナムのライタイハン(間違ってたらすいません)、これから世界の人々はこれらをどんどん認識していくだろう。それは、朝鮮人が騒げば騒ぐ程。よく考えた方がいい。中国とは懸命な会話が必要。中国人の多くは、正しい認識を持っているが、それを表現することができないだけ。人口も多ければ多民族。これを束ねるのは容易ではない。仮にこれらが崩壊すれば、イスラム圏の拡大になりかねない。日本のすぐ近くまでイスラム圏が来ることは少し危険だ。とりあえず、なんとか小競り合いは避け、今のままを維持するしかないと思う。朝鮮半島はとりあえず北と南 同民族同士戦争でもしあっててほしい。
    [ 2014/02/08 12:30 ] [ 編集 ]
  332. 積み重ねた歴史から出てきた答え。

    その答えだけ引き合いに出してわかったフリしちゃ駄目

    数々の犠牲と数々の戦いの結果に今があるんだ。
    数学の公式の大切さと似ている。

    答えがあっていても公式を理解でいてなきゃ
    答えなぞ意味を成さない事を、歴史という公式が教えてくれる。

    先人が残した数々の試行錯誤の先に出た答えだけ汲み取って
    わかった気になって偉そうに否定しのたまうのは、愚考でしかない。

    それこそ、己を恥ずかしいと思え。幾多の歴史の流れを無視し
    答えだけで物事を論ずる愚かさよ。

    中二病もこじらすと取り返しが付かないよ。
    大東亜戦争を否定するなら、この国に住む資格はない。
    途中参加した異国の密航者の意見なぞ、糞拭く紙より脆いものよ。
    [ 2014/02/08 12:31 ] [ 編集 ]
  333. >325 日本が戦ったのは安全保障のため・・・ダグラス マッカーサー
    [ 2014/02/08 12:32 ] [ 編集 ]
  334. ※332
    歴史は公式ではない。
    そういう感覚は危うい。
    [ 2014/02/08 12:41 ] [ 編集 ]
  335. 勝てる戦争ならするわけがない作戦なのだから
    後から非難するのはおかしい。

    日本がハワイのように国そのものが無くなると
    当時の日本人は思っていただろうし。
    [ 2014/02/08 12:47 ] [ 編集 ]
  336. 降伏以外にこれしかなかった。
    物資も資源も底をつき、対戦闘で戦果をあげる行為が特攻だった。
    [ 2014/02/08 13:16 ] [ 編集 ]
  337. >317
    アジアを解放し白人国家を追い出さないと日本を守れん
    「有色人種など猿が服を着ているようなもの」という意識が
    濃厚な西欧が世界の大半を牛耳っている状況では
    「日本のせいで儲からん」となったら簡単に経済制裁されて
    干上がってしまうし、現にそうなった
    [ 2014/02/08 13:20 ] [ 編集 ]
  338. 立案者の卑劣さと、遂行者の崇高さが際立つ事例。
    これを許容した軍上層部は自らが率先してやるべきだった。
    [ 2014/02/08 13:23 ] [ 編集 ]
  339. 当時、陸海軍士官学校を出ると東大京大以上のエリートだった。
    一般国民から尊敬もされていた。
    だから戦争してみたかったのだろう。
    男ならあれだけの空母や軍艦があればやってみたいと思うだろう。
    ましてや同盟国のドイツは快進撃している。
    しかし、日本のエリート教育の限界で、現実を無視した作戦ばかり立ててで、多くの優秀な兵隊を餓死させてしまった。
    それよりは特攻の方がましかも知れない。
    兵は優秀だが、上が馬鹿なので、大損ばかり。
    今の日本企業にもにている。下が優秀なのに、上が後先考えず、韓国や中国に無償で技術を与えて会社がつぶれそうになっている。
    日本は本当の意味でエリート教育を真剣に考えないといつも同じ過ちを繰り返すことになる。
    [ 2014/02/08 13:24 ] [ 編集 ]
  340. 特攻で散った方々を含め、戦場で亡くなった方は
    日本のため、家族のために命を差し出された。
    その方達に無謀だ、無駄死にだ、あの戦争は間違いだった
    と言う言葉は聞きたくない。
    後出しじゃんけんは一番卑怯だ。
    唯々、敬意と尊敬、感謝の念で頭を下げるのが後世に残った
    日本人の勤めだと思う。
    [ 2014/02/08 13:33 ] [ 編集 ]
  341. >5 おいっ在日!祖国の義務兵役を逃げ回っているヘタレがガタガタぬかすな!
    [ 2014/02/08 13:35 ] [ 編集 ]
  342. 靖国参拝したら文句言う癖に特攻隊は称賛か
    [ 2014/02/08 13:55 ] [ 編集 ]
  343. ※311
    ハイハイ、胸が張り裂けそうになる自分が好きなんだね。
    左翼ってみんなそう。
    戦争が悪い、軍部が悪いで
    経緯や状況の全体像を精査しようとしない。

    優秀なパイロットが戦死して、主力に居ないし、
    劣化機生産の効率上げるぐらいで、新米が持て余す高性能な機体も作る余裕も無い、燃料も無い状況で何を見当外れな事を言っている。

    結果的に軍部が人命軽視、傲慢だったのは同意だけど、
    それにも、日本の技術、生産力、資源の限界に至る兵器設計思想、
    日本人の民族性、精神性、
    連合軍の圧倒的物量、白人至上主義の中での非人間的な扱い等、様々な事が結果を招いているわけで、初めから何もかもが悪かったわけでは無いよ。
    大体、日本の目的は早期講和を引き出す事。
    諸刃の剣でも何でもやる必要があった。
    長期戦は無理だと初めから分かっていたからね。

    GHQのプロパガンダ「全て軍部が悪い」という刷り込みを真に受けちゃいけない。
    既に1919年のオレンジ計画から日本を潰す謀略は進んでいたんだ。
    内部にも工作員を送り込んでる。
    有事に特高が取り締まったのはこの容疑者。
    敗戦後、工作員とそれに同調する者達は好き放題。
    加えてGHQの後押し、洗脳政策によって、新日本人が作られましたとさ。ある意味では民族浄化に近いものだよ。
    [ 2014/02/08 13:56 ] [ 編集 ]
  344. >333
    で?それが世界に伝わってんの?
    全然伝わってねーじゃん。マッカーサーの言葉なのにアメリカ人にさえほとんど伝わってない。
    「自衛のため」だけじゃ説明にもなってないしな。
    [ 2014/02/08 13:59 ] [ 編集 ]
  345. ※54

    重要作戦の飛行操縦士に覚せい剤なんか使うわけないだろ。こんなこと普通に考えれば誰でもわかる。

    これだから朝鮮人は…以下略
    [ 2014/02/08 14:02 ] [ 編集 ]
  346. ※343
    工作員の浸透はかなり酷かったもののようで、例えば櫻花作戦の試験で事故が起って空輸中の櫻花が発射されてしまった時、最後の頼みの綱でこの道十数年の熟練者が準備したはずの落下傘も、なぜか紐で結ばれていたために開かずに、死亡者が出てしまった。そんなところにまでスパイがいるらしいということだった。
    特高が厳しかったのも当たり前だ。
    [ 2014/02/08 14:04 ] [ 編集 ]
  347. あなたたちが戦ったアメリカ、今じゃ同盟国です。日本にアメリカの基地たくさんあります、と。

    彼らは、靖国にはいないでしょう。故郷に帰って父や母、あるいは妻や子とともにいるでしょう。 靖国で、ただ軍人として祀られるのはつまらないですから。交通安全とかを願われたら、俺が何で死んだかわかっているのか、と言いたくなるんじゃないですか。
    「靖国で会おう」。そう戦友との待ち合わせ場所にはなったかもしれないですがね。
    [ 2014/02/08 14:10 ] [ 編集 ]
  348. ※331
    > 身をもって家族と祖国に尽くしてくれ。
    もっともです。私ももう慎むことにします。
    [ 2014/02/08 14:11 ] [ 編集 ]
  349. 映像に正規空母フランクリンがあるね。あれは神風というより銀河(と推定されている)の急降下爆撃で大破した。爆撃機は撃墜されたが、空母の乗員約830名が死亡するという大惨事。

    神風には含めていないはず。
    [ 2014/02/08 14:12 ] [ 編集 ]
  350. 作戦名に『神風』が選ればれた経緯は?

    と聞かれて困る(自称被害者)の国が隣にあります (笑)
    [ 2014/02/08 14:14 ] [ 編集 ]
  351. お 前 ら 、
    特攻隊の話でわーわーやってるヒマあんなら田茂ちゃん応援しに行ってやれよ。元航空幕僚長だぞ閣下は。

    あ?「お前が行け」?

    ふざけんな、滋賀県からどうやっていけっつーんだよ。(門限間に合わねーだろが。)

    なんなら青い狸呼べよ。ピンクのドアで行ってやる。
    [ 2014/02/08 14:22 ] [ 編集 ]
  352. 愚策だったが、彼らは英雄だった
     彼らが散ったおかげで、日本に対しての米国占領政策は穏健なものになったと考えるべき。でなければ、もっと悲惨な敗戦体験を日本を味わっていただろう。彼らに感謝すべきであり、他国に賞賛されることはあっても、国のために散ったのかだら中国・韓国その他の外国に非難される点は一切ない。同様に日本人は日本軍と戦った中国の英雄達を非難するどころか、敬意を表する。これが戦争である。
    [ 2014/02/08 14:27 ] [ 編集 ]
  353. 自分の国や家族のために戦ったんだ。
    バカげてなんかない。
    [ 2014/02/08 14:36 ] [ 編集 ]
  354. 神風特攻隊を否定する奴らは、特攻隊の手紙とか、読んだことないんだろうな

    たとえ検閲がかかってたとしてもあれほど胸を打つ言葉は書けない

    一度読んでみるべき
    [ 2014/02/08 14:38 ] [ 編集 ]
  355. 朝鮮進駐軍、凱旋右翼、暴走族は特攻隊員の服装をパクってるね。
    朝鮮脳だと気高い精神は理解出来ないから、特攻隊=命知らずで勢いがあってカッケー!なんだろう。

    韓国の日本製品パクリも中身はなく形だけ真似ただけ。
    生まれたときから日本に住んでいる在日も同様の意味で日本人になれない。
    [ 2014/02/08 14:39 ] [ 編集 ]
  356. 立案者は
     立案者は必ずしも卑劣ではないし、ある程度は国のためを考えてやったこと。しかし、高い立場にいたにもかかわらず、それにふさわしい高い知性をもっていなかった。優秀な多数の人材をむざむざ散華させるのではなく、敗戦後も生かす道を探るべきであった。特攻隊になるほどの技能があれば、今では大型旅客機のパイロット相当の技能の人達である。なお、彼らは強制されたわけでなく、志願したのである。
    [ 2014/02/08 14:44 ] [ 編集 ]
  357. こんなんばっかかよ
    ※218

    反論のための反論はそっちだと思うけど?
    そういうことを書くから自己紹介乙なんて言葉がネットで流行るんだよなあ。

    >あなたの最初の意見は他国の評価をそのまま受けることをせず自国のことについては自国で評価すべきだということではなかったのですか?

    一言も言ってないよそんなこと。
    他人のコメントと混同してるようだが、人に向かってそんな適当な批判するのは失礼だぞ。

    で、同じ日本人として恥ずかしい、知識がないこと語るのは気を付けろという忠告が人格否定?
    それってどんな被害妄想?
    必要性のない数行と言っているけど、相手のために心からの忠告を人格否定と言いだすのはもの凄い感覚だね。
    それこそ誹謗中傷だということも理解できないわけ?

    >アジア主体の評価まで口を出すことではありませんよ

    他人に対しては「日本が自身で主張すべきは日本を主体に関わること」と言いきるくせに、自分ではアジア主体を主張しているということは、
    そうか、お前が『アジア』だったのか!
    すごいな、『アジア』という一大地域が日本のネットサイトに日本語で書き込みをしているのかー!
    すごいなー奇跡だなーファンタジーだなー(呆)


    どうも●違いの相手をしている気分になってきたよ。
    貴重な休日の数時間をまるっきり無駄にしちまったなあ。
    あ、これもまた人格否定とか言われるのかな?
    でも他人が自分をどんなふうに見てるかをよく知っておいた方が本人のためには良いことだと思うから、親切心で書いおいてあげるよ。
    218(その他のコメントと同一人物としんか思えないけど)何を言っても通じないと思うけど、日本人はおせっかいなもんでねえ・・・
    [ 2014/02/08 14:51 ] [ 編集 ]
  358. 書き忘れ
    ※220

    220って218だろ?(笑)
    論理のズレ加減が全く一緒だよ(笑)

    団体職員とかにいめよな、こういう揚げ足を取ってどんどん人の発言を捻じ曲げて自分の意見が全て正しいみたいに言い張るやつ(笑)
    [ 2014/02/08 14:57 ] [ 編集 ]
  359. 論点が
    どうも論点が噛み合っていないようで
    特攻という行為を否定する人たちと
    パイロットを擁護する人たち
    どっちかに論旨を絞らないと永遠に平行線です
    [ 2014/02/08 15:11 ] [ 編集 ]
  360. 外国人に特攻隊を語ってほしくない
    [ 2014/02/08 15:29 ] [ 編集 ]
  361. わたしは、特攻があったから日本と云う国体が守られたと思っています。日本人として国のために亡くなられた方たちを誇りに思うことは当然の事です。
    特アは日本人に誇りを取り戻させたくないのでしょう。
    [ 2014/02/08 15:29 ] [ 編集 ]
  362. アメリカ人が “兵士の命を無駄にした戦い”て、
    お前らが石油とめたのが そもそもの発端だろうが
    [ 2014/02/08 15:40 ] [ 編集 ]
  363. まあ、特攻隊は好青年達で酷く勿体ない事だった…。
    しかし燃料が無いから突っ込めは余りにも負け戦だよな。

    大事なものは外国に依存するな。
    [ 2014/02/08 15:48 ] [ 編集 ]
  364. 考えてみれば中東イスラム武闘派の自爆テロも、欧米勢力との非対称戦争・限定戦争で追い詰められた際の断末魔の叫びとも言えなくない、核や正規軍同士による全面戦争がほとんど起こらない現代の戦争ではもはやテロやゲリラをやるしか手が無い、その動機と自勢力への忠誠心は自爆テロも特攻と共通する、ゲリラとの戦いなら民間人にも死傷者が出る、イスラム側もテロで仕返す名目がある、そんな感じで昔小林よしのりが911を「その手があったかー」と称賛してたけど、自爆テロ高評価論みたいな。
    [ 2014/02/08 16:07 ] [ 編集 ]
  365. ※5さん?

    日本人は何を反省すべきなの?
    あなた達は、反省も出来ないくらい、何もしなかった、出来なかった。
    それは、罪ではないの?
    [ 2014/02/08 16:18 ] [ 編集 ]
  366. 「特攻」という作戦は、今日的に見れば愚劣極まりないけど
    当時の状況を考えれば
    「他に手立てがなかった」だけのこと

    単に「お国のため」でなく
    「故郷や、そこに住む大切な人達を守るため」と
    志願した彼らの熱意に羨望を抱きつつも
    今が「(それなりに)平和で良かった」と思うことも否定しない
    [ 2014/02/08 16:18 ] [ 編集 ]
  367. 永遠の0の興行成績は7週連続1位だそうです。
    映画の出来不出来は別として、特攻隊がこんなに注目される事はかつて無かったんじゃないかな?
    これもネットが普及して、一部の大きな声に惑わされることなく考えることが出来るようになったからですよね。
    [ 2014/02/08 16:19 ] [ 編集 ]
  368. ここで火病を起こしている朝鮮人も断末魔の叫びだね。
    日本に居座りたい!そのためには日本人は自虐史観のままにしておかねば!日本人が誇りを取り戻そうとしているのを阻止せねば!
    [ 2014/02/08 16:21 ] [ 編集 ]
  369. 特攻も実は精神論じゃなくて合理的判断でもあるからねぇ
    出撃すれば落とされるという新人パイロットばかりになっていたから普通に攻撃しても特攻しかけても損耗率が大して変わらなかった
    だったら一発の重い特攻の方がいいという考えが出てくるのはしかたのないこと

    亡くなった方々の冥福をお祈り申しあげます
    [ 2014/02/08 16:37 ] [ 編集 ]
  370. カミガゼ作戦を現代の人間が是とすることはありえないだろ。

    しかし彼らの作戦を否定する事もまた違う。
    彼らは後に続く者たちを信じて命を落としたんだ。

    俺らは御霊が安らかに眠れるよう祈り。
    彼らの願った通り戦争のない平和な世界から尊敬される発展した社会を作り続けるだけさ。
    [ 2014/02/08 16:43 ] [ 編集 ]
  371. ※5はこのサイトに居座って頑張ってるんだね。

    本来なら半島に帰って頑張ろうと一度は思ったんだよね。自分の親や祖父達が朝鮮戦争や祖国再興の義務から逃げて日本に密入国したのを詫びて、「彼らのやった事は同じ在日として恥ずかしい!私は違う」って。

    でも挫折して日本で頑張る事に自分の存在意義を見いだしたんだよね。

    ちなみに日本人と朝鮮人の「頑張る」は全く価値観が違う。※5は自分のしている事は正しいと思っている。
    [ 2014/02/08 16:43 ] [ 編集 ]
  372. 神風特別攻撃隊はなぁ・・・
    日本がまともな人員教育してこなくてパイロットが不足したことに加え、誘導兵器を全く生産できなかったのが原因だからなぁ。
    [ 2014/02/08 16:46 ] [ 編集 ]
  373. 神風特攻隊に対して賛否両論あるとは思うけど、
    ただ言えるのは、自分の命欲しさに自国を裏切り
    敵に寝返り、自分だけ助かれば良いと思う人たちでは
    無かったと言うこと。

    世界を見渡すと、自分の命欲しさに祖国を裏切るもの、
    自己の私利私欲(お金など)の為に祖国を裏切るものなども
    いるだろうけど、特攻隊は、純粋に、母国や家族を守る為に
    自分の命を捧げた戦士だった。

    自分以外の為に自らの命を犠牲にするって
    実際、なかなか出来ない事だと思うよ。

    [ 2014/02/08 16:51 ] [ 編集 ]
  374. ※24

    >のが国家神道カルトだ。
    >「人間の行為の中で何が最も卑劣で恥知らずか、それは権力を
    >持った人間や権力に媚を売る人間が安全な場所に隠れて戦争を
    >賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出す
    >ことです。」 銀英伝より

    と安全な時代に、安全なネット上で「戦争反対の俺カッケー」
    する人間の卑劣さ恥知らずさ(笑)。俺はただ、彼らが守ろうとした
    日本に今生かされている者として、当時送り出した家族の悲しみ、
    特攻する本人の「生きたい」という願望の残り香を感じ取って、
    それを鎮魂してやりたいと思うだけ。賛美とは決定的に違うわカス!
    [ 2014/02/08 16:56 ] [ 編集 ]
  375. ※356 いや実質、強制だろ。
    死んでしまえば、「志願」というほうが遺族としてもいいし。

    ※369 特攻あるなしの実際の効果の比較は、当然だが、特攻をして初めて分かる。 つまりその比較以前に特攻は決められたこと。ここに君のいう「合理的判断」はない。

     それに、特攻の作戦は現場でしたのではないだろ。 戦略的にもう先がないということ。限られた人と機体を自ら削っていくわけだから。 多分最も合理的な判断は降伏。まあその判断をするのはもっと上だが。
    [ 2014/02/08 17:04 ] [ 編集 ]
  376. 遺書「続く生き残った青年が、戦争のない平和で、豊かな、世界から尊敬される、立派な、文化国家を再建してくれる事を信じて、茂は、たくましく死んで行きます。」

    今現在日本は戦争のない平和で、豊かな、世界から尊敬される、立派な、文化国家だ。

    俺らにはそれを維持する責任と義務がある。
    [ 2014/02/08 17:08 ] [ 編集 ]
  377. 米22
    >本当に酷い作戦だと思うよ
    >でも、仕方なかったんだろうな

    まさにこれ。
    若者を100%の死へと追いやる酷い作戦だったけど、だからと言って負け続きの状態で何もせず相手にナメられたまんま占領されて生殺与奪の権を相手に渡していたら、ナメられた日本は東京リンチ裁判よかよっぽど酷い扱いを受けていたかもしれない。
    当然皇室も廃止させられて歴史は断絶していたかも知れないし、国民の扱いだってどうなっていたか。
    イジメっ子から見て、よわっちいヘタレと、後先考えないキ○ガイ、追い詰めようと思わないのはどっちか。
    「こいつらを下手に追い詰めたら何されるか分かったもんじゃねぇ」と思わせたからこそ、戦後の今がある。
    だから「特攻の発案」という点については、賛美する気はない一方、「志願した隊員は気高かったが軍上層部の無能ガー愚かさガー卑劣さガー」みたいなテンプレワードに与する気もない。
    重ねて言うけど酷い作戦だったし、当然二度とあってはならないけれど、追い詰められた状況下にあってそれなりの考えがあっての作戦を愚かだとは思わないし、結果論としても決して無駄ではなかった。

    ・・・まぁそれでも、特攻以外で相手を恐れさせる方法が他になかったもんか、と考えちゃうけどね。
    当時だって他に手段があるのならそっちを選んでいただろう。
    [ 2014/02/08 17:12 ] [ 編集 ]
  378. ※376
    遺書を読んで、泣けてきた。
    [ 2014/02/08 17:13 ] [ 編集 ]
  379. 戦争美化って言葉が既にバカっぽい。
    ネトウヨって言葉と同じく使ってる奴の主張に
    レッテル貼り以上の中身が無い。

    当時の状況や価値観で行われたモノに対してそこまで強く批難するなら、まずは今現在の置世の中に置いてなお、戦争や武装弾圧を政治の手段してる国を強く批難するのが最優先だな。
    [ 2014/02/08 17:15 ] [ 編集 ]
  380. 戦争は、ゲームではない。
    頭で考えても、結局何もわからない。
    現場に行って、自分自身が死と対面しなければ、何もわからない。

    人は将棋の駒ではない、それでも戦争したい人は、その場に居よ。
    [ 2014/02/08 17:18 ] [ 編集 ]
  381. 安全な所からww同じ時代に同じこと言ってみやがれwカッコ悪
    [ 2014/02/08 17:18 ] [ 編集 ]
  382.  
    だいたい、アメリカとの戦争はこんなに大ごとになるようなものじゃない。理由は大したことないんだ。当時の先進国の中で中国に植民地を持ってなかったのはアメリカだけ。だから日本の持ってる満州をアメリカが欲しがった。ただそれだけ。特攻隊したり、原爆落としたりするまで
    拡大するのが異常。日本がさっさと満州をアメリカにあげちゃえばよかったんだよ。
    [ 2014/02/08 17:38 ] [ 編集 ]
  383.     
    だから 特攻だの学徒動員だのを賛美するなよ
    当時にしても 受け入れられないし正式に命令を下してない
    大間違いの戦い方だったんだから 極左共がプロパガンダっで
    自衛の為の軍事力まで否定する 戯言を与えてしまうぞ
    [ 2014/02/08 17:58 ] [ 編集 ]
  384. 外国人が敬意を表そうが、軽蔑しようが、哀れもうが、どうでもいいんだよ。
    日本人が忘れないことが大事。
    誰が何と言おうが特攻隊員は英雄だった。
    もちろん特攻作戦そのものは否定する。
    [ 2014/02/08 17:58 ] [ 編集 ]
  385. 空襲の恐怖に耐えながら国のためを信じて、
    文句も言わず自分の領分で働いてた一般民衆もみんな英雄だよ
    女子供老人みんな必死だった
    [ 2014/02/08 18:36 ] [ 編集 ]
  386. 昨日、知覧特攻平和会館へ中国人が3人来てたけど
    資料や展示品見てて、どう思ったんだろう??

    一人は17歳の少年だったけど、泣きそうな顔してたよ。
    [ 2014/02/08 18:39 ] [ 編集 ]
  387. 隊員が靖国から国の平和を見守ってくれるのには応えたいが
    死地に送り出した無能なクズが靖国に神となって入ってる事には憤りしか感じないわ
    安倍の先祖とかな
    [ 2014/02/08 18:39 ] [ 編集 ]
  388. 決して侵略戦争だと片づけれれる戦争ではなかった。アメリカも望んだ戦争だった。命をかけて戦わなければならない戦争だったということだ。冒涜する奴は、自分がクズであると気がづくように。
    [ 2014/02/08 18:46 ] [ 編集 ]
  389.  常軌を逸した作戦なのは間違いない。全員が志願したとも思わない。しかし、祖国のため家族のために特攻した兵士の命が崇高で尊くないはずが無い。そして、こんな悲劇を繰り返したいと思う日本人がいるはずが無い。

     この偉大なご先祖様達を敬い靖国神社を参拝することが、戦争賛美、軍国主義になるはずがない。なぜそれがわからないのか・・。
    [ 2014/02/08 19:02 ] [ 編集 ]
  390. 死にたくないに決まっている。当然だ。
    それでも、家族(今の私達)の為、国の為に特攻したんだ。
    軍上層部の愚かさとか関係無い(上層部が愚かかどうかも、当時生きていない自分には分からない。今の基準で語るべきじゃない)。
    特攻隊員の、精神力と彼らの愛は想像に難くない。敬意を表するよ。
    [ 2014/02/08 19:03 ] [ 編集 ]
  391. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2014/02/08 19:14 ] [ 編集 ]
  392.  
    サヨクと半島土人は同じメンタリティを持ってる。
    他人を馬鹿にして、自分を高みに置こうとする、腐った性根の持ち主なんだよね。
    特攻隊員がどんな気持ちで死んでいったのか、他人の気持ちを理解できない奴らに語るだけ無駄ってもんだよ。
    [ 2014/02/08 19:31 ] [ 編集 ]
  393. 神風という作戦を否定するのは当然だと思うが、その命令に殉じ、命を落とした人は最大限に敬われるべきだ。
    実際戦後に日本に進駐した軍隊共が何をやったかを知れば、どうして特攻してまで国を守ろうとし愛する人を守ろうとしたか、少しは理解できるはずだ。
    [ 2014/02/08 19:36 ] [ 編集 ]
  394. 今自分が何不自由なく日本で生きていられるのも
    戦争で勇敢に戦ってくれた英霊の皆さんのおかげだと思っている。
    カミカゼは世界に名を轟かせた。
    今でも抑止力になってくれていると思う。
    自分の命は過去の日本人の命が積みかなさって生かされているもの。
    感謝の思いしかない。
    そして、自分も未来の日本人のために日本を守っていく思いでいる。
    [ 2014/02/08 19:43 ] [ 編集 ]
  395. ■ ドイツ人の俺としては、日本以上の同盟国はいなかった……。
      正しいとか間違っていたとかは俺には分からん。
      だけど彼らは、自分が信じるものの為に命をかけて戦ったんだ!!!
      日本の英雄たちに敬意を表します……。 ドイツ


    ドイツさん、残念だがそれは違う。ほぼ日本のせいでドイツはアメリカと戦争する羽目になった。おかげでただでさえ薄い勝機が皆無になったじゃないか。ドイツ人ならドイツのことを考えて。
    [ 2014/02/08 19:59 ] [ 編集 ]
  396. こういう事があって今があるわけでしょ
    国のために命を捧げた事に間違いないんだし敬意を払うべき
    それが強制であったとしてもだ
    怖かったろうし泣きながら突っ込んでいった人が殆どだろう
    [ 2014/02/08 19:59 ] [ 編集 ]
  397. 彼らが命を賭して守った日本はもうない
    [ 2014/02/08 20:11 ] [ 編集 ]
  398. >■ 勇敢なんかじゃない。馬鹿げてる!
    >  優秀なパイロットは、戦闘機10機以上に値するんだぞ! ウクライナ

    馬鹿げてるのは、
    命令する側も、される側も知っていたさ。
    ろくに訓練できてない急降下爆撃隊なんか、
    アメリカ艦隊の弾幕を突破できないし、
    水平爆撃では更に命中率が下がる。
    だが、優秀なパイロットを育成する時間も、
    爆撃機や弾薬に余裕もない。

    それでも、むざむざ負けてしまえば、
    全てを奪われる時代。
    ただでさえ、列強唯一の有色人種で、
    いつ足元を掬われるかわからず、
    負ければWW1のドイツ以上の裁きが下るのは必定。

    そんな状況で開戦した以上は分の悪い賭けでも乗り続ける以外になかったんだ。

    やりたくてやったわけじゃない。
    やらせたくてやらせたわけじゃない。
    大西中将は、自分の作戦が愚策以外の何物でもないのは理解していた。
    若者を死地においやる覚悟を持って命令を下した。
    その覚悟が死に様にあらわれてる。
    [ 2014/02/08 20:19 ] [ 編集 ]
  399. 死にたくて死んだわけじゃない
    特攻したくて特攻したわけじゃない
    戦争したいわけじゃない
    ただ国と自分たちの家族を守りたかった
    それだけなんだよな
    神風の戦い方は決して賢い戦い方とは言わないけど、そうせざるを得なかった、そういう状況だった
    今も尚語り継がれる英雄だと思うよ
    [ 2014/02/08 20:28 ] [ 編集 ]
  400. 名無しさん
    現代と違い兵士の命が安かった
    愚かだったといえばその通りだし尊かったといえばその通りでもあった
    どちらか片方の価値しか見出すのではなくそれぞれの価値を考えて今に生かしていけばいい
    おれらはこういう人たちの礎を元に今を生きているのだから無駄なく生かしていく
    だから極力戦争は避けるべきだし守るべきものは絶対守る
    [ 2014/02/08 20:54 ] [ 編集 ]
  401. 本当のところは特効した本人たちにしかわからないわな
    [ 2014/02/08 20:59 ] [ 編集 ]
  402. 精神論とか関係ないんだけれどな。
    馬鹿じゃないんだから単純に戦果が上がったからとった作戦でしょうが。
    当たり前の作戦とっても戦果は上がらず、結局全機撃墜されちゃうんだよ。
    真剣に敵機動部隊に抗おうと思ったら特攻作戦とらずとも全員戦死なの。


    [ 2014/02/08 21:05 ] [ 編集 ]
  403. 靖国に参拝して何が悪い!
    [ 2014/02/08 21:34 ] [ 編集 ]
  404. えら出てるやついるよwww
    [ 2014/02/08 21:46 ] [ 編集 ]
  405. 今の日本見たら靖国で英雄が泣いてるよ。
    [ 2014/02/08 21:48 ] [ 編集 ]
  406. 国の為に命がけで戦い命を落とされた方々に対して、貶めたり辱める言動を繰返す者は許し難い。
    いづれ・・・だ。

    ■ 日本の人たちは絶対に、この若いパイロットたちを誇りに思ってるだろうね。 イタリア







    [ 2014/02/08 21:48 ] [ 編集 ]
  407. 後半は対策取られてたんだから、戦果に関係なくやったのが日本の特攻だよ
    そこが他の国と違う特別なとこだし、後半は精神論の範囲で戦ってたでしょ
    ドイツのエルベ特攻隊は戦果が上がらなかったら中止になったし
    国家総力戦の末期に負け側でこういう作戦が取られるのは珍しいことではない
    [ 2014/02/08 22:02 ] [ 編集 ]
  408. 否定の否定を単純に「賛美」と考えるのは短絡的すぎる。
    特攻を語るときに、絶対的な否定か賛美のどちらかしかないという姿勢がまず間違いだ。

    ●戦略的に効果がなかった→特攻は間違い、とにかく否定!

    ●亡くなった人たちに敬意を持ちたい→特攻肯定、戦争の賛美だ!

    こういうのは短絡的すぎて、馬鹿としか言いようがない。

    戦略や軍略、情勢は客観的に判断するべきだが、
    それが全てだという態度は非人間的だし、単純極まりない。

    それとは別に人間として故人をどう評価するかという視点が今の日本人の戦争観には欠けている。
    戦争だから否定する、戦略的に無駄だから否定するというのは、ただの思考停止だよ。

    今まで日本人は前の大戦を語るときに、絶望的な状況の中でどんな行動を取ったか、どんな言葉を残したかで人間を評価することを、わざと避けていた。
    そのせいで、日本のため、アジアのためにと信じて戦って亡くなった人たちを冒涜して見下すような言葉を吐いても当然だという輩が、こんなにまではびこってしまった。

    本当の思考というものがないから、「日本は反省しなきゃー」「戦争を賛美しちゃいけないなー」なんていう上っ面の言葉に騙される。
    本当の知性が欠落してしまったのが現代日本人の悲劇だ。

    先人の犠牲を無駄死にで終わらせるかどうかは、
    日本人が本来の知性をもう一度獲得できるかにかかっている。
    [ 2014/02/08 22:12 ] [ 編集 ]
  409. ※5
    反省しているよ
    だから特別永住権廃止の方向で世論が動いているのさ
    [ 2014/02/08 22:14 ] [ 編集 ]
  410. 特攻という「作戦」を貶してるのに、「英霊」を貶すな!とか話をすり替えてる阿呆どもがいますね
    [ 2014/02/08 22:30 ] [ 編集 ]
  411. ちなみに特別永住権でなく特別永住許可。
    権利ではなく日本政府から許可されているだけ。

    ※376
    遺書「続く生き残った青年が、戦争のない平和で、豊かな、世界から尊敬される、立派な、文化国家を再建してくれる事を信じて、茂は、たくましく死んで行きます。」

    特攻隊員を愚弄する在日共の特別永住許可取り消しの活動及び世論を高めることが、平和と豊かさを享受している国民の義務といってよい。
    [ 2014/02/08 22:31 ] [ 編集 ]
  412. 外人は称えるか蔑むかどっちかに傾くのだが
    日本人多数の気持ちはそうじゃない
    特攻を賛美もしなければ罵ろうとも思わない
    そこまで追い詰められた状況となり命令を下さなくてはならなかった上官、
    その命令を受けて特攻をしなければならなかった隊員、全員が苦しかったはずだ
    その時代に苦しみ命を落としていった人々をただただ敬いたい
    そういう歴史があって今の平和があり、この平和を守っていきたい
    靖国を参拝するというのはそういう気持ちからなんだよ

    中韓人はそういう感情が欠落してるから理解出来ないだろうがな
    [ 2014/02/08 22:31 ] [ 編集 ]
  413. ※411
    訂正すまぬ
    [ 2014/02/08 22:33 ] [ 編集 ]
  414. ※410
    >特攻という「作戦」を貶してるのに、「英霊」を貶すな!とか話をすり替えてる阿呆どもがいますね

    この手の詭弁は聞き飽きた。数十年来、手垢に塗れた言いぐさ。
    なにが「作戦」だ。
    塩だ塩!!塩撒いとけ!!
    [ 2014/02/08 22:57 ] [ 編集 ]
  415. 賞賛している意見が多いようだけど、イタリアだっけか、911の時新聞にでかでかと「KAMIKAZE」と出てるの見たよ。テロだと思ってる人が多いんじゃないかな。
    永遠のゼロとか、記憶遺産で本当の事を知ってもらいたい。
    [ 2014/02/08 23:03 ] [ 編集 ]
  416. 「カミカゼアタック」なんて、二度と繰り返してはならない「統率の外道」行為だろ。こんなことは二度と繰り返されてはならない。絶対にだ。
    その「統率の外道」を批判する事と、その命令によって散った兵たちに対する敬意を持つ事は別だと思っている。若くして散った命に対して、涙し、敬意を表す事は、何も間違っていないと思う。そして、彼らに誓いたい。「もう、二度とあのような行為はしてはならない。しない世界を作るのだ」と。
    そういうことじゃないのかな。
    [ 2014/02/08 23:31 ] [ 編集 ]
  417. 337
    それは日本の都合だろ
    どこがアジア解放になんの?
    結果的にそうなるというだけの話で感謝しろとアジアに向かっていうつもりか
    だいたい開戦しなければ日本が滅んだということ自体全く分析もしてないだろ
    開戦しないと日本が滅んでいたなら戦争に負けたらなおさら完全に滅んでるはずだろ
    結局日本と欧米とくに米国の利害のぶつかり合いに正面切って挑んだというだけで
    そこで引いて満州を米国にまるごとゆずってたなら戦争の被害より少なくてすんだんじゃないのか?
    日本が朝鮮、満州へと順に出たのも自衛のためというなら満州を米国にまかせればよかっただろ
    結局日本も米国も目先の利益で譲らずにぶつかって日本が負けたというだけのことだ
    それをさもアジア解放こそ開戦第一の理由として上げるなんておこがましいにもほどがある
    [ 2014/02/08 23:46 ] [ 編集 ]
  418. 357
    358
    そもそも218と220は口調からして他人のふりしてないだろ
    中身にはほとんど反論しないで
    気違いだの自己紹介乙だの忠告だのなりすましだの
    お前のその感情論と218の丁寧なコメントとは比べ物にならんわ
    反論のための反論と言われて図星だからって
    発狂するなよw
    [ 2014/02/08 23:52 ] [ 編集 ]
  419. >>なんという名誉ある死なんだろうか……。
     ああっ、彼らを賞賛せずにいられないよ俺は……。 ドイツ

    こいつの発言だけは絶対に許せない
    こんな無駄死にを名誉の死だなんて言葉で片付けやがって
    ベルリンの壁に頭ぶつけて死んでからもう一度考えろ
    [ 2014/02/08 23:54 ] [ 編集 ]
  420. 君らもあの時代に生きていれば、英雄になれただろう。
    彼らは英雄になるしかなかった そして英霊に。 英雄は被害者の別名だな。
    [ 2014/02/08 23:56 ] [ 編集 ]
  421. 無駄死・・戦後散々反国家主義者たる左翼が言い募っていた台詞だ。

    [ 2014/02/09 00:00 ] [ 編集 ]
  422. 日本人はもし再び戦うことになったら、命を懸けて戦う。
    別に戦争嫌忌する連中ばかりではない。
    国の為なら戦うよ。
    有難いことに戦前と違い今の日本は世界有数の経済大国で豊かで、当時とは国力が雲泥の差だからな。有難いことだ。
    [ 2014/02/09 00:06 ] [ 編集 ]
  423. 442
    あほか
    国力が雲泥の差ってこっちが泥ならわかるが
    戦争できる国力なんてねえよ
    米国がやってるからできるとでも思ってんの?
    日本が戦争するなら中国とだ
    それだと本国周辺が戦場になるし
    本国に何百何千とミサイルが降ってくるわ
    それで戦争に勝って何が残る
    戦後体制がなくなるというだけの話しだ
    中国のいらない領土でももつか?
    中国が払えそうもない賠償金を請求するか?
    日本が戦争して負ければ国が滅び
    勝ったとしても戦後体制がなくなるだけ
    戦争して多数の命を失わせて損失を出しまくってそれが得たいのか
    戦争考える前に戦争しないで戦後体制なくすことを考えろよ
    [ 2014/02/09 00:13 ] [ 編集 ]
  424. この犠牲を二度と起させないためにも、負けない日本を作るという発想に至らない不思議。
    食料、資源リスクを分散して、自給率を上げ、外国依存度を減らし、足元を見られない土台作りと、スパイ撲滅、核武装、軍事力増強は基本だろうに。
    負けると似たような状況に陥るのは明白なのにな。
    永久にアメリカが何とかしてくれる?例え焼け野原になっても外資が救済してくれる?
    この国は一体誰の国なんだろうな。
    過ちは二度と繰り返しませんって何を指して言ってるのやら。
    [ 2014/02/09 00:14 ] [ 編集 ]
  425. 423のは422ね
    失礼
    [ 2014/02/09 00:14 ] [ 編集 ]
  426. ※421
    こーやって単語で反応しちゃうからネトウヨ=馬鹿ってレッテル貼られちゃうんだよ
    恥ずかしいからやめていただきたい
    [ 2014/02/09 00:15 ] [ 編集 ]
  427. ※24
    銀英伝を書いた人はその後の小説でとんでもない極左思考を展開させてるから、作者が銀英伝の時点で正確かつ冷静に戦争という物を理解していたとは考えにくいので、引用には適さないと思うのだが。

    特攻隊は物的・人的資源が尽きかけたこその、やりたくなかったが手を出さざるを得なかった最終手段ってだけ。

    あまり知られていない話だけど、特攻隊や回天は当時の帝大や慶應などエリートの方々から先にお逝きになられてるんだよね。
    祖国のため、延いては己が家族のためにと。
    まさにノブレスオブリージュのように。
    そりゃ死にたくはなかっただろうさ。
    だけど「大切な人を守るため」には「国が存在している事」が必須条件である事を理解していたんだろう。

    にも拘わらず生き残ったという人間が、声を張り上げて「軍が悪いー」「日本が悪いー」を繰り返しているだけという事実。
    やっぱり教育はきちんとしないといけないんだな。
    [ 2014/02/09 00:32 ] [ 編集 ]
  428. 特攻作戦が生まれてしまった経緯を理解してほしいな。
    当時出撃しても、帰還できる機はすでにほとんど無かったのだから。
    「ならば・・・」となるでしょう。

    特攻で亡くなった人はもちろん、通常の出撃で亡くなった人に
    も同様の敬意を!
    [ 2014/02/09 00:49 ] [ 編集 ]
  429. 427
    エリートほどこの戦争は結局負けるということはもう分かってたよ
    頭がいい人間ほどここで死ぬことが戦局を変えることにはならないと分かってて死んだんだよ
    全ての人間が納得して死んでいったわけじゃないし
    周りの圧に強制されて行った人も多い
    それを大切な人を守るためとか国が存在している事のためとかいうのは馬鹿にした話だ
    特攻したってそんなことにはならないのは当人がよく分かってたんだよ
    それでも死なないといけない
    それはどういうことだ?綺麗事だけですませれる話じゃないのは当然だ
    その人達が納得して死ぬためには結局精神的な部分を高めるしかない
    自分が特攻して与える物質的なものはほとんど無意味でしかないが
    自分達がこうして死ぬことで後世に精神的な部分でなんらかの良い影響を与えれると考えることしかないんじゃないのか
    それができない人間は無理矢理にでも国のため家族のため守るために死ぬと考えるか
    それも納得出来ない人間は特攻を拒否して戦うほかない
    この三者三様は死を前にしてはどれも正しいというしかないが
    一番苦しいのは2番目だろう
    一番自分の納得できないことを納得させるしかないからだ
    そんなことをさせた作戦は当然批判されてしかるべきだ
    二度とこんな苦悩を与えることを人間に強いてはならない
    [ 2014/02/09 00:53 ] [ 編集 ]
  430. ウクライナの人、チェルノブイリに突入した工員達も特攻隊みたいなもんだよ。彼らの犠牲があったから、あの原発事故はあれですんだんだよ。あの人達に向かって人命浪費とか言えるのかい?あれも作戦自体はバカげてると思うけどね。
    [ 2014/02/09 01:19 ] [ 編集 ]
  431. ※426
    まともな日本人が「ネトウヨ」なんて言葉を使うかよ。
    もうそのレッテル貼りも飽きたぞ。
    延々長文※するかよ。
    今時、昭和のぶサヨが使った言葉を使うお前のお里が知れるってことだ。
    一々出張ってくんなよ。
    きめぇよ。
    [ 2014/02/09 01:24 ] [ 編集 ]
  432. ※423
    馬鹿野郎、心構えを言っているんだろうが。
    心配すんな。
    もし戦争になって敵がやって来ても、俺等がお前みたいな輩も含め守ってやっからw寝返らん限りな。
    パンドラって変なのが居るなあ。お前、関西か?
    [ 2014/02/09 01:33 ] [ 編集 ]
  433. 430
    それは原発事故が起きた直後のことか?だとしたら特攻とは全然次元が違うだろ
    その工員たちには放射能の危険性はほとんど知らされてなかったし
    必ず死んでその体でふさげと言われたわけでもない
    いろんな危険もあるであろう事故現場に向かう勇気は賞賛されてしかるべきだが特攻とは全然次元が違う話だ
    そして危険性をよく知らせもせずに向かわせた人間に対しては当然批判しているしされて当然だ
    [ 2014/02/09 01:34 ] [ 編集 ]
  434. 432
    口だけの薄っぺらい覚悟なんていらねえよ
    馬鹿ほど暴力の覚悟をするが
    頭のいい人間は暴力などしなくてすむほうを先に考える
    [ 2014/02/09 01:36 ] [ 編集 ]
  435. 学徒出陣で海軍のパイロットになり特攻を拒否して認めらて貰い、通常攻撃で出撃して生還した人が居たな。
    [ 2014/02/09 01:50 ] [ 編集 ]
  436. ※434
    そうかw
    まぁ頑張れや
    [ 2014/02/09 01:53 ] [ 編集 ]
  437. 436
    お前もな
    厳しい現実のほうを頑張れよ
    [ 2014/02/09 02:01 ] [ 編集 ]
  438. 覚悟無くして生きられるのは本当にいい事だけど、今の日本人達の魂は死んでるな
    [ 2014/02/09 02:31 ] [ 編集 ]
  439. この後1000年経っても世界中で語り継がれる
    彼らはこの世に名を残したな
    [ 2014/02/09 02:47 ] [ 編集 ]
  440. 日本の兵隊はな、一般市民の上に焼夷弾を撒き散らす様な連中から日本を守ろうとしたんだ
    それをバカな作戦だと哂ういかれたアメリカ人、お前等のご先祖がそうさせたんだよ!
    [ 2014/02/09 03:37 ] [ 編集 ]
  441. よく「アメ公は一般人を攻撃した!それに引き換え大正義日本軍はあくまで対軍人に徹した!」
    みたいな論調のやつがいるけど、日本は攻撃「出来なかった」の。あいつらの対空性能が半端ないからな。
    ファンタジー歴史でホルホルするだけで愛国語れるんだから気楽な人生だ
    [ 2014/02/09 03:47 ] [ 編集 ]
  442. 「神風特攻隊」を主語にするから微妙になる。

    当時の状況において志願された神風特攻「隊員」の決意に敬意を払うべき。この決心の部分のみが英雄行為。

    一方で、「神風特攻隊」があった事実は、そのような選択をしてしまう軍事および国内/国際政治状況は、二度とあってはならない反省点。

    [ 2014/02/09 03:50 ] [ 編集 ]
  443. 世界中に植民地をもつ白人にとっては本当に日本は異質で恐怖の対象だったろうね
    今も日本に軍隊を持たせたくないくらいに
    [ 2014/02/09 04:24 ] [ 編集 ]
  444. >>どうして普通の考えを持った人たちが、彼らを賛美するのか分からない……。
      兵士の命を無駄にした作戦だったし、戦闘における、歴史的な過ちだろ。 アメリカ

    おまえらアメリカ人が大量に一般人をコ ロすから、それを守る為に兵士の命を無駄にせざるを得なかったんだろ
    大空襲や原爆は歴史的な過ちじゃないのか?戦争犯罪だから。
    短時間に大量ホロコーストしたのでは歴史的な記録だぞ
    [ 2014/02/09 05:02 ] [ 編集 ]
  445. 今の自分に少し勇敢さを分けてもらいたい
    [ 2014/02/09 07:53 ] [ 編集 ]
  446. ※428
    まさしく、その通りですね。
    [ 2014/02/09 08:07 ] [ 編集 ]
  447. アメリカの飛行兵だって、作戦じゃなくて、死花を咲かせた者がいたんだよ。
    祖国である合衆国のために戦いの空に舞い上がって、日本軍機と撃ちあって、無念にも撃墜されそうになって火を噴いてる状態で、必死に日本の軍艦に突入して行った戦闘機があったんだよ。
    そうした祖国への気持ちは敵味方問わず尊いものではないか。

    「どうせ死ぬのなら……」「死にゆく自分の全生命を、最後の最後に、一つのことに賭けて、見事に最期に何か一つ成し遂げたい」
    この気持ちを分かろうともしないような人を、平和ボケというんだ。この気持ちは戦争でなくても、病魔に冒された人だって、はっきりと示すものなんだ。それはすぐに理解できる筈なのに、戦争だとどうしてか理解したがらない奴を平和ボケとか戦争アレルギーと呼ぶのだ。
    [ 2014/02/09 08:14 ] [ 編集 ]
  448. 当時まともに飛んで戦えるパイロットが殆どいなくなってて
    空戦してもそれこそ犬死にだったと言われてる
    空母をたたくのが最優先だが爆弾抱えて敵戦闘機かいくぐって空母に爆弾を落とせるような一線級パイロットはもういない
    ならばどうするか?コンピュータの戦争ゲームなら同一ユニットの戦闘力はいつも同じだが現実では違う。戦うべきだったという人こそ兵士をただのコマだと思っているのではなかろうか
    [ 2014/02/09 09:46 ] [ 編集 ]
  449. 戦争しないほうが良かった、とか
    特攻は無駄だった、とか言う人は
    戦後に発生した条件を戦前もあったと錯覚しているか
    重要なファクター(共産主義勢力など)を無視しているか
    米英を実態とは掛け離れた善良な存在だと思い込んでいる。
    [ 2014/02/09 09:47 ] [ 編集 ]
  450. この人を守るためなら自分の命など、という気持ちは子供が出来るとわかるかも
    [ 2014/02/09 09:48 ] [ 編集 ]
  451. 戦死したアメリカ軍人にも感謝すべき。今日本がこのようにあるのはどちらかというと彼らのおかげ、特攻隊員より。
     「今の日本は気に入らん大日本帝国の復活を」というのなら、まあガンバッテ。
    [ 2014/02/09 10:08 ] [ 編集 ]
  452. 少なくとも私達は戦争で散った方々に対して
    恥ずかしくない人生を全うする責任がある。

    「感謝」という言葉ですら軽すぎる。

    今日も一日頑張ろう。
    [ 2014/02/09 10:20 ] [ 編集 ]
  453.  
    >自分達の宗教のために罪のない市民を殺めるのとは違う。 

    おいソーカ。聞いてるか

    宗教を説く前に人の道を守れや
    [ 2014/02/09 10:26 ] [ 編集 ]
  454. 作戦の妥当性はともかく
    戦場で兵士が制服を着用して敵陣を攻撃するのはテロではない。
    [ 2014/02/09 11:54 ] [ 編集 ]
  455. 有色人種が差別され世界が白人によって支配されていた時代
    そういう時代背景を考えずに当時の戦争は語れないのに
    今の価値観だけで戦争を非難する愚かだ
    あの時立ち上がらなければ今の日本はなかったろうし
    今のような平和で平等な世界もなかっただろうと思う
    私は命を懸けて戦った当時の全ての人たちに感謝するよ
    日本を守ってくれてありがとう
    [ 2014/02/09 12:02 ] [ 編集 ]
  456. >>417
    日本がアジアを開放したなんて結果論ですらないんだよな。
    日本は欧州が荒れてる隙に火事場泥棒的な侵略したまでで、独立自体は自分たちの手で果たしてる。仮に「欧州宗主国の国力を弱めた」なんて後付け解釈があるけど、それは宗主国の本国を荒廃させたドイツであって、地の果ての植民地にちょっかいをかけた日本じゃない。
    [ 2014/02/09 12:08 ] [ 編集 ]
  457. 都合の悪いもの「自虐史観」と切り捨てて、ブログや漫画の事実捻じ曲げて都合の良い解釈したお花畑歴史観に浸るのもどうかと思うね。
    [ 2014/02/09 12:12 ] [ 編集 ]
  458. 賛美している奴はすぐ国のために臓器提供でもして国庫を増やして貢献しなよ。ネットうよでもできる。
    国は国民に奉仕するのが仕事。命を捧げるほどのものではない。
    特攻隊は分かりやすい日本的マインドコントロールの一例に過ぎないよ。それ以上以下でもない。
    まだこれらの事例はあるでしょ?
    [ 2014/02/09 12:12 ] [ 編集 ]
  459. でも何だかんだで有事になった時は、日本人は何の疑問も持たず立ち上がるでしょうね。日本DNAが発動するのか、不思議とそういうふうに出来ている。震災の振る舞いを見ているとそう思う。
    もちろん、そう簡単に死んでやるつもりはない。という覚悟で臨むでしょう。
    [ 2014/02/09 12:17 ] [ 編集 ]
  460. 「敵前逃亡」の民族には日本人の高潔さはわからない。

    真の「覚悟」と「勇気」が特攻にはあったと思います。 
    [ 2014/02/09 13:11 ] [ 編集 ]
  461. いろいろ考えはあるしどれが正しいとはまだ誰も言えることじゃないけど、429さんの意見はちょっと考えさせられたかな
    全員が全員戦争の結果を分かってたとか負けることを思ってたとは思わないけど、状況をよく分析できるほど頭のいい人がいたことも確かだし、そういう人は確かにここで死ぬことで国が守られるなんて思えなかっただろうね
    そういう人に対して国を守るために家族を守るために行ったというのは確かにその人を一段次元を低くみた考えかもしれない
    特攻なんてしても戦局への影響は大したことはないと分かっていて、それでも確実な死である特攻をした人達の悟った気持ちや無念さは想像している以上なんだろうね
    安易に国の為家族の為だったと言うのも違うかもと考えさせられた
    [ 2014/02/09 13:24 ] [ 編集 ]
  462. 聞け、わだつみの声を紹介した番組を見たときに
    ある人の日記だか手紙を紹介していたんだけど
    最初は「死ぬのは嫌だ」だったのが「国のため、家族のために」に
    徐々に変化していく様に胸が痛くなった

    たまたまその人は文章で残していたけれど
    他の人だって同じように自分の心を納得させて出撃していったのだろう
    自分の将来も夢もすべて諦めて、大事なもののためにと
    黄泉路への片道切符を手にして散っていった彼らの魂の平穏を祈ります
    [ 2014/02/09 14:46 ] [ 編集 ]
  463. 462
    人にそんな苦悩を与える作戦は本当に最低だな
    [ 2014/02/09 14:53 ] [ 編集 ]
  464. アメリカが経済封鎖をしなければ、太平洋戦争は必要なかった。
    武器弾薬等の物資があれば、特攻作戦は必要なかった。
    [ 2014/02/09 16:55 ] [ 編集 ]
  465. > 不思議なことに、現代の普通の人達よりも、
    > 死に向かおうとしている彼らのほうが、生き生きしてるように見える。 ノルウェー

    考えさせられる
    [ 2014/02/09 17:48 ] [ 編集 ]
  466. 米457
    >賛美している奴はすぐ国のために臓器提供でもして国庫を増やして貢献しなよ。ネットうよでもできる。

    すぐ極論に走るのは厨の仕様。
    [ 2014/02/09 18:21 ] [ 編集 ]
  467. 特攻隊などの英霊達が祀られている靖国神社を参拝すると、中国人と韓国人は参拝するなと絶叫する。
    そんな意見を他の国の人たちに聞いてみたい。
    [ 2014/02/09 18:44 ] [ 編集 ]
  468. >国のために命を捧げる。……残ったものは、兵士の死だけじゃないか。 コロンビア

    今の平和な日本は、数十年前に国のために戦って命を落としていった人たちのおかげでできあがったもの。
    いちばん大きくて大切なものを守って残してくれたんだよ。
    靖国のことをウダウダ言う中国人や韓国人は黙っとれ!

    [ 2014/02/09 18:50 ] [ 編集 ]
  469. *464
    ほんの1日ところか数時間早く連絡来れば回避できた
    しかもその原因となった馬鹿官僚は戦後も生き延びやがった
    挙句、いまだ尾を引く悪さした元凶
    東京裁判で本来は軍人ではなく、本来回避できたものを
    あえて進行させた悪の官僚を血祭りにするべきであった
    [ 2014/02/09 19:31 ] [ 編集 ]
  470. 正規軍としての作戦であった特攻隊に賛否があって当然だと思う
    ただその賛否さえ特攻隊の隊員となった時点で聞けないこと隊員の方々は承知なんだよ
    運良く敵艦に突入出来ても戦果さえわからないまま死の世界で仏となる
    同じ日本人でも特攻隊の精神状態を察することさえできない
    [ 2014/02/09 21:08 ] [ 編集 ]
  471. いやいやw
    宣戦布告は言掛かりに過ぎない。
    アメリカのした戦争で戦闘開始以前に宣戦の布告を行ったものはどれほどだろう。
    調べてみる価値ありそうだ。イラク人に聞いてみたいものだ。
    そもそも事前通告しなければならないもの、ではない。
    [ 2014/02/09 22:04 ] [ 編集 ]
  472. こういうブログってアクセス稼ぐためにワザとコメントで煽ったりするんだろ。バイト君なんか雇っているって?凄いね、やくざな商売だね。
    [ 2014/02/09 22:09 ] [ 編集 ]
  473. >> 469
    すんげえ思考回路だね。w
    国際法無視、事後作られた法で行われたリンチ裁判で、
    戦争の画策したアメリカ側では無く、
    日本人、しかも官僚を悪と断じて「血祭り」にするべきとか、
    何?血祭りって?正気か?w
    しかも、偉そうに語ってると思ったら、結果論で、しかもそれも説得力がまったく無いし、意味不明な部分が多い。
    少しは落ち着けよ。w
    [ 2014/02/09 22:29 ] [ 編集 ]
  474. 海外の反応全般じゃなくて、ホルホル書き込み抜粋なんだよな
    [ 2014/02/09 23:41 ] [ 編集 ]
  475. 戦いが得意な人なんていない。死ぬのが怖くない人も。
    でも負けるのは死ぬより怖い。
    負ければ国が蹂躙されて、最悪の場合消滅してしまうから。

    そう思ったからこそ当時の人は連合国も枢軸国も関係なく必死に戦ったんだと思うよ。
    欧米では焚きつけた投資家と政治家だけが、日本ではスパイと極めて売国奴に近い狂信的な愛国主義者だけが気持ちよくなった酷い戦争だった。
    [ 2014/02/10 01:29 ] [ 編集 ]
  476. 1や5は人間の屑

    英霊に深謝致します
    [ 2014/02/10 02:42 ] [ 編集 ]
  477. あの戦争は回避してたほうが被害は全然少なくてすんだし
    米国が満州や大陸の利権を取ったら日本をどうこうしようなんて余裕はすぐになくなる
    中露の脅威にすぐさらされることになるからな
    日本を倒した後で中露の脅威に気づいて
    やっと日本の全面的再興すべきだと思ったように

    結局のところ日本は軍部も含めた国民世論を抑えられなかっただけだ
    大陸の利権のために国益を考えない人間と口にできるのは愛国だけで国際情勢を見極めることもできない大多数の無知な国民を抑えられなかっただけ
    昭和天皇が戦争反対を言おうものなら自身の身の危険すら感じたというのだから
    負けるべくして負けたのだ
    教訓にすべきは現実を見ないで無謀をしたところで国を危うくさせるだけだということであってひたすら愛国であればよいというものではない
    [ 2014/02/10 04:39 ] [ 編集 ]
  478. 元鹿屋特攻隊昭和隊に所属より

    「死ぬことは誰にでもできる、いと易いことだが、死地に歩を進めることは、死ぬ以上の覚悟がなければできない」
    [ 2014/02/10 05:20 ] [ 編集 ]
  479. >あの戦争は回避してたほうが被害は全然少なくてすんだし

    それはない、原爆投下や無差別爆撃を見れば分かるが。
    反日は日本人のジェノサイドを躊躇わなかった。
    それは当時の世界観が「黒人は頑丈な奴隷」「体の小さい有色人種は害獣」と言う概念が常識だったから。

    それが理解出来てないのであれば、歴史のイロハも理解出来てないに等しい。
    そんな稚拙な知識で過去をドヤ顔で語る資格なし。
    [ 2014/02/10 05:22 ] [ 編集 ]
  480. 479
    あほすぎw
    原爆や爆撃は戦争した結果だろ
    戦争しないのに原爆落とすって?
    歴史云々以前だな
    恥ずかしいコメント晒すなよw
    [ 2014/02/10 05:28 ] [ 編集 ]
  481. >>479

    有色人種は害獣とかネットだけの妄想で語るなよ
    歴史のイロハって何?全然論理的でない、反論にもなってない

    人種差別で人をヤることに躊躇いがない?だからどうした
    そんな単純なことよりも国は国益を優先するんだよ
    人種差別が全てに優先するなら日本は再興などできなかったわ

    反論ですらないただの罵詈雑言でなく
    人に恥ずかしいレベルのコメントする前に内容に対してまともな反論してよ
    できないなら最後の一文はお前の自己紹介として聞いておこう
    [ 2014/02/10 05:40 ] [ 編集 ]
  482. ※479
    本当に人種差別云々だけでやられたと思ってるならお前のがよっぽど無知だろ
    それが理由なら、敗戦後アメ共に植民地化されとるわ
    [ 2014/02/10 06:07 ] [ 編集 ]
  483. 連合艦隊がヒトカップ湾を出撃した時、世界地図には欧米と其の植民地に二色しかなかった。日本のみがただ一国其の独立を保ち、其の土着の文明を保持し、欧米に対峙していた。日本の戦争目的は欧米を打ち負かし欧米を日本の植民地にすることではなかった。日本と日本の文明を守りそのためにアジアを欧米から守るのが目的であった。日本の戦争目的は敢然に達成された。
    [ 2014/02/10 10:02 ] [ 編集 ]
  484. 戦いに勝利した連合国はびた一文の賠償金をせしめることが出来ず、アジア・アフリカの植民地をすべて失ったのはなぜか。戦争に勝っても戦争目的は達成出来ない。戦争に敗れても其の目的は達成されうる。戦いは時の運、戦いに敗れれば戦いの作法に従うのみである。どちらの戦争目的が達成されるかは、勝敗によらない。
    [ 2014/02/10 10:12 ] [ 編集 ]
  485. 敵空母に突っ込んで死んだ特攻隊員が英雄か突っ込まれて死んだ米兵が英雄か、世界中が同じ答えをだす。
    [ 2014/02/10 10:14 ] [ 編集 ]
  486. ※485
    「世界中が同じ」と本気で考えているとしたら、精神科行きなさい。
    [ 2014/02/10 10:52 ] [ 編集 ]
  487. ※479
    「見てきたような嘘をいい」

    根拠示せないくせに、ドヤ顔で歴史を語るな
    騙り野郎。
    [ 2014/02/10 10:54 ] [ 編集 ]
  488. 横レス失礼。
    ※473は※469をまるで理解できていない、ということはつまり、まるっきり敗戦の失敗を真摯に考究しようとしてこなかったということがわかる。考えた人ならば誰でもそこを通らずにはいない要点を※469は衝いているからだ。

    「官僚」とは、多分外務官僚のことだろうと思われる。当時外務省内で派閥争いがあり(今も当時からの黒い人脈が続いているので、相変わらず派閥争いがある)、そのせいで現地の公使がはぶんちょにされ、本国からの伝令に対応できない態勢にさせられてしまったのが真相。この件については、たしか学士会会報かどこかで読んだ気がするが、もういつ読んだのかも忘れてしまったのでちょっとすぐには記事を出せない。だが知る人はそれなりに多くいるはず。
    [ 2014/02/10 11:00 ] [ 編集 ]
  489. 海外の友達と話した時に、特攻隊の話題になると何も言えなくなるわ。
    称賛されても良い気しないし、目くじら立てられてもなぁ。日本人として言葉に詰まるし。
    戦争は嫌だなぁ。
    [ 2014/02/10 11:02 ] [ 編集 ]
  490. ※428
    が書いている通り、当時、出撃のたびに未帰還機が出ていた。
    南ソロモン諸島での激闘の時期には毎日二度三度と出撃し、そのたびに未帰還機が出ていたので、隊の編成すらままならなくなっていたりしたという。

    ※272で実際に隊長だった人の回想から引用されているが、
    「艦爆隊員は出撃すれば生還を期するものはいなかつた。遅かれ早かれ戦死するのではあるが同じ戦死するにしても、出来ることなら死花を咲かせたかつた。これは私の氣持も彼の氣持も、他の隊員の氣持も同様であつた。」

    この気持ちを汲まずに語るのは先達の気持ちを無視することになる。
    このコメント欄でも多々見受けられるような、現代人の独り善がりの意見を押しつけるのは、やめてもらいたい。
    [ 2014/02/10 11:07 ] [ 編集 ]
  491. ※489
    今は何も言えなくとも、当時の人々の戦後すぐの回想を読み込むことだよ。それを少しずつでいいから続けてゆくうちに、徐々になにかしらいうべきことが醸成されてくる。真の意見というのはそういうものじゃないかな。何も知らないままなら何もいうべきことがなくて当たり前だ。
    [ 2014/02/10 11:09 ] [ 編集 ]
  492. 483
    484
    それ日本人の口から聞いたアジア各国はどう思うよ
    それまではさんざん見て見ぬ振りして
    同じアジアの中国とどこまでも争っておいて
    自分が追い込まれた途端アジアのため~って
    おこがましいにもほどがあるわ
    あれがアジアのためになったかは
    日本じゃなくアジアが決めることだ
    その上で日本のあの戦争を評価してくれるなら
    日本は理解してくれたことに感謝すればよい
    [ 2014/02/10 11:51 ] [ 編集 ]
  493. 列強国を相手に資源のない日本が2年以上戦線を維持する事自体本来ならとんでもないことだ。
    それでも負ければ、国が日本人が日本の文化が滅ぼされると思えばこその決死作戦だったはずだ。
    誰も死にたい人間なんて居る訳ない。
    家族を残して片道切符で戦に向かう、救国心と愛する者を守ると言う強い気持ちがなければ行けないよ。

    旧帝国軍首脳部の無能は責めても前線で戦った兵士を侮辱させてはいけない。
    [ 2014/02/10 11:53 ] [ 編集 ]
  494. ■ どうして自爆行為をした彼らがここまで敬意を持たれてるんだ?
      自爆テロをするイスラム教徒は憎まれてるのに。 アイスランド


    無関係で無防備な一般市民を標的にするテロと違って、
    世界最大で最強のアメリカの艦隊に突撃するのがカミカゼ
    だからなぁ・・・

    だから賛美両論がある作戦だけど敬意を払う人も
    いるのを理解してないコメントだね
    [ 2014/02/10 13:05 ] [ 編集 ]
  495. >> 488
    理解?何を言ってるんだか。
    まず論点が違う。
    真珠湾攻撃の際の外務官僚の失態については同意だが、
    戦争を画策したアメリカよりも、日本側、軍人ではなく官僚を「血祭り」しかもあのリンチ裁判を、公平に法に則って行われていたかのように、「東京裁判で」と名指ししている思考回路が笑えると言っているんだが?

    ルーズベルトやチャーチルが真珠湾攻撃に喜んだ話は有名だし、アメリカには、対日開戦理由、大儀を欲していた云々は、分かっているんだよな?コミンテルンも関与していた事もさ。
    日本の外交暗号は既に解読済、宣戦布告の電文もワシントン日本大使館が飲み会で全員留守。w
    当時の状況で大使館機能してないって、どう考えてもおかしいよね?
    オレンジ計画~満州挑発恫喝、ハルノート、レイシストによる数々の不平等条約、これら全てが繋がってるわけ。
    改善すべきだったのは当然だが、伝令が遅れたとか、派閥争いがどうとかいう次元をとっくに超えている。
    ちなみに今現在は、更に劣化している惨状だな。
    負けたからという理由が大きいが、情報戦ではやられっぱなしだな。
    [ 2014/02/10 13:19 ] [ 編集 ]
  496. この流れでなんで靖国参拝批判されるのよ。
    中韓が癇癪起こすから?
    [ 2014/02/10 14:26 ] [ 編集 ]
  497. なんか目頭が熱くなるな…
    良い言葉をくれた国の人達に感謝。

    成りすましの偽国民の言葉に辟易。
    [ 2014/02/10 15:47 ] [ 編集 ]
  498. アメリカ人は先住民を飢えさせるためだけに、食べもしないバッファローを絶滅寸前まで狩り尽くしたような連中だということを考慮に入れなくてはならない。
    満洲から撤退しようがどうしようが、日本に石油など売るわけがない。そんな必要も理由もない。どのような難癖をつけてでも締め上げて、弱るのを待ってからおいしくいただけばいいだけだ。
    そんなことは少し言葉を交わせば肌で感じる。
    おりしも欧州では、同じく自前では資源を調達できないドイツが、ソビエトと英仏に挟まれて押し潰される運命に抗い、大暴れしている。
    ソ連の領土割譲要求を突っぱねて戦争になったフィンランドは、世界が瞠目する戦いぶりを見せた。結局当初の要求より多くの領土を取られたが、もし戦わずして領土を渡したら、次は独立を失っただろうことは明らかだ。
    そういう世界の中で、日本人は戦うことを選んだ。
    アメリカの新聞は真珠湾攻撃をインディアンの襲撃に擬え、
    マッカーサーの進駐を「ペリー提督の夢が叶った」と評した。
    特攻の記憶だけが、そんなアメリカに日本を完全に滅ぼすことを躊躇わせた。
    勝ち戦でこれ以上兵士を犠牲にすることはできなかった。
    そして今も、「日本人をあまり追い詰めるとヤバい」という深層意識となって、私たちを守っている。
    [ 2014/02/10 23:31 ] [ 編集 ]
  499. 作戦を指示したことを非人道的だと言うのは分かる
    けど日本のためを思って自ら犠牲になった人たちには敬意を払うのと同時に誇りに思う
    [ 2014/02/11 00:26 ] [ 編集 ]
  500. >> 498
    もしも話をしても仕方がないけど、
    アメリカとソ連が裏でつるんでる時代に、背中をガラ空きにするような、即時満州撤退はありえないよね。w
    日本は、中国との和平が終われば、中国だけでなくインドシナ駐留の日本軍も撤退させると、地べたを舐めるような土下座外交やったにも関わらず、アメリカから拒否られてんだもんな。
    もう、どうしようが、兵糧攻めする気マンマンだわな。
    [ 2014/02/11 00:45 ] [ 編集 ]
  501. びっくり
    いまだに日教組の戦後教育を妄信しているかのような教科書どおりの日本人?コメが結構多くて驚いたよw。どんな背景や状況下であったとしても自分を犠牲にしてでも国や家族を守ろうとした方々は英雄に決まっているだろ。
    [ 2014/02/11 04:18 ] [ 編集 ]
  502. 498
    500

    そのためにあれだけの被害を出したことが全肯定できるわけ?
    結局自分が今の平和な時代しか知らないから言えることだ
    そんなことだけのためにあれだけの被害をだした戦争を肯定するなら
    きっとこの先に起こるかもしれない戦争も仕方ないで済ますんだろうね
    戦争をした当人の話を聞いてみろ
    誰に聞いても二度とあんな戦争はしてはいけないし
    自分たちは全てにおいて甘かったと言っている
    戦争をしなければ独立できないのなら
    敗戦で武力すら失くした日本が独立できたのなぜだ
    ロシアと米国の利害が日本が敗戦するまでぶつからなかったのは
    それまで利権が接してなかったからだ
    満州を米国一国に譲っていればロシア中国米国とどれも自国の利益のためにぶつかることは明白
    それはその後の史実が証明している
    戦争するしかなかったというのは短絡的なだけ
    [ 2014/02/11 05:00 ] [ 編集 ]
  503. ※431
    短い文すら読めないのに脊髄反射のようにレスするのやめていただけないか、ホントに恥ずかしい。

    特攻隊の方々には哀悼感謝の念は禁じえない
    だけど若くまだ生きたかったであろう彼らに対して「名誉の死」なんて言葉で片付けられて嬉しいと思うのか?
    無駄死にとは書いたがこれを無駄死にとしないためにももうちょっと俺らが考えられることがあるんじゃないか?
    [ 2014/02/11 07:31 ] [ 編集 ]
  504. 神風特攻隊は悲劇
    安全な大本営の机から自国民を人と思わず消耗品として使い捨てた下劣な軍上層部の犠牲者だ
    また単純に兵法の観点から見ても、ただでさえ少ない兵力と軍備を無駄遣いした愚策中の愚策
    [ 2014/02/11 08:04 ] [ 編集 ]
  505. ※499
    それ戦時中の日本国民も思ってたよ、特攻隊の家族以外は。
    そうやってもてはやしたから特攻の犠牲者が次々産み出されたんだよ。

    ※501
    日教組関係ない、死ぬこと前提の作戦なんてあっていいことじゃない。
    自爆テロも英雄か?
    [ 2014/02/11 08:09 ] [ 編集 ]
  506. ※501
    草生やしながら偉そうな高説ありがとう。
    君は特攻を立案、命令した軍の糞上層部の子孫かな?
    おじいちゃんのやったことを否定されて激おこかな?
    [ 2014/02/11 08:11 ] [ 編集 ]
  507. 犠牲になった特攻隊員の方々には敬意を持っているが

    >>498>>499>>500>>501

    お前ら戦争経験者から直接話を聞いたことないんだな。身内に誰もいないんだろ、戦争行ったり疎開したり家族が栄養失調や病気で何人も死んだりって。

    所詮ネットのモニタごしに知った、ゲーム上のストーリーと同程度の感覚なんだろ。
    だから異なる意見を全部日教組の洗脳とレッテル貼りしたり誰かさんにすぐ入れあげたりするんだよな。
    [ 2014/02/11 08:21 ] [ 編集 ]
  508. ※502
    その考えはお花畑
    [ 2014/02/11 08:22 ] [ 編集 ]
  509. 日教組の教育に染まってたら
    特攻隊員のことを犠牲と言わず犯罪者呼ばわりするはずだけどな。
    [ 2014/02/11 08:23 ] [ 編集 ]
  510. 特攻隊には美化も侮蔑も要らない
    ただ御冥福を祈るのみ
    [ 2014/02/11 08:30 ] [ 編集 ]
  511. ※507
    身内に誰も戦争経験者がいない日本人を想定する時点であなたのほうがバーチャルリアリティに生きている。
    そしてあなたにとっては戦争で犠牲が出ることが最も悲惨なことであるようだが
    戦うこともできずに蹂躙された数多の国・民族の悲惨さや
    共産主義国内で展開された弾圧と虐殺は
    脳裏に浮かばないのだろうか。
    あなたは戦後に(戦った結果として)生まれた平和と繁栄が
    天与の物であるかのように勘違いしている。
    [ 2014/02/11 08:42 ] [ 編集 ]
  512. 508
    せめて論理的にまともな反論してね
    自分の自己紹介の場じゃないんだから
    [ 2014/02/11 09:30 ] [ 編集 ]
  513. >> 502
    馬鹿馬鹿しいな。
    その後の歴史を知ってるから言える事でしかない。
    しかも、朝鮮の延長線上にあるのは敗戦国日本の利権だ。
    条件が違っているのに、「歴史が証明している」とは笑わせるよ。
    ルーズベルトとその周辺、スターリンの関係を知らんのか?
    まず始めに互いの目標である日本を潰さずして、
    満州の利権争いで、アメリカとソ連が戦争に発展するとは思えないね。日本を手中に収めて、利権が発生して初めて言える事だ。
    仮に、満州から撤退したとして、次に要求されるのはインドシナだな。次に更なる日本の軍縮を命じられる。情報網を制限される。スパイを大量に送られる。技術の開示も求められる。石油値を法外に吊り上げられる。領土の拠点譲渡を命じられる。クグツ政権になる。以降、搾取され続ける植民地に成り果てる。
    こんな予想も立てられるんだが、なるはずが無いといえるか?w

    結局お前は、単に、戦争は悲惨だ、怖い!で思考停止しているだけ。
    それも、負けた歴史から学んでいるところが滑稽だよ。
    しかも、当時ではなく、現代の価値観を優先している。
    日本の戦いによって白人至上主義、人権が変節していった後のな。
    [ 2014/02/11 10:10 ] [ 編集 ]
  514. 513
    ルーズベルトとその周辺、スターリンの関係を知らんのか?(どや顔)
    それこそまさに後から見た歴史だろ
    しかもその後の対立にはなんら説明できてない

    そのあとの話も全てそう
    敗戦もせず武力を保持した状態でそうなるなら
    敗戦後に武力なしの日本を米国が自由にさせた理由が説明できないが?
    朝鮮で対立が始まるなら満州から対立が始まらないとなぜ決まる
    可能性の話をしているのだからいくつも仮定するのはおかしくもなんともない
    それとも結局ただ単に戦争は必要だったといいたいだけか?

    結局お前は過去の欧米は恐ろしい悪魔なんだ!で思考停止しているだけ
    それも日本には非はなかったという歴史から学んでいるから滑稽だよ
    しかも当時ではなく現代の価値観を優先している
    欧米に負けた悔しさを紛らわせたいだけでそれに立ち向かった日本は正しいと言いたいだけのな
    [ 2014/02/11 10:32 ] [ 編集 ]
  515. ※495

    スレも日々に流れゆくので遅くなったが、レスする。
    まずは共通理解基盤があることは喜ばしい。
    ※488ではこちらも過剰反応したらしいと今気づいたので、そこら辺を明らかにしてゆきたいと思う。
    まあ、今更なので、読んでおられないかもしれないが、とにかく意思疎通に齟齬をもたらしたのが小生の側に責任ありとなれば、言葉の過不足に補いをつける義務があると思ったので。

    ※469の問題当該箇所は
    > 東京裁判で本来は軍人ではなく、本来回避できたものを
    > あえて進行させた悪の官僚を血祭りにするべきであった
    とある。
    これの読み方に限り※473は難あり、というのが※488で本来主張すべきであったことで、そこを開口劈頭過剰に言い立ててしまった。それは※473が草を生やしていて小生が内心で(モマエコソモチツケ)などと思ってしまったからであった。申しわけない。

    さて、※488において小生はどう解釈していたかをできるだけ説明しておきたい。

    469にいう「血祭り」はあのリンチ裁判の結果としての死刑を踏まえての、妥当性のある比喩表現だと小生は解した。リンチといえば血飛沫がとぶ血祭りのイメージがあるからだ。。となれば、469にも473の解釈と同様に、東京裁判はまさにリンチ裁判であったと感じられているようだ。そのうえで情報戦における敗戦の真の有責者として「悪の官僚」を469は指弾したがっているものと小生は解した。いわば469の願望だ。

    となれば、※473は相手が自分と同じ認識をしているのに気づかず、無駄に嘲笑していたのではないか。
    これが※488において本来指摘すべき主眼であった。

    ……今さくっと書いてきたが中途で推敲し始めてしまい、なにか最後までいうべきことを書いてない気がするが、長文になってしまったのでここで止める。
    [ 2014/02/11 11:16 ] [ 編集 ]
  516.   
    侵略されるかされないか、そういった極限状況で命を差し出す事ができなかったポーランドは、ドイツに占領され、ソ連の属国になって独立まで長い年月がかかったんだな。
    [ 2014/02/11 13:39 ] [ 編集 ]
  517. 作戦としては、バンザイ突撃や玉砕同様に、いたずらに友軍の損害を増やし敵軍を結果的に利するだけの愚の骨頂としか思えんわ。
    しかし祖国や家族を想うその魂は、崇高で尊敬すべき存在だとも思うね。(その反面、命令だけしてのうのうと生きながらえた一部軍中堅~幹部は恥知らずな卑怯者で本当に許せん!)
    この方達の名誉を汚す反日分子、特に海外で誹謗中傷する中共帝国と小中華は根絶したい。
    [ 2014/02/11 14:43 ] [ 編集 ]
  518. 隊員はバカでも愚かでもない。
    ただ、命令に従って日本を家族を守るために散っていったのだ。
    憎むべきは負けることが予測できているのに、このような悲惨な作戦を企てた軍部にある。
    また、黄色い日本人を人間として見ず、ABCD包囲網で戦争に追い込んだ4カ国にもあると思う。
    [ 2014/02/11 15:10 ] [ 編集 ]
  519. 516

    まさか日本と比較してないよね?
    ポーランドと日本じゃ全く比較にならんだろ
    [ 2014/02/11 15:26 ] [ 編集 ]
  520. ※516
    ポーランドに失礼だろ
    ポーランド人が命を惜しんだみたいな言い方してんじゃねえよ
    地下組織で抵抗してたことも、それを日本が援助してたことも知らないのか
    [ 2014/02/11 15:32 ] [ 編集 ]
  521. 感謝
    お爺さん、有難う、そして安らかにお眠りください。家族を残して負け戦に出て行くことは誠に無念でしたでしょう。
    [ 2014/02/11 18:10 ] [ 編集 ]
  522. 神風の合言葉靖国で会おう
    [ 2014/02/11 18:46 ] [ 編集 ]
  523. >>514
    あのさぁ、ルーズベルトとスターリンの交友は戦前から知られている話なんだが?
    以前からのあからさまな日本外し恫喝、オレンジ計画以降の方針を突如変更して、日本を野放しにしたまま、満州の小銭稼ぎで米ソが戦争にまで発展するって考えか?ナチスとソ連が一緒に汁を吸いに行ってるような場で?
    それとも、日本に武装解除まで譲歩させて、事実上アメリカの植民地にした後の仮定なのか?
    米ソ軋轢の発端は、ルーズベルト不在、敗戦国日本の取り合いで起こったようなもんだぞ?朝鮮の延長は日本と言ったろ?

    それからな、俺の言葉を真似てブーメランにしたつもりらしいけど、無理があるぞ?
    当時の価値観で、欧米の傍若無人に我慢の限界が来たから、戦争が起こった。欧米に比べて日本がそんなに悪い事をしたか?
    当時の価値観を無視しているのはどちらだ?

    日本が間違っていたというのなら、お前の言う正しい道ってのは、植民地主義時代にハルノートを呑み、火種を放置して満州から即時撤退する事か?
    お前の言葉を借りれば、石油による恫喝が解決するとなぜいえる?

    >> 515
    う~ん、まあ、そういう解釈もあると思うけど、
    その後の同一人物らしき言葉を見るに、余りそうは思えないかな。
    でも共通認識があるってのは、良かったよ。
    それと、これからは、もう少しソフトな言葉を使うとするよ。w
    [ 2014/02/12 00:07 ] [ 編集 ]
  524. 特別攻撃部隊はそんな美しいものではないよ。
    ただ皆必死だった、パイロットも司令官も。
    ただ守りたかった、それだけなんだ。
    [ 2014/02/12 03:04 ] [ 編集 ]
  525. 人間いざとなったらどう動くかなんて自分でも分からないからな
    ひょっとしたらとんでもない臆病者かもしれないし
    自分や自分の家族や友人は実はいざとなったら特攻隊になるぐらいの意地を見せるかもしれない

    今は平和で奴隷制度や世界的な人種差別や奴隷型植民地も無ければ列強との本格的な対立や戦争も無いから恵まれてるな
    [ 2014/02/12 07:38 ] [ 編集 ]
  526. >>514
    お前ARA密約って知ってるか?
    日本は当時正当に満州を手に入れ国際法にそったやり方で満州国を独立させようとした
    ところが日本の影響力が増すのは気に食わないから国連と非加盟国のアメリカ、ソ連は密談し満州をアフリカのように山分けしようとした
    それが関東軍にバレて日本は国連を蹴ったんだぜ
    この時国連は日本に対して何もマトモな反論が出来ず大恥をかきイギリスとフランスの外交官は「これは西欧に対するアジアの勝利」と言った
    お前は不当に財産をよこせお前の利益を山分けさせろ
    娘をよこせって脅されたらどうする?
    警察に行くだろ?
    だが世界には警察はいない
    当時は今以上に自分の身は自分で守るのが国際社会だ
    そして起きるのが戦争だ
    仮に戦争その物が悪いとしても
    奪おうとした側の罪を守ろうとした側の罪になすりつける事はできない
    これはパール判事も指摘した法の正義というやつだ
    [ 2014/02/12 07:54 ] [ 編集 ]
  527. 資源をアメリカに止められて突入してしまった戦争なのに
    人的資源はあまり重要視されていなかったように思える
    あの戦争について思うことはたくさんあるが一番大きなのが
    「もったいねえな」なんだよな
    無能が上に立つと今まで積み上げてきたもの全部土台から崩しちまう
    [ 2014/02/12 11:52 ] [ 編集 ]
  528. 526
    それ証明できるの?
    できなきゃただの陰謀論でしかないだろ
    陰謀論をなんの根拠にできるわけ?
    フランス外交官のただの言葉で嬉しがっててどうすんの?
    実際には常任理事国という特権を捨てる結果になり
    しかも脱退までしてもらいたくないとして
    かなりの譲歩を持ってきた交渉を蹴ったのはあくまで日本だろ
    自分で自分の首を絞めただけ
    自国を有利に守ろうとするならなおさら
    利益よりはるかに不利益を受けた脱退を肯定などできんわ
    当時それを喜んだ無知な国民と同じだろ
    [ 2014/02/12 12:45 ] [ 編集 ]
  529. 523
    交友が知られてるからなんだよ
    それを知っておきながら手も足もだせなかった日本の無能をいいたいの?
    満州が小銭ならなおさらそんなものにしがみついてないでさっさと譲れよ
    ルーズベルト一人の野望で説明したいようだけど
    ルーズベルトだけの意向で世論無視して何もかも動くかよ
    だからこそ先制攻撃するように仕向けられたんだろ
    日本はまぬけにもそれにまんまと乗ったわけだ
    アメリカをよく知るものは皆戦争に勝てる可能性は0と反対していたにもかかわらず
    アメリカをよく知らない陸軍や国民を抑える能力もなく無能極まりない結果を引き起こしたわけだ

    日本が欧米が悪い悪くないなどというのは単なる大義論でしかない
    そんな建前は現実の国益の前には関係ない
    負ける戦争をすることに勝る愚かで悪いことがあるか

    戦争で受けた物理的精神的被害に比べれば
    大陸の利権を米国に全て明け渡し
    勝てない戦は絶対にしないことに勝ることはない
    スターリンがソ連の国益より何よりルーズベルトとの交友を優先するとでも?
    満州が米国の手に渡りソ連にとって米国と広範囲に領土を接するほど邪魔なものはない
    ソ連やシナと対立するのは明白だろ
    日本はそれまで耐える以外にない
    あんな戦争よりよっぽどマシだ

    どちらにせよあんな無謀で無計画で無能な戦争を必要だったなどと言えるか
    [ 2014/02/12 13:12 ] [ 編集 ]
  530. ARA密約は文書もしっかり押収されておさえられてるし発端がアメリカ、イギリス、中国の9カ国条約無視なのも紛れもない事実ですが?

    いつまでそうやって事実と証拠から逃げ回る気だ?
    [ 2014/02/12 13:31 ] [ 編集 ]
  531. 530
    逃げてるのは日本だろ
    じゃあなんでそれが表にでてないの?
    なんでそれが広まらないの?
    ん?
    言ってみろよ
    当時明白だったのに外交に使うこともできなかった日本の無能をいうなら分かるけど
    いつまで薄弱なものに頼って自分を慰めてる気だ?
    [ 2014/02/12 13:34 ] [ 編集 ]
  532. 日清戦争の三国干渉で日本からはいくらでも横取りしていいと味をしめて
    満州横取りする事に必死になって共産主義と手まで組んで出し抜かれた無能のマヌケがアメリカだろうがバーカ
    [ 2014/02/12 13:51 ] [ 編集 ]
  533. >なんで広まらないの?

    日本、特にマスコミがアメリカの犬だから
    つい最近まで戦前の朝鮮王族が赤坂プリンスホテルで保護されて住んでいたという極めて重要な初歩的な事実さえ日本悪者史観には都合が悪いので一度も報道した事がない

    そしてお前みたいなアホが事実を事実と認めずもくさつするから

    そしてこれが最大の理由
    プレスコードの中で出世できたのはお前みたいなヤツだけだから
    [ 2014/02/12 14:00 ] [ 編集 ]
  534. プレスコードも知らないの?
    戦後アメリカは著作物から一般の手紙まで徹底的に選別し従わない人間は悉くクビにして追い出した
    最後まで拒んだやまと新聞に至っては議事堂内に閉じ込められ外部への出版を禁じられた
    プレスコードの内容(これでもごく一部)
    戦前に列強が行った政策への批判
    中国、ソ連、朝鮮の批判
    満州の人々の扱いに対する言及
    米兵と日本女性との間に起きたあらゆる交渉への言及
    アジア主義、大東亜共栄圏への言及
    原爆や空襲に対する批判
    これら全て禁止
    正しい事したならなんで隠す必要があるのかな?プレスコードは文書も公開された紛れもない事実
    でも知ってる人は少ないですね(笑)
    [ 2014/02/12 14:18 ] [ 編集 ]
  535. 532
    そのアメリカに負けた日本はさらにまぬけの極みだろバーカw
    [ 2014/02/12 14:23 ] [ 編集 ]
  536. 533
    ようするに負け惜しみか
    現実では何もできないからネットで叫んでるわけね
    [ 2014/02/12 14:24 ] [ 編集 ]
  537. アメリカが力だけが取り柄のゴリラってだけだろーがバーカw
    ゴリラとケンカして勝てないからってゴリラより劣ってると認める人間がどこにいるw
    [ 2014/02/12 14:25 ] [ 編集 ]
  538. 534
    正しいと思ってるならなぜ独立後に言わなかったのかな?w
    そして今ではネットで叫ぶしかないというw
    情けないな
    負ける戦争などした結果がこれか
    [ 2014/02/12 14:26 ] [ 編集 ]
  539. 「マスコミも報道しない僕ちんの知らない事実は事実と認めません。ノーカウントです」
    こっちの方がよっぽど負け惜しみだな
    [ 2014/02/12 14:27 ] [ 編集 ]
  540. 537
    よくわかってんじゃんw
    そのゴリラに馬鹿なけんかしかけてぼこぼこにされたのが日本じゃんバーカwww
    そりゃ認めたくないよなw
    馬鹿なゴリラよりも馬鹿で弱いなんてw
    [ 2014/02/12 14:28 ] [ 編集 ]
  541. 539
    はあ?w
    現実では認められないけど本当は自分には才能あるんでちゅって?w
    負け犬の遠吠えはどちらだよw
    現実に負けてるやつが負け犬なのもわからないの?
    [ 2014/02/12 14:29 ] [ 編集 ]
  542. だから証拠から逃げんなってw

    マスゴミが言わなかったら嘘に決まってるとかバカか(笑)
    [ 2014/02/12 14:31 ] [ 編集 ]
  543. ネットでしか言えないから負けてる~

    いやいやそういう話じゃないから

    事実は事実
    嘘は嘘
    [ 2014/02/12 14:32 ] [ 編集 ]
  544. 542
    で?
    その証拠が何の役に立ってんの?
    お前みたいな負け犬をネットの中だけで慰めてくれるだけ?
    現実ではなんの力にもなれずに?
    それはそれは素晴らしいですねww   馬鹿乙
    [ 2014/02/12 14:33 ] [ 編集 ]
  545. 543
    事実は事実?
    馬鹿か
    現実で主張もできずに認められなきゃ消えるだけだわ
    その事実でなんか現実変えられた?
    ん?
    それでなんか変えられるの?
    ん?
    そんな無力なものに頼って叫ぶしかできないから
    いつまでも日本はやられたい放題なんだよ馬鹿
    無力な正義がなんの役に立つ
    ガキの妄想は一人でしてろ
    [ 2014/02/12 14:37 ] [ 編集 ]
  546. インディアンの歴史になるとアメリカ擁護できない奴が日本を叩く意味が分からんな
    アメリカがやってきた事なんて何時でも似たり寄ったりだろ

    「うわ!あれ美味しそう!何?お前が先客か?ならシネ」
    以上
    [ 2014/02/12 14:43 ] [ 編集 ]
  547. 546
    いきなり誰に言ってんのか
    意味が分からないから無視します
    誰に言ってるんでもないならこれ無視して
    以上
    [ 2014/02/12 14:46 ] [ 編集 ]
  548. 長いだけで中身の無い負け惜しみが続いてるな
    [ 2014/02/12 14:58 ] [ 編集 ]
  549. 548
    だな^^
    現実には力のないこと叫ぶばかり
    情けない
    [ 2014/02/12 15:04 ] [ 編集 ]
  550. 満州権益が戦争を生んだと言うなら
    満州権益を生んだのは日露戦争
    日露戦争を生んだのはロシアの南下侵略とペリーの不平等条約

    やっぱ元凶は米ロの強欲主義じゃん
    [ 2014/02/12 19:25 ] [ 編集 ]
  551. >> 529
    交友ってのは、米ソが満州狙ってコソコソやってた事含めてなんだけど、その経緯は知ってると思ってたんでな。
    単に、なかよしだからけんかしないという意味では無いよ?w
    小銭といったのは、地政学的にも国によって重要度が違うよね?
    アメリカにとってという意味で言ってるんだけど、分かってて引っ込みがつかなくなってるんだよね?
    だが悪いけど、俺には満州を即時明け渡しても、米ソが戦争になったとは思えないわ。
    折れた事を良いことに、あーだこーだ石油輸出解禁を引き伸ばせるだけ引き伸ばし、法外な値、量を限定等して、事実上日本軍の戦力を削ぎ、機能不全にする事を優先すると思うね。
    そしたら、ようやく、ソ連が南下してくるかもね。w

    とりあえずさ、講和に持ち込める見込みも少なかった事も含めて、負け戦に突入した事が許せないだけ、なんだろ?
    では次は、付入る隙を与えない。戦争になっても絶対負けない。そんな国作りをするしかないよね?
    お前の主張を見るに、その辺りを考えてるのかは知らんが。
    [ 2014/02/12 21:08 ] [ 編集 ]
  552. 知覧の記念館に行けば分かるよ 本当に魂が震える 
    [ 2014/02/12 21:50 ] [ 編集 ]
  553. ※502
    平和な時代しか知らないから言えること、という台詞はそっくりそのままお返しする。
    戦わずとも身の安全は保障されているという根拠のない前提はどこから出ていると思うのか。
    先人が命を積み上げて築いた安全圏の中にいるから、「それだけのこと」などと言えるのだ。
    あの時代、一国の独立と尊厳を保つために「あれだけの被害」を出さずに済んだ国が何処にあるのか、あるなら具体例を教えてほしい。

    米ソが仲違いしたのはドイツ占領の後だ。
    それぐらい近くに寄らなければわからなかったのだ。バカだから。
    敗けた日本が早めに独立できたのは、朝鮮戦争を戦ったアメリカが、日本の立場を理解したから。
    そしてアメリカが日本を守る羽目になったのは、冷戦下で日本がソ連に取り込まれて原爆の復讐をされることを恐れたからだ。
    なおかつ日本がアメリカの戦争に駆り出されずに経済活動に専念できたのは、大戦での日本兵の戦いぶりが脳裏に焼き付いたアメリカ人が、たとえ味方であっても二度と戦場で会いたくないと思ったが故だ。

    戦わなければ敵が勝手に潰しあって自分に被害は出ないなんて、短絡的ですらない。そういうのは非現実的と言う。一言でいうと「お花畑」だ。
    [ 2014/02/12 22:12 ] [ 編集 ]
  554. ※553
    横だが、お前の意見こそ殆どソース無しの妄想じゃね?
    >敗けた日本が早めに独立できたのは、朝鮮戦争を戦ったアメリカが、日本の立場を理解したから。
    そしてアメリカが日本を守る羽目になったのは、冷戦下で日本がソ連に取り込まれて原爆の復讐をされることを恐れたからだ。
    なおかつ日本がアメリカの戦争に駆り出されずに経済活動に専念できたのは、大戦での日本兵の戦いぶりが脳裏に焼き付いたアメリカ人が、たとえ味方であっても二度と戦場で会いたくないと思ったが故だ。
    [ 2014/02/12 23:03 ] [ 編集 ]
  555. こういう神風に参加した人たちがもっと訓練や戦闘経験を積んで、作戦もパイロットの安全を重視していたら戦争の結果もきっと変わっていたんだろうな・・・
    「真珠湾攻撃作戦の頃の一航戦のパイロットはニュータイプ並みの錬度で、ミッドウェーでその優秀な人たちを失った」とよく聞くし
    [ 2014/02/13 04:00 ] [ 編集 ]
  556. 戦争に負けたから神風が無駄だったなんて思わない。
    神風は外に向けては、「日本人は、やるときはやる民族だ」というのを、示し、
    中に向けては「こんな思いをして日本を守ってくれた人がいる。バカなことはできない」とおもわせてくれる。
    [ 2014/02/13 06:59 ] [ 編集 ]
  557. 551
    何言ってるの?馬鹿か?自国の利益についてなんだから同じことだろ
    仲良しとかそうでないとか言い方なんかどうでもいいわw

    米国にとって満州が重要でない?馬鹿の極みだろ
    地政学的とか言っとけば賢いつもりか知らんけど
    それならなおさら満州の重要性に米国が気づけなかったならただの馬鹿だし
    実際にはそんなわけがない
    俺やお前や希望的観測しかできなかった無能な日本上層部と一緒にすんなよw
    当時の時点で戦術においてなら個別で米国を苦しませた優秀な日本人もいたが
    戦略においては人もシステムも米国とは比べ物にならない無能さだろ

    即ソ連と米国が戦争するなど誰が言った
    そんなわけがあるか
    そして対立するだけで日本にとっては十分
    日本を追い込むから何?
    お前はそれをただボーッと見てるだけのつもりなの?
    米国が参戦するためには日本から明確で直接的な攻撃が
    必要だったということは
    裏を返せば米国国民の世論次第だったということだ
    米国国民に対して積極的に訴えればいい
    それを実際にやったのが蒋介石だ
    結果どうなったかは言わなくても分かるわな

    負けるとはっきり分かってる戦争は許せんよ
    当たり前だろw馬鹿か
    戦う前から勝てる根拠がなければいけないのに
    それが少しでもあるどころか負けると分かってる戦をわざとするのはただの博打狂いの馬鹿だろ
    それが分かってるなら何がいいたいの?
    結局お前は過去の過ちを直視できてないだけか?

    ついでだからいうけど
    ルーズベルトやスターリンの思惑が主な原因にしてるが
    それならなおさら負ける戦争は決してしてはならなかっただろ
    ルーズベルトが敗戦前に死んだのは偶然でしかない
    生きてたらどうしたの?
    お前がそういうほどのやつならひどいことになったんじゃないの?
    今の日本があるのは運が良かっただけじゃねえか
    それこそ博打以外のなんなんだ?
    負ける戦争は肯定などできないんだよ
    [ 2014/02/13 13:19 ] [ 編集 ]
  558. 553
    戦わなければ安全が保証されないってどこに住んでんの?
    どこの密林でサバイバルしてんの?w
    戦わないための軍事力だろ
    戦うためにあるんじゃねえよ

    先人が命をかけたからこそ
    命をかけてないお前は簡単に戦争を言えるのだ
    それは命を軽んじていることに他ならない
    あれだけの被害にあった先人たちも皆生きていたかったとも想像できんのか
    あれだけの被害を出す必要がどこにあったのか
    運良く今日本が豊かだから言えるだけで
    あのまま敗戦国として植民地や属国になっていたらどうなる
    負けると決まってる戦争がいい結果になると思えるならそれこそ今の日本に生きるから言えることだ

    日本の立場を理解した
    原爆の復讐を恐れた
    二度と戦場で会いたくない

    お前のほうがお花畑だ馬鹿が

    戦わない=日和見ってどんな短絡思考だ
    どこまで無能なんだよw
    さすがにそんなのは旧日本でもよっぽどの無能だろ

    お前のは何の反論にもなっていない
    あの戦争が必要だった要素が何もない
    何も考えずに戦争が必要だったと思ってる奴はまた繰り返す
    [ 2014/02/13 13:37 ] [ 編集 ]
  559. 半島出身の方々の親族は南下してくるT-34に自らの体に爆弾まいて
    突っ込んだのかね?
    それしなくて人の国に無断で亡命してきてるんだよな。
    そういう卑劣な性根だからコメントも卑しいしさ。
    とっとと生まれた国に帰んなよ。
    こんどまた戦車が南下してくるだろうからさ、そのときは自分達で守んなよ。
    わかったかい?^^
    [ 2014/02/13 20:00 ] [ 編集 ]
  560. ※559
    誰に言ってるの????
    まとも反論できないから
    誰にともなく発狂してるの????
    そういう卑劣な性根だからコメントも卑しくなるんだよ
    [ 2014/02/13 20:03 ] [ 編集 ]
  561. 落ちつけよ、掲示板戦士の諸君。

    こんなごく少数の者しか見ないBBS如きで熱くなる前に、※331とか※376とか※424とか※452とかの言葉にもっと耳を傾けるべきだろう。
    自分の職責を100%果たすために勉強したり、今現在社会で問題となっていて多くの人数での批判が必要なところへ助勢したり、我々にはもっとすべきことがあるだろう。
    [ 2014/02/13 20:03 ] [ 編集 ]
  562. ※561
    おまえもなーすぎてわろたwww
    [ 2014/02/13 20:04 ] [ 編集 ]
  563. まだいくつかの誤解があるようだな。
    開戦や終戦の実質的決定権は内閣にあり、全員一致が慣例。海軍だけ、或いは陸軍だけが勝手に終戦を決定することは出来ない。陸海軍もその内部に徹底好戦派がおり、仮に内閣がポツダム宣言を受諾しても反乱が起きた筈。それゆえ明治憲法に違反して陛下に御聖断を仰いだ。
     しかしその非常時の措置に至るまでの間は、陸海軍の作戦としては特攻作戦と本土決戦しかなかった。最新鋭機は基本的に本土決戦用に地下壕などに隠されており、これに航空機搭乗員の経験不足などが加わり、通常の攻撃機がアメリカ艦船に接近する可能性は1割以下になっていた。通常攻撃の方がむしろ戦死者が圧倒的に多かったのである。誰も好き好んで特攻に志願したのではない。また特攻の戦果については、物質的打撃よりも精神的打撃の方が大きかった。米軍の中には恐怖のあまり発狂するものが多く、そうでないものも多少は理性を失っていた。米軍が日本本土上陸作戦を秋以降に延期した主な原因も、予想される大規模な空と海、陸からの特攻作戦だった。
    [ 2014/02/13 20:13 ] [ 編集 ]
  564. >560
    「半島出身の方々」って書いてあるよ?
    字読めない方ですか あ~ そうでしたか。
    [ 2014/02/13 20:18 ] [ 編集 ]
  565. 外国人は特攻隊のことが理解出来なくて恐れている。
    日本人は国を守るためになら自分を犠牲にする。
    そう思わせることが神風の目的。
    あれで戦況が打開出来ないことは皆分かってた。
    敗戦後、日本人が皆殺しにされなかったのはそのおかげ。


    [ 2014/02/13 20:19 ] [ 編集 ]
  566. アジア諸国の植民地支配からの解放か・・
    結構大きい事を成してたのにね
    それでも日本にの味方が殆どいなかったんだな
    間近で見た当時の植民地支配はどんなものだったんだろうね
    戦争で負けたらこうなってしまうと思わせる位に凄惨だったのかな
    [ 2014/02/13 20:48 ] [ 編集 ]
  567. 元日本海軍の大臣や参謀どもが馬鹿げている
    けど神風特攻隊の方々には敬意を払います
    [ 2014/02/13 20:48 ] [ 編集 ]
  568. ※564
    だから誰?
    どのコメントに言ってんの?
    匿名のネットでそういうレッテル張りする人間は馬鹿さらしてることに気づけよ
    自分はまともな反論できませんと言ってるようなもんだ
    [ 2014/02/13 21:10 ] [ 編集 ]
  569. ※565
    あまりに勉強不足すぎだよお前
    戦争で亡くなった人数も全人口と比べたら
    とても皆殺しなんて馬鹿げたこと言えないわ
    神風で守られたなんて思ってるなら
    元寇が神風で守られたと言うよりもさらに馬鹿
    [ 2014/02/13 21:14 ] [ 編集 ]
  570. ≫563

    だからって特攻が許されていいとは思わないけどね
    普通の作戦と決定的に違うのは完全なる死を求める命令だったこと
    爆弾を命中させれる自信があるという人にも決して生還を許さなかった
    人が人に命じれる範囲を超えてるよ
    特攻に出た方はまさに英雄だけど命じた人間は野蛮と言われても仕方ない
    特攻で亡くなった方を誇りに思うことも偲ぶのもいいけど
    特攻が良かったなんて口が裂けても言えない
    それは特攻に行った方たちの想いを全く理解してないよ
    [ 2014/02/13 21:31 ] [ 編集 ]
  571. ※570
    特攻に行かされたのでしょうか行ったのでしょうか
    特攻に行った(?)方たちの想いとはどんな思いだったのですか?
    [ 2014/02/13 21:51 ] [ 編集 ]
  572. >568
    じゃあ<13>のところに対してで。
    これでいいかい?
    [ 2014/02/13 22:23 ] [ 編集 ]
  573. 神風特攻隊として散っていった兵士たちは神だと思う。
    彼らのことは日本の誇りとして心から尊敬している。

    作戦を立てた幹部は、日本の歴史の汚点だ。
    無能が思いつきで考えた作戦のせいで何人もの優秀な人材が亡くなった。
    こいつらは靖国神社に祀るべきではない。
    [ 2014/02/13 23:00 ] [ 編集 ]
  574. ≫571

    特攻が作戦となったら志願した人もいたし
    上から行ってくれと言われて断れずに行った人もいる
    特攻に行った人たちに
    特攻に行って良かったですねっていえる?
    特攻は良かったですねっていえる?
    特攻に行った人達は特攻を繰り返すことを望んでるかな?
    あくまで爆弾は投下できるようにして、たった一言運よく生き延びれたら帰ってこいと言えるなら救いがあったね
    実際は違った
    しねずに帰ってきた人は喜ばれるどころか、周りから白い目を向けられたり、監禁状態で他の人に見つからないようにしたり
    監禁は周りの目から当人を守るためでもあったとも言えなくもないけど、好意的に見ればね
    特攻って本当に必要だった?
    10代、20代のこれからの日本を支える人達を特攻させて
    日本のためもないんじゃない?


    [ 2014/02/13 23:05 ] [ 編集 ]
  575. ※572
    おk
    と言っていいのか分からんけど
    申し訳ない
    最近反論できなくなると
    証拠もなくそう言う幼稚な人間が多いんだよ


    [ 2014/02/13 23:24 ] [ 編集 ]
  576. ※574
    そうだよな彼らは無駄な行為をやって
    イヌジニさせられた可哀想な人たちなんだよな
    お前の言う様にもっと同情してあげないとな
    戦争に負けたのに日本という国が割とまともに残ったから
    余計にイヌジニもいいとこだよ
    [ 2014/02/14 00:12 ] [ 編集 ]
  577. >> 557
    いつまでやっとるんだ。w
    まあ、落ち着こうぜ?
    自分で希望的観測をしていると自覚しているのならそれで良いよ。

    ちなみに蒋介石の例だが、蒋介石は対日目的で利用されただけだ。
    米主導の対日姿勢、その土地の人間という事で米ソに担がれたんだよ。比較にならないよ。
    アメリカは、日露戦争勝利で日本が築いた満州権益を奪い、中国進出の足がかりにしようとしただけ。
    地政学的にw日本とアメリカとでは重要度が違いすぎるの。
    いつでもどうぞと北海道をインフラごとくれてやるようなもんだ。
    日本に立場が近いのがソ連、中国だね。だからスターリンとか蒋介石とかが出てくる。
    そこへアメリカが付け込んでコソコソ謀略を企てたわけだ。
    日本の影響力を無くすためにな。
    アメリカは、まずは仮想敵国の力を削ぐ事が目的だ。
    だから長い時間を掛けて画策してきた。対日包囲網ができた時点で詰んでる。
    満州撤退要求はどう転ぼうがアメリカの利になる手段にすぎないわけだ。

    さて、ここから、日本がハルノートを飲み、
    内戦も起こらず、仮に、米ソが満州で対立したとして、
    対立程度で今更日本がアメリカに何を訴えかけたところで、アメリカ世論が変るとは思えないなぁ。
    遠いアジアの一角で起こってる対立だ。
    白人至上主義が無いとしても、変るとしても、かなり時間を要するだろうね。
    可能性があるとしたら、日本不在の中、ドイツがアメリカに宣戦布告をしたらかな?
    それか、ルーズベルトが居なくなって、アメリカがドイツに宣戦布告するか。
    三国同盟を裏切る事で、石油の限定輸入ぐらいは復活するかもしれないね。
    事実上、裏切りのサルとなってしまうのは避けられないわけだけども。w
    戦わずして従属を選んだ裏切り民族かぁ・・・。どこかの国みたいで嫌だなぁ。w
    まあ、でもそうなると、ソ連、中国が攻めてくるかな。
    アメリカが日本を独占するのはマズイからね。
    地政学的にw遠征日本軍とアメリカは間に合わないだろうなぁ。
    その他列強はドイツが片付いた後、参戦するかな?
    アメリカは敗戦したドイツ、弱体化した日本を守るはめになって、
    ようやく資本主義対共産主義という大儀名分が浸透するのかもな。
    まあ、日本分割統治に落ち着くのかな?
    まさに神のみぞ知るって感じか?不毛な妄想だよなぁ。w
    [ 2014/02/14 00:13 ] [ 編集 ]
  578.  
    お国のためと言うよりは鬼畜米英の間の手から家族や友達を救うためだったんじゃないだろうか。
    敵として教え込まれただけでなく、捕虜になったら何をされるかわからないと言う恐怖があったんではないかな?
    中国での通州事件などによって人種的には一緒の中国人ですらあんな残酷ことするんだから、見たこともない欧米人はまさに恐怖の対象になってたんじゃ。
    その恐怖がサイパンで一般日本国民を自殺に追い込んだ原因じゃなかろうか。
    [ 2014/02/14 12:22 ] [ 編集 ]
  579. 実際敵に突っ込んだりする時に、「天皇万歳」と言いながら
    特攻する奴はいないんだと。みんな「お母さん」と呟いて
    死んでいった、とどっかで読んだなあ
    やりきれないわ
    [ 2014/02/14 13:37 ] [ 編集 ]
  580. 今の日本を見てるとこんな男たちがいたなんて信じられないな
    [ 2014/02/14 14:39 ] [ 編集 ]
  581. 577
    お前じゃん同じこと繰り返してんのは
    それで余裕あるふりしてるのが余計みえみえ

    そんなことはいいとして
    お前の言うことも結局憶測ばかりじゃん
    証拠立てて言えることじゃない
    お前の理屈じゃ日本はただ運が良かっただけだろ
    運にまかせてやぶれかぶれで戦争に踏み切るのが最善?
    負ける戦争せずにすませることを考えられないでどうするの?
    反省できないやつはまた同じこと繰り返すだけ
    誇りのため?アジアのため?国のため?
    馬鹿も休み休み言えよ
    お前の理屈じゃ日本が敗戦した時点でどうなってもおかしくなかっただろ
    国が滅ばずに皇室が滅ばずにすんだのはただの偶然じゃねえか
    そんな戦争に至った道筋含めて考えずに
    そこまで追い込まれた自分たちの無能さを反省もせずに
    欧米の欲の結果だのあれ以外無かっただの言うなら
    朝鮮が日本に併合されたことは日本の欲のせいで当時の朝鮮の無力や無能さのせいじゃないと言うようなものだ
    戦争するしか無いところまで追い詰められた事も含めて日本の無力の証明だろ
    いつまで無力の正義にすがってんだ
    [ 2014/02/14 14:50 ] [ 編集 ]
  582. 家族や友人が虫けらのようにころされるくらいなら
    平凡な幸せを擲っても
    敵と刺し違えるのが男じゃないのか?
    世界では違うのか?
    今の日本の男だって、その時になればガラリと変わる。
    [ 2014/02/14 17:28 ] [ 編集 ]
  583. 今の感覚でどうこう言うな
    あの流れは必然だった
    その中でみんな全力で事に対処したんだ
    その流れの後に今があるんだから感謝すればいいんだ

    あの列強植民地時代に一石を投じた日本につべこべ言うな!特亜人
    できもしなかったくせに今になってガタガタ言うな
    やれるならやってみろ 他人の影で生きてきたくせに 
    [ 2014/02/14 17:33 ] [ 編集 ]
  584. ※581
    いいかげん
    日本とは違って
    おとなしく植民地支配されていった周りの国々は頭が良い
    とか言うのはやめたほうがいい
    そんな時代だったんだとしか言い様がない
    [ 2014/02/14 20:24 ] [ 編集 ]
  585. ※578
    だよね
    完全に民間人を巻き込む様な作戦を立てる奴らだからね
    教えが云々以前にその考えであってるよ
    当時の方々はよく分かっていらっしゃったとしか
    [ 2014/02/14 20:32 ] [ 編集 ]
  586. 戦争ほど悲惨な事は無い。勝者も敗者も
    その国の指導層は、基地外です。指導層自ら前線に赴くべき、そうなれば戦争は起こらない。失くして良い命などは、無いはずです。
    。そのことを踏まえて、特攻隊の勇姿に、唯々頭が下がる思いです。
    恐怖心の浅い深いは、個々にあった事、守る者、待つ者が居たのだから。雑念を吹っ切り一念を定め出撃の特攻隊員達 、彼らは国の平和と愛する者達の幸福の為、命懸けだったのです。
    [ 2014/02/14 20:55 ] [ 編集 ]
  587. 金品接収をし踏み絵やらせて反戦論唱えた人達を非国民呼ばわりしてボッコボコにしてる様な国が「アジア解放のために戦った」と
    本気で信じてる人たちに目眩がしますわ
    [ 2014/02/14 20:59 ] [ 編集 ]
  588. その英霊を祭るために靖国があるんだってことをきちんと世界に説明すべき。この動画の最後に、「今彼らの英霊は靖国で日本の平和を見守っています」とテロップを入れてくださいって、誰か頼んでくれよ。
    [ 2014/02/14 21:12 ] [ 編集 ]
  589. ※587
    そうだよなアジア解放なんて大げさで
    アジアの何処の国すらも解放出来ない無能集団だったくせにな
    [ 2014/02/14 21:14 ] [ 編集 ]
  590. 結果的にはアジア解放されたし、日本人って不気味だからインディアンみたいに絶滅させられなかったじゃん。やっぱり彼らの努力は無駄じゃなかった。
    それにどうせ死ぬなら相手に壊滅的打撃を与えて死にたいとふつう思うだろ。選択肢がなければ。アメリカ映画見てもヒーローは最後特攻だし。
    [ 2014/02/14 21:59 ] [ 編集 ]
  591. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2014/02/14 23:11 ] [ 編集 ]
  592. ※589
    別に俺を外国人扱いしてお前のちっぽけな自尊心が満たされるならかまわねーよw
    ただな、アジア解放なんてのはアメの言う「原爆落としたからこそ日本を『救った』」ってのと一緒なんだよ
    外国人が「日本が解放してくれた」って言う場合は誇って良いだろうが、何も成し遂げてないお前らが誇るのが苦笑いって話
    [ 2014/02/14 23:13 ] [ 編集 ]
  593. 当時の人達は死にもの狂いだったと思われる
    今の感覚で彼らは狂信的だなどといってはいけない
    生きて辱めを受けず
    女性もゼロ戦に同乗し、ソ連戦車隊に特攻していったという逸話もある
    [ 2014/02/14 23:17 ] [ 編集 ]
  594. ※592
    そのとおりだな
    何も成し遂げてない日本の無能集団の子孫である日本人が
    ここでピーピーと戦争云々を妄想で語るのが苦笑いって話だよな
    それ凄くわかるわ
    [ 2014/02/14 23:34 ] [ 編集 ]
  595. 「国が貴方の為に何をしてくれるかでは無く、貴方が国の為に何が出来るかを問おうではありませんか」と言った大統領がいました。
    一方で海豚に人権を説く大使もいます。

    映画「Kingdom of Heaven」でも同様の事が説われていました。
    国王軍の無謀な開戦と全滅、その後の聖地を奪還する侵攻軍。
    城壁に迫られる直前の主人公の演説、何故聖地では無く城壁の内側に居る人々を守らなければ為らないのか?
    騎士が殆ど居ない状況で武器を持てる人々が武器を手に立ち上がったのか。

    時代や人や国が違っても根本の部分は然程変わらないと思う。
    [ 2014/02/14 23:45 ] [ 編集 ]
  596. 592、チョンかシナか?
    偉大な特攻隊がいたから、今の自分が生きている。
    たかが、終戦60年位で日本の祖国を守る気持ちは変わると思うか?

    大和民族の血は、変わっていない。困難があればあるほど団結力が生まれてくるのが日本人だ。
    いくら情報操作しても、小学生以降ならチョンやシナの政府の声は毎日聞いている。

    テレビの視聴率低下や新聞の売り上げ大幅低下がその答えだ。

    今騙されているのは、年寄りだけ。

    安倍首相が、人気があるのは理由があるんだよ。早く慰安婦問題を国際裁判に提訴しろ、韓国。君たちがやらなければ、日本から提訴する。
    世界ではっきり、させようぜ。
    [ 2014/02/15 00:12 ] [ 編集 ]
  597. ※596
    クッソワロタ
    >韓国。君たちがやらなければ、日本から 提訴する。 世界ではっきり、させようぜ。

    お前らってホントに外人コンプ激しいな。
    「日本を悪く言う奴はチョンかシナしかいないんだい!日本はそれ以外の国みんなに愛されてるんだい!」ってか?
    新聞だろうが不買だろうが、慰安婦問題云々でも好きにしろよw
    突っ込まれてるのはそんなところじゃないと気付けないから阿呆なままなんだよw
    [ 2014/02/15 00:35 ] [ 編集 ]
  598. 「志願者は一歩前へ!!」
    そういう事だろ。

    前から順に死んでいるのに、自分だけその場に留まる
    わけにはいかない。
    前に死んだ人間は、自分を救うために命を捨ててくれたのだから。

    ”必死”を覚悟して片道燃料で出撃する。
    それをした勇気?には驚嘆するが、
    そんな異常なことが国によって作戦として実行されたことは厳しく批難されるべきだと思う。

    犠牲者には深く同情するが、決して祭り上げてはいけないと思う。

    [ 2014/02/15 00:42 ] [ 編集 ]
  599. ※598
    誰から批難されるべきだと思う?
    [ 2014/02/15 00:52 ] [ 編集 ]
  600. 作戦自体は糞見たいなもんだったけどね・・

    ウクライナはわかってないな
    この頃はもう優秀なパイロットなんて居ないんだよ・・・
    [ 2014/02/15 14:16 ] [ 編集 ]
  601. 今に日本国人は、その侍精神を取り戻しつつある。
    [ 2014/02/15 19:39 ] [ 編集 ]
  602. 非難もクソもない。
    自分や家族を守る親父を尊敬する気持ちと何も変わらない。

    バカげてると言うが、彼らだってバカげた作戦だって理解してるさ。
    それでも国の為、家族の為と命を懸けて実行した彼らは間違いなく日本人にとって英雄だよ。

    [ 2014/02/15 19:52 ] [ 編集 ]
  603. もうこんな事無いように。。。
    [ 2014/02/15 20:20 ] [ 編集 ]
  604. 四月十六日 第五回神雷櫻花攻撃
    中尉 宮下○○(長野)父

     当人は言いました。私どもが死なければ、この國を救うことができないから…と。又君に忠、即ち親にも孝となると申して行きましたが、今になれば犬死のように世間から取り扱はれているように思えて、ほんとうに可愛そうであきらめることができません。
     私どもは只今クラツカーセンベーの委託加工をして、老後の暮しを立てております。
    [ 2014/02/15 20:33 ] [ 編集 ]
  605. 遺族の言葉
    米田○(熊本) 父 ○○

    「神雷隊」という名は忘れられない。これはあの子○のすべてを含んだ、最後の唯一の名前である。
     これには意味がある。響きがある。面影がある。そうして名残がある。
     人の世のなりわいがしみじみと読まれてくる今日この頃である。
      あの山の櫻咲くころ雷の
        ごとく落ちると言いて去りしが
    [ 2014/02/15 20:37 ] [ 編集 ]
  606. 甲斐大尉 辞世の句
      名もいらぬ 命もいらぬ 唯誠
      われ起つべきに敢然とたつ
    [ 2014/02/15 20:41 ] [ 編集 ]
  607. 遺族の言葉
    森 ○■ (佐賀) 母 ▽▲
     忘れることのできない神雷部隊の隊員の一人だった○■のこと。
     出撃間際に面会に行き、たゞ一心、こんどが最後と、思つて会つたあの最後の目なざしそれこそ雷光きらめくといわんか、何といわんか、私の顔を一心に、私もまた○■のまなこに見入つてわかれたのがいよいよ最後でしたが、彼を思い、これを思うときに、何とペンを走らせていいのかわかりません。
    [ 2014/02/15 20:47 ] [ 編集 ]
  608. 遺族の言葉
    (ラヂオが)戦死者の氏名を報じている。
     家中一同すましてぢつと聞いていると
    「藤坂○」
    ──あゝ兄さんが──と妹たちは一度に泣いた。
     私たち両親は
    「泣くでない、兄さんの遺書には決して泣いてくれるな兄ンさん偉かつたといつて褒めて下さいとあつたではないか」
     幼いときから気のやさしい子でした。一度も不平不満を口にした事はなく、常に嬉しそうにニコニコツと笑つていたが、台湾から神雷部隊にはいるために最後に帰國した際、奥の間に兄の英霊を祀つてあつたので、さすがに元気なく、しかしそのときの態度の立派さはわが子ながらあつぱれ、いまもその姿が眼前に浮かんでくる。いま考えると最後の暇乞いであつただろうに、いつものように元気に笑つて軍隊に帰つていつた。
    [ 2014/02/15 20:53 ] [ 編集 ]
  609. 大橋中尉の思い出
    大橋中尉──私はこの人が好きであつた。
    私に当てた最後の手紙には、分隊長と書かないで、兄貴と書いてよこしてくれた。私も又眞の骨肉を分けた弟のような気がしていた。
    「生きるということはむづかしいことですね」
    ということを彼は言つていた。学徒でありながら、古い搭乗員の多い第二大隊長として全員を率い屡々宇佐、宮坂基地に分離行動をとつていて、色々苦労したようであつた。
     冨高の海辺の夜の砂浜に二人で寝轉んだ。
    空には一ぱい星が出ている。その星が悠々と動いている。これを見ていると、戦争というものが妙にばからしい気になる事もあつた。
    「全く人間は不思議な動物ですね」
     そんなことを話し合つたことがあつた。
    [ 2014/02/15 21:07 ] [ 編集 ]
  610. その日のこと
    (ry)そして次の日が終戰だつた。
     たまたま同宿していた同盟の報道班員が、
    「これは大変だ、あなた方は先づ銃殺だ」
    という。そばに居た從兵が「私たちはどうなるんでしよう」ときくと「君たちは兵隊だから、ラバウルに島流しだろう」という。私たちの宿舎には、同期の中尉が五人いたが、みな呆然とし、たゞ興奮して、ある者は軍刀を拔いて庭の木に切りつけている。
    (ry)

    ----
    昔も報道関係者のいい加減さといったらなかったんですねぇ
    [ 2014/02/15 21:16 ] [ 編集 ]
  611. ポートモレスビー攻略
    (瑞鶴、翔鶴)両空母の殆んど全機が発艦(ry)艦爆、艦攻、各々編隊を組み、索敵機の報じてきた方向へと進航していつた。
     しかしどこまで行つても敵空母を発見することはできなかつた。そのうち一隻のタンカーとそれを護衛する駆逐艦とを発見した。尚もその附近を索敵したが敵空母はいなかつたそれでわが索敵機はこのタンカーを空母とまちがえたものらしいので、これを攻撃することにした。
     優勢な艦上爆撃機と攻撃機の大群に会い、必死に回避しながら海上をのたうつているタンカーに対して、われわれの艦爆機は一機一機、次々に急降下していつては爆弾を叩き込んだ。だが、爆弾は命中してもブスッと油槽の中に吸い込まれるようにはいつてしまつてなかなか炎上しなかつた。そのときは攻撃機は雷撃を行わなかつた。
     敵はけなげにも、高射砲で必死に反撃してきた。
     私の隊は爆撃を終り、敵の砲火から離れてフト見ると、爆撃を終えて避退中の味方の一機が、突然敵弾を受けて火を吹いた。「あッやられたな」と思つた瞬間、その飛行機は、燃えながらも急反轉して、敵油槽船の甲板に突込んでいつた。と同時に敵船は火を吹いた。それまで爆弾が命中しても火を発しなかつた敵船も、燃ゆる飛行機の自爆に会つて甲板一面忽ち火の海と化した。
     それは私のはじめて見た自爆であり、その壮烈さに強い感動を受けたのであつた。
    [ 2014/02/15 21:35 ] [ 編集 ]
  612. 584
    誰もそんなこといってないだろ
    どんな頭してんだw
    [ 2014/02/15 22:40 ] [ 編集 ]
  613. 583
    そうやって何も考えずに吠えてろ
    馬鹿は同じこと繰り返すだけ
    お前みたいな馬鹿はもうあの時だけでたくさんだ
    [ 2014/02/15 22:41 ] [ 編集 ]
  614. まぁ早い話が
    ①負ける戦だけはしないように全力で国家戦略を練れ
    ②選択肢が負け戦一択になったらできる限り人間的扱いを残される負け方をしろ
    で、少なくとも特攻は②には非常に貢献した作戦だったと思う
    この作戦を糞と言うなら、他にどんな戦略があったのかが聞きたい
    いい戦略なら今後の日本にも生かせるでしょ

    自分は戦争を起こしたことより、負けた原因が気になる
    やっぱ技術と情報が劣っていたことが敗因だと思う
    しかしこの点は戦後それなりの繁栄を築いた今でも依然としておろそかにされている
    練度で勝っても兵器性能で劣っていれば、勝てるものも勝てない
    戦局に関する情報が少なければ、的確で大胆な作戦は決行できない
    これは戦争に限らず国家戦略で重要な要素だとおもうんだが、色々言い争ってるけど、ここに言及しないと何も進歩的な発想は生まれないんじゃない?

    人のやることにケチはつけるけど、どうすべきだったかについては思考停止する、民主党を与党に選んだ今の日本も、当時特攻を選んだ日本からあまり変われてないんじゃない?
    インターネットでメディアの嘘を暴き、より正確な情報を共有できるようになったが、じゃあインターネットは日本人が開発したのか?
    結局アメリカから吹いた神風で、偶然情報の伝達と共有が発達した結果じゃん
    イージスシステムもアメリカの衛星頼み
    技術者も未だに冷遇されるし、特亜に技術者が流れた反省も全然できていない
    その他諸々見てもまだまだ日本は過渡期で、戦後レジームのせいばかりにはできないもろさを感じる
    今の日本人じゃ特攻をさせた当時の為政者を責める権利はないんじゃね?
    [ 2014/02/15 23:26 ] [ 編集 ]
  615. 先週知覧特攻平和会館に行ってきたよ。
    その上で言える。特攻作戦は糞以外の何者でもないし、兵士たちは英雄ではない。
    ほとんど全員自分より年下の若者が死ぬために飛び立つ事を
    ただただ、哀れに思うし申し訳ない

    ※614
    アメは何だかんだで散々爆撃予告やら投降勧告出してたし、軍上層部が
    とっとと敗戦受け入れてたところで現在とさほど変わらんと思うがな
    [ 2014/02/16 01:21 ] [ 編集 ]
  616.  
    特攻って海の大和艦隊の特攻もあるよね
    [ 2014/02/16 07:40 ] [ 編集 ]
  617. 土肥神雷の成果
    ry)この日土肥は
    「戰場二十分前になつたら起してくれ」
     と言つて、指揮官席で、ぐつすり寝こんでしまいました。驚いた奴です。
     土肥と自分とは同期です。彼は兵庫縣の出身で、大阪第二師範卒業です。
     土肥が眠つている間に、敵戦闘機五機を発見したが、これを幸い避退して更に南下した
     やがて敵艦十隻ほどが小さく見えた。
     そのとき土肥はもう起きていました。そしてライフジャケツトをぬぎ、ピストルを私の掌に残して神雷に乗り移つた。
     敵艦の影が次第に大きくなつた。
    「投下せよ」
     と土肥が合図してきた。
     神雷は母機を離れた。とたんに母機はグーツと高度が上がつた。
     母機は左旋回した。
     敵艦影がキラツと白く光つた。
     大きな火柱!
     土肥神雷が敵の戰艦に命中した。
     敵戰艦は見事にふつ飛んで轟沈した。」
    (ry)
    土肥神雷の突入成功、戰艦爆沈!の報は、基地神雷部隊をワツと湧かせた。今まで押えに押えられ、しかも第一回の出撃では悲憤の全滅を喫し、第二回も戦果不明、いさゝかくさつてさえいたところえ、この華々しい戦果の報告である。
    「よし後につづけ!」
     神雷部隊の意気はとみに上つたのであつた
     しかも三浦少尉の報告を裏書きするかのように、沖縄周辺の監視哨(沖の永良部)から戦果を確認した感激の電報を受けとつて、部隊の意気は天をつく慨があつた。
    [ 2014/02/16 09:36 ] [ 編集 ]
  618. 遺族のことば
    岩下△▲(群馬)父 ■★郎
     せがれは神雷部隊の一員として、神ノ池から宇佐海軍航空隊に移るさい、帰郷して先祖の墓参をすまして、両親その他に
    「ながい間お世話になりました。も早比島の戰も見えています。戰は日本の負です。しかしわれわれ若人は人柱になつて断じて敵を本土へ上陸させぬため、身を挺して國土を守ります」と勇躍出発いたしました。
     そのとき、今後毎日午後七時の放送に気を付けて下さいと申し残したので注意しておりますと、昭和二十年五月二十八日午後七時、軍発表、軍発表とありましたので、家族一同ラジオの前に集りましたところ、神雷特攻隊沖縄南西海面で突入の発表中、岩下△▲の名も出て一同一時呼吸のとまる思いでありました。
    [ 2014/02/16 09:43 ] [ 編集 ]
  619. 第一次大戦の有名なパッシェンデールの悲惨さを多くの人が知っていた当時の感覚でいえば、泥濘の底なし沼に落ちて溺れ死ぬような悲惨な陸兵の死に方はしないし、パッと散るにしても海面や陸に叩きつけられて砕け散るにせよ、空兵はよかったわけで、ただ犬死は厭だったので、とにかく戦果を挙げて死にたかった、一矢も報いぬままに死にたくなかった、どうせいつか戦場で死なねばならないのだから
    [ 2014/02/16 09:54 ] [ 編集 ]
  620. 今なら特攻隊でなくミサイルがある。
    だから特攻隊という戦術は二度と採用されることも無い。
    だから後世の我々としてはただ、惜しまれて散っていった花の胸懐を感じるのがよい
    戦になれば誰しもがいつ散るとも知れないのだから、往時の防人の心を知るべし
    [ 2014/02/16 09:58 ] [ 編集 ]
  621. 国境を越えて心ある人々は存在するもんだな。

    中には嘘や悪意ある宣伝をすぐ鵜呑みにする人もいるが、それは日本人の中にさえいるので、
    生まれながらの人間の質に、国境は関係ない。

    共感でき、時代的制約を前提に入れた上で昔の人の心に添える想像力があるって大事。

    [ 2014/02/16 16:17 ] [ 編集 ]
  622. ※614
    そうだよな
    お前の言うとおり日本も
    運用に人の手が余りかからない様な
    大量破壊兵器を開発して
    技術を積み重ねて行くしかないよな
    [ 2014/02/16 20:26 ] [ 編集 ]
  623. >>614 人のやることにケチはつけるけど、どうすべきだったかについては思考停止する

    じゃまず君からどうぞ
    当然具体的な考えあるよね?
    ないのにそれを言ってるならお前も同じ
    はい論破
    [ 2014/02/17 13:31 ] [ 編集 ]
  624. >> 614
    同意だな。反省点は言葉で示してくれないとなぁ。
    ギャーギャー喚くだけじゃ意味がない。w
    ②に関しては、少なくともアジア人代表としての戦いぶりを世界に知らしめる結果になったね。
    特攻の是非はともかく、白人の植民地主義が破壊された事で、
    戦前と戦後では人種差別に対する取り組みが、革命的な程力を帯びていったしな。
    戦後のGHQの統治では、皇室は規模縮小を余儀なくされたが、
    天皇は日本の象徴として残った。
    一番の理由としては、GHQが、もし天皇陛下に手を出すような事があったら、玉音放送で敗残として黙していた日本人がそのまま黙っているわけもなく、統治が瓦解するのは明白だからね。
    日本人が無抵抗なサルだったら、処刑されていたかもね。
    [ 2014/02/17 21:01 ] [ 編集 ]
  625. 六○一空戦闘機隊 隊員の戦後すぐの回想
    (マリアナ沖の空母上から決戦へ飛び立ったあと幾度も激闘を経て)

    お互いに自作の歌を歌いながら意気軒昂昨日最後の宴を張った戦友が、今日は南海に一つずつの油紋を残して消えていた。
    「散るべきときはパツと散る……花村よ、散りそこなつたおれもやがて散るぞ!」
     だが私はまだ助かつたとは限らなかつた。
    三○○浬近くの洋上をただ一機で飛んでいるのであるから、母艦を発見出来ない可能性が大いにあつた。見ゆるものはただ大海原と大空のみ、もし母艦を発見できないときは、戦友の散つた同じ海面に突きこむより外はなかつた。そうすれば私も同じように一つの湯紋を描いて消ゆるのだ。
    「だが、生き得るだけ、生きのびなければならぬ。燃料のつづくかぎり母艦を求めて帰るのだ。そして再び戦場に引き返して戦友の仇を討つのだ」
     そう心に決しながら、私は回転を落し、巡航速度に切換えて燃料の節約を計つた。
     いつまでいつても、敵機も味方機も一機も発見できなかつた。全くの孤独である。何だか心細くなつて来た。するとどういうわけか助かりたいと思う心が次第に強くなり、私たちを待つている母艦が恋しくなり、高度三○○○で一路空母を求めて飛びつづけた。激戦中はただ敵機と味方機のみで一ぱいであり、生死のことは全く考えないのであるが、いよいよ助かりそうになつて来ると、生きたいと思うようになつてきたのであつた。
    [ 2014/02/18 01:23 ] [ 編集 ]
  626. 怒涛の如き敵大部隊と血闘、玉砕する将兵一万
    (マニラ陸戦隊 元海軍中尉の回想、仮名遣いを敗戦後形式に改悪して抜粋)

     砲弾が、ついに駅の真前に落下した。すさまじい音と強烈な閃光。窓ガラスが粉砕されて飛び散った。このままでは空しく砲弾でやられてしまう。
     ほの暗い灯りの下で、私は拳銃をとり上げた。じっと掌の中の拳銃をみつめる。周りの隊員も、おのずと私の意を汲み取ったものか、それぞれ手榴弾を手に取った。そして、安全栓を口にくわえて抜き去る。
    「自決は外でやろう。みんな、俺が引き金を引くまで手榴弾を発火しないように」
    「はい」隊員は素直にうなづいた。
     そのとき私の心は不思議に平静であった。周りのどの顔にも動揺が現れていない。
     私は部下の顔を、ひとりひとりのぞきこんだ。隊員はじっと、焼けつくような瞳で私を見つめかえす。
     ──この部下たちが、生死をまったく私に委ねきっている。
     私は、にわかに厳粛な気持ちに包まれた。
     ふと気が変わった。これじゃ犬死だ。どうせ死ぬなら、もう一度戦おう。この五名の部下に死所を与えるのだ──この考えが頭の中にむくむくと湧き起った。
     私は拳銃を皮サックにおさめた。部下の顔を見まわして口を開いた。
    「歩けるか?」
    「はァ?」
     質問の意味をはかりかねて、みな怪訝な面持である。
    「いや、俺だって足をやられて思うように歩けない。けれどなァ、杖にすがれば、なんとか歩けると思うんだ。みんなどうかい?杖をつけば歩けそうか?」
    「はい、できると思います」
     彼らは声を揃えて答えた。
    「よし、歩けない者には肩を貸してやれ。俺たちは、二大隊の陣地に帰って、もう一度戦争をしてから死のう。自決はそれからでもおそくはない」
    「はい」
    「よし、じゃ、大隊長の許可を得てから出発だ」
    一人が探してきた棒切れや箒の柄を分け、試してみると、みんなどうやら歩ける様子だ。
     そのとき、軍医長が待合室の奥に立った。
    「みんな、よく聞け。明朝、一大隊は最後の突撃をする。全員玉砕だ」
     室内は粛然とした。うめき声さえ、ピタリと止まった。
    「歩ける者は、ここを出て東に行け。マッキンレーには海軍病院がある」
     さらに、軍医長は、なんの感動もない調子で続けた。
    「歩けない者には、いまから注射をしてやる」

    (以下略。なおこの小節の見出しは「冷厳な注射」であった。軍医長の最後のセリフに注目、よく吟味されたし)
    [ 2014/02/18 01:49 ] [ 編集 ]
  627. 作戦自体は全くクズ以下というか、評価をすること自体がヘドが出るくらいにゴミだったけど、特攻隊員には頭が下がる
    [ 2014/02/18 17:52 ] [ 編集 ]
  628. ある日、宇宙人が地球を侵略してきた。

    地球軍と異星人との戦いは一進一退を繰り返していたが、徐々に地球側劣勢になって敗北濃厚になっていたその時、軍部からある作戦が提唱された。
    「核爆弾を搭載したロケットを有人で操作し、宇宙人の母船に突っ込めば高確率でダメージを与えられる」と。

    自ら志願してロケットへ乗り込む兵士もいれば、民間から徴収された中で選ばれた者もいた。誰一人死にたい者などはいなかったが、宇宙人との闘いに負け、侵略される事は死ぬ事と同義だったのだ。
    なぜなら地球は他の星と違い、有史の限り異星人の統治下に置かれたことなどなかったのだから・・・。

    自分の愛する美しい星が破壊され、愛する家族が残虐な目に合うのは想像に難くなかった。愛する星を守る為、家族の幸せを守るため、そしてこれから地球に生まれてくる子供たちの為にに飛び立った彼らの心には一点の曇りもなかったのだ。

    時は過ぎ、地球には平和が戻った。
    宇宙人との闘いには負けはしたものの、侵略者達は理性を持って地球を統治し、たった数十年で地球人は戦後の荒廃から見事な復興を成し遂げ、再び豊かな星となることができたのだ。

    自らの命を賭して宇宙人と闘い、散っていった者達の古い写真を見ながら息子が言った。
    「この人達は宇宙戦争の時に洗脳されて、狂った作戦で命を落としたかわいそうな人たちなんだね・・・。恋人や子供だっていたかもしれないのにね・・・。」
    私は息子に何かを言いかけたが、息子の悲しそうな目を見ると言葉が出てこなかった。

    [ 2014/02/19 19:41 ] [ 編集 ]
  629. フィクションって絶対的現実に対しては全く無力だね
    [ 2014/02/19 22:08 ] [ 編集 ]
  630. ※628
    当時の一般的な日本人にとってはメリケンの植民地になるのは宇宙人が来るようなもんだったのかもしれんね
    戦争に負けたから特攻隊員は「洗脳された犠牲者」になってしまったけど、もし日本が勝ってたら一人一人の名前を冠した記念館ができるくらいの英雄扱いされてただろうと思うと胸が痛む
    戦争は負けたらクソだな
    [ 2014/02/19 22:42 ] [ 編集 ]
  631. 特攻で散華された方々に敬意を表することと、戦争美化をイコールで語る馬鹿は人ではない。
    [ 2014/02/20 13:32 ] [ 編集 ]
  632. 特攻に限らず死地で戦わねばならなかった現実の過去の人々の遺した言葉があるのに、それに耳を傾けないで、いいたいことだけ言ったり、自作のフィクションを持ち出すのはアホだね
    [ 2014/02/20 14:02 ] [ 編集 ]
  633. 主君の為に命を投げ出せる忠義は古来から尊ばれてきたし、
    生きては帰れない一番槍は最高の栄誉であった。
    それが武士道であり、大和魂だ。
    母を妻を国を思い散っていった彼らの最期の言葉には偽りなどあるはずもない。数々の手紙を見ると、高潔かつ優しさに溢れた言葉に胸が熱くなる。合掌
    [ 2014/02/20 15:39 ] [ 編集 ]
  634. 外人にとってはクレイジーの反応しかないと思ってたけどそうでもないんだね。こんな作戦日本人じゃないと無理だもん。
    [ 2014/02/21 09:35 ] [ 編集 ]
  635. たぶんこういった動画を見るためにこのブログを見てたのかもしれない
    ありがとう
    涙が止まらない
    [ 2014/02/22 07:15 ] [ 編集 ]
  636. 失礼します『余命三年時事日記』と『保守速報』で検索を。
    [ 2014/02/22 23:58 ] [ 編集 ]
  637. 敵と戦うことができずに死んだ南方戦線の方々の扱いが酷いよ
    兵站がない状況で『戦え』指示を出す馬鹿軍人がいることを忘れちゃいけないと思うよ
    戦争で戦った方々は国籍など関係なく、すごい人達なのだと感じる

    しかし名声や自己の意地で戦争を拡大させてきた馬鹿軍人もいる事を忘れただめだね

    現在世界中で起きてる自爆テロの原型ともいえるのでは?と感じてしまうけどね
    [ 2014/02/24 16:25 ] [ 編集 ]
  638. 今の自衛隊って、自分から攻撃は出来ないから
    常に敵の第一撃を受け止める体制にある
    ある意味、盾の神風状態なんだな
    [ 2014/02/25 20:50 ] [ 編集 ]
  639. 民間人を攻撃する テロ と

    神風の 軍人だけを攻撃対象にする本当の戦争

    の区別がついていない輩が多い。

    多分、米軍の人類史上最悪のテロ「原爆投下」「東京大空襲」の
    影響だろう。

    それを隠すために南京虐殺の大嘘をついている。
    [ 2014/02/26 01:01 ] [ 編集 ]
  640. *にチョンが沸いてるな
    [ 2014/02/26 16:09 ] [ 編集 ]
  641.  元動画のコメントの人達もだが、ピントがずれてる方が多すぎませんか。特攻は下策だから彼らは英雄ではないという理屈は明らかにおかしい。

     特攻という作戦に対する批判は、実際にその戦術を生み出し運用した軍上層部に帰されるべきものであり、実際に特攻を行った方々は、国の為に命を捧げたんだから掛け値なしの英雄なのは疑いようがない。

     以上によって、神風は下策だから彼らは英雄ではないと言う論法は的外れである。
    [ 2014/02/26 20:17 ] [ 編集 ]
  642. 特攻隊の志願者なんかいないよ!!
    [ 2014/02/26 20:42 ] [ 編集 ]
  643. 自分の命を賭してでも守ろうとした国なのに、
    政治家やメディア、教育者、弁護士、経済人、公務員、
    至る所に内部からこの国を腐らそうとする輩を今の日本はこれだけ増やしてきてしまった。
    その事に対して申し訳なさが一杯になる。
    [ 2014/02/26 20:47 ] [ 編集 ]
  644. 作戦は最低だが
    その心まで同一に語るべきではなく
    考えるべきはこのような状況にならないためにどうすべきか
    万が一にも似た状況になったらどうするのか
    この国には前例はいくらでもあるわけで
    特攻隊の前は明治維新の頃やその前は忠臣蔵の頃かな
    自分の命と引き換えにしても得たいものや守りたいものがあっても
    いいじゃないか
    戦争を肯定はしたくないが
    認めるべきものもまたあるのではないかと思う
    [ 2014/02/26 21:33 ] [ 編集 ]
  645. 犬死じゃないか。とか、英雄だ。とか。。。
    その人なりの意見があっていい。
    日本人の心に刺さる棘。
    痛みを感じる思いは同じだと思う。
    この痛みを忘れない限り日本人は日本人で有り続けるのだと。
    彼らの残したものは確かにある。
    無意味な死ではない。
    [ 2014/02/26 21:49 ] [ 編集 ]
  646. その人たちが命を賭して守ったのが今のうんこ日本ですよ
    [ 2014/02/27 00:47 ] [ 編集 ]
  647.  死するとも なお死するとも
      我が魂(たま)よ
       永久にとどまり 御国守らせ

     散華なさった英霊の皆様本当に本当にありがとうございます。
    今の日本が亜細亜・アフリカがあるのはあなた達のおかげです。
    日本が変わろうとしています。今少し力をお貸しください。

    [ 2014/02/27 01:21 ] [ 編集 ]
  648. まぁ国という建前で、本音は家族のためだよ。
    だからこそ、捏造の証拠で厳しい規律を守ってた大多数の日本兵を貶める行為が許せない。
    [ 2014/02/27 20:50 ] [ 編集 ]
  649. 特攻隊『神雷』『櫻花』生残者の回想より
    (以下に一節を抜粋、なお入力作業軽減のため、生憎敗戦後の所謂「現代仮名遣い」で示すことを許されたい)

       特攻への氣運

     海軍々人は、特に飛行機搭乗員は、自らを将棋の駒のようなものであるといい、指されるところに飛んでゆくのだと称していた。これは極端な言い方であるが、しかし海軍の配置に対しては、絶対それに服するという考え方であった。与えられた部署に於てひたすら全力を尽くして敵と戦うのみであるとする。部署内に関する意見はどしどし申し出るのであるが、それ以上のことについては口を出さなかった。
     だが、いまマリアナの無惨な敗戦を目の当たりに見ては、今まで戦闘の主兵力であった海軍搭乗員一同は、これはもうここらで何とかしなければどうにもならないと考えるようになった。
     その頃特殊潜航艇の乗組員であった黒木大尉、仁科中尉等若い士官たちは、戦局逆轉のために、特攻兵器、人間魚雷「回天」を考案して、この案の採用を幾度か上申していた。しかし特攻作戦をまだ時機早尚だと考えていた軍上層部の人たちによってその案は握りつぶされていた。眞珠湾に出動した特殊潜航艇ではも早いろいろの理由で攻撃はむづかしかった。そこで新しい「回天」を工夫し、これを幾度か繰り返し上申したのであったが、上申案を採用されぬうちに遂に彼らの中の幾人かはマリアナにやらされた。即ち、敵のサイパン攻略作戦阻止を目的とするア号作戦に征った深佐、後藤中尉等の人々は、戦死してしまつた。しかしマリアナの敗戦によつて戦局はとみに困難となり、連合艦隊はようやく回天の案を取上げることになつたのであつた。
     これは若い水上部隊の人たちによつて考案され提唱された人間魚雷とも言うべき特攻新兵器であつたが、その頃航空関係からも、一つの特攻兵器の案が提出されていた。それは大田海軍少尉考案の「人間爆弾」であつた。尤も特攻という考え方はひとり大田少尉のみでなく、すべての海軍少壮士官の間に湧き上つていたものであつた。
     横須賀の海軍航空技術廠では、兼てより噴射原動機の研究が行われておつたが、同時にドイツの新兵器V一号に刺戟されて、間歇ジエツトエンジンの研究が行はれていた。だが新しいロケツト兵器は、いろいろ困難な事情があつて、なかなか実現することができなかつた。ドイツの一号の場合は、その目標は廣い地上であつたが、わが太平洋地域の戦争に於ては、目標は小さな、しかも動き廻る敵の艦船であつた。そこにわがロケツト兵器がドイツの場合のようにいかない大きな、障害があつた。大ざつぱな狙いしかできないロケツト弾を、小さな動き廻る目標に命中させるということは、不可能な状態であつた。やはり敵艦えの空中よりの攻撃は、今まで通り攻撃機による爆弾と魚雷の攻撃よりしかなかつた。それを一歩前進させたのが大田少尉の案であつた。即ち一号に翼をつけそれに人間が乗つてゆき、敵艦に向けて操縦し人体もろ共ぶつつけるということであつた。
     大田少尉はその案を上申し、尚各方面を熱心に説いて廻つた。その熱意が容れられて上司も大田少尉の言葉に耳を傾けるようになり遂にその案は取り上げられ、横須賀空技廠に於て山名正夫技術中佐を主任設計者として設計製作が開始されたのであつた。
    [ 2014/02/27 21:02 ] [ 編集 ]
  650. (※649のつづき)
        司令の進言

     これより先、サイパンに敵攻略部隊の上陸した六月十九日、二航艦の長官福富中将が、その麾下である三四一空を巡視して訓練基地である館山に立ち寄つたときのことである。三四一空の司令岡村基春大佐は、飛行機による敵艦えの体当たりの実行を進言した。
    「この困難な戦局を打開するのには、尋常一機のことでは駄目です。どうしても飛行機による敵艦えの体当りをやるより外はありません。体当りの志願者はいくらでもあります。もし私に三百機を與え、体当りを許可して下さるなら必ず戦局を逆轉させてみせます。ぜひそうして私を司令に任命して下さい」
     そしてその年の九月末、岡村大佐を司令として茨城縣百里ヶ原に於て特別攻撃部隊七二一航空隊が編成されたのであつた。これがの地に神雷部隊と呼ばれた隊であつて、大田少尉発案の肉弾ロケツト機は「櫻花」と命名され、神雷部隊の兵器となつたのであつた。
     比島のマバラカツト基地に於て、第一次の神雷特攻隊が編成されたのが翌月十月二十日であつたから、特攻隊としての出発は神雷部隊の方が約一ヶ月以上早やかつたのであつたが、特攻えの気運はすでに、全軍に漲つていたのであつた。
    [ 2014/02/27 21:17 ] [ 編集 ]
  651. (※650のつづき)
        志願(手記・鈴木英男)

    (以下、括弧内は本コメント投稿者の注記)
     昭和十年(明らかな間違いと思われる)八月、台南航空隊錬空教程卒業も間近に控えたある日の午後、飛行作業も終り夕食もすませたとき、搭乗員総員武道場集合が傳達されてきた。われわれは何事かとそれぞれ武道場に集つていつた。
     やがて壇上に司令が現れ、眞劍な顔付でわれわれに向い合つた。開口一番ポツリと
    「親一人子一人の者は手を挙げよ」
    といつた。
     しばらくの時間をおいて列中より訝かしげに幾つかの手が挙つていつた。
     司令は手の挙り終るのを待つて、おもむろに口を開いた。
    「それらの者は退場せよ」
     手を上げた者たちは、意味のわからぬまゝに靜に退場していつた。
     残つた者も一たい何だろうと司令を見つめた。司令は再び
    「長男は退出せよ」
     又数人の者が出ていつた。
     司令はその次には
    「妻子ある者は出よ」と言つた。
     そして、二、三人が去つていつた。
     退場するものの足音が消えて、靜寂な空間が過ぎていつた。私は何か事の重大さを豫感して司令の次の言葉を待つた。
    [ 2014/02/27 21:34 ] [ 編集 ]
  652. (※651のつづき)
     その司令は、あの有名な「月月火水木金金」艦隊勤務の歌詞を作つた高橋俊策大佐だつた。
     司令は
    「私はこの神聖なる武道場で諸君に聞いて貰いたいことがある」
     と前置して次のように述べたのである。
    「戦局はわが方に日に日に利ならず、既にマリアナまでも敵は進行してきた。内地ではそれに対應して、一艦でも多くと増産に懸命になつている。しかし敵は間もなく南西諸島、あるいはフイリツピン又はこの台湾にも進攻してくると思はれる。
     われわれ飛行機乗りは、この際何としても来襲する敵艦隊を攻撃し、これを撃滅するかあるいは再起不能の状態にまで損害を與え、時間を稼いで、わが軍反撃の機会を作らねばならない。これがため、いま内地で一中必殺の新兵器を考案中である。諸君は飛行隊志願の折すでに覚悟は出来ているかもしれないがこの新兵器は征きて帰らざる攻撃となり、海軍としても最後の手段である。
     このたび、この新兵器の搭乗員を全國の航空隊より志願者を募つて編成することになつた。諸君の中には種々の事情もあることだろうからよく考えて、准下士官以上は飛行長まで、下士官、兵は分隊長まで申し出て貰いたい」
     司令の話は切々たる口調で続けられ、やがて水を打つたような靜けさの中を退場していつた。
     外に出たときは既に暗くなつていた。誰も話合う者もいない。無言のまゝ四散していつた。

    [ 2014/02/27 21:40 ] [ 編集 ]
  653. (※652のつづき)
     私は建物の外にあるベンチに腰をかけた。
     月が出ていたのを思い出す。
     毎日の訓練は激しかったが、われわれの環境はあまりにも平和だった。時たま支那大陸より敵空軍の来襲があった程度で、やがてこの日から半年後には、この建物も飛行場も敵艦載機の攻撃を受けて滅茶苦茶にされようとはそのときには夢にも思っていなかった。まして、今日の司令の話の内容の深刻さはいまだ実感として身近に感じてはいなかった。
     ベンチにひとり腰をかけたまゝ、私はさっきの司令の言葉を頭の中で繰り返してみた。
     空を仰ぐと月が冷たく光っていた。
     母親や姉妹の笑顔、そして平和に暮らした故郷の山や海、それがフト硝煙に包まれた街に変わり、山々をさまよう母親の姿にも変わってきた。
     敵に占領された内地か、又は死を約束された攻撃か?そして自分の死ということを考えてみた。死とはどんなことだろう。死とはたゞ生けるものが忌避することなのだという事実しかわからない。たゞ自分が志願することによって近い将来にその死が実現されるのだということはハッキリわかる。そして家族の者たちが歎くだろうということもわかる。
     再び肉親の顔と、そして今まで見たこともない敗戦にさまようみじめな肉親の姿が、不思議にハッキリと浮んでくる。
     自分が死ぬということで、平和な故郷を、ひいては平和な祖國を保ち、みじめな肉親たちの姿も現出せずにすませ得るならば、敢て死を求めよう。
    「明日は飛行長のところえ行こう」
     私はスッキリとした気持でベンチを立ち上がった。
    [ 2014/02/27 21:48 ] [ 編集 ]
  654. 当時には当時の価値観があっただろうから何にも言えねえ。
    ただただ英霊に敬礼を。
    [ 2014/02/28 01:04 ] [ 編集 ]
  655. ククリックド・プラモード (タイ国元首相 )

    日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。
    日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
    今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
    それは身をころして仁をなした日本というお母さんがあったためである。
    [ 2014/02/28 05:15 ] [ 編集 ]
  656.  
    H・G・ウェルズ(イギリス、歴史学者)

    この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。
    [ 2014/02/28 05:16 ] [ 編集 ]
  657. ジョージ・S・カナヘレ(アメリカ、ハワイ日本経済協議会事務局長・政治学博士)

    日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事の中で、最も重要なものの一つは、
    正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事である。(中略)  
    インドネシア人が軍事訓練を受けたことの意義は極めて重要なものであった。
    これが後のインドネシア革命軍の大部分の将校と何千の兵士となり、
    復帰してきたオランダ勢力と独立戦争を戦う際の基盤となった。
    日本によって与えられたこのような機会がなかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。
    [ 2014/02/28 05:17 ] [ 編集 ]
  658. モハマッド・ナチール(インドネシア共和国元首相)

    東亜戦争というものは、本来なら私たちインドネシア人が、独立のために戦うべき戦争だったと思います。
    もしあの時私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
    大東亜戦争はそういう戦いだったんです。
    [ 2014/02/28 05:17 ] [ 編集 ]
  659. ラジャー・ダト・ノンチック(マレーシア元上院・下院議)

    私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
    敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
    しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、
    それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育をおこなってくれたのです。
    [ 2014/02/28 05:18 ] [ 編集 ]
  660. アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

    第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、
    偉大なる歴史を残したと言わねばならない。
    その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
    日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、
    アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、
    不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。(1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」)
    [ 2014/02/28 05:18 ] [ 編集 ]
  661. 朴 鉄柱(韓国 平成二年一月逝去・六十八歳 、韓日文化研究所 昭和四十二年十月)

    ソウルから日本を眺めていると、日本が”心”という字に見える。
    北海道、本州、四国、九州と、心という字に並んでいるではないか。日本は万世一系の御皇室を頂き、歴史に断絶がない。
    それに対して韓国は、断絶につぐ断絶の歴史で涙なくしてみることはできない。

     現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、
    そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。
    平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。それまで日本はアジアのホープであり、
    誇り高き民族であった。最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。
    ”事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。
    それは日本の武士道の発露であった。日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
    それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
    日露戦争と大東亜戦争ーこの二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。
    この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。

    大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。
    彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。
    戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。
    日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。
    ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐに回復できたではないか。
    二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、
    国民尊崇対象となるのである。
    [ 2014/02/28 05:19 ] [ 編集 ]
  662. ダグラス・マッカーサー(アメリカ、日本占領連合軍最高司令官・元帥)

     日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。
    しかし、彼らは労働力はあっても生産の基礎素材を持たない。日本には蚕のほかに取りたてていうべきものは何もないのだ。
    日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。
    それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。
    (1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言)
    [ 2014/02/28 05:21 ] [ 編集 ]
  663. ジョージ・フリードマン(米・ディッキンソン大学)

    まともで教育のある人々がなぜパールハーバーを攻撃する道を選んだのか。
    こういうことを理解せずに、ただそれを非難する人々がいる。彼らこそが戦争をもっとも起こしやすい人々なのだ。
    当時の日本の指導者たちをモンスターにしたり、
    日本の置かれた悲劇的な立場を考えもせずに発言する人々を英雄視したりしても、何の解決にもならない。
    解決どころか、このような態度そのものが問題なのだ。
    [ 2014/02/28 05:21 ] [ 編集 ]
  664. ラジャー・ダト・ノンチック(マレーシア元上院・下院議)

    日本人よありがとう

    かつて日本人は清らかで美しかった
    かつて日本人は親切でこころ豊かだった
    アジアのどの国の誰にでも自分のことのように一生懸命つくしてくれた

    何千万人もの人のなかには少しは変な人もいたし
    おこりんぼやわがままな人もいた
    自分の考えをおしつけて
    いばってばかりいる人だっていなかったわけじゃない

    でもその頃の日本人はそんな少しのいやなことや
    不愉快さを越えておおらかでまじめで
    希望に満ち明るかった

    戦後の日本人は自分たち日本人のことを
    悪者だと思い込まされた
    学校でもジャーナリズムもそうだとしか教えなかったから
    まじめに自分たちの父祖や先輩は
    悪いことばかりした残虐無情な
    ひどい人たちだったと 思っているようだ

    だからアジアの国に行ったらひたすらペコペコあやまって
    私たちはそんなことはいたしませんと言えばよいと思っている

    そのくせ経済力がついてきて技術が向上してくると
    自分の国や自分までがえらいと思うようになってきて
    うわべや口先では済まなかった悪かったと言いながら
    ひとりよがりの自分本位のえらそうな態度をする
    そんな今の日本人が心配だ

    本当にどうなっちまったんだろう
    日本人はそんなはずじゃなかったのに
    本当の日本人を知っているわたしたちは
    今はいつも歯がゆくてくやしい思いがする

    自分のことや自分の会社の利益ばかり考えて
    こせこせと身勝手な行動ばかりしている
    ヒョロヒョロの日本人は
    これが本当の日本人なのだろうか

    自分たちだけで集まっては自分たちだけの楽しみや
    ぜいたくにふけりながら自分がお世話になって住んでいる
    自分の会社が仕事をしているその国と国民のことを
    さげすんだ眼でみたりバカにする

    こんなひとたちと本当に仲よくしてゆけるだろうか
    どうしてどうして日本人はこんなになってしまったんだ


    1989年クアラルンプールにて
    [ 2014/02/28 05:24 ] [ 編集 ]
  665. ラダ・ビノード・パール(インド、極東国際軍事裁判判事・法学博士)

    要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、
    自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、
    日本の一七年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。
    ・・・・私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。
    この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。
    その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。
    それなのに、あなた方は自分らの子弟に、
    「日本は犯罪を犯したのだ」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」を教えている。
    満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。
    日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
    あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。あやまられた歴史は書き変えなければならない。
    (昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演)

    「パール判事の日本無罪論」~この本には戦後世代を覚醒させる力がある~
    ttp://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%88%A4%E4%BA%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%84%A1%E7%BD%AA%E8%AB%96-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E6%AD%A3%E6%98%8E/dp/4094025065
    [ 2014/02/28 05:25 ] [ 編集 ]
  666. コメ欄にアジアへの貢献をひけらかすな!
    と言った意見があったが、当時日本の支配下にあった諸国、
    また敵国からのこれらの言葉を知って欲しい。
    戦後のマスコミ、教育からでは決して知る事ができない。
    戦後日本が一方的な情報統制下にあったことは否めない。
    [ 2014/02/28 05:32 ] [ 編集 ]
  667. どこの国だろうが、ガイコクから無差別爆撃を受け、捕虜を容赦なく虐殺し、問答無用で条約や約束事を破り祖国を侵略する害敵が襲いかかれば、どんな逆境だろうが立ち上がって一矢報いようと思う人達は居るだろう。

    ましては70年前の世界は「白人至上主義であり」「黒人は頑丈な奴隷」「小さい有色人種は害獣」扱いだったのだよ。
    黒人でさえ市民権を獲得したのは1970年になってから。

    日本人と同じ境地に諸外国の人々がなった場合、特攻が「レイシスト共の腐女子皆殺し無差別攻撃に対して」「文化や伝統を灰にし用途する害敵に対して」と深く理解出来るようになるだろう。

    それが理解できないのであれば「まさに平和に対する罪」「人道に対する罪」であるな。
    無差別殺戮は元より戦争犯罪である。
    それがガイジンには理解できないのが不思議。
    [ 2014/02/28 18:12 ] [ 編集 ]
  668. >コメ欄にアジアへの貢献をひけらかすな!
    >と言った意見があったが・・・

    そりゃ戦中から「白人と癒着し、現地人から搾取してる華僑」や「共産主義者の赤い人達」はそう言うだろ。
    戦前から今に至るまでコミンテルン(アカいスターリン独裁ファンクラブ)は居るのだから。

    今でさえスターリンの代わりに中共独裁ファンクラブ・北朝鮮ファンクラブ+洗脳済み下朝鮮ってのが存在するのだからな。

    日本人もそろそろ「反日問題」と「ガイジン問題」の存在の認知はするべきだろうねぇ。
    [ 2014/02/28 18:15 ] [ 編集 ]
  669. いやいや、それは、日本人自身はしっかりと真実を認識しつつも、外へはひけらかすなよという、当たり前のことだろうに。
    矜持は内に秘めていたのが爺さんたちだ。そういう爺さんたちを見習おうというのがどこがいけないんだ。
    [ 2014/03/01 14:33 ] [ 編集 ]
  670. (※669のつづき)
    天劍か神雷で特攻に出た隊員の遺言の一つにもある。妻宛で、娘には「強く正しく朗らかに」いきてほしい、と。
    威張れ、ひけらかせ、誇りを表へ表せなどとは書いてない。

    誇りを胸に秘めて心を強くし、
    日々鍛錬して身体を強くし、
    禮譲の精神で正しく振舞い、
    他者と朗らかに和して同ぜず、
    有意義に人生を生きて、國を永久に栄えさせよとの心だらふ
    [ 2014/03/01 14:38 ] [ 編集 ]
  671. 日本人の覚悟
    日本人は戦いの時は死を覚悟して戦う。死なずに勝とうなど思わない。これが中韓との決定的な違いだ。黒沢明の七人の侍で戦いの後、志村喬が[また生き残ってしまったな」という言葉に日本人の精神がある。
    [ 2014/03/05 02:46 ] [ 編集 ]
  672. 死ぬ時は、背を向けて死なない。死ぬ時は、真正面向いてガンとしてその道を譲らず仁王立ちして死に去らす。
    死にたくないと思うのは当たり前。死に恐怖するのは生き物として当たり前。
    だがそんな“恐怖”を「恥」とし空に懸けて行った方々は恥ではない。
    日本の“恥”とはそんな作戦を考えた非道な政府だ。
    その作戦に乗っかってまで国を護ろうと命をとした方々は、正しく日本人の誇りである。彼らは「祖国を護る」という言葉の中に家族・恋人・友人、などを見出し戦ったんだ。
    そのような根源的な気持ちは、今の航空自衛隊及び、陸上自衛隊、海上自衛隊に引き継がれている。だからこそ、世界一、他者に弾を放った数より他者を助けた数の方が多いと云われている所以だろう。
    助けに行った所の人々は皆「友人」。自分達が軍人だから偉いとかそんな気持ちは自衛隊の方も持ってはいまい。
    [ 2014/03/06 14:37 ] [ 編集 ]
  673. 賛美する必要はない。
    誇りに思えばいい。
    そして、感謝と共に自分達の人生を生きよう。
    [ 2014/03/08 02:08 ] [ 編集 ]
  674. 悲しみの向こう側に

    教育勅語を学び

    国の未来を

    真剣に考えて

    勇気有る行動を

    真っ直ぐに

    走り続けた

    戦士たちに

    約束します

    必ず

    日本の未来は

    日本人が全力で

    護ります。


    [ 2014/03/18 21:04 ] [ 編集 ]

  675. 慎みのない過剰改行は祖父母の時代の謙虚と禮譲の精神を尊んだ気風から隔たること遥かに遠し。

    [ 2014/04/17 01:09 ] [ 編集 ]
  676. 常軌を逸してる?
    当時は世界中がそうだったんだろ
    [ 2014/04/28 21:35 ] [ 編集 ]
  677. 特攻隊に関してはただ畏敬の念を抱くだけだよ。
    何かを論破したり馬鹿にしてるする気は起きないよ。
    [ 2014/05/16 17:39 ] [ 編集 ]
  678. 日本は敗戦国にもかかわらず欧米諸国で敬意を払われているのは、特攻隊を始めとする精霊たちのおかげだと思う。
    力の限り戦ってボロ屑のように負けたとしても戦わずに逃げる卑怯者よりはいい。
    日本と刀を交えた国こそがそれを理解している。
    精一杯戦った後に勝者が敗者を称えるのはスポーツも同じ。
    [ 2014/05/19 00:56 ] [ 編集 ]
  679. ^^
    外国人からの敬意も素直にありがたいが今の日本人が一番感謝をするべきだろ。貶めているのは惨めな在日チョンか?
    恥を知れヘタレども。
    [ 2014/05/24 20:47 ] [ 編集 ]
  680. 国、国民とその子孫を守るため命を懸け守り抜こうとした特攻隊員達が
    現在の日本をみてどう思うだろうか
    [ 2014/05/26 17:06 ] [ 編集 ]
  681. ※679
    お前、何で同胞に罵言を浴びせているんだ?
    マッチポンプしていないで、さっさと半島へ帰れ。
    昔の半島人の中には立派に特攻した者もいるのにお前ときたら……
    [ 2014/05/27 11:52 ] [ 編集 ]
  682. 後世に戦争という過ちを繰り返させないための犠牲だったんだと思う。
    国を守るため、家族や恋人を守るため散っていった人々。他国の方に常軌を逸した作戦と言われようと、戦争を賛美することと言われようと、日本国民は犠牲の意味を自らみつけ忘れてはならないと思います。

    過ちは繰り返さず、祖国を守り抜いた人々を忘れず、敬う。これが私にとっての意味です。
    [ 2014/06/08 23:06 ] [ 編集 ]
  683. 1.特別攻撃隊はもちろんのこと、死を覚悟して後生を守ってくださった兵隊さん方に対してあまりにも礼を失した発言には腸が煮えくりかえる思いです。

    2.史実を調べることもなく思い上がった論を張る方々へ
    ●特別攻撃隊の戦果は、少なかったのではない。米国民の士気を下げないため、当時はおろか戦後までもGHQが報道管制を敷いて米国の被害を隠していたものです。
    ●特別攻撃隊を始めとした死を恐れずに戦う日本兵の姿を見て怖じ気づいた連合国側が天皇陛下の存続を求め、さらに陛下がおられたからこそ、日本の内戦状態にならず、ひいては南北分割を免れたのです。この意味でも無駄死にとは到底言えない。
    ●「統率の外道」という言葉について
    これは命令者本人が使った言葉であり、当事者以外が使っていい言葉ではないよ。その程度のことも斟酌できないのか?
     これらのことは、まともな図書館に行けば半日で知ることができるものばかりです。

    3.特定三国人ならいざ知らず、史実を調べることもせずに日本人が英霊に対して云々ぬかすな。今、平和に生きていられるのは一体誰のおかげか。
    悔しくて、情けなくてこのコメントを書きながら涙が出てきたよ。
    [ 2014/06/19 22:02 ] [ 編集 ]
  684. あなた達の命の犠牲により日本は平和です。
    ただただ畏敬の念が込み上げてきます。私より若い彼らの気持ちを思うと涙が出てきます。
    あなた達に恥じない生き方をしたいし、恥じない国になりたいと思います。
    [ 2014/07/08 04:39 ] [ 編集 ]
  685. 貴方がたのお陰で日本人は未だに矜持を持ち続けています。
    むざむざ甘い外交で隣国の特亜に日本を蹂躙させたくない。

    日本人なら靖国神社に参拝いかないとな。
    [ 2014/07/28 16:35 ] [ 編集 ]
  686. 作戦自体は最悪な物だと思うけど、当時はそれだけ追い詰められてたんだろうね。

    彼らの犠牲があったから今の日本がある。
    国の為、家族の為に身をささげた彼らの献身に感謝と敬意を
    [ 2014/07/29 05:26 ] [ 編集 ]
  687. 講和を目指していたが、それも叶わなかった、降伏以外で戦局を有利に
    する選択肢が無かった。特攻を命ずる方、命ぜられる方もそれを概ね
    了解していたと思う。特攻に行かれた方々には日本人として、ただただ
    感謝と哀悼の気持しかない。
    まあ、西洋人(キリスト教徒)が特攻=自殺として理解できんと言うのは、宗教的なところが大きいと思うが、これは文化の違いというしか思い
    つかない。
    [ 2014/08/18 03:15 ] [ 編集 ]
  688. 彼らこそ真の英雄、その犠牲を否定する事こそ蛮族の証、彼らは家族や愛する人を守りたかっただけだ。それを否定する人こそ比国人である。
    [ 2014/08/22 16:16 ] [ 編集 ]
  689. ある回天隊の人の言葉で、彼らは日本人をこの世に残すために覚悟の上で特攻したと、そうゆう多くの人に尽くした人を評価し、敬わなければ誰が人に尽くすのかと。まさにこの人の言うとおりじゃないですか。
    [ 2014/08/22 16:28 ] [ 編集 ]
  690. 神風という作戦自体についてダメだしする人いるけど、まあそれはそうとして、ポイントそこじゃないと思うんだよな。

    負けるとわかってるけど、「諦めず突っ込んでいった人達がいる」という事実が後世の俺らにとってどれだけ大事か。だって、例えば諦め早くてソッコー降参してたら、情けなくね??俺はそんな日本イヤだ。

    それに、結果的に世界に対して「日本人やべえ」「気合が違げえ」「敵にまわしたらヤバイ」ってなってると思うけどねえ?
    [ 2014/08/26 00:07 ] [ 編集 ]
  691. 国や家族の為に尊い命を犠牲にして戦った特攻隊。
    外国人もコメントしているが敬意をもって敬うのが当たり前。

    逃げてばかりのチョンにはわからないだろう。
    そして卑怯者には一生わからなくて良いと思う。
    [ 2014/09/17 06:18 ] [ 編集 ]
  692. 良兵を無駄死させたのは愚策以上の何者でもない
    アメリカのように何とか生きて返ってまた敵を倒すって発想のほうが遥かに侍的な発想だ。
    でも殉じた者を愚弄するのは許されない
    彼らは死の恐怖に震えながらそれでも国や故郷の人々のために
    蛮勇を奮って死んでいったんだから
    [ 2014/09/28 12:39 ] [ 編集 ]
  693. 特攻を美化すんなよ。
    彼らは上官による日常的な暴力と洗脳で特攻しただけだろ。タリバンが子供たちに自爆テロさせてるのと同じだ。おまえらが美化したら、本当は特攻した連中が浮かばれないんだがな。
    [ 2014/10/01 09:37 ] [ 編集 ]
  694. ※1 これにプレスコードな今の日本人像がすべて集約されてるなw


    知覧や予科練の特攻隊の記念館に彼女つれてったら声出して泣かれて焦った
    まあころされるかころすかの戦時をまったく理解できない俺だったが
    彼らの日記や遺書は明るくさわやかできれいすぎてたまらんかった
    今はたぶん俺は寿命が来る頃生きる意味がなんとなくわかるんだろうけど彼らは十代ですべて知ってたな
    [ 2014/10/08 20:37 ] [ 編集 ]
  695. ※692,693
    よぉプレスコードwww
    [ 2014/10/08 20:42 ] [ 編集 ]
  696. 涙があふれました。こんなにたくさんの温かいコメント。
    外国の方々や日本国民が、こんなにも日本の先人たちを尊敬し、哀悼の念を捧げてくださっていることを知って本当にうれしいです。日本人に生まれて本当に良かった。
    中国や半島の方々に何と言われようと日本国民は大和民族です。たとえ誰も見ていなくとも自分に恥じる行為は出来ない武士道の民族。時代が代わろうと受け継がれていく。
    戦後、長い道のりでしたが、私達の誇るべき日本の先人たちの犠牲の上に今の日本があります。私たち日本人は、そのことを忘れず、すばらしい先人たちの汚された尊厳と誇りを挽回し、日本を取り戻し、次世代の日本人へこの国を手渡さなけれはなりません。
    それは、現代を生きる日本国民の義務であり証しです。
    そろそろみんなで目を醒まして頑張って行きましょう。
    [ 2014/10/17 14:44 ] [ 編集 ]
  697. 美化する気はないが心からの敬意と哀悼を・・・。
    そして神風以外にも各戦線で玉砕していった人々の事も忘れたくない。
    今の日本はそうした人々の屍の上に成り立っているのだから。
    [ 2014/11/03 03:22 ] [ 編集 ]
  698. まずは太平洋戦争で散った全ての先人達に深い哀悼と感謝の意を。
    一部誤解されて朝鮮人扱いされている方もいるように感じましたが、基本的には殆どの人が特攻を実施した隊員達を顕彰しつつも、それを命令した立場の人達及びその様な作戦をとらざるを得ない所まで追い込まれた日本指導部(曖昧ですが)に対して不満というか反省点があるのだと思います。
    米国との開戦に至るまでの道は、明らかに開国から明治維新あたりからの連綿としたつながりの中の出来事であり、どこが間違っていたのか、他にどのような道があったのかは軽々に語れることではありませんし、おそらく誰にも説得力のある話は出来ないでしょう。
    ただ、当時植民地を作りブロック経済での自給自足体制をとる以外には一等国として生き残るのは困難だったのではないかと思われます。
    そして、日本が石油という全ての産業の生命線である原料を得る為には中国または東南アジア方面への進出が必至だったと思われます。
    また、当時の世界情勢において日本人がどれほど差別され孤立していたかの理解があまりにも少ない意見が多いように思います。
    実際当時の小説などを読むとナチュラルな差別意識に愕然とします。明らかに庶民レベルで、言い換えれば全国民のレベルでカラードは数段下の存在と認識しています。
    そんな中で唯一の黄色人種による、しかも新参列強国の日本がどれほどの苦労をしたかを見ていくと、その苦闘ぶりには涙を抑え切れず、また先人への深い尊崇の念を禁じ得ません。
    今私達にできるのは先人達がその苦闘の中で作り上げ受け継いでくれたものを守り発展させていくことでしょう。
    情報に強く、高潔だが賢明な判断でこの国を幸福で豊かな国であり続けさせるべく努力しましょう。
    [ 2015/01/04 15:00 ] [ 編集 ]
  699. >どうして普通の考えを持った人たちが、彼らを賛美するのか分からない……。
      兵士の命を無駄にした作戦だったし、戦闘における、歴史的な過ちだろ。アメリカ

    それはそうだがアメリカ人が言っちゃいかんでしょ。
    そういう状況なるまで追い詰めたのは誰だ?
    [ 2015/01/13 22:13 ] [ 編集 ]
  700. 日本を守るために命を懸けた人々
    今の日本をみてどう思うのかな
    [ 2015/05/06 22:44 ] [ 編集 ]
  701. 無駄死にだった訳は無いし、名誉とか犠牲とかいったものとも違う。なぜ外国人はそんな事も分からない人が多いのか?逆に不思議だと感じる。

    もし徹底抗戦せず簡単に降伏していたとすれば、恐らく今の日本はもっと違う形を成していたのではないかと思う。日本人にとって好ましくない状態で。
    [ 2015/06/06 10:54 ] [ 編集 ]
  702. 護国の英霊に感謝します
    愛する家族、地域、国家、伝統、文化、国体を守るために、自らを犠牲にして散華された英霊に感謝申し上げます。
    天国から今の情けない日本を見て英霊はどのように考えられておられるのか、さびしい限りです。命を懸けて守ってくださった、領土も国民も奪われても「遺憾の意」しか表明しない政治屋どもにはうんざりします。英霊皆様の御霊は、真の大和民族の血を引いたものが受け継いでいきます。
    [ 2015/07/30 21:22 ] [ 編集 ]
  703. 米20
    戦後にあった公職追放が一番の原因だと思う。
    これでまともな教育者をはじめ
    いろんな役職についていた日本人が職を辞めさせられた

    [ 2015/08/04 17:40 ] [ 編集 ]
  704. 神風特攻隊は、日本を無差別爆撃をやっている米空母を撃沈するために突っ込んでいったんだが、自爆テロは、罪もない女子供をただ殺害してるだけだろ。
    自爆テロとはまったく違う。これを混同させようとしている反日TBSのモーニングバードのアフォバカ総研とか言うマスゴミにだまされないようにしよう。こいつは、テロないし戦争犯罪行為とハーグ陸戦法規で認められている戦争行為を混同させようとしている。だまされないようにしよう。
    [ 2015/11/17 10:07 ] [ 編集 ]
  705. 戦争で生きる手段は「誰かが死ななければならない」なんだよね。
    それが敵であるか、味方であるか・・・。
    誰もが生きたいと願う中で「少しでも生きる望みがある人の為」に死を選ばなければならなかった。
    特攻隊は100%死に向かう作戦だけど、それ以外の部隊だって奇跡的に生還出来る事はあっても、やはり「命を懸けて」は免れなかった。
    戦争に勝とうが負けようが、どちらにしても敵と味方と多くの人の犠牲の上に「生きる」が成り立つのが戦争。
    [ 2015/11/20 04:35 ] [ 編集 ]
  706. 外人のコメントを読むと、特攻隊員達が将来に望んでいたものがよく解るね。
    [ 2015/12/09 16:29 ] [ 編集 ]
  707. 元敵国の人達から賞賛されるのが最高の名誉なんだろうな
    [ 2015/12/17 22:16 ] [ 編集 ]
  708. 皆 正解じゃ。
    戦で負けるは 世の習い事。負けるにすれ 二度と会いまみえたくなし!と 敵に思わせる様な戦いをするは 長州征伐の長州藩の戦いにある。無抵抗で滅び去った民族、国も多いが、この国の民はなけなしの決意と犠牲で「後輩の為」に戦い抜いた。努々忘れるな この犠牲と決意を。敵も天晴 この世の持てる力を全てぶつけてこられた、戦争は終わらせ方が肝心じゃズルズルと中途半端な戦を続けて両国の貴重な若者の命を落とす愚を避けた敵の戦も一枚上手。
    よく、帝も終戦を決断された。本気で戦った相手としか握手は出来んものじゃよ。
    [ 2016/02/28 12:16 ] [ 編集 ]
  709. 特攻隊の精神をまったく理解できていないのは、現代の日本人かもしれんな。

    (´・ω・`)
    [ 2016/06/13 13:06 ] [ 編集 ]
  710. イスラム馬鹿の自爆テロと混同してる奴がまだ居る事に驚く
    [ 2016/11/29 05:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング