FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「なんて美しさだ!」 台湾に残るお召し列車『天皇花車』の美しさが話題に

台湾視察を予定されていた皇太子時代の大正天皇のために、
1912年(明治45年)に台北鉄道工場で製造された「天皇花車」。
実際には大正天皇が即位後に利用されることはありませんでしたが、
皇室関係者や台湾への貴賓客用として使用されており、
1923年(大正12年)には、皇太子時代の昭和天皇が、
台湾行啓を行った際に乗車されています。

この車両は現在、台湾北部・基隆市の七堵操車場で保管されており、
6月9日の「鉄路節」に合わせて何度かメディアにはお披露目されていますが、
一般公開は現在まで一度も行われていません。

そういった現状を受け、蘇首相は先日行われた台鉄132周年記念式典で、
「公開されていないのは勿体ない」と発言。
その影響で現在、天皇花車が台湾で改めて注目を浴びています。

車両内部などの写真が紹介された関連投稿には、
台湾の人々から感動の声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

台湾「日本の統治は偉大だった」 日本統治時代の台湾を映した貴重映像に感動の声

124314.jpg
[ 2019/06/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(269)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング