FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本の事は賞賛してるぞ」 アインシュタインのアジア観が差別的だと論争に

特殊相対性理論や一般相対性理論の提唱など数多くの業績を残し、
「20世紀最高の物理学者」と称されるアルベルト・アインシュタイン博士。
博士は1920年代に日本を含めたアジア諸国を旅行しているのですが、
各国滞在中に感じた事を記した日記が先日英語圏で発売され、
その内容が差別的ではないかと論争を呼んでいます。

当時セイロンと呼ばれていたスリランカに関しては、
「非常に汚く、酷い悪臭が漂う路上で暮らしている」と記し、
中国に関しては「勤勉ではあるが、不潔で愚鈍な人々である」とした上で、
「もし中国人が他の全ての人種に取って代わるような事になれば、
 それは残念なことだ」と、辛辣に批評しています。

日記には日本人についても書かれており、
「日本人は控えめで、礼儀を弁えており、まったく魅力的な人々である。
 彼らのような純粋な魂を持った国民は他の国では見られない。
 かの国を訪れたものは必ず恋し、敬意を抱くことになるだろう」
とかなり好意的に批評しています。
一方で、ここは人によって解釈が異なる部分かと思いますが、
「日本人の知的欲求は芸術的欲求に比べると弱いように思える。
これは生まれ持っての気質なのだろうか」との記述もあります。

各メディアが差別的だと伝えているアインシュタイン博士の日記に、
外国人から様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本人って何者なんだ…」 日本発の『割れないガラス』に外国人が驚愕

12591259.png
[ 2018/06/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(880)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング