FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の貧困は貧困ではない」 日本の貧困率の高さを指摘する米紙に異論が殺到

今回は米ブルームバーグ紙の7月30日付の社説からで、
アメリカの保守層に見られることが多いとされる、
「貧困は自己責任」という考え方を否定する内容になっています。

記事では、否定の根拠として日本を取り上げており、
国民は勤勉で、暴力・殺人事件が非常に稀で、薬物使用も少なく、
シングルマザーも全世帯の2%で、就業率は77%以上であるにも関わらず、
日本の貧困率(15.7%)は米国(17.8%)に迫る高さである事を指摘。
つまり、真面目な日本人でさえ貧困に陥る人が多いのだから、
やはり貧困は個人の努力などの問題ではないという趣旨になっています。

この記事に対し、主にアメリカ人から多くの意見が寄せられているのですが、
貧困の根拠が「相対的貧困」であることなどから、
日本を例に挙げた事、或いは日本の貧困自体を疑問視する声が続出しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本政府のやり方は賢い!」 日本の借金を懸念する英紙記事に異論続出

3574684684.jpg
[ 2019/08/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(652)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング