FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本が超大国になれた理由だ」 母国で挫折も日本で成功を掴んだ博士が話題に

今回は日本で成功を収めた、クリスチャン・ペナロザ博士の話題から。

メキシコ出身のペナロザ博士は、大阪大学で基礎工学研究科修士課程、
ならびに認知脳システム学研究部門博士課程を修了しており、
現在は京都の国際電気通信基礎技術研究所の研究員であるとともに、
阪大の知能ロボット学研究所(石黒研究室)のメンバーとして活動されています。

脳波で操作するロボットアームの制御システム等を開発されている博士ですが、
母国メキシコでは、プロジェクトへの支援を政府機関に5回も断られており、
研究資金を捻出することが出来ませんでした。
そこで日本に目を向け、研究者を支援する基金に支援を申請したところ、
プロジェクトが認められ、研究費用を助成してもらうことが出来、
研究者としての道が拓けていったそうです。

外国人であっても優秀な人材であれば積極的に支援をする。
そういった精神が、日本を大国に押し上げたと考える方が少なくないようでした。

「日本の方が暮らしやすいぞ!」 インド紙『IT技術者は米国より日本を目指せ』

12356.png
[ 2018/09/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(195)

海外「日本が隣国で本当に良かった」 今も台湾への恩を忘れない日本企業に感動の声が殺到

2011年3月11日、未曾有の大災害に見舞われた日本に、
世界中の国から温かいコメントと多くの義援金が寄せられましたが、
その中でも、台湾からの支援は総額200億円以上という膨大なものでした。
もちろん金額の多寡が全てではないことは言うまでもないですが、
それでも多くの人が、台湾から特別な友情を感じたのではないでしょうか。

東京・蒲田に本社を構えるインフラ調査会社「ジオサーチ」は先日、
東日本大震災時に台湾から受けた支援に対するお礼として、
独自に開発した特殊車両「スケルカー」を台湾に持ち込み、
高雄市の路面下にある空洞などの無料点検を行いました。
点検を行いながらも台湾の人々に感謝の気持ちを伝えられるよう、
車両の前後には、感謝の言葉を記した横断幕も掲げられています。

このことを台湾の大手メディアが伝えているのですが、
7年以上が経った今も日本人が台湾への恩を忘れていない事に、
現地からは感動と驚きの声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「まさか皇后陛下が…」 台湾への感謝を口にされた皇后陛下に感激の声が殺到

1537531225_43543.jpg
[ 2018/09/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(282)

海外「日本発祥じゃないのか…」 米国発の牛乳屋が日本で大企業に進化していると話題に

コンビニエンスストアチェーンとして、国内店舗数2位を誇るローソン。
業界で初めて全ての都道府県に出店したコンビニチェーンであり、
2018年2月現在、日本国内に約1万4000店舗を展開しています。

今では日本を代表するコンビニエンスストアになったローソンですが、
その原型は、1939年にJ.Jローソン氏が米オハイオ州に開店した牛乳販売店です。
新鮮で美味しい牛乳が地域で評判となって、瞬く間に売り上げが拡大。
「ローソンミルク社」を設立し、生活用品も販売するチェーン店の展開を始めます。
つまり、「ローソン」というチェーン名も有名なミルク缶のロゴも、
すべてはアメリカの牛乳屋さん「ローソン」が発端となっています。

日本でのスタートは1975年にオープンした「桜塚店」(大阪豊中市)。
当時は現在のローソンとは雰囲気が異なっており、
米国風のパーティーフーズ中心の品揃えだったそうです。
同年にはフランチャイズ1号店もオープンしており、
「ローソン」は急速に全国に広がっていくことになります。

アメリカ国内では消えてしまった「ローソン」。
その歴史と日本での大躍進を米経済メディアが記事にしており、
コメント欄には様々な意見が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「日本滞在中命を救われた」 日本のコンビニの品揃えに外国人から羨望の声

Ma Lawson Japan pxxx 2
[ 2018/09/20 23:00 ] その他 | TB(0) | CM(324)

海外「日本は今日も平和だw」 日本が相変わらず面白い事をやっていると話題に

今回は、現在海外で大きな話題になっている「ツル多はげます会」の話題から。

「ツル多はげます会」は平成元年に青森県鶴田町で設立された会で、
「ユーモアのある人格形成につとめ、社会に貢(光)献することを目的」とし、
「暗い世の中を明るく照らす」べく、日々平和活動を行なっています。

「ツル多はげます会」には交通安全運動など様々な活動があるのですが、
最も有名なものが、春と秋の「有多毛(宴)」の際に行われている、
吸盤を頭につけて網を引き合い、勝敗を決めるゲームです。

この「吸盤綱引きトーナメント」を海外のバイラルメディアが取り上げたところ、
2日ほどで2万件以上のコメントが寄せられるなど、大きな反響を呼んでいます。
(記事のタイトルは「この綱引競技をオリンピック種目にするべき」)。
非常に平和的な光景に、多くの外国人が幸せな気分になったようでした。

海外「最高の交流じゃないか!」 自衛隊と米海兵隊による本気の雪合戦が大反響

3456346.png
[ 2018/09/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(260)

中国「日本人はラッキーだ」 安倍総理の政治手腕に対する中国人の評価が凄い事に

安倍総理の任期満了に伴い、9月20日に投開票が行われる自民党総裁選。
連続3選を目指す首相のほか、石破茂元幹事長が立候補を届け出ており、
安倍総理のこれまでの政権運営に対する評価のほか、
経済政策や憲法改正などが主な争点となっています。

この自民党総裁選はお隣中国でも非常に注目されており、
安倍総理が立候補した時点で、関連記事にはコメントが多数寄せられています。
コメントの中で圧倒的に目立つのが、安倍総理を高く評価する声。
中国にとって好ましい首相であるかどうかはともかくとして、
国のリーダーにふさわしい人物というイメージが根付いているようでした。

海外「鳥肌が止まらない…」 安倍総理を迎えるフィリピンの熱狂ぶりが物凄い

34567.jpg
[ 2018/09/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(581)

海外「やっぱ日本は凄かった」 台風被害の関空連絡橋の復旧が早すぎると台湾で話題に

台風21号の強風により流されたタンカーが衝突し破損した、
関西空港と対岸を結ぶ連絡橋を走る鉄道について、
JR西日本と南海電鉄は、明日9月18日の始発から、
平常ダイヤで運行を再開させることを決定しました。

また、関空の運営会社「関西エアポート」も、
浸水の影響で閉鎖中の旅客施設を21日に全面復旧させ、
運航スケジュールを平常に戻す予定である事を発表しています。

連絡橋に関しては、当初復旧に一ヶ月はかかると言われていたのですが、
工事が早く進んだことで、短期間での復旧となりました。

この件は、台風21号の被害が大きく報道されていた台湾で話題となっており、
あまりにも早い復旧に、台湾の方々から驚きと賞賛の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本人は何者なんだ…」 日本人の合理的な仕事ぶりに感動するドイツの人々

513850.jpg
[ 2018/09/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(444)

海外「日本は本当に敗戦国なのか?」 日本のリニアが凄すぎると改めて世界的な話題に

2027年の開業まで残り10年を切ったリニア中央新幹線。
まず品川ー名古屋間285.6キロで開通予定で、最高設計速度は505キロ。
最速40分で東京と名古屋が結ばれることになります。

超伝導による浮上に目をつけ、東京ー大阪間約500キロを、
1時間程度で結ぶという目標が掲げられたのは、
新幹線開業の2年前となる1962年のことでした。
それから約半世紀余りの時を経て、時速603キロという、
鉄道の世界最高速度を2015年に達成したわけですが、
その際の映像が海外のサイトで取り上げられると、
今観ても衝撃的だとして、短期間で再生数が800万回を突破するなど、
改めて海外で大きな話題になっていました。

寄せられたコメントをまとめましたので、ごらんください。

海外「日本にライバルなどいない」 新幹線の圧倒的な性能に外国人が衝撃

13557.jpg
[ 2018/09/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(524)

海外「日本人も同じアジア人なのに…」 震災時でも変わらない日本人の姿にベトナム人が衝撃

北海道南西部を震源として、6日午前3時8分頃に発生した「北海道胆振東部地震」。
最大震度7の揺れを観測し、亡くなられた方は41人に上り(15日現在)、
道内ほぼ全域の約295万戸が停電するなど、大変大きな被害を及ぼしました。
現在も特に被害の大きかった厚真町を中心に約130戸で停電が続いていますが、
新たに水力発電所が再稼働したことなどにより、
計画停電は当面実施しないことが昨日発表されています。

今回ご紹介する写真と映像は、ベトナムの大手メディアが伝えたもので、
大震災直後という状況にも関わらずパニックを起こすことなく、
商品を買い求めるために秩序正しく長蛇の列に並び、
静かに順番を待つ被災者の方々の姿が取り上げられています。

「日本が世界一発展した国」になった理由に国民意識を挙げる声や、
先進国とそうではない国の違いを見出す声などなど、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本はアジアの中でも特殊」 『東洋と西洋の違い』が海外で話題に

nhat-ban-1.jpg
[ 2018/09/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(420)

海外「日本は常に本場を超えてくる!」 なぜ日本人は米国文化を進化させるのだろうか?

今回は、アメリカの雑誌「Smithsonian」が度々ネット上に投稿している、
アメリカ文化を取り入れさらに改良する日本に迫った記事からです。

記事は実際に日本に滞在した経験があるアメリカ人ジャーナリスト、
トム・ダウニー氏が自身の体験をもとに書かれたもので、
日本がアメリカから取り入れた5つの文化、
バーボン、ジャズ、ワークウェア、ハンバーガー、シャツ(アイビースタイル)が、
或いは本家を超えるほどに日本で進化していることが紹介されています。

ダウニー氏は、そういった現象が起きる理由を以下のようにまとめています。

「現代社会で起きていることはすなわちグローバリゼーションであり、
 文化にしても料理にしても、世界のどこでも手に入れることが出来る。
 しかし日本が進化させたアメリカ文化はそれ以上のものである。

 アメリカ人でさえ気づいていなかったアメリカ文化の素晴らしさや特殊性、
 そして守る価値がある物事にフォーカスするという非常に特別な方法を、
 日本人の繊細な感受性が生み出したのだ。
 それは決して一時的なものではなく、古来から続く日本の精神だ。
 日本人は往往にして、我々よりも我々のことを知っているのである」



ただ単に海外から文化を取り入れるだけではなく、
そこにあるはずであろう目には見えない進化の余地を探し出し、
実際に洗練させていく日本人の国民性に対して、
アメリカ人から様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本製は別格だよ」 日本のデニムブランドへの海外評価が物凄いことに

24524.jpg
[ 2018/09/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(378)

海外「彼女は完全に日本人だね」 米人気番組に出演した大坂なおみの人柄が世界を魅了

本日午前4時半ごろ日本に凱旋帰国された大坂なおみ選手。
羽田空港には約160人の記者が集結するなど大きな注目を浴びていますが、
グランドスラム初制覇の地であるアメリカでも当然注目の的で、
日本帰国前には、大人気トーク番組「エレンの部屋」に出演。
その愛らしい振る舞いが何度も観客の爆笑を誘い、
また、非常に謙虚でシャイな人柄が視聴者を魅了しています。

以下が公式映像の抄訳になります。

司:セリーナ・ウィリアムズ選手と審判の激しいやり取りには気づいていた?
  集中が切れてしまうはずだけど、何を考えていたのかしら?


大:対戦相手が苛立ってる時に、相手の事は見ないようにと教わりますよね。
  違う方向を見て、試合に集中しろと。だから私はそうしたんです。
  ただ、何が起きているのかはすごく気になりました。
  ブーイングが凄かったから、後ろを振り向きたかったんですけど、
  何とか我慢しました。
(観客から笑い声)


司:表彰式でブーイングが起きた時、セリーナはあなたになんて語りかけたの?

大:何て言ったと思います?(観客から笑い声)
 『ナオミを誇りに思ってる。ブーイングはあなたに向けられた物じゃないわよ』
  と言ってくれたんです。とても幸せでした。
  ブーイングは私に向けられた物なのかなと少し思っていたんです。



司:試合後、頭にタオルを被って座っていたけど、タオルの下で何をしていたの?

大:念のため表彰式のスピーチで話す事を確認していたんです。
  私はスピーチが得意じゃないので。(観客から笑い声)



司:夢中になっている有名人は?
  ほら恥ずかしがらないで。あなたはもう超有名人なんだから。


大:そんな事ないですよ。(観客から笑い声)
  彼の名前は知らないんですけど、『ブラックパンサー』の悪役の人です。


司会者が「マイケル・B・ジョーダンさんにメールをしましょう、
会うべきよ」と訴えるが、大坂選手が何度も「NO」を連発し会場の笑いを誘う。



司:優勝賞金は何に使う予定かしら? 車は? 何か買う予定はあるの?

大:自分よりも、両親に何かプレゼントしたいです。
  あなたの番組が観れるように、テレビがいいですね。(観客から笑い声)
  いえ、今まで観いてなかったというわけじゃなく、
  もっと大きなテレビをプレゼントしたいなと。(観客から笑い声)


サプライズで大型テレビがプレゼントされる。
司会者がマイケルさんに送るために大坂選手の写真を撮影しようとしたところ、
「NO!」と言いながら手で顔を覆い隠し、観客席から爆笑が起きる。
その後2人で撮影した写真を送ることに落ち着くが、
その写真がマイケルさんに見られる事を思い、大きなため息。また爆笑が。



司:あなたの写真を見たらきっと「誰だい、この素敵な女性は」って言うわよ。
大:ありえない、言うわけないですよ。
司:もうすでにあなたのことを知ってるかもね。
大:もう本当にストレスです。
  こんな風にストレスを感じる年齢じゃないんですけど。
(観客から笑い声)


司:本当に愛らしい女性ね。今日はありがとう。
  そして優勝おめでとう。あなたは本当に素晴らしいわ。



以上です。
大坂選手の振る舞いに、多くの人が日本人の美徳を見出したようでした。

海外「日本人は変わらないで…」 日本を愛する留学生のとあるスピーチが話題に

1530985.jpg
[ 2018/09/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(455)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサード リンク
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング