パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「侍の末裔である事は誇り」 スペインにある侍の子孫700人が暮らす街

スペイン南部、アンダルシア州にある街、コリア・デル・リオ。
この街には支倉常長が率いる慶長遣欧使節団(1613年)が9ヶ月間滞在しましたが、
その使節団のうち、何人かのキリスト教徒の日本人がこの街に留まりました。
現在コリア・デル・リオに約700人にいるJapón(ハポン)姓の方々は、
現地に留まった日本人や、地元の水夫などの子孫と考えられているそうです。

・一定期間現地に滞在した
・文書にハポン姓が初めて登場したのは一行が去ってから数十年後
・スペイン人の苗字には、出身地をそのまま苗字にしたものが沢山ある
(エル グレコ=スペイン語で「ギリシャ」等)、
などが、ハポン姓の方々が侍の子孫である根拠になっています。

この何とも興味深い物語に、スペイン人から様々な反応が寄せられていました。

主な翻訳元

【支倉常長】海を渡ったサムライの末裔のスペイン人





■ 先週の日曜日にハセクラ・ツネナガの銅像を見に行ってきた。状態も良かったよ。 +3
  



■ シュウサク・エンドウの「サムライ」でハセクラ・ツネナガの旅を描いてるんだけど、
  この美しい話に関しては、その本の情報しか知識がなかったんだ。
  日本はスペインの次に好きな国なんだよね。
  誰かこの話がもっと詳しく分かるような資料知らないかな? 
  



■ この日本とケイチョウ使節団の歴史物語を知り尽くしてる、なんて言う気はない。
  だけどこの話に関しては、どこかで聞いたことあったんだよ。




■ こういう目を引かれる記事にようやく出会えた! 面白くて、興味深い記事に。
  こういう記事にあふれてれば、どこかで観たことあるような話ばかり取り上げる、
  くだらないテレビなんて観る必要がなくなるのに。 +8




■ 実際にDNA検査なんかで日本人の遺伝子が見つかれば興味深いことになるね。




■ これはメチャクチャ刺激をもらえるね。
  俺達が考えてる以上に、「日本人」は世界中にいるんだ。
  ネイティブ・アメリカンって言われている人たちだって、
  元々はずっと昔にいろんなアジアの国からアメリカに渡ったわけだし。 +8
  



■ こんな美しい話があったんだね。まったく知らない話だったよ。
    



■ 何これ面白い! スペインに日本人の子孫たちがいるなんて知らなかった。
   



■ 僕は今センダイに住んでて、ハセクラの旅に関して色々調べてるんだ。
  何か知ってる情報があったら何でも教えて欲しい。 




■ スペインにサムライの子孫とか、マジで興味深いな。 +13




■ 以前ミス・スペインに選ばれた人も、日本人の末裔だった気がする。 +5




■ この話は、シュウサク・エンドウの傑作、「サムライ」で描かれてるね。
  この小説はスペイン語にも翻訳されてるんだけど、本当に素晴らしいよ。
  だいぶ前に読んだんだけど、すべての人におすすめできる。 +2



  ■ うん、シュウサクの作品は素晴らしいよね。
    当時の使節団の苦難が実に見事に描かれてるから。



■ ホント興味深かった。ウィキペディアで色々調べちゃったよ。 




■ 私この侍の末裔たちを卒論のテーマに取り上げてるんだ。
  ラジオ番組でもこのトピックが取り上げられてたよ。




■ 俺の父ちゃんはセビリアの出身。でもどこか日本人っぽい顔つきなんだよ。
  だからマジで、「なんでやねん!」って感じだったわけよ。
  だけど、これでようやくグッスリと眠りにつけるぜ。ハハハハハ。あばよ!




■ ハポン姓の友達がいるから彼からちょっと話を聞いたけど、
  サムライたちはかなりの人数の子孫をスペインに残したらしい。
  だから現代にすら、日本人の顔立ちが引き継がれていってるんだろう。
  もしかしたら、自分たちがサムライの血を引いてることすら知らない人もいるかもね。
  正直言って、興味深いってレベルじゃないくらい面白い物語だよね。




■ ハポンって苗字を継ぐ人たちの他にも、
  アジア人のような目を持つ人達がいっぱいいるんだよな。
  聞いたことはあったけど、詳細は知らなかったから面白かった!



   ■ コリア・デル・リオの人たちはちょっと目が細い人がいるんだよね。
     もうだいぶ時間が過ぎてるから、日本語は全然話せないけど。
     僕はとなり町に住んでるから知ってるんだ。


■ ハポン姓を持つ人たちの顔立ちが見たいんだけど、ないものかな?


 
   ■ ミス・スペインの有名なマリア・ホセ・スアレス。
     確か彼女のセカンドorサードネームがハポンだったと思う。  

   maria-jose-suarez.jpg


■ 本当に本当に面白かった!
  日本からスペインへ……そしてスペインからアメリカ大陸へ……?     
  私はエクアドル人なんだけど、セカンドネームがハポンなの。
  アメリカ大陸に渡ったハポンさんに関する資料はまだ見つかってないから、
  これからも調査を続けるつもり。
  とにかく、興味深くて、魅力的で、楽しい情報でした。




■ 俺もハポン姓。自分も目が細いけど、おじいちゃんとかお父さんとか、
  家族はもっと日本人っぽい見た目してるよ。
  美しい物語だよね。
  ずっとこの物語が大好きだったから、日本旅行を計画中なんだ。




■ 前にハポン姓を持つサッカーの審判がいたのは覚えてる :D 




■ ハポン姓でアジア系の目を持つ子を知ってる。
  高校の同じクラスにいたんだよ。家族はコリア・デル・リオに住んでてさ。
  400年も経つのに、遺伝子が薄まってないっていうのは興味深いよね。 




■ Hi 俺はメキシコに住むニッケイ(日系)だ。
  俺もハセクラサンに関するリサーチをやってるんだ。
  ハセクラの銅像の写真も撮ってきた。
  世界には今のところ彼の銅像は4つしかない。
  ローマ、スペイン、日本。そしてついにメキシコにも建った。
  もしイタリアとスペインの銅像を送ってくれたら嬉しい。




■ コリア・デル・リオでは、ハセクラ・ツネナガの旅について、
  そして彼が街に与えた影響について書かれた本が発行されてるよ。




■ ハポン姓だけじゃなくて、カロっていう性も日本に関係してるんだよ。
  カロっていうのは、ハセクラのクラから派生して、
  クリスチャンっぽい語感にして出来た姓なんだ。




■ 俺は子供の頃、「君は中国人? それとも日本人」ってよく訊かれたのよ。
  何年か前に日本の歴史について勉強を始めたんだけど、かなりビックリした。
  俺の両親はあの街の地域の出身だから、たぶん俺は日本人の末裔なんだよ。
  それなら俺の見た目も理解できるもんね。 
 



■ 僕達の歴史について興味を持ってる人がたくさんいるんだね。
  僕の姓もハポンなんだ。
  日本は第二の母国だと思ってる。
  そして、サムライの末裔であることを、とても誇りに思ってるよ。  


 

  



関連記事
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑皆様の応援が、皆様が考えている以上に励みになります。
[ 2013/12/18 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(498)
Powered By 画RSS
  1. 遺伝子っていうのはなかなか薄まらんもんなんやね。
    [ 2013/12/18 23:04 ] [ 編集 ]
  2. この話はかなり眉唾物だと思ってる。
    [ 2013/12/18 23:06 ] [ 編集 ]

  3. 村の名前が…


    [ 2013/12/18 23:08 ] [ 編集 ]
  4. コリアって名前だけでほら・・・アレが起源主張してきそうなんだけど・・・
    [ 2013/12/18 23:10 ] [ 編集 ]
  5. でも夢があっていいよ
    [ 2013/12/18 23:12 ] [ 編集 ]
  6. 半年くらいまえの読売新聞でハポンの遺伝子調べて、間違いなく日本人の遺伝子が混ざってるて書いてあったぞ

    イアンフの捏造あるから大新聞の記事だからって頭から信じるわけやないけど、
    かなりの精度で日本人の子孫だと思う
    [ 2013/12/18 23:14 ] [ 編集 ]
  7. どうせ外人は辻斬りと侍を混同してるくせに
    [ 2013/12/18 23:15 ] [ 編集 ]
  8. つか

    「俺って日本人の血が混じってる!」て喜んだり誇らしげなんが嬉しいね

    [ 2013/12/18 23:16 ] [ 編集 ]
  9. 黄金の国ハポン
    [ 2013/12/18 23:19 ] [ 編集 ]
  10. 村の名前は変えないと後々面倒なことになる気がする
    [ 2013/12/18 23:19 ] [ 編集 ]
  11. ハセクラをカタカナで書くなとあれほど...
    [ 2013/12/18 23:19 ] [ 編集 ]
  12. ハポンがいた街がコリアとは
    コリアダメだ
    [ 2013/12/18 23:20 ] [ 編集 ]
  13. ハポン同士で結婚しないとすると子供のハポン遺伝子は1/2になる。
    25才で子供を産んだとすると400年たった今の人は16世代目。
    ということはハポン遺伝子は2の16乗分の1になる。
    つまり65536分の1だ。
    [ 2013/12/18 23:21 ] [ 編集 ]
  14. 日本人ってより、サムライの子孫ってのが重要だよね
    [ 2013/12/18 23:24 ] [ 編集 ]
  15. 駄目だ…。
    ハセクラがセクハラと読めて仕方がない…。
    [ 2013/12/18 23:24 ] [ 編集 ]
  16. >>13

    そんだけ遺伝子薄まってるのに
    ハポン姓の赤ちゃんにはスペインには珍しい蒙古斑が出るんだよなぁ
    [ 2013/12/18 23:24 ] [ 編集 ]
  17. 遺伝子か・・・面白いもんだと思う
    人の素養は環境による所が多いと思うけど、身体的な所はどうしても遺伝だもんな
    と、思った所でアジアの素養・教養を考えてしまうな
    [ 2013/12/18 23:24 ] [ 編集 ]
  18. 米11

    途中まで、セクハラって誤読してましたスミマセン。。。
    [ 2013/12/18 23:25 ] [ 編集 ]
  19. ※6
    調べたのは知ってたけど結果出てたんだ、知れてよかったありがとう
    今年は慶長遣欧使節出帆400年記念だし震災復興も兼ねて被災地にハポン姓の人達がお見舞いに来たりしてたね
    [ 2013/12/18 23:25 ] [ 編集 ]
  20. 夢が広がりんぐ
    [ 2013/12/18 23:27 ] [ 編集 ]
  21. コリア・デル・リオ=Coria del Río
    スペイン語で朝鮮は「Corea」

    ちゃんとした発音では全然違う感じになるんだろうけど
    カタカナにするとあれだなw
    [ 2013/12/18 23:27 ] [ 編集 ]
  22. 支倉の紋章はカギ十字に矢をクロスさせた紋章でカッコイイ
    実際にローマ市民権の証明証も持って帰ってきてる貴重な資料がある
    ロマンだね
    [ 2013/12/18 23:29 ] [ 編集 ]
  23. おおお支倉か
    太閤立志伝でも出てくるわw
    [ 2013/12/18 23:29 ] [ 編集 ]
  24. 日本人を奴隷としても連れてってるんだよな。
    [ 2013/12/18 23:30 ] [ 編集 ]
  25. 今でも容姿にアジアの影響がでるか?
    [ 2013/12/18 23:30 ] [ 編集 ]
  26. 支倉常長の慶長遣欧使節団。
    江戸の日本でキリスト教は禁教になったわけだからそのまま残った。
    敬虔なキリシタンだったのでしょうね。
    [ 2013/12/18 23:31 ] [ 編集 ]
  27. 鳥肌立つ話だな
    おもしろい
    [ 2013/12/18 23:31 ] [ 編集 ]
  28.  
    これ、その後の研究で日本人のDNAは出なかったって言ってなかったけ?
    昨年だったか、今年だったか、外国の研究機関が数百人を対象にやってた。
    結果が全く出ず、例え、先祖が日本人でもこれだけ交配が進むと出ないってさ。
    ちなみに、支倉常長は帰国して死去しているからね。
    現地で死んだみたいになっているけど。行っただけだよ。
    それに、ハポンって名字は日本人が行く前から存在していたって。
    だから、でっち上げの可能性が高いよ。
    サムライって言えば、外国人は嬉しいのかも知れないけど。
    支倉は他にも行っているよ。そこでも子孫伝説ってあるのかね?
    ちなみに、彼はキリシタンでしょ?不倫とかってやっても良かったっけ?
    人物像を見ると、結構お堅い人みたいだけどね。
    そんな人が無責任に子孫作りまくるかな?
    [ 2013/12/18 23:32 ] [ 編集 ]
  29. 目がオリエンタルなのは気のせいだと思うけどね
    [ 2013/12/18 23:32 ] [ 編集 ]
  30. バルログ「だから私はスペイン人なのに謎の忍術を…。」
    [ 2013/12/18 23:36 ] [ 編集 ]
  31. 昔の大国イスパニアと今の大国?日本の繋がりは面白いね。世界的に成功を収めたといってよい今の日本の、しかも人気がある忍者や侍の子孫となれば、日系スパイン人にとって誇らしいだろう。これが、中国やロシア・中東だったら誇らしく思えないかもしれないしね・・・。
    [ 2013/12/18 23:37 ] [ 編集 ]
  32. 色々と興味があるんだ
    スペインに残った人々はどうやって日々の糧を得たのだろう
    たった1世代だけの日本人のご先祖を姓に頂きつづけるとはこれいかに。
    あと、蒙古斑はそんなにしつこい(違)遺伝なのかw
    [ 2013/12/18 23:38 ] [ 編集 ]
  33. 何より誇りに思ったり興味持ってくれてるのが嬉しいね

    しかし、ハセクラの旅をセクハラの旅と空目してしまった…
    [ 2013/12/18 23:40 ] [ 編集 ]
  34. 人名とかのカタカナ表記本当やめてほしい
    [ 2013/12/18 23:40 ] [ 編集 ]
  35. 眉唾でも何でも現地の人がサムライの子孫であるかも知れないことを
    誇りに思ってくれてるのは単純に嬉しい事じゃないか
    「日本人が祖先?勘弁してくれよ!」みたいに言われるより絶対に喜ばしい事だろ?
    [ 2013/12/18 23:41 ] [ 編集 ]
  36. >>28
    使節団ってくらいだから
    行った日本人は支倉だけじゃないだろw
    [ 2013/12/18 23:44 ] [ 編集 ]
  37. 戦国時代は奴隷貿易で日本人が数多く国外へ連れ出されているし、傭兵としても国外へ多く出ている。
    そうして欧州へ渡った数はそれこそ慶長遣欧使節団なんかより多かっただろ。
    [ 2013/12/18 23:45 ] [ 編集 ]
  38. まぁ…喜んでくれるのは嬉しいが宗麟とか右近とか日本人でキリスト教にガチ改宗するタイプはサムライっつーかキリスト教徒w
    常長は鉄砲組頭として朝鮮出兵も行ってんだな。伊達といえば騎馬鉄砲隊イカスぜ
    [ 2013/12/18 23:45 ] [ 編集 ]
  39. 自分のルーツに日本人の血があることを、
    誇りに思ってくれてるなんてすごく嬉しいね。
    [ 2013/12/18 23:46 ] [ 編集 ]
  40. >コリア・デル・リオにはJapón(ハポン、日本)の姓を持つ人が約700人おり、使節団の一員として来訪したまま現地に留まったキリスト教徒日本人、使節の現地人水夫、及びその支援者の子孫達と考えられている。

    なので全員が日本人の子孫というわけではないだろうが
    おもしろい
    [ 2013/12/18 23:47 ] [ 編集 ]
  41. エチオピアあたりにも伝話で中国人の末裔(慶弔よりもっと昔)の遺伝子が残ってるって解析されたくらいだからスペインで姓まであるならきっと本当だろうね
    [ 2013/12/18 23:47 ] [ 編集 ]
  42. これは日本からの支援を狙ったものです。
    80年代に最高潮になった記憶があります。
    ただそれだけの事です。
    [ 2013/12/18 23:49 ] [ 編集 ]
  43. >コリア・デル・リオの人たちはちょっと目が細い人がいるんだよね。


    < `∀´>  これは古代にウリナラが世界征服した証しニダ
    [ 2013/12/18 23:50 ] [ 編集 ]
  44.  
    お、おう・・・。
    まあ何となく友好的な繋がりになればいいんじゃない?
    [ 2013/12/18 23:50 ] [ 編集 ]
  45. ハポンさんだらけでワロタwww
    [ 2013/12/18 23:52 ] [ 編集 ]
  46. >>31
    嫌な日本人演じてて楽しい?
    [ 2013/12/18 23:52 ] [ 編集 ]
  47. >28
    本人じゃなくて随行してった少年とか船員とかかもしれない
    というかその可能性が一番高い
    [ 2013/12/18 23:54 ] [ 編集 ]
  48. サムライじゃなくて奴隷だったりして
    [ 2013/12/18 23:55 ] [ 編集 ]
  49. 自分も最初村の名前がコリアだと知った時は「えっ?」と思ったけど、
    調べてみたらスペイン語で「革」って意味だったから、
    起源主張してくる国の事なんてどうでもいいや。
    [ 2013/12/18 23:55 ] [ 編集 ]
  50. ※28
    支倉常長の子孫とは一言も言ってないでしょ。随行員たちの子孫じゃないの。常識的に考えて。
    [ 2013/12/18 23:57 ] [ 編集 ]
  51. 多民族国家のアメリカなんかじゃ自分のルーツをアイデンティティの基礎に置く事が多いからな。
    これもその一つでしょ。

    スペインも複数の王国が群雄割拠していた場所だし、バスク地方の独立問題とか起きるくらいだしね。
    [ 2013/12/18 23:59 ] [ 編集 ]
  52. コリアで目が細いって言えば…
    [ 2013/12/19 00:00 ] [ 編集 ]
  53. 町の名前ワロタ
    もちろん何も関係無いのはわかってるけどあいつらなら何を言ってきてもおかしくないな
    [ 2013/12/19 00:00 ] [ 編集 ]
  54. >>28
    使節団のうち結構な数の侍が現地で女を作ってたらしいよ
    そして家族を作っちゃった伊達侍がその地に残った
    [ 2013/12/19 00:00 ] [ 編集 ]
  55. DNAの調査結果ってまだ出てないんじゃなかった?
    けど、侍なのかはちょっとあれだよね^^;(主君の命果たさない事になっちゃう)
    そもそも、支倉さんの子孫って今でも日本で続いてるよね…
    (逆に昔のポーランドの要人のお兄さん日本に子孫いたりで歴史は面白いよね)
    [ 2013/12/19 00:03 ] [ 編集 ]
  56. ※28
    あのな、行ったのは支倉だけじゃないんだよwww
    支倉1人の子孫じゃないってこと。

    この人たち「自分も目が細い」って言ってるけど、日本人からしたら十分でっかい目してるんだろうな・・・w
    [ 2013/12/19 00:04 ] [ 編集 ]
  57. どこかの国の「ウチが起源」ってやつよりよほど信用できる。
    何人かは実際に残ったのだし、子孫がいる可能だってゼロじゃないさ。
    日西友好!
    [ 2013/12/19 00:04 ] [ 編集 ]
  58. 遺伝子の結果はまだ出てないで

    2013/10/24 19:24:46 
    スペイン南部の「ハポン(日本)」姓の人々と約400年前に渡航した
    日本人のサムライらとの血縁関係をDNA鑑定で探る名古屋大学、東京大学、
    国立遺伝学研究所などによる共同研究チームが24日、約600人のハポンさん
    たちが住む町コリア・デル・リオで初めての血液採取を行った。

     研究チームは今後、日本人の遺伝情報との比較を行う予定だ。

     同町の古文書に「ハポン」姓が現れ始めるのは、慶長遣欧使節一行が
    訪れて数十年後から。地元の郷土史家らは「ハポンさんたちは、
    スペインに残留したサムライたちの子孫」との説を提起している。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131024-OYT1T00858.htm
    [ 2013/12/19 00:04 ] [ 編集 ]
  59. ※28

    へえ混血がすすみすぎると出なくなるんだ。それは興味深い話だ
    [ 2013/12/19 00:05 ] [ 編集 ]
  60. 不思議だ
    良く、あの時代に異人種とHしようと考えたもんだ
    慶長使節船の子孫だとしたら、日本人の夫とスペイン人の妻
    キリスト教全盛で、今とは比べようもないくらい宗教や聖書が絶対視されてたはず
    [ 2013/12/19 00:07 ] [ 編集 ]
  61.  
    ロマンがあって素敵じゃないの(^^

    >俺の父ちゃんはセビリアの出身。
    >でもどこか日本人っぽい顔つきなんだよ。
    >だからマジで、「なんでやねん!」って感じだったわけよ。
    >だけど、これでようやくグッスリと眠りにつけるぜ。
    >ハハハハハ。あばよ!

    それにしても、管理人さんの翻訳の仕方もあるんだろうけど、
    この人なんか大好きだwww
    [ 2013/12/19 00:07 ] [ 編集 ]
  62. 実際に侍の血を引いた一族がいたとしても、さすがに人種的な特徴を今も発現させるほどの血の濃さはもう残ってないと思うけどなあ。
    まあでもこういう話はロマンがあっていいね。
    [ 2013/12/19 00:09 ] [ 編集 ]
  63. カロ?もしかして家老が元になってるのかも?
    [ 2013/12/19 00:09 ] [ 編集 ]
  64. >蒙古斑はそんなにしつこい(違)遺伝なのかw

    蒙古斑はアフリカ由来なんで南欧を除く欧州系以外どこでも
    出るよ。ただ皮膚の色の濃い集団だと目立たない。
    [ 2013/12/19 00:09 ] [ 編集 ]
  65. まぁたしかに(あいつらの血かよ…)とか思われて疎ましがられるよりはいいね。もし嫌がられていたら、それはそれでちょっと悲しい気もするしさ。
    [ 2013/12/19 00:10 ] [ 編集 ]
  66. 伊達家だっけ?
    [ 2013/12/19 00:12 ] [ 編集 ]
  67. 使節団のうちの数人が帰国せずスペインに残ったという記録はあるんだそうだ。
    出発時と帰国時では日本の情勢が変わっててキリスト教に改宗した人は帰れなくなってしまったので。
    その子孫が今でも残っているかどうかだね。
    ちなみにコリアデル村では100年くらい前までスペインでは珍しい稲作が行われていたという記録もある。
    [ 2013/12/19 00:13 ] [ 編集 ]
  68. セクハラさんはいなかったんだね。
    よかったよかった。
    [ 2013/12/19 00:14 ] [ 編集 ]
  69. セクハラに空目する人が俺だけじゃなくて良かった
    [ 2013/12/19 00:15 ] [ 編集 ]
  70. どういでもいいが、目が細い=日本人っていうのいい加減なんとかならんか・・・

    それはそうと、ハセクラ って、カタカナで書かれると・・
    セクハラにみえてなんかイヤ(^^;;;;
     
    [ 2013/12/19 00:15 ] [ 編集 ]
  71. (末裔だというのが事実だとしたら)日本人の子孫同士で結婚してるケースもあるだろうし意外と日本の血は薄まってないのかも
    [ 2013/12/19 00:16 ] [ 編集 ]
  72. 辻褄合わせで陸奥守様も朝鮮人認定されそう。
    [ 2013/12/19 00:20 ] [ 編集 ]
  73. はせくら焼きうまうま(´・ω・`)
    [ 2013/12/19 00:20 ] [ 編集 ]
  74. 差別とは無縁らしく明るく楽しそうに生活してそうだね
    周囲から親しまれているようだし日頃の行いも良いんだろうね
    [ 2013/12/19 00:21 ] [ 編集 ]
  75. へぇ~咸臨丸以前に太平洋横断してんだ。
    言葉も出来たんだね
    福沢諭吉より賢かったんじゃないの
    [ 2013/12/19 00:21 ] [ 編集 ]
  76. 日本に生まれて良かった
    [ 2013/12/19 00:22 ] [ 編集 ]
  77. 子孫同士の結婚があったなら日本人っぽさは残っているのかな。
    三浦按針の子孫は、もう外見では分からないらしいけど。
    [ 2013/12/19 00:25 ] [ 編集 ]
  78. 当時の先進国であるスペインのオネーチャンをコマせる位のイケメン部隊だったんだろうか。
    [ 2013/12/19 00:26 ] [ 編集 ]
  79. 鎖国前は結構日本人は海外に移住したし
    当時の航海技術を考えたらそりゃ
    また危険な海を渡って帰るより
    歓迎されるならここで暮らして骨埋めるわ、
    とも思うだろうね
    [ 2013/12/19 00:27 ] [ 編集 ]
  80.  
    目が細いってのはあんまり根拠にならねーな
    400年経ってるから20世代、
    もうサムライの血は希釈されまくって欠片も残ってねーんじゃねーの?
    [ 2013/12/19 00:27 ] [ 編集 ]
  81. >ネイティブ・アメリカンって言われている人たちだって、
    >元々はずっと昔にいろんなアジアの国からアメリカに渡ったわけだし。

    おいおい、そんなこと言うとどこかの国がアップ始めるぞ…
    [ 2013/12/19 00:31 ] [ 編集 ]
  82. もう日本人もしないような古風な習慣が
    家庭内に残っていたりしないんだろうか
    躾に関する家訓とか郷土料理とか
    [ 2013/12/19 00:32 ] [ 編集 ]
  83. 南米のハポンさんは移民団の三世四世さんかなぁ
    [ 2013/12/19 00:35 ] [ 編集 ]
  84. コリアって最初に来ちゃってるから台無し。
    DNA検査したほうがいい。
    ちゃんと嘘ってわかるからww
    [ 2013/12/19 00:40 ] [ 編集 ]
  85. でも蒙古ハンがあるってテレビの調査であってたし、実際に使節団が寄港したから血は入ってると思うよ
    それが武士かどうかは分からんが
    [ 2013/12/19 00:40 ] [ 編集 ]
  86. ジャズピアニストのチック・コリアの姓はまさにコリアに由来するんだけど、
    コリア人の血を引いているわけではない。
    [ 2013/12/19 00:41 ] [ 編集 ]
  87. たしか、伊達政宗が江戸幕府倒すための一連の流れだよね。
    [ 2013/12/19 00:44 ] [ 編集 ]
  88. 使節団の子孫なら
    日本の農民の末裔よりも
    ずっとサムライの血が濃いのかもな

    サムライじゃないとしてもそんな船に乗れるくらいだからエリートだろうし
    [ 2013/12/19 00:45 ] [ 編集 ]
  89. ごらんください
    在日と この村の方の違いを

    誇りに思ってくれてるだなんて聞いて感動すらする
    [ 2013/12/19 00:46 ] [ 編集 ]
  90. 日本人の血が入っていることを不快に思っていないだけで充分。
    [ 2013/12/19 00:48 ] [ 編集 ]
  91. サムライだけじゃなく
    日本人奴隷の血も混ざってるよ
    [ 2013/12/19 00:56 ] [ 編集 ]
  92. 映画に出来そうだな
    [ 2013/12/19 01:03 ] [ 編集 ]
  93. ※11
    言われて気づいたw
    セクハラっぽいww
    [ 2013/12/19 01:05 ] [ 編集 ]
  94. 南蛮貿易でかなりの数の奴隷が輸出されたからね

    あとモンゴロイドの特徴として細目があるんだから、日本人は目が細くない!って否定してもしょうがないと思う
    [ 2013/12/19 01:05 ] [ 編集 ]
  95. 自分のルーツが日本に関係があるかもって喜んでくれてる所で嬉しくなった!
    ハポンって人に会ったら思わず話しかけてしまいそうだ。
    って日本語以外できないけどw
    [ 2013/12/19 01:09 ] [ 編集 ]
  96. このコリアと韓国のコリアは発音違うからね
    英語のRとLくらい違う
    [ 2013/12/19 01:11 ] [ 編集 ]
  97. 大人になって知る歴史は興味深いわ

    >その使節団のうち、何人かのキリスト教徒の日本人がこの街に留まりました。

    一部のやつ、この文をちゃんと読めよ
    [ 2013/12/19 01:11 ] [ 編集 ]
  98. 何で五輪開催競合した国が
    スペインとトルコなんだよ
    偶然にしては凄いくらい奇跡
    とにかく日本人は世界の平和と安定に
    協力しなければならない責任がある事は
    理解した。特亜を過保護に援助、技術提供する事により
    中国・韓国が傲慢になり世界の経済を特亜に集中させ
    欧州が景気を失った。これは日本にも責任がある。
    しかし当時のヨーロッパで東洋人は差別されなかったのかな?
    土人とは程遠い知識を持っていたという事なのだろう
    政治的に派遣されたのだから。
    [ 2013/12/19 01:12 ] [ 編集 ]
  99. >ミス・スペインの有名なマリア・ホセ・スアレス。
    >ミス・スペインの有名なマリア・ホセ・スアレス。
    驚くほど日本人にそっくり
    http://mini-theater.com/wp-content/uploads/2012/04/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg
    [ 2013/12/19 01:17 ] [ 編集 ]
  100. でもなあ、耶蘇教に染まっちゃうとか奴隷にされる一歩手前だからな。。。
    どう考えてもあれは奴隷化ツール。
    スペイン人の南米での行いとか知った後では、よく禁教にしてくれたもんだとしか思えん。
    太閤さんありがとー。
    [ 2013/12/19 01:20 ] [ 編集 ]
  101. 同時期の天正少年使節団は欧州各地に多くの日本人女性の奴隷を見かけたという
    この時期のスペインやポルトガルが有色人種に対し何をやっていたか思い出すといい
    [ 2013/12/19 01:21 ] [ 編集 ]
  102. ※67
    スペインは稲作が盛んな国なんだが
    パエリアも知らんのか
    [ 2013/12/19 01:22 ] [ 編集 ]
  103. 何年か前にテレビでみたが、明智家の末裔って
    スペイン?の方の女性だったよね。
    んで、織田信成の前で「ご先祖があの時はごめんなさい」
    って誤らせるという胸くそ悪い企画があったのを思い出した。
    [ 2013/12/19 01:24 ] [ 編集 ]
  104. 宮城県の石巻市あたりの人達と交流があったと思うよ。うろ覚えだけど。確か震災の後にも来て色々やってたはず。今年は日西交流400周年記念の年だし。

    あと使節団の内の一人については、スペインに残った後、貴族かなんかの護衛役として雇われたけど、その待遇が奴隷みたいだってんでローマ市民権を盾に訴訟を起こしたって当時の訴訟記録に残ってる。だから残ったやつはいる。子供を作ったかどうかは知らんが。
    [ 2013/12/19 01:25 ] [ 編集 ]
  105.   
    血は水よりも濃い
    [ 2013/12/19 01:26 ] [ 編集 ]
  106. ※100
    そうだよね。
    「八重の桜」も会津の女戦士として活躍したところまでは感情移入して見られたが、同志社設立の流れで一族郎党キリシタンになっていく件あたりから、もう見る気失せた。
    [ 2013/12/19 01:28 ] [ 編集 ]
  107. グローバルでなくインターナショナルを!
    [ 2013/12/19 01:30 ] [ 編集 ]
  108. 使節団が差別される訳ないだろ、ローマ市民権をもらってるんだよ
    そこらの人民より全然偉い特権階級の待遇だよ。
    [ 2013/12/19 01:31 ] [ 編集 ]
  109. 未だに外見的特徴が遺伝してるってのは眉唾もんだな
    400年って言うと軽く10〜15世代くらいは間違いなく経過してるわけでしょ
    小さな村の中でほぼ日系ハーフ同士で子孫を作り続けてきたんならあり得るだろうけど
    そうでも無い限り10世代以上も前のたった一人の東洋人パパの外見的特徴が現在まで受け継がれるとか、あり得るか?
    たまたま目が細めな人がこじつけてるだけのように聞こえる

    いやぜんぜん文句があるって訳じゃないんだけどね
    誇りに思うって言ってくれてるしそれは日本人として凄く嬉しいけど
    科学的にどうなんだろうと思って
    [ 2013/12/19 01:34 ] [ 編集 ]
  110. ミススペインさんの顔が観月ありさに見えたオレ40代(´・ω・`)
    [ 2013/12/19 01:34 ] [ 編集 ]
  111. ロマンのままでいいんじゃないの
    DNAが違うとなったらどうすんの
    [ 2013/12/19 01:35 ] [ 編集 ]
  112. エリチンもプーチンもモンゴルの血が伺える目をしてるんだ。早々、血は
    薄まらないもんだよ。支倉常長は2往復してる、あまりに時間がかかりすぎ、時代がかわり、彼の役目は忘れ去られたってとこか?これぞ歴史のロマン。
    [ 2013/12/19 01:35 ] [ 編集 ]
  113. 仙台でセクハラの旅ってなんだ!???って思った
    [ 2013/12/19 01:35 ] [ 編集 ]
  114. アルゼンチンに奴隷で売られた日本人の記録が残ってるらしいね。
    しかも、自分は奴隷ではないって裁判起こして、勝ってるとかww

    南米のハポン性のひとは、もしかしたら
    そういう人の子孫かもしれないね
    [ 2013/12/19 01:38 ] [ 編集 ]
  115. 俺の先祖は地元の豪族だったんだけど大友氏から南蛮女を土産に貰ってきた。
    スペイン人かオランダ人かポルトガル人かは解らないがまぁいわゆる奴隷だな。
    子供もできて赤い顔をした2メートルを超す大男だったみたいだ。
    母親は海の見える場所に葬ってくれと言い残して死んだため海のみえる高い山に埋められた。
    そこは今も南蛮毛という地名が残っている。
    その後、秀吉の1万の兵に攻められ城は落ちたけど、最後まで戦い深い傷を負って母の墓前で自刃して果てたらしい。
    1587年だから使節団より25年くらい前の話。
    スペインの血をもつ日本人もどこかにいるだろう。
    [ 2013/12/19 01:42 ] [ 編集 ]
  116. なぜこの番組はコリアってのに触れない
    [ 2013/12/19 01:43 ] [ 編集 ]
  117. 信長の家臣で黒人がいただろ。あいつはどうした?
    [ 2013/12/19 01:44 ] [ 編集 ]
  118. 今NHKラジオで支倉常長の話をやっている。
    [ 2013/12/19 01:48 ] [ 編集 ]
  119. 400周年でいろいろイベントがあるそうだ
    [ 2013/12/19 01:53 ] [ 編集 ]
  120. 縁もゆかりもない状態からの友好より、実は日本人の血も入ってるかもって言う方が、なんとなく身近に感じれると思う。
    なにも真実を突き詰めなくても、その程度の認識でいいんじゃないか。
    嫌ってるわけでもないんだし嬉しいことだ。
    [ 2013/12/19 01:56 ] [ 編集 ]
  121. "Coria del Río"をWikiで調べちゃった...。
    Wikiに徳仁皇太子殿下ご訪問って書いてあって、皇太子殿下だから容易に想像が付くはずなんだけれど、不敬にも「誰?」と思って更にリンクを辿ったらナルヒト皇太子殿下でした。

    読めるけれど書けない漢字が出て来てから10年位経つけれど、悪化して読めない漢字も増えてきちゃった。

    それ以前に何故コリアなのか調べなくっちゃ...。
    [ 2013/12/19 01:57 ] [ 編集 ]
  122. 日本って名前の外国人が大勢いるとか面白いな
    日本人には日本なんて名前は居ないってのにw
    [ 2013/12/19 01:58 ] [ 編集 ]
  123. 米8
    その通りだね!
    他所からこういう評価頂けるようにしたご先祖様方には敬服ですよ!
    [ 2013/12/19 02:02 ] [ 編集 ]
  124. スペインは日本人の女子を奴隷にして連れて帰って性奴隷にしたから、もしかしたら日本人に遺伝子があるかもしれないが、ハポン性はたぶん日本と関係ないだろう
    [ 2013/12/19 02:05 ] [ 編集 ]
  125. お前らなんか勘違いしてるみたいだが表現型は一度入ってきたら基本的には消えないぞ
    目の形を決める遺伝子aが細目を示すとすると、例えaが劣性遺伝だとしても集団内で細目遺伝子が消え失せ得ることは基本的にはあり得ない
    Aaとaa全てが子をなさないか奇跡的にAaの子が全てAAとして生まれない限りどこかの家庭で細目は生まれるし潜在的に細目を生む能力を持った人間も尽きない
    [ 2013/12/19 02:07 ] [ 編集 ]
  126. ハセクラがセクハラに見えた、訴訟

    そーいやオランダだったかスペインだったか忘れたが、異国の商船に素浪人が雇われて用心棒やってたって話もあったなぁ
    [ 2013/12/19 02:08 ] [ 編集 ]
  127. 本当のネイティブ・アメリカンって、日本人そっくりなんだよな
    [ 2013/12/19 02:10 ] [ 編集 ]
  128. 日本人だが侍の血は流れてないw
    [ 2013/12/19 02:20 ] [ 編集 ]
  129. 俺は百姓の末裔だけどな
    [ 2013/12/19 02:21 ] [ 編集 ]
  130. 侍の子孫かどうかなんて、わかりゃしないよ。逃亡した罪人の子孫かもしれんし。
    [ 2013/12/19 02:25 ] [ 編集 ]
  131.  
    まあ当時のエリートが行ってるだろうしな

    [ 2013/12/19 02:32 ] [ 編集 ]
  132. 昔の日本人、意外と異文化交流してたりするよね。
    人類がアフリカで生まれたとして、
    日本人は懲りずに東に進み続けた
    チャレンジャーだったんだと思うよ。
    [ 2013/12/19 02:33 ] [ 編集 ]
  133. 遺伝子が消えるってのは、確かにそうかもしれない

    侍の夫、スペイン人の妻で二人子供作ったら、一人が男のこ、一人が女の子だった場合、女の子には父親のY染色体は受け継がれないから、侍の遺伝子は男の子一人だけ。女の子しか生まれないパターンもあるだろうし、そう考えると、だんだんと少数の侍の遺伝子が減っていったのも理解できる。しかし東洋人的な眼などの形質的な部分は受け継がれているというわけか
    [ 2013/12/19 02:34 ] [ 編集 ]
  134. 夢がないやつが多いなw
    [ 2013/12/19 02:35 ] [ 編集 ]
  135. うーん、まあ、子孫を残しても不思議じゃないし、妥当じゃないかな。それに、サムライの血であれ、日本人の誇りを持ってくれることは嬉しい限りだよ。
    現地で当時の日本人が悪いことしてたら、それこそ語り継がれたり、日本(ハポン)なんて苗字は無くなります。子孫を残したり、苗字に使われたりしたということは、現地にちゃんと溶け込んでいる。敬意も払われているという証です。こういうのはロマンがあっていいね。
    [ 2013/12/19 02:38 ] [ 編集 ]
  136. 確か、ハポン姓の人が本当に日本人の遺伝子持っているか、学術調査が行われるって記事を数ヶ月前に見たんだが
    [ 2013/12/19 02:39 ] [ 編集 ]
  137. 当時の西班牙は、アフリカ北岸経由でベルベル人やらイスラム教徒やらユダヤ人やら、かなり多くの人種・民族が入り混じっていた。地中海世界は元来そうした環境だが、当時の西班牙は特にそうだった。西班牙南部アンダルシア地方はエキゾチックで知られる。そこにちょっとばかり日本人の血が混じったところで、別に日本人の遺伝子ばかりが特別に優性遺伝するわけでもあるまいし、実際のところは色々な特徴が現れてその結果としてスペイン人としてはかなり異国的な顔立ちになりやすいというだけのことだろう。

    但し、ロマンチックな空想をかきたてる話ではある。なぜなら、16世紀末当時の欧州は既に大航海時代の只中であったが、西班牙はフランスで滅ぼされた聖堂騎士団の生き残りがその後も戦い続けていた土地柄、日本人がイメージする中世欧州の騎士道精神がもっともよく生き残っていた地域だからだ。
    [ 2013/12/19 02:40 ] [ 編集 ]
  138.  
    支倉常長使節団が先に立ち寄ったメキシコのアカプルコには、既に日本人村があったという話もあるが。
    [ 2013/12/19 02:43 ] [ 編集 ]
  139. セクハラに見えたのが俺だけじゃなくて安心した
    [ 2013/12/19 02:44 ] [ 編集 ]
  140. これ、キリシタン大名が火薬の代金として奴隷商人に売った領民の
    末裔なんじゃないの?
    [ 2013/12/19 02:48 ] [ 編集 ]
  141. >28
    文章くらいちゃんと読めない人なのか・・・。
    多くの使節団が残ったと書いてあるのに、なんで支倉常長1人が子作りしまくったという発想が出来るんだw
    [ 2013/12/19 02:52 ] [ 編集 ]
  142. ダビドシルバのママもハポンなのかな
    [ 2013/12/19 02:57 ] [ 編集 ]
  143. コリアで反応してる人
    『勧告=かんこく=○国』
    って騒ぐようなもんすよ。似た発音で騒いでアレ召喚してくれるんですか
    [ 2013/12/19 02:59 ] [ 編集 ]
  144. ※6
    いや、日本を貶める新聞だからこそ日本を持ち上げる記事に真実味がある
    まぁあの新聞社頭おかしいからスペインで慰安婦にされた末裔とか言い出しかねないけどなwww
    [ 2013/12/19 03:01 ] [ 編集 ]
  145. あまり細かく調べてガッカリな結果になるより、適当にしておいて仲良くしたほうがお互い楽しいと思うなw
    [ 2013/12/19 03:05 ] [ 編集 ]
  146. 遺伝子は4世代までしか持たないよ
    自分の中の遺伝子はひいばあさんの世代が限界
    400年の前の遺伝子はもう残らないんじゃないか
    [ 2013/12/19 03:07 ] [ 編集 ]
  147. 代重ねても遺伝子薄まるとかないから
    XYとXXって、染色体の授業うけなかった?
    今の天皇陛下のY染色体は初代天皇と一緒なのよ
    つまり半分は紀元前から変わってない
    [ 2013/12/19 03:16 ] [ 編集 ]
  148.  
    そう考えると、麻生太郎ってすげーよな。
    吉田茂の孫とか大久保利通とかそんなことより、
    さかのぼっていけば立花直次に行き着いて、つまりは島津家とも繋がってるし
    別の方向からさかのぼると伊達政宗に行き着いて、つまりは最上家にも繋がってる。
    一人で北から南まで全国制覇しちゃってるwwww
    [ 2013/12/19 03:16 ] [ 編集 ]
  149. 俺の血が騒ぐ
    [ 2013/12/19 03:18 ] [ 編集 ]
  150. キリシタン宣教師が奴隷商人を兼ねてたんだよね
    日本人奴隷が大勢連れて行かれた
    [ 2013/12/19 03:22 ] [ 編集 ]
  151. 世界丸見えテレビで昔やってたね
    [ 2013/12/19 03:28 ] [ 編集 ]
  152. ※116
    ※143
    そもそもスペイン語で韓国はCorea・コレアで
    この町の名前Coria・コリアとは発音も違うのに。
    みんな英語読みと勘違いし過ぎだ。
    [ 2013/12/19 03:33 ] [ 編集 ]
  153. 私の先祖は、代々お百姓さんであります。この人達は、当時のサムライでありますから、私より血統が良いのであります。wwww
    [ 2013/12/19 03:34 ] [ 編集 ]
  154. はぽね
    何より喜んだりもっと知りたがったりしてくれてるのが嬉しい

    ハポン!

    [ 2013/12/19 03:38 ] [ 編集 ]
  155. DNA調べて実際につながりあるかどうか とかどうでもいいだろ?
    本人達が侍の子孫だと信じていて、それを誇りに思ってる。
    それがすべてだろ?

    百済の子孫が天皇とか、現日本人は全て朝鮮人の血統とか言われて、
    荒唐無稽なのは別としても、誇りに思われるどころか、完全拒絶
    されるのとは、大違い。
    [ 2013/12/19 03:44 ] [ 編集 ]
  156. この使節団を率いた宣教師のルイス・ソテロは、結局
    日本で殉教するんだけど、この人物の背景も面白いんだよ。
    お祖父さんが、スペインの全ユダヤ人が強制改宗させられた
    時期に改宗した元ユダヤ人の貿易商人で(改宗しなければ国外
    追放か死刑だった)、アメリカ大陸で奴隷貿易と真珠漁で財を
    なした成金。彼が拠点にしていたイスパニョーラ島ではその頃
    インディアン(インディオ)が絶滅しています。
    [ 2013/12/19 03:45 ] [ 編集 ]
  157. 当時の日本人がローマ市民権を取得していた事を誇りに思う
    [ 2013/12/19 03:47 ] [ 編集 ]
  158. >>半年くらいまえの読売新聞で

    お前は新聞の記事を真に受けるのか?? 新聞もネットも話題提供だけで、ほとんどウソだろうが、気になったら自分で直接調べろ。
    [ 2013/12/19 03:50 ] [ 編集 ]
  159. スペインの侍か
    八大竜王が一人西国無双さんはどこかな
    [ 2013/12/19 03:51 ] [ 編集 ]
  160. >>そう考えると、麻生太郎ってすげーよな

    どうしようもない馬鹿だとは皆知っている

    ゴルゴ13が完全にスルーするくらいだろう
    [ 2013/12/19 03:52 ] [ 編集 ]
  161. セクハラって読んだ人は土下座しなさい
    [ 2013/12/19 04:08 ] [ 編集 ]
  162. m(__)m


    セクハラとハセクラで誰か早口言葉作って。
    [ 2013/12/19 04:12 ] [ 編集 ]
  163. >どうしようもない馬鹿だとは皆知っている
    おまえだったのか。民主を政権の座につけさせたのは。
    [ 2013/12/19 04:21 ] [ 編集 ]
  164. すごい!本当にすごい!!
    こういう番組今のテレビでやってたのかww
    面白いね
    [ 2013/12/19 04:40 ] [ 編集 ]
  165. 混血なだけじゃん・・・。
    [ 2013/12/19 04:40 ] [ 編集 ]
  166. >37,94,150
    奴隷にされて勝手に連れ出された人がいるのは事実だけど、数多くではないよ。
    そうゆうことをするから怒ってキリスト教禁止令を出したわけで。
    その時代に日本に奴隷がいて、普通に貿易で取引ってやってたら怒るはずがないでしょ。
    なんか皆日教組にでも騙されちゃってるの?それともうそつき外人?
    >51
    ルーツにアイデンティティを置いてるとは思えない。アメリカ人は普通アメリカ人っていうアイデンティティだよ。ルーツにこだわってるのって中韓くらいだよ。
    >101,114
    ソース教えて。
    >115
    先祖捏造うざいよ。
    >153
    コリアンって血統気にするよねw ピッチュルって言うんだっけ。
    [ 2013/12/19 04:43 ] [ 編集 ]
  167. ※16
    蒙古斑が出るって興味深いね。
    劣性遺伝とか優性遺伝とかそんなのの関係だろうか。

    ※41
    徐福の子孫とかだったら面白いね。
    文革の時に海外に散った華僑みたいに
    単に圧政が嫌で逃げ出した人たちかもしれないけど。
    [ 2013/12/19 04:59 ] [ 編集 ]
  168. こういう町と姉妹都市とかになるべきじゃね?
    [ 2013/12/19 05:04 ] [ 編集 ]
  169. 奴隷として勝手に連れ出された人たちが
    子孫を残せたとは思えないな。
    [ 2013/12/19 05:06 ] [ 編集 ]
  170. まぁ脱アフリカと比べれば航海技術が発達した時代の話だもん
    何があっても不思議じゃない
    [ 2013/12/19 05:15 ] [ 編集 ]
  171. >>101
    いや、それは日本の大名が武器弾薬と引き換えに、
    自国の領土の婦女子を売り渡しただけなんだわ。
    [ 2013/12/19 05:16 ] [ 編集 ]
  172. >169
    奴隷じゃないよ、ローマ市民権を得た特権階級だよ
    [ 2013/12/19 05:22 ] [ 編集 ]
  173. まさかの遠藤周作、スペインでも翻訳されてるのか
    [ 2013/12/19 05:34 ] [ 編集 ]
  174. ミトコンドリアで一発だな。日本人も400年前ならあらゆる人種?にたどり着く。
    世界は狭いよね。俺は家系図だけで600年前までわかるが母親系は不明だ。
    女優がdnaで調べて中央アジアの300年前の親戚に会いに行ってた。結局アフリカに行き着く。
    [ 2013/12/19 05:52 ] [ 編集 ]
  175. コリアwwwww
    [ 2013/12/19 06:02 ] [ 編集 ]
  176. スペインの村によく馴染めたな、その侍達・・・
    それがすげぇよ
    言語は違っても誠意を持って接すれば受け入れてくれる所で良かったね
    [ 2013/12/19 06:21 ] [ 編集 ]
  177. 小説なら、佐藤賢一「ジャガーになった男」がそれを題材にしてる
    戦国で役に立つべく剣術修行に明け暮れていた男が、すでに戦国は終わり出世の見こみがなくなったので、婚約者を振り捨てて支倉使節団に参加、現地にはまだ戦があるので傭兵となって残り……という話
    [ 2013/12/19 06:26 ] [ 編集 ]
  178. 日本はすごいな
    [ 2013/12/19 06:30 ] [ 編集 ]
  179. これは正式な使節だから多くの記録が残ってるけど
    初期は奴隷としてもある程度の日本人が連れ去られたんだよな。
    彼らが異国の地でどのような人生を送ったのか、奴隷身分なら
    つらいものだったろうけど、凄く興味がある。
    ジョン万次郎みたいに成り上がった人が一人ぐらいいてくれたら
    記録も残ってるかもしれんが。
    [ 2013/12/19 06:40 ] [ 編集 ]
  180. こういった事を無邪気に俺達スゲーだろ!サムライの末裔だぜ!って思ってくれるのは流石ラテン系といったところかな
    なんだかよく分からない嬉しさと同時に自分らのご先祖にも感謝しなきゃならないねという気持ちがわくわくさん
    [ 2013/12/19 06:45 ] [ 編集 ]
  181. 侍の子孫って確定してていいよなぁ
    俺なんかもしかしたら農民の子孫かもしれないからw
    [ 2013/12/19 07:05 ] [ 編集 ]
  182. これの特集した読売新聞のこと全部丸々信じてはないけど

    少なくとも読売は「従軍イアンフの嘘をさも真実であるかのように報じた朝日新聞の罪は重い」てはっきり書いたり

    「冷え込む日韓」の特集でグレンデールのことを最初に報じたし

    あとネットで調べてWikipediaに載ってたからとか言って「南京」を信じたりはしないよ

    情報は多方向から見て真実を探り当てるのは個人の責任

    でもこれは信憑性高いよ純血白人に蒙古斑は出ない

    何より彼らが「俺らは侍の末裔」て喜んだり誇らしげなんがすばらしい
    [ 2013/12/19 07:05 ] [ 編集 ]
  183. 使節団の残した文献に
    国外に連れ去られた日本人奴隷の悲惨な生活について書かれたものがある
    つまりそういうこと
    これ以上無邪気につつくな
    [ 2013/12/19 07:16 ] [ 編集 ]
  184. ※60
    逆にあの時代だからこそだと思うよ。昔の使節団員は結構モテたらしい。人種イメージってのはもっと交流が盛んになってから生まれる。東アジア系のイメージは中国人が貶めた。

    ※166
    数については諸説あるが、日本人奴隷の数は周知される程度に多かったと思われる。後にポルトガル国王が禁止して下火になったが、鎖国するまで続いたと言われている。
    [ 2013/12/19 07:16 ] [ 編集 ]
  185. 面白い話だ。 「サムライ」はスペインでも誇り高いんだね.
    [ 2013/12/19 07:17 ] [ 編集 ]
  186. 地名がダサすぎるよ
    [ 2013/12/19 07:29 ] [ 編集 ]
  187. ドレイ売買てのは日本以外では普通だったよ。日本人にはそういうのも含めてキリスト教も国交も禁じた

    キリスト教も「汝の敵を愛せ」とか言いつつ首輪つきの奴隷売買すんだからねー
    あとね

    日本人奴隷が西洋で文書残ってんのは四人だけだから

    実際はもう少し多かったろけど何千にんはいないだろ

    [ 2013/12/19 07:33 ] [ 編集 ]
  188. 一丁一人だっけ
    火薬を手に入れるために奴隷輸出してたからポルトガル経由で相当数入ってそうなんだよね
    彼らはどうなったんだろう
    [ 2013/12/19 07:34 ] [ 編集 ]
  189. 奴隷として売られて海外に連れて行かれた日本人は、その後はどうなったのかなあ
    子孫を残していてもかわいそうだけど(その子も奴隷になったろうし)
    どんな生活してたんだろうって思うと悲しくなる……
    [ 2013/12/19 07:37 ] [ 編集 ]
  190. キリシタン大名による奴隷貿易に女たらしの秀吉がブチギレたんだろ?
    おみゃーら、おなごを売り渡すとは何考えとりゃーすムキーッ!て。
    ただ、キリシタン弾圧の一番の理由はそこではないと言われているね。
    お花畑大名は知らんけど百戦錬磨の大名たちは宣教師にあとに来るのは
    植民地化執行部隊だと見抜いていたと。
    [ 2013/12/19 07:45 ] [ 編集 ]
  191. 結局ね
    日本人には奴隷制ていうものの本質が理解できんのよ。それくらい普通に昔から人権意識がきちんと備わってた。それに比べて海外は野蛮で差別的。


    まあだからこそ、侍ていう特権階級に憧れるんかもしれない
    まあ彼らが「日本の侍が先祖~!!!!」て誇らしげなんは嬉しい

    モノホン奴隷の祖先は通名使って成り済ましてるもんね

    [ 2013/12/19 07:51 ] [ 編集 ]
  192. ※182
    そもそもスペインは白人の国じゃ無いんだがw
    あと『蒙古斑』はどの人種にもある白人は色素が薄いから見えにくいだけで
    [ 2013/12/19 08:00 ] [ 編集 ]
  193. 本当は日本じゃなくて韓国なんじゃ…村の名前
    [ 2013/12/19 08:01 ] [ 編集 ]
  194. たった数人が残っただけで水稲文化が受け継がれてるってのがすげー興味深い。
    弥生人のケースとかに当てはめると文化の伝達に大規模な民族移動が必要ないっことのヒントになる。
    [ 2013/12/19 08:11 ] [ 編集 ]
  195. 何より

    「俺らは侍の子孫だ」て誇ってくれて「俺も」「俺も」とか言ってくれてる事実
    [ 2013/12/19 08:13 ] [ 編集 ]
  196. 秀吉「その第一は、汝らは何ゆえに日本の地において、今まであのように振舞ってきたのか。…仏僧たちは、その屋敷や寺院の中で教えを説くだけであり…汝らのように宗徒を作ろうとして、一地方の者をもって他地方の者をいとも熱烈に扇動するようなことはしない。よって爾後、汝らはすべて当下九州に留まるように命ずる。…もし、それが不服ならば、汝らは全員シナ(マカオ)へ帰還せよ。…」

    秀吉「第二の伝言は、汝らは何ゆえに馬や牛を食べるのか。…馬は、道中、人間の労苦を和らげ、荷物を運び、戦場で仕えるために飼育されたものであり、耕作用の牛は、百姓の道具として存在する。しかるにもし汝らがそれを食するならば、日本の諸国は、人々にとってはなはだ大切な二つの助力を奪われることとなる。…」

    秀吉「第三は、予は商用のために当地方(九州)に渡来するポルトガル人、シャム人、カンボジア人らが、多数の日本人を購入し、彼らからその祖国、両親、子供、友人を剥奪し、奴隷として彼らの諸国へ連行していることも知っている。それらは許すべからざる行為である。よって、汝、伴天連は、現在までにインド、その他遠隔の地に売られていったすべての日本人をふたたび日本に連れ戻すように取り計られよ。もしそれが遠隔の地のゆえに不可能であるならば、少なくとも現在ポルトガル人らが購入している人々を放免せよ。予はそれに費やした銀子を支払うであろう。」

    コエーリョの責任転換「…この忌むべき行為の濫用は、ここ下の九ヶ国(九州)においてのみ弘まったもので、五畿内や坂東地方では見られぬことである。我ら司祭たちは、かかる人身売買、および奴隷売買を廃止させようと、どれほど苦労したか知れぬのである。だがここにおいてもっとも肝要なのは、外国船が貿易のために来航する港の殿たちが、厳にそれを禁止せねばならぬという点である。」

    秀吉「キリシタンは、いかなる理由に基づき、神や仏の寺院破壊し、その像を焼き、その他これに類した冒涜を働くのか」

    コエーリョの言い訳「キリシタンたちは、我らの教えを聞き、真理を知り、新たに信ずるキリシタンの教え以外には救いがないことを悟った。そして彼らは、…神も仏も、またそれらを安置してある寺院も何ら役に立たぬことを知った。彼らは、…神仏は自分たちの救済にも現世の利益にも役立たぬので、自ら決断し、それら神仏の像を時として破壊したり毀滅したのである。」
    [ 2013/12/19 08:20 ] [ 編集 ]
  197. 秀吉の決断「予は日本のいかなる地にも汝らが留まることを欲しない。ここ二十日以内に、日本中に分散している者どもを集合せしめ、日本の全諸国より退去せよ」
    [ 2013/12/19 08:21 ] [ 編集 ]
  198. なんか勘違いしているが応仁の乱以降戦国時代は濫妨といって人狩りして売買することは普通にあった。
    太閤秀吉が実権を握った後半では禁止されるが、それ以前は秀吉も部下にやらせている。

    雑兵の収入は略奪によるものが主。
    身代金を取れる場合はそれを取って、取れない場合は売る。
    さすがに海外へ売られるのは困るから秀吉が文句を言ったら、売る人間が居るのが悪いと言われて頭にきてキリスト教を禁教にしたんだよね。
    [ 2013/12/19 08:25 ] [ 編集 ]
  199. ここのスレでまたドレイ議論かいい加減疲れてきたわ

    日本の人身売買とよその首輪つきドレイ売買と比べる対象にもならんわ

    ドレイは一生ドレイで子供もドレイとかそんなん日本はないやろ。賃金も年季もあるし、女郎でさえ年季明けがあった

    人間まるごと金銭にしたわけじゃないよそこがよそのドレイとは違う

    人身売買なら明治まであったぞ娘売ってたし

    でも彼女らもドレイじゃない。年季があり自由に落籍される権利があった

    日本にはドレイは一度もいたことはないよ


    [ 2013/12/19 08:37 ] [ 編集 ]
  200. ※193
    >本当は日本じゃなくて韓国なんじゃ…村の名前

    村のコリア~のスペルは
    『Coria~』

    韓国のコリアは
    『Korea』だ

    日本語表記が同じだからって火病ってんじゃねえ
    ザイニチだか韓国面に落ちたアホか知らんけど
    [ 2013/12/19 08:42 ] [ 編集 ]
  201.  
    動画、現地の人のコメントに感動した。生まれてくるお腹の子が
    「日本人の勤勉さを持って活躍するわ。」だって。

    400年も経ってて、日本って苗字を持ち続けるって事は当時から
    現地に残った人がその地の為に尽力したんだろうね。すごいな。
    [ 2013/12/19 08:43 ] [ 編集 ]
  202. ブラジルに渡った日本人も忘れてはならん
    [ 2013/12/19 08:43 ] [ 編集 ]
  203.    
    サムライの子孫ならハポンの他に日本の苗字が付いてくるはずだけど無いって事は、身分の低い日本人の子孫だろうね。
    [ 2013/12/19 08:43 ] [ 編集 ]
  204.  
    バイトにアメリカのネイティブインディアンがいたんだけど
    どうみても日本人のおっさんだった。日本語はしゃべれないのに。
    [ 2013/12/19 08:45 ] [ 編集 ]
  205. なんか嫌な予感がする。面倒な事にならなければいいんだが。
    [ 2013/12/19 08:45 ] [ 編集 ]
  206. 鎖国前は東南アジアで日本人も商売してたしね
    明治に咸臨丸が行くまで使節団の存在も封印されてたんだよね
    しかし、あちらの古文書の保存も半端じゃない
    [ 2013/12/19 08:46 ] [ 編集 ]
  207. ホルホルネタが最近尽きてきたんじゃないの?
    管理人使い回し多すぎんよ
    [ 2013/12/19 08:49 ] [ 編集 ]
  208. >そもそもスペインは白人の国じゃ無いんだがw

    白人のDNAがメインなのは確かだし
    一般的には白人の国と認識されてる

    >あと『蒙古斑』はどの人種にもある白人は色素が薄いから見えにくいだけで

    それが見えるから『アジア人の子孫では?』と言われてんだろ

    裏返せば『蒙古斑が見えることが珍しい、大多数のスペイン人は蒙古斑が見えない色素の薄い白人』
    オマエ重箱の隅をつついて悦に入ってるけど
    自分でスペイン人は白人だと証明しちゃってるじゃんww
    [ 2013/12/19 08:50 ] [ 編集 ]
  209. ※199
    黒人奴隷を想定しているようだが、欧州にはローマの昔から奴隷はいるし一定の支払いを済ませて市民にもなり皇帝までなった人物もいる。
    主人が勝手に奴隷を殺せば殺人罪も適用されていた。

    はっきり言って黒人のように人間ではなく家畜と同一視されていた奴隷とでは内実が違う。
    [ 2013/12/19 08:55 ] [ 編集 ]
  210. 奴隷として沢山の日本人が連れて行かれたとも聞いた。
    けど侍の子孫ていいな。
    [ 2013/12/19 09:09 ] [ 編集 ]
  211. 俺もフランスかイギリスの貴族や騎士の血を引いていたらwktkするので、気持ちはわかる。
    [ 2013/12/19 09:11 ] [ 編集 ]
  212. よくいるよなー
    日本は神の国だ世界で一番歴史のある美しい国だ昔から日本人は清廉潔白で人道に外れたことはしなかっただと言い出すなんちゃって愛国者が

    災害とかでも皆が秩序だって相手を思いやる行動するようになったのは現代になってからだぜ?
    それこそ戦国時代以前は人攫い人身売買落ち武者狩り戦での略奪など非道な行いだって多くあったし平安と江戸の鎖国時代にだって犯罪はあった
    確かに奴隷制度はなかったけれども奈良平安時代には"ヌヒ"っつー半奴隷的な存在があった(年取りゃ解放されたがその年齢は当時の平均寿命よりずっと高く、僅かな土地は支給されたが扱いは奴隷そのもの)
    大東亜戦争でも若者に特攻させる非道いことがあっただろ
    人間だもん、どの国にも後ろ暗い過去はある

    そういったことを無視してファンタジーに生きてたら
    あんたらが嫌いな韓国人と同じだよ?
    [ 2013/12/19 09:18 ] [ 編集 ]
  213. こうしていろんな国のハポンさんが判ってくれば、日本の仲間が増えて自分はうれしい。

    歴史のある国の先人たちの努力、苦労の賜物。

    日本人は親日にはウェルカムの精神だから、どんどん友好の輪を広げてほしい。
    [ 2013/12/19 09:24 ] [ 編集 ]
  214. ハポンさんがいっぱい!!
    何かうれしいよなー 
    [ 2013/12/19 09:24 ] [ 編集 ]
  215. キリスト教徒に海外に連れ去られた日本人奴隷ってどうなったんだろうな
    奴隷の子孫より侍の子孫のほうが格好いいから良かったね
    [ 2013/12/19 09:28 ] [ 編集 ]
  216. >お花畑大名は知らんけど百戦錬磨の大名たちは宣教師にあとに来るのは
    >植民地化執行部隊だと見抜いていた

    これが一番大きそうだなぁ。三成か官兵衛あたりが入れ知恵した秀吉の難癖っぽいな。たしか伴天連は追放したが一般キリシタンには信教を認めてなかったっけ?
    [ 2013/12/19 09:28 ] [ 編集 ]
  217. これ、20年くらい前のTV番組で観たことがある。
    スペインの人は、父方・母方の苗字を両方名乗るから、両親が共に「ハポン姓」の人の名前が「○○・ハポン・ハポン」だったりする。

    その番組では、実際は日本のサムライ達はスペインの地に残った者はいないという話だったけど、使節団の誰かが現地で病に倒れた際、看病してくれた現地の女性と恋愛関係になった(結婚したかどうかは不明)・・・という話はあったらしく、ハポン姓を持つ人のルーツは、その2人の間に生まれた子供だ、というものが「ハポン姓サムライ子孫説」の根拠のひとつになっているらしい。
    [ 2013/12/19 09:31 ] [ 編集 ]
  218. 弥助は宣教師から信長が引き取って側に置いた黒人奴隷と思われてるが
    信長は弥助を士分に取り立てて禄も与えている
    つまり奴隷ではなく家来
    [ 2013/12/19 09:32 ] [ 編集 ]
  219. 支倉常長の話はちょろっと読んだこと有るけど面白かったし、興味深い。
    侍の末裔かもしれないって喜んでるのは素直に嬉しいね

    しかし、都市名が…いや気にしなきゃいいんだけどさ
    [ 2013/12/19 09:36 ] [ 編集 ]
  220. スペイン人を馬鹿にはできない。
    自分とこの集落は平家の落人だって昔っからみんな固く信じてるからw

    スペインは中国に楯突いたかっこいい国なので、
    クリスマスにはスペイン産ワイン買って飲むw
    [ 2013/12/19 09:39 ] [ 編集 ]
  221. 日本にルーツがあるかもしれないことを、肯定的に捉えてくれていて嬉しいね
    [ 2013/12/19 09:42 ] [ 編集 ]
  222. 俺は慶長使節団にちと詳しい、戦国鍋で学んだからな
    [ 2013/12/19 09:44 ] [ 編集 ]
  223. 日本は「他国と比べて」人道的だった

    そう言ってるだけ。事実人道的でしたから。外国の奴隷狩りや占領地の悲惨さを知るたび、やっぱり日本は昔から人に酷くできない人種と感じる。首に縄つけて船に何百にん押し入れて死んだら海に投げ捨てるとかあり得ない
    ちなみに自分に酷く厳しくはできる。切腹だってそう。特攻も切腹の延長だよ、よい悪いは別にしてこれは日本人独特の美学に近いものだから、他国人には理解し難いだろうし理解してもらおうとも思わない

    ちなみにあなたはわたしが別のまとめブログでしょっちゅうやり合ってる「チュモン」てハンネの人にコメントの感じが似てる

    あなた「チュモン」?

    違ってたらごめん気にしないでください
    で、スペインのハポンさんだが
    「日本人の血」がある種のブランド化してるのを感じて嬉しいね

    [ 2013/12/19 09:49 ] [ 編集 ]
  224. ハッポン チャチャチャ!
    [ 2013/12/19 09:50 ] [ 編集 ]
  225. ローマ市民権はローマの市民権であってイスパニア帝国のものではないよ。
    あと、使節に随行した者全員が貴族に列せられた訳でもない。

    使節の副使だった支倉常長やその他の随行員、水夫なんかが全て市民権を得て貴族に列せられたんだと誤解している人いるけど、別に使節に関わった人全てが熱烈な歓迎を受けたわけじゃないんだよ。


    [ 2013/12/19 09:53 ] [ 編集 ]
  226. この話はヨーロッパに消えたサムライたちって本に詳しいぞ。
    昔読んだが内容忘れちまったけど。
    たしかこの地域だけ稲作が日本式とかあったと思う。
    [ 2013/12/19 09:56 ] [ 編集 ]
  227. 喜んでくれてるのは、黒澤映画あたりの影響もあるだろうけど、日露戦争に勝ったり、アメリカに挑んでいったり、負けてからも奇跡の経済大国とか、ハポンが立派に見えるからだろうな。
    [ 2013/12/19 10:02 ] [ 編集 ]
  228. 伊達家の船はガレオンだろ。だったら太平洋いけそうじゃね?マゼラン艦隊と同じ船種だし
    [ 2013/12/19 10:04 ] [ 編集 ]

  229. 侍の子孫ってことはなおさらなんだろうけど、日本人の血が混じってるってこと自体を喜んでるところが日本人としては嬉しいね

    遠いところから来たものを尊ぶのは大陸っぽい人たちと違ってスペインは海洋国家らしい気質だなと思った

    日本人としても興味深いし面白いよ

    [ 2013/12/19 10:08 ] [ 編集 ]
  230. 自分も家系図を見たとき
    江戸時代くらいの世代でオランダ人の血が入ってたし
    そういう親近感を持つ気持ちがよく分かる
    [ 2013/12/19 10:16 ] [ 編集 ]
  231. 弥助は確か本能寺の変の際に信長が寵愛した力士隊や蘭丸とともに
    殉じたと記憶している。
    [ 2013/12/19 10:21 ] [ 編集 ]
  232. 侍じゃねーだろが
    エタかヒニンでしょうな。
    [ 2013/12/19 10:22 ] [ 編集 ]
  233. 弥助は『その後不明』じゃなかったっけ?

    >ガレオン
    パイレーツオブカリビアン5?には政宗登場キボン。和風甲冑海賊。
    船は何故か織田家鉄甲船w
    [ 2013/12/19 10:28 ] [ 編集 ]
  234. コリア・デル・リオ。
    間違っても、何処かのアグリーコリアと一緒にしないでね。
    [ 2013/12/19 10:28 ] [ 編集 ]
  235. この地域だけ水田による稲作って
    なかったっけ?
    やはり事実だと思うよ。
    [ 2013/12/19 10:31 ] [ 編集 ]
  236. イニエスタは石崎くんの子孫だと思う
    [ 2013/12/19 10:38 ] [ 編集 ]
  237. ここに行く途中にエジプト観光したのかな
    それとは別の団体?
    [ 2013/12/19 10:39 ] [ 編集 ]
  238. ※70
    欧米から見ると日本人の目は細いと思うし、そこが好きなんだと思うよ。

    コリアとかって文字に敏感な人がいるけど、大丈夫?
    なにかと云えば、すぐに韓国や在日と結び付けたがる人って、ちょっと足りないんじゃないの?
    ほんと気持ち悪いんですけど。

    [ 2013/12/19 10:43 ] [ 編集 ]
  239. >日本人ってより、サムライの子孫ってのが重要だよね

    まあそうだろうね
    国(仙台藩)を代表して行った人達でもあるから
    それなりに優秀だったんだろうし
    [ 2013/12/19 10:43 ] [ 編集 ]
  240. >28
    おまえはビデオを100回見直せ
    [ 2013/12/19 10:53 ] [ 編集 ]
  241. >現地に留まった日本人や、地元の水夫などの子孫と考えられているそうです。
    当時、ノリで名前変えちゃった人もいるのかもだろうし、
    DNA調べてもしょーがない気もする
    [ 2013/12/19 10:56 ] [ 編集 ]
  242. 騎馬鉄砲隊は伊達の他に雑賀衆、加藤清正、島津などでも編成されてるぞ
    むしろ伊達で特徴的なのは甲冑を足軽から大将まで黒漆塗五枚胴で統一してユニフォーム化したことだとか
    [ 2013/12/19 10:57 ] [ 編集 ]
  243. 当時の西班牙は、アフリカ北岸経由でベルベル人やらイスラム教徒やらユダヤ人やら、かなり多くの人種・民族が入り混じっていた。地中海世界は元来そうした環境だが、当時の西班牙は特にそうだった。西班牙南部アンダルシア地方はエキゾチックで知られる。そこにちょっとばかり日本人の血が混じったところで、別に日本人の遺伝子ばかりが特別に優性遺伝するわけでもあるまいし、実際のところは色々な特徴が現れてその結果としてスペイン人としてはかなり異国的な顔立ちになりやすいというだけのことだろう。

    但し、ロマンチックな空想をかきたてる話ではある。なぜなら、16世紀末当時の欧州は既に大航海時代の只中であったが、西班牙はフランスで滅ぼされた聖堂騎士団の生き残りがその後も戦い続けていた土地柄、日本人がイメージする中世欧州の騎士道精神がもっともよく生き残っていた地域だからだ。
    [ 2013/12/19 11:11 ] [ 編集 ]
  244. 面白い話だね
    [ 2013/12/19 11:15 ] [ 編集 ]
  245. いろいろな意見があるみたいだが、このハポン村の人たちと仲良くする事は、決して悪い事じゃないだろ。たとえ、その後の検査結果で「日本人のDNAが観測されなく」ても。
    きっかけは何でも良い。仲良く手をつないで、平和になる事の方が重要だろ。
    「本当に日本人の末裔かどうか」なんて、瑣末ごとだと思うんだ。
    [ 2013/12/19 11:18 ] [ 編集 ]
  246. >プーチン・エリツィン

    あのおそろしあ具合はモンゴル帝国由来なわけかw
    でもなんか妙に納得してしまうw
    [ 2013/12/19 11:22 ] [ 編集 ]
  247. >ここに行く途中にエジプト観光したのかな
    それとは別の団体?

    エジプト観光した侍は幕末だったと思う。スフィンクスによじ登ってる写真を見たことがある。
    [ 2013/12/19 11:29 ] [ 編集 ]
  248. こういうのを見ると嬉しくなるし日本人であることに誇りと自信を感じる。
    [ 2013/12/19 11:47 ] [ 編集 ]
  249. DNAでは判らないほど、時間が経っていても「日本の侍の子孫・末裔だ」だと代々伝えてきたのか、思ったのかはわからないが、それを誇りにしてくれてる事が嬉しいと思う、今現在の日本が愚かな国なら、誰も自負したりしないだろうし、実際残った人もいたのだろうし、なぜ残ったのかまで、議論してもつまらんと思うし、ただ間違いなく彼らは日本人の末裔なのだ思う、そして日本に特別な思いを抱いてくれる人たちがいる事がとても嬉しいと感じる
    [ 2013/12/19 11:51 ] [ 編集 ]
  250. 昔読んだ話を思い出した

    南洋の島で自分の父親は日本人と聞かされて育った親のない子と
    知り合った日本人女性が、父親の名前を聞かされ「日本人じゃなくて
    コリアンだよ」と言ったら、その子は「僕のお父さんは泥棒だった
    の?!」と泣き出して大変なことになったと
    そに女性はコリアンに悪いイメージがなかったから訳がわからない
    島の人に聞くと「コリアンの子だと可哀想だから父は日本人と教えて
    きた」という(コリアン=犯罪者という認識だそうで)
    島を去るとき、その子が「これからもぼくは日本人の子、侍の子と
    思って生きていく」というようなことを言いに来たそうな
    なんとも切ない気持ちになったよ
    [ 2013/12/19 11:54 ] [ 編集 ]
  251. ※70
    白人に細い目がいないわけではないのにね
    テイラー・スウィフトとかめっちゃ細いじゃん
    もちろん日本人にも結構目が大きい人いるし
    悪気はないんだろうけど、「目が細い」っていうと日本では悪口に
    聞こえるからね
    なんか細い目って陰険そうなイメージあるしさ
    [ 2013/12/19 11:58 ] [ 編集 ]
  252. 嬉しいが、それだけでなく、自分も良き伝統を受け継ぎ伝えてゆかねばならない責任を感じて発奮せずにはいられない。
    まあ、精々一つの武道に精進するとともに、良き伴侶を探して、親祖父母から暮らし方や言い伝えを教わり忘れないようにしつつ日々暮らしてゆくくらいのことしかできませんがね。
    それでも庶民にとっては精一杯です。この不景気なご時勢ではね。
    [ 2013/12/19 12:00 ] [ 編集 ]
  253. DNA検査なんていらないだろう。
    こういうのは事実じゃなくても
    本人たちが誇りに思ってるならそれでいい。
    [ 2013/12/19 12:14 ] [ 編集 ]
  254. 日本人の俺でさえ多分先祖は農民だというのに・・・・羨ましい。

    でも正直かなり怪しい説ではあるね。
    まぁ本人たちが嬉しそうやし、夢を壊さないでおくのが良いんじゃない?
    [ 2013/12/19 12:16 ] [ 編集 ]
  255. ルーツとかアイデンティティとか、そういうものになってるならいいんじゃないかな

    俺どうルーツ辿っても農民だけど!
    きっと年貢搾取されまくってた米農家だけど!
    [ 2013/12/19 12:20 ] [ 編集 ]
  256. お昼はパエリアとフォカッチャにするか
    [ 2013/12/19 12:23 ] [ 編集 ]
  257. 武士の考える家制度の本質はDNAじゃないから!


    といいつつ、養子と実子で揉めるわけだがw
    例えば秀吉のように
    [ 2013/12/19 12:35 ] [ 編集 ]
  258. うちは国防関係と精霊のおりる人()を定期的に輩出してるからルーツは物部に違いないw
    俺?一族の鼻つまみ者w
    [ 2013/12/19 12:43 ] [ 編集 ]
  259. 何人の侍がこの地に住むことにしたんだろう?
    ハポンさん達、見た目は完全にスペイン人にしか見えないけどね。
    自分の祖先の事ってやっぱり誰でも興味あるよね。ロマンある。
    [ 2013/12/19 12:43 ] [ 編集 ]
  260. 慶長使節団だっけ?
    サンファン・バウティスタ号っていう船で何年もかけてドンブラコ×2
    スペインの美男美女を何人か連れて来れたら(強制ではなく)良かったのに・・・。そしたら仙台の女も美人になったかも・・・^^;
    [ 2013/12/19 13:08 ] [ 編集 ]
  261. 「DNA検査して欲しい」てのは確かに
    でも何世代も前のほんのちょっとした混血をDNA検査で割り出すことが出来るのかな?
    [ 2013/12/19 13:14 ] [ 編集 ]
  262. 昔は北方系の能面顔の方が美男美女と言われたんだろ?
    今は鬼っ子扱いされてた南方系の逆襲だなw
    まあでもマジレスすると北方系だろうが南方系だろうが
    美男美女は美男美女だしブサイクはブサイクw
    だがそれがいい
    みんな同じ顔よりね
    [ 2013/12/19 13:16 ] [ 編集 ]
  263. 名無し
    あそこの人が日本人の子孫なら、わしら全員サムライの子孫だ。平安時代までさかのぼれば、どこかでサムライの血が入ってる。戦国時代なんて、百姓兼武士みたいなもん。
    [ 2013/12/19 13:21 ] [ 編集 ]
  264. メキシコの日系人の人は、支倉と合わせてフアン・デ・パエスのことも調べてやって欲しいなぁ、とか思った。
    [ 2013/12/19 13:22 ] [ 編集 ]
  265. 日本でも江戸時代に外国船助けて以来時折白人系の顔立ちの人が産まれるという場所があるね
    [ 2013/12/19 13:40 ] [ 編集 ]
  266. ルハポン トゥエル ウル サムラーイ!
    [ 2013/12/19 13:42 ] [ 編集 ]
  267. 豊臣秀吉によって、海外に売られた日本人奴隷のほとんどは帰国出来たはず
    400年前に日本人の血が混じったからって、自分は何が嬉しいのか理解出来ないな
    日本人で400年前の先祖に外国人がいる事を誇りに思っている人は別にいないし、侍の子孫と言っている人達はただ現実逃避したいだけなのでは?
    今の生活に不満が無ければ、自分の先祖に過剰な期待を抱かないものだよね
    [ 2013/12/19 13:45 ] [ 編集 ]
  268. エジプトのピラミッドでも写ってる写真あったよね?
    あの辺りでもチョットおイタした侍の遺伝子とか残ってないかな?ww
    ま~それにしても先祖の日本人はがんばったの~、あんな格好の時代に遙々遠くまで、どんな志しを持ってたのかな、ロマンだね。
    [ 2013/12/19 13:47 ] [ 編集 ]
  269. 外国人が遠藤周作、しかもサムライを読んでいるとかってwww
    [ 2013/12/19 13:50 ] [ 編集 ]
  270. ※263
    そんなの武士とは言わないよ。
    源氏や平氏等を起源とする上級武士(天皇を祖とする武士)以外は無価値だし。
    ちなみに俺は宇多源氏(宇多天皇の血を引く一族)だ。
    [ 2013/12/19 13:52 ] [ 編集 ]
  271. 俺も75分の1欧州系の血が入ってるけど、こういうルーツ的な話は重要なんだよ。でもって顔は南宋系だからな…。
    多分、当時日本人が来たってことで衝撃を受けた人々の中にハポン姓を名乗る人が出たってだけかも知れないけど、幾らかは日本人の子孫なんだと思う。
    [ 2013/12/19 13:52 ] [ 編集 ]
  272. 見た目も日本人的なら間違いないのかも。
    でもすごいな、そうやって渡って行った人たちが
    ちゃんと生活して子孫を残せていることが。
    おいらももうちょっと頑張ろう…。
    [ 2013/12/19 13:59 ] [ 編集 ]
  273. dnaとかってそこまで詳しくないが子孫繁栄のたびに分裂していくから遺伝は途絶えるとは聞いた事あるよ(ラジオで
    400年前の一人が持ってるdnaがずっと残るならそこから繁栄した何千万人という人口は性を受け継いでなくとも同じ細胞を持っているという事になる。名字とか関係ない話になる
    つかそこは重要じゃないだろ
    子孫に侍がいたっていう事実がいいんだろ?この人たちは

    [ 2013/12/19 14:03 ] [ 編集 ]
  274. 伊達政宗が遣欧使節を派遣してたことがわかったのは
    明治になってから。
    江戸時代はひたすら隠していた。

    当時の宣教師の手紙に
    「キリスト教に理解のある伊達政宗公はヨーロッパの力を
    借りて、徳川と戦おうとしている。援助すべきだ」
    というのもあって、実現してたらどうなってたか。

    だいたい、外国に使節を送って助けを求めるのは国内では負け組。
    邪馬台国の卑弥呼も、「南の狗奴国と戦争している」と援助を求め
    魏は、魏皇帝の指揮下にあることを示す軍旗を与えている。
    ここから見ても邪馬台国は西日本を支配するような大国じゃ
    なく、つぶれかかった弱小。滅亡したから日本の記録には
    まるで痕跡が残ってない。
    [ 2013/12/19 14:10 ] [ 編集 ]
  275. スペインだけでしょ?江沢民のチベットに対する対応に逮捕状だした勇気のある国は。

    そういう気骨のある国の人が「日本の血が流れててうれしい」って思ってくれるのは、とてもうれしい。ありがとう!
    [ 2013/12/19 14:13 ] [ 編集 ]
  276. >そんなの武士とは言わないよ

    横槍すまんが厳密には武士でまったく問題ないぞ
    元々は官位が六位や五位を『侍』と呼ぶ
    [ 2013/12/19 14:18 ] [ 編集 ]
  277. 日本人は全員、天皇家か源平藤橘の血が入ってるよ。五百年遡ればみんな親戚

    んで親戚の一部がスペインにいるだけ

    ただスペインのハポンさんが「おれ侍の祖先」て誇らしげなんがめちゃくちゃ嬉しい

    [ 2013/12/19 14:19 ] [ 編集 ]
  278. 侍ではなく外国に売り飛ばされた日本人奴隷の子孫なんじゃ…
    なんかそういう記述あったし、宣教師とキリシタン大名も奴隷商売でえげつな~い事やってたよね
    [ 2013/12/19 14:28 ] [ 編集 ]
  279. だったら猿までさかのぼったら全員親戚じゃん
    日本人全員親戚じゃねーか!
    [ 2013/12/19 14:30 ] [ 編集 ]
  280. 近親相姦を見れば血の濃さ薄さでどんな影響が明白だから
    薄まっていくものだと思うけどね
    この時代の西と和を両方見る事が出来たってのが本当羨ましい
    [ 2013/12/19 14:48 ] [ 編集 ]
  281. エキゾチコ ハポンちゃんいう女の子が居たら日本こいよ
    リーと呼ばれるうけあい
    [ 2013/12/19 14:48 ] [ 編集 ]
  282. 日本人の血っていうのではなくサムライの血っていうのがポイント高いんだろうね
    例えばイギリス人の血が入ってるとか言われてもふーんとか思うけど、イギリス貴族イギリス騎士が先祖で血が入ってるって言われたら「きゃー!ロマンだわ!」って思う
    [ 2013/12/19 14:54 ] [ 編集 ]
  283. 奴隷貿易やってたキリシタン大名を挙げてくれ
    とりあえず信長の野望で叩き潰しておく
    [ 2013/12/19 14:59 ] [ 編集 ]
  284. 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2013/12/19 15:12 ] [ 編集 ]
  285. 歴史番組見てたら、戦国時代のイエズス会の暗躍のシーンで
    「現在のイエズス会とは関係ありません」
    とテロップ。なんじゃそりゃ。関係ないわけないだろ。
    本願寺のシーンで「現在の本願寺と無関係」なんて出るか。

    別の番組では、秀吉がキリスト教を禁止したのは
    キリスト教の平等思想が日本の身分制度にあわないから
    とか説明してた。
    当時のヨーロッパは王様がいて、貴族がいて、日本にはない
    奴隷制度まであったのに、よくそんな白々しい宣伝が
    できるな。あきれた
    [ 2013/12/19 15:15 ] [ 編集 ]
  286. 遠藤周作の「侍」は面白かった
    また読み返してみようかな
    [ 2013/12/19 15:17 ] [ 編集 ]
  287. セクハラとハセクラ、ややこしい。
    あと、村の名前・・・。
    でも本人達が自分は侍の末裔だと思って誇りにしているようなので
    いいんじゃないのかな。
    [ 2013/12/19 15:22 ] [ 編集 ]
  288. なんか躍起になって
    いやドレイの子孫だドレイの子孫だて主張してる一部いるけど

    何なの?

    日本の武士の血がブランド化してるんが気に食わないの?

    あと公然ドレイ貿易なんか戦国大名がするわけないよ

    騙されんといて。

    こんなん言うとまた「間違った愛国」とかサヨクばりの批判受けるけど、公的機関が銭のために海外に人売り飛ばすことはないから

    [ 2013/12/19 15:22 ] [ 編集 ]
  289. この時代のスペインが南米で先住民大虐殺の民族浄化を行っていたことを考えると、キリスト教を禁じて交流を絶った秀吉は偉いよ
    [ 2013/12/19 15:25 ] [ 編集 ]
  290. キリシタン大名が奴隷貿易→腹筋崩壊ニュース系。
    なんでこーいうのに騙されるかねー

    火薬欲しいから女売るとかないから。樟脳はどこにでもあるし、戦国時代には鉄砲生産において日本は世界一だったんだよ?

    火薬のために女売るとか

    戦国大名が奴隷売買とか

    ガチ腹筋崩壊するわ
    奴隷売買してたんは宣教師だろよ。そもそも「ドレイ」とは何かを知らないうぶな日本人に「海外で稼げる」とか騙して連れてこうとするから、秀吉もキレて「宣教師追放ー!!!!」てなったんだろよ

    なにがキリシタン大名がドレイ貿易だ

    ほんまに日本人は騙されやすいね

    [ 2013/12/19 15:29 ] [ 編集 ]
  291. なんで戦国時代に戦闘力ある侍を海外に送るんだよ
    日本人の末裔て言えよ
    侍の子孫は吉川晃司くらいなんだよ
    [ 2013/12/19 15:31 ] [ 編集 ]
  292. あと織田信成
    [ 2013/12/19 15:35 ] [ 編集 ]
  293. >戦国大名はキリシタン宣教師と組んでえげつないことしてた

    >秀吉も人身売買してた

    こーいうの真に受けないように

    ドレイ貿易の公式記録はたったの四人です。

    海外で裸の日本人女が数珠繋ぎになって~

    少年使節見聞録にあるとまことしとやかに言うが

    そんな奴隷を排出するような地域の使節団が、国王に謁見したり大歓迎されたりせんでしょーが

    少年使節が見たのは「西洋キリスト教圏における強烈な人種差別を受けてる外国人奴隷」であって、わざわざはるばる日本に奴隷求めなくても地理的に黒人アラブいくらでもいたやろ

    西洋奴隷の悲惨さを見て即日本人と決めつける根拠は何?

    ちなみに日本がキリスト教禁止したのは大正解でしたわ

    [ 2013/12/19 15:40 ] [ 編集 ]
  294. 民度は時代で変わるだろうけど
    同時代の外国人の感想は参考になる。

    ●240年、邪馬台国を訪れた魏の使者の報告
    「婦人は淫らではなく、嫉妬もしない。
    盗みなども無く、争いも少ない」
    (魏志倭人伝)

    ●1552年戦国時代に来日したザビエルの手紙
    「日本人は盗みの悪を非常に憎んでいる。
    私は今日まで旅した国において、それがキリスト教徒たると異教徒たるとを問わず
    盗みにおいてこんなに信用すべき国民をみたことがない。」

    ●家康の外交顧問になったイギリス人ウィリアム・アダムス(三浦按針)

    「彼らの法規は偏らず、すべての違反者に厳しく適用される。
    彼らは人道にかなった方法で支配され、世界中で
    彼らよりも人道的な法律をもって正しく支配されている国民はいないと思う」

    ●明治15年、アメリカ人モースの記録
    広島の旅館に財布と懐中時計を預けて長期旅行しようとした。
    旅館の女中は預かり物をお盆に入れて、畳の上に置いただけだった。
    不安にかられて、モースは宿の主人を呼んだ。だが主人はこう言っただけである。
    「ここに置いても安全です」
    旅行中にこの部屋を使う客は何人もいるはずだった。女中たちの出入りもある。
    不安はあったが、半ば実験だと思って、モースはそのまま旅に出た。
    一週間後。旅館に戻ったモースは、ふすまを開けた。
    《帰ってみると、時計はいうに及ばず、小銭の一セントに至るまで、
    私がそれらを残していった時と全く同様に、ふたのない盆の上に乗っていた》
    欧米の宿では盗難防止のため、水飲み場のひしゃくには鎖が付き、
    寒暖計は壁にネジで留められているのが常だったという。
    「日本人は生得正直である」とモースは記した。

    ●明治時代、帝国大学教授になったバジル・ホール・チェンバレン(イギリス人)

    この国のあらゆる社会階級は、社会的には比較的平等である。
    一般に日本人は、大西洋の両側のアングロサクソンよりも根底においては民主的である。
    金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。
    ほんものの平等精神、われわれはみな同じ人間だと心底から信じる心が、
    社会の隅々まで浸透している。
    [ 2013/12/19 15:40 ] [ 編集 ]
  295. 江戸時代に大黒屋光太夫が船で難破してロシアに辿りついているが、
    その仲間のうち、新蔵・庄蔵という2人は現地のロシア人と結婚して
    帰国しなかったという記録が残っている。
    その頃、ロシアは日本との貿易を望んでいたらしく、彼らの前にも
    難破してロシアに辿りついた人が居たのか? 日本語教室がロシアに
    あったらしい。
    [ 2013/12/19 15:45 ] [ 編集 ]
  296. 豊太閤は伴天連追放令は出したが、禁教令など出しとらんよ
    [ 2013/12/19 15:50 ] [ 編集 ]
  297. コリアww縁起でもねぇ地名だなw
    日本人が行っていて子孫がいるって事に朝日新聞が
    日本人に慰安婦にされていたんじゃないか、と言い出しそうだw
    時代が違うなど無視して今捏造中だったりしてw
    [ 2013/12/19 15:52 ] [ 編集 ]
  298. 秀吉が出したのは宣教師の追放。
    商人などの来日はOKだし、
    日本人キリスト教徒もそのまま信仰OKだった。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%B3%E8%BF%BD%E6%94%BE%E4%BB%A4
    [ 2013/12/19 16:02 ] [ 編集 ]
  299. チョソンは国王自らが毎年五百人の性ドレイ女をシナに送り込んでたから「日本もそうに違いないニダ」て思って

    「戦国大名もドレイ売買してた」
    「秀吉もドレイ売買してた」

    て腹筋崩壊ネタばらまくんだろけど

    日本には有史以来ドレイはいません

    奴隷売買したこともありません

    需要も供給もありません

    ドレイていう発想そのものがないんです

    みんな騙されないで

    [ 2013/12/19 16:03 ] [ 編集 ]
  300. しかし、キリシタン大名が奴隷貿易で鉄砲と火薬を得たって
    どっから得たお話なんだろう?
    それを知りたい。
    [ 2013/12/19 16:06 ] [ 編集 ]
  301. >秀吉

    西洋がもたらす富は欲しいけど宗教は要らなかったんでしょ。それこそ宗教の皮被った奴隷商人だし
    >チョソン国王は毎年美女五百人を

    三千人の間違いでしょ

    毎年三千人の女を国王自らシナに性ドレイとして差し出してた

    [ 2013/12/19 16:07 ] [ 編集 ]
  302. ああこれ前テレビで見たわ コリアのセクハラでしょ?
    [ 2013/12/19 16:08 ] [ 編集 ]
  303. 確か加藤清正なんかは根っからのキリスト教嫌いだったよな。
    黒田如水らへんは明らかに交易目当てで宣教師を油断させる入信ぽいな
    目的のためならボケ老人でも装うからな。あのダーティさがたまらんw
    来年の大河だな。
    本気でパライソを夢見ていたぽいのは高山・大友・有馬などかな?
    [ 2013/12/19 16:12 ] [ 編集 ]
  304. 当時鉄砲生産量と消費量世界一だった戦国日本が

    「火薬得るために奴隷売買」

    「鉄砲一丁につき女一人で交換」

    こーいう腹筋崩壊※が散りばめられる

    そーいう工作するよりもっと生産的なことしろよ


    [ 2013/12/19 16:15 ] [ 編集 ]
  305. 大村とか
    [ 2013/12/19 16:15 ] [ 編集 ]
  306. 流石に昔すぎて血が薄まりまくってると思うのだが
    [ 2013/12/19 16:24 ] [ 編集 ]
  307. 自民TPPで日本に移民が大量寄生するだろう。自民TPPで雇用の国際的な流動化促進とかほざいてるからな。
    さらにTPP締結国以外からの移民も、自民なら促進するだろう。
    なぜなら自民党自体が日本人に成り済ました朝鮮カルト在○(=統一教会)政党だからな。お仲間=外人を増やしたいんだろう。
    その時、こういう眉唾スペイン人とかを呼び寄せないといいが。
    [ 2013/12/19 16:24 ] [ 編集 ]
  308. 400年で20代ほど経ると100万分の1の血になる。血はもうほとんど残ってなさそう。
    文化のほうが残ってると面白いのだけど、そっちも残ってないみたいだな。
    [ 2013/12/19 16:27 ] [ 編集 ]
  309. キリシタンではないが島津が奴隷貿易とかフロイスが言ってるらしいが濫妨と間違えてねーか?
    薩摩は寺社の反発は強いわ南蛮船は来ないわで布教許可を取り止めたと聞いたが
    [ 2013/12/19 16:30 ] [ 編集 ]
  310. >もっと生産的な工作しろ

    と言われて

    >自民党は朝鮮カルト

    になったの?

    本当に生産的なことはここで「キリシタン大名は奴隷売買してた」「鉄砲一丁を女一人で交換」「自民党は朝鮮カルト」みたいな

    大笑い腹筋崩壊※することじゃなくて、祖国に帰るか真面目に働くことですよ

    まあ移民はいただけないが、シナ朝鮮移民ほどの害悪はこの世にない

    つまんない※で純良な日本人釣るんじゃないよ

    [ 2013/12/19 16:32 ] [ 編集 ]
  311. 秀吉のキリスト教弾圧はスペインの宣教師たちが日本人を奴隷として海外に売ってることを知ったのが一因なんだよね…
    だからニュースを見る度正直もにゃる
    [ 2013/12/19 16:34 ] [ 編集 ]
  312. どんな背景があるにせよ、例え遠く欧州の文化の異なる地域の国同士であっても、日本とこうしてどこかに繋がりがあり、それを誇りに思ってくれるのは日本人として嬉しいね。

    日本人ですら忘れかけている侍などの過去の歴史や言葉を海外で聞けるのは嬉しい事。
    [ 2013/12/19 16:40 ] [ 編集 ]
  313. ※299
    日本にも奴隷やら人身売買はあったぞ……何言ってんだアホ
    お前、武田の志賀城攻めって知ってるか?
    [ 2013/12/19 16:43 ] [ 編集 ]
  314. サムライの子孫かどうか確かめる術はないけど、サムライってのは夢があってええな

    お前ら各地域に残る絶滅寸前の伝統武芸くらい嗜んどけよ?
    半分ネタじゃなくて
    [ 2013/12/19 16:52 ] [ 編集 ]
  315. キリシタン大名が50万人の日本娘を奴隷に売却http://sound.jp/sodaigomi/dorei/amakusa/amakusa.htm

    戦国末期に九州のキリシタン大名が、火薬と日本人女性を交換した。
    総勢50万人の日本人女性が、キリスト教宣教師に奴隷として売られて行った。欧州各地にその奴隷日本人女性の子孫がいるだろう。
    まあ、大半はキリスト教宣教師どもにレ○プされて頃されただろうが。
    [ 2013/12/19 16:53 ] [ 編集 ]
  316. 鉄砲作る部品わからず娘嫁がせて交換で聞いたとか
    南方に日本人村あったなら(成立時期しらん)そこから西洋に
    いった日本人も居るだろう。
    シルクロードならぬ何とかロードとか
    [ 2013/12/19 16:55 ] [ 編集 ]
  317. まぁとりあえずだ、、秀吉グッジョブ
    [ 2013/12/19 17:01 ] [ 編集 ]
  318. 名無しさん
    俺なんかきっと貧農の出に違いないから、彼らが侍の末裔であることは、なんとも羨ましい限りだョ...(笑)
    [ 2013/12/19 17:04 ] [ 編集 ]
  319. 娘嫁がせて聞いたとか。あーもう

    種子島時貴が作らせた国産第一号の鉄砲は精度が悪かった。銃床のネジわからず熱で筒が曲がったからだ。ネジの構造を当時日本人は知らなかったんだよ

    んで、職人が噛んだり動かしたり擦ったりしてネジ発見したわけ

    鉄砲が伝来してわずか30年くらいで世界一の鉄砲生産量と消費国になった

    娘売ったり嫁に行かせる必要なんてありませんよ

    どーも技術を女とハニトラに絡めたがるね。

    そういう工作ヤメロ

    [ 2013/12/19 17:08 ] [ 編集 ]
  320. またぶちあげましたねーキリシタン大名が50万人の女を火薬と交換ですか

    南京30万ギャクサツと同じですねー

    チョソンは加減てものを知らないからばかにされるんよ

    [ 2013/12/19 17:13 ] [ 編集 ]
  321. キリシタン大名が娘50万と火薬交換

    硝石みたいなどこにでも生えるものと娘「50万」(50人じゃないよ50万!!!!!!!!!!!!!!!!)交換だとよ

    腹筋いてえwww

    当時の都市に一体どのくらい人口がいたか計算できないの?

    イアンフ20万とか
    南京30万とか

    加減しなさいよ少しは

    [ 2013/12/19 17:18 ] [ 編集 ]
  322. >>315
    嘘くせー
    どうやって50万人も運ぶんだ?
    海でも割って民族大移動でもやったんか?

    当時の人口考えろよ
    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7240.html

    [ 2013/12/19 17:21 ] [ 編集 ]
  323. そういえばチョソンはどこかの大学教授がニッテイ強制レンコー2000万て言ってたな

    二千万て

    当時の半島の人口と同じやんw

    [ 2013/12/19 17:22 ] [ 編集 ]
  324. 人身売買のツールだったり教義で人を縛ったりキリスト教って悪魔の宗教だよね。太閤様が禁止してくれてよかった。日本人に生まれて良かった。
    [ 2013/12/19 17:34 ] [ 編集 ]
  325. 奴隷貿易を黒歴史化させたいようだね
    天然硝石は日本ではとれないから最初は輸入に頼っていたよ(ただし後に製造はしていた)

    借金のかたに娘を遊郭に売るのも人身売買=奴隷扱いですよ
    [ 2013/12/19 17:34 ] [ 編集 ]
  326. コリア村に行ったのは、ウリナラのサウラビニダ!
    [ 2013/12/19 17:43 ] [ 編集 ]
  327. まーた始まった

    ドレイてのはドレイの子はドレイでしょ

    遊郭のは身売りとは言え年季もある契約社員かつ金持ちに落籍されて自由もあった

    日本にはドレイなんかいませんよ

    ドレイ売買なんかありませんよ

    で天然硝石はどこにでもあるよ輸入しなくても

    あなた喋れば喋るほどボロ出てる

    で、娘50万ドレイ売却はどうなったんですか?
    [ 2013/12/19 17:48 ] [ 編集 ]
  328. 奴隷として連れ出された日本人もいるから(これが鎖国の理由)、なんらかの日本人がいたのは間違いないよ。
    [ 2013/12/19 17:52 ] [ 編集 ]
  329. 生口は?記紀に出てくる奴は?
    [ 2013/12/19 17:52 ] [ 編集 ]
  330. 人類すべきが韓国民族の末裔
    韓国の歴史観ではそういう事になっているw
    [ 2013/12/19 17:58 ] [ 編集 ]
  331. ※299
    >「秀吉もドレイ売買してた」
    >て腹筋崩壊ネタばらまくんだろけど
    君以外そんなこと言っている人間はいない。
    秀吉も人身売買を認めていたというだけ。

    だいたい戦国期の日本に人身売買があった。
    それを買い付けて宣教師達が奴隷貿易の一環として海外へ送ったということに何処に矛盾があるんだろうか?
    売った当人達にとっては売り先が国内か海外かと言うだけ。

    それと君に対して反論をしているのは一人じゃないだろ。
    50万というのは間違いだろうけどな。
    ttp://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20060313#p2
    [ 2013/12/19 18:03 ] [ 編集 ]
  332. 魏し倭人伝の「生口150」(二百だったかな)と奴に関しては

    まだ日本列島が大和として統一されていない時代

    感覚的には異民族を売り飛ばす感じだから、民族が統一されてからはドレイはなくなったよ

    [ 2013/12/19 18:08 ] [ 編集 ]
  333. 日本人として一度行って見たいね。

    もしかしたら遠い先祖が同じ人かもしれないんだよ?

    ロマン溢れる話だと思うよ。
    [ 2013/12/19 18:12 ] [ 編集 ]
  334. 犬HKは大河で支倉のことをやる根性出せよ。
    [ 2013/12/19 18:12 ] [ 編集 ]
  335. あと戦国期の日本に天然硝石なんて産出されていません。
    日本では特殊な生産法で生産されていて主な産地は世界遺産で有名な飛騨五箇山。
    その他の地では古土法という方法で生産されていたが飛騨と違って大した量は採れなかった。
    [ 2013/12/19 18:18 ] [ 編集 ]
  336. 数字トバしの後の矛先ズラしとか典型的な詐欺手口だなぁ
    [ 2013/12/19 18:52 ] [ 編集 ]
  337. おかしいな…
    ここはサムライとスペイン人の交流があったという
    未来に繋がるロマンのある話について語るべき場の筈なのに

    なんで奴隷とか
    今更取り返しようのない古い過去の話をしているんだろう…?
    [ 2013/12/19 18:55 ] [ 編集 ]
  338. 禿鼠殿が伴天連を追放したのは
    西洋のやり口を見抜いていたからだけじゃないと思うよ。
    戦国武将たちは熱烈信仰系宗教の面倒臭さを身をもって経験してる。
    そう、本願寺一向宗門徒との戦いにおいてね。
    信長だって戦歴の大半が一向宗門徒との戦いだった。
    そばで見てきた秀吉たちにしてみたら、
    また面倒臭そうなのが民衆に浸透するのは事前に避けたいだろな
    [ 2013/12/19 19:02 ] [ 編集 ]
  339. とても夢があっていいお話ですね。
    日本文化を好きでいてくれてありがとう。
    日本人が日本を大切にしなといけないと改めて思います。

    下品な方が多くて少しびっくりしますね。
    [ 2013/12/19 19:10 ] [ 編集 ]
  340. チョンがいっぱい湧いててワロタ

    確かな事実は
    『スペインのハポンさんたちは日本人の末裔であることを誇りに思っている』
    [ 2013/12/19 19:25 ] [ 編集 ]
  341. ピッ○クルーとかだと海外反応や翻訳系の記事、特に日本持ち上げの記事では必ず話しを脱線させろってマニュアルに書いてあるんだけど、ここ最近は彼らが働かなくても周囲へ感染してきてるみたいね。残念な事に。
    [ 2013/12/19 19:37 ] [ 編集 ]
  342. 韓国とは大違いの対応  
    [ 2013/12/19 19:42 ] [ 編集 ]
  343. 血のロマンを語っていたところに無知で空気を読めない
    ※166みたいなのが出てきたんだからしょうがない。
    [ 2013/12/19 19:44 ] [ 編集 ]
  344. アグネス募金宜しく
    [ 2013/12/19 20:11 ] [ 編集 ]
  345. 川の側の村というくらいの意味だよ
    [ 2013/12/19 20:32 ] [ 編集 ]
  346. さむらいの末裔が誇りだと言うのは素直に嬉しいね。
    アメリカやカナダでは、どちらかと言えば中国・朝鮮系が
    移民の大半を占めているのに、誰も、俺は朝鮮人の末裔だぞ!
    っては言わないからね。逆にアイアムJapaneseって言うぐらい、
    それだけ一種の血統ブランドなんだろうね。
    後は、俺たちがそのブランドをどう守るかだけど…
    なにせ、自らの過去を過ちと言うバカが多いからなあ。
    [ 2013/12/19 20:36 ] [ 編集 ]
  347. 笑ってこらえてのって番組で取材に行ったスペインの祭りの主役がハポンさんだったような
    [ 2013/12/19 20:41 ] [ 編集 ]
  348. ※148
    まじかよ・・・すげえ
    [ 2013/12/19 20:45 ] [ 編集 ]
  349. 九分九厘、バテレンに買われてきた奴隷の子孫だろうとは思う
    [ 2013/12/19 20:59 ] [ 編集 ]
  350. 東大の先生がDNA鑑定をするために、行ってたような気がするんだけど、まだ結果は出てないのかな。一人でも見つかればいいな。
    [ 2013/12/19 21:10 ] [ 編集 ]
  351. 昔は略奪婚もあったし連れて行かれた者がそのまま
    奴隷だったとは限らないんだよね。
    [ 2013/12/19 21:11 ] [ 編集 ]
  352. あの時代に太平洋横断とか、ついでにアメリカ縦断してヨーロッパ行くって凄いな。で、帰って来たんだろ日本に?どんだけ新し物好きなんだよ~っ!
    [ 2013/12/19 21:12 ] [ 編集 ]
  353. ※319
    中国人韓国人が日本を貶めるために言うことって、大抵自分らが
    やったこと・やってることなんだよねw
    日本兵の残虐行為とか、慰安婦とか全部そうだし
    ちょっと前の日本人なら真に受けて日本はだめだとか思ったかもしれないけど、今はそういうのないし
    一緒にしないでくれとしか言いようがない
    [ 2013/12/19 21:13 ] [ 編集 ]
  354. このネタは今まで何度かテレビで見た
    これを面白がるのは日本人だけかと思っていたが
    けっこう食いつく人々がラテン系に居るんだな
    サムライという言葉は水戸黄門の印籠みたい
    [ 2013/12/19 21:14 ] [ 編集 ]
  355. 奴隷の話は史実だからな。目を背けて美談にすり替えるたぐいの話じゃない。
    [ 2013/12/19 21:14 ] [ 編集 ]
  356. ※277
    うわ~そういうのも特亜が言いたがることだねw
    たった500年遡った程度で混じるかよw
    身分制社会でどうやって混じるのかその根拠を教えて欲しいわ
    [ 2013/12/19 21:22 ] [ 編集 ]
  357. ※356
    15世紀頃の日本の人口が1000万人程度と言われているから
    人口の増加のなかで全く縁が無いと考える方が難しいぞ。

    武士の身分なんて長男以外は養子として外に出るか、部屋住み
    で生涯を送るか、武士を辞めて自立するかしかないんだから
    庶民に血が混じるのは当たり前だし。
    [ 2013/12/19 21:34 ] [ 編集 ]
  358. 日本人の血が入ってるって喜んでもらえるのはうれしいなぁ。

    一方日本では苗字に金(ry
    [ 2013/12/19 21:35 ] [ 編集 ]
  359. そもそも遺伝子ってのは正確に、何代隔てれば変質するものなんだろ???
    聞いたところじゃ、ほんの4~5代を経ればまるで別物になるとも。
    [ 2013/12/19 21:37 ] [ 編集 ]
  360. < `∀´>侍の起源は韓国!!
    [ 2013/12/19 21:46 ] [ 編集 ]
  361. まだドレイがーとか言ってる

    美談とか関係なく日本人にドレイ商売の歴史はないってば

    害虫みたいな外国人が持ち込みそうになったので即座に宣教師(他文化の尖兵)を追放したんだよ

    [ 2013/12/19 21:55 ] [ 編集 ]
  362. 別に本当の日本人の子孫じゃなくても誇りに思ってくれてるならいいじゃん。
    日本でも中国四国地方に行ったら平家の末裔だらけだぞ。
    あんだけ平家がいたのになんで滅んだんだろ…。
    [ 2013/12/19 22:00 ] [ 編集 ]
  363. 日本に奴隷商売がなかったと言っている人は山椒大夫とか安寿と厨子王の悲劇とかも知らないんだろうね。
    [ 2013/12/19 22:14 ] [ 編集 ]
  364. いいよなぁ、この人たちは日本人よりも侍の子孫である確率が確実に高いんだもんな
    [ 2013/12/19 22:30 ] [ 編集 ]
  365. 反応見てびっくりしたんだけど、

    まずどこにも支倉の子孫とは書いていない。そしてどこにも支倉or伊達政宗がキリシタン大名とも書いていない。何でそんな反応になるの?

    伊達政宗は、徳川に対抗するため、メキシコの権益を得るためにスペイン経由でローマ教皇に訴えに言った。これは鎖国前ね。

    ローマに入る前に上陸してしばらく滞在したところで、若いもんらが地元の女と子供を作っちゃった。若いから仕方ないね。外人コンプレックスとか黄色人種差別とか以前ね。

    できたあとでその子供に名前をつけなきゃいけない。これは彼の地のルールね。でも父親の苗字がわからないから、みんなハポンさんになった。これだけの話。スペインは、出身地とか地名をつけるのは普通。苗字のバリエーションが少ないからね。

    で、今年ちゃんと彼の地を皇太子殿下が訪問してるよ。スペインの知り合いが、your princeが来ていると教えてくれたけど、恥ずかしながら最初はprinceって何?と思った。正直、彼らのほうが、そういうのを尊敬していると感じた。(王国と、敬虔なカトリックというところから。)
    [ 2013/12/19 22:37 ] [ 編集 ]
  366. >さんしょう太夫

    あれ、小説だから

    もとネタは今昔物語辺りなんだろけど

    額にドレイの焼き印なんか入れませんて
    盗賊や人さらいがいなかったとは言わないけど

    盗賊や人さらいと政府や組織が公然とドレイ売買してないよそういう制度はなかった

    どうしてもドレイ制度があったと言い張るのはなぜなんだろう

    下女でも年季やお給金があったのに
    [ 2013/12/19 22:45 ] [ 編集 ]
  367. 山椒太夫は水戸黄門レベルに有名な話だけど、どちらも本当にあったこととは誰も思わない

    日本人ならね

    [ 2013/12/19 22:49 ] [ 編集 ]
  368. 「ハポン」って響きはなんだか美しいね
    [ 2013/12/19 22:58 ] [ 編集 ]
  369. ジャガタラおはるみたいに、日本の混血児も日本から追い出されたからね。
    時代前後するけど、当時のポルトガルやスペインアンチは利益を独占したいオランダの口コミもあったしね。信者を奪われると思った寺や神主のアンチもひどかったしね。そういう奴らは宣教師の悪行を有る事無い事お上にふきこんだ。宣教師毛嫌いしてる書き込みあるけど、仏教か神道の影響の強い土地生まれか、信者かな?奴隷うんぬんも何処まで真実だか。
    [ 2013/12/19 23:00 ] [ 編集 ]
  370. 戦国時代に来日したスペイン人と日本人の混血がゴロゴロいたけど鎖国でほとんど国外追放になっちゃったから
    父親の国に帰ったそううい人の子孫もいるだろ
    確か信長の家来だった黒人の弥助さんも、母国に帰ってる
    みたいだし

    [ 2013/12/19 23:02 ] [ 編集 ]
  371. 忌々しいキリスト教を追い出した寺やら神社やらが、喜び勇んで建物ぶっ壊し、寺立てまくり、神社立てまくり。キリシタン狩りは凄惨を極め、信者の拷問にも寺や神社が大なり小なり絡んでる。血を流していない綺麗な宗教なんてないからな。最近カルト化した神道信者がウザくて。
    [ 2013/12/19 23:14 ] [ 編集 ]
  372. よく知りもしないであーだこーだ言うより、ちゃんと慶長遣欧使節について研究してある本でも読めば一発だから、図書館行って読んできたら?
    小説とかじゃなくてちゃんと研究してる人の本。もっっのすごい分厚いから頑張ってみればいいんじゃない?どれだけ小説やテレビ、ゲームなんかで使われるキワモノ設定が史実として世の中に通用しているか、勉強になると思うよ。

    サン・ファン・バウティスタ号には幕府の役人も乗ってるよ。慶長遣欧使節は幕府の許可を得て行われた天下人外交だから。幕府も一度使節を送ろうとしたけど、確か造った船が難破して計画が頓挫していた。それで仙台藩が名乗りを挙げて、藩のお金で船を建造してスペインに行く事になったと言うだけ。別に秘密裏に出航した訳じゃない。

    「伊達政宗が幕府を倒そうと思っています」的な書簡もフランシスコ会宣教師のソテロがスペイン国王にアピールするために書いたもので、後にイエスズ会側から「そんなことない」って否定されて、仙台藩との貿易が御破算になってる。基本ソテロは策略家で二枚舌だった。当時の宣教師には必要欠くべからざる素質ではあったけれども。
    [ 2013/12/19 23:44 ] [ 編集 ]
  373. 子孫がこうやって先祖を誇りながらパーティをやってるなんざいい風景だが、ライダイハンの子孫たちはとてもじゃないがこうは行けないね。気の毒に。韓国人とは悪魔だな。
    [ 2013/12/20 00:32 ] [ 編集 ]
  374. なんだろうね、大河ドラマとか歴史系の小説とか漫画とか、本当罪作りだわ。
    スペインまで行ったのが仙台って面白い。東北って海外に開けてたイメージ無いから。その分厚い研究書探してみるわ。仙台の郷土資料館ほどはないかもしれないけど。
    [ 2013/12/20 00:44 ] [ 編集 ]
  375. ※250.
    アメリカにはそういう奴がいっぱいいる。
    マイクホンダとか…
    [ 2013/12/20 01:29 ] [ 編集 ]
  376. 伊能忠敬(江戸時代日本全図を作製した)を祖父に持つ女性が、
    出征する我が息子に「サムライの子孫らしく立派に戦ってきなさい」
    と言って戦場に送り出したと言う話は、知る人ぞ知る逸話。
    伊能忠敬なる人物は、もともと商人でありサムライではない。
    地図を作製した功績を買われてサムライへ昇格した言わば成り上がり。
    しかしながらその子孫にとっては〝サムライの肩書は誇りなのだろう。
    [ 2013/12/20 01:51 ] [ 編集 ]
  377. 「日本」さんか。唐突にトキの学名ニッポニアニッポンを思い出した。
    この人たちが自分達の祖先と血統を誇らしく思ってくれているならばそれでいい
    [ 2013/12/20 03:37 ] [ 編集 ]
  378. 大変だったろうが美しいか?
    [ 2013/12/20 03:41 ] [ 編集 ]
  379. >下女でも年季やお給金があったのに
    そんな基準なら古代ローマに奴隷なんか存在しないことになるな。
    解放奴隷なんて言葉も無くなる。

    まあいくら否定しようが日本中世史関連の書籍には普通に出てくることで専門家も認めていることだしね。
    中世に公的意識なんか無かったが、戦国大名に関して言えば雑兵の略奪行為は黙認している。

    合戦前に行なって満足して帰る奴がいるから合戦後にしろという御布令が出ていたりした。
    大阪夏の陣図屏風でも雑兵の濫妨が描かれているしね。

    少しはまともに本を読めよな。
    [ 2013/12/20 05:50 ] [ 編集 ]
  380. マリア・ホセ・スアレス

    確かにちょっと木の実ナナに似てなくもないな。
    [ 2013/12/20 06:11 ] [ 編集 ]
  381. あのねー

    日本はシナやヨーロッパみたいに都市そのものを城郭で囲んでないやろ。その意味がわかるか

    シナやヨーロッパは戦争になったら都市そのものが攻撃対象になる。都市の中に入ってる人間も財産もぜんぶ占領軍のもの になるからです

    日本にはそういう城郭で囲う構造がない。なんでかわかる?
    歴史を通じてずっと、戦争は基本的に職業軍人が行うもので、城の中の為政者が入れ替わるだけ。市中の人間や市中の財産は占領対象ではなかったから城郭は必要なかったんですよ
    そりゃ多少は末端兵士の略奪はあったろ
    でも信長の京都占領軍は女性を冷やかしたという理由で斬首になってる

    全国どこの都市にも都市そのものを守る城壁がない

    だいたい落武者狩りは地域の百姓がやってる。負けたほうの武士が百姓の犠牲にこそなれ、占領軍が百姓や市民相手にコロしたり略奪したりは公的に行われなかった

    あなたはどうしても日本もシナやヨーロッパ式のドレイ売買や無法があったと言いたいみたいだが

    城郭で囲った都市が全国どこにもないのはどう説明するんですか?

    [ 2013/12/20 06:21 ] [ 編集 ]
  382. >解放ドレイ

    わたしにはその言葉そのものがドレイ制度の有り様を表してるように思う

    解放されないとずっとドレイて意味やろ

    日本には解放女中、解放女郎、解放下男はいませんよ

    もともとそんな 言葉がないのはなぜかわかるか

    女郎も女中も下男もみんな年季奉公でいわば契約社員だからそもそもドレイみたいに決められた身分じゃなく女中下男はあくまで職業だからね

    もーいい加減疲れてきたわ

    [ 2013/12/20 06:27 ] [ 編集 ]
  383. 1612年徳川家康はカトリック禁止令を出した。翌年、伊達政宗は支倉常長をスペインに派遣した。その目的は、当時世界中に艦隊を派遣していたスペイン(カトリック)と手を組むため。
    伊達政宗はその事実を認めていないが、支倉常長が帰国した時に「だれそれ?」という感じだったので、相当後ろめたい何かがあった事は明白である。
    ハングリー過ぎる伊達政宗。その片棒を担いだ男支倉永常。
    売国奴と言わざるをえない。
    [ 2013/12/20 07:00 ] [ 編集 ]

  384. スペインの国王(カトリック)に「徳川幕府を倒さないか?」と誘ったと言われいいるよね
    売国奴伊達政宗か・・・歴女が一番嫌う話題ですねw
    [ 2013/12/20 07:05 ] [ 編集 ]
  385. ※122
    >日本って名前の外国人が大勢いるとか面白いな
    >日本人には日本なんて名前は居ないってのにw

    おい!
    勝手にいないと決めつけるなよ!
    ちょっとは調べてから物を言えよ。

    全国の苗字「日本さん」に謝りなさい!
    680人程度はあるらしいぞ!

    日本の苗字7000傑より
    10382位 日本 人口約680 宇多源氏佐々木氏族。現在、関東以西に広く分布。
    [ 2013/12/20 08:40 ] [ 編集 ]
  386. これだけ落ちぶれたスペインでもヨーロッパじゃイギリスと並んで地位と権力だけはあるんだが、それもこの辺に関係してるんだろうな。
    [ 2013/12/20 09:42 ] [ 編集 ]
  387. 目が細いが東洋人の特徴だと思い込んでることにがっかり…
    それはモンゴル系だから…
    支那と朝鮮の特徴だから…

    日本にもいるけど細目は少数派だから…
    [ 2013/12/20 10:46 ] [ 編集 ]
  388. つーか西洋人の感覚したら小雪とかリョウとか吉高とか
    切れ長一重系の方が美人らしいぞ
    男なら誰だ及川ミッチーか
    無い物ねだりかねぇ
    [ 2013/12/20 11:09 ] [ 編集 ]
  389. >一方日本では苗字に金(ry

    全てじゃないみたいだけどね。
    生粋の金田君や金沢さんはイイ迷惑ですのw
    [ 2013/12/20 11:16 ] [ 編集 ]
  390. × つーか西洋人の感覚したら
    ○ つーか西洋人の感覚からしたら東洋人は
    [ 2013/12/20 11:19 ] [ 編集 ]
  391. カタカナにするとコリアだけど、発音は全然違うと思うぞ
    [ 2013/12/20 11:34 ] [ 編集 ]
  392. ※388
    >男なら誰だ

    豊川悦司、浅野忠信とか。ご婦人ならあと広末涼子とか。個人的に逃亡者おりんの人もノースアジアンビューティーですねw
    [ 2013/12/20 11:45 ] [ 編集 ]
  393. 遺伝子調べると一発でわかるから調べてみると面白そうですね
    たぶん関係ないのではと思いますけど
    [ 2013/12/20 12:35 ] [ 編集 ]
  394. なんか陽気な感じがびんびんで良いところだなw
    日差しからして陽気さがにじみ出てるわw
    [ 2013/12/20 14:06 ] [ 編集 ]
  395. この話で有り難いのは、日本やアジアは戦前まで身分が低かったのにも関わらず、ハポン姓を捨てなかった事だよね。
    今じゃ侍の子孫=クールか知らんけど、昔は土人みたいなイメージ付けられたんだから。
    世の日系人にも日本のご先祖さんにも、感謝です。
    [ 2013/12/20 14:20 ] [ 編集 ]
  396. サムライの子孫のスペイン人

    めっちゃかっこいい
    [ 2013/12/20 16:11 ] [ 編集 ]
  397. 安部晋三は統一教会の月刊誌「世界日報」の表紙を飾り
    祝電を送る程の熱心な統一教会信者。自民党は統一教会の政治部門。

    「自民党=統一教会=KCIA=CIA=アメリカの傀儡政党」

    この売国組織のやる事は日本の不利益になる事ばかり。
    [ 2013/12/20 16:53 ] [ 編集 ]
  398. 遠き異国の大地に同じ侍日本のDNAを持つ人が数多く存在しているとは胸熱だな!
    [ 2013/12/20 17:39 ] [ 編集 ]
  399. 徳川幕府に忠誠をちかわねーと売国奴だとか、アホだろwwww
    倒幕は誰にでも許された行為だろ。幕府が嫌なら倒せばいい。
    それが、日本の精神だし、一揆の根底にある精神。
    幕府とはそういう存在。
    力あるものが成り上がる道。
    伊達政宗は日本人にはかなり人気の高い武将だよ。

    在日みたいなアホまる出しなりすましコメ垂れ流すな、カス。


    [ 2013/12/20 17:49 ] [ 編集 ]
  400. 当時の西班牙は、アフリカ北岸経由でベルベル人やらイスラム教徒やらユダヤ人やら、かなり多くの人種・民族が入り混じっていた。地中海世界は元来そうした環境だが、当時の西班牙は特にそうだった。西班牙南部アンダルシア地方はエキゾチックで知られる。そこにちょっとばかり日本人の血が混じったところで、別に日本人の遺伝子ばかりが特別に優性遺伝するわけでもあるまいし、実際のところは色々な特徴が現れてその結果としてスペイン人としてはかなり異国的な顔立ちになりやすいというだけのことだろう。

    但し、ロマンチックな空想をかきたてる話ではある。なぜなら、16世紀末当時の欧州は既に大航海時代の只中であったが、西班牙はフランスで滅ぼされた聖堂騎士団の生き残りがその後も戦い続けていた土地柄、日本人がイメージする中世欧州の騎士道精神がもっともよく生き残っていた地域だからだ。
    ※275さんが
    江沢民のチベットに対する対応に逮捕状だした勇気のある国はスペインだけで、そういう気骨のある国の人が「日本の血が流れててうれしい」って思ってくれるのは、とてもうれしい。
    と書いているが、往時の武士の方々も現地でそうした騎士精神の雄雄しさ溢れるとともにルネサンスの典雅さも兼ね備えた西班牙人領主らと交流してその土地の風土文化人情に惚れこんで異郷に骨を埋める決心をつけられたのではあるまいか。
    ちなみに西班牙人はいまだに欧州内でも独特のええかっこしぃ気質で知られている。
    [ 2013/12/20 19:56 ] [ 編集 ]
  401. 日本人が好きとかサムライが好きとかというより、スペインが気に入って骨を埋めた外国人というのがポイントなんじゃないのかな。

    スペイン人は地元愛が強いから。
    [ 2013/12/20 21:02 ] [ 編集 ]
  402.  
    ※397

    陰謀バカちゃん、日本はアメリカと同盟国、韓国とアメリカは同盟国。
    日米韓は一応西側陣営。
    当たり前の立場の外交関係というのをご存知かね?

    それとも中国共産党の人かな?w
    [ 2013/12/20 21:42 ] [ 編集 ]
  403. 1:25のおじさんは見た目もノリも日本のおっさんと言っても違和感ないw
    [ 2013/12/20 22:06 ] [ 編集 ]
  404. 支倉常長の直系の子孫が営む宿が仙台にある。
    仙台市郊外にある金山温泉 支倉旅館。
    先の東日本大震災で地層がずれてしまい、
    源泉を汲み上げれなくなり、現在休業中。
    ここの人肌の温湯はとても良かった。
    [ 2013/12/21 01:02 ] [ 編集 ]
  405. ※28からとにかく否定したいという心情が垣間見れて面白いw
    [ 2013/12/21 04:21 ] [ 編集 ]
  406. 日本人の7割以上は農民の出
    つまりスペインの人たちはお前らより格上
    [ 2013/12/21 04:36 ] [ 編集 ]
  407. 侍だからいいんであって慰安婦では紙袋かぶせられて罵られる
    そんな事もわからん〇国人であった。
    [ 2013/12/21 06:56 ] [ 編集 ]
  408. そんなDNA検査は行われていない。
    DNAのウソの結果に興味持つのは、苦々しい人たちだろうよ。
    [ 2013/12/21 07:46 ] [ 編集 ]
  409. ※67
    スペインは稲作が盛んな国なんだが
    パエリアも知らんのか

    陸稲でなく水稲栽培がおこなわれていたという意味でそ?
    水田には豊富な水と技術と手間と人手が要るから、決して少なくない人数の
    リーダーシップを取れる人材がこの地に住み着いた証だよね。
    [ 2013/12/21 09:03 ] [ 編集 ]
  410. 勘違いされてるけど目が細い日本人ってすくないよねw
    糸目ツリ目だとコリアンぽいってイメージだわ
    [ 2013/12/21 12:08 ] [ 編集 ]
  411. 小学生の息子の同級生の七割が二重瞼

    一重のが日本では少数派なのにねー
    [ 2013/12/21 14:49 ] [ 編集 ]
  412. 使節団ってくらいだから乗っていたのはほぼ全員侍だろうね。
    日本人の子孫ってのじゃなくて、サムライの子孫ってのが嬉しいだろうね。
    日本人ですら祖先がサムライだとうれしいだろう。
    俺は先祖が農家だったらしいからうらやましいよ。
    [ 2013/12/21 18:17 ] [ 編集 ]
  413. 先祖が農民といっても戦国時代以前に帰農して土着した人もいるので、日本の人口のほとんどが農民とは一概には言えない。
    [ 2013/12/21 22:36 ] [ 編集 ]
  414. へえ。エクアドルのハポンは興味深いね
    是非解明して欲しい
    [ 2013/12/22 00:56 ] [ 編集 ]
  415. >387
    私は日本人としては目が大きい方だと思うのだが、スペイン人の知り合い達からは「そんなに目が細かったら、ゴミが入る事もなくて楽でしょう?」ってよく言われたよ。向こうの人からしたら、アジア人の目は皆小さいってよ。

    それとKOREA,COREA, 共にスペイン語では「コレア」と読みます。「コリア」じゃない。
    [ 2013/12/22 03:59 ] [ 編集 ]
  416. >>コリア・デル・リオ

    ジャパン国コリア県と思ってそうだな。
    [ 2013/12/22 07:57 ] [ 編集 ]
  417. 真偽のほどはともかく、彼ら自身が日本人の血が流れてるかも知れないという可能性に誇りを持ってくれたり、好意的に感じているところがありがたい。
    仲良くしようぜ兄弟。仙台市が中心になって交流行事でもやればいいのに。
    [ 2013/12/22 13:02 ] [ 編集 ]
  418. 侍の子孫ではなく奴隷として売られてきた人間の末裔とか言ってる奴は
    元の動画を見てコメントしているのかねぇ?
    当時村を訪れた数人の日本人がキリスト教に改宗して姓をハポンと改めたって古文書が村に現存しているのに。
    [ 2013/12/22 14:00 ] [ 編集 ]
  419. もし嫌いな国の名前だったら、続かないはず
    「ハポン」さんが当時の現地の人に受け入れられて
    代々嫁をもらって受け継がれたということになる
    素直にうれしいと思う
    [ 2013/12/22 19:03 ] [ 編集 ]
  420. 日本で起きたこととして喩えるなら
    アメリカとかオランダという苗字の子孫がいることになるのかな?
    [ 2013/12/22 19:07 ] [ 編集 ]
  421. これ現在実際にDNA調べてるところだったな
    最近のニュースでやってた
    しかし間違いだった時がちょっと恐い、、、
    [ 2013/12/22 21:21 ] [ 編集 ]
  422. 私は陸奥の国の王、伊達政宗である
    私はローマ法王とよしみをを通じたいと思い、
    支倉常長を使者として遣わした
    いま日本は徳川が政権を握り、
    幕府はキリスト教を禁じ、南蛮貿易を禁止してる
    しかし私は南蛮貿易もキリスト教布教も活発に行いたいと思っている
    是非私と通好関係を結んで頂きたい
    ローマ法王のお力添えがあれば、
    私が日本を掌握する事も可能だと思っている
    [ 2013/12/22 21:45 ] [ 編集 ]
  423. DNAが出なかったとしても
    小浜とオバマの関係もあるくらいだし
    ちょっと濃厚な姉妹都市くらいに思ってればいいんじゃね
    [ 2013/12/22 21:46 ] [ 編集 ]
  424. スペイン関係ないけど、今田浩二が海外に渡った
    侍の痕跡を辿る番組があった。
    中国内陸部の村に十数人の盗賊が襲ってきて
    通りすがりの侍が一人で七人ぐらいを切り倒して撃退した言い伝えが残ってる、子孫の家には刀の鍔が保存
    されてた。
    [ 2013/12/22 21:56 ] [ 編集 ]
  425. 425
    日本には百姓も武士もそれほど身分が固定化されていなかった。だから、百姓から太閤にもなれた。また、その逆ははいて棄てるほどあった。ちなみに、我が家は5,600年前は、たとえば、平朝臣山本太郎安保なんて名乗っていたが江戸時代になって後半以降、oo吉やoo助なんてだんだん名前も短くなっていった。だから、ハポンさんらの先祖がもし日本人なら武士またはそれに近い人々だったのはたしかだろう。伊達政宗も田んぼで草取りしてるのに明日から太平洋を渡ってローマまで使者、その従者で行けなんていわないのは普通に考えれば納得できるだろう。
    [ 2013/12/23 11:33 ] [ 編集 ]
  426. この使節団が持ち帰ったものが 京都の祇園の山車の飾りに使われている織物じゃあないの???
    ちゃんと親書を携えたきちんとした使節団でしょう。
    かなりの交易があったはずだけど。
    [ 2013/12/23 21:28 ] [ 編集 ]
  427. 興味深いですね
    [ 2013/12/23 23:18 ] [ 編集 ]
  428. 母方が郡代の家系だったけど、廃藩置県のとき新政府に
    とられるよりはと近所の農民に土地とかほとんど無料で
    あげてしまったらしい。

    伊達家が好きで支倉家についても調べたことがある。
    けど資料が少なくて推測でしかないあたりも多かった。
    日本でも難しいのに海外で調べてる人はもっと難しと思う。
    [ 2013/12/24 04:30 ] [ 編集 ]
  429. これタイムリーに見た記憶が
    ぜひハポン性のスペイン人には男ならタロウと名付けて欲しいところ

    参考例の名前が夢でなくなる!
    [ 2013/12/24 11:40 ] [ 編集 ]
  430. 村の名前が・・・・・・・・寄生虫が起源説だすぞwww
    [ 2013/12/24 12:00 ] [ 編集 ]
  431. これ昔「なるほどザワールド」で見たよ。
    懐かしい~。
    [ 2013/12/24 23:12 ] [ 編集 ]
  432. 他民族国家、海賊国家の人間は、
    そういうDNAの入り混じりを有り難がって喜ぶのかー。

    俺は純粋な日本人なのが最高にありがたいモンだけどなー
    [ 2013/12/25 06:42 ] [ 編集 ]
  433. はじめまして農民の末裔です
    侍の末裔っていいね、なんか憧れるわww
    [ 2013/12/25 20:18 ] [ 編集 ]
  434. 支倉常長は日本に帰ってきてるぞ?
    本当の子孫かどうかは知らないけど、
    それを誇らしく語ってもらえると嬉しいよねw
    日本人ってだけで、まったくの無関係者だけどww

    ちなみに俺の農民の末裔ですw
    誇り高き農民なめんなw
    [ 2013/12/26 18:14 ] [ 編集 ]
  435. 戦国時代の武士の姿が油絵で写実的に描かれて残っただけでも凄い功績だと思うな
    色鮮やかな着物姿の絵も残ってるしね
    支倉常長の肖像画を見れば目は細くないよな
    確かビスカイノと水夫40名とソテロや宣教師に船大工や商人など総勢150名位だったから何名か現地に残った人がいてもおかしくないでしょ
    [ 2013/12/28 03:56 ] [ 編集 ]
  436. 侍の子孫というより宣教師の裏家業だった日本人奴隷の子孫じゃないの?
    たしかスペインとポルトガルに売られたはずだが。
    ポルトガルは全滅したらしいのでスペインはいいところなんだろう。
    [ 2013/12/29 13:51 ] [ 編集 ]
  437. この番組を韓国人や中国人が見たら気が狂うだろうな。
    [ 2014/01/02 02:39 ] [ 編集 ]
  438. *13

    女性の染色体はXXで、男性の染色体はXYなのは知っての通り
    息子が生まれれば男性染色体は100%息子に受け継がれる。
    孫に男の子が生まれれば男性染色体は100%孫に受け継がれる。

    実は、思ったよりも遺伝子は薄まらない。
    [ 2014/01/02 07:10 ] [ 編集 ]
  439. そういえば、戦国BASARAの伊達政宗が英語交じりなのも、ローマ教皇に使節団を送ったり、海外との貿易に積極的だったりして、外国かぶれだったのをネタにしたらしい。
    [ 2014/01/02 20:24 ] [ 編集 ]
  440. 常長の洗礼記録は残ってないんだよね。受洗者が多かったから一々記録しなかったのか、教会の引っ越しやスペイン内戦のどさくさで散逸してしまったのではないかと、伝記の著者が書いてた。
    [ 2014/01/03 08:58 ] [ 編集 ]
  441. 使節団の中で現地に残った人も数人いたと昔TVで見た覚えがある。
    [ 2014/01/03 20:16 ] [ 編集 ]
  442. 東南アジアにも日本人街があったけど、鎖国で取り残されちゃったんだよね。
    [ 2014/01/03 22:06 ] [ 編集 ]
  443. >441
    それ記事の冒頭にも書かれてるんですけど
    [ 2014/01/03 22:08 ] [ 編集 ]
  444. 半農半士だか地侍とかの身分もあるからね。武士階級だけど農家もやっていると言う。地方はそんな豪族が多かった。
    [ 2014/01/03 22:13 ] [ 編集 ]
  445. >この番組を韓国人や中国人が見たら気が狂うだろうな。

    彼らが見たら日本人が歴史をねつ造してるとか現地の人の洗脳をしてるとか言うだろうよ。
    [ 2014/01/03 22:15 ] [ 編集 ]
  446.  
    スペインなんだか日本なんだかコリアなんだかハッキリしていただきたい
    [ 2014/01/04 09:05 ] [ 編集 ]
  447. 我が家も伊達家分家士族の子孫。亡き祖父がいつも時代ものの映画、テレビ番組を見て、その中の侍を「事実と違う」と言っていた。日本の侍の実像については、日本の歴史否定をする為に、ソ連時代のコミュンテルンの指令により日本の反日左翼に「日本の歴史を全否定せよ」の指示が下りて、映画、放送関係の反日文化人が、真の侍の姿を偽変したそうだ。侍は、自己を厳しく律し、弱者を労わり、文武に励み自己を研鑽する等「士道」を守り生きるという美学を持ち、その為町人身分の使用人、市井の町人達から尊敬されていた。亡き祖父は元職業軍人で、まさに昭和の侍と言うべき生き方をしていた。一度遊んでいて妹を殴り返し、祖父に「男子たるもの、女子に手を上げるものではない」と、こっぴどく叱られたことがある。「でも、痛いんだもん」と言うと「女子に殴られても耐えられるだけの体を作れ」と翌朝より、祖父のルーティンワークの木刀の素振りをさせられたのには閉口した。今思えば究極のフェミニストだった。恐い容貌をしていたが。時代劇の侍を見ると亡き祖父を思い出す。
    [ 2014/01/04 10:17 ] [ 編集 ]
  448. 村の名前のせいでザパニーズなんじゃないかという疑いが捨てきれない…
    [ 2014/01/04 11:09 ] [ 編集 ]
  449. ※447
    うちも戦国~明治期までの幅広い時間の中でいくつかの武士の血統が交じり合った家だけど、いくらか似たような経験がある。
    士道、士魂を言葉ではなく日常の起居の中で伝えてゆかないとね。三つ子の魂百までも、鉄は熱いうちに打て、だ。幼少なほど躾をきちんとしておかないと駄目だ。
    [ 2014/01/06 02:54 ] [ 編集 ]
  450. スペイン人なのにサムライの子孫なのかよwww
    俺ん家なんかただの町人だぜwww
    [ 2014/01/06 18:58 ] [ 編集 ]

  451. コリアだのドレイだのセクハラだの騒いでる奴らは
    一々過剰に反応しすぎ
    [ 2014/01/12 19:40 ] [ 編集 ]
  452. 慶長使節団の子孫か~
    藩が全然違うけど、私のご先祖さまも慶長から始まってるから、同じくらいの世代を重ねてきたんだね

    ウチも一応藩に仕えてたらしいけど、ほぼ農民
    受け継いだのは農地と名字と家紋とお墓だけ
    [ 2014/01/17 18:44 ] [ 編集 ]
  453. スペインに生まれ育ったのに日本人の血が流れているなんて
    私はごめんだわ。
    私がもしもスペインに生まれ育って自分はスペイン人だって
    思っていたのに、ある日、突然「お前は侍の子孫」って言われたら
    嬉しいというより悲しいわ。
    一生劣等感を持って生きていくわね。
    先祖が騎士だったらどれほど嬉しいことか。
    [ 2014/02/01 15:13 ] [ 編集 ]
  454. 侍が美しい白人女性を強○したのよ。
    白人女性が可哀想だわ。
    [ 2014/02/01 15:18 ] [ 編集 ]
  455. エベンキの眷属がまぎれこむと途端にキムチくさい米欄になるのはなんとかならんもんか。
    ああ臭い臭い
    [ 2014/02/03 11:52 ] [ 編集 ]
  456. ぼくの祖先は百姓です(半ギレ)
    [ 2014/02/06 10:58 ] [ 編集 ]
  457. ※454
    バカは死んでね
    [ 2014/03/02 12:34 ] [ 編集 ]
  458. サムライと言っても召出衆だから下級武士。それも田舎侍。
    四人の使者で残ったのは二人だけで、それも帰国している。
    だから侍の子孫というより随行していた商人や水夫の末裔
    だろね。
    [ 2014/03/11 22:10 ] [ 編集 ]
  459. 世界は日の出をまっている>マジ
    [ 2014/03/24 13:38 ] [ 編集 ]
  460. ※63のおっしゃったとおり、私も家老からだと思った
    [ 2014/05/13 13:28 ] [ 編集 ]
  461. ※260
    >慶長使節団だっけ?
    >サンファン・バウティスタ号っていう船で何年もかけてドンブラコ×2
    >スペインの美男美女を何人か連れて来れたら(強制ではなく)良か>ったのに・・・。そしたら仙台の女も美人になったかも・・・^^;

    素晴らしい
    こういう逆の発想もあったか
    [ 2014/05/13 14:15 ] [ 編集 ]
  462. 朝鮮人が先祖?
    死んでもごめんだわ。(真顔)
    [ 2014/05/17 20:33 ] [ 編集 ]
  463. 支倉常長は日本じゃ無名だが、海外じゃ有名なんだよな。
    不遇の内に死んじゃったけど、少しは報われるかな。
    [ 2014/08/10 13:07 ] [ 編集 ]
  464. ※438
    そもそも一つの町に集団で住んだわけだから
    日本人の血が混ざった子孫同士が結婚して実際にはそんなに薄まらない
    [ 2014/10/18 12:24 ] [ 編集 ]
  465. 生粋の日本人だが百姓の末裔で・・・。
    彫が深いスペイン人がサムライの末裔www
    ずっちぃいよ~
    [ 2014/11/26 13:22 ] [ 編集 ]
  466. 蒙古斑と言えばイタリアにも・・・
    WW1のさなか,帝国海軍が地中海に遠征して活躍した。
    その際に拠点にしたイタリアの島では,今でも蒙古斑を持った赤ん坊が生まれるそう。
    昔の日本男児はやることはやってたw
    誤訳御免Δさんの記事より。
    ttp://goyaku.blog45.fc2.com/blog-entry-677.html
    [ 2015/02/02 22:24 ] [ 編集 ]
  467. よそに行ってヤリまくったってことかいw
    [ 2015/03/19 00:04 ] [ 編集 ]

  468. 江戸時代のキリスト教はそれほど綺麗なものじゃないぞ
    結構な数の日本人が奴隷として売られてったはず

    だから秀吉に追放されて、家康もそれを引き継いで禁止した

    > ハポン遺伝子は2の16乗分の1になる。
    > つまり65536分の1だ。

    現地に残った人は、最初は現地になじめず同族で結婚することが多かっただろう(女性は別だろうけどね)
    最初の3~4世代はほとんど薄まってないんじゃないかな
    狭い地域を拠点としていたなら途中でまた混じるから、なおさら
    [ 2015/05/17 13:11 ] [ 編集 ]
  469. 蒙古斑てすげえなw
    [ 2015/06/27 23:55 ] [ 編集 ]
  470. 京都の公園の中に
    石碑がある
    今も大事にされてます。
    船の彫り物と使節団についての石碑がある すごく大きい 丸に船だったかな 小さいとき遊んでた公園
    [ 2015/06/28 08:37 ] [ 編集 ]
  471. 日本在住の生粋の日本人でも俺はバリバリの農民なんだが
    [ 2015/06/28 11:02 ] [ 編集 ]
  472. 俺は両親とも日本人で両親とも似てるんだが、よく「ハーフか?」って聞かれる。
    フィリピンパブとかに行くと「アメリカ人?」って聞かれる。
    [ 2015/06/30 13:17 ] [ 編集 ]
  473. ハポン性なら日本に舞い戻れ
    [ 2015/06/30 16:35 ] [ 編集 ]
  474. ハポンと現伊達家の殿様とのご対面とか見てみたいw
    [ 2015/07/01 19:16 ] [ 編集 ]
  475. セ…支倉
    [ 2015/07/06 04:49 ] [ 編集 ]
  476. このテーマは佐藤賢一のジャガーになった男って小説がめちゃくちゃ面白いな
    [ 2015/07/08 10:37 ] [ 編集 ]
  477. >自分は目が細いけど

    やっぱりアジア系って外人より目が細いのか?
    [ 2015/09/26 17:27 ] [ 編集 ]
  478. >>196
     10年ほど前に、この内容を知った。 さすがに一代で天下人に
    成り上がった資質の人物。 ちゃんと、市井の人々に対する慈愛を
    備えている。 出身の尾張から、1000kmも離れた戦国大名の
    領民の境遇に怒り狂っている点から、非常に見直しましたよ。
    [ 2015/09/27 13:36 ] [ 編集 ]
  479. 日本でも色々なトコの血が入ってそうだもんなあ
    俺の兄貴は兄嫁の印象ではガイジンさん・・・? だったらしい。 俺は純日本人ツラなのにな。  って、あれ?
    俺と兄貴、親父一緒だよなあ? あ、あれ?
    [ 2015/10/08 10:45 ] [ 編集 ]
  480. 大丈夫、かの話を眉唾ものだなんて書いて嘲笑ってるのは日本人じゃないから。誇りに思ってくれてるのは日本人だったら嬉しいよ。ネットはちゅうごくやかんこくじんが多いね。
    [ 2015/12/05 17:34 ] [ 編集 ]
  481. 日本人の血を引いてることを誇りに思っていただけるような日本であり続けて欲しいものだね。
    あの国の血を引く連中は、そう思わないみたいだし・・・・
    ああなって欲しくないものだ。
    [ 2015/12/09 17:00 ] [ 編集 ]
  482. おいおい、白人共は何故日本人の目が細いと思うのか?
    うちの家系はパッチリ二重でまつげ長くて男ですら女と間違われるくらいだぞ!
    祖父母が琉球だからか?
    [ 2015/12/16 00:42 ] [ 編集 ]
  483. (; ̄ェ ̄)目が細い言うなwww
    [ 2016/01/13 06:40 ] [ 編集 ]
  484. 動画消されてるね。
    こういうのはすぐチョンが通報して消させる。
    [ 2016/02/16 13:23 ] [ 編集 ]
  485. コリアとついてても関係ないからな
    [ 2016/05/03 22:04 ] [ 編集 ]
  486. ※453
    来日スペイン人と友人知人多いけど、
    スペインは大陸の半島で地続きだし、
    歴史的にアフリカから侵入したイスラムに
    占領されていた時期も長いし、貴方のようなそんな妄想劣等感は持たないよ。
    近しくて長く敵対している勢力の血筋ならともかく、
    500年程の遙か当方の日本のサムライの子孫となると、
    貴重であり誇りの対象になるものだ。


    [ 2016/05/04 15:27 ] [ 編集 ]
  487. アジア人の特徴の目が細いというのはアジア人全体に該当するわけで
    かならずしも日本人というわけではないだろ
    [ 2016/06/26 10:45 ] [ 編集 ]
  488. 彼らの言う目が細いはディカプリオみたいな奥二重
    一重瞼とはちと違う
    [ 2016/06/26 23:48 ] [ 編集 ]
  489. 長い船旅で現地に着いたら欧米美人ばっかりで
    もう我慢できずにやりまくったんだろうなあ。

    イイハナシダナア
    [ 2016/06/27 10:01 ] [ 編集 ]
  490. >この街には支倉常長が率いる慶長遣欧使節団(1613年)が9ヶ月間滞在しましたが、その使節団のうち、何人かのキリスト教徒の日本人がこの街に留まりました
    侍でキリシタンなんて居ないだろwこの時代なら処刑だろwww
    [ 2016/06/27 14:23 ] [ 編集 ]
  491. スペインに日本人の血が混じった人々がいても不思議じゃないね。
    戦国時代の日本は国際的だった、伊達政宗の側室にスペイン女がいたのは有名。
    逆に考えれば、現代の日本人に昔のスペインやオランダ人の血が混じっている人がいても不思議じゃない。
    [ 2016/06/29 22:33 ] [ 編集 ]
  492. キリシタン大名は欧州の優れた武器などを手に入れる為に、領民を奴隷として売り飛ばしたクズ共だからな、、、
    日本人奴隷の末裔なんじゃねぇの?

    コリアが付く時点で台無しだけどなw
    [ 2016/07/15 12:49 ] [ 編集 ]
  493. そもそも同じホモ・サピエンスで、先祖の遺伝子を部分的に受け継いでいるとしても、現時点で日本人特有のものと科学的に証明可能な遺伝子が残っていない限り確認出来んわな。一代目の遺伝子が確認出来ないのだから
    可能性があるのは、同族とされる日本人の末裔との比較なんだろうが、その日本人にしても同じ遺伝子の部分が受け継がれている可能性はかない低いだろう
    外見上、明らかにアジア人の特徴があれば遺伝子は受け継がれていると見れば良い
    [ 2016/07/21 21:43 ] [ 編集 ]
  494. 恥ずかしい
    ここで品の無い発言をしている人がいることが日本人として恥ずかしい。
    日本人はいい人種でも聖人君子でも何でもない。
    ここにある発言のように、そんな500年近く前の事で一喜一憂し、下衆な想像をするクズ民族になってしまった。
    [ 2016/08/04 02:19 ] [ 編集 ]
  495. ななし
    ハセクラをセクハラと読んだ挙句に村の名前を見た途端
    例の民族っていつの時代も……って思ってしまいました。
    ゴメンナサイ
    [ 2016/11/18 05:02 ] [ 編集 ]
  496. 役人が国の公費で海外研修に出かけて
    現地で惚れた女性と結婚してそのまま住み着いたってだけの話も
    500年経てば美化される
    [ 2017/05/05 01:26 ] [ 編集 ]
  497. ※494
    無理して日本語で書かなくても、ハングルで書けばいいのに。
    [ 2017/06/14 17:58 ] [ 編集 ]
  498. 名無し
    そう言えば以前、東南アジアのどこかで見つかった侍の子孫の村を紹介する番組があった。
    村人の見た目は侍とは程遠かったが、拍子木を叩いて火の用心をやっていた、しかし侍の子孫ならせめて刀の一振りくらい残っていてもよさそうなのに、刀はなさそうだった。
    火の用心は第二次大戦中に日本兵から学んだ可能性もあると思えた。
    [ 2017/07/28 01:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング