パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本人だからなせる技」 伝統を守る職人の技術に外国人感動

釘などを一切用いず、木と木を組み合わせて家具などを作る技術、指物。
代表的な指物は、京指物、大阪唐木指物、江戸指物などがありますが、
現在ではそれぞれの極限られた地域のみで、伝統の技が継承されているようです。

映像では、江戸指物の職人さんによる製作過程が収められています。
釘や電動工具を用いず、鉋、鋸、のみだけで完璧な寸法に仕上げる。
その見事な職人技に、外国人からは感嘆の声が上がっていました。

こちらの動画は1~6まで。技術の凄さが最も伝わるパートを抜粋


こちらは1~3まであります

下町に息づく伝統の技 江戸指物2/3





■ 組み立てた状態なんか、本当に真っ平らで真四角だもんな~! オーストラリア
  



■ この人は本当に、マイスターの称号に値する人だわ……。
  作業台を自分のために作ってあげるべきじゃないかとも思うけど :) スウェーデン
  



■ 俺日本の引いて切るタイプのノコギリ使ったことあるけど、
  欧米の押して切るタイプよりも正確に色んな形に切れたよ。 イギリス




■ 素晴らしい家具だ。木の読み方を知り尽くしてるんだな。
  そして正しく美しい精神と共に仕事に取り組んでるんだ。  スウェーデン




■ もう賞賛しかない。ブラボーな職人技術でした。 イタリア




■ こういう職人技こそ、本物の技術って言えるものなんだ! 台湾




■ こういう技術を誰かに教えて欲しい、ホントに。
  ってちょっと! なんで座りながら作業してるの?!? イギリス



   ■ 日本の職人は、数百年も前からああやって作業してるんだよ。
     台を仕事場に持って行くことが出来なかったからね。 オランダ  



■ メキシコからです。本当に価値のある映像で、大変参考になりました。 メキシコ




■ この圧倒的な素晴らしさよ。なんて見事な職人技! アメリカ




■ 素晴らしいレッスンに感謝します! イギリス 




■ こういうとんでもなく素晴らしい蟻継ぎも、
  接合部を留め継ぎであれだけ見事に隠せるのも、
  日本人だからこそなせる技なんだよ。 マレーシア

  (※蟻継ぎ:一方に突出部を作り、もう一方の木材に同形の穴を彫り接合する工法
    留め継ぎ:45度に切った板を貼り合わせ、2つの木目が揃うようにする工法)




■ あの職人に道具1つを与えれば、あのような物を作れてしまう。
  質の高い物を作り上げるのに電動工具なんていらないんだよ
  つまりは、シンプル・イズ・ベターってこった。 アメリカ




■ とても質の高いレッスンでした。本当にどうもありがとう。 エストニア



 
■ 何なんだよ、あの職人技はー!!! アメリカ  




■ 美しさすら見出したよ。素晴らしい映像だった。Arigato カナダ




■ なんて言うかもう、笑っちゃうくらい凄いな。 イギリス 




■ 神秘的で、自然で、本当に途方もないくらい素晴らしい技術。
  自然と人間が調和した姿がこれだ! 中国




■ 熟練の技術者の仕事ぶりは、いつ観ても目を奪われてしまう。
  たとえ自分はあれだけのレベルには達せないとしても、
  少しでも良い物を作れるように努力したい。投稿ありがとう。 エストニア



   ■ 目を奪われる。全くもってそのとおりだ。 イスラエル



■ 職人さんの手にかかると、まるで簡単な作業のように見えちゃうね。 イギリス




■ 個人的に、日本人は最高の職人だと思う。
  素晴らしく忍耐強く、とても注意深く、すごく完璧主義なんだ。 スロバキア 




■ 美しい職人技を目にする事が出来た。どうもありがとう。 ドイツ




■ 正直あの技術は、凄いとかそういう次元を超えてるだろ! アメリカ    




■ これこそ本物の木材加工技術だ。
  電気を使った道具なんて必要としてないんだから。 イギリス
 



■ お願いだから日本語字幕or英語の字幕を付けてください。
  それだったら今より は る か に 楽しめる動画なんだけど。
  とにかく、素敵な動画を投稿してくれてありがとう。 国籍不明




■ 大げさでもなんでもなく、驚嘆に値する職人技だな。 イギリス




■ なんてこった……。なんつー正確さなんだ。 アメリカ
  



■ この人みたいな本物の職人は多くないよね。本物の芸術家だよ。 アメリカ
  



■ 説明不要。動画を観ればすべてが分かる。 アメリカ




■ 痺れるくらい凄い。この職人さんはまさに極めし者だ。 イギリス




■ 俺達ジョージアの人間も、彼くらい自分の仕事に真摯に向き合えたら……。 アメリカ




■ どうしてあんなに見事な蟻継ぎを隠しちゃうんだ? アメリカ
    



■ ↑自分の技術をあえて見せるのは、日本の文化では自慢だと捉えられるから。
  俺はそう思ったけどどうだろう……。 デンマーク



   ■ まったくなぁ、日本人を愛さずにはいられんよ。 アメリカ



■ ナレーションの言葉が理解できなくても全然構わない。
  作業の様子を目にすれば、職人技を理解できる。 イギリス




■ 正確性が凄すぎて目を疑ったわ。糊もまったく使われてないみたいだし。 カナダ  




■ 日本のレオナルド・ダ・ヴィンチやね!!! インドネシア




■ もし過去に戻れるなら、木工職人になりたい。このマイスターのような。 アメリカ




■ 自分の仕事に時間をかけて精進し、理解を深め、木に敬意を払う。
  あの正確性は、仕事への献身の見返りとして手にすることができる。 オーストリア




  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/12/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(173)
Powered By 画RSS
  1. マレーシアの人詳しいな
    [ 2013/12/24 23:05 ] [ 編集 ]
  2. ほんと凄い
    職人さんの手さばきって見ていて気持ちいい

    ・・・って、聖なる夜に書き込んでるのは俺だけなんだorz
    [ 2013/12/24 23:06 ] [ 編集 ]
  3. ダヴィンチは言いすぎィ!
    [ 2013/12/24 23:13 ] [ 編集 ]
  4. 日本の職人さんって貴重な存在なのに、あまり優遇はされていないよね。
    ものすごい技術など持っているのに。
    と、考えてしまったよ。
    はい。ある職人の娘より。
    [ 2013/12/24 23:14 ] [ 編集 ]
  5. ※2
    安心しろ、ここにもいるさ
    [ 2013/12/24 23:15 ] [ 編集 ]
  6. 祖父が指物大工だった、色んなものをホイホイ作ってくれたのを思い出す
    残念ながら俺は木工はさっぱりだ
    [ 2013/12/24 23:17 ] [ 編集 ]
  7. なんだ、ただの天才か
    [ 2013/12/24 23:19 ] [ 編集 ]
  8. 老舗でも、職人雇うのを止めて接着剤採用して生き残ったところがあるんだよな。
    安かろう悪かろう、だが生き残りやすい。悲しい。
    [ 2013/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  9. タンスの引き出しを押し込むと空気圧で別の引き出しが出てくるのは普通のレベル
    [ 2013/12/24 23:22 ] [ 編集 ]
  10. 兵庫・奈良・和歌山・福井も大阪唐木指物派だね
    [ 2013/12/24 23:23 ] [ 編集 ]
  11. 日本はたしかに職方に敬意を払う。
    だからこそ我々はドイツの仕事にシビレたんだ。
    心の師匠、マイスターの都は現代には蘇らないのか。
    [ 2013/12/24 23:27 ] [ 編集 ]
  12. いやー職人技!すごいね
    [ 2013/12/24 23:35 ] [ 編集 ]
  13. さらっとやってるのが逆にスゴイな
    そして出来上がっても、ちょっとだけ笑みがこぼれるだけ
    いや、本当にカッコいいわw
    [ 2013/12/24 23:38 ] [ 編集 ]
  14. 素晴らしい
    こんな人になりたい
    [ 2013/12/24 23:39 ] [ 編集 ]
  15. ※9
    大事に、して貰いなよ…。

    あれ?これってローカルCMですか?
    [ 2013/12/24 23:42 ] [ 編集 ]
  16. ぴゃー…すっげぇ
    100万近くしそうだな
    [ 2013/12/24 23:42 ] [ 編集 ]
  17. なんで座りながら作業してるのとか作業台がないとか、アホか。
    動画見れば足さばきも立派な道具の一部だろうに。
    [ 2013/12/24 23:48 ] [ 編集 ]
  18. 今日、よ~く分かったこと


    パンドラにはリア充が沢山いたってこと
    [ 2013/12/24 23:52 ] [ 編集 ]
  19. やっぱ高いのか
    そりゃそーだよね、全て手作りだもんね
    こっちにまで木の香りが漂ってきそうな動画だな
    [ 2013/12/24 23:53 ] [ 編集 ]
  20. 釘を使ってないのに釘づけ
    [ 2013/12/24 23:58 ] [ 編集 ]
  21. なんだろう、凄いのは凄いんだが、一番強く感じたのは気持ちよさ
    テトリスのような、ピタゴラスイッチのような気持ちよさw
    [ 2013/12/24 23:58 ] [ 編集 ]
  22. この臍作りの家屋のお陰で地震による倒壊を免れた。
    しかし、半壊判定で修理しても予想を超えて費用が掛かりそうだったのと、今後の老後を考えてやむなく解体した。今でも古い家屋を見ると懐かしさと共に職人の技に感嘆させられる。
    [ 2013/12/25 00:02 ] [ 編集 ]
  23. 京指物や江戸指物は京や江戸が栄えた頃に発達しているからね
    一方大阪唐木指物型は読んで字の如く遣唐使の頃に広まった技法だから
    関西地方に受け継いでいる職人さんが点在しているようだ
    でも後継者問題ありそうだな…
    [ 2013/12/25 00:03 ] [ 編集 ]
  24. 音がたまんね
    [ 2013/12/25 00:11 ] [ 編集 ]
  25. つくづく自分の無能さを思い知らされる
    [ 2013/12/25 00:11 ] [ 編集 ]
  26. こういった職人さんを次の世代に引き継ぐには
    我々が職人さんの製品を買わないといけない。
    でも安物に手が伸びてしまう・・・・
    [ 2013/12/25 00:12 ] [ 編集 ]
  27. 海外で評価されるのは良い。
    価値の解る外国人が高値で買ってくれれば、この業を継ぎたいと思う若者も出るかもしれない。
    [ 2013/12/25 00:16 ] [ 編集 ]
  28. >>※24
    音もだが、刃物の手入れ具合も見とれるぞ
    [ 2013/12/25 00:18 ] [ 編集 ]
  29. うちも代々大工の家系だから、子供の頃から見慣れた光景。
    親父も材木屋へ行っては、こうやって加工してたわ。
    神棚なんて、簡単に作っていたのを思い出す。
    だけど、自分は大工を継がなかった。
    なぜなら、バブルの時期は鉄筋ばかりで、
    こういった昔ながらの大工は必要ないと親父が馬鹿にされていたからね。
    今、これを真似しようとしても、ほんと作れないな。
    釘を極力使わないから、材木の腐食が無くていいんだけどさ。
    意外と、外国人の方が本当の価値ってものを知っているのかもね。
    家は大工を廃業したけど。ほんと、頑張って続けている職人さんを尊敬しているわ。
    [ 2013/12/25 00:29 ] [ 編集 ]
  30. 悲しいけど、本物の芸術品を支えるのはある職人の一門の生活まるごと支えられるレベルの大金持ちでもなきゃ出来ないんだよなぁ。

    小物をたまに買う、くらいじゃ
    職人さんも食べていけないし。
    人数を養えないと裾野が広がらなくて才能が発掘されづらいし。
    [ 2013/12/25 00:33 ] [ 編集 ]
  31. なんかもう頭おかしいんじゃないかってくらいスゲーな
    こういう技術も無くなってくのがこのご時世なのかね・・・
    [ 2013/12/25 00:39 ] [ 編集 ]
  32.  
    こういった技術を支えるために税金使えよ
    そうかとかが使わせないんだろうけどなんとかしろよ
    [ 2013/12/25 00:44 ] [ 編集 ]
  33. クールジャパンの一環でこういった技術を保護出来ないのかな。
    こういった技術の集大成とも言える純日本家屋を輸出したらどうだろう。
    海外の金持ちには受けると思うんだけど。
    [ 2013/12/25 00:54 ] [ 編集 ]
  34. 実は技術だけじゃなく宮大工などは木の達人なんですよね。
    日本書紀には杉と楠は浮宝(船)に、檜は瑞宮にと書かれていて
    法隆寺も薬師寺もちゃんと檜で出来ている。
    樹齢1000年以上の檜で造った建物は2000年もつのだそうだ。
    木造世界最古の名は伊達じゃないな。
    [ 2013/12/25 00:59 ] [ 編集 ]
  35. キッチリ入るのを見るとなんか気持ち良いな
    [ 2013/12/25 01:01 ] [ 編集 ]
  36. 昔ながらの技術を映像で記録し公開する事は大切だな
    もし、日本で技術が廃れても世界のどこかに技術は継続されて
    残っていくなんて考えただけでゾクゾクするね
    [ 2013/12/25 01:06 ] [ 編集 ]
  37. ※15
    あのCMのお爺さん多分もう生きてないよね
    [ 2013/12/25 01:08 ] [ 編集 ]
  38. ×樹齢1000年以上の檜で造った建物は2000年もつのだそうだ

    ○樹齢2000年以上の檜で造った建物は2000年もつのだそうだ
    [ 2013/12/25 01:09 ] [ 編集 ]
  39. ※4
    めちゃめちゃ優遇されてるよ
    宮大工さんの報酬はすごいぞ
    [ 2013/12/25 01:10 ] [ 編集 ]
  40. 家自体もそうだけど、バラバラに分解して
    持ち運んで別の場所で組み立てる、てのが重要なのだよ。

    あと、釘を使うと腐敗が進むのでこうしてる
    [ 2013/12/25 01:10 ] [ 編集 ]
  41. 国際技能競技大会や和風総本家を見ていると、
    日本人より海外の人の方が日本の良さを分かって居るのが多いね。

    企業にも言えるけど、
    目先の事を考え、長期視点や人を育てる事を忘れると衰退に繋がる。
    [ 2013/12/25 01:14 ] [ 編集 ]
  42. 日本の凄さってそれぞれの業界に匠がいて、その連携が最終的にいい作品に仕上がることだと思う、この凄腕職人が使ってる道具、この道具を作ってる職人も凄腕職人
    [ 2013/12/25 01:21 ] [ 編集 ]
  43. 釘を使わないから長持ちするんだけど
    逆に産業としては長持ちすることがマイナスなんだよな
    でも今は逆にあまりに産業化して消費化しすぎて
    すぐダメになるものが多くなってきたから逆に揺り戻しが来てるんだよね
    歴史っておもしろいよな
    [ 2013/12/25 01:29 ] [ 編集 ]
  44. 韓国のコメントないね
    [ 2013/12/25 01:29 ] [ 編集 ]
  45. これは美しい。
    お金貯まったらぜひ1品手元に置きたいものだ。
    [ 2013/12/25 01:38 ] [ 編集 ]
  46. 押しても駄目なら引いてみな

    つか、包丁もだよね…日本は引く、欧米は押すか叩っ切る的な

    断面潰れるだろ…刃物の出来も違うだろうけど
    [ 2013/12/25 01:47 ] [ 編集 ]
  47. ※44
    植林に目覚めたらしいから禿げ山に木でも植えてるんじゃね?
    [ 2013/12/25 01:47 ] [ 編集 ]
  48. 「この動画凄いわ。この棚を作った人、本当に木の性質をよく知ってる。感動しちゃった」
    [ 2013/12/25 01:53 ] [ 編集 ]
  49. 感動的なまでに素晴らしいね。
    俺も何か作りたくなる。

    ついでに2つ目の動画でサジェストされる文科省の柄巻師の動画面白かったわ。
    [ 2013/12/25 01:55 ] [ 編集 ]
  50. 木村さんの手鏡は持っている。
    江戸指物の中でも桑師と呼ばれるのはこの人も含めて3人程度。

    家を建てる際も欄間とか鴨居、長押なんかがあると固定資産税が上がるんだよね。
    伝統工法で建てられた建物は税制面で優遇措置を設けるくらいしないと寺社建築以外の一般住宅ではいずれなくなる。
    [ 2013/12/25 02:07 ] [ 編集 ]
  51. 合板ネジ止めの棚はすぐ壊れちまうからなぁ・・・
    [ 2013/12/25 02:24 ] [ 編集 ]
  52. 職人さん万歳
    [ 2013/12/25 02:45 ] [ 編集 ]
  53. ttp://www.youtube.com/watch?v=iglME2KLuy0
    宮崎駿引退会見
    わしは町工場の親父ですから。
    [ 2013/12/25 02:46 ] [ 編集 ]
  54.  
    これの究極が宮大工だね。

    [ 2013/12/25 02:57 ] [ 編集 ]
  55. 近代的な量産で同等品を安く売られちゃうとこういった技術が消えていってしまう。
    絶対に継続させるべき技術だ。若い職人が育つ事を心から祈るよ。
    [ 2013/12/25 03:02 ] [ 編集 ]
  56. のこぎりって理屈から考えると 押すより引くのほうがチカラいらないんだよな。
    [ 2013/12/25 03:14 ] [ 編集 ]
  57. ええもん見せて貰った。

    出来ればボンド使ってた工程を昔はどうしてたとかの説明が欲しかった。
    ニカワ使ってたのかな。
    [ 2013/12/25 03:32 ] [ 編集 ]
  58. こういう動画見る外人さんも
    木材で何か作るのが趣味だったり職業だったりで
    興味があってみつけたんだろうな
    嬉しいね
    [ 2013/12/25 04:25 ] [ 編集 ]
  59. 最初の動画の鉋掛けのあたりで既に「この人ヤバい」って感じがした
    言うまでもなく、いい意味で
    [ 2013/12/25 05:25 ] [ 編集 ]
  60. ※15
    懐かしいなぁ
    子供の頃、引き出しが連動して動く意味が分からなかったhttps://www.youtube.com/watch?v=IcG9v228rj4
    [ 2013/12/25 05:30 ] [ 編集 ]
  61. ※54
    宮大工と指物師は違うからこれの究極が宮大工ということではないよ。
    宮大工にこの人と同じことをさせても出来ないからね。
    [ 2013/12/25 05:38 ] [ 編集 ]
  62. 動画で最も伝わるパートをピックアップしてくれてるのはありがたい。
    時間ある時に全部見てこよう
    [ 2013/12/25 06:35 ] [ 編集 ]
  63. ■ 俺日本の引いて切るタイプのノコギリ使ったことあるけど、
      欧米の押して切るタイプよりも正確に色んな形に切れたよ。 イギリス


    へー知らんかった
    そんな違いがあったとは
    [ 2013/12/25 07:16 ] [ 編集 ]
  64. ■ ↑自分の技術をあえて見せるのは、日本の文化では自慢だと捉えられるから。
      俺はそう思ったけどどうだろう……。 デンマーク

    蟻継ぎを隠すのがそういう理由かはわからんけど
    そういう『粋』は江戸の気風

    だいたいあってる
    [ 2013/12/25 07:20 ] [ 編集 ]
  65. >>日本の職人さんって貴重な存在なのに、あまり優遇はされていないよね。
    欲しがる人より、安もんので良いやって人の方が数が多いのと
    技術の伝承がきちんとしないから、若手の育成が上手く出来ないので
    盛り上げようという方向には行き辛い。
    基本この手の技術者って、親方の技術は見て盗め!って口の人多いので、一人前になるのに時間が掛かる。
    (教え方が上手くないというのもあるだろうけど)
    結果、更に盛り上げにくく、職人の存在感も薄くなる、と言うスパイラル。
    [ 2013/12/25 07:26 ] [ 編集 ]
  66.  
    台を仕事場に持って行くことが出来なかったからね
    [ 2013/12/25 07:39 ] [ 編集 ]
  67. [ 2013/12/25 07:46 ] [ 編集 ]
  68. >引いて切るのこぎり

    日本人と他国人の刃物や体の使い方ってのは違うらしい

    包丁でもあちらは押して切るらしいし

    剣道みたいに両手で剣を持って闘うスタイルは他国にない

    フェンシングとか、両刃の剣で突いて攻撃するんだろね。日本の刀は片刃で引いて切る

    どちらがより効率的で殺傷力があるかは一目瞭然

    たぶん他国人は「腰を入れて」引く動作を知らないんだろう。


    [ 2013/12/25 08:42 ] [ 編集 ]
  69. ※9
    小さい頃、玩具代わりにして遊んでたわwww
    [ 2013/12/25 08:56 ] [ 編集 ]
  70. 政府はもっと職人や技術者を大事にしないと・・・外人の職人は嫌だよ~だって日本人の繊細で器用で根気があって職人魂が伝統を継承できるのだもの・・
    [ 2013/12/25 08:59 ] [ 編集 ]
  71. ※67

    高っ!

    技術は、高く買い支えて評価してくれる層がいてこそ
    研鑽する意気を持続させられるのかもしれないけどね
    それが伝統に昇華されうるのは絶えず歴史的に
    理解者がいたってことでもあるんだろうね
    [ 2013/12/25 09:02 ] [ 編集 ]
  72. 押し切り引き切りは鋸の刃のついてる向きが違うから
    その国で取れる木の固さや材質によって向き不向きがある
    包丁とはあまり関係ないかな
    普通食材を切るときは肉は引き切り、野菜などは押して切る
    [ 2013/12/25 09:16 ] [ 編集 ]
  73. なんで台がないの?っていう疑問にびっくりした
    力作業なら立った方がいいだろうが、細かい細工するには、足を使って物を固定したりするのに座ってやる方が便利ってのは、ちょっと考えたらわかるよね?

    [ 2013/12/25 09:25 ] [ 編集 ]
  74. 価格、89万以上だ…!(ベジータ略)
    高ぇなぁ…。京のお公家はんや江戸に集まる武家が買っていた代物だから、そりゃ高ぇわなぁ…。大阪唐木指物も堺会合衆あたりが高値で取引していたんだろなぁ…
    [ 2013/12/25 10:16 ] [ 編集 ]
  75. ※73
    そう話しているのは土足と椅子の国の人々じゃなかろうか。
    床に座って作業するって発想がないんだと思うよ。
    [ 2013/12/25 10:17 ] [ 編集 ]
  76. そこいらのSEだって人月80万とかふつうにするんだから、1ヶ月かかったあれが90万でも驚くほどじゃないだろ…。
    [ 2013/12/25 10:21 ] [ 編集 ]
  77. ※76
    まあそう言われりゃそうだが…
    [ 2013/12/25 10:27 ] [ 編集 ]
  78. 日本の産業用ロボットだってこの人たちに勝つために研究している。
    ただ生産だけをする機械を作ってるだけだったら、日本のロボットは世界的なレベルになれなかったと思う。
    今のロボットは、こういう匠すら凌駕しようと研究した成果だからな。
    そういう研究者は、産業ロボット職人というさらなるメタ世界を作り上げつつある。
    [ 2013/12/25 10:32 ] [ 編集 ]
  79. ※73
    古代エジプトの時代から作業台を使う文化があるらしい。
    足が使えない分、万力などが発達した。
    [ 2013/12/25 10:38 ] [ 編集 ]
  80. この人もハンパ無いが、この仕事の後に続く人たちも㌧でもない。
    和箪笥ならこの木工職人の後に金具職人、塗り(渋塗りも本塗りも別の職人)とつづく。
    本当に凄い人たちだよ「職人さん」は。
    [ 2013/12/25 10:38 ] [ 編集 ]
  81. 極めし者は成果や作品で熱く語り、口のほうが下回るから格好いいな
    [ 2013/12/25 10:51 ] [ 編集 ]
  82. 職人なんて後継者もいない爺さんばかり
    あと20年もすれば、日本から職人は絶滅する
    [ 2013/12/25 11:00 ] [ 編集 ]
  83. 後継者に困るものは軍隊からお笑いまでアカデミー化。
    技術はデータ化。是非はともかく世の常だな。宮大工も学校あるよな。
    [ 2013/12/25 11:09 ] [ 編集 ]
  84. ああやって座ってモノ作る職人に少し憧れたりするんよ。
    なもんで、趣味のプラモも机+椅子の環境じゃなくて、適当な高さの作業台(蓋付きコンテナ)を前に胡座かいて座って作業してる。

    床に座ってやってると周囲が全て作業台みたいなモノだから、ランナー多いキットでも広げて並べて置けばパーツ探しも捗るよ。
    両膝に肘つけば細かな作業でも手元が安定するし、腰への負担が軽減されて楽ちんなんだ(脚はしびれるけどw)。

    昔ながらの床に座り込んで作業する利点には、着目するべき点があると思うよ。
    [ 2013/12/25 11:13 ] [ 編集 ]
  85. >>77
    手鏡に5万は高いと思っても、大切に使えば親から子へ伝えて何十年も持つものだから、コスパで見れば高くはない。
    が、手元に100円で質は悪くても使える鏡があれば
    大半の人はそれを買ってしまうんだよなぁ。

    大金持ちがパトロンについてくれればいいんだが。
    [ 2013/12/25 11:14 ] [ 編集 ]
  86. 日本の建築工法はほとんどが中国や朝鮮から渡ってきたものですよね^^


    中でも蟻継ぎ留め継ぎはこだわりがあり手先が器用なアジア人らしい工法ですね^^


    しかし昨今の建築技術で留め継ぎは、ほとんどみられなくなりましたね^^


    技術者もそうですが、良質な資材も少なくなってきてますね^^


    今の時代は質より量なのでしょうか?
    [ 2013/12/25 11:15 ] [ 編集 ]
  87. ノコギリって世界共通じゃなかったんか・・・
    俺もこんな技術欲しい
    [ 2013/12/25 11:27 ] [ 編集 ]
  88. 中国の技術はほとんどペルシアやインドから渡ってきたものだけどね!
    [ 2013/12/25 11:31 ] [ 編集 ]
  89. ああいう技術を絶やさないためには、手作りの高級家具を買わないとね。道楽者がいないと文化は栄えない。
    [ 2013/12/25 11:32 ] [ 編集 ]
  90. 仕口を隠すのは木口が見えるからだよ。江戸指物は木口が見えるのを嫌うんだ。
    [ 2013/12/25 11:33 ] [ 編集 ]
  91. >今の時代は質より量なのでしょうか?

    大量生産大量廃棄が味気なく、ある種不健全なのは皆感じてそうなんだけどな。恩恵面など考えると実生活ではなかなかそういうわけにもいかず。二極化が理想なんだろうが質を求めた方面はどうしても敷居が高くなるしな。。
    [ 2013/12/25 11:35 ] [ 編集 ]
  92. まあマシニングとかリーマーとか機械を駆使すれば近い物は作れるのだろうけど、やはり職人の手作業ならではの温かみとかそういう感じる部分が違うだろうね。
    ましてや100年200年と経っても使えるとなると、職人が木の反りとか経験から基づいて計算して作る部分は人間ならではの技なのだろう。
    [ 2013/12/25 11:55 ] [ 編集 ]
  93. 数打の刀はともかく、超実戦向けの古い太刀は現在の技術では精錬できないらしいしな。つか今、超実戦向けの刀つくってどーするという話にもなるが
    [ 2013/12/25 12:02 ] [ 編集 ]
  94. こういう素晴らしい職人さんの仕事って見惚れてしまうね。
    本当に格好いい。すごい職人さんっていうだけで3割増しで男前に思える。
    こういう人の奥さんになっていたら傍でずっと仕事を見ていられたのに、なんて思うくらい。指物職人も少なくなっているらしいし、国を挙げて守る方法を考えてもらいたい。

    管理人さん、また日本の職人さんを紹介して下さいね。

    [ 2013/12/25 12:08 ] [ 編集 ]
  95.    
    まぁでも凄い職人が必ずしも良い師匠とは限らないんだよな~。伝統が廃れない事を望む。
    [ 2013/12/25 12:17 ] [ 編集 ]
  96. 引き出しを開け閉めする度いい音するんだよなぁ。合板じゃくぐもった音しかしないし、なめらかじゃない。
    [ 2013/12/25 12:43 ] [ 編集 ]
  97. COOL JAPANとか下手なこと考えずに、こういうのをどんどん英訳していけばいいんだよ。しかしほんとうに技術を絶やさないでほしい。今の俺じゃ遅すぎる。若い頃にこういう動画を見ていたらどうだったろうなぁ。
    [ 2013/12/25 12:50 ] [ 編集 ]
  98. 組木はスコンと小気味がいいので釘悪玉論に陥りがちだが
    宮大工さんは神社仏閣に釘が使われていればちゃんと和釘で修復する

    豆な
    [ 2013/12/25 12:52 ] [ 編集 ]
  99. 和風総本家とか見ると、ガラスや刃物は結構次世代を担う人がいるようだけど、この投稿者が他にUPしている弓矢なんかは途絶えそうだな・・
    [ 2013/12/25 12:56 ] [ 編集 ]
  100. たいていの歴史ある国で、「工人・職人」が下層階級とされるのはなんでなんだろうね。
    ものをつくって富を得ることを「いやしい」と考えたからなんだろうか?
    権力者にとっては「兵士」階級と同等に有用な層だと思うんだけど。
    「農民」階級より下の位置づけになってたりするとこ多いんだよなあ。
    [ 2013/12/25 12:57 ] [ 編集 ]
  101. 英語字幕なし、タイトルも日本語ナレーションも日本語の動画に
    こんなに海外からの閲覧があることに驚き。
    素晴らしい動画を教えてくれてありがとう。
    [ 2013/12/25 12:58 ] [ 編集 ]
  102. 元大工でDIYで家とか家具とか作れるくらい造詣の深いハリソン・フォードが来日した時に、清水寺に釘が一本も使われてないことにすごく驚いてたというエピソードを聞いたことがある。
    [ 2013/12/25 13:08 ] [ 編集 ]
  103. 湾岸idc高級輸入品の階に行くと唯一瞠目するのがUSAの木製家具のゾーン。正直、イメージと真逆だけど、緻密なディテイルと全体の豊かさで群を抜いている。高級というのは経済が最も豊かな場所にしか生まれないという美術史の原理どおり。
    日本は…たぶんもうダメ。建築の設計をしてると、デフレ以来金持ちさえもがなににつけ「リーズナブル」と言うようになってしまった。
    自尊と矜持が無いところでは文化はかならず衰退してく。
    [ 2013/12/25 13:13 ] [ 編集 ]
  104. うちのおやじはアル中の建具屋だけど
    酒飲みながらでもこれくらい簡単に作るよ
    日本では当たり前のことだ
    子供の頃はミニチュアの精巧な水車小屋を作ってくれたりしたな
    [ 2013/12/25 13:16 ] [ 編集 ]
  105. ※102
    そのテーマで、日用大工好きのハリウッド俳優が驚いたっていう情報になんか価値あるんかね。。。
    ケチつけて申し訳ないがw
    [ 2013/12/25 13:17 ] [ 編集 ]
  106. >商工人は農民より身分低い下層階級

    ズバリ

    食糧を作ってるから農民は偉いんでしょ。食糧は社会の基礎。特に昔は米がお金の変わりになるくらいだし

    今の日本でも

    額に汗する人をよその国みたいに軽蔑しない

    今の職人さんは昔の農民のカテゴリーに入り、自分の手足を使ってものを作り出す人々

    銀行員やディーラーみたいに人のお金でお金転がして儲けるよりずっとすごいし尊敬できる

    日本を支えてるんは今も昔も、ものを作ってくれる人々だし額に汗する人々だ

    日本が、1日五度飯食って太り大声で論語怒鳴るだけの無能両班が支配しふんぞり返るだけの国でなくて本当に良かった
    [ 2013/12/25 13:20 ] [ 編集 ]
  107. 日本人でもこういう職人技を見るたびに
    凄いと思うし誇るべき文化だと思うわ
    ただ技術を持ってる人が殆ど高齢なのがねぇ
    [ 2013/12/25 13:30 ] [ 編集 ]
  108. いやその日本でも職人・工人は農民の下扱いだったよね
    [ 2013/12/25 13:31 ] [ 編集 ]
  109. だから言うてるやん、農民は食糧を作って社会を支えてるから商工人より身分が高かったって

    しかし江戸後期になると

    金持ち度は

    商人>工人>上級武士>富農>下級武士>農民>小作

    になった

    身分的に一番低い商人は武士に金貸し付けて頭を上がらなくしてたり

    結局身分よりも金や技術を持つものが強くなった

    武士が身分が最も高いに関わらず慎ましく勉学武芸に励み両班みたいにふんぞり返らなかったから平等な社会になった

    [ 2013/12/25 13:39 ] [ 編集 ]
  110. うん、それは理解できるんだけど、農耕社会でない国でも、古代から職人・工人は最下層階級扱いなんだよね。
    その流れで欧州とか今でも職人って優遇されてないし。
    獣皮とか使う仕事のイメージとか、繊維は農産物が原料で農耕者ありきだからなのかなあ。
    [ 2013/12/25 13:51 ] [ 編集 ]
  111. 柔らかい木を加工しているのに作業がぎこちない
    手つきも悪い
    こういう紛い物を大々的に紹介するのをやめろよ
    [ 2013/12/25 13:52 ] [ 編集 ]
  112. ※68
    >剣道みたいに両手で剣を持って闘うスタイルは他国にない

    ツヴァイハンダーとかツーハンデッドソードって知ってる?
    文字通り両手持ちの剣のことだけど。

    片手持ちはせいぜいブロードソードあたりまで。バスタードソードは場合によっては両手持ちでも使うし(そのために柄は長め)、グレートソードあたりになると基本的に両手持ちの戦い方になる。盾は持たない。

    ※108
    それは農民をおだてるための方便で、実質的には農民は卑民の上程度でしかない。
    現実は「士商工農」か「商士工農」。
    [ 2013/12/25 13:52 ] [ 編集 ]
  113. ※110
    >その流れで欧州とか今でも職人って優遇されてないし。

    ギルド作って市場に対する発言力が大きくなりすぎた過去(価格統制、市場参入・自由競争の妨害など)があって、その反動。「今でも」じゃなくて「今は」。

    ※111
    じゃあ自分で素晴らしい手つきの動画作って公開しろよ。
    [ 2013/12/25 14:00 ] [ 編集 ]
  114. 最も大局眼を必要とする政を司り、軍事統制システムの上位に位置する職種により権限があるのは理に適っているけど、まぁ平時で実質的に力持つのはどうしても商人や豪農だわな。権力握ればどんな職種でも勘違する一部は出てくるよ
    [ 2013/12/25 14:12 ] [ 編集 ]
  115. >なんで座りながら作業してるの?!? イギリス

    これは何とも説明が難しいというか、理屈が難しいんじゃなく
    理解が難しいというか、こう言った作業を意のままに行うには
    作業場は同じ高さというか同じ場所でやった方が安定するというかなぁ。

    台に乗せて立ってやる作業ではちょっと難易度が逆に上がるだろうなぁ
    [ 2013/12/25 14:14 ] [ 編集 ]
  116. 今みたいに大衆販売店が普及してた訳じゃないし
    権力者御用達でもないかぎり近所の生活用品つくってやるくらいの
    存在だったからじゃないの。
    権力者御用達になろうと思ったら太鼓持ち要素もいるからな
    現代の有名建築家もみな営業力のある人ばかり
    アイデアだけではのしあがれない領域
    [ 2013/12/25 14:16 ] [ 編集 ]
  117. こういうのを残すには学校教育から改めなくてはね、
    今の母親は息子を職人にしたがらない、待遇を良くするだけではだめ。
    [ 2013/12/25 14:18 ] [ 編集 ]
  118. 職人は食料や資材を備蓄するわけでもないし、報酬でしか蓄財できないからな。権力は握りにくいわな。
    [ 2013/12/25 14:20 ] [ 編集 ]
  119. ※117
    そっか?
    ここ20年くらい続いた不況のおかげで、「手に職」指向はバブル前後より高まってると思うよ。
    そういうの身に染みてる父親多いしw
    [ 2013/12/25 14:23 ] [ 編集 ]
  120. 農民は卑民て言うより

    貧しかった

    体力的にきつかった
    だからこそ身分だけでも良くしとかないと一揆起こされても困る

    こういう面もあるが、実際に日本人は自分の手で何かを作り出す人を蔑まない

    製造業が強いのもそのおかげ

    ちなみに朝鮮では、ヒョンダイの工場の人は年収一千万超えても人から尊敬されず希望者も少ないらしい

    自分の手で何かを作り出す人を尊ぶ日本に生まれて良かった~!


    [ 2013/12/25 14:25 ] [ 編集 ]
  121. 日本のノコギリは引いて切る。
    外国のノコギリは押して切る。
    人間は引いて切った方が力が入るし正確に切れる。
    日本の方式が正しい。
    鉋なんかもそうだけど刃物においては日本が秀でていると思う。
    [ 2013/12/25 15:57 ] [ 編集 ]
  122. 江戸っ子は"抽斗"と書いて"シキダシ"と読むんだぞw
    [ 2013/12/25 16:16 ] [ 編集 ]
  123. 己の全てを尽く注ぎ込んで極めることで、人は宇宙とか神とかいった超越的な境地に至れる。
    神人合一。
    しかもこれは社会的に有用な技術、職業として行われている日常の修練であって、修行のための修行ではない。
    そこがもう何から何まで一切無駄ではない、究極の、人としてあるべきあり方だといえる。
    極めようという無駄な意識すらなくて、ただ極めてある。至高。
    [ 2013/12/25 16:30 ] [ 編集 ]
  124. 江戸時代はともかく古代中世の日本の技術者集団は部として高い地位を与えられていたよ。
    でなければ金剛組(578年創業:世界最古の企業)なんて現代まで残らなかったろ。

    それと仕事場には台が無いように見えてケヤキなんかの厚い板が台として敷いてある。
    脚が付いていないだけ。

    ※111
    桑は堅木だ。
    [ 2013/12/25 16:35 ] [ 編集 ]
  125. 職人の技を見れば一目で分かることだが、動きがまっすぐで嘘がない。
    これは明き直き心、清明心。風光明媚な日本の風土に育まれた日本古来の純真素朴な心の現われ。
    尊い……実に尊い。
    ここのところがまさに海外からも日本人が有難いことに評価される根本だ。
    [ 2013/12/25 16:36 ] [ 編集 ]
  126. 親父がこういう作業してるの小さい時から見てたから、そんなにすごいとは思わんなぁ……
    動画の最後のほうの薄い板見てまさぶき屋根思い出したわ
    [ 2013/12/25 16:59 ] [ 編集 ]
  127. うん、そんなに凄いとは思わないだろうなぁ。
    今はね。
    すべき当たり前のことを当たり前にし続ける、そうしてそのままずっと永く暮らしてゆく平凡さがどれほど重要なものか、今にきっとわかる。
    [ 2013/12/25 17:05 ] [ 編集 ]
  128. 夢をぶち壊すようで申し訳ないが、四天王寺、法隆寺、大坂城などを造った金剛組の一族はじめ、日本に多くの工法を伝えたり、陛下自身が先祖だと言っているのは百済人といって扶余系の人たちなんだな。今の朝鮮人は新羅系の流れなので違うんだな。マジすまんの。
    [ 2013/12/25 17:19 ] [ 編集 ]
  129. 職人さんの工具がこれまたきちんと手入れされて本当に美しいんだよな
    [ 2013/12/25 17:39 ] [ 編集 ]
  130. ※4
    近代という時代において、こういう昔からの大事な技術を失っていないということは(喪いつつあるが)優遇まではとても言えないと思うけど、蔑ろにはされていないと思う。
    [ 2013/12/25 17:41 ] [ 編集 ]
  131. >>128
    夢は関係ない。高い技術を持った人がいれば、それにあった労苦にしたがって相応に尊敬される人種どころか宇宙人であっても尊敬される。
    外道なまねさえしなければね。
    [ 2013/12/25 17:52 ] [ 編集 ]
  132. 私は子供の頃から臆病で、本当はこういう伝統的な価値観そのものを技術ごと継承したかったのに、結局は自分から飛び込む勇気がなかったから、お勉強だけに専念して結局は東大なんぞに入って卒る程度の人生でしかなかった。
    職人は技術を盗み取る気概が必要だから、私にはそもそも素質が足りなかったということになる。なんとも不甲斐ないことよ。
    若い人が頑張って継承してくれるといいのだが……
    [ 2013/12/25 18:22 ] [ 編集 ]
  133. 丁寧な作業を手作業でやれば当然値段が上がるけど、今は職人の生活も考えずもっと安くもっと安くと言われる。

    それでも実際に手にとって吟味してもらえれば納得してもらえるところを、ネットで写真でしか判断しないから値段の高さしか注目されないことが多い。

    もっとも普段目にしないものを見ることが出来るという点でネットは一長一短なんだけどな。
    [ 2013/12/25 18:26 ] [ 編集 ]
  134.  
    「日本人が凄い」ってのは違うだろ、この人が凄いんだ。

    このサイト見に来てるやつの99%は
    何の能も無いクズにすぎないんだから。

    単なるクズが、同じ国籍だというだけで
    この人の仲間にでもなったつもりならお笑いだなw
    [ 2013/12/25 18:55 ] [ 編集 ]
  135. 馬鹿だな。
    こういった職人さんはそれを受け入れる社会、市場というものが存続していなければ存在出来ないんだよ。
    そしてそれが文化ってものなの。
    [ 2013/12/25 19:00 ] [ 編集 ]
  136. >単なるクズが

    そうそう

    日本を誉めちぎってるサイトにしばしば「やっぱりアジアンはすごい」て唐突に捩じ込んでくる民族いるよね

    褒められてるのは日本であってアジアンじゃないのにねえ

    それに「アジア民族が日本を許さない」て自分たちだけのぼっちな日本貶しを勝手にアジア全体の話にする人もいるよね~

    本当にクズだよね

    [ 2013/12/25 19:27 ] [ 編集 ]
  137. すごいなぁ。
    尊敬する。
    [ 2013/12/25 20:12 ] [ 編集 ]
  138. こういう職人さんに後継者がどんどん出てきてほしいよね
    でも若い人はこういうの避けるんだよね
    厳しいし、あんまり儲からないかもしれないけど、尊敬される仕事だよ

    こういう技術が残っている日本文化を誇りに思う
    大事にしたいよ
    [ 2013/12/25 20:23 ] [ 編集 ]
  139. 樹齢1000年以上の檜で造った建物は2000年もつのだそうだ

    ×樹齢2000年以上の檜で造った建物は2000年もつのだそうだ

    まだまだ、記録更新中であと1000年立っても、適時修復すれば持っているだろう。日本と共にね。前回修理の時も、出た廃材を削れば檜のにおいが、香り立った有る意味いきているんだよね。
    [ 2013/12/25 21:02 ] [ 編集 ]
  140. こんなん見つけました
    ↓よく喋る職人さんだがw格好いい

    法隆寺宮大工西岡常一:「これが、法隆寺の心柱の副木をとめた釘でっせ。これは大きいけど、小さいもんでも形は同じですな。この和釘も刀鍛冶が作ったものです。刀鍛冶しか打てませんな。そやから、この心柱を止める釘一本買うのに普通の釘が五貫目買える。・・・皆さんが使うてる釘は、洋釘といって頭に丸いもんがついてますな。あれは打ちやすいように頭がついとるのとちがいまっせ。あの頭がないと釘が止まらんのや。頭で板を押さえつけてるわけや。ところが、この法隆寺に使うた釘は、釘全体で木を押さえつけとる。洋釘やったら頭が腐ればストンと抜けてしまうけど、和釘やったら、この頭の部分が腐っても、全体が楔になっとるから、ぜったいに取れません。

    命を考えとるんや。耐用年数ちゅうもんを念頭において釘を作っとるんですな。今の釘は、今がよければいいんや。こんな長い釘をどうやって打ち込んだかって?今なら、簡単にドリルで穴をあけて打ち込むからわけないわな。でも、それやったら楔の役が薄くなりますな。昔の人は、まず、のみで彫るわけや。そんで、先が届かなんようになると打ち込みというのをやって抜くんや。打ち込んでは抜き、打ち込んでは抜きして、その後でこの釘を打ち込んでいくんや。大きな釘やったら、一本打つのに半日くらいかかるのとちゃうか。丸い穴に四角い釘がギッシリと入って押さえるんやな。半日かかってようやく打ち込んだ釘は千年もの間建物をささえる役目をしますな。それが、そこらの洋釘やったら、二十五年しかもたへんな。」
    [ 2013/12/25 21:33 ] [ 編集 ]
  141. 木工用ボンドとか「これは良い!」と判断したものを使うところがすごいよな。「未来に出来たいいものを拒否して」まで、伝統にはこだわらないというか、「いいものを作るのならそれを選択する」というか。「昔のまま」であるところに不要にこだわらないところが凄えって思った。
    [ 2013/12/25 22:21 ] [ 編集 ]
  142. 名無し
    せっかく技術があっても仕事として成立しなければ消えてしまう。高くてもほしくなるようなものを誰かがプロデュースしてほしい。日本から失われたら、世界からなくなってしまう。わしも、できるだけ買う。
    [ 2013/12/25 22:48 ] [ 編集 ]
  143. 全部見てないんだが後継者はいるのか?
    頼むから守り抜いて欲しい

    あと、工作好きの子供とかに見て欲しいね
    [ 2013/12/26 01:20 ] [ 編集 ]
  144. しかし・・・すばらしいね。
    俺もオッサンになると、建築工学も含め習いたいと強く思うようになった。 自分の家を自分で直せたら、費用も圧倒的に安く済むし。

    こういう技術ってのは、単純に加工する技術の他、「木材の特性」ってのも知っておかなきゃならない。 っていうか、それを生かした加工技術が多々存在する。 木材は、柔軟・湿度による曲がり・強さ・割れやすさの特性など、また、使う場所・木目ほか、丸太から見ての使われる場所によっても違う。

    >>143
    今の上の連中ってのは・・・若い子は何も知らんのだな・・・ってのをネットではよく感じるが・・・「日本文化排他主義」で暴れた世代だし、経済ってのが土台(市民生活や国全体の環境価値)から支えられてるもんだってのが何も解らず老いた世代だから放ったらかしに廃れるがままにされてるね。

    特にやはり、こういうものの「価値の理解」ってのは「バブル・ゆとり」が酷くて、日本文化継承で若い子が・・・っていう話を聞くと大体が今のアラフォー世代が頑張ってるのが現状。
    [ 2013/12/26 01:52 ] [ 編集 ]
  145. 「日本の優秀な文化が消えていく理由」

    ってのは、単に昔の人のように「儲けにならなくても頑張る」っていう人がいなくなったからなんだよ。 その原因は、戦前の人の意見を借りるなら「女を甘やかせたから」なんだ。 これは、戦前の女性達が言ってた事。「男が女を甘やかせたら、結局苦労するのは男だよ」ってね。

    だから、1次産業やこういう伝統産業を、安くても頑張って地道に売って生活文化に根ざしていく・・・っていう事が出来なくなって、結局「高く売ってもやっていける人」人しか残らなくなった。 昔はこういう職人は日本中にいたんだから。 だけど、今の女は「稼ぎが低い男」とは結婚したくないとか、最初っから「自分が楽をする為だけに結婚する」みたいな低俗な女だらけになってしまった・・・これの悪因は、「バブル世代の男が女を甘やかせる事が格好いい男」っていう文化を作ったからなんだ。

    だから、農産物でも「安くて美味しい見栄えの悪いもの」とか流通しなくなった。 一般人が身を粉にして働く事を止め、「流通の帝国主義化」が進むとそうなって一般市民の生活が苦しくなる事は、経済学では1世紀以上前から解ってる事なんだが・・・
    [ 2013/12/26 02:03 ] [ 編集 ]
  146. >>145
    例えば、俺はみかんが特産の県出身として歴史と事情を言うと・・・

    昔は温州みかんは、皮が薄くてもっと小さくて美味しい物が流通してた。 若い子は、自分の親に聞けば覚えてる人も多いと思う。 それを「箱買い」して冬に食べてたもんだ。

    だけど、そのみかんは腐りやすく、高く売れなかったから農家は儲けにはならなかったんだよ。 その後、改革が進んで皮の厚いみかんを高く売るようになっていった・・・あんなものを食べてる今の若い子は可哀想やね。

    今でも、現地では安くて美味しい皮薄のみかんはある。 だけど、現地でさえ殆ど売ってない。 農家からすると、ジュース用にしろバラ売りにしろ、トラックいっぱい持っていっても数千円の儲けにしかならないような仕事はやりたくないんだ。 山での収穫は大変だからな。

    ■経済や技術を支えるのと、政治は違う。 市民はもっと学ぶべき。

    今の日本はどこも同じだ。
    「農協」も、日本中同じで、そういう「市民の生活を支える農家」は応援するどころか駆逐して行きたい方向。 それは、安いものはいくらでも輸入できるし「ブランド」で利益を上げた方が儲かるから。

    そうやって「生活にお金が掛かる国」になって行ってるのに、市民は何も学ばず、経済でそんなに必要とされてないサラリーマンに皆でなろうとしてる始末・・・特に一次産業に関しては「国民の生活を支える」と言う意味でも経済上も、国内で頑張って作った方が労働者も増やせて食糧も安く出来るのに・・・

    一般市民が味も解らず「ブランド」を買ってる内は、日本のあらゆる技術は消えて、法人中心のアベノミクスみたいなやり方しか出来ず、「経済収束」を待つしかない国に落ちぶれていくだろうな・・・若い子はそういう「市民の生活を支える国造り」の理屈・構造を学んで欲しいね。
    [ 2013/12/26 02:22 ] [ 編集 ]
  147. 木の事を知り尽くしてる。
    ご先祖様たちは、こうやって自然の恩恵に感謝しながら、自然とともに生きてきたんだろうな。
    江戸時代には、そこらの長屋の職人が、今でいう人間国宝クラスの技をもってたらしい。
    こういう卓越した技術や、自然に対する深い知識が失われていくのをそのままにしておいて、本当にいいんだろうか。
    [ 2013/12/26 07:11 ] [ 編集 ]
  148. 引き出しの明け閉めでわかる
    本当に日本がすきで 骨を埋める覚悟があるなら日本の伝統技術を護りに弟子入りしにくればいい 誰でもなれるわけじゃないがその為には 日本人以上の忍耐力と語学力がいるけどね 日本国民は気概でいきてるから
    [ 2013/12/26 07:22 ] [ 編集 ]
  149. ※145は社会の変化も自分の堕落も、全部女のせいにしてるのか。
    自分の生き方には自分で責任をもつもんだ。
    プライドってもんがないのか。
    [ 2013/12/26 07:24 ] [ 編集 ]
  150. こういう映像見るたびに思うんだが、2chとかでドカタとか
    蔑まれてる人だって職人なんだよね。
    そもそも素人やバカじゃできないから。

    率先して自分で考えて効率よく、仲間と協調して動かないと
    仕事終わらない。相当の訓練積まないと出来ないんだな。
    資格がなきゃ出来ない工程だって普通にある。

    昔、職人芸の日本一を決める変なTV番組があったんだが、
    職種を区別してなかった。まるで異種格闘技戦かのように、
    卵割り日本一とか、空手で鉄板曲げとかが出てくるの。
    だが、なぜか毎回フクロウ暗算とかいう人が優勝してた。

    職人とかいって、こういう映像を持ち出すのは、何か違うと
    思うわ。
    [ 2013/12/26 07:44 ] [ 編集 ]
  151. あのさ、単位面積あたりで第一次産業が支えられる労働人口は商業、工業に比べて著しく低いってのが分かってる?
    商工業の発達が耕作面積の少ない日本の平均所得を上げて国を豊かにしたんだよ。
    商工業の発達がなければ人口はここまで増えていないし技術も発展していない。
    そしておそらくは欧米の植民地になっていた。

    それとバブル期の男女は関係ない。
    高度経済成長のときエコノミックアニマルとまで揶揄されながら日本人が働いていたのは、働けばそれだけ報われる豊かさを実感していたから。
    普通に生活出来るならともかく、満足に生活できない仕事じゃ誰も奨めないよ。
    娘に苦労させたくないと言って男を選別していたのはその親達だしな。

    それじゃ何が悪いかって言えば安いものを使い捨てにする文化。
    高いものを丁寧に使う文化が復興すればメンテナンスの仕事も増えるし日本の伝統技術は生き残れる。
    今は弟子入り志願しても生活できないから止めとけと言われる事も多い。

    そりゃユニクロの服を着てプラスチックの櫛で髪を整え出かけるような人間が多いんだから無理だわ。
    [ 2013/12/26 13:31 ] [ 編集 ]
  152. 本当調子いいな
    普段は見向きもしない癖に何言ってんだお前ら
    なんで伝統工芸が失われてると思う
    なんで職人が減ってると思ってるんだよ
    全部お前らが少しの興味も持たなかったからだろ
    何がいつか無くなってしまうのは惜しいだよ
    だったらてめえが今すぐ弟子入りしてこい
    [ 2013/12/26 13:53 ] [ 編集 ]
  153. すごいね
    見事な職人芸だ
    芸術だね
    [ 2013/12/26 15:45 ] [ 編集 ]
  154. 口は出すけど金も手も出しません
    現代日本人の本音
    [ 2013/12/26 15:48 ] [ 編集 ]
  155. 日本人は木で家を建てる文化が根っこにあるから、木工品に精通した職人がいる
    しかし石やレンガで家を建てる文化の国にも当然、日本人に真似できない石工やレンガ職人がいる
    各国の皆さんそれぞれが、自国に何かしらの職人がいることに自信と誇りを持ちましょう☆
    [ 2013/12/26 18:14 ] [ 編集 ]
  156. ※155
    サグラダファミリアの建築に腕の良い日本人の石工さんが携わっているんだよね。
    今は海外でも腕の良い職人さんは減ってるんだよな。
    わけの分からん現代アートより余程芸術性が高いと思うんだけど。
    [ 2013/12/26 20:01 ] [ 編集 ]
  157. こんなん自分だったら仕事にならんな。 一個出来上がっただけで
    その達成感で、その先仕事に移れない(汗
     
    [ 2013/12/26 20:21 ] [ 編集 ]
  158. テクニシャンていうんは…こういう人々のことをいうんやろなぁ
    [ 2013/12/27 00:07 ] [ 編集 ]
  159. >>※50
    まさにその通りだよなぁ・・・
    税金優遇があるなら俺も家建てる時絶対日本家屋にするわ。
    [ 2013/12/27 03:30 ] [ 編集 ]
  160. こういう動画ってボーっと見てられる
    物が作られている過程って面白い
    [ 2013/12/27 05:45 ] [ 編集 ]
  161. 一瞬三田村の親分が移ってるのかと思ったwww
    [ 2013/12/27 11:37 ] [ 編集 ]
  162. 職人技は日本人から見てもすごいから
    [ 2013/12/27 13:02 ] [ 編集 ]
  163. ※17
    そうそう足もちゃんと使うんだよ
    固定された作業台なんて邪魔なだけで、そういうものが必要な時は馬を二台並べて適当な板を渡す
    そう広くない所で細かい作業をするんだから、それが1番効率的なんだよね

    ※152
    それ以前に買う奴の見る目がないんだからしょうがない
    まともに食っていけないんじゃ、職人の成り手だって増える訳がないわな

    大体、本物の黒檀と、表面だけに薄切りの黒檀を貼ったなんちゃって黒檀の仏壇を見比べて高いの安いの、って言ってるんだぜ?
    ちょっと覗き込んで裏側を見れば一目瞭然のシロモノなのにさ
    彫刻も同様、中韓の機械彫りの図案からして粗雑な物と手彫りの品も区別できないんだもんよ
    ホムセンの神棚なんか笑っちゃうぜ、切りっ放しの細材をボンドでくっつけてる小学生の工作レベルだよw
    [ 2013/12/28 21:43 ] [ 編集 ]
  164. 動画の続きであくまでこれは芸術じゃなくて商品だって割り切ってるのが職人らしくていいね
    拘りすぎて時間かけすぎてもダメだけど出来る限り実用的なものを作ろうって姿勢がカッコいい
    [ 2013/12/31 12:52 ] [ 編集 ]
  165. 指物職人のこの技術をまんまスケールアップして家一軒まで造っちゃう職人(数少なくなってしまったが…)がいるってのも日本の驚嘆すべき一面だと思う。
    [ 2013/12/31 13:20 ] [ 編集 ]
  166. >>正確性が凄すぎて目を疑ったわ。糊もまったく使われてないみたいだし。 カナダ 

    職人さんの背後に木工用ボンドはあったけれど、だまってよう……。
    [ 2013/12/31 14:14 ] [ 編集 ]
  167. 久しぶりに時間を忘れて動画を視聴できた
    [ 2013/12/31 15:51 ] [ 編集 ]
  168. いい物作れるって一つにすげー時間かけるよね
    日本人だから出来るって言ってもいいと思う
    モノ創りに関しては本当に世界1
    いい加減な仕事しないで死ぬまで働く日本人だからこそ不景気でも暮らして行けるんだね
    [ 2014/01/05 20:09 ] [ 編集 ]
  169. PCデスク作ってもらいたい
    [ 2014/01/07 17:46 ] [ 編集 ]
  170. こういう職人もいずれはこの世から居なくなってしまうと思うと悲しいな。。。
    [ 2014/01/09 01:14 ] [ 編集 ]
  171. ため息の出る美しさだな
    日本の伝統万歳
    [ 2014/03/02 17:46 ] [ 編集 ]
  172. こういう職人のニーズで、精度が高くて強度のあるよく切れる刃物の類にこだわる文化が根付いてるんだよなあ
    [ 2016/01/06 02:55 ] [ 編集 ]
  173. まじで国にはこういう技術の紹介とそれで作った製品を販売して欲しいんだけど 
    [ 2016/01/21 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング