fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


中国「日本人って凄いわ」 明治維新のドキュメンタリーに中国人感銘

映像は中国の国営テレビ「中央電視台」が制作したドキュメンタリーで、
「列強の台頭」というシリーズ物の7作目かと思うのですが、
「百年維新」として、ペリー来航、明治維新、富国強兵、近代国家の建設、
日本の帝国主義化、敗戦、そして復興までが描かれています。

中国で放送されたのは2006年11月ということで、
安倍首相の訪中で首脳会談が実現し、日中関係が雪溶けに向かった時期。
そういった背景も考慮すべきなのかなとは思いますが、
とにかくも、中国人からは率直な意見が寄せられていました。


[中央電視台]大國崛起 - 07. 百年維新(日本) Part 1/5





■ 日本は敵のやり方を学んで、敵を制したわけだよね。 中国




■ 当時の欧米列強は中国に注意を注いでたから、
  客観的に見た場合、日本はその間、維新を成し遂げるだけの余裕を持てた、
  っていう考え方もできなくはない。 中国




■ どうして日本はいつも成功するんだろうな。
  今では世界有数の経済大国だもんね。 香港




■ 中国は儒教があまりにも深く浸透しすぎてたんだよ。
  日本の場合、思想的に中国ほど深くはまってなかった。
  4大文明の古い国は、歴史的な思想に足を引っ張られたんだ……。 イギリス在住




■ 中国は複数の国に分かれるべきなんだよ。それが中国人の幸せに繋がる。
  大きな国っていうのはそれなりに負担も大きいんだ。
  スイスは小さいけど、ダメな国か?
  アジアの主導権は日本とアメリカに渡そう。 オーストラリア在住
    



■ 日本は外国に学び、国難から立ち上がる道を求めた。
  みんなが団結し、強大国になる道を求めた。
  中国人の場合はひとりよがりなところがあるからね。
  自分達の文化に自尊心を持ち、外来の文化と対峙しても気にかけない。
  でも民族が歴史的に引き継いできた欠点は、変えることが出来るんだ。
  長所は長所でそのまま保たないといけない。
  性質が違うものでも良いと思えば吸収して、力に変えればいいんだ。 中国




■ 当時の日本は列強に刺激を受けてから、身分や年齢で差別せず、
  すべての人間が欧米に学べられるような環境を作った。 アメリカ在住  




■ 色んな国のこういうドキュメンタリーを観てきたけど、
  民主的だから裕福になるんじゃなくて、
  裕福だから民主的になるってことが分かった。 オーストラリア在住




■ 俺たちの母国、中国の維新はいつ起こるんだ? ブータン在住




■ 中国は漢の時代から明の中期まで、世界で最も進んだ国家だった。
  計算すると、だいたい2千年もの長い期間なんだ。
  その間、世界が中国に学んでいた。
  中国が劣勢にあるのは一時的なもので、
  また中国の時代が来ることを強く信じてる。 アイルランド在住 




■ 当時の中国は、信じるべき対象が悲しいくらいに欠如してた。
  日本は中国とは違って、天皇、そして国家。
  忠義を尽くすべき明らかな対象が2つ存在してたんだ。 中国



   ■ 中国人の信条は深すぎたんだよ。
     日本には開放的な若者がいて、自分達の文化にそこまで思い入れがなかった。
     科学と技術が、自分達の国を強大にする手段だ
     ってことを分かってたの。 イギリス在住



■ 日本人は本当に力強い民族だね。いつかは追い抜きたい。 スペイン在住



 
■ 他国を率直に認められるアンタらも捨てたもんじゃないぜ。 フランス在住  




■ 本当に、俺たちは日本からよく学ぶべきだな。 中国




■ 日本人って凄いわ。
  清朝も開国してたなら好きだったんだけどなぁ。 イギリス在住 




■ はっきり言って、孔子の教えが中国人にとっては桎梏だった。 カナダ在住




■ 清王朝は、保守派が優位を占めてたわけで。
  改革を推し進めようとする維新派は風下に立ってた。
  だけど、日本はそうじゃなかったんだよね。 中国




■ 本当に面白かった。
  内容はすべて客観的で、日本に対する先入観を捨て去って描いてた。
  中国のテレビ局がこういった番組を作れるなんて、中国は本当に進歩的になったね。
  海外に住む華人として、制作チームに感謝します。 マレーシア華僑 




■ もし日本と中国が共に維新に成功していたらならば。
  その場合、日本は中国を攻めてきたのだろうか。 中国




■ 清が滅んだ頃の中国の経済力って米英に次いで世界3位だったんだよね。
  あの時期が中国の1つの転換期だったと思う。
  もし当時のトップが上手く処理してたら、
  歴史は大きく変わってたんじゃないかと思うんだ。 中国    



   ■ 世界3位? ホントなのそれ? 中国
 

 
■ 日本は戦争に負けて崩れ落ちたのに、
  そこからすぐに復興して世界第二位の経済大国にのし上がった。
  公平に見ると、本当に力強い国だと思う。 イギリス在住




■ この動画を観て、俺は日本という国に敬服したよ。 カナダ在住 




■ 素晴らしいドキュメンタリーでした。投稿してくれてありがとう。 中国




  

日本への中傷がまったくなかった、とは言いませんが、全体からみればごく一部。
冷静に当時の日本と中国(清)を分析する方が多かった印象です。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。


コメント欄の管理を担当していた副管理人が体調不良となり、
時間的に管理人がその仕事をフォローする事は難しいため、
一時的にコメント欄を閉鎖させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
[ 2014/01/06 23:00 ] 文化・歴史 | TB(-) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング