FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の最高神は女神なのか!」 神秘的な『大嘗祭』の儀式に海外から感銘の声

天皇が一代に一度臨む「大嘗祭」の中心となる儀式「大嘗宮の儀」が、
14日夜から15日未明にかけ、皇居・東御苑で営まれました。

大嘗祭は、陛下が神前に新穀などを供え、
国の安寧や五穀豊穣を即位後初めて祈られる儀式で、
673年に一代一度の皇位継承儀式となり、
室町時代末期から江戸時代前期まで221年間の中断を挟み、
現在まで受け継がれてきました。

16日と18日には参列者を招いた祝宴「大饗の儀」が催され、
大嘗宮は21日から12月8日まで一般公開され、その後解体される予定です。

多くの海外メディアが、今回行われた大嘗祭を、
天照大御神をはじめ天神地祇をお招きして行われる点などの他、
歴史、費用、批判の声があることなどを交えて伝えています。
関連記事に寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「まさか本当に実在するとは!」 三種の神器の存在に外国人から驚きの声が殺到

684684674.jpeg
[ 2019/11/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(872)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング