FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本発祥じゃないのか…」 米国発の牛乳屋が日本で大企業に進化していると話題に

コンビニエンスストアチェーンとして、国内店舗数2位を誇るローソン。
業界で初めて全ての都道府県に出店したコンビニチェーンであり、
2018年2月現在、日本国内に約1万4000店舗を展開しています。

今では日本を代表するコンビニエンスストアになったローソンですが、
その原型は、1939年にJ.Jローソン氏が米オハイオ州に開店した牛乳販売店です。
新鮮で美味しい牛乳が地域で評判となって、瞬く間に売り上げが拡大。
「ローソンミルク社」を設立し、生活用品も販売するチェーン店の展開を始めます。
つまり、「ローソン」というチェーン名も有名なミルク缶のロゴも、
すべてはアメリカの牛乳屋さん「ローソン」が発端となっています。

日本でのスタートは1975年にオープンした「桜塚店」(大阪豊中市)。
当時は現在のローソンとは雰囲気が異なっており、
米国風のパーティーフーズ中心の品揃えだったそうです。
同年にはフランチャイズ1号店もオープンしており、
「ローソン」は急速に全国に広がっていくことになります。

アメリカ国内では消えてしまった「ローソン」。
その歴史と日本での大躍進を米経済メディアが記事にしており、
コメント欄には様々な意見が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「日本滞在中命を救われた」 日本のコンビニの品揃えに外国人から羨望の声

Ma Lawson Japan pxxx 2
[ 2018/09/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(358)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサード リンク
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング