FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人はキリスト教徒的なのに…」 カトリック司教が語る日本での布教の難しさが話題に

今月23日から来日されるローマ教皇・フランシスコ猊下。
教皇の来日は1981年のヨハネ・パウロ二世以来38年ぶり2度目で、
今回猊下は、東京、長崎、広島を訪問される予定になっています。

さて今回は、猊下の来日に合わせて行われた、
菊地功・東京大司教のインタビュー記事からで、
日本における宣教活動の難しさを語っていらっしゃいます。

大司教によると、過去外国人宣教師は英語や文化のクラスを開設し、
それらを入り口として日本人を集めていましたが、
英会話塾の台頭や英語の義務教育化が進んだことなどから、
「英語のレッスン」という宣教活動の中心が失われることに。

そして日本に複数あるカトリック系の学校も、
長らく伝道の最後の強力な足がかりと見なされてきましたが、
国からの補助金にどうしても縛られてしまうため、
『カトリック』という名前だけが残り、
その独自性は徐々に失われているという実情があるそうです。

つまり、現在はカトリックに入信するきっかけすら減っており、
状況はますます悪化しているという事でしょうか。

関連投稿には、カトリック教徒の人々から様々な声が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「何で日本人は宗教を混ぜるんだ!」 様々な宗教が入り混じる日本社会に驚きの声

735735735.jpeg
[ 2019/11/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(902)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング