FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本はよくこんな凄い物を…」 スーパーカミオカンデの内部写真に外国人が衝撃

岐阜県飛騨市の旧神岡鉱山内、地下1キロに設置されている、
世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」。
5万トンの超純水を蓄えた直径40メートル、深さ41.4メートルの円筒形タンクと、
その壁に設置されている約1万3000本の光電子増倍管などから構成されており、
太陽ニュートリノ、大気ニュートリノ、人工ニュートリノなどの観測を通じて、
ニュートリノの性質の全容を解明することを目的としています。

「スーパーカミオカンデ」は1991年に空間の掘削が開始され、
95年12月に光電子増倍管の取り付け作業と電子回路への接続が完了。
その後2ヶ月かけてタンクを超純水で満たし、96年に4月に完成しました。
2009年には事業仕分けの影響で観測が止まる可能性もありましたが、
過去のノーベル賞受賞者や著名な学者達の反対活動により回避。
15年には、振動実験によってニュートリノに質量がある事が初めて確認され、
この発見により、梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞しています。

翻訳元では検出器内部の写真などが紹介されているのですが、
その美しく、荘厳で、非現実的な空間に驚きの声が殺到しています。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

海外「日本の本気を見た」 日本の耐震実験の規格外な規模に外国人が驚愕

super-k-3.jpg
[ 2018/08/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(385)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサード リンク
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング