FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本語は繊細な言語だから」 Netflix版『エヴァ』の翻訳を巡り海外ネットが大荒れ

1995年に放送が開始され、社会現象を巻き起こしたアニメ「エヴァンゲリオン」。
同作は今月21日からNetflixにて世界190カ国で配信が始まったのですが、
いくつかの変更に対し、海外ネット上では不満の声が殺到しています。

海外で大きな非難の対象となっている点は2つ。
まず1つは、エンディングに「Fly Me to the Moon」のカバーが流れない点。
一部報道によると、フランク・シナトラなどもカバーしたこの楽曲は、
米国ではライセンス料が高すぎるため、見送られたそうです。

そして特に論争を呼んでいるのが、2つ目の、翻訳の問題。
「好意に値するよ」という、シンジに向けられたカヲルのセリフが、
これまでの翻訳、「Worthy of my love(愛するに値する)」から、
日本版に近い「Worthy of my grace(好意に値する)」に変更され、
また、同じくカヲルの「I love you」も「I like you」に差し替えられています。

単純に作品への敬意を欠いた誤訳と考える人に加え、
同性愛的要素を意図的に排除していると捉える人も多いことから、大荒れに。
批判以外にも、日本語の「好き」を英語に翻訳する事の難しさを解説する声など、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「なんて論理的な言語なんだ」 日本語の構造を簡易化した図が外国人に大好評

784236363.png
[ 2019/07/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(592)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング