FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本の国歌は美しい…」 英訳付きの国歌『君が代』に海外から絶賛の声

今回は、英訳された歌詞と共に流れる君が代への反応です。

君が代は、1869年(明治2年)にまず歌詞が「古今和歌集」の短歌から選ばれ、
その後1880年(明治13年)に宮内省雅楽課が旋律を改めて付け直し、
それがドイツ人の音楽教師フランツ・エッケルトによって編曲されたもので、
1893年(明治26年)の文部省告示以降、国歌として定着しました。
そして1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」において、
正式に日本の国歌として法制化されています。

世界で最も短く、最も古い歌詞を持つ国歌の1つであり、
1903年(明治36年)にベルリンで行われた「世界国歌コンクール」では、
「気高い平和に満ちた歌詞と、それにふさわしい荘厳な曲調」であるとして、
数ある国歌の中から「君が代」が一等を受賞しています。

行進曲に国威発揚を意図した歌詞を乗せた国歌を採用する国が多い中、
異質とも言える曲調と歌詞を持つ「君が代」。
コメント欄には様々な反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「過去最高の君が代だった」 女子高生による日本国歌独唱に外国人が感動

463.jpg
[ 2018/11/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(735)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング