FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本人のふりをするなよ」日本食レストランに中国人経営者が多い理由を米紙が暴露

今回は、アメリカにある日本食レストランの経営者に、
日本人以外が多い理由に迫ったワシントン・ポスト紙の記事からです。

さっそくですが、以下が要点になります
(青字の部分だけでも十分かと思います。
 要点をさらに絞ると「日本食は儲かるから」あるいは「お金のため」)。


・福建省で生まれ育ったエリック・シュウ氏が米国に渡った時、
 アメリカで中国料理はチープな料理と認識されていた。
 そのためシュウ氏は、収益性の高い日本食に手を出す事にした。
 現在は4店舗を経営するシュウ氏は、その点についてこう語っている。
「アメリカにおいて、中国料理は『安物』なんです。
 しかし日本食はそういう問題を抱えていない。
 より素晴らしい生活を与えてくれる手段なんです



・安価な労働力である中国人移民がアメリカに流入した結果、
 中国料理は安く食べられる料理となった。
 一方で、日本の豊かさと経済的な成功が、
 日本食に「最先端で洗練された料理」というイメージを与えた。



・1985年当時、都市部のお店でディナーを食べた場合の平均金額は、
 中国料理が24.20ドル、日本料理が31.88ドルだったが、
 2013年には中国料理が32.78ドル、日本料理が62.74ドルとなり、
 日本料理の平均金額は30年で倍増し、中国料理に比べ30ドルの差が出来た。

 (ちなみにフランス料理が日本料理の平均金額を0.29ドル上回りトップですが、
  伸び率を見る限り、数年後には日本料理がトップになりそうです)


・11歳のころに中国南部の広州からアメリカへと渡り、
 現在はメリーランドで寿司店を営むキン・リー氏はこう話す。
 「日本食レストランの方が簡単にお客を呼ぶ事が出来ます。
  それに、中国料理より利益率もいいのです」



・アメリカ国内には約2万5000件の日本食レストランがあるが、
 オーナーの何パーセントが中国出身なのかを知ることは不可能だ。
 日本の農林水産省は、日本人が経営している日本食レストランは、
 全体の1割ほどだろうと推定している。
 なお、ワシントンD.Cにある33軒の日本食レストランを対象に調査したところ、
 中国系アメリカ人と韓国系アメリカ人が経営する店舗はそれぞれ12軒で、
 日本人が経営する店舗は6軒だけであった。



以上になります。
記事には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

中国「だから日本は恐ろしい」 良い物は良いと認める日本人の姿勢に中国人が感銘

1251083.jpg
[ 2018/05/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(981)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
ランダム記事
最新コメント
スポンサード リンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング