FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「俺は日本人を信じる」 仏紙による『日産クーデター説』に現地から呆れの声

今月19日、金融商品取引法違反で逮捕されたカルロス・ゴーン氏。
22日には臨時取締役会でゴーン氏の会長職解任が全会一致で決定され、
今後は取締役も解任するための臨時株主総会が開かれる予定です。

今回の逮捕に関しフランスでは、ルモンド紙や経済紙のレゼコーなど、
複数のメディアが日産の経営陣による「クーデター」説が存在する事を報道。
特にレゼコー紙は「西川社長が恩人のゴーン氏を引きずり下ろした」と報じ、
西川社長を「ブルータスだ」と厳しく断じています。

しかし、フランス人の多くはメディアが報じる陰謀論には非常に冷ややかで、
クーデター説を扱った記事には、呆れの声が続出していました。

フランス「日仏は両想いじゃないか」 日本人にフランスのイメージを訊いてみた

426356.jpg
[ 2018/11/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(786)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング