FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「源氏物語はスケールが違う」 源氏物語が『世界最古の小説』か否かで外国人が論争

源氏物語の現存する最古の写本で、藤原定家が校訂した「青表紙本」のうち、
物語の重要場面の1つである「若紫」1帖が今月8日、
都内の旧大名家のご子孫のご自宅で発見されました。
54帖からなる物語のうち、定家の写本が確認されていたのは、
「花散里」「行幸」「柏木」「早蕨」の4帖のみで、
新たな帖の発見は、約80年ぶりのことになるそうです。

現在一般的に紹介されている源氏物語は、
定家の「青表紙本」を書き写した大島本がもとになっており、
今回の発見により、より詳細な研究ができる事になります。

この件を海外の大手メディアもこぞって取り上げているのですが、
英ガーディアン紙やCNNが「世界最古の小説 」と紹介している事から、
コメント欄では源氏物語が「世界最古」か否かで議論がなされています。
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「千年前にこんな小説が…」 『源氏物語』に圧倒される外国人が続出

3774767457.jpg
[ 2019/10/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(608)
スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング