FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本は超大国なのに…」 日本の皇室のあり方にタイ国民から羨望の声が殺到

5月1日に「即位後朝見の儀」に臨まれた天皇陛下。
そこでは、上皇陛下に対する「心からの敬意と感謝」を示されたうえで、
「自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、
 憲法に則り、象徴としての責務を果たす事を誓い、
 国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望いたします」
と、
天皇として初のお言葉を述べられました。

新天皇即位に関するニュースは、ワチラロンコン国王陛下が戴冠され、
新しい時代を迎えているタイでも大きく取り扱われており、
皇太子時代から知られている天皇陛下のお人柄、
そして、日本の皇室の儀式の質実とした雰囲気に称賛の声が殺到しています。

また、タイには不敬罪があり、表立って王室を批判することは一切出来ませんが、
戴冠式が今月4日から3日間にわたって行われていることなどから、
日本の皇室とタイの王室を暗に比較するような意見も数多く寄せられています。
それらの一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「涙がこみ上げてきた」 天皇皇后両陛下の異例の弔問にタイから感動の声

747353575.jpeg
[ 2019/05/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(325)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング