FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本の発明だったのか!」 世界の道路に革命を起こした日本人をGoogleが称賛

視覚障がい者の人たちの安全かつ快適な移動を支援するために、
路面や床面に敷設されている「視覚障がい者誘導用ブロック」。
一般的には「点字ブロック」の名で知られるこの設備は、
1965年(昭和40年)に三宅精一氏により世界で初めて考案され、
その2年後、岡山県立岡山盲学校の近くの交差点に、
230枚が敷設されました(全て三宅氏の私費による)。
今では欧米やアジアを中心に、各国で設置されるようになっています。

先日Googleは、「世界中の視覚障がい者の移動を劇的に変えた」として、
三宅氏を讃える特別なロゴを世界各国版の検索ページで表示(Google Doodle)。
その事をTIME誌やインデペンデント紙等のメディアが紹介するなど、
世界各地で大きな反響を呼んでいました。

関連投稿には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「こんな国は日本だけだ」 Google社員が語る日本の素晴らしさが海外で話題に

maxresdefault (3)
[ 2019/04/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(378)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング