FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「最初から日本に任せておけば…」 故障頻発のマニラの鉄道が日本の協力で再生へ

住友商事や三菱重工が中心となって建設を手がけ、
1999年に開業したマニラ首都圏のMRT(高架鉄道)3号線。
この路線の保守業務は上記2社が2012年まで担当し、
16年からは韓国の合弁会社が手掛けていたのですが、
フィリピンのチャベス運輸次官の話によると、
「不適切な保守により膨大な件数の故障と脱線がくり返し起きていた」そうです
(2016年には停車を余儀なくされる重大な故障が586回も発生)。

現在フィリピン政府はMRT3号線の再生に動いているのですが、
国際協力機構(JICA)はその手助けとして、380億円の融資を決定。
今月7日に日比両国の関係者の間で、契約が結ばれる予定です。
保守業務に関しても、以前からフィリピン側が希望していたように、
住友商事と三菱重工が再び請け負う見込みだと現地紙は伝えています
(先月には早速、再生を迅速に進めるプロセスを検討するために、
 日本の「整備事業者」がMRTの検査を行なったとの情報も)。

日本からの融資、そして再び日本企業が保守業務を担当することに、
頻発する故障に悩まされていた人々から喜びの声が殺到しています。
寄せられていたコメントをまとめましたので、ごらんください。

海外「やったー、日本製だ!」 日本製の鉄道車両の到着に沸くタイの人々

653777.png
[ 2018/11/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(495)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサード リンク
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング