パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「俳句作るの面白過ぎ」 『俳句の作り方』に外国人興味津々

5・7・5から成る、世界最短の定型詩とも言われる、俳句。
EUの代表であるファン=ロンパイ欧州理事会議長が、
俳句集を出版したことが昨年にも話題になりましたが、
現在では英語圏を中心に、世界中で句作を行う人が増えています。

動画では「1つの考えを短く纏める詩で、人の心を掴みやすく、
創造的な世界を生み出せる詩の形」とした上で、
17文字から成る点、5つのシラブル(音節)から成る点、
3行に分けて表される点、詩のアイデアを自然から採る点など、
俳句の基本知識を説明されています。

コメント欄には、動画の情報を参考に俳句を作る方が続出していました。


Writing Lessons : How to Write a Haiku





■ 投稿ありがとう。どういうものなのか理解するのに役立ちました。
  私の娘が学校でハイクの宿題をされたのよ。ありがとね。 アメリカ
  



■ 情報ありがとう。でも難しいなぁ。書くのが怖いよ。 中国
  



■ 私も書いてみたけど、日本語で書けるようになりたいなぁ。
  とりあえず英語版を読んでみてください。
  「ゆっくり眼を開く 再び手が重なることはない さようならと君は呟いた」
  これ私の元カレについて書いたものなの Y_Y 




■ ハイク詠む時って、つい指で音節数えちゃうよな。 オーストラリア




■ ハイクに関するレポートを作らないといけないので、
  この動画の情報を使わせていただきます。 フィリピン




■ ハイクを理解するためには、ゼンの精神も理解しないと駄目だよ。 ニュージーランド




■ 「ケーキ旨い 朝に食べたが 昼もいこう」 デンマーク




■ 「狙ってる 女性が友と ドライブ中」 ハイク作るの面白過ぎる。 イギリス




■ 自然を詠んだハイクってどうやって書くの???
  今度の月曜日までに書かないといけないの!!
  詩って得意じゃないから誰か助けてー。  アメリカ




■ 「屁をこいた ハイクの書き方 学びつつ」 イスラエル
    



■ 近代ハイクって別に5-7-5の形式にこだわってないでしょ。 イタリア




■ 分かりやすい動画をありがとう。
  これを観せれば、僕の生徒たちも作る気が起きそうだ :) ドイツ




■ 「木はグリーングリーン 枝は茶茶 葉もグリーングリーン」 アメリカ  



   ■ いいなそれ。俺が今まで見てきたハイクの中でベストかも分からん。
     あんたハイクの天才だわ。 スウェーデン



■ ハイクは簡単だよ。だけど時々意味が分からないんだよね。 アメリカ




■ なんで君らはふざけてるんだ?
  俺は真剣にハイクを勉強しに来てるのに。 フィリピン




■ 最後の5の部分では、7の流れに沿って作られるものじゃないのか? 日本在住 




■ いいね! 俺もずっとハイクを作り続けてるよ。
  一回始めると止まらなくなっちゃうんだよね。ハイクは本当に面白いよ。
  自分のハイクに、神を宿らせることだって出来るんだから。
  みんなもとにかく何か作ってみようぜ。 アメリカ




■ ハイクなんてどんな人間でも書けるだろ。
  単に17音節で止めればいいだけなんだから。 イギリス




■ ハイクが簡単なわけないじゃないか。
  単に形式に従えばいいっていうものじゃなくて、
  観察力や17音節にまとめる能力の精神的な実践なんだよ。
  何かを短い言葉で表現するっていうことは、
  いつだってそこに知性が介在するものなんだ。 メキシコ




■ 「秘めた思い 今もあなたは 知らぬまま」  アメリカ



 
■ 音節じゃなくて拍なんだよね。
  まあその拍が何なのかを知りたいんだけどさ。 オーストラリア  




■ 英語の場合は5-7-5の形式に縛られなくても大丈夫だよ。 アメリカ




■ 役立つレッスンでした。ハイクってシンプルなんだね。
  だからこそ、有用な芸術の形なんだろう。
  シンプルだけど、スナップ写真のように特定のイメージを捉えることが出来る。
  シェアしてくれてどうもありがとう! アメリカ 




■ 「山登り 途中で断念 花を手に」 アメリカ




■ 「暑い日も 寒い日にも 引きこもる」 スウェーデン




■ 俳句作ってる途中で音節余りが発覚するとムキャーってなる。 イギリス




■ クールだね。先生にシンガポールを詠んだ一句を作ってくるよう言われたんだ。
  だからいいアイデアがないものかと覗きにきました。 シンガポール




■ 伝統的なハイクは17音節であることは確かだけど、
  英語は日本語と同じような構造にはなっていないっていう考え方に俺は同意する。
  ハイクっていうのは、縛られた形に固執しているようなものではなくて、
  瞬間やイメージ、その裏にある精神を結晶化させたものなんだから。 アメリカ




■ みんな創作意欲旺盛だから、私も、って気になっちゃった。
  ということで一句。「猿が来て 私のクッキー 食べてった」 日本在住




■ 「働こう ネットに時間 使いすぎ」 イギリス




■ ハイクは韻もないし短いから、小さい子供にお誂え向きって言われるけど、
  それが本当だとは俺は思えん。しっかりとしたハイクを詠むためには、
  5-7-5や季語以外にも色んな要素があるんだから。
  別に面白ハイクを作ってる人に文句を言ってるわけじゃないけど、
  本来のハイクには、深い思考が求められるんだよ。 スイス 




  

石原慎太郎氏が著書の中で語っていたエピソードなのですが、
日本語が流暢で、日本文化にも精通しているドイツ人の知り合いの方が、
満足のいく出来として石原氏に披露した一句があるそうです。
それが、「公園に 鳩がたくさん おりました」というもの。
そこから石原氏は日本人の感性について持論を展開していましたが、どうなんでしょう。
俳句には日本人ならではの感性(高低の問題ではなく)が必要なのでしょうか。
日本に精通しているだけに、そして外国人であるからこそ、
日本の「簡素さ」を、あるいは過剰に意識されたのかな、とも思いましたが。



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2014/02/02 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(410)
Powered By 画RSS
  1. >>働こう ネットに時間 使いすぎ

    そうは思えど 成しがたしなり
    [ 2014/02/02 23:06 ] [ 編集 ]
  2. 自由律も知って、さらに分けワカメになればいいよ!
    [ 2014/02/02 23:11 ] [ 編集 ]
  3. 最初に出てきた"Autumn"って俳句を声に出して読んでみると、確かに575っぽいリズムになってた!
    [ 2014/02/02 23:13 ] [ 編集 ]
  4. 俳句というより標語になっちゃってる句多し
    やっぱりハードル高いかな?
    [ 2014/02/02 23:14 ] [ 編集 ]
  5. よーし、次のステップでは季語を入れてみよう!
    とかなったら、出来るか!って言われそうだね。
    [ 2014/02/02 23:14 ] [ 編集 ]
  6. みなの俳句おもしろいw
    [ 2014/02/02 23:14 ] [ 編集 ]
  7. 外国人が俳句を語ると必ず「五七五という古い慣習にこだわる必要は無い」とか言い出す人が現れるんだよな…
    そりゃ例外もあるけど、「足だけだと不自由だからサッカーは手を使っても良い」と基本的に言ってる事は変わらないと気付いてほしい
    [ 2014/02/02 23:16 ] [ 編集 ]
  8. 川柳は好きだけど、俳句はハードルか高くて無理だわ。
    何が何月の季語とか知らんし。
    [ 2014/02/02 23:16 ] [ 編集 ]
  9. 外国でも授業で俳句をやるのか…!
    あまり堅苦しく考えず、ぜひフリーダムに俳句を楽しんでほしい
    んで、伊藤園のお茶のボトルみたいにどっかでちまちま発表してほしいな
    [ 2014/02/02 23:19 ] [ 編集 ]
  10. ■ ハイク詠む時って、つい指で音節数えちゃうよな。 オーストラリア

    あるあるwww
    [ 2014/02/02 23:20 ] [ 編集 ]
  11. 俳句に似たようなものってアメリカにもあったような
    アシモフが「黒後家蜘蛛の会」で書いてたよね
    韻を踏む言葉遊びだったけど
    ムキャーにワロタ
    [ 2014/02/02 23:20 ] [ 編集 ]
  12. EU大統領も来日時、松山行くくらい俳句好きだしね
    [ 2014/02/02 23:21 ] [ 編集 ]

  13. <ヽ`∀´>「俳句の起源はウリナラニダw」
    [ 2014/02/02 23:21 ] [ 編集 ]
  14. ※1
    上手い!
    [ 2014/02/02 23:23 ] [ 編集 ]
  15. どうみても川柳です。

    季語の有無って凄く簡単なルールだと思うんだけども
    説明されてないのかな?
    海外だと俳句に川柳も含まれてるとかなのかもしれないが。
    [ 2014/02/02 23:24 ] [ 編集 ]
  16.  
    忍者「ハイクを読め」
    [ 2014/02/02 23:24 ] [ 編集 ]
  17. 外国だと季語ってどうすんだろ?
    四季がはっきりしてなくても認識できる程度あればいいが
    南欧とか中南米とかだと無理だろw
    お国柄が出ておもしろいかもしれんが
    [ 2014/02/02 23:24 ] [ 編集 ]
  18. うーん、隠喩や連想テクはまだ難しいか・・・
    [ 2014/02/02 23:24 ] [ 編集 ]
  19. 17文字? 17音の間違いじゃ?
    [ 2014/02/02 23:25 ] [ 編集 ]
  20. ※8
    必ずしも俳句には季語を入れなければならないというわけではないよ
    季語を使わない無季俳句というものも昔からある
    [ 2014/02/02 23:25 ] [ 編集 ]
  21. >「山登り 途中で断念 花を手に」

    元コメでは"I climed a mountain My ascent failed in fatigue I picked flowers there"ですね
    いいなあこれ、訳も素晴らしいです
    なぜ登頂しなかったのかと問い詰める家族と、「摘んだお花がしおれないうちに帰ろうと思って」などの言い訳をする作者すら見えそうです
    [ 2014/02/02 23:25 ] [ 編集 ]
  22. ※1はお見事
    五七五に七七で返しをつけるのは別の遊びだけど上手い!
    [ 2014/02/02 23:26 ] [ 編集 ]
  23. 山登り 途中で断念 花を手に

    これは気に入った、季語は花でいいだろうし
    花プラプラしながら下山してる所が目に浮かぶようだ
    [ 2014/02/02 23:26 ] [ 編集 ]
  24. ほとんどが標語になっちゃってるけど
    興味を持って作ってるの面白いね
    季語を入れて風流さが出ればなお良し
    でも季語って分かるのかなぁ
    [ 2014/02/02 23:26 ] [ 編集 ]
  25. >先生にシンガポールを詠んだ一句を作ってくるよう言われたんだ。

    マーライオン ああマーライオン マーライオン
    [ 2014/02/02 23:27 ] [ 編集 ]
  26. アイエエエエ! ※16!? ※16ナンデ!?
    [ 2014/02/02 23:29 ] [ 編集 ]
  27. 偏見を集めてはやしネット川
    [ 2014/02/02 23:29 ] [ 編集 ]
  28. 縛りルールがあると何事も面白くなるんだよな。
    [ 2014/02/02 23:30 ] [ 編集 ]
  29. 川柳と俳句の違い分かれや
    大概にしろ。超激おこ。
    [ 2014/02/02 23:30 ] [ 編集 ]
  30. 川柳だな
    [ 2014/02/02 23:30 ] [ 編集 ]
  31. 俳句じゃなくて、川柳が多いな。
    なお、俳句の定形をくずしたら、
    それはもうただの散文詩である。
    [ 2014/02/02 23:30 ] [ 編集 ]
  32. 山登り 途中で断念 花を手に
    これ、好き。訳者が良いってことか。
    [ 2014/02/02 23:32 ] [ 編集 ]
  33.  
    英語は五七五が難しいからこだわらなくていいとか、
    そんなもんただの詩の一節じゃん。
    俳句の真髄は五七五だろうが。
    できないならルールを変えてまでやろうとするな、バカガイジン。
    [ 2014/02/02 23:33 ] [ 編集 ]
  34. ※1

    ↑ すごいね。 ぽっ
    [ 2014/02/02 23:35 ] [ 編集 ]
  35. 川柳だという人多いけど
    川柳と季語なしの俳句(雑句)の違いは曖昧だから詠み人が俳句だと言えばそれは紛れも無く俳句だぞ?
    [ 2014/02/02 23:36 ] [ 編集 ]
  36. 俳句にも当然韻があるよ。
    英語みたいに品詞ごとに語尾の発音が統一されがちだと
    リズムだの韻をこてこてに踏みまくるだのが発達するのかもね。

    韻を踏んでるかどうかは音さえ聞ければ言語を解さなくても発見できるけど
    多言語の文化や歴史的背景を知らないとダブルミーニングに気付けないことが多い。
    掛詞のほうで技巧を凝らしている句もたくさんあるんだから、
    それがわからないとただも字数制限にこだわった詩作と誤解されがちだ。
    当然日本人でも俳句の掛詞を理解するには学習が必要だけど。
    [ 2014/02/02 23:36 ] [ 編集 ]
  37. 俳句を始めるにあたって歳時記があるといい
    案外安いのでポケット版を買って読むとなかなか楽しいよ
    [ 2014/02/02 23:37 ] [ 編集 ]
  38. ※33
    俳句の神髄は別に五七五じゃないだろ
    現に字余りや字足らずも認められてるんだから
    [ 2014/02/02 23:38 ] [ 編集 ]
  39. 俳句と川柳は違うぞ
    [ 2014/02/02 23:39 ] [ 編集 ]
  40. 公園に鳩がおりましたわろた。

    俺も頑張ったけど下品かしら

    春の午後 鳩が舞い立ち 生ぬるい

    解説:ぽかぽか暖かい春の午後、公園で鳩が飛び去るところを見ていると糞が直撃しほかほかな様子
    [ 2014/02/02 23:39 ] [ 編集 ]
  41. 最後に最上川を付ければOK牧場
    [ 2014/02/02 23:39 ] [ 編集 ]
  42. 日本、アメリカに続いて三番目に俳句人口が多いのが
    なぜかクロアチア。
    ユーゴ内戦を詠んだ句が多い。
    [ 2014/02/02 23:39 ] [ 編集 ]
  43. フェルデランス
    外人の上っ面コメントにワロタ。
    川柳と俳句を混同してんじゃねえ。
    俳句なら季語ぐらい理解しろ。
    [ 2014/02/02 23:39 ] [ 編集 ]
  44. Wiki
    無季俳句、自由律俳句も含まれるがそれを俳句と認めない立場も存在する。
    また、英語などの非日本語による3行詩も「Haiku」と称される。日本語以外の俳句では五・七・五のシラブルの制約がなく、季語もない場合が多い。
    現在では外国人が日本語で俳句を作ることも始まった。そうした外国人の俳人には現在マブソン青眼、ドウーグル、アーサー・ビナードなどがいる。
    日本の詩歌の伝統をひきついで成立した俳句は、五・七・五の音数による言葉の調べ(韻律)と「季語」と「切れ」によって短い詩でありながら心のなかの場景(心象)を大きくひろげることができる特徴を持っている。
    [ 2014/02/02 23:41 ] [ 編集 ]
  45. 石原慎太郎のその話って仁平勝のエピソードのパクリじゃね?
    [ 2014/02/02 23:42 ] [ 編集 ]
  46. > 「暑い日も 寒い日にも 引きこもる」 スウェーデン


    仲間がいた―(#^ω^#)
    [ 2014/02/02 23:43 ] [ 編集 ]
  47. 季語ぐらい理解して、やって欲しいと思う
    [ 2014/02/02 23:43 ] [ 編集 ]
  48. 五七五 季語有り俳句 無し川柳

    てのを聞いた時は上手いと思ったw
    [ 2014/02/02 23:44 ] [ 編集 ]
  49. 狭量な人が多いなあ
    [ 2014/02/02 23:44 ] [ 編集 ]
  50. 子供が 三人 おりますねん
    [ 2014/02/02 23:44 ] [ 編集 ]
  51. ※46
    それ、俳句でもなんでもないから。ただの独り言
    [ 2014/02/02 23:44 ] [ 編集 ]
  52. この記事は 翻訳するのも 大変だ
    [ 2014/02/02 23:48 ] [ 編集 ]
  53. 興味もって、楽しんでる人たちにグチャグチャ言うのは野暮なんだよ。
    そのうち季語についても勉強し理解するようになるんだからさ。
    ホント、日本人ってしょうもないことにこだわる人多いよなぁ。
    あと、日本人特有の感性はあるんだろうけど、外国人にもその国特有の感性があるわけで、違いを認識するのは良いことだろうけど優劣つけるのは好きじゃない。
    [ 2014/02/02 23:48 ] [ 編集 ]
  54. ※53
    季語を理解してから俳句やれという考えにはならないのか?
    [ 2014/02/02 23:50 ] [ 編集 ]
  55. ※23
    季語が花でいいわけあるかぁああああああああ花の名前ならともかくも
    花の咲く季節は一つじゃないんだぞ

    お前の頭の中はどうなってるんだ。
    [ 2014/02/02 23:52 ] [ 編集 ]
  56. >53
    俳句らしくないのを俳句と言ってる人間、外人含めているのがおかしくないか?
    俳句といわずに、別の言葉で言えばいいだけで、「俳句」語るのならなにかは必要だよね

    未熟な時に「俳句」とかかたるなってことではないの。
    [ 2014/02/02 23:55 ] [ 編集 ]
  57. ※55

    大笑い・・あ、同意の笑いね。 花は季語でもないしね。
    あなたの言う通り。 同意。
    話しかたに、笑っただけ。
    [ 2014/02/02 23:57 ] [ 編集 ]
  58. 季語とか音節の最低限のとこは守って
    後は自由でいいと思う
    現代語で作るとなんか軽い感じに思えるけど
    結局それは受け取る側の問題だ
    受け取る側が意味を見出そうと深読みすれば深いものもある
    最初から軽いという先入観があるからなかなか感じられないだけ
    数百年後の人が聞いたら今の現代語で作ったものも味が感じられるかもしれないし
    柿食ば金が鳴るなり法隆寺だって
    上辺だけ聞いたら軽い感じだけど
    これに情景を思い描いたりするのは受け取る側の感性も必要だ
    [ 2014/02/02 23:57 ] [ 編集 ]
  59. ※54よ... あれは俳句では無くHAIKUなのじゃ...
    忍者がNINJAと同一のものでないのと同じようにまた、
    HAIKUと俳句も似て非なるものなのじゃ...


    海渡り もはや影のみ 残れども
         心伝うは 唄の技かな サヨナラ
    [ 2014/02/02 23:57 ] [ 編集 ]
  60. ※55
    俳句で花といえば桜を意味したりする
    立派な季語の一つだよ
    もちろんそれを知らずに使ってたんじゃ最悪伝えたいことが伝わらなくなるけどな
    [ 2014/02/02 23:59 ] [ 編集 ]
  61. 俳句というか川柳だよね、季語は必ずしも必要とされてないし
    [ 2014/02/03 00:01 ] [ 編集 ]
  62. アフリカのチーターで和歌詠んでみました。

    サバンナに
    インパラ獲らんと風待てば
    にほいかないぬ
    いまは駆けいでな
    [ 2014/02/03 00:01 ] [ 編集 ]
  63. 俳句のスレなのに俳句がひとつもない
    [ 2014/02/03 00:02 ] [ 編集 ]
  64. まぁ、慣れれば季語は入れられるだろう

    しかし枕詞は外国語じゃ絶対無理だろうな
    [ 2014/02/03 00:03 ] [ 編集 ]
  65. 俳句や和歌に必要なのは共感でき想像できる原風景だから、生まれ育った国や地域が違うと意味を成さなくなる場合もある。
    特に自然や季節を詠んだ俳句や和歌だとこの傾向が強くなる。
    雪をテレビや画像ですら見たことがない人に雪をお題にした俳句や和歌を見せても共感は得られ難いし、オーロラをテレビや画像ですら見たことがない人にオーロラをお題にした俳句や和歌を見せても共感は得られ難い。
    [ 2014/02/03 00:05 ] [ 編集 ]
  66. もはや日本発祥ってだけで我々の知ってる俳句は単なる一部に過ぎないのかもしれないな
    あと余程互いの言語に精通してないと感性が云々はいえないだろうね
    例えば木とtreeは完全に同じ概念であるとは限らないわけで
    [ 2014/02/03 00:07 ] [ 編集 ]
  67. ※59
    大笑い
    ここは俳句のスレではなかったのか・・・

    HAIKUのスレ??  馬鹿じゃないの?
    [ 2014/02/03 00:07 ] [ 編集 ]
  68. 季語に関しては、日本の季節から遠い季語も多いのが指摘されてるが
    外国で、四季がないとか、微妙な季節とかで多分季語自体が
    どうにかなりそうな予感もする。 
    季語ななくなったら、たんなる、小文だしね。
    [ 2014/02/03 00:11 ] [ 編集 ]
  69. >>7
    いや君こそちゃんと俳句について勉強すべき。
    サッカーの例えはいくらなんでもアホすぎる。

    そもそも歴史上の名句と言われる物には字余りのものも多くある。

    もちろんn絵画でも習字でも崩して描くには十分な基礎を積み重ねてから挑むべきで、
    そりゃ初心者が初めから定型を無視するのはあれだけど、特に言語体系が違う外国の人が厳格に日本語の語感から生まれた5-7-5に無理矢理外国語を当てはめてただの困難なパズル遊びになってしまっては本末転倒だという事を言ってるんだよ。
    漢字の無い国にとってのその制約が日本語と同じようには機能しない。

    外国語の数だけ日本語とは違う収まりの良い俳句の形があるはずなんだけどその雛形はこれから作ってかなきゃいかんのだよ。
    [ 2014/02/03 00:13 ] [ 編集 ]
  70. 米の黒人が俳句なんかやると、ラップになっちまうだろ
    [ 2014/02/03 00:14 ] [ 編集 ]
  71. 名無し
    ユニクロの ヒートテックは めちゃ寒い
    [ 2014/02/03 00:16 ] [ 編集 ]
  72. ※51

    ワロタ
    俺なら≪※46 馬鹿お前≫で終わる。
    早目に気付かせてやる貴方の優しさに乾杯!
    [ 2014/02/03 00:17 ] [ 編集 ]
  73. 俳句じゃなくて川柳じゃね?
    [ 2014/02/03 00:24 ] [ 編集 ]
  74.    
    アメリカでは学校で習うよね。
    廊下に貼られてる句がまた上手なのばかりなんだよ。
    [ 2014/02/03 00:24 ] [ 編集 ]
  75. ソチよりも 気になる6日の 都知事選
    [ 2014/02/03 00:25 ] [ 編集 ]
  76. 昔、NHKニュースで
    アメリカの小学校で俳句を教えてるのをやってた。

    教師が
    「西洋の詩は、詩人という特別な人しか作れないイメージだが
    誰でも作れる俳句は、子供にぴったり」
    とコメントしていた。

    そのとき紹介されたアメリカの小学生の句

    雪だるま ママのココアが 呼んでいる


    [ 2014/02/03 00:27 ] [ 編集 ]
  77. 俳句は、日本語で書くのが俳句でいいんでは?
    それ以外は、俳句モドキでも、別の名称でもいいや。
    勝手に名前付けろって事で。

    俳句と言いたいのなら、日本語でちゃんと季語つけろや・でいいだろ
    [ 2014/02/03 00:28 ] [ 編集 ]
  78. 外人さん 川柳ばかりじゃ いけないよ(字余り)
    [ 2014/02/03 00:32 ] [ 編集 ]
  79. 山登り 途中で断念 花を手に

    元コメが"I climed a mountain My ascent failed in fatigue I picked flowers there"であるなら

    断念し そこで花摘む 山登り のほうがいい。
    [ 2014/02/03 00:35 ] [ 編集 ]
  80. 575崩すのは、字たらず字あまり句またぎって、そういう技法が昔から成立してるから理解できてる人なら別にぜんぶそれでやってもかまわないし、現代俳句では無季と季語を併用する人の方が普通だから、そのへんはわりとどうでもいいんよね。

    それよりも、アルファベットに置き変えた場合には、俳句が他の詩文学とは異なる最大の特徴であり武器でもある配合法が大部分成立しなくなっちゃうことのほうが大問題なんよね。

    漢字カタカナひらがなアルファベット口語文語かけ言葉、日本語によって可能になるあらゆる手段を駆使して、表面の文脈とは違う意味とイメージを三重四重にも畳みこんでいくことが可能になってるからこそ、俳句はあの短さで詩文学として成立してるんよ。

    海外俳句はどうも普及を第一に置いたためか、そこんところがうまく伝わってないみたいで、正直単なる短文と変わんない作品が圧倒的に多い。きっぱり言ってあれはまだ詩にはなってない。と言うか、あれでは詩にできない。

    視覚表現に特化した言語だと言ってもいい日本語のそれとはぜんぜん違う、英語で成立する配合法を誰か開発しない限り、誰でも容易にできる詩っぽい短文以上のもんをつくるのは現状の作品を見る限りそうとう困難かと。
    英語型配合法を新たにつくりだすのはそれ以上に困難だけど。

    そういう意味では、短歌のほうがやや長いぶん、そのまま英語へも移植可能な技術が多くて、そっち持ってったほうが文学的な成果をあげる意味では良かったんではと言う気がするわ。
    [ 2014/02/03 00:36 ] [ 編集 ]
  81. >「山登り 途中で断念 花を手に」

    山登りが出来て花も咲いてるとなればある程度時期が限定できるかもしれん
    俳句となるか川柳となるかはわからんが良作だと思う
    [ 2014/02/03 00:36 ] [ 編集 ]
  82. 俳句、季語、を知らないアホばっかりだね。

    外人を悪く言えないわ、これじゃ。
    [ 2014/02/03 00:37 ] [ 編集 ]
  83. 日本で言う季語っていうのは、一つの(誰でも共有できる)イメージだと思うんだよね。日本だからそれは季節に拘ることも可能なだけ。
    だからグローバルなHAIKUであれば、季節にとらわれなくても共有できるイメージが表現された単語であれば、それはKIGOとしても良いと思う。

    例えばFire Flower(本当はfireworks)とかは、季語では初秋(お盆)だけど世界的には特に季節は関係ないと思う。でもその単語のもつイメージは、世界共通じゃないかな。まあ特に日本ではお盆とか鎮魂のイメージがプラスされるわけだけど。
    もっと言えば、graduationって季語では春。でも世界的には秋だし、そのうち日本でもそうなる可能性ある。だけど卒業という言葉の持つイメージは、たぶん世界共通で普遍的なものだろう。

    四季が無いような国であってもHAIKUを楽しめるような、新しいKIGOそしてグローバルなSAIJIKI(KIYOSE)を作ればいいんだよな。
    [ 2014/02/03 00:40 ] [ 編集 ]
  84. ※42
    ユーゴ内戦後に普及したんだよ
    心の傷や惨状を表現するのに、主に学識者より一般主婦層を中心に広まった
    最初に紹介したのも一般の方だよ
    たしかNHKのドキュで観た
    [ 2014/02/03 00:40 ] [ 編集 ]
  85. >「山登り 途中で断念 花を手に」

    ↑ 良いと思います
    [ 2014/02/03 00:41 ] [ 編集 ]
  86. 季語と言っても、日本の季語なので他国の方には
    感じ取れないかもね。
    それぞれの国の季語を作れば、もっと深くなるかも・・ね
    [ 2014/02/03 00:41 ] [ 編集 ]
  87. ※82
    じゃあお手本見せろ
    [ 2014/02/03 00:41 ] [ 編集 ]
  88. 木枯らしや 懐具合 似たりけり

    俳句って難しいっス
    [ 2014/02/03 00:43 ] [ 編集 ]
  89. 趣味で楽しむ分には良いじゃん
    [ 2014/02/03 00:43 ] [ 編集 ]
  90. 米欄のみんなも物知りだし、言葉遊びが上手な人が多いね。
    勉強になります。
    [ 2014/02/03 00:47 ] [ 編集 ]
  91. 「切れ」の概念を理解しないといい俳句は作れない。
    俳句が単なる短い詩だと思ってるうちは、やっぱり情景や気持ちを直截的に説明するだけの作句になってしまうのはコメントのなかで披露されたいくつかの例をみてもよくわかるね。
    まあ長年俳句をやってる人でも切れの解釈は議論百出なので難しいのだけれど、切れのない575は俳句の趣から外れてしまい川柳に分類されてしまう。
    [ 2014/02/03 00:49 ] [ 編集 ]
  92. ※87
    川柳じゃないってこと
    [ 2014/02/03 00:51 ] [ 編集 ]
  93. ※83
    自分が何を言ってるのかわかってるの?
    >四季が無いような国であってもHAIKUを楽しめるような、新しいKIGOそしてグローバルなSAIJIKI(KIYOSE)を作ればいいんだよな

    >graduationって季語では春でも世界的には秋だし・・・ 

    そんな季語があるのかしらんが 他の国によっては冬かもしれない?もうそれは季語じゃないだろ。1年中だろ。
    アフリカ人が俳句(らしきもの)を書いたら、冬の季語はゼロだろ?
    馬鹿なのか? 季語が世界で共有とか書いてるが馬鹿なの?

    日本の俳句は日本だけでいいのだよ。他の国がそれを参考にして
    好きに発展させていけばいい。 日本の文化は季節と密接にかかわっているのだよ。日本の季語がなくなることだけは避けたいね。
    [ 2014/02/03 00:52 ] [ 編集 ]
  94. なんというか、俳句というよりも…川柳っぽいね。
    [ 2014/02/03 00:52 ] [ 編集 ]
  95. 季語がないと駄目なんだが
    それって四季がある国独特の考えだよなぁ
    [ 2014/02/03 00:58 ] [ 編集 ]
  96. 日本で一番有名な俳句

    ふるいけや かわずとびこむ みずのおと
    古池や 蛙飛び込む 水の音
    松尾芭蕉
    [ 2014/02/03 00:59 ] [ 編集 ]
  97. 翻訳も575を意識してされてますね
    [ 2014/02/03 01:02 ] [ 編集 ]
  98. 松島や
    あぁ松島や
    松島や
    [ 2014/02/03 01:02 ] [ 編集 ]
  99. 日本人って本当に器が狭いんだな。
    外人のコメントで、日本って素敵なのかなと思ったのだけれど、
    日本人のコメントで、それは間違いだったと思い直す。
    [ 2014/02/03 01:03 ] [ 編集 ]
  100. 柿喰えば 鐘が鳴るなり 法隆寺・・・・・
    正岡子規
    [ 2014/02/03 01:07 ] [ 編集 ]
  101. 我と来て遊べや親のない雀
    (われてときて あそべやおやの ないすずめ)
    小林一茶
    [ 2014/02/03 01:09 ] [ 編集 ]
  102. やせ蛙(がへる)まけるな一茶これにあり
    (やせがえる まけるないっさ これにあり)
    小林一茶
    [ 2014/02/03 01:11 ] [ 編集 ]
  103. ※98
    学校の授業でこのパクりをやると先生に真面目に作れって怒られるw
    芭蕉だから許される型破りの俳句なんだけど、面白いのと楽だからみんな一度は松島をパクるよねw
    [ 2014/02/03 01:11 ] [ 編集 ]
  104. 英語なら英語のリズム、
    中国語なら中国語のリズムがあると思う
    別に575にこだわらずに
    それぞれの言語に合わせた音の数に変えていいんじゃないかな
    [ 2014/02/03 01:12 ] [ 編集 ]
  105. 俳句の起源は韓国

    後、アグネス募金宜しく
    [ 2014/02/03 01:12 ] [ 編集 ]
  106. 閑さや岩にしみ入蝉の声 
    松尾芭蕉
    [ 2014/02/03 01:16 ] [ 編集 ]
  107. 夏草や兵共がゆめの跡 
    松尾芭蕉
    [ 2014/02/03 01:19 ] [ 編集 ]
  108. 春の海終日のたりのたりかな 
    与謝蕪村
    [ 2014/02/03 01:22 ] [ 編集 ]
  109. ※96
    ファミコン世代には、
    「ふるいけや かわずとびこむ みずのおと ばしや」
    の方が有名かもしれんwww
    [ 2014/02/03 01:22 ] [ 編集 ]
  110. 米17 いずれもウィキペから
    例ギリシャ:温暖で湿潤な冬季と乾燥し高温の夏季にはっきり分かれる。
    例ブラジル:四季 緯度によって異なるが、一応は以下の通りである。春(中略)夏(中略)秋(中略)冬(中略)

    雨期と乾期とかの地域だって季語に出来る言葉はあるだろ
    [ 2014/02/03 01:23 ] [ 編集 ]
  111. ※1が持って行きすぎw
    [ 2014/02/03 01:23 ] [ 編集 ]
  112. 季語や切れ字が無けりゃ俳句じゃなくて川柳だな
    [ 2014/02/03 01:24 ] [ 編集 ]
  113. ※99

    日本人 ほんとに うつわが でかいんだ
    [ 2014/02/03 01:24 ] [ 編集 ]
  114. 募金着服はやっぱ中国人だな、アグネス
    季語が無いから俳句じゃないし、情景短縮、掛詞できてねーし。姦国?出来るわけねーだろ、あのトイレの紙も流せない民族に何ができんだよwww
    [ 2014/02/03 01:25 ] [ 編集 ]
  115. ※99
    朝鮮人は日本人に話しかけるのはやめろ。国に帰れ
    [ 2014/02/03 01:30 ] [ 編集 ]
  116. 外国人が俳句を作って朗読した動画を見かけたことある。
    微笑ましいよ。
    [ 2014/02/03 01:31 ] [ 編集 ]
  117. >「屁をこいた ハイクの書き方 学びつつ」

    緊張の緩和w 
    [ 2014/02/03 01:33 ] [ 編集 ]
  118. ここまでは
    五七五での
    返しなし
    [ 2014/02/03 01:36 ] [ 編集 ]
  119. ところで管理人どういう基準で訳してんの?
    英語の俳句ならそのまま原文でのっけたほうがよくない?
    [ 2014/02/03 01:36 ] [ 編集 ]
  120.  頭のおかしい何処かの国が俳句の起源は我が国ニダ!と起源を主張してくるに一票。
    [ 2014/02/03 01:39 ] [ 編集 ]
  121. ※118

    それが・・なってるし。このやろう(~=~)
    [ 2014/02/03 01:39 ] [ 編集 ]
  122. 興味を持ってくれることは素直に嬉しいんだが、現段階で「それは川柳であって俳句じゃないよ」って言っても理解出来る人は居ないだろうなw
    [ 2014/02/03 01:40 ] [ 編集 ]
  123. コメ欄が素すぎて吹いたw

    ココに集いし先鋭も
    知的振る舞いは
    凡庸なり

    字余り
    [ 2014/02/03 01:40 ] [ 編集 ]
  124. 寒い中 ネット越しでは 憂いなし
    [ 2014/02/03 01:42 ] [ 編集 ]
  125. (一例)徒行ならば杖つき坂を落馬かな 松尾芭蕉
    (意味)すげぇ急な坂で馬から落ちちゃったよ

    季語ないね。俳句なのにな。
    しかも内容は

    「屁をこいた ハイクの書き方 学びつつ」 イスラエル

    と大差ない。
    しかしこれも実際に俳句として位置づけされている。
    まあ、俳句の真理を全うするお前らに言わせれば芭蕉が詠もうが一茶が詠もうが断じて川柳なんだろうけどな
    なんたって「季語がない」だもんな?w
    [ 2014/02/03 01:43 ] [ 編集 ]
  126. このスレは
    俳句以外で
    レスだめよ
    [ 2014/02/03 01:43 ] [ 編集 ]
  127. 詩全般において、口語だと文字数が嵩んで薄っぺらくなっちゃうよね。
    やっぱこういうのは文語で詠わなきゃ。
    [ 2014/02/03 01:45 ] [ 編集 ]
  128.  
    昼下がり 真面目なツイート するついで
             スパムにかかって 恥を晒さん


        ありた”ムッツリーニ”よしふ
    [ 2014/02/03 01:48 ] [ 編集 ]
  129. >>76
    風景が見えるね
    美しい
    [ 2014/02/03 01:50 ] [ 編集 ]
  130. ※125

    何を言いたいんだ、お前は。頭おかしいのか?

    >実際に俳句として位置づけされている
    どこで、誰がだよ。知能低い奴はネットやめろってことだ
    [ 2014/02/03 01:50 ] [ 編集 ]
  131. チョモランマ
    サガルマータ
    エベレスト
    [ 2014/02/03 01:52 ] [ 編集 ]


  132. ツマラン(ーωー)
    [ 2014/02/03 01:54 ] [ 編集 ]
  133. 自由律ならどんな言語にも対応できるよ!
    [ 2014/02/03 01:55 ] [ 編集 ]
  134. 俳句と川柳の違いもわからん※があるのがw
    日本人なら義務教育で習うはずなんだがなぁ・・・
    [ 2014/02/03 01:57 ] [ 編集 ]
  135. ※130
    その句は実際に俳句協会などでも無季俳句として扱われてるわけだが、俳句ではないと?
    ならこれが俳句ではないという理由を言えよ
    季語がない!か?w
    知能が低いのはお前の方だろ
    [ 2014/02/03 01:58 ] [ 編集 ]
  136. 以前新聞の文芸欄で外国人の俳句コンテスト優秀作が紹介されており、とても感心したのを記憶している。
    晩秋の夕陽が差込む部屋に黒猫が佇む情景を本当に見事に描写していた(思い浮かべることが出来る)。
    寸評でまるで絵画のようだ、とあったがその通りだと思った。外国人の10代?の学生が詠んだとは信じ難かった。
    [ 2014/02/03 01:58 ] [ 編集 ]
  137. 今年こそ リア充目指す バレンタイン!!
    (字余り)
    [ 2014/02/03 01:59 ] [ 編集 ]
  138. ド素人に限って「季語が無いから俳句じゃない」で済ますよねw
    [ 2014/02/03 02:01 ] [ 編集 ]
  139. ※133
    自由律とか認めたらな~エッセイや小説も俳句になるんだよ、ハゲ。
    五五三五、五五五三 以上になって変態だからな。

    俳句と違うとこでやって欲しいな。そんなのは
    [ 2014/02/03 02:01 ] [ 編集 ]
  140. 俳句の話題なのに長文を書き込むのって雅じゃないよな

    贅肉を
    そぎ落としこそ
    雅なり
    [ 2014/02/03 02:03 ] [ 編集 ]
  141. >138
    いや、それを言うのは俳人だから。プロね。
    [ 2014/02/03 02:04 ] [ 編集 ]
  142. 俳句にするなら季語入れろまでは言わないけど、季節(もしくは自然)を感じる言葉や情景を入れて欲しい。

    英語でもこれに気をつけるだけで、だいぶ俳句らしくなる。
    [ 2014/02/03 02:05 ] [ 編集 ]
  143. ※139

    はいはい、一生そうやって言葉の数を合わせるだけのゲームやってなさいな、ハゲ。

    あとさすがに一行だけでエッセイや小説にはならんでしょ。
    [ 2014/02/03 02:05 ] [ 編集 ]
  144. 友蔵に聞いて来いって。
    [ 2014/02/03 02:06 ] [ 編集 ]
  145. ※138

    君、馬鹿だろ。
    [ 2014/02/03 02:07 ] [ 編集 ]
  146. 俳句ってのは情景が思い浮かべられればそれでいいと思う
    575に圧縮された言葉を脳内で展開する感じ
    個人的にはこれが好き
    「ケーキ旨い 朝に食べたが 昼もいこう」
    朝からケーキ食っちゃうの?連続で食っちゃうほど美味いの?
    行こうって、わざわざ店に食いに行ってるの?
    と、馬鹿っぽい言葉の中にも色々情報がつまってる
    パワータイプって感じで面白い
    [ 2014/02/03 02:08 ] [ 編集 ]
  147. ※143
    自由律を言ったのはお前だろ?※133で。

    何言ってんのか、大丈夫か?
    [ 2014/02/03 02:10 ] [ 編集 ]
  148. 俳句第二芸術論・・それでもいいとは思う。
    [ 2014/02/03 02:14 ] [ 編集 ]
  149. >146
    この句はちょっとアレだけど言葉をギリギリまで圧縮したのが俳句だと思う
    [ 2014/02/03 02:16 ] [ 編集 ]
  150. 日の本の
    早春騒がす
    異国の聖者
    [ 2014/02/03 02:17 ] [ 編集 ]
  151. ※140
    贅肉を
    そぎ落としたら
    おっ〇いゼロ
    (字余り)
    経験談

    おっ〇い がNGワードてなんなんですかねぇ。 〇→ぱ
    [ 2014/02/03 02:18 ] [ 編集 ]
  152. 叢雲が 湖面に映える 二重月。
    お粗末。
    [ 2014/02/03 02:18 ] [ 編集 ]
  153. デンマークwww
    [ 2014/02/03 02:19 ] [ 編集 ]
  154. >148
    第二芸術論はなぁ…あれはフェアじゃないね。
    せめて10句集めて判断してやってくれと思う。
    [ 2014/02/03 02:21 ] [ 編集 ]
  155. 150

    余りすぎじゃないのか?
    [ 2014/02/03 02:22 ] [ 編集 ]
  156. 元来俳句は庶民の楽しみであったものを
    正岡子規が芭蕉を批判し庶民から奪い去った。
    ここにも外国の人から奪い去ろうとする輩がいるとは。
    [ 2014/02/03 02:25 ] [ 編集 ]
  157. 130はネットやめたのか?
    有限実行だな
    [ 2014/02/03 02:26 ] [ 編集 ]
  158. ※152
    良いと思います

    叢雲/むらくも を知ってる人がいて、嬉しい
    [ 2014/02/03 02:26 ] [ 編集 ]
  159. 川柳になってる……。
    外国人が俳句を読むのは難しいと思う。

    俳句は風景を詠みつつそこに何か自分の思いを重ねる高度な芸術。
    制約があるからこそ伝えたいことがより印象的になるものだと思う。
    単に自分の気持ちを読みたいのなら短歌にすべき。
    その違いが判っていない気がする。
    [ 2014/02/03 02:27 ] [ 編集 ]
  160. コメ欄で
    急に俳句を
    披露するのは何故でしょうか(笑
    [ 2014/02/03 02:28 ] [ 編集 ]
  161. >156
    ん?その理屈で言うと、現在の俳人はみんな庶民じゃないってこと?
    ていうか奪い去られた俳句は誰のものになったの?
    [ 2014/02/03 02:28 ] [ 編集 ]
  162. なんだこれ 川柳ばっかし じゃないか
    [ 2014/02/03 02:29 ] [ 編集 ]
  163. 雑誌の「SPA」の投稿コーナーの「そのまんま川柳」を思い出した。
    [ 2014/02/03 02:29 ] [ 編集 ]
  164. 例え川柳だったとしても川柳に失礼なほどの質の低さですな。
    [ 2014/02/03 02:32 ] [ 編集 ]
  165. とりあえず、季語がなくてもいいじゃない
    俳句に興味持った人は調べるだろうし
    きっかけだよきっかけ
    [ 2014/02/03 02:33 ] [ 編集 ]
  166. 江戸川柳(姦通)

    二人とも 動くなと石かっちかち
    (犯人を確認するために,あわただしくも火起こしする亭主)
    [ 2014/02/03 02:36 ] [ 編集 ]
  167. 尾崎放哉の「咳をしてもひとり」には衝撃を受けた
    目を疑うほどの短律でありながらここまで奥行きの深い叙情詩を生み出した人を俺は他に知らない
    [ 2014/02/03 02:42 ] [ 編集 ]
  168. 外国人には短歌のほうがとっつきやすいと思うよ。短歌はエモーショナルでokだから
    [ 2014/02/03 02:45 ] [ 編集 ]
  169. どの国にも特有の詩があるんだよな~
    [ 2014/02/03 02:51 ] [ 編集 ]
  170. ※167
    【咳をしても一人】
    咳をしてもかまってくれる人がいない。
    しかし、放哉という人は破天荒な人生を送った人で、この俳句を作った時点では、相当な悟りの境地に達していた。
    今まで家族のことも顧みず好き放題のことをしてきた。病身でもあり、咳がコホンと出る。咳の出た身体の回りを見回しても誰もいない。心配してくれる人もいない。身から出た錆だろう。しかし、この咳は、我が身のみ置く小さな部屋に響き渡り、それを聞く私は、何となくおかしさを感じて、つい笑ってしまうことだよ。・・・といったような俳人特有の諧謔(おどけた滑稽な言葉。気の利いた冗談、洒落、ユーモア)精神が発揮されている。それゆえに、この俳句一つで放哉は多くのファンを掴んでいる
    [ 2014/02/03 02:52 ] [ 編集 ]
  171. 俳句って基本的に風景や形あるモノで描く。直接的に感情を語ってはダメ。つまり形容詞や抽象名詞は基本的には使わない。
    [ 2014/02/03 02:57 ] [ 編集 ]
  172. 僕自身
    「ドゥーグル・リンズィー」で検索してほしい。

    英語を母国語とするオーストラリア人で、日本語で俳句を作ってる。本業は海洋研究開発機構の職員で、大学院は日本の大学に行ってる。最初に来日した時のホストファミリーのお母さんがその道では結構有名な人だったらしく、その影響で現在は自身も日本のある俳句の会の会長を務める程の腕前。

    TVのインタビューで、英語で俳句について聞かれたときに返した台詞が「イタリア語以外でオペラを書くようなもの」。単に表面的な事だけでも、日本語だと字数の調整で昔の呼び方を使ったり、活用の仕方を変えたりできるが、他の言語ではそうはいかない。
    [ 2014/02/03 02:58 ] [ 編集 ]
  173. 山頭火の句の英訳「This straight road, full of loneliness.(まっすぐな道でさみしい)」にはシビれた。
    [ 2014/02/03 02:59 ] [ 編集 ]
  174. 国ごとに感覚とか環境とか文化が違うから、それぞれ独自のルールを作って発展していったら面白いね。
    [ 2014/02/03 03:00 ] [ 編集 ]
  175. >174
    そうね。その国で暮らす人にしか書けない詩があるだろうし。
    [ 2014/02/03 03:03 ] [ 編集 ]
  176. 風景、情景だけであらゆる感情を描くんだよと教えてあげれば外国人にもわかるんじゃないかな、俳句の本質。
    [ 2014/02/03 03:05 ] [ 編集 ]
  177.  
    俳句は直接的な言葉じゃなく、聞き手が想像する余地を残しておくものって習ったなあ。
    [ 2014/02/03 03:05 ] [ 編集 ]
  178. なんで怒ってんだよ。
    [ 2014/02/03 03:06 ] [ 編集 ]
  179. ※161 子規の功績により俳句界は活況を呈したが
    庶民は確実に詠うことをやめていったと思う。
    今の日本人と同じくらい。今の日本人は
    嬉しい時も悲しい時も涙を流すだけ。
    [ 2014/02/03 03:11 ] [ 編集 ]
  180. >179
    いや、それは違う。俳句人口は未だに多いし、
    日本人は詠うことをやめてはいない。
    俳句という手段を昔より用いていないだけ。
    短冊と筆を持つ代わりにギターを抱えるようになったということ。
    [ 2014/02/03 03:16 ] [ 編集 ]
  181. ああ寒い 韓国人には 関わるな
    [ 2014/02/03 03:17 ] [ 編集 ]
  182. 投稿コメの猿の詩を詠んだ日本人、外国人と同じようなレベルにすなっ!
    こっちが恥かしくなるわ。
    [ 2014/02/03 03:22 ] [ 編集 ]
  183. >181
    キムチ鍋食べあったまろうぜ …連句。
    [ 2014/02/03 03:22 ] [ 編集 ]
  184. 「ハイクを詠め カイシャクしてやる」
    [ 2014/02/03 03:26 ] [ 編集 ]
  185. 肉食なのに?!芸術となると装飾好きだから余計に難しく感じるのでは。
    [ 2014/02/03 03:36 ] [ 編集 ]
  186. まさかと思うけど、念のためおさらいを、
    日本の俳句、17音 (文字数)
    海外の俳句、17音節(単語数)
    間違えてる人いないよね?
    [ 2014/02/03 03:42 ] [ 編集 ]
  187. 中学生とかが作るポエムと同じような感覚でいいんじゃないかw
    [ 2014/02/03 03:44 ] [ 編集 ]
  188. ※180 そう、だから外国の人はギターの代わりに
    紙とペンを手にしたんだ。自由に詠えばいい。
    不自由さの中に自由があることは詠っていけば気づく事だ。

    [ 2014/02/03 03:45 ] [ 編集 ]
  189. プリン食べ 怒るOちゃん バケラッタ
    [ 2014/02/03 04:02 ] [ 編集 ]
  190. 音節縛りをなくしてだらだら書いたら、ただの詩だよな……

    > なんで君らはふざけてるんだ?
    > 俺は真剣にハイクを勉強しに来てるのに。 フィリピン
    よく言った!w
    [ 2014/02/03 04:04 ] [ 編集 ]
  191. ※167には心底同意するわ
    「咳をしてもひとり」って、字足らずが過ぎるのに、
    確実に情景・情感が浮かぶから認めたくなる
    [ 2014/02/03 04:07 ] [ 編集 ]
  192. ゴミひとつない道路
    >先生にシンガポールを詠んだ一句を作ってくるよう言われたんだ。

    落葉樹 真似のできない 日本なり

    季語入ってるかわからないけど。
    [ 2014/02/03 04:08 ] [ 編集 ]
  193. コメント見て、日本人でも俳句と川柳の区別ついてない奴がこんなにいるとは
    [ 2014/02/03 04:12 ] [ 編集 ]
  194. フリチンで 横になりながら ネットする
    お前らの一句
    [ 2014/02/03 04:12 ] [ 編集 ]
  195. 外人さんたちの「ハイク」は結局、川柳や標語や単なる描写が多いなあ。
    でも創作の楽しみへの第一歩と考えればいいんじゃないかと思う。
    英語やフランス語、ドイツ語の定型詩の世界は、
    壮麗な言語の神殿を築き上げてるから近寄りがたいのかもね。
    ただし俳句は日本語の構造を元に作られてるから、
    外国語だと別物になるのは仕方ない。
    季語や韻律、本歌取りや二重イメージの共振効果。
    これらが分かってもらえればもっと楽しめるのにね。

    便所より青空見えて啄木忌(寺山修司)
    [ 2014/02/03 04:16 ] [ 編集 ]
  196. ふざけたいという気持ちを抑える必要は無い。
    [ 2014/02/03 04:25 ] [ 編集 ]
  197. ???「分け入っても 分け入っても 青い山」
    [ 2014/02/03 04:35 ] [ 編集 ]
  198. 欧米や中国には厳格な定型詩があります。
    頭韻や脚韻、シラブルの数、構成がきっちり決まってます。
    ギリシアの昔から、ラテン語の教養として伝えられ、
    それらが発展してバラッドやソネットとなり、
    民族の詩歌として幾つもの名作が生まれています。
    ウェルギリウス「アエネイス」
    ホラティウス「風刺詩」
    ロンサール「恋愛詩集」
    バイロン「ハロルドチャイルドの遍歴」
    グレイ「田舎の墓地で詠んだ挽歌」
    コールリッジ「老水夫行」
    ゲオルゲ「魂の一年」
    ヴァレリー「海辺の墓地」、
    …適当に選んでみました。
    中国の詩仙は日本でも有名ですよね。
    それらがあるから一般の人には詩作というものは、
    難しく近寄りがたい物と考えられてます。
    ところが「ハイク」はそんな常識を覆してくれました。
    簡単な短詩型で子供でも作れるのです。
    言ってみれば三輪車みたいなものです。
    じゃあ、次には補助輪無しの二輪車に乗りたくなるでしょ?
    次はオートバイ?自動車?飛行機?
    つまり、詩作への素晴らしい第一歩が「ハイク」なんです。
    勿論、日本の俳句とは別物ですけど、
    そこから蕪村や芭蕉、ホメロス、李白、ランボー
    エズラ・パウンド、ギンズバーグへと至る素敵な道標なんですよ。
    [ 2014/02/03 05:04 ] [ 編集 ]
  199. 無理に英語その他のシステムの違う言語でルールを当てはめようとして別物になってしまうくらいなら、「俳句を詠むための言語」としての日本語を学んでみたほうがよさげな気がする。
    日本人が漢詩を作るときは漢文で書くだろうから、そんな感じ。
    んで、英語などで俳句風ルールで詠まれたものは「俳句派生の(あるいはインスピレーションを得た)新しい形式の詩」として別に発展させてはどうだろう。
    [ 2014/02/03 05:12 ] [ 編集 ]
  200. 「写生」を第一とした近代俳句の創始者・正岡子規にも
    「鶏頭の十四五本もありぬべし」っていう超問題作もあるからねえ。

    「公園に 鳩がたくさん おりました」が悪いとは言わないけど
    この国どれほどの広がりが読み取れるかだよねえ
    [ 2014/02/03 05:18 ] [ 編集 ]
  201. 外国語の俳句のこれじゃない感は半端ない。
    普通にショートポエムとでも呼んだ方が良いと思う。
    [ 2014/02/03 05:50 ] [ 編集 ]
  202.  
     飾る日も

      飾らない日も

       三越と

    [ 2014/02/03 06:14 ] [ 編集 ]
  203. 川柳ですら無いよね
    ただの省略文
    [ 2014/02/03 06:20 ] [ 編集 ]
  204. 日本語以外で俳句作ってもねぇ・・・。
    同音異語とか、その他もろもろの含みとか考えると3割も魅力出てないと思う。
    [ 2014/02/03 06:45 ] [ 編集 ]
  205. 元のやつ探してきたんだけど、ちゃんと5-7-5になってるのねw

    >the tree is green green the branch is brown brown brown brown the leaves are green green
    [ 2014/02/03 06:57 ] [ 編集 ]
  206. 俳句って季語詠まなくていいんだっけ?
    [ 2014/02/03 06:57 ] [ 編集 ]
  207. うむ、見事にコメ欄川柳だらけだw
    季語でなくとも、季節を感じる言葉はほしいねぇ

    一定のルールに沿って作る定形詩なんて世界中にあるんだし、独自の文化だから外人さんにはわからないみたいなのは赤っ恥だが

    それでもやってみたいと思ってくれたなら、異国の風を感じる一句は見てみたいなあ
    瑠璃光杯の漢詩みたいなのはやっぱいいなと思ったし
    [ 2014/02/03 06:58 ] [ 編集 ]
  208. これはGo!Go!575のステマ
    [ 2014/02/03 07:00 ] [ 編集 ]
  209. green green で あおあおしい。初夏だよね。

    brown brown brown brown は意味不明だけどw
    [ 2014/02/03 07:04 ] [ 編集 ]
  210. 季語をいれた俳句は難しいだろうなぁ
    しかも歳時記が更新されると増えていくし
    [ 2014/02/03 07:09 ] [ 編集 ]
  211. 暖房も俺もお熱のPC前
    [ 2014/02/03 07:10 ] [ 編集 ]
  212. ※55、※57
    昔から単に「花」と言えばそれは桜を指す
    「花見」「花吹雪」「花散らしの雨」「花霞」「花筏」といった言葉の「花」も花=桜
    日本人がそれだけ桜好きということだね
    もちろん立派な春の季語で、その代表格ですよ
    [ 2014/02/03 07:11 ] [ 編集 ]
  213. 夏草や つわものどもが 尿のあと
    [ 2014/02/03 07:22 ] [ 編集 ]
  214. 「理解できたよ」とか言ってるわりに、ぜんぜんできてないじゃん。彼氏との別れを書いてどうすんだよ。
    [ 2014/02/03 07:22 ] [ 編集 ]
  215. 俳句は口で読んでこその詩なんだから、
    17拍でまとまらないものは俳句でも何でもないと思うわ

    過去形の-edとか含むのとかはもうお話にならない
    [ 2014/02/03 07:33 ] [ 編集 ]
  216. 俳句以下
     川柳未満の
         標語哉
    [ 2014/02/03 07:41 ] [ 編集 ]
  217. 「狙ってる 女性が友と ドライブ中」
    「働こう ネットに時間 使いすぎ」 
    こういうの嫌いじゃないわ!
    [ 2014/02/03 07:57 ] [ 編集 ]
  218. おいもほり 息子自ら 埋まってた
    節分に 本気出されて 母キレた
    [ 2014/02/03 08:00 ] [ 編集 ]
  219. 俳句と川柳は分けるべき
    新聞の川柳投稿欄も程度の低いのが多い昨今だから海外の人の作品も載せればいいよ
    [ 2014/02/03 08:30 ] [ 編集 ]
  220. 入門は容易なのがいいけどレベルは絶対に落とさないで欲しい
    柔道の二の舞だけは御免こうむりたい、鶏の喧嘩じゃないよ柔道は
    [ 2014/02/03 08:33 ] [ 編集 ]
  221. 始めはこんなもんでも
    次から季節感入れて行けばいいだろ
    [ 2014/02/03 08:34 ] [ 編集 ]
  222. 慎太郎の話で、子規の「鶏頭の十四五本もありぬべし」という句を思い出した。
    大傑作という人と全くの駄作という人の間で大論争を引き起こしてきた。
    未だに話題になる句だね。
    [ 2014/02/03 08:37 ] [ 編集 ]
  223. 俳句は読んで見てその風景が頭に浮かんでくるようなのじゃないとダメで
    風景と共に感情も読み取れるようなのが良いんだが、実際かなり難しい
    季語必須だし
    川柳とごっちゃになりがちだし、英語のはどう見ても俳句じゃないから違和感半端ない
    [ 2014/02/03 09:02 ] [ 編集 ]
  224. 霜焼けの 指が太いと 泣く息子
    [ 2014/02/03 09:06 ] [ 編集 ]
  225. >「山登り 途中で断念 花を手に」

    素直に読むと、花に気をとられて登る時間がなくなったけど心は豊かになった、みたいにも読めるし
    深読みすると、山登りの途中で死によって断念した人に花を手向けるために登山した、とも読める
    面白い
    [ 2014/02/03 09:08 ] [ 編集 ]
  226. こたつむり ノーパソ前で 鼻提灯
    [ 2014/02/03 09:10 ] [ 編集 ]
  227. 1の反歌は上手いw
    ただ他の人も書いてる様に“川柳”であって“俳句”ではないんだよなぁ。楽しんで読むなら川柳でも事足りるが、真面目に読むなら俳句は頭を使うし季語を調べたりして勉強にもなる。
    簡単な字数での言葉遊びほど難しいモンは無いね。
    [ 2014/02/03 09:16 ] [ 編集 ]
  228. 季語の無い 俳句は川柳 て言うんだよ(字余り)
    [ 2014/02/03 09:19 ] [ 編集 ]
  229. 上手い人は遠回しの言い方をして「なるほどなー」って思わせるよな。
    [ 2014/02/03 09:49 ] [ 編集 ]
  230. 俳句というより川柳や標語になっちゃってるのが多いけど、
    訳文の中にもこれはなかなかいいな、ってのがいくつもあったわ
    元の英文の出来もいいのかも知れないけど、
    管理人さんの翻訳も素晴らしいな
    [ 2014/02/03 09:50 ] [ 編集 ]
  231. 山頭火みたいなのもあるから、俳句を理解するのは難しいよな。
    [ 2014/02/03 09:55 ] [ 編集 ]
  232. >断念し そこで花摘む 山登り のほうがいい。

    登山用語では、山で花を摘むと言えば、女性が用を足すことです。
    因みに、男性の場合は雉を打つと言います。
    [ 2014/02/03 10:06 ] [ 編集 ]
  233. 月曜日 みんな仕事は してないの?
    おれは公休 しばしパンドラ
    [ 2014/02/03 10:37 ] [ 編集 ]
  234. ※232
    登山用語じゃなくて、単なる婉曲な表現じゃね?
    厠⇒憚りとか、醜女⇒末摘花、みたいな
    [ 2014/02/03 10:42 ] [ 編集 ]
  235. ◯↑↑↑↑~
    ◯↑↑↑↑◯◯
    ↓↑↑↑↑~

    英語なら音節にこだわるよりこんなメロディ的なのに当てはめるほうが作りやすそう
    [ 2014/02/03 11:04 ] [ 編集 ]
  236. どこの国にも引きこもりがいるもんだなあ
    [ 2014/02/03 11:13 ] [ 編集 ]
  237. 要は語彙力や言い回しなのかな。
    [ 2014/02/03 11:25 ] [ 編集 ]
  238.  
    外人は
    日本語で俳句
    詠んでるの?
    [ 2014/02/03 11:26 ] [ 編集 ]
  239.  
    リズムで教えればいいんじゃないかな?
    ラップみたいに。
    [ 2014/02/03 11:30 ] [ 編集 ]
  240. 西洋の俳句は、導入に四苦八苦してきた歴史がある。
    最初は日本語のように、語数を決めてやろうとしたり。

    でも、ハイク・モーメントという俳句の心があれば
    形はどうでもOKというところに落ち着いたとか
    [ 2014/02/03 11:34 ] [ 編集 ]
  241. 有名な人でも
    そこのけそこのけお馬が通る
    なんだから
    難しく考えるなよw
    [ 2014/02/03 11:38 ] [ 編集 ]
  242. >ハイクなんてどんな人間でも書けるだろ。

    この手の奴は万国共通だなw
    言うだけで実際に作らないところも同じだw
    [ 2014/02/03 11:40 ] [ 編集 ]
  243. ※241
    でもそれを聞いただけでパッとその情景が浮かんできちゃうんだよ
    これって意外に難しいことよ?
    [ 2014/02/03 11:42 ] [ 編集 ]
  244. 川柳だ。
    [ 2014/02/03 11:49 ] [ 編集 ]
  245. 本とか新聞の欄よく読むけど俳句楽しいよね
    言語も文化も異なる人が俳句に親しんでいるって嬉しいことだ

    ここの米欄見てて、日本は趣味の新参者に厳しいんだなと思った。どこでもそうかな
    [ 2014/02/03 11:54 ] [ 編集 ]
  246. 五言絶句、七言絶句の漢詩を日本語で作ることが不可能なのと同じで
    外国語では俳句は無理なのでは
    文法から単語の字数から自然から何から違うんだから
    外国語の単語とかものすごく長いのあるし
    俳句の決まり事を借りて似たようなことをやるのは可能だろうけど

    日本語の表現方法は曖昧かつ複雑な上
    一つの意味のものでも数多くの表現方法、音読み訓読みがあるから
    こういう言葉遊びがしやすいけど
    [ 2014/02/03 12:03 ] [ 編集 ]
  247. ※241

    それは
    「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」
    であって、「雀の子」が効いているから趣があるんだけどな
    [ 2014/02/03 12:04 ] [ 編集 ]
  248. 川柳か標語と化している。
    でも、数年前やYahoo!トピックスで見たニュースの見出し
    『まさかりで 眉間一発 熊即死』
    には大笑いしたなぁ。
    お爺さんが山で熊に遭遇したけど手にしていたまさかりで熊の眉間を刺し、助かったというもの。
    担当者は狙ったんかな〜。ニュース本文の見出しではなくy!トピックスの見出しなので記者ではなくY!の担当者の仕業と思うんだが。
    [ 2014/02/03 12:06 ] [ 編集 ]
  249. 外国人がやたらと日本文化に浸食してくるのがたまらなく嫌だ。
    やつらの関与が何百年も変わらなかった「型」を変形変質させる。
    俳句は制限のおおいものだし日本語以外で無理でしょ?
    外国人はポエムでも詠んでて欲しい。こっち見るな。
    [ 2014/02/03 12:13 ] [ 編集 ]
  250. 俳句が本当に世界で折り紙のように流行ったらゆかりも無いに、韓国が起源主張始めそうだ。
    [ 2014/02/03 12:14 ] [ 編集 ]
  251. シンプルゆえにあまり制約を付けると二番三番煎じばかりになっちゃう気もする
    [ 2014/02/03 12:19 ] [ 編集 ]
  252. 俳句でも、川柳でもなく
    「はい、良い句」で手を打とうじゃないか諸君。
    [ 2014/02/03 12:29 ] [ 編集 ]
  253. 異民族が入れ代わり立ち代わりやってくる土地では
    コミュニケーションは単純・簡潔・明快でなくてはならない
    「深読みして(^v^)」文化は育たないからな
    標語になってしまうのは仕方ないのかも知れん
    [ 2014/02/03 12:38 ] [ 編集 ]
  254. 日本の文化に興味を持ってくれるのは嬉しいけど、なんか複雑。

    柔道がJUDOとして「道」のないスポーツになって日本の存在が薄くなった…みたいな末路は勘弁。
    [ 2014/02/03 12:39 ] [ 編集 ]
  255.  外つ國の 心あらざる 俳句かな
    [ 2014/02/03 12:42 ] [ 編集 ]
  256.  古語の無き 歌を俳句と 言ふ勿れ
    [ 2014/02/03 12:47 ] [ 編集 ]
  257. 外人にいじられるとどんどんわけわからなくなるからもう日本文化に手を出さないでほしい
    [ 2014/02/03 12:51 ] [ 編集 ]
  258. 種田山頭火の句が好きだけど、外人さんに教えてあげたら
    さらに混乱を招きそうだなw
    [ 2014/02/03 12:53 ] [ 編集 ]
  259. 捕鯨船 邪魔をしに来る テロリスト
    [ 2014/02/03 12:56 ] [ 編集 ]
  260. 起源説 矛盾があっても ウリジナル
    [ 2014/02/03 12:59 ] [ 編集 ]
  261. 俳句と川柳は違いますからね。サラリーマン川柳がすきです
    [ 2014/02/03 12:59 ] [ 編集 ]
  262. 都知事選
    まともな人が
    見当たらず
    [ 2014/02/03 13:26 ] [ 編集 ]
  263. 川柳と俳句の違いを普及させんといかんかコレは
    [ 2014/02/03 13:26 ] [ 編集 ]
  264. アンブッシュ
    ニンジャ死すべし
    慈悲はない
    [ 2014/02/03 13:40 ] [ 編集 ]
  265. 外国の詩って教養を備えた層しか作れないものが主流だったから
    子供でもルール通りにすれば一応それらしいものができる俳句は
    詩の教育用として便利らしいな。
    貴族層だけが詩歌を楽しんでいた国と,庶民の娯楽としての詩歌が
    あった国との違いだ。

    季語なしは色々な国に行った際には仕方あるまい。
    サンタは夏の季語か冬の季語かすら難しい。
    [ 2014/02/03 13:46 ] [ 編集 ]
  266. ハイクはウリが起源ニダ
    [ 2014/02/03 13:48 ] [ 編集 ]
  267. ※233
    57577は短歌じゃこのアホンダラッ

    これ以上なほどの短歌のお見本を貼ります
    つttp://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/odai.html
    [ 2014/02/03 14:01 ] [ 編集 ]
  268. 季語の有無で俳句であるか判別すると言うと季語の無いものもあると反論が出る
    しかし、基本は踏まえて季語の無いものと基本を理解していないものとは全く別物であるといわざるを得ない
    先ず、紹介するのであれば基本として季語の説明が必要だと思う
    何事も最初は基本を理解しなければ駄目だと思う
    [ 2014/02/03 14:03 ] [ 編集 ]
  269. なんかほとんどが川柳だな
    [ 2014/02/03 14:04 ] [ 編集 ]
  270. >先生にシンガポールを詠んだ一句を作ってくるよう言われたんだ。

    ガム食って 吐いて捨てたら パクられた

    なんちって。
    [ 2014/02/03 14:17 ] [ 編集 ]
  271. 娯楽なんだから好きにやりゃいいさ
    [ 2014/02/03 14:29 ] [ 編集 ]
  272. 日本人独特の情緒が欠けた外国圏の人達が「俳句が簡単?ふざけるな」と言いたい。「日本人でさえ俳句や短歌」は難しいのに・・「日本人を馬鹿にしているの?」
    [ 2014/02/03 14:41 ] [ 編集 ]

  273. 「」の使い方おかしいぞ。日本語の不自由な方なのかな?w
    [ 2014/02/03 14:44 ] [ 編集 ]
  274. 上の訳みてると季語がスルーされすぎ。
    情景がぱっと浮かぶようなのがいい句だと思うけど、
    そうすると季語の知識以外に語彙力がすごく必要だね。
    その点川柳は気楽。風刺とか諧謔だから笑えるし。
    [ 2014/02/03 14:47 ] [ 編集 ]
  275. 「〇〇〇〇〇 それにつけても 金の欲しさよ」
                          パタリロ

    最初の5文字は適当に
    [ 2014/02/03 15:22 ] [ 編集 ]
  276. 音節の制限や季語を含むってルールだけでは深みは出ないよね。
    俳句だけじゃなく日本の古く優れた短歌や詠み歌は掛詞によって
    ものすごく広がりを持たせている。
    これは日本語が同音異義語が多いという特徴のおかげでもある。
    風物の描写で心情を比喩的に表現できるのも、宗教や哲学を背景とした
    精神文化というベースがあってこそ。
    外国の人々が俳句に親しんでくれるのはうれしいことだけど
    なかなか同じようにはいかないでしょう。
    自由律詩や川柳など気楽に詩作してくれるだけでいいんですけどね。
    [ 2014/02/03 15:35 ] [ 編集 ]
  277. テレビに出てた毒舌の俳句の先生が面白かったな
    ちゃんと俳句にも理論があるんだなと納得したし
    何を伝えたいかってことが大事なんだなと
    [ 2014/02/03 15:38 ] [ 編集 ]
  278. まぁでも、俺ら辞世の句は用意してたりするよね
    [ 2014/02/03 15:51 ] [ 編集 ]

  279. 豆撒けば 細舛駆け逝く 浅草寺

    どう?これ、どう? 朴李じゃない(ぱ・く・り・じゃ・な・い ♪)
    インスパイアされただけ・・
    [ 2014/02/03 15:58 ] [ 編集 ]
  280. プリン体 怒るオッチャン 花盗人
    [ 2014/02/03 16:20 ] [ 編集 ]
  281. 冬部屋の ヒカリの奥に 五七五
    [ 2014/02/03 16:27 ] [ 編集 ]
  282. >そこから石原氏は日本人の感性について持論を展開していましたが、どうなんでしょう。

    確かに、西洋人に自然を愛でる感性がないわけじゃないよな
    散文詩なんか盛んだし
    [ 2014/02/03 16:31 ] [ 編集 ]
  283. 俳句が好きになった人に無季自由律俳句を教えたら、俳句の定義がわからなくなりそう。
    [ 2014/02/03 16:38 ] [ 編集 ]
  284. トンスルと
    火病を足せば
    奸国人
    [ 2014/02/03 17:01 ] [ 編集 ]
  285. チョ○人を 一皮剥けば 9センチ
    [ 2014/02/03 17:04 ] [ 編集 ]
  286. ** 私も書いてみたけど、日本語で書けるようになりたいなぁ。
      とりあえず英語版を読んでみてください。
      「ゆっくり眼を開く 再び手が重なることはない さようならと君は呟いた」これ私の元カレについて書いたものなの Y_Y**

    他人も書いてたけど 季語を勉強してくれ^^
    [ 2014/02/03 17:05 ] [ 編集 ]
  287. 殆ど季語が無いから川柳だね
    [ 2014/02/03 17:24 ] [ 編集 ]
  288. 五七五の他にも五七五七七とか七七七五とか色々あるって聞いたら混乱するんだろうなぁw
    [ 2014/02/03 17:30 ] [ 編集 ]
  289. 新年の 流行全国 白い息    
    恵方より吉報ほしい受験生    

    川柳のほうがいろいろと面白いよね。
    なんとなく川柳っぽい俳句作ったが。   
    [ 2014/02/03 17:35 ] [ 編集 ]
  290. コメで喧嘩したり他人を愚ろうしてる人
    廃人ぽく視えるからやめたほうが良いですよw
    [ 2014/02/03 17:50 ] [ 編集 ]
  291. 俳句や川柳は表現力を鍛えるのにいいかもね。
    他の人が作った俳句や川柳を返し歌で返して短歌にしても楽しいと思う。
    [ 2014/02/03 18:26 ] [ 編集 ]
  292. へをこいたのやつ優勝
    [ 2014/02/03 18:32 ] [ 編集 ]
  293. >「屁をこいた ハイクの書き方 学びつつ」 イスラエル

    糞したことを 君は気付かず。 日本
    [ 2014/02/03 18:33 ] [ 編集 ]
  294. 実は英語って意外と音節少ないんだぜ。
    building=build+ing(二音節)
    ビルディング=ビ・ル・ディ・ン・グ(五音節)
    [ 2014/02/03 18:34 ] [ 編集 ]
  295. 4月から住んでる社宅のベランダ前は学校のグラウンド(テニスコート)で
    敷地の境目に1~2メートル感覚位で中低木が生えてるんだけど、
    ここ2週間くらいずっと部屋干ししてて、久しぶりに外干ししようと
    窓を開けたら、その木に実に見事な梅の花が咲き乱れていて感動した。
    これ梅の木だったんだ!

    これが今朝の出来事なんだけど、うまい俳句が思いつかない。
    誰かいい感じのアイディアください。
    [ 2014/02/03 18:49 ] [ 編集 ]
  296. 初期ドイツロマン派の詩を読むと、結構俳句っぽかったり和歌っぽかったりする詩節が出て来るのだが、あくまで詩全体からするとほんの一部なんだよな。
    たとえば「赤い稲妻の向こうのふるさとから、むら雲がこちらへやって来る」とか「夕日の中、木立の下の枝陰ごしに、菖蒲がざわめくように揺れる」とかさ。
    でも、その後ダラダラと詩句が続いて、結局ドイツ風の詩になっちゃう。
    [ 2014/02/03 18:55 ] [ 編集 ]
  297. 鬼の面 つけてるけれど 仏だよ
    豆まきは 清めるためよ 邪気祓い
    悪霊を 寄せないために 鬼の顔
    善霊を 励ますために 和の笑顔
    福の神 慈悲があるため 欲される
    オニの神 峻厳がため 厭われる
    [ 2014/02/03 19:08 ] [ 編集 ]
  298. 季語にこだわるわけでもないが
    つぼみから お花が咲いた きれいだな 
    程度の言葉遊びを俳句とは言わないだろ
    [ 2014/02/03 19:24 ] [ 編集 ]
  299. 295
    小春日、梅の香、たきしめ 布団 気付かぬ 満場 宴 今宵の夢
    なんか使ってはいかがでしょう

    今日まで正体を隠してたのか梅よー!とか
    布団に梅の香りがうつるといいなあとか
    今朝見た梅の夢を見たいぞとか
    [ 2014/02/03 19:28 ] [ 編集 ]
  300. 大学で英語の俳句作る講義があったな
    [ 2014/02/03 19:32 ] [ 編集 ]
  301. *295 春支度 小梅惹き寄す 干し布団
    [ 2014/02/03 19:35 ] [ 編集 ]
  302. 2ちゃん 書きこしても ひとり

    いつまでも いつまでも ひとり

    話すこともなく 暮れてゆく 冬の夜
    [ 2014/02/03 19:38 ] [ 編集 ]
  303. お前らなんだかんだ言ってるが
    初心者だし、文化違うんだから
    これからだろ、これから
    ちなみに、こういうのもある

    平成24年度富士山国際作品、大賞

    Noël en prison

    un poster du mont Fuji

    permet l’évasion

    ――DINET Jérôme (France)

    獄中のクリスマス

    一枚の富士山のポスターのおかげで

    しばし脱獄

    ――ジニローム・ディネ(フランス)
    [ 2014/02/03 19:39 ] [ 編集 ]
  304. 句ごとにスペースを空けないのが正式な表記ということすら知らない連中が他人の、しかも外国人の作ったものをどうこういって恥ずかしくないのかね
    [ 2014/02/03 19:58 ] [ 編集 ]
  305. 季語がなきゃ川柳になっちゃうが
    いろいろトライしたがる外国人はほほえましい。
    [ 2014/02/03 20:03 ] [ 編集 ]
  306. 人は、生きる意味を知らないまま生まれてきます。
    人は、生きる意味を知らないまま死んでしまいます。

    他のどんな生物も、同じだと思います。

    だから、ほとんどの俳句には季語があるのだと思います。
    〝時〟を感じる為に。
    [ 2014/02/03 20:12 ] [ 編集 ]
  307. あくる日も
    自宅警備で
    もうだめぽ
    鬼を追い立て
    明日は我が身か

    あえて短歌で
    [ 2014/02/03 20:35 ] [ 編集 ]
  308. 自由律は、あれはなんつーか尾崎豊みたいなもんで、
    型にはまらない俺様かっこいい的な。
    でも型を意識せずにはいられない的な。

    俳人からみても、詩人からみても、なんなの?こいつら・・・的な存在。
    自由律でやりたきゃ、俳句にこだわらなければいいのに、
    あくまでこれは自由律「俳句」なんです!で押し通した、
    主張した者勝ちの典型的な例。
    [ 2014/02/03 21:21 ] [ 編集 ]
  309. 俳句といえば、家族そろって歌合戦の高木東六氏の一句が秀逸だったなぁ~

    五文字 ああ五文字 五文字
    [ 2014/02/03 21:25 ] [ 編集 ]
  310. HaikuOS (BeOS互換OS)は警告エラーも俳句なんだよね。
    [ 2014/02/03 22:01 ] [ 編集 ]
  311. ※213
    >夏草や つわものどもが 尿のあと

    これすごくいいと思うのは自分だけ?
    とても懐かしい気持ちになれたんだけど
    [ 2014/02/03 22:04 ] [ 編集 ]
  312. ワカメ酒 作ってあげたら 驚かれ
    [ 2014/02/03 22:10 ] [ 編集 ]
  313. 575に拘るな!って、じゃあ詩でも書いてろよマジで
    [ 2014/02/03 22:36 ] [ 編集 ]
  314. 一茶のすずめのこ~を鑑みると、件の外人さんの鳩もあながち変だとは言えないような…
    [ 2014/02/03 23:01 ] [ 編集 ]
  315. 俳句と川柳を混同しちゃってるな・・・
    [ 2014/02/03 23:05 ] [ 編集 ]
  316. 外人可愛いなwww
    [ 2014/02/03 23:24 ] [ 編集 ]
  317. 英語で575って意味あんの?
    [ 2014/02/03 23:26 ] [ 編集 ]
  318. 川柳だの、ただの詩だの言ってる人なんなの?
    俳句って言って普及させたのは他でもない日本人じゃない
    [ 2014/02/03 23:32 ] [ 編集 ]
  319. ソチよりもコッチが気になる都知事選
    [ 2014/02/03 23:34 ] [ 編集 ]
  320. グリーングリーンw
    [ 2014/02/03 23:52 ] [ 編集 ]
  321. 猛吹雪
    白い闇へと
    のまれゆく

    せっかく興味もってくれてるんだからそんなに邪険に扱わなくてもと思うけど、それだけ侵食されたくない大事な文化なのかもとも思えた。みんなの反応が興味深い
    [ 2014/02/04 00:19 ] [ 編集 ]
  322. これ、"warm"と"cold"どっちが 2 yllablesなんだ? "cold"だよねっ?

    warm day, cold day... i'm everyday...doing ... nothing
    「暑い日も 寒い日にも 引きこもる」


    俺、アメリカの大学出てるし、英語の発音もイントネーションも得意なつもりだったけど、英語で俳句なんて無理wwW
    あと、管理人の翻訳センスに脱帽。
    [ 2014/02/04 00:32 ] [ 編集 ]
  323. >>299
    なるほど、「部屋干しの」ではどうも雰囲気が出ないはずですw

    >>301
    素敵。作り慣れている人の無駄のない言葉選びに憧れます。

    お二人ともどうもありがとう。
    義父が短歌会に入っていて、最初の頃はよく誘われたんだけど
    隠し通している心の奥底の秘密まで読まれるようなそんな感覚が
    して頑なに拒んでました。
    外国人の目を通して、私の中にもすっと俳句の魅力が入ってきた
    ような気がします。まだまだ入口にすら立てていませんが。
    [ 2014/02/04 00:54 ] [ 編集 ]
  324. 東欧の人が作った俳句集をNHKで見たことがある。
    戦争とかもあって凄く深いものだった。
    [ 2014/02/04 04:42 ] [ 編集 ]
  325. 俳句よりも川柳の方が好き。
    [ 2014/02/04 05:59 ] [ 編集 ]
  326. 日常生活で、575の言葉になると、日本人だなって思うw
    なんでも遊びにしてしまう、遊びとして楽しむ心って
    大事だと思う
    本来の俳句を知った上でなら、季語とか関係なく、
    言葉遊びとして楽しむのはいいんじゃないかな
    [ 2014/02/04 06:06 ] [ 編集 ]
  327. やっちゃった また花を手に 下山中 

    枯れ枝に 咲きて気付きし 梅吹雪
    心(しん)の糧 神のいたずら? 梅の舞
    梅の花 ふるさとのおもひでに パシャリ一枚
    花咲か爺(じい) 灰を間違えたか 梅の花
    梅の子と 風にたなびく 万年床
    天岩戸 待ってましたと 春の梅
    [ 2014/02/04 07:25 ] [ 編集 ]
  328. ※314
    全然違うから言葉に出して読んでみてほしい

    一茶のはスズメに「どかないと危ないよ」と教えてあげる優しさがある
    馬とスズメの対比で、スズメがどれだけか弱い生き物かを表現してる
    外人のはただ鳩がいるね~というだけ

    一茶のスズメは生きているけど
    外人の鳩は動きがなくて生き物か置物かわからない

    俳句を読むだけで心の中に浮かび上がる風景や感情
    そういうものがなければ俳句とはいえないのではないかなあ
    [ 2014/02/04 08:20 ] [ 編集 ]
  329. 俳句のあり方について随分白熱してる人達がいたみたいですけど、その人たちの日本語が美しくないのはどうなんでしょう。
    彼らのコメントからとても嫌な感情が滲みだしてる気がします。

    ちょっとした言葉の端から感情やら情景を浮かび上がらせるのが俳句などなのですから、もう少し言葉を大切にして議論なさればよろしいのではないでしょうか。

    これだから外国人の俳句はいかん、などと頑固親父の如く頭ごなしに否定したいだけの感じのする人もいますけど、日本人というだけで俳句の優位に立っていると勘違いなさっている方はとても迷惑です。

    以前、古池や、の一句は外国の方にはただ蛙が池に飛び込んだという事実を述べただけにしか読み取れないという記事を見たことがあります、他にも虫の声や風鈴などが雑音にしか思えないといった例もあったそうですが。

    確かにそういう風流などを感じる文化は日本のもので、外国の方には理解しづらいこともあるようですが、だからといって本当に理解できないということはないと思います。

    むしろ私たちが俳句と川柳の違いですら本当に理解できていないのに、外国の方には理解しろというのが無茶な話だと思います。

    しかし、HAIKUとしてアレンジされながらも世界に広まるのは嬉しいことですが、紛い物を出す日本料理屋のように本質を知らない人たちが間違ったものを広めるのは御免被りたいものです。
    本文の猿がクッキーを~のようなのを、翻訳する前はわかりませんが、こういったものを日本の方が俳句として挙げてしまうのはいかがなものかと。
    [ 2014/02/04 10:29 ] [ 編集 ]
  330. ※328
    ※314じゃないけど、確かに鳩には動きを感じないし季語もないから公園の情景もうまく浮かばないし俳句とは呼べないかなとは思うんだけど、どことなく詠んだ人の優しさとか純粋さが出ているように読めてしまったのは俺の勘違いか、ドイツ人が詠んだという補正からか。

    確かに俳句には足りてないけれど、違うんだよなぁ、外人にはわかんねーかっていう蔑みの感情が透けるような発言はやめた方がいいんでない?
    ちなみに最近、外人は差別語だって主張する外国人のスレまとめ見ました。だからなんだって話ですが。
    [ 2014/02/04 10:48 ] [ 編集 ]
  331. 筆を使った俳句は良く見える
    [ 2014/02/04 11:40 ] [ 編集 ]

  332. お母さん お母さんて お父さん?

    [ 2014/02/04 11:58 ] [ 編集 ]
  333. 有名人の告別式なんかで想いをダラダラ述べるより
    一句詠むほうがそしてそれが素晴らしければ、どれほど
    残された人々の中に故人が句と共に生き続けることができるか。
    そういう生き方を日本人は無くしてしまったよ。
    [ 2014/02/04 12:19 ] [ 編集 ]
  334. 雪が降る 目標に急ぐ 受験生
    [ 2014/02/04 12:59 ] [ 編集 ]
  335. >雪だるま ママのココアが 呼んでいる

    むちゃくちゃ良いな!!
    [ 2014/02/04 14:21 ] [ 編集 ]
  336. 皮が厚い 装着するのに 2、3分
    [ 2014/02/04 14:45 ] [ 編集 ]
  337. パステルの 海に白刷く カモメかな

    江ノ電からみたペールトーンの水色と、カモメの白
    清爽感に感動。珊瑚の海しかみたことなかったから。

    俳句はフィクションで作っていいのかな
    今、みたことない雪でつくろうとしたが無理だった。
    [ 2014/02/04 15:17 ] [ 編集 ]
  338. ハイテクが
    日本の武器さ
    朝ぼらけ
    [ 2014/02/04 16:23 ] [ 編集 ]
  339. 外人さんたちのおもろいなぁ。
    日本人はどうしても自然っぽい言葉だとか言い回しだとか小難しく考えちゃいがちだけど、ここに出てくるやつはシンプルに面白い。
    俳句っつーより川柳になるんだろうけど。
    [ 2014/02/04 16:52 ] [ 編集 ]
  340. ソチよりも 興味ないわ 都知事選
    都構想 どうでもええわ 橋下も

    By 京都人
    [ 2014/02/04 19:34 ] [ 編集 ]
  341. 定型詩の文化は英語圏にもあるのに、「17字にまとめるだけじゃん」なんて言っちゃう人がいるんだね
    [ 2014/02/04 19:55 ] [ 編集 ]
  342. 雪積もる 猫に湯たんぽ 奪われる
    [ 2014/02/04 19:58 ] [ 編集 ]
  343.  
    ※340
    お前は ただただ 気持ち悪い
    [ 2014/02/04 20:51 ] [ 編集 ]
  344.   
    川柳だと文字数ってのはあくまでもリズムと流れだから
    わざとたりなくして、あとから挽回するリズムとかもあるからね
    [ 2014/02/04 20:52 ] [ 編集 ]
  345.    
    ただのネットのあるあるネタで俳句のよしあしを語るネット世代
    [ 2014/02/04 20:53 ] [ 編集 ]
  346. 俳句にも、今の〝形〟になるまで、歴史があるから。
    近代なら正岡子規。
    その以前は文化人の唯の趣味。

    俳句も有るし、短歌も有る。
    芸術などではなく遊び、本人は。
    絵もそうだけど芸術は人の趣味の延長です。
    でも、それでも芸術なんです。
    [ 2014/02/04 20:57 ] [ 編集 ]
  347. スwwwウェーwwwデwwwンwwwwwww



    そういうの好き
    [ 2014/02/04 21:53 ] [ 編集 ]
  348. 俳句じゃあないが、
    和歌には「景」と「情」からなる。
    表では「景」つまり風景をしたため、
    裏では「情」つまり心情を表す。
    和歌では景より情を意識するのが大事だ。

    っていうふうに古典の授業で習ったなぁ
    [ 2014/02/04 22:21 ] [ 編集 ]
  349. >ムキャーってなる。

    いい訳ですね
    [ 2014/02/04 23:13 ] [ 編集 ]
  350. 俳句じゃないんだけど
    宿題で厨二病どっぷりの短歌を…
    思い出してしまって眠れない
    [ 2014/02/05 02:40 ] [ 編集 ]
  351. >>ハイクっていうのは、縛られた形に固執しているようなものではなくて

    おいおい、勝手に飛躍させんなよ
    制限された形の中で無限の風景を想像させるのが俳句だろ
    さらにそこに季語も入れて縛る
    制限が無くなったらただの作文
    どんなゲームでもルールが無くなったらつまらない
    [ 2014/02/05 04:05 ] [ 編集 ]
  352. 俳句って言うより、なんか標語みたい……。
    スウェーデンは秀逸だけど(苦笑)

    辞任後の 措置したがる者 いなせ無し


    うーん、ほぼダジャレだな、自分も(;´Д`)
    [ 2014/02/05 08:00 ] [ 編集 ]
  353. 通りすがり
    季語季語言ってる奴は俳句の魅力を理解しているとは思えない。
    俳句の本質は写実と情緒だろ。
    ルールに縛られて、それを外しただけで見下している様は滑稽でしかないな。

    季語無しと 俳句が笑う 季語は無し
    [ 2014/02/05 10:36 ] [ 編集 ]
  354. ■ 「山登り 途中で断念 花を手に」 アメリカ
    I climed a mountain     山登り 
    My ascent failed in fatigue 疲れておりる
    I picked flowers there    お花摘み

    すでにコメントにあるけど、良作だよね。
    ※225みたいに、登頂のため山で亡くなった登山家を讃えて、だとか、昇進諦め、奥さんにお詫びの花束買って帰る、
    みたいな比喩っぽくも思えて面白い。

    [ 2014/02/05 14:24 ] [ 編集 ]
  355. 「山登り 途中で断念 花を手に」
    季語が無いからどっか変えたいなぁ良い俳句だから特に。日本語だと「花を手に」じゃなくて「花見酒」とかどうだろうか。

    俳句は人それぞれで良いと思う、それぞれが楽しめるように詠むのが一番だよね。
    [ 2014/02/05 16:31 ] [ 編集 ]
  356. 季語の概念を教えてあげたい
    このままじゃほとんどが川柳だぞ
    まぁ川柳も悪いもんじゃないし、季語辞典みたいなのがある日本なら分かりやすいけど外国じゃ難しいかな?
    [ 2014/02/05 20:14 ] [ 編集 ]
  357. 「形式にこだわるのが全てじゃない。瞬間をスナップ写真のように切り取り言葉で表現するもの」
    この言葉に感銘を受けた。
    [ 2014/02/05 21:07 ] [ 編集 ]
  358. ※「狙ってる 女性が友と ドライブ中」 ハイク作るの面白過ぎる。 イギリス

    イギリスww
    [ 2014/02/05 21:52 ] [ 編集 ]
  359. ※348

    いや、俳句も同じですよ。「情景」という単語がありますよ。
    ※353にもありますが、これが俳句の本質だと思いますよ。

    俳句は一応ちょっとだけ齧った程度ですが、よく先生に言われたのは「それは説明に過ぎない」ってこと。ただの「説明」とか「報告」だけじゃ、俳句にはならんのですよ。たとえ季語があってもね。たぶん「俳句っぽい川柳」、とでも言うのでしょうか。

    あと575じゃなくても良いという意見には賛成でもあり、反対でもあります。例えば、絵で言えばルノアールの絵は575で、ピカソの絵はそうじゃない、みたいな。ただピカソは575の絵を描ける上で、あえてそういう作風なわけで。つまりちゃんとした基本を会得した上で崩して評価が得られれば、それはそれでしょう。(まあ、絵を持ち出すと「写生」か「写実」とか、でてきちゃいますけど。一応判りやすい例えとして。。。)

    季語はですね、「世界版」とか「各国版」とか作ればいいんですよ。
    「世界版」だと「正月」「旧正月」「エイプリルフール」?とか、「レノン忌」とかね。「各国版」はそれぞれの風習を取り入れたりして、その国の句を読むときにはそれが必須、みたいな。
    日本だって普通の人は季寄せなしでは、俳句の意味がわからないし、作れませんからね。個人的には植物系とか行事系は、よくわからないです(笑)
    [ 2014/02/06 01:51 ] [ 編集 ]
  360. 季語季語言ってる奴らが居るが、別に季語は俳句の必須要素じゃないんだがな。
    それより「切れ」の概念の方が重要だわ。
    [ 2014/02/06 10:13 ] [ 編集 ]
  361. ガンの父 楽しく食事を 終えた後 ふと見た紙に 激痛の文字
    [ 2014/02/06 14:00 ] [ 編集 ]
  362. 切れも重要だろうが、季語も重視されていたということは基本事項として知っておくほうがいいだろうな
    じゃないと川柳との違いがあまりに曖昧になるから

    制約なく楽しんで作るなら川柳にしたほうがいいんだろうけど、まだ外国の方ではそこまで深く学ぶ必要はないかもな
    日本ですらもはやあまりにも非日常的なもんになってしまったんだし
    [ 2014/02/07 14:40 ] [ 編集 ]
  363. 小学校で韓国語を教えるなんて暴挙に出ている
    公立があるらしいけど、俳句やらやらせたほうが
    よっぽどいいよね。

    滋賀県のいじめ事件の学校なんて狂ってるって事だよね。
    [ 2014/02/07 19:49 ] [ 編集 ]
  364. 春の悪魔 来たる風に 泪止まらじ
    …なんつって、母はもう花粉飛んでるって言ってたので詠んでみた。季語になってなさそうだし川柳だよなコレ。某番組の俳人の先生に指導受けたいわぁ
    [ 2014/02/07 23:01 ] [ 編集 ]
  365. 絶対韓国が俳句の起源主張してきそうだなw
    え?もうしてるって?
    [ 2014/02/07 23:44 ] [ 編集 ]
  366. カイカイ通信や海外の反応を覗き見してきたことに罪悪感を感じたわ。
    なぜなら、許可もなくサイトを「覗き見」していたから。
    覗き見だと指摘したのは韓国人の女性。
    謝りたくなったわ。
    もう海外の反応のようなサイトは日本人ではない人たちからみれば、
    不快なだけなのよ。
    もしも2chが韓国や中国で覗き見されていたらどう思う?
    その思った感情を韓国人や中国人は持っているのよ。
    なくすべきだわ。
    [ 2014/02/08 16:36 ] [ 編集 ]
  367. ■ 「秘めた思い 今もあなたは 知らぬまま」 
    これすき
    [ 2014/02/09 07:38 ] [ 編集 ]
  368. 俳句はやらないけど歳時記読むのは好きだな。
    日本文化が詰まってる。日本人必携でしょ。
    [ 2014/02/10 15:50 ] [ 編集 ]
  369.  
    グリーングリーンwww
    緑緑であらわしたんだろうな、文字数じゃないってばw
    でも外人さんの発想はおもしろいなぁ
    でも恋をつずったモノが結構な割合で出てくるのは世界共通だなとほっこりした

    >秘めた思い 今もあなたは 知らぬまま

    この辺なんかかなり完成度高いよね
    最初を 秘めた恋 とか この想い とかにしたらもっと納まりが良いと思うんだが
    [ 2014/02/10 17:50 ] [ 編集 ]
  370. 「それにつけても 金の欲しさよ」

    万能の下の句。
    [ 2014/02/10 23:43 ] [ 編集 ]
  371.      
    季語とか、よく「日本には四季がある」ってこういうことだよね。
    よく、他の国にも四季はあるわい!て言われるけど、そういうことじゃなくてさ。
    [ 2014/02/11 04:21 ] [ 編集 ]
  372. 俳句の起源は韓国

    アグネス募金宜しく
    [ 2014/02/13 18:11 ] [ 編集 ]
  373. ルールも何も無く自由に詩を作りたいなら、俳句である必要がない。
    [ 2014/02/14 22:14 ] [ 編集 ]
  374. 漢俳句
    軒垂氷 ( のきたるひ ) 山河白銀 燗、談笑
    [ 2014/02/17 20:28 ] [ 編集 ]
  375. 師は語る
    季語を入れねば
    句に非ず

    学校では基本形を教えるから、普通の人は学術的な小難しい話なぞ知らない。
    実際、俳句を作る授業や宿題では必ず季語を入れるように言われるからね。
    普通に解釈すれば季語があるのが俳句、無いのが川柳。
    グローバル化で、これもまた誤解された日本文化として広まって行くんだろうね。
    そしてその内にHAIKUが日本の俳句に口出しするようになるんだよきっと。
    [ 2014/02/18 22:40 ] [ 編集 ]
  376. ※366
    ネットという超解放空間で発言してる時点で、人に見られる前提だろうに。
    その韓国人に言ってやれ、「だったら自分の日記にひっそりと書きな」とね。
    お前の論調だと、ネットに公開された画像をダウンロードするのは「画像を窃盗する事」になるなww
    昔そういうこと言ってた高校教師が居たなー。(遠い目)

    自分達がどう思われてるのかは、第三者の視点でしか分からないもんだよ。
    相手がどう言ってるかが分からないからこういう翻訳サイトがある訳で、誤訳は論外だとしても、見ることに罪悪感を感じる必要など微塵もない。
    2chが外国人に見られているのはとっくの昔に周知の事実。何を今更、って感じ。
    中には外国人を名乗る人が現れて質問に答えるスレすらあるのに、無知だねえ。
    [ 2014/02/18 22:55 ] [ 編集 ]
  377.  「山登り 途中で断念 花を手に」 アメリカ

    これは惜しいな。十七語の定型詩になってればもっと良かった。

    山登り→(登山)は夏の季語で、
    花は春の季語だからちょっとあやふやではあるけど、

    俳句→後続の七・七の言葉を連想してもらうために、読者に「余韻」を残す作品。
    川柳→後続の七・七の言葉をまとめ独立させたため、「言い切り」の形となり、読者に「言い得て妙」とうなづかせる作品。
    という定義でいくと俳句に近いような気もするしな。
    [ 2014/02/19 02:40 ] [ 編集 ]
  378. 働こうネットに時間使いすぎって
    そのままやないかい
    新パソコン ネットの仕過ぎで はや重体
    これぐらいは書いてよね
    [ 2014/02/20 16:02 ] [ 編集 ]
  379. 文字数に焦点が当てられがちだが
    五七五にはリズムも含まれている
    ○〇〇〇〇×××
    ○〇〇〇〇〇〇×
    ○〇〇〇〇×××
    こんな感じで後ろに3・1・3の休符が入れると
    読み上げの時に俳句らしくなる
    (字余りの時は休符を減らして辻褄を合わす)
    [ 2014/03/02 01:05 ] [ 編集 ]
  380. 30年、経った今でも覚えている
    学生時代、仲の良い友人が授業で作ったヤツ
     「秋空や ドラえもん達飛ぶ タケコプター」

    書道の先生が絶賛していたのも覚えている。。。
     真ん中がスゲー字余りなんだけどね。。。
    [ 2014/03/08 02:39 ] [ 編集 ]
  381. 無季でも俳句にはなるけどね。
    狙ってる 女性が友と ドライブ中 これは川柳だな!
    [ 2014/05/13 01:55 ] [ 編集 ]
  382. クリスマスの俳句
    俺のサンタも 果実の割れ目に 右往左往
    大賞だろ
    [ 2014/05/14 19:17 ] [ 編集 ]
  383. >332
    泣けてくる…。

    個人的には
    子供が 3人 おりまんねん
    がツボw
    [ 2014/06/19 19:10 ] [ 編集 ]
  384. 海外で俳句の宿題とかキツすぎるだろ
    [ 2014/07/26 13:49 ] [ 編集 ]
  385. 確か外国語の俳句とか川柳、和歌なんかはどの国のものも規定に収まりきらないので、音を生かしつつ単語や文節で区切っていいって話だったような気がする。違ったかな……?

    それはともかく、日本人の私でもうまく作れないのに、母国語が日本語じゃないのに一句ひねるってすごい!
    [ 2014/09/17 10:33 ] [ 編集 ]
  386. ※76
    >そのとき紹介されたアメリカの小学生の句
    >雪だるま ママのココアが 呼んでいる
    すごい情景が浮かんでくる
    良い俳句かどうかは分からないけど
    良い作品だと思う
    [ 2014/12/29 13:10 ] [ 編集 ]
  387. 季語は大陸の東側にあり、南北に長い日本なればこそだ。四季の移ろいが感じられる自然が無数にある。ところが、世界には四季がはっきりしないところも多い。詠んでくれるだけでありがたいじゃないか。 
     ところで、川柳をもっと薦めてもらいたいな!
    [ 2015/01/29 20:46 ] [ 編集 ]
  388. 単語じゃなく音節で5-7-5を実現してる英語俳句はなかなか面白いよ
    当然季語も入ってる

    一通りの勉強した上で完成させてる他言語作品はぜひ味わうべき
    少なからず感動覚える人いると思うで

    和訳前版まだ読んでないけど※76の句もなかなかええね
    [ 2015/03/10 22:14 ] [ 編集 ]
  389. 季語が入ってなければ川柳。でも川柳にもなってないのばかり。日本の伝統だから奥は深い。楽しんでやって、だんだんコツを覚えるのが良いのかも。わび、さび、奥の深さ。儚いものをしのぶとか、誰もが気が付きそうで気がつかないものをフォーカスする感性とか。刹那を写真みたいに俳句にする。
    [ 2015/05/05 14:45 ] [ 編集 ]
  390. 日本人の器量狭すぎて泣ける。お前らは俳句のプロかなんかか……
    [ 2015/06/19 12:43 ] [ 編集 ]
  391. イタリア語は俳句に向いてるとかイタリア人が言ってた
    [ 2015/07/06 14:54 ] [ 編集 ]
  392. 575のなかに如何に意味を込められるかが楽しいよね

    ※390
    気持ちはわかる。ただ、カリフォルニアロールが日本にも存在する昔ながらの寿司だと思われたりとか、柔道がオリンピックではJUDOになったりとか、そういう事例があるから一応一言は訂正入れておきたいんだよきっと
    [ 2015/08/13 20:39 ] [ 編集 ]
  393.  
    日本の俳句も系列で表現として重ずるところが色々違うから、短い詩=HAIKU(俳句+川柳)でいいじゃないかと思うけどね。
    [ 2015/09/29 17:16 ] [ 編集 ]
  394. ※390
    プロじゃなくても俳句はどういうものかくらい理解できるだろ
    [ 2015/10/20 05:53 ] [ 編集 ]
  395. とりあえず俳句は詩とはちょっと違うんだってことと季語ってやつを誰かあいつらに教えてやってくれ
    [ 2016/01/31 15:32 ] [ 編集 ]
  396. ■ ハイクなんてどんな人間でも書けるだろ。
      単に17音節で止めればいいだけなんだから。 イギリス

    まあ、多くのGAIJINNサンは
    「俺、日本語話せるぜ!スシ、フジサン、コンニチハ…スゲーだろ?」
    って言う感覚だからなあ~
    こういう奴には俳句はこれで十分なんだろうけどw
    [ 2016/02/12 00:49 ] [ 編集 ]
  397. 季語入れてくれヨーーーーー。
    [ 2016/04/13 23:01 ] [ 編集 ]
  398. 自分の言語のシステムに合うようにアレンジしてくれていいんですよ。
    それで更にその言語に合うように改良しても良い
    そしてそれをまた教えてくれても良い

    約束事の前提があるが、それも各国でいろいろ考えてもいいんじゃないか、文化は伝播するもの、あまり元祖に拘っても楽しくない
    [ 2016/05/21 23:58 ] [ 編集 ]
  399. 最初は思うままに楽しく作れば良くね?
    季語の理解とかはもっと追求したいやつがやればいい。
    同じ日本人とは思えん水の刺し方だな。

    [ 2016/06/03 20:30 ] [ 編集 ]
  400. 節子、それ俳句やない。川柳や。
    [ 2016/06/04 00:01 ] [ 編集 ]
  401. 俳句と川柳がごっちゃになってて変な感じ
    [ 2016/06/05 20:10 ] [ 編集 ]
  402. 新学期のクラス標語みたいなのが多いのねw
    俳句か?と思うが楽しそうで何より。
    [ 2016/06/11 21:53 ] [ 編集 ]
  403. お手軽に短歌化するには↓を足せ
    「それに付けても金の欲しさよ」
    [ 2016/10/31 11:53 ] [ 編集 ]



  404. ■ 「ケーキ旨い 朝に食べたが 昼もいこう」 デンマーク




    ■ 「狙ってる 女性が友と ドライブ中」 ハイク作るの面白過ぎる。 イギリス


    ↑これ好き

    日本の海上自衛隊ではふねどうしで和歌を詠みますよね。
    [ 2016/11/06 19:10 ] [ 編集 ]
  405. 季語がなければ俳句ではなく川柳に。
    外国語の俳句の定義は知らない。
    [ 2017/02/05 10:59 ] [ 編集 ]
  406. 誰かプレバトの俳句の先生呼んできて!
    [ 2017/02/20 09:08 ] [ 編集 ]
  407. 普通には良く読めてる人がいるw
    季語入れて凄いw
    [ 2017/02/21 17:22 ] [ 編集 ]
  408. ※406

    外国人ってことを伏せて見せたらめっちゃ怒りそうwww
    [ 2017/03/03 04:24 ] [ 編集 ]
  409. 制限された言葉の中で何を自分は伝えたいだろうっていう状況って
    アタマの特別な領域が開くよね
    国や言葉が違っても、人のココロの動きが伝わる感じがした


    ひとかけら 足りぬ月片 掛かる空
    遠く かすかに 白梅香る
    [ 2017/03/04 17:56 ] [ 編集 ]
  410. 俳句も川柳もひっくるめてジャパニーズハイクでいいじゃないの
    [ 2017/03/05 14:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング