FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本は何を隠してるんだ…」神社の鳥居が神秘的すぎると海外ネットで話題に

神域と人間が暮らす俗界を区画する結界であり、
神社の建物が作られるようになる前から存在していた鳥居。

考古学的起源についてはっきりとしたことは分かっていませんが、
少なくとも8世紀頃には現在の形が確立していたそうです。
語源についても諸説あり、鶏の止まり木を意味する「鶏居」、
或いは古代からの建築用語である「鳥居」を語源とする説、
インドや中国などの外国から入って来た言葉が由来だとする説、
「通り入る」から転じた借字説などが提唱されています。

さて、今回の翻訳元では、1945年の長崎への原爆投下後と、
2011年の東日本大震災後に撮影されたとする2枚の写真が紹介されており、
周囲は壊滅的な被害を受けているのにも関わらず、
神社の鳥居だけは変わらぬ姿で堂々と聳立する姿が写っています。

多くの外国人にとっては信仰する「神」は違うはずですが、
それでも神秘的な何かを感じずにはいられなかったようでした。

「日本には八百万の神様がいるから」 神社の鳥居の多様性に外国人から驚きの声

139791.png
[ 2018/07/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(302)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング