FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「世界で最も格式高い式典だから…」 天皇陛下即位礼への参列を切望する比大統領が話題に

今月22日に宮中で行われる「即位礼正殿の儀」。
儀式には200近い外国の元首・祝賀使節が参列し、
現時点では英チャールズ皇太子などの参列が公表されています。

各国大統領など首脳級の参加は国内外の状況次第で流動的になりがちですが、
フィリピンのドゥテルテ大統領は、ASEAN関連首脳会議など、
公務が過密であるため当初は参列出来ない見通しであったものの、
昨日に行われた記者会見では「当然参列すべきだと考えている」と、
強い表現で式典参列の意向を表明しました。

ドゥテルテ大統領は2016年の初来日前に行われたインタビューで、
上皇陛下との会見の際に何を伝えたいかと問われると、
「畏れ多くて言葉が出ないかもしれません。
 神のような存在として尊敬いたしております」
と答えるなど、皇室に深い敬愛の念を抱いていらっしゃいます。
今回も何とか参列出来るよう調整に動いてくださっているのも、
そのような敬意の念があるからこそだと考えられます。

大統領のこの表明を現地の大手メディアがこぞって報道しており、
フィリピンの人々から非常に大きな反響が寄せられています。
反応の一部をご紹介しますので、ごらんください。

「鳥肌が止まらない…」天皇皇后両陛下と比大統領のご会見にフィリピン人が歓喜

357357674.jpg
[ 2019/10/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(283)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング