FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人は誇りに思うべきだ」 終戦後も1人戦い続けた日本兵に世界から称賛の嵐

今回は海外のサイトが取り上げ大反響を呼んでいる、小野田寛郎さんの話題から。

1922年(大正11年)、和歌山県で生まれた小野田寛郎さんは、
20歳の時に徴兵検査を受けられ、現役兵として入隊。
その後ゲリラ戦要員の短期育成を目的とした陸軍中野学校二俣分校に入校し、
1944年(昭和19年)12月にフィリピン・ルバング島に派遣されると、
以後30年間、任務解除の命令が受けられない状態の中で、
1人異国のジャングルで戦い続けました。

1974年(昭和49年)3月にようやく作戦任務解除令を受け、51歳で日本に帰還。
戦前とは大きく変わった戦後の日本社会に馴染みにくかったこともあり、
翌年には次兄のいるブラジルに渡り、牧場を経営され、成功を収めます。
さらに1984年(昭和59年)から、野外活動を通して子どもの自立を育む、
「小野田自然塾」を日本で設立し、講演活動も続けられていました。
2014年1月16日、肺炎のため永眠。享年91。

上記のような小野田さんの人生を短く紹介した動画は、
短期間で再生数が300万回を超えるなど大反響を呼び、
外国人からは、小野田さんの忠誠心や愛国心を讃える声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「最も高潔な軍隊だった」 ドイツ人作 日本兵へ贈るトリビュートに様々な声

36300745.jpg
[ 2019/03/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(384)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング