FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「俺達は日本について行く」 中国よりも日本に信頼を寄せるケニアの人々

インフラ整備支援などの面で、アフリカで鎬を削っている日本と中国。
現地における政治的影響力と経済的利益をめぐる競争の一環と言えるわけですが、
日本が1960年代から継続的にアフリカへの支援を行って来たのに対し、
近年は中国が日本以上の膨大な投資や支援を続けており、
アフリカにおける中国の影響力は非常に高いものになっています。

急成長を遂げるケニアでもやはり中国によるインフラ支援が進んでいるのですが、
現地紙は先日、その中国と長らくケニアを支援して来た日本との間で、
ナイロビの道路をめぐる「覇権争い」が起きていることを伝えています。

多くのアフリカ各国の指導者たちにとって、
中国は資源輸出の最大の得意先であるため進出を歓迎していますが、
一般国民の多くは、中国の道路よりも質の高い日本製の道路を求めているようで、
覇権争いの勝者が日本になることを願う声が相次いでいました。

海外「日本の存在を誇りに思う!」 自衛隊のアフリカにおける活動に賞賛の嵐

000348214.jpg
[ 2018/08/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(436)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング